2008年05月の記事 (1/1)

ナイスショット スポーツ報知

20080531140304
昨日も帰りが遅くなりました。
23時退社。
日付変更線をまたいで帰宅しました。

相変わらず心は元気ですが、体は正直で、けっこう疲れているようで、今朝は一旦7時に起きてモーニングを食べにいったのですが、9時頃から13時まで大爆睡でした。


さて一昨日から昨日にかけ、ブログに残して起きたい事柄がいっぱいです。

ブータン(ネパールだったかも)で王制が廃止され、国連からお祝いの声明が出されました。
本当にめでたいことか、非常に疑問です。

朝日新聞で、問題になっている、スピード社の水着の記事を読みました。
近代五輪の創設者の一人、クーベルタン男爵がこのことを聞いたら、大いに嘆くでしょう。

福岡で、しかも故郷の糟屋郡で、他人の家に忍び込んで、天袋で暮らしていた人が逮捕されました。
この事件は珍事件ではなく、深刻な社会問題だと思います。

よりもよって、上司の前で、あんときの猪木(アントニオ、ではありません)のネタですべったこと。
これは私の事で、やっぱり中途半端はいけないな、と反省しております。
反省すべきことがずれているような気もしますが。

まだ何か忘れているような気がしますが、まあいいや。

とりあえず今一番書きたいことを書きます。


最近ホークス ネタが多く思えて、自分でも食傷気味なのですが、でもどうしても書いておきたいので。


一昨日の横浜線、投手の大隣がホームランを打ちました。

前夜のガトームソンに続き、2試合連続で、投手にホームランで、パ・リーグでは西鉄の稲尾と池永以来で、ホークスとしては、スタンカと皆川以来だそうです。
いずれも歴史に名が残る名投手ばかりです。


残念ながら夜遅くまで仕事で、また朝早く出社しましたので、その画像をみることはできませんでしたが、朝日や讀賣などで、ベンチに帰ってきてハイタッチをしている大隣の写真を見ることはできました。


しかし笑ったのは報知新聞です。


私用で昼頃出社して来たロッテファンの方に、「この記事笑ったよ」と言われ、見せてもらいました。


第5面に、大隣のホームランの記事が出ていました。


彼が打った瞬間の写真は小さいのですが、ホームランとわかった瞬間のベンチの写真が大きく載っていて、各人の上に、次の通りの文字が載っていました。

「王さんニッコリ」
「山崎のけぞる」
「松中バンザイ」
「言葉を失う辻」
「目をむく川崎」
「的場あんぐり」
「小久保びっくり」
「踊り出す森本」
「クールな城所」
「大爆笑の本間」


この文章と、添付した小さな写真では、イマイチ面白さが伝わらないかもしれませんが、この記事は切り取って額に入れておきたいほどです。

この記事を見た瞬間、一気にテンションがあがり、その勢いで深夜まで仕事ができました。


それにしても城所、もっとリアクションしてくれよ。

個人的に応援しようっちゃけん。
スポンサーサイト

頭にきたから

今日、というかブログにアップできる頃には昨日になっていると思いますが、久々に仕事でキレました。

いまだに頭にきていますし、また、キレた自分にも嫌悪感があります。


なので楽しい話題でも書いて、気分転換をしたいと思います。


ここ2~3年に渡り、帰省するたびに、「おまえは何故そんなにハゲているんだ?」
(原文は「おまえは なんで そげえハゲとうとか?」)
と親父殿に言われて来た私ですが、昨日(もう一昨日だ)久々にあった会社の後輩から、髪の毛増えたんじゃないんですか、と言われました。


特にそんな努力はしていませんが、ここのところ散髪に行っていないので、髪が伸びただけじゃない?と答えておきました。


もちろん、そう言われて悪い気はしません

それにしばらく散髪に行ってないのは、薄いのを隠す目的もあったのです。


ところで、髪の毛の話題で思い出したのですが、何年か前、会社の同期が、リーブ21のCMにでていた、と言う話を最近聞きました。

発髪大会の時にインタビューされて、それがそのままCMのヒトコマとして使われたそうです。


金に余裕があればやりたいものです。


エーベルバッハ少佐を目指そうとは思いませんが、しばらく髪は伸ばすつもりです。


でも薄毛のロン毛をたまにみかけますが・・・・痛い
(>_<)

日の丸は、日沈む処へ向かうのか?

