2009年03月の記事 (1/2)

「豚に真珠」指輪

20090331121223
今朝の「おは4」で、面白い賞品を紹介していました。

豚の台座に真珠を付けたものを指輪にした、題して「豚に真珠」指輪です。

このアイディアには笑いました。

なお、写真の指輪は、今朝紹介されたものとは違いますが、絵がないと寂しいので、とりあえず「豚に真珠指輪」で検索して見つけたものです。
スポンサーサイト

久しぶりの都内、そして品川港南口

20090331074004
(品川駅港南口のビル群)

昨日久しぶりに東京都内へ行きました。

多分今月初めてです。

場所は品川駅港南口。

部の年度の打ち上げでした。


私は今日で勤続21年目を終えますが、そのうちの7年半をここで過ごしました。

ですので、非常に愛着がある場所のはずなんですが、この10年間で、ここは大きく変わりましたので、あまり感傷には浸れませんでした。

初めてこの場所に来たのが1991年の6月のことで、社会人になって3年が過ぎていました。

「品川」→「品川プリンタ」→「華やか」と言う連想をしていたのですが、それは駅の反対出口のことでした。

なが~い地下道を経て、ようやく地上に上がった時は驚きました。

何にもないのです。

駅前によくある普通の商店街、食肉工場、そして大きな駐車場とテニスコート。

空が広く感じられました。


しかし98年頃、駅が改装され、評判の悪かった地下道が地上へ移って広くなり、駅前には品川インターシティができました。

ここから品川は急速に発展して行きます。

品川インターシティの向かいには「新三菱村」とも呼ばれるビル群が立ち並びました。

私が最後にこの近くで仕事をしたのは2004年6月ですが、その後も進化を続け、新幹線の駅や、駅ビルも完成しました。

この発展が別に悪いとは思いませんが、本当にすっかり変わってしまったなぁ、と感じたしだいです。

緑茶の入浴剤

20090330141842
ダイソーで買った「緑茶湯」と言う入浴剤です。

このタイプは初めて買いました。

とってもあったまるのでお気に入りだった「辛子湯」が売り切れていたので、これを買いました。

使ってみますと、緑茶の香りが広がって、とってもいい感じでした。

105円で3袋は安すぎますので、肌に心配な方にはどうかと思いますが、私は気に入っています。

ごっちゃん昇格と、ポジション変更

20090330070631
先日社内の昇格者が発表されました。

私は出世が遅いほうで、ここ数年昇格をしていないのですが、今年は頑張ったから昇格しているだろう、と期待したいました。

とりあえず昇格者が掲載されているpdfファイルを、私の苗字で検索してみましたら、見つかりませんでした。

この時点でかなりショックでしたが、まあ仕方がないかもなぁ、とも思いました。

しかし名簿を折れそうな心で詳細に見ていくと、組織改定により、私の現在の地位の人間は、自動的に全員昇格、と書いてありました。

嬉しいんですけど、はたして、組織改定がなかったら自分はどうなっていたのだろう、という事には興味はあります。


このこととは関係なく、一方で現場では、現在のリーダーの仕事が溢れ気味なので、一部管理を行なって欲しい、と言う要請があり、私は受けました。

私はこの職場の人間ではないので、そう言うことやっていいの、と言う声もありますが、あまりそう言う制度的な抵抗感はないです。

むしろ今まで自分のポジションが、自分のことを最優先させるというものでしたので、それでいいのか?とも思っていたところです。

だから、ちょっと楽すぎるポジションから、まあそれなりの仕事を任された、と言う感じです。

私はあまり人を使うのが得意なほうではないので、自分で仕事を抱えてつぶれてしまう、と言う事も何回かありました。

その辺がちょっと心配ですが、前向きに考えて生きたいと思います。


ちなみに、私は同じような仕事をしている人と語り合いたい、と言う気持ちで他人のブログ検索して読んでみました。

いくつか見つかったのですが、大体において、この仕事(システムエンジニアやプログラマ)は徹夜は当然で、それぐらいの体力はないといけない、との記述があります。

そんなことは私の周りではあり得ないですね。

私は21世紀に入って6回ぐらいは徹夜しましたが、その半分は予定によるもので、シフト勤務でした。

残業も100~200時間は当たり前、と聞きますが、社会人になって21年間で100時間を越えたのは4回ぐらいです。

だから出世できないんじゃない、というとそんなことはないです。

この仕事は客にもよりますが、ブログに書かれているほど体力的にきつくはないですよ。

現に、先週で時間外が100時間を超えてしまった社員が2名いるのですが、なんでそんなことになったんだ、リーダーの管理はどうなっているんだ、と問題になりました。

昔の事はよく知りませんが、今は過剰な残業は会社全体として禁止されています。

いい世の中になったものです。

男同士の散歩

20090329181150
今日は何となく散歩に行く気分ではなかったのですが、唯一のオス犬のビルが、行こうよ行こうよをアピールし続けましたので、彼だけを連れて近所を歩きました。

