2012年10月の記事 (1/1)

「リンカーン 秘密の書」について疑問に思うこと



映画「リンカーン/秘密の書」予告動画。公式サイトにはもう少し長いのがあります)


明日11/1から、

「リンカーン 秘密の書」

と言う映画が始まります。

ストーリーは、幼い頃母親をバンパイアに殺された、アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンには、「バンパイア・ハンター」と言う知られざる別の顔があり、昼は大統領、夜は「バンパイア・ハンター」としてアメリカを救う姿を追ったもののようです。

もちろんフィクションです。


公式サイト、関連SNSへのリンクを貼っておきます。

映画「リンカーン/秘密の書」公式サイトへのリンク

映画「リンカーン/秘密の書」公式twitterアカウントへのリンク

映画「リンカーン/秘密の書」公式facebookサイトへのリンク

最近の映画の宣伝は、このように、

「公式サイト」+「twitter」+「facebook」

と言う体をとるものが多いと思います。

ただ、前回紹介した

「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」

については、ブログ形式の公式サイトだけでしたが。


ところで、私はこの映画、いいか悪いかは別として、とんでもない設定だな、と感じています。

なんでこんな設定にしたんだろう?

ということを書きます。


なぜリンカーンを主人公にしたのでしょう。

アメリカでも最も人気のある大統領の一人で、崇拝者も多いと思います。

なぜそんなある意味アンタッチャブルな人物を担ぎ出したんでしょう?


答えはわかりませんが、リンカーンにはミステリアスなうわさがあります。

たとえばジョン・F・ケネディとの共通点。

そして、自分の葬式を生前夢に見たと言うこと。

そういう面から選ばれたのでしょうか?


もうひとつの疑問は、なぜ敵はバンパイアなのでしょう?

魔女や狼男ではいけなかったのでしょうか?

(なんとなくですが、私には、日本人と西洋人とでは、バンパイアに対する恐怖感が違うように思えます。

 日本人である私は、リアリティをもって、吸血鬼に覚えたことはないです。

 ですが欧米では、今でも死体を掘り返して、心臓にとどめをさす事件などが起きているそうです)


この映画を紹介したサイトがあります。

映画.com「リンカーン 秘密の書」へのリンク

この中の「解説」に

「奴隷制度を隠れ蓑に“食事”を手に入れるバンパイアと、それを利用して金儲けを企む政治家たちの姿を目の当たりにし…」

とあります。

なんだか今の日本を風刺しているようです。

きっとそれは日本だけの問題ではないと感覚的に思うのですが、税金を食い物にするには、吸血鬼=バンパイアがぴったりだったのかもしれません。


とまあ、この映画の紹介を見て、こんななんか変な疑問を持ってしまいました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ホークス】攝津投手の沢村賞受賞をどう考えるか #sbhawks



(攝津投手の沢村賞受賞を伝えるニュース)


福岡ソフトバンクホークスの攝津投手に沢村賞が贈られることが決まりました。

攝津投手本人も語っていますが、私としても全く想定外でした。

可能性は低いとは思いますが、武田投手の新人王があるかもね~、とは思ってましたが。

攝津投手の沢村賞については、発想も浮かびませんでした。

それは、無理、と言うことではなく、私に想像力がなかったからです。


下記リンク先にはネットユーザーの声もありますので、興味があればご覧ください。

Yahooトピックス「沢村賞 7項目中5つクリア 摂津 勝利数でマエケンに“圧勝”」へのリンク


攝津投手が沢村賞を受賞することについては、反対意見もあったようです。

それは、沢村賞の選考基準7項目のうち、投球回数と完投数を満たしていなかったからです。

投球回数の基準が200回のところが193回と1/3回。

完投数の基準が10のところが3。


朝日新聞の紙面によると、実は攝津投手は、開幕前にこの2項目にもっともこだわったそうです。

多く完投して、多くのイニングを投げることを目標にしたそうです。

それが出来ると言うことは、おのずと結果はついてくるものだから。


ですが、200回を超えているのは成瀬投手と前田投手のみ。

完投数が10を超えているのは誰もいないと言う分業制の時代です。

下記リンク先の堀内恒夫氏の言葉の通り、基準が時代にあってないと考えるのが妥当なのかもしれません。

ニッカンスポーツ「摂津沢村賞に議論百出の選考委」へのリンク


しかしそういう時代だから、スーパーピッチャーが表れて、その投手に受賞させたい。

そう言う考え方もあるでしょう。

現実的には難しいことですが、今回の受賞で、攝津投手がそれを目指してくれればいいかと思います。


最初に紹介したYahooトピックスには、こんなコメントがあります。

「1年目…新人王 最優秀中継ぎ
 2年目…最優秀中継ぎ
 3年目…先発転向(14勝) 日本シリーズ胴上げ投手
 4年目…開幕投手 最多勝利 最高勝率 沢村賞
 凄すぎ!!」

そして、高山投手コーチは

「素晴らしいこと。痛い、かゆい、泣き言を言わない。責任感のある男」

と攝津投手のことをたたえています。

先日私のブログにも下記記事で書かせてもらいましたが、男気のあるヤツです。

「【ホークス】CSファイナルで得られた感動」へのリンク

本当に絵にかいたような優等生投手で、期待にこたえてくれる男です。

だから今回は、ご褒美として攝津投手には胸をはって沢村賞を受賞して欲しいです。

そして、そのことを糧に、来季以降も頑張ってほしいです。


攝津投手、沢村賞受賞おめでとうございます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ムネに「C」マークを



(川崎選手を見つけた小久保キャプテンが手を振るのがほほえましいです)


MLBシアトル・マリナーズが、川崎宗則選手を自由契約にしました。

日本ではドラフト会議が開催される10月25日の朝のことで、福岡ソフトバンクホークス公式ハッシュタグの「#sbhawks」がついたツイートなどが、その驚きを盛んに叫んでいました。


さて、川崎選手は来季どうするのか?

本人はMLBでのプレイ継続を願っているそうですが、今度はイチロー選手を追いかけることはなさそうです。

そして日本では、古巣のホークスと、オリックス・バファローズが獲得を考えていると伝えられています。

ニッカンスポーツ「ムネリン契約解除 ソフトとオリが狙う」へのリンク


さて私の意見ですが、最も望ましいのはホークスに帰ってきて、小久保選手からキャプテンを引きつで欲しいと言うものです。

昨オフ、和田投手、杉内投手、ホールトン投手が抜けましたが、王会長は、一番痛いのは川崎選手の退団だと語っていた記憶があります。

そして今シーズンのホークスの成績ですが、投手成績については、パ・リーグではトップで、12球団でも讀賣ジャイアンツについで2番目の低さでした。

失点もパ・リーグでは最も少ないです。

ですが打撃は、打率はパ・リーグでは下から2番目、得点もブービーでした。

ニッカンスポーツ「プロ野球>データ>順位表」へのリンク

結局打撃の落ち込みが優勝を逃した一因だと言えると思います。

王会長の言ったことは当たっていると思います。


野球選手としては、川崎選手程度の力の選手はそう珍しくないと思います。

ですが、人間として川崎選手に並ぶ人格の選手は、そうそういないと感じます。

今宮選手は総じて打てないながらも、広い守備範囲で失点を阻止続けてきました。

試合によっては、打てないのなら、今よりもなお失点を防ぐ、と言う勝ち方を選ばなければいけない時もあると思います。

ですが、今宮選手はまだ、自分の守備範囲でないところの失点はそれほどは防げなかったと思います。

川崎選手はその存在自体、そして投手に書ける一言で、自分の守備範囲ではないところの失点も防げると思います。


この役目をずっと続けてきた小久保選手は来季はグラウンドにいません。

そして小久保選手が胸に付けてきた、キャプテンを表す「C」マークは、来季はだれも付けないとも言われています。

西日本スポーツ「主将 出て来い!! 小久保の後の「C」秋山監督一時封印」へのリンク

秋山監督は「要るの?」と言っていますが、私は今の若いチームには「要る」と思います。

ですが「居るの?」とたずねられたら、う~ん…

(小久保選手は内川選手を推しているようですが、私は松田選手のほうがいいかな、と思います

 生え抜きとか、そういうの関係なしに)


それだけ重いと言える「C」マークですが、川崎選手なら、私は文句なくつけるにふさわしいと思います。

今シーズンの川崎選手を見ていると、とても不思議な選手で、こういう選手こそ「持っている」と言うのだろう、と感じました。

開幕前、メジャーに上がるのはとても無理だと思いました。

ですが、チャンスを逃さずに成績を残してきました。

そして開幕を一軍で迎えると、もっと驚くべきことに、最後までファームに落ちませんでした。

61試合しか出場していませんが、このレベルの選手なら、ふつうメジャーとマイナーを往復させられるそうです。

ベンチのその気持ちはわかります。

代わりが効きますから、いろんな選手の力を試したいでしょうから。

だから驚きなのです。


こんな記事もあります。

Yahooトピックス「川崎、マ軍解雇に地元ファンはガッカリ「チアリーダー出身の最高の選手」」へのリンク

微妙な内容の記事ですが、とにかく川崎選手はMLBでもそうそういない、何かの力を持っているのではないか、と感じます。


ムネリンの胸に「C」マークを

親父ギャグで申し訳ないですが、川崎選手にホークスに戻ってきて主将をやってほしい、とここまで書いてきましたが…

でも、本人がアメリカでやりたいと思うのであれば、あと1~2年は待ちますわ。

そうしたら、その間に川崎選手の居場所は、ホークスにはなくなっているかもしれませんが、それはそれで、あるべき姿の一つだと思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

10/28「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(ヒューストン・テキサンズのJJワットのインターセプトの動画)



10/28の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回の副題は

「ヒューストン坊やのオールナイトニッポンR」

でした。

若林がフリートークで、NFLのヒューストン・テキサンズの「Houston」と書かれたキャップを買って、それをフリートーク明けにブースでかぶってはしゃいで、

「俺、芸名『ヒューストン坊や』にかえるから」

と言ったところから、いたるところで

「ヒューストン坊や」とか「ヒューストン」

という言葉が出てきました。

ヒューストン市のあるテキサス州の観光局が聞いたら、涙を流して喜びそうな回だったと思います。


1.番組の流れ

1)オープニング

あったかい格好しないとだめだね、という話題から始まりました。

若林は花粉症を持っていないけど、いかにも持ってそうな「花粉症顔だ」とか…

「もってる」春日はむつみ荘のハウスダストの話へ。

そして春日が「片づけられない男だ」と言うことへ

それって春日の両親の育て方が悪いんじゃないの、とか。

怒った春日が謝罪を求めると、

「ごめりんこ」

と謝る若林。

春日のお父さんは毎週日曜朝に録音したこの番組をきくそうなので、これから数時間後、どういう反応をされるやら。


若林は、ルンバがあれば床掃除は楽、と言っていました。

ルンバは「日曜×芸人」のバースデープレゼントでもらったそうです。

この件はtwitterで教えてもらいました。


話しは下(しも)に走り続け、テールゲートパーティーみたいに、Hをすることはないのか、と言う話題へ。

テールゲートパーティーとは、NFLの試合前に、球場の駐車場などで、ワゴンの後ろを使ったりして行うバーベキュー主体のパーティーのことです。

さすがにそれはない、と春日は言ってました。


2)若林トーク

先週の「おどるポンポコリン」の「ぽわっと疑惑」がジングルになっていて、そのあと若林のトークがありました。

昨日若林宅で、くりぃむしちゅう上田と浜ロンを招いて、アメフト観戦会を開いたそうです。

「なんでいつも私を呼ばないのよ」(春日)

「いや、アメフト観戦会だから、アメフトのルールを知ってないとダメだから」(若林)

「知ってるよ、アメフトの番組やってんだから。

 お笑いの話だったら出来ないけど」(春日)

と言うやりとりがありました。


今回くりぃむ上田は、ハンチングをかぶってこなかったそうです。

ここでtwitterのANNクラスターが騒然となりました。

「【悲報】ハンチング上田、ついにハンチング脱ぐ。」

みたいな、2チャンのまとめサイトのタイトルみたいなのが飛び交いました。


「上田さんが聴いてたらどうすんだよ」

みたいな話題が飛び交いましたが、その時間、くりぃむ上田はテレビ「Going!」に出てました。


そして話題は前述の通り、「オードリーのNFL倶楽部」で応援しているヒューストン・テキサンズのキャップを回に行った話しへ。

通販のショップに電話をかけ、倉庫(と言っても渋谷のマンションの一室)で現物を見せてもらって、その中から

「Houston(ヒューストン)」

と言う文字と、テキサンズのマークが入ったものを買ったそうです。 

NFLのキャップってバリエーションがいっぱいあるので、正確にこれだとは言えませんが、こんな感じだと思います。

20121028テキサンズの帽子

ただ、テキサンズのマークが、これは横にありますが、番組では後ろにあると言っていたと思います。

まあ、今晩公式サイトに写真が載るでしょうから、そこで見ることができると思います。


若林はキャップをかぶって、テンションが上がったので、思わず表参道を2往復したそうです。


その気持ち、共感できるわぁ

(表参道には、昔NFLオフィシャルショップがあったのですが、1995年にはなくなってしまいました)


3)春日へのメール

CM明けに、リスナーから、春日の教育についてメールがありました。

「リスナーから見ても、教育は失敗です」

とのこと。

これは17歳の方からのメールだそうです。

私はおおかたのオードリーファンが言っているように、「趣向は変わっているけど好青年」だと春日のことを思ってますから、教育は大成功だと思いますけどね。

その後、春日母と春日父になりすましたメールが読まれました。


4)春日トーク

すみません、ここはあまり集中して聴けませんでした。

潜水の話しとか、ガリガリ君のマルチパックを手土産に持って行った話しとか、お子さんにスーパーボールをもらった話しとかでした。

なお、NFLの王座決定戦である「スーパーボウル」は、カンザスシティ・チーフスのオーナーが、娘さんが「スーパーボール」で遊んでいたのを見て思いついたものです。


5)「逆転若林ワード」

こんなのが読まれました。

・本番中におならが鳴った時の逆転ワード

 ←「言うとりますけれど」

・司会者に振られて一発ギャグをやらなきゃいけなくなったとき

 ←「5年後にうけるギャグやります」

・「世界は言葉でできている」であまり得点が伸びなかったとき

 ←「皆さんが家につく頃、もう一度得点を聞きたいですね」

・見てない映画の感想を求められたとき

 ←「あの映画は黒澤明をこえたね」


6)「春日2.0」

こんなのが読まれました。

・「剛力彩芽2.0」

 ←透明感がありすぎて、プレデターみたいになる

・「KARA2.0」

 ←ケツを振りすぎて割れ目がなくなる

・「楳図かずお2.0」

 ←「グワシ」の握りで変化球を投げる

「グワシ」とは楳図かずおの作品「まことちゃん」の中の一発ギャグみたいなもので、こんな感じです

20121028ぐわし


・「東映2.0」

 ←映画が始まる前の、波がざっぱーんのところに、TMレボリューションがいる

これをイメージした画像が、twitterで出回ってました。

・「タレント名鑑2.0」

 ←プロフィールに好きな体位が書かれる

春日が

「ヒューストン坊やはどんな体位が好きなの?」

と尋ねたら

「牧草をしいた倉庫でやるのが好き」

と若林が回答し、

「それ体位じゃないからね。

 ヒューストン感もないし。」

たしかに、ヒューストン感はないなぁ


7)お前とオレ

今回、うまく聴き取ることができませんでした。

以下に書いたものも、正確ではないと思います。

・「お前が空気をよめない男子が投げたボールになって、オレが女子になったら、球技大会でまた会おうや」

・「お前が自宅訪問するAV女優になって、オレが40代童貞男になったら、また会おうや」


8)しんやめ

9)エンディング

若林が、「ヒューストン坊や」としての未来を語りました。

最初はみんなから、なんだそれ、と言われるだろう。

でも、今度オールナイトニッポンの予選があったら、「ヒューストン坊や」で出る。

そしてひたすらヒューストンを語る。

「ヒューストンではこうですけどね」みたいに。

と言うことを語ってました。


そして、春日に、お前はニューヨーク・ジャイアンツファンとして何かやらないのか、とツッこんでました。



2.若林がヒューストン・テキサンズに入れ込んでいる件

若林は「オードリーのNFL倶楽部」で、ヒューストン・テキサンズ(HOU)を応援していますが、昨日の放送で、すごいことがありました。

そのことは昨日ブログに書いたのですが、改めてここに書かせてもらいます。


番組スタッフがHOUのロッカールームに行って、若林のパネル写真を選手に見せ、一緒に写真をとって、それを選手自身のfacebookやtwitterにのせてもらおう、と言う企画がありました。

若林が今回のANNで語っていた、JJワットからはあえなく却下。

理由は「twitterではプライベートのことしかツイートしないようにしているから」とのこと。

結局7人が若林のパネル写真をとって、うち1人がfacebookに、2人がtwitterに載せてくれました。

昨日はグローバー・クインのを載せましたが、今日はデュアン・ブラウンのを載せておきます。

20121028ブラウンのツイート

https://twitter.com/DuaneBrown76/status/256481693848977408

若林はこれに大感激していました。


さらにすごかったのは、ブルックス・リードと言う選手は、若林の写真を見て

「この男、見たことがある」

とのこと。

それは「絶対に笑ってはいけないホテルマン24時」(2009年12月31日放送)で、若林が伊藤一朗(Every Little Thing)と漫才をしたシーンのことでした。

アメリカでもDVDで見ることが出来るようです。


もともとANNで開幕前に、今年はHOUに注目だ、と言ってましたが、こんなことが今週ありましたから、若林はHOUにさらに入れ込むことになったと思います。


3.NFLのキャップについて

前述したとおり、NFLにはたくさんの種類のキャップがあります。

野球のようなキャップをかぶってするスポーツではないんですが。

若林がどれを選んだのかはわかりませんが、とりあえずヒューストン・テキサンズの通販サイトのキャップのサイトへのリンクを貼っておきます。

Houston Texans「SHOP>HAT」へのリンク

さらっとみると、高くても35ドル、日本円にして3千円強だと言うことがわかります。

NFL JAPANによる日本語の通販サイトはこちらです。

NFL JAPANショップ「NFL 39THIRTY TD Classic キャップ 」へのリンク

日本で買っても安ければ4千円しないようです。

高いものは7千5百円のものがありました。

若林は5千円で買ったそうなので、けっこういいのを買ったんだな、と思います。


なお、若林は春日のためにニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)のも買おうとしたそうです。

NYGのキャップはこんな感じです。

New York Giants「SHOP>HAT」へのリンク

春日は、なんでシンボルマークや「テキサンズ」のようなニックネームではなくて、「ヒューストン」と言う地名が入ったのを買ったのか、と若林に言ってました。

そして、自分は「New York」とか書いてあるのは恥ずかしい、と言ってました。


若林の気持ちもわかるし、春日の気持ちもわかります。

なんとなくですが、球団名は、ニックネームで語るより、地名で語ったほうが、なんかすっきりすると感じることがあります。

私も職場でグリーンベイ・パッカーズ(GB)のファンの方と話しをするとき、どちらかと言うと、地名で語ることが多いと思います。


ですが、「New York」とか書いてあるのは恥ずかしいと言うのもわかります。

だって「New York」って有名な地名ですから。

でも「Green Bay」なら、NFLになじみのない人には何のことかわからないので、逆にかっこいいと思います。

もちろん私ほどのGB好きになると、キャップは持ってます。

でもそれには「Packers」と大きく書いてあって、「Green Bay」は小さく上のほうにかいてあるものです。

これは、もらいものですから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week7】「オードリーのNFL倶楽部」について



(タイタンズとビルズのゲームダイジェスト動画。白いジャージの28番がクリス・ジョンソン

 日本語字幕入りのダイジェスト動画はこちら

 NFLJAPAN「【第7週】タイタンズ対ビルズ」へのリンク


10/27早朝に日本テレビ地上波で放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今回の生馬アイザック氏の現地レポートは、若林祭りでした。


1.番組の流れ

1)オープニング

今週もオードリーの2人は、それぞれ応援するヒューストン・テキサンズ(HOU)とニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)の長袖のTシャツ。