長いタイトルになりました。


私にとって、昨日最も驚いたのは、中国が自衛隊機による支援を、日本に求めてきた、と言うニュースでした。


この度の四川大地震の復興支援のため、自衛隊機で物資を運んでほしいとのことだそうです。


行うことは普通の人道的な支援ですが、先の戦争で日本軍に対してアレルギーができているはずの中国が、民間機ではなく、実質的な軍隊の自衛隊機によって物資を輸送してほしいと依頼するのは不思議でしょうがありません。


素直な見方をすれば、民間よりも、支援実績のある自衛隊を選んだ、と考えられます。


産経新聞は違う見方をしていて、実質的な日本軍を中国に入れることで、中国政府内の反日派の力をそごうとしている、とも考えられると伝えていました。


ちょっと前に日本から救助隊が被災地で活動して、民間レベルではかなり反日のトーンは低くなったそうです。

しかしこの度の報道は、中国の民間でも意見が分かれていて、ネットでは、反対の声もあるそうです。


どうなりますやら。

女性社員 泣く

前段の話しとして、このブログは、ある一名ので方を除いて、会社の人にはその存在を知らせていません。


さて、昨日の事件とは別件の理由で、今日、職場の若い女性社員が、女子トイレで泣いていたそうです。


昼休み前に、職場にいる下請会社の女性のかたから「トイレで○○さんが泣いていたみたいよ」と密告されました。

おそらく昨日の事件(勝手にプログラムを変えられた件)で、ほとんど終わっていたテストが、やり直しになったことで泣いていたのかと思いました。

しかし本当は、他の下請会社の人から、別件の仕事上のやりとりでキツイことを言われたことが原因のようです。


さて、彼女に対してどうしてやるか、と考えたのですが、結論として何もしないことにしました。
立場上、私よりも適任のフォローワーがいるからです。
それに、来週、私に教えてくれた女性が、泣いた女性も引き連れて、どこかに食事に連れていってくれることになっていたからです。

それに今夜は事業部の懇親会で飲むことになりますし。

そんなこんなでガス抜きしてもらおうと思います。


いやらしいことを言いますと、私が何かのアクションを起こせば、好感度アップになるんでしょうけどね。


さあ、懇親会にでれるよう、仕事を終わらそう。

掟破りにあう

今日は夜になって職場が騒然としました。


一緒に開発を進めている、他のソフトハウスの方が、勝手に我社が担当しているプログラムの内容を変更し、とっとと定時で帰ったのが発覚したのです。

どうしてそうなるかを説明するのは難しいのですが、おかげでここ1~2日の作業が無駄になりました (┬┬_┬┬)

我社の担当者は怒り心頭です。

明日は電話で(その会社とは職場が離れています)どんな修羅場が展開されるやら。


しかしまったくひどい話で、私も嫌みたっぷりに抗議したいのですが、上から、やめとけ、と言われましたので、おとなしく?推移を見守ることにします。

ウィニーをさがせ

これは公表しても差し支えがないと思いますので、書かせていただきます。


我社では、一定の期間ごとに、自宅のPCに対し、ウィニーなどのファイル共有ソフトが入っていないか検査を行います。

具体的には、ファイル共有ソフトを検出するプログラムを実行し、その結果が記載されたファイルを、自宅PCから会社の担当部所へメールするのです。

もし、該当するファイル共有ソフトが検出されたら、即削除させられます。

それを昨日やりました。
今回もファイル共有ソフトは検出されませんでした。

受動態で書いてしまいましたので、嫌々やらされているような印象を持たれたかもしれませんが、これを行うことは重要だと考えます。

ウィニーなどのファイル共有ソフトには罪はないのですが、これを悪用するコンピュータウィルスに感染した場合、PC内のファイルが流出し、ネットに公開されることがあるのです。

例えばクレジットカードの情報等が漏れると、非常にやばいことになります。


しかし自分の情報であれば、まだ自業自得ですみます。


しかし会社から仕事のために持ち帰った顧客の情報などが漏れると、これはもう個人の問題ではなく、会社の存亡すら脅かしかねない、社会的な事件となり、メディアをにぎわすことになります。


だからファイル共有ソフトをインストールしておくことは、まずいのです。


しかしこれだけ意識していれば、自らインストールしようなんて考えないはずで、一度会社に誓約書でも出せばすみそうなものです。

ではなぜ定期的にするのか?

