2010年02月の記事 (1/2)

「パスプロ」または「パスプロテクション」について



(パスプロのオンパレードです)

2/28のオードリーオールナイトニッポンでは、「アメフトの小部屋」がありませんでした。

これで3週連続となります。

そんな訳で、今回は、2/21の放送で、春日が、もうリスナーの人もわかるだろう、と言っていた

「パスプロ」について書きます。

と言うのも、このブログに「パスプロ」で検索して来ている方が何人かおられるので、知りたがっている人がいる、と思ったからです。


「パスプロ」とは「パスプロテクション」(Pass Protection)の略です。

これは、QBがパスを投げるのを、主にオフェンスライン(OL)が守る(Protect)ことです。

「主に」と書いたのは、RB(若林のポジション)も参加することが多いからです。

動画の開始直後のプレイでも、23番の選手(ダラス・カウボーイズRBタシャード・チョイス)が、画面の真ん中から突っ込んでくる赤いジャージの選手(ワシントン・レッドスキンズ。選手名は不明)を止め、パスを投げる9番の選手(QBトニー・ロモ)を守ります。

この時、他の白いほうの70番台のジャージを着ている選手もパスプロをやっているのが見えますが、これがOLの選手です。

また、パスプレイの時、ラインの選手はスクリメージラインより前に出てはいけないことになっています。

わかり易く言うと、開始時にボールがあった位置より前に出てはいけない、と言うルールがあります。


Wikipediaの「アメリカンフットボール」の「パスプレー」にはこうあります

「パスが成功するには、適切なスピード・距離・タイミングでパスが投げられることと、ワイドレシーバーの捕球技術が必要である。
 その他の選手は、クォーターバックがタックルを受けないように、またパスを投げるまでに必要な時間を稼ぐために、クォーターバックの周りを取り囲むようにして、守備選手の侵入を防ぐ。
 特に、オフェンスラインの選手は、パスを受けることができず、またパスが投げられるまではスクリメージラインを超えることが出来ないので、パスプレーではクォーターバックを守ることに専念する。」


パスプロでは、OL等の選手が、U字型の壁を作ることが多いです。

このU字型の壁で守られるエリアを「ポケット」と呼びます。

そのパスをやぶられるとサックを受けたりするわけです。

動画の0:57の辺りから始まるプレイは、サックされたシーンです。


1:41辺りから始まるプレイでは、ポケットに侵入してきたディフェンスの選手を、QBがかわします。

このプレイを「ドッジング」(dodging)と呼びます。

この言葉は「dodge」の現在進行形な訳ですが、「身をかわすこと」を意味します。

「ドッジボール」とはここから出来たゲームです。

また、ロサンゼルス・ドジャース(Los Angeles Dodgers)と言う野球チームは日本でも有名ですが、この「Dodgers」も同じ意味です。

もともとドジャースはニューヨークの下町、ブルックリンにあり、「路面電車をひらりと避ける人たち」を表す「トローリー・ドジャース」から名付けられたと言う説もあるそうです。

「ドッジング」(dodging)に関してもうひとつ。

1970年代にダラス・カウボーイズで活躍したQBロジャー・ストーバック(Roger Staubach)は非常にドッジングが上手かったので

「Roger The Dodger」(ロジャー・ザ・ドジャー)

と言われていたそうです。(上手い!!)


話しがそれましたが、パスプロテクションに限らず、オフェンスの選手がディフェンスの選手と相対するとき、ディフェンスの選手をつかんではいけません。

つかんだ場合は、ホールディングと言う反則を取られます。

つかんじゃうと、オフェンスが圧倒的に有利になるからでしょう。


以上で「パスプロ」に関する説明は終わります。

ここからは、動画に関する余談です。

NFLのチームは、ホワイトジャージとカラージャージを持っています。

ゲームはホームチームがどちらのジャージを着るか、と言う選択権をもち、相手チームは、その逆のジャージを着ることになってます。

一般的には、ホームチームはカラージャージを選びます

ただ例外もあり、動画のダラス・カウボーイズもその一つで、ホワイトジャージの方が勝率が高い、と言うジンクスで、ホームゲームの時にホワイトジャージを着ます。

動画には、フィールドにダラス・カウボーイズのシンボルの星のマークが見えますので、このゲームはダラスのホームゲームであることがわかります。

それに対し、フィラデルフィア・イーグルスなどは、普段はホームゲームの時にカラージャージを着ることが多いのですが、ダラスが相手のホームゲームでは、ホワイトジャージを着ることが多いです。

これは、まあ悪く言えば、ダラスにとって演技の良いホワイトジャージを着せないための、まあ嫌がらせです。

アメフトとは、そこまでしてでも勝たなければいけないスポーツなのです。


かっては動画の中の相手チーム、ワシントン・レッドスキンズも、ホームゲームではホワイトジャージを着ることが多かったのですが、最近はカラージャージを着ているようです。


他に、ホームチームがホワイトジャージを選択する理由として、暑いから、と言うものもあります。

最近はどうか知りませんが、アリゾナ・カージナルスやマイアミ・ドルフィンズの本拠は暑いところになるので、9月のゲームは大変だそうです。

そのため、熱吸収効果の低い、ホワイトジャージを選択したりするそうです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

「オードリー・イン・スーパーボウル」~Touchdown pro 4月号

20100227TouchdownPro表紙

(右上に「オードリー・イン・スーパーボウル」と書いてあります)

今日発売の「Touchdown pro」オードリー・イン・スーパーボウル」と言う記事が載ってます。

見開きで2ページと大サービスです。

アメフト専門誌でこれだけ大きく取り上げられたのは初めてです。

オードリーファンの方へは、一度立ち読みして、写真だけは見ておくことをお勧めします

そのあと、買うかどうか決めた方がいいと思います。

全部で3枚あるのですが、私(一応オードリーファン)の中では、こんな毒っ気のない、好青年したオードリーを見るのは初めてです。

単に記念写真なんですが、これがまた良い表情してるんだ。

私がビジュアル面のオードリーファンなら絶対に買います


では、今号でぱっと見、気をひかれた記事を書いておきます。

1.P22~ マイケル・オアーの記事

映画「幸せの隠れ場所」のモデルとなったオアーについて書かれています。

この映画を見てきたツイ友さんが

「スクリーンで見るフットボールが迫力あって新鮮!休みの度に見に行きたい

「心暖まりますし、アメリカンジョークも効いてますよ。見てて居心地のいい映画です」

とツイートされてました。


2.P27 フランク・ゴアの障害の話し

おそらく「ディスクレシア」と言う障害のことだと思います。

ゴア選手にそんな障害があったとは知りませんでした。

なお、「ディスクレシア」については、以前当ブログでも記事を書いています。
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1091.html 

ちなみに私は赤緑色弱で、この記事の写真の説明の「オードリー」の文字は緑にしか見えません。

雑誌を手に取ってみて、赤か緑か、今でも「本当」は何色なのかわかりません。

この「本当」と言う言葉が、実は曲者なのですが。

「色弱」についても当ブログ内で記事を書いています。
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1022.html

私自身は色弱については、あまり気にしてないどころか、ネタとしてよく使っています。

それに視力は今でも両目とも裸眼で1.5ありますから。

一長一短でイーブン、と言うところでしょう。


3.P36~ 引退を発表したカート・ワーナーの特集記事

以前当ブログでも、カート・ワーナーの波乱万丈の人生については記事を書きました。
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-1223.html

それよりも、もっと詳細に書いてあります。

「信じていれば夢はかなう」、と言う言葉を100パーセントは信用しきれない私ではありますが、この記事にはそれを成し遂げた人生が書かれていて、読んでいくうちに、信じることに対して努力しない自分が、小さく思えてしまします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

キットカット三昧

20100227 キットカット2

(上から、「いちご味」「キャラメルプリン味」「塩キャラメル味」「ジンジャーエール味」)

20100227 キットカット3

(「マンゴープリン味」)

先週あるところでお菓子の安売りをやっていました。

そこで大人買いしたのがキットカットです。

大好きです。

特にジャンクな味付けの名前のものに、心ひかれます。


今回は写真の5種類。

なお感想は食べる前のもので、ネーミングに関するものです。

「いちご味」…なんか普通っぽい

「キャラメルプリン味」…プリン好きの私の定番

「塩キャラメル味」…期待してます

「いちご味」にはあまり興味なかったのですが、三つ買うと安かったので(たしか3袋で600円)、抱き合わせで買いました。

その下にあるのは「ジンジャーエール味」

今回最大のギャンブルです。

そして「マンゴープリン味」ですが、これは試食できました。

美味しいです。


なお、現在女房は甘いものをとらないようにしているので、おそらく全部私が食べます。


ところでこれでいくらだったのか、と言うと、1,480円です。

定価だと4,095円だそうです。

安いでしょう。

定価の36%ですよ。


ところで下の写真は、1/7に東京ドームで行われた「ふるさと祭東京」で買ったものです。

20100227 キットカット1

「ラムネ味」、「キャラメルプリン味」、「充実野菜味」の3種類。

この中では、「充実野菜味」 が想像以上のおいしさでした。


なお、今回も東京限定の「しょうゆ味」には手を出しませんでした。

私の中で、まだ受け入れる心の準備が出来てないからです。


そのうち「梅干し味」とか出ないのかなぁ…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「アイシールド21」のbot on twitter

twitterの楽しみ方の一つに、botをフォローしてツイートを眺めたり、会話したりすることがあると思います。

私もいくつかbotをフォローしています。

ただ、ほとんど会話はしていませんが。


この記事では、「アイシールド21」の登場人物のbotを紹介します。

申し訳ないですが、リンクは貼りません(疲れるので)。

カッコのアカウントで検索してみて下さい。

解説は、botのサイトからの引用を加工したものです。


赤羽隼人 (Akaba_bot) on Twitter
 盤戸高校二年
 1時間に一回呟きます。
 話しかけるとお返事したり、今日の音楽性を占ってくれたりします。

姉崎まもり (mamori_bot) on Twitter
 泥門高校
 試運転中
 現在postのみです。

石丸哲生 (iiyoiiyo_bot) on Twitter
 泥門高校陸上部
 忘れた頃に「いいよいいよ」とつぶやいてくれます。
 セリフを増やすかどうかは現在未定です。

大田原誠 (Otawara_bot) on Twitter
 王城高校
 只今テスト運転中。

甲斐谷陸 (Kaitani29_bot) on Twitter
 西部高校→炎馬大学
 「教えて古野さん」でおみくじが引けます。

峨王力哉 (gaou_bot) on Twitter
 白秋高校

筧駿 (kakei_bot) on Twitter
  巨深高校

如月ヒロミ (kisaragi96_bot) on Twitter
 白秋高校
 現在試験運転中。
 1時間に1回、原作にあった(ほんのちょっぴり創作も混じった)台詞をつぶやきます。
 話しかけていただくとお返事します。
 挨拶や特定の人名などには特別のお返事をします。

栗田良寛 (kuritan_bot) on Twitter
 泥門高校
 主に原作のセリフ(若干の編集あり)を不定期・ランダムにつぶやきます。
 アイシキャラbotのみフォローしています。

小泉花梨 (karin_bot) on Twitter
 帝黒学園
 リプライにも反応します

小早川瀬那 (sena21_bot) on Twitter
 泥門高校
 30分に1回呟きます

金剛阿含 (agon_bot) on Twitter
 金剛阿含っぽい発言をする非公式botです。
 見切り発車もいいトコw
 ランダムに台詞を呟き、特定の単語が入った問いかけに反応します。
 まだあまり台詞が入っておりませぬ・・・。

桜庭春人 (sakuraba_bot) on Twitter
 王城高等学校
 身長186cm/体重72kg/ベンチプレス75kg/40ヤード走4秒86/血液型A/弱点:すさまじい音痴

十文字 一輝 (jyuumonji_bot) on Twitter
 泥門高校1年/泥門デビルバッツ所属/
 タックル:ディフェンスタックル/
 身長175cm/体重71kg/血液型A型 /誕生日(10月1日)/年齢16歳/

進清十郎 (shin40_bot) on Twitter
 王城高等学校
 身長175cm/体重71kg/ベンチプレス140kg/40ヤード走4秒2/血液型AB/
 趣味:トレーニング/弱点:機械/
 「自ら長所を挙げられるほど自分は完成された選手ではありません」

高見伊知郎 (takaminbot) on Twitter
 王城高等学校→集英医大
 現在試運転中。
 10分間隔でリプライをチェックするのでお返事が遅くなりますが申し訳ありません。
 たまに何かに気を取られて返事しない時があります。
 「今日の予告」と入れて頂くとあなたの運勢を予告します。

瀧鈴音 (suzuna_bot) on Twitter
 都立透糸高校
 只今試運転中です。
 デビルバッツ瀧兄妹の妹bot!元気一杯お返事します。

瀧夏彦 (natsuhiko_bot) on Twitter
 泥門高等学校
 只今試運転中です。
 デビルバッツ瀧兄妹の兄bot!紳士的にお返事します。

武蔵厳 (musasi_bot) on Twitter
 泥門高校2年/泥門デビルバッツ所属/キッカー:ラインバッカー/
 身長177cm/体重77kg/血液型A型 /誕生日(4月2日)/年齢17歳(高校2年)

タタンカ (tatanka_bot) on Twitter
 史上最強ルーキー、アメリカ代表ペンタグラムの一角を担う、“人間ドーム”タタンカさんのような発言をするbotです。
 特定の言葉を含むリプライに反応しますが、TLには反応しません。
 フォロー返しは手動です。ただいま調整ちゅう!

鉄馬丈 (tetuma_bot) on Twitter
 西部高校

葉柱ルイ (habashira42) on Twitter
 原作の台詞&多少の創作された台詞を呟きます。
 @を送るとお返事します。
 @付き挨拶、名称にも多少反応しますがTLには反応しません。

氷室丸子 (maruko_bot) on Twitter
 白秋高校
 アイシールド21白秋ダイナソーズマネージャー、氷室丸子のような発言をする非公式botです。
 ランダムに台詞を呟き、特定の単語が入ったリプライに反応します。

ヒル魔妖一 (hiruma_bot) on Twitter
 泥門高校

円子令司 (marco_bot) on Twitter
 白秋高校
 【現在試稼動中】

水町健悟 (kengo_bot) on Twitter
 巨深高等学校
 一時間に1回ほど作品中のセリフをつぶやいたり、リプライに反応したりします

武者小路紫苑 (KID7_bot) on Twitter
 西部高校
 アイシールド21に登場するキッドの非公式botです。

大和猛 (yamato_bot) on Twitter
 帝黒学園
 試作稼働中


この中でフォロワー数が最も多いのは、ヒル魔妖一 (hiruma_bot)で、唯一百人以上にフォローされていました。

次点は、金剛阿含 (agon_bot)でした。

ただ、リリース時期にもよると思いますので、端的に人気を表しているとは思えないです。

危険なキャラクターに魅かれる、と言う訳ではないんでしょう。


私はヒル魔妖一 (hiruma_bot)と十文字 一輝 (jyuumonji_bot) をフォローしています。


なお、この記事は「Twitterのアニメ・ゲームなどのキャラクターbotまとめ」と言うサイトから引用しました。

http://wiki.15cc.net/index.php?Twitter%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BCbot%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81#x9eae297

他にもいろいろなキャラクターのbotがありました。


なお、ここには載っていませんでしたが、私がもっとも好きなマンガのbotは

「マカロニほうれん荘」のbotです。
(makaroni_bot)

見ててなつかしぃ~わぁ~…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ハワイアンバーガーのパインはどこだ?

