2009年11月の記事 (1/2)

HOT-L ライブ @阿佐ヶ谷

昨日、昔一緒に活動していたバンド、HOT-Lの方のライブに行ってきました。

場所は阿佐ヶ谷のNEXT SUNDAY、こじんまりとした、ビールのおいしいライブハウスです。

Image508.jpg



出演したのは

    あいださとこ & アイサホ

    ドップラー中居とハイリスク ノーリターン

    花かおる泉

    ニコちゃん プラス ち~ず

    HOT-L


の五組で、HOT-Lとそのメンバーが掛け持ちしているバンドのライブでした。

前掲の写真は、「ドップラー中居とハイリスク ノーリターン」の二人です。

この二人、左側はHOT-Lではメインボーカルの女性で、右側はベースのかたです。


あいださとこ & アイサホ」は、HOT-Lのドラムをつとめる一児の母がギターを握り、外部から参加してくれたもう一人の女性と組んだユニットです。

娘のために作った子守唄、を披露してくれましたが、あれだけ上手く歌われたら、そりゃあ何回聴かせても娘さんはねないわな、と思いました。


ドップラー中居とハイリスク ノーリターン」は前述の通り。

ベースのかたは、中一の時以来、久々にバンドでボーカルをやったそうです。 

だから…30とウン年ぶりか。


花かおる泉」では、HOT-Lではキーボードとボーカルをつとめる2児のお父さんと、外部からギターの男性と女性を一人づつ招いてユニットが組まれました。

ハワイからやってきた3人のウクレレ ミュージシャン、と言う触れ込みでした。

この日のため、同じ職場の3人は仕事の昼休みに、都内某公園にて練習を重ねていたそうです。


ニコちゃん プラス ち~ず」は、埼玉県鴻巣市在住の方で構成される3人組です。

HOT-Lのバンマスでリードギターの方と、元HOT-Lのドラムの方、そしてボーカルの女性で構成。

このボーカルの女性が、低音が素晴らしくて、拍手喝さいでした。

この後の打ち上げで、「是非うちのバンドでも歌ってほしい。名刺わたそうかな」と言っていた観客の方もいました。


そして最後はHOT-Lとしての演奏。
Image509.jpg
Image510.jpg

二曲目の「Brown Sugar」は結成当時から歌っていたもので、これを聞くと癒されます。

この歌や、各バンドから一曲ずつを携帯電話のビデオで録画したのですが、YouTubeへのアップが上手くいきません。

と言うかそれ以前に、PCで再現できないと言うのが困ったものです。

出来たらアップとこのブログへの掲載をするつもりなのですが。


この後、夜の阿佐ヶ谷、じゃなくて16時前から阿佐ヶ谷の飲み屋にいって打ち上げをやりました。

けっこう盛り上がったののですが、おかしかったのは、私たちのテーブルのなかに、

いつの間にかその店の店長さんが座っていて、バンマスと語っていました。

不思議な店で、嬉しくなりました。


これからもHOT-Lの活動は続きます。

こちらでも広報活動を続けますので、メンバーの方、ライブはもちろん、練習でもあれば連絡ください。

そしてたまには私にも歌わせて下さい。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

オードリーが話した「ピッチファンブル」  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き (11/29)



11/29のオードリーオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」ですが、メールで(多分)若林に

ピッチファンブルをした時の気持ちを教えて下さい」

と言う質問について、おもに若林が、少しだけですが春日がしゃべっていました。

と言うことで、

ピッチファンブル

について説明します。


ピッチファンブルとは、オフェンス(攻撃側)のミスプレイの一つです。

ですから、オフェンスの選手だった若林には頭の痛い言葉ですが、ディフェンスだった春日には嬉しいプレイです。

この言葉のうち、「ファンブル」は色々なスポーツで使われていますから、ポピュラーかもしれませんが、「持っているボールを手からこぼすこと」 です

アメフトでは、ファンブルしてこぼれたボールをリカバー(確保)すると、次の攻撃は、ボールを抑えた側から始まります。

ですから、オフェンスがリカバーすれば、まだオフェンス側のチームの攻撃が続くのですが、ディフェンス側が抑えると、攻守交替になります。

ですから、ファンブルが起きると、両選手が入り乱れてのボールの取り合いとなります。


では「ピッチ」ですが、これはアメフトでは主に、

QB(蛭魔)がRB(セナ)にアンダースローからトスするプレイを言います。

画像で説明しますと、時計の1分14秒から始まるプレイが、それに近いです。

1分26秒あたりで、後ろに走り込んできた選手に、QBが下からボールを、トスします。

これがピッチです

(ただこのプレイは、ピッチした選手はQBですが、ボールを受け取ったのは、RBではなく、WR(モン太)で、特殊なトリックプレイです)


で、ここまでで一旦動画を止めていただきたいのですが、このピッチされたボールが、うまくRB(またはWRなど)に渡らずに、こぼしてしまうのが、

「ピッチファンブル」です。

これは若林が語ったように、ものすごく悲惨です。


ピッチは後方に向かって行われますので、オフェンスの選手は、そのボールを後方にカバー(確保)しに行かねばなりません。

前に進まねば行けないところを、後ろに向かわざるを得ないのです。

このときディフェンスの選手は、フリーボールとなったそのボールを確保しに行くか、確保したオフェンスの選手をタックルしに行きます。

大体の場合、そこでタックルされると、大きく後退してプレイが終わることになります。

若林が
「ボールを確保して、それからゲイン(前進)しようと振り向いたら、ディフェンスが50センチの距離まで迫っていた」
と言っていましたが、こう言う場合は、かなりゴールから後退してプレイが終わります。


で、RBとQBとの仲が険悪になる、と言っていましたが、ファンブルの原因を押しつけ合うこともあるので、険悪になるのです。

お互い、お前が悪い、と思うことがあるからですね。

・QBのコントロールが悪い
・RBが捕るのがへたくそ

などなど。


なお、この動画ですが、前述の1分24秒から始まったプレイは、1分30秒あたりでファンブルが起きます。
(この場合、オフェンスが確保したようです)

つまり、ファンブルはピッチしたときだけではなく、こうやって走っている最中にも起きる、と言うことです。

他にもいくつかのシチュエーションがあります。

私が今までで見た一番みっともないファンブルは、QBがボールを投げようとして、WRを探している最中に、誰にタックルされた訳でもないのに、ボールをポロリと落としたプレイです。

それをやった選手が、ドン・マカウスキー(Don Majkawski)、つまり私のハンドルネーム「MAJIK」の由来となった人です。


最後に、パスをとりそこなって地面に落とした場合は、ファンブルではありません。

ですから、その場合は、誰もボールを捕りに行かないことが多いです。

確保しても攻撃権は変わりませんので。

つまり、ボールを落としてもファンブルとならない場合もある、と言うことは頭の片隅に置いて下さい。

今は長くなるから書きませんし、正確に書ける知識もありませんので。


しかし、ピッチファンブルすると坊主にされるとは…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「MAJIKファンクラブ」のお知らせ ~「おれさまファンクラブ」をやってみた~

さて、久しぶりに取り返しのつかないことをしてみました。

おれさまファンクラブ」と言うネットサービスがあったので、やってみました。

http://portal.nifty.com/2009/11/27/a/
(もし見つからなければ、「おれさまファンクラブ」でヤフってみてください)