それは家族などが知らない間にファイル共有ソフトを取り込んでいる可能性があるからです。


最近の情報漏洩事件のパターンは、こういうことが原因で起きていることが多いようです。

だから定期的にチェックを行うのです。


私はファイル共有ソフト自体は興味があります。


でも、もしそれを使って楽しもうと考えるならば、ファイル共有ソフト使用のためだけのPCを設置して、これには一切のファイルを入れないようにします。


まあ、そこまでするまでの興味はないですが。


あとは必ずワクチンソフトを入れ、自動的にパターンファイルを更新するようにしておくことが大切だと考えます。


ちなみに、芸人の永井ゆういちろのショートナイツの中に、「ウォーリーをさがさな~いつ」というのがあります。


今日は23時ちょっと前に退社。

帰宅は明日になるでしょう。

フーディアム 武蔵小杉

20080524234503
は、今朝武蔵小杉の綱島街道側に開店した、24時間営業のスーパーです。

今朝の朝刊に入っていた広告で、初めてそんなものができると知りました。

地元とはいえ、私から見たら駅の裏側にあたりますので、そんなものができつつあったなんて、全然知りませんでした。


雨がふっていましたので、10時過ぎに女房に小杉の駅まで迎えにきてもらったのですが、そのままちょっと寄ってみよう、ということになりました。


二階はしまっていたのですが、一階のスーパーはまだまだ営業中。

オープンの日とはいえ、時間が時間だったのでしょうか、人は多くなく、普通に見てまわることができました。


女房はこの店があまり気に入らなかったようです。

私は面白いと思いましたが。


この店はダイエー系列だそうです。


そう言えば、今日のホークスは、ダイエー時代のユニホームでプレイしていました。


あとひとり討ち取れば勝っていたのに。


悔しいです(ザブングル加藤風)(>_<)

明日も職場は大騒ぎ

明日、土曜日も休日出勤となりました。


そもそも明日は用事が2件あったのですが、今日早退して、その用事を片付けて、明日朝から出るようにしました。


だったら明日の用件は明日やって、午後から出社すればいいじゃん、と思われるかもしれませんが、いろいろと事情がありまして、このようにしました。


明日は全部で10人程度が出勤する予定です。

なかなかこのような大人数が休出するような、忙しい職場ではないんですけどね。
今は非常事態です。


個人的には、肉体的にはちょっと疲れを感じていますが、精神的なきつさを感じていない(といいますか、感じないように考えているのですが)ので、辛くはないです。


でも明日は昼間、東京MXテレビでホークス戦があるんですけど、しょうがない、この携帯のワンセグを使って録画しよう。


渋谷で一個用事を済ませましたので、これから二軒目を終わらすべく、武蔵小杉に移動します。


さて、明日は何を着て行こうかなo(^-^o)(o^-^)o

応援してるぞ 城所

城所 龍磨(きどころ りゅうま)選手は福岡ソフトバンクホークスの外野手で、たしか今年5年目。

昨日一軍登録されました。


開幕も一軍で迎えたのですが、実績を残せず、しばらくして降格されました。


私は彼を応援しています。

それは、ただ誕生日が一緒だがらです。
もちろん歳はかなり違いますが。
ちなみに私と同じ誕生日の野球選手といいますと、他には田淵氏(元阪神・西武)や、金田正一氏(元国鉄・巨人)とバッテリーを組んだ根来氏(元国鉄)、生年月日まで一緒となりますと、MLBにいたラファエロ・パルメイロ氏がいます。


話しが逸れましたが、とにかく彼のプレースタイルとか、人間性、もちろん顔とかにほれた訳ではなく、誕生日以外何も知らないままファンになりました。


昨日は長谷川選手の代打で登場。
三振に終わったようです。

今期の出塁は四球が二度あっただけで、ヒットはまだありません。
残りの18打席はすべて凡退しています。


歯痒くてなりません。


彼は「左打者としては、松中の次に長打力がある」と王監督に言わしめたほどねポテンシャルを持っているそうです。

しかも脚があります。

ですから彼なんかが成長してくれて、今は柴原、大村、多村で、走攻守にそつがなく安定しているものの、高齢化していて、かつ怪我に弱い外野陣をバックアップしてくれないと困るのです。

そしていずれはレギュラーをとってくれないと。


今年のホークスは、いつになく新戦力が育ちつつあると思います。

長谷川、小斉は、立派に戦力になることを証明してくれました。
長谷川なんて名前もしりませんでした。
小斉には昨シーズン、今の城所に感じているものと同じ歯痒さを感じましたが、一皮むけたと思います。

また、ファームでは江川や明石も育って来ています。
打つほうでは、彼等のほうがよっぽど城所より上だと思うのですが。

この4人も大好きですが、城所にはいっそう期待したいのです。


たしか去年も開幕を一軍で迎えました。
それだけ首脳陣の評価も高いのでしょう


頑張れ、城所!

遠い川崎の空の下からから応援してるぞ。

パタリロ! #81

20080520223411
よく人に驚かれるのが、私がマンガを読むことです。

どういう訳で驚かれるのか、正確なところはよくわかりません。

しかし実際のところ、同世代の男性と比べると、読む量は多いと思います。

でも決してアキバ系な人間ではないですよ。


さて昨日は「パタリロ!」の第81巻の発売日でした。

しかし、職場の新人歓迎会があって、地元の武蔵小杉についたのが10時過ぎ。
東横線改札を出たところにある本屋は、まだ開いていましたが、ぐずぐずしているとバスに乗り遅れそうだったので、買うのを断念しました。

