2009年12月の記事 (1/2)

歳末のアメ横

20091230歳末のアメ横
(「アメ横」の看板の右隣に、警察官のブースがあって、マイクで誘導していました)

関東に来て26年目の歳が終わろうとしていますが、初めて、歳末のアメ横に行ってきました。

それはそれはすごい人出でした。

しかし人出があるだけあって、けっこうな買い物ができました。

20091230アメ横で買った刺身と数の子

写真の上は大トロです。

定価一万三千円とありましたが、千円で買うことができました。

下はかずのこです。

たしか定価千五百円のところが、これも千円でした。


大トロに関しては、解凍してみたところ、脂身がほとんど見つからずに、これ本当に大トロか?と疑問なのですが、これだけの大きさのただのマグロだとしても、まあ安いかな、と思いました。

かずのこは相場がわからないのですが、漁獲量の関係で、例年より高くなっているそうです。

20091230アメ横で買ったかまぼこ

こちらは蒲鉾と伊達巻の詰め合わせです。

蒲鉾はひとつ230グラムと、大きめのサイズです。

定価はわかりませんでしたが、多分スーパーで買ったら、ひとつ五百円は下らないでしょう。

だから定価二千円から二千五百円だと思うのですが、これも千円でした。


これらは特に強烈に値段交渉したわけではなく、大体どの店もこんな感じでした。

蒲鉾と伊達巻の詰め合わせは、もうちょっと量が入っているのもあったような気がします。


なお、Yahooニュースで、「1000円で高級食材ゲット! アメ横の“激安底力”をガチンコ検証」と言う記事がありました。

もともとのソースは「東京ウォーカー」です。

私のこの記事より詳細に書かれていますので、興味のある方はご参照ください。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091230-00000016-tkwalk-ent


さて、今年のブログ更新も、多分これが最後だと思います。

みなさん、一年間お世話になりました。


今年はブログを中心として、ネットで多くの人と知り合うことができました。

自分のブログはこれでいいんだろうか?と最近思うところがあるのですが、お付き合いいただきまして、ありがたく存じます。

みなさん、お体に気をつけて、良いお歳を。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

オードリー on 「NFL倶楽部」 ほぼ内容のすべて

NFL倶楽部収録後のオードリー・若林(左)とオードリー・春日(右)
(NFL倶楽部収録後のオードリー nfljapan.comより)

以前書きました12/26未明に放送された、オードリーが出た「NFL倶楽部」の模様を、箇条書きで書いておきます。

なお、nfljapan.com公式サイト内に、出演に関して記事がありました
http://www.nfljapan.com/headlines/11409.html


・若林はフィラデルフィア・イーグルスの、春日はダラス・カウボーイズのジャージで出演。
 ちなみにこの背番号の選手は、どちらもいないようです。
 背中には「WAKABAYASHI」と「KASUGA」としっかり書かれていました。

・冒頭で若林が、「どうやって(ニューオリンズ)セインツの(ドリュー)ブリーズをサックするか」と言ってました。
 河口正史氏がオールナイトニッポンに出た回でも、ブリーズについては2度名前が出てきました。 
 彼についてはそのうち記事にしたいと思います。

・若林「スーパーボウルにオードリーを連れて行って下さい。お願いします。」
 春日「悪い話しじゃないと思います。番組のお金で、ただで連れて行って下さい」
 安部奈知氏(NFL解説者 元日本代表TE)
   「スーパーボウル、(その価値を)知ってますよね?
 春日「知ってますよ。アメリカの人でも一生に一回見に行けるかどうかと言う難しさですよね。」
 若林「犯罪者をチケットでおびき寄せたと言う話しも」
 最後の犯罪者とチケットの話しは、半年ぐらい前に「しゃべくりセブン」でも語ってました。
 フットボールファンの間では有名な話しですが、いまいちリアリティが感じられないんですよね。

・若林「ずっと見ていましたよ。後藤さん(NFL解説の第一人者)、ごっついですね」
 と後藤氏の体をなでる。
 恐ろしくて、私にはできない。
 一昨年のW杯のフランス戦(か決勝戦)で後藤さんを見かけました。

・「WAKABAYASHI」の文字が、長くて背中からはみ出していた。
 これを見て
 「ロスリスバーガーがなぜあんなに大きいかと言うと、背中に「Roethlisberger」の文字をおさめられるためにだ」
 と言うジョークを思い出しました。

・葉山エレーヌ嬢
 「スーパーボウルに行くのは本当に難しいので、オードリーの二人がそれにふさわしいかどうか、安部さんと後藤さんに判断してもらいましょう」
 と言うことで、オードリーとフットボールの関係を披露するエピソード大会が開始。
 題して「オードリーのフットボール伝説」

・伝説1
 「高校時代 実力はエース級」
 若林「二人ともエース級でした」。
 若林は2年時からオフェンスのキャプテンだったそうです。
 それを語った後
 「普段こんなアメフトの専門用語でトークすることないから、見ている人が大丈夫なのかどきどきする」
 と若林がもらしたのを
 「大丈夫ですよ。アメフトが好きな人しか見ていないから」
 と周囲がなだめる。
 以前ANNで、アメフトネタですべったことがトラウマになっている、と言っていたことを思い出しました。
 話しを戻します。
 若林「ゲーム中のハドルではクォーターバックがプレイコールしていたが、ゲームプランは自分が考えていた」
 なんだ、漫才と一緒じゃん。
 若林「テイルバックをやっていて、カットが得意だった。あと、タックルされる寸前にラインから出るのが得意だった」
 で笑いをとる。
 ラインから出ると、タックルしてはいけませんからね。

 春日「ラインをやっていて、オフェンスの時はガード。ディフェンスの時はディフェンスエンドだった」
 ディフェンスエンドをやっていたのは有名だけど、ガードをやっていたとは知らなかったです。
 好きなのはディフェンスエンドの方で、サックの量も多かったとのこと。

 葉山「お二人にとってアメリカンフットボールの魅力とは何ですか?」
 春日「言ってあげなさい」
 若林「(春日に向かい)あんたも一生懸命話さないと」
 若林「力の差とか体格差があっても、作戦次第でどう転ぶかわからないから、どんなチームにも希望があるところ」
 たしかに。
 この後、「アメフトの小部屋」でも語られた偵察の話しを披露しました。
 相手は日大三高だったそうで、多摩で道に迷って、結局102対0で負けた、ということでした。
 見つかって、追いかけられた話しは出ませんでした。

・伝説2
 「世界に一つ こだわりの用具は手作り?」
 この後、よく語られた手作りマウスピースの話しが披露されました。
 でも葉山嬢(元明治大学アメフト部マネージャー)から
 「それで口にあいますか?」
 と専門的なことを尋ねられて、一生懸命春日がなじませるまでの苦労話しをしていたのが新鮮でした。
 次に、ネックを新聞紙とガムテープで作った話しも披露されました。
 これは初めて聞きました。
 そしてあの「上履き」の話し。
 オールナイトニッポンで、この話しは今年何度したかわからない、と若林が語っていました。

 ここで後藤氏の現役時代の話し。
 物資が豊富な時代ではなかったので、サイパッド(ひざ当て)の代わりに、親の文庫本を使っていたそうです。
 長く後藤氏の本を読んでいますが、この話しは初めて聞きました。
 春日がいたからこそ聞けた話しですね。
 春日「現役の時、それ知っとけばよかった」
 若林「いやだろう。ひざのところから薄く「ドラゴンボール」とか見えたら」

・伝説3
 「伝説のあのギャグはフットボールから生まれた」
 「トゥース」のことです。
 正確には「トゥー」だったそうですが、ゲーム前にグラウンドで円陣を組む前、キャプテンが「トゥー」とやって、そこにみんなが集まり、「トゥー」「トゥー」と言い合って、テンションをあげたそうです。
 いろいろな学校が、それなりに同じようなことをやっていて、安部氏は「トゥッ」だったそうです。
 安部氏「弱い学校ほど長く伸ばすんだよね」
 しかも指は2本だったそうです。
 安部氏「(「トゥース」のような)アメフトのものを使ってくれると、フットボール界としては嬉しい」
 うんうん。

 そもそも「トゥース」とは「ハドル」が訛ったものとか。
 二人は高校(日大二高)時代、廊下ですれ違う時にも「トゥース」と言っていたそうです。
 また日大二高には、一年生は「トゥース」を使ってはいけない、と言うルールがあったそうで、でも言いたくて、練習後にトイレに一年が集まって、聞こえないように「トゥース」と言っていたそうです。
 美談。

 そのあと、ANNでも語られた、合宿の時嫌いな先輩のご飯を、春日の尻につけていて、春日がやけどした話しが披露されました。
 スタジオ大爆笑。
 若林「NFL倶楽部って、こんな番組でしたっけ」


・伝説4
 「NFLのスーパースターと大親友」
 これは聞いたことないなぁ、と思ったら、若林も「どういう事でしたっけ」と戸惑い気味。

 そして、マイケル・ビック(フィラデルフィア・イーグルスのQB)からのビデオメッセージが流されました。
 以下、日本語テロップです。
 「トゥース! 夢でお会いして以来ですね。
  イーグルスのマイケル・ビックです。マサ(若林のこと)、いつも応援ありがとう。
  君は良いランナーだから、俺と勝負しないか?
  (次回スーパーボウルが開催される)マイアミで待ってるぜ」

 この番組の最大のヤマでした。
 メッセージの最中、若林が 「うっそー。こわい、こわい、気持ち悪くなってきた」と言うのを、
 春日が「ちょっと静かにして」とたしなめる声が聞こえました。

 その後は若林が大興奮で
 「俺今、全部毛穴開いてるわ」
 「どうやったの、これ」
 「ちょっとー、俺すげー鳥肌立ってきた!!」
 「すげー、この番組」

 などなど。

 春日によると、高校卒業後しばらくアメフトの話しなんてしなかったのに、ビックがデビューした時は、久々に
 「すげー選手がNFLに現れた」
 と興奮して語っていたそうです。


以上のアピールに対し、後藤氏は

「たしか二人のアメフトへの思い入れはすごいとは思うけど、とてつもなくすごいと言う訳じゃない」

とのこと。

これに対し二人は

「ちょっと後藤さん、解説でもそんな厳しいこと言わないでしょう。
 なんで私たちにだけ厳しいんですか」

と反論。

たしかに後藤氏の解説はソフトで腰が低いのです。


その流れでショートアメフトを披露することになりました。

私としては「しょうゆ」、が好きなのですが、披露されたのは「コンビニ」でした。

二番目に好きなネタなんですが、やっぱり思ったほど面白くはないと思いました。

しかし安部氏は大喜びで、「面白い」を連発。

経験者には違う風に写るんでしょうねぇ。


結局この放送では、オードリーが日テレのスーパーボウル中継にゲスト出演することは保留とされましたが、以前書きました通り、まず間違いなく、ゲスト出演するでしょう


オードリーはプロデューサーの松原氏にお願いに行きましたが、最悪ダメと言われても、松原氏をサックして、チケットをファンブルしたところを、リカバーしてマイアミに行くそうです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

M-1の話し 今さらながら「魔王」の動画




先々週行われたM-1グランプリ、その中で最も話題をさらったのが、笑い飯の一本目に登場する

「鳥人」(とりじん)