このサイトは、名前と、簡単な質問に答えると、自分のファンクラブみたいに、誉められまくる掲示板を作ってくれるサービスのサイトです。

誤解がないように書きますと、これから書き込む掲示板を作ってくれるのではなく、もうたくさんに誉め言葉が入っている掲示板を作ってくれるのです。

でも、多分追加して書き込むこともできると思いますが。


と言う訳で、試しに作ってみました。

名前は本名がお勧め、との注意書きを無視して、公開するために「MAJIK」としました。

そして、想定外の微妙な質問、4問ほどの質問に答えたら出来上がりました。

こちらです。

MAJIKファンクラブ

http://dpz.la.coocan.jp/fanclub/200911/28/6/125935594003716.htm

一部面白いものを引用します。

・噂によると、学生時代「ごはんを食べるスピードオブザイヤー」に選ばれたらしいですよ。幼なじみだという人に聞きました。

・MAJIKっちが保険のセールスマンやっていたらきっとトップセールスだと思います。

・MAJIKは金に汚いところがありますよね。それが原因で友人関係にひびが入ったという話も聞きます

・でもそんな欠点も隠そうとしないところにMAJIKの優しさがあるんじゃないでしょうか。

とかとか。

正直もっとガンガン誉めてくれるかと思いましたが、書き込みにストーリー性があって面白いと思います。


最近「ほめられサロン」とか、誉められて癒す、と言うサイトの話しをよく聞きます。

社内SNSでは、「ほめられサロン」を紹介したら、これは素晴らしい、と本当にほめられました。

このサイトも社内SNSに載せて見ようかと思います。

私にとっては、癒される、と言いますか、笑わさせられてテンションを上げてくれる、と言う感じです。

皆さんもどうですか? やってみませんか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

11/26の「アンビリーバボー」で特集されたハインズ・ウォード選手について 【動画付き】



11/26に放送された 「奇跡体験! アンビリーバボー」(フジテレビ)の中で

「スター選手に隠された過去」

と名付けられて特集された、

ハインズ・ウォード選手

について説明します。


大体Wikipediaからの引用です。

ハインズ・ウォードは、アメフトのプロリーグである、NFLのピッツバーグスティーラーズのワイドレシーバー(WR:モン太のポジション)です。

ウォード選手は1976年に韓国のソウルで、アフリカ系アメリカ人で軍人の父と韓国人の母との間に生まれました。

このとき母は周囲から外国人との結婚を責められ、また混血と言う差別を避けるため、生後5ヶ月で父母と共にアメリカに移住しました。

韓国にいることがいたたまれなくなったそうです。

しかし、渡米後間も無く両親は離婚し、ウォードは父とその母(祖母)の手に渡ります。

祖母が母親の手によって育てられたることに、経済的、社会的困難を感じたからです。

しかし母が、その後の重労働や、英語の猛勉強で困難を克服したことを祖母に伝えると、祖母はウォードを母に託したそうです。

それでも少年時代は、韓国人との混血と言うことで、かなり苦労したそうです。

地元の高校へ進学したウォードは、クォーターバック(QB:蛭魔のポジション)として才能を発揮し、USAトゥデイが選ぶオールアメリカンにも選ばれました。

ジョージア大学にフットボールの奨学生として進学したウォードは、ワイドレシーバー(WR:モン太のポジション)に転向します。

QBからWRへの転向は珍しくないことです。

ランニングバック(RB)やクォーターバックとしても活躍しました。

在学中には経済学の学位を取得していますが、アメフトの選手としてはこれは優秀な部類です。


余談ですが、ジョージア大学自体は、私には強い大学、と言うイメージはありません。

ハーシェル・ウォーカーやチャンプ・ベイリーなどの名選手を輩出はしていますが。

ちなみに、来季から楽天の指揮をとる、もと広島監督のマーティー・ブラウンの母校でもあります。


1998年のNFLドラフト3巡(全体92番目)でピッツバーグ・スティーラーズに指名され、入団します。

そして2006年に行われた第40回スーパーボウルでは、5レシーブで123ヤード、1TDを獲得。

レシーブ数は並みですが、ヤード数は立派なもので、スーパーボウルのMVPに選出されました。

ウォードのMVP受賞は、生まれ故郷である韓国でも大きく報道されました。

あまりよく覚えていないのですが、ゲームを生中継で見ていた私は、ウォードがMVPに選ばれたことに、なんの違和感も覚えませんでした。


そしてそ4月には、昔ひどい仕打ちを受けたことで、訪問をいやがる母と一緒に生まれ故郷である韓国を訪問しました。

その映像がテレビに流れましたが、母は、本当に歓迎を受けていることが信じられない、と言う表情でした。

盧武鉉大統領とも対面。ソウル市からは名誉市民権を授与されました。

しかししかし、この韓国訪問で、韓国での混血児に対する深刻な人種差別を目の当たりにしたウォードは、

「韓国は美しい国だが、混血児は入隊もできず、スポーツをしてもチームメートのいじめに遭う国」だという感想を地元ピッツバーグのメディアに述べました。

生まれ故郷訪問をきっかけに、より一層混血児支援事業に力を注ぐことを決意したというウォードは、韓国の混血児童を支援する「ヘルピング・ハンズ財団」を設立するなどして、精力的にチャリティ活動を行っている。


そして今シーズンも、NFLのピッツバーグで活躍しています。

ほぼ、感動的に表現できませんでしたが、この、母と子の美しい物語に興味をもたれた方は、下記番組の公式サイトをご覧ください。

http://wwwz.fujitv.co.jp/unb/index.html


私もスーパーボウルが終わってから、初めて彼が韓国人とのハーフで、そのために母親と彼がそうとう苦労したことを知りました。

でも、この番組で伝えたほど苦労したとは思いませんでした。


なお、一か所だけ、昨日の番組に茶々を入れさせてもらいます。

ウォードがピッツバーグの監督に抗議をする場面があります。

彼も監督も本人ではなく、俳優がやってます。

監督は黒人の俳優がやっていましたが、当時のピッツバーグの監督は、ビル・カウアーと言う白人です。

あえて黒人を持ってきたのには、番組として何か意図があったのか、それともたんなる情報不足か?

後者であってほしいなぁ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

森脇ヘッドコーチ解任? 後任は大石大二郎オリックス前監督 【動画つき】



福岡ソフトバンクホークスは、昨日、森脇浩司ヘッドコーチ兼内野守備走塁コーチと来季は契約を更新しない旨を発表しました。

理由は、「組織の活性化」(角田雅司球団代表)と言うことですが、上の動画をみると、事実上の解任だそうです。

そして数時間後に、オリックス前監督の大石大二郎氏がヘッドコーチに就任したと発表しました。

大石氏は球団を通じ
ホークスは外部から見ていても優勝の狙える、力のあるチームだと思っていた。
秋山監督のもと、ひとつの歯車としてチームが機能するように頑張りたい」
とコメントしたそうです。


さてファンの声はどんなものかと思い、Yahooの掲示板を見ました。

残念だけど、采配の詰め腹を切らされたんだろう。
しょうがない。
今までどうもありがとうございました。

と言うのが、森脇氏への意見の大勢でした。

球団を批判する声は見掛けませんでした。


そして後任には、元日ハムの白井氏を推す声が多かったのですが、大石氏に決まったら、歓迎ムードとなりました。

まさかそんな大物が来るとは思わなかったのでしょう。


さて、私の気持ち。

森脇氏の退団は残念です。

南海時代からずっとホークスのために、弱かった時も、強かった時も働いてくれました。

ピンポイントのノックは芸術品でした。

お疲れ様でした。

そして、ありがとうございます。


そして大石氏に関しては、大歓迎、これでチームが変わる、と言うまでは正直期待できないんですが、もちろん歓迎です。

監督経験のある頭脳で、秋山監督をサポートして、そして若手を鍛えてやって下さい。

よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー若林が話した「ヴィック(ビック)」  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き (11/22)


(最後まで見なくても、ヴィック7番の選手)の走りのすごさがわかっていただければ嬉しいです)

11/22のオードリーのオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」ですが、終了間際に若林が

ヴィックが入って、とかの話しもしたかったのに」

と言いました。

このヴィックですが、選手の名前で、登録名は「Michael Vick」(マイケル・ヴィックと言います。

一昨年までアトランタ ファルコンズで活躍していたのですが、闘犬賭博に関わった容疑で服役し、今年出所。

それまでにアトランタを解雇されており、8月にフィラデルフィア イーグルスに入団しました。


ところで、なぜ若林がヴィックのことを話そうとしたのか、と言うことですが。

ワイルドキャットの話しの続きですが、大雑把にいいますと、この戦法では、本来クオーターバック(QB)がいるポジションに、若林やセナのポジションであるランニングバック(RB)が入り、そこから走ったり、パスを投げたりします。

ですから、この戦法を使うには、走れるだけではなく、パスを投げることも出来るRBが必要なわけです。

しかし、逆に言うと、QBが走れればそれでいい、とも考えられます。

それが出来るのが、ヴィックなのです。


ヴィックはQBでありながら、走ることにかけても超一流です。

2006年シーズンには、QBとして初めて、年間1,000ヤードを走りました。

これはエライことです。

走るのが本職のRBでも、1,000ヤードを走ることができるRBが一人いるかどうかですから。

色々な例え方があるでしょうが、野球で言えば、ピッチャーでありながら25本ホームランを打ったようなものです。


そのヴィックが2007年~2008年の2シーズンを、闘犬疑惑でプレイすることができませんでした。

そして2008年から、ワイルドキャットが流行り始めました。

ですから、今年2009年に彼が復帰した時、多くのファンや解説者は、ワイルドキャットを使いこなせる最適な人材として、彼に再注目したわけです。

だから若林は、ワイルドキャットの話しの続きとして、ヴィックのことを語ろうとしたわけです。


ここで私の見解ですが、私もシーズン前、彼が必ずワイルドキャットを仕切って成功するだろう、と考えていました。

彼はQBとしては、パス能力はイマイチですが、RBよりははるかにパスは上手いです。

加えて、一流のRB並みの走る能力がありますから、そう考えるのが普通でしょう。


2005年に来日して、東京ドームでオープン戦をやりました。

このとき私も見に行ったのですが、彼の身体能力の高さを思い知らされました

化け物です。

フィールドに一人だけ、違う生き物がいるように感じました。

全身バネのような動きでした。

添付した動画を見ていただければ、彼のすごさがわかっていただけると思います。


しかしその期待とは半面、今年の記録はそれほど良いものではないようです。

やはり2年のブランクは大きいのか、と感じます。

彼も今年で29歳、来年からの1~2年が超一流レベルを保てる限界でしょう。

その間、ワイルドキャットで、思い切り暴れまくってほしいものです。


なお、日本語では一般に 「ヴィック」 と表記しますが、私の携帯電話からは「ヴ」と入力することができません。

そのため 「ビック」 と表記することもあると思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

平成21年度 ラグビー早慶戦 (ネタばれ注意)

20091123ラグビー早慶戦 ノーサイド
(ノーサイドの瞬間 朝日新聞のサイトより)

昨日はテレビでラグビー早慶戦を観戦しました。

結果は20-20の引き分けでした。

ものすごく見ごたえのある、いい試合だったと思います。

特に慶應のディフェンスは素晴らしいもので、後半20分過ぎから35分過ぎまで、自陣ゴール前で早稲田の選手を釘づけにしました。

最終的には、早稲田の山中選手にトライを許してしまうのですが、ここまで時間をかけさせたのは、早稲田に本来の調子が戻りかけていましたので、大健闘だと思います。

そもそも球技は、基本的に得点が入るのを見るのが楽しいのが一般的で、そのためにNFLやNBAでは、攻撃側に点が入り易いようなルールにしていますし、ちょくちょくそのようにルールを変えます。

私も、オフェンスを見ていた方が楽しいです。


ですが、私にとってはラグビーだけは話しは別で、ゴール前で相手のオフェンスに耐え続ける姿も好きです。

1987年の「雪の早明戦」では、試合終了の10分前ぐらいから、明治の怒涛の攻撃を早稲田が耐え続ける、と言う姿が繰り返されるのですが、私にとってはあのゲームは最高です。

ですから、今日の慶應ディフェンスの頑張りは、見ていて嬉しかったです。

早稲田を応援していましたが、慶應も好きなチームの一つです。

7点差で負けていた早稲田に得点してほしいのですが、一方で、ここで慶應が守り抜けば、この攻防はファンの間で語り継がれる素晴らしいものになるだろう。

耐えろ、慶應、と言う気持ちも少しはありました。


ラグビーに引き分けと言う制度があって良かったです。

今日のゲームには勝敗は決められない。

そう思えた、ナイスゲームでした。


なお、このゲームは7年ぶりの全勝対決で、勝った方が優勝、と言う近年ではあまりない状況での早慶戦でした。

引き分けに終わったことで、ともに5勝1分けで優勝決定は持ち越しとなりました。

慶大はこのゲームでのトライ数が上回ったため、12月5日の帝京大との最終戦で勝てば、9年ぶり5度目の優勝が決まるそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

デフレーション

デフレスパイラル

現在日本はデフレデフレーション)の渦中にあるそうです。

政府は20日に発表した11月の月例経済報告で、日本経済は「緩やかなデフレ状況にある」と認定しました。

デフレとは、

「国全体の物価が継続的に下落する現象のこと。
 これにより貨幣価値が上がっていく。
 需要と供給のバランスが崩れたときに起こる。
 不景気でものが売れない状態のときにデフレになりやすい。

 技術革新や生産性向上、また、経済の停滞による購買力の低下で需要よりも供給が増加すると、  売れ残りをさけるために物価の下落が始まる。
 デフレが起こると企業の売り上げが圧迫され、雇用削減などによりさらに景気を悪化させることになりかねない。
 また、予定収入が落ち込むと借金などの負担が大きくなる。よって経済活動がどんどん縮小される悪循環をうむ。」
と言う意味だそうです。
(「マネー辞典」より http://m-words.jp/


そこで、疑問を2つ。

まず、政府がデフレを宣言することに、なんの意味があるのか
と言うことです。

このことはYahoo!の知恵袋に、似たような質問がありましたので、そこから引用します。

質問:「デフレ宣言」して、なにか変わるの?