ビルもそろそろ10歳。

以前は走るのが嬉しいのか、前へ前へと進んで行き、私がそれを制していたのですが、最近は臭うのが好きになったのか、なかなか歩いてくれません。

ですから、前の倍時間がかかります。

「とっとと歩こうぜ」とわかる訳もないのにけしかけます。

満足したようで、今はスヤスヤ寝ています。

今度は男同士で飲みにいこうぜ。

WBCに感謝

20090329063346
昨日帰りに、マクドナルドに寄ってハンバーガーを5個買って帰りました。

WBC優勝セールで、この週末は安くなっているからです。

とりあえず夕食までのおやつに、と思って買ったのですが、さすがに5個では夕食を食べる気にはならず、昨日はこれでおしまい、となりました。

昨日の教訓。
「ハンバーガー10個までなら、いけそうな気がする~」

Mauka Meadows 川崎アゼリア店

20090328162745
20090328162744
川崎駅地下街(アゼリア)にある、前から気になっていたハワイアンなお店です。

毎朝私はこの店の前を通ります。

女房がこう言う店が好きなので、いつか連れていってやりたい、と考えていたのが、今日やっとかないました。

店内は、アゼリア全体の白っぽいイメージとは違う明るさが魅力的です。

本当にアゼリアにいる気がしません。

女房はここでロコモコを食べ、私は写真のモーニングセットの大盛りみたいなものを食べました。

ソファー席が多いので、けっこうゆったりとくつろげる店でした。


この後、本屋に行ったり、図書館に本の返却に行ったり、古本市に行ったりと、本三昧の川崎巡りでした。

本屋では、「シャーロック・ホームズ・イレギュラーズ」と言う、去年の12月に出たばかりの、ホームズ解説本を見つけました。

かなり欲しかったのですが、直前に1000円する本を買ったばかりなので、とりあえずやめました。

私の辞書に「衝動買い」と言い言葉はありません。

迷ったら買わない、つまり「衝動買わない」と言うことがよくあります。

それでせっかくのチャンスを逃すこともありますが、性格、と言いますか、先祖代々に流れる農家の血、かもしれません。

今ちょっと後悔しています。

でもあの新しさなら、行きつけの本屋や、Amazonに発注すればいつでも手に入るでしょうし、月曜にも900円ぐらいするアメリカンフットボールの雑誌を買う予定です。

WBCの特集号も、何か一冊は買うでしょう。
その他に、毎週二冊の雑誌で、1100円飛んで行きますので、しばらくやめておきます。

それに、いくらか以上買わないと、駐車場代を取られる商業施設に行くときのため、それまで待つこともいいでしょう。


記事のタイトルとからかなり外れた内容となりました。

なお冒頭のお店は、神奈川や埼玉にも支店があるようです。

谷村有美「シンデレラの勇気」から学んだこと

20090327175730
以前写真のビデオ版を買ったのですが、まだ全体を通してはじっくりとは見ていません。

そういう時点で書くのもなんですが、このビデオの中では、「シンデレラの勇気」が最高に思え、何回も繰り返し見ています。

この歌は1990年頃のものだと思うのですが、当時から好きでした。

だからもともと愛着があるのですが、映像の中の谷村さんが、とっても、う~ん、何と表現したらよいものか、かわいい、と40過ぎのおじさんの私が言うのもキモいですし、楽しそう、って言うのが無難かなぁ、と思います。

とにかく楽しそうで、見ているこっちまで楽しくなるのです。

また、振り付けもあるのですが、これもまた見ていて嬉しくなりました。

特に1番のサビの部分から、間奏まで、ここは本当に楽しいです。

「12時の鐘なーるまーえに、好きと言ってよ」の直後に、両手を顔の横で振る、ここが最高の笑顔です。


さて、そろそろ本題ですが、この歌を歌う前後で、谷村さんの表情が全然違うことに気付きました。

歌う前は、客席に向かって色々と挨拶をしているのですが、この時すでに感極まっていて、この歌も途中まで、1番のサビの手前までは、泣き出すのをこらえるようにして歌っています。

しかしそこから表情が急速に明るくなって、声も楽しそうな感じになって行きます。

先程書きました「12時の鐘」のところでは、もう完全に、私が知っている、笑顔の谷村さんです。


これは一体どういうこと?

三つの理由が考えられると思います。

まず一つ目は、谷村さんのプロとしての意識と技術で立ち直った、というもの。

次に二つ目は、演出でこうした、というもの。

そして三つ目は、歌を歌うことで、自然に立ち直れた、というものです。


結論としては、私は三つ目の理由だろうと思いますし、そう信じたいです。

以前私は、歌は聴いてもいいが、歌うほうがテンションがあがる、と言うことを書きました。

これは実体験からそう思うのです。

ですから、きっと三つ目の理由でしょうし、また、自分が何かあって落ち込んだ時のために、そうあってほしいのです。

落ち込んだら、歌う。

職場に行くのが嫌な日は、マスクをかけ、小声で歌いながら会社に向かう。

こうやって自分をコントロールしようと考えます。


バカじゃねぇか、と思われるかもしれませんが、そうやって頑張ることが出来るのならば(実際できました)、それでいいじゃないですか。

私を一文字であらわすと

20090327041219
3/12に社内で講演会みたいなものがありました。

その中で戴いた課題の一つに、自分を漢字一文字で表しなさい、と言うのがありました。

短い時間でしたが、迷った末に私が選んだのは、写真の「驚」です。

これは双方向です。

つまり私に対して「驚」かれることが多いこと。

そして私が周りのことや社会に対して「驚」くことがよくあること。


初対面の方が私に対して持つ印象は、だいたい3日もせず崩れ(?)ます。

きっと無口なんだろうなぁ、とか、冗談が通じなさそうな人なんだろうなぁ、とか、真面目そうだなあ、とか、神経質そうだ、とかとか・・・

確かに神経質な面はありますが、それは誰もが対象が違うだけで持っているレベルだと思います。

しかしその他はまったく逆です。

そういう様に、人に驚かれることが、私には多いのです。

また、わざと人を驚かせてやろう、ということも考えます。

ウケ狙いで、いろんなむちゃをして驚かせることがありますが、できれば信じられないような業績をあげたりとか、感心するよね、と思われるような人助け、とかとかで驚かせてみたいものです。


次に、驚くことです。

結論からいいますと、色々なことに驚く人間でありたいのです。

感受性が豊かでありたいのです。

そして、驚かせられることで、人間として成長したいのです。

できれば、いいことに驚きたいところですが、世の中そうは行かないのが悲しいところですし、切ないことに驚くことも、また自分を成長させてくれるでしょう。


まあ、こんな感じでとっさに思いついた「驚」の一文字ですが、けっこう気に入ってます。

会社の机の上に置いておこうかな・・・

オードリーとN君

20090326040616
昨日は職場の飲み会でした。

そこで意外なことを聞きました。

今のプロジェクトにN君と言うのがいるのですが、これがオードリーと高校の同級生で仲がいいとか。

本当かなあ、と疑心暗鬼に聞きながら、聞いていたのですが、オードリー(ナイスミドル?)結成の際にメンバーに誘われたとか、オードリーの二人と一緒に合コンに来たとか、そんな逸話を聞きました。

出社したら確かめてみたいのですが、ほとんど話したことないし。

それに今の職場では、まだ実績をあげていませんし、何よりそういうコネを使うと、色々と面倒くさいことになりそうなので、聞いて本当でも、多分ファンレターを渡してくれ、ぐらいしか頼まないでしょう。

まあ、これも仕事の励みになります。

でも彼等とアメフトの話しはしてみたいです。

[ 続きを読む » ]

イトーヨーカ堂 WBC応援感謝セール

20090325080950
以前イトーヨーカ堂は、どうしてどこが優勝してもセールをやるのだろう、節操がないんじゃない、と批判めいたことを書きましたが、実はNPB辺りにから、セールをやる権利を買っているそうで、ちゃんとした手続きを踏んでいるそうです。

