2012年11月の記事 (1/1)

小久保裕紀とMr.ビーンが選んだ、それぞれの道



(ロンドンオリンピックの開会式でのローワン・アトキンンソン)


まずはじめに、「Mr.ビーン」で一世を風靡したローワン・アトキンソン氏の話題です。

ローワン・アトキンソンは、つい先日、今後Mr.ビーンを演じない旨を表明したそうです。

ロケットニュース24「【衝撃】あのMr.ビーンが突然の引退宣言! / ネットの声「ただただ悲しい」」のリンク

この夏のロンドン五輪の開会式でサプライズ出演して、「Mr.ビーン健在」と思い知らされたばかりなので、驚きました。

他の記事では、引退の理由をこう語っています。

「Mr.ビーンは商業的な成功を収めた、僕にとって極めて大事なものだけど、とてもフィジカルで子供っぽいものだ。

(中略)

自分の身体的能力が衰えてきたという事実は別にしても、50歳代の人間が、こういった子供じみたことをやるのが、少し悲しく思えてきたというのもあるね」


今後はシリアス路線の俳優に転向したいそうです。

あの表現力の豊かさならそれも可能でしょう。


しかし上記記事にありますよう、イギリスのネットユーザーからは

「残念」

の声があがっているそうです。


ですが、周囲の期待を振り切ってでも、アトキンソン氏は自分の望む道を行くようです。


そして話しは変わって、次は、今シーズンで福岡ソフトバンクホークスを引退した小久保裕紀氏の話し。

下記記事によりますと、どうもこれからは講演や野球解説者仕事をするようです。

Yahooトピックス「「弁当は自分で買うんだ」小久保氏 胸に響いた江川氏の言葉」へのリンク

この記事自体が、深いはなしやなぁ~、と思うのですが、私が食いついたのは以下の箇所です。

「「人間、小久保裕紀を磨きたい」と当面は野球界から離れることも考えていた。未踏の富士登山や世界旅行など、やりたいことは山ほどあった。だが、選んだのは8度、手術した野球人生を伝える講演活動、野球解説者の仕事だった。

 「人間、求められるうちは応えなければいけない。そう思う。やりたかったことはあったけど、もう忘れたよ。これからは一人の人間・小久保裕紀で頑張りたい」

 求められることに応える。いきなり失敗した。だが、積み重ねで自分は成長すると確信できる。」

確かに小久保氏には、しばらく野球から離れて自叙伝を書くと言っていた記憶があります。


ですが結局、周囲の期待にこたえて、解説者とは言え野球界に身を置くことを選んだようです。


ローワン・アトキンソン氏と、小久保裕紀氏の対照的な選択を見て、いったいどっちがいいんだろう、と思ってしまいました。

ここで言う「いい」とは、本人が幸せで周囲もハッピーにできること、またはそれに近づけることです。

どちらも「いい」ことになるんでしょう。

自分の望むことを通して、最終的に期待とは違った形で周囲を幸せにもできるでしょう。

周囲の期待にこたえ、周囲が幸せになるのを見て、それが自分の幸せ、と思うこともできるでしょう。


どちらかと言うと、自分のやりたいことを通す方が難しいかもしれません。

周囲の期待にこたえるには、周囲の言うとおりにやればいいのですから。

自分のやりたいことを通すには、最終的な姿は想像できても、そこに至るまでいろいろと試行錯誤することでしょう。

ただ、そうやって苦労することは、決して不幸なことだとは思いません。


私は名言マニアなんですが、好きな言葉の中には、矛盾する二つがあります。

「自分の考えた通りに生きなければならない。 そうでないと、自分が生きた通りに考えてしまう。」



「人に好かれるように生きねばならない。 なぜなら、人は一人では生きていけず、人の助けが必要になるから」

と言う二つがそれです。

(後者は野村克也氏の言葉ですが、正確な記述は覚えていません…すみません)

きっとどちらも真実なんでしょう。

そのバランスをとることに悩むことも、人生なのかもしれません。


そんなことを考えた、小久保氏とアトキンソン氏の選択でした。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【2012年Week11】「NFL倶楽部ブログ」のことなど

先週更新された「NFL倶楽部ブログ」のことなどを書きます。

1.「NFL倶楽部部ブログ」の解説

先週の放送後に書かれた「NFL倶楽部ブログ」の記事は下記リンク先です。

NFL倶楽部ブログ「NFLに油断は禁物!そして、オードリーがSBを語る!」へのリンク

この中に出てきた言葉や表現についていくつか解説を書いておきます。

正確なことを書くとわかりにくくなりますので、大ざっぱに書いていることをご理解ください。

1)ランアフターキャッチ

パスを受けた後に走ることです。

2)余裕で1勝だと確信してました

相手のジャクソンビル・ジャガーズは、ここまで1勝しかしていませんでしたから。

3)ワイルドカードでのプレイオフ進出

NFC、AFCの各カンファレンスから、地区優勝をして、かつ勝率の良い4チームのみ、プレイオフの1回戦であるワイルドカードの試合を免除されます。

つまり1週休めるわけです。

4)デプス

「選手層」のことです

5)フォルススタート

オフェンス側の反則のこと。

ボールがスナップされる前に、動き始めることです。

6)マニング学校

番組でも語られていたことですが、今季からデンバー・ブロンコスに移籍したペイトン・マニングは、試合中に若手の選手たちにサイドラインで、若手の選手にプレイのことを教えています。

その様子を指しています。

7)本当にブロンコスは"マニングス"みたいになってるよな〜。1人であそこまで変えるというのはスゴイですよね

本当にすごいことだと思います。

最近では2009年にミネソタ・バイキングスに移籍したブレット・ファーブが、もうちょっと前になりますと、1993年(だったかな)にカンザスシティ・チーフスに移籍したジョー・モンタナがチームを変え、いずれもスーパーボウルの一歩手前までチームを導きました。

特にモンタナの移籍の場合は、それまでラン主体だったチームが、モンタナのショートパス中心のスタイルに変わりました。

そうかえたHCもすごいと思います。

8)1試合丸々は...今度、観戦パーティーかなんかやってください!

オードリーのオールナイトニッポン」のリスナーならご存知かもしれませんが、今シーズン前から、くりぃむしちゅう上田が、若林の家で観戦しながらアメフトを習っています。

ですが、上田はどうしても残り30分ぐらいには飽きてしまうそうです。

9)水曜日にHOOTERSで『NFL NIGHT』やってるよ!

そのまんまで、HOOTERS TOKYOとHOOTERS GINZAでは、毎週水曜に、NFLの放送を流して盛り上がっているようです。

詳細は下記リンク先を参照下さい。

NFL JAPAN「NFL NIGHT2012 @ HOOTERS TOKYO・GINZA」へのリンク

私はまだ行ったことがないです。

10)春日さんのおうちって、アレですよね!

ご存知、杉並区阿佐ヶ谷の「むつみ荘」です。

風呂なしで、たしか家賃は3万5千円だったかと思います。

11)さすが毎回、予想で使う資料を赤ペンで真っ赤になるまで考えている

春日は事前の準備に熱心で、「オードリーのオールナイトニッポン」でも、フリートークのために、ストーリーをつづった「D本」と言うものを用意しています

12)QBマット・ショーブが527ヤード投げています

今回ヒューストン・テキサンズは、追いかける展開でした。

追いかける展開の時は、時間をかけないようにするため、パスプレイが多くなります。

ですから、今回はショーブがこんなに投げたのです。

13)パント

アメフトは4回で10ヤード以上進めば、また攻撃を続けることができます。

ですから4回攻撃できるのですが、3回で10ヤードいかないときは、4回目でも10ヤードいけない、と言う考え方をして、ボールを蹴ります。

これがパントキックです。

パントを蹴ると、自動的に相手の攻撃になりますが、相手を自陣から遠ざけることができます。

攻撃力のないチームは、パントの回数が多くなります。

なお、ゴールに近ければ、フィールゴールを蹴ったりします。

また、状況によっては、4回目も攻撃を続行します。

これを「ギャンブル」と呼びます。

14)ペイトリオッツはあまりパントを蹴ることがないから

ペイトリオッツは攻撃力が高いので、最後は得点で終わることが多いので、あまりけることがないのです。

15)ルイジアナ

次回のスーパーボウルが行われる場所。

スーパーボウルは、何年も前から開催地が決められています。

この点が野球と違うところです。

何年も前から用意しないと間に合わないのです。

16)ステのタオル

「テリブルタオル」と言われる黄色いものです。

これは「恐るべき」の意味の「テリブル」と、これが降られ始めた1970年代のエースQBテリー・ブラッドショウのテリーとをかけたものです。

17)ネタ見せじゃないけど日テレG+のプレイオフ、ジャイアンツ戦の収録の時にでも

ぜひ、ゲストではなく解説者としてのトークを聞いてみたいものです。


2.TOP10の10位はあの人

NFL JAPANでは、毎週TOP10プレイの動画を掲載しています。

今週のは下記リンク先にあります。

NFL JAPAN「【第11週】TOP10プレイ」へのリンク

10位にあのサマンサ(サム)・ゴードンちゃんが入っています。

NFLのサムちゃんの囲い込みようはすごいな、と驚きます。

最近はあるフレークのパッケージに写真が使われ始めたとか。

それにしても、ポジションはQBだったのか…

てっきりRBかと思ってました。


3.頭を丸めたチアリーダーの話し

インディアナポリス・コルツのチアリーダーが、病院への募金のために、試合中に髪の毛を剃って丸坊主になった件です。

下記リンク先の動画の頭の方に、そのシーンがあります。

NFL JAPAN「【第12週】ビルズ対コルツ」へのリンク

このブログでも、おととい取り上げさせてもらいました。

「世界で一番 美しいチアリーダーの物語」へのリンク

でも、日本のメディアでは、これを書いている時点では、下記リンク先でしか記事を見かけませんでした。

毎日新聞「NFL:チアリーダーが試合中丸坊主に」へのリンク

いい話しなので、もっととりあげられてもいいのになぁ~、と思います。

「トゥースポ」でとりあげてくれないかなぁ~


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

『テルマエロマエ』の感想~ネタばれ注意~



(4月に劇場公開される前の予告動画)


4月28日に公開された映画

「テルマエロマエ」

が、今月に入って、11/9にレンタル開始となり、11/23にDVDとブルーレイが発売になりました。

「テルマエロマエ公式サイト>ブルーレイ&DVD情報」へのリンク


映画については、上映期間に、女房がネットで評判をチェックしていて、そうとうおもしろいとの声をたくさん拾っていましたので、レンタル開始をずっと待っていました。

(私は映画館で見るのは好きじゃないのです)

そしてようやく、去る11/23にブルーレイをレンタルして、見ることができました。

これからその感想を書きます。


1.見る価値はある映画だったのか

TSUTAYAで1泊2日、400円で借りて見ました。

その価値はあったかといいますと、どちらかと言うと、「ある」だと思います。

話題になった映画ですから見ておきたかったですし、大学で西洋史を先行した私にとっては、とても興味がありました。

しかも私の場合、教科書に書いてない隠れた部分を知ることが好きなものですから。


全体的な流れは、前半と後半で大きく分かれると思います。

そして、前半はとても楽しめましたが、後半はやや強引に「起承転結」の「転結」を作ったな、と言うものが感じられて、前半ほどはおもしろくないと思いました。

ですが、後半でも、歴史用語などがでてきて、面白かったです。

前半は主人公で、テルマエ造りに限界を感じていた技師ルシウス・モデストゥス(阿部寛)が、ハドリアヌス帝千佳の古代ローマと現代日本を行き来するストーリーです。

ルシウスは現代日本の風呂文化をローマのテルマエに持ち込んで、成功を収めます。

ここら辺は、日本人(「平たい顔の民族」)と古代ローマ人とのやりとりやら、ルシウスがローマのテルマエに、どう現代日本の文化を反映させたか、とか楽しみどころ満載でおもしろかったです。


後半は現代日本からタイムスリップしてきた山越真実(上戸彩)が、歴史が変わって行くのをおそれ、ルシウスと二人でその修正に奔走するものでした。

そしてハッピーエンドとなりました。

無理やりに「転結」をつけたと書きましたが、流れ自体は自然だと思います。

ただ、ここのくだりはなくてもいいのにね、とも思いました。

でもそれがないと、ストーリーとしては不十分で、映画にはできなかったでしょう。


私がこれを人に勧めるかどうかですが、たぶん勧めるでしょう。

「超おもしろかったよ」とまでは、私には言えませんが、十分に面白かったと思います。


2.見る前提として、ローマ史の知識は必要か?

必要だったら、コミックも映画も、これほどヒットしなかったと思います。

高校の授業で習うレベルぐらいまで知っておくと、さらに楽しめることは間違いないです。

私も古代ローマについては、塩野七生先生が書いたものをほとんど読んでおらず、高校で習った程度した知りません。

登場人物に五賢帝の一人、ハドリアヌス帝が出てきますし、後にその一人に「アントニヌス・ピウス」として名を連ねる人物が出てきます。

でも、私はハドリアヌス帝がどんな人で、どう言う功績を残したかは全然知りませんでしたし、アントニヌス・ピウスについてもそうです。

後は、ローマ皇帝がテルマエを作ることも治世の中でも重視した事業であったこと、百人隊と言う部隊がいたことぐらいしか、この映画に関ついて役立つ知識はなかったかな、と思います。

だから、ローマ史の知識なんてなくても、十分に楽しめます。


ただ、どうしてハドリアヌス帝の治世の最中に、先代のトラヤヌス帝が残したローマ帝国の領域が縮小されたのか、と言うことは今まで考えもしませんでしたが、へ~、っと思うところがありました。

帝国の版図を広げると言う名声より、広くなった帝国は治めにくい、と言う現実的な考えを優先させたのですね。

「広いだけではだめだ」

と言うせりふが、ハドリアヌス帝を演じた市村正親の口から出てきて、そう思いました。

私は単に、帝国がやや狭くなったのは、他国が巻き返してきたからだろう、としか想像していませんでした。


3.最大の驚き

(多分に私の思い込みと先入観、さらには偏見もあると思います。)

私がこの映画で最も印象に残った台詞は、ルシウスが最初のタイムスリップで日本の銭湯に現れた最中に発せられたものです。

ルシウスは自分たちと全然違う顔の作りの人々を見て、そこを属州(ローマが征服戦争で手に入れた土地)だと勘違いします。

しかしその高度な文明に驚愕して、正確には覚えていませんが、こんなことを言います。

「我々征服者ローマ人は、この属州の文明を吸収する権利がある」


これはけっこう衝撃的な言葉でした。

と言うのは、オリジナルのローマ帝国がヨーロッパから消えた後、ヨーロッパを支配したキリスト教は、自分たちの宗教観や文明をひろめ、征服した土地の文化を吸収することがあまりなかったからです。

私は高校では、ローマ帝国は征服したギリシアに学んだりして、オリジナリティにはやや欠けるものの、いいところどりをやった、と習いました。

そうそう、ローマ人は他国の文明に寛容だったんだ。

だからあれだけの広大な土地を治めることができたんだろう、と思います。

イスラム帝国やオスマン・トルコ帝国も、金銭などと引き換えにイスラム教を強制しませんでした。


もしキリスト教と言うものがヨーロッパを支配しなかったら、歴史は大きく変わっていたのはあたりまえのことですが、内面的な価値観と言うことについても、変わっていたんだろうなぁ、と思いました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

世界で一番 美しいチアリーダーの物語

20121126コルツチアリーダー

(インディアナポリス・コルツのマスコットとメーガンさんとクリスタルさん

 どっちがどっちかは…すみません、わかりません)

インディアナポリス・コルツのチアリーダー、メーガンさんとクリスタルさんは、昨日のホームでのバッファロー・ビルズの試合中、サイドラインで髪の毛を落として、坊主頭にしました。

この2人の「世界一美しいチアリーダー」について書きます。


2人が頭をまるめた事情は、次の通りです。

先日、日本のテレビでも紹介されましたが、白血病と闘うHC(監督)について、サポートを表明するために、チームの選手が頭を丸坊主にしました。

インディアナポリス・コルツのHCチャック・パガーノと、先発QBアンドリュー・ラックをはじめとする選手たちのことです。


それだけでもすごい話しだと思っていたのですが、今度は、チアリーダーまでも丸坊主にする旨が発表されました。

アメフトNewsJapan「コルツのチアリーダーもビルズ戦で丸坊主に」へのリンク

簡単にストーリーをまとめますと…

パガーノHCが治療を受けている病院への寄付を募るために、INDのチームマスコット(アカウント「@BlueColtsMascot」)が、募金が目標額に達したら頭を丸めてくれるINDのチアリーダーはいないか、とtwitterで募集しました。

すると、「@ColtsCheerMega」と言うアカウントを持つチアリーダー、メーガンさんが、手をあげたと言うことです。

そして、それを知った人々から募金が集まり、10,000ドル(約80万円)の目標額のところが、22,670ドル(約181万円)が集まったそうです。

そして、前述の通りバッファロー・ビルズをホームで迎える試合で、メーガンさんと、後から手をあげたクリスタルさんは、観客が見守る中、頭を丸めました。

試合は、コルツが勝ちました。


ものすごい話しだな、と思います。

チアリーダーはもちろん女性です。

洋の東西で考え方は違うのかもしれませんが、少なくとも私には、女性にとって髪の毛は命の次に大事な物の一つだと思います。

まあ、私は男ですから、本当のところはわかりませんが。

とにかく、それを差し出すとは、なんと勇気ある行動だと敬服します。


マスコットも以下のツイートのように、事前に本気かどうか確認しているほどです。

「R U serious??? You'll let me shave ur head? #OperationShaveMegansHead RT @ColtsCheerMegan: count me in! I'll do it I'm #ColtStrong 」
https://twitter.com/BlueColtsMascot/status/267661028379222017


「本気かい?俺があんたの髪の毛をそることになるんだぜ?」

といった意味になるのでしょう。

これに対し、メーガンさんはこう答えています。

「@BlueColtsMascot I'm totally in! Let's put it on paper and make it official! #let'sdefeatcancer」
https://twitter.com/ColtsCheerMegan/status/267662444699205632

「本気、本気!!。このことを新聞などに書いて、公式な宣言にしましょう。」

ちょっと自信はないですが、こんな意味だと思います。


この件はNFLや米大手メディアが、大きく伝えています。

中には、動画を載せているサイトもあります。

NFL.COM「Indianapolis Colts cheerleaders shave heads in honor of Pagano」へのリンク

髪の毛をそられる二人は、手をつないでいます。

これを「絆」ととることもできますが、やはり二人とも少し怖いんじゃないかとも思います。

よくがんばってくれました。


適当な言葉で検索すれば、髪を落とす前の、美しい2人の姿を見ることができます。

ですが、私は今の2人の姿の方が、より美しいと思うのです。

だから、あえて以前の2人の姿は、この記事には載せないことにします。

私だけが美しいと思っている訳ではないようです。

メーガンさんのお父さんは、客席からこんな意味のサインを送って見守っていたそうです。

「メーガン、坊主頭のお前は美しい。

 お前は立派なチャックのサポーターだ。」


ところでこのインディアナポリス・コルツと言うチームですが、7勝4敗で、シーズン前の予想を上回る勝ち星をあげています。

昨オフ、長くチームを支えた、歴史に残るQBペイトン・マニングや、歳をとった主力選手を放出し、ドラフト1番目の指名で獲得したQBアンドリュー・ラックを中心に、チームの立て直しをはかることになりました。

だから、今シーズンは再建期のはじめなので、そう多くは勝てないだろう、と思われていたのです。

しかし、このような結束もあってか、予想外の快進撃を見せてくれています。


アメフトはデリケートはチームスポーツだと言えるでしょう。

少々チームの和を乱しても、試合で結果を残せばいいんだろう、と言う考え方は通用しないようです。

低いレベルでは、それも通じるかもしれませんが、NFLほど成熟した高いレベルのリーグになると、勝敗を分けるのは、こんなことも大きな要因だと思います。

世界でも3番目に強い日本のアメフトでも、代表チームを組む際は、いくら運動能力が高くても、チームに従わない選手は絶対にメンバーに入れない、と読んだことがあります。

逆に言うと、日本は体格などで劣る面を、規律正しいチームプレイで補って、勝っている面もあるように思えます。

今、インディアナポリス・コルツはそれをNFLで具現しています。


そして、コルツファンの中にも、自ら坊主頭になって、パガーノHCを応援することをアピールする人もいるようです。

こちらにそのニュース動画があります。

Dailymotion「Colts Fans Shave Heads」へのリンク

かつてバスケットとインディカーレースが盛んで、アメフトはそれほどでもなかったインディアナポリスの街は、フットボールの色を濃くしているようです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ラグビー早慶戦を見て思ったこと~2012年~