20100220ハワイアンバーガー

先週土曜日に、マクドナルドでハワイアンバーガーを食べてきました。

美味しかったですよ。

今回も肉肉していて。

今回も女房は3口ぐらいで食べるのをやめてしまったので、私が2個弱食べる羽目になりました。

ポテトのMも一緒に食べたので、今回も腹いっぱいになりました。

外食で腹いっぱいになることは、なかなかないです。


twitterを見ていると、パイナップルがはさんであってほしかった、と言う声がちらほらでしたが、私もそう思います。

どんな味になるかはわかりませんが、そう言うジャンクなものは大好きなので。


またtwitter上では、ニューヨークバーガーやテキサスバーガーとのランク付けが目立ちましたが、私の中では、今のところテキサスバーガーがトップです。

これは、強いて言えばテキサス、といった感じで、どれも好きです。



来週末からのカリフォルニアバーガーで、マクドナルドのBig Americaキャンペーンは終わりです。

あまりあっさりしていないことを期待します。
20100220ハワイアンバーガー包装

アメリカ、と言う意味で星なんでしょうか。

アメフトを見ていると、テキサス州のイメージが強いです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

R-1ぐらんぷり2010決勝

20100223R-1チャンピオンあべこうじ


(優勝したあべこうじ)

私の数少ない、自分自身が好きなところは、最初は嫌いな芸人でも、後々好きになることが少なくない、というものがあります。

今回優勝したあべこうじもそうです。

最初は彼自身がネタで良く言うように「ちょっとウザい」と思ってましたが、回を重ねるうちに好きになってしまいました。

だから、去年敗れた時なんか、本当に泣きそうな顔をしているのをみて、がっかりしました。

優勝が決まった時、私はおもわず、「よっし」と手をたたきました。

twitterでも、あべちゃんを応援する声が多かったです。

表彰式はあべちゃん、号泣でした。

良かった、良かった。

なんか、バッファロー・ビルズが、とうとうスーパーボウルに勝った、と言う感じです。


あべちゃんは、数少ない、正統な漫談家です。

センターマイク一本で勝負します。

ネタの構成も面白いですし、スポーツで言えば、チェンジ・オブ・ペースが絶妙だと思います。


はっきり言って、今回のR-1は低調だったと思います。

私は最初っからtwitterでぼやいてました。

今日初めて私をフォローした人もいますが、その方たちは、なんだこのくらい人は、と思ったかもしれません。

でも、本当にいつもより面白くなく感じました。

twitterでも、R-1ってもっと盛り上がってなかったっけ、と言っている人もいました。

私だけじゃなかったようです。


最大の計算違いはバカリズムでしょう。

とにかく今回のは面白くなかった。

私もものすごく期待していただけに、その「がっかり感」が大会を支配したようにも思えました。


まあ、それでも、最後はあべちゃんが優勝したので、結果オーライです。

あべちゃんも去年の方が面白かったと思います。

でも、まあいいですわ。


以降は私のツイートで、時系列に大会を解説します。


「○○」は他の方のアカウントです

カッコ内は、一次予選の順位で、今年からM-1と同じで、上位3人で決勝を争うシステムにかわりました。


1.COWCOW山田與志 627点(9位)

山田、R1SSと同じネタっぽい #r1
posted at 19:09:14

COWCOW山田の優勝はないと見た #R1
posted at 19:11:21

@○○微妙ですよね。これじゃ勝てないでしょう #r1
posted at 19:12:15

627とは、意外な高得点 #r1 #r-1
posted at 19:13:55

@○○ 審査員は、あえてサバイバル見てないのかもしれませんね。#r1 #r-1
posted at 19:14:41

@○○ あ、個人的にはCOWCOW山田は嫌いじゃないですよ。ゴルゴネタとか #r1 #r-1
posted at 19:17:17

2.バカリズム 630点(7位)

バカリズムのこのネタは、まだコンビ時代に自殺を止めようとしていたネタに似ていると思う。すみませんいちいち冷めたこと言って #r1 #r-1
posted at 19:19:59

がっかり感… 一週間とかチャカ・カーンとか出るかと思った #r1 #r-1
posted at 19:23:39

RT @○○: やっぱりバカリたんにはフリップがないとダメかも‥ #R-1 #R1
posted at 19:25:06


3.いとうあさこ 641点(5位)

途中電話が入り、いとうあさこは完全には見れず。でも今日一番笑ったww #r1 #r-1
posted at 19:29:31

いとうあさこ641点で630のバカリズム上回る。当然だと思う #r1 #r-1
posted at 19:30:18

私は あべこうじを応援しています。多分マイノリティ #r1 #r-1
posted at 19:31:17

4.Gたかし 639点(6位)

まあまあ面白いかもしれない、Gたかし #r1 #r-1
posted at 19:37:35

Gたかし639点、そんなところかなぁ?清水ミチ子のコメントに感心 #r1 #r-1
posted at 19:40:30

5.川島明(麒麟) 645点(4位)

客席はそこそこ沸いているが、名前で笑っているような気がする #r1 #r-1
posted at 19:43:15

麒麟川島、期待外れでした。今日はスミマセン。ホントはこんなに笑わない男じゃないんですよ #r1 #r-1
posted at 19:45:53

客観的には面白かったんだろうから、まあ納得。麒麟川島645点で暫定首位。ここでバカリズムが脱落だが、コメントにもキレがない気がする。 #r1 #r-1
posted at 19:47:33

6.我人祥太 628点(8位)

この人には期待しています がじんしょうた #r1 #r-1
posted at 19:49:46

△からの発射物wwww #r1 #r-1
posted at 19:51:56
(「△」は方角を表す文字です。ちょっとやばいかも、と思ったので隠しました)

我人しょうた、面白かったです。トップにたってほしい #r1 #r-1
posted at 19:53:31

え~~、面白かったと思うよ。我人。628点で脱落。でも今後注目したい #r1 #r-1
posted at 19:55:13

的を得てましたねぇ、点数出にくいですよね。RT @○○: 伊東四郎のコメントが実に客観的に的を得てましたね。 #r1 #r-1
posted at 19:55:40

7.なだぎ武(ザ・プラン9) 661点(1位)

まあ、高得点は出るんだろうなぁ、なだぎ #r1 #r-1
posted at 20:00:48

なだぎ661点とダントツ #r1 #r-1
posted at 20:01:56

「なだぎ武と言うだけでも50点いれちゃおうか」(高田じゅんじ)はシャレになってないと思う #r1 #r-1
posted at 20:03:18

同意ですRT @○○: @○○ ナカーマ!!どうしてもなだぎは笑えない・・・。
posted at 20:03:44

8.エハラマサヒロ 655点(3位)

エハラは好き嫌いがあると思うけど、期待 #r1 #r-1
posted at 20:07:24

あ~、昔の上司に似てる「今日中に終わる?」エハラ #r1 #r-1
posted at 20:09:23

先生のくだりは全部マイケルのためのものだったのか・・・感心 #r1
posted at 20:11:41

外見もあんな感じで、フラッシュバックなう、ですRT @○○: 前の職場の所長の口癖でした… RT @pa9mania: あ~、昔の上司に似てる「今日中に終わる?」エハラ #r1 #r-1
posted at 20:12:28

いとうあさこがぁ~~ #r1 #r-1
posted at 20:12:57

うんうん、そうでしたよ。今日初めて私のツイート見た人って、変な風に見られそう(じぶんのことばかり)RT @○○: 毎年こんな感じだっけ‥もっとドカンドカン笑いたいよー #R1 #R-1
posted at 20:15:09

9.あべこうじ 658点(2位)

あべこうじ、期待してます。がんばれ #r1 #r-1
posted at 20:16:12

そう、あべちゃんセンターマイクだけなんだよね~ #r1 #r-1
posted at 20:16:52

愛人のてんどんww #r1 #r-1
posted at 20:19:38

あべちゃんが一番だったと思う。審査員受けしそう #r1 #r-1
posted at 20:21:27

あべこうじ658点で決勝へ。当然だと思う。これで、決勝はなだぎ武とあべこうじとエハラマサヒロの対戦になった #r1 #r-1
posted at 20:23:20

なんかKY感が…RT @○○: 板尾さんがやっぱり厳しいね。 #fujitv #R1
posted at 20:27:30


以降は決勝。

1.エハラマサヒロ

エハラ自分の世界に持って行くのが上手い!! #r1 #r-1
posted at 20:30:13

おどりがしつこい #r1 #r-1
posted at 20:31:53

あべちゃんですよね。面白かったRT @○○: 面白かったもん♪ RT @○○: あべこうじ658点で決勝へ。当然だと思う。これで、決勝はなだぎ武とあべこうじとエハラマサヒロの対戦になった #r1 #r-1
posted at 20:32:20

雨上がりが板尾に絡みにくそうww #r1 #r-1
posted at 20:33:06

2.あべこうじ

あべちゃん、がんばれ #r1 #r-1
posted at 20:33:27

あべちゃん いいよ #r1 #r-1
posted at 20:36:09

おち、よくわからなかったけど、あべちゃん良かったよ #r1 #r-1
posted at 20:37:11

ひいき目入るけど、あべこうじ > エハラマサヒロだと思う。審査員も心情的にあべちゃん応援しているような #r1 #r-1
posted at 20:39:01

スマイリーキクチ。ヨン様ネタ以前のが好きですRT @○○: なーれっ!\(^o^)/ RT @○○: あべちゃんが優勝して、ユリQやスマイリーキクチやナオユキみたいな漫談師が注目される時代の流れに、なーれー!
posted at 20:40:39

3.なだぎ武

あべちゃんの勝ちだな、と言うか、お願い、勝ってほしい #r1 #r-1
posted at 20:45:55

なだぎ武はたしかに面白いと思う。今回のはちょっとだけど。これは河口氏が、コルツとペイトリオッツの試合はもう見たくない、と言う気持ちと同じかも #r1 #r-1
posted at 20:47:07

同意。でもあれ以上しゃべられたら困るんでしょうねRT @○○: ゲストのコメントが素人以下だな #R1 #R-1
posted at 20:48:32

いけいけ~RT @○○: TLがほぼ全員あべちゃん応援。頼む、届け!
posted at 20:48:54

そして結果発表

あべちゃんの勝ちだな、と言うか、お願い、勝ってほしい #r1 #r-1
posted at 20:45:55

なだぎ武はたしかに面白いと思う。今回のはちょっとだけど。これは河口氏が、コルツとペイトリオッツの試合はもう見たくない、と言う気持ちと同じかも #r1 #r-1
posted at 20:47:07

同意。でもあれ以上しゃべられたら困るんでしょうねRT @○○: ゲストのコメントが素人以下だな #R1 #R-1
posted at 20:48:32

いけいけ~RT @○○: TLがほぼ全員あべちゃん応援。頼む、届け!
posted at 20:48:54

おもわず「よっし」と言った私。おめでとうあべこうじ。私もうるうる #r1 #r-1
posted at 20:50:44

本当にやっとだったね、あべちゃん。良かったね #r1 #r-1
posted at 20:51:57

TLがあべちゃん、おめでとう、で埋まった件 #r1 #r-1
posted at 20:53:14

では、私は夕飯を食べに離脱します。全体的にいつもほど面白くなかった気がしますが、あべちゃんが勝ったので嬉しいです #r1 #r-1
posted at 20:55:13

@○○ ブログで「あべちゃんを応援します」って書いてたので、良かったです。こっちももらいウルウルですよ。盛り上がらないのは今だと雨上がりの差、何ですかね。くりいむ上田がやれば、たしょういいかも、と思います
posted at 21:29:57


こんな感じでした。

わかりにくくてスミマセン。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スーパーボウル中継でのオードリーの評判をまとめてみました

20100222オードリーショートアメフト

(むつみ荘でのショートアメフト)

今更ですが、2/8(月)の深夜に放送された、日本テレビのスーパーボウル中継にゲストで出演した、オードリーの評判をまとめたことを書きます。

「評判」の根拠は、中継直前から2/9夜までに「オードリー」の文字列で検索したtwitterのツイートです。

これを私の主観で仕分けました。


結論としては、好評でした。


オードリーのファンは、アメフトを見て楽しんでもらえるだろうか?

・アメフトのファンは、オードリーの解説を評価してくれるだろうか?

この2点が私が気がかりだったところです。


全部で1061件について見ました。

うちオードリーとスーパーボウルのことをツイートしていたのが573件。

この中で、オードリーに批判的だったのが75件。

好意的だったのが236件でした。


単純に言えば、3:1の割合で、オードリーのゲスト出演に好意的な意見が多かったと言えます。

なお、残りの262件は、どちらでもありませんでした(計算あってるかな?)