イトーヨーカ堂さん、その節は失礼しました。


しかし、まさかWBCでまで応援セールをやるとは思いませんでした。

写真は今朝の朝刊と共に配達された「WBC応援感謝セール」の広告です。

詳しいことは忘れましたが、今日から三日間ぐらい、キャッシュバックを含めたセールをやるそうです。

キャッシュバックだと、値札を張替える手間が省けるのでしょう。


ところで、ひどいことに、写真をよく見ていただけるとわかるかもしれませんが、届いた広告は、真ん中の右半分が破れていて、全体を見ることができなかったのです。

配達した店に抗議して、ちゃんとしたのをもってきてもらう、と言うことも考えましたが、時間がなくてやめました。

でもこちらはお金を払っているのですから、こういうことはきちんとしておきたい、と思いますので、抗議は女房に託そうと思います。


今日は多くの人の給料日ですから、イトーヨーカ堂さん、おいしいですね。

なお、同じ系列のセブンイレブンやデニーズがセールをやるかどうかは未確認です。

優勝ありがとう、WBC日本代表

20090324181228
WBC決勝戦は、延長10回に勝ち越した日本が、そのまま5-3で韓国を振り切り優勝、日本が第1回に続き、ニ連覇を達成しました。

おめでとう、と言うより、ありがとうと言う気分です。

正直、ニ連覇はマスコミが言うほどたやすくなく、かなり難しいだろう、と考えていました。

特に二次リーグで同じグループ内にキューバや韓国、そしてなかなか侮れないメキシコが居るのを知った時は、楽天の野村監督が予想していた通り、一つも勝てないんじゃないか、とも思いました。

しかし日本の「ヤキュー」は「BaseBall」より強かったのでした。

今はもう嬉しくてしょうがない、と言うより、何となく落ち着いた、と言う気持ちです。

帰ったらニュースをハシゴし、明日はスポーツ新聞を一つは買うでしょう。

しかし韓国は強かった、自滅に近かったとは言え、ダルビッシュから得点し、延長に持ち込みましたからね。

でも負ける気はしませんでした。根拠はないですが。

これからも日韓が競いあって、アジアのレベルが全体的に上がることでしょう。

眠れる獅子、中国も、いつまでもアンパイではないでしょう。

本当にWBC日本代表のみなさんと裏方さん、どうもありがとうございました。

WBC 途中経過

20090324130400
昼休みになりました。

内川の好辺球でタッチアウト。

でもセーフだなぁ、今のは。

周りでも食事をしながら盛り上がっています。

川崎ってかわいいよねぇ、と言う関係ない声から、あ、今日決勝なの、と言う、お前ら何人だ、と言う声もとんでいます。

あと30分見れます。


さっきの韓国のホームラン、難しい球をよく打ったと思います。

あれは忘れましょう。

岩隈は安定して見ていられます。


さて岩村が三振に終わり攻守交代。

韓国の中継ぎは、良い意味で、適当に荒れているのでしょう。


6回裏、岩隈はちょっとあれてきたかな、という感じです。

でもまだ69球、がんばれ!

牽制、惜しい、でもランナーは怖くなったはず。

でも走った、アウト、さすがジョー、そして三振。

いい流れでラッキーセブンに入れます。


片岡のヒットに周りが拍手。

かわいい、の声も。

さあイチロー、偉大さを見せてくれ。

片岡の盗塁にも拍手。

イチロー、見え見えですが、ナイスバント。

さあ、なかじー。

やった。

周りの拍手がだんだん大きくなってきました。

青木どうする、送るか?

送るべきだと思うが。

強攻で犠牲フライ。

なかじーは二塁は無理だったか。

さあジョー、だけど・・・足遅い。

ゲッツーって、あれセーフじゃない。

さっきからどっちに対しても判定がおかしいよ。

でもなかじーの妨害は反則じゃない?

このゲーム、勝てば岩隈かなかじーがMVPですね。


7回裏。

岩隈続投。

よし、レフトフライ。

ここで昼休みタイムアップ。

泣く泣く仕事へ。

ニッポン頑張れ!

あと一つ 頑張れWBC日本代表

20090324084827
(川崎選手)

いよいよ今日、WBCの決勝が行なわれます。

日本対韓国、なんと今大会5度目の対戦。

いずれも6勝2敗で、2敗はいずれも日本、あるいは韓国というのですから、本当に決勝にふさわしいカードになりました。

球技の世界大会の決勝が、アジアのこの2国で行なわれるなんて、他にないんじゃないでしょうか。


私は結局昨日のゲームのニュースを、ほとんど見ませんでした。

21時ぐらいに寝てしまいました。

その代わり、TBSの2時間ダイジェストと、ZEROの10分以上にわたるニュースを、携帯電話のワンセグ機能で録画しました。

しかし、今日負けてしまえば、この2つの番組を削除する事はないにしても、見るかどうか疑問です。

だから絶対に勝って欲しい。


韓国は、先日マウンドに国旗をたてらる、と言うまねをされました。

その時は、ちょっとみっともない、と思いましたが、今日は決勝戦ですから、負ければ、そのようなまねも受け入れざるを得ません。

勝者は何をしてもいいと思っています。

それが嫌なら勝てばよいのです。


前にも書きましたが、私の実家のまわりは、私の苗字の家と、岩隈と言う苗字の家がたくさんあります。

父の話しでは、岩隈投手の祖父が、ここから東京に出て行ったらしいです。

ですので、いっそう岩隈には頑張って欲しいです。

頑張れ、岩隈、平山の誇り。


そして写真の川崎。

昨日は見事に村田の穴を埋めました。

しかし前回のWBC、去年の五輪と、いずれも負傷して戻ってきました。

今回は活躍した上で、無事に帰って来て欲しいです。

「日本国民のために頑張る」と、誰よりも真剣な目で語っていましたが、その言葉を信じます。


とにかく勝ってくれ日本代表。

前回海外に研修に行っていて、WBC優勝の盛り上がりをしらない友人のためにも勝ってくれ。


そしてよくわからないままに急騰した日経平均株価をあげてくれ!

オードリー単独ライブ またもチケットとれず

20090324032716
一昨日3/22は、4/20に行われる予定の、オードリー単独ライブのチケットが発売開始となった日でした。

携帯電話からウェブにアクセスして購入しようと、予行練習までして発売開始時刻の10時に臨んだのですが、更新を2回しただけで「予定枚数終了」となりました。

15秒間ほどの出来事でした。

悔しいです(ってオードリーじゃないやん)

今回のライブは収録されて、DVDになるようです。

それは買うつもりですが、生オードリーをいつか見てみたいです。

WBC準決勝 日本対アメリカ

20090323124414
9回表に昼休みとなり、テレビ観戦を始めました。

最後はダルビッシュが三振で締めてゲームセット。

9-4 で日本が決勝進出を決めました。

とりあえず、一安心です。

ゲームセットの瞬間、テレビの周りの人から、少しだけ拍手が起きました。

もうちょっと盛り上がってもいいんじゃない、と思うのですが。


Do they know it's WBC ?