徳島アナはニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)の長袖のTシャツでした。

スーパーボウルの前週に行われるプロボウル(オールスター戦)の投票が始まったことが告げられました。

MCの3人が投票したいのはこちら。

春日「NYGのJPP(ジェイソン・ピエール・ポール)」

徳島アナ「デンバー・ブロンコスのボン・ミラー」

この徳島アナの回答に対し、若林は

「あんた、本当にメンクイじゃないな」

とツッコミ。

ちなみにボン・ミラーの写真付きのプロフィールサイトはこちらです。

NFLJAPAN「選手プロフィール>ボン・ミラー」へのリンク

ミラーは昨年のAP通信最優秀新人守備選手に選出されるなど、優れたLBです。

若林「JJワットとアリアン・フォスターとベタなところを選びたい」


2)WAS@NYGのダイジェスト

春日が応援するNYGが、同地区ライバルのワシントン・レッドスキンズを迎えた一戦のダイジェストが放送されました。

番組で放送されたものではないですが、日本語字幕付きのダイジェストはこちらです。

NFLJAPAN「【第7週】レッドスキンズ対ジャイアンツ」へのリンク

私は知らなかったのですが、WASのルーキーQBロバート・グリフィン3世(RG3)は、パス成功率が70%を超えているそうです。

これはすごい数字です。

そして調べてみると、QBレイティングが100を超えています。

これは超一流パッサーの残す数字です。

ルーキーでこの数字は、驚異的です。

ダイジェスト動画では、NYGをディスる若林の声が大きかったのですが、27-23でNYGが勝ちました。

NYGは残り1分半で逆転と言う、劇的なものでした。

その逆転のTDを受けたWRビクター・クルーズのTDセレブレーションのサルサについて、今週も若林は

「あれはオーバーセレブレーションだろう。

 日本の高校ならアウトだ。」

と言っていました。

まあ、あの程度ではNFLではオーバーセレブレーションにはならないでしょう。


3)現地レポート

今回のはすごかったです。

事前に番組の在米ディレクターのかた(アカウントは「@nflclub_usa」)が、

「アイザックコーナーは本当にスゴイです。自分で言うのもなんですが、今シーズンの会心作であり、同時に問題作です!敢えて見所は申しません。トンデモないことをして来た我々をご覧下さいませ。」

「そして、今回のNFL倶楽部の見所はアイザックがNFL選手にムチャなお願い!その結果にオードリー若林さんがテンションMAXXに!自分で言うのもなんですが、かなり面白いですよ( ゚∀゚ )今シーズンの会心作!ぜひ、ご覧下さいませ。」

とツイートされていましたが、その通り、すごいものでした。


企画の内容を大ざっぱにいいますと

「若林がHOUを応援していることを選手に伝えて、若林のパネル写真を抱えて写真をとり、それを自身のfacebookやtwitterに載せてもらおう」

と言うものです。

そしてその中でLBで背番号58のブルックス・リードが、若林の写真を見て

「この男、見たことがある」

と発言。

それは「絶対に笑ってはいけないホテルマン24時」(2009年12月31日放送)で、若林が伊藤一朗(Every Little Thing)と漫才をしたシーンのことでした。

アメリカでもDVDで見ることが出来るようです。

これには驚きました。


7人に話しを持ちかけ、結局3人が自身のfacebookやtwitterで紹介してくれました。

Kシェイン・グラハム(#17)がfacebookに。

SSグローバー・クイン(#29)とOTデュアン・ブラウン(#76)がtwitterに載せてくれました。

今のところ全部は見つけきれてませんが、一例はこちら。

20121027若林の写真を持つクイン

https://twitter.com/GloverQuin29/status/256502376758915072

(クインが若林の写真を持った写真をツイートしたものです)

若林はこれを見て大感激。

「俺twitter始めようかな」

と言ってました。

試合のほうは、前週グリーンベイ・パッカーズ(GB)に大敗したのがウソのように大勝。

相手が強豪ボルチモア・レイブンズ(BAL)だけに、若林は

「接戦を予想していた」

と言っていましたが、43-13の大勝でした。

ダイジェスト動画はこちらです。

NFLJAPAN「【第7週】レイブンズ対テキサンズ」へのリンク


4)その他の試合のダイジェスト

・ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)とタンパベイ・バッカニアーズ(TB)がオールド・ジャージを着用していました。

 (それぞれ別の試合でです)

 私が見始めた頃のジャージで、ヘルメットのマーク(「デカール」と言います)がリアルな人物像です。

 私はその頃のもののほうが好きです。

・先週チームタイ記録の6TDパスを投げたQBアーロン・ロジャース率いるGBは今季初の連勝。

 4勝3敗で今季初めて白星が先行しました。

 ロジャースは開幕からしばらくは調子が上がらなかったのですが、現在はQBレイティングで1位にいます。

 NFLJAPAN「2012 NFL パス」へのリンク

 ただ被サックが多いのが、ファンとして心配です。

・クリーブランド・ブラウンズは最後の最後にQBブランドン・ウィーデンが逆転を託してパスを投げましたが、失敗。

 しばらくウィーデンはグラウンドに仰向けに寝転がってました。

 それを見た若林は「これは怒られるわ」と言ってました。


5)「トゥースポ」

「今週のトゥースポは、髪型が気になるあの人です」(春日)

「マット・ショウブかな」(若林)

と言う会話の後のCM明けにあったこのコーナー。

このところ春日のハイウエストが気になりますが…

ちなみにショウブはスキンヘッドです。


今回取り上げられたのは、テネシー・タイタンズのRBクリス・ジョンソン。

2009年に史上6人目のシーズン2000ヤードラッシュを達成したジョンソンでしたが、その後は1364ヤード、1047ヤードとそれほどでもない成績に終わりました。

それが、今週のゲームでは18回持って195ヤードを走り、2TDをあげました。

1試合に100ヤードを走るとすごい、と言われますから、その約2倍にあたるこの数字はすごいです。

(ちなみに昨シーズン15勝1敗の史上まれに見る好成績をあげたGBは、1試合で100ヤードを走った選手はいませんでした。

 今シーズンもまだ一人も出ていません。)


このジョンソンですが、40ヤードを4秒24で走るそうで、これはウサイン・ボルトの100メートル走の記録を40ヤード(約36メートル)に置き換えたのと同じだそうです。

「俺よりも早い」(若林)

とのことだそうです。

「NFLのスピードスターが復活」

との見出しで紹介されたジョンソンですが、番組を見たある方は、

「ジョンソンにカムバック賞が授与されることになるかな」

とツイートされていました。

私はそれは無理かな、と思います。

と言うのは、ジョンソンは自己ワーストの昨シーズンですら1047ヤードを走っているからです。

NFLではシーズンに1000ヤードを走れば一流と言われていますから、その程度の落ち込みようでは無理かな~、と言う訳です。


今週の番組では放送されませんでしたが、サンフランシスコ・49ナーズのHCジム・ハーボウが、自軍の得点を拒否する、と言う珍しいこともありました。

次回の放送までに、なんでそういうことが起きたのか、と言うのも書きたいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ドラフト1位の東浜投手が、和田毅投手とかぶる

20121025ドラフト

(東浜投手の交渉権をかけた抽選で、当たりくじをあてた王会長)


昨日のプロ野球ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスは、他2球団との競合の末、

亜細亜大学の東浜巨(ひがしはまなお)投手

を交渉権を獲得しました。

参考にですが、こちらに12球団の指名選手が記載されたサイトがあります。

ニッカンスポーツ「ドラフト指名全選手一覧」へのリンク


大変嬉しいです。

東浜投手と言えば、少なくとも完成度で言えば今ドラフトでは№1と言ってもいいのではないでしょうか。

その投手が獲得できたのですから。

下記サイトに東浜巨投手の情報が詳しく載っています。

ドラフト会議の際には、情報源として頼りにさせてもらっているサイトです。

ドラフト会議ホームページ「東浜巨(亜細亜大学)選手の動画とみんなの評価」へのリンク


そしてWikipediaの「東浜巨」のサイトには、昨晩の時点で

「2012年10月25日のドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長が埼玉西武ライオンズ、横浜DeNAベイスターズとの競合の末に交渉権を引き当てた。」

と更新されています。

まあ、こういうときのWikipediaの更新の早さはいつもながらですが。


ところで、昨日の新聞で東浜投手の記事を見て、

「あれ、これは和田と一緒じゃないか」

と思うところがありました。

「和田」とは、元ホークスの投手の和田毅投手(現ボルチモア・オリオールズ)のことです。


では何が似てるのか。

一昨日の東都大学リーグの試合で、東浜投手は13奪三振をあげ、大学通算三振数を420にしました。

これは、これまで元東洋大で、奇しくも現ホークスの大場投手の410を上回る、リーグ新記録だそうです。

しかし試合のほうは0-2で青山学院大学に負けてしまったそうです。


和田投手も東京六大学での通算476奪三振と言う記録を引っさげて、ホークスに来てくれました。

これは元法政大学で、元讀賣ジャイアンツの江川卓投手の持っていた443個を上回るものです。

私の記憶では、たしか和田投手が江川投手の記録を抜いた試合でも、ホームランを打たれるなどして敗戦投手になっていたと思います。

たしか相手は法政大…いや明治大だったかも…


二人とも奪三振記録を更新した試合に負けているのです。

大した類似点でもないかもしれませんが、ホークスに入団してから、同じような成長を見せてくれれば、それいいと思います。


ところでネットユーザーの声はといいますと…

以下にネットユーザーのコメントのついた記事へのリンクを貼っておきます。

Yahooトピックス「沖縄出身の東浜 九州のチームに愛着「好きな球団でうれしい」」へのリンク

Yahooトピックス「東浜はソフトバンクが交渉権=ドラフト会議」へのリンク

私はおおむね評判が良いと思いました。

それは「そう思わない」についたコメントが少ないからです。

まあ、こういう記事はホークスファンが一番読んでいると思いますので、好意的なコメントや、それに「そう思う」がつくのが多いのだと思います。

東浜投手は沖縄出身なので、九州の球団に入れて幸せなんじゃないか、と言う声が多いのが嬉しいです。


中には

「大場みたいにならないように、期待してます!」

と言うのもあります。

いやいや、私は大場投手にはまだまだ期待しています。

前評判ほどコンスタントには勝ってはいませんが、昨シーズンは月刊MVPだってとってるんですから。


とにかく期待してます。

東浜巨投手。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012WEEK6】「NFL倶楽部」ブログのことなど



(好調HOUをGBが止めた試合のダイジェスト動画

 日本語字幕入りの動画はこちら

 NFL JAPAN「【第6週】パッカーズ対テキサンズ」へのリンク



1.「NFL倶楽部ブログ」第6週の感想

先週放送された後のNFL倶楽部MC陣のことを書いてある記事はこちらです。

NFL倶楽部ブログ「テキサンズ敗戦、若林さんにさらなる悲劇が!?」へのリンク

先週若林が応援する好調ヒューストン・テキサンズ(HOU)が、ここまで2勝3敗といまいち調子が上がらないうえに、けが人が続出しているグリーンベイ・パッカーズ(GB)に敗れるという波乱がありました。

(GBファンの私は、GBはよっぽどいい戦い方をしないと勝てないだろう、と思っていましたが、それ以上の戦いぶりでした)

若林は

「RBアリアン・フォスターも走れませんでしたしね。」

と言っていますが、たしかにその通りで、1回あたり1.7ヤードと、完璧にGBディフェンスがフォスターを抑えていました。

(一流であれば、平均4ヤードは欲しいです)

また、守備の要のLBクッシングが欠場したことが痛いと言っていますが、NHKの中継でも解説者も同じことを言っていました。

そしてフォスターの怪我を恐れていますが、フォスターは驚異的なペースの回数ででボールを持って走っています。

ですので、疲労から負傷と言うことも危惧されます。


今季の春日は1勝1敗に動ぜず、レギュラーシーズンの最後までニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)を応援するようですね。


若林のHOUは、今回負けたとはいえ力のあるチームですから、確実にプレイオフに行くでしょう。

だから若林もレギュラーシーズンの最後までHOUを応援することになるでしょう。


徳島アナのデンバー・ブロンコス(DEN)は、前半0-24で負けていたのを、後半35点取ってひっくり返しました。

今後のスケジュールを見ますと、いまいち強さがわからないチームとの対戦が続きます。

NFL JAPAN「デンバー・ブロンコス>スケジュール」へのリンク

ですが、決してきついとは思えませんので、最後までプレイオフ進出を争うでしょう。

そして徳島アナは「諦めなければきっと夢は叶う」と、最後までDENを応援するでしょう。


では今年は「○○ノート」はないのか、と言うと…

実は今季は生馬アイザック氏が試合の取材に行くと、そのホームチームが負けるというジンクスがあるそうです。

NFL JAPANブログ「好調テキサンズに接近!」へのリンク

最後の最後に

「実は今シーズン、我々が試合前から取材しているチームは0勝4敗なんです。」

とありますが、それ以外でもtwitterでは、

「そう言えば生馬さんの応援するフィラデルフィア・イーグルス(PHI)は、スーパーボウルに勝ってないよね」

と言われていました。

「生馬ノート」…


2.今週はタックッル数を競う

今週MC陣に出されたテーマは

「第7週の試合で最もタックル数を獲得するチームは?」

です。


実は私はタックル数は全然興味を持って見ていないので、私自身もし予想しろと言われても、う~ん、困った、と言うと思います。

これまで出された他のテーマの数字なら、なんとなく予想を立てることもできるのですが…


最初にラグビーを見始めて、それからアメフトを見始めた私は、「タックル」と言うと、両手で相手をつかんで倒す、と言うイメージがありますが、アメフトの場合はそれだけではなく、ぶつかって倒す、と言うのもタックルです。

下記リンク先に、これまでのハードタックルの動画があります。

YouTube「NFL Hardest Tackles (HERE COMES THE BOOM!!)」へのリンク

そう言えば先週の「オードリーNFL倶楽部」ででも若林が春日にショルダータックル(肩をぶつけて相手を倒すタックル)をかましてましたが、「オードリーの神アプリ新世紀」でもお互いにショルダータックルをやってました。

まあともかく、タックルの数についてはなんとも言えないです。

なんとなくオフェンスの強いチームと当たったチームが、守る機会が多くて、自然とタックルが多くなるような気もしますが…タックルで終わるとは限らないし…


なお、NFLの各記録は、下記サイトから見ることができます。

NFL JAPAN「成績」へのリンク

本場の公式サイトはもっと詳しいです。

NFL.COM「STATS LAB」へのリンク

昨年まではレーダーチャートはなかったと思います。

赤い線が平均を表しますので、どの選手は何に優れていて、何が苦手かがわかるようになってます。


3.「ナマステボウル」?

TOPに置いた動画ですが、0:50辺りで、TDレシーブを受けて起き上ったGBの89番ジェイムズ・ジョーンズが、HOUのフォスターのタッチダウンセレブレーションである「ナマステ」を真似してやっています。

最後のほうの3:48でも、2本目のTDをレシーブして、「ナマステ」をやっています。

これって相手に対して失礼にあたるかと言うと…

そうでもないみたいです。


それはさておき、この試合でもフォスターがナマステをするシーンがありましたから、さしずめ

「ナマステ ボウル」

と言ったところでしょうか。


なお、今夜のCSで放送されるWEEK7の回で、フォスターについてインタビューがあるものと思われます。

生馬氏も前述のブログの中で

「ロッカー取材でも相変わらず暴れました」

と書いていますから、期待大です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

UNIQLOの宣伝にジョー・モンタナが #nfljapan



(ユニクロのポスター撮影などの最中にインタビューを受ける、ジョー・モンタナの動画

 もちろん、英語のわからない私には、何を言っているかはわかりません。)


ファッション衣料大手のユニクロ(UNIQLO)は、サンフランシスコ店開店の目玉として、イメージキャラクターとして、ジョー・モンタナを起用しました。

San Francisco Business Times「Uniqlo recruits Joe Montana for fall marketing campaign」へのリンク

そして、日本時間の10月の開店前からポスターで展開しているようです。

20121015モンタナ1

20121015モンタナ2

(いずれもアメリカで撮影されたもので、日本見たという話しは、まだ聞いたことがないです)


さらには、ユニクロにとって初のアメリカ西海岸進出となる、ユニクロサンフランシスコ店のオープニングを前にしたパーティーには、ハッピ姿で参加したそうです。

San Francisco Chronicle「UNIQLO Grand Opening Party」へのリンク


実は私は、サンフランシスコ店が、ユニクロ最初のアメリカ西海岸での出店で、しかもその店舗の周りには、ライバル店のGAPの本店や、H&Mの支店があることを知りませんでしたので、なんで今さらこんな超大物を起用するのか、その意義がわかりませんでした。


ジョー・モンタナと言えば、80年代に日本で大人気を博したサンフランシスコ・49ナーズ(SF)のQBで、史上最高のQBの一人とも言われています。

そういうことですから、日本人的感覚で選んだのかなぁ、と思ってました。

しかし、サンフランシスコ店出店の厳しさを知って、それならこれぐらいの大物を起用するのはありだ、と考え直しました。


ちなみにユニクロは、最近アパレル界では初の売上げ1兆円ごえを達成しました。

しかし、その売り上げはGAPやH&Mにくらべ、極端に自国内に依存しているそうです。

毎日新聞「ユニクロ:目標達成、海外がカギ」へのリンク


まあ、その辺は置いといて、往年のNFLのスーパースターが、こうやって元気な姿を見せてくれることは嬉しい限りです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

山下達郎『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』の中のカバー曲について

20121021OPUS山下達郎

(ジャケットとパンフを組み合わせると、とりみきが描いた山下達郎の全体像ができます)


山下達郎の

『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』

を買いました。

このアルバムと山下達郎に関するカバー曲について書きます。

1.Bonus Disc中のカバー曲

今回は初回限定版についているBonus Discが欲しくて買ったところもあります。

このディスクには、山下達郎が他に提供さたもののセルフカバーがおさめられています。

1)硝子の少年UNRELEASED DEMOVOCAL)

とにかくこの曲が欲しかったです。

KinKi Kidsのデビュー曲として提供した作品です。

YouTube「KinKi Kids 【硝子の少年】」へのリンク

最近になって、山下達郎がったのがYouTubeにあったので、聴いてみました。

KinKi Kidsのものにくらべ、圧倒的な迫力と重厚感を感じます。

YouTube「硝子の少年 山下達郎」へのリンク


KinKi Kidsが下手だとは思いません。

あとでジャニーズの先輩の曲を載せますが、はるかにKinKi Kidsのほうがうまいと思います。

ただ、山下達郎が超一流なだけでしょう。


2)EVERY NIGHT(2012 NEW REMASTER)

1980年に、後に結婚する竹内まりやに提供したものです。

もうこのころには、竹内まりやには「山下」という恋人がいる、といわれていたと記憶します。

ただ、山下達郎のことではなかったと思います。

YouTube「japanese soul MARIYA TAKEUCHI - Every night (1980)」へのリンク

おそらく私が一番竹内まりやを聴いていた頃の曲です。

だから竹内まりやの方のは百回以上は聴いていると思います。

山下達郎のの方は、いかたがうまいのかもしれませんが、なんか軽~くっているな、と感じられました。


3)夜のシルエット(FIRST ON CD)

1979年に竹内まりやに提供したもので、アルバム『UNIVERSITY STREET』に「ブルー・ホライズン」と言うタイトルで入っています。

まだ竹内まりやが「不思議なピーチパイ」(1980)でブレイクする前の曲です。

ただし詞は違います。

YouTube「竹内まりや(Mariya Takeuchi) - ブルー・ホライズン(Blue Horizon)(1979)」へのリンク

竹内まりやのが「うたっている」と感じられるのに対し、山下達郎のは「ささやきかけている」と言う印象を受けました。

山下達郎の方のいかたは、とても難しいだろう、うまい、と感じました。


2.「THE THEME FROM BIG WAVE」

カバーではないですが、大貫妙子と一緒に作った

「魔法を教えて」

が原曲だそうです。

YouTube「魔法をおしえて/大貫 妙子 (~ビッグウェイブのテーマ~)」へのリンク


「THE THEME FROM BIG WAVE」は山下達郎の中でも大好きな曲なので、これも百回は聴いています。

英語なのでなに言ってるのかわかりませんが、サーフィンがテーマの映画「BIG WAVE」にはぴったりだと思いますから。

だから私のなかでは、「THE THEME FROM BIG WAVE」のメロディがあって、後で「魔法を教えて」の歌詞がつけられたように感じられ、「魔法を教えて」の歌詞には違和感を感じます。

これは「魔法を教えて」にとっては不幸なことでしょう。


3.ハイティーンブキ

ハイティーンブキは、このアルバムには入っていませんが、ぜひセルフカバーを聴きたい曲です。

ハイティーンブキは1982年に公開された同名映画のタイトル曲で、近藤真彦に提供されました。

YouTube「近藤真彦 ~ハイティーン・ブギ~」へのリンク

私は近藤真彦とタメで、この曲はよく聴きました。

私が高校三年のころの歌で、クラスメイトもよくくちずさんでました。

歌詞は間違ってましたが。


なんでこの歌が聞きたいかといいますと、いくら山下達郎がうまいと言っても、歌どおりのイメージでうたえるか、興味がありますから。

山下達郎が作ったと言うことで話題になりましたが、たしかバックの女性の声は、山下達郎と結婚して間もない竹内まりやだったと思います。


4.サマーバケーション

山下達郎の作ではないですが、竹内まりやと夫婦デュエットした

サマーバケーション

が聴きたかったです。

これはもともと村田和人の作で、1984年リリースのアルバム 「MY CREW 」に、村田和人と竹内まりやがデュエットしたものがはいっています。

YouTube「Murata Kazuhito - Summer Vacation」へのリンク

私が大学に入った頃の曲で、たまたまラジオでかかっていたのをカセットテープに録音できましたので、この歌もかなり聴き込みました。

最近になって、山下達郎が、ラジオの企画で竹内まりやとデュエットしたのをたまたまYouTubeにあるのを聴きました。

すごいです。

聴く前は、村田和人のになじんでいたので、きっと山下達郎のには違和感を持つだろうと思っていたのですが、一度聴いただけで圧倒されてしまいました。

YouTube「山下達郎&竹内まりや_-_Summer_Vacation」へのリンク


もともと悲しい歌なのですが、山下達郎のには「上から目線の悲しさ」が感じられました。

旦那さんだから遠慮がないのでしょうか。

正式にリリースされることを望みます。



番外 もう一人、硝子の少年を歌った歌手

(本当はこの歌のことは書かない方が、山下達郎に関する記事として完結していいんでしょうが…)