だったようです。


次の日にtwitterを見たら、その話題一色でした。


しかし私としては、同じネタの中の

「魔王」

の方がツボに入りました。


大学四年の頃、サークルの二年生の後輩の男が、陰で一年生の女子たちから

「魔王」

と呼ばれていました。


たしかに彼は耳がとがっているイメージがあります。


しかし「魔王」って、全国的にネタになるほど知られているんですね。

私は福岡で、一年生の女子は。東北や北陸でした。


今回はそんなわけで、YouTubeから、「魔王」を拾ってきました。


私は中学校で習った覚えがありますが、なんでこの曲が全国的に教えられるのか、意味がわかりません。

でも、面白い歌だと思います。

もっとコミカルだったような記憶があります。


なお私は、中学生の頃から今に至るまで、すずめに似ていると言われています。

昨日の納会では、人間と鳥との境目を見せても良かったのですが、セクハラになりますのでやめました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

帝京大が早大に雪辱 ラグビー大学選手権2回戦

2009年度ラグビー大学選手権サンスポより
(敗戦後 選手に声をかけるマネージャー サンスポより)

昨日ラグビーの大学選手権の2回戦が行われ、帝京大学が早稲田大学をやぶりました。

31-20。

スコアを見ると平凡なんですが、2度の逆転の結果だそうです。

「両校の一戦は前半から拮抗。伊藤のトライで先制した帝京大が一時は9点差までリードを広げたが、早大は32分に山下がトライを決め、飯田のPGで13-12と逆転に成功した。

 後半3分に早大は上田がトライ、ゴールも決まりリードを広げたが、帝京大は直後にツイがトライ(ゴールは失敗)。18分にもツイのトライからゴールを決め24-20と帝京大が再逆転。36分にも吉田のダメ押しとなるトライでリードを広げた帝京大が3年連続の準決勝進出を決めた。」(サンスポより)


ここからは早稲田よりの視点で書きます。


21世紀になって、初めて年内でラグビー観戦を終えることになりました。

アメフトと違い、私はラグビーは好きなチームしか見ませんので。

残念と言えば残念ですが、まあ、こう言うシーズンだってあるでしょう。

仕方がない。

昨日「タニムラベスト」が届いたのは、今シーズンは慶應を応援しなさい、と言うことなのかと曲解してもいいのですが。

そもそも大学に入るまでは、大学ラグビーでは慶應のファンでしたし。

早稲田はなんでも強すぎ。

むかつく、と思ってましたので。


気になるのは中竹監督の去就です。

昨日のtwitterには

中竹監督。俺が全部責任を取る。お前らもう泣くな。

と言うのがありました。

辞任なんか絶対にしないでほしいし、ましてややめさせられないことを願います。


去年の主将の豊田は、中竹監督のことを

あんな人になりたい

と言っていました。

私には、豊田は「暴れん坊」と言うイメージが強いのですが、彼にここまで言わせるのですから、よっぽど中竹と言う男はすごい人なんでしょう。


私の認識では、中竹監督のラグビーは、学生に答えを追及させるラグビーで、私が母校の高校でならったラグビーの理想と同じものです。

それで勝てるほど大学ラグビーは甘くはないのかもしれませんが、少なくとも、教育とはそういうもので、答えを与えうのではなく、答えを求めさせるのが理想だ、と私は思います。

この学生ラグビーの理想主義がどこまで通じるのか、私にはものすごく興味があることなので、中竹監督には、強く続行を求めます。

それが責任の取り方、で良いじゃないかと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー春日が話した「ビッグプレイ」など  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き (12/27)


(ビッグプレイ、そして歴史に残る有名なシーンのオンパレードです)

12/27のオードリーオールナイトニッポンの中の「アメフトの小部屋」で、春日が

「ビッグプレイで一気にロングゲインされるのと、小刻みにゲインされて何度も何度もファーストダウンを繰り返されるのと、どちらが嫌ですか?」

と言う質問に

「春日的には(後者の)小刻みにゲインされて何度も何度もファーストダウンをとられるほうが嫌だ」

と答えていました。

これについて説明します。


まず、ゲインと言う言葉ですが、ラグビーでも使われることがありますが、ボールを前進させることを指します。

オフェンス畑の若林にとっては、ゲインは「するもの」で、ゲインすればするほど良いわけです。

反対にディフェンス畑の春日にとっては、ゲインは「されるもの」で、ゲインされると嫌なものです。


で、質問に戻りますが、この質問は、野球で例えるとわかりやすいのですが、

守備についているとき、ホームランで一気に得点されるのと、シングルヒットを続けられてじわじわと攻撃されて得点を許すのと、どちらが嫌ですか?

と言う質問だと考えていただければ良いと思います。


そして春日は、じわじわとこられる方が嫌だ、と答えた訳です。


プレイ経験がない私でも、その気持ちはなんとなくわかります。

野球でも、投手にとってはホームランと言うものは、出会いがしらの事故みたいなもので、比較的あきらめがつけ易い、とよく解説の方は語られます。

しかし塁上に走者をためると、麻縄でじわじわとしめられるようで、嫌なものだ、と言われることが多いです。

だから、一発でタッチダウン、と言うのあきらめがつけ易いのでしょう。

それに守備の選手は、あまり長い間フィールドにたつと、攻撃側の選手以上に体感的には疲れるそうですから。


この質問の前に

「NFLって何ですか?」

と言う質問があり、若林が憤慨していました。

いや、アメフトに興味のない人は知らなくて当然ですよ。

NFLとは、「National Football League」の略で、大雑把に言えば、本場アメリカのプロのフットボールリーグのことです。

野球で言えば、メジャーリーグのようなものです。

ただ、細かいことを言うと、野球のメジャーリーグとアメフトのNFLは、考え方がかなり違うのですが、それはまた別の機会に。

いずれスーパーボウルについて書く機会があると思いますので、その時に細かく書きます。


また、春日への質問の後、細かい経験談があったのですが、ここは何を言っているのか、説明できるほどには理解できませんでした。

その経験談の中に

バッカーの先輩に、弱音を吐くな、と言われた」

と言うのがありました。

この「バッカー」と言う言葉ですが、おそらく「ラインバッカー(LB)」と言うポジションの人のことでしょう。

LBとはサッカーで言えばMFにあたります。


春日は、

「(私は)とられてるんで、先輩お願いします。」

とLBの先輩に言ったそうです。


LBとは、春日のポジションであるDL(DEなどの総称)の後ろで守っています。

春日は、相手の選手にブロックされて動きが取れないので、後方にいる先輩に、RBなどが走ってきたらタックルしてください、と言ったわけです。

それに対して、先輩は、甘えるな、みたいな意味で、弱音を吐くなと言ったんだと思います。


また若林の口から「パワー オフ タックル」と言う言葉が出ました。

これはプレイ(戦法)の一つです。

ただ私も説明できるほどには理解できていないので、説明は割愛します。


今回は以上で説明は終わりです。


ここからは動画の説明をしますので、元気が残っていれば読んでください。

この動画は「The 100 Greatest Touchdowns in NFL History」と言う企画ものの一部で、日本でも10年以上前に翻訳版が出ていて、私ももっています。

まあ、「名得点シーン ベスト100」 とでも言ったところでしょうか。

この動画ではその28位から位までを紹介しています。

ランによるビッグプレイで、ロングゲインしてタッチダウンと言うのは、

・0分52秒からの26位 
・1分36秒からの24位 
・2分9秒からの22位 

などがありますが、私が好きなのは、

・3分10秒からの19位とそれに続く3分23秒からのボーナス動画に出てくる

バリー・サンダース

と言うRBです。
(前も書いたような(^_^;))

特にボーナス動画のゲームは1991年度のデトロイト・ライオンズとダラス・カウボーイズのプレイオフ2回戦のものですが、このゲームは日テレで放送されたので、録画したものを私は持っています。


ちなみに、24位に出てくるのは、O・J・シンプソンと言うRBです。

この人はアメフト以外でのニュースの方が日本でも有名な人です。


ところで、オードリーオールナイトニッポンの放送は、年内は今日で終わりなんですが、次週の日曜日は特番でパスされるそうです。

おそらく次回は1/10でしょう。

それまで、書ききれなかったことをコツコツと書いていければいいなぁ、と思ってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリーをスーパーボウルに連れて行って ~オードリー on 「NFL倶楽部」


(「NFL倶楽部」ともオードリーとも関係ないですが、スーパーボウルの紹介と言うことで。
 0分30秒から2分あたりまでが、スーパーボウルについての紹介です
 でも英語なので、「なに言ってるか全然わかんない」(サンドウィッチマン富澤風)です。私には…)

地上波で言えば12/26未明、日本テレビのNFL倶楽部オードリーが出演しました。

日テレは毎年、スーパーボウルを録画中継していますが、毎回フットボールファンの有名人をゲストに招いています。

古くは長嶋茂雄氏、今年は誰だったか忘れましたが、元横綱若乃花(花田お兄ちゃん)とかの回もありました。

今回のオードリーの出演は、次回のスーパーボウル中継に、オードリーがゲストで出演させることを確信させるものでした。

これは去年から私が望んでいたことなので、超嬉しいです。


番組の設定自体は、オードリーから、レギュラー出演者の葉山エレーヌ アナ(元明治大アメフト部マネ)、後藤完夫氏(日本アメフト解説者の大御所)、安部奈知氏(元日本代表TE)の3人に、

スーパーボウルに連れて行って下さい」

とお願いし、どれだけ二人がアメリカンフットボールに対して情熱を持っているかをプレゼンする内容でした。


春日は

「私たちには今年しかないんですよ」

と訴え、


若林は

「もっと私たちを(アメフト普及に)利用しなさいよ」

と吠えていました。

前者はともかく、後者は前々から私が望んでいたことなので、嬉しかったです。


内容はオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」とかぶるところがあったりして、大体これまで二人から聞いていた武勇伝でした。

最も面白かったのは、これまでも何回かこのブログで紹介してきた、フィラデルフィアイーグルスのQBマイケル・ビックから、若林に宛てたビデオメッセージを見て、若林が大興奮したことでした。

私はオードリーのファンとは言え、トーク番組はそれほど見ていないのですが、これほど興奮した若林は見たことがないです。

若林は想像以上にビックのことが好きなようです。

だから、そこまで興奮することはなかろう、と思えるほどのはしゃぎょうでした。

見てて嬉しかったです。


まだまだ、オードリーのスーパーボウル行きは決定しませんでしたが、そう言う空気になっていましたので、まず間違いなく、ゲスト出演するでしょう。

はやく公表してしまえばいいのに。

そうしたら日テレにしてもアメフト界にしても美味しいことなのに、と思うのですが。

(もし違ったらごめんなさい)


他にも番組で語ったことで、書き留めておきたいことがあるのですが、それはまたの機会に。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリーのオールナイトニッポンで話された「ニーダウン」 動画付き (12/20) (12/20)


(「ニーダウン」とは4分45秒あたりで、白いほうの選手がひざをつきますが、そのプレイのことを指します)


12/20のオードリーオールナイトニッポンで、エンディングトークで、

「ブリーズやモンタナやロスリスバーガーを呼んで

 『ドリオーのニーダウンしない話し』

 とかやりたい」

と二人が語っていました。


このうち、ニーダウンについて説明します。


ニーダウン」とはプレイの一つです。

アメフトはクォーターバック(QB)がセンター(C)からスナップされた(手渡された)ボールを受け取ることからプレイが始まる訳ですが、ニーダウンの際は、QBはすぐにひざをついて、プレイを終えます。

前進を目指すのがアメフトの基本ですが、ニーダウンでは、1ヤードのロスとなることが多いです。


では何のためにこのプレイをやるかと言いますと、時間をつぶすためです。

サッカーでは前後半あわせて90分、ラグビーでは80分ですが、アメフトは60分が競技時間です。

しかしアメフトでは、プレイの終わり方によって、時計が進んだり止まったりします

その詳細は説明すると長くなるので避けますが、ニーダウンでは時間がどんどん進んでいきます。


ニーダウンが行われるのは、試合終了間際にリードしている(勝っている)チームが攻撃権を持っている場合です。

勝っている方は、そのまま時間をつぶして逃げ切りたいからです。

ヘタに攻撃をすると、守備側にボールを奪われるリスクがあります。

それを避けるために、わざとまともなプレイをしないのです。


以上がニーダウンの内容と目的の説明です。


この文章をお読みいただいただけで、そのシーンがおわかりいただけるかどうかは不安ですが、実際初めてこのプレイを見たとき、私はがっかりしました。

なんで最後の最後まで全力でプレイしないのだろう?