20121124早慶ラグビー

(試合後、引き上げる早稲田の選手)

2012年11月23日、今年も無事早慶ラグビー、早稲田大学対慶應義塾大学の試合を、テレビ観戦することができました。

ラグビー早慶戦が毎年11月23日に行われるのは、この日が晴れの特異日のひとつであることが理由だそうですが、今年の11月23日は、弱い雨が降り続く中での戦いとなりました。

そのため、水を吸ったボールのハンドリングで、いくつかのミスが見られました。

雨の早慶戦は37年ぶり6度目だそうです。

早稲田を応援するものから見た感想をいくつか書きます。


1.おおまかな試合の感想

31-10で早稲田が勝ちました。

前半は10-10のタイで終わったのですが、後半早稲田が3トライをあげたのに対し、慶應は無得点でした。

スポーツ報知「中ヅル今年も3T!“早慶戦男”で早大勝利!…ラグビー」へのリンク

今回は21点差をつけての完勝のように見えますが、それほどの力の差はないように感じました。

ただ、前半に逃し続けていたチャンスを、後半はいくつかものにすることができたので、その差だと思います。

慶應にもチャンスはありました。

特に後半12分ごろから始まり、6分ほど続いた早稲田ゴール直前での攻防と、さらにロスタイムに入ってからの、同じく早稲田ゴール直前での攻防は、本当に惜しいものでした。

前者については、まだ7点差の段階でのチャンスだったので、ものにしていれば、展開はおろか、勝敗もかわっていたように思えます。


早稲田はいい形のトライをあげることができたと思います。

下記の4つの形でトライができたことは、手持ちのカードを増やした、と言う意味で今後の自信になると思います。

・流れの中からのトライ

・セットプレイ(スクラム)からのトライ

・モールで押し込んでのトライ

・相手のミスからこぼれたボールを拾ってのトライ

相手が慶應と、強いライバルからですから、そのことも自信になるでしょう。


早稲田はここまで帝京大学と筑波大学に敗れて3勝2敗と、例年になく苦戦しているようでした。

この2敗はいずれも後半に逆転されたものだそうです。

監督は

「今日はこれまで辛抱しきれなかったところが修正できたのが良かった」

と語っていました。

きっとそうなんでしょう。

今度の日曜の早明戦、そして全国大会に向け、良い試合ができたと思います。


2.慶應のプレイについて

慶應については、前述の通り、21点差をつけられるような稚拙なプレイぶりではなかったと思います。

伝統の低いタックル「魂のタックル」も見ることができました。

「あそこにタックルに行くのは、そうとうこわいはずですよ」

と解説の砂村氏がほめているものもありました。

惜しむらくは、ボールのハンドリングがうまくできなかったこと。

ノッコンがいつもより多かった気がしますし、ミスリードのパス(パスしたボールが走って行く方向と逆側へ行くこと)も、多かった気がします。

これは早稲田にも言えるのですが、おそらく雨の影響で、水を含んだボールをハンドリングしなければいけなかったことも要因だと思います。

だから、慶應は全国大会に出ても簡単に負けることはないだろうと思います。


3.ディフェンスを愛でるスポーツ

私にとってラグビーとは、唯一オフェンスよりはディフェンスが見どころのスポーツです。

他に見る野球やアメフトでは、そうそうディフェンスマッチが面白い、と言うものではないです。

ですがラグビーの場合、少ないチャンスでものにしたリードを、耐えに耐えて守り切る、と言うのが最もおもしろい展開だと考えます。

前述しましたが、今回そんなシーンゴール前での堅守が、後半の12分から6分ほどに渡って見られました。

ニッカンスポーツ「早大耐えて慶大を破る/関東大学ラグビー」へのリンク

見ごたえがありました。


4.ドロップゴールと言うカード


これから書くことは、この試合で最も考えさせられたことです。

早稲田の小倉選手が、前半37分辺りで、約45メートルのドロップゴール(DG)を決めました。

DGはめったに見られるものではないので、テンションが上がりました。

そしてふと疑問に思ったのは、DGを決められた側(今回は慶應大)は、そのプレイにどう言う考え方を持つのだろう、と言うことです。


野球では無走者からのバントは、それが失敗しても、守備側に、この選手にはこう言うカードもあると思わせます。

バントをした側は、そのことによって、備えなければいけないことが増やさせ、相手の集中を分散させることができます。


アメフトでも同じことが言え、昔よくテレビで、失敗してもいいから一本長いパスを投げておくと、この選手には長いパスもある、と思わせることができて有利だ、と言うことをよく聞きました。


アメフトのコミック「アイシールド21」では、アメリカ代表の選手が

「ゲームは、こう言うカードもある、と思わせた方が勝ちだ」

と言うセリフをはいています。


長くなりましたが、小倉選手のDGを見て、ではラグビーのDGはどうなんだろう、と思いました。

DGは運も必要なプレイです。

いったん地面にボールを落として、バウンドしたボールをゴールポストめがけて蹴る訳です。

しかし何せボールが楕円形ですから、意図したとおりにバウンドしてくれるかどうか…


そんな成功率が比較的低いプレイに対し、あいつにはDGと言うカードもある、とそちらにも注意をするようになるのでしょうか。

それともDGは事故みたいなものだから、それほど神経質にケアする必要はない、と割り切るのでしょうか…


考えてみれば、私は野球やアメフトを「カードの見せあい」と言う競技でもあることを認識して見ていましたが、ラグビーに関しては、そう言うことをあまり意識せずに見ていたように思えます。

今度から、次週12/2の早明戦からは、そう言うことも意識して見てみるようにしよう。

そう思わせてくれるプレイでした。

失った品格を取り戻せるゲームを期待しながら。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

11/25「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想

20121125縦綱引いちゃった

(若林の話しを総合すると、若林のiPadはこんな感じの壁紙になるんですが、まあ、あの話はネタでしょう)


11/25未明に放送された、11/18「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回の特徴としては、オープニングと二人のトークが短く、1時台からコーナーが始まりました。

また、見えない時間帯がけっこう長かったです。

それはそれで楽しいのですが。


1.番組の流れ

1)オープニング

年末のスケジュールから、若林のiPadとDちゃん(マネージャー)のPCとが同期しており、二人の入力内容がお互いにわかると言う話し。

若林が森崎料理研究家が好きで、その画像を集めているとか、壁紙が井上真央が綱を引いているものだとか

実は私はITの世界に居ながら、どう言うことなのか詳細なところまではわかりませんでした。

本当かな~、その話し、と半分疑いながら聴いていました。

ちなみに同期の設定は、違う事務所の山ちゃんにやってもらったそうですが、ITの世界では、いくつかの会社が一緒に仕事をすることは珍しくないので、まあ普通のことだな、と思って聴いていました。


そして、先週若林が話したキャバ嬢の話しで、彼女から返信のメールが来たと言う話題に移りました。

春日はその内容を聞いて、それは営業メールだよ、と忠告。

若林はそれを否定し、彼女はカナダへの留学のために働いている娘さんなんだ、を(多分ふざけて)通す。

そんなやりとりがありました。

(以前、カナダに留学していた「しのぶ」と言う名前のかたと仕事をしたことがあります。

 男性ですが)

途中で、彼女が本当にそんな子なのか、なんなら店から検証放送やるか、と言うくだりが面白かったです。

まあ、スポンサーやリスナー層を考えると、まずそれは無理でしょうが。


最後は

「政治はどうですか、春日さん」

「急だね。

 そんな話しできないよ」

で終了。


1時25分までと、やや短めのオープニングトークでした。


2)若林トーク

先輩をいじる後輩の話しでした。

最初は、くじらが19歳下の事務所に入りたての子にいじられていると言う話しでした。

そして途中から、若林が事務所のとんがっている後輩と、仕事の帰りに新橋の中華料理屋に行ったときの話しへ。

若林「なんでも食べていいからさ」

後輩「いや、そんなくえないわ。

   わしゃフードファイターか」

若林「俺はあまり食べないからさ」

後輩「女子力高いな。

   ヘルシーやな」

若林「休みの日とか何してるの?

   俺はずっとソファーに寝てるけど」

後輩「暗いな」


そんな感じでため口でガンガン突っ込んでくる後輩を楽しんでいた若林でしたが、最後に

若林「お前今度ため口でつっこんできたら、殺すからな」

(「殺すからな」は比喩的表現で、もちろん本当に殺人を犯すと言う意味ではないです)

と言いました。

しかし後輩は最後までツッコむことをやめず

後輩「いや殺すって!」

と言ったそうです。


3)春日トーク

千葉の市原へゴルフに行った時の前夜の話しでした。

今回はゴルフの前日に前乗りで現地に行ったところからトークがスタート。

「早々に家を出たね」(若林)

「トークの前乗りだよ」(春日)

その後、現地について中京テレビのディレクターさんと居酒屋に行き、熱い仕事の話しなどをしたそうです。

そこから「スナックへ行こう」と言う話しになり、その店と同じ経営者がやっているスナックへ送迎バスで移動。

スナックに入ると、そのディレクターさんの態度が一変して、スナックモードになったそうです。

「俺のケツ、すっごいきれいなのよね。

 見る?」


と言っていきなりケツを出したそうです。

確かにきれいだったと春日は語っていました。

この辺は、名古屋の人特有のサービス精神かと思ったそうなのですが、その方は名古屋でも10件ぐらいの店から出禁(出入り禁止)を言い渡されているそうなので、その方特有の癖なのでしょう。


私はこれまで名古屋の方と何人も出会ってきましたが、名古屋の人だからどう、ということを感じたことはないです。

そろって中日ドラゴンズのファンであることを除けば。


4)「カスッター」

こんなものが読まれました。

・「カモフラージュのために、熟女AVと熟女AVにはさんで、女子高生ものを借りた」

 これはないね。

 まずそもそもレンタルしないもん。

 ネットで済ますから。

 とのことでした。

 
・「そろそろ今のゲームも飽きてきたな、そうつぶやいていたらまた誰かがくれるだろう。人生って素晴らしい」

 本心だね。

 そろそろまたバイオハザード系のゲームをしたいので、送ってください。

 と春日がリスナーにせびってました。


・「大喜利でおもしろい物も出せなければ、めちゃくちゃおもしろくないものも出せなかった。地獄だ」

 本心だね


・「鬼がわらをやっている時は本当に落ち着く、白目をむくことで、お客の顔を見なくて済むからだ」

 本心ではない

・「新ギャグを求められた時のために、そろそろ『おぼっちゃま君』を読み返そう」

 たしかに『おぼっちゃま君』にインスパイアされている面もあるけど、正確には、作家さん読んで考えよう、だね。


・「テレビをつけたら、ちょうど「アパー」のところだったので、あわててチャンネルを変えた」

 ないね。

 周りの反応を見てからかえるね。

 と春日は否定していましたが、若林はそうやったことがあるそうです。


・「変に滑らされてるな、と思うことがあるけど、それは自分が悪いんだろうな」

 違うね


・「今日タバコ3箱目」

 そもそも吸わないからね


・「私はラジオに向かない芸人ではないか。だめだ、こんなこと考えてちゃ」

・「「たりないふたり」…春日と山ちゃんを比べられるのはつらい」

・「収録でうまくいかなかった。今日は彼女をめちゃくちゃにしたい」


ところで、「テレビをつけたら、ちょうど「アパー」の…」の後から全裸ラジオが始まりました。

若林の「全裸で「アパー」やってよ」と言う話しでそうなり、「神アプリ」の収録で春日を脱がしたら、ナッツが変な場所にあったけど、それ再現しようよと言うことに。

最後は若林も、「俺もそうなるかな」と言って全裸になって挑戦。

そうなることが確認されました。

どこで服を着たかはわかりませんが、今週のANN公式の写真が楽しみです。


5)「中高一貫 私立オードーリー学園」

一問を除いて、すべて歴史の問題でした。

・「江戸時代末期にペリーは何に乗ってやってきたか答えよ」

 ←「バナナボート」

・「江戸時代中期の発明家、平賀源内が発明したものはなんでしょう」

 ←「箱の中身はなんでしょう」

・「あの天才ピカソまでもが、信頼できるものだとしているものは」

 ←「お笑いナタリー」

・「明智光秀が本能寺の変をおこした理由を答えよ」

 ←「ドッキリのつもりが、部下の手違いで引っ込みがつかなくなった」

・「宮本武蔵と佐々木小次郎が対決したのはどこか」

 ←「ZEPP東京」

お笑いナタリーについては、私もお笑いネタで記事を書くときには、なるべくお笑いナタリーを読んでから、状況を把握して書くことにしています。

ところでこう言うツイートもありましたが、真相はどうなんでしょう。

「まさか全裸で下ネタ禁止のコーナーやってませんよね…??」

このコーナーは明光義塾さんのコーナーですからね。


6)「勝手にジャンクション」

あいかわらず書きとめる時間がないこのコーナー。

一つだけ紹介します。


若林「この後12時からは、アニマル浜口の「アニマルマニュアル」。

   冬眠したヒグマを起こした時の対応教えます。」

春日「来年春、書籍化決定」


7)「こんな漫才が見たい、超時空漫才」

誰と誰が組んだ、まで書きとめましたので紹介します。

どういうことをやった、までは文字数が多くて、書きとめられませんでした。

・「栗原類と太宰治で「人間失格」」

・「タカトシのトシとジョン・レノン」

・「ビックスモールンとジャイアント馬場で、「ジャイアントビックスモールン」」

・「テツアンドトモとジョン・レノンで、「テツアンドトモアンドジョン」」


8)しんやめ


9)エンディング

ここまで3年ANNをやってきて、放送回数も160回を超えた、と言うことから、春日に、いくつまでお笑いやりたい、と言う話しになりました。

最低58歳だそうです。


そして、今年もチーム付け焼刃の忘年会をやらなきゃ、と言う話しへ。

去年は麻布と言う場違いなところでやったけど、今年はさらに場違いな代官山でやろうかと言う話しへ。

麻布の件はANNで紹介されましたが、今度は代官山の話しが聴けるのでしょうか。


そんな感じで、今回は行きがかり上全裸になったこと以外は、ゲストも告知もない、ある意味オードリー三昧な回でした。


2.太宰治について

うちの本棚には太宰治の小説や、マニア本が並んでいます。

すべて女房のものです。

女房は「信者」に近いほどのファンですので。

私は「走れメロス」と「人間失格」を、行きがかり上読むことになったので読んだだけで、まったく興味がないです。

と言うか、そもそもフィクションの小説を読むことがまずないので、太宰治だから興味がない、と言うことではないです。

たぶん。


3.人見知りの件

若林が「人見知り」な件について、尾木ママから

「人見知りなら芸能人にならないでしょ」

と言われたそうです。

その再現を尾木ママの真似を交えてやってくれて、すごく似てて笑えました。


また、いろんな番組で、いろんな心理学者などから

「自分のプライドを傷つけられたくないから、人見知りなんだろう」

と必ず言われるそうです。

「いやそうじゃなくて。俺は(一部を除いて)人に興味がないだけだから」

相手が作家さんのような人になると

「前々から本読んで予習して、いろいろと聴いちゃう」

そうです。

多くの人はそうじゃないかな、と思います。


人見知りとは関係ないと思いますが

「スーパーボウルとかにいっちゃうと、前の日眠れなくて、いろんなところに行きたくなる」

と続けてました。

たしか前回のインディアナポリスの回が終わった後、そんな話しをしていたように記憶します。


ちなみに今度のスーパーボウルは、ニューオリンズで行われます。

(NFLでは野球のワールドシリーズなどと違って、出場するチームの本拠地ではなく、何年も前から開催地が決まっています。

 そうしないと準備が間に合わないほど、スーパーボウルは大規模な一大イベントなのです)

ニューオリンズは街全体が歓楽街みたいなようで、オードリーがまた今度行くとすれば、これまでで一番はしゃぎがいがある街に行くことになると思います。


4.こんな「まとめ」がありました

レーザーラモンRGが出演した回のあるあるについてまとめたサイトがありましたので、リンクを貼っておきます。

昨日作られたもののようです。

NAVERまとめ「オードリーのラジオで披露したRGのあるあるが秀逸すぎるw」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week11】「オードリーのNFL倶楽部」について



(アイザックさんのコーナーで紹介された、アンイコールテクノロジー社の技術が入ったジャケットのデモ動画

 アイザックさんもこれと同じ実験をされてました)



11/24朝に日本テレビ地上波で放送された

オードリーNFL倶楽部」(WEEK10)

について書きます。


今週の3人はそろってパーカー。

ただしオードリーの2人のと徳島アナのはちょっと違うようで、前者のはチームのニックネームが入っていたのに対し、徳島アナのは地域名(DENVER)が入っていました。

オードリーの2人のは裏地がモコモコしていて、あったかそうでした。

そう言えば私も、どう言う訳か、セントルイス・ラムズ(STL)のパーカーを持っていますが、もう10年以上前に勝ったものです。

あの頃STLは圧倒的な攻撃力で、リーグを席巻していました。


1.番組の流れ

今週は全部をこの記事で書いてしまいたいので、あまり深入りせずに書いていきます。

1)オープニング

若林が春日と徳島アナの二人をいじっていました。


2)SD@DENのダイジェスト

徳島アナが応援するデンバー・ブロンコス(DEN)が、ホームに同地区のサンディエゴ・チャージャーズ(SD)を迎えた試合のダイジェストが紹介されました。

だいたい下記リンク先のと同じです。

NFLJAPAN「【第11週】チャージャース対ブロンコス」へのリンク

試合の後、若林が「ポンプフェイク」と言うプレイについて、二人に説明していました。

(春日も驚いてましたが、春日が知らない訳はないので、あれは演出だと思います)

また、ペイトンがこの試合で樹立した記録にも触れていました。


3)その他の試合のダイジェスト

春日のニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)は今週休みでした。


4)今週でシーズンが終わっていたら…

もし今週でシーズンが終わっていたら、プレイオフはこのような組合せのトーナメントで行われる、と言うものが紹介されました。

珍しいことに、3人が開幕時から応援しているチームがすべて入っていました。

特にDENについては驚きで、私はペイトンの回復具合にすべてがかかっていると考えていましたが、全盛期と言ってもいいほどのパフォーマンスを披露してくれ、チームを地区優勝の最右翼に導いています。

徳島アナのギャンブルが成功した、と言えるでしょう。


5)生馬アイザックさんの現地レポート

今回は、進化するプロテクター、の紹介でした。

アンイコールテクノロジー社(Unequal Technologies)のケルバー素材(Kevlar)と言うものを使用したベストの紹介で、アイザックさんがこれを着用したところに、バットで普通にヒットすると言う、乱暴な実験が行われていました。

すごいなと思ったのは、アイザックさんが痛がらないのもですが、ほとんどよろけないところでした。

なお、アンイコールテクノロジー社のケルバー素材については、下記サイトに詳細な紹介があります。

アメフトNewsJapan「ヘルメットにKevlar素材の追加パッド導入」へのリンク


6)「トゥースポ」

(おばあちゃんが集まる)巣鴨辺りで大人気のコーナー、と紹介されていました。

今回はニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)のWRジュリアン・エデルマン。

大学時代はQBだったそうですが、プロで生き延びるために、これまでに6つのポジション(WR、KR、PR、S、CB、RB)を経験したそうです。

これまでの成績はこちらにあります。

NFLJAPAN「ジュリアン・エデルマン」へのリンク

生き残りたいからここまでやった、と紹介されていましたが、そもそもNEと言うチーム、と言いますかビル・ベリチックHCが選手にいくつかのポジションをさせる采配をしがちですので、それでこんなに多くのポジションを経験できたのでだと思います。

ただ、6つと言うすごい数字は、エデルマンの努力があってのことでしょう。


7)エンディング

3人の応援するチームの来週のカードが紹介されました。

若林のHOUはデトロイト・ライオンズ(DET)と。

春日のNYGは、去年の今頃の元カノのグリーンベイ・パッカーズ(GB)と。

徳島アナのDENは、同地区のカンザスシティ・チーフス(KC)と。


実はHOU対DETの対戦は、昨日の未明に行われ、もう結果は出ています。

DETは毎年サンクス・ギビングデーに試合を行っており、それが今回の試合でした。


春日のNYGはここまで連敗で、今3人の中で最もヤバいチームと言われています。

GBはここまで5連勝。

爆発的な勝ち方はしていませんが、面白いゲームになると思います。


DENとあたるKCは、今年リーグ最下位候補の一つですが、昨年も全勝のGBに土をつけたり、圧倒的に不利と言われた今週の試合でも、オーバータイムにまで持ちこんでいますので、アップセットもあり得るかと思います。