テレビで「硝子の少年」を歌っていた、「歌手」の動画のリンクを貼っておきます。

これはCDデビューする前のものだと思います。

YouTube「若林正恭 - 硝子の少年」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】CSファイナルで得られた感動

20121020摂津降板

(降板する攝津投手。しかし、素直に降りたのではなかったようです)


2012年シーズン、福岡ソフトバンクホークスのシーズンは先週金曜日、札幌でのクライマックスシリーズ(CS)第3戦で終わりました。

結局日本シリーズに進出できず、負けたことについては、残念と言えば残念です。

でも、勝利でしか感動を得られないのであれば、応援するチームを持ってスポーツ観戦なんてできないです。

勝てなくても得られる感動はあります。

いつもとは限りませんがね。


ホークスファンとしてありがたいのは、ホークスのポストシーズンでの敗退は、感動を与えられることが少なくないことです。

2006年の対北海道日本ハムファイターズ戦では、斉藤和巳投手の涙がありました。

2010年の対千葉ロッテマリーンズでは、相手の西岡選手に感動させてもらいました。

そして今年は…


「攝津投手の降板拒否」

というのがあったそうです。


期待された攝津投手でしたが、1回を持たずに降板しました。

ですが、簡単には降りなかったようです。


1回表、攝津投手はタイムリーを打たれた後、稲葉選手に一塁内野安打を許します。

一塁手の小久保選手が打球を捕り、攝津投手が一塁ベースに駆け込んだのですが、稲葉選手の脚の方がベースに早くつきました。

そしてこの時、攝津投手は捻挫を起こしたようです。

YouTube「ソフトバンクにアクシデント!! 摂津が負傷降板 2012.10.19 F-H」へのリンク

いったんベンチに治療のために引き上げますが、再びマウンドに戻ってきました。

しかもかけ足で。

その姿は、まるで斉藤和巳投手のように見えました。

しかし、次の小谷野選手にはタイムリーを打たれてしまいます。

よくわかりませんが、いつもの攝津投手の球威ではなかったそうです。


ベンチから高山コーチが出てきて、交代を告げます。

しかしすぐにはマウンドを離れなかったそうです。

つまり、降板を拒否したわけです。

朝日新聞「摂津、無念の負傷降板 エース倒れソフトバンク終戦」へのリンク

以前解説者の誰かが、最近は降板を告げられてもいやがる投手がいなくなった、と言っていました。

昔はボールを後ろ手に隠して後ずさりし、ついにはバックスクリーンまで言った投手がいたそうです。

降板を拒否することは、こいつ、良い心臓している、と100%褒められる行為ではないと思います。

ベンチの采配を拒否し、チームプレイを行使しないことになるからです。

ですが、この試合の攝津投手のこの行為には、ちょっと嬉しくなりました。

この投手は17勝という実績をあげたからではなく、こういう心臓を持っている、本当のエースなんだと。

そしてそう言う投手がホークスにいることをありがたく思いました。


心臓とコントロールだけで投げていた東尾修氏も、ピンチの時はマウンドから逃げ出したくなったそうです。

ですがエースと言うプライドで留まっていた、と引退後テレビで語っていました。


その大投手の心臓を上回る投手がホークスにはいる。

本当にありがたいことです。


高山コーチは攝津について

「投げられない状態だったのにもう一度、マウンドに行った。いい根性しているなと思った」

と語ったそうです。

サンスポ「ソフトB敗退…引退の小久保が最後の打者に(2/2ページ)」へのリンク


そしてホークス公式twitterアカウントには、こんなツイートがありました。

「試合後、高山コーチに怪我の報告を行う攝津投手。
 攝「すみませんでした」
 高「気にするな。そんな状態で『行けます』って言ってくれたんだし。」
 攝「でもこんな大事な試合で・・・」
 高「神様がさ、もう肩使うなって言ってくれたんだよ。攝津、本当にお疲れ様だったな。」 #sbhawks」

https://twitter.com/HAWKS_official/status/259296596079022080

涙目です…

攝津投手を指名してくれてありがとう。

攝津投手、本当にホークスに来てくれてありがとう。


来シーズン、100%の力で投げられるよう、ゆっくりと養生してください。


なお、facebookの「福岡ソフトバンクホークス」のサイトにも、この事件の記事があります。

いろんな人のコメントを見ていると、胸が熱くなります。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

10/21「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(B.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」の動画。

 歌詞つきですので、ご自分でチャレンジしてみてください

 こちらにも歌詞つきの動画があります。

 Dailymotion「B.B.クィーンズ / おどるポンポコリン」へのリンク


10/21の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。


今週はスペシャルウイークと言うことで、前回のあるあるスペシャルで評判のよかったレイザーラモンRGを迎えての

「あるある頂上対決」

でした。

それ以外にもいつもはないコーナーがあって、珍しい回でした。

なお、フリートークも、しんやめも含め通常のすべてのコーナーもありませんでした。


1.番組の流れ

1)オープニングトーク

・タイトルコールからではなく、RGと芳樹Dによるトークからスタートしました。

 twitterを見て、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」をまねたものだと言うことを知りました。

・裕木奈江について語られました。

 若林は、自分は「裕木奈江を聴いて育った『裕木奈江チルドレン』だ」と言ってました。

 裕木奈江がオールナイトニッポンをやっていたとは知りませんでした。

・若林が映画「アウトレイジ・ビヨンド」を見に言ったそうです。

・若林は、バカリズムと深夜から朝9時ぐらいまで、ファミレスでいろいろと語りあったそうです。

 内容は「一切放送できない」ことだそうです。

 この件については、バカリズムがこうツイートしています。

 「日曜×芸人の収録の後、若林さんとお茶して今帰宅。収録もお茶もすごく楽しかった。」
 
 リスナーのツイートには「次のSPWはぜひ升野さんゲストで…!付け焼き刃お願いします!」と言うのがありました。

 たしかにそれはおもしろそうです。

・バカリズムの努力を知ると、くじらがブレイクすることはないな、と思った若林は、その思いをそのままメールにしてくじらに送ったそうです。

 くじらから「正論すぎて何も言えないわ」との返信をもらったとか。

 そもそもくじらは「ごめんなさい」「ありがとう」「ごちそうさま」が言えないそうです。

 それは東京生まれの東京育ちだからだとか。

 そんなことはないでしょうが、人としてどうかな、と思います。

・今回のオープニングは1時20分ぐらいまででした。


2)現金4万5千円争奪チキンレース

正式名称は忘れましたが

オールナイトニッポン45周年 現金4万5千円争奪 曜日対抗チョロQチキンレース!」

と言うのが始まりました。

どの曜日のDJが、チョロQを崖の一番近くまで寄せることができるか、と言うのを競うもので、崖から落ちたらドボン(アウト)。

具体的なイメージは下記サイトに写真付きでありますので、ごらんください。

ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン「オールナイトニッポン45周年★曜日対抗チョロQレース!」へのリンク

今回は春日が挑戦するもドボン。

最終結果は、優勝がナインティナインチームで、最下位はドボンの番組のディレクター同士でじゃんけんし、ゴールデンボンバー鬼龍院翔チームとなりました。


3)「あるある頂上決戦」

1時36分にレイザーラモンRGがブースに入ってきて、「あるある頂上決戦」が始まりました。

その前にRGがtwitterでこう語ってます。

「ニッポン放送控え室、福山雅治さんと小島慶子さんが近くのスタジオでしゃべってる…スタッフの数も多い…オードリーも来ている…RGのマネージャー来てない…完全に一人…味方はあるあるだけ!」


で、あるある対決の内容ですが、いろんなことが途中で入ってきて、まとめにくいんですが、とりあえず箇条書きします。

・「アルバイトの倉庫内の軽作業あるある」

 →「一切軽作業ではない」(リスナー)

 →「ため息出がち」(RG:TUBE「あー夏休み」に載せて)

 →「はこびがち」「リスナー」

 RGの歌は「It's all right」と「倉庫内」とで韻を踏んでいるなど素晴らしい、と若林は褒めていましたが、単に偶然だったそうです。

・「おばあちゃんあるある」

 →「くれるお菓子がまずい」(リスナー)

 →「毛布のガラが花柄」(RG:CHAGE and ASKA「モーニング・ムーン」に載せて)

・「階段降りているときあるある」

 →「MステのBGM流れがち」(リスナー)

・「相原勇あるある」

 →「自分のことを僕って言いがち」(リスナー)

 →「髪短い」(RG)

・「大河ドラマあるある」

 →「キャストの発表が早い」(リスナー)

 →「昔のこと扱いがち」(RG)

・「春日あるある」

 →「持ちギャグ先にやられがち、さらにそれをおいしいと思いがち」(リスナー)

 →「肩幅広い」(RG)

・「マジシャンあるある」

 →「一万円札を借りがち」(リスナー)

 →「ネタばらされがち」(RG)

・「ハリウッド女優あるある」

 →「ヌーディストビーチで乳を撮られがち」(リスナー)

 →「お金持ち」(RG)

・「RGあるある」

 →「あるある効果で無駄に歌唱力上がりがち」(リスナー)

 →「おもしろい」(RG)

 歌唱力が上がる件は実際本当だそうで、数年前はTUBEを2音下げていたのが、今は原曲キーで歌えるようになったそうです。

 「若林もあるあるソングやれば歌唱力つくかな?」

 と言うツイートに笑いました

・「北川景子あるある」

 →「V見る時眼鏡かけがち」(リスナー)

 →「めっちゃ可愛い」(RG)

なお、RGの「相原勇あるある」から「北川景子あるある」は、すべてを安全地帯の「ワインレッドの心」一曲に挿入して披露されました。

強引なので雑だな、と感じましたし、若林も「マジシャンの以外は、みたまんまを言っただけ」と言っていました。

でもtwitterでは、ちょうど一曲に収めたことなど、RGはすごい、と言うツイートを2件見かけました。

・「しおふきあるある」

 →「実際ふかれると、ひいてしまう」(リスナー)

 →「男が潮吹きするところ試したい」(RG:T.M.Revolution「WHITE BREATH」に載せて)

・「思春期あるある」

 →「ジェットバスにチンコ当てがち」(リスナー)

・「ちんげあるある」

 →「センター分けするとピース又吉に見える」(リスナー)

・「オナニーあるある」

 →「違う刺激を求めて左手でやってみるが、フィニッシュは右手」(リスナー)

・「自分磨きあるある」

 →「今日は3回やるぞと思っても、1回で満足しがち」(リスナー)

RGが「自分磨き」と言う春日語を絶賛していました。

・「射精後あるある」

 →「寝がち」(リスナー)

そしてオードリーとの最終対戦

・「深夜あるある」または「深夜2時46分あるある」

 →「深夜2時46分無駄にコンビニ行きがち」(若林:うるふるず「ええねん」に載せて)

 →「ネットのやめどきわからない」(春日:PRINCESS PRINCESS「世界でいちばん熱い夏」に載せて)

 →「テレビでは誰が見るかわからないアニメ始まりがち」(RG:KARA「ミスター」に載せて)

なお、RGが歌った「ミスター」は本人の希望曲ではなく、チーム付け焼刃が指定したものでした。

それをアドリブでやるのだからすごいと思いました。


4)エンディング

春日の判定の結果、オードリーとリスナー対レイザーラモンRGのあるある頂上決戦は、RGの勝ち。

ここでリスナーからのメールで

「結局『あるあるツアー』で集めた『春日あるある』は聞けないんですか」

との指摘が読まれました。

これにRGは、アカペラでクリスタルキングの「北斗の拳」(正式には「愛をとりもどせ!!」)に載せ

「としちゃんまんじゅうと呼ばれがち」

とのあるあるを返しました。

ヘビーリスナーぶりをほめられた後、駆け足で番組は終わりました。


2.「おどるポンポコリン」歌詞間違い疑惑

途中B.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」の中の歌詞で

「お鍋の中からぼわっと」

のところを

「お鍋の中からぽわっと」

とRGが間違えたことがいじられていました。

RGが「ぽわっと」と言ったことが「チャレンジ」で確認されると、次は原曲を聴いてみたり。

さらには歌詞を見てみたり。

近藤房之助(「おどるポンポコリン」のバックの声の男性)からメールが来たり。

もちろんこれはなりすましですが。


なお、下記サイトには「ボワッと」とあります。

B.B.クィーンズさん『おどるポンポコリン』の歌詞へのリンク


3.RGのあるあるソングについて

リスナーの

「あるあるソングは、あるあるより、前ふりが面白い」

と言うメールが途中で読まれました。

これに対しRGは

「あるあるソングは、自分のピンネタだとは思ってない。

 「早く言えよ」という声とか、笑い声とか、いろいろと混ざって、三位一体ではなく五位一体となってできているネタだ」

と語っていました。

半分冗談でしょうが、けっこう正論だと思いました。

若林は

「言ってることは正論だけだど、(RGの)格好が格好だから、バカにしか見えない」

と言っていました。


4.今週もトヨタの車

先週の「ヴォクシー」に続いて、今週もトヨタの車のキャッチコピーを考えよう、というコーナーがありました。

私が集中していなかった時間、途中、いつの間にか始まった感じでした。

今週の車は「ヴェルファイア」

(トヨタさん、「ヴァ」行が好きだなぁ。

 私は検索に混乱をきたすので、あまり使わないようにしているんですが。

 Michael Vickと言う若林の親友についても、「ヴィック」ではなく「ビック」としています)

トヨタのコンセプトは、「悪カッコイイ」と「ゴールデンアイズ」。

これに春日がキャッチコピーを考え、RGがあるあるを考えました。

結局春日が考えたコピー

「ゴールデンアイズで獲物を狙う」

「闇を切り裂くゴールデンアイズ」

が気に入られたようです。

あるあるでは

「趣味もまじめにしがち」

が面白かったと思いました。


今回のRGの回は、前回ほどのおもしろさはなかったと思います。

あくまでも「前回ほどの」です。

絶対的に考えると、面白かったと思いますよ。

ただ、歌われた曲が少なくて残念でした。

歌もおもしろいんですが、ああ、こんな曲、あったあった、と懐かしく、そして嬉しく感じられますので。


番外.radiko.Jpからのメッセージ動画

知らなかったのですが、radiko.jp公式facebookページで

『あなたがオススメする、笑えるラジオ番組は?』

と言う投票があったそうです。

それに関する動画がありましたので、載せさせてもらいます。





Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week6】「オードリーのNFL倶楽部」について



(WASのRG3の76ヤードTDラン。若林は「大学院の勉強をした人間の走りじゃない」と言っています)


10/20未明に日本テレビ地上波で放送された「オードリーNFL倶楽部」、WEEK6の内容と感想を書きます。

1.番組の流れ

1)オープニング

ビヨンセが、今度のスーパーボウルでハーフタイムショウを行うことが語られました。

Yahooトピックス「ビヨンセが来年のスーパーボウル出演へ、報道認める」へのリンク

春日は、マドンナの「トゥース」は完ぺきではなかったので、ビヨンセにはきちんとやってもらわないとね、と言っていました。

若林は、渡辺直美に頼むのとはレベルが違うんだぞ、と言っていました。

実は私はほとんどビヨンセのことを知らないので、渡辺直美がビヨンセのモノマネをしても、面白さがわからないのです…


2)NYG@SFのダイジェスト

春日の応援するニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)が、敵地へ乗り込んでサンフランシスコ・49ナーズ(SF)と戦ったゲームのダイジェストが放送されました。

この試合は昨季のNFCカンファレンス・チャンピオンシップの再戦となり、かなり注目されていたようです。

昨年のその試合同様、接戦になると思われていましたが、結果は26-3でNYGが圧勝。

試合を壊さずに安定していたSFオフェンスが、3つのインターセプトをくらいました。

インターセプトのシーンでは、春日が

「いただきま~す」

と嬉しそうに言っていました。

また、今季ここまで相手のランオフェンスを1試合平均90ヤード未満に抑えていたディフェンスが、149ヤードも走られたこともSFの敗因だと言っていました。


3)GB@HOUのダイジェスト

生馬アイザック氏のアメリカレポートを兼ねた、グリーンベイ・パッカーズ(GB)とヒューストン・テキサンズ(HOU)のダイジェストが放送されました。

現地レポートでは、テキサンズのタトゥーが流行っていることや、チケット入手が困難なことが報道され、このことから、最近ようやくテキサンズが「我が街のチーム」として受け入れられたことが伝えられました。

ヒューストンには15年ほど前まで、ヒューストン・オイラーズ(現テネシー・タイタンズ)と言う、スーパーボウルには出たことはないものの、プレイオフの常連だった強豪チームがあったので、2002年のテキサンズ創設後もなかなかヒューストン市民に受け入れられなかったそうです。

日本のプロ野球で言えば、福岡でのライオンズとホークスみたいなものだと思ってもらえばいいです。

いまだに福岡にはライオンズファンが少なくないですし、ホークスファンになるまで、何年も去って行ったライオンズを応援していた人も少なくないようです。

そういう事情をHOUのディフェンス・コーディネーターのウエイド・フィリップスが語っていましたが、オイラーズを1970年代後半に強くしたのは彼の父親のテキサン・バム・フィリップスHCで、たしか彼自身も当時コーチ陣に名を連ねていたと記憶します。

試合の方ですが、6連勝を目指してほぼ隙のないHOUが、いまいち波に乗れないうえに負傷者が続出のGBに、24-42で敗戦、と言う番狂わせ。

HOUの連勝はストップしました。

それでも若林は、

「負けたと言ってももう5勝していますからね」

と言っていましたが、春日は

「いやいや、ここからガタガタと崩れることもあるからね」

と言っていました。

私の考えでは、3連勝ぐらいから崩れるチームはよくありますが、ここまで連勝を続けてきたチームがそう簡単に崩れるとは思えないです。

今後のスケジュールも楽ですし。

10年以上前のことですが、カンザスシティ・チーフス(KC)が開幕9連勝ぐらいしてプレイオフ確実と言われたものの、そこから崩れてプレイオフを逃すということがあったと記憶します。

こういうのはまれな例だと思います。

ダイジェストの最中のワイプでは、HOUのRBアリアン・フォスターがナマステのセレブレーションをするたびに、若林も一緒にやっていました。

若林がやると「いただきます」と言っているように見えました。

ちなみにこの試合は毎週1試合のみ日曜の夜に行われる「サンデー・ナイト・フットボール(SNF)」と言われるもので、現地の日曜に行われる試合の中では、唯一全国放送されるものです。

(「マンデー・ナイト・フットボール(MNF)」とは別物です)

ですので、リーグもそれなりのカードをSNFをスケジューリングするのですが、HOUがSNFに登場するのは、2002年のチーム創設以来初めてのことだそうです。

昨年のHOUの躍進が本物であることが認められたと言えるでしょう。


3)その他の試合

その他の試合のダイジェストで、印象に残ったことを書きます。

・先週脳しんとうで退場したワシントンレッド・スキンズのRG3(ロバート・グリフィン三世)ですが、今週は復帰。

 チーム史上新記録となる、QBとしての5度目のTDラン、そしてリーグ全体で2番目の長さとなる、QBとしての76ヤードTDランを決めました。

 アスレチックQBの本領発揮と言えるでしょう。

・徳島アナのデンバー・ブロンコス(DEN)が、前半0-24と負けていたのを、後半35点を入れ逆転しました。

 DENのQBペイトン・マニングは

 「自分のキャリアにとって特別な試合になったことは間違いない」

 と語っているそうです。


4)「トゥースポ」

今週の「トゥースポ」でも、春日はチノパンをウエストを高いところまで上げ、NYGの長そでのTシャツをチノパンの中に入れての、おじさん仕様。

若林に「なんだよそれ」と突っ込まれてました。

で、今週取り上げられたのは、クリーブランド・ブラウンズ(CLE)のルーキーQBブランドン・ウィーデン。

CLEは今週、今季初勝利だったのですが、開幕からずっと先発を務めていたウィーデンにとっても、NFL初勝利となったわけです。

しかもその日は彼の29歳の誕生日。

誕生日にNFL初勝利なんて、誕生日が自身の引退試合でしかもノーヒットノーランを食らうぐらいすごいと思います。

ところでこのウィーデンですが、ルーキーながら29歳。

なんでそんなに高齢なのか、と言うのが春日から紹介されました。

ウィーデンは高校を卒業後いったんニューヨーク・ヤンキースへ入団。

そこで数年間野球に取り組みますが、けが等もあって引退。

そこからオクラホマ州立大学に入学してアメフトに取り組んで、この春、CLEにドラフト指名ました。


春日は、29歳と言えば春日がM-1で準優勝したのが29歳のとき。

そして今、こうやって「NFL倶楽部」のMCをやっているわけです。

と言うことは、4年後にはウィーデンは日本で「NFL倶楽部」をやっているかもしれない…

なんてことを言っていました。


放送では語られませんでしたが、ドラフト前、ウィーデンは年齢がいっているので、指名するのはやめた方がいいんじゃないか、との声もありました。

2000年ごろだったと思いますが、カロライナ・パンサーズが、やはり30歳手前のクリス・ウィンキと言うQBを指名しましたが、結局大成しませんでした。

ウィーデンがどうなるか気になります。


2.ビヨンセのハーフタイムショウについて

先ほど紹介した記事の中に

「ビヨンセは自身の公式ウェブサイトに「タッチダウンへのカウントダウン」とのキャプションとともに、両方の頬に「2013」「2月3日」とペイントした写真を掲載し、これより先に報じられていた同イベントへの出演を認めた。」