回答:デフレだと政府が公式に認めたら、日銀に圧力をかけやすくなります。
   OECDも最近指摘していたとおり、デフレ退治には日銀の金融緩和が極めて効果的ですが、日銀には高度の独立性が保証されており、政府は日銀に命令できないため、圧力をかけるのです。

そう言う意味なんですか?


そしてもう一つの疑問ですが、デフレ対策のためにお金を使うことで、我々は豊かになるの? と言う、お前本当に教育学部社会科卒か?と言うものです。

豊かな生活とは何か?と考えますと、お金を使って大量消費をすること、だけではないと思うんですね。

「純白のメルセデス
 プール付きのマンション
 最高の女と、ベッドでドン・ペリニヨン」
(「Money」浜田省吾)

う~ん、車は動けばいいし、プールはいらない。
女は女房が最高、と言う建前だし、酒はなくても人生は送れそう。

衣食住に不自由せず、あとは人間関係が充実していれば、俺はそれでいいんだけどなぁ

なんか、こう、お金を使わなければいけない、お金を使うことが社会のためになる、と言う今の風潮が嫌なんですよ。

でも、こう考える私は、きっと経済がわかってないんだろうなぁ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー若林が話したワイルドキャット  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き


11/21深夜のオードリーのオールナイトニッポン、「アメフトの小部屋」で語られていたことを説明します。

今回はたくさんの専門用語が出てきましたので、混乱された方も多いと思いますし、また比較的新しい話題でしたので、去年から見てないなぁ、と言う方には、何言ってるか全然わからない、と言う感じだったと思います。

しかし決してそんなことはなく、「ワイルドキャット」と言う攻撃戦法について語っただけです。

それに枝葉がついただけです。

難しいことはないです。

では、その攻撃戦法について書きます。

(これはトリックプレイの一つと言っても過言ではないので、見ていて楽しいかもしれませんし、邪道と切り捨てる有識者もいるでしょう)


「アイシールド21」的に説明すれば、主人公のセナ(RB)が、普段、蛭魔(QB)のいる位置にセットして始めると言う、変則的なフォーメーションからのプレーのことです。

じゃあ蛭魔はどこにいるのか、といいますとモン太(WR)の位置に移ります。


普段は栗田(C)の出すボールを、蛭魔がてにとってプレイが始まり、それを蛭魔がセナに手渡すか、モン太に投げます。

ところが、この「ワイルドキャット フォーメーション」では、栗田から直接セナへボールがスナップされます。

そして手前に走り込んできた選手 
(これは蛭魔だったりモン太だったり、はたまたWRのところにいた石丸(もうひとりのRB)だったりします)
に対して、
1.ボールを手渡す
2.ボールを手渡すふりをして、自分で走る
3.ボールを手渡すふりをして、パスをWRに投げる
のどれかを実行します。


これが、ワイルドキャット、と言う戦法です。

「アイシールド21」をご存じでない方は、ここまでの説明から、セナ、蛭魔、モン太、栗田などの固有名詞をはずして、RBなどのポジション名だけで読んで下さい。


では、実際に動画で説明します。

これは本物のアメフトの動画ではなく、アメフトのゲームからの引用です。

画面下の方の真ん中に 「PARKER」と青丸のなかに書かれた選手がいます。

これがセナと同じ役割の選手(RB)です。

0分10秒辺りからプレイが始まります。

左側から選手が一人、PARKERの前に走り込んできます。
(モン太(WR)だと思ってください)

ボールがスナップされ、PARKERが受け取り、一旦走り込んできた選手に手渡すようなふりをします。

そして左側へと自分で走って、ゴールに近づこうとします。

つまり前述の
「2.ボールを手渡すふりをして、自分で走る」
を行った訳です。

手渡すふりをすることで、何人かの相手選手は、走り込んできた選手にタックルに向かいます。

これで左側が少し手薄になるのです。

だからPARKERは左側に走ることで、よりゴールに近づける訳です。

これがこの攻撃のメリットです。


次は39秒からの2プレイ目の説明です。

1プレイ目と違うのは、PARKERが、右側に走り、大きくゴールに近づくことです。

なぜこれほど近づけるのかと言いますと、左側から走り込んできた選手が、いかにもボールをもらったようで、そのボールを前にパスしようとするように、相手には思えるからです。

パスを投げるように思えると、相手は後方、つまり画面上のゾーンを注意しなければいけなくなります。

そうして前方の守りが薄くなります。

そこへPARKERが走り込む訳です。

そうは見えないかもしれませんが、そんなもんだと思ってください。


説明はもう少しです。

ちょうど1分00秒の辺りからのプレイです。

今度は違うチームで、この下の方にいるチームが、若林が言っていた「ドルフィンズ」です。

今回のセナ役は「BROWN」と言う選手で、走るだけではなく、ボールを前に投げるのも上手い選手です。

今回も左側から一人走り込んで来て、彼にボールを手渡すふりをします。

しかし今回は、パスを左画面上にいる選手に投げます。

つまり今回は、
「3.ボールを手渡すふりをして、パスをWRに投げる」
ことを実行します。

ボールを渡されたふりをしている選手が右側に行くので、左側が手薄になるわけですので、そこを狙った訳です。


最後です。

1分20秒からのプレイについてです。

今度は左側から、やや内側にいた選手が走ってきて、彼にボールを実際に渡します。

つまり
「1.ボールを手渡す」
を実行したわけです。

今までのプレイで、守っている上側のチームの選手は、下側のチームが何をやってくるかわからない、と混乱しています。

ですから、ゴールに近づけるのです。

その直後のりプレイで、ボールをもらった直後にタックルを受けていますが、セカンドエフォートでゴールに近づいています。


ここで、動画を使った説明は終わります。

お腹いっぱいだと思いますので。

動画にはあと2プレイ残っていますが、見てもいいし、見なくてもいいです。


書き忘れていましたが、若林はセナと同じポジションです。

おそらく彼も一度ぐらいはパスを投げたことがあるかと思います。


まだまだ書きたいことや、説明していないこともあるのですが、順次新しい記事で行いたいと思います。

申し訳ありませんが、私も眠いので。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ユニクロ祭りに行ってきました

今朝、ユニクロの創業60周年キャンペーンに行ってきました。

開店が朝6時と言うことで、5時45分ごろ行けば十分か、と思っていましたが、女房が5時から駐車場が開く、と言うことを昨日店に確認していたので、5時到着を目指し、4時45分に家を出発

着いてみたら、なんとこの行列。

20091121朝のユニクロ

わかりにくいですが、大体私たちの前に50人ほどが並んでいたと思います。

4時55分ごろで、こんな感じでした。

私も女房も、多分誰もいないだろう、と言う想定でいましたので、目茶目茶驚きました。

twitterで、「ユニクロ」で検索したら、全国各店で大行列のようでした。


5時半過ぎごろ、広告に載っていた、パンと牛乳が配られました。
20091121ユニクロで配られたもの

買い物が終わるまでは食べる気がしませんでしたので、結局女房も私も、家に持って帰りました。


他の店では5時45分から整理券を配り始めるとのことでしたが、武蔵中原店では動きなし。

何もないまま5時55分過ぎに開店、日本人らしく、整然と順に従い入店していきました。

入店の際に渡された整理券は、想像していたものと違いました。
20091121ユニクロの整理券

なんと商品ごとに、限定品のうち、なんの整理券を下さい、と言ってもらうわけです。

つまり事前に広告を見て、何を買うかを決めておかないと、入店の際に広告を見せてもらって、その場で決めなくてはいけないので、後ろの人が殺気立って待っているのを気にしたりすると、残念な選択をしたりするわけです。

私たち夫婦は、決して計画性があるわけではないのですが、昨晩チラシを見て決めていたので良かったです。

(アメフト用語で言いますと、今回はノーハドルオフェンスではきついと言うことです。
私たちはちゃんとハドルを組んで、攻撃しました)

で、買ったのがこれ。
20091121ユニクロで買ったもの

カラーソックスが6足 (1足10円です)

ヒートテックの靴下2足(予定外)

ヒートテックのタートルネック

ヒートテックの9分袖のシャツ

ヒートテックのタイツ(メンズです。私のです)

これに写真にはない、女房のレギンスが3本

合計4,800円なり、でした。

緊縮財政のため、最近二人とも服を買ってなかったので、半分お祭りを兼ねて買い物に来たのですが、買い物としても、いい買い物ができました。

買い物が終わったのは、6時35分ごろでした。

フェイクレザーのえんじのコートが5,990円。

二人で使えるので買おうかどうか迷いましたが、定価からそれほど安くなっていないので、今回は見送りました。

久々の洋服の買い物で、いい成果もあげられましたので、行って良かったと思います。


なお、後5分遅く来店したら、整理券は入手できなかったでしょう。

ここら辺は女房のグッジョブでした。

整理券がなくても、在庫があれば買うことはできたのですが、価格は整理券価格ではありませんでした。

この「ユニクロの創業60周年キャンペーン」は、社会的なニュースになっているようですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091121-00000005-maip-bus_all

そして、twitterのばずったーが、一時期
[整理券] [#uniqlo] [ユニクロなう] [のユニクロ] [ユニクロに] [行列] [ユニクロは] [ユニクロ祭り] [あんぱんと牛乳] [ユニクロで]
で占められるほどの騒ぎでした。