なお、NFLJAPANでは、毎週水曜から木曜ごろに、現在のパワーランキングを紹介しています。

今週のは下記リンク先にあります。

NFLJAPAN「第12週を前にした最新パワーランキング -後編-」へのリンク

NFLJAPAN「第12週を前にした最新パワーランキング -中編-」へのリンク

NFLJAPAN「第12週を前にした最新パワーランキング -前編-」へのリンク


このランキングから行けば、NYGは敗戦で、あとの2チームは楽勝と言うことになります。

でも、NFLのゲームの勝敗はなかなか難しいので、なかなかその通りにはいかないのが面白いです。



今日はここまでにして、次週放送までに、気になったことを書きたいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ザ・ローリングストーンズ新曲「Doom And Gloom」のPVとアプリ



(ザ・ローリングストーンズ新曲「Doom And Gloom」のPV)


今朝テレビで

「ザ・ローリングストーンズの新曲のMVが完成しました」

と言っていましたので、ネットで検索して見てみました。

トップに置いたのがそれです。

「Doom And Gloom」

金…

食いもの…

英語がわからないので、どんなことをっているかはわかりませんが、資本主義…大丈夫か?と思ってしまいました。


ザ・ローリングストーンズのことは、バンドでコピーした何曲か知っているぐらいの知識で書かせてもらいます。

いろんな人のMV(PV)で、たまに演出で、関係のない老人や子供を使うことがあるようです。

このMVにも老人がずっと出てきますが、これはリアルにザ・ローリングストーンズのメンバーなんでしょう。

みんな歳をとりましたね。

なんとなく元気がないメンバーも見かけますが、ミック・ジャガーだけは元気ですね。

声ももパワフルですし。


まだまだがんばってほしいです。


この曲については以前報じられていました。

BARKS「ザ・ローリング・ストーンズの新曲、オープニングのギターはミック・ジャガーがプレイ」へのリンク


そして今度は、「50周年記念アプリ」を出すそうです。

リアルライブ「ローリング・ストーンズ、50周年記念iPhoneアプリの全容が明らかに」へのリンク

とりあえずiosを搭載した、iPhone、iPod、iPod Touch対応版のみのようです。

ファンとつながるためのアプリ、のようです。

こう言うのって、他の大物で聞いたことがないのですが、私が知らないだけなのか、それとも斬新な試みなのか、どっちなんでしょう。

後者であれば、また新しいエンターティメントのモデルとなることでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(続き)【2012年Week10】「オードリーのNFL倶楽部」について



(WEEK11の試合前、NFLの番組に出演したサム・ゴードンちゃんの動画)



オードリーNFL倶楽部」の先週の放送について、前回書ききれなかったことなどを書いておきます。


1.番組の流れの続き

1)生馬アイザックさんの現地レポート


今回は、NFLに逸材を送り続ける名門大学、USC(University of Southern California:南カリフォルニア大学)の紹介でした。

USCの本拠地、ロサンゼルス・メモリアルコロシアムは、取材当日USCのゲームで、8万人の観客で盛り上がっていました。

8万人が入る競技場は日本にはないと思いますが、アメリカにはこの規模のスタジアムを持つ大学がいくつかあったと思います。

なぜUSCが優秀な人材を送り出せるのか、その秘密が紹介されました。

・豪華すぎるトレーニング施設

・プロ経験を持つコーチ陣

などなど。

後者の方ですが、NFLと米カレッジ界では指導者の行き来が盛んに行われているようで、今のUSCのHCのレーン・キフィンは、元オークランド・レイダーズのHCですし、その前はテネシー大学のHCでした。

(なおレーンの父モンテ・キフィンは、「タンパ2」と言うディフェンスを考案した有名なディフェンス・コーディネーターです)

レーンの前のUSCのHCピート・キャロルは、現在はシアトル・シーホークスのHCですし、USCのHCの前はニューイングランド・ペイトリオッツのHCをしていました。

この2人が番組で紹介されましたが、カレッジのHCからNFLのHCになって成功を収めた例として、弱小サンフランシスコ・49ナーズ(SF)を「80年代のチーム」に導いた、ビル・ウォルシュ、90年代初頭に低迷するダラス・カウボーイズ(DAL)を再建し、春日少年を興奮させたジミー・ジョンソンがいます。

そして今、またもカレッジのHCから転身したジム・ハーボウが、誰がHCをやってもできなかったSFを、再建しつつあります。


日本のプロ野球では、昨日こんなことが大ニュースになるほど、プロとアマの間の指導者間の移動は珍しいのですが。

サンスポ「高校野球監督が日本ハムヘッドコーチ就任へ」へのリンク


2)「トゥースポ」

インディアナポリス・コルツ(IND)のHCチャック・パガーノと、選手たちの絆の話しでした。

パガーノは今季再建を託され、INDに招かれたのですが、10月になって、白血病で入院することになりました。

そして選手たちは、パガーノHCへのサポートを表明するため、自分の頭を剃り上げて、坊主頭にしました。

NFL JAPAN「躍進コルツを発奮させた2つの出来事 [渡辺 史敏]」へのリンク

INDは今季、完全に再建モードに入り、多くは勝てないだろうと思われていましたが、この放送までに6勝3敗と健闘しています。

ちなみに…

数々のパス記録を持つブレット・ファーブですが、彼は奥さんが乳がんにかかり、抗がん剤で頭髪が抜け始めた時、自分も坊主頭にしました。


2.「NFL倶楽部ブログ」

今週も更新されています。

NFL倶楽部ブログ「徳島アナ、若林さんとプレイオフで火花を散らす!?」へのリンク

文中の専門的な用語の解説を書いておきます。

「バイウィーク」…試合のない週のこと。NFLのレギュラーシズンは、各チーム17週間で16試合を行います。このため、1週の休みができ、その週のことを指します。

「ダブルチームでとられていた」…2人がかりで止められていた、と言う意味です。3人がかりは「トリプルチーム」となります。

「穴を潰したり」…オフェンスの走路をふさぐこと

「ディレイ」…「ディレイ・オブ・ザ・ゲーム」(遅延)と言う反則のこと。オフェンスは規定の時間以内にプレイを始めないと、この反則を取られます。

なお、春日が若林にボールでどつかれているところの写真ですが、春日の前に置いてある雑誌は、「Touchdown pro」誌の選手名鑑だと思われます。


ところで前回はFGがテーマでした。

「FGレインジ」と言う言葉があります。

これは、FG圏内と言う意味で、まあここから蹴ればだいたい決まるだろう、と言う意味で使われることが多いようです。

私の感覚では、NFLのキッカーであれば、40ヤード以内のFGは確実に決めてくれるものと考えます。

FGは、ボールが置かれた位置から7ヤード下がった位置にボールを立て、キッカーはそれを蹴ります。

さらにゴールはゴールラインから10ヤード下がった場所にあります。

このため、ボールのある位置に17ヤードを足したものが、FGの距離と言うことになります。

ですから、20ヤードの位置から始まるプレイでFGを蹴る場合、37ヤードのFGと言うことになります。

と言うことは「40ヤード以内のFG」とは、23ヤード以内から始まるFGと言うことになります。


なお、NFL最長のFGは63ヤードで、今季開幕週にSFのデビッド・エイカーズが決めたのを含め、これまでに4人が記録しています。


3.アイザックさんのヒューストンでの動画

番組で一部が使用された動画が、NFL JAPANのサイトに上がっていました。

NFL JAPAN「【イクマが行く!】テキサンズ快進撃でヒューストン大盛り上がり!」へのリンク

テキサンズの快進撃に盛り上がるヒューストンの街の模様がメインで、おそらくそのうち、ロッカールームで若林へのプレゼントをお願いする動画もアップされるんじゃないか、と期待しています。

と書いた後、facebookをチェックしたら、もうひとつ上がってました。

テキサンズの選手に、若林のパネル写真一緒に写真をとってもらって、それをfacebookやtwitterにアップしてもらおう、と言う回のものです。

NFL JAPAN「【イクマが行く!】好調テキサンズに若林をアピール!」へのリンク

「彼(若林)の顔を見ると元気になるよ」

と言うアンドレ・ジョンソン。

この箇所はテレビで放送されなかったと思います。

されていたら、これまで真逆のことばかり言われていたそうですから、きっと突っ込んでくるでしょう。


4.「9歳の女の子がアメフトをする動画」の続き

動画と言えば、以前紹介しました、「9歳の女の子がアメフトをする動画」の主人公のサマンサ・ゴードンちゃんですが、今週(WEEK11)の試合の日、

「NFL Game Day Morning」

と言う番組に出演しました。

その模様がトップに置いたものです。

下記リンク先に、オリジナルの動画があります。

NFL.com「Sam Gordon, girl football sensation, joins 'NFL GameDay Morning'」へのリンク

トップの動画を元に解説しますと…

0:58辺りで出演者のおじさんが興奮した顔つきで、サムちゃんに叫びますが、あんな顔で叫ばれたら私だって怖いなあ、と思います。

1:43から、ウォーレン・サップと言う元選手と対決します。

サップは、ボブ・サップが出始めの頃、「従兄」と言われていた選手ですが、実際は無関係のようです。

2:21からは、ボールを持って走るサムちゃんではなく、ディフェンスとしてタックルするサムちゃんの様子が映されます。

そして2:46から、ボールを持っているマーシャル・フォークと言う元選手をタックルします。

フォークは1シーズンに1000ヤード走って、1000ヤード捕った、史上2人目の選手でした。

私としては、最後にサムちゃんが投げたパスが素晴らしいと思いました。


もうひとつ、サムちゃんの動画があるのですが、私は英語が苦手なので、こちらは内容がよくわからないです。

NFL.com「Sam Gordon: Overnight sensation」へのリンク

とにかくNFLも、サムちゃんには注目しているようです。

オバマ大統領も「トゥースポ」で取り上げられたぐらいですから、サムちゃんが今週選ばれてもいいんじゃないか、と思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

映画『人生の特等席』



(映画『人生の特等席』の紹介動画。主演のクリント・イーストウッドが最初にあいさつします)


11月23日から、『人生の特等席』と言う映画が公開されます。

「『人生の特等席』公式サイト」へのリンク

(「DOWNLOADS」では壁紙のダウンロードができます。

 それはよくある話しですが、facebookの壁紙まで用意してあるのは初めて見ました)

ちょっと前からテレビでもちょくちょくCMを見かけますので、名前をご存じな方も多いでしょう。

トップに置いた動画を見ていると、なんとなく「フィールド・オブ・ドリームス」を思い出しました。

関連するサイトのリンクを貼っておきます。

Movie Walker「人生の特等席」へのリンク

映画.com「人生の特等席」へのリンク


ところで、「パソコンなんかに若いやつらの才能は見ぬけん」という台詞がありましたので、ちょっと思うところを書かせてもらいます。

この映画は、スカウトは、経験と勘によって培われた力でやるもので、誰にでもできるものではない、と主張も背景にあるように感じます。

いわゆる「属人的」な仕事と言うことになるのでしょう。

「属人性」は仕事を進めるうえで、障害になります。

「ある人しかできない仕事」が存在すると、ある人が不在になると、それは停滞してしまいますから。


一方で、情報化社会になって、誰にでも多くの情報が手に入ることに、なんとなく違和感も感じます。

仕事とは違う畑になりますが。

このエピソードは俺とか少数の人しか知らなかったのに~、と言うのが普通にWikipediaに載っていると、なんか複雑です。

たとえば…

適切な例かどうかわかりませんが、たとえばこれ

Wikipedia「張本勲」へのリンク

この中に

「通算400本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本と秋山幸二の2人のみ」

とあります。

選手生活の晩年には、守備固めの選手と交代していて、とても俊足とは思えない張本選手が、こんな数字を残しているのは、秋山選手がこれを達成するまではほとんど知られていませんでした。

周りの野球ファンで知っている人は皆無でした。

でも今や、誰でも知ることができます。

知識、と言うかうんちくを独占することは小さい人間のやることですが、私はよく女房からそう言われますから。


でも総じて、今のIT社会があるから、私もブログが書きやすくなってます。

わからないことは、ちょっと調べれば大抵のことはわかりますし、それに付随して新しい情報も手に入ります。

たとえば上記の

「通算400本塁打以上かつ通算300盗塁以上を記録しているのは張本と秋山幸二の2人のみ」

の続きに

「通算500本塁打以上(通算504本塁打は衣笠祥雄(広島東洋カープ)と同数)となると、日本プロ野球史上で張本ただ一人である。また、通算で「トリプルスリー」(3割300本塁打300盗塁)を達成しており、この記録も日本プロ野球史上で張本ただ一人であり…」

とあります。

これは知りませんでした。


ただ、情報は手に入るようになっても、検索する技術には属人性が残っているようです。

そう言うところで、私の、属人性はよくないとする考えと、誰でも情報が入るのが気に入らないと言う矛盾する感情を、収めたいかと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ベストナインを祝して、ペーニャ名場面動画集



(ペーニャ選手の2012年の全ホームラン動画

 編集していただいた方には頭が下がります)


福岡ソフトバンクホークスののウィリー・モー・ペーニャ選手が、DH(指名打者)部門でベストナインに選ばれました。

ニッカンスポーツ「【ソフトB】ペーニャ「感謝」DHで受賞」へのリンク


めでたいことなので、ペーニャ選手の名シーンのリンク集を記事にしておこうと思います。


YouTube「この打球がフェンス手前まで届く!! ペーニャの驚愕ヒット 2012.10.03 F-H」へのリンク

YouTube「ペーニャのCS初安打初打点でソフトバンク先制 2012.10.15 L-H」へのリンク

YouTube「意外?ペーニャがまさかの盗塁! 2012.07.12 L-H」へのリンク

YouTube「セーフ♪セーフ♪ ペーニャは足も速いんです! 2012.06.06 H-G」へのリンク

YouTube「おかわり君とペーニャ、塁上の戯れ 2012.09.18 H-L」へのリンク

YouTube「ペーニャの激走&3塁スライディング!突飛ばされる銀次?」へのリンク

YouTube「【2012.07.21】SB・ペーニャ、場外弾連発 オールスター第2戦HRダービー」へのリンク

YouTube「ペーニャの打球は「バットから火が出る」 5月3日 日本ハム-ソフトバンク」へのリンク

YouTube「強烈!のび〜るペーニャの打球に聖澤も困惑 4月21日」へのリンク

YouTube「摂津とペーニャのヒーローインタビュー 2012.09.11 H-E」へのリンク

YouTube「5勝目のルーキー武田&特大弾のペーニャがヒーローに 2012.09.09 H-M」へのリンク

YouTube「【ヒーロー】HRトリオ、ペーニャ、中西、松田 5月6日 ソフトバンク-楽天」へのリンク


ペーニャ選手について、私の感想を少々。

フリオ・ズレータ選手以来の舶来大砲と言うことになるのでしょうが、ズレータと違って脚が速い、と言うか、とにかく次の塁を狙う姿勢があることに好感が持てます。

(ズレータ選手は今でも大好きですが)

これぞ「脚のホークスにふさわしい助っ人だな、と嬉しく思います。

そして打球の速さと大きさ。

野手が回り込む前に抜けてしまうか、野手が届かないところに飛ばしてしまうパワーは、すごいなぁ、と思います。

そして以前も書きましたが、インタビューの答えは、

「No」

で始まることが多いように思えます。

「いやいや、ファンのみんなのおかげだよ」

みたいに。

最近のホークスには

「You knouw」

で回答を始める外人さんが多かったように思いますが。


本当にホークスに来てくれてありがたい、と思える選手です。

最後に、応援歌の動画を貼っておきます。

YouTube「福岡ソフトバンクホークス W.M.ペーニャ 応援歌」へのリンク


来年も期待しとうけんね。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】五十嵐がほれこんだファンになれるように

五十嵐亮太投手の入団会見動画

USTREAM「福岡ソフトバンクホークス公式 福岡ソフトバンクホークス公式>」へのリンク

をもとに話しを進めます)

今さらではありますが、MLBのニューヨーク・ヤンキースを自由契約になっていた五十嵐亮太投手を、福岡ソフトバンクホークスが獲得したというニュースには驚きました。

阪神タイガースなどが獲得に動いているとは聞いていまして、ふ~ん、とは思っていましたが、まさかホークスも動いていたとは…

私がうとかっただけかもしれませんが…


トップに置いた、入団会見(これも決定翌日のことですから、スピードを感じます)の動画、全部見てみました。

最も嬉しいのは、ホークスを選んでくれた理由として、前からオファーしてくれたこと、王会長に認めてもらったことと並んで、

「あたたかいファンがいるから」

と言うことでした。

この言葉が出てくるのは動画の4:01辺りからですが、他にも2回ほど出てきました。


「あたたかい」と言う言葉には違和感なんですが、とにかく、ホークスを応援しているのが良質のファンであることを認めてもらったのは本当に嬉しいです。


でもね…

本当に我々は野球に打ち込めるような、野球で全力を出せるような、そういう環境を構成している良質なファンかと言いますと、

どうかな~

と思います。


顕著なのはtwitterでの誹謗中傷です。

とにかくひどくて、私も嫌になります。

その選手の親や家族が見たら泣くぞ、と言うツイートが多すぎます。

ですので、昨シーズンの途中からはホークスの公式ハッシュタグ「 #sbhawks」で試合経過を追わずに、絶対に誹謗中傷をしないファンの方々のリストを作って、その方々のツイートで試合経過を追わせてもらってます。

(ブログの宣伝や、その他のツイートには使わせてもらってますが)

「野球には辛口」

とプロフィールに書いている人もいますが、やめた方が良いですよ。

痛い目にあいかねませんよ。

そう言う人を何人も見てきました。


私も選手や監督を批判しないことはないです。

それは、態度に関することで、一生懸命にプレイした結果としての失敗にはツイートやブログに書かないことにしています。

相手のあることで、相手も一生懸命なんですから。


誹謗中傷は、選手を野球に集中させることを阻害します。

せっかく五十嵐選手が選んでくれたファンなのですから、少しでも多くの人がやめてくれれば嬉しいです。


五十嵐投手は、家族を呼んで福岡に住むそうです。

日刊スポーツ「五十嵐「感謝の集い」に飛び入り参加」へのリンク

五十嵐投手が一生懸命に野球に集中できるよう、我々ファンも五十嵐投手が期待したファンであれるような応援をしようじゃありませんか。


しかしあいかわらずイケメンやなぁ~

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

11/18「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(CMでかかっていた、9nineの「イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール」)


11/18「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今週は家の事情で冒頭の部分が聴けませんでした。

1.番組の流れ

1)オープニング

前述の通り、番組開始5分後ぐらいまで他のことをやっていたので、聴くことができませんでした。

聴き始めた頃には時事を斬る、みたいなことをやっていたみたいですが、本格的に聴いてからは、若林がダブルネームのジョーとキャバクラに行った話しでした。

ジョーは「芸人交換日記の歌」を歌ったそうですが、話されていた歌詞から言ってもたぶんこれのことでしょう。

YouTube「フジファブリック - 若者のすべて」へのリンク

その後若林が、春日に、キャバクラで延長を尋ねられたらどうするか、一人二役でやってみてよ、と頼んで、春日がそれをやりました。

店長「そろそろお時間なんですが、延長の方はどうでしょうか?一時間ほど」

春日「ああそうなの、じゃあチェックで」

店長「はい…ですがそのぉ、30分ほど延長はいかがでしょうか」

春日「いや、チェックで」

こんな風にひたすら延長を申し入れる店員と、それを拒否する春日の返事が繰り広げられたんですが、ものすごく面白かったですし、twitterでも好評でした。

こんなツイートもありました。

「春日のピンネタキャバクラ落語…もしかして今我々は偉大なネタ誕生の瞬間に立ち会ったのかっ!」

若林も

「おまえ…手に入れたな、キャバクラ落語」

と笑ってました。

「イロモネアでやってみろよ。

 中野のキャバクラ嬢とのかみ合わない話し」

と若林に言われ、春日はまたもやってくれました。

これも最後は

「チェックで」

で終わるものでしたが、面白かったです。

この「キャバクラ落語」が、以後番組のところどころで顔を出してきました。


ところで「中野のコサージュ」と言う店名を若林は言ってましたので、Googleで検索して見ようと入力を開始したところ

「中野 コサ」

まで入力したら、予測機能で

「中野 コサージュ 春日」

と言うのが検索候補として出てきました。

こちらがたぶんその店と思われる店のサイトです。

「Newコサージュ」へのリンク


2)キャバクラ落語のまくら

さっそく、有名メール職人さんの「概念くつがえす」さんから、キャバクラ落語のまくらが送られてきました。

若林がやってみたのですが、これがすごく好評。

ズレ漫才の次のステージができた、と喜んでました。


3)若林トーク

たまにある、とことんまで真理を求めたい若林の話しでした。

その中で出てきたのが、この本でした。

Amazon「一億総ツッコミ時代」へのリンク

マキタスポーツと言う芸人が、本名の槙田雄司名義で書いたものです。

マキタスポーツとはこんな人です。

「マキタスポーツ official website」へのリンク

Wikipediaの「マキタスポーツ」も一緒に見てみると、売れればかなり興味深い人だと思いました。


トークは最終的には「エヴァンゲリオン」の映画を見に行って、ボケに徹底できなかった自分を恥じて、翌日東急ハンズで、サンタがくるくるまわるクリスマスツリーを買って帰った、と言う告白で終わりました。