すっかりこの言い回しが好きになりました。

もちろん、25年前のBand Aidの歌に引っ掛けたものです。

何度も書きますが、WBCが全然盛り上がっていないアメリカだけには負けて欲しくありませんでしたので、嬉しいです。

でも4点は取られすぎじゃないかと思います。

特に馬原が・・・

2点差に詰め寄られて、なおも一死三塁の時は、ちょっと怖かったです。

ちょっとですけどね。


ワンセグの字幕には、視聴者からの投稿で、
「電車の中ではみんなワンセグを見ています」
と言うのがありました。

やはりこう言う国が優勝するべきだと思います。


今日は帰社のために、帰りが早くなりそうです。

帰ったらニュースをハシゴします。

グローバルチャレンジボウル ~ アメリカンフットボールU-19日米戦

Image266.jpg


昨日、グローバルチャレンジボウル(アメリカンフットボールU-19日米戦)を川崎球場で見てきました。

朝日新聞では、昨年と同じで、スポーツ欄には勝敗については一切記述はなく、川崎の地方欄にしか載っていませんでしたので、私が書きます。


試合開始は午後2時、風は強かったものの汗ばむ陽気で、私はダウンジャケットを脱いで、40ydsラインのあたりで観戦を始めました。

第1シリーズ、風下の日本の先攻でしたが、ほとんど前進できずにファンブルで攻撃権を失いました。

アメリカはランのみで前進し、タッチダウン。

ただしPATはキック失敗に終わりました。

このキックを蹴ったのは、朝日新聞のスポーツ欄の「ハーフタイム」にも紹介されていた女性です。

あまりにもへなちょこで、クロスバーにギリギリ届いてはじかれたのを見て、アメリカはあまり真面目にやってくれないんだなぁ、と寂しくなりましたが、それは誤解であることが後でわかりました。

日本は第2シリーズも3&アウトで、とても勝てる気がしなくなりました。

しかしゲームがアメリカのものだったのはここまででした。

次のアメリカの攻撃からは、日本のディフェンス陣が力を出し始めました。

アメリカにほとんど前進を許さなくなりました。

その一方でオフェンスも機能を始めました。

第3シリーズで、#21へ15ydsほどのパスが二人のアメリカのDB陣のカバーをすり抜け、そのまま40ydsのラン・アフター・キャッチでTD。

PATも決まり7-6と逆転しました。

ここからは日本の一方的な展開となります。

ディフェンスは1stダウンを許さず、オフェンスはファンブルリカバーしたボールをFGへ、また残り1分10秒には#4から#1へのリバースプレイが決まり、結局子の時点で17-6とリードを広げました。

続くアメリカのシリーズで、第1シリーズ以来の1stダウンを許すのですが、得点には結びつけさせず、このまま前半終了となりました。


後半私は10yds付近に移動しました。

サイドラインから6メートルぐらいで、高さもフィールドとほぼ同じぐらいです。

3Qも残り8分から、早くもアメリカはギャンブルを始めました。

失敗してもフィールドポジションが悪くはならない場所とは言え、本気度が伝わってきて嬉しかったです。

結局失敗に終わりましたが、この後アメリカはゴール前のディフェンスでオフサイドを犯すなど、まだまだ勝負を捨ててない事が伝わってきました。

3Qに日本は二本のTDを決め、31-6にまでリードは広がり、私は勝ちを確信しました。

しかし、実際はまだまだでした。

4Q残り10分15秒にアメリカはQBスクランブルでTDをあげ、さらに2ポイントも決め、31-14としました。

ここから日本ディフェンスが苦しみます。

アメリカはオンサイドキックを行いリカバー。

いかにもオンサイドを蹴ってくる、と言うハドルから、突然キックをしました。

このタイミングをずらしたプレーには驚きました。

結局このシリーズも残り5分56秒にTDに結びつけます。

PATでは久々に女性キッカーが登場。

こんどは流石、と言うキックを決め31-21となります。

続くシリーズもオンサイドキックをリカバーし、攻撃を続けます

これはまだわからない、と思い、私はスタンドの50yds付近へ、試合が総括的に見える位置に移動しました。

そして残り2分42秒、ようやく日本はアメリカのギャンブルをとめ、ボールを奪いました。

日本ディフェンスはようやく休む事ができた訳ですが、よく集中力を切らさず、止めたものだと思います。

日本はこのシーリーズの1プレイ目でQBが50ydsほどを走り、2yds付近にまでボールを進めます。

しかしアメリカは3度のラン攻撃をとめます。

ですが最後#10がQBスクランブルでTDを決め、残り15秒で38-21、これで勝負ありでした。

アメリカは最後に3プレイほど行ないますが、結局このままタイムアップ。

最終スコアは38-21で、日本は昨年に続き、アメリカを破りました。


このゲーム、日本は本気の準備をしてきましたが、アメリカはオールスターでもないでしょうし、準備も十分に行なってなかったと思います。

それでもここまで日本と渡り合えるのですから、日本と同じ取り組みをすれば、話しにならないでしょう。

でもアメリカチームにも、メジャーカレッジへ進学が決まっている選手が何人もいました。

アメリカチームのQBは、いいパスを放るのですが、レシーバーのレベルが低く、ボールをこぼすのではなく、両手の間をボールをすり抜けさせてしまうようなミスを二度ほど見かけました。


MVPは日本の#10QB荒木選手、大阪産業大附属校の3年生です。

184センチは日本のQBとしては大きいほうでしょう。

また、クイックスローの持ち主で、全身を使わなくても長いパスを投げる肩、手首を持っています。

周りの観客も、彼のことを盛んに褒めていました。

将来が期待できる選手なので、進学先が気になります。


また日本チームの主将#5RBの松岡選手も、素晴らしいアスリートだと感じました。

カットバックが鋭い、関西学院大学の1年生です。

私よりも身長が低い(167センチ)のが残念ですが、日本では一流選手になれるでしょう。


なお、このゲームは3/28の19時から、スカイAで放送されるそうです。

4/17にも再放送されるそうです。

私は見る環境を持っていませんので、見ることは出来ませんが、多くの人に日本の奮闘振りを見ていただき、日本のフットボーラーをリスペクトしていただきたいと思います。


6月下旬にはU-19の世界大会がアメリカで行なわれます。

アメリカ、カナダ、メキシコ、ドイツ、スウェーデン、フランス、ニュージーランド、そして日本の8カ国が参加します。

事前のランキングでは、トップは意外にもカナダで、日本は4位です。

日本の格付けは順当かそれ以下でしょう。

ヨーロッパやニュージーランドは一蹴できる力を持っています。

しかし北米大陸の3カ国を倒すのは、なかなか難しいでしょう。

メキシコぐらいには勝てるんじゃないか、とも思いますが。

過去の経験から考えますと、おそらく日本のメディアは、この大会をほとんど伝えないでしょう。

非常に残念です。

他の競技に比べ、アメリカンフットボールについては、日本は世界的な強豪で、3回開催されたワールドカップでも優勝2回、準優勝1回です。

そんな実績に対して、日本のメディアの冷たいこと・・・残念です。

なんとかこの現状を打破できないものか、もっともっと賞賛されても良い選手たちを見ながら、川崎球場をあとにしました。
Image269.jpg

ミラクルひかるが・・・


昨日の「イロモネア」ですが、ほかの事をしながら見ていました。

ゴールドラッシュ特集でした。

知らない人か、知っていてもあまり興味のない人たちばかりなので、あまりまじめに見ていませんでした。

そうしたら、なんと私の期待の星、ミラクルひかるが出ていました。

去年一番笑ったのは、彼女の、宇多田ヒカルが壊れていくネタでした。

ですから、彼女がメジャー番組に出てこないのを歯がゆく思っていました。

しかしとうとう出てきたか、と嬉しくなりました。


いつもとは違い、宇多田ヒカルネタではありませんでした。

第2ステージも時間がなくなりかけ、最後の一人がなかなか笑いません。

ハラハラしながら見ていました。

似ている事は似ているのですが、笑いにつながらない。

がんばれ、がんばれ、と応援していました。

そして何とか突破。

そして最終ステージ、今度も宇多田ネタではありません。

大丈夫か?