と言う文章がありますが、公式ウェブサイトではなくて、facebookのあやまりだと思います。

facebookの「Beyoncé」には、10月17日付で

「Countdown To Touchdown」

と言葉この写真があります。

20121020ビヨンセ

関連する記事が、こちらにもあります。

RBB Today「ビヨンセ・ノウルズ、NFLスーパーボウルでパフォーマンス 2013年2月」へのリンク

この文中にもありますが、ビヨンセは2004年にスーパーボウルで国家を歌っています。

その時の動画がこちらです。

YouTube「Beyoncé USA National Anthem Live @ Super Bowl 2004 [HQ]」へのリンク

私は例年スーパーボウルの日は休むことにしていますが、仕事の関係上どうしてもそれができず、結果を見ずに、帰宅後に録画したものを見る、と言うこともあります。

この時もそうでした。


よく知らないのですが、国歌斉唱もハーフタイムショウもやった個人と言うのはほとんどいないと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ホークスには森福が要るったい #sbhawks



(2試合連続のファイターズの糸井選手のホームラン。そして森福投手の失点の動画)


昨日のパリーグ、クライマックスシリーズ(CS)第2戦、福岡ソフトバンクホークスは0-3で、北海道日本ハムファイターズに連敗しました。

ファイターズには1勝のアドバンテージがありますので、これでファイターズの3勝0敗。

ホークスは日本シリーズ進出へ王手をかけられました。


この試合、6回まではホークス投手陣も不運な失点の1点のみで抑えてきました。

しかし7回一死二塁でリリーフに上がった森福投手が、一人抑えた後に糸井選手に2ランホームランを打たれました。

0-3…あくまでも結果ですが、これがダメ押し点となってしまいました。

ニッカンスポーツ「【ソフトB】森福またか…連続失点/CS」へのリンク


私はtwitterでしか経過を知らないのですが、中には、森福投手が泣いていた、と言うツイートがありました。

何を泣いとるんだ、明日以降も投げてもらわないかんとに。

とは、言えないです。

思いっきり泣いてください。

そうでないと立ち直れないでしょうから。

メンタルヘルスマネジメント的にも、その方が良いとされているようですし。


人前で泣くことが許される男は数少ないです。

森福投手はその一人だと思います。


「結果がどうなろうが森福には感謝が尽きんね」

こう言うツイートが森福投手がマウンドに上がるあたりでありました。

私も同意ツイートを送りました。

でもまさかホームランとは…おとといの秋山監督ではないですが、想定外でした。


森福投手は悪くない。

そこまでは言えないです。

結果を出せなかったのですから、ちょっとぐらいは非はあると思います。

でも、誰が森福投手に文句が言えるでしょう。

2年連続60試合登板。

しかも今季は馬原投手が全休。

ファルケンボーグ投手も計算が立たない中、シーズンを通してリリーフ陣を引っ張ってきました。

同点で迎えた最終回の裏、サヨナラ負けを呼んだことも二度はありました。

でも、森福投手しかいないのです。

正確に書けば、森福投手しか頼れるリリーフがいないのです。

つい先日のCSファーストステージでは、無死満塁を1点に抑えましたし。

今シーズンは失敗も多かったですが、その度に立ち直ってくれました。

それに多かったといっても、今までが良すぎたのです。


まだまだホークスには森福投手が要るのです。

だから、今日以降も期待します。

まだ投手人生の峠を越えるには早いから。


でも心身ともに、ちょっと疲れているのは事実だと思います。

だから今日だけは休ませてください。

先発の摂津投手と他のリリーフ投手、そして野手の方々。

今日は森福投手を休ませるような、安心して見れるような勝ち試合をしてください。

相手がいること、しかも強いファイターズが相手ですから、なかなか難しいとは思いますが、よろしくお願いします。


追記

昨日期待を大きく上回る好投をしたものの、最後に糸井選手にホームランを打たれた陽投手は、上を向いてベンチに戻ってきました。

トップの動画を見ると、森福投手は下を向いて帰ってきています。

陽投手には申し訳ないですが、森福投手のほうが、これまではるかに多く、私たちホークスファンを喜ばせてくれました。

それだから、これまで通りに行かなくて、上を向くのは難しいと思います。

上を向け、とは言えません。


「負けるのは今日が最後です」

レギュラーシーズン最終戦の後の公開反省会での言葉、信じてます。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012WEEK5】「NFL倶楽部」ブログのことなど



(パントリーターンの例の動画です)


1.先週の予想の結果

NFL倶楽部ブログでは、各試合でMC陣が次の試合の先週の成績を予想して、残した数字をポイントにして、シーズンを通して誰が一番ポイントを稼ぐか、競っています。

先週は先週の成績ではなく

「第5週の試合で最も得点をするチームは?」

でした。

結果は

若林:ヒューストン・テキサンズ(HOU)   23点

徳島アナ:アトランタ・ファルコンズ(ATL) 24点

春日:ボルティモア・レイブンズ(BAL)    9点


でした。

「NFL倶楽部ブログ>春日さんが再び"奇跡"を起こす!」へのリンク

2週間ぶりに、春日が

「アパーーーーーーー!!」

と言っている写真が、ブログにあります。

若林のHOUや、徳島アナのATLは高得点が期待されたんですが、それほど伸びなかったな、という印象です。

BALは結局FG3本で勝ったのですが、こういう試合はなかなか珍しいと思います。

相手もFG2本で、結局TDのないゲームでしたから。


2.パントリターンとは

次週の予想は

「第6週の試合で最もパントリターンヤードを獲得するチームは?」

です。

パントリターンとは、相手チームが蹴ったパントをリターン(戻す)ことです。

トップに置いた動画では、徳島アナが予想したアリゾナ・カージナルス(ARI)のパトリック・ピーターソンと言う選手が、パントリターンタッチダウンをあげたものです。

昨シーズンの映像です。

これは自陣1ヤードでキャッチして、相手のエンドゾーンまで走りましたので、99ヤードのリターンと記録されます。

次週の予想は、この数字の合計を競うものです。


可能性としては、こういうのを繰り返して、1試合で合計200ヤード超のリターンをすることもあります。

逆にパントリターンが全くなく、0ヤードということも考えられまず。


「パントリターンが全くなく」というのは、2つのケースが考えられます。

・パントキックがないケース

・パントはあるものの、リターンが1回もないケース


そもそもパントキックというのは、攻撃が手詰まりになったときに行うものです。

攻撃が絶好調で、すべてのドライブをTDやFGに結び付けられるのなら、パントは不要です。

そういう試合はたまにあります。


また、パントを蹴っても、それがとれないところに蹴られたり、またフェアキャッチしてパントの権利を放棄する、ということもありますので、1ゲームを通してそればかりだと、結局パントリターンの回数もヤードもゼロ、ということはあり得ます。

フェアキャッチとは、とってもリターンしません、というゼスチャーを事前にして、タックルを避けるものです。


なお、キックオフのボールは、10ヤード飛べばどちらが抑えてもよく、抑えた方のボールとなりますが、パントはそうではないです。

蹴った瞬間に相手ボールとなり、そのボールに蹴った側の選手が触れることは反則となります。

いったん相手がボールに触れば、それ以降は触ってもいいです。

ですので、パントを蹴って、相手がファンブルして、それをリカバーして攻撃続行、ということはたまにあります。


3.HOUの6連勝なるか

(この文章は、試合の前に書いています)

若林のHOUが絶好調です。

今週の相手は、逆に絶不調のグリーンベイ・パッカーズ(GB)。

順当にいけばHOUが勝つでしょう。

GBは昨年猛威をふるったQBアーロン・ロジャースのパス攻撃が読まれているようで、なかなかレシーバーがフリーになれないようです。

そしてOLのパスプロテクションがそれほど良くはないので、フリーのレシーバーを探しているうちにサックされがちです。

また、ラン攻撃がそれほどでもないうえに、今期獲得したエースRBセドリック・ベンソンが、WEEK5で全治8週間のけがを負い、ました。

そして他にもケガ人続出です。


一方でHOUは、守備のかなめのLBブライアン・カッシングの負傷欠場が懸念されますが、それ以外は絶好調です。


GBファンの私としては、勝敗が一番気になりますが、今週ロジャースはJJワットなどに何回サックされるんだろう、と言うのもものすごく心配です。


でも、NFLではたまに番狂わせが起きますので、それに期待します。


なお、今週の生馬アイザック氏の現地レポートでは、HOUを取材した模様が伝えられる予定だそうです。

「変った人」と言われているRBアリアン・フォスターにも取材してるようですので、楽しみです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】CSファーストステージでの違和感と感動 #sbhawks

一昨日まで行われたパリーグCSファーストステージを見ていて感じた違和感、そして感動したことを書きます。

あ、はじめましての方へ、一応私は福岡ソフトバンクホークスのファンです。


1.違和感

はっきり言って、ネガティブなことを書きます。

両チームのファンの方をも敵にまわすかもしれませんが。

1)中島選手の「うっとうしい」と言うコメント

第一試合のあと、こんなツイートを見かけました。

「今日一番おもしろかったのは、ナカジのコメント。SBベンチのはしゃぎ過ぎがうっとうしいってw やっぱり選手も思ってるんだww #seibulions 」
(https://twitter.com/rin2_333/status/257037683069681666)

ナカジとは埼玉西武ライオンズの中島選手のことですが、本当にこういうコメントがされたかどうかは、私にはわかりません。

もし本当だとすると、

負けた後に言うことじゃないな

と残念に思います。

試合中だったのかもしれませんが、勝ってから言うことだと思います。

極論になるかもしれませんが、なんか言い訳してるみたいにとられかねません。


ホークスベンチがうっとうしいのは、私も去年は感じました。

今年はあまり感じませんが。

じゃあ西武のベンチはどうなんだよ、とか考えますと…

これ以上それを追求するのはやめます。


とにかく、残念だったのは負けてこんなことを言うこと。

勝ってから言いましょうよ。

勝てなかったら黙っておきましょう。

それに、この手のグチっぽい言葉は、敵にとっては蜜の味ですから。

現に一昨日のゲームで、けっこうこの件でホークスファンに突っ込まれてます。

まあそう書くと、便器ファンの民度が知れる、とか言われかねませんが、どこのチームのファンでも同じだと思います。

だから、愚痴っぽいことは言わない方がいいと考えます。


去年初めて勝ち抜けするまで、ホークスのファンや選手が、CSっておかしいよ、と言ったって、負け犬の遠吠えにしかきこえないでしょう。

それと一緒です。

(だから、私はCSをやめよう、なんて一度も言ってないです)


2)小久保選手の態度

第三戦の4回だったか、フィールドシート上に上がったファウルボールを捕ろうとした小久保選手でしたが、ファンにそれを妨害されたようです。

その後小久保選手はそのファンをにらみつけ、壁を叩きました。

これもスポーツ選手がやってはいけないことだと思います。

このポストシーズンが小久保選手にとって特別であることはわかります。

だからこの行為を否定しないファンもいますし、気持ちがわからないでもないです。


ですが、下記二点を考えると、やはり望ましくない行為だと思います。

まず、子供も見ていること。

プロ野球選手は少なくともフィールドでは、子供が真似して困る行為をしてはいけないと考えます。

それに小久保選手は将来高校野球の指導者を目指しているそうですからなおさらです。


そして、小久保選手の師たる王会長ならば、絶対にこういうことはしないだろう、と考えられること。


だから小久保選手だからこそ、許されるものではなく、絶対にやってはいけない行為だと考えます。


でも、一番いけないのは捕球の邪魔をしたファンです。

嫌味ではなく、どちらのファンかはわかりませんが、面が割れいていますから、十分に反省してほしいです。

勝敗を左右することにもなりますから。


3)西武第三戦の継投策

第三戦はペーニャ選手が十亀投手からタイムリーを打ち、ホークスが先制しました。

この回、西武ベンチはヒットと四球を許して一死一二塁とした石井投手を、ペーニャ選手の直前で、十亀投手にかえました。

そして十亀投手は打たれました。


私は石井投手なら、少なくともペーニャ選手は抑えられるんじゃないか、と考えていました。

ペーニャ選手は老獪な投手が苦手のように感じますから。

交代はその後でいいだろう、と。

だから石井投手を替えたのにも驚きましたが、十亀投手を出して来たのにも驚きました。

出すなら新人じゃなくてベテランだろう、と。

渡辺監督はこの交代を

「動いて、裏目に出たらしょうがない。動かずにやられるより、そっちを選んだ。」

と言っています。

Yahooトピックス「CSファーストステージ敗退の西武・渡辺監督「動いて、裏目に出たらしょうがない」」へのリンク


人生訓で良く言われることで、私もその気持ちはわかります。

秋山監督も第一戦で滅多にやらないスクイズを指示し、第三戦では松田選手を一番にもって来ました。

秋山監督の采配はあたり、渡辺監督のは外れただけです。

継投に違和感はありますが、なんと言っても渡辺監督は、ファンよりは何百倍も、野球、そして選手のコンディションを知っているはずです。

私のような敵チームのファンがどうこう言うことではないでしょう。

ついでですが、熊代選手はペーニャ選手の打球の速さに慣れていなかったのかもしれません。

これも不運でした。


2.感動したこと

1)秋山選手のガッツ




(西武秋山先週のガッツあふれるプレイの動画)


第三戦の9回表のホークスの攻撃。

最初の打者の飛球は、あわやセンター右オーバー、と言うものでしたが、秋山選手がナイスプレイでキャッチしました。

それ自体すごいと思うのですが、さらにすごいと思ったのは、次の飛球も、今度は全力で左に走ってギリギリで捕ったことです。

最初の飛球を捕ったあと、しばらく立ち上がれなかったのにです。

勝ちたい、と言う執念を見せつけられました。

こんなガッツのある若造がいる限り、まだまだ未来は大丈夫だとも思いました。


2)ペーニャ選手のコメント拒否




(ホークス先取点までの動画)


第三戦で先制タイムリーを打ったペーニャ選手。

この三戦で初めての出塁でしたから、きっと喜んで興奮していたでしょう。

しかし試合中にタイムリーのコメントをとりに行った広報の人には

ノーコメント

だったそうです。

と言うのは、

「この試合は勝敗がすべて。タイムリーを打てても、戦っている最中の今はコメントすることはない」

だからだそうです。

ニッカンスポーツ「【ソフトB】ペーニャ初Hが2点打/CS」へのリンク

この意識、うまく表現できませんが、

ペーニャ△

と思いました。



さあ、きょうからCSファイナル。

札幌に乗り込んで、北海道日本ハムファイターズと闘います。

ホークスファンの方のツイートを見ていると、2006年に斉藤和巳投手が崩れ落ちたシーンに触れ

6年前の和巳の忘れ物を取り返しに行こう

と言うのが目立ちます。

私はあまのじゃくなのか、斉藤投手の忘れ物は、斉藤投手自身でしか取り戻せないし、それは本人も望むところなんじゃないかと思います。

でもそのことがモチベーションになるのなら、その思いで闘い、そして応援しましょう。

今年も福岡で日本シリーズを‼


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

iOS6はバッテリーの減りが速い?

これは、あくまでも私と言う一個人の体験と、それを元に考えたことですので、これから書くことがまったく正しいかどうかは保証しませんので、そのことを頭に置いて読んでいただければ幸いです。

Appleの最新モバイルOS、iOS6ですが、どうもバッテリーの減りが速いように感じます。

iOS6が提供されたのが日本時間の9/20で、私は9/25にiPhone4Sにインストールしました。

しばらくはバッテリーについては何事もなかったのですが、ちょうど一週間ごの10/2の日中に、iPhoneの本体が熱くなり、そしてバッテリーの消耗が速くなり始めました。


最初は私のiPhone固有の本体、つまりハードディスクの不具合だと感じました。

しかし数日後に、私と同じことが起きている人はいないか、Twitterで「iOS6 電池」で検索してみたら、いるわいるわ…

そっか、ハードディスクじゃなくてソフトウェアの問題だったのか、とちょっと安心しました。

安心、と言う表現には違和感をもたれる方もいると思いますが、要は修理に出すということではないと言うこと、そして私だけのトラブルではない、と言うことを知ったからです。


Yahoo!知恵袋を見てみると、やはり同じトラブルに遭われた方がいて、原因と対応を質問されてました。

ベストアンサーによると、原因はiOS6の不具合

根本的な解決は、iOS6の改良バージョンの提供を待つしかないとのことでした。

ただし、使わない所ではWi-FiをOFFにしたり、現在地情報をOFFにすると、多少は消耗が緩くなるとのことです。


実はこの消耗を緩くする策は、私もキャリアに尋ねていて、そうしています。

追記しますと、siriをOFFにしたり、アプリごとの通知設定をOFFにすれば、もう少しバッテリーの持ちは良くなるそうですし、実際やってみると、そんな気もします。


備忘も兼ねてどれくらい消耗が激しいかと言いますと、10/6に腹痛でクリニックに行ったのですが、100%充電していたのが、2時間ちょっとで50%にまで減っていました。

Wi-FiをOFFにするのを忘れていましたが、siri、現在地情報はOFFにしてこの状態です。

とにかくはやくOSをなんとかして欲しいです。


また、Twitterでは、iOS6にして、充電にも時間がかかるようになった、と言うツイートも見かけました。

言われてみると、そんな気もします。


Appleにはがんばってほしいので、返す返すも、早く何とかしてほしいです。


追記

Googleに「ios6」と入力しますと、「ios6 バッテリー」と予測表示され、そのまま検索されると、この問題について参考になりそうなサイトがありましたのでリンクを貼っておきます。

GIZMODO「iOS 6のバッテリーを長持ちさせる方法」へのリンク

Appleサポートコミュニティ「IOS 6 でのバッテリーの消耗」へのリンク

Appleサポートコミュニティ「iPhone5の電池の持ちが悪すぎます。」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

映画「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」



映画「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」の日本語予告編動画)


先週の日本テレビの「ズームイン!!サタデー」「公開一週間前シネマ」のコーナーで紹介されたのが

「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」

と言う映画

タイトルを読んだだけではわかりにくいですが「宇宙人を治める王」ではなく、「宇宙人である王(ワン)さん」の話しです。

これがなかなか面白そうです。


ストーリーはだいたいこんな感じみたいです。

ある日イタリア人で中国語の通訳の女性が、当局(イタリア秘密警察)に、通訳としての仕事を依頼されます。

目隠しをされてつれて行かれたのは明かりのついてない密室。

そこにいたのは…

中国語をしゃべるイカのような宇宙人でした。

取り乱すものの通訳を続けて行くうちに宇宙人を好意的に見るようになった彼女。

しかし聴きなれないアジア系の言葉に不信感を持ち、ついには拷問を行うようになった当局。

最後は戦争へと進展していくようです。


公式サイトはブログ形式になっていて、下記リンク先にあります。

映画「宇宙人王さんとの遭遇」公式サイトへのリンク


この映画は昨年の第68回ヴェネツィア国際映画祭に出展され、大きな話題を呼んだようです。

下記リンク先に、詳細な情報が載っています。

シアターN渋谷「宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」へのリンク

日本と中国との対立が表面化したこの時期に日本で公開されるのは、なんかちょっと変な誤解を招きそうな気がします。

監督のマネッティ兄弟は

「人は隣人をどれだけ信頼すべきか、偏見とは何か、といった道徳的・倫理的問題を探求したかった。」

と言っています。

そこで中国語を話す宇宙人を登場させたのでしょう。


なんで中国語なのか?

映画の中で宇宙人は

「世界で最も話されている言葉だから、中国語を学んだ」

と言っています。

それは本当かどうか?

Wikipediaの「中国語」にはこう言う記述があります。

「中国語を母語とする人は約12億人、第二言語としても約2億人が使用していると言われており、世界最大の話者人口を有する。」

まあたぶん正しいのでしょう。

でもどうやってそれを調べたのか?

Wikipediaを見たのか?

