2012年07月の記事 (1/1)

BBC「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズン第2話「バスカヴィルの犬(ハウンド)」について(ネタばれ)



(「SHERLOCK」(シャーロック)の「バスカヴィルの犬(ハウンド)」の番宣動画)


一昨日放送された、BBC「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズン第2話

「バスカヴィルの犬(ハウンド)」(The Hounds of Baskerville)

について書きます。


これは原作の「バスカヴィル家の犬 」(The Hound of the Baskervilles)のパロディな訳ですが、原作は多分一番多く映像化された作品じゃないかと思います。

私はこれまでグラナダTV制作のものを含めて4作ほど映像化されたものを見て、2作ほどマンガ化されたものを読みました。

今回は原作がどれだけいじってあるかを楽しみに見ました。


こちらにあるのはグラナダTVのもののようです。

YouTube「Sherlock Holmes -The Hound Of The Baskervilles」へのリンク


なお、下記リンク先に、この番組についてtwitterでツイートされたものがありますので、興味があればご覧ください。

けっこう面白かったです。

togetter「「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズン第2話「バスカヴィルの犬(ハウンド)」 #sherlock #シャーロック のまとめ」へのリンク

なお、私は先週ツイートに忙しくて、筋が把握できませんでしたので、今週はやりませんでした。


本題です。

思ったことを書き散らかしていきます。


いきなりバスカービルの岩だらけの土地が映りました。

この風景は、どの作品も変わらないなと思いました。


その後舞台はベーカー街221Bに映るわけですが、ホームズは血だらけになってモリを持って部屋に帰ってきます。

なんでも、死んだ豚をさしたそうで、タクシーに乗車拒否されたので、地下鉄で帰って来たとか。

これは何か他の作品をあらわしているのか、それとも「書かれざる事件」のひとつなのか、よくわかりませんでした。


大筋は、バスカービルでの犬の話なのですが、ドラマでは彼の地に「エリア51」のような秘密基地があって、そこで軍事のために研究されたものが人を襲ってるんじゃないか、と言う流れで話しが進みました。

ですのでtogetterの中のツイートには「Xファイル」とか「バイオハザード」とか言う言葉がよく出てきました。


前回、原作で女優だったアイリーン・アドラーが、SMの女王様と言う設定だったように、原作で出てきた人物が、いろんな役に置きかえられています。


依頼してきたのはヘンリーというバスカービルの大邸宅に住む青年。

名字は言ってなかったように思いますし、殺されたのはおじではなく父親でした。

父親がチャールズとも言ってなかったと思います。

原作で依頼に来るモーティマは、ルイーズ・モーティマと言う女性セラピスト。

執事のバリモアは軍事基地に勤務する少佐で、奥さんやその実弟のセルデンは出てきませんでした。

チャールズ卿が相談にのったライオンズ夫人は、アジア系のライオンズ伍長となり、これも基地に勤務。

ツイートの中には「オードリー春日を思いだす」と言うのがありましたが、オードリーファンの私は、特にそうは思いませんでした。

原作で犯人のステイプルトンは、基地に勤める生物学者の女性。

娘さんがいるのが、原作の夫人の代わりとなるのでしょうか。

とにかくこんな感じで、原作の登場人物をある程度把握しておかないと、驚くことを楽しめないかな、と言う設定でした。


女性、黄色人種、そして黒人と、この番組はいろんな方面に気を使っているというか、現代的というか。

そう言えばゲイは今では、次に人権が確立されるべき「マイノリティ」と見られている、と言う話を読んだことがありますが、毎回シャーロックとワトソンが恋人同士と疑われるのは、そこにも配慮しているのかもしれません。


最初の方で、ホームズは退屈に悩まされ、断っていたいたタバコを探すシーンがあります。

その場面の中で、スリッパも登場するのですが、これは原作でペルシャ製のスリッパにホームズがタバコを入れていたことをあらわすのでしょう。

(そう言えば昔、会社に、サンフランシスコのシャーロキアンの協会である「ペルシャン・スリッパ」に入っている方が居ました)


ホームズが依頼にきたヘンリーのタバコの副流煙を、顔を近づけて数シーンがあり、twitterでは、

「やめてぇ」

「キモい」

みたいな声がありました。

でも、私が昔禁煙をしたころは、そうやってだんだんニコチンを減らしていったものです。


最初は乗り気ではなかったホームズですが、ヘンリーが見た足跡が、男のものでも女のものでもなく、巨大なハウンドのものだった、と言うのを聴いて、ホームズは事件を引き受けます。

これは原作と似ていて、私にとってこのシーンは、この原作の中で面白いところの一つだと考えます。

だから再現してくれて嬉しかったです。

他に原作で面白かった、ヘンリー卿を尾行した馬車の御者が、尾行を支持した客の名は「シャーロック・ホームズ」だと名乗ったと言うところ。

そしてワトソンが不審者の巣と思っていたのが、実はホームズの隠れ家で、ホームズの声でそれがわかるところ。

この二つはなかったです。


ホームズは「英国政府そのもの」のマイクロフトのIDカードを使って、基地にもぐりこみます。

その認証(オーソリ)がマイクロフトのところに飛ぶのですが、マイクロフトが居たのはディオゲネス・クラブだと思われます。


バスカービルの地は、怖いツアーの観光地のようになっている設定でした。

その案内人が下げていたペンダントに

「性」

と言う漢字がほってありました。

我々も外国語の書いてあるTシャツとかを着るときは、意味を理解してから着たいものですね。


原作ではセルデンがモーティマ夫妻に灯りで信号を送り、そのシーンをワトソンが見つけますが、ドラマではワトソンだけがそれを見たことになっており、それがモールス信号であると見抜いて、それを書きとめます。

しかしその灯りの実態は、お楽しみ中のカップルが乗った車が、揺れながら放った光で、何の意味もありませんでした。


ツイートの中に

「名言キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!」

みたいなのがいくつかあります。

これは

「不可能を除外したものが、あり得ないと思えてもそれが事実だ」

と言う言葉だと思います。


ワトソンがホームズのことを、「スポック」と呼ぶシーンがあります。

そう言えば、スタートレックのスポックは、ホームズがモデルである、と言う話しを読んだことがあります。


レストレードもやってきますが、名目は「休暇」で、本当はマイクロフトにホームズの監視を命じられてやってきたようです。


事件の源は、アメリカのインディアナ州のリバティと言うところで行われた研究です。

英語版のWikipediaの「Liberty, Indiana」のサイトには、以下のこのドラマについての記述があります。

「Liberty, IN was mentioned in the BBC's Sherlock Holmes episode Hounds of Baskerville. Sherlock's client Henry was having flashbacks to his childhood where the words "Liberty" and "In" kept reappearing. Later in the episode, Sherlock deduces that the two words stand for Liberty, Indiana, which was the site of a fictional secret military project.」


ちょっと色々と余裕がなくて、先週に続いてこんな感じで思いついたことを書き散らかしてしまいました。


最後に、このドラマで思いだした、19世紀に起きた、悪魔とかに関する事件を書いておきます。

一つは「バネ足ジャック」(スプリングヒールドジャック)の話し。

このバネのような足で飛びはねた怪人は、爛々と燃えるような眼をして、火を吐いたそうです。


そして「デビルズ・フットプリント」(悪魔の足跡)

1850年ごろ、デボン州で一晩の間に広範囲を何者かが徘徊した足跡が、雪上に発見され、こんなことができるのは悪魔に違いない、と騒がれた事件です。


来週はこの第2シーズンの最終回、「ライヘンバッハ・ヒーロー」("The Reichenbach Fall")です。

もちろん、「最後の事件」 "The Final Problem"がベースになったものです。


予告では、モリアーティーが王様の恰好で出てくるのが見えました。

今週末も楽しませてくれそうです。


でも、1時間半は長いわぁ…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

平成24年度玉竜旗高校剣道大会の感想



(男子の部の決勝戦の大将戦の動画)


今年も無事、玉竜旗高校剣道大会が行われました。

「今年も無事」って当り前やん、と思われるかもしれませんが、歳をとってくると、そのいつも通り無事に行われることが、ひとつひとつの小さな奇跡の集まりだと言うことに思えるときがあります。

特に今年は、東日本大震災の被災地から転校され、出場した選手もいるようで。

また、今年は直前に、九州では大豪雨がありました。

きっと稽古が予定通りにできなかった学校もあるでしょう。

そう言うことを考えると、よく無事に開催できたものだと嬉しくなってきます。


ちょっとだけ感想を書かせてもらいます。


1.これぞ教育、と思えたこと

女子大会では、福岡の中村学園が優勝しました。

常に上位にいるイメージがありますので、それほど驚くようなものには、最初感じませんでした。

ですが、主催者の西日本新聞社のサイトで

「「日本一」支えた「転身」 中村学園マネジャー加藤さん」

と言う記事を見て、こう言う指導者がいたから勝てたんだなぁ、と嬉しくなりました。

記事の内容は、1年生の時に選手からマネージャーに転校した、加藤千晶さんと言う方の話しです。

中村学園は強豪ですから強い選手がたくさん入ってくるようです。

そんな中で加藤さんは、1年生の時に練習についていけなくなり、退部を決め、岩城規彦監督にそのことを告げたそうです。

しかし岩城監督は、退部よりマネージャーとして残る道を勧めたそうです。

そして加藤さんはマネージャーになり、裏でしっかりと部を支えたそうです。


私は、指導者の仕事のひとつに、適材適所を実践することだと考えており、それが指導者にとっても、配下の人間にとっても幸せなことだと考えています。

ですから、私は岩城監督に対して、よく引きとめて加藤さんに適所を与えたものだと感心します。

強豪校の一年生の中から、一人ぐらい部員が抜けたところで、大したことではない、と考えがちになると思います。

ですから、そうしなかった岩城監督をすごいと思うのです。

ここしばらく、教育関係者の不祥事が連日のように大きく伝えられている中で、その記事が読めたことは幸せでした。


2.福高剣道

私の母校、福岡県立福岡高校の剣道部の結果ですが、女子は一回戦で酒田光陵高校(山形に)、男子は1回戦がパスで3回戦で三養基高校(佐賀)に敗れました。

ここ最近の大会の中では、比較的早く終わった、と言う印象は否定でいませんが、それでも私が3年生の頃よりは立派ですし、なによりすべて大将戦まで行ってますから、すごいと思います。

大将戦で、すべてが決まると言うときのプレッシャーは、とてつもないものだと思います。

その中で、男子2回戦で東京学館新潟に勝ったのは素晴らしいと思います。

剣道はスポーツではないと思いますが、勝負事の一つではあると思います。

勝負には相手がいるもので、相手も一生懸命に来ますから、勝敗についてどうこう言うのは、よほどのものでない限り、控えるべきだと思います。


とにかくよく闘ってくれました。

闘わなくとも出れなかった生徒のみなさんも含め、お疲れ様です、と言いたいです。

そして三年生の方々には、福高剣道部で活動されたことに、また、お疲れ様です、と言いたいです。

私は補欠にもなれなかった生徒でしたが、今でも剣道部で飛び交っていた

「気合たい、気合」

という声を思いだし、奮起しようとすることがあります。

(なぜか、思いだす声の主は、一年の時と二年の時の主将の方の声であることが多いです)

今後の長~い、長~い人生の中で、きっと福高剣道部にいたことは大きな財産になると思います。

他の学校の、他の部活にいても、また、部活をしていなくても、違った形の財産は得られたと思いますし、それはもっと素晴らしいものだったかもしれません。

でも、私は福高剣道部にいたことで得られたこと、知ったことに、ものすごく満足しています。

なんの恩返しもできていないことが残念ですが。


3.男子決勝戦を見て

トップに置いた動画だけ、つまり決勝戦の大将戦だけを見ました。

私は、年に1~2回ぐらいしか剣道を見ません。

しかも現場では見ません。

その程度の観察力で書かせてもらいます。


先日世界剣道選手権を見たばかりですが、その映像に比べると、

「若くて元気があっていいな」

と思いました。

国の代表選手から感じられる、長い「静」からの一瞬の「動」と言う美しさは少ないと思います。

でも、「とにかく勝つ、そのためには、チャンスがあれば動く」と言う気持ちが感じられました。


3本の決まり手の内、胴が2本なのは珍しく感じます。

しかも、自分から見て相手の右胴を上から下に斬りおとすものでした。

こう言う技は、私らの頃、30年ほど前にはほとんど見られなかったと思います。

あったとしても、それで一本になったのは記憶にないです。

今でもあまり見た記憶がないです。

今後はこう言う技もトレンドになっていくのでしょうか?

Yahooトピックス「男子は島原が初優勝=玉竜旗高校剣道」へのリンク


来年も無事、この玉竜旗が行われることを願います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

7/29「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(春日がオリンピックで注目する女子バタフライの星奈津子選手の動画。

 この大会で日本記録を出して、二度目の五輪切符を決めたそうです)


7/29「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回は1時の時報の後、春日のタイトルコールではなく、ポップな音楽が流れました。

「ニッポン放送ロンドン・オリンピックメダル速報」

と言う女性のアナウンスが流れましたので、オリンピックでANNはないのか、と驚きましたが、

そのあと

「あ、どうも、オードリーの若林です」

「土曜の夜、カスミン」


と二人の声。

そして柔道男子60キロ級の平岡拓晃選手が銀メダルを獲得したことが読み上げられました。

そしてオープニングトークの間に 重量挙げの女子48キロ級で三宅宏実選手も銀メダルの獲得が決まりましたので、オープニングトークに続いてCMなしで、報じられました。

こんな感じで、ロンドン・オリンピック仕様の「オードリーオールナイトニッポン」が始まりました。

考えてみますと、2008年に北京オリンピックがあって、2009年秋にこの番組が始まりましたので、オリンピック期間に「オードリーオールナイトニッポン」が放送されるのは初めてですね。


1.番組の流れ

1)オープニングトーク

「ニッポン放送ロンドン・オリンピックメダル速報」のあとトークがスタート

柔道がポイント制になっていることに触れ、チーム付け焼刃に、その辺のシステムはどうなってるの、と尋ねたところ、誰も答えられずでした。

それでも青銅さんはPCでネットを検索して調べようとしているのに、サトミツなど他のメンバーは

「スペイン坂の公開収録を見に来ているテンション」

で何もしようとしないので、オードリーは怒っていました。


競泳の北島選手が金メダルとともに名言を期待されていることが、なんかかわいそうだね、と言う話しなりました。

これまでの

「超気持ちいい」

「なんも言えねぇ」

は、若林から言わせると「同じ球種」なので、なんかすかしたことを言ってほしいとか。

そこで春日が

「金三ついただきました」

と言う「チューボーですよ」の恒例の言葉「星三ついただきました」に引っかけた言葉を作ったのが、若林に大うけ。

リスナーにも好評でした。

「今からでも北島選手に伝えたい」

と若林はべた褒めでした。


そして男子サッカーのスペイン対日本で、日本が番狂わせで勝った

「グラスゴーの奇跡」

の話しになりました。


その流れで作られた言葉が

「大井競馬場の奇跡」

でした。

これは、M-1ぐらんぷり2008で、オードリーが大井競馬場で敗者復活枠を勝ちぬいたことを言うものでしょう。

そしてこの後本戦予選で、最高得点をたたき出し、決勝でノンスタイルに続いて2位となりました。

ここから、オードリーの大ブレイクが始まったわけです。

(ちなみに3位はナイツだったと思います)

私は2008年の春ごろから「爆笑レッドカーペット」でオードリーを見ているうちにファンになりました。

ですので、「大井競馬場の奇跡」の日も、オードリー来ないかなぁ、とかその日の朝のブログに書いたら、本当に来てしまったので驚きました。

(すみません。「昔からのファン」自慢です)


そのあと少し聴けなかったのですが、オープニングトークの最後の話題は、昨晩の「爆生レッドカーペット」の話し、そして漫才論でした。


オープニングトークが終わったのが1:40で、久々に長いものでした。

そして前述の通り三宅選手の銀メダルの速報。

「たしか女子のウェイトリフティングでのメダルは日本初じゃないか」

と言う春日の言葉を受け、若林と二人で付け焼刃に確認。

しかし誰も知らず

「春日が一番詳しいじゃないか。

 お前(春日)放送作家との二足のわらじはどうだ」

と若林がほめていました。


だいたい1:50になって、初めてCMが流れました。


2.若林トーク

くじらとタイガとで、海にいった話がCMを挟んで語られました。

海水浴客や海の家の人にふつうに声をかけられる若林。

ツイートされる若林、の話しなどなど。

ある男子高校生に

「テレビで見るのと同じで、かわいいですね」

と言われ

「お前の方がかわいいわ」

と心の中で思ったそうです。

なお、トーク中に出てきたツイートは、下記のふたつのものだと思います。

「海の家にオードリーの若林いる」
https://twitter.com/eluago/status/227244967284834304

「海たのし~!同じ海の家に若林いてた。夏は遊ばないとねっ。」
https://twitter.com/rin6rin23/status/227304346784768001

面白いことに、この2つのツイートを合わせて2回しかリツイートされていないんですよね。


また、タイガのブログには、軽く海の家に言ったことが書いてありました。

TAIGAさんの日記「夏」へのリンク


ところで、トークの頭で、昔キサラ明けで大勢で海に言ったことに軽く触れていましたが、twitterでは、その時の写真と思われるものが出回っていました。

下記リンク先にあります。

「6年前の海水浴だと思われる画像探してきたー! #annkw http://twitpic.com/acsene
https://twitter.com/rururun10/status/229262562804527104

3)春日トーク

春日とその仲間たち、通称「Tカンパニー」(社長 春日 社員 水口、栗坂)で、熱海(?)の温泉に行って、コンパニオンと遊んできた話しが語られました。

「久々の『春日の風俗レポート』だな」

と言うツイートがいくつかありました。

現れたコンパニオンはランジェリー姿で、

「下品なあやまんJAPAN」

というか久本雅美見たいなのり。

「あやまんJAPANも相当下品だけどな」

と若林が言っていましたが、彼女らの一人が、何かの茎の部分を栗ちゃんのケツの穴に刺そうとした、というのを聴いて、納得したようです。

う~ん、私も引くな。

今回のトークでは新しい春日語が三つできました。

「Tカンパニー」:春日とその仲間たち

「小生」:春日の一人称

「ショーセージ」:(春日限定の?)ご子息、お宝、チ○コ


4)新コーナー告知「シーサイドFM」

春日が扮するDJケン・ナカイドによる、番組初のリクエストコーナー。

夏休みや海の思い出話しにリクエスト曲を1曲そえてリクエストするものだそうです。

春日の語りが、最初はヒップホップなDJ風だったのが、だんだんいつもの春日弁になって行ったのが、ちょっと残念で、このコーナーでは無理をしてでもそれで通して、下手したところを若林に突っ込んでほしいです。

そうやって春日は一皮むけることができると思います。


5)なしなし若林の、あるある芸人への道

今週のテーマは「バカカップルあるある」。

わたし的にツボったのは

「twitterで「早く彼氏さんにあいたい」とつぶやく」

でした。

「彼氏さん」という表現が寒い、と若林は言っており、twitterでの反応も同様でしたが、私は、そういう表現の書き込みをよく目にすることがあり、慣れてしまったせいか、あまり違和感は感じませんでした。

むしろ「彼氏クン」の方が良くないか、とか思いました。


来週は「ラジオ好きあるある」とか「ネタ見せあるある」とか、さらに先週やった「海あるある」とかをやる話が出ましたが、結局

「電車あるある」

になりました。


6)しんやめ


7)エンディングトーク


春日のドラマの話になりました。

もう全5話中の2話が終わり、収録もあと3日だそうです。

若林が

「ドラマの結末をしゃべってください」

と言ったところ、春日が当然のごとく

「バカか君は」

との突っ込み。

それでも若林は春日が持ってきた台本を見て、ネタばらしを行いました。

最後、春日は、下半身が戦車の人造人間になるそうです。

(もちろん大嘘です)


2.星奈津美選手

私は今回のオリンピックについて、事前情報がほとんどないまま見ているので、春日が注目しているという星奈津美選手についても全然知りませんした。

星選手は早稲田大学の4年生で、女子競泳200メートルバタフライが本職の選手です。

JOC「星奈津美選手のプロフィール」へのリンク

トップに置いた今年の選考大会で、昨年の世界大会をも上回る日本記録で優勝し、出場を決めました。

その決意を語る動画がこちらです。

YouTube「期待されるのはうれしい 五輪競泳日本代表・星奈津美選手」へのリンク

実は16歳の時にバセドウ病にかかって、今でも3ヶ月に1度の定期検診と薬の服用が必要だそうです。

こういう人の活躍は、同じ病気の人の励みになると思いますので、頑張ってほしいです。

なお、彼女はバタフライの100メートルと200メートルに出場するようですが、100メートルの方はすでに予選落ちしています。

ニッカンスポーツ「星予選落ちも本職は200バタ/競泳」へのリンク

200メートルバタフライは、日本時間の7/31に行われます。


3.「Tカンパニー」

春日が自分とその周りの遊び友達について、

「Tカンパニー」

と名付けました。

可能性は低いと思いますが、これは「LT and Company」をもじってつけられた名前かもしれません。


「LT and Company」とは、1980年代のNFLのニューヨーク・ジャイアンツのディフェンスチームにつけられたニックネームです。

「LT」(エル・ティー)とは、そのチームの中心選手、ローレンス・テイラー(Lawrence Taylor)の頭文字です。

LTは守備に一大革命を起こすほど素晴らしい選手で、QBサックをガンガン決めました。

彼の登場以前には、サック数はNFLでは公式にカウントされるものではなかったのですが、彼が2~3年目にそれがカウントされるようになったことを考えると、かれが、その記録分野を作ったと言ってもいいでしょう。