他にも
「えっと・・新宿ユニクロは、地下一階からも入れるってのが原因で、トラブル発生中。当然今日も地下一階から入れると思って並んでた人が猛抗議中・・。」
とか
「整理券貰えなくて600円じゃないっておばあさんが叫んでる 最初から限定の値段だろうが。普通に店員の代わりに説教してしまった」
とかのツイートもありました。

夕方のニュースでもやるでしょうから、楽しみに見てみます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ホークスに韓国代表の李机浩選手が入団 WBCの動画付き


(2分14秒のあたりで、ヒットを放つ選手です)

福岡ソフトバンクホークスに、韓国代表の、李机浩(イ・ボムホ  Lee,Bum Ho)選手が入団することになりました。

本当は「机」の字は木へんに凡だそうです。

昨日の昼ごろ、ホークスが身分を照会していると言うニュースをどこかで聞いたのですが、早くも夜には入団決定となりました。


李選手は来年29歳で川崎選手や馬原投手とおない歳、今年は三塁手でポジション別優秀選手を取った、右投げ右打ちの選手です。

高校を出て、2000年にハンファ・イーグルスに入団、以後同クラブ一筋に10年間プレーし、通算160本塁打、打率は2割6分5厘、526打点をマークしています。

今季は打率2割8分4厘、25本塁打、79打点でした。

特筆すべきは、四死球と三振の数の関係です。

今季は60個と70個で、三振が上回りましたが、去年は70個と50個、一昨年は77個と73個と四死球の数が上回っています。

これはなかなか残せない数字だと思います。

ただ、それだけに選球眼に自信を持っているのでしょうが、日本のストライクゾーンにいかに早くアジャスト出来るかが、結果につながってくると思います。


李は球団を通じて
「ホークスでプレーできることを光栄に思う。
監督の期待に沿えるよう精いっぱい頑張りたい」
とコメントしたそうです。

そして、今日宮崎市内のホテルで入団会見が行われる予定だそうです。

ところで、李選手は、WBCには2006、2009年と2大会連続で出場しており、今回は大会のベストナイン(三塁手)にも選ばれています。

そして、決勝戦で、9回裏1点のビハインドの場面で、ダルビッシュから同点打を打っています。

上の動画の、2分14秒のあたりです。

なんとなく西武の中島選手のフォームに似ているような気がします。


さて、ホークスには松田が三塁にいます。

不動のサードとは言え、李は国家代表です。

いったいどうなるんでしょう。

三塁李、一塁松田、レフト松中、DH小久保?

もっと大胆に言えば、三塁李、レフトオーティズ、ライト松田、一塁とDHを小久保と松中で交代で?

突飛もない話しですが、後者の方がいいかもしれません。

秋山監督も、サードからセンターにコンバートしていますし。

でも、センターは大変だな。


まあ、とにかく、李選手がいなかったら日本一になれなかった、と言いたくなるような活躍を期待します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

サイ・ヤング賞は社会不安障害(SAD)を乗り越えた投手へ


あまりメジャーリーグは見てないので、そんな選手がいるとは知らなかったのですが。

アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞(日本で言えば沢村賞?)に、今シーズンはザック・グレインキー投手(カンザスシティ・ロイヤルズ)が選ばれました。

記事を読んでみると、社会不安障害(social anxiety disorder:SAD)を乗り越えた人だそうです。


社会不安障害とは

「社会や人前でマイナスなイメージで批判されたり、他人に辱められる事に対する恐怖感を主な症状とする精神疾患」(Wikipediaより)

だそうです。


ちょっと前に、新聞やテレビで社会不安障害につて広告がありました。

調べて見ると、こんな感じでした。

「人前で話したり、食べたり、書いたりしようとすると、不安や恐怖を覚えて赤面する、汗が出る、震えや口の渇きがおきる。
本人がどんなに苦しくても周りにはその辛さが伝わらないこの症状、実は脳内物質に関する機能異常による「病気」の可能性があります。」

http://www.sad-net.jp/#



グレインキー投手について、毎日新聞が伝えるところによりますと、

「グリンキー(引用もとのまま)は、社会不安障害の症状が出て2カ月戦列を離れた06年当時を「関心を向けられるのが嫌だった。人前では何もしたくなかった」と振り返る。
しかし、カウンセリングを受けるなどで克服。
チーム側も復活を辛抱強く待った。
今は「自分のできることをすればいい」と言い聞かせている。」

と言うことだそうです。


また、Wikipediaには

「僕のうつ病(引用もとのまま)は自殺したくなるほど重度のものではなかったけど、先発で投げるのがいやになって、だんだん試合に出たくなくなったんだ。
しまいには野球が嫌いになって選手を辞めたくなったんだ。」

と地元紙に語ったことがある、とありました。


いずれにしても、こう言う選手がいると言うことは、

メンタル不全になっても、克服をあきらめてはいけない、

と言うことを教えてくれます。


ここにもまた、一人銘記しなければいけないアスリートを見つけてしまいました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

メロンパンアイス 女房のマイブーム

メロンパンナイス
(アイスクリーム3個です)

今、女房のマイブームは、写真の

「メロンパン」アイス

です。


日曜日にスーパーで見掛け、月曜日にまいばすけっとでお土産で買ったら、

「超おいしい」

と大喜びでした。


そして昨日スーパーに買い出しに行ったときに、女房の分を2個、私の分を1個買いました。

その3個が写真のやつです。


よく見ると、一つ一つ顔が違うんですよ。

一番手前のやつが女房に似ているかも。


で、私も食べてみたんですが、たしかにうまい

味にうるさい女房が好きになるだけはあります。


商品の詳細ですが、オハヨー乳業株式会社が作っています。

興味がある方は、下記サイトに詳細が載ってます。

http://www.ohayo-milk.co.jp/products/index5.html

値段ですが、スーパーでは98円、まいばすけっとでは79円。

普通にコンビニで買った時の値段は見てません。

けっこうお勧めですよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

とりあえずアメフトの試合のダイジェストを見てみますか

これまで数回にわたってオードリーのANNの「アメフトの小部屋」について解説してきました。

しかし全てが一つのプレイの解説であって、試合全体について書いたことはありませんでした。

これでアメリカンフットボールって面白い、と思っていただけるか、ちょっと疑問に思いました。

そこで、今回は、とりあえず昨日行われた試合のうち、若林のポジションであるRBが活躍した試合のダイジェストのリンクを貼ります。

下のリンクをクリックしますと、別ウインドウで画像が表示されます。

この動画で説明します。

http://www.nfljapan.com/streaming/20091116-529.html

これはミネソタ バイキングス と言うチームと デトロイト ライオンズのゲームです。

注目は紫のユニフォーム、バイキングスの28番 ランニングバック(RB)の選手です。

以前「セカンドエフォート」でも紹介した選手です。

画面右下の時計が1分1秒でプレイが始まるとき、画面右端にいます。

これが「テイルバック」と言うポジションで、ランニングバックの呼び名の一部です。

その前にしゃがんでいるのが「フルバック」で、前回のANNでもちょっと出てきましたが、彼の仕事は、28番のために、タックルに来る白いユニフォームの選手を止めることです。

プレイが始まると、手前の方に走ってきます。

これがゾーンプレイだと思います。

ただしこの時は、タックルされて倒れそうになったので、振り切った勢いで内側に走路を変え、そのまま走って得点をあげます。

つまり「セカンドエフォート」で走り続けて得点(この場合タッチダウン)をあげたのです。

テイルバックと言いますか、ランニングバックは、1回に平均4ヤード走れば一流です。

それが22ヤードのランですから、このプレイは、何気にすごいのです。


1分53秒からも同じようなプレイを行います。

今回は真ん中に走り込みますが、タックルされたので、外に切り替えます。

さっきと逆です。

2回ほどタックルを受けますが、それでもふりほどいて走り続けます。

並みのランニングバックなら、良くても2回目で倒れているでしょう。

ただしこの時は最後にボールを書きだされてしまうと言う失敗をおかしますが、何がどうなったかはわからなくていいです。

とりあえず最後にミスをしたと言うことです。


2分40秒からも同じようなプレイです。

何が何だかゾーンプレイなのか、真ん中のプレイなのか、正直そんなことは目が肥えてからわかればいいことで、とにかく28番がすごい動きをして走った、と思ってくれればいいです。

3分7秒でも・・・、もうお腹いっぱいですよね。


まあ、あとは適当にプロの身体能力の高さを見てみてください。

1試合を最初から最後まで見ても、ダイジェストだと、何がなんだかわからないうちに終わったとおもいます。

それでいいですよ。

野球だって、最初はそんなところから入ってこられたと思いますから。

日本語のテロップも出てきますが、専門用語が多いので、あまり考え込まないで、流した方がいいません。


ここまでで、書きたいことは終わりです。

ここからは余談です。

まだ元気であれば読んでください。


このダイジェストでは、紫の4番の選手、クオーターバック(QB)のブレット・ファーブと言う人が投げまくっているのがやたら目立つと思います。

プロフットボールを見る日本人の中でも、知らない人はいないと断言してもいい、ものすごく有名で、ものすごい記録をいくつも持っていて、ものすごいプレイを何度もした選手です。

特にこの試合の3分34秒からのプレイですが、一旦28番にボールを渡すふりをして、そこから力任せにボールを投げ、それがストライクでレシーバーの選手の手に収まります。

とても40歳のプレイとは思えません。

あの肩、あのコントロール。

もしアメリカ人と話すことになって、話題が途切れたら、彼の名前を出してみてください。

日本人にとってのイチロー並みの知名度を誇りますから。

覚えておいて損はない選手です。


書き忘れたましたが、私はこの人のレプリカユニホームを持ってます。

それほど魅力的な選手です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

二人の「中つる」選手 ラグビー

アカクロ?のハンカチ
(去年観戦に行ったときに買ったハンカチです)

今年もラグビーシーズンが始まりました。


去年ラグビーに詳しい先輩から、

「来年、早稲田に、西南学院から入る選手がいるんだよ。
 こいつは注目だよ」

と聞きました。

西南学院高校が福岡の高校ですが、ラグビーではそれほど有名な高校ではない、と言う印象があります。

そんなところから早稲田に来るって珍しいので、きっと余程の選手なんだろうと、ちょっと期待していました。


ラグビーの雑誌を立ち読みしたら、早くも一本目の試合に、控えながら出場していました。

中つる隆彰と言う選手です。
(漢字にすると化けますので)

すげーなー、と思いました。

それはそれでいいとして、その雑誌には各大学の選手名鑑がついていました。

母校の高校出身のやつはいないかなぁ、と思ってページをめくっていると、面白いものを見つけました。

筑波大にいました。

しかも名前が「中づる憲章」…

えっ?