しかし案外楽に突破できました。

でも、最後の竹内まりやの真似は、珍しく似ていませんでした。

竹内まりやを真似する人は初めて見ました。

よく笑いが取れたもんです。


何はともかく、ゴールドラッシュを突破し、イロモネアの本選に進めることになりました。

おめでとう、ミラクルひかる。

今度は壊れていく宇多田ヒカルの真似を見せてください。

応援します。

川崎市・・・

20090321133730
(川崎駅改札前にある広告)

これからアメリカン・フットボールのU-19日米戦を見に行きます。

川崎球場に行く途中のエクセルシオールでコーヒーを飲みながら、これを書いています。

川崎市は一昨年の第3回アメリカンフットボール ワールドカップの開催、そして去年のU-19日米戦、そして今日のゲームと、アメリカンフットボールの普及に力を入れています。

他にも川崎ボウルなども主催しているようです。

ですから、同じ志しを持つ者として、川崎市に住んでいることは嬉しいです。

おまけに好きなプロ野球選手と同じ名前でもありますし。

結構して、偶然に住み始めた町とは言え、そろそろ15年目になります。

愛着もあります。


しかし一方では、気にいらないところもあります。

昨年の市職員の冬のボーナスの高かったこと。

大企業並みでした。

まあ、それはいいでしょう。


衝撃的だったのは、一昨日Yahoo!ニュースで見た、自殺対策指数です。

これは、あるNPOが都道府県と政令都市について、どれくらい自殺予防について力を入れているか、を指数として定量化したものです。

まったく当たっているわけでもないでしょうし、また、外れている訳でもないでしょう。

それにしても全国で最下位タイ、とは驚きました。

いくら私がアメフト好きとは言え、そう言う予算を自殺対策に廻すべきだと考えます。

賞与も見直すべきです。

自分達が公僕であることを自覚すべきです。


最後に、私はある人をこのゲームの観戦に誘いました。

以前のお客さんの旦那さんで、アメフトをプレーしていたそうです。

ですが休出と言うことで叶いませんでした。

その時点で、一人で観戦に行くのはやめよう、とおもいました。

疲れもありましたし。

しかし2~3日前、川崎駅で、ある政治家の関係者が、このゲームについて語っているのを見て、一人でも行こう、と考え直しました。

もし今日のゲームが昨年と同じくナイスゲームになれば、私はその政治家に感謝します。

でもそれと選挙は別です。

いとこの子、高校合格決まる

20090321054818
昨夜、女房方の叔母から、女房方の従姉妹の長男が、高校入試に合格したとの連絡がありました。

事情はよくわかりませんが、柔道で推薦されていたそうです。

すごいなぁ、と思いましたので、その子と話したくなりました。

そこで女房に電話をかけてもらい、話しをしました。


私は高校時代だけ剣道をやっていまして、一応二段までとりましたが、それでも補欠にも入れませんでした。

しかも当時は決して強い高校ではなかったのですから、私の技量がたいしたことはないのはご理解できるでしょう。

今考えると、高校から剣道を始めた私なんかが、中学以前からやっている奴らに敵うわけがない、と決め付けていたのがよくなかったと思います。

ですから私はその子に、私のこの失敗を話し、自分で自分の枠を決めず、上を目指して頑張れ、と言いました。

私の想いが(だいたい私が何物かわかっていたのか疑問ですが)伝わったかどうかはわかりません。

しかしとりあえず覚えていてもらい、いつか理解していただければ、と思います。


ちなみに彼の入学する高校は、私が高校時代には柔道が強い、と言う印象はありませんが、最近は五輪金メダリストも輩出しています。

稽古はきついでしょうが、頑張ってほしいものです。

WBC4回目の韓国戦

結局この試合、6-2で勝ったわけですが、あまり熱心には見ることができませんでした。

体調はそれほど悪くはないのですが、やることが他にあったことと、勝負がたいして重要ではないと思ったからです。


思いついたことをいくつか。

・青木は本当にいい選手になりましたね。 先日マックでクリアファイルをもらう時、岩村と青木で迷った末に、岩村のを選びました。
 青木は努力家だと思いますので、大好きな選手です。 青木のも欲しくなりました。

・村田が怪我のため、選手登録を外れるようです。 そして、広島の栗原が招集されるそうです。 ヒットを放って一塁にたどり着く前に、やっちまったようです。 多分肉離れでしょう。 申し訳ありませんが、正直私は、チームにとってはたいしたダメージではないと考えています。

・今朝も書きましたが、ホークスの投手が投げると、一段とドキドキします。 馬原はいつも通りにランナーを出したものの、きちんと抑えてくれましたので、ホッとしました。

・川崎選手が出なかったのは、意外かつ残念でした。

・勝ったのは嬉しいのですが、私として期待していた、色々なテストや情報収集ができたのか?と言うのが気になります。

・正確には確認できなかったのですが、日本代表は、マウンドに日の丸を立てるような見苦しい真似はしなかったようです。 そういう行為自体は見苦しいとは思いませんが、優勝が決まるようなゲームではないですからね。