具体例が少ない、と言うことはないのですが、そのつながりを理解するのがめんどくさくなって、あまりトークのありがたみは感じませんでした。

結構深いことを語ったのだと思うんですが、私は、世の中の真理を求めることにあまり価値を感じず、矛盾を抱えながら人や社会は動いていくものだと思いますので…

すみません。


4)キャバクラ川柳

有名メール職人さんの古都の侍さんから「キャバクラ川柳」なるものが送られてきました。

「結局は帰宅してから自慰行為」

これに若林は、帰宅直後ではなく一晩ねかせるだろうと反論して、若林流の川柳をよんでましたが、最後グダグダになってました。

なお、今日の放送では、「自分磨き」と言う言葉(秀逸な表現だと思うんですが)が一切使われず、twitterでは、なんでつかわないんだろう、との疑問ツイートをよく見かけました。


5)春日トーク

浅草に初めて飲みに行った話しをしていました。

一緒に行ったのは、浅草に住む小島よしおやパンサー尾形など。

(先週の「大日本アカン警察」で小島よしおの住む建物名までばらされてました。

 ただし肝心なところは聞こえないように細工されてましたが)

そしてパンサー尾形は実は面白い、と言うことも語られました。

彼はフロンターレの中村憲剛選手らとサッカーをしていたほどの選手だったそうです。

(偶然昨日、中村選手が映ったポスターの写真を撮りましたので、載せておきます)

20121117テルマエロマエ


また、パンサー尾形が、その飲み会について、写真付きでツイートしていたのが、twitterでRTされていましたのでリンクを貼っておきます。

https://twitter.com/ogaogaoga399/status/268755465809297409

手前から2人目に春日、3人目に小島よしおが見えます。


トークですが、結局春日もボケに徹することができず、トークも中途半端に終わりましたので、

「お前もクリスマスツリー買いに行け」(若林)

と言われてました。


6)「名門、私立オードリー学園」

こんなメールが読まれてました。

・「オードリー春日、若林を結ぶ直線と、びとたけし、バー秀を結ぶ直線の交点の座標をもとめなさい」

 ←「キサラ」

・「次の英語の問いかけに答えなさい、"what your name?"」

 ←「I'm 蝶野」

・「豊臣秀吉が織田信長のために懐であたためたものはなにか」

 ←「シーフードグラタン」

・「支点・力点・作用点が構成しているものは何か」

 ←「パフューム」

・「国民の三大義務と言えば、勤労、納税、あと一つは」

 ←「twitter」


解答が「パフューム」だったものについて、こんなツイートがありました。

オードリーPerfumeネタわかってなかったなwwww面白かったんだけどなwww」

私もPerfumeをよく知らないのでわかりませんでしたが、ファンの間では大うけなんでしょう。


7)「カスッター」

正確には覚えていませんが、こんなメールが読まれました。

・「部屋をちらかしているだけで金がもらえる。最高だ」

 ←いやぁ、ばれちゃってるな

・「最近は体育会TVで泳いでばかり、何といってもトークがないのがいい」

 ←海外もいい。海外で水の中に入りたい。このブースの中は、アウェイもアウェイ。ひな段は、穴があったら入りたい

・「IPPONグランプリに出ている夢を見た。冷や汗が止まらない」

 ←(大爆笑してました)

・「 #春日の事好きだよって人RT #annkw」

 ←(よくわかってませんでしたが、このツイートがたくさんの人にツイートされてました。

   ただ、twitterトレンドには入らなかったようです)

・「うける人と私は、人種が違うんだろうな」

 ←うける人は外国人だろうな

・「今日もオールナイトで話すことがなく、胃が痛い」

 ←違うね。早く栗ちゃんと打ち合わせしたい、だね。


8)「勝手にジャンクション」

面白かったのは下のものです。

若林「これから8時からは、ハンチング上田の今日のハンチング。今日は初のテンガロに挑戦」

春日「あなたの一番大事な人とご覧ください」

まあ、テンガロハットと言えばテキサス州で、今季テキサスのヒューストン・テキサンズはスーパーボウルに行きそうな勢いですから、アメフトファン的には旬な話題だと思います。


また、春日の返事で

「『Santa Fe』以来の衝撃」

と言うのがありました。

前も聞いた感があるのですが、『Santa Fe』とは宮沢りえのヌード写真集で1991年の11月に発売されたものです。

ある日新聞の全面広告が出て、職場で女性の方も交えて、この件で大もり上がりだったことを覚えてます。

喜怒哀楽は感じませんでしたが、とにかくすごい衝撃でした。

「今なら誰が脱いだら、それぐらいの衝撃になるだろうね」

と言う話題に移り、前田敦子、剛力彩芽と名前が上った後、最後、武井咲と言うことでCMになりました。

そんな感じかなぁ…


9)新コーナー

新コーナー「こんな漫才が見たい、超時空漫才」と言うのが発表されました。

これは、いろんな人、歴史上の人物を勝手に組み合わせて、面白い漫才スタイルを作ろう、みたいなもののようです。

うまい表現ができませんが、けっこうおもしろそうなので、詳細は番組の公式サイトでご覧下さい。

例として「U字工事と宮沢賢治とのトリオで、U字工事賢治を結成」から始まって、最後ラップでブレイクするまでのストーリーが語られました。

その後、オードリーは誰と組むべきか、と言う話しになり。

織田信長、ロボコップ、くまもん

などの名前が挙がりました。

そして、若林が以前くまもんが書店でサイン会をしているのを見て、その列に並べなかった(ボケに徹しきれなかった)自分を悔いてました。


10)キャバクラなぞかけ

誰が送って来たのか忘れましたが(概念くつがえすさん、だったかな)、「キャバクラなぞかけ」なるものが送られてきて、読まれてました。

「キャバクラとかけまして、幼稚園ととく

 その心は、どちらもエンチョウがつきものです」

これには二人も大感激で、twitterでも大好評でした。

私も、すげぇ~、と思いました。


11)しんやめ


12)エンディング

若林トークの続きで、ノンスタイル井上のボケにまわりきっている生き方はすごい、と言う話しなどが語られました。

スペシャルウイークで、ナイツとノンスタイルが出演した時、

「なんで井上がまわしてるの」

と言う若林のマジツッコミに

「俺がまわさへんかったら、誰がまわすんや」

と答えたことに驚いたそうです。

ぶっこみは、キャバクラ落語をつないだものでした。


2.RGはどうなったの?

エンディング近くになると

「RGさんに電話することはどうなったの?」

と言うツイートが多くなりました。

私もそのことは気になってました。

先週若林が

「ミニコントとミニコンポを間違えたあるある」



「ええねん」

でやってすべり、レイザーラモンRGが、次週(今週)お手本を見せてやると言ったのですが…


RG(@@rgizubuchi)のツイートを見ると、とくにそれを待っていると言うものはありませんでした。

その代わり、DVDを出すこと(発売日未定)、イベント開催の告知がされていました。

詳細は、下記リンク先をご覧ください。

よしもの∞ホール「レイザーラモンRG、今年もやります!」へのリンク

また、これらの件について、記者会見を装った動画がアップされていました。

YouTube「レイザーラモンRG DVD製作発表記者会見」へのリンク

YouTube「レイザーラモンRG あるあるイベント開催発表記者会見」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week10】「オードリーのNFL倶楽部」について



(無敗のATLと、不調を脱したNOとの死闘のダイジェスト動画

 日本語字幕付きの似たような動画はこちら

 NFLJAPAN「【第10週】ファルコンズ対セインツ」へのリンク)


11/17未明に日本テレビ地上波で放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今週の衣装は、春日と徳島アナが、それぞれ「GIANTS」「49ers」とニックネームが書かれた服なのに対し、若林だけが「Houston」と地名のもの。

さすが”ヒューストンぼうや”ですが、私もどちらかと言うと、ニックネームが書かれたものより、地名が書かれたものの方が好きです。


1.番組の流れ

1)オープニング

「今年は混戦で、どこがプレイオフが見えない」と言う若林の言葉から始まりました。

(ただそれは例年のことだと思います。

 しかし毎年その混戦が繰り広げられるよう、各チームの戦力差を拡大しないようにしているリーグの努力はすごいと思います)

この時期になると、だいたいどこかの不振のチームが、HCをシーズン半ばで解雇したりしてるんですが、それが今年はない、と徳島アナ。

そうですね、たしかに今年はないですね。

ただ、候補はもう上がってますが。

また、春日がまだ応援するチームを変えてないのもすごいですね、と若林。

「失敬だな君は。

 どこの事務所だ!?」

との春日のボケ突っ込み。

春日もそれに続いて言ってましたが、昨シーズンもプレイオフの途中まで応援するチームを変えてません。

そして、たぶん私も含め多くの視聴者の方も気になっていたと思うんですが、若林が徳島アナに

「なんで毎回違うチームの服を着てるの?」

との突っ込み。

「いろんなかわいい衣装があることをアピールしたいから」

と徳島アナは答えてました。


2)ATL@NOのダイジェスト

トップに放送内容と似たような動画を置きましたが、ここまで開幕から8連勝のアトランタ・ファルコンズ(ATL)が、驚きの開幕4連敗から立ち直ったニューオリンズ・セインツ(NO)の本拠へ乗り込みました。

クリス・アイボリーの56ヤード独走のTDはすごいですわ。

見えないところで他の選手のブロックもあったのでしょうが、ほぼ個人技で走り切ったように見えました。

また、トニー・ゴンザレスはTEとしてNFL史上初の、通算100TDレシーブを記録しました。


結局試合は31-27でNOが勝ち、ATLの開幕連勝は8でストップしました。

それでもATLのQBマット・ライアンは411ヤードを投げ3TDと絶好調でした。

ライアンはここまでの9試合で、7試合でQBレイティング100超えを記録しているそうです。

QBレイティングとは、QBのパスの記録をポイントにしたようなものですが、これで100を超えるのはものすごく難しいです。

それを7試合やったと言うんですからすごいです。

ちなみにQBレイティングは、下記リンク先で見ることができます。

NFL JAPAN「成績一覧> 選手>2012 NFL パス」へのリンク

このサイトの右端の「QBRate」と言うのがQBレイティングのことです。

(このサイトは最新のものが常に表示されますので、来週以降数字がかわっていると思いますが、第10週終了時点のもので話しを進めます)

マット・ライアンはここまで102.6と4位。

ドリュー・ブリーズは97.3で8位。

私がNFLを見始めた頃は、100を超える選手は年間1人いるかどうかだったかと思うんですが、だんだんパスの精度が上がって来たようで、今シーズンはここまで6人の100台の選手がいます。

なお、ブリーズはTDパスを投げた連続試合が伸びており、現在52試合連続です。


若林はマット・ライアンについて、こんなにチームも本人も好調なのに、話題にならない彼の不思議な地味さに、親近感を持つ、と言っていました。



(申し訳ないですが、ちょっと体がきついので、以下は簡単に番組の内容を箇条書きさせてもらい、終わらせてもらいます。

 次回までにもう少し掘り下げたものを書きたいと思います。)



3)その他の試合のダイジェスト


4)若林企画「後半戦、期待の星はオマエだ」

春日はキャム・ニュートン(カロライナ・パンサーズQB)、若林は親友マイケル・ビックをあげていました。


5)「現地レポート」

twitterでも予告されていましたが、多くのNFL選手を輩出してきた名門大学、USCの特集でした。


6)「トゥースポ」

HCチャック・パガーノが白血病と闘病しているインディアナポリス・コルツについて、HCと選手たちの絆についてでした。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

あるいじめ問題解決に見る、リーダーシップ

20121115カーソン・ジョーンズ


(いじめられっ子だったシャイちゃんと、彼女を守るナイト達)



先週、アメリカの高校生が、同級生をいじめから助けたニュースを読みました。

興味深かったので、ニュースへのリンクを貼っておきます。

ロケットニュース24「これぞヒーロー! いじめに悩む女子生徒を守るため学校一の人気男子生徒がとった行動に全米から称賛の嵐」へのリンク


おおざっぱに話しをまとめると、こうなります。


・病気持ちのシャイちゃんは学校でいじめられる毎日をおくっていた。

・シャイちゃんのお母さんは、なんとかしようと、シャイちゃんの同級生のカーソン君に、いじめている子の名前を聞き出そうとした。

・カーソン君は、自身がQBとして所属するアメフト部の部員を巻き込んて、シャイちゃんを守るようにした。

・シャイちゃんに対するいじめはなくなった。


私はカーソン君のとった行動に対して、見上げたものだ、ともちろん感心し、その勇気をたたえます。

そしてもう一つ、強烈に感じたのは、アメフトのQBとして望ましい対応をしたな、と言うことです。


具体的に言うと、問題を一人で解決しようとせず、他の部員も巻き込んで問題に対応した、ということです。

私の私見で、極論ではありますが、QBはチームを勝利に導くために、人を動かすポジションです。

人が一人でできることには限界があります。

チームの勝利のためには、チームの他の選手を上手く使うのがベストです。

若い頃は自分のプレイだけで勝ちに行こうとして失敗し、経験を重ねて人を上手く動かす術を知り、そしてスーパーボウルに勝ったQBもいます。


一人で問題に立ち向かう姿は、かっこいいです。

しかし、問題を解決するために、メンツを捨てて 人を巻き込むほうが、最終的に成功することが多いと思います。

アメフトを舞台にしたコミック、「アイシールド21」の中にも、そう言われるQBが出てきます。

カーソン君がQBをやっているからそう言う発想を持つようになったのか、また、そう言う発想をするからQBになったのかはわかりません。

ですが、カーソン君に素晴らしい運動能力があれば、いいQBになれるでしょうし、そうでなくても、素晴らしいリーダーになれるでしょう。


もし、これを読んでくれているあなたが、一人で問題を解決しようとしているリーダーであれば、うまくいかない時はQBの発想をすることをお勧めします。


人に仕事を振るのは、自然にできる人はいいですが、多くの人にとっては難しいものです。

人に仕事を教えるのがめんどくさい。

人の気持ちを考えると、かわいそうで振れない。

人任せに見えて、働いてないと思われるのが怖い。


などなど。


きついことではありますが、それも仕事ですから。


そしていじめの件に話しを戻しますが…

いじめを受けている方へ、どうか一人で悩まないでください。

まわりに相談することは、とても恥ずかしいと思われるかもしれませんが、そんなことはないです。

相手に立ち向かう勇気も立派ですが、悩みを回りに告白する勇気も必要です。

その勇気は、きっとその後の人生も、あなたを支えてくれますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(続き)【2012年Week9】「オードリーのNFL倶楽部」について



(裸足のキッカーの動画集。いつの間にか絶滅してしまったようです)


11/3に放送された「オードリーNFL倶楽部」について、書ききれなかったことを書きます。

今回時間があまりないものですので、簡単になってしまいますが、ご容赦ください。

1.番組の続き

1)現地リポート

生馬アイザックさんの現地レポートはNFLの審判についてでした。

今季初頭にストライキを行い、大騒ぎとなったNFLの審判ですが、NFLがアメリカンフットボールの頂点であるように、NFLもまたアメフトの審判の頂点で、そこに至るまでに最低20年かかることが伝えられました。

その憧れを、高校の審判を務める方が語っていました。

審判の報酬は日本円にして600万円から1600万円だそうです。

私が見始めた1989年ごろは、審判にはほとんど報酬がないため、本業で収入の多い会社の社長や弁護士が、厳しい修行をして審判になっていた記憶があります。

忘れられない審判として、ジェリー・シーマンと言う方がいます。

この方は2度スーパーボウルの主審を務められたのですが、いつもニコニコしているのに、その2試合ともワイルドで最後までわからないものでした。

第23回のジョー・モンタナの「ザ・ドライブ」の試合。

第25回のスコット・ノーウッドの「ワイド・ライト」の試合。

どちらも歴史に残る激闘でした。


2)「トゥースポ」

今回のイチメンはオバマ大統領。

先週のワシントン・レッドスキンズ(WAS)の試合の結果「レッドスキンズ・ルール」と言われるジンクスでは、ロムニー候補が勝つようになっていたのですが、それをはねかえしてのオバマ大統領の勝利でした。

そのことと、マンディ・ナイト・フットボール(MNF)のハーフハイムに出演し、翌日の投票を呼びかけたことが報じられました。


ただしこの試合、疑惑の判定があって、それがなければWASの勝ちで、ジンクスでもオバマ大統領勝利となっていたかもしれません。

疑惑については下記リンク先をご覧ください。

NFLJAPAN「パンサーズ戦、ホイッスル後のTD判定は「間違い」とリーグ」へのリンク

だから今回のジンクスは無効試合ととらえて、ジンクスは続くと考えてもいいんじゃないでしょか、と思うんですが…


2.「NFL倶楽部」ブログ

今回は地上波の放送終了後数時間後に更新されていました。

早いです。

NFL倶楽部ブログ「春日さんが悩みぬいた末に実現!オードリー対決」へのリンク

1)MC陣、WEEK9の感想について

「DEのJ.J.・ワットがアメフト選手と言う枠に収まりきれないスター選手になりつつある...。」(若林)

と言う言葉には、激しく同意です。

日本でもアメフトファンじゃなくても、知られるようになると嬉しいですね。


春日はちょっと同様の顔を見せていますが、話している通り、まだ応援するチームを乗り換えるのには早いでしょう。

春日のニューヨーク・ジャイアンツは、地区内でダントツトップですから。


私は徳島アナ(と言うかビギナーの方が)がどうやってNFLにはまっていくかを見るのが好きなので、今回徳島アナの感想が少なめだったのはちょっと残念でした。


2)裸足のキッカーについて

さて、オンエアされてない三人のポイントレースですが、来週のテーマは

「第10週の試合で成功したFGの合計ヤード数が多いのは?」

と言うものです。

もう結果はとっくに出ていますので、各試合のスタッツをみれば、結果はわかると思います。


ところでフィールドゴールについて、なにか面白い話はないかな、と考えて思い出したのが

「裸足のキッカー」(Barefoot Kicker)

のことです。

私がNFLを見始めた1989年ごろは、きき足に靴もソックスもはかず、裸足でボールをけるキッカーが2~3人いたように記憶します。

とくによく覚えているのは、トップに置いた動画の0:10辺りでFGをけっている、背番号1番のマイク・ランスフォードです。

この選手は主にロサンジェルス・ラムズ(現セントルイス・ラムズ)で活躍したのですが、1989年にはアメリカンボウルでラムズが来日し、またこの年まではラムズは強かったので、よくテレビでも見かけた選手でした。

しかし、いつの間にか、裸足のキッカーは見なくなりました。


3.話題の9歳の女の子

先日このブログでも書きましたが、今9歳の女の子がアメフトをプレイしている動画がYouTubeで人気です。

サム・ゴードン(Sam Gordon)ちゃんです。

「サム」は「サマンサ」のニックネームですので、NHKなどではサマンサさんと伝えているようです。

興味があれば、下記リンク先をご覧ください。

「YouTubeで話題、9歳の女の子の動画がすごい!!」へのリンク


4.Webマガジン「Firstdown」は今日発刊

Touchdown社が毎月15日に発刊している無料のWebマガジン

「Firstdown」

の第7号が、今日発刊になると思います。

こちらからご覧ください。

Webマガジン「Firstdown」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ゴルゴ13への依頼を発見!!