男らしくない、と。


しかし、アメフトとはそう言うスポーツなのです

勝つこと以外、目的ではないのです。

この辺は、ラグビーの対抗戦で、ここでキックを蹴れば逆転、と言う状況でも、自分らしさを表現するために、あえてスクラムトライを狙いに行くのとは違います。

どちらが良い、悪いの問題ではないのです。

去年(だったかな)史上初めてロンドンで公式戦が行われた時、最後はニーダウンで終わりました。

客席から大ブーイングだったそうです。

しかし、長くアメフトを見ていると、アメフトとはそういうものなので、ブーイングしているほうがどうかしている、と思うようになります。

それに、ニーダウンだってテクニックも必要ですし、ディフェンスも黙って見ているだけではなく、なんとかボールを奪いに行くようです。


ですから私は、今ではひいきチームが勝っていようが負けていようが、ニーダウンにブーイングする気にはなりません。


以上、「ニーダウン」について大雑把に説明しました。

では「すべらない話し」ではなく「ニーダウンしない話し」ってどういう意味?

と言いますと、想像ですが、全力で最後まで話し続けると言う意味かなぁ、と考えます。


また、ニーダウンの際、攻撃の選手だった若林は、ニーダウンをする側で、QBを守る役目をします。

一方、守備の春日は、ニーダウンをされる側になります。

不愉快なことこの上ないシチュエーションだと思うのですが、この時の気持ちをアメフトの小部屋で話してくれると嬉しいなぁ、と思います。


ここからは、まだ元気があれば読んでいただけると嬉しいです。


1.ニーダウンは基本的に勝っている方が行いますが、負けている方がやる場合も、ごくまれにあります

それは、ここでフィールドゴール(FG)を蹴れば確実に3点が入る、と言うほど相手ゴールに接近していて、かつそれで逆転できる。

しかし得点を焦って時間を残してしまうと、再逆転を食らう恐れもある。

そう言う場合、負けている側はニーダウンでギリギリまで時間をつぶして、FGを蹴ってそのまま逃げ切り、を狙います。


2.「男らしくない」なんて、たいそうなことを書きましたが、今でこそアメフトをする際はヘルメットの着用が義務化されていますが、それ以前は、ヘルメットをかぶってプレイをするなんて情けない、と言う風潮があったそうです。

私が生まれる前の話しです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

博多弁クリアファイル、とは

「とっとーと」クリアファイル

12/19から12/22まで、福岡の実家に帰省していました。

こちらに来る際に、福岡空港でお土産を買ったのですが、自分用に

「とっとーと」

博多弁で書いてあるクリアファイルを買いました。


「とっとーと」とは、東京弁で言えば、次のような意味になります。

1.「確保しているの?」(疑問文)

2.「確保しているぞ!」(断定文)


けっこう関東でも有名な博多弁のひとつのようで、よく話題にあげられます。


他にもこんなものもありました。

・「すいとー」(「好きです」)

・「よかろうもん」(「いいだろう」と言う断定より、「何が悪い?」と言う反語の方がしっくりきます)

・「なんしよーと」(「なにやってんの?」。ただし「なにやってんだよ」みたいな反語ではなく、純粋に質問で使うことが多いと思います)


他にポストカードもありました。

たくさんありますので、気になるものだけあげます。

・「あのくさ」(「あのさぁ」。博多弁と周辺の地域の方言は似ていますが、「くさ」は博多独特の言い回しです)

・「こーた」(「買った」ケチな私としては、最も嫌いな言葉の一つです)


詳細は、下記サイトを見て下さい。

http://www.apollo-keikaku.com/apollo-department/shop_floor.html#souvenier

通販ではクリアファイルは完売、となっていましたが、空港にはたくさんおいてありました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリーのオールナイトニッポン「電話で全国行脚」で話された「罰退」(ばったい) 動画付き (12/20)


(赤いほうの92番が、白いほうの顔面をヘルメットの上から殴ったことに対し、反則が課せられました)

12/20のオードリーのオールナイトニッポンの中の「電話で全国行脚」(または「ソフトテレクラ」)のコーナーで、電話を受けた女性に、春日が

15ヤード罰退、って言ってくれる?」

と頼んでました。

この「罰退」と言う言葉について説明します。


アメリカン・フットボールは、相手ゴールに向かって進めば進むほど、いいことがある、つまり高得点が狙えます。

どんどん前に進んで、相手ゴールにボールを持ち込めば、タッチダウンで6点。

相手ゴール前、25ヤードまでもちこんだところで4thダウンとなれば、ほぼフィールドゴールで3点がもらえます。

とにかく、オフェンス側としては前進すればするほど嬉しいし、ディフェンス側は前進されると悲しいのです。


で、「罰退」ですが、これはオフェンス、ディフェンスをとわず、反則をおかしたときに課せられるペナルティです。

反則の種類によって、距離はそれぞれですが、オフェンスが反則を犯すと、せっかく進んだのに、後退させられてしまいます。

ディフェンスにとっては、せっかく前進を阻止、または押し戻したりしたのが、またはちょっとの前進で済ませたのが、「罰退」によって前進を許してしまう結果になるわけです。

だから、「罰退」は痛いのです。


反則の種類、と書きましたが、アメフトがなじみにくいと感じられる理由の一つが、反則の種類と、発生数の多さだと思います。

野球も反則の種類は少なくないと思うのですが、せいぜい見掛けるのはボークぐらいです。

サッカーやラグビーは反則の発生数は多いですが、種類はそれほど多くはないと思います。


でも、反則なんていくつか覚えておけば、十分にアメフトは楽しめます。

正確に覚えてなくても大丈夫です。

私は、野球のボークの規定をほとんどしりませんが、それでも十分に野球は楽しんでいます。


ところで動画の解説ですが、パーソナルファウルのうちの、アンネセサリィ・ラフネスと呼ばれるものです。

白いほうのオフェンスで、赤いほうがディフェンスです。

44秒辺りから、レフリー(縦じまの人)がゼスチャーで反則の種類を表しながら説明します。

「personal foul

 unnecessary roughness

 Number 92 on a Defense

 15yard penalty

 1st Down」

スペルミスがあったらすみませんが、訳すとこんな感じです。

「パーソナルファウル

 不必要な暴力行為(日本では訳せずに「unnecessary roughness」と言う時もあります)

 ディフェンスの92番。

 15ヤードの罰退。

 1st ダウン獲得」

何が起きたかと言いますと、赤いほう、つまりディフェンスの92番(春日のポジション)が、クォーターバックに突進するさい、白いほうのラインの選手を殴ってしまったことが、「不必要な暴力行為」と言う反則をとられてしまったのです。

その反則に対するペナルティとして、ディフェンス側は15ヤード後退、オフェンス側から見れば、15ヤードの前進となったわけです。

アメフトでは、4回の攻撃で10ヤードを進まないと、攻守交代となります。

しかしこの反則では、一気に15ヤード進んだので、おのずと新しく4回攻撃できる権利を獲得(1st ダウン獲得)したことになるのです。


以上が「罰退」に対する説明です。

ここからは「罰退」に関して、もう少し詳しく書きますが、元気が残っていれば、読んでいただけると嬉しいです。

15ヤードの罰退と言うのは、距離であらわされる罰退としては、最も重いものです。

大体パーソナルファウルがそれに該当します。

パーソナルファウルには、この他

「Unsportsman-like conduct」(スポーツマンにあるまじき振る舞い)

と言うのもあります。


私は長いことアメリカンフットボールを見ていますが、いまだに、初めて知る反則を見掛けます。

最近知ったのは、ハドルに12人いてはいけない、と言うものでした。

反則は、日本と米プロのNFLでは違ったりします。

また、反則は年々追加、改廃されたりします。

驚くべき反則もあります。

今もまだ残っているか定かではありませんが、

ホームの観客の騒ぎすぎ

と言うものです。

うるさくてプレイできない、と言う訳です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「アメフトの大部屋」と「M-1グランプリ」があった日のつぶやき

土曜から今日まで、福岡の実家に戻っていました。

その間、「アメフトの大部屋」や「M-1グランプリ」など、いろいろと書きたいことがあったのですが、いかんせんPCがなかったので、十分に書くことができませんでした。

とりあえず、この日のつぶやきLOGを書き留めておきます。

超手抜き記事です。

オードリーオールナイトニッポンの開始前】
おはようございます。仮眠からおきました。福岡はめちゃめちゃ寒いです めちゃイケに春日は出てないですが、1/9に歌が下手な人選手権があり、若林が出ます #annkw
posted at 00:48:52

いつもはパソコンで色々とやりながら聴いているので、眠気など感じないが、今日は聴くしかないので、最後まで起きていることができるか。とりあえずブラックコーヒーを飲みちう #annkw
posted at 01:05:20

河口さんもオードリーも、マイペースで話している。しかし面白い #annkw
posted at 01:48:08

河口さんのヘルニアの武勇伝、興味深すぎ。ある意味美談? #annkw
posted at 01:58:48

@sihonsyugi どの辺がわかりにくいか教えていただけたら、解説記事が書きやすいです。急ぎませんので #annkw
posted at 02:02:56

【ソフトテレクラのコーナーを聴きながら】
アメフトネタでいじめすぎ。おもしろすぎる #annkw
posted at 02:08:27

たくさんアメフト用語が出てきて大満足。ごちそうさまでした。また関係者を呼んでほしい。 #annkw
posted at 02:25:42

【「ばったい」と言う言葉の意味について、twitterで飛びかわされているのを見て】
正解です RT @sihonsyugi: 罰退だと思いますー罰走的なことでしょうね。アメフトは少しずつ敵側に進むゲームなので、罰として進んだの白紙化とかそういう意味ですね多分
posted at 02:27:33

ホント、面白かったので、激しく同意です RT @diremorons: あまりにも反映されないから本家アカウントに戻るw河口選手、面白かったわあ。また来てテレクラの話をしてくださいww #annkw
posted at 02:29:32

@ita3k2 ありがとぅーっす。時間はかかりますがなんとかしたいと思います。でてきた用語は全部メモしたのですが、すごい量になりました #annkw
posted at 02:33:56

昔、ゲテモノ料理の番組で、豚(だったけな)のキンタマを食べる、と言うのがあった。気持ちが悪くなった。考えただけで、今でも涙目。お食事中の人、すみませんでした #annkw
posted at 02:37:44

.@diremorons 私は元気ですよ~ #annkw
posted at 02:42:29

B賞が激しく欲しい。当たったらブレット・ファーブのジャージを着て行く。ただし、グリーンベイパッカーズ時代のものだけど #annkw
posted at 02:55:18