さて日本の次の試合は、月曜朝8時半からアメリカとだそうです。

私はアメリカには、特に負けてほしくないのです。

と言いますのは、国民やメジャーリーグが、この大会にあまり熱心だと思えないからです。

デーブ・ジョンソン監督が力をいれていることは、何となく伝わってきます。

でも彼の熱意だけ、みたいなんですよ。

先発は松坂と、アメリカチームのエースだそうです。

投手戦になるかもしれませんね。

私は決勝は、またも日本対韓国になるんじゃないか、と思います。

これが根拠、と言うものではないんですが、今大会、韓国は日本にしか、日本は韓国にしか負けてないんですよね。

で韓国は違いますが、日本は韓国にしか失点してないんですよね。


さあ、今夜もWBCニュースのハシゴとなりそうです。

決してWBCのためではなく

20090320061809
今週はずっと体調が思わしくありませんでした。

しかし、それでも昨日まで出社できたのは、チーム内にもっと疲弊している人がいること、そしてブログを続けたい気持ちがあったことでした。

ブログを書いたり、人様のブログを読んでコメントさせていただくことは、私が元気であるためのエネルギーになっています。

しかし病気になるとそれができませんし、できたとしても、お前、会社を病欠しているのにブログかよ、と言う後ろめたい気持ちにもなります。

ですからなんとか今日も出社できました。

しかし11時半にタバコを吸ったあたりで、突然全身から冷や汗がでるような変な気分になり、立っているのが辛くなったので、午後休させてもらいました。

そうなるとWBCが見れることになるのですが、退社する直前まで、そのことに気付きませんでした。

また、帰宅するまで、今日発売の雑誌「週刊 世界百不思議」を買うのを忘れていました。

これらのことを思いつかないぐらい、体調が悪かったのです。


言い訳はともかく、帰宅しながら携帯電話のワンセグでWBCを見ました。

小笠原の打球をセンターが落とす場面も見ることができました。

帰宅して寝込むまで、しばらく色々なことがあり、7回裏に杉内が投げ始めた頃から、ようやく落ち着いて見ることができました。

杉内はホークス投手陣の中でも最も安心して見ることが出来る投手の一人です。

しかし後がないWBCで投げるのを見るのは、心配で心配でしょうがない、というのが正直な気持ちです。

結局いくつかの幸運に恵まれたとは言え、試合終了までの3イニングを、パーフェクトに押さえ込んでくれました。

安心するとともに、嬉しかったです。


昨日は、俺を寝せるな、なんて威勢のいいことを書きましたが、正直ゆっくり休んだほうが良いだろうと思います。

今日のゲームは、勝敗はそれほど重要だと思いません。

日本はおそらく決勝で、またまた韓国と対戦するでしょう。

そのために、色々と試して、必勝法を得るのが、今日のゲームの最優先項目だと考えます。

勝利を信じてスタジアムに来た観客には寂しい思いをさせるでしょうが、後で、あのゲームが連覇のポイントだった、そのゲームを見た、と言う満足感が味わえるはずです。

今日、日本は偉大であることは求められていないと思います。

その後は偉大であることが求められるゲームが続きます。

その時に偉大であればいいのですから。

俺を寝せるな、WBC日本代表

20090319081516
明日は休日出勤の可能性もまだありますが、とりあえず今日を乗り切れば3連休です。

今週は睡眠時間がいつもより短く、体調もそう良くはなかったので、明日はゆっくりと寝ようと考えています。

しかし、明日は午前10時から、WBCのブロック決勝があり、韓国と、今日の勝者である日本が(キューバと言う可能性もあることはあります)戦うので、起きていないわけには行きません。

困ったなぁ。

と、今日は日本が勝つことを前提で書きました。

頼むからニッポン、私を明日の昼間寝せないようにしてください。

韓国対キューバなら寝ます。


ところで五輪で継投で日本をえさえたキューバ投手二人が、球数制限で、今日は当板できないそうです。

これを喜ぶのは、ニッポン男児として情けないとも考えられますが、「ズルしてでも勝ちたい」(アテネ五輪予選の時の、ある選手の言葉)と言うのが偽らざる気持ちです。

頼むぞニッポン。

陣内智則と藤原紀香離婚


一昨年周囲を驚かせて結婚した、陣内智則と藤原紀香夫妻が離婚へ、と言うのニュースが、韓国に敗れたWBCのニュースをおさえ、関東のメジャースポーツ紙3紙の一面となりました。

原因は、ありがちな、多忙ですれ違いの生活に耐えられなかったとか、DVだとか、陣内の不倫騒ぎだとか言われているそうです。

多忙ですれ違いの生活に耐えられなかった、と言う原因は本当によく聞きます。

やはり、相手のちょっとした仕草や、ちょっとしたけんかは、ある程度のコミュニケーションがないと解決は難しいでしょうから。

その点うちは、比較的普通の夫婦よりコミュニケーションはとれているので、何とか今までもっている、と思います。

今後どうなるかはわかりませんが。


ところで一昨日、夕方ぐらいから、うちでも冷戦が続いています。

どっちがどうしたとかは書きませんが、備忘のために書いておきます。

うちの場合、最近はちょっとした言い合いはあっても、冷戦はほとんどなくなっていましたので、最近としては珍しい事です。

新婚からしばらくの間で、一生分の夫婦げんかを、だいたいし終わったと思いますから。

WBC 韓国戦 0-3

途中経過ですが、0-3で負けてます。

初回のダルビッシュは悪いかったと思いますが、よく3点で終わったものです。

さあ、小笠原が四球で出ました。

会社のリフレッシュルームは、閑散としていて、10人もいません。

100人はいるフロアなのに、空席ばかりです。

みんな気にならないのかなぁ?

福留はまた見逃し三振か・・・

さあジョー。

周りも彼には期待していましたが、右飛か。

さて、タバコすって仕事に戻るか。


がんばれ日本。

俺は信じてるぞ。

結婚おめでとう、Wさん

20090318075814
昨日、私と一緒に他の部所から今の職場へ出稼ぎに来ているKさんと言う女性から、一昨日入籍しました、と言う報告を受けました。

結婚は5月と聞いていたので、ちょっと早く感じて意外だったのですが、まあ早すぎて悪いこともないでしょう。

このKさんは変わった苗字で、私はこの苗字の人とあったのは彼女が初めてです。
(きっとKさんも私の苗字について、そう思っているはずです)

で、何ていう苗字になったの?、と結婚したら女性は男性の苗字にかわると言う思い込みで尋ねたら、Wと言う苗字に変わるとの事でした。

この名前は普通に居そうなのですが、私はあったことはないです。


ここからはちょっと失敗したかなぁ、と感じたことです。

じゃあ5月に結婚って何よ?と尋ねたら、結婚式を挙げるのがそのときだそうです。

ふーん、で、俺は何をすればいいの?

何を唄えばいいの?

何かネタをやればいいの?