今日は買います。


ついでに私のマンガの好みを書いておきます。


私は雑誌は買いません。

以前はモーニングを買っていましたが、どういう訳かやめてしまいました。


今は好きなマンガの単行本が出たら買う、というスタンスです。

そのため、月の下旬になると、本屋に行って来月何が出るかを調べます。

だいたいコミックのコーナーに貼ってありますから。


ここまでは電車の中で書きました。


さて今日もバスの時間との勝負でした。

火曜日なので「歴史のミステリー」もあわせて買いました。

そしてバス停にダッシュ。

パタリロにカバーをかけてもらっていたら、あるいは、あとひとり前に並んでいたら、バスに乗れなかったでしょう。

ぎりぎりセーフでした。


そういえば、なんでパタリロなんか読むの?ということを書いてませんでした。

なんででしょうね。

今はうまく言葉にできませんが、いつかじっくり考えて、書いてみたいと思います。

軍人かくあるべし

昨日はいくつか、へー、と言うニュースがありました。

これから書くことは、ひょっとしたら以前事件自体は報道されていたかもしれませんが、私には初見で、感心させられたもので、今朝の朝日新聞の地方欄に小さく載っていたものです。


そのニュースとは、先日、駅のホームから転落したご老人を救助した米兵が、神奈川県知事から感謝状をもらった、というものでした。


軍人の名前はフィリップ・シモンズ上等水兵。普段は横須賀の基地で理容を担当しているそうです。

軍人といえども、なかなか簡単に出来ることではないと思います。
実際彼も「こわかった」と語っています。


最近は日本国内で、米兵による不祥事が相次いでいます。

駐日大使が謝罪し、上層部が再発防止に勉めているのに、いっこうに事件が止みません。

そんななかで、シモンズ上等水兵の行為は、軍人とはこうあるべきだ、と米軍内にしらしめ、米兵にもこんな人がいることを、我々日本国民に教えてくれた、立派なものだと思います。


こういうことを、メディアはもっと大きく報道すべきだと思いますが。

草刈り

昨日は昼過ぎから、アパートの横の、通路というか庭というか、まあ、それらしき場所の草刈りをしました。


私の住んでいる部屋は、アパートの角部屋で、私にはアパートと、隣の家の間にあるスペースを自由に使ってよい、という権利を大家さんからいただいています。


そのスペースは、幅1メートル、長さ10メートルぐらいで、
今はエアコンの室外機がおいてあるぐらいで、何も使っていません。
本当はミニ菜園でも作れば良いのでしょうが。


ここは放っておくと、ガンガン草が生えてきます。
冬場は生えないのですが、今年は先月半ばぐらいから生えはじめ、室外機の周りを囲むようになりました。


このままだとエアコンの調子が悪くなりそうですので、夏場はちょくちょく草刈りをします。


昨日は携帯のワンセグで、東京MXのストロングホークス中継の音を出しながら刈りました。
だいたい一時間かかりました。


草刈りは面倒なので、さあやろう、と決心するまでに時間がかかります。
でも、刈ってきれいになった光景をみると、ここちよい達成感を感じられます。

サザンオールスターズが活動停止

今朝大きく報道されたのは、サザンオールスターズが、無期活動停止を発表したことでした。


これに関して、残念だとも、喜ばしいとも思いません。

へー、ってことは、まだ活動していたんだ、とまではいいませんが、最近はとんと興味がなくなっていましたので、それほどの感慨はありません。


しかしサザンオールスターズにはこれまでずいぶんとお世話になりました。

カラオケで、間を持たせるには、サザンを歌っておけばOKでした。
ウケることもありませんでしたが、スベルこともありませんでした。
1番よく歌ったのは、「ミス・ブランニューデイ」だったと思います。


また、バンドでも2曲やりました。
「ラッパとおじさん」と「YaYa」です。


そして1番おいしかったのが、桑田佳祐に似ている、と言われ続けてきたことでした。
特に大学生の頃によく言われました。
最近はとんと似ているとは言われなくなりましたが、今考えると、おいしいネタだったと思います。


サザンがいつ活動を再開するのか、しないまま終わってしまうのかはわかりようもないですが、まあ、後世に伝えるため、私はカラオケで歌い続けようと思います。

休日出勤を楽しもう

明日は休日出勤となりました。


私の属する課の、あるプロジェクトが、期日までに納品できそうもなくなりました。

そこで比較的抱えている作業が少なそうなメンバー、または比較的作業効率の良い人間をかき集めて、それぞれが抱えている作業をとめて、そのやばいプロジェクトに投入することになりました。