私がNFLを見始めた時は、全盛期の終わりごろだと思うのですが、それでも、すばらしい動きをしていました。



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ロンドンオリンピック】日本サッカーがスペインに勝った裏側で~サイバーセキュリティ~



(ロンドンオリンピック男子サッカーで日本がスペインに勝った時とほぼ同じタイミングで起きた、twitter障害を伝えるニュース動画)


昨日未明、午前0時20分ごろから約40分間twitterがダウンしたそうです。

当初は男子サッカーで、日本がスペインに勝ったことで、ツイートが急増し、それにサーバーが耐えられなかったのではないか、とも言われたそうです。

(その動画はこちら

 YouTube「サッカー男子 強豪スペインに競り勝つ」へのリンク


私はその時間寝ていましたので、会社で

「昨日のtwitterの障害は、オリンピックのサッカーで日本がスペインに勝ったからですかねぇ?」

と尋ねられて、初めて知った次第です。

私は知ったかぶりして

「全然無縁ではないでしょう」

と答えたのですが、全然無縁だったようです。

下記リンク先にそのニュース記事と、ユーザーの声があります。

Yahooトピックス「ツイッター、大規模障害で謝罪=サッカー勝利つぶやけず―ロンドン五輪〔五輪〕」へのリンク

これまでtwitterに関するYahooへのコメントを色々とみて来ましたが、ここにコメントする人はtwitterにネガティブなイメージを持っている人が多いようで、

「やってないからどうでもいいや」

「勝ったことをつぶやいて何が楽しいの?」

なんてコメントも目立ちますし、今回の障害は大量ツイートのせいではない、と発表されているのに、あたかもそれが原因だったと誤解している人が多いように思えます。

後者に関しては、「発表はウソだろ」と疑うこともなく、単純に知らないから誤解されているようです。

ただ誤解ツイートの中でも

「バルスでも落ちなかったツイッターが今回は落ちたか・・・」

と言うツイートは興味深いです。

「バルス」

とは、たしか「風の谷のナウシカ」での呪文のシーンだと思いますが、これがテレビ放送された時が、現在瞬間ツイート数の最高記録を持っていつと記憶します。

これは日本の国内記録ではなく、全世界での最高記録です。

今回の「ソーシャリンピックス」と呼ばれるロンドンオリンピックで、それが更新されるシーンがあるかどうか、ちょっと興味があります。


ところでこんな記事がありました。

COMPUTERWORLD「オリンピック史上初の“モバイル&ソーシャルな”大会が開幕」へのリンク

先日私はこのブログに、今回の五輪では、twitterやFacebookなどを使って、色々と残念な行為が行われるだろう、と書きました。

そしてその日に、ギリシャの陸上選手が人種差別にあたる内容をツイートして、ギリシャ代表から外されると言う事件が起きました。

私が想像する「残念なこと」とは、著作権を侵す行為、モラルが問われる行為を指していたのですが、上記記事では、セキュリティ上の危険が一層高まるだろう、とも指摘しています。

確かに、言われてみればその通りで、これだけ注目度の高いイベントなら、それにつけ込んだサイバー犯罪行為が行われるでしょう。

このことには気がつきませんでした。

「「オリンピック期間中にはマルウェアやフィッシング詐欺の急増が予想される」と警告している。例えば、サイバー犯罪者がSEO(検索エンジン最適化)の手法を悪用して検索結果の順位を操作し、オリンピック関連サイトに見せかけた危険なサイトに誘導しようとするかもしれない。」

とのことです。

気をつけたいですね。

特に最近はAndroid端末のマルウェアが急増していますので、お持ちの方は一層気をつけられることをお勧めします。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

日本人女性選手、2人とも王座決定戦へ~米女子アメフト



(明後日にIWFLの王座決定戦を控えた、サクラメント・サイレンスのニュース動画。

 途中、1:21から小倉典子選手のことが語られ、インタビューに答えているシーンがあります

 見れない場合は、下記リンク先へ飛んでいただければ見ることができます。

 http://sacramento.cbslocal.com/video?autoStart=true&topVideoCatNo=default&clipId=7529599


わかりやすくするために、なるべく一般的な表現で記述しますことをご容赦下さい。

先週、鈴木弘子選手がプレイするサンディエゴ・サージがWFA王座決定戦の準決勝に勝ちました。

これで小倉典子選手がプレイするサクラメント・サイレンス(IWFL)に続いて、王座決定戦に出場することになりました。

この記事では、先週行われたそのゲームのことと、今週末に行われるIWFLの王座決定戦のことを書きます。

なお「WFA」「IWFL」はリーグ名で、2人は違うリーグに所属しており、それぞれがチャンピオンを決めます。

ですので、日本人選手が揃って違うチームでチャンピオンになる、と言う可能性は十分にありますし、私はそれが、現実になることを前提に記事を書いています。


1.WFA準決勝

鈴木選手のサージが守備ランキング1位で、相手のダラス・ダイアモンズは攻撃ランキングと、盾と矛が闘った試合でした。

結果は盾のサージが59-29で勝利しました。

29失点と言うのはレギュラーシーズン、ポストシーズンを通じて最高失点で、それまでは12点が最高だったと思います。

さすが相手も攻撃のチームで、1試合平均約70得点と言うだけはあります。


サージが先制、その後追いつかれて7-7となるものの、次のシリーズで14-7とリードした後、相手のパスをインターセプトして得た攻撃権から2Q初めにTDを奪うと、そこからは一歩的になりました。

前半をサージが35-13で終えると、後半も同じような展開で、そのまま逃げ切りました。


私はネットラジオでゲームを聞いていました。

アナウンサーがあまりうまくないのと、私の英語リスニング能力が低いのとがあって、最初の方はうまく状況が把握できませんでしたが、だんだん慣れてきました。


次は来週末にWFAの王座決定戦です。

相手はシカゴ・フォース。

場所はNFLピッツバーグ・スティーラーズの本拠地、ハインツ・フィールドです。

女子フットボールの試合が、NFLの本拠地で行われるのは、史上初めてのことだそうです。

そしてこの試合は、おそらくUSTREAMで生中継を見ることができると思います。

参考となる記事へのリンクを貼っておきます。

「Santee-Based Semipro Women’s Football Team to Play for National Title」へのリンク

本文中に

「The team has players aged 18 to 47」

と言う個所があります。

チームには18歳から47歳の選手がいる、と言うことですが、47歳の選手と言うのは鈴木選手のことです。


2.IWFL王座決定戦

今週末、日本時間の7/29(日)朝9時から、IWFL王座決定戦があります。

小倉選手のチーム、サクラメント・サイレンス対モントリオール・ブリッツです

日本では、音声中継(リンク先は後述)を聴けるところまではわかっていますが、動画が配信されるかはわかりません。


この前の準決勝のことは、小倉選手のブログで見ることができます。

DL NORIKO 小倉典子 Official「ウエスタン・カンファレンス・チャンピオンシップ!」へのリンク

小倉選手はチームリーダーだったんですね。

日本人ながら、比較的フィジカルが要求されるDLをプレイされていることですらすごいと思うのですが。


そしてトップに置いた動画ですが、この動画は下記リンク先の記事の中にあるものです。

CBS Sacramento「Sacramento Women’s Football Team Hopes To Claim 5th Championship Title In Texas」へのリンク

文末に小倉選手のことが書いてあります。

小倉選手はブログに、マウスピースを外して答えればよかった、みたいなことを書いています。

そして、王座決定戦に向けての記事も昨日アップされています。

DL NORIKO 小倉典子 Official「2012 IWFL World Championship Game」へのリンク

「今年こそ全米チャンピオン」

とありますが、小倉選手のチームが優勝すれば、日本人として二人目の優勝体験者となりますし、きっとそうなると思います。

(2004年に谷田純子選手が、同じくサクラメント・サイレンスで、日本人女性として初めて全米優勝されています)


王座決定戦のラジオ中継は、下記サイトで、日本時間7/29(日)の朝9時から聴くことができます。

blogtalkradio「2012 IWFL World Championship Game」へのリンク


そして下記twitterアカウントでも、ゲームの経過を見ることができるんじゃないかと思います。

サクラメント・サイレンス公式アカウント「@sirensfootball」へのリンク

IWFL公式アカウント「@IWFL」へのリンク



追記

下記サイトで、この王座決定戦の予想のようなものを見ることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=x7ZcazICiBs&feature=youtube_gdata_player

予想では、サクラメント・サイレンスの優勝のようです。
やったね。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

SNSを使った「ソーシャリンピックス」となるロンドン五輪から、危険なにおいが



(民放の女子アナによる、ロンドン五輪応援CM)


ロンドンオリンピックは、TwitterやFacebookが普及してから、初めての五輪となりますので、欧米メディアやエンタメ業界では

「ソーシャリンピックス(Socialympics)」

と呼び始めたそうです。

 「シドニー五輪では高速インターネットが未整備で、アテネの時代はスマートフォンはほとんどなく、北京はSNSが普及していなかった」(ロンドン五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の報道責任者)

それがロンドンでは技術的には、誰もがいつでもメデイアとなれるインフラが整いました。

しかし自由に情報が発信できるのであれば、高い放映権料を払ったメデイアに対してフェアではない、と言うことで、技術的には可能なことを、規則、そして倫理への期待で、不可能にしようとしています。

ボランティアには、会場にいる選手や有名人、政府高官に関するすべての情報のネット投稿を禁止しました。

一般の観客にも選手らの写真や動画の投稿を禁じる措置をとるそうです。

筋としては当然のことだと思うのですが、私は前述のように、最終的には個人の倫理観に頼るしかなく、そして期待は裏切られると考えています。

残念ながら、ネットの世界のマナーは、お世辞にもいいとは言えませんから。

(人のことは言えないかもしれませんが(^_^;))


そういう権利とかをめぐるルール違反の他、スポーツ観戦や応援の際にも、SNSでマナー違反が多発する、と私は見ています。

簡単に言えば、選手、国や地域、協議、あるいはオリンピックと言う大会そのものに対し、誹謗や中傷がおこなわれるでしょう、と言うことです。

何回か書きましたが、昨年の女子サッカーW杯の決勝では、日本の対戦国のtwitterトレンドには

「Pearl harbor」

「Hiroshima」

と、太平洋戦争の言葉があがりました。

このことを持ち出して日本を非難するツイート。

同じアメリカでも、それをいさめるツイート。

もうツイートをしている人は、観戦や応援どころではなかったでしょう。


そういえばヨーロッパでは、サッカー日本代表GKの川島選手に対し

「Fukushima」

と言われたり、韓国でも東日本大震災を祝うような垂れ幕が掲げられたりしていました。


外国のことばかり書いてきましたが、同じようなことを言っている日本人だっているでしょう。


今回のオリンピックでは、おそらくそれが繰り返されると思います。

いくら多くの人が

「ネットマナーをこころがけましょう」

と言っても、あまり効果はないでしょう。

これから行われる女子サッカー、なでしこJAPANの日本対カナダ戦で、早くもそういうことが起きるかもしれません。

まだ開会式も行われていないのに。


ですが、これはロンドンより後のオリンピックや、国際的な大会について、反面教師的な情報を集める絶好の機会でもあると思います。


正直、ロンドンオリンピックには今のところあまりワクワクしないのですが、第1回のソーシャリンピックスでどんなことが起きるか、怖いながらもかなり興味があります。

追記

さっそくTwitterでの投稿が問題となり、代表から外された選手が出ました。

ギリシャの陸上女子三段跳びのパラスケビ・パパフリストゥ選手です。

ギリシャのアテネでは西ナイル熱にかかる人がいて、パパフリストゥ選手は

「ギリシャにはアフリカ人が多くいるので、西ナイルの蚊はたくさん自分の国の食べ物があっていいわね」

とツイートしたそうです。

これが人種差別発言とされたようです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

イチロー移籍で、川崎に期待することとしないこと



(「ヤンキー」として初めての打席で、シアトルのファンからスタンディングオベイションで迎えられるイチロー選手

 日本人として嬉しいです)



昨日は朝からイチロー選手のニューヨーク・ヤンキースへの移籍で、もうtwitterなどは大変盛り上がっていました。

しかしその影響で、ムネリンこと川崎選手はどうなる、どうすると言うことの方がもっと盛り上がっていたようです。

Twitterトレンドにも「ムネリン」の4文字がありました。

昨晩遅く、Googleの「Google急上昇ワード」にも、「イチロー」に続いて2番目に「川崎宗則」の4文字がありました。

「今年だけ見れば、剽軽なベンチウォーマーだが、ホークスの歴史を見ても屈指の名内野手なのは間違いがない ...」

という言葉を添えられて。


実は私、昨日の朝会社でイチロー選手移籍をニュースで見て知ったのですが、職場の人に

「川崎はどうするんでしょうね?」

と言われるまで、川崎選手への影響に気がつきませんでした。


イチロー選手を慕い、マイナーでもいいから同じチームでプレイしたい、とシアトル・マリナーズとだけ入団交渉を行った川崎選手には、そうとうショックだったようです。

サンスポ「川崎、兄貴分イチローの移籍に元気なし‎」へのリンク

スポニチ「イチロー移籍にショック?川崎「コメントはなしにしてください」」へのリンク

あくまでも冗談でしょうが、twitterでもささやかれていた、こんな記事もありました。

東スポ「イチロー移籍「川崎はトイレで泣いています」」へのリンク

「日本の元気印」とまで言われた川崎選手ですが、こういうこともあるんですね。

(深読みすることができないこともないですし、私は川崎選手はそれほど元気な人物だとは思っていません。

 いや、川崎選手は大好きですよ)


イチロー選手は、本当に川崎選手に事前にこのことを言ってなかったのでしょうか。

それはさておき、仕事をしていると、気持ちとしては言いたいが、言えない時もあります。

プロであればあるほど、それをストイックに守るものだと思います。

だから

「うちの可愛いムネリンに、なんてことするんですか」

なんて言う言葉でイチロー選手を責める気はないです。


今シーズンは無理でしょうが、川崎選手にはイチロー選手を追っかけて、ヤンキースに挑戦するのはやめたほうがいいと考えます。

まあ、なんとなくしないように思いますが。

それは、イチローが来季以降もずっとヤンキースにいるとは思えないからです。

野茂投手もそうでしたが、スポーツ選手というものは、一度移籍すると激しく動くことが多いようです。


twitterでは、

ホークスに帰ってきて」

というホークスファンの声も少なくありませんでした。

私も、もちろんホークスに帰ってくるなら帰ってくるで大歓迎です。

でも、ホークスにはオールスターで賞をとるような選手がショートにいるからなぁ。


しかし今、私は川崎選手の抜けた穴の大きさを痛感しています。

それは数字でいえば、打点の少なさ、被完封の多さでがよくあらわしていると思います。

前述の明石選手は一流に育ちましたが、まだ超一流ではないと感じます。

肩が弱いことを除けば、野球の技術は高いと思います。

でも、まだチームを引っ張る力を感じられません。

川崎選手は早い時期にポジションをとったこともありますが、若いころからリーダーシップを発揮してきました。

今の明石選手にそれを求めるのは酷、というか自分のことで精いっぱいでしょうし、私も、とにかく自分のことを第一に考えて頑張ってくれと思います。


そういう状態ですから、ホークスが低迷している今、川崎選手には帰って来てほしいという気持ちがわいて当然なんでしょうが、不思議とそんな気持ちは起きません。

なぜかそういう気持ちにはならないのです。

明石選手を見ていたい、という気持ちもあります。

新しいホークスを見てみたい、という気持ちもあります。


まあ、いいや。

「乳離れ」ならぬ「イチ離れ」をして、マリナーズか他の球団で、腰を据えてメジャーリーガーの道を歩んくれ。

そして、2~3年したら、小久保選手のように、大きくなって帰って来てくれ。

そのために、喜ぶ時間を時間を投資します。

でも、日本に帰ってくるなら、ホークス以外の球団には行かないでね
、と思うのでした。


本当は今日は、オールスターで活躍、しかも守備で魅せてくれた明石選手のこと書こうと思っていたのですが、またきっと書く機会があるでしょう。

同じくオールスター戦のホームランダービーで場外弾を連発したペーニャ選手のことを動画入りで書きたかったですし、イチロー選手の件がなければ、昨日退団が発表されたカブレラ選手への感謝の言葉も書きたかったです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

BBC「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズン第1話「ベルグレービアの醜聞」について(ネタばれ)



(「ベルグレービアの醜聞」の番宣動画)


一昨日から、いよいよBBC制作の「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズンが始まりました。

第1話は「ベルグレービアの醜聞」。

タイトルから推測できますように、「ボヘミアの醜聞」をベースにしたものです。


ネタばれを書く前に、マニアにとって朗報を2つ

1.「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズンの日本語版のBlu-rayとDVDが、早くも10月にリリース。

Amazonのサイトはこちら

Amazon「SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [Blu-ray] 」へのリンク

Amazon「SHERLOCK/シャーロック シーズン2 [DVD] 」へのリンク


2.早川書房の「ミステリマガジン2012年9月号」が「SHERLOCK」(シャーロック)特集

7/25発売の「ミステリマガジン」ですが、

「シャーロック再生」

と銘打たれ、表紙と特集記事を飾るそうです。

パステシュもあるそうです。

Amazon「ミステリマガジン 2012年 09月号」へのリンク


3.大ざっぱな感想

さて本題ですが、この作品、twitterでは非常に評判がよく、これまで公開された6作の中で最高、というツイートもありました。

下記リンク先に、それらのツイートがまとめてあります。

togetter「「SHERLOCK」(シャーロック)第2シーズン第1話 #sherlock #シャーロック のまとめ」へのリンク

ですが、私は今回twitterをメモ代わりにうって見ていて、肝心な場面をいくつか見逃してしまい、結局半分ぐらいしか筋が把握できませんでした。

小さなパロディなんかに目が行ってました。

要は「木を見て森を見ず」だったわけです。

ですが、大作だったのは感じられました。

「ボヘミアの醜聞」の通り、王室(原作では外国)からアイリーン・アドラーが持っているスキャンダルになりうる写真の奪回が、シャーロックに依頼されます。

写真は携帯(スマートフォン)の中で、アドラーはSMの女王様、という設定でした。

今回はかなりコミカルにできていました。

また、やたらと裸のシーンが多い回でした。

これなんかは、シャーロックを演じたベネディクト・カンバーバッチのファンへのサービス、というツイートすらありました。

YouTube「Sherlock BBC - Get Off My Sheet!」へのリンク

アドラーも全裸で現れるし…

そして色恋沙汰。

私はホームズものには色恋沙汰もお色気も求めないので、ホームズの服が脱げるのはネタとして面白いですが、アドラーがフェロモン出しまくるのは、どうも嫌でした。

そうそう、アドラーは完全に峰不二子でした。

危険で、そして聡明。

「ルパン三世」を見てんじゃないか、と思えるほどでした。


結局最後はアドラーは「外国で処刑された」とマイクロフトからワトソン、ワトソンからシャーロックへ伝えられます。

ですが、実は処刑の場にシャーロックが立ち会ってて逃がしていた、なんていう、何回も裏をかかれたストーリーでした。


原作では、ホームズは事件の記念にアドラーの写真をもらいますが、ドラマでは携帯を手に入れました。


4.細かく気になったところ

詳細な点で気づいたこと、気になったことを書いておきます。


この作品は第1シリーズの第3話の続き、モリアーティーが、シャーロックとワトソンを殺そうとするシーンから始まります。

第1シリーズの第3話でも言ってましたが

「僕がなんて言ったかわかるだろう」(モリアーティー)

「だったら、僕がなんて返事するかもわかるだろう」(シャーロック)

というのは、原作の「最後の事件」でも交わされたやり取りだったと記憶します。


ワトソンはブログに、ある事件を「オタクな通訳」と命名して載せます。

「ギリシャ語通訳」のパロディでしょう。


依頼人に二人の女の子が来る場面があります。

あれは「書かれざる事件」の二人のコプト教の老人のパロディだったのかなぁ…


シャーロックは自分のサイトに煙草の灰に関する論文を載せます。

これは原作で、ホームズがそういうのを書いたと言っているのといっしょです。


ワトソンのブログのカウンターは、やはり「1985」で止まっているようです。

ワトソンは「直せそうもない」と言っていましたが、カウンターなんて多く公開されていますから、そんなことはないでしょう。


シャーロックは冷蔵庫に人の親指を保存しています。

「技師の親指」の記念という意味でしょう。


シャーロックが、アドラーのスマホを隠す場所を知るために使った手口は、原作と同じく偽物の火事でした。


シャーロックはアドラーのスリーサイズ(金庫の暗証番号にもなっている)を寸分の違いもなく当てます。

これは「エロイカより愛をこめて」に登場する「鉄のクラウス」ことエーベルバッハ少佐といっしょです。

そういえば二人は性格が似ていると言えば似ていると言えるでしょう。


アドラーはtwitterをやっているそうです。


「ハドソンさんがロンドンにいなければ、イングランドは滅亡だ」(だったかな)