20121112ゴルゴへ

(これが問題の広告。鳥肌が立ちました。)

先週水曜日の毎日新聞に、こんな広告が載りました。

「13年式G型トラクター買いたし」

このことをFacebookで知った時、え~、っと驚きました。

なぜならこれは、ゴルゴ13へ仕事を求めるため、ゴルゴ13へ連絡を求める意味の広告だからです。

ゴルゴ13に連絡を求める方法はいくつかあり、あくまでもこれはその一つで、もちろんフィクションであるのはわかっています。

それでも実際に写真とは言え、現物を見ると、長年「ゴルゴ13」を愛読しているものとしては感慨深いです。

この広告は、「ゴルゴ13」を掲載している小学館と、毎日新聞のコラボレーションだそうです。

当日、そのことを伝えるツイートが、毎日新聞の関係者からながされました。

「「13年式G型トラクター買いたし」。きょうの毎日新聞夕刊1面題字下にこんな広告。これこそがゴルゴ13への連絡方法・・・。夕刊は小学館「ビックコミック」と連携、米大統領選のウラは今週の「ゴルゴ13」で読んでという広告の一環です。駅で買ってもらえばうれしいです。宣伝ですみませんでした」
https://twitter.com/pinpinkiri/status/266027160001712128)

そうそう、その日はアメリカ大統領選挙の日で、写真にあった新聞の見出しは

「オバマ大統領再選」

でした。


大統領選挙が絡んだ依頼をにおわせた広告なのかな、と思われますが…

そう言えば、確か2004年の選挙の時は、開票がもめにもめていた時、カウントされてない票の束が見つかり、それをゴルゴ13が撃ち抜いて、カウント不能にしました。

その束は、土地柄から言って、開票で劣勢に立たされている側の票が多いと思われていて、ゴルゴ13がカウント不能にしたことで、逆転勝利の目がなくなりました。

何と言うタイトルの回かは思い出せませんが。


ケチなくせにお祭り好きの私は、会社の帰りに、その夕刊を買いました。

神奈川の川崎で買ったのですが、一面の見出しは、まだオバマ氏の再選を伝えるものではなく、優勢、とのことでした。

例の広告を見るだけのために、夕刊を買ったのですが、中のほうに見開きで掲載されていた、作者のさいとうたかお氏の対談は興味深かったです。

また、テレビ欄のある面には、テレビ欄の下に、

「二つの祖国で」

と言う映画の広告がありました。

太平洋戦争中にアメリカ軍で、日本軍の暗号解読に従事した、日系二世の苦悩を描いたもののようです。

こう言う映画は、と言いますか、こう言うことがあったことは、多くの日本人に知られるべきだと思います。

どう感じるかは、それぞれの自由ですが。

そんなわけで、広告目当てでしたが、色々と貴重なものが見聞できて良かったと思いました。


それにしても、依頼の内容はなんだったんだろう。

マンガ買おうかな。


なお、翌日の朝刊には、ゴルゴ13からの返事の広告が載ったそうです。

これは買うタイミングを逃しました。

20121112ゴルゴから

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【高校ラグビー】東福岡に四連覇を期待



(2012年福岡県高校ラグビーの決勝、東福岡高と筑紫高の動画)


先週土曜日に、第92回全国高校ラグビーフットボール大会福岡県予選の決勝が行われ、東福岡高が筑紫高に24-17で勝ち、13年連続23回目の花園行きを決めました。

ニッカンスポーツ「東福岡が13年連続優勝/高校ラグビー」へのリンク

讀賣新聞「東福岡が13年連続の花園 全国高校ラグビー県予選」へのリンク

朝日新聞「東福岡、苦杯から雪辱 筑紫振り切り花園へ 福岡」へのリンク


上記記事中にありますように、東福岡高は3校目の四連覇を目指すことになりました。

過去四連覇を果たしたのは、戦前の同志社中、21世紀に入っての啓光学園の2校です。

同志社中は五連覇を達成しています。


このニュースを受け、私は、ベストなシナリオではないけれども、決して悪い気もしない、と感じています。

私にとってのベストなシナリオは、母校福岡高(福高)が1982年以来の単独出場を果たすことでした。

(本当は単独でなくても、強豪ひしめく福岡からは2校出るべきだと思うのですが)

今年の春の大会には、東福岡高との準決勝で引き分けた(ただし抽選負け)、と言うニュースを聞いて、期待していました。

毎日新聞「全国高校ラグビー:県予選 筑紫−福岡、東福岡−小倉 あす準決勝、熱戦期待 /福岡」へのリンク

しかし、今回の予選でも準決勝で筑紫高に敗れてしまいました。

毎日新聞「全国高校ラグビー:県予選・準決勝 東福岡−筑紫、10日決勝 福岡、小倉敗れる /福岡」へのリンク

準決勝では前半を15-12とリードして折り返したそうです。

しかし後半は完封され、逆転されてしまいました。

筑紫高は決勝戦でも後半たてつづけに3トライをあげたそうです。

だからきっと、筑紫高はハーフタイムでのアジャストがうまいのでしょう。

福高が情けないとかは全然思いませんし、思いつきもしません。

筑紫高が素晴らしかったのだと思います。

福高に関しては、毎年全国大会への出場を望んではいますが、今のような文武分業の色が濃い高校スポーツ界で、よく毎年準決勝レベルを保てるもんだ、と驚いてもいます。


筑紫高対福岡高の動画へのリンクを貼らせてもらいます。

YouTube「筑紫 vs 福岡 準決勝【1st】2012秋 第92回全国高校ラグビー福岡県予選」へのリンク

YouTube「筑紫 vs 福岡 準決勝【2nd】2012秋 第92回全国高校ラグビー福岡県予選」へのリンク



さて、私は今は福岡に住んでいませんし、ラグビー関係者でもなければ、熱心なファンでもありませんが、思うところを書かせてもらいます。


まずはネガティブなことから。

「またヒガシ(東福岡高)か」

という気持ちがあります。

以前ほど強くはないですが。

私は田舎者なので、ついつい公立びいきをしてしまいます。

だから私立の東福岡高が出るのよりは、公立校の筑紫高に出てほしかったな、と思います。

それに、同じ学校が代表になり続けるのは、スポーツファン的な目から見ると、変化がなくて面白くはないです。

それを続けるのはものすごく大変なのはわかってはいるつもりですが。

前述の通り、決勝は筑紫高に勝ってほしかったな、と思います。

もうずっと決勝で東福岡高に敗れ続けていますから。

2年前だったか、全国大会で優勝した時、結局そのシーズン東福岡高を一番苦しめたのは、全国大会に出た高校ではなくて、県大会で当たった筑紫高だと言われました。

実質全国2位の力があると言うわけで、筑紫高が出場していても全国制覇していたかもしれません。

また、その大会は第90回の記念大会で、特別に福岡に2校の枠が設けられました。

筑紫高が出ることになるんだろうな、と思いましたが、東福岡高と別のパートで全校大会出場を決めたのは福岡高でした。

この時は、申し訳ないと思いました。

(ただ、申し訳ないと思うのは失礼なことだとも思うのですが)

だから、今回こそ筑紫高に勝ってほしかったなぁ、と思います。


そしてポジティブなことを。

東福岡高は本当にすごいな、と思います。

学生スポーツの勢力図を変えることは本当に難しいと思いますし、またそれを保つ側に立つと、またそれも難しいと思いますから。

私が高校生の頃の福岡の決勝大会は、公立校の間で行われました。

今でも鮮明にカードを覚えています。

1980年 福岡高○-●修猷館

1981年 福岡高○-●筑紫丘高

1981年 福岡高○-●筑紫高

1981年 筑紫高○-●福岡高

東福岡高は、武道とサッカーが強いのは知ってましたが、ラグビーの世界では聞いたことがありませんでした。

この勢力図を変えてしまったのですから。

公立校出身のOBが協会に多いと思われる福岡県では、並大抵のことではなかったんじゃないかな、と想像します。


そして、福岡県内だけにとどまらず、全国的な強豪になったことはもっとすごいと思います。

上記の1980年から1982年の間、福岡高は全国大会では、それほど上位には食い込めなかったと思います。

福岡県勢は、1967年の福岡電波高(現福岡工大城東高)の優勝、1971年の福岡高のベスト4以来、ずっと上位には食い込めてなかったようです。

ですが東福岡高は、全国の勢力図さえも変えてしまいました。

そして、「福岡のラグビーは強い」と言うイメージを作ってくれたと思います。


東福岡高は、今季から監督が代わりました。

今年2月の新人戦で筑紫高に敗れ、東福岡の国内公式戦連続無敗記録は83で止まりました。

(どちらが先だったかはわかりませんが)

そして前述の通り、春の大会では福岡高と引き分けました。

ひょっとしたら全国の強豪校は、今年のヒガシになら勝てる、と思っているかもしれません。

県内のファンの方にも、今年は危ないかもしれない、と考えている方もいるでしょう。

でもあくまでもそれは想像の世界ですから。


福岡県の代表なんですから、期待させてもらいます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

YouTubeで話題、9歳の女の子の動画がすごい!!



(アメリカで話題の、そして日本でも紹介されたサム・ゴードンちゃんの動画)


最近アメリカで話題になっているの動画が、ユタ州ソルトレイク市でアメリカンフットボールをプレイする9歳の女の子、サム・ゴードン(Sam Gordon)ちゃんの動画。

トップに置いたものがそれです。

ネットでおつきあいしている人々の中では先週前半から話題になっていましたが、私はあまり興味がなくて見ていませんでした。

しかし日増しに驚きの声が高まり、NFLもとりあげ、日本でもNHKが取り上げるまでになりました。

NHKのニュース動画入り記事はこちらです。

NHK「アメフト少女 男子かわし独走」へのリンク

NFLの記事はこちらです。

NFL「Sam Gordon: Football player, YouTube sensation, girl」へのリンク


見てみました。

すごい…


何がすごいかと言いますと、まず足の速さです。

そしてなかなか倒れない強さ

動画の後半ではタックルされるシーンもありますが、ソロタックル(1対1のタックル)ではなかなか倒れず、複数の選手で倒すシーンも少なくなかったです。

そして動画の最後では、ディフェンスの選手として相手選手にタックルに行くシーンもありました。

彼女のオフェンスの記録も素晴らしいですが、チームトップの65回のタックルを記録しているそうです。


私の驚いた内容は、下記リンク先の記事の中により詳細に書いてあります。

ロケットニュース24「男子たちを圧倒する反則レベルの才能! フットボール界に現れた “俊足スーパー美少女” に全米が大注目!!」へのリンク

記事の内容と私の驚いた点がかぶっているのは、本当に偶然で、パクッたわけではないです。

記事に対する補足ですが、サムちゃんの記録のうちの

「・1キャリーにおける平均走行ヤード数:8.2ヤード」

と言うことですが、これは、単純計算で2回ボールを持って走ればファーストダウンを楽々奪える、と言う意味です。

アメフトは4回の攻撃で10ヤード進めば、また新たに攻撃権(ファーストダウン)を得られます。

それを繰り返してゴールに近づき、得点するスポーツです。

だから彼女が2回持って走れば、16.4ヤード進むことになります。

まあ、疲れもありますから、実際はそう多くは持てないでものですし、サムちゃんのランだけで戦うのは作戦として無理もあります。

あくまでも机上の計算ですが。


ところで下記記事によりますと、サムちゃんのお父さんが先週火曜日このハイライト動画をYouTubeにアップしたところ、話題になって、木曜日のABC局のテレビ番組「Good Morning America」に登場するまでになったそうです。

その時放送された動画も載っています。

Businessinsider「Meet Sam Gordon, The Little Girl Who Is Absolutely Dominating Her All-Boys Football League」へのリンク

動画を見て、サムちゃんは本当にアメリカのそこらへんに居そうな、かわいい普通の女の子のように見えて驚きました。

こんな女の子が、あんなランや、激しいタックルをするとはちょっと信じられないです。


ただ残念なのは、将来の夢はサッカー選手だとか。

え、アメリカ人なのに?

アメフトじゃないの?

と思ってしまいました。

ですが、よく考えてみますと、いくらアメリカではサッカーはマイナースポーツとは言え、国際大会ではサッカーのW杯の方がアメフトの大会よりも有名なようです。

女子サッカーは、W杯やオリンピックなどはアメリカでもまあまあ知られているようです。


ですが、男子でもアメフト世界選手権となりますと、そんなものがあってアメリカからも出場していることも知られてないようです。

女子でも来年フィンランドでワールドカップが行われるのですが、おそらくそれも知られてないのでしょう。

サムちゃんも知らないのかもしれません。

もっとその大会の知名度がアメリカでも上がれば、サムちゃんも女子アメフト選手を目指すようになるかもしれません。


日本女子アメフト界は選手不足に悩まされているそうです。

日本は男子が世界3位と強いので、女子もきっと強くなれる思います。

この辺の事情は、以前ブログに書きましたので、興味があれば読んでいただけると嬉しいです。

 「普通の女性の方へ、W杯に出ませんか?」へのリンク

そして最近の話題では、女子大生で男子にまじってがんばっている方がおられるようです。

「男子と互角、アメフトデビュー…京都精華大・櫛田」へのリンク


追記

サムちゃんの動画、いくつもあるんですが、トップに置いた動画を選んだのはBGMが明るいからです。

ただ画像が小さいのが難かな、と思います。

BGMはなんとなく暗いですが、画像はこちらの方が見やすいかと思いますので、興味があればどうぞ。

YouTube「America's Sensation:Sam Gordon 9-Year-Old Utah Girl: STAR Football Player is AMAZING」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

11/11「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(「ダンシング・オールナイト」もんた&ブラザーズ)


11/11の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回はスポンサーとなった明光義塾さんの方がブースの外で見守って居る中での放送でした。

そんな中、新コーナー3本が初オンエア、そして若林がチャレンジを受けてました。

かなり濃い回だったと思いますが、明光義塾さんはどう感じて帰られたのか、ちょっと気になります。


1.番組の流れ

1)オープニング


前述のように、明光義塾さんの方が来ていることが語られました。

なんでもブースの外に2列ぐらいにならんで座っていると言うことなので、ある程度多くの人数なんでしょう。

その後、ANNのリスナーさんと、他の方とでは、声のかけ方が違う、と言う話しになりました。

若林は沖縄ロケ(「スクール革命」?)で、修学旅行に来ていた鹿児島のラ・サール高校の生徒から

「若林さん、ラジオを聴いてます」

と、丁寧に声をかけられたそうです。

渋谷で「わかばやしぃ~」と言われるのと違うなぁ、と言っていました。

(まあ若林も「見栄晴、靴買うの?」と高校時代に見栄晴に言っていたそうですが)

春日もそれは感じていて、さらに意外と男性、しかもおじさんにリスナーが多いと言っていました。

私もその一人になるわけですが。

その後、レイザーラモンRGの

「ぼわっと疑惑」

に話題が移りました。


RGがあるあるソングで「ぽわっと」と歌った件ですが…

歌詞を作ったさくらももこさんは「ぼわっと」と書いたそうですが、近藤房之助さんは「ぽわっと」と歌ってるんじゃないか、と言う疑惑です。

これに関し、(たぶんチーム付け焼刃が走り回って)近藤房之助本人からボイスメッセージが届けられて、それが流されました。

それを、RGに電話をかけて、一緒に聴くスタイルの放送でした。

「B.B.クイーンズの『いんちきおじさん』こと、近藤房之助です」

で始まったメッセージ。

結局「ぼわっと」と歌っている、と言うことです。

敗れたRGですが、ボイスメッセージ中にあったイベントの宣伝について、

「出演者が豪華すぎる」

とお茶を濁そうとしたようですが、結局、もんた&ブラザーズの「ダンシングオールナイト」に載せて、「謝罪あるある」を歌うことになりました。

「謝罪あるあるは、謝罪したら悔しい」

と言う締めでした。

まあ、「歌うことになった」と言っても本人にはネタ披露となって、おいしいはずです。

なお、RGに「どんなパンツはいているのか」は尋ねられませんでした。


RGに電話する前に、恒例の電話回線チェックで、バーモント秀樹とビトたけしに電話がかけられました。

今回は二人とも起きていて、バーモント秀樹は

「明光義塾、大ドカンあ~い」

ビトたけしは

「ライン引け、バカ野郎」

と言って電話に出ました。


今回は1:26までの、どちらかと言えば短いオープニングだったのですが、内容はかなり濃かったと思います。


2)若林トーク

ザキヤマさんもいた、某番組の打ち上げに行って、大変な思いをしたことが語られました。

具体的な番組名は言えないと言っていましたが、twitterでは「日曜×芸人」ではないか、と言う声が多かったです。

「スクール革命」なら、春日も知らないわけはないですし。

なお、「日曜×芸人」を「日芸」と略してツイートする人も何人かいましたが、「日芸」と言えば日本大学芸術学部を指すことが多いです。

日本大学の中でも特殊な学部で、大勢の有名人がいます。


それはさておき、どういう大変な思いをしたかと言いますと、若林1人に対し、スタッフさんなど女性10人が取り囲んで飲む局面があったそうです。

この状況を、大変おいしいと思う男はなかなかいないと思います。

私もキツイわぁ~、と思いますし、twitterでも女の方が、それはキツイとツイートされていました。

あまりにもキツイので、一緒に出席したマネージャーのしょうへいさんにアイコンタクトして、口パクで、

「(俺を)呼べ」

と言って脱出をはかったのですが、全然わかってくれなかったそうです。

さんざんな目にあって脱出した若林は、しょうへいさんに、なんで気付いてくれなかったのか、と尋ねたら

「飲め、と言っているのかと思いました」

とのことでした。


3)「もんた&よしのり」疑惑

RGに対して新たな疑惑がリスナーからメールされてきました。

それは、オープニングで「ダンシングオールナイト」を歌う時、RGがグループ名を「もんた&ブラザーズ」というところを「もんた&よしのり」と言ってしまった、と言うものでした。

「もんたよしのり」と言うのはボーカルの芸名(本名もかも)です。

チャレンジしたところ、たしかに言ってましたのでRGに電話。

RGは今度はGAOの「さよなら」の歌に「名前間違えあるある」を載せ、最後は「すごく失礼だと思う」で落としました。

ちなみに私もよく名前を漢字にするとき、間違えられます。

たとえば私が「なみき」と言う名字だとすると、「並木」と書くところを「波木」と書かれたりする、と言うようなものです。

これは漢字変換ソフトで、違う方の字が先に登録されているので、そうなってしまうようです。

話しがそれましたが、この電話の最中、のちに波紋を呼ぶことが起きました。


4)春日トーク

奈良県で「青空レストラン」のロケを宮川大輔らと行ったときに、

「カスミン」

と書いたボードを掲げて見に来ていた女子高生がいたので、話しかけたら大感激された、と言うような話しでした。

若林と同じく「女性」が重要なポジションを占めるトークでしたが、

「コンビのトークテーマがおんなじ「女」でもスゴイ落差」

とのツイートもありました。


5)「私立オードリー学園」

先に書いておきますが、新コーナー3つはイマイチどんなネタを作ればいいのかわかりませんでしたが、今回の放送で、大体の内容が分かり、すべて想像以上に面白かったです。

twitterでも好評でした。


さて明光義塾さんのHPにも記事があるこのコーナー。

ガチで下ネタが禁止なのはそう言うことだからでしょう。

披露されたメールは以下のようなものでした。

・「take care of yourself」を和訳せよ

 ←「ばばぁ、長生きしろよ」

・「正岡子規の真似をしている芸人はだれか。以下の中から選べ

 Hi-Hi岩崎

 井手らっきょ

 クロちゃん」

 ←全員

・「豊臣秀吉が刀狩りを行った本当の理由を述べよ」

 ←うけるかなぁ、と思って

・「マルコポーロが日本を黄金の国として紹介した本は何?」

 ←「るるぶ日本」

・「”Stand up”の意味は?」

 ←「オールスター感謝祭」で、クイズ始まりまりますよ、と言う意味

・「国民の三大義務を答えよ」

 ←「コント、漫才、ブリッジ映像」

なお、このコーナーの商品はけっこう豪華なようで、オードリーの二人で手にとって見ながら驚いてました。

スピーカーとかあるんですよ。

あいかわらず「見えないラジオ」とtwitterで言われてましたが。

ぜひ公式サイトに商品の写真を載せてほしいです。


6)「カスッター」

春日が言いそうなことを投稿するコーナーで、投稿に対して春日が、それは本当、そうれは嘘、などとコメントしていきます。

・「アメトーク放送を見る。やはり全然映ってなかった。当たり前だ。前に行かなかったけど。ああいうときはどうすればいいんだろう」

 ←その通りだそうですが、実際は積極的には前に行かないようにしているだけで、前に行った時のオンエア率は高いそうです

・「地方のロケは、先輩に気をつかわなくていいから楽だ」

 ←本音っぽいようです

・「ここ最近、春日に番組を締めさせてもらってるのが辛い」

 ←本当に辛いそうです

・「タカさん、あっちゃんが結婚した。今度の正月は福岡に行けるんだろうか」

 ←このことは週一でつぶやいてるそうです(本当はアカウント持ってないそうですが)