そして私も、前述のいずれかに該当したのでしょう。
火中の栗を拾いに行くことになりました。


一部の人間はパニクっています。

確かに大変なプロジェクトですが、フィージビリティ(実現可能性、と言う意味でよく使われていましたが、最近はあまり耳にしなくなりました)がないとは思わない。

少なくとも、ミスター・スズキックスのスーパーイリュージョンよりは、現実的です。


ただしそれは、頑張ればの話し。

気を抜けないことは事実です。


そんな訳で、通常は一人するかしないかの、休出となりました。


私の担当部分はそれほど深刻とは思えないので、出ないなら出ないでも済みそうなのですが、立場上出ない訳には行かなそうなので、出ることにしました。


前にも書いたかもしれませんが、私は私服を着ると以上にテンションがあがります。

休出は楽しいものではありませんが、私服で出勤できるので、それはそれで楽しみです。

この前代官山で買ったポロを着て行こうと思います。


ところで、辛い仕事のひとつに、終わりが見えない作業があります。

私は、このプロジェクトに限らず、私が全体のムードメーカーであることも、私の仕事だと思っています。

ですからできるだけ辛い顔を見せず、楽しそうに仕事をしようと考えています。

明日出勤する10人弱は、辛い気持ちを抱えて職場にくることでしょう。

そんな人達の気持ちをほぐすことも、私の仕事だと思うのです。

ただほぐしすぎて、仕事の邪魔をしそうな気もするのですが・・・

新人さん、いらっしゃ~い

私の職場にも5名の新入社員が配属されてきました。
昨日からです。
うち3名は当社の新入社員で、他の2名は関連会社からです。


さて今日は、一日かけて、5名にプログラミング言語を講義しました。

疲れました。

いくら私が話し好きでも、一日中話すのはきついです。

一週間分は話をしましたので、今週はもう、黙って仕事をしようと思います。
嘘です。
黙ってるなんて、できるわけないです。


聞く側も大変なようで、一人はちょくちょく、眠りに落ちそうになっていました。


総じて感じることは、最近の新人さんはおとなしいです。


また、必要以上に礼儀正しいです。


もっと伸び伸びとやればいいのに、と思うのですがね。


そう言えば、私の従姉妹(姪ではないですよ)にも二人、今春大学を出て就職したのがいます。
彼女らは元気でやっているだろうか?

近々メールしてみようと思います。

台風2号通過しました

予報では今朝の通勤ラッシュのさなかに台風2号が関東に最接近し、交通に影響がでることも考えられていました。


しかし結果としては、予想より早く通り過ぎたようで、川崎では6時半頃には小降りになっていました。

スーツが痛むことが気にならなければ、傘をささなくても構わないほどです。

風も今のところそれほど強くないですが、これから強くなり、寒くなるそうです。


こんな調子なので、私の風邪はまだなおりません。

システム障害に思うこと

今日、三菱東京UFJ銀行のシステムに障害が発生したことは、メディアによって大きく報じられました。

正午のNHKのニュースでも、トップで報じられました。
ただその時点では、既に復旧していたことが、後に報道されました。


私がこの障害について察知したのは、10時前でした。

その時点で、女房から、セブンイレブンのATMから三菱東京UFJの口座の引き出しが出来ないとの連絡を受けていました。
原因として、ふたつのことを考えました。
ひとつはシステム統合による障害。
六年前にみずほグループがこれに見舞われました。
そして昨日、三菱東京UFJがシステム統合を始めたのは知ってましたから、その可能性は十分だと考えました。


しかし、旧東京三菱のシステム統合の際に、大きな障害もなく乗り切った銀行が、引き起こすものだろうか。

ましてや、みずほの障害に懲りた金融庁の厳しい指摘で、システム統合の開始を、昨日まで順延しています。


そしてもうひとつ考えられた要因は、女房の単なる操作ミスです。
二週間ほど前にも、十万円超の現金をATMから振り込めない。どうなっとうとかいな?
と私に尋ねて来たくらいですから。
今回は残高以上の額を引き出そうとしたんじゃないの?ともおもいました。


しかし女房に詳しく聞いたところ、ちゃんと残高照会をしたあとに(この時点では残高照会は出来ていたのです!)操作をしたとのことでした。


では一体どうなっているんだろう。
ネットで三菱東京UFJや新聞のサイトを見ても、障害のニュースは出ていない。

しかし女房の操作は間違ってないようだ。


私には10時から会議が入っていたので、一旦調査は打ち切りました。


11時過ぎに会議が終わってネットを見ると、Yahoo!のサイトにシステム障害のニュースが載っていました。

結局報道が遅れただけなんですね。


私はシステム担当者として、二度、金融機関のシステム統合に携わったことがあります。

システム統合の仕事は大変でした。

詳しいことは書けませんが、できれば二度と携わりたくないです。


職場では、昨日一日システム止めたのにこれじゃあ、怒りだす人もいるんじゃない、という声もチラホラ聞きました。


私はここに自分の考えを書くつもりはありません。


仕事柄、今日の件を書いておくべきだ、と思い、ブログに書いたまでです。


三菱東京UFJ銀行のシステム統合に関わる皆様、大変でしょうが、頑張ってください。

ファーブのパーカーを着た子

近所のスーパー、ライフで、グリーンベイ・パッカーズのパーカーを着た子を見かけました。
袖には「4」の番号。
三月に引退を発表したブレット・ファーブの番号で、永久欠番となりました。