という訳がありました。

「イギリス」と訳せずに「イングランド」のままにしておいたものと思われますが、グッジョブだと思います。


「ジョン・H・ワトソン」の「H」が何の略かは原作では書かれていません。

ですが、有名なシャーロキアンのベアリンググールドの説と同じく、

「ヘイミッシュ」

の略という設定でした。


twitter上では、多くの人がアドラーの携帯のパスワードに感動していました。

私はそれほどではなかったです。

むしろ最後に、シャーロックが処刑人に化けて、アドラーを逃がす展開に驚きました。


アドラーは寝技で多くの情報を収集していたそうですが、その有効的な使い方と管理について、モリアーティーのコンサルを受けていたそうです。

などなど


それにしても、みなさんのツイートを見ていると、詳しい人がたくさんいることに驚かされます。

私なんか、偉そうにこんな記事なんて書いてますが、とてもとても…


返す返すも、今回のドラマの面白さが正確に把握できなかったのが残念です。

はやくもう一度見たいです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

WBC参加不参加に、意思を書くのは困難



WBC不参加表明を伝えるニュース動画)


日本プロ野球選手会は先週の7/20の臨時大会で、来年3月に開催予定の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への不参加を決議しました。

その前には第1ラウンドでキューバーと当たる可能性が高いとか、監督問題が難航しているとか伝えられ、もうとっくに参加するものと思っていたので、この決議には驚きました。

ただ、去年も「このままでは参加できない」と言ってましたから、その路線が継続確認されたと見れば良いので、突然の決議ではないと思います。


1.単に「金持ち同士のけんか」ではすまされない

日本ではあまり例がありませんが、米4大スポーツなどでは、よく労使が待遇などを巡って対立します。

NFLは昨年開幕1カ月前までロックアウトが続きましたし、NBAはシーズンに入ってしばらく、公式戦がキャンセルされました。

「労使闘争」と言ったって、選手も基本金持ちだと思われてますから

「億万長者と百万長者のけんか」

と揶揄され、ファン置き去りで金持ち同士がけんかしている、と批判されることもあります。


今回の選手会の決議についても、しょせん金かい?、と言う批判的な声もネットにあります。

私がそう思えないのは、国威がかかっているからです。

どうしても日本がアメリカになめられている、と言う印象を受けます。

しかもそのアメリカは、元祖の看板もむなしく未だ優勝できず、それでも本気のチームを編成してこないように思えます。

こんな大会のために、日本国民全員がなめられている、と言う感覚がありますので、選手会の行動が正義に見えたりします。


しかし一方で、アメリカ(正確には主催者のWBCI)にも言い分はあるようで、これは去年から伝えられていたものです。

下記リンク先の「■WBCI(アメリカ)の言い分」を見ていただけると良いと思います。

NAVERまとめ「WBC不参加決議!選手会が決めた理由」へのリンク

アメリカは各国の招待を負担し、赤字のリスクを負い、野球後進国への援助を行っている。

そのため、多くの利益を持って行くのだと。

そう聴きますとアメリカのいい分もまっとうに聞こえますが、具体的な収支額が発表されていないのが問題とされているようです。

利益額については、日本の取り分から逆算できるでしょう。

問題は、アメリカの言う「負担や援助」にどれだけ使われているのか、だと思います。

これが発表されないと言うことは、それを差し引いても大きな利益を得ている、と考えても不思議はないと思います。


2.日本のファンはどう思っているのか

こんな記事がありました。

J-CASTニュース「「WBC不参加、納得できる」 ファンは選手会支持多く」へのリンク

「(WBC不参加に)スポーツ紙は否定的な論調が多いが、ファンの見方は必ずしもそうではない」

とのことです。

一昨日「ズームイン・サタデー」で見た街角インタビューの結果は、不参加を支持が45%で反対が46%、わからないが9%と、賛否が拮抗していました。

(ネットでは、私の感触では、不参加支持が多いようです)

「日本の三連覇はみたい、でもこんな不公平は許せない」

と迷った結果の数字だと思います。

たしかに私も日本の三連覇はみたいですし、最悪でも準決勝までは行ってほしいです。

前回の2009年大会、私はいろんな人のブログを見ましたが、およそ野球に興味がないような方までもが、日本の連覇までの過程に一喜一憂されてました。

私の好きな歌手、谷村由美さんもブログでその興奮ぶりを書かれていたのは印象深かったです。

今、日本にはいろんな価値観が存在し、ひとつの方向を向いて熱狂するのが難しくなっています。

「日本に熱狂が必要なのか」

と言われてしまうと考え込んでしまいますが、去年の3.11の東日本大地震のことなどを考えますと、今の日本には「希望」が必要だと思います。

すでに連覇を果たして強豪中の強豪の日本が三連覇を果たしたところで、日本人にとって新しい「希望」となるのか、と言う否定的な考え方もできます。

私は、「希望」になる、と思います。

連覇することは、1回優勝するよりもはるかに難しい、と言うことはよく聞きます。

それに、前回WBCを見ていなかった人もいるでしょう。

日本が世界に誇れるものが少なくなってきました。

そう言うことを考えると、WBCでの日本代表の三連覇は、日本の新しい「希望」となり、エネルギーとなると思います。


それだけに日本の不参加は残念、と思う声が多いのは、全然不思議ではないです。


3.アマとメジャーでチーム編成の可能性

日本のプロ野球が不参加であれば、それに属さない野球選手で日本代表を編成し、参加すると言う方法もあるようです。

スポーツニッポン「アマ側は静観 メジャーとアマ選手で代表編成の可能性も」へのリンク

結論から言うと、私はメジャー・アマで編成する日本代表には、強いて言えば反対です。

それでは三連覇は無理だろうからです。

なんやかんや言っても、日本のプロ野球はレベルが高いです。

その選手たち抜きでは…

彼らは一般の日本人に比べると、厚遇されていると思いますが、そのかわり公人として色々なことを言われ続けています。

そのきつさが、アマにはプロほどはないと思います。

アマが日本代表のユニフォームを着ることは、その人とその周囲、そして何年後かのプロ野球には有益かもしれません。

ですが、ファンの応援は、選手会の選手ほどではないでしょう。

ファンあっての日本球界です。

だから、私は選手会の人々と、メジャーの人々で最強チームを作るべきだと思います。

もちろん、最強チームを編成するのに、良いタレントがアマにいれば、その人が抜擢されることは支持されるべきだと思います。


4.幕末維新の不平等条約改正

ふと思い出したのが、幕末の日本(正確には江戸幕府)が諸外国と不平等条約を結ばされ、それを明治政府の人々が、改正に尽力したことです。

そう考えると、「5年先を考える」のであれば、今は耐えてWBCに参加すべきなんじゃないか、なんて考えることもできなくもないかなぁ~、なんて思うのですが、状況が違い過ぎて無理です。

去年、この交渉を政治や経済の世界に置き替えて、日本がアメリカに反対するとは興味深い、と語った政治家がいました。

私もそう思います。

日本は外交が下手だと言うイメージが強いようですが、そんなことはないと思います。

ただ、アメリカはこのように切り崩しにかかっているように思えます。

スポーツニッポン「WBC運営会社は選手会無視!あくまで「NPBと合意」」へのリンク

日本プロ野球機構と選手会の連携も大事ですが、スポンサーと連携することもアメリカと闘う大きな手段だと思います。


私は今のところ、不参加について支持も、不支持も答えが出せません。

それは情けないことです。

ただ、このように問題が存在することは、ペナントレースに集中できないと言うことを除けば、決して不幸なことだとは思いません。

不参加表明は終わりの始まりであり、結論ではないようです。

日本主導で国際大会を作るとかの案も含め、最善の結果が出ればなるべく早く出れば良いなと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

7/22「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(テキサンズのRBアリアン・フォスター。現役最高のRBの一人とも言われています)


7/22「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回はいつもの順番、コンテンツで放送されました。

特別な告知もありませんでした。

「春日2.0」がなかったことを除けば、今回特別だったのは、途中から

春日が全裸でお送り

したぐらいです。


1.番組の流れ

1)オープニング

全体的に若林の毒が吐かれまくった内容でした。


若林をいじった芸人に、twitterで

「若林さんをいじめないでください」

と言うのがたくさん来たそうです。

それを知った若林が、その芸人にファンが迷惑をかけたこと謝る、とか言うこともあったそうです。

後で春日トークのコーナーでも書きますが、芸人にとっていじめられる、というかいじられるのは美味しいことのようです。

だから本当に若林を応援したいのであれば、そういうことはしないことです。


その他「腐女子」についても語られたそうです。

以前も語られていましたが、オードリーはその世界(BL:BOYS LOVE)の世界では人気だそうです。

同人誌では春日が九頭身が出てきたり…

「同人誌だとサトミツが母親的存在になっていた」

と言うツイートもありました。

ですが、たりないふたりの二人、山ちゃんと若林の腐はありえないそうです。


春日の「世界番付」の話しも出てきました。

若林が見たそうで、その

オードリー春日の部族滞在記」

と言うタイトルのコーナーについて語っていました。

春日はまだオンエアを見てないそうです。

「海外を歩いているだけで絵になる」

「なんだか、王子様が異郷の地を歩いている感じ」

と若林は感想を述べてました。

そして実は春日は人見知りしている時などは腕を触る癖があるそうですが、そう言うシーンもあったと言ってました。

春日に言わせると、パプア・ニューギニアに行った3日間は

「キャンプに行ったようなもの」

で、その期間は手づかみで物を食べることが全然気にならないのに、帰ってきて普通に食事をする際、フォークが汚れてるときになるそうです。

わかりやすいたとえだな、と思いました。

最近春日は面白くなったなぁと思います。

この番組、とびとびですが、私も見てて面白いなと思いました。

このコーナーではなく、二股がバレタときのいい訳をするまね、とか。

また、「はねるのとびら」で子供の悩みの相談に載っている時とか。


ところで、番組冒頭では

「今日は涼しいですねぇ」

と若林が言っていました。

ほんと、涼しいです。

関東地方では金曜日から冷え込んでいて、金曜は半そでのシャツ一枚では寒かったです。

昨日も、厚手の冬物の長袖のシャツで外出して、ちょうどいいくらいでした。


また、若林が春日に、中学か高校時代にやっていた由利徹の物まねをお願いし、春日がそれにこたえる場面がありました。

当然リスナーには見えないので

「恒例の見えないタイム」

とかそれに類似するツイートが多くあったのですが、私はそれはそれで面白いですし、ツイートされた方々も楽しまれているんだと思います。

しかし、若いリスナーさんに「由利徹」って言って、わかってもらえるんでしょうか?

そう言うところも「見えない」だったと思います。

おじさん(私)的にはそれでいいのですが。


オープニングトークは30分強で、いつもより「あっという間」感が強かったです。


2)若林トーク

新宿でオリエンタルラジオのあっちゃんとばったり会って、そのまま二人で「ヘルタースケルター」を見に行った話しとか、渋谷のいきつけの、閑散としたそば屋でピース又吉会った話しとか、帽子メガネなどをせずに外出したら、いろんな人に声をかけられた話しとか、いろいろと散らかりましたが、最終的には「あの人」ことくりぃむしちゅう上田、浜ロンと、

「第3回アメフトの会」

を若林の家でやったことが語られました。

上田は今回は白のハンチングで来たそうです。


今回もアメフトの試合を見ながらの回だったのですが、上田は残り10分ぐらいになるとアメフトに飽きてきて、ほかのことをし出すそうです。

今回も浜ロンに向かって

「お前、豚か」

といじり始めたそうです。


アメフト、と言いますかNFLは今シーズン前で、9月に開幕します。

つまり3人が見たのは昨シーズンの試合だったのですが、

「シーズン始まったら、隔週でアメフトの会をやりたいね

 春日抜きで」

と若林が言うのに、

「そろそろ呼んでよ」

と春日が言ってました。


3)春日トーク

ドラマ「結婚同窓会」に出演する俳優さんたちと飲みに行った話しが展開されました。

三宿(東京世田谷のおしゃれな食べ物屋が並ぶ街。ただし街そのものはそれほど華やかだとは感じないです)の店に行ったらしいのですが、俳優さんたちと「役者論」とか分相応の話しをしていたら、その場にロンブー淳が現れたそうです。

やばい、これは「春日に「役者論」を語らせよう」とする「ロンドン・ハーツ」のドッキリだ、と即思ったそうです。

ですが実は、TBSの「テベ・コンヒーロー」のロケ隊だったそうです。

そして今まで俳優さんたちの前で「役者論」をぶっていた春日に対し、淳が

「トゥースやれよ」

と言ったそうです。

この180度正反対の展開に戸惑いはしたものの、春日はやったそうです。

そしてすぐに、自分は「役者論」をぶるよりも、芸人としてイジラレる方が心地よい、と感じたそうです。

芸人なんですねぇ。


なお、オードリー公式サイトの出演予定には

「・8/ 7 TBS「テベ・コンヒーロー」23:50~24:20(春日)」

と言うのがありますが、この時のものかな、と思います。


ところで、このコーナーに入った直後に、春日は全裸になり、番組の最後までそのままで放送しました。

よく聞いてなかったのですが、どうも春日の「アパー」に切れが感じられないと思った若林が、「全裸でやってみたら」と言ったので脱いだんだと思います。

そしてコードを股間に巻きつけて、このトークを展開しました。


また、春日が「LINE」を始めたことが語られました。

私も無料電話のツール、そして昨年の地震の時電話やメールが機能しなくなったので、そういう時のための連絡ツールとして、LINEのアカウントは一応持っています。

最近LINEは本格的にSNS化したそうですが、私は今のところそこで何かしようとは考えてないです。

理由は、単に忙しくて手が回らないからです。


しかしこの番組、どんどんITの話題が出てきますね。



4)なしなし若林、あるある芸人への道

今週のテーマは「海」で、こんなメールが来ました

「おかあさんは泳がない」

「沖縄出身者が神奈川の海を、こんなの海じゃなぇ、と言う」

「海の家に昔のアイドルのポスターが貼ってある」

「海から帰って、家でゆっくりするのが気持ちいい」

「昔のアイドルの」と言うより、ビールのキャンペーンガールのポスター、と言うイメージが私には強いです。

こんな感じに。

2012072

春日はたとえとして、千堂あきほを出していましたが、このポスターは井上晴美です。


最後のは若林の独断であるあるとさっれたのですが、どう言う言葉でそう思ったか忘れましたが、若林は真剣にこのコーナーで「あるある」を勉強しようとしている、と感じられました。


来週のテーマは、いったん「セックス」になりそうになったのですが、オードリーの二人が

「そんなものは最後の最後までとっておくものだろう」

とチーム付け焼刃にダメだし。

(それでも、このテーマで女の子の「あるある」を聞いてみたい、と言っていました。

 これに対し、twitterでは、「女子のセックス観を聞いたら、ショックを受けると思うよ」とか「夢が壊れるよ」言うような、たぶん女性からのツイートがいくつかありました。

 私もそう思います。)


結局来週のテーマは「バカなカップル」に落ち着きました。

先週もテーマ決めで迷走しましたが、この迷走ぶりを聞くのも楽しいな、と思いました。


5)お前とオレ

「お前がメドベージェフになって、オレがプーチンになったら。また会おうや」

が私のツボでした。

ロシアでは笑いごとではないでしょうが。


6)しんやめ


7)エンディング

春日のエチオピア土産の財布が、福岡の方に当たった事が発表されました。


そのあと若林が、全裸の春日に、トゥースとカスカスダンスをリクエストし、春日が応えてました。

カスカスダンスの最中、春日のものが、マイクに当たりそうになったそうです。

今後春日は、何かあったらすぐ脱ぐ芸人、としてやっていくそうです。

だからその時は、後始末よろしくね、と若林に言ってました。

若林は、地上波では無理だ、と言ったので、CSの「おどおど」あたりでやってみようと言う話しになりました。

私が男だからだと思うんですが、脱いでその場をごまかすのは、一部の例外を除いて、好きではないです。


ぶっこみは、春日が全裸でやった

「アパー」と「カスカスダンス」

でした。


2.ヒューストン・テキサンズ

「第3回アメフトの会」では、まだ応援するチームを決めていないハンチング上田のために、若林が今季イチオシのチームとして、テキサンズを紹介するため、そのゲームを見せたそうです。

どのゲームかはわかりませんでした。

テキサンズはヒューストンに本拠を置く、NFLで一番新しいチームです。

そして昨シーズン初めて地区優勝して、初めてプレイオフに出場しました。

これでNFLの32チームすべてがプレイオフ進出歴を持つことになります。

ヒューストン・テキサンズの詳細はこちら

下記サイトの下の方に詳しい説明があります。

NFLJAPAN「ヒューストン・テキサンズ」へのリンク


実は私はあまりテキサンズのことを知らないのですが、それを前提にテキサンズについて書いておきます。

テキサンズは攻撃力に優れたチームだと思います。

トップに置いた動画の主人公RBアリアン・フォスター(私はエイリアン・フォスターとも呼びます)、WRアンドレ・ジョンソン、QBマット・ショウブはいずれもリーグのトップクラスの選手です。

ですが、守備が弱かったので、なかなか浮上できませんでした。

しかし昨年、優秀な守備コーチを招いて守備力を向上させたことで、地区優勝を果たしました。

ただし、昨年の地区優勝には、同地区の強豪、インディアナポリス・コルツやテネシー・タイタンズの不調と言うラッキーも大きかったと思います。


今年もいいところ、悪くても地区優勝を争うところまでは行くと思います。

スケジュールを見ると、それほど強豪とのゲームも多くなく、楽な方だと思います。

ただし、守備の要の一人、春日と同じポジションのDEマリオ・ウィリアムスが抜けた穴が気になります。

御察しの方もいるかと思いますが、このマリオ・ウィリアムスのニックネームは、「スーパー・マリオ」で、オフにバッファロー・ビルズにFA移籍しました。

マリオのゲームはアメリカでも人気ですからねぇ。


ところで動画の若林と同じポジションのRBアリアン・フォスターですが、彼はたしか「オードリーのNFL倶楽部」の第一回目で「春日が認定、今週の一番はオマエだ」で選ばれた選手だったと思います。

一昨年のシーズン、ドラフト外から這い上がったこの2年目の無名のRBは、開幕からいきなりブレイクしました。

面白いのは彼のタッチダウン・セレブレーション(喜びのパフォーマンスで、サッカーで言うカズダンス)で、立ったまま両手を合わせてお辞儀をすることです。

動画の2:51辺りで、それを見ることができます。

Wikipediaの「Arian Foster」によりますと、これは「ナマステ」と呼ばれているそうで、たしか彼が東洋哲学(おそらくチベット仏教かヒンズー教)に興味を持っているからやっているんだったと思います。

同じようなセレブレーションは、ニューヨーク・ジャイアンツのDLで春日も大好きなジャスティン・タックも、サックを決めた後にやっています。

こちらはどういう理由でやっているかは知りませんが。


3.海に行く時の歌

「なしなし~」のコーナーで、若林は海に行くときに車の中でかける歌としたら、スチャダラパーの「サマージャム'95」だそうです。

春日はPUFFYの吉村由美のソロで「Vacation」だそうです。

なんか人柄がでているようにも思えます。

若林は言葉を感じる方で、春日はメロディラインを楽しむ方かな、と。

2曲が聴けるサイトのリンクを貼っておきます。


YouTube「サマージャム'95 / スチャダラパー」へのリンク

YouTube「04.V-A-C-A-T-I-O-N」へのリンク


私だったらこの2曲、山下達郎の「Big Wave」とWHAM!(ワム)の「CLUB TROPICANA」です。

YouTube「Big Wave - Tatsuro Yamshita」へのリンク

Dailymotion「Wham! - Club Tropicana」へのリンク


そう言えばリアルタイムで進行していた「27時間テレビ」についての発言はなかったと思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】大エース斉藤和己が支配下登録へ前進

20120720斉藤和巳、支配下登録へ

(斉藤和己投手(あえて「投手」)の支配下登録について伝える、西日本スポーツ紙)

福岡ソフトバンクホークスの斉藤和己リハビリ担当コーチがについて、球団が来季の支配下登録を検討していることが、昨日の西日本スポーツ(西日本新聞社:本社福岡)で伝えられました。

西日本新聞「斉藤和巳 支配下へ 球団来季の戦力期待」へのリンク

有料記事ですので、オープンになっているところまでしか書きませんが、こういうことだそうです。

・右肩の状態はかなり良い方向に進んでいる

・今季中の支配下登録は、期限が今月末なので見送り

・来季中の支配下登録を目指す

・順調に行けば8月下旬からのファームの試合に登板

斉藤和己コーチは1977年11月30日生まれで、現在34歳。

来年のシーズンを終えた辺りで36歳になります。

来年からでも、まだ2シーズンは行けるんじゃないかな、と思います。

2008年シーズンから今シーズンまで、もう5年も彼の雄姿を見ていません。

5年…そんなに長く見てないとは感じられないのですが…

2008年シーズンには、ホークスは久々の最下位となりました。

優勝できなければ2位も最下位も一緒という考え方もありますが、やはり「ドベ」と言う言葉は重くてつらく感じられます。

彼がいたなら、そうはならなかったと思います。


あの速球が、そのままよみがえるとは思えないのが正直な気持です。

でも、あの雄姿がマウンドにあるだけで、かなりの戦力になるんじゃないかなと信じます。

スタイルは変わっているかもしれませんし、今後のことを考えると変わるべきかもしれません。

ですが、あの闘志だけは、そのままで帰ってきてほしいです。


改めてWikipediaの「斉藤和巳」のサイトを見たら、こんな記述がありました。

「落合博満は(中略)「斉藤こそが球界で最も優秀な投手。斉藤和巳がいる限り、日本球界はなんとか持つ」と高く評している」

「クリストファー・ニコースキーも「来日してから目を見開かされるような選手を見たわけじゃないが、斉藤は例外」と語り…」

私が斉藤和己投手を高く評価するのは、私がホークスファンだから過剰評価しているのだろうと思っていたのですが、そうではなかったようですね。


世間の人は、このニュースをどう見ているのか。

twitterの中から

・「斉藤和己」

・「斉藤 支配下」

・「カズミ」


と言う言葉で検索して抽出したものを、下記リンク先のtogetterにまとめました。

関係ないものもあるかもしれませんが、興味があればご覧ください。

togetter「【ホークス】斉藤和巳が支配下登録へ、に関するツイートのまとめ #sbhawks」へのリンク

また、掲示板のまとめとして、こんなサイトもありました。

「斉藤和巳、支配下登録検討きたああああああああああああ - ブログ」へのリンク

この中で印象に残ったのは、以下の声です。

「自分、涙いいすか?」

「マジじゃねーかwwwwwwwww
 鷹ファンじゃないがこれ素直に嬉しいわwww」

「2軍でもいいから投げる所みれるのはうれC
 放送してさしあげろ」

「まじで復活したら絶頂ものやな
 あんなかっこいい投手はおらんで」

「ついに最強ピッチャー復活か」

全体的に見ても、歓迎、と言うか歓喜の声が多いようです。


また、昨日の斉藤和己投手のブログはこれが主題ではありませんでしたが、この件に関するコメントが多く寄せられています。

斉藤和巳オフィシャルブログ「ROUTE 66」>「なんでやねん!!」へのリンク

(どうも偶然、彼のブログの千記事目のようです)