前述の早稲田の選手と同じ苗字じゃん。


ただでさえ珍しい苗字なのに、何か関係があるんだろうか?

ちなみに少年時代に所属したチームは一緒のようで、歳はいっこ違いです。

兄弟なのかなぁ?

でも、早稲田の選手には「なかつる」と言うふりがながついているのに対し、筑波の選手には「Nakazuru」と表示がありました。


実際関係あるんだろうか?

前述の先輩は

「わかんないけど、兄弟なんじゃないの?」

とのこと。


あとは母校ラグビー部出身の知り合いに尋ねてみようと思います。

それか会社の先輩で、異常に詳しい人にでも聞いてみるか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー若林が話したゾーンプレイ?  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」

アメフトの代表的なフォーメーション

アメリカンフットボールのフォーメーションの一例です:Wikipedia「アメリカンフットボールのポジション」より)

ごめんなさい、この記事は動画はついていません。

すぐには適当なものがありませんでしたので、後日探してみたいと思います。
(アメフトの動画を探すのって、けっこう楽しいんですよ)

11/14のオードリーオールナイトニッポン、「アメフトの小部屋」で語られていたことを説明します。


まず若林がプレイしていた「テイルバック(TB)」と言うポジションですが、上の図の最も下の「ハーフバック(HB)」がそれです。

「アイシールド21」の主人公のポジションです。

アメフトの場合、どう言う並び方でプレイをするか、でポジションの呼び方が変わります。
もっと面倒なのは、チームによって呼び方が変わることもあります。
どこか忘れましたが、あるアメリカの大学では、テイルバックのことを「アイバック(IB)」とよびます。

で、下がオフェンス(攻撃)で上がディフェンス(守備)で、プレイは下から上へオフェンスがボールを進めようとして、上のディフェンスがそうはさせじ、とするわけです。


今回の質問は

「テイルバックだった若林さんは、上に走るとき、まっすぐ上に走るのがすきですか?
それとも、外側にまわり込んで走り込むのが好きですか?」

と言う意味でした。


これに対し、若林は

「外にまわり込むプレイ(ゾーンプレイ)が好きです」

と答えたわけです。


まっすぐ上に走る、とは、図で言えば赤い丸の一番上の、「センター(C)」と「オフェンシブガード(OG)」の間あたりに突っ込むプレイを指します。

外にまわり込む、とは、図で言えば赤い丸の一番上の左側の、「オフェンシブタックル(OT)」と「ワイドレシーバー(WR)」の間あたりに突っ込むプレイを指します。
あるいは、ワイドレシーバーよりも外側を目指して走ることを指します。


なお、私はあまりゾーンプレイと言う用語は聞いたことがないです。

初めて聞いた、と言っても過言ではないです。

私が良く聞くのは「オープンプレイ」とか「オープンへのラン」とかです。


で、このゾーンプレイの一つとして、「オプション」、と言うプレイが紹介されました。

これは話すと面倒臭くなって、読まれる方も混乱されると思いますので、今回は紹介しません。


ところでこの「どちらが好きですか?」と言う意味について説明します。

まっすぐ上に上がるプレイは、比較的短い時間でより上に上がることができます。

しかし守備の選手 (青い四角で、この図で言えばその中の一番下のやや左側の「ディフェンシブエンド(DE)」が春日のポジションです) が固まっていて、多くの守備の選手からタックルを受ける可能性があります。

ただ一方で、より多くの赤い丸の人から守られることになります。

試合を見ていて、なんであんなに人が多く集まるところに突っ込んでいくんだろう、あれじゃボールを前に勧められないよ、と思われる時があります。
でも、あれは味方の援護を信頼して、彼らが道を開いてくれることを期待して突っ込んで行くわけで、上手くいけばかなり前に勧めます。
このとき、援護している味方の選手は、テイルバックが自分たちを信じて突っ込んで来てくれることを確信しているわけですので、そのためにモチベーションが上がります。
そうやって両者の間に絆が生まれます。
(この段落の文章は、ちょっと深いとこに突っ込みましたので、何を書いているのかわからない、と思われても、今はいいです。)

逆にゾーンプレイは、横に流れる分、上にあがり始めるまでに時間がかかります。

しかし、タックルに来る選手も少ないので、その分、リスクが減ります。


春日が、自分の方へゾーンプレイで走ってきたら燃える、と言うのは、真ん中のプレイでは、自分はタックルに行く選手達の一人でしかないわけですが、ゾーンプレイだと、一対一の勝負になるから、勝っても負けてもすがすがしい気持ちになれる、と言う気持ちゆえの発言だと思われます。

どうですか?

今回は動画がないのでわかりにくいと思います。

そのうち、適当な動画を載せます。


最後に。

「アイシールド21」の中で「スイープ」と言うプレイが出てきたことがありますが、これは典型的なゾーンプレイの一例です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

阿佐ヶ谷でライブあります

阿佐ヶ谷 NEXT-SUNDAY
(ここでライブをやります)

私が学生時代の終わりから、4年間ぐらい一緒に音楽をさせてもらっていたバンド

HOT-L(ほっと える)

が、このたびライブをやります。


そんなわけで、宣伝の記事です。


「結成して約20年、スタジオ練習より居酒屋にいる時間の方が長いお気楽バンド HOT-Lです。

今回はメンバー個々の裏の活動?! 趣味の世界をお見せします。

一応バンド演奏もやります。

秋の昼下がり、ビールでも飲みつつ、楽しんでください♪」

日時:11月29日(日) 13:00オープン 13:15スタート

会場:Next Sunday(JR阿佐ヶ谷駅から徒歩5分)

 PCサイト    http://nextsunday.jp/index.html
モバイルサイト http://nextsunday.jp/m/

 東京都杉並区阿佐谷南 1-35-23 第一横川ビルB1
 TEL/FAX 03-3316-6799

チャージ:1,000円  *ドリンクは別注文となります (レーベンブロイビール300円~)

出演:あいださとこ & アイサホ

    ドップラー中居とハイリスク ノーリターン

    花かおる泉

    ニコちゃん プラス ち~ず

    HOT-L   

ライブのチラシより)


今回はですね、HOT-Lと言うバンドのメンバーが、HOT-L自体のライブもやりますが、各自が裏(ホントは表?)でも掛け持ちでやっているバンドも引き連れてライブをやる、と言うことです。

このバンドは1984年に学園祭に出ることをきっかけに作られたバンドですから、もう25年になります。

現在男性3人と女性2人、みんないい歳になり、親となった人もいます。

仕事を引退して、生きがいをなくした人々のニュースを見たりもしますが、いくつになってもこうやって熱くなれる場所があるっていうのは、いいですねぇ。

私も客席にいる予定です。

おとなしく聴いているかどうかは保証できませんが。

きっと知ってる歌があったら小声で歌っています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

私も勝ち馬に乗るか 「ジョージア 戦国時代の武将シリーズ」

ジョージア戦国武将シリーズ

一昨日、駅のコンビニで、初めてお目にかかりました。

コカコーラも今の歴史ブーム、つまり勝ち馬に乗ったか、と言う感じです。

そう言えば、私が中学生の頃は、スターウォーズシリーズのコーラが発売されていました。

詳細は、下記サイトに掲載されています。

コンビニで数量限定の発売だそうです。

http://www.cocacola.co.jp/corporate/news/news_20091028.html


しかもレキジョ受けしそうな人ばかりですね。

私の好きな三人が、いずれも入ってなかったのは、ちょっと残念ではありますが、入っていたら複雑な気持ちだろうな、と思います。

しかし、こう言う面白い現象があるから、私も勝ち馬に乗るように、こう言う記事が書けます。


ところで、前々から思うのは、直江兼続の兜の「愛」と言う文字なんですが、いったいどういう意味なんだろう、と言うことです。

私たちが今使っている「愛」とも違うような感じがしますし、キリスト教でよく使うものとも違うような気がするのですが…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「君こそライオンズ」 ~弱かった頃のライオンズの歌~


(前半の歌が「君こそライオンズ」です)
http://www.youtube.com/watch?v=gDXdwth4jhI


この歌、現在40代以降で、32年前に普通にライオンズを応援していた人には、おそらく懐かしい歌だと思います。

20数年前、東京で知り合った大学の後輩とは、この歌の話しと、福田先生(楽屋ネタです)の話題で盛り上がりました。

それほど、重い歌です。

太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズ時代の歌です。

今シーズン、埼玉西武ライオンズは、ユニフォームに、強かった頃の西鉄ライオンズを思い出させるようなイメージを取り込んで、新調しました。

九州で奮闘し、日本シリーズ3連覇も成し遂げた西鉄と、基本的に常勝の西武をミックスさせたような感じで、中村選手なんかが着ると、西鉄の選手?と思いちがえることもあります。


ここから先は、埼玉時代しか知らないライオンズファンより、むしろ物心ついたときから福岡にホークスがあって、応援をしているホークスファンに読んでいただきたいのです。

西鉄と、西武の間に、太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズの時代がありました。

本拠地は福岡の平和台球場。

それはそれは弱いチームでした。

太平洋クラブやクラウンライターと言う会社が球団のオーナーではなく、その2社はネーミングライツを買った、スポンサーにしかすぎませんでした。

貧乏球団でした。

だから補強もままならず、負け続けました。

当然客足は遠のきました。

そして1978年、ライオンズは国土開発に買収され(と言うか、買ってもらい)、埼玉に移転しました。

ここに来て、福岡の人たちは事の重大さを知りました。

福岡から野球のチームが、ライオンズがなくなってしまったからです。


だから、今福岡のホークスを応援しているファンの方々には、ホークスが移転しないよう、勝っても負けても応援してほしいのです。

福岡の市場としての魅力を考えると、移転は考えにくいですが、閑古鳥が鳴くようだと、その可能性も出てきます。

どうか、よろしくお願いします。

----------------------------------------

ここからは、おじさんのノスタルジーのコーナーです。

動画に登場する選手を見ていると、今更ながら、実は未完のすごい選手がたくさんいたんだなぁ、と感じます。

この選手がそのまま残って伸びて行って、投手力が整備されていれば、それほど弱いチームにはならなかったろう、と思います。

しかし、西武は西武で、新しいイメージの、そして即戦力の選手が必要だったので、星野監督が中日や阪神で行った以上のトレードを行いました。

東尾、太田、永射は残されました。

竹之内、真弓、若菜は阪神へ行きました。

基は大洋に行きました。

吉岡はロッテに行きました。

西武には西武の考えがありましたから、今ではそれを恨む気はありません。

ただ、懐かしい限りです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメリカンフットボールの大学選手権が始まりました