@emdhja6 かみんは~ だいじ~ 坂東は えいじ~ #annkw
posted at 02:59:02

「ドリオーのニーダウンしない話し」激しく希望 #annkw
posted at 02:59:57

.@sadabows おはようございます。この時間に帰ってくるって・・・。河口正史を迎えてのオードリーオールナイトニッポン、面白かったですよ。河口氏のスーパーボウル予想、というか希望は、イーグルス対レイブンズ。コルツとペイトリオッツは、もう見たくないとのことでした
posted at 03:06:49

オードリーのオールナイトをおきき終えたみなさん、お疲れ様でした。私も寝ます。夢でお会いしたらごめんなさい #annkw
posted at 03:09:03


【朝、まともに起きて】
おはようごさいます。とっても寒い朝です
posted at 08:24:33

@diremorons おはようございます。難しいことはいってなかった、と言う春日の春日の言葉、私も同意ですが、ソフトテレクラでは固有名詞がガンガン出ていたので、そこらへんが解説記事の書きどころかとかんじました。PCが使えないので、簡単なことしか書けませんが
posted at 08:37:02

サンデーモーニングで甲子園ボウルのあとに、なぎなたをやっていた。初めてまともに見た。私は対戦したことはないが、剣道部の後輩が、中学時代にやった、と言っていた。色々と調べて、いずれブログに書きたいと思った
posted at 09:22:07

そう言う気持ちを萎えさせるような、おまえら何にもわかってない、みたいな書き方ではなく、よろしければこれを読むと、もうちょっと興味がわくかも、と言う観点で書きたいと思います。 RT @diremorons: @pa9mania チーム名とか選手名なんかは雰囲気で感じてた
posted at 09:51:50

@diremorons いや、失礼なんてとんでもない。むしろ、オードリー人気とアメフトにのっかってブログを書いている私のほうがふじゅんですから。これからもよろしくお願いします
posted at 10:12:56

オードリーオールナイトニッポン「アメフトの小部屋」で話された「スーパーボウル予想」 についてブログに書きました。読んでくれると嬉しいです http://packmania.blog61.fc2.com/ #annkw #blog
posted at 14:29:10

@ChanMANO ありがとうございます。GBは可能性は充分にあると思うんですが。DALに勝ってから勢いがありますし。最近のNFCって、それほどいい成績でないチームが出てきていますから。決勝でMINに勝つ、ってのが最高でしょうかね
posted at 17:13:08

M-1の敗者復活スペシャルをみながら】
M-1敗者復活見るちう。磁石、流れ星、三拍子、ポイガ、我が家あたりを激しく希望
posted at 17:16:14

私にとって、M-1はスポーツ観戦。笑うよりも緊張する。だからさっきYOUが敗者復活を見ていて「気持ちが悪くなった」と言う気持ちには、激しく同意する。
posted at 17:29:01

M-1のハッシュタグって、#M1GPでいいんでしょうか
posted at 17:49:21

M-1は携帯のワンセグで録画します。生でも見ます。PCがないのでつぶやけない件。
posted at 17:53:32

@sihonsyugi 頑張ってください。代わりに笑っときます。
posted at 17:54:31


【M-1終了後】
3組の、と言うか9組の中ではナイツの次にかってほしいと思っていたパンクブーブー。一本目は素晴らしかったけど、二本目のばどうかな、と思った。オンバトとレッドカーペットでは面白くなかった思い出がないので、報われてよかったね、と思う。今頃ないてるのかな
posted at 21:05:01

@evergreensmile そうですね。しんすけは楽な審査だと言っていましたが、圧勝ではなかった気がします
posted at 21:09:25


さあ、明日から書きたいと思ってためていたことを書きます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

経験者に支えられている、「アメフトの小部屋」の解説


(一昨年のワールドカップの決勝戦の最後。ものすごい激戦でした)

最近思い知らされるのは、「アメフトの小部屋」について解説を書くことって、えらい大胆なことをしているんだなぁ、と言うことです。

私は観戦歴は長いです。

だから、観戦するための用語やルール、そして主にNFL(アメリカのプロリーグ)についてですが、クラブと選手については、詳しい方だと思います。

特に、歴史好きなせいか、観戦を始める前のフットボールの歴史についても詳しい方だと思います。

しかし、プレイ経験がない。


オードリーの二人がしゃべっていることは、プレイする側からの話しが多いんですね。

で、アメフトって、野球やラグビーに比べると、プレイする側の用語が多いように感じるんです。

ですので、聴いていて、ときどき知らない言葉や表現が出てきます。

「ネルブロ」

なんかが典型的な例です。

観戦する側からすれば、あれは捨て身のブロック、とでも言えば詳細な方で、多分ブロックで片づけてしまいます。


でもそれを、話しの前後関係から想像して書いています。


これってけっこう勇気のあることをしているんだな、と思います。

twitterをやっていて知ったのですが、私の記事はプレイ経験者にも読まれているようです。

その方々が読んだら、わかってないなぁ、みたいなことを書いているような気もします。

それから、もっと表現を豊かにしてくれよ。

すごいことなんだから、簡単にすますなよ、と言う気持ちを持たれている方もいると思います。

そう言う気持ちに気付かずに書いてきましたから。


でも経験者の方々は、批判するどころか、丁寧に解説してくれます。

本当にありがたいことです。

間違いを指摘する形ではなく、これは知らなくてもしょうがない、みたいな形で。


私が、わざわざ日本が敗戦して、3度のワールドカップで初めて優勝を逃した瞬間の動画を掲載したのは、この試合後の日本選手のファンへの対応に、本当に素晴らしいものを感じたからです。

私はこの試合の後、客席からと、出口とで、何人かの選手と話す機会を得ました。

本当にみんな腰が低いし、対応が丁寧なのです。

この試合は2度の延長で決着がつくほどの激戦だったのですが、そんな疲れを感じさせない、丁寧な対応ぶりでした。


この試合だけでではなく、スウェーデン戦でも、対応が丁寧でした。

本当に、

「見に来てくれてありがとう」

と言う気持ちを感じました。


そう言う気持ちは、おそらく多くのプのレイ経験者の方々が持たれているのでしょう。

だから私は、こう言う方々に守られて、これからも自分のつたない視点から書いていくことができます。

本当に感謝です。

私もアメフトの普及のため、頑張りたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリーのオールナイトニッポン「アメフトの小部屋」で話された「スーパーボウル予想」 動画付き (12/20)


(現代を代表するクオーターバック、ペイトン・マニング)

PCが使えないので、あらかじめ仕込んでおいた動画で、強引に話しを進めます。


「アメフトの小部屋」で語られたスーパーボウル予想の内容は、以下の通りです。

「コルツ対セインツと言う予想ではつまらない。
コルツなんて特に。
コルツとペイトリオッツは、もう見たくない。
セインツならまだいいが。
できればイーグルス対レイブンズあたりが面白そうだ。
イーグルスはビックが活躍し始めて期待できる。
セインツ対イーグルスは有り得ない。」
(河口正史氏とオードリーの二人の話しををごちゃまぜに書きました)

この会話にでてきたチームをまとめると、次の通りです。

・(インディアナポリス)コルツ
・(ニューオリンズ)セインツ
・(ニューイングランド)ペイトリオッツ
・(フィラデルフィア)イーグルス
・(ボルチモア)レイブンズ

カッコ内は地名で、野球に例えれば
(シアトル)マリナーズ
となります。

さて解説です。


コルツはここ11年間常勝チームです。

動画のペイトン・マニングが率いるチームで、彼がルーキーとして入団したシーズンは弱かったですが、彼が力をつけた翌年から常勝チームとなりました。

2006年シーズンはスーパーボウルも制して、頂点を極めました。

今シーズンも14試合を消化して無敗。

残り2試合を残して、すでにプレイオフでのシードを決めています。

それだけに日本でもテレビで放送されるゲーム数が多いチームで、河口氏も何度も解説者として出ているはずです。


セインツは80年代終わりから90年代初頭に、強力なディフェンスをバックに強豪だった時代もありますが、創立から40数年、ほとんどは並みの成績のチームです。

スーパーボウルに勝ったことはおろか、出たこともないチームです。

ここ2~3年、クォーターバックにドリュー・ブリーズを獲得してから、オフェンスが強力になり、強くなりました。

こちらも13試合を消化して無敗です。


現在この2チームが抜け出した存在であるため、両チームがスーパーボウルで対戦と言うのは、予想として面白くない、と言うわけです。


ペイトリオッツは今世紀に入って、常勝チームになりました。

90年代初頭に
「米プロスポーツで最も情けないチーム」
とまで言われたチームでしたが。

コルツはスーパーボウルに今世紀に一度しか出ていませんが、ペイトリオッツは4度出て、3度勝った、現代フットボールでも最強チームです。

今シーズンは「らしくない」敗戦も目立ちますが、おそらくプレイオフには出て来るでしょう。

それだけにコルツと同じく、日本でよく放送されているチームなのです。


だから、もうコルツとペイトリオッツは見飽きた、と言う訳で、もう両チームには出てきてほしくない、と言うことになったのでしょう。


セインツはまだいい、と言うのは、まだ一度も優勝したことがないから、という判官びいきからでしょう。

ではなぜイーグルスとレイブンズになってほしいのか?

これはもう私にはよくわかりません。

おそらく、で話しますと、イーグルスにはワイルドキャットを期待しているのではないでしょうか?

イーグルスにはマイケル・ビックと言う、ワイルドキャットには最適なクォーターバックがいますから。
(「マイケル・ビック」と「ワイルドキャット」については以前書きましたので、そちらを見ていただけると嬉しいです)

しかし、シーズン前に想像したほど機能していない、と言うのが私の見方です。

ようやく最近、ワイルドキャットからランでタッチダウンが取れるようになりましたが、パスがうまくいっていないようです。

でも、これからうまくいくかもしれない、と言う期待を込めて、イーグルスを推したのでしょう。


レイブンズに関してですが、このチームはディフェンスが強い、と言うイメージがありますので、ディフェンス出身の河口氏と春日が推したのでしょう。

ただ今シーズンはそれほどディフェンスが機能しているとは感じないのですが。


なお、イーグルスとセインツの対戦は有り得ない、との発言は、両チームとも同じカンファレンス(プロ野球で言えば「リーグ」)に所属しているので、日本シリーズで巨人対阪神と言う対戦が有り得ないのと一緒です。


ここまでが、スーパーボウル予想に出てきたチームの解説です。

ここからは私の戯言ですから、気が向いたら読んで下さい。


私はセインツの所属するカンファレンスからは(グリーンベイ)パッカーズが来て欲しいです。

ファンですから。

それに、もはやブレット・ファーブのチームではないことを証明するために。

可能性は十分にあると思います。

でなければ、判官びいきでセインツ。

またはそのファーブのいる(ミネソタ)バイキングスに行って欲しいです。


コルツのいるカンファレンスからは、パッカーズの次に好きな(ピッツバーグ)スティーラーズに、と言いたいところですが、去年スーパーボウルに勝ってますし、今年は「らしくない」弱さなので、結構です。

今シーズンのシンデレラチーム、(シンシナティ)ベンガルズか、勝ち運がないと言われている(サンディエゴ)チャージャーズかな~。

でもコルツも嫌いじゃないし。



なお、たった今、セインツが今シーズン初の負けをきっしたとのニュースが入りました。

しかし、今だスーパーボウル出場の有力候補です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「あの人は受験生」 ~「新受験生ブルースをつくろう」で思い出しました~



オードリーオールナイトニッポンには、「新 受験生ブルース を作ろう」と言うコーナーがあります。

それで思い出したのがこの歌です

あの人は受験生」 

と言う歌で、HATO POP PO(はとぽっぽ)と言う二人組の女性が歌っていました。


ポプコンでかなりいいところまで行ったのですが、グランプリまでは行きませんでした。

私が高校3年生の時の歌です。


なお、この翌年か、翌々年のグランプリには、高3の時の担任の息子さんでコモリタミノルさんが(当時は小森田実)輝きました。

実家にサインがあります。

谷村有美さんのデビューアルバムにも絡まれている人です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

Twitter 忘年会 ?