ただし、批判的な意見のうち、ハーフタイムショウで「The WHO」ではなくオードリーを映していたことに関してが21件。

これはオードリーのせいだとは言えないですね。

ちなみにハーフタイムショウで「The WHO」をうつさなかったのは、放映権が絡んでいたからで、決して番組構成上の問題ではありません。

で、批判的な意見をよく見ると、オードリーがアメフトをやっていたことを知らない人が多く、試合の前半に多くて、後半には少なくなっています。

だから、最初はイライラしていたものの、見ているうちに面白いと思った人が多いように感じられます。


オードリーファンのツイートの中には、オードリー目当てでスーパーボウルを見たけど、ルールもわからないが、とにかく面白かった、というものも少なくありませんでした。

もっと勉強しとけばよかったの声もいくつかありました。

そして、アメフトファンからも、オードリーファンからも、来年もぜひ、と言う声が多かったです。


そんな訳で、日本テレビが今回「スーパーボウルPR大使」としてオードリーを起用したのは、大当たりだったと言えるでしょう。

逆に、今までのスーパーボウルのゲストを批判する声、またサッカーでこれだけのことが話せる芸能人が少ないことを嘆く声もありました。


結論として、私は以下のことを望みます。

・レギュラーシーズンからの出演

・副音声での二人だけの観戦トーク

・フットボールの雑誌への連載

・国内のゲームにサプライズ登場


日本テレビさん、Touchdownさん、日本協会さん、是非検討願います。


なお、オードリー自身も大変楽しんでくれたようで、若林なんかは、このハイテンションがキャンパスナイトの水着コーナーで出せたら、と思ったそうです。

男としては逆じゃない?と思う人もいるかもしれませんが、私はものすごく共感できます。

また、自分自身がまだまだ感動が出来る人間だと言うことも再確認できたと言ってました。


追記:タイトル負けした内容になってしまいました。

   タイトルに期待された方、申し訳ありませんでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

R-1敗者復活戦は、COWCOW山田與志が勝利

20100221R-1サバイバルステージ

(優勝した、COWCOW山田與志

昨日、R-1ぐらんぷり2010の敗者復活戦「サバイバルステージ」が行われ、COWCOW山田與志が圧勝しました。

COWCOW山田與志が1000点超えだったのに対し、2位の友近は700点台でした。

得点と順位は以下の通りです。

1位 COWCOW山田與志 1110点

2位 友近 730点
3位 田上よしえ 480点
4位 アナログタロウ 370点
5位 ユリオカ超特Q 360点
6位 ゆってぃ 250点
7位 もう中学生 190点
8位 中山功太 180点
9位 今泉 170点
10位 ナオユキ 130点


さらっと感想を書きます。

COWCOW山田與志は、完成度の高いネタでした。一昨年のテニスネタから大きく変わっていないのですが、今回のはさらに手が込んでいて、技術的にも難しもので、文句なしだと思います。


友近は、相変わらず求道的なものでした。

私には面白さがよくわかりませんでした。


田上よしえは頑張ったなぁ、と思います。

スタイルは10年前のものの、ものの例えにこだわるネタでしたが、スピード感についていくのが大変だったので、共感が持てた時には嬉しかったです。

でも聞きとりにくかったです。

もう少しスピードを落として、最低でも考えさせられる時間をくれれば、と思います。


アナログタロウがここまで評価された理由が良くわかりません。

私は、単にイントロあてクイズとして聞いていました。

4問間違えました。

斉藤由貴を天丼で使ってましたが、それだけが見所だったと思います。


ユリオカ超特Qは、ここまでが限度かと思いました。

帽子を脱いで、ハゲネタを中心に披露してました。

相変わらず、昔の片岡鶴太郎とかぶります。

個人的には、外見をネタにするのはあまり好きではないです。

例外はありますが。


ゆってぃは、一番客席を沸かせていたように思えます。

6位と言う評価は、ちょっと低いかな、と思います。

決勝に行っても良いかな、と思いました。

とても優勝できる内容ではないと思いますが。


もう中学生は、いつもよりは面白かったです。

でも、お笑い番組に出てくるキャラクターではない、と感じました。

段ボールを使うのも、COWCOW山田與志の方がうまかったし。

そろそろ笑いをとる方向に、本腰を入れてほしいです。

よくここまでこれたものだ、と思いました。


中山功太がここまで低かったのは、期待の裏返しだと思いました。

ネタとしては、実質的には去年のねたと変わらないと思います。

ただ、客席や審査員にそれがうまく伝わっておらず、その期待外れ感が、この低さとなったのでしょう。

しかし、Yahooのコメントをみると、彼に対する批判が多いです。


今泉

レッドカーペットでよく見ますが、最後まで見たのは今回が初めてでした。

途中、言ってみたいセリフだけを言って、解説なし、というのがありました。

それを連続して使ってましたが、上手く配置すると、けっこうおもしろいと思います。

内容の割に、評価が低かったように思えます。


ナオユキはスピード感がなかったのが敗因かと。

言っている内容は面白かったんですけどね。


以上が簡単な感想です。

決勝は明日19時から。

それまでにテレビの前に座るのは難しいでしょうが、ネタが始まるまでには何とかしたいです。

土日にやってほしかった。


私は以前もかきましたが、あべこうじを応援します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「スポーツドリンクシャワー」について (動画付き)



(説明する必要ないかなぁ)

2/21のオードリーのオールナイトニッポンでは、「アメフトの小部屋」がありませんでした。

これで二週連続となりますが、フリートークでけっこうアメフトネタをやっているのでしかたないかな、と思いました。

と言う訳で、今回は先日のスーパーボウル中継でも春日が言っていましたが、アメフトでよくつかわれる言葉「スポーツドリンクシャワー」について書きます。

これは動画を見れば一目了然なのですが、めでたいことのセレモニーとして、スポーツドリンクを監督(NFLでは「ヘッドコーチ(HC)」)にぶっかけることです。


実は「スポーツドリンクシャワー」と言う言葉は、日本ではNHKなど一部マスコミ以外では使ってないんじゃないかと思います。

一般的には「ゲータレードシャワー」と言います。

これはアメリカではゲータレードがスポーツドリンクの代名詞となっているためです。

もともとは「ゲータレードシャワー」と言う言葉で日本にも入ってきたのだと思います。

事実1990年頃の日本テレビのNFL中継でも、この言葉が使われていました。

しかしNHKがNFL中継をする場合、同局の、商品名を使わないと言うポリシーのもとで、この「スポーツドリンクシャワー」と言う言葉が「発明」されたようです。

私はNHKでしか「スポーツドリンクシャワー」と言う言葉を使わないのかと思いましたが、先日の日テレのスーパーボウル中継で、オードリーの春日がこの言葉を使うのを聞いて、他局でもこの言葉を使うのかと驚きました。

もしかしたら、使い間違えただけかもしれませんが。


なお、従妹の旦那さんにアメリカ人がいますが、二人の結婚式の日があいにくと雨の日になったので
「まあ、この雨はゲータレードシャワーだと思えばいいじゃん」
と言うようなことを怪しい英語で言ったら、彼にはちゃんと伝わりました。


さてこの動画は1987年1月の第21回スーパボウルのもので、勝利をほぼ確定させたニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)のHCビル・パーセルズに対し、選手がスポーツドリンクをぶっかけている場面です。

以前何かの本で読んだのですが、このセレモニーは、このシーズン辺りから、NYGが始めたものだそうです。

英語のWikipedia (http://en.wikipedia.org/wiki/Gatorade_Shower) によると、1985年10月28日のゲームで、NYGのジム・バート選手が、ビル・パーセルズにぶっかけたのという説が代表的なようですが、その前年にはシカゴ・ベアーズがやっていた、と言う主張もあるそうです。


でも最近は、日本ではゲータレードって有名なんでしょうか?

私は高校生ぐらいによくテレビCMで見ていましたし、部活の後に飲んだりしていましたので、なじみはあるのですが、最近はあまり店頭でもCMでも見掛けないように思います。

「ゲータレード(Gatorade)」とは、もともとフロリダ大学のアメリカンフットボールチーム
「フロリダ・ゲーターズ」(Florida Gators:「アリゲーター=ワニ」の意味)
のために、同大学の医学・生理学者ロバート・ケード博士によって開発された水分補給のための飲料です。

「ゲータレード」という名称は、チーム名と「エード」(ade:レモネード(lemonade)等、飲料の意)の合成語だそうです。


なお、このセレモニーは、真冬の寒冷地で、高齢のHCに対してもやるようです。

1991年1月、バッファーロー・ビルズはチーム創立以来初めてスーパーボウル出場を決めました。

このときのバッファローのHCマーブ・リービーは65歳でしたが、容赦なく寒冷地のバッファローで、スポーツドリンクをぶっかけられていました。

この年から4年間続けて、彼の指揮するバッファローは、スーパーボウルに出場し続けるのですが、彼に対してこのセレモニーが行われたのは、おそらくこれが最初で、今のところ最後だと思われます。



P.S.ショーパブ「キサラ」の公式サイトは、下記URLです
 http://www.kojima-kikaku.co.jp/kisara.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「ラー油特集」 on ズームインサタデー

20100220桃屋のラー油
(品薄が続いている、「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」。我が家には今食べているもののほか、備蓄が2瓶あります)

今朝の「ズームインサタデー」で、「ラー油」の特集をやっていました。

ラー油ブームなんだそうです。


【ラー油にあう食品ベスト3】

そのなかで面白かったのは、意外にラー油にあう食品ランキングでした。

結果は以下の通りです。

1位 バニラアイス

2位 (マグロの)にぎり寿司、または刺身

3位 味噌汁


バニラアイスに関しては、まだ試したことがありません。

想像もつかないです。


(マグロの)にぎり寿司、または刺身に関しては、これはアリかも、と思いました。

私は刺身や寿司で、脂身を食べるのが大好きです。

だんだんしょう油皿が脂っこくなっていくのを見るのが幸せです。

ですから、良いかなぁ、と。


味噌汁もありかと思います。

と言うのは、私は豚汁(福岡では「ぶたじる」と呼びます)は、肉の脂が汁にしみこんだ、2日目のものが美味しいと思うからです。


【ラー油って健康の面からみてどうなの】

ここで疑問に思うのは、ラー油って体に悪くはないのか、と言うことでした。

Yahooの知恵袋に、私と同じ疑問と回答がありましたので紹介しておきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117988866

質問:最近ラー油にハマっているんですが、ラー油って健康にいいんでしょうか?

回答:ゴマには抗酸化作用のあるセサミン、コレステロール抑制効果のあるリノール酸、オレイン酸が含まれており、唐辛子には脂肪燃焼効果と唾液・胃液の分泌促進効果のあるカプサイシンが含まれていますので、微量の摂取であれば、健康には良い油といえるでしょう

あくまでもネット上のやりとりで、まったく正しいかどうかは保証できません。


私も女房も、写真の「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」にはまっています。

味にうるさくて、正統派の女房は、もっぱらごはんの友に食べています。

美味しければ何でもいい、と言う私は、色々と冒険してみるつもりですが、今のところ豆腐にのせて食べていることが多いです。

納豆卵ご飯にかけた時もなかなかイケました。


なお、今日の「ズームインスーパー」で紹介された商品は、下記番組公式サイトに紹介されています。

http://www.ntv.co.jp/z-sat/just/20100220.html


「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」は、番組でサラっとしか紹介されませんでhしたが、ただでさえ品薄な今、さらに人気が出て、入手しにくくなったら嫌だなぁ、と懸念してます。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「アメフトの納戸」(2/18更新)に書かれた「オーディブル」の解説


(なかなかオーディブルを的確に表す動画が見つかりませんでした)

2/18に更新された、「オードリーのオールナイトニッポン公式サイト」にある「アメフトの納戸」に書かれていた、

「オーディブル」

について解説します。


オーディブルとは、クォーターバック(QB)が、プレイ直前に、ハドルで伝えたプレイから、違うプレイに変えるために大声で出す暗号のことです。

通常オフェンスのプレイは、直前のハドルで、QBから他の選手に口頭で伝えられます。

そしてオフェンスは、そのプレイのために持ち場につきます。

この時、QBはオーディブルでプレイを変えることがあるのですがたまにあります。

どう言う状況でプレイを変えるのかと言うと、ディフェンスのポジショニングを見たら、ハドルで伝えたプレイは通用しない、と思った時です。

その時に大声でその他のオフェンス選手に、暗号で変更するプレイを伝えるわけです。


動画で説明します。

動画の25秒までは、いくつかのハドルのシーンです。

ここで次のプレイを伝えます。

ランで行くのか、パスで行くのか?

ランなら内側に走らせるのか、外側にするのか?

パスなら誰が第1ターゲットなのか?

そのために他の選手はどう言うブロックをするのか?

などなど…


そして26秒からオーディブルが始まります

最初は自分の右側の選手に、次に左側と後ろにいる選手に。


39秒でプレイが始まります。


実はペイトン・マニングは、半分以上のプレイでオーディブルをコールします(使います)。

そしてそのうちのいくつかは、ダミーであることがあるそうです(本人談)。

つまり、変えるふりをして、ディフェンスに変えたと思わせて、実はハドルで伝えたプレイをそのままやったりするそうです。

野球でも、投手が捕手のサインに首を振ることがありますが、打者をあざむくために、嫌がっいるふりを見せるためだけに首を振ることがあります。
(阪神に入団した城島は、投手によくこれをやらせます)

変えるふり、ってどんな効果があるのか?

それは私にはわかりませんが、ただ、オーディブルでコールされるプレイに偏りがあると、それが来ると思わせたりするのでしょう。

また、オーディブルではそんなに複雑なプレイをコールするのは難しいので、単純なプレイがくると思わせたりするのでしょう。


なお、オーディブルでは大声だけではなく、身振りや手ぶりも入りますので、私なんかはたまに、マニングのプレイがなんか落ち着きがないように見えてイライラしたりもします。


ただ、オーディブルを使うのは難しいのです。

まず、QBにディフェンスのプレイを予測する頭脳が必要とされます。

そして何にかえるのか、選択する力と、判断するそれとが必要です。

こう言うことが一瞬でできる頭脳が必要なのです。

さらに、プレイは一定時間内に始めないと、遅延行為で反則(ディレイ オブ ゲーム)と見なされますので、その時間内に伝えきれないといけません。

伝えきれなくて、仕方なくタイムアウトをとったり、前述の反則を取られたりすることもあります。

だから、誰にでもできると言う訳ではないそうです。


ちなみに、Wikipediaによりますと、オーディブルでコールされる暗号には「数字」や「色」等が用いられるそうです。

ですが、下記URLの動画の18秒辺りから始まるオーディブルを聴くと、マニングのには「地名」が多いように感じられます。
http://www.youtube.com/watch?v=gp_HnAjFyDU

他の動画でも「TOKIO」と言うコールが聞こえました。


以上がオーディブルの説明です。


ところで、「アメフトの納戸」に書かれていたことで気になることを書いておきます。

「とある番組の打ち合わせで」とありますが、「とある番組」ってなんだろう?
 生でなければ是非見たいので、激しく気になります。

「デートネタ」はよく見たけど、「病院ネタ」ってオードリーにあったっけ?
 それとも春日の骨折で、新しいのが出来たのかなぁ?

以上2点、片方でもかまいませんので、ご存知の方は教えて下さい


なお、予定が変わってなければ、今日ベースボールマガジン社から「American Football Magazine」のスーパーボウル特集号が発売されます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメフトをハマった理由について考えてみました

20100218京大ギャングスターズ

(私が見始めた頃の日本選手権。京都大学ギャングスターズとレナウンローバーズが強い頃でした。日大フェニックスも)

自分自身、どうしてアメリカンフットボールにハマってしまったのか、よくわかりませんでした。

なんでこんなことを考えていたかと言うと、アメリカンフットボールの何が面白いかを説明できるようにするためです。

十人十色の理由があるとは思いますが、私の場合なんだったんだろう?