2009年甲子園ボウルへの道
詳細は下記URLの公式サイトで
http://www.koshienbowl.jp/2009/


去年まで、アメリカンフットボールの大学日本一を決める甲子園ボウルは、実質的に関東と関西のの優勝校にしか出場せきませんでした。

今年から、全国のリーグの優勝校が東西に分かれ、トーナメントで甲子園ボウルに出場し、日本一を決める方式に変わりました。

全日本大学アメリカンフットボール選手権

と言うそうです。


すでに先週の日曜に一回戦が始まっています。

平和台陸上競技場で行われた、愛媛大学と九州大学で、平和台ボウルと言うのですが、7-5と言う珍しいスコアで愛媛大が勝ちました。

福岡出身で、友人もかなり進学しましたので、正直九州大学にかって欲しかったです。

左端の学校がまだ決まっていませんが、まず、61年ぶりに関西リーグで優勝した関西大学となるでしょう。

未定なのは、まだ単独優勝が決まってないからです。

でも相手がそれほど強い大学ではないので、まず、単独優勝は堅く、このトーナメントに出てくるでしょう。


単純にタレントレベルで判断すると、決勝は関西大学と法政大学の顔合わせになるでしょう。

アップセットがあるとしたら、11/29の対戦は、おそらく早稲田大学と法政大学の対戦になると思うのですが、ここで早稲田がどこまで戦術を練ってくるかでしょう。

たしか一昨年、リーグ戦で両校は対戦したのですが、タレントでは圧倒的に法政有利なところを、早稲田が延長5回まで粘りました。

今回のトーナメントにも、まず間違いなく日本大学が出場するものと思われていたのですが、早稲田がひっくり返しました。

アップセットなるでしょうか?


なお、今週末11/15の二試合は、あの、K-STREAMで実況中継されるそうです。

楽しみです。


また、これまでは関東では深夜に録画放送でしかなかった甲子園ボウルですが、今年はNHKのBS1で、完全生中継で放送されるそうです。

嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

日本ハム 小谷野選手のパニック障害のことが記事になってました


小谷野選手のファン動画です)

先週の木曜日の「ズームインスーパー」で、小谷野選手が特集されていました。

2年前に、小谷野選手がパニック障害から復活したことを知ってから、この選手はずっと気になっていて、ホークス戦で打たれても、
小谷野だったらいいや」
と納得していました。

ですから、小谷野選手が特集されたことは非常に嬉しくて、特集が終わるまで家を出ることができませんでした。

でも、特集の中で、パニック障害のことには、一言も触れられていませんでした。

このことがちょっと不満でした。


しかし昨日の「夕刊フジ」で、小谷野選手とパニック障害について、特集されていました。

パニック障害と戦いながら得た勲章 日本ハム・小谷野」

Yahooニュースでも取り上げられていたので、ご存じの方も多いかと思います。

以下、夕刊フジのサイトから、抜粋します。
http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20091109/bbl0911091631004-n2.htm


「日本シリーズで巨人の前に敗退したものの、全6戦で安打を放ち打率.391をマークして優秀選手賞に輝いたのが日本ハム・小谷野栄一内野手(29)。3年前に発症した「パニック障害」と戦いながら得た“勲章”だった。ストレス社会の中で増加の一途、国内で100人に3人ともいわれる患者へ勇気を与えることになるか。

(中略)

小谷野が野球人生の危機に陥ったのは、ほとんど2軍暮らしだった3年前。打席に入ろうとするたびに吐き気を催し、たびたびおう吐した。「パニック障害」だった。

 パニック障害は強い不安、ストレスから発作を起こすものだが、症状は吐き気のほか、めまい、動悸、呼吸困難など人によって千差万別。電車に乗れない人、飛行機に乗ると発作を起こしやすい人などさまざまなケースがある。最近では長嶋一茂氏、タレントの高木美保さんなどがパニック障害に悩んだ経験を明かしている。

(中略)

。「正直言って、今も不安と戦いながらの毎日です。だからこそ、試合に臨む前に悔いのない練習をしよう、悔いのない準備をしようと心がけるようになって、結果的に技術が上がった。逆にプラスだったと思っています」。プラス思考などという言葉では軽すぎる、壮絶な“覚悟”を示す。

(以下略) 」


最後の
「プラス思考などという言葉では軽すぎる、壮絶な“覚悟”」
と言うくだりには、胸が熱くなります。

二年前、久々に小谷野選手のインタビューを読んだとき、
「自分が活躍することで、同じ病気で悩んでいる人たちの力になりたい」
と言っていた記憶があります。

私はそのときからずっと応援しています。

(もちろんホークス戦を除いて)

Wikipediaには「パニック障害を克服した」と書いてあります。

本当に克服できたのか、私は疑問でした。

そしたら、やっぱり今でも不安だとのことでした。


いつの日か、彼は不安なしに打席に立てる日が来ると思います。

私はきっと応援し続けるでしょう。

「遥か天高く 空に輝く 栄光を掴め 小谷野栄一」
(小谷野栄一 応援歌)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

インターネットラジオ『K-STREAM(Kストリーム)』が熱い!!

(アメフトの話しが出てきますが、アメフトを知らないかたでも読めると思います)

昨日、twitterで、インターネットラジオ『K-STREAM(Kストリーム)』の話しで盛り上がりました。

http://www.kcfa.jp/kstream.html

このラジオは、関東学生アメリカンフットボール連盟が、75周年を記念して開局したもので、ネットさえあれば、当日ご来場になれない方や、国内外の遠隔地にお住まいの方に、試合の模様をライブ音声でお届けできる、と言うものです。

私のような巣ごもり系アメフトファンとしては、「わ~お」なラジオなのです。


この中継は、すごいです、お勧めです、私はすぐにファンになりました。

私は昨日初めて聴いたのですが、アナウンサーのコハラ キョウコさんのアナウンスが面白いです。

NACK5の西武ライオンズ中継を聴いたことがあるかた向けに説明しますと、もっと身びいきで、感嘆句が多いです。

聴いたことがないかた向けに書きますと、「アメフトを見に来た、アメフトに詳しい女性客がしゃべっている」って感じです。

昨日は法政大学と明治大学の対戦だったのですが、試合開始前から、彼女は明治大学に肩入れしたい、と言っていました。

判官びいきみたいです。

その後はすごいです。

彼女の叫び声で、今のプレイで何が起きたかはわかりませんが、どちらが有利な結果に終わったかはわかります。

最後、明治が負けるのですが、泣き声で放送を中継していました。

はっきりいって、アメフトをわかりやすく中継するアナウンサーとしては失格で、とても初心者には勧められませんが、私のようにアメフトが大体わかっている人間にとっては、彼女のトークから何が起こっているのかを推理したりできて、マジに非常に楽しいです。

まるで「ヘキサゴン」の「アナウンスクイズ」(おバカタレントと呼ばれる人が英文などを目茶苦茶に読んで、そこから正しい文章を推理して、答えをあてるコーナー)を聴いているようです。


こんなに面白い、とわかる前に、

「これからインターネットラジオ『K-STREAM(Kストリーム)』で法政対明治を聴きます」

とtwitterでつぶやいたら、何人かのフォロワーさんが私と同じように聴き始めて、

「なんだ、この放送は!!」

と、その話しで大盛り上がりしました。

そこから何人かのアメフト関連のフォロワーさんが増えました。

ありがたいことです。


正直、試合の流れを把握するには難しい放送ですが、単に面白い放送を聴いている、と考えると本当に楽しいです。

こんなことを書いたら、コハラさんは落ち込むでしょうが、私としては今のままのスタイルで放送を続けてほしいと、強烈に思いました。

人を小馬鹿にしているようにも読めるかもしれませんが、私は彼女を応援しています。

来週は母校の試合を中継してくれるようですから、楽しみです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【改訂版】オードリー若林が好きな「セカンド エフォート」の例  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き


(画面右下の時計が、0分42秒から10秒間が若林が言っていた箇所です)

今朝のオードリーオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」では、先週途中でぶち切られてしまった、若林の好きな

セカンドエフォート

について語られていました。


私が前々回の記事の中で説明したものと、若干違いましたので、それについて説明します。


若林は
「タックルされて、倒れそうになったところで、ボールを持ってない手で体を支えて、もう一度起きあがって走り出すことの素晴らしさ」
を語っていました。

私が前々回紹介した動画では、ランニングバック(RB)は手を地面につかずにタックルをふりほどいていました。

それも「セカンドエフォート」には間違いはないのです。

今回は、若林が言っていた通りのプレイを、動画で紹介します。


今回は34番の選手がランニングバック、つまり若林のポジションです。

画面右下の時計が、0分42秒になったあたりから注目してほしいのですが、

44秒のあたりで一度手をつきます。

これは手が隠れているのでわかりにくいかとおもいます。

そして次に、48秒のあたりでもう一度手をつきますが、それでも立ちあがって走りだして前に進みます。

これが若林が話した「セカンドエフォート」です。

えっ?一回目のタックルの後の走りが「セカンドエフォート」で、二回目のの後は「サードエフォート」じゃないの?