・「それにしても今週のフリートークはまずかった。まあいいや。朝までネットでおかずさがそう」

 ←「原文のまま」だそうです

なおtwitterにこれをツイートさせるかどうかは未定、と言っていましたが、まとまった数が集まったらやるようです。

twitter上では「付け焼刃がやらないなら、先に非公式bot作ればいいじゃん」みたいなツイートがありました。

それはそれで面白そうですが、番組の迷惑になると嫌だな、とも思います。


7)勝手にジャンクション

このコーナーが一番趣旨がわからなかったのですが、今回聴いて大体わかりました。

公式サイトにはこう説明されています。

「番組と番組の間で
 「このあとはオードリーのANN。心して聞け!」
 といったような言葉をジャンクションと言います。

 このコーナーは
 前の部分の「番組説明文」を若林さんが発表、
 最後の「一言」を春日さんが発表します。

 もしかしたら奇跡的にピッタリのジャンクションが出来るかも!?
 というコーナーです。」

発表するのは無作為だそうで、偶然ぴったりになったらおもしろいね、と言うものでした。

こんな感じです

・「この後夜九時からは栗原類のネガティブラジオ。ゲストは辛酸なめ子さん」

 ←「この2時間で、人生が変わる」

いくつか読まれてけっこう面白かったんですが、早口で読まれるため、書きとめるのは難しいです。

録音しているので、それを文章に落とせばいいんですが、朝方にそこまでのパワーは私にはないです。


8)「ミニコント」疑惑

若林がRGと電話で話している時、「ミニコンポ」と言うところを「ミニコント」と言い間違えていた、と言うメールが届きました。

若林がチャレンジを受けると、完全に言い間違いだと言うことがわかりました。

そこでRGに謝罪の電話。

「ミニコンポをミニコントと言ってしまうあるある」を、エンディングで若林がウルフルズの「ええねん」に載せて歌うことになりました。


9)しんやめ


10)エンディング

「ミニコンポをミニコントと言ってしまうあるある」が歌われました。

「ええねん」を歌うのはこれで3回目ですが、

「安定の一本調子ええねん」

と言うツイートが的確でした。

オチは「恥ずかしくてリアクション取れない」と言う微妙なもの。

RGは「泥沼ですね」と言って、「あるあるに向いてない人にあんな長い歌を歌わせた僕も悪い」と続けていました。

そんなわけで、来週RGが「ミニコンポをミニコントと言ってしまうあるある」のお手本を歌うようです。

(本当にそうなるかどうかはわかりませんが、RGにとってはおいしい方向にうまく持って行ったな、と思います)


2.「ミニコント」疑惑が表面化するまで

「ミニコント疑惑」はtwitterで進められて表面化しました。

最終的にRGの下記リンク先のツイートで、あるリスナーさんが投稿したようです。

https://twitter.com/rgizubuchi/status/267312569348399105

そして放送の後、こうもツイートしていました。

「皆のおかげで勝訴!ミニコンポをミニコントって言っちゃったあるある勝ちとったぞ! #annkw」

https://twitter.com/rgizubuchi/status/267324080598970368

いまどきのラジオのでき方って、面白いな、と思いました。


3.RGが驚いたイベントとは

オープニングで、RGが「出演者が豪華過ぎて驚いた」と言っていたイベントは、下記リンク先のもののようです。

ディスクガレージ「“BEING LEGEND” Live Tour 2012」へのリンク

このイベントは、番組中に普通のCMででも告知されていました。

出演者が

T-BOLAN / FIELD OF VIEW / B.B.クィーンズwith Mi-Ke(宇徳敬子)でスペシャルゲストが DEENと言うのは、たしかに90年代青春まっただ中の人には、豪華すぎると思います。

私はB.B.クィーンズが結成される前に近藤房之助のライブに行ったことがあります。

1990年か91年ごろで、当時阿佐ヶ谷に住んでいたころなんですが、日曜の夜に高円寺に住む大学時代の友人から電話がかかってきて、行くことになりました。

男っぽいロックを歌っていた記憶があります。

後年その友達(福岡で住職さんをやっています)と話した時、まさか「踊るポンポコリン」のような路線の歌を出すとはね、と語りあいました。


4.RGの後はRG3

放送終了後、テレビでワシントン・レッドスキンズとカロライナ・パンサーズのゲームの録画中継をやってましたので、それを流しながらこれを書き始めました。

いわゆる「レッドスキンズ・ルール」と言われる、アメリカ大統領選挙と因縁があると言われている試合です。

この件は昨日のオードリーのNFL倶楽部」でも紹介されました。

ワシントン・レッドスキンズのQBはロバート・グリフィン3世と言う名前で、一般には「RG3」と略されて呼ばれることが多いです。

RG3はルーキーとは思えない素晴らしい活躍を見せてくれました。

ちなみにその番組の解説は、「オードリーのANN」の最初のゲストの河口正史さんでした。

「第一世代」なら覚えてられるかと思います。

この方の解説はすごいですよ。

今起きたプレイの分析もすごいですが、プレイが始まる前に一瞬で画面全体を見渡して予測したりします。

そしてこれが結構当たるんですよ。

これぞ「解説者」だな、と思います。


5.「ダンシングオールナイト」

私が高校一年生の春から夏にかけて大流行した歌です。

1980年のことですから、もう30年前の歌と言うことになります。

オードリーの二人は、

「RGさんの歌は、自分たちが中学生ごろの歌が多くて嬉しい」

と語っていました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week9】「オードリーのNFL倶楽部」について



(サックのあと敬礼(Salute)をするJJ・ワット)



11/10未明に日本テレビ地上波で放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今週は珍しくMCの3人の衣装がそろってませんでした。

若林はヒューストン・テキサンズ(HOU)のチームマークが胸に書いてあるTシャツ。

春日はニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)の文字が書いてあるTシャツ、そしてお約束のハイウエスト。

徳島アナはデンバー・ブロンコス(DEN)のパーカー。

後日更新されるNFL倶楽部ブログ」に写真が載るでしょう。


1.番組の流れ

1)オープニング

来週HOUは、シカゴ出身のオバマ大統領が応援するシカゴ・ベアーズ(CHI)と言うことで、若林は

「ロムニーの気持ちです」

と言ってました。


2)PIT@NYGのダイジェストで春日がランを熱く語る

春日が応援するNYGとピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)の対戦のダイジェストが行われました。

ハリケーン「Sandy」の影響で開催すら危ぶまれたゲームで、PITの選手は異例の当日になっての現地入りとなりました。

NYGのQBイーライ・マニングとPITのQBベン・ロスリスバーガーはいずれも2004年のドラフト1位同士。

この年は他にサンディエゴ・チャージャーズ(SD)のQBフィリップ・リバースやヒューストン・テキサンズ(HOU)のQBマット・ショウブもNFL入りしており、QBの当たり年と言われているそうです。

ただ、スーパーボウルを制しているのはイーライとロスリスバーガーだけです。

でも2人とも2回制覇しているのはすごいと思います。

ゲームの方ですが番組で放送されたものより長いですが、下記リンク先に日本語字幕入りのダイジェスト動画があります。

NFLJAPAN「【第9週】スティーラーズ対ジャイアンツ」へのリンク

イーライは2試合続けてTDパスがないそうです。

この後久々の敗戦に悔しそうな春日が、敗因とランについて熱く語っていました

ここまでNYGは相手に対して平均113ヤードのランしか許してなかったのですが、この試合では158ヤードも奪われてしまいました。

「これは喝だよ、喝。

 アメリカンフットボールに勝つには、おフェンスはいかにランを出して、ディフェンスはいかに相手のランを止めるかにあるんだよ。」(春日)

「パスではなくてランなんですか」(徳島アナ)

「そうだよ、いいかいえりか、

 ランが続いている間は時間が止まらないんだよ。

 そうするとディフェンスとしては焦ってしまうし、攻撃時間が長くなって疲れてしまうんだよ。」(春日)

「ランがじりじり続いてると、嫌な気分になるんですよ。

 メールが一回に十通ぐらい届くようなもんなんですよ」(若林)

「やだぁ、気持ち悪い」(徳島アナ)

とのやりとりがありました。


「ランプレイが気持ち悪いってことはないんですけどね」

と若林は言ってましたが、以前「オードリーのオールナイトニッポン」の「アメフトの小部屋」で、

「ランプレイが続くと、ディフェンスとしては飽きちゃう」

と春日は言っていました。

「パスプレイならサックしに突っ込んでいけるんだけどね」

とのことでした。

アメフトのディフェンスは「守る」と言うこともありますが、パスラッシュ(パスを投げようとするQBにサックに向かうこと)のように攻撃的な側面もあります。

だから、パスラッシュとかならまだいいんでしょうが、ランだと受け身に回ることが多いので「やらされている感」が出てくるのでしょう。

ですので、同じ時間フィールドに居るとはいえ、ランが続くとディフェンスは精神的にも疲れるのでしょう。

だったらどのチームもランを続ければよさそうなものですが、ランが弱いとファーストダウンが取れなくて攻守交代となります。

だから、ランオフェンスを強化するのは大事なことだそうです。


若林が続いて

「ランが出ないとプレイアクションパスも通らない」

と言っていました。

そうなんです。

プレイアクションパスとは、QBがRBにボールを渡したふりをして、パスを投げることですが、RBが走れていないとRBにそれほど注意を払わなくてもいいので、引っかかりにくくなるわけです。

「最近のトレンドはパスの空中戦ですが、ランが大事ということです」

と若林が〆ていました。


ただこのセオリーを覆して勝ち続けたのが昨季のそして今季の最近のグリーンベイ・パッカーズ(GB)です。

まあ、GBはQBアーロン・ロジャースが超一流すぎますの…

でも、パスが警戒されているところにパスを通し続けて勝つのは並大抵のことじゃないでしょうし、リードしていてもランがないと終盤に時間をつぶせなくて、そこから逆転されて負けたりもしています。


3)その他の試合のダイジェスト

・若林のHOUはバッファロー・ビルズ(BUF)と対戦。

 21-9で大勝しました。

 JJワットのサックにアリアン・フォスターのTDランがあり、若林は敬礼とナマステで忙しそうでした。

・ワシントン・レッドスキンズ(WAS)対カロライナ・パンサーズ(CAR)では、WASは1937年当時のジャージでプレイしました。

 
 両チームともNFL歴2年以内のモバイルQBです。

 RG3(WAS)とキャム・ニュートン(CAR)の二人なんですが、今後のQBと言うのはこういう風にも進化していくかもしれない、と言うQB同士のゲームでした。

 ただし重要な誤審があったようで、リーグがそれを発表しています。

 NFL JAPAN「パンサーズ戦、ホイッスル後のTD判定は「間違い」とリーグ」へのリンク

・インディアナポリス・コルツ(IND)対マイアミ・ドルフィンズ(MIA)の試合は、ルーキーQB同士の対戦。

 INDはアンドリュー・ラックでMIAは29歳の新人ライアン・タネヒルです。

 ラックは433ヤードを投げ、昨年キャム・ニュートンが樹立したルーキーQBの1試合でのパスヤード記録を更新しました。

 なおルーキーQBの1シーズンでのパスヤード記録もニュートンが持ってます。

・グリーンベイ・パッカーズ(GB)はアリゾナ・カージナルズ(ARI)に31-17で勝ちました。

 若林はワイプで、毎週毎週GBに対して驚きの声をあげています。

 ちなみに下記リンク先の記事では、NFl.comとNFLネットワークのアナリストの中では、今のところ優勝に最も近いチームとしてGBがあげられています。

 NFLJAPAN「いよいよ後半戦へ、現時点での優勝候補は?」へのリンク

 GB今はけが人が多くて苦戦していますが、終盤からポストシーズンに負傷者が戻ってきたら一気にスーパーボウルまで行って勝ってしまうんじゃないか、と言う読みなのでしょう。

 でも私も、職場のもう一人のGBファンも、そんなにうまくいくかなぁ、と懐疑的ですが、そうなることを祈ります。


4)若林が選ぶNFL2012シーズン前半戦 がんばった大賞

今回はディフェンス編で、この賞を決めるために日テレG+を見倒した若林がランキング方式で発表しました。

3位:ティム・ジェニングス(シカゴ・ベアーズCB)

 ここまでにリーグトップの6インターセプトをあげています。

 これは昨年までのNFLキャリア通算の7回より、1つだけ少ないものです。

 オフェンスがリーグ25位なので、ディフェンスがCHIを支えている、との若林の説明でした。

 これはCHIの伝統のように感じます。

 ただその25位と言うのは、獲得ヤードのことで、得点ランキングでは3位です。

 これはどういうことかと言いますと、試合を見ていないので何とも言えないのですが、パントリターンやキックオフリターン、さらにディフェンスのインターセプトリターンやファンブルリターンがうまく行き、攻撃開始ポジションがよかったので、短いヤードで得点を奪うことができたのでしょう。

 また、ディフェンスがあげた得点も、これに含まれているのかもしれません。


2位:ロンドン・フレッチャー(ワシントン・レッドスキンズLB)

 身長178センチの小兵ながら、NFL生活15年間全試合出場を続けています。

 (ちなみに連続出場のNFL記録は、ジェフ・フィーグルスの352試合ですが、接触の少ないパンターだからこそ、これだけの記録ができたのかもしれません)

 なおWASのディフェンスはパスディフェンスが31位とブービーなのに対し、ランディフェンスは9位と上位です。

 これはランディフェンスに優れている、と見るより、ランでヤードが稼げるのだから、わざわざリスクの高いパスを投げる必要がない、と相手が考えて、ランを多用しているからかもしれません。


1位:JJワット(ヒューストン・テキサンズDE)

 今シーズンは10.5サックとリーグトップです。

 彼は最初TEとして大学(セントラルミシガン大学)でプレイしていたのですが、芽が出ず、ピザ屋のバイトに精を出していたのですが、ある日子供の客から、なんで試合に出ないの、と言われてウィスコンシン大学に転校し、アメフトに戻り、DEに転校して開花したそうです。

 (このエピソードは、先週発売された「Touchdown pro」誌にも書かれています

  また下記リンク先の動画で、そのことを証言しているようです

  英語がわからないので、よくわかりませんが(^。^;)

  YouTube「J.J. Watt The Pizza Delivery Boy」へのリンク

若林は彼の敬礼について、

「今度から漫才でうまくつっこめたら、敬礼をしたいと思っております」

と言っていました。 



長くなりましたので、今回はここまでで。

生馬アイザックさんの現地レポートと「トゥースポ」は、来週の放送までに別の日に書きたいと思います。


来週は日本時間の月曜10時20分から、ヒューストン・テキサンズとシカゴ・ベアーズとが対戦します。

リーグでただ二つの1敗チーム同士の対戦ですから、注目されます。

ちなみにそれぞれの1敗の相手は、いずれもグリーンベイ・パッカーズです。

そして全勝のアトランタ・ファルコンズが、ようやく調子を取り戻したように思えるニューオリンズ・セインツのゲームが、月曜日朝3時に行われます。

これもいい試合になるでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

鉄拳、「振り子」に続く泣ける動画「弱い虫」のこと



(鉄拳が作った馬場俊英の「弱い虫」のPV動画)



「こんにちは、MAJIKです。

 今日は鉄拳について考えてきました。

 題して、こんな鉄拳は泣ける。」


とまあ、昔よく見た鉄拳のフリップ芸ってこんな感じで始まっていたと思うんですが…


さて、最近鉄拳のパラパラ漫画 「振り子」 が「超泣ける動画」として話題になって、それが英ロックバンド・MUSEの正式PVとなったことも話題になりました。

Yahooトピックス「“泣ける”鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンド・MUSEの正式PVに」へのリンク

「振り子」の動画はこちらのリンク先になります。

YouTube「MUSE / EXOGENESIS PART 3 (REDEMPTION) 鉄拳「振り子」ver. (Official)」へのリンク


見るだけで大体のストーリーはつかめたのですが、詳細な解説などはこちらにあります。

NAVERまとめ「鉄拳の「振り子」感動の真実」へのリンク

これは、パラパラ漫画としての技術的な完成度の高さも評価されているようですが、私は見てみて、そんな技術的な面よりも、ストーリーに泣けてしまいました。

とくにお父さんが振り子を一生懸命とめるところは涙腺大崩壊でした。

ネットでも高評価で

「ベタなストーリーだけど素晴らしい」

との声が多いようです。

痛いニュース「拳のパラパラ漫画を見た英ロックバンドMUSE、感銘を受け公式PVとして採用」へのリンク

日刊スレッドガイド「“泣ける”鉄拳のパラパラ漫画「振り子」が英ロックバンド・MUSEの正式PVに」へのリンク

みなさんの声を聴いてみると、こう言うことがあるからYouTube、SNSの存在価値があると思います。

望ましい使い方と言えるでしょう。


そして12月7日には、今度は「振り子」が絵本になって発売されるそうです。

JCASTモノウォッチ「「泣ける」とネットで超話題!鉄拳のパラパラマンガ「振り子」が今度は絵本になるらしい」へのリンク

Amazonなどではもう予約を受け付けているそうです。


そして本題ですが、さらに新しいパラパラ漫画が、PVに採用されました。

トップに置いた馬場俊英の「弱い虫」です。

関連する記事のリンクをはっておきます。

ストーリーの解説も載ってますので。

「馬場俊英「弱い虫」PVは、鉄拳のパラパラアニメ最新描き下ろし」へのリンク

ナタリー「馬場俊英、いじめをテーマにした新曲「弱い虫」リリース」へのリンク

昨日の「oha!4 NEWS LIVE」「ZIP!」で紹介されていました。

「めざまし」でも紹介されていたそうです。


そして昨日の午前中に、動画がYouTubeに公開されました。

昨晩の22時時点で、7,500回再生されています。

昼間はまだ300回程度でしたが、帰宅して見た人が多いんでしょう。

同じころ、上掲の振り子は56万回の再生数でした。

「弱い虫」は「振り子」を抜けるでしょうか?

まあ、そうならないにしても、多くの方に見てほしいです。


Twitterでも、テレビを見た方のツイートで、評判でした。


9月には肺炎で入院している鉄拳。

この動画を作っていた最中だったのかもしれません。

いい作品を世に送り出してくれるのはありがたいですが、無理はしないで欲しいものです。


最期に、「弱い虫」のストーリーの中心となる

不条理

と言うことについて思うところを書きます。

私はもう50を迎えようかと言う歳です。

これだけ生きていれば、世の中に不条理が少なくないと感じます。

でも、それがどうした、と思うのです。


生きていれば不条理の被害にあうこともあります。

そして知らず知らずのうちに、または止むを得ず、不条理を加える方にもなってるんじゃないか、とも思うのです。

おあいこだなぁ、と思うのです。


また、 不条理はネガティブな響きを与えますが、「道理にあわないこと」といういみでは、ラッキーな出来事も、不条理なことだと思うのです。

なんかわかんないけど、超ついている、てこともあります。

だから、これもおあいこだなぁ、と思うのです。


本当は、がんばった時にはそれなりの成果が得られて、がんばらなかった時には何も得られない、と言う考えやすい世の中なら、単純で生きるのがらくだとは思うのですが、実際はそうじゃないです。

不条理は、良い意味でも、悪い意味でも起こります。

大事なのは、良いことの方が多いのに、一つ悪いことがあると、それで良いことが起きたことを全て否定するような、ネガティブな考え方は持たないことだと思います。

逆に、悪いことが多くても、一つ良いことがあれば、自分は幸せだと思えたらいいと思います。

そして、他人に喜んでもらえる不条理をより多く起こせれば、生きている意味を、喜びを見いだせると思います。


P.S.