最近それの答えとなるような記事を見かけました。

WIRED.jp「デジタルで絶滅の危機に瀕している「マイナー」言語」へのリンク

この中にこんな文があります。

「英語が主要な言語であることは事実です。

 しかし近年では英語のサイトの比率がアラビア語や中国語と比較して、減少しているのもまた事実です。」

ちょっと文章の意味が正確にはとらえられないのですが…

「英語のサイトは、アラビア語や中国語のそれより少ない」

ともとれますし、

「英語のサイトは今でも最多ですが、アラビア語や中国語のサイトが勢いよく伸びていているほどの勢いはなくなっている」

ともとれます。


いずれにしろ、この映画の紹介を見て、そしてこの記事を思い出して、ひょっとしたらこの宇宙人エシュロンのように全世界の通信を傍受した結果、中国語が世界で最も話されている、と結論したのかもしれません。


「この時期に日本で公開されるのは、なんかちょっと変な誤解を招きそう」

と前述しました。

日本の世論は今、中国に対して否定的になっています。

これを背景に、この映画のように、中国と言う国はヨーロッパでも否定的に見られている、と思われるのは間違いだと思います。

「中国語を話すイカ型宇宙人」とは、あくまでもイタリア人にとって極端になじみのない人間の象徴です。

もし日本語が世界で一番ネットで使われていて、それを背景に、日本語が世界で最も流通している言語だと仮定されていれば、「日本語を話すイカ型宇宙人」が主人公になっていたでしょう。

たしか一昨年の統計だと思いますが、twitterでは日本語は2番目に使われている言葉だそうですので、ある特定の分野に限れば、日本語が一番世界で使われている、となっていてもおかしくはないでしょう。


話しはそれましたが、実際のところこの映画に関する記事に、米「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」が

「この映画は中国の経済力と世界における影響力が強まり、西側に困惑と誤解をもたらしたことを示している。」

と評論したとあります。

私はこれは誤解か、こじつけだと思います。

この「WSJ」の記事に対し、北京の夕刊「法制晩報」 が反論ともとれる主張を載せたとも、映画に関する記事に書かれています。


まあとにかく、この映画、なかなか面白そうです。

拷問のシーンがありそうなので、映画館で見るのはこわいので、私はDVDになったら見てみようと思ってます。

映画の公開は今週末の10/20(土)からです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

10/14「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(ヴォクシーCM「男旅」「煌Ⅲ」。反町隆史出演のもの)



10/14「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想

来週がスペシャルウイークと言うことですが、「オードリーあるある」でいうところの「SPWの前の回は面白い」と言う通りのものになったと思います。

twitterでも

「さすがスペシャルウィークの前の回・・めちゃくちゃ面白い」

と言うものもありました。


1.番組の流れ

1)オープニング

22分で終了すると言う短いものでした。

話されたのは、

「久々に二人であうから、近況の報告会をしよう」

と言うことを主題に、若林はフジテレビの「世界は言葉でできている」での話し。

春日はTBSの「体育会TV」の話しをしました。

まあほとんど若林の話しでしたが。

(「世界は言葉でできている」は「はねるのとびら」の後番組のようですね。

 「はねとびの後は何があるんだろう、と女房と話していたところでした)

最後若林が時間を稼ぐみたいに

「30過ぎて好きな子はできるのか?」

と言うことを話してましたが、春日は

「できるんじゃないの」

と言ってました。

私もそう思いますよ。


2)SPW「あるある頂上決戦」の告知

来週のSPWについての告知がありました。

それに加え、今朝(正確には土曜の朝)レイザーラモンRGが春日の住むむつみ荘を訪れ、果たし状を置いて言った話しが語られ、そしてその時の音声が流されました。

これはあるあるツアーの一環のようで、ツアーにはサトミツやラバーガール飛永も同行したそうです。


3)春日に飛んでもないチャンス

若林が今春、トヨタのCMに「若林減税」として出演していたのをうらやましがっていたと言う春日。

その春日に、同社のVOXY(「ヴォクシー」)のキャッチコピーを考えてもらおう、と言うコーナーが出ました。

反町隆史が男の子と出ているCMで、キーワードは「男旅」と「煌(きらめき)」。

ブースの外ではトヨタの人と広告代理店の人が目を輝かせて見ていたそうです。

「BOXYに乗って春日のようにきらめいてみよう3」(春日)

「「春日」を抜いてよ」(若林)

「「きらめきって何だろう?BOXYだ」いや「きらめきって何だろう?BOXYさ」」(春日)

「なんか古い感じがする」(若林)

「息子ができたら、VOXYにのって男旅をしよう」(春日)

「俺の背中をナビにしろ」(春日)

「それじゃあナビの宣伝じゃん」(若林)


(この若林の冷静な指摘はすごいとおもいました)


この中にはドラマ「ルーキーズ」で使われたのに似た言葉もあったらしく、twitterでそのことが指摘されていました。


結局このコピーを考えることは、春日の宿題となりました。


4)若林トーク

くじらとビックスモールンゴンと3人で合コンをし、それをテレビで暴露されたことが語られました。

まずは合コンそのものの話しで、その時からちょっと芸能界をかじったことのある女性の件で、若林が暴走トークを始めました。

twitterでは「出た、黒林」の声が多数流れてました。


そして昨日の未明の「サイレントロワイヤル」と言う番組で、その中の一人の女性が出演し、最近若林と合コンをやったことを暴露されたそうです。

番組に出ていて、その合コンそのものにも怒りを覚えていた若林はさらにヒートアップ。


最後はその件をくじらに連絡すると

「変な女だね」

と言われたそうです。

若林は、他に言うことがあるだろう、と怒ってました。

春日も若林に同意していました。


5)春日トーク

今回のトークは、ジャカルタからの飛行機の中での隣の席の人の話し。

簡潔で面白かったです。

窓際に予約されていた春日の席に行くと、旦那さんがこわもての夫婦が座っていたそうです。

困っているとCAがやってきて、その夫婦のうち、春日の席に座っていた奥さんに言って、春日に席を譲ってもらったそうです。

しかしその結果、通路をはさんですわる事になった夫婦のうち、旦那さんが納得いかず、文句を言い始め、ついには春日にも

「おかしいと思わないか」

と言う始末。

マスクをしていた春日は、軽く会釈をすると

「だめだ、こいつ外国人だ」

と言われたそうです。

外国人だと思われた春日は、ひとまず安心したそうです。


しかし旦那さんはCAを呼び、席をなんとかしてくれるように言うと、最終的に春日を他の席に移動させて、夫婦を隣同士にすることになりました。

春日は外人のふりをして、OKOKと言いながら春日が立ち上がり、旦那さんの前を通ろうとしたところ、雑誌「SPA」を落としてしまい。

「お前日本人だろ」

と旦那さんに言われたそうです。


6)「あるあるセレクト」

今回は長かったです。

フリーテーマでこんなあるあるが読まれました。

・自称ダーツ通あるある…面白い話しをすると、「今の話しブルだな」

・彼女の家に遊びに行った時あるある…とばさないように座って小便をし、残尿防止のためトイレットペーパーで先っぽをふく

・幼児あるある…転んでから泣くまで、しばらく間がある

・居酒屋の店長あるある…バイトのブスな女子大生とつきあう

・ボウリングあるある…サーフィンのモニター流れがち

・片思いの中学生あるある…嬉しい電話の後、ベットでクロールをする

・高いところ登った時あるある…ここから落ちたらどうなるだろう、などと色々と妄想する

・泉谷しげるあるある…呼ばれてきてるのに、乱入と言われがち

・芸能人あるある…マネージャーに放送中に、言っていいか確認しがち

・お相撲さんあるある…駅で見かけると、必ず眼鏡をかけている

・引退する野球選手あるある…格闘技への転向が噂される

・森口博子あるある…自分のことをピロコと言いがち

・吉田沙保里あるある…優勝しがち

・スタッフブログあるある…誰も見てない

・ラジオ好きあるある…修学旅行にラジオを持って行き、普段聴けない番組を聴く

・村上春樹あるある…賞を逃しがち

・若林あるある…女性ハーフタレントと相性が良い

・前戯(ぜんぎ)あるある…女性の背中をなめていて、自分は何やっているんだろうと思う

・ヤリチンあるある…彼女にチンコを切られそうになった話しをする

・セックスあるある…いざやろうとして、ゴムがないのに気付き、興奮冷めやらず、コンビニに走る


その後若林がエロつまらないことをいったところでジングルが流れ、CMとなりました。


7)しんやめ


8)エンディング

来週のSPWでの「あるある頂上決戦」について、春日にも歌を歌いながらあるあるをやれよ、と言う若林。

むちゃぶりだと思われましたが、若林本人もやるそうです。

「ええねん」とかで。


最近は「歌へた王座決定戦」をやってないので、若林の歌が聴けないのが残念、と思っていたので、これはけっこう嬉しいです。


RGはむつみ荘で春日に、オードリーあるあるをたくさん用意していると言っていたそうです。

そして春日は番組の最後、いつものように耳の後ろを赤くしていたそうです。

「最後のエンディングで耳の後ろを赤くする、春日あるある」だそうです。


2.資料編

番組内で語られたことについて、資料とも言えるサイトやツイートのリンクを貼っておきます。


1)RGがむつみ荘に行った件

お笑いナタリー「RGが春日を奇襲、今晩オードリーANNでその全貌判明」へのリンク

写真はむつみ荘(私を含め「623」と言う人もいます)の階段で撮ったものと思われます。

そして「あるあるツアー」についてはこちら。

「お客さんの中に芸人がいるがえこひいきせず他のお客さんと一緒にひたすらあるある聴いてもらうミステリーバスツアー 」へのリンク

それに関するtwitterのまとめ

TOGETTER「2012年10月13日のレイザーラモンRG(あるあるバスツアー関東篇)」へのリンク

ツアー後のRGのツイート

「https://twitter.com/rgizubuchi/status/257075361026826241」へのリンク


2)トヨタのヴォクシー

ヴォクシーについては下記リンク先に色々とあります。

2分間の特別CM動画も。

「TOYOTA>VOXY」へのリンク


そして春日がなりたいと言っていた、「キャプテン翼」の日向小次郎についてはこちら

Wikipedia「日向小次郎」へのリンク


3)くじらのツイート

番組内で若林が語っていたくじらのツイートはこちら。

「若林がよくわかんないメールをガンガン送ってくる(-。-;」
https://twitter.com/Quddila/status/256790908945702912


そのあとにこんなのもありました。

「しかも今のツイートを若林に気付かれた!あいつどっから見てんだ⁈陰険だ…」
https://twitter.com/Quddila/status/256793109697007616


最近のくじらのツイートを見ていると、なんかかなり荒れているように感じられ、こんなものもありました。

「オレがどのくらいつぶやこうが勝手だろ!シャカリキなんて久々聞いたわ! RT @captain1975: 一体何をシャカリキになって、つぶやいてるんですか?他人の迷惑とかは考えないタイプですか? RT @Quddila: 戦う君のうたを~戦わないヤツらが笑うだろう~♪中島みゆき」
https://twitter.com/Quddila/status/256492513874046976

ツイート中に出てくるアカウントは、キャプテン渡辺のものです。

たしかに勝手ですが、あまり多いと嫌われてリムーブされることもあります。

でも、ツイート数についてはそれほどシャカリキだとは思えないです。

削除したのかな?


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week5】「オードリーのNFL倶楽部」について



(「トゥースポ」で紹介された、ブリーズの48試合連続TD記録を作ったプレイの動画)


10/13に地上波放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

1.番組の流れ

1)オープニング

今週のMC陣のいでたちは

徳島アナ…デンバー・ブロンコス(DEN)のパーカー

若林…ヒューストン・テキサンズ(HOU)の長袖Tシャツ

そして春日は、ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)長袖Tシャツの上に、漫才の時などに着るピンクベスト。

アメリカでは10月は乳がん撲滅運動期間で、ピンクのものがその象徴とされてますので、ピンベを着て来たとか。

「私はNFLよりずっと前からその意味でピンベを着ています」(春日)

「おねえ、と言う意味で着ている訳ではないんですね」(若林)

「おねえということは隠してます」(春日)

「否定しないのか」(若林)


2)21世紀最高のライバル対決

デンバー・ブロンコス(DEN)対ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)のダイジェストが放送されました。

DENのQBペイトン・マニングとNEのQBトム・ブレイディとの対決は、ペイトン・マニングがインディアナポリス・コルツ(IND)にいた頃からほぼ毎年行われてきた、21世紀最高のライバル物語です。

レギュラーシーズンだけではなく、プレイオフでも激しく闘われてきました。

2001年度から昨シーズンまでの11年間のうち7回、この2人のどちらかがスーパーボウルに出ているくらいレベルの高いライバル同士で、今シーズンも2人ともここまでパス・レイティングが100を超えています。

その対決、今回はラン攻撃で優位に立ったNEが31-21でDENを下しました。


3)若林の今カノ対元カノ

ヒューストン・テキサンズ(HOU)対ニューヨーク・ジェッツ(NYJ)のダイジェストが放送されました。

若林の今カノと元カノの対戦になります。

(今まで書き忘れてましたが「テキサン」とは「テキサス人」と言う意味です)

結果は23対17でHOUの勝利。

2002年創設のHOUにとって、NYJに勝つのは史上初めてのことだそうです。

HOUは一昨年まではそれほど強いチームではありませんでしたから。

動画はこちら。

NFL JAPAN「【第5週】テキサンズ対ジェッツ」へのリンク


一通りの試合ダイジェストの後、HOUのプレイアクションパスについて、スロー動画を使って若林から解説がありました。

プレイアクションパスとは、QBがRBにボールを渡したふりから、WRなどにパスを投げるものです。

HOUのQBマット・ショウブが一旦RBアリアン・フォスターにハンドオフ・フェイク(渡すふり)をし、フォスターは右側に走っていきます。

するとNYJのLB3人がフェイクにひっかかってフォスターの方にタックルに行きかけます。

そこでショウブは左側のWRにパスを投げる訳です。

パスが通ると、そこのディフェンスが手薄になってますから、ロングゲインができる訳です。

NFLではよくあるプレイです。


画面を見ていると、なぜこんなボールの位置がわかりやすいプレイにひっかかるのだろう、と思われるかもしれません。

私もアメフトをやったことがある訳ではないので、最初はそう言う疑問を持っていました。

たぶん実際にフィールドで見てみれば、誰がボールを持っているのか、上からの画像よりわかりにくいものだと思います。

観戦に行って、上の方と下の方の両方の客席に行って見てみれば、その違いがおわかりになると思います。


また、RBに走る力がないとできないプレイです。

すぐにとめられるRBなら、ひっかかるほど注意しなくても止めることができるから、あまり効果がないのです。


HOUはこれで開幕5連勝。

「全部がかみあってるよ。

 もうスーパーボウルしか見えないよ。」


と若林は叫んでいました。

実際そのめはあると思います。


ただ心配なのは、守備のかなめのLBブライアン・カッシングが負傷して、今季絶望となったこと。

昨季のチームの守備MVPなだけにチームには痛手となるかもしれません。

「これ(負傷)が一番怖かった。

 これさえなければスーパーは確実なのに」(若林)

HOUは昨季までどちらかと言うと攻撃のチームでしたが、今季は守備にかなり助けられてもいましたので、確かに痛いですね。


なお春日もAFCではHOUを応援しているそうで、若林が余計なことをするなと言う意味で、ショルダータックル(肩でぶつかりに行くタックル)を食らわせていました。


3)アイザックすわぁぁん~

今回の生馬アイザック氏のアメリカからのレポートは、テイルゲートパーティーの模様でした。

テイルゲートパーティーとは、試合前にファンが駐車場などで行うバーベキューがメインのパーティーのことです。

フィラデルフィア・イーグルス(PHI)対ピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)の前に行われたこの取材、熱烈PHIファンの生馬氏ですが、今回はPITで行われたゲームでしたので、PITファンのテイルゲートパーティーに参加させてもらってました。

今回おじゃまさせてもらったのは、2002年にテイルゲートパーティー選手権(そんなものがあるのか)に優勝した方のパーティー。

母親のおなかの中にいる頃からのPITファンなので、もう49年のPITファンとか。

(と言うことは私とタメか)

朝8時半から始まったパーティーは13時の試合開始前まで続きました。

ただこの日はその方はチケットを持っていなかったので、パーティーが終わるとスポーツバーになだれ込んだそうです。

観客だけが行うんじゃないんですね。


アメリカではテイルゲート・パーティー用のレシピ本も出ているそうです。

日本のBBQでも使えるんじゃないかと思いました。


なお、生馬氏がいい感じで出来上がっていたんですが

「インディアナポリスでもこんな感じだった」(若林)

そうです。


たぶん今年のスーパーボウルで行った、インディアナポリスのフーターズでの出来事だと思います。

その後帰国したオードリーが、「オールナイトニッポン」の放送中に、フーターズに電話する、と言うすごい展開になりました。


なお、番組関係者の方のツイートによりますと、酔いをさました生馬氏は、PHIファンに戻って応援していたそうです。


4)その他のゲームのダイジェスト

今週はワイプの声がよく聞こえて楽しかったです。

それほど大きな声ではなかったと思うのですが。


・アトランタ・ファルコンズ(ATL)対ワシントン・レッドスキンズ(WAS)の対戦ですが、期待のWASのルーキーQBロバート・グリフィン3世(RG3)が脳震盪で負傷退場と言う事件がありました。

 ちょっと心配です。

 ATLは1960年代の創設だったと思いますが、チーム史上開幕5連勝だそうです。


・ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)のWRビクター・クルーズがTDを挙げてサルサを踊るたびに、若林が

 「オーバーセレブレーションじゃないのか」

 といちゃもんをつけていました。


 「オーバーセレブレーション」とは、過剰な喜びすぎのパフォーマンスのことです。

 クルーズのサルサぐらいでは、全然オーバーセレブレーションではないです。

 タイミングにもよりますが。

 日本では、審判がTD後のボールを渡すことを要求しているのに、それを聞かずにセレブレーションをやると、反則となります。


・ルーキーQBアンドリュー・ラック率いるインディアナポリス・コルツ(IND)がグリーンベイ・パッカーズ(GB)に勝つと言う番狂わせがありました。

 「コルツ勝ったんだ」と驚いていた若林。

 私も驚きました。

 これでGBはルーキーQBのチームに今季2戦して2敗。

 ただ、負傷者が出ない限り、今後はルーキーQBとの対戦はありません。


・絶好調のサンフランシスコ・49ナーズ(SF)はオフェンス獲得ヤードで621ヤードのチーム新記録を作りました。

 私にはちょっと意外でした。

 ジョー・モンタナやスティーブ・ヤングがいた頃の超攻撃的オフェンスでも作れなかった記録を、試合を壊さない程度のオフェンスが基本の今のチームが上回るとは思いませんでした。

 たしかに昨季よりはかなり良くなっているとは思いましたが。


・今季は再建のシーズンと言われてきたミネソタ・バイキングスが勝利し、これでNFC北地区首位タイです。

 これには若林も「強いね、バイキングス」と意外そうでした。


・ドリュー・ブリーズが48試合連続のTDパス、と言う記録を樹立しました。

 「トゥースポ」のコーナーでもうちょっと詳しく書きます。


5)「トゥースポ」

今週の「トゥースポ」でも、若林がパネルを反転させる前に裏側をのぞいて

「今回はやはりこのネタですか」

と言って

「見てんじゃないよ、きみは」

と春日に怒られていました。


今週の「トゥースポ」では前述の通り、48試合連続のTDパスの記録を樹立したニューオリンズ・セインツ(NO)のQBドリュー・ブリーズです。

これは1960年にボルチモア・コルツのジョニー・ユナイタスが記録した47試合連続を、52年ぶりに更新するものです。

ユナイタスについては、史上最高のQBの一人と言われていて、NFLが2010年に発表した

「NFL史上の偉大なプレイヤー、トップ100人」

の第6位にも選ばれています。

昨年そのへんの事はこのブログに書きましたので、興味があれば読んでみてください。

下記リンク先の「4.QBのTDパス連続試合の記録を持つ、ジョニー・ユナイタス」に書いています。

「(11/12)「オードリーのNFL倶楽部」の感想とプチ解説」へのリンク


で、ブリーズについて

「○○円の男が52年ぶりの新記録達成」

とのフリップがありました。

この「○○」のところをはがすと、「5年総額77億円」!!