家族四人で来店していて、お父さんはおそらくハーフではないかな、という顔のつくりで、オークランド・レイダースのスタジャン(今日は三月下旬並の寒さでした)を着ていました。


女房が「ファーブが好きなの?」と話し掛けたところから、その両親との会話が始まりました。


その子が特にファーブのファンという訳ではなく、お父さんがアメフト、特にレイダースのファンだそうです。
で、お父さんの友達でパッカーズのファンがいること。
そして、パッカーズが来日した時に、どうしてそういうことができたかは聞きませんでしたが、その子はファーブと一緒に写真をとってもらったこと(!)を聞きました。


私もパッカーズのファンで、来日した時には、私も観戦に行ったことを告げました。


アメフトの話で盛り上がれる人は少ないので、もっといっぱい話したかったのですが、さすがにスーパーのアイスクリーム売場で長話もできませんし、なんとなく、これ以上話はできそうもありませんでしたので、挨拶をして別れました。


今思うと、お父さんとメアドの交換でもしておけば良かったかなぁ、とも思います。


それにしても女房に感謝です。
私がその子に話し掛けるのをためらっているのを察すると、私の代わりに話し掛けてくれたのですから。
私もどちらかと言えば外向的だと思うのですが、ムラがあって、いつでも、誰とでも話ができる訳ではありません。
女房にしても、いつでも、誰とでも、という訳ではないでしょうが、私より数倍外向的だと思います。


さて今日は、これでブログに3件書き込んだわけになるのですが、こんなことをせずに、とっとと寝ないと風邪は治らないかな、と思いつつも、書かずにはいられませんでした。

今日はレッズ戦

渋谷に所用があるので、風邪ながらもお出かけです。


10時すぎに武蔵小杉の駅に着いたら、おおっ、浦和レッズの赤いユニフォームのサポーターが


そうだ、今日は等々力競技場で、川崎フロンターレが浦和レッズを迎える一戦があるんだった。


昨シーズン、休日出勤を終え、帰宅のバスを武蔵小杉で待っていたら、応援を終えた赤い軍団が、大挙して駅に向かってくる光景をみることになりました。
それはそれは壮観でした。
フロンターレの青いユニフォームは、ホームなのに、あまりいませんでした。


一度、国立競技場でヴェルディとレッズのマッチを見て、レッズのサポーターにプチ恐怖を覚えたのですが、昨年見たレッズサポーターはおとなしくて、悪いマナーもありませんでした。


我が家は等々力競技場に歩いて行ける距離のところにありますので、マッチの時はサポーターの応援が聞こえてきます。

うるさい、と思うほどではないですが。


また、マッチのある日は、バスに乗るのが大変です。

なかなか来ないし、来ても満員で乗れないこともあります。

でもバスの中やバス待ちのサポーターのマナーに違和感を覚えることはないです。


今日も帰宅するとき、あの赤い軍団の壮観な光景を見るかもしれません。
バスに乗るのも苦労するかもしれません。


でもなかなか味わえないことなので、それが楽しみだったりします。


なお、私の趣味のひとつはスポーツ観戦ですが、サッカーは守備範囲外です。

多分フロンターレのサポーターからみれば、もったいないことなんでしょうが。

ジェネリックの薬

風邪をぶりかえしてしまいました。
寝込むほどではありませんが、咳と頭痛があります。


私は比較的軽い症状でも、悪化させるのがこわいので、すぐに病院に行く方です。

今回は家の近くのかかりつけの医院に行きました。


「喉が見事に真っ赤に腫れてますね~」
と言われ、薬を出してもらうことになりました。


前置きが長くなりましたが、今回処方してもらったものの中に、ジェネリックのものが含まれています。


私はジェネリックに対して全く抵抗がありません。
専門の方に言わせると、成分は先発のものと完全に一緒ではないそうですが、処方は同じだそうです(意味がよくわかりません)。
また、人によっては先発のものとは違う副作用がでることもあるそうです。

でも、そんなの関係ねー

大体薬なんて、自分自身の症状に、ストライクではまるものなんてないでしょうから、成分が完全に一緒ではなくてもいい、と考えます。

それに、違う副作用が出る例については、気のせいなんじゃない?とも思います。


ジェネリックは安価ですし、医療費の増大が国家的な問題にもなっていますから、私はジェネリックを使い続けます。

代官山での収穫

20080507212125
赤坂から帰る途中、久しぶりに代官山に立ち寄りました。

そこで見つけたのが写真のシャツです。

今月いっぱいで移転するため、閉店セールをやっている店で見つけました。


黒地に赤の縁取りで、しかも裏返しっぽい仕上がりになっていました。
ものとしては是非買いたいものでした。

これでなんと¥840!!