結局出てきた結論は、自分にとってわからないものが、だんだんわかっていくのが楽しいんだろう、と言うことです。

私もそうでしたが、アメリカンフットボールってなじみがなかったので、最初見た時は何がどうなっているのかさっぱりわかりませんでした。

でも、一つ一つ、プレイについて、なぜこんなことをしたのか、と言う気持ちや理屈がわかってくると、なんかそれが面白いんですよね。

中学生の時、因数分解をならって、解いてみて、正解だと嬉しかった。

だからもう少し勉強してみよう、って言う気持ちになったのと同じだと思います。


しかも、プレイの意図やルールや反則が存在する理由を理解するのって、そんなに難しくないんですよね。

だってアメリカでは、普通に子供が楽しんでるんですから。

高校生の時、行列や順列を理解できなくて、理系への道を閉ざした、と言う残念な思い出とは正反対です。


今、オードリーが好きになって、アメフトを見始めたかたは、おそらく、わからないことがわかって行く楽しみを味わっておられると思います。

でも、勉強や仕事と同じで、いったんわかった気になっても、次にまた壁にぶち当たることもあると思います。

私もそうでした。

しかし時間がたてば、そのうちわかって来ます。

そうやって壁を乗り切ることができます。

ひとつ、ひとつの壁が、それほど高くないんですよね

それにしょせん趣味の世界ですから。

命かけてまで理解しようと悩むこともないと思います。


さあ、アメフト観戦を楽しみましょうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「エロイカより愛をこめて」第36巻購入しました

20100216エロイカより愛をこめて36巻

(ぼんやりとですが、裏表紙のエーベルバッハ少佐と仔熊のミーシャです)

昨日発売されたエロイカより愛をこめて第36巻を、会社帰りに買いました。

このマンガは、ほぼ発売と同時に買っています。

最初に買ったのが1980年だったと思いますので、ファン歴30年

私の中では、竹内まりやのファン歴よりちょうど一年短いです。


青池保子さんが書き、女性マンガ誌に載ってますから、れっきとした少女マンガです。

しかし主人公の二人は男性です。

私はこのマンガを少女マンガだとは思ってないです。

けっこう男性のファンも多いアクションマンガです。

「ゴルゴ13」にギャグのネタを入れたもの、と言えばわかってもらえるでしょうか。


最近はこのマンガはどう見られているのか、ちょっと気になります。

主人公の一人(伯爵)はホモセクシュアルで、もう一人の主人公(少佐)に好意を持っています。

健全な少佐は、それを嫌悪してます。

だから、決してBLではないのです。


作者の青池さんも、もう還暦を越えられました。

なんとなく最近は、顔の線が単調になり、男としては目をそむけたくなるような華やかさがなくなったような気がします。


ところで、私はtwitterのbotを作るのなら、最初はエーベルバッハ少佐のbotを作ろうと思っていました。

でも、もうありました。

エーベルバッハ少佐のbotのアカウントは 「Major_Eberbach」です。
http://twitter.com/Major_Eberbach

グローリア伯爵のbotのアカウントは 「dorianbot」です。
http://twitter.com/dorianbot

さらにSISのチャールズ・ロレンスのbotもあり、アカウントは 「lawrencebot」です。(フッ)
http://twitter.com/lawrencebot

私はエーベルバッハ少佐のbotとロレンスのbotをフォローしています。


自分が知っているマンガのキャラクターでは、私とロレンスは人格がそっくりだと思ってます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「オレたちクイズMAN」でオードリー若林が出題したクイズの解説

2/14(日)放送の「オレたちクイズMAN」オードリー若林が出題したクイズは

NFLが戦力の均等にするために行っていることはなんでしょう?」

でした。

正解は

「リーグ全体の売り上げを、均等に分配する」

と言うものでした。

そうすることで、資金力の差をなくして、補強に格差を生じさせない、と言うのが狙いです。


で、ここからが解説なんですが、この制度を 「レベニューシェアリング」 と言います。

NFLでは以下の収益をリーグ全体でプールし、所属する32チームに均等に分配しています。1チームの収入に占めるリーグからの分配金の割合は平均約70%に達しています。」
NFL JAPANの「レベニューシェアリング」のサイトより
 http://www.nfljapan.com/guide/about/system/sharing.html

このサイトによりますと、

・テレビ放映権からの収入
・チケット収入
・ライセンスグッズ収入
・スポンサー収入


は、大半が一旦リーグにプールされ、それを球団に均等に分配しているそうです。

私の記憶では、数年前までは、チケットのうちでもラグジュアリースイーツ、それからスタジアムの売店の売り上げは、直球団の収入になり、レベニューシェアリングの対象にはなってなかったと思います。

そのため、グリーンベイなどはラグジュアリースイーツを増設する工事をやったような記憶があります。

それはさておき、こんな感じですので、ニューヨークのような大都会にあるチームも、北米大陸のプロスポーツのうちで最小の町のグリーンベイでも、収入には大差がないわけです。

そうやって、補強する資金力を均等にすることで、額面だけは同じような戦力のチームを作り、勝敗にバラツキをなくそうとしているわけです。


実は私、この問題、間違えました。

私は、「サラリーキャップ制度だな。もしかしたら完全ウェーバー制のドラフトも答えに入るかも」と思っていました。

レベニューシェアリングは知ってはいましたが、頭に浮かびませんでした。


で、サラリーキャップ制度ですが、これはNBAにもある制度です。

大雑把にいえば、各チーム、全選手の年棒総額の上限を定めるのです。

良い選手は年棒が高いですから、このシステムがある限り、超一流選手でチームを固めるのは難しくなるわけです。


完全ウェーバー制のドラフトは、前年の成績の悪い順から、獲得候補となる新人を指名する制度です。

日本のプロ野球のように、くじ引きなどは一切ありません。

今度のドラフト、毎年4月末に行われますが、今シーズン1勝15敗に終わったセントルイス・ラムズが全体の一位の指名権を持つことは決定しています。

しかしドラフト会議は日本のプロ野球よりエキサイティングで、ドラフト会議の最中に、選手とドラフト権のトレードや、ドラフト権同士のトレードが行われたりします。

今シーズン、マイアミ・ドルフィンズでプレイしたRBのリッキー・ウイリアムス選手は、かつてニューオリンズ・セインツが、上位のドラフト権と、セインツのその年のドラフト権の全てを交換してセインツ入りした選手です。


これらのNFLの戦略は、NFL JAPANの下記サイトに詳細が説明されています。
http://www.nfljapan.com/guide/about/system/index.html

ただこれ以外にも、私の記憶では、金銭トレードの禁止、なども戦力の均衡をはかる上での措置だったと思います。


でも、これだけの対策をしても、やはり常勝チームと万年最下位のチームは出来てしまいます。

この10年間で言えば、前者の代表がインディアナポリス・コルツやニューイングランド・ペイトリオッツです。

補強の仕方を間違ったり、優れたコーチ陣がいるかどうかの差のようです。


なお、サラリーキャップ制度は、現在労使交渉がうまく行っておらず、存続が危ぶまれています。

これが崩壊すると、おそらくワシントン・レッドスキンズが強豪となるんじゃないか、と私は読んでいます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「ドロリッチなう」ってなに?

20100206ドロリッチ

(ドロリッチってこれのことだったのね)


先週の土曜日のことだったのですが、twitterでよくみかけた

「ドロリッチ」

を飲んでみました。

たまたまスーパーで安売りしていたからです。

私が選んだのは、「Dororich クラッシュカフェゼリー クリームin」と言う、まあ、コーヒーゼリーが飲料になったようなものです。

なかなかイケました。

私はコーヒーを水代わりに飲むので、コーヒーを飲んでも目が覚める、というのはなかなかないのですが、ちょっと目がシャキっとしました。


女房は「Dororich ベリーミックス クリーム in」か「Dororich フルーツミックス クリームin」を飲んだのですが、あまりお気に召さなかったようです。

まあ、あの女は味にうるさすぎるところがあるので、あまり参考にならないと思います。


ところでtwitterをお使いの方は、たまに

「ドロリッチなう」

と言うツイートを見掛けませんか?

「週刊ダイヤモンド」の1/23号の特集「2010年twitterの旅」によると、去年の5月下旬から、誰が最初かはしらないが、TL上で流行しはじめたそうです。

発売元のグリコも、このツイートが流行っているとは知らなかったとのことですが、TL上にたまに現れ、また、語感の良さも手伝って、爆発的な宣伝効果をもたらしたそうです。

かく言う私も、このツイートを見掛けなかったら、多分買うことはなかったでしょう。


今では「dororich」と言う、twitterアカウントも存在します。

発売元とは関係ないbotだそうです。

このbotは、「「twitter 検索」を利用して「ドロリッチなう」発言に反応します。」と言うことだそうです。

「ドロリッチなう」とツイートすると、

例えば

「@○○ さんが ドロリッチなう しました。お初にお目にかかります。あなたの発言をカウントさせていただきました。不束者ですが、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m *1Cday[today:1/total:1]」

「@○○ さんが ドロリッチなう しました。こんばんは。久しぶりですね。忙しかったですか?また飲んでくれて嬉しいな。 *1Cday」

「@○○ さんが ドロリッチなう しました。お元気ですか?今日で連続4日目。毎日飲んでくれてありがとう! *4Cday[today:1/total:6] 」


などと反応します。

もっとマニアックなものもあるようです。

ある特殊な趣味をお持ちの方には、たまらないbotのようで、すでに2594人からフォローされています。

私はそういう趣味は持っていませんのでフォローはしませんが、気になる方は下記サイトを参照されてみてはいかがでしょうか?

http://twitter.com/dororich/


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメフトののチアリーダーについて



(去年の一月のものです。チアリーダー、と言うより、いち女性としてNFLの面白さを語ってられました。)


2/14のオードリーのオールナイトニッポンでは、「アメフトの小部屋」がありませんでした。

このまま寝るのもなんですので、ブログを更新してから寝ます。

twitterである方から「チアリーダーのエピソードを書く、なんていかがですか?」と言う提案をいただきましたので、今回はその件について書きます。

ただ、最初に書いておきますが、私は現地観戦するときも、テレビででも、チアリーダーは、まず見ていません

いや、私も男ですから、女性は大好きですよ。

でも、アメフトのゲームにはいらないなぁ、と言うのが本当に正直な気持ちです。

「爆笑レッドカーペット」にこまつが出るのが、場違いすぎて興ざめ、と言うのと同じ感覚です。


でも、フットボールが好きな女性には、チアリーダーを見るのも好きと言う人も少なくないようです。


過去16人の日本人がNFLのチアを経験しています。

日本人として最初にNFLのチアとなったのは、三田智子さん(シアトル・シーホークス)と、石井球江さん(オークランド・レイダース)だそうです。

1997年のことですが、私はずっと三田さんが最初だと思ってたのですが、今回この記事を書く際の調査で、Wikipediaで、石井さんも同期であることを知りました。

三田さんと言えば、ダラス・カウボーイズのイメージが強いのですが、その前年にシアトルに在籍していたことも今回知りました。


NFLの日本人チアで、私が強烈に覚えているのは、杉谷(現姓:石田)季子さんです。

彼女は2001年の一年間だけ、サンフランシスコ・49ナーズに所属していました。

日本でももともとチアリーディングをされていたそうですが、一度アトピーで生死の境をさまよわれたそうです。

それを克服した時、せっかく生まれたのだから、自分がやりたいことに挑戦しよう、と言う訳で、NFLのチアを目指され、努力をされたそうです。

私は、こう言う話しは大好きです。

なお、Wikipediaによると、新聞「Japan Times」で、

「Xリーグでのチアリーダーが音量が大きすぎる、観戦者の視界を遮っているという苦情が(観客から)あることを明らかにしている。」

そうです。

私がチアリーダーはいらない、と言うのは、このことも理由です。


日本人チアの情報は、Wikipediaの「NFLの日本人チアリーダー一覧」や、NFL JAPANの下記URLのサイトで見ることができます。
http://www.nfljapan.com/guide/about/cheerleader/


そもそもNFLのチアリーダーってどんなものなの、と言いますと、簡単に言えば、チアリーディング能力だけではなく、身ともに優れ、知的かつ自立性を持ち合わせた理想的な現代女性像として、アメリカでは女性達のロールモデル(社会の見本)とみなされているそうです。

ですので、NFLのチアになるのは、かなりの難関なのです。

ゲームだけではなく、病院訪問、学校訪問、サイン会等の慈善事業にも積極的で、年間約300件以上の地域貢献活動に参加しているそうです。

しかし報酬は、ゲームの日の日当のみで、それも数千円の世界ですから、ボランティアに近い存在だと言えるでしょう。

詳細は下記サイトを参照ください。
http://www.ii-web.net/test/nfl_cheer/cheer/nflcheer.html


ところで、NFLには、チアリーダーがいないチームが6チームもあります。

全て古くからNFLに加盟しているチームです。

私の好きな2チーム、グリーンベイ・パッカーズとピッツバーグ・スティーラーズにも、チアはいません。

偶然チアのいないチームを好きになってしまったのですが、今ではそれが自慢です。


最後に、各チームのチアリーダーの名称について、「Touchdown pro」の2009年シーズン開幕特集号を参照しながら書いておきます。

○バッファロー・ビルズ…かつては「バッファロー・ジルズ」の愛称を持っていましたが、現在は「バッファロー・ビルズ・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです。

○マイアミ・ドルフィンズ…「マイアミ・ドルフィンズ・チアリーダー」と言う名称だそうです。

○ニューイングランド・ペイトリオッツ…「ニューイングランド・ペイトリオッツ・チアリーダー」と言う名称だそうです。

○ニューヨーク・ジェッツ…2006年シーズンまで、チアはいなかったそうです。現在は「フライト・クルー」と言う名称のチアがいるそうです。「ジェッツ」には「ジェット機」の意味がありますので。

○ボルチモア・レイブンズ…「ボルチモア・レイブンズ・チアリーダー」と言う名称だそうです。たしか昨シーズンには、40過ぎの子持ちの女性も在籍していたと思います。

○シンシナティ・ベンガルズ…かつては「シンシナティ・ベンギャルズ」の愛称を持っていましたが、現在は「シンシナティ・ベンガルズ・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです。

○クリーブランド・ブラウンズ…チアリーダーはいません

○ピッツバーグ・スティーラーズ…チアリーダーはいません

○ヒューストン・テキサンズ…「ヒューストン・テキサンズ・チアリーダー」と言う名称だそうです。

○インディアナポリス・コルツ…「インディアナポリス・コルツ・チアリーダー」と言う名称だそうです。

○ジャクソンビル・ジャガーズ…ジャガーの唸り声を表す「ザ・ロアー」と言う名称だそうです。

○テネシー・タイタンズ…「テネシー・タイタンズ・チアリーダー」と言う名称だそうです。

○デンバー・ブロンコス…かつては「ポニー・エクスプレス」の愛称を持っていましたが、現在は「デンバー・ブロンコス・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです。「ブロンコ」は「暴れ馬」の意味を持っていたと思います。でも、コルツのも「ポニー・エクスプレス」と呼ばれていた記憶があります。

○カンザスシティ・チーフス……かつては「チーフェッツ」の愛称を持っていましたが、現在は「カンザスシティ・チーフス・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです。

○オークランド・レイダース…「レイダレッツ」と言う名称だそうです。

○サンディエゴ・チャージャーズ…「チャージャー・ガールズ」と言う名称だそうです。

○ダラス・カウボーイズ……かつては「カウガールズ」の愛称を持っていましたが、現在は「ダラス・カウボーイズ・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです。