春日が言うには、だいたい春日と一緒だそうです。


番組では語られませんでしたが、ブリーズはNFLのQBとしては身長がありませんが、ここ数年、ものすごい勢いでパスを投げまくってます。

昨年はシーズンパス獲得ヤードで新記録を樹立しました。


ところでこのブリーズのTDパス記録ですが、これは2009年に始まったものだそうです。

この頃のオードリーについて

「この時期は、業界に必死にNFL好きをアピールしていた」(春日)

「(前年のM1でブレイクして多忙になり)わけわかんなくなっていた」(若林)

と言っていました。

春日の言葉ですが、たしかにその頃は始まったばかりの「オードリーのオールナイトニッポン」で「アメフトの小部屋」というコーナーを作ってがんばってました。

リスナーからは

「何をしゃべっているかわからないけど、とにかく楽しそうで面白い」

と言う声がtwitterで多かったです。

そして2009年末にゲストで「NFL倶楽部」に出演。

翌年のスーパーボウルゲストに呼ばれました。

その時フィールドにいたのが、オードリーの二人とタメ年のブリーズだった、と言う訳です。

だからオードリーの二人にとっても思い入れの強い人物だと思いますし、オードリーからアメフトをみるようになった人の中には、ニューオリンズ・セインツ(NO)のファンが少なくないようです。


なお、当時は徳島アナは、大学のフットサルのサークルではしゃいでいたそうです。



来週全勝のHOUは、絶不調のGBと対戦します。

GBにも負傷者が複数出ており、下馬評ではHOUの勝ちと言われているようです。

「ついに来たか」

と若林が感慨深げに言っていました。

GBは「オードリーのNFL倶楽部」が始まった年に優勝したチームで、「われわれ(オードリー)はNOとGBは好きです」と言っていましたから、いろいろと思うところがあるのでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ノーヒットノーランに終わった小久保の引退試合



(2012.10.08 H0-3Bs 小久保選手の引退試合で西投手がノーヒットノーランを達成した時のダイジェスト動画)


ちょっと前に終わった福岡ソフトバンクホークスの小久保選手の引退試合について、思うところをいくつか書かせてもらいます。

1.私の感想

偶然だとは思いますが、10/8と言う小久保選手の誕生日に行われました。

私は南海ホークスの時代を含めても、小久保選手はホークスにとっての大功労者の一人だと考えます。

単にたくさんヒットやホームランを打った選手ではありません。

努力に努力を重ねて、弱小だったホークスを、常勝球団に変えた選手です。


だから、負けるわけには、いかない。

小久保選手が安心して引退できるよう、残った選手達が

「俺たちにまかせて安心して引退して下さい」

と言えるような試合をして、送り出すべきでした。


しかし結果は…

なんとオリックス・バファローズの西投手にノーヒットノーランを喰らっての完敗でした。

それでも投手陣は3失点で、悪くはない仕事っぷりだと思いすが。


この件に関して私が思うのは、

嬉しいんだか悲しいんだかよくわからないけど、なんかスゲ〜もん見させてもらった、

と言うことです。

どちらかと言うとポジティブにとらえています。

小久保選手自身も、

「俺、持ってるよ。

 不謹慎やけど“ノーヒットノーランで終わったら、波瀾(はらん)万丈な野球人生や”と考えたらそうなった。 
 引退試合に(ノーヒットノーランは)ありえんよ」

と言っているそうですから。

そして西投手には

「きょうの対戦は本当にうれしかった。」

と言っているそうです。

Yahooトピックス「引退試合の小久保 真剣勝負の西に感謝「波瀾万丈な野球人生」」へのリンク


きっとまだまだ野球をやりなさい、その先にきっと良いことがあるから、と言う運命の示唆だと思います。

ある投手は、引退試合でホームランを打つと言う快挙を残しました。

その後、監督を務めましたが、一度も優勝させることなく、退団しました。

その投手は、引退試合で野球の現場から離れるような運命だったのかもしれません。

だから引退試合で快挙のごほうびがあったのでしょう。

そう考えると、逆に小久保選手は、引退試合で厳しい宿題を与えられ、まだまだやり残したことがあると告げられたのでしょう。

今後に期待したいと思います。


Wikipediaによると、小久保選手の最終的な目標は、高校野球の監督だそうです。

まだ一度も甲子園に行ったことがない、私の母校を甲子園に連れていってくれないかな、とも思うのですが。

YouTube「小久保裕紀セレモニー 花束贈呈&胴上げ 2012.10.08 H-Bs」へのリンク


2.西投手、そして伊藤捕手…

バファローズの西投手は試合後、こんなことをいっています。

小久保選手の引退試合だから、どう攻めていいか迷った。

だけど前日、思い切ってせめてきて欲しい、と言われていたので、楽になって、そうした。

それでも小久保選手の最後の打席には迷いがでた。

ノーヒットノーランを達成した時は、喜んでいいのか、どう喜べばいいのか迷った。

でも、達成できて良かった。

と。

Yahooスポーツ「小久保の最終打席で迷いも…西 ノーヒッター「どうしようかと」」へのリンク

Yahooスポーツ「西、ノーヒッター!小久保引退試合でやっちゃって「申し訳ない」…オリックス」へのリンク


敵地での引退試合ですから、こう言う気持ちもわかりますが、

いけません‼

こんなに迷いが多いようでは、大投手にはなれませんよ。

西投手は西投手のやるべき仕事をきちんとしました。

やるべき仕事とは、バファローズやバファローズのファンを喜ばせる結果をだすこと。

ホークスから給料をもらってるんじゃないんですから。


相手がどういう結果を残そうが、それは相手の責任。

空気を読めなかったのは、ホークス打線、そして酷ですが小久保選手です。

もっと大きな顔をして喜んで欲しいです。

「僕は小久保選手が好きです。

 だから全力で勝負しました。

 ノーヒットノーランは、僕が小久保選手にできる最高のプレゼントです。

 僕も野球界を支えて行きますから、安心して引退してください。」


ぐらいのことを言っても、私なら怒らないです。

おお、頼もしいのが出てきた。

次は打ち込んでやろう、
とわくわくします。


それにしても西投手の投球は見事だったと思います。

たしか長谷川選手の三打席目だったと思うんですが、内角にとても手が出ない直球、またはシュートを二球続けて投げ込んで来たのが忘れられません。

これで昨年前半の力を取り戻したら…ホークスファン的にはやっかいなことになりそうです。


ホークスファンと言えば、ネットでみる限り、大半のホークスファンは、西投手の快挙を称えているようです。

ドームでもホークスファンから拍手が起きたそうです。

残念なのはヒーローインタビューがなかったこと。

そもそもあの試合では、セレモニーのために、当初からヒーローインタビューはやらない予定だったそうですが。

滅多にあることじゃないから、やって欲しかったなぁ…


私は最後の打者がアウトになってから、しばらくテレビを見ていました。

普段はホークスが負けると、すぐにチャンネルを変えるんですけどね。

なかなかないことですから、見させてもらいました。


伊藤捕手がずっと泣いているのが印象的で…思わずもらい泣きしてしまいました。

YouTube「オリックス西勇輝、ノーヒットノーラン達成!! 2012.10.08 H-Bs」へのリンク


3.秋山監督の負けん気に期待

秋山監督があんなに怒っていたのを初めて見たように思います。

私も何気なく見ていましたが、最終試合のセレモニーのあいさつの最後、口調が一変したのに驚きました。

「今日初めて僕はノーヒットノーランを食らいました。

 これは悔しい。このままじゃ終われないと思います。選手1人1人に、CSに向かって意気込みを語ってもらいたいと思います!」

そして一人一人による反省の弁が始まりました。

最初は予定通りのセレモニーだったのかと思いましたが、完全にアドリブの

公開反省会

だったようです。

公開反省会の動画はこちらです。

YouTube「ソフトバンク、今季最終戦セレモニー 2012.10.08 H-Bs」へのリンク

ニッカンスポーツ「秋山監督激怒 選手全員で「公開反省会」」へのリンク


なかにはちょっと緊張感が足りないかな、と思えるような残念な表情の選手もいました。

でも秋山監督が悔しく思っている限りは大丈夫。


さあ、あしたからクライマックスシリーズ(CS)です。

福岡ソフトバンクホークス、今年も期待しています。


P.S.最後にアメリカから駆け付けた川崎宗則選手が「いざゆけ若鷹軍団」で踊る動画を

YouTube「駆けつけたムネリン!! 全力で小久保を応援!! 2012.10.08 H-Bs」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012WEEK4】「NFL倶楽部」ブログのことなど



(若林が語ったダニエル・マニングのインターセプトリターンTDの動画)



1.「NFL倶楽部」ブログでのポイントレース

MC陣の三人、第4週で予想したのは

「最もレシービングヤードを稼ぐ選手」

でした。

「NFL倶楽部ブログ>春日さんが首位堅守、若林さんと徳島アナは入れ替わり」へのリンク

結果は下記の通りです。

春日:ビクター・クルーズ(NYG) 109ヤード

徳島アナ:ジョーディ・ネルソン(GB) 93ヤード

若林:カルビン・ジョンソン(DET) 54ヤード

「メガトロン」ことカルビン・ジョンソンが54ヤードと言うのは驚きで、若林は運が悪かったと言うしかないでしょう。

昨シーズンはレシービングヤードで、リーグ1位ですから。

クルーズは昨年リーグ3位で、順当にヤードを稼いだと言えるでしょう。

GBのエースWRはグレッグ・ジェニングスですが、今は怪我で出たりでなかったりです。

ネルソンはあまりヤードを稼ぐと言うイメージはないのですが、頑張ってくれました。


2.ヒューストンのサック王

若林はブログの冒頭で、セカンダリーの選手のダニエル・マニングに触れています。

セカンダリーとは、CBやSなどのDB(ディフェンスバック)と同じ意味です。

若林の言うとおり、セカンダリー以外のLBには昨季のチームの守備MVPブライアン・カツシングがいますし、DLには現在のところサック王のJJワットがいます。

5試合を終えて8.5サックで、GBのクレイ・マシューズの8.0サックを抑え、トップです。

この調子で行けば、マイケル・ストレイハン(NYG)のシーズン・記録更新も狙えるペースです。

WEEK5のネタばれになるかもしれませんが、下記リンク先にJJワットのサックの動画があります。

(白いほうの99番です)

NFL VIDEO「Texans defense, sack, 5-yd loss」へのリンク


3.三人のTシャツから感じたチームの歴史

今週3人が着ていた長袖のTシャツですが、春日のニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)と若林のヒューストン・テキサンズ(HOU)には、それぞれ「1925」「2002」と言う数字が書かれていました。

これはそれぞれのチーム設立年度を指します。

NYGは1925年創設で、現存するNFLのチームで4番目に古いチーム。

HOUは2002年にできた最も新しいチームです。

で、徳島アナはなぜかデンバー・ブロンコス(DEN)ではなくサンフランシスコ・49ナーズ(SF)を着ていましたが、このTシャツには数字はなかったように記憶します。

実はSFはちょっと変わった歴史を持っています。

1946にNFLではなく、ライバルリーグとなるAll-America Football Conference (AAFC)の一員として創設されました。

その後1949年にAAFCがNFLに吸収されるんですが、SFはこの時にクリーブランド・ブラウンズ、ボルチモア・コルツとともにNFLに参入しました。

なお、参入前の記録もNFL記録とみなされるようです。

参入前には、後に日本プロ野球で活躍する与那嶺要氏も、SFでRBとしてプレイしました。

このため、与那嶺氏は、NFLプレイヤーとしても認知されています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

中島みゆきがドラマ「東京全力少女」に出演とか



(「東京全力少女」へ中島みゆきが出演した時の動画。ただし音声は歌のみです)


中島みゆきが10/10に放送される日本テレビ系のドラマ

「東京全力少女」

(主演:武井咲)

に出ることが、先日テレビで報道されていました。

中島みゆきについては、最近富士フィルムのCMでよく見かけていたので、珍しいこととはいえ、そんなに大騒ぎなことではないだろうと思ったのですが、20年ぶりのことだそうです。

そりゃあ、おおごとだ。

オリコン「中島みゆき、20年ぶりドラマ出演「こんなはずじゃなかった」」へのリンク

Yahooトピックス「<中島みゆき>20年ぶりドラマ出演 武井咲主演ドラマに三角巾姿で登場」へのリンク


ちょっと中島みゆきに関する思い出を書かせていただきます。

私が中島みゆきを初めて知ったのは、1977年(私が中一の頃)に「わかれうた」がヒットして、それを聞いたからです。

ずいぶんとどすの効いた声で暗い歌詞なので、そう言うイメージの人、と言う人物像が私の中でできました。

そう言う思いが強かったので、1979年(中三)に始まった、「中島みゆきのオールナイトニッポンを聴いた時は、いい意味で大ショックでした。

ものすごく楽しそうに、しかも一人でしゃべるので、ものすごく驚きました。

学校でも話題になりました。

悪く言えば、ぱっぱらぱーがしゃべっているようで…

それからはもう「中島みゆきのオールナイトニッポン」を毎週のように聴いていたと思います。

確かリスナーからは「ぺったん」と呼ばれていたと思います。

(「胸がない」と言う意味)


それでも出す歌は「ひとり上手」とか、あいかわらず「わかれうた」のような暗い歌が続いたのですが、1981年(高二)に出した「悪女」は、これまでのイメージとずいぶんと違う、ネガティブなことを明るく歌っているようで、これもまたショックを受けました。

YouTube「オリコン1982 BEST 006 中島みゆき 悪女 YouTube」へのリンク


ただ、当時は「ニューミュージックの歌手はテレビに出ないもの」と言う空気があって、「ザ・ベスト10」などでランクインしても、出演する事もなかったと記憶します。

「中島みゆきのオールナイトニッポン」は「松山千春のオールナイトニッポン」から引き継がれたものでしたが、その松山千春も、あくまでも仕方がなく出る、というスタイルでしか「ザ・ベスト10」では出なかったと思います。

ニューミュージックとは違うと思いますが、矢沢永吉もそうでした。


それが1990年代(社会人)になって、色々とCMで見かけるようになりました。

もう「ニューミュージックの歌手はテレビに出ない」と言う空気も無くなっていました。

たぶん多くの人が初めて見る「動く中島みゆき」に、歌とキャラクターにギャップを感じたと思います。


私は中島みゆきは、語り継がれるべき大歌手だと考えています。

オリコンで4つの年代(1970年代、80年代、90年代、2000年代)に渡ってシングルチャート1位を獲得した唯一の歌手です。

個人的には「時代」なんかは、20世紀を代表する曲に入れていいんじゃないかと思います。


そう言う人が見せる演技がまた面白くて…


ドラマは見れたら見ようと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2012年オフ ホークス戦力外通告第一弾



(小久保選手の引退セレモニーの動画。こんなことをしてもらえる選手は、ほんの一握りです)


昨日、福岡ソフトバンクホークスは、今シーズン限りで引退を発表していた小久保裕紀選手のレギュラーシーズン最後のゲームを行いました。

オリックス・バファローズの西投手のノーヒットノーランと言うとんでもないおまけがつきましたが、小久保選手のように「引退試合」を公式戦でやってもらえる選手は、本当にごく一部の選手だと思います。

その陰で大勢の有名無名の選手が、ひっそりとユニホームを脱いで行くことになります。


さて一昨日、ホークスは5選手に対して戦力外通告を行いました。

ニッカンスポーツ「【ソフトB】小椋、下沖ら5選手戦力外に」へのリンク

通告を受けた選手は以下の5名です。

小椋真介投手(32) →引退

下沖勇樹投手(21) →現役続行希望

仲沢忠厚選手(30) →現役続行希望

近田怜王選手(22) →現役続行希望他

大田原隆太投手(25)(育成枠) →引退


中にはよく知らない選手もいますが、それぞれの選手について書かせてもらいます。


1.小椋小椋真介投手(32)

1998年オフにドラフト3位で福岡工大付高(現福岡城東高)から入団。

松坂世代屈指の左腕と騒がれたそうです。

2010年には一時期ローテの一角を背負いましたが、昨季、今季と一軍での登板はなし。

今季は二軍でも5試合の登板で、勝敗なしの防御率10.80でした。

2010年、山田大樹投手が台頭した時も、小椋投手の速球の方がはるかに威力があると言われていました。

速球は素晴らしいのですが、最後までコントロールが身につきませんでした。

と思ったんですが、怪我から復帰できるめどが立たないことが理由みたいです。

ニッカンスポーツ「ソフトB小椋引退「痛さに気持ち負けた」」
へのリンク


だから、もう野球はやらないそうです。

多くの主力投手が抜けた今季はチャンスではないか、と期待したんですが、でもこういう事情であれば納得もでき、多くの戦力外先週よりは幸せなんじゃないかと思います。


2.下沖勇樹投手(21)

2009年オフにドラフト3位で光星学院高から入団。

一年目のオフのキャンプではA組に入り、未来のホークスを担う投手として期待されました。

しかし二年目の昨季は右肩痛に苦しみ、二軍での登板は2試合。

今季はとうとう二軍でも登板はなかったようです。

結局一軍での登板のないまま戦力外通告を受けることになりました。

投球を見ることはありませんでしたが、かなり期待しました。

ポテンシャルが高いのに、3年目という早さでで戦力外通告を受けたのには驚きましたが、負傷が癒えないと球団に判断されたのでしょう。


3.仲沢忠厚選手(30)

2000年のドラフト会議で敦賀気比高から中日ドラゴンズへ7位指名を受けて入団。

その後2005年にドラゴンズから戦力外通告を受けるも、トライアウトでホークスの目にとまり、入団することになりました。

当時のホークスは本多雄一選手の入団前で、二塁手が不足していたため、2006年には58試合に出場、プロ初ホームランも打ちました。

(2004年オフに井口選手が抜け、二塁に穴があきました。

 本間選手、ホルベルト・カブレラ選手などが後継として期待されましたが、本間選手は打力、カブレラ選手は守備力に難があり、二塁に定着する選手は本多選手入団までいませんでした)

昨季は一軍出場なし。

今季は9試合に出場で1打数無安打1犠打。

二軍でも規定打席に届かず.263。

今年で30歳ですから、若い力に押しだされる形で戦力外通告となったのでしょう。

「覚悟はしてました。トライアウトを受けようと思ってます」

とのことだそうです。


4.近田怜王選手(22)

2008年のオフにドラフト3位で報徳学園高から入団。

投手として入団したものの、4年目の今季途中に外野手に転向。

一軍軍出場機会はなく、今季は二軍で投手として1勝するも、野手としては打席に立つことはなかったようです。

入団時の登録名は「怜王」(れお)でしたが、今季「近田」に変更しました。

将来を嘱望された左腕だったそうですが、正直なところ私のような関東の緩いファンには、二軍での活躍もあまり届きませんでした。

まだ若いので、プロ野球界にとどまるほかにも、大学進学なども今後の選択肢としているようです。

そこで勉強して、ホークスフロントに戻ってきてもらえれば、頼もしいブレーンとなってもらえると思います。

5.大田原隆太投手(25)(育成枠)

2005年オフにドラフト4位で都城工業高から入団。

「和製ランディ・ジョンソン」のニックネームは私も知っていて、かなり期待していました。

ですが、2010年オフに戦力外通告を受け、育成枠契約となりました。

結局ここまで一軍登板はなく、今季は二軍でも登板がなかったようです。

「来年もまたやる考えが想像つかない」

と言うことで、引退するようです。


ホークスは育成がうまい、と言う人もいます。

ですがそれは最近のことで、これまでは社会人や大学を出た、あるいは他球団で実績を積んだ完成された選手で昨年まで闘ってきたように感じます。

ホークスは育成が下手だなぁ、とずっと思ってました。

今回戦力外通告を受けた選手が、皆高校生卒で、しかも仲澤選手と小椋投手をのぞいてはほとんど実績を残せないままの退団となるようです。

5人採れば2人育てば成功だとは思いますが、育たなかった人も、一人一人に人生があります。

野球選手としてあるいはホークスの選手として芽が出なかった選手たちには、これからは自分の力が生かせるような仕事について、幸せに生きて行かれたいと願います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「伝説の引退スペシャル」に期待する人物

今夜TBS系列で

「伝説の引退スペシャル~壮絶…封印された過去私はなぜやめたのか・涙と後悔…~」

と言う番組が放送されるそうです。

運動選手が引退した本当の理由は何なのか、と言うことを特集したもののようです。


今回取り上げられるのは、野球の江川卓、水泳の千葉すず、相撲の千代の富士の三人。

私が各人の引退でイメージするのは…

江川卓は優勝争いのさなか、どうしても投げなければいけない試合を前に、「禁断のツボ」に鍼をうったため投げられなくなり引退した、と言うものです。

「禁断のツボ」とは、ここに鍼をうてば、一時的に痛みはなくなり、投げることはてきるが、その後は二度と投げられなくなる、と言う体の部位だそうです。

ただ、そうやって投げた試合、確か広島東洋カープ戦だったと記憶しますが、それには打たれて負けた上、鍼の協会からは、そんな「禁断のツボ」なんて存在しない、と抗議を受けた記憶があります。

その後の経緯は知りませんので、今回取り上げられるのは興味深いです。


千葉すずについては、私はほとんど水泳に興味がないので、確かにそういうスイマーがいて、いつの間にか名前を聞かなくなって、メディアでも見ないなぁ、とは思います。


千代の富士については、たしか貴花田に敗れて引退を決意したんじゃなかったっけ、と言う記憶があります。

相撲のことをあまり知らない私ですら知っているのですから、今回の放送ではそれ以上の何かがあるんだろう、と期待させてくれます。

TBS「伝説の引退スペシャル~壮絶・・封印された過去 私はなぜやめたのか・涙と後悔~」へのリンク


ところでこの番組ですが、実はWOWOWとのコラボ企画だそうで、TBSでは日本人を、WOWOWでは外国人を扱うそうです。

WOWWOW「伝説の引退スペシャル~世界のトップアスリート、引き際の真実~」へのリンク

WOWOWでは

「伝説の引退スペシャル~世界のトップアスリート、引き際の真実」

として、10/13に放送されるそうです。

取り上げられるのは、テニスのマイケル・チャン、サッカーのロベルト・カルロス、バスケットのチャールズ・バークレーの三人。

どの選手にもそれほどの思い入れも、知識もないです。

WOWWOW「伝説の引退スペシャル~チャールズ・バークレー 独占インタビュー動画」へのリンク

ただ、マイケル・チャンについては、とんねるずがコントで真似をしたこともあって多少は気になってはいました。
華々しくデビューしたのに、いつ引退したのか、全然伝わってきませんでした。

私が知らないだけでしょうが。


プレゼントのサイトがありましたので、リンクを貼っておきます。

WOWWOW「【WOWOW×TBSダブルコラボレーション第1弾】 伝説の引退スペシャル~世界のトップアスリート、引き際の真実~ サイン色紙プレゼント!」へのリンク


この2つの番組ですが、今回が第一弾だそうです。


私にとっては今回はそれほどの思い入れのない6人ですが、次回以降に期待します。


放送については、WOWOWは入ってないので見れないでしょう。

今日のTBSのについては、見れたら見たいと思っています。


偶然にも今日は昼間に福岡ソフトバンクホークスの小久保選手の、レギュラーシーズンでの「引退試合」と言うべきものがあります。

この試合は、雨で流れたのが今日に組み込まれたもので、この番組が放送されるのも何かの因縁かもしれません。

今日が小久保選手の誕生日でもあること、程ではないですし、小久保選手の引退にいろいろと感じることはあっても、謎なんか感じませんが。


最後に、私がこの企画で取り上げて欲しい選手を二人書いておきます。

まず、野球の東尾修。

私にとっては少年時代のヒーローで、また偶然東京に住んでいた時に、大家さんが一緒でした。

東尾はなんで引退したんだろう。

まだやれたはずなに。

そこのところに興味があります。

まあ、麻雀賭博事件を起こしたため、イメージを大事にしており、かつ福岡色からの脱却をはかっていた球団にやめさせられたんじゃないか、と言う見方もできますが。

球団は、もう東尾抜きでも勝てる力をつけていましたし。

しかし、本当のところを知りたいもんです。

少年時代のヒーローと書きましたが、今でも大ファンですので。


もう一人はアメフトのブレット・ファーブ。

ファーブは三度引退したのですか、そのうち最初のものについて、理由を知りたいです。

直前のシーズンでチームをスーパーボウルの一歩手前まで導き、まだやれることは十分に見せつけてくれましたから、引退が本人の意思なのか、それとも球団に追い込まれたのか、本当のところを知りたいです。

球団としては、その時点で彼を引退させる強烈な理由はなかったように思えます。

しかし数ヶ月後に復帰を宣言した時、ファンを敵にまわしてまで、かたくなに復帰を拒否してそれを貫いた球団の姿勢を見ると、球団にはなんらかの事情があったのかもしれません。

もはや戦術を次代を託すアーロン・ロジャースのものに変えていたから、とも言われてますが、本当にそれだけが理由なんでしょうか?