昨日twitterのタイムラインで

「ついったー忘年会 in 関西」

と言う言葉を見つけました。


PCや携帯相手にtwitterをやりながら、酒を飲むイベントか?

と思ったら、どうもオフ会のように、リアルに集まってやるもののようです。

詳細はこちら。

http://tweetvite.com/event/kb-off09


じゃあ、私の住む関東にもないのかな、と思って探したら、あっさりとみつかりました。

http://twitter.g.hatena.ne.jp/shunirr/20090928/twitter_year_end_party_2009

12/19に渋谷でやるそうです。


私はこの前の甲子園ボウルの盛り上がりが忘れられないので、別にリアルに集まらなくても、酒飲みながらtwitterで盛り上がればいいじゃん、と考えるのですが。

暗いですか?

でも、酔っ払って眠くなれば、そこは家だから、そのまま寝れますよ。

それに、酔っ払いの被害にあうこともなく、迷惑をかけて、翌朝頭を抱えることもないですよ。

言葉の暴力はありえますが。


ちなみに私は今年、一件も忘年会の予定が入っていません。

いくつか打診があったのですが、ちょっと都合が合わないものだらけだったのです。

まあ、仕事納めの日には飲みますけど。

記憶をなくして、俺、なんかまずいことやんなかったっけ、と言う思いで休みを潰さないよう、気をつけて飲みたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

女性プロフットボーラー 鈴木弘子さん @アメリカ


(1分10秒辺りに中央に出てくる#79が鈴木さんかと思われます)

昨日の朝日新聞のスポーツ欄で読んだのですが。

鈴木弘子さんと言う女性の方が、アメリカでもう10年もプロフットボーラーとして活躍されているそうです。

なんとなく、渡米した女性がフットボールをやっている、と言う話しは聞いたことがありましたが、こんなに長くされている方がいるとは知りませんでした。

オフェンスライン(OL)とディフェンスライン(DL:春日のポジション)をプレイされているそうです。

私見ですが、比較的体格が重視されるラインは、日本人にとってもっとも参入が難しいポジションだと考えていましたので、驚きました。


興味のある方は、鈴木さんのサイトをご覧ください。

http://www.suzukihiroko.com/


また、ロサンゼルスの新聞?のサイトにも記事がありました。

かなり昔のものですが。

http://www.rafu.com/j_football.html


プロフィールを見ると、生年月日が私と4日違い。

それでも現役。

すごいなぁ、と思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー若林が話した「リターナー」など  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き (12/13)



この映像、オードリーが「アメフトの小部屋」で話したことのほとんどが入っています。

他のも見たのですが、やっぱこれが一番かと。

おそらく何度も繰り返して見ていただくことになると思いますが。

まず、時計が0:06の辺りで、画面右端の選手が、ボールを蹴ります。

見にくいのですが、ボールを手にとってそれを敵陣奥深くに、蹴り込みます。


そして0:13の辺りで、そのボールを捕ろうとした選手が、捕った瞬間にタックルをうけます。


蹴ったのがパンター(パントを蹴る人:P)で、捕ったのがリターナー(リターンする人:PR)です。

若林は、この両方をやっていたのです。

もちろん同時にはできませんが。


ここから先は大雑把な説明ですので、正確さには欠けます。

わかりやすさを優先させます。


アメリカンフットボールでは、ボールをける場面が3種類あります。

1.キックオフ

2.パント

3.フィールドゴール

このうち、今回は2.のパントについて話します。


アメリカンフットボールでは、攻撃チームは4回の攻撃で10ヤードを前進しないと、攻守交代となります。

ところが、大体において、3回の攻撃で10ヤードを前進しないと、4回目は2.のパントを蹴ります。

それは、3回の攻撃でクリアできないと、今回は4回目でもクリアするのは難しい、と言う堅実な考えがあるからです。

ただ、蹴ったボールが相手ゴールまで届きそうだったら、3.のフィールドゴールを狙います。

入れば3点です。

それが届きそうもなかったら、2.のパントです。

パントを蹴ると、自動的に攻撃権を相手に渡すことになります。

相手のリターナーはそのボールをキャッチして、出来るだけ蹴った方向と逆へ進み、次の攻撃が少しでも有利な場所から、蹴った方のゴールに近いところから始められるようにします。

この行為がパントリターンです。

逆にパントを蹴るパンターは、遠くへ飛ばすことで、相手の攻撃を自分のゴールから遠ざけるようにして始めさせようとにします。


ボールを蹴るパンターは、より遠くへボールを蹴る力が必要です。

ボールをとって、リターンするリターナーには、ボールを捕る上手さとスピードが必要となります。

若林は状況によって、この2つの仕事もしていたのです。


ところで、このプレイの間、他の選手は何をしているかと言いますと。

蹴った方の選手は、蹴られた方のリターナーを、より遠い位置で潰そうと、全速力で走ってタックルへ向かいます。

一方蹴られた方のリターナーの選手は、タックルに来る選手からリターナーを守るため、あるいは走路をあけるため、相手を押し返します。


アメフトの小部屋」で、「もらす」とか「こぼす」とか言っていましたが、それは、リターナーの方のチームの選手が、タックルに来る選手を止め切れずに(ブロックできずに)、リターナーの元へ行かせてしまうことをさします。

これは若林が語った通り、怖いことです。

トップスピードに乗った選手には破壊力がありますから、上の動画のようにまともに来られたら、リターナーはたまりませんわ。

だからリターナーをやっていた時の若林は、止め切れなくても、せめてワンタッチでもしてスピードを殺してくれ、と言っていたのです。

で、春日はおそらく若林を守る、「他の選手」だったと思われますので、
「そんなこと言われても難しい」
と言って、いたのです。

だから最後は言い合いになったのです。


ここまで読んできて、よくわからない、と言う気持ちは残るかもしれません。

とりあえず、なぜパントを蹴るか、と言うルールから見た理屈はわからなくてもいいと思います。

とりあえず、アメフトには、なんだかわからないけどボールをける時があるんだな。

そしてそれを戻すのって、けっこう怖いんだな、と思っていただければけっこうです。


では、理想のパントリターンとは何か、と言いますと、それは捕ったボールをそのまま相手ゴールまで、長躯走ることです。

これがパントリターン・タッチダウンです。

下の動画にはそれが2つ入ってます。

白い25番(レジー・ブッシュ)が駆け回ります。



3回のリターンのうち、2回目は途中でこけてしまいましたね。

ちなみに、NFL王者を決めるスーパーボウルでは、たしか、今まで一度もパントリターン・タッチダウンは出ていなかったと記憶します。

ですから来年2月のスーパーボウルを見て、パントリターン・タッチダウンを見たら、それは歴史的に喜んでい事だと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

宝島社の「シャーロック・ホームズの」冒険 DVDボックス プレゼントの件

200912月発売のシャーロックホームズ
(朝日新聞の夕刊一面の広告から)

昨日「Amebaなう」で、シャーロック・ホームズ好きの方と知り合いましたので、久々にホームズのことを書きます。

以前も書いた記憶がありますが、宝島社から、毎月2冊、グラナダテレビ作成の

「シャーロック・ホームズの冒険」

をDVDにしたものが発売されています。


先週木曜日に発売されたのは、

vol.14の「バスカビル家の犬」

vol.15の「レディ・フランシスの失踪/ソア橋のなぞ」
 
です。


「バスカビル家の犬」は、正典の中でも最高傑作の一つだと思います。

今まで映像化されたのを、これを含め4回見ました。

マンガ化されたのを2回読みました。

グラナダテレビのは、私の中ではナンバー2です。


「レディ・フランシスの失踪」は、「フランシス・カーファックス姫の失踪」の方が私にはしっくりするのですが、それほど面白かった印象はないです。

「ソア橋」も、そんなに面白くはなかったような。

でも、この話しの冒頭には、いわゆる

「書かれざる事件」

がいくつもあげられているのが面白いです。

その事件について、愛好家の人が自分なりに小説(パステシュ)にしたりして、それを読むのが面白くて面白くて…


なお、現在宝島社ではこのDVDのキャンペーンをやっていて、

「シリーズ全23巻のDVDが収納できる「DVDコレクションホルダー(非売品)」をクイズに正解した方の中から抽選で300名様にプレゼントいたします!」

とのことです。

興味のあるかたは、下記URLのサイトをご覧ください。

https://ssl.tkj.jp/form/holmes/

DVDを買わなければ応募できないのかどうか?

多分買わなくてもできると思います。

興味のあるかたは、ふるってどうぞ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2009年甲子園ボウル 観戦中の私のtwitter タイムライン



昨日の甲子園ボウルは、多分史上初めてリアルタイムで全国に生中継されたゲームだったと思います。

その、テレビ局の期待を裏切らない、ナイスゲームになったと思います。


私はtwitterをしながら観戦しました。

途中から、ハッシュタグ「#amefootJP」に乗っかって、つぶやきを続けました。

面白さ倍増でした。

みんなでワイワイ、と言うのに近い雰囲気で観戦が楽しめました。

またやりたいなぁ。

以下は試合中の私のつぶやきです。

本当は、私以外の人のも載せたら面白かったのですが、膨大な量になりますので。

なお「○○」は、他の方のアカウントです。

(はっきり言って、この記事は手抜きです)


(試合開始前)
・これからアメリカンフットボールの大学選手権、甲子園ボウルの生中継をテレビで見ます。全国ネットで甲子園ボウルが生中継されるのって、初めてじゃないかと思います。アメフト普及に追い風なう

・アナウンサー黒氏氏、解説有馬隼人氏。2アナウンサーのフォーメンショーで、ある意味アメフト放送のワイルドキャット?