それでも買おうか、買うまいかと迷ったのは、一つ、一つが安いとは言え、最近かなりの数の服を買っていたからです。

そんなに買ったって着る機会がないですからね。

でも最終的に買ってしまったのは、今は着なくても、持っておいて損はないだろうと考えたからです。


さてこからはアメフト関連の話です。

ところでこの店には、ピッツバーグ・スティーラーズのコーデル・スチュワートのジャージも置いてありました。
ピッツバーグは私の大好きなチームで、考えてみればこのチームのグッズは持っていないので、買うことも一瞬考えたのですが、スチュワートではもの足りない。
結局お買い上げは見送りました。
ベン・ロスリスバーガーのジャージで、しかもサイズがあえば買っていたでしょう。
スチュワートよりも格上ですし、多分歴史に残る選手になるでしょうから。
しかも一万円前後でお買い得価格でしたから。

それより早く、今春引退を発表した、ブレット・ファーブのジャージを入手せねば。

GWの締め

一日遅れでGWに入ったので、私は今日まで休みです。

でも巷は平日。
だから平日にしか出来ないことをやろうよ、と女房と話し合い、ホテルの平日ビュッフェに行くことにしました。
休日は混んでそうですし、高いですからね。


ネットで検索したり、口コミで聞いたりして決めたのが、赤坂エクセルホテル東急にある、赤坂スクエアガーデン。
お値段は¥2,480。
一般的な値段はよく知りませんが、かなり安い方だと思います。


ここまでは、希望に燃えている、行きの電車の中で書きました。


さて、ここからは感想です。


正直な感想は、特に嫌な思いをしたわけではないですが、是非またもう一度、とは思わない、と言ったところです。

ホテルだけあって、サービスに不満はないです。
また、ローストビーフは逸品でした。
でもそれ以外には、これ、と言ったものは見つけられませんでした。
でも一度行っておいて損はないと思います。


ところで、私は南北線の永田町で降りてホテルまで歩いたのですが、普段はおそらくいないであろう、多くの警官や警察の車輌を見かけました。
最初は何事かと驚きましたが、考えてみれば、中国の胡首席の来日の真っ最中でしたね。


ホテルを後にして、溜池山王まで歩き、銀座線で渋谷に、そして代官山へ行ったのですが、各駅に制服の警官がいました。
東急の渋谷駅や、代官山では普段は見かけません。


話題がタイトルとは違う方向へ行ってしまいましたが、私のGWのお出かけは、こうやって終わって行きました。

狩野英孝は難しい

今、誰のお笑いを見たいか?と尋ねられたなら、狩野英孝がその一人です。

大好きです。
(誤解のないように書いておきますが、決してルックスではなく、芸風が大好きなのです)

狩野英孝、って誰?という方のほうが多いと思います。
ホスト風の出で立ちで、「僕、イケメン」とか「僕、ナイスガイ」とかのセリフで落とす芸風のピン芸人です。


どこがどう好きなのかを説明するのは難しいのですが、コントとしての内容も面白いですし、あの、完全にイケメンになりきって、最後まで恰好つけるところが大好きです。


それだけに、彼の真似は難しいのです。
(えっ、年甲斐もなく芸人の真似とかやってるの?
はい、やってます)

とにかく、自分というものを捨てて、完全にイケメンの気分に成り切らねばいけませんから。
物真似に中途半端は禁物です。
とにかくやり切らなければ滑ります。

彼の真似はハードルが高い上に、認知度はまだ低いと思いますので、ハイリスク、ローリターンだと言えるでしょう。


半年ほど前、彼がようやくテレビに出始めた頃のことです。
職場で、20代の女性社員に、あるファイルを印刷してほしい、と頼まれました。
私は「印刷は、片面?両面?僕、イケメン」とやってしまいました。
芸が中途半端だったこと以前に、彼女が狩野英孝を知らなかったので、見事にすべってしまい、空気を凍らせてしまいました。

この歳で、少々薄くなってきた頭で、このネタですべるのは辛いです・・・

武蔵新城での収穫

20080506134405
昨日は女房と武蔵新城の街をブラブラしました。


そこで見つけたのが、写真のシャツ。
女房も、これはいい、というので、即購入しました。
しかもお買い得価格でした。


ところで女房との外出はけっこうタフです。
女房は最近はやりの大型商業施設、例えば東京ミッドタウンやららぽーと横浜などで、服や雑貨を見るのが好きです。

一方で私はあまり外出が好きではないうえに、服や雑貨にはほとんど興味がなく、本屋などの方が好きなので、交代で私が女房のどちらかが我慢しなくてはなりません。

大型商業施設やデパートに行くと、私の好きな店が少ないので、そういう所はあまり行きたくはないです。
しかも物価が高いですしね。

でも、武蔵新城のような小さな街だと、いろいろな種類の店が、何の連続性もなく現れますし、物価もリーズナブルなので助かります。

さて次はどの街に行こう。

ハンカチ王子 見てきました

20080505204504
「ハンカチ王子」と言う言葉は、既に死語かもしれませんね。
でも本名で「斎藤」と書いてもおもしろくないので、あえて使わせてもらいました。