その前の記事、6/28とかなり前ですが、その記事には47歳になっても投げ続ける山本昌投手(中日ドラゴンズ)との事が書かれています。

とにかく、多くの人がこの投手の復活を願っています。


前も書きましたが、ダルビッシュ投手は

「勝敗はコントロールできない」

と言っていました。


しかし斉藤和己投手はそうは言いません。

「点を許さないのがエース。味方が点を取ってくれるまでいかに粘れるかで、ナインに信頼される。そうでなくてはエースじゃない。点を取れないのだったら、取ってくれるまで我慢を続けて0点に抑えればいい」

そして通算79勝23敗で、通算勝率は驚異の.775にのぼります。

「勝ってこそエース」

と言う持論を持つようです。


しかし斉藤和己投手は、まだプレイオフや日本シリーズなどのポストシーズンでの勝利はなく、これまで0勝6敗です。

私は、斉藤和己投手が、ホークスの日本一を決める試合で勝ち投手になることを祈ります。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

米女子アメフトプレイオフ準決勝、IWFLの結果とWFAの予定

7/21追記

鈴木選手の試合のネットでのライブ配信が決まりました。

日本時間の明日朝7/22の朝9時半からです。


【動画】 USTREAM San Diego Surge Womens Football

http://www.ustream.tv/channel/sdsurge

【ネットラジオ】Blog Talk Radio

http://www.blogtalkradio.com/wfb-talk-continues/2012/07/22/2012-wfa-american-conference-championship

米女子アメフトのプレイオフですが、小倉典子選手の所属するチームがあるIWFLは先週末準決勝(カンファレンス・チャンピオンシップ)を終え、鈴木弘子選手の所属するチームがあるWFAは今週末準決勝(カンファレンス・チャンピオンシップ)を闘います。

このことを書きます。


1.IWFLのカンファレンス・チャンピオンシップの結果

小倉典子選手の所属するサクラメント・サイレンスは、日本時間の7/15朝に、ウエスタン・カンファレンス・チャンピオンシップで、ウィスコンシン・ウォリアーズと闘い、

サイレンス 45-12 ウォリアーズ

でこれを降して、いよいよリーグ優勝を決めるワールド・チャンピオンシップ(IWFLチャンピオン決定戦)に駒を進めることになりました。

その前のゲームでは7-0と辛勝でしたし、今回は敵地へ乗り込んでの闘いでしたので、大丈夫かなぁ~、とちょっと心配だったのですが、一方的な勝利となりました。


この試合はネットラジオで中継していたので、私も聴いていたのですが、途中で眠ってしまいました。

英語のヒアリングは苦手ですが、アメフトの中継ならNFLのを何回か聞いたことがあるので大丈夫、と思ったのですが、やや言葉少なげで、拾うのが難しかったです。

最初は0-7で負けていたのを逆転したゲームだったと思います。

14-7ぐらいまで聴いていたのですが…


なにはともあれ、勝ったのですからめでたいです。

次の試合は、NFLで言えばスーパーボウルにあたるのですが、おそらく日本時間の7/29(日)の朝行われると思います。

相手はなんとカナダにあるモントリオール・ブリッツで、イースタン・カンファレンス・チャンピオンシップで、ボルチモア・ナイトホークスを35-6でやぶっての進出のようです。

(資料でやぶったチームに矛盾があり、ヒューストン・エナジーをやぶったと言う資料もあります)

どうも、カナダとアメリカのチームが決勝で対戦するのは、IWFL史上初めてのことのようです。


中継などがあるようでしたら、来週報告します。



2.WFAのカンファレンス・チャンピオンシップの予定

鈴木弘子選手の所属するサンディエゴ・サージは、おそらく日本時間の7/22朝9時半に、アメリカン・カンファレンス・チャンピオンシップで、ダラス・ダイアモンズと、本拠で闘う予定です。

中継されるかどうかはわかりません。

ダラス・ダイアモンズはオフェンスのランクがナンバーワンで、サンディエゴ・サージはディフェンスのランクがナンバーワンです。

まさに「矛盾」、ほことたての闘いです。

男子のNFLでは過去一度だけ、スーパーボウルで、オフェンス1位とディフェンス1位があたったことがあります。

第37回スーパーボウルのことで、ディフェンス1位のタンパベイ・バッカニアーズが、オフェンス1位のオークランド・レイダーズをやぶりました。

NFLでは、「オフェンスが客を呼び、ディフェンスが勝利を呼ぶ」と言う言葉があるそうです。

つまりディフェンスが強い方が勝つ、と言うことなんでしょうが、見事にこれの証明になりました。

(ただこの時は、タンパベイのHCジョン・グルーデンが、前年までオークランドのHCだったと言う利点もありましたが)

そう考えると、サンディエゴ・サージが勝つでしょう。


なお、下の動画は、今週公開されたものです。

0:46など、いくつかのシーンで、79場番のセンター鈴木選手が映っています。




Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「SHERLOCK(シャーロック)」第2話~第3話感想

一昨日から昨日にかけNHK BSで放送されたドラマ

SHERLOCK(シャーロック)」

の第2話~第3話の感想…と言うか気付いた点を書きます。


ただ、私はミステリーと言うより、シャーロック・ホームズのパロディものとしてこのドラマを見ていますので、ほかの人の感想とはちょっと違うかもしれません。

でも、それほどホームズに詳しいわけではないので、間違ってたり抜けたりしたらすみません。


1.第1話「ピンク色の研究」"A Study in Pink"の補足

今回の放送は日本語吹き替え版でした。

「主演のベネディクト・カンバーバッチの美声が聞けなくて残念」

と言う声がtwitterでありました。

それはさておき、私は第1話は事前にDVDで日本語字幕版で見ました。

それで気がついたのですが、ホームズがレストレイド警部に協力を依頼されて家を出る時、吹き替えでは

「ゲームは始まったばかりじゃないか」

とか言っていたと思います。

これは、原作の有名なセリフ

「Game is afoot」

のパロディだと思うのですが、オリジナルのドラマでは、そう言う言い回しではありませんでした。


2.第2話「死を呼ぶ暗号」"The Blind Banker"の感想

この記事を書き始めてから、Wikipediaの「SHERLOCK (シャーロック)」のサイトを改めて見て知ったのですが、これの「主な元ネタ」は、

「恐怖の谷」"The Valley of Fear"と「踊る人形」"The Adventure of the Dancing Men"

だろうです。

「踊る人形」については、暗号が使われていて、それを見て被害者が驚くところはそうだな、と思ってみたいました。

「恐怖の谷」については、暗号の解読について、特定の書籍が使われているところがそうだな、と思ってみたいました。

「恐怖の谷」では、「聖書」か「ブラッドショウの鉄道案内」がどの家にもあるので、そのどちらかだろう、ということで、後者が使われていたように記憶します。

ドラマでは「ロンドンの観光案内」でしたね。

これが実在する本であれば、マニアの収集アイテムになるでしょう。


私はもうひとつ、「オレンジの種五つ」も元ネタなんじゃないかな、と思って見ていました。

原作ではKKKの復讐がテーマだったと思いますが、今回も特定団体の復讐だったので、そう思いました。

(第3話で、ホームズが、警告手段として「メロンやオレンジの種を送る団体もある」と言っていました)


被害者の口から黒い蓮の折り紙がでてきました。

どの団体だったか正確に覚えていませんが、死者の口に石を詰め込んで、自分たちの犯行であることを誇示するものもあったと記憶します。


冒頭の謎の人物とホームズの格闘シーン。

これが何の意味を持つのかわからない、と言う声をtwitterでいくつか見ました。

私もわかりません。

ひょっとしたら「書かれざる事件」の一つのことかもしれません。

第1話で「雨傘を家に取りに帰って、永遠にこの世から消えてしまったジェイムズ・フィリモア大佐」のことが取り上げられていたように。


結論として、パロディを楽しもうと言う姿勢でみると、この作品はあまり手ごたえはなかったです。


3.第3話「大いなるゲーム」"The Great Game"の感想

Wikipediaによれば、元ネタは

「ブルースパーティントン設計書」"The Adventure of the Bruce-Partington Plans"

だそうですが、まあ、ドラマの最中で「ブルースパーティントン」と言う言葉が出てきますから、わかりやすいですね。

ただし原作の「ブルースパーティントン」は潜水艦の名前、ドラマでは対ミサイル防衛システム(PAC3のようなもの?)の名前として出てきました。

設計図も原作では紙媒体の設計図で、ドラマではフラッシュメモリでした。

今風に変えてありますね。

しかし自分が国家機密であるはずのミサイル防衛システムに携わっていることを、酔っ払って話してしまうとは、ウエスト氏はとんでもないですね。

私もITの世界にいますが、考えられないことです。


ボームズが退屈のあまり、壁にピストルの弾を撃ち込むシーンがありました。

これは「瀕死の探偵」で、ホームズがいかにとんでもない人物かを表す際「壁にピストルの弾でビクトリア女王の愛称を撃ち込んだ」と言う記述があったと思いますが、それのパロディだと思います。

ただドラマで、なんと撃ち込んだかは説明されませんでしたし、私もわかりませんでした。


冒頭でホームズは、相手の「ら抜き言葉」をただします。

これは何の意味かわかりませんし、英語ではなにを直していたかはわかりません。

女房に尋ねたら「Do」と「Does」の違いとかじゃないかと言ってました。

全くの想像ですが。


ホームズが地動説を知らず、知ったとしても忘れるべきことだ、と言うのは原作と一緒です。

(「緋色の研究」)

そしてホームズは自分の脳みそのことを「ハードディスク」と言っていましたが、原作では「部屋」と表していたと思います。

ただそれを警部からからかわれるとは…


そうそう、ワトソンは書籍ではなく、ブログでホームズの活躍を発表していて、けっこう読まれているそうです。

今風ですね。

以前も書きましたが、ワトソンのこのブログは実在します。

「ピンク色の研究」はこちらにあります。

THE PERSONAL BLOG OF Dr. John H. Watson「A Study in Pink」へのリンク

(このブログのカウンター、今見たら「1895」になってましたが、前回もそうだったと思います。

 カウンターなんて私のブログでも設定しているぐらい簡単に設定できるから、ちゃんとしたものを設定すればいいのに、と思います。

きっとこの1895年に何か意味があるのでしょうが。)


ウエスト氏ですが、原作ではカドガン・ウエストで、この作品ではアンドリュー・ウエストと言う黒人(?)だったと思います。

このドラマは世界的にファンが多いようですので、ひょっとしたら

「これが「ブルースパティントン対ミサイル防衛システムの設計図だ」

と言うのがネットにあるかもしれません。


ドラマに出てきた日本車は、マツダのものでした。

車種はわかりませんが。


フェルメールの絵が贋作であることがわかり、売れなくなったと言う設定でした。

原作ではそんなシーンはありませんでしたが、グラナダテレビ制作の「シャーロック・ホームズの冒険」の「最後の事件」(だったと思いますが)では、モリアーティ教授が偽のモナリザを売ろうとしたシーンがあったと思います。

ただし商談の最中に別件の連絡がモリアーティ教授に入り、贋作とばれる前に、モリアーティ教授が一方的に商談を破棄したようでしたが。


ドラマのモリアーティには驚きました。

若者だとは聞いていましたが、まさか彼がモリアーティとは。

ホームズが

「世界で唯一のコンサルタント探偵」

と言う設定であるのに対し

「世界で唯一のコンサルタント犯罪者」

と自称するのには笑いました。

そう言う設定は原作にはありませんでした。


ドラマではモリアーティが教授かどうかは語られてなかったと思います。

原作では「ジェイムズ・モリアーティ」ですが、ドラマでは「ジム・モリアーティ」となっていました。

「ジム」は「ジェイムズ」の略だと考えられますが、私としては、モリアーティにはそれなりの格があった方が良いと思いますので、略せず「ジェイムズ」でいってほしかったです。


ホームズがフェルメールを贋作と見抜く、絵に描かれた

「Van Buren supernova(バンビューレン超新星)」

ですが、ちゃちゃっとネットを検索しても、そう言う項目はありませんでしたし、他の方のブログには「存在しない」とありました。

ただこの「バンビューレン」ですが、アメフトファンの私にはツボです。

スティーブ・バンビューレン(Steve Van Buren)と言う選手が昔いましたから。


水泳選手「カール・パワーズ」については、何がモデルなのかわかりませんでした。


こんな感じで、第3話はパロディとしてつっこみどころ満載で、大変楽しめました。


4.第2シーズンの放送

今週末から第2シーズンが、毎週日曜の夜に放送されます。

7月22日「ベルグレービアの醜聞」"A Scandal in Belgravia"

7月29日「バスカヴィルの犬(ハウンド)」"The Hounds of Baskerville"

8月5日「ライヘンバッハ・ヒーロー」"The Reichenbach Fall"

の予定です。

マニアであれば、それぞれ

「ボヘミアの醜聞」

「バスカヴィル家の犬」

「最後の事件」

がモチーフになっていることがわかります。

原作の「最後の事件」について、なぜ肉体的に不利とも思えるモリアーティが、ライヘンバッハでホームズとの格闘に応じたのか、その気持ちがわからない、と言うマニアの指摘がありますし、私もそう思います。

でも今度のモリアーティは若いから、良い勝負になるのでしょうか。

詳細は下記サイトでご覧下さい

NHK海外ドラマホームページ「SHERLOCK(シャーロック)」へのリンク

また、日本語によるファンサイトも下記リンク先にあります。

「『SHERLOCK』の非公式ファンサイト」へのリンク

私はまだみていませんが、これから楽しみたいと思います。

(ずいぶん私の解釈と違っていたりして…(^_^;))


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

GILLE、素顔明かしてメジャーデビュー



(「ポニーテールとシュシュ」AKB48 Cover by GILLEの動画)


これまで素顔を出さなかったGILLE(ジル)ですが、昨日TASHA geeであることを告白し、今日から本格的にGILLEとしてメジャーデビューすることを発表しました。

デイリースポーツ「謎のシンガーGILLEが正体を初告白」へのリンク

(以前気になる歌手としてGILLEを紹介した時、TASHA geeではないかと書きましたが、それは他の人の推測を読んで、この考えには同意できると書いたまでで、私が探し当てたわけではないです)

twitter(@GILLEsound)でもこう言うコメントを、一昨日21時に発信しています。

「みんなにご報告があります。私GILLEはこれまでTASHA geeとして活動してきましたが、明日7/18新たにGILLEとしてメジャーデビュー致します。これからはGILLEとして宮崎から世界に向けて素敵な歌を届けられるように頑張ります。感謝をこめて・・・。LOVE U ALL♡」

Facebook(GILLEsound(Official))にも同様のコメントがありました。


でも、よく調べたら、先週の日曜に素顔をテレビに出してたんですね。

TBSの「サンデージャポン」です。

まず先々週に軽くジャブを打つような出演がありました。

これは私も見ました。

YouTube「謎の女性シンガーGILLEさんを独占取材 - サンジャポ 2012-07-08」へのリンク

最初は、たぶんGILLEは本人以外がやっているんだろうと思い、

「何の茶番だ」

と思ったんですが、最後は本物だと知って大いに驚きました。

そして先週の放送、こちらで素顔を出しました。

この回は見逃しました。

YouTube「謎の女性シンガーGILLEさん素顔初公開! - サンジャポ 2012-07-15」へのリンク

これまで彼女の動画を何曲も見てきましたが、その激しさからは想像もつかない癒し系の顔に、なんかホッとしました。

(これでこの番組では、これから「サンジャポ・ファミリーのGILLE」と言われることになるのでしょう)


私は最初なまりを聞いて、北関東かな、と思ったのですが、あの言葉を聞くと宮崎だと言うことがわかりますね。


彼女の公式サイトで、今日発売の1st Album

「I AM GILLE.」

の曲目を見ることができます。

「GILLE公式サイト」へのリンク

木村カエラが歌った「Butterfly」のカバーが一番興味があります。


ところで、カバー歌手と言うのは、オリジナルを歌う歌手よりも一段ランクが下のように見られるのかもしれません。

でも、GILLEとBENIに関しては、あれだけうまくカバーが歌えるのなら、これからもカバーで通してほしいなと思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】備忘録的ドイル投手情報



(初登板初勝利をあげたドイル投手のヒーローインタビューの動画)



「鷹の祭典2012」真っ最中の福岡ソフトバンクホークスですが、昨日はホーム福岡Yahooドームにオリックス・バファローズを迎え、2-1でこれを降しました。

これで4連勝となり、9連戦の勝ち越しを決め、借金を1としました。

数日前、数字的にはオールスター前に貯金生活に入れると言われていました。

その中で最も勝ちに対して未知数だったのが、昨日だったのではないかなと思います。

来日初登板のテリー・ドイル投手が投げたからです。


結局、ドイル投手は5回を1失点で乗り切り、来日初登板をあげました。

Yahooトピックス「ソフトB・ドイルが来日初登板初勝利 「フクオカ、ダイスキ!」」へのリンク

投球スタイルは、下記リンク先の動画のとおりです。

YouTube「新外国人ドイル、好守の野手を出迎え表情豊か 2012.07.16 H-Bs」へのリンク


ところでドイル投手については、わたし的にツボなところが2か所あります。

その件も含め、どちらかと言うとこれを読んでもらえる人のため、と言うより、私の備忘録としてこの記事を書かせてもらいます

ご容赦ください。


1.インタビューの英語は聴きやすい?

私は最後、ニコニコ動画(「ニコニコ生中継」)で試合やヒーローインタビューの模様を見ていました。

(不思議なことに、twitterでは許せないと思えるひどいコメントも、ニコ動では許せるどころか笑ってしまいます。

 そもそもニコ動はそう言うところ、と言うスタンスで見ていますので)

ヒーローインタビューの最中、

「聴きやすい英語」

と言うコメントがいくつか流れました。

極端なものには

「先生だけあって聴きやすい」

と言うものもありました。

たしかにドイル投手は教員免許を持っていて、オフシーズンには臨時教師などをやっていたそうですが、あくまでも数学の先生ですからね。

でも、わかりやすく話す、教えるという点では、先生の経験は生きているのかもしれません。

ただ、トップに置いた動画の中の彼の英語、私には特別に聴きとりやすいとは思えませんでした。

これは全く私のヒアリング能力が至らないからだと思います。

丁寧にしゃべってますしね。

面白いことに、私は、と言うか多くの人にとっては、アメリカ語よりイングランド語の方が聴きとりやすいそうで、わたしもそうです。

80年代の洋楽にしても、ワム!(Wham!)とかイギリス人のは聴きとりやすいと思います。

ですが、1年間アメリカに行っていた私の女房は逆で、イギリス英語は本当に聴きとりにくいと言います。

どちらでも聴ける、というならまだ話しもわかるんですが。


2.ドイルと言う名前

ドイルと言えば、私はシャーロック・ホームズが大好きなので、その作者のコナン・ドイルを思い出します。

ただ、コナン・ドイルはあまり好きではないです。

それは、それなりの事情があったのを考慮しても、異常とも言えるほどスピリチュアリズムに傾倒したからです。

シャーロック・ホームズのモデルは、ドイルの恩師のベルと言う教授と言うことになっていますが、本当はドイル自身ではないか、と言うほど頭脳が明晰で、ドイル自身も失踪事件を解決したりしたこともあります。

そう言うところは好きなんですが。

で、たしか「ドイル」と言う名前は、アイルランド系だったと思います。


3.ボストン・カレッジであの人と同級生?