と思われるかもしれません。

でも一般的には、一回目のタックルの後の走りは、何回タックルをうけても、「セカンドエフォート」と言うようです。

はっきり言って、「セカンド」とか「サード」とかはどうでもよくて、若林が言いたかったのは、一回目で終わらずに、また立ちあがることに意義がある、と言うことだと思います。


ちなみにアメフトでは、タックルされて膝をついたら、その時点でプレイは一旦終わります。

膝をつかないようにして、手をついて体を支えて体勢を立て直す分には、まだプレイは続いています。

--------------------------------------
さて、ここらへんで、もう説明はおなかいっぱいだと思います。

ここからは「アメフト」の小部屋とは直接関係のない、この動画に関する話しです。


この動画は、34番の選手、ウォルター・ペイトンの走りのハイライトを集めたものです。

随所に、手をつかないまでも、セカンドエフォートが出てきます。

この選手は、技術、人格ともとにかく素晴らしい人だったと聞きます。

人格についてはわからないまでも、このビデオを一通り見ていただければ、この人のボディバランスは尋常ではない、と言うことがおわかかりいただけると思います。

私はこの人が引退した直後から真剣にアメフトを見始めましたので、リアルタイムではその素晴らしさを見れなかったのが残念です。

そうは言っても超有名な選手ですので、若林もきっと好きだと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

キットカット祭り

社内販売で買ったキットカット

職場が入っているビルでは、たまにお菓子屋化粧品などの社内販売みたいなのがあるのですが、一昨日はキットカットが売り場に並びました。

で、私が買ったのが写真の4つです。

手前に見えるのが「濃きなこ味(東京限定)」

その上方の陰に見えるのチェック柄のが「ロイヤルミルクティー味」

下方にあるのが「カスタードプリン味」

その奥が「チョコと宇治抹茶味」

定価3,150円のところが、1,050円でした。

安いとは言え、ちょっと買いすぎたかな。


これまで何度も、この販売を目にするたび、たまには女房のため、と思って買おうかと思いましたが、いつも、金がないなぁ、と通り過ぎていました。

しかし今回は、今女房は心身ともに非常に頑張っていることがありますので、ちょっと差し入れることにしました。

「カスタードプリン味」以外は、大体女房が好きそうなものです。

まあ、これでも食って、頑張りたまえ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー若林が好きな「セカンド エフォート」の例  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き


(15秒ほど見ていただければ十分です)

先週のオードリーのオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」で、若林が最後につぶやいた 
「セカンド エフォート」
について解説します。

その前に、単語の説明を。

「セカンド」は「2度目の」と考えるといいと思います。

「エフォート」は「奮闘、がんばり」だそうです。

つまり、

「セカンド エフォート」とは

「2度目のがんばり」

と言うことになります。


では動画の説明です。

セカンドエフォートを見せるのは画面左側の白いジャージの選手たちのうち、一番後ろに、ポツンと一人で立っている選手です。

このポジションが、若林がプレイしていた「ランニングバック」(RB)です。

プレイ開始後、後ろに下がってきた選手(4番)からボールを手渡され、走り始めます。

大体カウンタが、5秒から8秒のあたりで、二度タックルを受けます。

画面で言えば、「50」と書いてある辺りから「40」とフィールドに書いてある辺りの出来事です。

ボールを持ったRBは、タックルをふりほどいて、また走り始めます。

これが「セカンドエフォート」です。

つまり、タックルを受けるまでの走り、つまり「がんばり」が、

「ファーストエフォート」

と言うことになるでしょう。

そしてタックルを受けてからの走りが、

「セカンドエフォート」

となります。

理解いただけましたでしょうか。


ここからは「アメフトの小部屋」とは関係のないマニアックな話しになりますので、まだ読む元気のある方は、読んでいただければ嬉しいです。


このランニングバックは、ミネソタバイキングスのエイドリアン・ピーターソン と言う3年目の選手です。

現役のランニングバックでは、今最も旬なRBだと思います。

サイズ、スピード、そしてクイックネス、全てが超一流だと思います。

私がアメフトを見始めた1989年には、バリー・サンダースと言う、驚異的なクイックネスを持った選手がデビューしました。

サイズがなかったため、パワーで抜けると言うことができませんでしたが、とにかくステップが華麗な選手でした。

同時代のRBに、サーマン・トーマス、エミット・スミスがいました。

三人とも超一流でした。

私が過去の映像や記録を見て、史上最高のRBと思うのは、ジム・ブラウンです。

クイックネスはそれほどでもありませんでしたが、スクリメージを突破するパワーと技術は素晴らしいと思います。

残念ながら私はリアルタイムで彼の走りを見ることはできませんでしたが、

「ナイト ライダー」

にゲスト出演して、脱獄するシーンを演じていましたが、その逃亡ぶりには、往年の名RBの片鱗が見れました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

みなさんのおかげです ストロベリー



昨日、私のブログにこられた方が、どんな言葉で検索してこられたか、と言うことを軽く触れましたが、軽く1~2回触れただけの言葉が、何回も検索されていることもわかりました。

その例としては、
保毛尾田保毛男」(ほもおだほもお)
があります。

これは、バブル期の「とんねるずのみなさんのおかげです」の中で、石橋貴明が演じたキャラクターで、Wikipediaによりますと

「一時期はホモといえば保毛尾田保毛男の姿がイメージされるほどのインパクトを誇った。 」

ほど人気を得たものです。
(Wikipediaって、こんなものも載せてるんですね)

私は以前、急にプリンスの「Batdance」をパロった「ホモダンス」が見たくなって、保毛尾田保毛男のことを二回書きました。


今回は同番組の中で、これも好きだった、石橋貴明演じる
ストロベリー
の動画を載せます。

1989年ごろのもので、私はリアルタイムで見たこの動画は、斉藤由貴が田舎から出てきて美容院に就職する、と言う設定で、最初に美容院に来た時、石橋演ずる「ストロベリー」が客と間違えて、ショウアップして彼女を迎える、と言ったものです。

本当はダンスミュージックが「The FLY」のバージョンのものが好きなのですが、その動画がありませんでしたので、これを載せました。

途中、石橋が間違っているのですが、それを驚異的な身体能力でリカバーしています。


この他にもWikipediaの「とんねるずのみなさんのおかげです」の項目には、懐かしいキャラクターがたくさん載ってます。

これをもとに、動画検索を行うと、楽しいと思います。

生産的な行動かどうか?

少なくとも、メンタルヘルス用語の、「情動焦点型コーピング」にはなると思いますよ。

私も今、これから仕事と言う悩ましい時間帯にこれを書いていて、そのために動画を見たりして、だいぶ気が楽になりましたから。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

全日本剣道大会の感想(平成21年)

決勝で高橋秀人(右)を攻める内村良一
(決勝で高橋秀人(右)を攻める内村良一:47NEWSのサイトより)

剣道の第57回全日本選手権をテレビで観戦しました。

落ち着いて見始めたのは、準決勝からでした。


第一試合は、寺本選手と内村選手、いずれも今年行われた世界剣道選手権の日本代表です。

特に寺本選手は、個人戦で優勝していますので、世界最強の剣士、とも言えます。

小兵の内村選手が小手を決めて先制(このシーンはちょっと目を離した隙のことで、見逃しました)。

試合終了間際、寺本選手が追いつきます。

延長戦で、内村選手の面が決まり、勝利。


第二試合は、上段で静岡県勢として初めて準決勝に残った高坂(たかさか)選手と、高橋選手。

両者一歩も譲らず延長戦へ。

最後は高橋先週の面で、勝負が決しました。

とにかく、終わる気がしない試合でした。


決勝戦は、内村選手と高橋選手。

いずれも29歳で警視庁の所属の同門対決となりました。

これも終わる気がしないまま延長へ。

最後は内村選手の飛び込み面で勝負あり、でした。


と言うわけで、内村選手が3年ぶり2度目の優勝を飾りました。


ヘタれ剣士だった私ですが、感想を少々。

初めて大学時代にテレビでこの大会を見た時は、強い人の剣道って、本当に美しいなぁ、と感動しました。

しかし、最近は、美しいとは思っても感動するまでは感情がたかぶりません。

何なんでしょうね?

私の目が肥えたのか…


準決勝の2試合の決まり手が、崩れた態勢からの面だったのですが、決勝ではきれいな飛び込み面が見れて嬉しかったです。

崩れたところからの巻き返しが大事なことはわかりますが、勝負よりも技を見たい私としては、決勝戦の面のようなものが好きです。


決勝直後の内村選手のインタビューを見ました。

まるでカンペを読んでいるかのように、すらすらと、しかも十分に、内容も剣士らしいコメントを話されていました。

すごいなぁ、と感心しました。

心技体がそろうと、こう言う人格ができるのか、と思いたいです。


余談ですが、以前も書きましたが、私が髪を切ってもらっている美容師さんは、今風のかたですが、高校時代はかなりの強豪校の剣士だったかたです。

30台前半だと思います。

その方は、毎年この大会を予約録画されています。

今回は放送が30分延長されました。

ちゃんとその辺も考慮されていたのか、今度尋ねてみようと思います。

多分雑誌に付録としてDVDがつくだろう、と言うことも教えてあげねば。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「メンタルヘルス・マネジメント検定 解答速報」掲載サイトのお知らせ

最近また、私のブログの訪問者数が増えたので、調べたところ、

メンタルヘルス・マネジメント検定 解答速報」

を期待して、こられている方が多いのがわかりました。


それはそれで嬉しいのですが、がっかりされるのも何なので、掲載されるサイトを調べました。

前回と同じく、日本マンパワー社が掲載を予定しているようです。

公開予定は11/6(金)の午前中で、早まる可能性もあるそうです。

また、一種の記述問題については、掲載しないようです。

詳細は下記サイトをご覧ください。

http://www.nipponmanpower.co.jp/ps/choose/tps_details.php?id=YF856YB3

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

阪神戦を見る練習 ブレット・ファーブ、グリーンベイパッカーズと対戦

古巣パッカーズと敵地グリーンベイで初対戦するバイキングスのQBファーブ
(ブレット・ファーブ NFLJAPANのサイトより)