エージェントの存在とか、なかなか一ファンでは知るのは難しいことが、アメリカのプロスポーツにはあります。
とにかく、本当のところを知りたいです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

10/7「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(E-Girls(イーガールズ)の「Follow Me」。番組の中で語られた訳ではないですが、CMでかかってましたので)


10/7の「オードリーオールナイトニッポン」で語られたことと感想を書きます。

先週はお休みでしたので久々のANNとなりました。

今回は、オープニングから春日がよくしゃべったな、と感じた回でした。


1.番組の流れ

1)オープニング

「アメトーク」の話しから、おじさんとはいくつからを指すのか、と言う話題へ。

結論として、世代はぞろ目で区切られると言う説に従い、

おじさん…33歳から

おじいさん…66歳から

「お兄さん」の定義も話されたのですが、聴き逃しました。

そんな訳で今年度で34歳のオードリーの二人は「ルーキーおじさん」とのこと。

(私はおじさんとおじいさんの中間の少し手前です)

なお、おばさんは27歳から、という結論を出しつつも、30をとっくに過ぎている菅野美穂はおばさんではない、と言う話しもありました。

けっこうtwitterはその話しで荒れていた…と言うか盛り上がってました。


そして昔ほど高校生に元気がない、と言う話題へ。

オードリーが高校生だった頃は「ストリートニュース」など高校生向けの雑誌があって盛り上がっていたのに、と語ってました。

でもそれは、高校生じゃなくなったので、そう言う盛り上がりを身近に感じないだけだと思うんですけどね。


話題は、高校時代に広末涼子が吉祥寺の成蹊高校にいる、と言う噂がポケベルで流れ、見に行った話へ。

でもそれはガセ。

それに比べると最近はWikipediaでなんでもわかっちゃうからすごいよな、と若林。

優香が今何しているかまでわかっちゃうんだから、と言ったところで、春日から

Wikipediaで今何をやっているかまではわからないよ、との突っ込み。

twitterでは「それはWikipediaじゃなくてtwitterだよ」の突っ込みが多数ありました。

その中で面白いなと思ったのが、

「wikipedia2.0 nowが載る」

と言うツイート。

「春日2.0」にそのまま投稿していれば、採用されたかもしれません。


ちなみに広末涼子の通った高校は、品川女子学院高等部です。

これはWikipediaにも記述がありますが、当時私はその近くで働いていて、彼女が早稲田に進学すると言うニュースが広まった時、一気に職場でそのことで盛り上がりましたので、よく覚えています。

私がルーキーおじさんの頃の話しです。


そしてANNが秋の改編をぎりぎりでのりきったことへ。

なんかいつも「ぎりぎりでのりきった」と言ってますので、たぶん余裕でのりきったんだと思うんですが。

「このままだと、オードリーのどっちかはずすか、女の子入れるかしなきゃいけない」

と言う話しも出たそうですが…まあネタでしょう。


今回のオープニングトークは、1:32まで。

いつも通りの長さでした。


2)レイザーラモンRGリターンズ

再来週10/20(10/21未明)の放送に、レイザーラモンRGが再出演する事が告知されました。

なんでも、9/2の放送で、リスナーとのあるある対決に惨敗したので、そのリベンジにやってくるとか。

そうかなぁ、一方的にRGの勝ちだと思うんですが。

まあとにかく、あの回は本当に面白かったので、再出演は大歓迎です。

その節はWikipediaの「レイザーラモンRG」のサイトに

「BARBEE BOYSの『目を閉じておいでよ』や石井明美の『CHA-CHA-CHA』、ZIGGYの『GLORIA』、ワム!『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』などに乗せて「〇〇あるある早く言いたい~♪」などと延々と繰り返し、サビの終わりで一言だけあるあるネタを言う」

とあるように、『GLORIA』や『ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ』でやってほしいものだと思っております。

(この曲に載せてあるあるをやってください、ってリクエストができればいいんですが)


3)若林トーク

4日間で2回、後方から追突事故にあったことが語られました。

車の運転で怖いところは、今回若林が語ったように、いくら自分が気をつけていても、もらい事故にあってしまうことがあることです。

なお、若林は「事故を起こした方が警察に通報すべきだ」と言うような考えのようですが、私は、どっちでもいいから事が面倒にならないうちに、とにかく早く通報すべきだと考えます。

あと、事前にきちんと任意保険に入っておくことをお勧めします。

また

「若林~ドライブレコーダーとか付けたらいいのに…口で説明するより早いぞ! 」

と言うツイートもありました。


4)春日トーク

親父さんと二人でゴルフに言った話しをしていました。

若林は、親孝行だねぇ~と感心していました。

twitterでは「春日親子、仲良すぎだろ」と言う突っ込みがありましたが、歳とってくるとそうなるものです。


それはさておき、おかしかったのは、まず春日の親父さんが、肌が弱いことを異常に気にすること。

日焼け止めを塗るのはもちろん、カートからボールまで日傘をさしていくそうです。


そして親父さんがロストボールを集めに林に入っていくこと。

こう言う倹約精神、似てますねぇ。

私が親父さんだったら、いくらしたくても、息子の前ではやらないと思います。

おかげでプレイ時間が長くなり、次のグループから警告のショットが打ち込まれたとか…


また、春日のドライバーが右にそれがちなのを矯正するため、親父さんがお手本を見せようとドライバーを打ったら、親父さんのも右にそれて行ったとのこと。

それを見た親父さん

「アパーーーーーー!!」

親子ですなぁww

状況を考えると、親父さんは「アパー」を日ごろから使っているに違いない、と思いました。


そしてゴルフを終え帰宅してしばらくしたら春日のもとに親父さんからメールが。

「今日は楽しかったよ。また誘ってね♡」

と言うものだったそうです。


5)「あるあるセレクト」

今週のテーマは

「芸術わかってそうな奴あるある」

です。

いくつか読まれたものを箇条書きします。

・それって一周回ってありだよね、と言う

・あえて絵本を読んで、俺は子供の頃の気持ちを忘れてないんだよ感を出す

・ヨーロッパの地名に詳しい

 私は西洋史専攻なので普通の人よりは詳しいですが、なにせ冷戦が終わる前に学生生活を終えてますから、旧ユーゴスラビアが何に分裂したかはよく知りません。

・革製のブックカバーしがち

 若林は紙のカバーすらしないそうです。

 それは何の本かわからなくなるからだそうです。

 ウチの女房も若林派で、つけてもらえるものはなんでもつけてもらう私と対立しています。

 あ、わたくし事ですが、今日は結婚記念日です。

・美術館に小さなメモ(帳)を読みこんで、メモをする

 本当にわかっている人はメモなんかしないんだろうなぁ、と若林が言ってました。

・スーパーに飾ってある子供の絵を見て、「結局さぁ、子供の描いた絵にはかなわないよね」と言う

・あえて音楽をレコードで聴いたりする

 若林によると、代官山のTSUTAYAにはレコードがずらりと置いてあるそうです。

 詳細は下記リンク先へ

 「代官山 蔦屋書店」へのリンク

・話すうんちくがWikipediaからのものなので、いくら話してもWikipediaを超えられない

 あ、これは私のあるあるです

・基本、ブス

・家に変な調味料を置く

・作品が作られたバックグランドに詳しい

 芸術作品ではありませんが、私はちょくちょく、昔のコンピュータ・プログラムは、なぜあんなに読みにくいのか、と言うバックグラウンドを講釈する事があります。

 それはさておき、芸術作品のバックグラウンドを調べるのは面白いと思います。

 聴かされるのはごめんですが。

・突然環境保護や、ヨガに目覚める

・清楚そうに見えても、やることはやってる

・鼻の下に「八」の字のひげをはやしがち

 「それってダリじゃねぇか」と言う若林の発言に、即座にダリの名前が出てくる若林はすごい、と言うツイートがありました。

 なお私の友人で、ダリの芸術作品で最高のものは、ダリ自身だ、と言う意見の人がいます。

 それはなんとなく納得できます。


6)「逆転、若林ワード」

下記の三つを若林は気にいってました。

・みやねさんに、「自分ナンボもらってんねん」と突っ込まれた時

 「みやねさんのお小遣い程度ですよ」

・大御所がぼけた時

 「僕らに合わせていただき、ありがとうございます」

 「すみません番組にあわせていただきまして」

・他人のエピソードに、何も感じるところがない時

 「いやぁ、映画化したいですねぇ」

特に最後のは気に入ったようですから、どこかで聴けるかもしれません。


7)「春日2.0」

・「山下清2.0」

 僕はスープカレーが好きなんだな、と言う

・「ダルビッシュ有2.0」

 サエコがキャッチャーをすると、170キロの速球を投げる

・「薄型テレビ2.0」

 サガミオリジナル並みに薄くなる

 (あの商品カテゴリーの中でも、薄いと言えばサガミオリジナル、と言われるほど支持されてるんでしょうね)

・「加藤茶2.0」

 「ババンババンバンバン、中出しするなよ、と言う」

・「佐々木健介2.0」

 風俗で気に行った女性がいると、誰でもチャコちゃんと呼ぶ


8)しんやめ


9)エンディング

春日のジャカルタ土産、JKT48の公式ガイドブックの当選者が発表されました。

ガイドブックに春日のサインを書くか書かないかでもめてましたが、結局どうなったんだろう。

ANNリスナーなら、書いた方が良いに決まっている、と思うのですが。


春日さんは噂によると現地ジャカルタの人に間違えられたそうです。

まあ、なんとなく納得できます。


また、ジャカルタには日本で放送されたテレビを録画して、それを売る店があるそうです。

これを聴いた、おそらく関東以外のリスナーさんで

「日本に住んでてもみれない番組とかあるのにな」

と言うツイートをされている方がいました。

おそらく「たりないふたり」「オードリーのNFL倶楽部」「オードリーの神アプリ」が見れないことを言ってられるのでしょう。

この3つは全国放送してほしいなぁ。


最後に最近の春日さんはAKBづいてますね、と言う話し。

「そうなのよ

 今日もサシコに、この前見に言った話しをしたんだよ」(春日)

「で、なんだって?」(若林)

「あ、そうですか、で終わって、全然盛り上がらなかった」(春日)


偶然にもこの後の「オールナイトニッポンR」はSKE48のものでした。


2.「東京ストリートニュース!」

若林がオープニングで話していた「ストリートニュース」ですが、知らなかったので調べてみました。

正式には「東京ストリートニュース!」というそうで、Wikipediaにサイトもあります。

1988年に創刊され、2002年に廃刊となっていたそうです。

モデルとして登場した有名人には、私でも知っている芸能人が何人かいます。

男性では妻夫木聡や降谷建志。

女性では青木裕子(グラドルではなくTBSのアナウンサーのほう)、押切もえ、川村亜紀、高島彩、堀越のり、山本梓 など。

それにしても、ベタなタイトルだなぁ、と思いました。


3.「オードリーのオールナイトニッポン聴いてる芸人」

「逆転、若林ワード」で若林が語っていたのですが、森脇健児はオードリーのANNを毎週聴いているそうです。

また、「号泣の島田さん」だった、手相占いの島田秀平もリスナーだとか。

これだったら

「オードリーのオールナイトニッポン聴いてる芸人」

と言う企画ができるんじゃないか、と言ってました。

面白そうですね。

芸人さんがオードリーをどうとらえているか、興味がありますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week4】「オードリーのNFL倶楽部」について



(名審判エド・ホチュリ氏。昨シーズンのNFCチャンピオンシップでオーバータイムの特別ルールを説明するシーン)



10/6未明の「オードリーNFL倶楽部」について書きます。


1.番組の流れ

1)オープニング

今週の3人のいでたちは全員長袖のTシャツ。

春日と若林はそれぞれ応援するニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)とヒューストン・テキサンズ(HOU)のものでしたが、徳島アナはデンバー・ブロンコス(DEN)のものではなく、サンフランシスコ・49ナーズ(SF)のものでした。

「今季は混戦と言われてる」

と若林。

若林に限らず、今シーズンは混戦と言う声はちょくちょく聴きますが、私としてはそれは毎年のことだと感じています。

ですが、ここまで全勝チームと全敗チームが例年よりも少なく感じますので、若林の言っていることは正しいんだろうと思います。

そして、審判とリーグとの交渉ですが、ようやくまとまったことも語られました。

先週も書きましたが、先週の収録直後辺りに交渉がまとまり、それから24時間もたたない日本時間の10/28(金)の朝9時半からの試合から、正規の審判がNFLのフィールドに戻ってきました。


2)HOU対TENのダイジェスト

若林の応援するHOUが、同地区ライバルのテネシー・タイタンズと対戦した模様がダイジェストで放送されました。

結果は38対14でHOUの圧勝で、これでHOUは球団史上初の開幕4連勝となりました。

番組で放送されたものに近い、日本語字幕入りのダイジェストはこちらです。

(カラージャージがHOUで、ホワイトジャージがTENになります)

NFLJAPAN「【第4週】タイタンズ対テキサンズ」へのリンク

若林はワイプで終始大興奮。

アリアン・フォスターがナマステのセレブレーション(お辞儀のようなもの)をすると、一緒にやったりとか。

ダイジェスト終了後に、春日から

「大きな声出したりして…

 恥を知りなさいよ」

と言われてました。

私は毎週これぐらいはしゃいでほしいと願ってます。

若林がHOUの快進撃の解説をしていました。

もともとオフェンスには定評があったところに、ディフェンスの名伯楽ウエイド・フィリップスを迎えたところ守備力が向上したとのこと。

これは多くのメディアもそう言っています。

上掲のダイジェストの大部分はTENのオフェンスをHOUがどうつぶしたか、の特集みたいになっていることが、それを示していると思います。

話しはそれますが、あくまでも私の感覚ですが、ウエイド・フィリップスと言うコーチは不思議、かつよくいるタイプのコーチだと思います。

彼はディフェンス・コーディネーターと言う参謀役としては超一流なのですが、ヘッドコーチと言う一軍の将となるとそれほどの成績を残せないでいます。

これまで3球団ほどでHCとなりましたが、せいぜいプレイオフどまりです。

こう言うタイプのコーチはよくいますし、日本のプロ野球で活躍した野村克也氏は

「名参謀、名将にならず」

と言うことも言っています。

まさにフィリップスにあてはまることなのですが。

どちらにもなれない人物も多いので、適材適所とはこういうことなんだろうなぁ、と思います。

なお彼の父親は、バム・フィリップスは、1970年代にTENの強化に成功した名物ヘッドコーチでした。


若林は、自分は開幕前からHOUが強くなることを予想していた、と言いましたが、これは事実です。

前にも書きましたが、くりぃむしちゅう上田に、今シーズンお勧めのチームとして紹介した、と「オールナイトニッポン」で語っていました。

私はそれを聴いて、理屈から言えば確かにそうだけど、今までHOUが快進撃したことを見たことがないので、なんとなく実感がわかない、と思いました。

しかし、本当にそうなってしまいました。


来週HOUは日本時間の10/9に、ニューヨーク・ジェッツ(NYJ)と対戦します。

つまり一昨年若林が応援した元カノとの対戦になるわけです。


3)ニューオリンズ・セインツ対グリーンベイ・パッカーズのダイジェスト

オードリーがゲストとし初めてスーパーボウルを観戦した時に優勝したニューオリンズ・セインツ(NO)と、その翌シーズンに優勝したグリーンベイ・パッカーズ(GB)との対戦が、ダイジェストで放送されました。

ある意味オードリー・ボウル」だな、と思いました。

最後にオードリーも、「セインツもパッカーズも好きなチーム」と言っていましたから、二人とも思い入れはあるんでしょう。

GBファンとしては嬉しいです。

で、ゲームの結果ですが、28-27でGBが辛勝しました。

番組で放送されたものに近い、日本語字幕入りのダイジェストはこちらです。

(カラージャージがGBで、ホワイトジャージがNOになります)

NFLJAPAN「【第4週】セインツ対パッカーズ」へのリンク

00:36でNOのQBドリュー・ブリーズからWRマーケス・コルストンへのTDパスが通りますが、コルストンがキャッチ直前にパスインターフェアランスの反則をしているように見えますし、ディフェンスの22番も「イエロー・フラッグは投げないのか」と訴えるような動作をしています。

また、02:51のNOのRBダレン・スプロールズのリターン、リプレイでもファンブルしたように見えますが、判定は「ファンブルの前に膝をついていたので、そこでプレイ終了」とのものでした。

なんでこんな粗探しのようなことを書いたかと言いますと、後で引用するからです。


それはさておき、GBも2勝2敗とイマイチな成績ですが、何と言っても驚きはNOが開幕4連敗したことです。

オードリーの2人は、NOは強いというイメージがあるので驚き、と言っていました。

そして、これは報奨金問題の後遺症ではないか、と伝えていました。

「では徳さん(徳島アナ)、報奨金問題を説明してください」と若林が無茶ぶり。

しかし徳島アナは、しっかりとそれを説明していました。

報奨金問題とは、大ざっぱに言えば、昨シーズンまでの数シーズンに渡って、NOのディフェンス・コーディネーターがディフェンスの選手に対し、相手を怪我させたら報奨金を出していた、と言う事件から始まったことです。

結果的に他チームに移籍していたそのディフェンス・コーディネーターや、それを黙認していたショーン・ペイトンHCは1年間の出場停止となっています。

NFLでは、最終的には勝つことが目的で、ディフェンスの選手は、その過程で激しいタックルやハードヒットを行い、そして負傷させることもありますが、それは目的ではないとされています。

一人の人間の人生を変えることになる負傷に対し、それに報奨金を出すとはもってのほか、と言う見方をされています。

番組では、その結果、NOの選手たちは疑わしい、激しいヒットやハードタックルができなくなっているんじゃないか、と言っていました。


たしかに、現在、NOのディフェンスはリーグ最下位です。

私は試合を見ていませんが、それは違うように感じます。

一通り処分は終わり、ディフェンス・コーディネーターも変わったので、思いきってディフェンスに行ってるんじゃないかと思うんですが。

あくまでも素人意見ですが、報奨金問題のごたごた等が影響して、まだ新しいディフェンス・コーディネーター、スティーブ・スパニュオーロの戦術に、選手たちが慣れてないんじゃないかと思います。

スパニュオーロは第42回スーパーボウルにNYGのディフェンス・コーディネーターとして出場し、圧倒的有利で破壊的と言われたニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)のオフェンスを粉砕する番狂わせを指揮し、影のMVPとも言われた名コーチです。

それだけに戦術も複雑で、選手も慣れるのに時間がかかってるんじゃないかと思います。

それにこれまでの敗戦もすべて8点差以内と言う1TDあれば追いつけた結果ですので、これから巻き返す可能性は高いと思います。


4)小池絵未さんの現地レポート

今回の生馬アイザック氏のレポートは、ニューヨーク・ジェッツ(NYJ)の現役チアリーダー、小池絵未さんと一緒でした。

二人はNYJのショップに行って、最終的に小池さんが「フットボール観戦でのデートで女性が着ていくウェア」と言うようなコーディネートでまとめてありました。

また、小池さんも写っているNYJの2012年カレンダーがオードリーに贈られてきて、二人は小池さんの姿にはしゃいでました。

その際、MC陣の机の上にあった放送資料が写っていて、それの方が興味ぶかいな、と感じました。

なお、小池さんはNFL JAPANにブログを寄稿してくださっています。

「ジェッツ 小池絵未|フライトクルー・チアダイアリー」へのリンク

最近の記事「Jetsのインスピレーショナル Quotes」は興味深いです。

それは、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手が

「勝敗はコントロールできない」

と言っているからです。

だからコントロールできる範囲のことをしっかりやるのがエースであり、プロ、と言うことになります。

メンタルヘルス・マネジメント的な観点から見ても、自分がコントロールできないことに煩わされるのは望ましくなく、そう言う自分を発見したら、すぐに切り替える努力をし、そしてコントロールできることに集中すべきだと考えます。