さて昨日の日曜、大学の先輩の藤原さんと一緒に、神宮で早稲田対立教の野球を見てきました。
大学野球をみるのは、十数年ぶりで、天覧早慶戦以来だと思います。

さらに対立教となると、大学四年の時以来で、あのときは早稲田が六点のビハインドを抱えていたのですが、長島一茂が凡フライを落球したところから流れがかわり、逆転勝ちしたと記憶します。


さて天気予報とはうらはらに、小雨がふったり止んだりする中、午後1時半すぎにゲームが始まりました。
斎藤は不安定な立ち上がりで、全体的に球が高いと感じました。
そんな感じで、一点を先制されたのですが、後半になると立ち直り、尻上がりに調子を上げていきました。
早大打線も中盤まで沈黙していましたが、七回に打者十人による猛攻で逆転。
結局、7-1で早稲田が立教に勝ちました。


実は観戦中にホークスの実況中継もテレビでやっていて、ちらちらと携帯のワンセグで経過を見ていました。
(こちらは3点差をひっくり返して、ホークスの逆転勝ち。勝利投手は早大卒の和田)

またさらに、途中で猛烈な睡魔に襲われ、何度も気を失いました。

藤原さん、昨日は落ち着きがなくてすみませんでした。
また行きましょう。

私服のとき

さて休日出勤も終わって、世間の皆さんとは一日ずれたゴールデンウイークが始まりました。


ところで職場は休日出勤の場合は、別に背広&ネクタイでなくても良いので、今日は私服で出勤しました。
迷彩柄のパンツに、だら~っとしたパーカーを着て行きました。

私はちょっと(いや、ちょっとじゃないよ、と思われるかもしれませんが)変わっていて、私服で出勤すると、みょうにテンションがあがります。
私服を来て職場に向かうときは、まさに至福のときなのです。
ただし仕事が始まるまでは。


今の職場では、休日でしか私服は許されていませんが、昔働いていたいくつかの客先では、金曜日は私服可でした。
また、毎日私服可、という客先もあります。
しかしいずれもドレスコードがあって、たとえば、Gパンは不可だったり、シャツは襟がついているものでなければならない、など、など・・・
結局面倒なので、スーツの方が無難、と考える人の方が多い職場もあります。


毎日とは言いませんが、せめて金曜ぐらいは私服可にしてもいいんじゃない、と思うのですが。

風邪ひきました

昭和の日の今週火曜日から喉が痛くなり、水曜はピンポン・ダッシュ(この場合は、就業時間になるチャイムとともに、退社することを意味します)して職場の近くのクリニックに行ってきました。
とりあえず肺炎ではないそうです。


私の場合、風邪にはいくつかのバリエーションがあります。
先月は頭痛、吐き気と腹痛のみで、くしゃみ、鼻水はありませんでした。

今回のは喉の痛みから始まり、咳が出始め、そして昨晩から鼻水が出始めました。

だいたい私がひく風邪は後者が多く、そして熱はでません。


正直昨日や今日は休みたかったのですが、どうしても片付けねばならない仕事があるので、出社しました。
しかも悲しいことに、明日も明日しか出来ない仕事があるので出社します。


明後日は神宮に野球を見に行きます。
おそらく応援歌を何度も歌うでしょう。
それまでに何とかせねば。

ガソリン狂想曲

昨日帰宅途中のバスから、武蔵小杉駅近くの新日本石油のセルフスタンドを見ました。
スタンド内には八台ほどの車がいて、二台がスタンドの外で待っていました。
値上げ前の駆け込み給油です。
このときレギュラーはⅠリットルが122円でした。


さて今再びそのスタンドの前を通りました。
車は一台。
そして値段表は、ここは24時間営業なので、本来は常時値段が表示されているのですが、「--」となっていました。
本部からの指示待ちか、他店の様子見か。


さて話は変わりますが、私が小学生の頃、オイルショックがありました。
三五年も前のことです。
その頃は、じきに石油は枯渇してしまうだろう、といわれていました。
たから、自分が大人になった時は、車の運転なんてできない、と考えていました。


閑話休題


わが家の車には、今回駆け込みで給油はしませんでした。
それほど減ってなかったからです。
今夜帰るときには、あのスタンドの表示はどうなっているんだろう。
わが家はそこで給油しているわけではないですが、きっと行きつけのところにも影響してくると思いますので気になります。