○ニューヨーク・ジャイアンツ…チアリーダーはいません

○フィラデルフィア・イーグルス…「フィラデルフィア・イーグルス・チアリーダー」と言う名称だそうです

○ワシントン・レッドスキンズ…かつては「レッドスキネッツ」の愛称を持っていましたが、現在は「ファースト・レディ・オブ・フットボール」と言う名称に変わっているそうです。ワシントンにはファーストレディ(大統領夫人)がいますから

○シカゴ・ベアーズ…チアリーダーはいません

○デトロイト・ライオンズ…チアリーダーはいません

○グリーンベイ・パッカーズ…チアリーダーはいません

○ミネソタ・バイキングス…「ミネソタ・バイキングス・チアリーダー」と言う名称だそうです

○アトランタ・ファルコンズ…「アトランタ・ファルコンズ・チアリーダー」と言う名称だそうです

○カロライナ・パンサーズ…「トップキャッツ」と言う名称だそうです

○ニューオリンズ・セインツ…「ニューオリンズ・セインツ・チアリーダー」と言う名称だそうです

○タンパベイ・バッカニアーズ…かつては「スワッシュバックラーズ」の愛称を持っていましたが、現在は「タンパベイ・バッカニアーズ・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです

○アリゾナ・カージナルス…「アリゾナ・カージナルス・チアリーダー」と言う名称だそうです

○セントルイス・ラムズ…かつては「抱きしめたい雌羊たち」の愛称を持っていましたが、現在は「セントルイス・ラムズ・チアリーダー」と言う名称に変わっているそうです

○サンフランシスコ・49ナーズ…「ゴールド・ラッシュ」と言う名称だそうです。ちなみに49ナーズは、1849年のゴールドラッシュでカリフォルニアになだれ込んだ人々を指します

○シアトル・シーホークス…「シーギャルズ」と言う名称だそうです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

Touchdown pro 第44回スーパーボウル特報号

20100213Touchdown pro第44回スーパーボウル特報号

(これが、「Touchdown pro 第44回スーパーボウル特報号」の表紙です。ブリーズですね)

予告通り、「Touchdown pro 第44回スーパーボウル特報号」を買いました。

私はアメフトも大好きですので、内容がどうであろうと、中を見ずに買います。


さてオードリーについてですが、私の期待よりは少ない、写真2枚込みで半ページほどの登場でした。

二人の感想が書かれていました。

若林のはけっこうまじめですが、春日はキャラを維持したコメントでした。

二人ともに共通しているのは、これから日本でアメフトが広まって行って欲しい、と言う想いでした。

よっしゃ、私はそのためなら何でもするぞ。


こんな感じなので、アメフトに興味のないオードリーファンの方にお勧めするのは微妙です。

まあ、写真の二人が仲良さそうで、コンビ愛が好きな人にはいいのかな、と思います。

本屋さんで手にとって、ご自身でお決めください。


さて今回の特報号ですが、例年に比べ文字が多いな、と言うのが感じられて嬉しいです。

編集期間が短いのもあってか、例年写真が多くて、文字フェチの私は、なんかごまかされた感があったのですが、今年のは読みがいがありそうです。

スーパーボウル特集が5割弱です。

ただ、ゲームの詳細な統計や、「Play by Play」と呼ばれる、一プレイごとの詳細は見つけることができませんでした。

きっと2/27(土)発売の4月号に載るのでしょう。

「Play by Play」に、ここでオードリーの二人が何を語ったかを追加してくれると嬉しいなぁ。


では残りの半分強は何が書いてあるかと言いますと、ドラフトなどのストーブリーグの展望、今シーズンの表彰選手の紹介、そして、2000年代の終わりと言う一つの10年間(英語で「ディケイド」と言います)の区切りなので、2000年から2009年までの特集記事があります。

私は歴史が大好きなので、こう言う記事はたまりません。

マイケル・ビックの事件にも触れられています。

そして、この10年間のオールスターチームが選出されています。

QBはペイトン・マニングではなかったですが、私は異論はないです。


最後に、今シーズンの記録が書いてあります。

選手名も含め、アルファベットと数字しか書かれていない9ページなのですが、これは、意味がわかると本当に面白いもので、私は大好きです。

野球よりもポジション別に細かい分野にわかれているので、初めて見る方は驚かれるでしょう。

今度記録の見かたでも書こうかな。


大体こんな感じです。

もっともっとアメフトのことを知りたい、と言う方には、10年間の歴史も書いてあるので、お勧めです。

最初は本当に、こんな本買って、わけわかんなくて、ほとんど読まなかったなぁ、で終わると思います。

でも、これからアメフトを見始めて、一年後にこの雑誌を再読したら、きっと面白いなぁ、と感じられると思います。


ちなみに私のシーズン後の楽しみのひとつは、シーズン開幕特集号などで予想記事を読んで、どれだけ当たってるか(外れてるか?)とか、時々出現する無名からスターダムに上がった選手が、シーズン前にどうひょうかされているか、とかを見比べることです。

いやらしい楽しみ方ですけどね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ニューヨークバーガー、いただきました

20100206ニューヨークバーガー本体
(これがニューヨークバーガーなんですが、わかりにくくなってしまいました(^_^;))

2/7(日)に、念願のニューヨークバーガーを食べました。

結論からいいますと、予想より美味しかったです。

宣伝の写真ではトマトが入っているのが見えたので、なんかあっさりしてそうだなぁ、と思ったのですが、意外にしっかりと肉肉していました。

サンドイッチっぽさを恐れていたのですが、しっかりとハンバーガーでした。


実はこの前日の2/6(土)の15時半過ぎに、2店マクドナルドに行ったのですが、いずれも売り切れでした。

販売2日目と言うことで、かなり売れたのでしょう。

ですから2/7は昼時前を狙って行きました。

私も女房もニューヨークバーガーのバリューセットを頼みました。

しかし女房は、一口食べただけで終わりましたので、ほぼ2個、私が食べたことになります。

そしてポテトのMサイズを食べたところで、満腹になりました。


20100206ニューヨークバーガー包装紙

これはニューヨークバーガーの包装紙です。

アメフトファンであれば、ダラス・カウボーイズを思い浮かべるでしょう。

さあ、今度はカリフォルニアバーガーですかね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

R-1ぐらんぷり決勝メンバー決定 に思うこと



(501キロバトル…は多すぎだと正直思う)

ピン芸人ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2010」の決勝(2/23)進出者、および今回から新設された敗者復活戦出場者(2/21)が発表されました。

まず敗者復活戦メンバーから。

登場順に

1.ユリオカ超特Q

2.今泉

3.ナオユキ

4.ゆってぃ

5.中山功太

6.山田與志(COWCOW)

7.田上よしえ

8.友近

9.アナログタロウ

10.もう中学生



この中で、ナオユキとアナログタロウってのは知らないです。

あとは全員知ってますが、ユリオカ超特Qや田上よしえは、久々に見ることになるでしょう。

どちらも主に20世紀に「爆笑オンエアバトル」で見てました。

Yahooニュースのこの件のサイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100210-00000029-oric-ent
には、いくつかコメントが寄せられていますが、その中に、

「もう中学生の面白さがサッパリ分からない…テレビ出ていいの?あれ…。」
と言うのがあり、賛成と反対の比率が13対2ぐらいでした。

テレビに出ていいかどうかは別として、私もお笑い芸人としてはちょっとね、と思います。

でも私はたまに彼のモノマネをします。


この中では、田上よしえに同情票で来てほしいなぁ、と思います。

なんかここまで苦労してそうなので。

昔は面白かったのに、今までほとんど見なかったのが不思議です。


そして決勝進出者ですが、こちらもネタ披露順に

1.(敗者復活枠)

2.バカリズム

3.いとうあさこ

4.G(グラップラー)たかし

5.川島明(麒麟)

6.我人祥太

7.なだぎ武(ザ・プラン9)

8.エハラマサヒロ

9.あべこうじ


この中ではG(グラップラー)たかしと我人祥太を知りませんでした。

そこで二人をYouTubeでさがして、我人祥太のだけ見つけたので、見てみて、冒頭に載せました。

まぁまぁ面白いですけど、501キロバトルほどのものはないな、と感じました。


なお前述のサイトのコメントですが、まず、なだぎ武を否定する声が多かったです。

そしてバカリズムを推す声が多かったです。

たしかになだぎ武は過大評価されている気がしますし、バカリズムのネタには期待が持てます。

個人的には、あべこうじに行って欲しいなぁ、と思います。

彼のはネタとしてではなく、普段でもあれだけ面白い話しが出来ればいいなぁ、と思いますので。

一切小道具も使いませんしね。

その他いとうあさこ(30代最後の挑戦かな)とエハラマサヒロが笑えると思います。

去年エハラマサヒロを初めて見た時には、出まくりのオーラに驚きました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スーパーボウル特集号の発売予定

20100211昨年度AFM
(ベースボールマガジン社のサイトより:昨年のスーパーボウル特集号)

スーパーボウルは終わってしまいましたが、私にはまだ楽しみが残っています。

それは、スーパーボウルについての特集号を読むことです。

私の知る限り、国内では2冊の特集号が発売されます。


まず、Touchdown社から

「Touchdown pro 第44回スーパーボウル特報号」

2/13(土)に発売されます。

これは1/30発売の定期刊にも予告されていました。

私は毎年買っているので、内容がどんなものであろうが買いますが、今回オードリーに魅かれて初めてスーパーボウルを見た人にとって買う価値があるかどうか?

結論として、私は買った方がいいかと予想します。

まず、おそらくオードリーの観戦記も載るんじゃないか?と考えています。

それから、この日の深夜のオードリーのオールナイトニッポンが生放送であれば、観戦の感想が語られるかもしれません。

(ちょっと気になるのが、前回の放送で「再来週の放送でお土産プレゼントの告知をする」と言ってましたので、それを真に受ければ今回も録音?と言うことが考えられます。
 まあ、若林が「来週」と「再来週」を間違っていることも考えられますが)


それに備えたいのであれば、予習の参考書として、買った方がいいと思います。

読んでいてわからないことがあれば、それが「アメフトの小部屋」の質問として、応募するネタにもなりかねませんし。

最終的に買うか買わないかは、本屋で手にとって、ご自分で考えて下さい。

ネット上で、前回「Touchdown pro」を手にとられた方の声として、高い、と言うのがありました。

私はアメフトの雑誌はそれぐらいするもんだ、と言う感覚が出来上がっていますので、高い、と言う感覚はマヒしていますが。

一応買ってからは、twitterやこのブログで、感想を書くかもしれません。

なお、Touchdown社の公式サイトにも、目次などがでるかもしれません。

URLは以下の通りです。

http://www.touchdown.co.jp/


それから、もう一冊。

ベースボールマガジン社から、2/19(金)に

「American Football Magazine」のスーパーボウル特集号が出ます。

写真は去年のもので、タイトルは「NFLスーパーボウル速報&2008シーズンレビュー号」でした。

この雑誌は不定期に発行されるもので、最近では開幕前とスーパーボウル後の、年2回発行されています。

こちらは、スーパーボウルに比重が置かれてはいますが、開幕からスーパーボウルまでのことをカバーしています。

ですから、今シーズン全体のことを勉強したい方にはお勧めです。

そして、Touchdown社のものにくらべると、写真よりも文字や統計に比重を置いているように感じます。

私はそういうスタイルのほうが好みです。

こちらも1,000円ぐらいします。

注意しなければいけないのは、本屋の人に

「American Football Magazine」ありますか?

と尋ねても、話しが通じないことがあります。

それは、伝票上、「ベースボールマガジン社 B.B.ムック(以下略)」などと書いてあるからです。

そんな場合は

「2/19にベースボールマガジン社から発売されたアメフトの雑誌」

と言えば話しが通じるかと思います。

なお、この雑誌のURLは以下の通りです。

http://www.sportsclick.jp/a_football/

前例から行きますと、このサイトは発売予告などされず、発売されてから最新号が紹介されます。

現在は開幕特集号が載っています。

じゃあ、なんで私が発売日を知っているのか?

それは、ベースボールマガジン社に、電話で問い合わせたからです。

この時期に電話で問い合わせるのも、いまや私の年中行事です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

twitterでの気になるツイート。ひょっとしてスパム?

最近フォローしてくれるフォロワーさんのツイートに、こう言うのが目立ちます。

「ついに友達の電話が契約切られたっぽい。レンタルしたまま7」

こう言うツイートをする人って、自己紹介もWEBの記載もないんですよね。

今朝フォローしてくれたかたのうち、二人にはこのツイートがありました。

で、もう一つ共通するのが、圧倒的にフォローしている数が多いことです。


気になって、この言葉で「buzztter」で検索してみました。

するとやはり複数のアカウントがこのツイートを行ってます。

また、このツイートに関する苦情も載ってました。

「変なアカウントに必ずある『ついに友達の電話が契約切られたっぽい。レンタルしたまま7』ってツイートが気になる。」

「これspamですよ。発言は全部APIで他のアカウントから適当に拾ってるだけ。 QT @mirapublish: ついに友達の電話が契約切られたっぽい。レンタルしたまま7 」

「必ず出てくる単語があって、それを見たらブロックしている。一見、普通のつぶやきのようだけど、前後がまったく繋がらないんだよね。よく出てくるのが、卓球・FX()・誕生パーティって単語と「ついに友達の電話が契約切られたっぽい。レンタルしたまま7」←これが出てきたらブロックしてる。」


特に最後のツイートの「FX()・誕生パーティ」も見た覚えがあります。

他にも

「久留米○ ○ラーメンラーメン 730 円 」
(実際は○のところには具体的な名前が入るのですが、迷惑がかかるといけないので隠しました。)

「テレビもねえ!ラジオもねえ!アイフォーンもねえ」

と言うのも良く見ます。

なんだこれは?


ひとつ考えられるのが、botを作るマニュアルのサイトがあって、テストデータでこれをツイートさせるように書いてあり、botの製作者がその通りに、botにこれらの言葉を吐かせているんじゃないか、と言うことです。


しかしいったい何なんだろう?