話しはそれましたが、ニューヨーク・ジェッツのグッズは日本からもネットで買えます、とのことで、下記リンク先が紹介されていました。

http://www.jetsshop.com/

ちなみに例のカレンダーは、18ドルから1ドルに値下げされていました。


5)その他のゲームのダイジェスト

印象に残ったものを箇条書きします。

・アメリカでは10月は「乳がん撲滅月刊」と言うことで、そのシンボルとしてピンク色のものが多用されます。

 今週のマンデーナイトフットボールは現地の10/1に行われましたので、出場したダラス・カウボーイズ(DAL)の選手とシカゴ・ベアーズ(CHI)の選手は、何かピンクのものを身につけてプレイしたそうです。

・アトランタ・ファルコンズ(ATL)は、最終盤にヘイルメリーパスに近いパスが成功し、その後フィールド・ゴールで逆転

 これでATLも開幕4連勝となりました。

・徳島アナの応援するDENはオークランド・レイダーズ(OAK)に快勝。

 若林は番組を盛り上げるためか、必死にOAKを応援してましたが、徳島アナはそれにのってきませんでした。

 のってきてほしかったなぁ。

・意外(失礼)に勝ち続けているシアトル・シーホークス(SEA)ですが、今週はイマイチ調子の出ていなかったセントルイス・ラムズ(STL)に敗戦。

 この試合では、STLのPジョニー・ヘッカーが、FGの体系からWRダニー・アメンドーラにTDパスを投げるトリックプレイを成功させました。

 下記動画の01:09からのプレイで、カメラも最初何が起こったか混乱しているのがわかります。

 NFLJAPAN「【第4週】シーホークス対ラムズ」へのリンク

・ミネソタ・バイキングス(MIN)が同地区ライバルのデトロイト・ライオンズ(DET)に勝利。

 MINは2年目のQBクリスチャン・ポンダーを中心に再建期に入っており、強豪ひしめくNFC北地区では最下位になるとの見方が強かったのですが、SFにも勝ち、DETにも勝ったことで、注目チームとなった感があります。

・ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)は同地区のバッファーロー・ビルズに21-21のタイから、後半だけで45点を取って、52-28で快勝。

 後半に最大21点差を逆転した訳ですが、これはなかなかできるものではないです。

 ちなみにこれまで最大の逆転劇とされるものを演じたのは、相手のBUFで、後半最大32点差を逆転しました。

 1992年度のワイルドカード・プレイオフでのことです。


6)「トゥースポ」に選ばれたのは意外な人物

今週の春日編集長の「トゥースポ」ですが、選ばれたのは選手でも球団関係者でもなく、審判のエド・ホチュリ氏でした。


「トゥースポ」のコーナーは3人が立って進行するのですが、春日がパネルを反転させて発表します。

今週は発表前に若林が反転前のパネルをのぞいて

「春日さん、今週はやっぱり審判問題ですか?」

と言ってネタばらしし、春日を怒らせてました。


私はエド・ホチュリ氏(Ed Hochuli)のことは知りませんでしたので、付け焼刃で調べた知識で書きます。

ホチュリ氏は労使闘争を行っていた正規の審判団のリーダー格のような人物です。

ストライキ中も、協定締結後、即審判団がゲームに復帰できるように動いていたそうです。

その件はNFLJAPANでも伝えられています。

NFLJAPAN「名審判ホチュリ氏、協定締結前日に熱弁」へのリンク

これぞプロだなぁ~、と思います。

協定締結前は日本のtwitterでも、締結後即復帰はないんじゃないか、と言う声が多かったんですが、前述のように、締結後半日ちょっと後のゲームに、正規の審判団は出場しました。

復帰した正規の審判団は、スタンディング・オベーションで迎えられたそうです。

NFLJAPAN「TNFで審判復帰、ファンはスタンディング・オベーション」へのリンク


「トゥースポ」では、まだ締結が行われる前に、あるファンと、ホチュリ氏とのメールのやりとりが紹介されていました。

「復帰が待ち遠しいです。

 今まであなたたち正規審判のことをボロクソに言ってごめんなさい。」

と言うファンのメールを受け取ったホチュリ氏は、こう返信したそうです。

「ありがとう。

 でも復帰から1週間もしたらまたボロクソに言われるだろうね。

 それも楽しみのひとつだよね。」


さきほど、NO対GBの対戦で、疑わしい2つの判定を挙げましたが、この判定に対し

「審判はGBになにかの恨みでもあるのか」

と言うツイートを見かけました。

(私じゃないですよ)

でも、全体的に以前に比べて控えめなツイートが多いと思いました。

あくまでも日本のtwitterだけでの話しで、アメリカ、特にグリーンベイではどうだか知りませんが。


私としては、日本のプロ野球でも、ネットでは審判にボロクソな意見が飛んでますが、彼らがストライキに入ったら、多くのファンの審判への見方が変わるかもしれない、と思わされた今回の出来事でした。


なお、ホチュリ氏が復帰のために努力された功績が評価されたようで、最近のアメリカの有名スポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」誌の表紙に、ホチュリ氏が取り上げられています。

http://sportsillustrated.cnn.com/multimedia/photo_gallery/1210/ed-hochuli/content.1.html?sct=nfl_bf5_a4


今週も記事が長くなりましたので、今回は一旦これにて記事をアップさせてもらいます。


P.S.明後日までスカパーは無料放送キャンペーン中。

明後日は祝日の上、スカパーに入ってなくても、生中継で2試合見れそうなので楽しみです

01:55~ フィラデルフィア・イーグルス対ピッツバーグ・スティーラーズ(GAORA)

05:00~ デンバー・ブロンコス対ニューイングランド・ペイトリオッツ(日テレG+)

後者はペイトン・マニング対ブレイディと言う今のところ21世紀を代表するライバル対決です。

二人とも全盛期はすぎたと思いますが、ひょっとしたらこれが最後になるかもしれません。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「コンピュータは星新一を超えられるか」と言う記事から見る、人間のあるべき姿

もうかなり前の話しですが、こんな記事がありました。

ITmedia「「コンピュータは星新一を超えられるか」 人工知能でショートショート自動生成、プロジェクトが始動」へのリンク

星新一のショートショート、私は中学校の教科書で読んだぐらいですが、ショートショートと言えば星新一と言うぐらいの特別な作家だと認識しています。

中学校の時に教科書に載っていたショートショートのタイトルは忘れましたが、けっこう深いんだなぁ、と思いました。

そしてコンピュータによる人工知能で、それに匹敵する小説を書こうと言うプロジェクト…

難しそうだなぁ。

OUTPUTがショートショートだとはわかるんですが、何をインプットにして、どう言うロジックっでどう加工して作るんだろう…

経過が楽しみです。


ところで本文中に気になる言葉がありました。

「トライアンドエラーは人間よりコンピュータのほうが得意」

と言うものです。

当たり前のことを言っているのですが、ドキッとさせられました。


人間は何度か挑戦して、そのたびに失敗すると、精神的にトライが出来なくなります。

それは感情がネガティブに働いて生み出す気持ちで、普通そう考えてしまうと思います。

その点、コンピュータには、(今のところ)感情がありませんから、精神的に挫折することはないです。


コンピュータはあくまでも人間のツールであり、人間が支配者であるべきです。

「シビリアンコントロール」ならぬ「ヒューマンコントロール」であるべきです。

そう考えると、マシンなんかに負けてはいられません。

DREAMS COME TRUEの「何度でも」の歌詞にあるよう、一万回挑戦して失敗しても、一万一回目は何かかわることを信じて、トライを繰り返す図太さがほしいと思いました。


そして人間独特の融通をきかす力、と言うか寛容さを忘れてはならないと思います。

これは記事から導かれた結論ではないですが。

プログラムと言うものは、ひとつスペルミスなどがあると、コンピュータは受け付けてくれないか、想定とは違う動きをします。

これは、今のコンピュータの仕様として仕方がない動きなのですが。

少々のミスは見逃してやる寛容さだけは失いたくないと思います。

でもそのうち、これもコンピュータが勝る時代が来ると思いますが…


橋下大阪市長が、府知事選挙に出馬した時、ライバル候補のロボット開発の技術者のことを

「あの人はロボットのことは詳しいかもしれないけど、人間のことはしらない」

と言って非難しました。

橋下市長の全人格を否定するわけではないですし、むしろ私は政治手腕(政治観ではないです)には期待しているのですが、このとこはちょっと違うな、と感じました。

ロボットを作ろうとするなら、人間のことを知らないといけないのです。

そうしないと開発の最終形がイメージできませんし、それを超えることはできないと思います。

それは、日本語を知らないと、外国語を和訳できないのと一緒だと思います。


話しはそれましたが、とにかく最初に置いた記事には、いろいろと驚かされ、考えさせられるところがありました。

官能小説を作る人工知能がすでにあることも含めて。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week3】「NFL倶楽部ブログ」について



(走った距離がマイナスになる、と言うことを本文で説明するための動画です)



9/29のオードリーNFL倶楽部の放送後に書かれたNFL倶楽部ブログ」の一部について、説明を書いておきます。


先週MCの3人はWEEK3で「ランで最もヤードを獲得する選手」を予想することになりました。

その結果がこちらにあります。

「NFL倶楽部ブログ>春日さんが"奇跡の予想"、予想レースは混戦模様に」へのリンク

各人の予想した選手と結果がこちら。

若林:アリアン・フォスター 105ヤード

徳島アナ:モーリス・ジョーンズドリュー 177ヤード

春日:デビッド・ウィルソン -2ヤード



ここで、ん?、ランで稼いだヤードがマイナス?

そんなのあるの?

と思われた方がいるかもしれません。

そこで走った距離がマイナスになる、と言うことについて説明します。


トップの動画について見てもらいたいのですが。

0:04からプレイのシーンが写ります。

QB(背番号2)が真ん中に移り、右側には一部ですがオフェンスラインが映り、その延長にボールが置いてあります。

走った距離(「ラッシングヤード」と言いますが)は、この時ボールのある場所から、つまりプレイが開始されるときにボールのあった位置からどこまで前進したか、と言うことで測られます。

今QBはボールより3ヤードほど後ろに立っています。

つまり、マイナス3ヤードのところにいる訳です。

そして0:17からプレイが始まります。

ラインから出てきたボールを受け取ったQBは、背番号3番のRBにボールを渡します。

RBは走れる場所を探して横に流れますが、結局前進できずに0:20でタックルされてプレイが終わります。

この場合、最初にボールがあった位置から、RBがつぶされた地点までの距離が、走った距離となります。

最初のボールの位置より後ろですので、たぶん、マイナス3~4ヤードを走ったと言うことになります。

実質的には走れずにつぶされただけですが。


なお、もしこれが最初にボールがあった位置より前に行っていれば、最も前進したところまでがプレイが終わった位置とみなされます。

どう言うことかと言いますと…

例えば10ヤード前進したものの、そこからディフェンスに立ったまま4ヤード押し戻されてつぶされたとしましょう。

この場合、10ヤードの前進となります。

プレイが終わった地点、10ヤード進んで4ヤード戻りましたから、最初の位置から6ヤードと言うことになりますが、そこで終ったとはみなされません。

このように、結果的にオフェンスに有利なようにルールはできています。

まあこれも例外がありまして、細かいことを言うときりがないので、だいたいこんな感じ、と思っていただけると嬉しいです。


ところで「NFL倶楽部ブログ」の最新記事で、ワシントン・レッドスキンズ(WAS)のルーキーQB

ロバート・グリフィン三世(RG3)

について書いてあります。

「NFL倶楽部ブログ>ロバート・グリフィンⅢに接近!」へのリンク

番組の中ではWASのファンの一人が、RG3のことを

「ダグ・ウィリアムスが帰ってきたみたいだ」

と言っていました。

で、このダグ・ウィリアムスについて書いておきます。


ダグ・ウィリアムスは、スーパーボウルに初めて先発した黒人QB、初めて勝った黒人QB、初めてMVPを受賞した黒人QBです。

1987年度の第22回スーパーボウルにWASの先発QBとして出場し、チームを優勝に導きました。

特にWASは第2Qだけで5本のTDをあげ、35点をとりました。

うちウィリアムスのTDパスが4本ありました。

1Qだけで35点と言うのは今でもスーパーボウル記録で、この時のことは

「ザ・クォーター」

と言われています。

下記リンク先の3:20から、第22回スーパーボウルのダイジェストがあります。

そして4:38からが「ザ・クォーター」の始まりです。

白いジャージの17番で、ボールを投げているのがダグ・ウィリアムスです。

YouTube「Super Sunday: A History of the Super Bowl 1988 Part 6」へのリンク

今では黒人QBは珍しくありませんでしたが、当時は大騒ぎだったそうです。

日本でもそのことは報道されました。

私がNFLを本格的に見始める1年前のことで、その当時でもウィリアムスを含め、リーグには3人ほどしか黒人の先発QBはいなかったと思います。


ウィリアムスにはここに至るまでの苦労話もあるのですが、長くなりますので、それはまた別の機会に。


現在スカパーは秋の無料キャンペーン中で、今日日テレG+で放送される「NFL倶楽部」は、G+に加入していなくても見ることができます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

この夏は「ソルティライチ」をよく飲みました

20120901ソルティライチ

(キリンビバレッジの「ソルティライチ」)


この夏は、写真のキリンビバレッジの「ソルティライチ」をよく飲みました。

よく、と言ってもコーヒーほどではありませんが。


私はコーヒーを水代わりに飲みます。

家では紙パックのコーヒーを、職場では「ネスカフェ ゴールドブレンド」をいれて飲んでます。

でも、たま~にジュースが飲みたくなることがあります。

今まではだいたい「アクエリアス」などのスポーツ飲料や「DAKARA」などの健康飲料でした。

でも、今年は「ソルティライチ」をよく飲みました。


これは去年7月から発売されていたようですが、私が初めて見たのは今年の7月ごろ、職場の自動販売機ででした。

名前を見た瞬間に興味がわきました。

「塩かよ…面白そう」

と言う感じでした。

その時は買わなかったのですが、後日飲んでみると、期待をうらぎらないおいしさ、でした。

おいしさ、と言うか、気持ちよさでした。

ライチの香りが良いんですよねぇ。


下記記事によると、けっこう売れているようです。

MSN産経ニュース「キリン 世界のKitchenからソルティライチ」へのリンク


でもこれのCMって見た記憶がないんですが、あるのかなぁ?

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)について



(カーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」PV。歌詞と日本語訳付き)



特に好きと言う訳ではないですが、最近ちょっと驚いたことがあったので、

カーリー・レイ・ジェプセン

Carly Rae Jepsen

のことを書きます。

大したことは書けませんが。


先日スカパー無料の日になんとなくMTVをつけていたら流れてきたのがこの動画でした。

YouTube「Owl City & Carly Rae Jepsen - Good Time」へのリンク

カーリー・レイ・ジェプセン&アウル・シティーの「グット・タイム」と言う曲だそうですが、なんとなくどこかで聞いたことあるなぁ、と言う印象を受けました。

この時点で私はカーリー・レイ・ジェプセンと言う女の子が「コール・ミー・メイビー」と言う歌を歌って、それをジャスティン・ビーバーがほめたことで一気にヒットした、というニュースを何となく知っていた程度でした。

で、一応教養程度に聴いておくか、と言う感じで、トップに置いたPV動画を見て置いた程度です。

(純粋に英語の公式PVはこちらです

 YouTube「Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe」へのリンク


「グット・タイム」を聴いたのはそれから2~3週間後のことで、その時はカーリー・レイ・ジェプセンの歌だとは知らずに見てました。

ただ、この曲は前に見た「コール・ミー・メイビー」に空気が似ているな、と感じました。

そこで調べてみたら、なんだ同じ人、つまりカーリー・レイ・ジェプセンが歌ってるのか。

だったら同じ空気がしてもおかしくないな。

それにしてもそれに気づいた俺の感性ってすげぇ~、と自画自賛しながら驚きました。

自分にはあまりそう言う音楽に関する感性があるとは思いませんでしたし、邦楽ならまだしも、洋楽でそれに気がついたのには驚きました。


まあそれだけの話しです。


要は「Call Me Maybe」と言うサビの歌い方が「GoodTime」と同じような印象を受けて、この2曲が私の中でつながったんだろうと思います。

ね、大した話しじゃないでしょう (^_^;)



ちょっと話しを広げますと…


「イェプセン」じゃなくて「ジェプセン」と表記するんですね。

正しい発音がどうなのかはしりませんが、PCでローマ字入力するときには考えなくて楽です。

ローマ字入力するとき、「イェプセン」は「Y-E-P-U-S-E-Nとなりますが…あ、「Y-E」でも「イェ」になった。

でもめったに使わない言葉ですから、すぐ忘れそう。


「~セン」と言うのは北欧の名前で「~の息子」と言う意味だそうです。

と言うことは彼女は北欧系かな。


「カーリー」と言う名前ですが、「カーリー・ランボウ」(Earl L. (Curly) Lambeau)と言う人がいました。

この「カーリー」 (Curly) は、「髪の毛がカールしている」と言う意味のあだなで、事実写真をみると髪の毛がカールしています。

ですがカーリー・レイ・ジェプセンは、「Carly Rae Jepsen」と「カーリー」のつづりが違いますので、そう言う意味はないのでしょう。


「レイ」…

「ビバリーヒルズ青春白書」でそう言う役名のミュージシャンがいました。

ドナ・マーチンとつき合っていて、ドナのおかげでステージ恐怖症を克服した、と言う筋になってました。


ま、今回はこんなところで。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「キャッチャー」城島健司の引退に思うこと



(9/29のウエスタンリーグの試合の動画。城島捕手の最後の姿です)


9/28に、阪神タイガースの城島健司捕手(36)が引退を発表しました。

その日の朝に会社に向かいながら、駅の売店で「城島引退」と言う見出しの新聞を見かけ、電車にのってネットで関連するニュースを見たら、本当に引退するようで、引退会見をその日行う、と言う記事も見つけました。

最初はちょっと驚き、次は客観的に歴史的な選手を引退するのかぁ~と感慨に浸り、最後は、残念だよなぁ~と思うようになりました。


引退に関する記事、そうして動画は以下のリンク先です。

動画はこちら

YouTube「阪神・城島健司選手 引退会見」へのリンク

報道はこちら

東京新聞「城島引退「キャッチャーができなくなった」」へのリンク


動画を見ていると、あらためて城島捕手は頭が良いというか、言うこと一つ一つにセンスがあるな、と感じさせられます。

途中

「入団投手はキャッチーと言うポジションが嫌いで嫌いで、早く他のポジションで試合に出たいと思うこともあった」

と言っています。

これには驚きました。

今回の引退会見を見るまでもなく、城島捕手は人一倍「キャッチャー」と言うポジションが好きで、「キャッチャー」と言うポジションに誇りを持っている選手だと思いますから、そう言う時期があったとは知りませんでした。

(この時は一塁にコンバートしようかと言う話しも出たそうですが、松中選手が台頭してきたため、その話しはなくなったそうです)


2003年、福岡ダイエーホークスが最後に日本一になったとき、城島捕手はフルイニング出場しました。

捕手が1シーズン通してフル出場するのは空前絶後だと思います。

その時は

「一人でも多くの子供たちに、キャッチャーって面白いな、と思ってもらいたい」

と言っていたと思います。


とにかく城島捕手は人一倍「キャッチャー」にこだわった捕手だと思います。


動画の中では、「ホークス」「ダイエー」「ソフトバンク」と言う言葉は一度も出てこなかったと思います。

「タイガースファンに申し訳ない」と言う言葉とは対照的に。

それについて私はどうこう思いません。

むしろ潔くていいな、と感じます。


でも、さすがに「王さん」と言う言葉は出てきましたね。

そう言えば、城島捕手が中学生だった頃、当時プロ野球界の前線から退いてフリーだった王氏と野球教室で出会ったそうです。

王氏は城島少年の能力に驚き

「君はこのままがんばって力を伸ばして、ジャイアンツに入りなさい」

と言ったそうです。

そしてジャイアンツではなく、ホークスで再会することになります。

面白いですね。


王氏自身が中学生の時に当時毎日オリオンズの選手で、たまたま散歩をしていた荒川氏と出会って左打ちに転向しました。

そして東京讀賣ジャイアンツで二人は再会し、一本足打法を編み出して「世界の王」となるわけです。


この調子で行ったら、城島捕手がこれから球界に指導者として復帰するまでにどのこかで天才少年と出会い、のちにどこかの球団で指導者と選手と言う立場で再会するかもしれません。

その「どこかの球団」が福岡ソフトバンクホークスであってほしい、とは特に願いません。

そうであったらいいな、とは思いますが。


城島捕手にはホークス時代、そして国際大会で本当に良い思いをさせてもらいました。

ありがとうございました。

お疲れ様でした。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~