動画の中で、男が近寄って来た犬を突き返すシーンがあります。

犬はそれでも目をキラキラさせて近寄ってきます。

犬ってそういうものみたいです。

せつないので、動物を乱暴に扱うのはやめようと思います。

今でもそうしているつもりはないですが。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(続き)【2012年Week8】「オードリーのNFL倶楽部」について



(ロンドンゲームでのNEのTEロブ・グロンコウスキのTDシーン)


11/3に放送された「オードリーNFL倶楽部」について、書ききれなかったことを書きます。

1.若林へのプレゼントまつり

番組の流れの続きです。

「フォスターさん、グローブをください」

と言う若林のおねだりから、カメラは生馬アイザックさんが取材をしているヒューストン・テキサンズ(HOU)のロッカールームへと切り替わりました。

今週は若林のために、HOUの選手からお宝グッズゲットを狙う内容です。

自身のtwitterに若林のパネル写真を載せてくれたSSのグローバー・クインに

「試合で使ったタオルでもテーピングでも何でもいいんですが」

とアイザックさんがお願いするものの、クインの答えは「NO」。

そこに、自称「忍者」のDEアントニオ・スミスが日本刀の模造品を抱えてやってきて、使ったばかりのインソールをプレゼントしてくれました。

靴の中敷きのことで、この時まだ汗で濡れていて、アイザックさんがにおいをかいだ後、これはたまらない、と嫌な顔をしていました。

その後、facebookに若林のことを載せてくれたKシェイン・グラハムからリップクリームを、NTショーン・コディからヘアクリームをゲットしますが、もっとアメフトっぽいものを、と言うことでいよいよRBアリアン・フォスターに接近します。

まずは携帯DVDプレーヤーで、若林のことをアピール。

「私はこのテキサンズ愛を選手のみなさんにとどけたいんですよ。

それはどういうことかと言うと、フォスターのサインがほしいんですよ」

この、なんか変な若林のアピールにフォスターは微妙な表情。

しかし次の

「ちょっと心配なのが…

フォスター、お肉も食べたほうが良いんじゃないか」

と言う若林の一言で、フォスターの表情がゆるみました。

自分がベジタリアンであることを、東洋の中肉中背の男が知っていたことが嬉しかったようです。

「彼の応援にこたえて、毎試合頑張りたいね」

と言ってくれました。

そしてロッカーからジャージ(ユニフォーム)を取り出し、サインをして若林へのプレゼントとしてくれました。

この間、ワイプで若林が

「うっそ、これ、すごいよ」

と超感動の声をあげていました。

それはそうでしょう。

我々NFLファンから見たら、超うらやましいです。

最後はフォスターが

「(応援)アリガトウ」

と言ってくれました。

ワイプの若林は、フォスターのナマステのを真似て、両手を合わせてお辞儀していました。


CMの後、スタジオに送られてきていた各種お土産群が若林に引き渡されました。

まずはフォスターのジャージ。

サインのほか、「TO MASA」と添えられていました。

これを見て若林は大感激。

「買いに行こうと思ってたんだよなぁ~

 これヒルナンデスで着よう」


その他OTのデュアン・ブラウンからサイン入りグローブを。

前述のKシェイン・グラハムからサイン入りシューズを。

「俺、博物館開けんじゃないの」(若林)

と言ってましたが、過去2年もいろいろともらっていた記憶がありますので、お宝探偵団に出したらすごいことになると思います。

(ただここは日本なんだよなぁ~)

そして最後にアントニオ・スミスのくれたインソールを、徳島アナが端っこをつまみながら若林に渡してました。

「これだってすごいもんだよ。

 これ表札にしよう。

 『若林』って書いて」

そして予想通り最後に

「いやこれ、気持ち悪いぐらい嬉しいわ」

と言ってこのコーナーが終わりました。

3年前、初めてゲストで「NFL倶楽部」に出た時も、フィラデルフィア・イーグルス(PHI)のQBマイケル・ビックのビデオメッセージを見て嬉しくなり

「気持ち悪くなった」

と言ってましたが、ここでもその特異体質が出ました。

そうやってこのコーナーは終わりました。

「この後は春日さんのあのコーナーです」(徳島アナ)

の後、横でずっとうらやましがっていた春日が

「アイザックさん、私にもなんかもらってきて下さいよ。

 (NYGのHC)コフリンのトランクスとか」

と言っていました。

NYGは取材規制がゆるくて、NFL倶楽部のスタッフのかたも取材がしやすいと言われてましたので、トランクスは無理にしても、何かもらえるんじゃないかと思います。


2.「春日編集長が選ぶ、今週のイチメン『トゥースポ』」

今週選ばれたのは、ロンドンで行われたニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)対セントルイス・ラムズ(STL)のゲームで、TDをあげた、NEのTEロブ・グロンコウスキ。

TDキャッチの後、バッキンガム宮殿の衛兵交代式の衛兵を真似る動きをするパフォーマンスを行うのですが、これにロンドンの観客はまったく反応せず、大すべりしたとのことでした。

トップに置いた動画の0:20辺りのシーンです。

「すべるっていったって、『トゥース』よりはましだろ」

と若林に突っ込まれ、

「いや、とんとんだよ」

と春日は答えてました。

グロンコスキ(「グロンク」と略されることもあります)は入団3年目の選手で、早くからQBトム・ブレィディのホット・ターゲットになり、昨年はTEとしてシーズン最高の17TDキャッチをしました。

NEにとっては今や欠かせぬ選手で、昨季のスーパーボウルの敗因は、彼の負傷による不調も一因と言われました。

それほどの選手です。

3.エンディング

今週は時間が余ったようで、持てあましていました。

春日が次回の対戦相手のピッツバーグ・スティーラーズのディフェンスの代名詞「スティール・カーテン」をこじ開ける仕草が面白かったです。


4.「NFL倶楽部」に新しい番宣動画が

NFL JAPANのHPの中に、NFL倶楽部のサイトがありますが、ここの番宣動画が新しくなっていました。

NFL JAPAN「NFL倶楽部」へのリンク

今シーズンは今のところMC陣の応援する3チームが、それぞれの地区で首位、と言う状態で、のどかな展開です。

若林が春日の新しいいじり方を披露しているのが面白いです。


4.「NFL倶楽部ブログ」と熱い対談

最近だんだん更新が早くなっている「NFL倶楽部ブログ」ですが、今回分は放送翌々日の土曜の夕方には更新されていました。

「前半戦が終了、予想の行方は?」へのリンク

最初の写真で若林が「敬礼」をしていますが、これはHOUのJJワットのサック後のパフォーマンスです。

また4枚目の写真で、若林がフォスターからもらったジャージを抱えているのを見ることができます。


面白いなぁ、と思ったのは

「徳島アナ:そうですね、(番組内コーナーの)トゥースポのおかげで選手一人一人のドラマを知ることでブロンコス以外のチームにも興味を持って応援できるようになりました。さすが春日編集長です!」

と言うくだりです。

「選手一人一人のドラマ」とは、選手のもつ経歴やエピソードなどを指すのでしょうが、私も試合以外にそういうことを知るのが大好きです。

アメフトに限らず、野球などでも。

そう言うのを知ると、ますますスポーツ観戦がやめられなくなります。

そういうことを好む人が多ければ、私もそういうことを書いていこうかと思いました。


また、毎回このブログに出てくるスタッフの「タクローP」ですが、その方と、解説者でオードリーのフラッグフットチームの監督の安部奈知氏との対談がNFL JAPANのサイトに掲載されました。

NFL JAPAN「日本テレビのココに注目!」へのリンク

この中には、オードリーだけでなく、くりぃむしちゅう上田の話しが出てきます。

若林は「NFLを日本で広める」ために「アメフトに関するブログを書きたい」と言っているそうです。

嬉しいなぁ、ぜひやってほしいなぁ。


私がこの対談で思ったのは、「4回の攻撃で10ヤード進む」と言うことの伝え方の難しさです。

私もそうですが、アメフトの攻撃の基本ルールである「4回の攻撃で10ヤード進む」と言うことを、観戦ビギナーの方に伝えるために、みんな苦労してるんだなぁ、と思いました。

私はいっそ、途中までそのことを教えるのをやめた方がいいんじゃないか、とも思うんですが。

これをどう伝えていくか、私も試行錯誤していきたいと思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】多村さん、言い忘れてることがありますよ



(「奇跡を起こせ 炎の一打 輝く彗星 たぁむらひとし (かっとばせ多村!)」)


一昨日、福岡ソフトバンクホークス

多村仁志外野手(36)
吉川輝昭投手(30)
神内靖投手(29)


横浜DeNAベイスターズの

江尻慎太郎投手(35)
山本省吾投手(34)
吉村裕基外野手(28)


とのトレードが成立したことを発表しました。

ホークスの公式サイトには、ベイスターズへ移籍する3選手のコメントがあります。

福岡ソフトバンクホークス「横浜DeNAベイスターズとの複数トレードについて」へのリンク


その中で、これはイカン、と思ったのが多村選手のコメントでした。

最後のこの箇所です。

「今後は、対戦相手として、オープン戦や交流戦で福岡ドームに来ることになりますが」

ん?

日本シリーズは?

まさか、ホークスにもベイスターズにもその目がないから言わなかった、ってことですか?

いや、まあ単なる言い忘れでしょう。

「古巣のベイスターズに復帰することになりますが、今後は、ホークスでの経験を生かし、試合ではもちろん、それ以外の面でもベイスターズに貢献し、優勝を目指して頑張っていきたいと思います」

と言ってますから。

でもねぇ…

プロ野球選手なら、常に日本シリーズを制することを意識して欲しいものです。

だから、ベイスターズに行ったら、福岡へはホークスと日本シリーズで戦うためにやって来ます、ぐらい言って欲しかったです。

コメントの中で王会長の名前を出していますが、王会長は、めちゃくちゃ弱かったホークスに来て、最初から、優勝するんだ、と言い続けてきました。

そして今の、少なくとも優勝争いはするくらいになったホークスがあります。

今度は多村選手自身が、ベイスターズの選手達に、優勝することの意識づけをする番です。


さて、言葉のあげ足取り遊びはこれぐらいにして…


私は多村選手のことが大好きなので、移籍は本当に残念です。


先週の土曜日から日曜日に日付けが変わった辺りから、ホークスの大場翔太投手と吉村選手のトレードの噂が流れ始めました。

吉村選手は欲しい。

まだオワコンなんかじゃない。

でも大場投手は手放したくない。

でも、大場投手本人とベイスターズのためにはいいかも、とも思い、正式発表を待つことにしました。

しかし一昨日、3対3の形で発表され、その中に多村選手の名前を見た時は、がく然としました。


これからのホークスへの貢献度を考えると、大場投手のほうが大きいと思います。

だから大場投手が残ったのは幸いです。

でも、多村選手のほうが、見てて楽しかったです。

プレイも、表情も

「そ〜、ですね」

で始まるヒーローインタビューも。

多村選手を含め、今回トレードに絡んだ選手達のことは、後日別の記事で改めて書きたいと思います。


多村選手は、ホークスでの経験をベイスターズの優勝のために生かしたい、と言ってくれてます。

是非それはお願いしたいです。

ですがその前に、多村選手がホークスに来る前に、ベイスターズでみがいた力が、2010年のソフトバンクとしての初のリーグ優勝に貢献したと思います。


だから私は、多村選手は、ベイスターズに、ホークスが受けた恩を返しに行くんだ、と考えます。

ベイスターズファンの方から見れば、大場投手のほうが魅力的かもしれません。

でもきっと、いつか、多村選手が帰って来てくれて良かった、と思える日が来ると思います。

タムさん、タムさんが言い忘れた、日本シリーズであいましょう。


そんなことを考えると、このトレードも悪くない、と書きながら思うようになりました。

損得勘定ではホークス不利との声が目立ちます。

そうかもしれません。

でも今の私には、それは一切どうでもいいと思ってます。

タムさん、横浜での活躍、期待してます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

米大統領選挙「レッドスキンズ・ルール」では、ロムニー氏勝利

先週の「やりすぎコージー」の特番「やりすぎ都市伝説」で紹介されたそうですが…

アメリカ大統領選挙に関して

「ワシントン・レッドスキンズのジンクス」

とも訳すべき

「レッドスキンズ・ルール」("Redskins Rule")

と言うのがあります。

これは、大統領選挙の日の直近のワシントン・レッドスキンズのホームゲームの勝敗が、大統領選挙の結果と相関関係があると言うものです。

レッドスキンズが勝てば、現職与党の候補が勝利し、負ければ野党候補が勝利すると言われています。

Wikipedia「ワシントン・レッドスキンズ>大統領選挙にまつわるアノマリー」へのリンク

なお、あくまでもこのジンクスの対象は、現職与党候補対野党候補です。

ですから前回の2008年の選挙では、どちらも新人が候補だったため、このジンクスの対象外でした。

そしてこのジンクスの対象となるケースは、これまで18回あって、17回までがジンクスどおりになっているそうです。


さてその運命の一戦が、日本時間の昨日の未明に行われました。

結果は…

13-21でレッドスキンズは敗れました。


公式の予想でも、私の予想もレッドスキンズ勝利だったのですが。


その後"Redskins Rule" でTwitterを検索したら、出るわ、出るわ…

アメリカでは有名なんですね。

大手メデイアのCBSや、スポーツ専門局のESPNもツイートしてました。

@CBSSports
「According to the Redskins Rule, Mitt Romney will win the presidency. Here's why: http://cbsprt.co/RomneySkins
https://twitter.com/CBSSports/status/265201436126760960

@espn
「The result of Sunday’s Panthers-Redskins game will ABSOLUTELY determine the Presidential Race -> http://bit.ly/RedskinsRule
https://twitter.com/espn/status/264502475304886272


CNNの日本支局も記事を出してました。

CNN「NFLや大リーグで占う米大統領選の勝敗、ジンクスは当たるか?」へのリンク

ツイートをみてますと、ロムニー氏側はこの結果に満足なのはもちろんですが、一方でオバマ大統領側からは、このジンクスにFワードを投げかけるものや、他のジンクスではオバマ大統領が勝つことになっている、と言うものもありました。

果たして本番はどうなるのでしょう?


追記

先日この大統領選の行方を論じる番組を見ました。

その中でアナウンサーが

「日本にとってはどちらの方が都合が良いのでしょうか?」

と尋ねたところ、ある有識者は

「そういう考えではいけない。

 日本が世界を引っ張るぐらいの気持ちではないと」

と言っていました。

この有識者の意見は現実的ではないとは思いますが、私もそう言う気持ちでないといけないと思います。

有識者の方も、アメリカのことを無視するわけにはいかないことはわかって言っているのだと思います。

でも、もはや黙っていても日本が世界に影響力を持ち続けられる時代ではないと思いますから、我々日本国民もそれなりの覚悟を持たないと

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

第60回 全日本剣道選手権大会の決勝などについて



(全日本剣道選手権、決勝戦の動画)


毎年「文化の日」の11/3に行われる「全日本剣道選手権大会」ですが、今年も先週の土曜日に行われました。

私はリアルタイムではなく録画で決勝戦を見て、その後優勝者の準決勝の試合を見ました。

トップに置いたものと、下記リンク先のものです。

YouTube「高鍋進 × 木和田大起 (準決勝) 全日本剣道KENDO2012-1103」へのリンク

あらかじめ書いておきますが、私は高校時代に部活で、大学時代に授業で剣道をやったことがある程度で、今ではこの全日本剣道選手権大会や玉竜旗高校大会、そして世界剣道選手権の一部を見るぐらいのものです。

だから、その程度しか剣道になじみのない者のたわごとだと思って読んでいただければ幸いです。


「第60回 全日本剣道選手権大会」となる今大会、優勝したのは、大阪府警の木和田大起選手でした。

初優勝だそうです。

NHK「剣道全日本選手権 木和田選手初優勝」へのリンク

Yahooトピックス「木和田が初優勝=高鍋、史上初3連覇ならず―全日本剣道」へのリンク

初めて名前を聞く選手でした。

(と言っても、そんなに選手のかたの名前を覚えているわけではないですが)

Wikipedia「木和田大起」へのリンク

一言で言うと

勝負に徹した柔軟な剣道をする選手

だと思います。


決勝戦と、三連覇を目指した高鍋選手との準決勝を見たのですが、剣道の仕方が違うように思えました。

高鍋選手が相手の時は比較的動いていましたが、決勝で内村選手と対戦した時は、一本を取るまで、とくに前半はほとんど動いていませんでした。

勝利インタビューで、大和田選手本人も言われてましたが、内村選手には運動量でかなわないので、勝負を最後の最後、もちくは延長でと考えた剣道をしたとのことでした。


野球やラグビーでも書いていますが、私はいろんな競技で、勝ちが重視されるようになった今の時代、自分のスタイルを貫いているだけでは勝てなくなっており、相手に合わせた柔軟な試合運びをしないといけない、と思っています。

世界剣道選手権では、もはや日本が自分の剣道をしていても、それでは勝てない時代になっていると考えます。

2006年の大会では、実際相手に合わせたアメリカに、日本は敗れてしまいました。

そしてそれを取り返した2009年の選手権、日本はこれまで力を入れてなかった相手の研究に尽力したようです。


だから、木和田選手が相手に合わせて柔軟な戦い方をする選手であることが間違いでなければ、そのような選手が優勝することは、必然的な時代の流れだと思います。

木和田選手の剣道が邪道とか、そういうことでは絶対にないです。


ところで、木和田選手の勝利インタビュー、まことに控えめなものでした。

「私のようなものが日本一になっていいのかどうか」

など。


勝利インタビューに対し、こんなツイートがありました。

「木和田選手のインタビュー、控えめなところが日本人らしいなぁと思った。日本人が控えめなのって、もともと濃密で閉鎖的な地域が多く、抑圧的な風潮な中でも、自分のプラスの感情を表現するために編み出されたのが控えめな表現だったりするのかなー、とふと思った。もっとおおらかでいいのに」

と言うツイートを見つけました。

私ももっとおおらかで、強気で良いと思います。

「強気」と言うのは「大口」という意味ではないです。

これからも剣道界を引っ張っていくことができれば幸いですとか…


日本は今、いろんな意味で転換点にあると思います。

その中で、結局日本に欠けているもののひとつは、有無を言われても動じないリーダーシップだと思います。

だから、それくらいのことを言ってもいいのにな、と考えてしまいました。


話しがそれてしまいましたが。

なお、第60回全日本剣道選手権大会のいくつかの試合の動画は、下記リンク先のYouTubeの「全日本剣道連盟」のチャンネルで見ることができます。

YouTubeチャンネル「全日本剣道連盟」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

11/4「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想

20121104フォスター

(若林にジャージをプレゼントした選手。アリアン・フォスター)

11/4の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

と言いたいところですが、今回は2時まで寝坊してまして、さらに途中twitterで気になるうわさを見つけたため、正直まともに聞けませんでした。

ですので、付随する話題や、オードリーの最新動画へのリンクを厚くしました。

若林トークではアメフトネタもあったそうなので、職場に毎回ANNを録音している若い社員がいますので、彼になんとかしてもらおうかと考えています。


1.番組の流れ(午前2時以降)

1)春日トーク

ラジオをつけたら、本編を話し終ったところでした。

まだ時間があるからもっと話せよ、と若林に言われ、春日は、職務質問を受けた話しをしました。

持ち物検査を受けている最中に、某テレビ局への入館証が出てきて、そこで警察官は、オードリー春日だと気がついたようです。

そして、

「潜水、見ましたよ」

と言われ、解放されたそうです。


ところでわたくし事ですが、私は普通に街を歩いていて職務質問を受けたことがありません。

一度、昔バイトしていたコンビニに強盗が入ったということで、家に刑事さんが2人来たことはありますが。

深夜帰宅が遅くなる、と言うこともあるのに…

どういう基準で職務質問がされるのか、私には謎です。


2)新コーナー3連発

新コーナーが3つできます。

・「私立オードリー学園」

・「みんなでつぶやこう、かすったー」

・「勝手にジャンクション」

実はこの三つを聞いているとき、ほかの噂のことを調べていた上に、イマイチ把握できてないので、うまく説明できないです。

ですので、どういうメールを募集するかは、公式サイトをご覧ください。


覚えている明確なことを書きますと…


「私立オードリー学園」では、下ネタ全禁止です。

これは振りで言っているのではなく、本当に禁止だそうです。

コーナーで下ネタを禁止にするのは初めてだと思います。

意図はわかりませんが、私の感想では、聴いていて下ネタの多さにうんざりすることがあります。

シモに走れば読まれるのか、と言う否定的な考えも浮かんでくることがあります。

男でも、いつでも下ネタが楽しいということはありませんし、内容によっては聴きたくないものもあります。

チーム付け焼刃でも、そういう考えが浮かんだのかもしれません。


「みんなでつぶやこう、かすったー」では、春日が裏でいいそうなことを募集するのですが、実際にtwitter公式アカウントを取得して、そのネタをツイートさせよう、と言うことが提案されました。

公式botを作るというわけです。

しかし、それじゃラジオを聴いていない人が、、まるで春日本人が本心を言っているようだから嫌だ、と春日が拒否しました。

この件について最終的にどうするか、番組終了後にチーム付け焼刃と春日の間で話し合われるそうです。

私としては、一目でbotとわかるような工夫を、アイコンやプロフィールにして、ぜひtwitterでやってほしいと思います。


「勝手にジャンクション」の紹介のコーナーでは、ひさびさにバーモント秀樹とビトたけしへの電話がありました。

バー秀は残念ながら寝ていたようで電話に出れず、そのことをtwitterに書いています。

「やべ〜オードリーのANNから生電話きたのに〜寝てた〜秀樹惨劇〜大ドカンアーイ。途中まで聴いてて〜キャパクラの話辺りからうとうとしてきて〜夢の中へ。」
https://twitter.com/vermonthideki/status/264791745030651906

バーモント秀樹の「大ドカン日記★アーイ>やべ~オードリーのANNから生電話きて~寝てた~秀樹惨劇~大ドカンアーイ」へのリンク


ビトたけしはちゃんと起きていて、しばらく会話してました。

いきなり

「野球やろうか」

と言って電話に出てきましたが、これは「アウトレイジビヨンド」のネタなのかな?