とりあえず、これらの言葉を見掛けたら、以後フォローし返さないようにしようと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー at スーパーボウル

2/9未明の0時29分から日本テレビで放送された、第44回スーパーボウルの中継に、オードリーがゲストで出演しました。

まずこの番組の感想からです。

オードリーのファン(最近アメフトのファンの色がこのブログに濃いですが、一応私はオードリーファンです)としては、正直物足りないと思いました。

もっとしゃべってほしかった。

(ただ、現地スタッフの方が、ゲストとして出しゃばっちゃいけない、と言う感覚が働いたようだ、と言ってました)

内容も、一観客の感想みたいで、経験者の発言としてはもの足りなかったなぁ、と感じました。

そもそもゲストですから、観客で良いと言えばいいんですが。

もっと笑いを取りにいって欲しかったなぁ。

最近はオールナイトニッポンで自由奔放にしゃべっているイメージが強かったので、ちょっと残念です。

来年はレギュラーシーズンでもゲストで出て、と言うか昔の大橋巨泉みたいに解説者として登場して、再びスーパーに行ってほしいと思います。


でも、アメフトファンとして言わせてもらえば、この中継は大成功だったと思います。

twitterでは多くのオードリーファンの人が

「もっとアメフトを勉強して、また見たい」

とツイートしていました。

オーケイ、それだったら私は手伝います。


ちなみに、2/12(金)深夜、と言うか2/13(土)の朝2時55分に、オールスター戦のプロボウルが日テレで放送されます。

その前に2時25分から「NFL倶楽部」がありますので、関東の方はこれを見ることができます。


なお、今回の放送はダイジェストでしたが、今日2/9(火)の17時から、この放送のフルバージョンが、なんと4時間半にわたって放送されるようです。

これ、見たいわぁ。

オードリーが地上波で言わなかったところ、激しく見たいです。

でもうちはCS入ってないんで。


今回、私がブログで説明していなくて、ゲームで飛び出したプレイの解説を書こうかと思ったのですが、長くなりそうなので、後日にします。

何はともあれ、春日さん誕生日おめでとう。

今週末のANN、期待してます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【速報】第44回スーパーボウル 試合終了 【ネタばれ本当に注意】

第44回スーパーボウルが終わりました。

結果ですが、ニューオリンズ・セインツが、31-17でインディアナポリス・コルツをやぶって、初出場で初優勝を飾りました。

ここからは、NFL JAPANのサイトから引用したテキスト速報をベースに、私なりの感想(太字)を書きます
http://www.nfljapan.com/headlines/12417.html

【第1Q】

コルツのキックオフで試合開始!

残り13分31秒:セインツは第1ダウン更新できず。しかしコルツのパントリターンを好ブロックし、ゲイン許さず。

(MAJIK)解説の河口正史氏によると、ブリーズはものすごく表情がかたかったそうです。
ファーストダウンを一つも取れなくて、攻守交代することを「スリー・アンド・アウト」と言います。


残り13分22秒:コルツ、自陣27ヤードから攻撃開始。QBマニングのパスがさえて第1ダウンを更新し続け、敵陣に進入する。

残り7分34秒:コルツ、Kストーバーが38ヤードFGを決めて3点先制!

(MAJIK)セインツディフェンスはよく頑張りました。
よくFGで抑えた、と言う感じでした。
これでセインツ0-3コルツ。


残り7分22秒:セインツ、自陣26ヤードから反撃開始。しかし50ヤード付近でWRコルストンが痛恨のキャッチミス。

残り5分22秒:セインツ、Pモーステッドが絶妙の46ヤードパント! 敵陣4ヤードからの攻撃に追い込む。

(MAJIK)コルストンのパスキャッチミスは本当に簡単なボールを落とすと言う凡ミスでした。
ボールを取ったあと、どう走るか考えたり、ディフェンスがどこにいるか、とかに気を取られたときによく見られるミスでした。
調子がつかめないブリーズにとっては、痛いミスだったと思います。


残り2分6秒:コルツ、RBアダイが巧みなラン。26ヤードゲインで敵陣深くへ進入。

残り42秒:コルツ、QBマニングから右サイドのWRガーコンへ19ヤードTDパスがヒット! 96ヤードドライブで10対0とリードを広げる。

コルツが10対0とリードして第1Q終了。

(MAJIK)このドライブはスーパーボウル記録となる、96ヤードの長いものでしたが、それをTDパスで締めくくった時、マニングの素晴らしさを改めて感じました。
ひょっとしたら、私はジョー・モンタナ以上の選手を見ているのかもしれない、と感じたほどです。
10点差をつけられて、どうなるセインツ、と心配になりました。


【第2Q】

残り10分9秒:セインツ、第1ダウン連続更新でレッドゾーン目前まで侵入も、QBブリーズがコルツDEフリーニーにサックされる!

残り9分40秒:セインツ、Kハートリーが46ヤードFG成功。3点返し、3対10とする。

(MAJIK)出場が危ぶまれたフリーニーでしたが、本当に怪我をしているのか、と言うぐらいの活躍でした。
セインツはダブルチーム(「二人がかり」の意味)でブロックせねばなりませんでしたが、それをかいくぐってのサックでした。
しかしだんだんセインツオフェンスが、進むようになりました。


残り8分30秒:コルツ、WRガーコンがQBマニングのパスをキャッチ失敗。第1ダウン更新できず。

(MAJIK)これもコルストンほどではないですが、凡ミスでした。
だんだんコルツオフェンスが進まなくなってきました


残り4分29秒:セインツ、QBブリーズがWRコルストンへ27ヤードパスをヒット。敵陣3ヤードまで進入。

残り2分41秒:セインツ、反則で5ヤード罰退もRBトーマスのランで残り1ヤードまで再び前進。

残り1分55秒:セインツ、残り1ヤードで第4ダウンギャンブル! しかしRBトーマスのランはコルツ守備陣に阻まれ、得点できず。

(MAJIK)このドライブか、その前のドライブ辺りから、セインツはブッシュのランが出始めました。
動きの固かったブリーズにとっては、これはラッキーだったと思います。
投げなくても、ハンドオフすればよいんですから。
ただ、このギャンブルは意外でした。
手堅くFGで3点で、前半を6-10で終えたほうが、無得点で終わるより良かったような気がしたからです。
このギャンブル失敗は、リードブロッカーがいなかったので、セインツのミスではないか、と河口氏は言ってました


残り46秒:コルツ、第1ダウン更新できず。自陣48ヤードからセインツの攻撃に。

(MAJIK)コルツらしからぬ、中途半端な攻撃でした。
時間を消費するのか、前進するのか、どちらか決めかねているうちにスリー・アンド・アウトになった感じでした。


残り5秒:セインツ、QBブリーズのパスで前進。最後はKハートリーの44ヤードFGで3点返し、6対10とする。

コルツが10対6とリードして前半を終了。僅差のまま後半戦へ

(MAJIK)TDはならなかったものの、ブリーズにリズムが戻り、いい形でセインツはハーフタイムに入れたと思います。
この48ヤードと言う簡単ではない距離のFGを決めて、着実に点差をつめたKハートリーも、評価されるべきと思います。


【第3Q】

セインツのキックオフで後半開始。いきなりオンサイドキックのビッグプレイ成功で攻撃権奪取!

(MAJIK)実はたばこを吸っていて、このキックは見ていないんですよね。
今日のキープレイの一つなんですが。
オンサイドキックは、時間がない時に負けているほうがやるものです。
時間がたっぷりあるこの状況では、考えられないプレイでした。
それだけにコルツも対応できなかったのでしょう。


残り11分50秒:セインツ、QBブリーズが敵陣16ヤードからRBトーマスへショートパス。トーマスがエンドゾーンまで駆け抜け、逆転TDを決める! セインツが13対10とリード。

(MAJIK)たしかこのドライブで、フリーニーの負傷が悪化したようで、満足なプレイが出来なくなったようです。
そのおかげか、ブリーズのパスが決まり始めました。
その結果、スクリーンパスからのTDパスとなりました。
キャッチしてからのトーマスの動きは、見事な個人技でした。
同じRBとして、若林も興奮したでしょう。


残り11分33秒:コルツ、自陣24ヤードから攻撃開始。残り約8分でQBマニングがTEクラークへ27ヤードパスを通すなど、着々と敵陣へ進入。

残り6分21秒:コルツ、RBアダイが4ヤードTDラン! 76ヤードドライブ完成で、17対13と再びリードを奪う。

(MAJIK)このドライブ、twitter上で
「逆転されたから、ちょっくらタッチダウンとってくるわ」
と言うツイートを見かけましたが、まさにそんな感じでした。
マニングおそるべし、を思い知らされました。


残り6分8秒:セインツ、WRロビーが34ヤードのパントリターン。ブリーズのパスなどで敵陣まで前進。

残り2分6秒:セインツ、Kハートリーが47ヤードFG成功。16対17と1点差まで迫る!

17対16とコルツがリードして第3Q終了。

(MAJIK)あまり印象に残っていないドライブですが、KハートリーはこのFGでこの試合PATと合わせ、10得点目。
一つもミスをしないおかげで、セインツのモチベーションが切れなかったと思います。
今年のプレイオフは、キッカーのミスが目立っただけに、その重要さが再認識されました。


【第4Q】

残り12分56秒:コルツ、敵陣46ヤードから残り2ヤードで第4ギャンブル。QBマニングがWRウェインへ14ヤードパスをヒットさせて攻撃継続!

残り10分44秒:コルツ、QBマニングのロングパスが防がれ、最後はKストーバーが51ヤードFG。しかし左へ外れ、リードを広げることができず。

(MAJIK)このFG失敗の後、マニングは露骨に不快感をあらわにしていました。
51ヤードと言う距離は、外しても責められない距離です。
twitterでも書きましたが、あのジム・ケリーですら、47ヤードのFGを外して逆転できなかったKスコット・ノーウッドを責めず、あんなに長い距離を蹴らせてしまい、申し訳ない、と言ったぐらいです。
これでコルツベンチは、かなり険悪になってしまったんじゃないかと思います。
まだ勝っているのに、何をカリカリしているんだろう、と思いました。


残り10分39秒:セインツ、自陣41ヤードから攻撃開始。QBブリーズのパスがさえ、次々と第1ダウン更新してレッドゾーン突入。

残り5分46秒:セインツ、残り2ヤードでQBブリーズが右サイドのTEショッキーへパス。ショッキーがそのままエンドゾーンへ飛び込み逆転TD!

セインツ、2点コンバージョンを敢行。QBブリーズから右サイドのWRムーアへパス。一度はキャッチするも相手と接触後に落球して得点は認められず。しかしチャレンジの結果、判定が覆り、貴重な2点をゲット。24対17とリードを広げる。

(MAJIK)TDの後、素直に蹴れば6点差のリードとなりますから、TD一本でひっくり返されます。
ですから、なかなか難しい2点狙いに行ったのは、妥当だと思います。
結果的にこのチャレンジ(リプレイの要求で、判定が覆らなければタイムアウトを1個没収される)は大きいものでした。
判定が覆り、セインツ7点リード


残り3分24秒:コルツ、敵陣31ヤードまで攻め込むも、QBマニングが痛恨のINT! セインツCBポーターがそのままフィールドを激走し、74ヤードINTリターンTDのビッグプレイを決める。セインツが31対17と大きくリード。

(majik)このインターセプトは、CBポーターがうまくマニングのパスを読んでました。
ただ、ギャンブルのような守備で、もしインターセプトが失敗してパスが通ると、彼の守備範囲はがら空きでしたから、ロングゲインをゆるしたでしょう。
大きなプレイでした。
これで残り3分で14点差ですが、マニングはこう言う状況から何度も逆転していますから、ゲームは、まだわからない、と思いました。


残り2分19秒:コルツ、QBマニングが41ヤードパス成功。敵陣29ヤードまで攻め込み、わずかな望みをつなぐ。

残り50秒:コルツ、敵陣5ヤードから第4ダウンギャンブル。しかしQBマニングからWRウェインへのパスは通らず、万事休す。

(MAJIK)意外に出ていたアダイのランが、この頃にはほとんど進まなくなっていました。
彼のランが出ていれば、何度もパスを投げることはなく、ランでTDも行けたでしょう。
時間と点差を考えれば、FGに行く場面ではなかったので、マニングの判断は妥当です。
ただ、ゴール直前からのパスは、投げ込むエリアが狭いので、結果として失敗におわりました。
時間から言って、もうコルツに勝ち目はなくなってました。


セインツ、残り時間を使い切り、球団史上初のスーパーボウル制覇!

(MAJIK)セインツは時間を消費するニーダウンで勝利を決めました。
コルツにはまだタイムアウトが2個残ってましたが、とてもキャッチアップできる時間帯ではなかったので、もう行使しませんでした。



これで、31-10でセインツのスーパーボウル制覇が決まりました。

とりあえず経過と若干の気持ちで、このスーパーボウルを語って来ました。
今度はこのスーパーボウルを、いつか総括できればいいかと思います。

みなさん、お疲れ様でした。


ほとんどのオードリーファンの方が、アメフトを勉強して初めて見るゲームでした。
このスーパーボウルが一方的にならなくて良かったです。

さて今夜の深夜、正確には明日未明には、日本テレビのスーパーボウル中継があります。

春日が守ったDEフリーニーの活躍と、負傷によるセインツの復活。
若林が守ったRB陣(コルツではアダイ、セインツではブッシュ、トーマス、ベル)の活躍と、話しに尽きないでしょう。

今晩が楽しみです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

第44回スーパーボウル 前半終了 【ネタばれ注意】

第44回スーパーボウルは前半を終了しました。

ネタばれありなので

「続きを読む」

の中に書きます。
[ 続きを読む » ]

【ズレ漫才、ならぬズレスーパーボウル中継】アメフトの勉強、応援します

20100207ロンバルディトロフィー
(スーパーボウル優勝チームに与えられる、ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー)

スーパーボウルまで、あと半日となりました。

アメリカンフットボールに関しては、スーパーボウル前の最後のブログ更新になるかと思います。


【警告】

さて明日ですが、私はまず8:15からNHKのBS1で生中継を見ます。

その間、遠慮せずtwitterでつぶやきます。

ひょっとしたら前半終了時点で、経過をブログにアップするかもしれません。

そして、ゲーム終了後、出来るだけ早く結果をブログに書きます。

午後13時半までにできればいいかと思います。


その後深夜の日本テレビの録画中継、オードリーが出るやつですが、こちらを見ている最中は、twitterでは結果を示唆するツイートは控えようと考えています。

勘の鋭い人は、どの単語で結果を類推されるかわからないのですが、一応わからないよう努力はします。

オードリーの発言を中心にツイートしようかと。

そしてそれを見終わった後は、オードリーの発言を中心にブログを更新しようと思います。

徹夜になりそうです。

でも、ここまでくれば忘れられない、いい思い出になるでしょう。

ですから、去年、一昨年並みの好ゲームになればいいんですが…


【スーパーボウルで注目するところ】

私が注目しているポイントを書きます。

ただし、普通じゃないですよ。


1.今年の国家斉唱は、第25回のホイットニー・ヒューストンのものを超えられるか?

 この時の国歌斉唱の動画は、下記サイトにあります
 http://www.youtube.com/watch?v=wupsPg5H6aE

 あらためて聞いてみましたが、この力強さは男でもなかなか表現できないのではないか、と感じました。
 また、湾岸戦争の下で行われたこの大会は、異常なムードに包まれており、そのことを象徴するには、いい意味でも悪い意味でもぴったりの国歌でした。
 この時の国歌は、後日談が二つはあるのですが、長くなるなどの理由で割愛します。
 一つ言いたいことは、ネット上には、知っている真相を全て書けば良いってもんじゃない、と言うことです。


2.スーパーボウルで記録されていないことは、今回は達成されるか?