ドイル投手の出身校はボストン・カレッジで、アメフト界では有名な大学です。

特にダグ・フルーティーの母校として有名です。

で、この記事を書くために、改めてちょっとボストン・カレッジのことを調べて見たのですが、初めて知ったことがいくつかありました。

・「カレッジ」と言う名前から、単科大学だと思っていたのですが、総合大学だそうです。

 「Boston College」のほかに「Boston University」と言うのがあるそうです。

・イエズス会による運営だそうで、この点は上智大学と一緒だそうです。

・アメリカンフットボール、アイスホッケー、バスケットボールがディヴィジョンI(一部リーグ) に所属しているそうで、このような大学は全米でも13校しかないそうです。

・野球はそれほど強くないそうです


ところで、ドイル投手は1985年生まれで、4年生まで在学し、2008年にプロ入りしています。

これはNFLのアトランタ・ファルコンズのエースQBマット・ライアン(結構すごい選手で、日テレの水卜アナは「イケメン」と言っていました)と全く同じ経歴です。

日本的な発想ですが、同じ大学の体育会の同級生同士、交流があったのかも。

twitterかFacebookアカウントを探して尋ねてみようかな。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】武田翔太投手の情報が漏れ過ぎてやしないか



(AKB48「上からマリコ」ダイジェストPV。記事との関係は説明不要だと思われますが、そう言えば篠田麻里子は福岡の前原市出身でした)


このところ忙しくてできていなかったのですが、一昨日、久しぶりに福岡ソフトバンクホークスの試合を、最初から最後まで見ることができました。

前回はダイジェストでしか見てなかったのですが、

武田翔太投手、素晴らしかったと思います。

ここら辺は高卒のルーキーだからしょうがないな、と言うところが見当たらなかった、きちんとまとまった投球だったと思います。

真ん中あたりのカーブ(かスライダー)でピンチを脱したのが3回ほどあり、あいかわらず見送りの三振が多いな、と驚きました。

高谷捕手が決めているのか、武田投手が決めているのかはわかりませんが、試合を報じる複数の記事には

「(ロッテ打線を研究した結果)負いこんでからの高めの縦スライダーは振ってこないだろう」

と(おそらく武田投手が)判断し、投げ込んで、そして打ちとったようにあります。


私が気になるのは、こういうことをメディアに流していいのか、相手に情報を与えて次から投げにくくならないか、と言うことです。


ただ、プロの勝負の世界のだましあいや読み合いについては、私にはわからないです。

この試合の武田投手、前半は首を振るシーンが目立ちました。

高卒のルーキーが、30歳の高谷捕手にたいして首をふるのも、今考えるとたいしたものだと思いますが、かつてホークスに在籍した城島捕手は、よく投手にフェイク(ダミー)で首を振らせていました。

配球はバッテリーで決まっているのに、打者、そして相手ベンチを混乱させるために、あえて首を振らせたのです。

だから、一昨日の武田投手の首振りも、その可能性があったんじゃないかと思います。

ただ、TOKYO MXの解説(浜名氏だったかな)の方は、

「高谷選手は打者に合わせて配球を考えるタイプで、投手の特長だけを考えた配球はしません。

 ですから、首を振られることは多いのです。」

と言ってました。


この試合の前、武田投手は

「マリーンズ打線は粘りがすごいと感じましたが、逆にそれを利用したいと思います」

と語っていたそうです。

素人の私や、それを教えてくれたファンの方には、武田投手が具体的に何を考えているのか想像もつきませんでした。

粘り強さを利用するって何?

とりあえずストライク先行で行くってこと?

そんな単純なこととは思えないのですが。

ひょっとしたらその発言も、本当は何もなくて、それどころかロッテ打線自身に対し、自分たちのことをそう思わせようと思わせようとしているのかな、とも思えました。


まあとにかく、武田投手(とその周り)の考えていることはよくわからないです。

こんなに情報漏らしていいの、から始まって、実はそれを利用しているんだろ、と言うところまではなんとなくわかります。

でも今後これで大丈夫なのか?

いつまでそれで持つのか?

とも思います。

いくら趣味が将棋で、読み合いに慣れているとはいえねぇ…

将棋と野球はやはり違うだろ、と思いますし。


そして、そんな騙し合いをする必要があるのかなぁ…

しなくても実力で勝てそうやん、と思うんですが…

私だったら、絶対に本当のところを言わないどころか、何も言わないと思います。

いくら気をつけても、言葉を多く並べると、本心はばれるものだと思いますから。

(だからブログやtwitterなどでは、なるべくやばいことには触れないようにしてます。

 無難にごまかせる自信はないですから)


まあ、メディアが情報を欲しがっているから本当かうそかわからないのを流しているんでしょう。

流すからにはきっと工夫していて大丈夫なんでしょう。

本当のことを言うとまずい、とも考えられますが、相手の混乱を呼んでいいのかもしれません。


読み合いと言えば、思いだすのは元ライオンズの稲尾和久氏です。

ずっと「スライダーが得意です」と言う振りをしていたそうですが、実はシュートが生命線だったそうです。

しかし、元ホークスの野村克也氏にはそれを読まれていたそうです。

その稲尾氏ですが、5年ほど前に、新垣投手が新球のシュートも交えて勝った後、まだまだシュートには自信がない、とメディアに語ったのを聞いて、こう言ってました。

「シュートがまだまだなんて言うもんじゃない。

 このシュートは使える、ぐらい言っておいたほうが相手もビビる。」

だまし合いとはこう言うことなんだろうな、と思います。


その稲尾氏は、現役時代、どんなピンチの後でも、マウンドをならして、きれいにして帰って行ったそうです。

これを見た元ホークスの杉浦忠氏は、大投手とはこういうものか、と思ってまねをしようとしましたが、とても平常心に戻ってならす、なんてことはできなかったそうです。

ひょっとしたらこれも稲尾氏の作戦だったのかもしれない、と思います。

そう考えると、この記事の主役の武田投手が、藤岡投手以上の笑顔を絶やさないのも、これは作戦なんだろうな、と思います。

昨日のテレビでも、この笑顔を見ると、相手はむきになって絶対に打ち崩してやる、と変な力が入ってしまうものだ、と与田剛氏が言っていました。

そして、自分にはそういうことをする余裕はなく、とてもできなかったがとも言ってました。

武田投手、地顔がそもそもこんな顔なのかもしれませんが、「笑う門には福来る」と言うのを守ってそれを続けるのはそうとう頑丈な神経だと思います。

ただ、2回目の併殺失敗のあと、やばそうな顔をしていたように思いますが…

こう言うのをさがすのも、勝てばホークスファンにとって楽しみになるのでしょう。


以上ぐだぐだと、武田投手はこれでいいのか、と書いてきましたが、きっとこれで良いんだと思います。

とにかく投球でも楽しませてくれますが、言動でも騙し合いとかで楽しませてくれると、なお応援したくなりますし。


ところで、一昨日のヒーローインタビューでは、本多選手が

「1.2.3 翔太~ 1.2.3 おいさぁ」

と言う叫びをやっていました。

ぞの前日は、松田選手が

「1.2.3 まぁ~~っち おいさぁ」

とやっていました。

昨日まで博多の街は山笠だったので「おいさぁ」がとられてしまうのは、元祖「おいさぁ」大場翔太投手にとっては仕方がないのかもしれませんが、「翔太」まで…

大場投手、前半戦はもう投げる機会がないですが、後半戦、奮起するしかないですね。

そう叱咤激励されるほど下手な投球はしていないとは思いますが、一昨日の武田投手のニコニコ動画のヒーローインタビューの最中、

「大場、色々と見習え」

と言うコメントがたくさん流れてました。

この高卒新人のメンタルの強さを見習え、と言うことでしょう。


武田投手が

「上から翔太」

(これも、その気持ちは大事だけど、挑発的だから口にする言葉じゃない、と最初思ったのですが)

で行くと言うのであれば、大場投手には、

「もっと上から翔太」

で行ってほしいと思います。


こうやって武田投手の活躍が、昨日完封した大隣選手にも良い刺激を与えたと考えられるように、いろいろとホークス内に伝播して行けばいいな、と思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

7/15「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想


Gメン'75 投稿者 retudou

(「Gメン75」のオープニング。初期のものではないと思います)


7/15「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

私ごとですが、今週は目覚まし時計がならず、放送開始直前の1時ちょっと前に目が覚め、あわてて聞く準備をし始めまして、ようやく聞く体制が整った時には、オープニングトークが終わっていました。

1.番組の流れ

1)オープニングトーク

そんなわけで、この時間帯はほとんど落ち着いて聞けなくて、ほとんど覚えてないですし、メモもとってないです。

覚えているのは、若林が映画「ヘルタースケルター」に触れ

「沢尻エリカさんのことが本気で嫌いな人っているんですねぇ」

と驚いていたことくらいです。

考えてみますと、オードリーって良くも悪くも本当に「危うきにちかづかず」だと感じます。

(私のブログもどちらかと言うとそうですが)

彼らの時事への造詣が深くないことを考えると、それは賢明だと思います。

賛否の多い時事について、下手に近づくことは避けるべきです。

(おりしも、大津市の中学生自殺問題で、自分のブログに「加害者」と思われる人物の関係者について、誤った情報を載せてしまったとしてデヴィ夫人が一昨日謝罪しました。

 私はデヴィ夫人の正義感の強さは大いに評価されるべきだと思いますが、行動は軽率すぎたと思います。)


また、若林には、それは芸人の仕事ではないのではないか、と言うプライドもあるのかもしれません。

時々ANNで時事に触れますが、それはあくまでもネタだと思います。

ただ、彼らが自分の意思をメッセージとして発しなければいけない事態もこれから来るように思えます。

その場合はきちんと自分たちの意思を言えるようにあってほしいと思います。

私もいい歳ですから、そうありたいです。

ちなみにオープニングトークは20分間と、先週の半分程度しかありませんでした。


2)若林トーク

洋服を買った話でしたが、最初は表参道のセレクトショップへ、最後はネットで(iPadを使ってZOZOTOWN(ゾゾタウン)で)の買い物で、エスニック柄の派手な靴下を買ったとのことでした。

軽~く、ネットショッピングのいい勉強になったんじゃないかと思います。

途中、UNITED ARROWS(ユナイテッド・アロウズ)と言うブランド名がでてきましたが、若林の言う

「ゆないてっどあろうず」

が平仮名感満点で、twitterでもいじらてれました。

そして、こんなツイートも話題を呼んでました

「春日トーク=家を出る前が長い。 若林トーク=モノを買うまでが長い。」


3)春日トーク

またも「世界番付」で海外にロケに行った話しでした。

今回はエチオピアにハマル族と言う民族の村を訪ねました。

到着まで2日間を要したそうで、バンコク→ドバイ→アジスアベバを経て、そして山奥へセスナで向かったそうです。

最後の空港はほとんど滑走路しかない、と言うか木がない広場と言うだけのところだったそうです。

そこへ、現地の人が、「Gメン75」のオープニングシーン(トップに置いた動画です)のように現れたそうです。

今回は成人の儀式を迎える少年を取材するとのことで、全裸で木の枝の上にあるはちみつを取りに行くということについて言ったそうです。

そこで大変な目にあったそうですが…


エンディングトークで語られたのですが、今回の放送は、8/10と8/17に放送されるそうです。

また第1回のパプア・ニューギニア編はまだ放送されておらず、7/20に放送されるそうです。


4)「なしなし若林のあるある芸人への道」

今週は家族あるあるでした。

「家族あるある」と言うのはあるあるネタの中では王道だそうで、範囲も幅広いそうです。

また久しぶりに「自分みがき」と言う言葉が出てきました。

「親から「あなたは橋の下で拾われてきたのよ」と言われる」

と言うのがあり、同意を得ていましたが、私には記憶がないです。


来週のテーマは、いったん「夏」に決まりかけたのですが、結局「海」となりました。


5)春日2.0

「東京ドーム2.0…座席がみんなスケベ椅子」と言うのが、ここのところ有名職人となったエリンギさんからありましたが、この女性、スケベ椅子なんてよく知ってるなぁ、と思いました。

「トイストーリー2.0…大人のおもちゃが動き出す」

「射精2・0…1分前にミスターマリックの出囃子」と言うのがありましたが、春日は徒競走のテーマが頭の中で流れると言ってました。

若林は、T-REXの「20th Century Boy」が流れると言ってました。

この曲です

YouTube「T Rex - 20th Century Boy」へのリンク

いずれも自分の感覚とは違うなぁ、と私は思うのですが。


6)しんやめ


7)エンディング・トーク

エチオピアのお土産としてエチオピアの財布がかってきたことがあかされ、今週もうキーワードが明かされ応募開始となりました。

また、前回「孫の喜ぶ顔が見たい」と同様の番組が制作されて、7/21に放送されるそうです。

「愛する姫のために」と言うタイトルで、13:30~14:30の放送です。

最近、お子さんのことを、「王子」とか「姫」と言う人もいますから、そういう意味の「姫」でしょう。


2.「ANN知恵袋」

先週のエンディングで、若林からリスナーへ、

「ギターをわったり、ドラムを壊したりするバンドがいなくなったのはなぜか」

と言う質問がありました。

これに対してのリスナーからの最も多くの回答は

「不景気で、新しいギターやドラムを購入するのが難しくなったから」

だそうです。

しかしこの回答に、若林は懐疑的で、

「そんなことをやってもお客さんが喜ばないようになり、むしろ引くようになったからではないか」

と言うのが真相ではないか、と言っていました。


そして今週のお題は

「なんで『美魔女』で若く見えるとすごいと思われるのか」

でした。

オードリーは二人とも、それがそんなにすごいことだとおもわないそうです。

私は『美魔女』と言うのが何なのかしらないのですが、若く見えるとすごいと思うのは、彼らが15歳ほど歳をとれば、自然にわかると思います。


3.オンラインでのカード決済について

若林トークの中で、

「カードの番号も入れて、名前も佐藤満春にして」

買い物をしたと言っていました。

twitterでは、偽名にしたら無効なんじゃないの、という指摘もいくつかありましたし、私もそう思います。

だからこれはネタだと思います。


ところで、これはあくまでも私個人の考えに基づくものですが、我が家の場合、ネットショップで買い物をする場合、カード決済はしないことにしています。

リアルでも、あまりカードは使わないようにしています。

それは下記2つの理由からです

・お金を使った感覚が感じられず、あとで経済的に痛い目にあいそうに感じる

・サイバー攻撃などによる、カード情報の流出が怖い

後者についてですが、最近サイバーテロや、カード番号を管理している団体の不手際で、情報が流出した事件をよく見聞します。

そしてそれはまだ氷山の一角のように感じます。

とても怖いことだと思います。

さらに、今はまだそれがニュースになっていて、そのおかげか、被害報告があって、ちょっとばかりの補償があり、対応と再発防止についてメディアの報道により、多少なりともチェックが入っています。

ですが、今後このようなケースが頻発したり、もっと大きなニュースのせいで伝えられなくなると、チェックができなくなるんじゃないかな、と思ったりもします。

だから、カードを持ったり使ったりするのは怖いと思うのですが、これはあくまでも私と言う一個人の意見です。


4.春日についての話題2件

ANNとは関係ないですが、今週、春日のことで話題になったことを2件書いておきます。

1)「薄桜記」番宣動画

春日が出演する時代劇「薄桜記」の番宣動画がありました。

YouTube「薄桜記」へのリンク

1:26の辺りから2~3秒ほどで、知っていないと春日だとわからないな、と感じました。

回想シーンと言う設定からか、春日の声もないですね。

でも、こうやって見られるのはありがたいです。


2)「移動中の春日ですよ」のリツイート

木曜(7/15)頃からこんなツイートが多くリツイート(RT)されていました。

「友人の子供(小5)がオードリー・春日と電車で隣だったそうだ。 「春日?」と小声で聴いたら 「移動中の春日ですよ」と小声で返してくれたそう。 ※ちょっといい話しだなと思ったらRT」

私と相互フォローしている方で、全然オードリーのことなんて興味ない人もRTされていました。

この点で不思議なのは、なぜこの時点で爆発的なRTがされたかです。

私にはある方、しかもオードリーつながりではなく「エロイカより愛をこめて」と言うマンガつながりの方から、先週の今頃、日曜朝の10時前には上記のツイートが出回っているとの連絡をいただきました。

もちろんいい話し、と言うか面白い話だったのでリツイートしました。

しかしなぜ、数日後爆発的にRTが始まったのか、よくわかりません。

よほど影響力のある人がその時点で気付いて、RTを始めたのでしょう。

でも、それはそれで、ファンとしては大変ありがたいです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】秋山監督の「敗軍の将」の弁は残念



Video streaming by Ustream

(オールスター初選出となった明石選手のインタビュー。この中で明石選手が引用した秋山監督の言葉は秀逸だと思うんですが)



一昨日、福岡ソフトバンクホークスは、埼玉西武ライオンズに完封リレーを許しました。

ライオンズの先発が武隈投手と言う、ローテ投手ではなく、普段は中継ぎで出てくる投手で、しかも8回までヒットが打てず、結局7回2/3を1安打無失点に抑えられたのは意外でした。

(ただ、中継ぎ陣の中でも、時々好投するなぁ、と言う印象はありました)

それはそれで一ファンの私にもショックなのですが、いろんな意味でそれをネットに書く必要もない、と考えていました。

本当にショックだったのは、昨日の朝日新聞に載った、試合後の秋山監督のコメントでした。

下記リンク先にある記事の内容を合わせた、こんなものでした。

「あー、何だよ。

 おもしろくないな。

 つまらねえ。

 サンドバッグがほしい。

 武隈だろ。

 中継ぎに(やられて)」

ニッカンスポーツ「「サンドバッグがほしい」/秋山監督」へのリンク

ニッカンスポーツ「【ソフトB】「武隈だろ…。中継ぎに…」」へのリンク


二つの意味でこのコメントは残念だな、と思いました。


まず、気に入らないことがあったら八つ当たりするのが当然、と思える内容であること。

そして、対戦相手に礼を失っした発言と言われてもしょうがない内容であること。


なぜこういう気持ちになるのか、細かいことを書くとなお気分が悪くなるので割愛します。


「秋山監督らしくないですね」

と思われているライオンズファンの方も実際にいます。

私もそう思いました。

秋山監督が、ポロッともらしたことが、悪く取られたのかもしれません。

でも、そう取られないようにするものも、プロの監督の仕事だと思いますし、それ込みの給料だと考えてほしいものです。

(ですので、ライオンズの涌井投手の女性問題については、はめられたのかもしれませんが、やはり脇が甘かった彼は非難されて当然だと思います。)


私は、勝敗やプレイの結果のことで、監督、コーチ、そして選手を批判したくないです。

きっと私のような、生活のかかってないファンより、それらの人々の方が、勝敗やプレイの成否に関して、熱心だと思いますから。

そして何より、相手のあることで、その方々の意志だけでコントロールできるものでもないですから。

ダルビッシュ投手も

「勝敗はコントロールできない」

と言ってますし。


ですが、態度は自分でコントロールできると思います。

子供も見ていることです。

子供たちにとって、物の善悪が好きな人物の言動で決まることもあります。

だから、プレイや采配以外の言動には責任を持ってもらいたいですし、今後も私は批判することがあると思います。


ところで、明石選手のオールスター選出が決まりました。

その囲みインタビューの動画がトップに置いたものです。

昨日の試合の前に言われたようですが、その時点で打率リーグ6位ですから、選ばれても不思議はないですし、私も嬉しいです。

まさか川崎選手が抜けた穴が、こんなに早く埋まるとは思いませんでした。

守備力や、チームの空気に対する影響力については、まだ至らないところはありますが。

いいんです、とりあえずは。


秋山監督からは

「夏休みはないぞ」

と言われたみたいですが、その時の会話が、こんな感じだったら面白いだろうな、と思います。

秋山監督「いいニュースと悪いニュースがある。

     どっちから聞きたい?」

明石選手「じゃあ先に悪い方からお願いします。」

秋山監督「そうか、じゃあ悪い方からだが...