・君が代にしろ、米国国歌にしろ、歌う前にあいさつをするのを見るのは、初めてかもしれない


(前半)
・○○ 昔の日テレは増田アナがやたら詳しかったので、ダブル解説者みたいな感じでした

・有馬隼人氏は、関大#30小原選手(DB/k)に注目しているとのこと #amefootJP

・法政FGで先制。8分ぐらい使用した模様。これが去年タッチダウンで読んだ、ボールコントロール「ディフェンス」なんだろうか #amefootJP

・今日はけっこうカメラマンが大変だと思う。フェイクプレイが多いような気がする。けっこうがんばっているが #amefootJP

・関大1Q13分辺りで逆転のTDラン。PATも決まり7-3で逆転。関大はランだけだったような気がする。しかし、1Qおわりそうなのに、まだ2シリーズしか消化していないとは… #amefootJP

・法政としては、今のインターセプトはパントを蹴ったと思えばいいと思う #amefootJP

・今のパントの動画があれば、今朝の「アメフトの小部屋」の解説に使える #amefootJP

・これがこの試合初めての反則とは… それに今のは反則しなければやばかったろう #amefootJP

・法政RB原の逆転TDラン。PATのキックはブロックされ、9-7。モメンタムがどちらにあるのか、まだわからない #amefootJP

・有馬隼人もため息。カットの幅が広くて、スピードが落ちていないRT ○○: カットうめぇ#1 #amefootJP

・関西大学FGで逆転。10-9。今日のゲームは先が読めなくて面白い

・関大#1藤森がナイスリターン。ゴール前3ヤードあたり。なんだ今日のゲームは? #amefootJP

・関学TE青木へのTDパスとPAT決まり17-10と逆転。面白すぎる。反則がないので、テンポがいい #amefootJP

・17-16と関大リードで前半終わり。面白すぎるゲーム。なお、朝日新聞の予想では法政が有利とのこと。私はゲームが面白ければ、どっちでもいい #amefootJP


(ハーフタイム)
・ええっ?RT ○○: 原負傷ですか。後半 法政はショート・ミドルパス中心に切り替えて、あとはドローのランを織り交ぜる作戦かな。関大はディフェンスの疲れ具合が心配 #amefootJP

・放送ブース。黒氏氏と有馬氏の、華のあり具合に大差。有馬隼人のしゃべりは、解説者とアナウンサーのいい面が出
ていて面白いと思う #amefootJP

・ていうか、SF意識してますよね。#amefootJP○○: 名城大って昔の日体のようなユニフォームだ

・うん、これは地方リーグのリクルーティングにもつながりますわな。それにしても早稲田はディフェンスしか映らず、主将のインタビューもなしとは RT ○○: おおっこの放映は励みになるなぁ愛媛大vs名城大 #amefootJP


(後半)
・○○ なんかもう、NFLのワイルドキャットとは別物のように見えますね #amefootJP

・うける…RT ○○: @pa9mania 化け猫でしょう。#amefootJP

・関大QB原口のTDとPATでリード広げる。27-16。一方的になるのは勘弁してくれ #amefootJP

・法政栗原のTDレシーブで27-22.しかしこのプレイで栗原負傷か? #amefootJP

・2ポイント成功で、27-24と法政が追い上げる #amefootJP

・関西大学KR藤森、キックオフリターンTD。85ヤードリターン。 #amefootJP

・法政は栗原に続き、WR宮本も負傷とのこと。原も万全でないので、キャッチアップはきつそう #amefootJP

・法政原TDパスキャッチで33-31と追い上げ。関大はインターセプトを狙いに行ったアグレッシブさが裏目か? #amefootJP

・法政 原が、アイシールド21の阿含に見える件 #amefootJP

・じゃあ、ワイルドキャットもできますね RT ○○: ちなみに原はハンドボール出身で投げることもできたりします(^^;

・関西大QB原口、ギャンブルからTDラン。PATも決まり、40-31。ここから関大がプリベントになると、接戦になるような気がする #amefootJP

・法政QB山口がタッチダウンラン。PATも決まり40-38と接近。次のシリーズで、関大がどうなるかが見もの #amefootJP

・関大RB藤森、タンカで退場。消耗戦… #amefootJP

・関西大FGで追加点。43-38とリード広げる。残り時間3分弱。おもしろくなった #amefootJP

・法政のパスがインターセプトされる。イエローフラッグが出るが、リターン中なので攻守交代。法政危うし #amefootJP

・関大QB原口、ロングゲインのTDランで追加点。PATも決まり50-38。原口は231ヤードを今日走ったとのこと #amefootJP

・法政残り45秒でギャンブル失敗。あとはニーダウン #amefootJP

甲子園ボウル、タイムアップ。関西大が法政大学をやぶり大学王者に 後半ちょっと荒れたが、全体的にいいゲームだったと思う。しかし「アメフトの小部屋」で、ニーダウンのことを話されると、説明に困るだろう。 ナイスゲーム #amefootJP

・関大主将のインタビューでの暴走は、魂がしゃべっているようで気持ちがいい おめでとう #amefootJP

以上


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリーのオールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 に出演予定の河口正史氏について


(昨シーズンの選手からのメッセージビデオと思われます)

来週12/20未明のオードリーオールナイトニッポンに出演予定の

河口正史氏

について書きます。


河口氏は1973年2月の生まれの36歳。

去年までアメリカンフットボールをプレイされており、今年の5月に引退セレモニーが行われました。

ディフェンスの選手でラインバッカー(LB)と言うポジションを主に務めた。

アイシールド21で言えば、王城ホワイトナイツの進清十郎と同じポジションになります。

最後はアサヒ飲料チャレンジャーズで、セイフティ(S)を務めたそうです。

Sは、神龍寺ナーガの金剛 阿含がそれを務めていたと記憶します。

なお、動画にはDBと書いてあります。

DBとは「ディフェンス バック」のことで、SはDBのうちの一つです。

野球で言えば、DBが外野手で、Sはそのうちの一つで、例えばレフトだと思っていただければいいです。


経歴は、立命館大学NFLヨーロッパ(NFLE)、と言う印象が強いです。

2002年か2003年か忘れましたが、日本人として、初めてアメリカ大陸でのNFLのプレシーズンゲーム(オープン戦)に出場した選手となりました。

開幕前の最後の最後まで、オープン戦に出場し続けたのですが、開幕直前に解雇されました。

アメリカ大陸でのNFLのプレシーズンゲームに出場したのは、今のところ、河口氏と木下典明氏しかいません。

そして、NFLの公式戦の期間に、選手として登録された日本人はいません。

大雑把に言いますと、日本人のプロと言うのは、アメフトではまだ誰もいないのです。

そして最初に最もそれに近づいたのが河口なのです。

オードリーの二人が、河口氏のことを「ビッグネーム」と言うのはこう言う所以があるのです。


また、1999年の第1回アメリカンフットボール ワールドカップにも出場した、とラジオで語られていました。

この大会、日本が優勝しました。

アメリカがコソボ紛争の影響で不参加、と言う事情がありましたが、日本のアメフトの強さを世界に知らしめる大会となりました。

なお、日本は第2回大会でも優勝。

アメリカが初めて参加した、一昨年の第3回大会は、アメリカに次ぐ準優勝でした。

この大会は川崎で開かれたので、私は日本戦は全て見に行きました。


河口氏は「スポーツマンNo.1決定戦」(テレビで年末年始などにやる特番)で、何度か2位に輝いています。

私も一度見たことがありますが、最後の最後に誰かに抜かれて2位になった記憶があります。

つまり、日本では、最も身体能力が高いアスリートの一人なのです。


選手時代から、よくテレビで解説をされていました。

今年のノートルダム・ジャパン・ボウルでも解説を務められました。

私も同ボウルを観戦に行きました。

席をどこにしようか、と見回したら、河口氏がいるのを見つけ、その近くに座って観戦することにしました。

もちろん面識はありませんが、なんか面白い話しが聞こえないかなぁ、と考えたからです。

(同ボウルの観戦記に
  
 「(私の席の)右隣りのブロックには、生中継をするCSのブース(解説は河口さんでした)がありました。」
 
 と書いてました)


ざーっと河口正史氏について書いてきましたが、とにかく日本アメフト界では史上もっともすぐれた選手の一人であります。

もっと細かいことを知りたい方は、Wikipediaの「河口正史」氏の欄がありますので、ご残照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%8F%A3%E6%AD%A3%E5%8F%B2

また、河口氏にはブログもあります。
http://blog.livedoor.jp/masa_52/


動画で見てお分かりの通り、生真面目そうな人物です。

実際テレビで見る河口氏は、あまり笑っていることってないんじゃないかと思います。

そんな人がなぜにオードリーの番組に出るのか?

なぜ、いかにも、と思われる安部奈知氏ではないのか?
(安部さん、失礼!!)

それはきっと、オードリーの二人が、アメフトに関しては熱くなること、それと河口氏が意外と面白いことを話してくれるんじゃないか、と言うことの両方だと思います。
(河口氏は、吉本興業とマネジメント契約を結んでいますが、それとは関係ないですよね)

どちらが相手のフィールドに寄るのか、楽しみです。


でもこれで、オードリーは日本フットボール界から認められて、アメフト大使に大きく前進したと思います。

嬉しいです。


なお、私は来週実家に帰省していますが、ラジオを持って帰って、出来るだけ聴きたいと思います。

解説記事は遅くなると思いますが。


補足
Wikipediaには
「日本人で初めてNFLプレシーズンマッチに出場した選手となる。」
との記述がありますが、彼以前に東京ドームで開かれたアメリカンボウル(プレシーズンマッチのひとつ)に出場した選手はいますので、Wikipediaの記述は誤りだと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「タニムラベスト」の曲目



すっかり忘れていたのですが、12/23発売の谷村有美さんのベスト盤

タニムラベスト

の曲目は決まっただろうかと、ヤホーでYahooで調べてみました。


ありました。

収録曲は次の通りです。

1.Not For Sale

2.Tonight

3.FEEL ME

4.がんばれブロークン・ハート

5.愛は元気です。

6.今が好き

7.いちばん大好きだった

8.たいくつな午後

9.愛する勇気

10.ときめきをBelieve

11.最後のKISS

12.恋に落ちた

13.圧倒的に片想い

14.信じるものに救われる

15.笑顔


そして、BonusTrackとして、新曲

ありがとう

が最後に入っているようです。

意外と知っている曲が多いので、嬉しいです。

これらの歌は新曲を除けば、すべてCDで持っているはずですが、ファンにとっては、ベスト盤を買わない、と言う理由にはなりませんよね。

私は仕分け大好きな男ですが、これは対象外です。

買います。

ところで、初回限定版として、

★【初回予約のみ】1987-1997ジャケット集付き!(外付け)

と言うことを書いてあるサイトもあります。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/guruguru/mhcl-1689.html

私はHMVオンラインで買おうと思っていたのですが、ちょっと特典を調べてから、特典が充実しているところで予約しようと思います。

どこもあまり変わらないとは思いますが。

なお、このアルバムが発売される日、コンサートも開かれますが、私は行きません。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ラグビー早明戦 雑記

逆転勝ちで対抗戦優勝を決め喜ぶ早大の選手たち
(逆転勝ちで対抗戦優勝を決め喜ぶ早大の選手たち:サンスポのサイトより)

先日、ラグビー早明戦の感想を書きましたが、その他感じたことを箇条書きします。

・明治が横に揺さぶってトライしたり、早稲田のFWが縦に突っ込んでトライをとったり。まるで相手と入れ替わったようなゲームでした。

・前半はノッコンは2回ぐらい、ペナルティもほとんどなく、本当にしまった試合でした。

・早稲田が明治ゴール前で、明治ディフェンスに何度もはね返されていました。これも早明が入れ替わったような展開。

・明治のスクラムハーフ、秦選手。初めて見ましたが、ちっちゃい… 気になって明治のHPで見たら、身長152センチとか。それで早明戦の大舞台に、2年生で出てくるんだから、すごいタレントなんでしょう。福岡の筑紫高校の出身。ちょっと応援したくなりました。

中竹監督が、年々たくましくなっているような気がします。今年は日焼けしていたからさらに精悍に見えました。初めて見た時は、この人ラグビーやったことあるのかなぁ、と思えるほどひよわっぽく見えたのに。ますます好きになりました。

・早稲田は負傷欠場や、退場の主力選手を出しながら、14点差を逆転。明治は堅い守りを見せて、最後まで早稲田を苦しめました。お互いが、大学選手権に向けて、自信を持てる試合だったと思います。

他にも何か大事なことを感じていたかも。

とりあえずこんなところで。

なお、ラグビー大学選手権での早稲田大の組み合わせですが、一回戦で関西第5代表(立命大-中京大の勝者。13日決定)と対戦することになったそうです。

同志社大しか達成したことのない、史上2校目の3連覇を目指すことになります。

「無能」と酷評された中竹監督のチームは、ここまでのチームになりました。

彼のファンとしては嬉しいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

赤星選手の引退に思うこと ~1ホークスファンとしての思い出~

赤星選手
(MSN産経ニュースより)