 私の記憶だけで書きますが、以下の事項は、レギュラーシーズンなどでは何度も達成されていますが、いまだスーパーボウルで行われたことがないものです。

 1)完封試合
 2)タッチダウンのないゲーム
 3)パントリターンタッチダウン
 4)オーバータイム
 *)ドロップゴール(ドロップキック)


 2)に関しては、タッチダウンを挙げられなかったチームはこれまで43回の大会で86チームが出場していますが、第6回のマイアミ・ドルフィンズ以外にはありません。
 3)に関しては、キックオフリターンタッチダウンは何度もあります。
 *)に関しては、そもそもドロップゴールって何よ、と言う話しからかもしれませんが、ラグビーのそれと一緒です。
   一旦地面にボールを落としてから、跳ね返ったボールをゴールポストに向け蹴り込めば、得点となります。
   ただこのプレイは、この40数年で、レギュラーシーズンでも一度しか達成されていません。
   それ以前には、普通に行われていたみたいです。
   4~5年前の消化試合みたいなレギュラーシーズンで、ニューイングランド・ペイトリオッツのダグ・フルーティーが、PATとして得点しました。
   引退することがほぼ確実になっているので、その記念にみたいな感覚のプレイでした。
   だいたい、DGに挑戦する選手自体が皆無です。
   なぜかと言うと、成功する確率が低いからです。
   あまり望ましくはないですが、試合が一方的になったら、勝っている方がやってみてもいいかな、と思います。
   まあ、きっと誰もやらないでしょうが。


【放送で出てきそうな言葉】

今まで明確には書きませんでしたが、放送で出てくるんじゃないか、と言う言葉を書いておきます。

 
1.オーディブル

 一旦セット(各自が所定のポジションにつくこと)したフォーメーションを、QBの指示でポジションやプレイ変えること、あるいは変えるためのコール(掛け声)です。
 コルツのペイトン・マニングはの十八番です。
 一旦セットした後、マニングは声と体でコールしてプレイを変えることが良くあります。
 これは、セットした後のディフェンスのフォーメーションを見て、やばい、作戦が読まれている、と思ったときに、ハドルで伝えた指示と、違うことを指示します。
 このため、マニングを見ていると、本当に落ち着きのない選手だな、と思えるかもしれません。

 ただしこれは、プレイを変えたふりをして、実はそのまま読まれているプレイを続けて、守備の裏をかくことにも使われます。
 つまり、フェイクとして、オーディブルが使われると言うことです。


2.タイムアウト

 両チームに前半3回、後半3回与えられます。
 タイムアウトがコールされると、時計が止まります。
 他のスポーツに比べ、タイムアウトはものすごく貴重です。
 特に終了間際に負けている時には、タイムアウトが残っていないときついので、それ以外の時にはタイムアウトは簡単にはコールされません。


3.チャレンジ(ビデオリプレイの要求)

 日本には取りいれられていない制度です。
 私も正確には知らないのですが、オフィシャル(審判)の判定が疑わしい時、ヘッドコーチ(HC。NFLでは「監督」はいません)がビデオリプレイを要求することができます。
 この制度のことで、「コーチーズ・チャレンジ」とも言います。
 HCは次のプレイが始まるまでに、赤いハンカチみたいなものをグラウンドに投げ入れます。
 これがビデオリプレイの要求になります。
 これが要求されると、審判のリーダーであるレフリーは、ビデオを見、明らかに誤審とわかった時にだけ、判定を覆します。
 判定が覆ることを「リバース」と呼び、けっこうあります。
 判定が覆った時は、それに従いゲームが再開されるのですが、覆らなかった場合、チャレンジしたチームから、タイムアウトが一回没収されます。
 チャレンジは1試合につき3回(大学の場合は2回)まで行うことができますが、3回目の権利はそれ以前に2回続けてチャレンジに成功しないと与えられないそうです(Wikipediaより)
 また、チャレンジの対象とならないプレイ、例えば反則の有無など、もあります。
 反則については、審判の判断を受け入れねばならないのです。


4.フィールドゴールレインジ

 フィールドゴールを安全に決められるだろう、と言う位置。
 人によって異なると思いますが、大体敵陣の20~25ヤード以内だと思います。
 敵陣の20ヤード以内を、「レッドゾーン」と言います。


5.オーバースロー

 パスターゲットの上方を、パスが通り過ぎて失敗することです。
 偶然そうなることもありますが、わざとそうすることもあるります。
 これはインテンショナル・グラウンディングの反則にはなりません。
 それは、パスターゲットが全てカバーされていて、サックを食らいそうなときです。
 サックされると、次のプレイはサックされた場所から始まり、不利になりますが、パスインコンプリート(パス失敗)では、次のプレイは、前のプレイ開始場所と同じ位置から始まりますので。
 良いQBは、全てのパスを通そうとせず、無理なら投げ捨てます。
 今回出場するドリュー・ブリーズやペイトン・マニングは、そう言うQBです。


6.タッチバック
 
 リターナーが自陣のゴール内で膝をついてプレイを終わらすこと。
 リーターンしてもいいことはないでしょうから。
 攻撃は自陣の20ヤードから始まります。
 あるいは、ディフェンスの選手が、インターセプト、あるいはファンブルリカバーを自陣エンドゾーンで終わらせること。
 この場合は攻守交替して、自陣20ヤードから攻撃を始めます。
 

7.フェアキャッチ

 リターナーが行う、リターンすることを放棄する代わりに、タックルをしないでくれ、と言う意思表示。
 タックルする選手が迫っているときに行います。
 ただし、リターナーは、どんな形でも、ちゃんとキャッチしないといけません。


こんなところかな。

色々書いてきましたが、ルールや用語など知らなくても、一度放送を見れば、アメフトの楽しさは実感できます。

なんたって、アメリカでは子供も楽しんでいるんですから。

では、みなさん、スーパーボウルを楽しみましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
 

【スーパーボウルの由来】アメフトの勉強、応援します

20100207superbowl1.jpg

20100207superbowl2.jpg

(去年の夏に、いつか記事のネタに使えるかも、と思って取った写真です)

twitterでもツイートしたんですが、

スーパーボールスーパーボウルを混同した」

と言うような文章を、twitterやブログで読みました。

たしかにこの両者は別物ですが、「スーパーボウル」と言う大会の名称の由来は、あのゴム製のおもちゃの「スーパーボール」です。

この件について書きます。


下記YouTubeの動画の2分58秒から、3分39秒までの間、そのことを名付け親のラマー・ハント氏が説明しています。

http://www.youtube.com/watch?v=AkORbZazR1U

残念ながら、正確には何言ってるんだかわかんないんですが、他の資料で読んだ話しを総合して解説します。


スーパーボウルは、今はNFL(National Football League)のチャンピオン決定戦ですが、当初は、NFLAFL(American Football League)のチャンピオン同士による統一チャンピオン決定戦でした。

名称は最初「AFLvsNFLワールドチャンピオンシップゲーム」でした。

しかし長い。

何か短くて良い名称はつけられないものか?と言われていました。

「The FINAL Game」とかが候補にあがったそうです。


そんな時、AFLの創設者で、カンザスシティ・チーフスのオーナーのラマー・ハント氏が、「スーパーボール」で遊んでいた自身の娘さんから、

「これってスーパーボールって言うのよ」

みたいなことを聞きました。

ハント氏は、アメフトのゲームが「ローズボウル」や「オレンジボウル」のように、「○○ボウル」(スタジアムがすり鉢のように見えるから)と呼ばれているので、このチャンピオン決定戦を

「スーパーボウル」

と言う名称にしてはどうだろう、と考えました。

そのことをNFLの当時のコミッショナー、ピート・ロゼール氏に伝えたのですが、ロゼール氏はこの名称について

「なんと威厳のない名前だろう」

と感じたそうです。

(私も最初そう感じました)

しかしこの件がマスコミに伝わり、マスコミが広めてしまったので、結局3回目の大会から「スーパーボウル」の名称が正式に使われるようになったそうです。


ちなみに、スーパーボウルの呼び方ですが、英語では

「Super Bowl ○○」(「○○」にはローマ数字が入ります)

と書いて

「スーパーボウル・ワン」とか「スーパーボウル・テン」とか読みます。

「スーパーボウル・ファースト」のように序数では読みません。

今回は「スーパーボウル・フォーティーフォー」です。

日本では、「第44回スーパーボウル」と呼ばれます。


読んでもらってから書くのもなんですが、この逸話はどこまで本当かはわかりませんし、おそらく放送でとりあげられる可能性はほとんどないと思います。

ただ、最初にも書きましたが、混同している人が何人かいたので、書いておくことにしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリーのオールナイトニッポン「アメフトの小部屋」で話されたスーパーボウルの予想から思うこと 動画付き (2/7)



(エンドゾーン内でプレイが終わると、ディフェンスに得点が入ります)

2/7のオードリーのオールナイトニッポンでは、自身がゲスト出演する第44回スーパーボウルの予想がされました。
(回数の間違いを指摘いただいた方、どうも有難うございました
 助かりました)

春日は両チームとも4本のタッチダウン(TD)で、セインツが1フィールドゴール(FG)を加え、31-28で勝つ、とのことでした。

若林はセインツが4本のTDで28点に対し、コルツは3本のTDと1FGで24点で、同じくセインツが勝つ、と言っていました。


ただし、若林は明言しませんでしたが、春日は予想と言うより願望だそうで、力はコルツが上、とのことです。


私はアメフトを始め、いろんなスポーツで予想などしないのですが、どっちが勝つだろうぐらいは考えてしまいます。

春日と同じく、コルツの方が有利だろうが、セインツに勝ってほしいです。


ところでここで、今まで二人が話さなかった、「セイフティ」と言う得点方法について書いておきます。

アメリカンフットボールでは、「セイフティ」と言う言葉は、ディフェンスのポジション名と、得点方法のひとつの名称との、二つの意味があります

後者について書くわけですが、動画のように、プレイがエンドゾーン内(ゴールエリア内、と言う意味です)で終わると、攻撃ではなく、守っているディフェンスの方のチームに得点が2点入ります

ディフェンスによる得点と言えば、インターセプトリターンTDやファンブルリカバーTDもあります。

結局、ディフェンスが、相手オフェンスをどんどん押し戻して行き、最終的に相手のエンドゾーン内と言う、自分たちには安全(セイフティ)なところまでたどりついた、と言う意味なのかな、と勝手に私は解釈しています。

動画では、ショットガンフォーメーションのQBにボールがスナップされ、QBが走り出したところを、ディフェンスが押し戻してエンドゾーン内でプレイを終わらせます。

これでディフェンスの方のチームに2点が入ります。

セイフティが成立する状況としては、上記のように、QBに限らずボールを持った選手がエンドゾーン内で潰されたり、エンドゾーン内でサイドラインを割ったり、エンドゾーンの後ろのラインを割ったりすることがあります。

他にも以下のような時、セイフティとなります。

・エンドゾーン内からのパスが、インテンショナル・グラウンディング(フィールド内でボールを取れる選手ががいないところに投げると言うもの。けっこうわかりにくい)の反則を取られたとき

・パントフォーメーションで、スナップされたボールをパンターがとれず、ボールが直接ラインを割ったとき

正直なところ、私は正確にはセイフティの定義は知りません。

上記二つは実際に目にしてから、初めてこれもセイフティか、と知ったぐらいです。

前者に関しては、たしか去年のシーズンまで知りませんでした。


なぜ私が知らないかと言いますと、セイフティと言うのは滅多に目にすることがないから、と言うのも理由の一つだと思います。

だからこれまでも説明しなかったのですが、前回の甲子園ボウルかライスボウルかで記録されました。

アメフトを初めて見た人は、最初、なんだこれはと驚いたでしょう。


なお、セイフティの後なんですが、セイフティの時のオフェンスのほうのチームのキックオフで始まります。

セイフティで得点した方のチームの攻撃から始まるわけです。

その他の得点の場合は、得点した方のチームがキックオフして、得点された方の攻撃から始まるのが普通なんですが。


ここからは理解されなくてもいいか、と言うことを書きます。

セイフティは、わざとオフェンスがやって、相手に2点を献上することがあります。

ボールを受け取ったQBが、わざと膝をついたり、パンターがボールを持ったままラインを割ったり、そもそもボールを取らなかったりすると、セイフティが成立します。

これはどうしてかと言いますと、セイフティで2点をやったほうが、プレイが終わった後にファンブルして、それをリカバーされて、TDで7点取られるよりも被害が少ないからです。

次のキックオフで、相手を遠ざける方が有利、と言うことも考慮に入れてのことです。

これは試合時間が残り少なくなっていて、2点では追いつかれないが、7点だと追いつかれる、と言うシチュエーションで行われることが多いです。

ただ、本当に滅多にないプレイですから、まあ、理由はともあれ、わざとやることもある、と言うことを頭に入れていただければ、と思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【主な反則編-動画付き】アメフトの勉強、応援します



(アメフトでは、反則のたびに審判が説明をします。しかしここまで熱い説明はナカナカ見ないです。
 しかし、何言っているかわからないです)

アメリカンフットボールのルールが難しいと思ってしまう原因に、なじみのない反則がたくさんある、と言うのもあるとおもいます。

そこでここでは、試合でよく見かける反則をいくつか書いておきます。
(参考「Wikipedia」の「アメリカンフットボール」が参考です)

詳細にはよく知らないので書けませんし、書きません。

わかりやすさを優先します。

覚えなくても、テレビで何の反則かは教えてくれると思いますが、あらかじめ知っておくと、抵抗が少なくなって良いかな、と思いまして。

(ちなみに、私は観戦歴18年目まで知らなかった反則がありました。全部知らなくったって大丈夫です


ゲームの最中で、画面に黄色いハンカチみたいなものが飛ぶことがあります。

すると画面の上の方あたりに、「FLAG」と言う文字が黄色の枠の中に表示されます。

アナウンサーや、解説の方が

「(イエロー)フラッグが出ましたねぇ」

などといいます。

この時、何らかの反則が起きたのです。


【攻撃でよくあるもの】

「フォルス・スタート」…プレイ開始前に、オフェンスの選手が間違ってプレイを始めてしまうこと。
 そりゃあ、どんなスポーツでも、プレイ開始の前に何かやったら怒られますわな。

「ホールディング」…オフェンスの選手がディフェンスの選手をつかんで、ブロック(ディフェンス選手の邪魔)を行うこと。
 つかむのは反則で、押し返すとか、払いのけるとかでしか、ブロックは行えません。
 それ許しちゃうと、オフェンスはかなり有利になるでしょう。

「パス・インターフェアランス」…パスキャッチの邪魔、と言う意味で、オフェンスの選手よりも、むしろディフェンスの選手に適用されることが多いです。
 ディフェンスの選手のところで書きます。