     お前の夏休みがなくなった。」

明石選手「えっ?まあ最初から休みなしで練習するつもりだったからいいですけど。

     では、良いニュースをお願いします。」

秋山監督「オールスターに欠員が出たから、お前を出すことにした」
     
明石選手「えっ!!」


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

鈴木弘子選手のテレビ出演と、米女子アメフトプレイオフの情報



(今週末の小倉典子選手のチームが出場するプレイオフの予想動画。ここでは相手チームが勝つんじゃないかと言っているようですが、絶対にその予想をくつがえしてほしいです)



米女子アメフト界で活躍する鈴木弘子選手のテレビ情報と、鈴木選手のチームの先週のプレイオフの結果、そして小倉典子選手のチームの週末のプレイオフ中継情報を書きます。

1.鈴木弘子選手のことが日本のテレビに

7月15日(日)の午前10:25~、読売テレビの

「グッと!地球便」

で、鈴木弘子選手と、そのお母さんの事が紹介されます。

読売テレビ「グッと!地球便>次回予告>#202アメリカ/カリフォルニア 7月15日(日)午前10:25~」へのリンク

基本的には鈴木選手親子の話しのようですが、日本ではまず報道されることのない、アメリカの女子アメフトの世界のことも見ることができそうです。

なお、上記サイト中に

「弘子さんはその最大リーグ「サンディエゴ・サージ」に所属」

とありますが、

「弘子さんはその最大リーグ「WFA」の「サンディエゴ・サージ」と言うチームに所属」

と言った方が正確でしょう。

(なお、小倉選手は「IWFL」と言う違うリーグです)

また

「47歳は現役プレーヤーの中でも最年長だという。

 それでも弘子さんは平均年齢27歳のチームの中で主力選手として体重が倍以上もある選手を相手に最前線で戦い続けている。」


とあります。

たしかに鈴木選手本人も、先日出演されたアメリカのテレビで、主力としては自分が最年長だろう、と語られてました。

47歳という数字は、アメリカンフットボールの世界では引退して10年以上たっている年齢だと思います。

その歳(私と同じ)で主力と言うのはすごいの一言で、おそらくまだまだ現役を続けられると思います。

また、比較的サイズが必要とされるOL(オフェンスライン)と言うポジションで活躍されているのも驚きです。

去年初めて女子フットボールを見ましたが、日本の男子にもいないんじゃないかと思われる、信じられないくらい大きい選手もいたように記憶します。

そう言う相手と毎プレイぶつかりあうのだからすごいと思います。


なお、放送は関西ローカルで、神奈川に住む私は見ることができません。

関西に在住のかた、鈴木選手親子と、また米女子アメフトのことを知っていただければ幸いです。


2.先週の鈴木選手のチームの結果

その鈴木選手のサンディエゴ・サージですが、先週日曜日にプレイオフ三回戦をベイエリア・バンディッツと闘い、42-7で勝ち、四回戦進出を決めました。

次の試合は来週末で、今週は休みです。

来週の相手はダラス・ダイアモンズで、サンディエゴのホームで闘います。

(おそらくランキングではサージの方が上、と言うことだと思います。)

超攻撃型チームのようで、1試合平均70点をあげているようです。

(プロ野球で言えば、毎試合15点をあげているようなものでしょう)

サージはディフェンスのチームです。

まさに「ほこ×たて」の対決となります。

この試合に勝てば(勝つと思いますが)、8/4のチャンピオンシップゲームへ出場となります。

つまり、あと2勝で優勝です。

試合の経過はサージのFacebookで見ることができるのですが、ここまでくればネットなりなんなりで中継もあるんじゃないかなと思います。

わかれば来週書きます。


3.小倉典子選手のサクラメント・サイレンス

小倉典子選手がDL(ディフェンスライン)をプレイするサクラメント・サイレンスですが、先週は試合がなく、今週末、プレイオフの準決勝を敵地で戦います。

相手はウィスコンシン州のウィスコンシン・ウォリーアーズ。

私の計算で、間違っていたら申し訳ないのですが、試合開始は7/15(日)の朝5時から。

たぶん下記サイトで中継される模様です。

blogtalkradio「2012 IWFL Western Conference Championship」へのリンク

これに勝てば(勝つと思いますが)こちらも次は7/28に行われるチャンピオンシップ出場です。

日本人女性選手のチームが違うリーグで、それぞれ優勝を狙えるポジションにいます。

是非勝ってほしいです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「SHERLOCK」第1話「ピンク色の研究」の感想 (放送予定付き)



(「SHERLOCK (シャーロック)」は第3シーズンの制作も始まっていて、これがその予告編動画のようです)



2010年にBBCで作成され、日本でも昨年放送されたシャーロック・ホームズもののパスティシュ(パロディ)ドラマ

「SHERLOCK (シャーロック)」

が、先週の金曜、7/4にレンタル開始となりましたので、すぐに借りて見ました。

マイクロフト・ホームズなみに動くのが鈍い私としては、これはなかなかないことです。

このところ期待した映画やDVDを見て、自分の期待したほどではない、と言う感想ばかりを書いてきたように思いますが、この作品は期待どおりでした。

それはそれで良い思いをさせてもらったのですが、この作品が、大多数の人にとって面白いかどうかは保証できません。

私は、シャーロキアンと呼ばれる人々ほど、シャーロック・ホームズのことは知りませんが、マニア(あるいはオタク)ではありますので、そのレベル並みに楽しむことができたと思います。

この「ピンク色の研究」は、オリジナルの「緋色の研究」を現代風にアレンジ、そして手を加えたものです。

だから「緋色の研究」を読んでおくと、単にこのドラマを、ミステリーものとして楽しむ以上に楽しめます。

オリジナルとどこが同じで、どこを違う方向にしたのか、あるいは現代風にしたのか、などなど。

しかし「緋色の研究」以外のオリジナルの作品からも、引用めいたものがでてきます。


結論として、ホームズものを読んでない人でも、普通にミステリーとして楽しめると思います。

そして、ホームズもののウンチクがあればあるほど、パロディとして楽しめると思います。

私も私のウンチクのレベルで楽しめましたが、きっと私が見過ごしたパロディのシーンは少なくないと思います。


ただし、推理は乱暴で、現実的でないようにも思えます。

人が特定の状況でどう動くか、と考えるまでは妥当ですが、人は時に気まぐれですし、そう動きたくても動けない状況だってあるでしょう。

特に現代はそう言う傾向が強いと思います。

まあ、そんなことを気にしていては、ホームズものは楽しめませんが。


ところで「SHERLOCK」の第2シーズンが下記日程で放送されるそうです

・7/22(日)22:00~23:30

・7/29(日)22:00~23:30

・8/5(日)22:00~23:30


また、第1シーズンの再放送が下記日程で行われるそうです。

・7/16(祝)~18(水) 21:00~22:30


詳細は下記リンク先の公式サイトをごらんください。

NHK海外ドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」へのリンク


ここからはネタばれです。

気がついて、覚えている限りのパロディのシーンを書き留めておきます。

・ワトソンはアフガニスタンの戦場で負傷し、ロンドンに帰ってきました。

 これは原作通りですが、携わった戦争は、もちろん違います。


・ホームズはワトソンがアフガニスタンかイラクから帰って来た軍医で、心因性の病気であることをあてます。
 
 原作では当時の主戦場はアフガニスタンでしたので、アフガニスタンから帰ってきましたね、と当てます。
 
 心因性の病気と言うことは、原作にはどこにもありません。

 推理の方法は、ほぼ同じです。

 そして原作での負傷個所の矛盾点を、最後の最後であかします。


・雨の中、傘をとりに帰り、そのまま死に追いやられた青年が出てきます。
 
 これは(おそらく「ソア橋」の中の)いわゆる「書かれざる事件」のひとつ、ジェイムズ・フィリモア大佐の消失事件がモデルだそうです。


・ホームズはワトソンの持ち物から、兄弟の人となりや関係を当てます。

 原作では懐中時計から酒癖の悪い兄がいることになっていますが、ドラマでは携帯電話から酒癖の悪い姉がいることになっています。


・殺人現場に「RACHE」の文字が残されます。原作で、「RACHEL」と言う女性の名前を書こうとしたのだろうと警察は言いますが、ホームズはドイツ語の「復讐」だと言います。

 ドラマでは逆で、警察が「RACHE」だと言いますが、ホームズは「RACHEL」だと言います。
 
 また、原作では犯人が書いたもので、ストーリーにそれほど重要な影響を与えませんが、ドラマではダイイングメッセージとして、重要な役割を果たします。


・ドラマでは、ワトソンはある場所に半ば拉致されるように連れていかれ、謎の男性から、ホームズの動向をスパイするよう依頼されますが、これを断ります。

 私はてっきりこの男は、ジェイムズ・モリアーティ教授だと思ったのですが、実はマイクロフト・ホームズでした。

 あまり兄弟の仲はよくないようです。


・犯人は、モリアーティ教授との取引で、犯罪に手を染めたことになっています。
 
 原作では、事件にバックはおらず、復讐のための犯罪となっています。

 原作では、生前のモリアーティ教授については、「恐怖の谷」と「最後の事件」で語られるのみだそうです。


・ドラマでは、ホームズはネットにホームページを、ワトソンはブログを解説していることになっています。

 ドラマ関係者が作ったのか、ファンの手によるものかはわかりませんが、

 シャーロック・ホームズのサイト「推理の科学」(「The Science of Deduction」)へのリンク

 ジョン・H・ワトソンのブログ(「John Watson's Blog」)へのリンク



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

靭帯のないディッキー投手、メジャーリーグのオールスター戦へ



(R・A・ディッキー投手のナックルボールの動画。打ちにくそう)



素人なりにいろんなアスリートの話しを見聞きして来ましたが、利き腕の肘に靭帯のない投手なんて初めて聞きました。

しかもその投手は今シーズン12勝1敗と絶好調で、日本時間の今朝9時からおこなわれる、メジャーリーグのオールスター戦に選ばれているからすごいものだと驚きます。

ニューヨーク・メッツのロバート・アラン・ディッキー(Robert Alan Dickey)投手のことです。

zakzak「靭帯がない投手、波乱万丈の野球人生!魔球ナックルで生き残る」へのリンク

「2001年にメジャーデビューしたが芽が出ず、長くマイナー暮らし。妻とも離別し、自殺を考えたこともあったという。

 「何とか生き残りを」と覚えたのが魔球ナックルだった。」

と言うくだりですが、戦慄を覚えます。

ナックルを覚えるのは簡単なことではないのは、日本にナックルだけで生きている投手がほぼいないことが証明してくれると思います。

(吉田えり投手しか思い浮かばないです)


そして、「靭帯がない」と言うことですが、これがどういうことなのか、Wikipediaで調べてみましたが、私には良く分かりませんでした。

なんとなく筋力が落ちて、直球だけではなく、変化球を投げるのにも影響を与えるんだろうな、と言うのはなんとなく想像がつきます。

そして、靭帯は身体の動きの可動範囲を制御する機能もあるそうです。

そうやって無理な動きをするのを防いでいるのでしょう。

(この記事を書くためにちょっと調べてみたら、足首の靭帯がないか、伸びてしまった人のブログを見つけることができました。

 考えられない方向に足首が曲がるそうです)

とにかく、かなりのハンデなんでしょう。


オールスターゲームの先発の座は、完全試合を達成したケーン投手に譲ることになりますが、たぶんリリーフで投げてくれるんじゃないかと思います。

ディッキー投手は37歳。

普通の投手で言えば晩年にあたりますが、ナックルボーラーにとってはまだまだこれからです。

ナックルボーラーとして有名なニークロ兄弟は40代後半まで投げたと記憶しますし、今季を前に引退した吉田えり投手の師匠、ティム・ウエイクフィールド氏は45歳まで投げました。

それに、ほかのナックルボーラーにはない速球も持っているそうですから、もう少し長生きできるかもしれません。

今年はサイ・ヤング賞のチャンスだそうです。

獲得できれば良いなと思います。


それにしても、なぜ日本ではナックルボーラーが育たないのだろう…


とにもかくにも、こういう風にハンデを持つ人たちがそれをなんとかして克服しているのを見ると、自分はがんばっているのにうまくいかない、と軽々しく言うのははばかられ、がんばると言うのはもっと次元の高いことなのだ、と思わされます。


P.S. ディッキー投手は6回に登板し、以下のように無失点で切り抜けたそうです。

3:トラウト 2球目のカーブをとらえセンター前ヒット!
4:トロンボ 2球目にトラウトが盗塁を決める。無死二塁。空振り三振。
5:コレスコ 1死二塁。変化球がすっぽぬけ死球。
6:カブレラ 1死一、二塁。代打でタイガースのM.カブレラ。外角のナックルをひっかけショートゴロダブルプレー。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】武田翔太投手と 「明石の19球」など



(初登板初勝利をかざった武田翔太投手のヒーローインタビュー)


アメフトU-19のウォッチなどで忙しかった先週一週間ですが、一応福岡ソフトバンクホークスのことも追っかけてました。

印象に残ったことを書いておきます。


1.武田翔太投手、プロ初登板初勝利

土曜日のゲーム、昨秋のドラフト1位武田翔太投手が、プロ初登板、初勝利を挙げました。

ホークスでは1981年の井上投手以来、全体ではおととしの北海道日本ハムファイターズの中村投手以来だそうです。

(井上投手は、当時の西武ライオンズの監督、のちの編成部長の根本氏が大いに買っていましたが、根本氏の手腕をしても、獲得できませんでした)


試合のダイジェスト動画が下記リンク先にあります。

YouTube「2012.07.07 F0-5H 高卒ルーキー武田翔太が初登板初先発で初勝利!」へのリンク

印象に残ったのは、変化球による見逃しの三振が多いということでした。

これは、ウラをかかれたということで、捕手の高谷選手の手腕によるものかもしれませんが、それを立案させ遂行できた武田投手の力はたいしたものだと思います。

しかしこの投球は各球団にさらされたわけですから、今後もこううまくいくかどうか。

でもそうなってほしいです。

それにしても摂津投手の場合はコーナーを突く見逃しが多いのですが、この二人、どういう違いがあるのか気になります。


それにしてもヒーローインタビュー、落ち着いてますね。

どこのベテラン投手、って感じです。

ホークスの救世主になりたい…

あと10試合は登板機会があるとして、10勝してくれれば、10個の貯金ができます。

是非そうなってほしいです。

負けることもあるでしょうが、ローテに入ってくれて、全体的に貯金してくれれば御の字です。

高卒のルーキーにそんな高望みはできない、と考えるのが普通でしょうが、高卒のルーキーがそれができるわけがないと決めつけるのは早計だし、彼の可能性をつぶすことになります。

無茶な期待をさせてもらいます。


2.「明石の19球」

武田投手が初勝利を挙げた日、9回表に打席に立った明石選手は、乾投手に19球を投げさせ、日本タイ記録にならびました。

1リーグ時代の1947年11月11日に、松井投手(太陽)が金星戦の4回に19球粘っており、65年ぶりのことになるそうです。

YouTube「粘りに粘って19球!F乾vsH明石(全球) 2012.07.07 F-H」へのリンク

結局四球を選んだわけですが、さしづめ

「明石の19球」

と言ったところでしょうか。


私は明石選手が欠場して、長谷川選手が一番打者として活躍していた時、長谷川選手の方が一番に向いていると思いました。

と言うのは、長谷川選手はファウルで粘るのがうまく、球数を投げさせることができるからです。

ですが、この明石選手の打席を見ると、秋山監督が一番打者に明石選手を戻した理由がわかった気がしました。

3割を割った打率ですが、この3連戦で14打数の6安打と復調気味です。

今後もトップバッターとして活躍してほしいです。


3.一万一回目は、何か変わるかもしれない

この3連戦、2勝1分けだったわけですが、打線の非生産性には像絶なものがありました。

第1戦 17安打で5得点

第2戦 11安打で5得点

第3戦 17安打で8得点

つながらないのは仕方ないなら、多くのチャンスを作って、多くの安打を打つしかないでしょう。

「一万回だめ(無得点)でも、一万一回目は、何か変わるかもしれない」

と、本多選手の登場曲のDREAMS COME TRUEの「何度でも」にあるように。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメフトU-19世界大会(3位決定戦) 日本対オーストリア戦の結果と感想+衝撃の決勝



(3位決定戦となった日本対オーストリアのフル動画。時計、スコア、ダウン表示とリプレイもあります)



日本時間の昨日朝、米テキサス州で行われた、

アメリカンフットボール第2回U-19世界選手権

の3位決定戦、日本対オーストリアの試合の感想と、その後に行われたアメリカ対カナダの決勝戦の感想を書きます。


1.日本対オーストリア

私はこれまで控えめに、まあ日本が勝てるでしょう、と書いてきましたが、内心は、何十点差ついて勝つだろう、と言うことに興味がありました。

たしかに日本は勝ち、銅メダルとなる3位の座を、2回連続で獲得しました。

しかしスコアは、7-0と言う僅差のゲームとなりました。

ニッカンスポーツ「日本が2大会連続3位を死守/アメフト」へのリンク

オーストリアは予想よりはるかにいいチームでした。

とくに守備の集散が早くまたパスラッシュが激しく、日本に似ていると言えば似ていると思います。

ただ、パスが下手だなぁ、と思いました。

試合の詳細と、記録は下記リンク先にあります。

日本語と英語のものへのリンクを貼っておきます。

NFL JAPAN「IFAF第2回U-19世界選手権>(日本対オーストリア)戦評」へのリンク

NFL JAPAN「IFAF第2回U-19世界選手権>(日本対オーストリア)ボックススコア」へのリンク

U-19世界選手権 公式サイト「Bronze medal recap: Japan 7, Austria 0」へのリンク


ヨーロッパ王者のオーストリアの健闘は、ヨーロッパに希望を与えるものだと思います。

これまで、日本とヨーロッパとの力の差は大きく、2007年川崎での第3回W杯では、日本とフランス、日本とスウェーデンがあたったのですが、いずれも48-0で日本が勝ちました。

ヨーロッパはどうすればいいんだろう、と思われました。

ですが、昨年の第4回世界選手権(W杯から改名)では、日本にはオーストリアもフランスも勝てませんでしたが、フランスは大きく力をつけて来ていて、とくにパスに進歩が見られました。

この当時はまだ、オーストリアはヨーロッパでの強豪とはいえませんでした。

しかし、育成と強化プログラムをしっかりと建て、ナショナルチームを育ててきました。

今回はU-19のレベルの大会ですが、その努力は着実に実を結んで来ていると思います。

この調子で行けば、日本が努力しなければ、追いつき、追い越すことも遠い未来の話しではない、と思われます。

そのオーストリアに習い、オーストリアと戦うことで、ヨーロッパ各国は強くなれるはずです。

もともと体格には恵まれたチームが多いですから、スキルとスピード、そして戦術を身につければ、確実に強くなるはずです。


一方で日本は、北米に追いつくとともに、欧州に追いつかれないようにしなければならなくなりました。

この試合では、初戦のフランス戦で大活躍だったQB佐伯選手は負傷のためか出ておらず、WR/RB高田選手は途中で負傷退場しました。

佐伯選手がいれば、また違った展開になったかもしれませんが、オーストリアにも負傷者はいたんじゃないかなぁ、とも思います。

この試合はオーストリアが、まるで日本のようにショットガンやピストルフォーメーションで攻撃してきたのに対し、日本は通常のワンバックが多かったように感じました。

そこからのスイープがけっこう出ていました。

とくにキャプテン鷺野選手が何度もこのプレイで走り、チームを引っ張ってくれたように感じました。


なお、この試合の観戦ツイートを下記togetterにまとめました。

togetter「アメフトU-19日本対オーストリアのツイートまとめ #afu19japanteam #amefootjp」へのリンク


(なおこれはあくまでも可能性の話しですが、ひょっとしたらオーストリアは最初から3位狙いで来たのかもしれない、と言う考え方もできなくもないと思います)


2.アメリカ対カナダ

結果はカナダが23-17でアメリカをやぶり、チャンピオンとなりました。

おそらくあらゆる世代でアメリカ代表が、初めて単独の国のチームに負けたことになると思います。

YouTube「IFAF World Championship - Gold Medal Game」へのリンク

NFL JAPAN「IFAF第2回U-19世界選手権>(アメリカ対カナダ)戦評」へのリンク

U-19世界選手権 公式サイト「Gold medal recap: Canada 23, USA 17」へのリンク

U-19世界選手権 公式サイト「Scoring Summary (Final) Canada Under-19 vs USA Under-19 ( at)」へのリンク


私は4Qだけライブ配信を見ました。

やはりこの2チームの能力は高いです。

パスシチュエーションでの攻防なんかは、次元が違うように思います。

最後のニーダウンのシチュエーションは、ファンブルがあったり、それにこりてショットガンからのランをはさんだり、(ショットガンでニーダウンと言うほとんど記憶にないことをやるのかと思いました)、まあグダグダでした。

ですが、とにかくカナダはアメリカをやぶり、アメリカ以外の国でもチャンピオンになれることを証明しました。

スコアは6点差、と言うことは、9点差でカナダに敗れた日本にもチャンスはあると考えたいです。

そんな単純なものではないのはわかってますが。


アメリカの選手たちは、アメリカ中をまわって編成した最強チームではないと思います。

それでもこれまで、アメリカは勝ってきました。

でも、それでは勝てなくなってきたことが証明されました。

次回は、もう少し本気になったアメリカが見られると思います。


3.全体の結果

全試合のスコアと最終順位を書いておきます。

1)第1ラウンド

オーストリア 40-0 パナマ

日本 27-6 フランス

カナダ 43-0 スウェーデン

アメリカ 27-6 アメリカン・サモア

2)第2ラウンド(第1ラウンドの勝者対勝者と敗者対敗者)

フランス 41-0 スウェーデン

アメリカン・サモア 51-0 パナマ

カナダ 33-24 日本

アメリカ 70-7 オーストリア

3)第3ラウンド(順位決定戦)

スウェーデン 54-20 パナマ

アメリカン・サモア 27-14 フランス

日本 7-0 オーストリア

カナダ 23-17 アメリカ 


4)最終順位

1位 カナダ

2位 アメリカ

3位 日本

4位 オーストリア

5位 アメリカン・サモア

6位 フランス

7位 スウェーデン

8位 パナマ


私は日本戦と、決勝戦の一部しか見ていませんが、反則の多い大会だったと思います。

一方で、この記事で書いてきました通り、各国に希望と課題を与えた大会になって、本当に良かったと思います。

とにかく日本代表だけでなく、各国の代表選手のみなさん、暑い中、お疲れ様でした。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

7/8「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(CMでかかっていたケツメイシ 7/11発売の「LOVE LOVE Summer」のPV(ショートバージョン)。これケツメイシじゃないよね)



7/8「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

1.番組の流れ

1)オープニングトーク

一応予想はしてたんですが、若林の

「春日さん、時代劇のトーク、お願いします」

みたいなことから番組が始まりました。

春日が「薄桜記(はくおうき)」と言う時代劇の収録を終えた件です。

そこから、若林の面倒くさい「資本主義について」の話しで、だいたいオープニングトークは埋め尽くされました。

ひとつのテーマでオープニングトークが埋め尽くされるのは珍しいと思います。

まあ、多少は横道にそれましたが。

今回は1:38までのトーク。

久しぶりですね、40分近く話したのは。

半年ぐらいまでは、45分前後が普通だったんですが。


2)若林トーク

映画「ひまわりと子犬の7日間」のロケの裏話でした。

目を離すと犬たちが交尾してたとか、ウンコしてたとか…

「若林の相方」と言う春日の立場も考慮して、春日名義で「男梅」を差し入れをしたりとか…

でも今回のメインは、ジョークのオチを「静かに礼をする」で締めくくる中谷美紀の話しだったと思います。

そう言えば今週から始まったオードリーの神アプリ@新世紀-UP DATE-」で、若林は犬のロボットに噛まれてました。

犬と名のつくものは苦手なんですねぇ。

ちなみに番組のものではないですが、紹介された犬のロボットは、こちらの動画で見ることができます。

YouTube「スマートペット プロモーションムービー」へのリンク


3)春日トーク

前述の通り、春日が「薄桜記(はくおうき)」と言うNHK BSの時代劇の収録に臨んだ時の裏話でした。

春日がこのドラマに出る件につきましては、今週木曜日にこのブログにも書きましたので、良ければ読んでやってください

「オードリー春日が「薄桜記」で浅野内匠頭役を演じる衝撃!!」へのリンク

「薄桜記」と言うのは、忠臣蔵関連の小説としては有名なものだそうですが、私は上記時を書くまで知りませんでしたが、東山紀之も浅野内匠頭を演じていたそうです。

忠臣蔵が、赤穂藩の側から見た美談として語られる事が多いのに対し、この「薄桜記」は、吉良上野介側から見た話しだそうです。

春日の話しとは別件ですが、春日が演じる浅野内匠頭は、これまではどちらかと言うと線の細い役者が演じてきたのに、春日が演じるのは、新しい発想だ、とツイートする声もありました。