阪神タイガースの赤星選手が引退を発表しました。

「中心性脊髄損傷」と言う怪我によるものだそうです。


「今のまま野球を続けることは危険だ」

「今度痛めたら不随になる可能性もある」

などと、医者から言われ、恐れを抱えたままでは自分の持ち味、そしてファンが求める全力プレイができないと考え、引退を決意したそうです。

朝のニュースを見て、涙こそ見つけられませんでしたが、「無念」の二文字が顔から読み取れました。


さて、1ホークスファンとして思いだすのは、2003年の日本シリーズのことです。

赤星選手は怖い存在でした。

脚がありますから、波に載せたら嫌だな、と思って見ていました。

しかしこのシリーズ、赤星選手は満足な成績を残せなかった覚えがあります。

その理由は、初戦でどこかを痛めたからだったと記憶します。

延長10回だったでしょうか、サヨナラ打となったホークスのズレータ選手の打球を敗走して追いかけ、ダイビングキャッチを試みた時に痛めたものだったと思います。

まさに全力プレイだったんだな、と思い出しました。


引退を呼び込んだプレイも、全力でのダイビングキャッチだったと聞きます。

全力で生きた人間が、全力で生きた故に引退に追い込まれる。

まったく受け入れがたい現実ですが、嘆いてもしょうがないですね。

この決断が、後々、彼の人生の成功へのターニングポイントだった、と回想されることを願います。



正直、私は阪神ファンでもないですし、赤星選手に特別な思い入れはありません。

嫌な選手(誉め言葉です)としてのイメージが強いです。

中途半端な認識で赤星選手のことを書くのは、本人や阪神ファンには申し訳ない気持ちもないわけではありませんが、ホークスファンでしか書けない記憶を書いておくことで、お許しいただきたいと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

うつ病の患者、100万人突破へ

厚労省が3年ごとに行っている病気別の入院と外来の人数などを調べる調査で、躁うつ病を含むうつ病の患者数が、初めて100万人を突破したそうです。

1999年調査の約44万人の2倍以上となる104万1千人だったそうです。

日本国民の110人から120人に1人ということになりますかね。

杏林大保健学部の田島治教授(精神科医)は、
うつ病の啓発が進み、軽症者の受診増も一因」
と語っています。

また、パナソニック健康保険組合予防医療部の冨高辰一郎部長(精神科医)は、
「軽症のうつは自然に治るものも多い。
 しかし日本ではうつを早く発見し、薬を飲めば治るという流れが続いており、本来必要がない人までが、薬物治療を受けている面があるのではないか」
と話す。

うつになりそうな人が早めに受診して、薬をのんで何が悪い、と私は考えるほうですが。

風邪と一緒だと考えればいいじゃん、と。

あと、考えられるのは、これは私の想像ですが、うつ病と言うのは、治ったらすぐ薬をやめていい病気ではありません。

正しい処置として、しばらく飲み続ける必要がありますし、また断薬症状がきつい薬もありますので、なかなか薬をやめられないのです。

だから、治療は必要ないものの、薬をもらいに行っているだけの人もカウントされていると思います。


逆にこの結果に医療ジャーナリストの松井宏夫氏は
「病院で受診した数字であり、潜在的な患者は7人に1人が患者がいると推測されている。
 実際には1000万人を超えているはず」
と語ったそうです
(ZAKZAKより)

私も、自分で病気だと気づかない人や、わかっていても「精神科」と言う看板にしり込みしていて受診できない潜在的患者は、もっと多いと考えます。

ちなみに日本は、先進国では少ない方、と言う統計を見たことがありますが、諸外国より「精神科」と言う看板が思い国民性によるだけで、決して他国にくらべて少なくはないと、私は考えます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

12/8に寄せて ~「うわさのカム・トゥ・ハワイ」~



12月8日と言えば、私の中では1941年の真珠湾攻撃の日、と言うことが、まず頭に浮かびます。

さて今日は、それにちなんでYouTubeから「うわさのカム・トゥ・ハワイ」(小林克也&ナンバーワンバンド)を紹介します。


戦前に広島からハワイに移民した人の気持ちを歌った歌だと考えてもらっていいでしょう。

広島は小林克也の故郷でもあります。


3番まである歌です。

最も聞いていただきたいのは、3番です。

第二次大戦中、アメリカ本土に住んでいた、多くの日系人が財産を没収された上に強制収容所に送られました。

近年、ロナルド・レーガン元大統領が、公式に謝罪をしましたが。


ハワイでは一部の有力な日系人を除いては、強制収容まで行かなかったようです。

しかし、日系人に対しては住みづらい空気がえんまんしたのか、ハワイで生まれ育ち、合衆国の市民権を持つ日系アメリカ人の若者の多くは、自ら進んで志願兵となることで祖国に対する忠誠心を示そうとしたそうです。

この件については「第442連隊戦闘団」をWikipediaで調べると詳しく載っています。

これを美談と考えるか、悲話と見るか、いろいろと考え方があるでしょう。

とにかく、この日がハワイに移民した日系人に苦労をかけたのは事実です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

平成21年度 ラグビー早明戦 ~久々福高卒の選手が先発~

こどもラグビー
(こども達がモールの練習をしていたのを、とある公園で見かけました。早明戦とは関係ないです)

昨日国立競技場で、関東大学ラグビー対抗戦 早稲田対明治の試合がありました。

結果は16-14で早稲田の勝ち。

昨年の2点差でのアップセットの雪辱を、今年果たしてくれました。


前半はとても素晴らしかったと思います。

ペナルティが少ない。

両校で5回ぐらいではなかったかと思います。

ノッコンがほとんどありませんでした。

ですので、プレイがあまり切れませんでした。

明治は30メートル近くモールを押してトライ。

また、早稲田の攻撃を模したような、見事な横展開からのトライで14点をリード。

2つ目のゴールはとても難しい角度だったのですが、よく決めてくれました。

それでも早稲田はPGを返して3-14と明治リードで前半終了。


後半盛り返すに違いない、と解説者が言っていた通り、早稲田は怒涛の攻撃。

ここから明治にミスが出始めました。

そして早稲田は32分ごろに、控え選手が中心となって、明治を模したような縦への突進で逆転トライ。

そのまま早稲田が逃げ切って 16-14で早稲田の逆転勝ち。

前日0-14から慶應を帝京が逆転したのに続きました。


後半にすごいシーンがありました。

自陣ゴール前から、早稲田が横に展開しようとし、牛房選手にボールが渡ったところに、明治の衞藤(えとう)選手がものすごいタックルを決めました。

twitterには
「防具なしであんなタックルをするなんて、すごい」
と言う、アメフトを見なれた人からの書き込みがありました。

このタックルで、牛房選手はボールをノッコン、衞藤選手は負傷退場となりました。

タックルに行った方が負傷すると言う、ものすごいものでした。


ところでこの牛房選手、私と同じ、福岡県立福岡高校の出身です。

久々に、何年振りかに早稲田の一本目の大舞台に、福高卒の選手が出たように記憶します。

私が学生の頃からしばらく数年は、毎年一人ぐらいは福高卒の先発選手がいたものですが、ここ数年はベンチにすらいなくて、東福岡、筑紫、筑紫丘、修猷館、小倉、おまけに西南学院などの福岡の高校の選手が出ているのをうらやましく思ってました。

早稲田大学ラグビー蹴球部のサイトの、彼のページのモットーのような欄に
「気合いたい」
と、言うことが書かれていました。

何度高校時代の部活(剣道部)でに聞いた言葉か。

いや、学校全体がそんな感じでした。

嬉しいなぁ…


(他にもこの早明戦については書きたいことがいくつかありますので、後日あらためて書かせてもらいます)

オードリーが話した「サック」  オールナイトニッポン「アメフトの小部屋」 動画付き (12/6)


(90番の選手、マリオ・ウイリアムスが、サックしまくってます)

今朝のオードリーオールナイトニッポンの「アメフトの小部屋」で語られたことを解説します。

メールからのお題は

「春日さんは初めてサックを決めた時の気持ちはどうでしたか?
 若林さんは、
サックされたクオーターバックを見て、どう思いましたか?」

と言うものでした。


サックにつていは以前も書きました。

2009年11月1日の「オードリー春日が好きな「サック」の例  オールナイトニッポンアメフトの小部屋」(動画付き)」
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1112.html


もう一度説明しますと、サック」とは、ディフェンスの選手が決めるビッグプレイの一つで、具体的には、クオーターバック(QB)にタックルして倒すことです。

いつものごとく、「アイシールド21」的に説明します。

まず、春日のポジションですが、正確ではありませんが、王城ホワイトナイツの大田原誠(よく屁をこく男)や白秋ダイナソーズの峨王力哉と同じだと考えて下さい。

そして若林はセナです。

サックとは、大田原や峨王が、蛭間がモン太などにパスを投げるまでに、蛭間を倒すプレイです。


泥門がパスプレイをすると決めて、プレイが始まるとします。

ボールが栗田から蛭間へ渡ってプレイ開始です。

栗田、小結、「ハァハァ3兄弟」などが、蛭間がパスを投げるまで、彼がディフェンスの選手にタックル(サック)されないように、大田原や峨王の侵入を体を張って止めます。

これが放送中に語られた「パスプロ」です。
(「パス・プロテクション」の略です)

そしてセナも、栗田、小結、「ハァハァ3兄弟」などが止め切れなかったディフェンスの選手を止めるように、蛭間を守らなければいけません。

セナと同じランニングバック(RB)だった若林は、スピードがついたディフェンスエンド(DE)を止めるのは難しいと語っていましたが、まあ、そうなんでしょう。

ディフェンスエンドとは春日のポジションで、大田原や峨王と同じだと思ってください。

そしてセナのブロック(体を張って止めること)も倒して、蛭間を倒します。

これが「サック」です。


ちょっとややこしいのが、「タックル」と言う言葉で、春日は「タックルを倒して」と言っていました。

この場合のタックルはポジション名で、「ハァハァ3兄弟」のリーダー格の十文字がそのポジションです。

私の解説中の「QBをタックルして倒すのがサック」と言う場合の「タックル」は、プレイの名前です。

アメフトにはこのように、同じ言葉ですが、シチュエーションによって意味の違う言葉がいくつかあります。


さて話しを元に戻します

サックがなぜ気持ちいいかと言いますと、まず相手のオフェンスの前進を阻止して、結果的に後退させることになります。

それから、サックした際に、もしQBがボールを落とせば(ファンブルすれば)、そのボールをそのままディフェンスの選手が抑えれば(リカバーすれば)、攻守交代となります。

そしてさらに、ボールを拾い上げてリカバーした後そのままタックルされずに走って行けばタッチダウンとなり、6点が入ります。

これが若林が話した、サックとは流れを変えるプレイ、と言った意味です。


ですが私としては、サックにはもう一つ流れを変える要素があると思います。

2009年12月2日の「オードリー春日がプレイしたDEの代表的な選手 【動画付き】」
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1151.html
にも書きましたが、サックには、QBを中心としたオフェンスの選手のモチベーションを下げる効果もあります。

何回もサックされると、ある程度の精神的な強さでは、無意識にプレイに自信が持てなくなるのです。

と言いますか、QBはオフェンスの他の選手のパスプロが信用できなくなるのです。

ですから、若林は、QBとRBの中が険悪になる、と語ったのです。

(ちなみに私は、このサックの効果に気がつくまで、7年ぐらいかかりました)