「ディレイ・オブ・ザ・ゲーム」…オフェンスは定められた時間内にプレイを始めねばいけないのですが、これに違反する反則です。
 この反則ががなければ、勝ってる方はいくらでも時間が潰せますから。
 なお、わざとやる場合もありますが、理由は別の機会に。
Wikipediaには守備側でも適用されることがある旨記述されていますが、実際に見たことはないです。

「イリーガル・ブロック」…クリッピング、スピアリング、などもこれに含まれますが、大けがにつながりかねない危険なブロックの総称です。
 例えば、クリッピングは背後からの腰より下へタックルすることを指しますが、正直、定義を知らなくても、そう言う反則がある、と言うことを聞いたことがある、程度で良いと思います。


【守備でよくあるもの】

「オフサイド」…オフェンスがプレイより先に動くのが「フォルス・スタート」ですが、ディフェンスがそれをやってしまうのがこの反則、と考えれば良いかと思います。
 とにかく、攻守両方とも、ボールがスナップされるまでは、プレイを始めてはいけないのです。

「パス・インターフェアランス」…前述の通り、攻守両方の選手に適用される反則で、相手のパスキャッチ(あるいはインターセプト)の過剰な邪魔を指します。
 両選手とも、ボールに触れるまでは、ボールに向かって動かねばならず、相手をつかんだりしたりして邪魔をするのは禁止されています。
 他にもパスの邪魔として「イリーガル・コンタクト」や「ホールディング」があります。
 まあ、パスキャッチの邪魔って、いろいろと制約があるわけですよ。
 これを許すと、パスなんか取れないですよ。
 なお、オフェンスの戦法として、わざと長いパスを投げて、ディフェンスからこの反則を誘う、と言うこともあります。

「フェイスマスク」…相手のフェイスマスク(ヘルメットについている、顔を守る金具)をつかむことです。
 危険な行為だからです。
 勢い余って、結果的につかんでしまうこともあります。
 オフェンスにも適用されるそうですが、あまり記憶にないです。
 私は高校時代剣道をやってて、一度「面とり」というものをやりました。
 紅白にわかれて、相手チームの人がつけている面(防具)を奪うのが目的です。
 今考えると、フェイスマスクの連発で、けっこうきつかったです。

「ラフィング・ザ・パッサー」…パスを投げ終わった後の選手に、不要なタックルをすることです。
 パスを投げ終わった後の選手をタックルするのは非常に危険だからです。
 ただし、この反則は非常に微妙で、はた目から見ていると、なんであの程度で反則なんだ、とか、なんで今のは反則にならないんだ、と言うことを、解説者の方でも感じるようです。
 同様に、キックが終わった後のキッカーやパンターをタックルするのも同じ理由から反則とされ、「ラフィング・ザ・キッカー」「ランニング・イントゥ・ザ・キッカー」と呼ばれます。
 この両者の違いは、私は知りません。
 知らなくても支障ないもん。


【攻守両方】

「アンネセサリー・ラフネス」…不必要な暴力、と言う意味で、例えばサイドラインを割った選手をタックルするとかです。
 もうプレイは終わっているのですから、タックルに意味はなく、まさに「不必要」なわけで、怪我を招きかねないのです。
 裏を返せば、アメフトには「必要な暴力」がある、ということですね。

「アンスポーツマンライク・コンダクト」…私は「スポーツマンにあるまじき行為」と説明することが多いです。
 Wikipediaには「非紳士的行為。具体的には相手選手や審判への暴言。特に侮辱的なものはトーンティング(taunting、愚弄の意)と審判によりコールされることも多いが」とあります。
 まあ、そんなものだったかな。
 たしか相手を侮辱するようなオーバーセレブレーションも、これが適用されたと思います。


以上が、私が選んだ、主な反則です。

反則の罰は、罰退(ポジションが不利になるように後退させられること)です。

反則の重さによって、罰退させられる距離は変わって来ます。


スーパーボウルでは、これ以外の反則も出てくるとは思いますが、お腹いっぱいになるのもなんですから、これぐらいにします。

紹介した各反則に書きましたが、反則にはそれぞれ理由があります。

ですから、ここに書いた以外の反則が出てきたら、その意味を考えるのも面白いと思います。


観戦になれてくると、反則が見えてきて

「今の反則やん」

と思えるようになってくると思います。

「パス・インターフェアランス」が最も気づき易いかと思います。

オフェンスの「ホールディング」は、私は今でも気がつきません。


さらに、自分では気づかなくても、イエローフラッグが出た場所とタイミングで、なんの反則だったのか想像がつくようになります。

こうなると嬉しくなってきて、観戦が楽しくなってくると思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【時間の進み方編】アメフトの勉強、応援します

アメリカンフットボールを見る上で知っておいた方がいいのは、アメフトは、時計が進んだり、止まったりするゲームだと言うことです。


今からそのことを書きますが、100%理解できなくても、とにかく止まる時と進む時がある、と言う事さえ覚悟していれば、必要になれば解説の後藤さんが教えてくれるでしょう。


アメフトは4つのクォーター(Q)で構成されます。

1クォーターは15分です。

テレビ画面には「1st 14:39」とか「3rd 0:59」とか表示されます。

この「1st」とか「3rd」と言うのは、今が第なんクォーターなのかを示し、時間は、残り時間を表示しています。

(「1st & 10」とか「3rd & 4」とかの表示も同時に映ったりしますが、これは時間ではなく、これは攻撃が今何回目の攻撃か、1stダウンまで残り何ヤードか、を示します)


2つずつのQで前半、後半が構成されます。

1stQと3rdQが終わると、コートチェンジみたいに攻撃方向が入れ替わるだけで、同じシチュエーションからゲームが再開されますが、前半のおわり、というか後半が始まる時は、それまでのプレイはリセットされ、キックオフから始まります。


さて本題の、時計が止まったり進んだりする、と言う話しですが、一つのプレイの終わり方次第で、次のプレイまで時計が進み続けるか、止まるのかがきまります


大まかに言うと、止まる場合は、以下のようなプレイの終わり方をしたときです。

・ボールを持った選手が外に出て終わったケース(サッカーやラグビーの「タッチをわる」と言うのと同じです)
 「外に出る」と言う事を「サイドラインをわる」とか「アウト オブ バウンズ(に出る)」と言うような表現をします。
 ゴルフで言う「OB」は「アウト オブ バウンズ」の略です。

・パスプレイが不成功(「パス インコンプリート」)におわったケース

・タイムアウトをとったとき
 タイムアウトは、前半、後半ともに3回ずつ与えられます。

・タッチダウン、フィールドゴール、セイフティなど得点したとき

・4回目の攻撃でも10ヤードをとれず、攻守が交代したとき

・インターセプトやファンブルリカバーで攻守が交代したとき

・けが人が出た、あるいは10ヤードとれたか計測をおこなうなど、審判が時間を止めるのが妥当、と判断したとき



これはNFLだけのルールで、日本では採用されていないのですが、2Qと4Qの残り2分を切ってプレイが終わったところで、時計がとまります。

「2ミニッツ ウォーニング」と呼ばれます。


これらの終わり方を逆に言えば、時計が進む時の終わり方、となります。

つまり、ランプレイ、あるいは成功したパスプレイがインバウンズ(アウト オブ バウンズの逆)で終わった時です。


これらがどう試合に影響してくるかと言いますと、4Qも半ばにさしかかると、勝っているほうは逆転する時間を与えないよう、なるべく時計を止めないようなを選択しがちになり、負けている方は逆転する時間を確保するよう、なるべく時計を止めるプレイを選択するようになる、ということです。


具体的には、勝っているチームは、真ん中へのランプレイを選択しがちになります。

なるべく時間をつぶしたいわけです。

パスだと、失敗したら時計が止まるし、インターセプトと言うリスクもあります。

ランプレイにもファンブルの可能性もありますが、インターセプトよりは滅多に起きません。

そして、ランプレイを選択したうえで、外に出ないようにしてプレイを終わらせる訳です。

そうやって時計を進めさせるのです。

ただし、1stダウンを取り続けないと、攻守交替になってしまいますので、ランでボールが進まない時などは、パスを織り込む必要も出てきます。

このパスプレイにしても、ボールをとった選手は、なるべく外に出ないようにして終わらせます。


負けている側は、時計を止めるようなプレイを選択します。

長いパスでサイドラインを割るのが理想的です。

ただ、そのプレイは「インターセプトによる攻守交代」、と言う大きなリスクがあります。

ランプレイを選択することもありますが、その際も外に出てプレイを終わらせるようにします。

QBがスナップされたボールを地面にたたきつけて(「スパイクする」と言います)時間を止めるのもアリですが、これをやると、一回の攻撃をノーゲインに終わらせることになります。


まあ、こんなところを頭の隅に置いておくと、ゲームの終盤が楽しめる、と言うか、プレイする選手の動きの意味がわかって、楽しくなると思います。

置いておかなくても、前述したとおり、後藤さんが優しく解説してくれるでしょう。


なお、負けている方が、残り2分前後から行う攻撃を、「2ミニッツオフェンス」と言います。

前回と前々回のスーパーボウルは、その2ミニッツオフェンスが堪能できました。


ゲームが一方的になると、時間がだらだらと進んだり止まったりして、こう言う時計の操作(「クロック・マネージメント」と言います)などどうでもよくなるのですが、そうならないことを願います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメフトの勉強、応援します (ポジション編)

この記事の前の(「アメフトの勉強、応援します、でも…」もお読みください)

アメフトのポジションについて説明します。


下の図は、オフェンスのフォーメーションの一つで

「I(アイ)フォーメーション」

と呼ばれるものです。

20100205 i
(Wikipediaより)

このなかで、一番下。最後尾に位置する「RB」が、若林がプレイしたテイルバックです。

アメフトのオフェンスのフォーメーションは、チーム、状況などで変わります。

このIフォーメーションは、ラン攻撃に適したフォーメーションです。

最近ではRBが一人しかいない「ワンバック」フォーメーション、QBがラインのすぐ後ろではなく、やや下がってセットする「ショットガン」フォーメーションが主流で、Iはゴール前の攻撃などで使われていることが多いような気がします。

ゴール前でIが多い理由として、ゴールに近づけば近づくほど、パスを投げるエリアが狭くなって、パスが投げにくくなり、ランで安全に行きたい、と言う気持ちからです。

ただ、スーパーに出る両チームとも、パス攻撃には自信をもっていますから、ゴール前でも平気でパスを投げてくるでしょう。

この他に、RBをWRの位置に置き、QB後ろには誰もいない、「ノーバック」と言うフォーメーションが、どうしてもパスで長い距離をとりたいときに使われます。

オフェンスのポジションで、とりあえず覚えておけばいいのは、QB、RB WR、TEでしょう。

オフェンスライン(OL)と呼ばれるC、OT、OG(春日のオフェンス時のポジション)は、とりあえずOLとしてひとくくりに覚えておけばいいと思います。
(OLをプレイされた方、ごめんなさい)


さて、ディフェンスです。

下の図は、ディフェンスのフォーメーションの一つで

「4-3(フォースリー)ディフェンス」

と呼ばれるものです。


20100205 4-3
(Wikipediaより)

一番下。色つきの「DE」が、春日がプレイしたディフェンスエンドです。

オフェンスが書かれていませんが、この下に相対していると思ってください。


ディフェンスのフォーメーションはチームによって違います。

同じチームでも、状況によって変わりますが、オフェンスほどの頻度ではありません。


ディフェンスは、次の3つのくくりで覚えておけばいいかと思います。

ディフェンスライン(DL)…DE、DT

ラインバッカー(LB)…OLB、MLB 二人はよく「バッカー」と略します

ディフェンスバック(DB)…CB、SS、FS



4-3ディフェンスとは、DL4人とLB3人で構成されているので、こう言われています。

スーパーに出る両チームは、たしかいずれも4-3です。


4-3の他に主流なのが、「3-4(スリーフォー)」です。

ご察しの通り、DL3人とLB4人で構成されます。


今回のスーパーでは、両チームともパス攻撃が得意なので、それを防ぐフォーメーションを敷くことが想定されます。

具体的には、DLやLBを1人減らし、5人目のDBを投入するフォーメーション。

さらにDLやLBを2人減らし、6人目のDBを投入するフォーメーション。

5人目のDBを「ニッケルバック」、6人目を「ダイムバック」と呼びます。

これはアメリカの5セント硬貨を「ニッケル」、そのすぐ上の硬貨である10セント硬貨を「ダイム」と呼ぶことから、この名がつきました。

おそらく放送では、

「あー、今ニッケル(バック)が投入されましたね」

なんて話しが出てくるかもしれません。


ただ、私はディフェンスがどう並んでいるか、はほとんど見てません

だって、図のようにきれいに並んでないことも多いですから。


以上、フォーメーションの説明でした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメフトの勉強、応援します。でも…

20100205用、オードリー
NFL JAPANのサイトより。動画で見ると、なんとなく若林が遠慮気味に突っ込んでいるように思えました)

NFL JAPANのオードリーの動画のURLです。いくつかあります。クイズ編も漫才として楽しめます。
 ↓
http://www.nfljapan.com/streaming/20100203-832.html

オードリーがスーパーボウル中継のゲストとして登場することが発表されてから、これからアメフトを勉強する、と言う声をtwitter上でよく見かけます。

嬉しいです。

私がこのブログで「アメフトの小部屋」の解説を始めたのも、そもそもオードリーの人気に便乗して、アメフトの普及をはかろう、と言う意図からですから、願望通りにことが進んでいるわけです。

ですから、ここまで来たら、最後までお付き合いしようじゃないか、と言う気持ちがわいてきて、出来るだけ勉強の力になりたいと考えています。


でもね…

今から、アメフトの全てを書く時間もないですし、読まれる方も、読む時間もないでしょう。


また、若林もスーパーボウルPR大使就任会見で語ってましたが、QBとボールの動きさえ見ていれば、アメフトに関しては十分に楽しめると思います

私は今でもそこにしか目がいきません。

ルールは後からついてきます。

たとえオードリーの二人が専門用語を使っても、解説の後藤さんがフォローしてくれると思います。

ただ、オードリーを楽しめるかと言うと、若干用語を知っていた方がいいかなと思います。


ですから、色々なことを詰め込み過ぎて、お腹いっぱいにならないような範囲で、おそらく中継に出てくるんじゃないか、と思われる言葉を、周りくどくなるかもしれませんが、次回の記事以降、書いていきたいと思います。

勉強の参考になれば幸いです。


ちなみに、この考えをtwitterに書いたところ、オードリーのファンの方からの質問や要望よりも、アメフトファンから、こう言うことを書いた方がいいんじゃないか、と言う助言の方が多かったです。

私がお付き合いしているアメフトファンで、オードリーのファンがアメフトを見ることを嫌がっている人はいません。

むしろ、アメフトが注目されていることを喜んでいる人も少なくないです。

ですから、決してよこしまな理由でアメフトを見ることになる、なんてことは考えず、どうどうと観戦を楽しんでください。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆ここまで読んでいただき、どうもありがとうございました。☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~