言われてみれば、たしかにそうかな、と思います。


春日は、脇差し(短い刀)で吉良上野介役の長塚京三に襲いかかるのですが、距離感をとるのが難しかったと言ってます。

脇差しは現代剣道では、日本剣道形などを演じる時以外、ほぼ使うことはないと思います。


4)「なしなし若林、あるある芸人への道!」

今週からの新コーナーで、「未来辞典」のような壮大な音楽をバックに始まりました。

メールを読む前に、若林が自作のあるあるを作ってきて披露していました。

「白衣を着ている先生には冗談が通じにくい」

というもので、春日やチーム付け焼刃には散々酷評されてました。

でも、私はあるあると思い、面白かったです。


ベストあるあるには、下記のようなものが選ばれていました。

「ボールペンを分解していると、バネがどこか飛んでいって大変なことになる」

また、「テストが返ってくると、答案用紙の点数のところを折る」と言うのがありまして、これは春日もやっていたそうです。

そんなわけでこれは「あるある」ではなく「カスカス」だそうです。


私はこのコーナーには、絶対にあり得ない、冗談みたいなメールが来て、それが読まれたりもするのかな、と思ってました。

「しんやめ」みたいな。

ですが、読まれたのは全部真面目なもので、若林が必死に勉強しようとしている姿勢が伝わってきました。

twitterでは「若林は本当に「あるある」ができないな」と言う声が多かったです。


来週のテーマは

「家族」

だそうです。


5)春日2.0

タイトルコールは、いつの間にか、映画「ロボット」の音楽に、春日の声をロボットっぽくしたものに変わってました。

「ピンクベスト2.0…AVのスポンサーのワッペンで埋め尽くされる」

と言うのが面白かったです。

そういえば、CMでみたのですが、スポンサーのロゴを入れた正義の味方のロボットが活躍するアニメがあって、シュールだなぁ、と思った覚えがあります。


6)あまえとオレ

このコーナーも、「それってあるあるだよね」と、気にする若林のつっこみが多かったです。

「お前がラブソングシンガーになって、オレがそれをtwitterでつぶやくバカ女になったら、また会おうや」

と言うのがありました。

前から気になってたのですが、「バカ女」と言う言葉はあっても、「バカ男」と言うのはなかなか聴かないと思います。


7)しんやめ


8)エンディング

若林が先週募集した疑問に関する回答のメールがたくさん来ていて、それが読まれました。

中には「コント番組が減り、トーク番組が増えたのはなぜか」と言うのに対し、元「某民放支社長」と言う方から、「それは視聴率がとれるかとれないかの問題です」と言うマジなものもありました。

今週回答を募集するのは

「ギターをわったり、ドラムを壊したりするバンドがいなくなったのはなぜか」

と言うものですは。

春日は

「それは(そのスタイルが)古いからだよ」

と言っていました。

ですが、私はそれが、なぜ「古いスタイル」になったのかが知りたいです。


2.若林の資本主義論

若林が自分たちが貧乏だったのが、M-1でブレイクして急に金が入るようになったことで、世間の扱いが変わり、世間を見る目が変わった、とか話していました。

とか、もし自分に子供ができて、なんで勉強なんかしなくちゃいけないのか、と尋ねてきたら

「インフルエンザになっても、お金がないと診てもらえないからだ」

と答える、と言っていました。

わかるわぁ。

また

「良い会社、良い大学行くのがナンボのもんじゃい、という子供を持つ親御さん。

 私と春日が実体験で説得し、1分で机に向かわさせます。」

とも言ってました。


私の実体験から言いますと、「良い大学」に行った方がチャンスが広がると思います。

ただ、あくまでも「チャンス」であり、「保障」ではないです。

私の場合、この会社面白そうだな、と興味を持っても、学部制限に引っ掛かって受けることができなかった、と言う体験もあります。

もっと勉強しておけば、いろいろな選択肢があったろうなぁ、とも思わないでもないです。

会社に入っても、何を勉強したか、で職種が決まったりしますしね。

今勉強しておく方が、なにかと楽だと思いますが。

かといって、私が今を悲観しているわけではないですが。


3.ANNRは磁石でした

オードリーのANN」の後の2部、今週は磁石の2人でした。

私が大好きなコンビです。

聴き終るまでブログを書くのをやめようかとも思ったのですが、今日はこの後のために早めに仮眠を取らねばいけないので、録音してあとで聴くことにしました。

磁石の笑いは大好きです。

もっと売れてもいいのになぁ。


4.これからアメフト

これを書き終えてから、仮眠をとって、7時からアメフトのU-19世界選手権の3位決定戦、日本対オーストリアの試合をネットのライブ配信動画で見ます。

オーストリアはヨーロッパチャンピオンで、体もでかいですが、きっと日本のスピードと戦術についてこれないと思います。

去年のフル代表での対戦でも、日本にかないませんでしたので。

日本が3位になるのはまず間違いないでしょう。

こちらのサイトで動画配信があります

http://www.youtube.com/usafootballeducation

(トリンドル玲奈は興味ないでしょうが、観戦するとしたらどちらを応援するのだろう?)


そのあとは鈴木弘子選手が出場する米女子アメフトプロリーグのプレイオフの模様を、鈴木選手のチーム、San Diego Surge Womens FootballのFacebookで追っかける予定です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

在米女子アメフト選手のプレイオフ初戦の結果

先週末行われました、アメリカの女子アメフトリーグのプレイオフ。

鈴木弘子選手小倉典子選手の2人の日本人女性が出場しましたので、その結果と今週末の予定を書きます。


1.(WFA)サンディエゴ・サージ 対 パシフィック・ウォリアーズ

鈴木選手のサンディエゴ・サージが、48-0でパシフィック・ウォリアーズをやぶり、三回戦へと駒を進めました。

鈴木は2Q途中からC(センター)として出場しました。

こちらにゲームの写真などがあります。

鈴木弘子オフィシャルファンサイト「プレイオフ ラウンド2」へのリンク

次週はベイエリア・バンディッツとホームで対戦。

バンディッツは公式戦1敗しかしていないチーム(サージは無敗)なので、どうなる事かと思ったら、その負かされたあ相手はサージで、しかも0-57と大敗していますので、十分に力が発揮できれば、サージが勝つと思います。

鈴木選手は、次戦は先発のCとして出場するそうです。

次戦は日本時間の明日7/8(日)の朝9時半からの試合開始で、経過は下記チームFacebookのサイトに「いいね」を押しておくと配信されます。

Facebook「San Diego Surge Womens Football」へのリンク


2.(IWFL)サクラメント・サイレンス 対 シアトル・マジェスティックス

7対0で小倉選手のサイレンスが勝ちました。

チーム公式twitterが詳細に経過配信してくれていました。

Sacramento Sirens公式アカウント「@sirensfootball」へのリンク

小倉選手はディフェンス・キャプテンとして出場したそうです。

twitterを見守っていますと、最後の最後まで気が抜けない試合で、その激しさを、小倉選手自身がブログに書かれています。

DL NORIKO 小倉典子 Official「涙のプレーオフ」へのリンク

次戦は来週末で、ウィスコンシン・ウォリアーズと、相手のホームで戦います。

カリフォルニアからウィスコンシンって、めちゃくちゃ離れてるので大変だなぁ…

正確な次戦の日時は、来週中に書きます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

アメフトU-19世界大会 日本対カナダ戦の結果と感想

7/8追記

こちらのサイトで配信やってます。

http://www.youtube.com/usafootballeducation



(U-19アメフト世界選手権の日本対カナダ戦のフル動画。

 今回は時刻や得点表示のほか、リプレイやCMもありました)


これから、昨日、日本時間の朝7時にアメリカのテキサス州で行われた、

U-19アメフト世界選手権の準決勝、日本対カナダ

のゲームについて書いて行きますが、予想通りの接戦となり、そして予想以上の死闘となったと感じます。


最終的には、24-33と9点差をつけられて敗れましたが、点差ほどの力の差が感じられなかった「惜敗」だと思います。

これまでに8試合が消化されましたが、9点差は最小点差ですし、日本があげた24点は、敗者としては最高得点です。

その他の試合は一方的で、両チームが2桁得点をあげたのも、この試合だけです。


日本はよく闘ってくれました。

ネットで観戦し、そして書きこんでいた人たちの、感動したという声が多数見受けられました。

togetter「アメフトU-19日本対カナダ戦の観戦ツイート #amefootjp #afu19japanteam」へのリンク

日本代表の驚嘆すべきプレイを如実に表すのが、この試合でMVPとなったカナダのLBジョン・ラッシュ選手の回想です。

「間違いなく、この試合は、僕がこれまでプレイしたものの中でも、もっとも驚愕させられた試合のひとつとなりました。

 日本はハードで、そして規律のとれたチームでした。

 日本の選手たちに僕たちほどの体格はありませんが、非常に優れたゲームプランを用意していて、それを完璧に遂行していました。」

 
(原文は以下のとおりですのが、私の訳にまずいところがあっても見逃してください)

“That was without doubt one of the most amazing games I’ve ever played in,” said Canada MVP linebacker John Rush, who led the team with 11 tackles. “Japan was hard, and they were disciplined. They weren’t as physical as (us), but they were so good their assignments, and they ran everything perfectly”

U-19世界選手権 公式サイト「Game recap: Canada 33, Japan 24」より)

彼の言葉の通り、日本代表は、前戦のフランス代表よりもはるかにでかいカナダ人選手に、かかんに挑んでいました。

本当に彼らは、俺たちの日本代表だ、と誇らしく思わせてくれる闘いぶりでした。


試合の経過と成績は、下記リンク先にあります。

NFL JAPAN「IFAF第2回U-19世界選手権> スコア」へのリンク

NFL JAPAN「IFAF第2回U-19世界選手権> 選評」へのリンク


ファーストダウン数、獲得ヤード、攻撃時間、のすべてに上回った日本代表ですが、それでも敗れたのは、5回の被インターセプトでした。

このターンオーバーから16点が奪われたそうです。

これをどう減らすかが課題となります。

「ゲームプランを完璧に遂行した」

と評された日本ですが、ネットを見ていたある人は、

「日本のディフェンスは、システム的には相手を止めているが、そのあとずるずる引きづられている」

と言っていました。

ですから、あとは体格差を補う遂行力を身につけることになるんでしょうか。


日本の次戦は3位決定戦の、対オーストリア戦です。

日本時間の7/7(日)朝7時にキックオフとなります。

オーストリアはヨーロッパチャンピオンとしてこの大会に乗り込んできました。

強化プログラムにそって、弱小国から短期間でここまで上り詰めた強豪です。

しかし、私は日本の方が力は上と見ています。

昨年のフル代表での世界選手権で、日本はオーストリアと史上初めて戦いましたが、大差で勝っています。

しかもオーストリアの地元で。

そして昨日の日本戦の後行われたアメリカとの試合では、7-70で敗れています。

今大会最大の得点差です。

そういうことを考えると、100%の力が出せれば、まず日本が負けることはないだろうと思います。


しかし、昨日の試合の30分前、会場の気温は40度を超えていました。

8日間で3試合というのは、超ハードスケジュールです。

そのつらさは相手も同じですが、その環境で100%のパフォーマンスはなかなかきついと思います。


でも、私はきっと日本の素晴らしい若造たちは、100%の力で闘い、3位の座を確保してくれるものと信じています。

動画配信は下記リンク先で行われるようです。

YouTube「IFAF World Championship Bronze Medal Game」へのリンク


きついでしょうが、何よりも選手自身たちのために、勝ってくれることを祈ります。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

オードリー春日が「薄桜記」で浅野内匠頭役を演じる衝撃!!

20120704(2)春日の浅野内匠頭役

(松の廊下で吉良上野介に対して刃傷沙汰に及ぶ浅野内匠頭。演じるのはオードリー春日)


一月半ほど前のオードリーのオールナイトニッポン」で、春日が時代劇で有名なシーンを演じたことが語られました。

しかしどんなシーンで誰を演じたのかは語られませんでした。

一応気にはしていたのですが、全然わからないので、もう知らないうちに終わったのかな、と思っていたら、やっと昨日、公表されました。

忠臣蔵で有名な、松の廊下で刃傷沙汰(にんじょうざた)に及ぶ、浅野浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)でした。

「殿中(でんちゅう)でござる」と言って止められる有名なシーンです。

春日はヒントとして、国民のみんなが知っていて、よくぞあのシーンを演じた、と言ってくれるもの、と語っていましたが、その言葉にウソはなかったですね。


これは、NHK BSプレミアムで7月13日(金)より放送が開始される「BS時代劇・薄桜記(はくおうき)」の1シーンだそうです。

お笑いナタリー「オードリー春日が「薄桜記」浅野内匠頭役で時代劇初出演」へのリンク

日刊スポーツ「オードリー春日 まさか!?のNHK時代劇」へのリンク


(日刊スポーツ紙は春日のコーナーを不定期で掲載しているので親近感があるのか、なかなかひどくて笑える見出しだと思います。グッジョブ)


私には初めて聞く題名なのですが、「薄桜記(はくおうき)」は裏忠臣蔵的な話だそうで、Wikipediaにもサイトがあります。

Wikipedia「薄桜記」へのリンク

これまでも何度も舞台や映画やテレビになっているそうで、これを書いている時点(7/4 21時)には、もう

「薄桜記 (2012年) 」

のキャストの欄に

「・春日俊彰(オードリー) : 浅野内匠頭」

とあります。

はやっ!!


番組関連のサイトは、下記リンク先にあります。

NHK「薄桜記」公式サイトへのリンク

「薄桜記スタッフブログ」へのリンク


ブログの中の

「誰だ?あのオトコマエ?」

というくだりがイイですね。


20120704(0)春日の浅野内匠頭役

お笑いナタリーによりますと、春日のコメントがいつもより真剣なのが感じられます。

でもちゃんと

「数年後の大河の主役を狙って、きょうはNHKに挨拶代わりです。」

と春日を演じていますね。

そしてプロデューサーのコメントがすごいですね。

「どなたでも良いというわけではありません。

 光と影の部分を併せ持ち、ある種、天才肌の「薄桜記」の浅野内匠頭。

 1シーンの登場だからこそ、瞬発力が必要でした。

 そこでお笑い界に的を絞り、頂点を極めているオードリーの春日さんしかいないと思いオファーしました。」

なるほど。

「瞬発力」と「頂点を極めている」ですか。

すごいほめようですね。


日刊スポーツには

「周囲は「春日でよかったのか」と心配していた。

 しかし、佐野元彦制作統括は「浅野内匠頭の極端な感情を自然に演じてくれそう」と、春日を大抜てきした。」

とあります。

いいですねぇ。


ところでネットユーザーはこの件をどう見ているのでしょう。

ネットユーザーのコメントが書かれたYahooトピックスへのリンクを貼っておきます。

Yahooトピックス「オードリー春日が時代劇初挑戦 “忠臣蔵”の主君・浅野内匠頭役」へのリンク

Yahooトピックス「オードリー春日が時代劇初挑戦!“裏忠臣蔵”で浅野内匠頭を演じる!」へのリンク

この中で印象に残ったのは、以下のコメントです。

「春日は顔立ちも体型もレトロなイケメンタイプなので時代劇に合っていると思う
一度きちんと芝居の訓練を受けてみて欲しい」

「以前ストーカー役の巧さに戦慄しました。意外と演技力が高いので期待してます。頑張って。」

「春日さんは普通にしてれば良い男だと思うので、時代劇ちょっと気になる。」

「実は目鼻立ちは整っている春日
髪型変えればパッと見は男前の部類に入るよな」

「この瞬間の写真が鬼瓦だったらめっちゃ笑ったのに(笑)」

「声に迫力が有るだけに、怒りの余り裏返る声も出さないと迫真の演技に成らない、、、
まあ、この顔だけが狙いでの起用かも 笑」

上記2つの記事のうち、コメント数の多い前者ですが、好意的なものが多く「共感順」と「そう思わない順」を並べ替えても、大差ありません。

この並べ替えで大差がないということは、意見が両極化しておらず、だいたいみんな同じことを考えているということです。

そして「春日」=「イケメン」の声が多いですね。

二番目に置いた写真を見てもらえれば、それも納得です。

普段はわざと髪を七三にわけて「キモキャラ」を演じてますが、ファンの間では、普通に髪をおろせば相当のイケメンということは有名です。


なお、春日の登場回は、8月24日(金)放送予定の、第8回「殿中刀傷(仮)」の回だそうです。

明記はされていませんが、NHKのことですので、見逃しても再放送があるかな、と楽観しています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】「チャンピオンリング贈呈式」は、あれで良かったんだろうか?

20120702正面Hawksリング

(一昨日の「鷹の祭典2012 IN 東京ドーム」で授与されたチャンピオンリング。正面からの写真)

7/2の福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズのゲームは、

「鷹の祭典2012 IN 東京ドーム」

と銘打たれ、ホークスの主催で東京ドームで行われました。

リーグ戦では千葉か所沢まで行かないと見れないホークスが、しかもホームチームとしてやって来るというわけで、実数発表制となっては主催試合で球団史上最多となる4万6441人が詰めかけました。

関東でもホークスは人気チームであることが如実に証明されました。


それはさておき、このゲームの前、2011年シーズンのホークスの日本一を記念する

「チャンピオンリング」の「贈呈式」

が行われました。

YouTube「チャンピオンリング贈呈式でオーナー激励 奮起なるかホークス 2012.07.02 H-L」へのリンク

トップに正面からの写真を置きましたが、横から見たらこんな感じです。

20120702側面Hawksリング

けっこう豪華な造りのようで、さぞやネットではその金満ぶりを批判する声が多いだろうと思いましたが、そういう声はあまりなかったようです。

別の意味の(というか意味があるのだろうか)批判はありましたが。

下記サイトの下の方に、ネットユーザーの声があります。

Yahooトピックス「ソフトB・孫オーナー「必ず巻き返して」」へのリンク


このリングを見て思うのは、まあ過去には何回かあったそうですが、日本にはまだこの習慣が根付いてないせいもあるのか、私がアメフトかぶれして、スーパーボウル勝者に贈られる「スーパーボウルリング」の凝りようを見ているせいか、

意外にシンプルだな

と思いました。

参考までにですが、下記リンク先に、第1回から第44回までのスーパーボウルリングを紹介する動画があります。

YouTube「Every super bowl ring」へのリンク

細かいことはこの記事の本題ではないので割愛しますが、かなり凝ってます。

勝回数を大きなダイヤの数や、トロフィーの形をしたダイヤの数で表したり。

それをチームロゴの形に配置したり。

そういう凝りように比べたら、ホークスのはシンプルだな、と思いました。


まあ、今後日本プロ野球界に、日本一になったチームはチャンピオンリングを作る習慣が定着すれば、ユニークなものができるかもしれませんね。

こういうメモリアルなものを作るのは、野球界にとっては悪くはないと思います。

球団は一丸になってこれを作ることを目指すようになるかもしれませんし、プロを目指す人々へのモチベーションになると思います。


さて、本題ですが、私がこの「チャンピオンリング贈呈式」について疑問に思うのは、以下の3点です。

1.シーズンの折り返しに近い時点での授与

2.試合の前、対戦相手のチームやファンの前での授与

3.本拠地でない場所での授与


Wikipediaによれば、メジャーリーグでは、シーズン最初のホームゲームで授与されるそうです。

(NFLも同じと書いてありますが、シーズンオフに授与していたと思います)


結論からいえば、11月とか12月のオフの、ファン感謝デーなどでやるべきものだと思います。

そして本拠地で。

ただ、その時点ではまだ授与できるようなものはできてないと思いますので、レプリカでもいいから、セレモニーを行うべきだと思います。

できれば、チームとファンだけでやってほしいものです。

対戦してくれる相手がいるから勝者になれるものですから、相手に敬意を払うべきです。


それでもまだ、1.と2.については、メジャーでもそうなら、譲ってもいいと思います。

でも、「3.本拠地でない場所での授与」については、望ましくないと考えます。

本拠地でやるべきです。

プロスポーツはその土地その土地に根付くべきです。

その土地の人を第一に優先させるべきです。

それがその土地への恩返しだと思いますし、貢献だと考えます。

だから、いくらファンが集まろうが、ホークスは福岡以外の土地で「チャンピオンリング贈呈式」をやるべきではないと思います。

そりゃあ東京でやってくれれば、川崎市に住む私にも、現地でみるチャンスは高まります。

だからと言って東京でやるのは、福岡のファンに失礼です。

私のような、福岡から見た「地方」のファンも大事にしてほしいですが、まずは地元のファンを優先させるべきだと思います。


今シーズンの日本一の分からは、絶対に福岡でやってほしいです。

「今シーズンの日本一」って、もはやその目はないんじゃないか…

そんなことはない、まだ十分に巻き返せます。

私も孫オーナーと同様

「監督を中心に選手のみなさんが必ず巻き返してくれることを心から信じております」


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

映画『ユナイテッド~ ミュンヘンの悲劇』 マンチェスターユナイテッドの物語



映画『ユナイテッド~ ミュンヘンの悲劇』の予告編

 悲劇から立ち直ったマンチェスターユナイテッドの話しですが、思わず声を出して泣いてしまいました)