最後に「ネルブロ」について説明します。

若林が、相手の春日のポジションの選手を止めるために、「ネルブロ」などを使う、と言っていました。

実はこの言葉、私にとっても初耳なのです。

(アメフトにはプレイする人しか使わない言葉があるようです)

でもおそらく「寝るブロ」、つまり「寝そべることで、ブロックをする」と言うことだと思います。

とりあえずQBがパスを投げるまで、体を張ってディフェンスの選手を止めれば良いのですから、寝そべったオフェンスの選手に、突っ込んできたディフェンスの選手がつまづいて、少しでもQBに到達するのが遅れることを狙ったプレイでしょう。

こう言うプレイは、たまに見ます。

(もし「ネルブロ」の私の解釈に間違いがあれば、連絡下さい)


以上で放送された言葉の解説は終わりです。

ここからは、マニアックな余談ですので、疲れた方は読まれなくてもけっこうです。



サックをくらうと、QBは怪我や脳震盪をすることがあります。

オードリー春日が好きな「サック」の例  オールナイトニッポンアメフトの小部屋」(動画付き)」の記事で紹介した動画では、見えない側から来た選手にサックされた、ジョー・モンタナは、負傷退場し、翌年からポジションをスティーブ・ヤングに奪われました。

そのスティーブ・ヤングもサックによる脳震盪がクセになってしまい、引退へ追い込まれました。

ですから、サックはオフェンスにとっては怖いプレイなのです。

今シーズンのNFLは、私の大好きなグリーンベイパッカーズのQBアーロン・ロジャースが、かわいそうなぐらいサックを食らってます。

こう言った場合、チームの成績も、QBの成績も悪くなるものです。

しかしチームは7勝4敗といいですし、彼の記録(QBレイティング)もリーグ3位と調子がいいです。


なお、動画に出てくる、マリオ・ウイリアムスですが、ニックネームを 「スーパー」マリオ、といいます。

アメリカでも、マリオゲームは有名ですからね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ホークス 松田宣浩選手がtwitterデビュー

松田宣浩選手
(KBCのサイトから)

福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手が、twitterデビューしました。

アカウントは「match_5」です。

昨日の夜、twitterの自分のタイムラインを見ていると、福岡の高校生が、松田選手がtwitterを始めたことをRTでつぶやいていました。

私自身松田選手は大好きですし、なんと言っても日本一ミーハーな県民と言われる福岡県民ですから、速攻フォローしました。

松田選手の情報画面をみると、その時は、まだ誰もフォローをしてませんでしたし、また誰からもフォローされてませんでした。

お、一番乗り、と言うことでフォロー&挨拶をしました。

なんでも、プロ野球選手では初めてのtwitter登録だそうです。


ところでこのアカウント、偽物なんじゃないの?

偽物じゃないとしても、オバマみたいに他人がやってんじゃない?

とも考えました。

後者なら後者でも別にいいのですが、前者については、本物だと思います。

それは、松田選手の公式ウェブサイトにも、twitterデビューの件が書かれていたからです。
http://blog.match-5.net/?eid=114


おーい、ブロ友の「愛知の住民」さん

早くフォローした方がいいですよ。


ちなみに、松田選手のこれまでのつぶやきは、こんな感じです。

・もうねる。おやすみ。 約4時間前 モバツイッターで
・餃子10人前たべた。 約7時間前 モバツイッターで
・カールじいさんの空飛ぶ家の試写会行ってきた。3D最高。 約8時間前 モバツイッターで
・今日ツイッターデビューしました。 約12時間前 tmitterで

うん?「tmitter」ってなに?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「THIS IS IT」が再上映されます

this is it


マイケル・ジャクソンの最後のコンサートのリハーサルを収録した映画

「THIS IS IT」

が再上映になるそうです。

上映館などからの再上映を要望する声が多かったらしく、19日から始まるそう
です。


さて、今年の3月には、色々な人のブログに、WBCの記事があるのをみました。

普段は野球なんか興味なさそう、と思える人のブログにもです。

谷村有美さんのブログにまで載っていたのには笑いました。
(ひとえに、マックつながりとは言えないでしょう)


さてこの「THIS IS IT」にもそれが言えていて、色々な人のブログに、その記事を見かけます。

そしてほとんどの人が、この映画を賞賛していました。


私は、映画を見たことは見たのですが、正直、もう一度見たいとは思わないです。

あの映画を見て、期待された感想はなんだろう?

・マイケルのダンスは素晴らしい。

・マイケルの練習に打ち込む姿勢こそがプロだ。

・マイケルは多くの人の憧れである。


最後のものを除いては、今にわかったことではないので、そんなに素晴らしい映画だとは思いませんでした。

しかし、あれだけの人が、まだまだマイケルを支持していたのには驚きました。

それを知れたのは価値があったと思います。


私としては、隣りの部屋で上映されていた、こっちの方が興味がありました。



「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

映画の質の良し悪しを語れるほど、私はそれほど映画を見ていませんので、それはどうでもいいのですが、私のいるIT業界がどう描かれているかが、とっても、とっても気になるからです。

でもきっとレンタルDVDになるでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

POISON GIRL BAND ~もうすぐM-1グランプリ~



12/20、今年もM-1グランプリが行われます。

現在準決勝進出の68組が決まりました。

その中で私が、勝ち残ってほしいなぁ、と思っているコンビは、以下の通りです。

三拍子 (サンミュージックプロダクション)
磁石 (ホリプロコム)
ナイツ (マセキ芸能社)
流れ星 (浅井企画)
我が家 (ワタナベエンターテインメント)


そして今回動画をとりあげました、
POISON GIRL BAND (よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)
です。

計6組のコンビ(またはトリオ)を上げましたが、このなかで最も古くから好きなのが、POISON GIRL BANDなのです。

初めて見たのは2004年ごろだったと思います。

かなり衝撃的でした。

この時は、ロン毛の阿部は、まだあまり喋っていなかったと思います。

そして吉田は、もっとくどく突っ込んでいたと思います。

アンガールズと芸風が似ているかもしれません。

私はくどい突っ込みが大好きなのです。

2005年、単独ではないですが、ライブに行きました。

他にタカトシ、インパルス、ペナルティが出ていたのですが、私はPOISON GIRL BANDが目当てで行きました。

期待通りの面白さでした。


しかしM-1決勝で敗退するにつれ、面白くなくなったなぁ、と残念に思います。

私の好みに合わなくなっただけなんですけどね。

昔のような、吉田のくどい突っ込みが見たいなぁ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー春日がプレイしたDEの代表的な選手 【動画付き】



最近「アメフトの小部屋」では、ずっとオードリー若林のポジションやプレイばかりを書いていて、オードリー春日のことは、ラジオであまり話題にのぼらなかったので、春日のポジションやプレイのことを書いていなかったと思います。

そこで今回は、春日がプレイしたディフェンスエンド(DE)について、史上最高の選手の一人である、レジー・ホワイトの動画を載せて、ちょっとでもわかってもらうことを狙って、記事を書きます。

でも、わかってもらう、というより、なんとなくすごい、面白い、と思っていただければ嬉しいです。


レジー・ホワイトや春日がプレイしたDEは「ディフェンス」と言う言葉が入っていますので、若林の属する攻撃の反対の、守備のポジションです。

しかしアメリカン・フットボールのディフェンスは、他のスポーツよりアグレッシブで、積極的で、攻撃的です。

獰猛なことが求められるポジションです。

場所としては、ディフェンスの最前列の真ん中よりやや右か左に位置し、プレイが始まると、一目散にクオーターバック(QB:蛭魔)やランニングバック(RB:セナ)のうち、ボールを持っている方に襲いかかって、これを倒します。

アイシールド21的には、栗田や小結の両側にいる、ハアハア3兄弟のあたりになると思います。


このポジションについては、どう言う人が適役か、面白い話があります。

体が大きくてアメフトがやりたいと言う若者がやってきたとしましょう。

その若者が、礼儀正しい人で、性格が良いようだと、オフェンスラインにすればいい。

きっと陽の当らないところで、もくもくとQBやRBを守ってくれるだろう。

反対に横柄な態度をとるのであれば、ディフェンスライン(DEを含む)にすればいい。

ボールを持った選手を、喜々として潰しに行くだろう。


まあこれは極端な話しで、ディフェンスラインの選手が性格が悪いとは限りません。

また、アイシールド21のように、選手が少ないチームは、両方やらなければいけませんし。

でも、人に対しては攻撃的でなければいけないことにはかわりはありません。


ところでこの、レジー・ホワイトと言う選手は、アメリカンフットボールの選手であるかたわら、キリスト教の牧師をしていました。

非常に信心深い選手です。

プレイ中は獰猛ですが、プレイが終わると、自分と対面した選手に、

「大丈夫か? 怪我はないか?」

と言っていたと聞きます。

そしてプレイが再開されると、さっき声をかけていた選手を、また潰しに行く。

面白いものだと思います。


彼は自由に移籍できる権利を得た時、そして引退を撤回するとき、いずれも、神の声に従った、と言っています。

そうとばかりは思えない背景もあるのですが。


ここはわかってもらえなくてもいいですが、私にとっては、QBを潰すサックと言うプレイについて、見方を変えてくれた選手でもあります。

私はサックは、単に前進を阻んで、逆に交代させることが目的、と思っていました。

しかし、反撃に燃える選手を、何度もフィールドに叩きつけ、その意思を弱らせてしまうと言う効果がある、と言うことをわからせてくれました。


一昨年アメフト観戦中に知り合ったアメリカ人は、

「彼こそが史上最高のディフェンスの選手だ」

と言っていました。

年代的に、オードリー春日も憧れていたと思われる選手です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ネイルサロン、『LusterNail』(ラスター ネイル)をよろしくお願いします

私の先輩が、東京の赤羽でネイルサロンをやっています。

『LusterNail』(ラスターネイル)と言う名前のところです。

HP:http://www014.upp.so-net.ne.jp/Lusternail/index.html
携帯HP:http://www014.upp.so-net.ne.jp/Lusternail/K/index.html
ブログ:http://ameblo.jp/lusternail/

ラスターネイル例1
(これなんかキレイだな、と思います)

先輩、と言うのは、昨日記事に書きました、バンド、HOT-Lのバンマスで、リードギターの方です。

1984年からのお付き合いで、もう26年目もたちます。

人生の半分以上を世話になっている方です。


以下、HPのご挨拶からの抜粋です。

「赤羽駅南口徒歩2分  ネイルサロン「LusterNail」です。

ネイリストとアイリストの姉妹2人でやっておりますのでアットホームなネイルサロンです。
子連れでも安心してネイル、アイラッシュを楽しんでいただけるよう、キッズスペースを設けております。
店長も2人の子持ち(4歳と2歳)であり、子供がいても綺麗でありたい、という思いから主婦の方、子連れ、親子で楽しんでご来店いただけるよう色々な企画を考えていこうと思っております。
ブログやMixiなどで限定キャンペーンも企画しておりますのでご覧ください♪」


場所は東京都北区赤羽西1-4-12 ペレビル401

赤羽駅南口徒歩約2分で 1階がペレクリーニング屋さんの建物です。

私はネイルのことはよくわかりませんが、昨日まで「ネイルエキスポ」が開かれたり、昨日ネイルの似合う芸能人が発表されたり、と流行ってるみたいですね。

石田純一さんが男性部門から選ばれていましたが。

ラスターネイル例2
(これなんか、さりげない自己主張、って感じでいいかなぁ、と思います)

そんなわけで、

ネイルサロン、『LusterNail』(ラスター ネイル)をよろしくお願いします

私のブログ割引、と言うか特典は多分あるとおもいます。

先輩から聞きだして、追記します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~