と、他の人にもよく言うことを言ったら、いやいや、と笑っていました。


しかし今考えてみると、もし5月に行なうのが結婚式だけではなく披露宴だったら、私を呼ぶことを強要したように聞こえたかもしれない、と後悔しています。

私は前述のようなツッコミをよくやるのですが、大体の場合、呼ばれるか、呼ばれないのかがはっきりしている人に言っています。

今回は時間もまだあるし、人を一人ぐらい増やす余裕もあるでしょうから、私を呼ばなきゃいけないかなぁ、と考えさせたかもしれないなぁ、と後悔するのです。

結婚式だけだったら、キリスト教式であれば、普通は自由参加ですから、とくに構わないですし、海外でやるんならば、身内と本当に親しい人しか呼ばないでしょうから心配はないです。

でも披露宴までやるんだったら、私のことを考慮しないか心配だなぁ、と思うのです。


まあ、とにかく、人生で一度きりの事ですから、そして結婚式や披露宴は基本的には本人たちのためですから、本人が好きなようにやってもらうのがベストです。

私としては、呼ばれたら光栄な事として出席させていただきますし、呼ばれないのであれば、それはそれでかまいません。

なんと言ってもWさんと面識が出来て、まだ8ヶ月ぐらいしか経ってないのですから。


う~ん、変なこと言ってしまったなぁ。

多分私の気にしすぎで、普通の神経の人ならそうは思わないでしょうし、そのほうが健全だと思います。

しょうがない、このブログを読ませて、私がどう思っているかを汲み取ってもらうか。


というわけで、Wさんと旦那様、結婚おめでとうございます。

がんばってうちら夫婦みたいに幸せになってください。
(よく周りから「本当に仲がいいね」と言われます)


ちなみに、私の隣りの隣りの席の女性も、先月結婚しました。

オードリー in 「しゃべくり007」

20090317083316
昨日オードリーが「しゃべくり007」に出ました。

なんでも日テレが「おしゃれイズム」に彼らを呼んだところ、高視聴率を得たとの事で、この番組にも呼ばれたそうです。

アメフト好きの私は、春日が、DEらしいセットから、タックルマシーン(あれはラグビー用ですね)に突っ込んで若林ごと倒したところはすごいなあ、と思いました。

さすが高校関東代表だったキャリアの持ち主です。

でも止まっている目標(QBやRB)をタックルするのを見ても、あまり面白くないですね。

やはり実戦のなかで、動いているボールキャリアを仕留めるのが見てみたいです。

次に若林が、春日の支えるタックルマシーンにブロック(タックルではないです)に行く番でした。

若林ファンとしては、ブロッカーとしての彼の力を期待したのですが、全然春日には効いていませんでした。

あれでは実戦ではブロッカーは無理だ、と思いました。


ところでアメフトと言えば、1999年春に、私の家の近くの川崎市民ミュージアムにNFLオンツアーということで、NFLのトップ選手を呼んだ事がありました。

覚えているのはキーション・ジョンソンとモー・ルイスで、キーションはいつの間にかイベントの途中でいなくなっていたのですが、ルイスは抽選による撮影会まで残ってくれました。

そしてその抽選に私も当たり、ルイスとチアリーダー(私よりでかい)と一緒に写真を撮ってもらいました。

家のどこかにあるはずです。


そしてそのイベントの最中、「王様のブランチ」のレポーターとして来ていたのが、現在のくりーむしちゅー、で当時の海砂利水魚です。

当時私は彼らのことを(高校時代にラグビー部だったことも)良く知りませんでしたので、あまり興奮しては見ていませんでした。

周りの人はもっと興味がなかったようです。

たしか有田が上田に、じゃあNFLの選手にタックルされてもらいましょう、と振っていて、上田が、ふざけるな、といっていたと思います。


それにしてもオードリーの人気はすごいですね。

一挙手一投足に、観客の女性が黄色い声で応えてくれます。

私も人生で一度くらいそう言う時期が欲しいなぁ、なんて羨ましくなります。

オードリーの旧称「ナイスミドル」になって。

女房がブログを再開しました

20090317083035
昨日最も嬉しかったことは、女房がブログを再開してくれたことです。

去年の11月以来更新が停まり、一時は迷惑コメントが横行する荒れたブログとなっていました。

更新が停まった理由の一つには、あまりにも迷惑コメントが多くなり、嫌気がさしたまともなコメントを書く人が少なくなったこともあると考えます。

こうやって女房のモチベーションが下がっていったのでしょう。

しかし最近何度か草刈り(迷惑コメントの削除)を行い、さらに以前にも書きましたが、カウンタをつけたことで、いよいよやる気を出してくれたようです。


私の主観ですが、女房は文章が上手いほうだと思っています。

特筆するような印象的な件はないのですが、とにかく流れるように読めるのがいい、と思います。

これはまだ結婚前にもらった何通かの手紙を読んだ頃から感じていたことです。


また、長い文章を書くのは苦手だと言っています。

そして、書くネタがない、と嘆く事もあります。

これはどう言うことかといいますと、話題を作ること、そしてそれを膨らますことが下手なのです。

ですがそれが逆に読みやすい長さに留まっているので、良い方に作用していると思います。


嫌な事は、私と文章力を競おうとする攻撃的な態度です。

私には文章力はないことはない、と自負しますが、女房と競おうとは思いません。

大体女房は強烈な負けず嫌いで(そう言うところが好きなところでもあるのですが)、文章力なんて言う判定しにくいところで競うのはエネルギーの無駄だと考えます。


きっとこれから、女房と私は、日々の訪問者数を競う事になるでしょう。

でもそれで女房がブログを続けてくれるのであれば、それでいいと思います。

WBC 2nd ラウンド第1戦 対キューバ

20090316120424
今朝のキューバ戦ですが、結局6-0で日本が勝ちました。

5回表途中までは、テレビを見ながら書いたのですが、その後は電車にのりながら、あるいは歩きながら、そして始業前のリフレッシュ ルームで携帯電話のワンセグでみました。

日本の得点シーンを全て見れたのはラッキーでした。


今日は松坂様々です。

初回こそアンラッキーなヒットでピンチを作りましたが、その後は全く危なげない投球で6回まで投げてくれました。

アンラッキーなヒットにイチローと城島の落球にも全然動じませんでした。

こう言う投手こそ「エース」の名に相応しいと思います。


ところで今週は私が朝礼当番です。

この職場の朝礼は、スピーチはなく、連絡だけの形です。

でもつまらないので、「野球は日本が6-0で勝ちました」と言いました。

特にヒンシュクはかってないようです。


次のゲームは明後日3/18(水)の12時からです。

相手は韓国とメキシコの勝者です。

いずれにせよ、先発はダルビッシュのようです。


ところで、土曜日に、写真の川崎選手のクリアファイルをGetしました。

なかなか先発が回ってこないなか、今日は代打で初ヒットを放ちました。


最後に、藤川がおさえにとして登板しました。

ここのところ調子が出ていませんでしたが、先頭打者に二塁打を出して以降は、2連続空振り三振と、センターフライで無失点でした。

まあ復活ですかね。

WBC2ndラウンド 対キューバ戦 書けるまで


会社に出かけるまで、書けるところまでテレビを見ながら書きます。

午前4時に起きて、もう出社の準備はほぼできています。


2番ショートは片岡か。

中島の発熱ではこういうオプションがあったか。

片岡はいやらしくて、いい選手です。

期待できます。

さあ、164キロ左腕をどう打ち崩すか期待です。


1回表

イチローは見送れば四球でしたが、よくフルカウントまで見てくれました。

この左腕はまだ本調子ではなく、しかも左が苦手なようです。

青木四球。

さあランナーが出て、青木が盗塁。

ボークで過去苦しんだようで、バッターに集中するようにしているようです。

村田、足遅!