今週土曜、7/7から、「ユナイテッド~ ミュンヘンの悲劇」と言う映画が始まります。

このことを、先週テレビで報じていました。

「香川真司選手が入団するのは、こんなモンスターチームです」

と言うアナウンサーの声でテレビのこの映画の紹介が終わりました。

そうだ、そうだったんだ。

マンチェスター・ユナイテッドはそう言う過去を持つチームだった。

そう思い出させてくれました。


この映画は、1958年に「ミュンヘンの悲劇」というものを乗り越えた、マンチェスター・ユナイテッドの話しです。

もともと去年の4月にBBCがテレビ用に作ったものが、海外で映画として配給されるものだそうで、この映画があることは、今年5月には日本でも報じられていたようです。

映画「ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇>日本公式ウェブサイト」へのリンク


映画.com「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」へのリンク

Wikipedia「ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇-」へのリンク


で、「ミュンヘンの悲劇」とは何かと言いますと、1958年にミュンヘンで起きたマンチェスター・ユナイテッドのチャーター機の墜落事故です。

この事故で、当時のマンUは、ダンカン・エドワーズなど多くの主力選手を失いました。

Wikipedia「ミュンヘンの悲劇」へのリンク

たしかダンカン・エドワーズの姿は、マンチェスターの教会にステンドグラスとして残されているそうです。


で、ここからマンUが立ち直って行く姿を描いたのが、この映画だそうです。


私はこれまでに二度、「ミュンヘンの悲劇」を伝えるものを見ました。

最初は20年ほど前、コミック「栄光なき天才たち」の「マンチェスター・ユナイテッド」篇で。

そして7~8年前にテレビ番組「奇跡体験!アンビリバボー」で。


前者の結末は、1968年のUEFAチャンピオンズリーグでの優勝。

イングランドのチームとしては、初めてこの大会に優勝したチームとなりました。

この映画の主役は、ジミー・マーフィーというコーチですが、このコミックには登場しなかったと思います。

主役はボビー・チャールトン、そしてマット・バスビーでした。


後者の結末は忘れましたが、もっと最近のことだったと思います。

あまりこの番組のことは覚えてないです。


(ここからはネタばれです)


私にとって、「ミュンヘンの悲劇」から立ち直ったのは、「栄光なき天才たち」で読んだものが強烈で、当時も今でも、ほとんどサッカーに興味のない私が、これを何回も読んで、読むたびに涙します。

今でもきっと泣くと思います。

と言うか、これを書きながら、半泣き状態です。

1958年、孤高を保っていたイングランドのサッカー界からUEFAチャンピオンズカップに出場したマンチェスター・ユナイテッドは、優勝までもう少し、と言うところまでコマを進めましたが、その時「ミュンヘンの悲劇」にあい、多くの選手やスタッフを失います。

失ったものは若きエースとして期待されていたボビー・チャールトンのサッカーへの熱意もでした。

精神的なダメージが強く、事故前のパフォーマンスができなくなったどころか、サッカーをプレイするのがやっと、という状態だったようです。

コミックでは、亡くなってしまった選手たちがいるはずのところにパスを出したりして失敗するチャールトンの姿が描かれていました。

しかしあるゲームで、またも亡くなった選手のところへパスを出そうとすると、その選手

「俺のところに出すんじゃない。自分で持って行くんだ」

という声を聞き、その通りにプレイして、ゴールを決めます。

そこからボビー・チャールトンは生まれ変わり、真のエースとなったように描かれています。

ここら辺の描写はおそらくフィクションでしょうが、とにかく、チャールトンは立ち直りました。


マット・バスビーも精神的ダメージを負っていました。

映画とは少々違うようですが、事故の前のバスビーは、選手たちと密に接する「プレイヤーズ・コーチ」で、彼の育てた選手たちは「バスビー・ベイブス」と呼ばれていました。

そのために、愛する選手たちを失ったショックは大きく、復帰後は昔のように密に接することができなくなっていたそうです。

チャールトンが立ち直れなかったのも、それも原因のように描かれています。

しかし、チャールトンが独り立ちしたことで、無言の強烈な信頼関係ができたようです。

そして事故から10年後の1968年のUEFAチャンピオンズカップに、すっかり頭が薄くなったチャールトンが率いるマンチェスター・ユナイテッドが帰ってきます。

そしてその決勝、延長までもつれたゲームで、チャールトンの「キャノンシュート」が炸裂して2ゴールをあげて勝ち、10年越しの悲願を達成しました。

コミックは、バスビーとチャールトンがこの大会で得たカップを持って、悲劇で亡くなった選手たちの墓前に優勝を報告するところで終わります。


この映画の結末がどの時点に設定されているのかはわかりませんが、コミックと同じであれば最高だと感じます。



たった50年前に、こんなことがあったのです。

そして、チームと選手は地元に密着していたそうです。

それが今や、「世界のマンチェスター・ユナイテッド」と成熟してしまいました。

映画では、地元の人の手の届かないところに行ってしまったチームのことを惜しむ気持も込められているそうです。

前述のWikipediaの映画のサイトの最後の方に、そのことが書いてあります。


私はサッカーの世界のことはほとんど知りませんし、これは言い過ぎかもしれませんが、そう考えると、極東の若者がこのチームに入団することは、はたしてマンチェスター市民のためになるのか、クラブにとって望ましいことなのか疑問にも思えます。

でもサッカーだけではなく、私の大好きなNFLを含め、多くのプロスポーツが、そういうところから引き返せないところに達してしまったんですよね。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【動画付き】アメフトU-19世界大会 日本対フランス戦の結果と感想

7/5追記

朝7時からの日本対カナダは、下記リンク先にてライブ配信されるそうです。

「日本時間午前7時キックオフ予定の日本代表vsカナダ代表の試合はYouTubeにてライブストリーミング配信されます!詳しくはhttp://t.co/dFuoLQUT #afu19japanteam http://t.co/ohMWTZL5



(アメフトU-19日本対フランス戦のフル動画。何の表示もないのがちょっと)



昨日の未明、アメフトU-19世界大会 日本対フランス戦が行われました。

私の予想は、日本が負けることはまずないだろうけど、昨年のフル代表の世界選手権で成長を見せたフランスもけっこうやるんじゃないかと言うものでした。

結果は、27-6で日本の勝利に終わりました。

点差よりも力の差を感じました。

意外でした。

日本に反則が多発したのですが、それがなければもっと一方的になっていたでしょう。

ゲームのMVPはLB#42コグラン・ケビン選手(早稲田大学1年)でした。

(姓がコグランで、名前がケビンのようです)

私はどうしてもオフェンスの方に目が行ってしまうので、QB#7佐伯龍之介選手(日本大学2年)かRB/WR#1高田ジェームズ選手(早大学院高校2年)のどちらかかな、と思っていました。

ですが、このゲームを支配したのは日本の守備だったと思いますので、誰が活躍したかは見きれてなかったのですが、守備からMVPが出たのは妥当だと思います。

なお、フランスのMVPはSのカール・テンボ選手でした。


ゲームの記事(英語)は下記リンク先にあります。

U-19世界選手権 公式サイト「Game recap: Japan 27, France 6」へのリンク

そのうちNFL JAPANの方にも記事が載るでしょう。

では、簡単に感想を箇条書きさせていただきます。

ただし、私の観戦力は高くはありませんので、変なことを書いてたらご容赦ください。


1.日本に反則多し

とにかく反則の多い試合でした。

とくに日本のオフェンスに多かったように思えます。

パーソナルファウルも2~3回あったと思います。

これは日本代表の規律に問題があるのではなくて、暑さのせいで集中力が奪われたからだと解釈しています。

ただ、理由はどうあれ、これだけ反則が多いと、次戦のカナダ戦は厳しいと思います。

今回は現地時間の11時半のキックオフ(正確には15分ほど遅れたと思います)でした。

次回は午後5時のキックオフが予定されています。

涼しくなるといいんですが。


2.ネット中継がイマイチ

今回YouTubeにてゲームがリアルタイムで中継されたのですが、NFLや日本の試合を見慣れているものとしては、わかりづらいなぁ、と言うところがいくつかありました。

画面には、時間もスコアもボールの位置もダウン数も、本当にまったく表示されませんでした。

ボールの位置やダウン数は、フィールドを見れば何とか把握できるのですが…


ところがあとで行われたアメリカ対アメリカンサモアの試合は、それらすべてが表示されていました。

そして日本戦ではなかった、CMが流れていました。

たしかにそう言うのを表示するのはお金がかかるのはわかりますし、不公平だとは思わないです。


だいたい、中継してくれるだけでありがたいと思ってます。

それに、かなりいい画質だと感じました。


3.日本のQB#7佐伯選手

日本大学の2年生の佐伯選手の運動能力の高さに驚きました。

ティム・ティーボウが大好きとのことですが、なんとなくそれがわかるプレイぶりでした。

パスを磨けば、すごいQBになると思います。


ちょっと残念なのは、中継のアナウンスで、終始「さえき」ではなく「せき」と発音されていたことです。

間違いなのか、アメリカ人には難しい発音なのかわかりませんが。


4.高校生のWR/RB#1高田ジェームズ選手

日本代表のほとんどの選手は大学生なのですが、数少ない高校生の高田ジェームズ選手が大活躍でした。

早稲田大学高等学院の2年生です。

2年後にはビックベアーズの一員となってくれることを期待します。

(または、アメリカの大学でもいいです)

余談ですが

「ジェームズタカダ」とアナウンスされると、米米クラブのジェームズ小野田を思い出してしまいました。


5.フランスのオフェンスは複雑

フランスはときどき凝ったプレイをやってきました。

主にランプレイで、え、そっちに走ってくの?と思わされるものでした。

でも、これがほとんど出ない(前進できない)のです。

なんとなくラインのブロックとバックスの動きが連動していないように思えました。

もしくは、日本のディフェンスがうまくそう持ち込んだのでしょう。


6.日本のディフェンスの素晴らしいパフォーマンス

2回ほどロングゲインを許したように記憶しますが、日本のディフェンスのパフォーマンスは素晴らしかったです。

ボールキャリアのところへ必ず一人や二人いて、しかもほとんどタックルミスがなかったように思えました。

最も印象に残ったのは、3Qのことだったと思いますが、フランスのボールキャリアが、日本のタックラーをふりほどいても、ふりほどいても、必ずそのあとに次のタックラーが来て、タックルを続け、ダウン更新を許さなかったシーンです。

twitterで、大きなフランス選手にうまく対応する日本選手に驚嘆する声をいくつか見かけました。

一度だけスクリーンパスで10ヤードほど進まれましたが、それ以外のスクリーンパスへの対応は、上手くやっていたと思います。


7.フットボール脳の差

私はプレイ経験がありませんので、正確なところはわかりませんが、どういうスポーツでも、頭ではわかっていても、フィールドに出ていくと、多少思考能力が落ちるんじゃないかな、と思っています。

戦時中には「操縦士の八割頭」と言う言葉があって、戦闘機の操縦士は、いざ飛行機に乗ると、思考能力が八割ほどに落ちるそうです。

そう言うこともあって、前述のような考えを持つようになりました。

で、本題ですが、日本とフランスの選手の間に、フットボール脳の差があるように思えました。

一度フランスのパントの時、蹴ったボールがOBになろうとしたのを、フランスの選手が止めようとしたシーンを見ました。

バウンドは前方に転がっているし、パントはOBに出ても反則にはならないので、何も一生懸命止めることはなく、戻りそうになったら止めればいいのに、と思いました。

対して、日本の選手はQBは危険と思った時は無理せずダウンしたり投げ出したりしていましたし、時間を使いたいところのパントでは、パントチームは転がって停止したボールに手を出さず、オフィシャルが笛を吹くのを待ってました。

どれも当たり前のプレイなんですが、若いのに、しかも暑さでも思考能力が落ちそうになるのを耐えた、ずばらしいプレイだと思いました。

投げ捨てなどは、NFLのQBですら、頭に血が上って我慢ができなくなることもあるというのに。

ロングゲインやサックなども称えられるべきですが、ビッグプレイだけではなく、こう言うアメフトの基本的なことがちゃんと遂行されているのは、素晴らしいことだと思いました。


8.スペシャルプレイはほとんどなし

両チームを通じて、トリッキーなスペシャルプレイと言うのは、ほとんどなかったと思います。

前述のフランスオフェンスの動きをのぞけば。

まあ、カナダ戦を前に、カードを見せることもないでしょう。

試してみたいプレイもあったでしょうが、暑さやけがに対する恐れなどで、出来なかったんじゃないかと思います。

それに、ただ、日本にはこういうカードもある、と言うプレイは見せておきたかったかもしれません。

ロングパスが2本通った(1本は反則で取り消し)のは、いいカードが見せれて良かったと思います。



なお、日本の試合については、トップに置いた動画を見ていただければいいのですが、他の試合の動画は、下記リンク先で見ることができます。

YouTube「Panama vs. Austria - 2012 IFAF Under-19 World Championship」へのリンク

YouTube「Canada vs. Sweden - 2012 IFAF U-19 World Championships」へのリンク

YouTube「USA vs. American Samoa - 2012 IFAF U-19 World Championships」へのリンク


そして、二回戦の模様は、下記サイトで配信されます。

YouTube「フランス対スウェーデン」へのリンク
(日本時間(以下同)7月4日朝7時)

YouTube「パナマ対アメリカンサモア」へのリンク
(7月4日朝10時)

YouTube「日本対カナダ」へのリンク
(7月5日朝7時)

YouTube「アメリカ対オーストリア」へのリンク
(7月5日朝10時)


ちなみに、一回戦の日本戦は、iPhoneではつながりませんでしたが、アメリカ戦はiPhoneでライブで見れました。

日本戦の時は、単に受信状況が悪かっただけかもしれません。

次は木曜の朝7時、3年前もう少しで勝てたカナダに、今回は是非勝ってもらえるよう応援しましょう。

簡単ではないことはわかっています。

おそらくカナダの方が力が上でしょう。

でも、勝ってほしいのです。

日本のためと言うより、日本代表に関係する人、すべての自分自身のために。


追記)このゲームの数時間後に行われた、日本人女子フットボーラーの鈴木弘子選手(サンディエゴ・サージ)と小倉典子選手(サクラメント・サイレンス)のプレイオフの件ですが、両チームとも勝利しました。

次週もプレイオフが行われます。

詳細は、情報が手に入ることがありましたら、別の記事で書きたいと思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

7/1「オードリーのオールナイトニッポン」のさわりだけ

7/1「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きたいのですが、今週は1時半からアメリカンフットボールのU-19世界大会の日本対フランスの試合があって、そのライブ動画を見るため、途中までしか聞けませんでした。

それでも、毎週日曜には、「オードリーオールナイトニッポン」に関係することを書きたいので、ごく短いですが、聴いた分だけでも書いておきます。

私が聞いたのはオープニングのトークだけですので、その中で話されたことを箇条書きで書いておきます。


1.消費税について

タイトルコールとあいさつの後

「消費税が上がるみたいですね」(若林)

といきなり時事から入りました。

最近こういう傾向が多いですが、ここまで固い話しはないように思えます。

このテーマの中で、池上彰の言葉の

「景気の「気」の字は「気持ち」の「気」」

と言うのが紹介されました。

みんなが不景気だからお金を使い渋っているけれども、お金を使う気になれば、景気はよくなる、と言う意味のようです。

そして

「お前(春日)が使い渋っているから、景気がよくならないんだ」

と若林が叫んでいました。

「お前の金使って、むつみ荘の前だけでも工事しろよ。

 前ちゃんとかを警備員に使ってさ」(若林)

「そうだね

 くじらも警備員に入れてね」(春日)

と話しが続いて行きました。


春日の件はさておき、池上彰の言葉は、正論に思えます。

ですが、農家(お金を使うことを良しとしない家が多いです)で育った私としては、

「結局お金を使わなければ幸せになれない」

と言う考え方には、どうも賛成できないです。

たとえば、ブータン王国は物資の面からは貧しい国だと言うことができますが、国民の幸せ度は相当高いようです。

また、ちょっと前に、幕末に日本を訪れた外国人の日記をダイジェスト化したものを読んだのですが、多くの外国人が

「日本は西洋とは違う方向ではあるが、相当文明が進んでいて、多くの国民は幸せを感じている」

と書いていたそうです。

若林は資本主義の限界、と言っていましたが、私は大量消費社会の限界にきていると思います。

これからの政治家は、日本と言う国をどううまく経営していくか、を考えるか、あるいは、どういう新しい幸せ観を提示できるか、そのどちらかができないといけないと思います。


2.うるう秒について

今日の午前8時59分と、午前9時00分の間に、1秒が入るそうです。

このことが語られました。

「うるう秒」についてはネットで調べれば細かく出てくると思いますので、それはさておき…

春日が、

「太陽がまわる…」

と、まさかの天動説みたいなことをぽろっと言ってしまったことから、話しがそれました。

「すいません、昔の説(天動説)みたいなことを言ってしまいました」とか

「海の向こうは滝になっている」(地球平面説)とか

「(異端)裁判になってしまう」とかに話しがそれました。


30年ほど前に「パンツをはいたサル」と言う本で読んだんですが、

「天動説が間違っている、と言う考え方はおかしい。

 地動説と言うのは太陽から地球を見た考え方であり、地球を中心に考えると、天動説が間違いだとは言えない」

と書いてありました。

当時明治大学の教授だった人が書いた本です。

また、小室直樹と言う、たしか当時東京大学の教授の書いた本には

「クジラは魚ではなく動物だ、と言うのは生物学見地からの話しであって、クジラの肉は肉屋ではなく魚他で売っているのだから、クジラは魚だと言ったって間違いじゃない」

とありました。

こう言う考え方は大好きです。


「海の向こうは滝になっている」と言うのは、私も人と話していてたまに使います。

以前働いていた職場では、朝出社すると、とりあえず千葉ロッテマリーンズのファンの方と野球の話しで口げんかする(本当に仲が悪い訳ではなく、じゃれあっているだけです)ことから一日をはじめていたのですが、そのときよく私は、

「千葉ぁ?

 そんなとこ知らないなぁ

 東京の向こう側って海になっていて、その先は滝になってんじゃないの?」

とか言ってました。

まあとにかく、昔の人の地球の考え方って面白いと思います。

中国の古地図には、自分の国の周囲に、片足だけの種族がすむ国とか、胸に顔がある種族のすむ国とかがあると書いてあるものがあったように記憶します。

またヨーロッパの古地図には、アフリカに「プレスター・ジョンの国」が書いてあったりします。

いずれも今となっては架空の国なんですが。

地球平面説と言えば、地球空洞説と言うのもあって、それを根強く支持する人もいるそうです。


天動説と異端裁判と言えば、ガリレオ・ガリレイが地動説を唱えて異端裁判にかけられ

「それでも地球は回っている」

と言ったのが有名ですね。


トークの内容に戻りますが、どう言う流れからか、

「うるう秒 天動説 春日」

で検索したら大変なことになる、とか、検索したら何も出なかった、とか話してました。

今(7/1の朝5時半)これで検索すると、この放送のことを書いたものがいくつか引っかかります。

トップは、Yahoo知恵袋に

オードリーの 春日さんが 天動説キャラで いったら どうします? あと 春日さんが...」

と言う、2012/7/1 01:15に投稿されたものでした。

そして現在のところ

「天動説キャラいいと思います。

 若林が地動説キャラでいったらもっといいですよね」

と言う回答がトップにあります。


3.トーク番組を繰り返し見る若者

若林は

「今の若い人はトーク番組を録画して繰り返して見る、そうだけど、なんでだろう」

と言っていました。

春日も

「ネタ番組ならやるけどね」

と、その気持ちに同意していました。

で、若林は

「トーク番組 コント番組 録画 何回も」

とか

「トーク番組 コント番組 録画 若者」

とかで検索してみたそうです。

そしたら、

「オレとおんなじ疑問を持つ人がいてさ…」

と言う話しから、同じ考えを持つ人のことを

「メンタルドッペルゲンガー」

と若林が命名し、誰にでも世界に3人いる、と言ってました。

そして、春日のメンタルドッペルゲンガーは、きっと同じエロサイトを見てんじゃないか、とも言ってました。


4.Yahoo知恵袋について

ここ数週間の若林のトークを聴いていると、Yahoo知恵袋に関して知識がないと楽しめないな、と言うことが感じられます。

「ベストアンサー」

「コイン」

とかの単語も出てきますし。

Yahoo知恵袋については、Yahoo知恵袋を見てみるか、あるいは使ってみれば、簡単にこの番組を楽しむ知識はつくと思います。

私は読んだことは何回かありますが、質問や回答をしたことはないです。

でも、二人が言っていることはわかります。


下記サイトにも説明がありますが、なんかいっぱい書いて難しいなぁ、と思いました。

Wikipedia「Yahoo!知恵袋」へのリンク

とりあえず二人の会話でわからないことがあれば、このサイトの「知恵袋用語」と言う章を見ればいいかと思います。

なお二人の言う「コイン」とは、このサイトの「知恵コイン」のことだと思います。



今回は内容が薄いうえに、だらだらと書いてしまいまして申し訳ありませんが、この辺で失礼いたします。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~