【注意:試合結果を載せています】

2003年、私は福岡ダイエーホークスのメーリングリストに、

城島健司とブレット・ファーブは、なんとなく雰囲気が似ている」

と書いた覚えがあります。

城島は当時福岡ソフトバンクホークスに、ファーブグリーンベイパッカーズと、私が最も好きなプロ野球とアメリカンフットボールのチームに在籍していました。

この大好きな2人が、大好きなチーム以外でプレイするなんて、考えてもいませんでした。

しかしそれが現実のものとなりました。


さて、昨日全米が注目するアメフトのゲームが行われました。

ファーブが属するミネソタバイキングスが、パッカーズの本拠地、グリーンベイで古巣と対戦したのです。


グリーンベイは、フットボールがなければアメリカ人ですら知らなかっただろう、と言われるほどの小さな田舎町ですので、フットボールと生活が密着しています。

その熱さはちょっと想像がつきません。

そんなところで16年間プレイし、町にスーパーボウルチャンピオンの栄誉を取り戻し、町の顔として君臨し続けた英雄が、敵として初めてやってくるのです。

ですから、この対戦は全米注目な訳です。


試合は26-38で、パッカーズがバイキングスで敗れました。

内容については、「NFLJAPAN」や「PackerZone」などが詳しいと思います。

ここでは、ホークスファンであり、かつパッカーズファンの私でしか書けない気持ちを書きます。


今朝未明に録画放送があったので、それを見たわけですが、その前から結果は知っていました。

パッカーズは猛烈な追い上げを見せたものの、バイキングスに敗れてしまったことを。

私が知る限り、一旦引退を発表したファーブは、パッカーズに戻ることを熱望したものの、パッカーズがそれを許さなかったので、他チームでプレイせざるを得なくなったのです。

ですから私はいまだに彼の大ファンです。

家にある彼のジャージ、フィギア、シャツを捨てる気にはさらさらなれません。

だから、この試合、ファーブには頑張ってほしいのですが、勝つのはパッカーズ、と言う風に終わって欲しかったです。

彼がインターセプトを連発して負ける、と言うのはちょっとやめてほしかった。

彼が孤軍奮闘するものの、パッカーズが勝つ、これが理想のシナリオでした。

しかし結果は、今月40歳になる彼は、昔の彼以上の力を出し、またバイキングスの他の選手も力を発揮して、パッカーズは敗れました。

負けたのは悔しいです。

でも、どちらかと言えば、と言う程度です。

ネットを見ると、パッカーズのファンの方は、ファーブが来るこの試合だけは負けたくない、と言う人もいます。

でも、ファーブだからいいや、と言うのが私の正直な気持ちです。

この試合、ファーブは客席から驚異的なブーイングで迎えられました。

しかし、観客は本心からブーイングしたんでしょうか?

中にはそう言う人もいたでしょうが、私と同じような気持ちの人もいたと思います。


パッカーズの本拠地、ランボーフィールドに立つ彼には、何も違和感は感じませんでした。

アウェイの白いジャージを着ていたからかもしれません。

逆にパッカーズのQBで、ファーブの後継者のアーロン・ロジャースを見ると違和感を感じました。

ファーブがいるのに何でロジャースが試合に出てるの?

いや、頭ではわかっているんですが、心はそんな感じでした。

最初の数シリーズで、心も慣れてきましたが。


私がファーブの活躍を不快に感じないのは、ロジャースがちゃんと育ったことが大きいと思います。

あ~、ここでファーブがいたらなぁ、とは全然思わせない成長ぶりで、逆にファーブにはない脚力があるからいいや、とも思えます。

何といってもファーブと違って波がない。

危険なシチュエーションで、山なりのパスを投げると言うのは、心理的にかなり難しいと思うのですが、それもちゃんとできています。

立派な後継者が育っていますから、ファーブには何の文句もないのです。

ただ、QBの仕事は、パスを投げることではなくて、チームを勝利に導くことです。

ロジャースにはまだ、その点が欠けていると思います。

パッサーとしては、一流以上です。

でもQBとしては、去年と違って取りこぼしがなくなった分はいいのですが、アップセットを起こせるほどの力がまだないと思います。

考えてみれば、ファーブが率いたパッカーズは、ハイリスク・ハイリターンなチームでした。

大物食いもあったけど、取りこぼしも少なくありませんでした。

その点、ロジャースのチームは、ローリスク・ローリターンだと言えるかもしれません。

16年もハイリスク・ハイリターンにつき合ってきましたから、今はしばらくロジャーズの方が好ましく思えます。

そのうち、物足りなくなるかもしれませんが。


最後に城島のことを。

城島のことはふっきれてはいるのですが、交流戦で阪神とあたったら、そうはいかないでしょう。

ファーブと違って、城島には古巣に戻るチャンスがありました。

でも、城島の人生は、彼自身の問題ですから、文句はないです。

悲しいですけどね。

でも、ロジャースのように、田上が城島をしのぐようになれば、それも楽しく思えるでしょう。

打撃はもう大丈夫だから、後はとりあえずは盗塁阻止力の向上を。

インサイドワークは、投手やベンチに頼ってもいいから。

頑張れ田上。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

メンタル不全のかたを励ます理由

私はこのブログに来てくれた方や、twitterで知り合った方のなかで、メンタル不全の方を、出来るだけ励ましています。

一昨日、学生時代の先輩や後輩と飲んでいるときに、なんでそんなことをするのか、と尋ねられました。

反語ではなく、単純に質問だったと思います。

そこでそのことを書き留めておきたいと思います。


最大の理由は、単純に、助けたいからです。

そもそも人には、よく思われたい、とか好かれたい、とかの本能があるものと考えます。

私もその例にもれませんし、ひょっとしたらその気持ちは強いかもしれません。

だから助けるのです。

ただ私は、今のところそれに全生活を集中できるほどの時間や金銭の余裕、そして気持ちはないです。

家族や本業がありますし、また趣味もあります。

だから「小さな親切」程度しかしていないと思います。

(本当はもっと助けなければいけない人たちがいるのですが、それは難しいので、罪滅ぼしの気持ちもあるのかもしれません)


家族や趣味を投げだす気持ちは、今のところサラサラないですが、本業になれば嬉しい、とは思っています。

ですから、まずは車内で、そう言う部署に配置されればいいんですが。


でも、表面上の理由は、「単純に、助けたい」と言うものにはしていません。

この活動が本業になるには実績や勉強が必要だからやっている、と言うことにしています。

だって、突然

「あなたを助けたいのです」

と言うことを言われたら、気持ち悪くないですか?

その後ろに、宗教や営利団体がいそうに感じませんか?

だから、人間っぽい表面上の理由を、最大の理由としています。

ただこの理由、ウソではないですよ。

実績になりますし、勉強になります。


でも、こう言うことを飲み会で言ったら、

「そう言う俗っぽいことを前面に出すと、相手もがっかりするんじゃない?」

と言われました。

本当に助けたいんなら、それだけでいいじゃん、と言う訳です。

そう言うもんなんですかねぇ。

まあ、それで私の言うことを、多少は受け入れていただけるんなら、それでいいのですが、なんか自分のメリットを出さないと、気持ち悪く思われて、相手にしてもらえないような気もするのですが。

みなさん、どう思われますか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー春日が好きな「サック」の例  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」(動画付き)


(1990年の映像です。最後まで見なくても、一分ぐらいまで見れば、おわかりいただけるかと思います)

今朝のオードリーのオールナイトニッポン(ANN)、「アメフトの小部屋」で出てきた言葉のうち、「サック」と「パスプロ」について大雑把に書きます。

カスミンの言っていた「サック」ですが、パスを投げようとしているクオーターバック(QB)を潰すことです。

この動画では、赤いほうの16番(ジョー・モンタナ)が潰されるQBで、白いほうの70番(レオナード・マーシャル)がこれを潰します。

70番が春日のポジションだと考えていただいていいと思います。

そして16番を潰したこと、これが「サック」です。


それよりちょっと前に、赤い16番がパスを投げようとしているのを、他の赤い選手たちが守ります。

これが「パスプロ」で、「パス プロテクション」の略です。


この場面では、赤いほうはオフェンス(攻撃)チームが出ており、白いほうはディフェンス(守備)チームが出ています。

白いほうは、赤い16番がパスを投げるのを防ぐため、赤い16番にせまります。

しかし赤いほうの他の選手は、その白い方が襲いかかるのを阻止しようとします。

前述した「パスプロ」ですが、このパスプロをやぶるテクニックのひとつが「スイム」と呼ばれるものです。


実はスイムについては、私はほとんど知りません。

と言うのは、実況を見たり、本を読んだりしても、ほとんど出てこない言葉だからです。

かろうじて、「アイシールド21」で読んだことがある、といった程度です。

面白いことに、アメフトの用語では、私のような観戦者はほとんど使わないのに、春日や若林のような選手間では使う用語が存在するようです。

おもに技術用語です。

スイム」もその一つだと思います。

ただ、私は技術の事を書いている記事は、あまり読みませんので、ひょっとしたらその中で使われているのかもしれません。


ここまでが、一般的な説明です。

ここから先は、マニアックな話しですので、まだ読む気力があれば、読んでいただけると嬉しいです。


この試合は、赤い方 サンフランシスコ・49ナーズ(フォーティーナイナーズと読みます)が、史上初のスーパーボウル3連覇がかかったビッグ・ゲームでした。

結局49ナーズはこのゲームに敗れ、3連覇はなりませんでした。

16番(「#16」と表記することもあります)のジョー・モンタナと言う選手は、日本で牧瀬理穂とともにCMに出演していましたので、知っている人もいるかもしれません。

この選手は「神と人間の中間にいる男」と言われるぐらい、アメフト史を語る上では欠かせない人物で、私は、今のところ史上最高のQBだと思います。

パスの記録のほとんどは、他の選手、特にブレット・ファーブ(ミネソタ・バイキングスで現役)が保持していますが、QBの本当の仕事とは、パスを投げることも含めて、チームを勝たせることなのです。

そう考えると、モンタナは空前絶後のQBです。

しかし彼はこのサックにより、結果としてその後2年間、ほぼプレーができなくなり、その間にスティーブ・ヤングと言う選手にポジションを奪われてしまいます。

そのため、49ナーズでプレイする機会がなくなったため、トレードを志願し、カンザスシティ・チーフスに移籍し、2年間プレーしたあと引退します。

サックと言うものは、このように攻撃を止めるだけではなく、時に人生をかえたりします。

前述のヤングも、たび重なるサックを受け、脳震盪がくせになりそうになったので、数年後に引退しています。

あー、書き足りないですけど、今回はこの辺で。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~