しかし色々と見れて、球数も増やせて、悪くない攻撃だったと思います。


1回裏

松坂頼むぞ。

1球目がシュート回転で真ん中へ、ひやりとしました。

しかしサードゴロで1アウト。

ヒットか・・・

セカンドゴロかと思いましたが。

今度はライト前。

つまらせて打ちっとってはいるんですが、飛んだところがまずかったです。

松坂外角中心の攻めが続きます。

4番もつまらせて左飛で2死。

5番はバットの先で中飛。

とりあえず抑えました。


2回裏

小笠原よく見ている、さすが。

よし、四球、打つだけではないことを見せてくれました。

チャップマンは速いですがイライラしているようです。

さあ内川。

ああ、小笠原けん制死・・・

でも内川がこれで楽に打てる。

しかしこの左腕は2ストライクまではとるんですが、粘られますね。

内川も四球、2-0からよく粘りました。

さあ、福留。

マウンドにコーチが来て選手が集まり、話しを始めましたが、左腕は聞いてないようです。

今度は内川が誘い出されて2死。

まあいいよ。

またフルカウント、野手のテンション下がるでしょう。

もう40球投げました。

福留見逃し三振、このWBCでこう言うシーンが多いですね。

でも全員がフルカウントまで粘り、悪くはないと思います。


2回裏

まずは右飛。

松坂のかわす投球がさえます。

次打者を二ゴロ、岩村難しい体制から投げ2死。

次打者を見逃し三振、松坂この回を危なげなく投げきりました。

これでのっていけるでしょう。


3回表

さあ絶好調の城島、よし中前ヒット、日本初安打。

城島は走らないかもしれませんが、うまくじらしてくれるでしょう。

さあ期待の岩村、これが左前打で無死一、二塁でイチロー。

この回は日本は早めに手を出してきてます。

イチロー、バント、三塁前のいいところでしたが、城島が殺されました。

さあ、期待の片岡、彼にもバントがあります。

よし左前打で満塁。

そして好調の青木を迎えたところで、投手交代になりました。

また左腕。

さあ、と言うところで暴投で福留ホームイン、日本1点先制。

まだ一死二三塁、で青木右前打でイチローホームイン、2-0。

さあ九州男児村田、頼むぞ、外野フライでも点が入る。

そして大きな左飛で片岡ホームイン。

2点では不安でしたのが3点ならゲームの主導権を握ったと言えるでしょう。

さあ、小笠原。

小笠原二遊間ヒットで青木が好走塁で三塁へ。

ここでまた投手交代。

そして内川で、右投手が出てきました。

あー、遠目のスライダーを空振り。

しかし見ごたえのあるイニングで、3-0日本リード


3回裏

先頭打者の右邪飛、捕邪飛をイチロー、城島が落球。

しかしそれにも動じず松坂見逃しの三振をとりました。

続く打者も詰まらせましたが、右前打となりました。

にもかかわらず、松坂またも見逃しの三振。

ものすごい風格です。

しかし次打者が一二間ヒット、討ち取ってはいました。

さあ4番ですが、まあ大丈夫でしょう。

ホームランでもまだ同点。

2-1と追い込みました。

そして真ん中を縦に割るスライダー(カーブ?)で見逃し三振。

珠数が増えましたが、恐ろしいほどの安定感です。

3安打されてますが、まともに捕らえられたものはないと思います。


4回表

福留からですが、またも見逃し三振・・・ですが、今の外角低めは入ってないと思います。

城島、ライトへの平凡なフライでしたが、完全に日差しが目に入り落球で二塁打。

さあ、何苦礎魂の岩村、期待します。

ここでキューバは初めてサングラスを着用、いまごろか?

岩村への投球を審判がストライクにせず、キューバからやじ、そして審判が言い返しました。

これで審判は日本に寄ったかもしれません。

そして二塁左へ内野安打で、一死一三塁、ここでイチロー。

1点は何とかしてくれ。

二塁ゴロで岩村が殺されましたが城島ホームインで4-0。

イチローは走者として残りました。

二死一塁で片岡で、ここは何でも出来ます。

しかし投ゴロで4-0でこの回終了。


4回裏

先頭打者は三ゴロで一死。

そろそろ私は時間を気にせねば。

ブルペンでは杉内が準備を始めました。

またも見逃し三振で二死。

そして内角に落ちるスライダーで空振り三振。

松坂ここまで62球だと思いますが、本当に恐ろしいほどの安定感です。


5回裏

このイニング途中で私は出社します。

さあ、好調青木。

岩隈がブルペンに入りました。

観客席はかなりの空席、アメリカではこんなものか。

青木一ゴロでしたが、12球粘りました。

好きです、青木


ここでタイムアップ、出かけることにします。

ワンセグで見ながら出社します。

「毎朝、福岡ソフトバンクホークス!!」を読まれた方へ

20090315180257
本日のタカノさんのメルマガ「毎朝、福岡ソフトバンクホークス!!」にて、このブログが紹介されました。

今年に入って、まだホークスのことは2回程しか書いていないので恐縮ですが、有り難いことです。

ひょっとしたらメルマガを見て、こちらに来られた方もおられるかもしれませんので、プロ野球についての自己紹介をさせていただきます。

ハンドルネーム、MAJIK(マジック)と申します。

大学進学で関東に来るまでは、福岡の新宮町に住んでおりました。

当時はホークスは福岡になく、福岡にあった、そして所沢に去ってしまったライオンズを応援していました。

しかし1989年にホークスが福岡に移転してからは、ホークスのファンになりました。

中学生の頃、ライオンズの移転に涙しましたので、福岡に来てくれた球団を応援しないわけにはいかない、と思ったからです。

でも実際は、99年に優勝するまでは、あまり真面目に応援していなかったと思います。

2003年頃から熱心に応援するようになりました。

今では、テレビ中継があればできるだけ仕事を早く切り上げて帰ってこようとしますし、休日であれば外出を控えます。

女房はあきれています。

40を超えたいい大人が、こんなことでいいのか、と自問することもありますが、気になるのですからしょうがないです。

なお、神宮や東京ドームではなんどかホークス戦をみました。

今年はまだホークス戦をみたことがない横浜スタジアムと、ドームになってから行っていない西武ドームに足を運んでみようか、と考えています。

一緒に行ってもいいよ、と言う方がおられましたら、コメントなどで連絡下さい。

好きな選手は、全員と言うのが正直なところですが、タカノさんがお書きの通り、誕生日が同じ城所選手は応援しております。

去年は本当にもどかしい思いをさせられましたので、今年こそ開化してほしいと強烈に願っております。

こんな私ではございますが、末永くよろしくお願いいたします。


でも、もうしばらくは日本国民としてWBC日本代表の応援に注力すると思います。