ブログにも書いていますが…それだけでした。

ビトたけし公式ブログ「野球やろうか…」へのリンク


3)しんやめ


4)エンディング

春日がスポンサーのことを読み上げたのですが、今回から明光義塾が冠スポンサーとなったようです。

ただし今回から来年4/28までの期限付きのようです。

スポーツの世界では、ネーミングライツと言うのは期限を決めて契約するもので、それが更新されることも多いので、その期限以降も明光塾が冠スポンサーを続けることも考えられます。

下記リンク先に明光義塾のプレスリリースがありますが、その中に新コーナーの「私立オードリー学園」について、採用された方にグッズプレゼントをすることも書かれています。

明光ニュース「「明光義塾プレゼンツ オードリーのオールナイトニッポン」 放送開始!~11月3日(土)より、全国36局ネットで放送~」へのリンク


この後、若林が現在のことをしみじみとありがたいと感じる、と言うことを語りました。

タモリさんに会えて、内村さんにあえて、今はくりぃむしちゅう上田さんと交流させてもらって、ビトさんもいまだに聴いてくれて…

お前(春日)にもお礼を言いたいよ。

と言うことを言った後、

「ラジオネーム ちんこぼっきー」

と言ってました。

メールだったんでしょうね。


その後、若林が今朝の「サンデー・ジャポン」に出ることが告知されました。

きっと藤森の話題が出そうだね、とも。

藤森の話題とは、TBSの田中みな実アナウンサーとの交際の件です。

一時は結婚を前提とした真剣交際と報じられていましたが、4時間ほど前に出たニュースでは、それが否定されています。

オリコン「オリラジ藤森、ツイッターで熱愛否定「彼女は今、特にいない!」」へのリンク

田中アナのサンジャポに出ますし、最近は話題に上がりませんが若林は藤森と仲が良いので、いろいろと尋ねられるでしょう。


2.若林にジャージをくれた選手について

twitterをさかのぼっていくと、若林トークの中で

「いちばん好きなランニングバックの人のサインの入ったジャージとかもらってほんと嬉しくて飾りたくて。」

と言うのがあったのが見つかりました。

これは「オードリーのNFL倶楽部」の中でのことで、テンションあがりまくってました。

選手本人のサインのほか、

「To Masa」(正恭へ)

とまで、書いてもらったジャージ(ユニフォームのこと)ですから、そりゃあうれしいでしょう。

そのことは下記リンク先の動画や、公式ブログで読めます。

NFLJAPANの動画「オードリーの 「NFL倶楽部」地上波は毎週金曜深夜放送」へのリンク

この動画は昨日アップされた最新のもののようで、新しい茶番があったあと、01:16あたりから、ジャージをもらった話しをしています。

「アイザックさんからね、フォスターのジャージもらったんですよ。

 JJワットのもお願いします」

と言って、頭を下げています。

大事なのはここからで、若林は両手を合わせてお辞儀、そして敬礼のポーズをします。

これはそれぞれの選手が、ナイスプレイをやった後のセレブレーションのパフォーマンスです。


「NFL倶楽部ブログ>前半戦が終了、予想の行方は?」へのリンク

この中の4枚目の写真で、若林がフォスターのジャージを掲げているものがあります。

これを来てヒルナンデスに出ようか、とか言ってくれてますが…


で、このジャージをくれたアリアン・フォスターと言う選手ですが、「オードリーのNFL倶楽部」の中で若林が応援しているヒューストン・テキサンズのRBです。

ドラフト外と言う、ほとんど期待されない待遇で入団したものの、一昨年はリーグナンバーワンのRBとなり、今年も絶好調です。

この選手は、前述の通り、彼は得点した後に、両手を合わせて「いただきます」みたいなお辞儀をします。

「NAMASTE」(ナマステ)と言われるパフォーマンスです。

下記リンク先の動画で、NAMASTEをいくつも見ることができます。

YouTube「Fantasy Football Star Arian Foster - Namaste」へのリンク

NFLに詳しい人に聴いたのですが、フォスターの彼女はヨガをやっているので、Namasteをやるのはその影響かもしれない、とのことです。

それは十分にアリな話しだと思います。

なお、今日はスカパー無料の日ですので、スカパーや日テレG+に入ってない人でも、「NFL倶楽部」を見ることができます。

17:30から先週分、18:30から今週分が放送されることになってますが、昨日読売ジャイアンツが日本一を決めましたので、それ以前に特番などが差し込まれ、放送の時間が変わることも考えられますので、よく確認の上、ヒューストン坊やのはしゃぎぶりをご覧ください。


3.私をうろたえさせたうわさとは

「途中twitterで気になるうわさを見つけた」と書きましたがそれは、

福岡ソフトバンクホークスの大場投手と、横浜DeNAベイスターズが交換トレードされる、というものです。

その時は(そしてこれを書いている午前5時半時点でも)うわさでしかなかったのですが、下の明日の西日本スポーツ紙(福岡のスポーツ紙)の一面と思われる写真から、午前1時半ごろからネットで騒がれていました。

20121104大場トレード

2ちゃんまとめサイトでも騒がれています。

「【速報】DeNA吉村とソフトバンク大場がトレード」へのリンク

ホークスに不利なトレードとか書かれてますが、それより大場投手のことは好きだし、戦力としてかなり期待してますので、本当なら残念と言う気持ちが強いです。

しかし、なんやかんや言ってもホークスを出ればもっと活躍する場があると思えますし、相手が東福岡高校出身の吉村選手なら、悪いことばかりではない、とも考えます。

大場投手は「あとはメンタル」と言われるぐらい、力はすごい物を持ってます。

行き詰まったら、とりあえずストライクゾーンどこでもいいから投げとけば、相手が勝手にアウトになってくれるぐらいの球を持ってます。

ただ、ちょっと神経が細いようで、その力を十分に発揮できていないように感じます。

だから、彼のメンタルさえしっかりすれば、20勝できる投手になると思うんですが…

ホークスにいてほしいなぁ。

「おいさぁ」もあるし…


ちなみにこんなうわさも出てます。

・巨人・東野とオリックス香月がトレードか!?

・ソフトバンク大場・神内と横浜吉村・山本トレード

・日ハム糸井がポスティングでのメジャー挑戦を球団に申請へ。球団は認めない方針

あくまでもまだうわさで、Googleのニュースサイトでは、まだどれも上がってません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年Week8】「オードリーのNFL倶楽部」について



(手術後のエイドリアン・ピーターソンの復活ぶりを集めハイライト動画

11/3は午後あたりからYouTubeが不調のようで「動画は削除されています」とのメッセージが表示されることもあるようですが、まだ存在します

 下記リンク先から見れるかもしれません

 YouTube「Adrian Peterson Comeback W1-W8」へのリンク


11/3早朝に放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今回は若林へのお土産まつりでした。

久々にオードリーの2人の衣装が変わったな、と言う週でした。

若林は「JUST DO IT TEXANS」と書かれたTシャツ

春日は「JUST DO IT GIANTS」と書かれたTシャツ

徳島アナはダラス・カウボーイズ(DAL)のもので、大きな星(テキサス州を意味する「ローンスター」)が書かれたものでした。


1.番組の流れ
1)オープニング


17週に渡って行われるNFLのシーズンも、今週で半分。

と言うことで、MC陣に、ここまで印象に残っていることが尋ねられました。

春日「アイザックさんが酔っ払って、テリブルタオルふりまわしてたこと」

その動画は昨日下記リンク先にアップされてました。

NFLJAPAN「【イクマが行く!】スタジアムの駐車場でBBQ!?」へのリンク

(正直なところ、自分が酔っ払っている動画を全世界にさらされるのかと思うと、この私でも頭をかかえるくらい恥ずかしいのですが…これもNFLの魅力を伝えるためということで、アイザックさん、ごめんなさい)

「プレイで印象に残っていることは?」(若林)

「ない、あれ(アイザックさんの件)しか記憶に残ってない」(春日)

「(春日に)番組やめてもらっていいんですけどね」(若林)

徳島アナは、各選手のタッチダウンセレブレーションが印象に残っているとのこと。

例として、ニューヨーク・ジャイアンツのWRビクター・クルーズのサルサを挙げていました。


2)春日の元カノ対今カノ対決

ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)対ダラス・カウボーイズ(DAL)のダイジェストが放送されました。

春日にとっては元カノ(DAL)対今カノ(NYG)の対決になりますが、春日の心はNYG一本。

「ぶっつぶしてやるよ」

とダイジェストの前に吠えていました。

なお、このカードは開幕戦の再戦となります。

NFLでは、同地区とのチームはシーズンに2回、ホームとアウェイで行われています。

前回はNYGの本拠で、昨季王者のNYGが負けるという番狂わせがありました。


今回は前半DALのQBトニー・ロモが乱調。

1Qだけで3回パスをインターセプトされ、2Qには春日のお気に入りのJPPことDLジェイソン・ピエール=ポールにもインターセプトを許し、JPPにキャリア初のTDを献上してしまいます。

しかし後半はDALが猛追撃。

試合終了間際、ロモはエンドゾーン内のWRデズ・ブライアントにTDパスをヒット…

と思われましたが、空中でパスを捕ったブライアントが、着地前に指をエンドゾーン外に手をついてしまい、パス失敗となりました。

結局そのままNYGの逃げ切りとなりました。

ブライアントのパスキャッチ失敗については、オードリーと徳島アナの間でも騒がれました。

下記リンク先の動画の5:29からのプレイです。

NFLJAPAN「【第8週】ジャイアンツ対カウボーイズ」へのリンク

いったん審判団はタッチダウンを宣告しますが、審判団の間でビデオリプレイが必要とされ、ビデオレビューが行われます。

その模様が05:54からスローで見れますが…惜しい。

ラインの上はフィールド外と見なされるもので、その上に指をついていますから、これは確かにパス失敗だと思います。

「あれは肩から落ちてれば(おそらくフィールド内に着地となるので)タッチダウンだったんだけど、運動神経がいいから手を着いちゃうんだろうね」(若林)

あと5センチ、それだけ手前で手を着いてればフィールド内に着地となってタッチダウンになっただろうに、その5センチが…

と言う話題となりましたが、

「(5センチの差と言う)それだけ接戦だったということだよ」

と春日が良いことを言ってました。


3)その他の試合のダイジェスト

・デンバー・ブロンコス(DEN)対ニューオリンズ・セインツ(NO)は、QBで見ると、ペイトン・マニング対ドリュー・ブリーズの対決となって、これは2009年度のスーパーボウルの再戦となりました。

 前回はブリーズが勝ちましたが、今回はマニングに軍配が上がりました。

・年に1試合行われるロンドンでのゲーム。

 今回はニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)対セントルイス・ラムズ(STL)との戦いでした。

 45-7でNEが勝ち、NEは今季ここまでイマイチのゲームが多かったのですが、久々に力を見せつけたゲームになったと思います。

・アトランタ・ファルコンズ(ATL)対フィラデルフィア・イーグルス(PHI)との対戦は、ATLがチーム記録を更新する開幕7連勝を飾りました。

・グリーンベイ・パッカーズ(GB)対ジャクソンビル・ジャガーズは、GBのQBアーロン・ロジャースが200ヤードも投げれなかった試合でしたが、2TDパスを挙げ、3連勝となりました。

 「やっぱり(パッカーズ)きたなぁ」(若林) 

 と言ってましたが、GB側から見ますと、このゲームは勝ったからいいものの、内容はあまり良くなかったとの評価が強いようです。

・ピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)対ワシントン・レッドスキンズ(WAS)では、PITが1934年当時に着用していたジャージで戦いました。

 そのジャージのデザイン、これまで私が最も衝撃を受けたものになるかもしれません。

 そのジャージは下記ダイジェストで見ることができます。

 NFLJAPAN「【第8週】レッドスキンズ対スティーラーズ」へのリンク

 ちなみに、PITは1933年の創設から1939年まで、同じくピッツバーグに本拠を置くMLBのチームと同じく「パイレーツ」というニックネームでした。

 ですのでこのジャージは、ピッツバーグ・パイレーツ時代のものとなります。

・ミネソタ・バイキングス(MIN)対タンパベイ・バッカニアーズ(TB)のゲームは、MIN勝利の予想が強かったのですが、TBが36-17で大勝しました。

 MINが負けたことに若林と春日が驚いていました。

 2年目のQBクリスチャン・ポンダーが率いるMINは、まだ再建途上で、強豪の集まるNFC北地区では、今シーズンは優勝争いから蚊帳の外になるだろう、と見られていました。

 しかしこの試合の前まで5勝2敗と予想を覆す健闘で、実は強いという見方が強かったので、私も驚きました。

・サンフランシスコ・49ナーズ(SF)対アリゾナ・カージナルス(ARI)のゲームでは、SFのQBアレックス・スミスが19回投げて18回成功と素晴らしい成績。

 ところで、1試合におけるパス成功率の記録には、最低20回投げていなければいけないそうです。

 もしスミスがもう1回パスを成功させて20回で19回成功となると、成功率は95%の成功率となり、現在のカート・ワーナーの記録(92.31%)を抜いて、歴史に名を残すことになっていました。


4)若林が選ぶNFL2012シーズン前半戦 がんばった大賞

これまで紹介できなかった、前半戦活躍した選手ベスト3が紹介されました。

3位 エイドリアン・ピーターソン(ミネソタ・バイキングスRB)

 昨シーズン膝の手術から復活し、現在NFLトップの775ヤードのランを記録しています。

 1回あたりの平均ランヤードが5.1ヤードなので、机上の計算だけで言うと、ピーターソンに2回ボールを持たせれば、ファーストダウンを取れることになります。

 また、ピーターソンは1試合での最長ランヤード数296ヤードと言う記録を持っていることも紹介されていて、

 「これはフィールドの端から端(100ヤード)を1.5回往復することになる」

 と若林は言っていました。

 ああ、296ヤードと言う数字をそういうふうに見ることもできるんだな、と思いました。

 プレイ経験がある人の見方なのかな、と思いました。

 ちなみにこの記録は、ピーターソンがルーキーの2007年に達成されたもので、当時は、これは久々にすごいRBが現れた、と思ったものです。

 ただ3年目以降は、並みのRBを超える数字は残していますが、ルーキーの時に期待されたほどの数字は残してくれていないと感じます。

 だから、彼の復活は、同地区ライバルの選手ではありますが、私としてはうれしいです。

2位 デマリアス・トーマス(デンバー・ブロンコスWR)

 すみません、ほとんど知らない選手です。

 徳島アナは「知ってます。自分と同い歳です」と言ってました。

 たしか、2010年のドラフト1位でDENに指名されたとき、なんでDENはまだ指名されてないWRデズ・ブライアント(現DAL。前述の選手)を取りに行かないんだろう。

 ブライアントの方が実力は上のように思えるが、とtwitterで言われていた選手だったと記憶します。

 ちなみにこのツイートは、日本のファンが行ったもので、日本のNFLファンは、ドラフト会議の最中にこれぐらいのことが言えるほど詳しい人が少なくないです。

 私なんか、全然ついてけませんよ…

 話しをトーマスに戻しますが、昨季までの入団2年間はイマイチな数字で、ブライアントの方が良い成績を残していますが、今季は39回のレシーブで679ヤード獲得と、はやくも自己最高の記録を残していて、獲得ヤードではブライアントを上回っています。

 このままいけば獲得ヤードでは1000ヤードを超え、一流WRの仲間入りとなるでしょう。

 この突然の開花は、昨季までパッサーに恵まれていなかったところにペイトン・マニングがやってきたのも大きいと思います。


1位 マット・ライアン(アトランタ・ファルコンズQB)

 「開幕7連勝のチームのQBだから」(若林)

 との基準のようですが、QBはパスを投げることより、チームを勝たせることが大事と言われていますので、選定基準には同意します。

 (いくらティム・ティーボウのパスが残念でも、昨季チームを何度も奇跡的な逆転劇に導いたのが、彼の大人気の一因だと思います)

 そして超イケメン、なのに誰も話題に出さないのはなんでなんだろう、と若林は言っていました。

 (しかし2010年度の放送で、水卜アナが「イケメンすぎてびっくりした」と言っています)

 さらに、シーズン前に発表される、今シーズン注目の選手ベスト100人にも選ばれてなかったそうです。
 
 これまで成績がさっぱりだった、と言うことはなく、入団以来ほぼ毎シーズンチームをプレイオフに導いており、2010年ではNFCでは最高勝率を残しているのにもかかわらずです。

 「ここで紹介しなけれな誰がする、と言うわけで選びました」(若林)

 「それじゃ『トゥースポ』でもとりあげてやろうか」(春日)

 これに若林は珍しく反論せず

 「ほんとそうですよ。お願いしますよ」

 と言っていました。

 私もライアンは、NFLでも最も過小評価されている選手の一人だと思いますので、注目されるべきだと思います。


この後番組では、「現地レポート」で、アイザックさんが若林のためにヒューストン・テキサンズの選手からお土産をもらって、送られてきたそれを手にとって、ヒューストン坊や大興奮、とか、『トゥースポ』とかあったんですが、ちょっと長くなりましたので、それは次回書かせてもらいます。

本当はこれが一番読まれたいところだと思うんですが、今回はいったんこれで終わらせて下さい。



追記:あす11/4(日)は第一日曜なのでスカパー無料の日だと思います。

あすの18:00~18:30に今回分の放送がありますので、日テレG+と契約していなくても見れると思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

iPhoneの電池切れに備えて持ち歩いている大容量バッテリー「Cheero Power Plus」

20121101バッテリー正面から

(cheero Power Plus 10000mAhの大きさはこんな感じ。右側のはロングサイズのたばこ)

以前、iPhone4SをiOS6にバージョンアップしたら、一週間くらいたって、急に電池の減りが早くなった、ということをこのブログに書きました。

「iOS6はバッテリーの減りが速い?」へのリンク

そして今、電池切れ対策として

cheero Power Plus 10000mAh

というバッテリーを持ち歩いてます。


これがなかなかいいので紹介させてもらいます。


ここ3週間ぐらい、会社に持って行ってますが、だいたい2〜3回、電池の残りが10〜20%ぐらいに落ちてから充電しています。

これで半日は持ちます。

そして、このバッテリー、だいたい半分ぐらい残っています。

帰ったらすぐにコンセントから充電していて、6時間後に起床した時にはもう充電は済んでます。

忘れさえしなければ、1台持っておけば大丈夫です。


以上のようなことから、バッテリーをフル充電しておきますと、おそらく5回ぐらい、iOS6のiPhone4Sを充電できるように感じます。

(あくまでも私の感覚です)

で、これが3,000円しないから、今のところは、いい買い物をしたなぁ、と思っております。


関連サイトへのリンクを貼っておきます。

メーカーの「Cheero Power Plus 10000mAh」へのリンク

Amazon「cheero Power Plus 10000mAh 大容量モバイルバッテリー 」へのリンク

私は当初、3,000円台で、2回ぐらい充電できるようなものを考えてました。

この商品を見たときに、こんなに安くて、しかも大容量で、本当に大丈夫? と不安になりましたが、Amazonのレビューを読んで買う気になりました。

20121101バッテリー厚さ

(厚さはこんな感じ。たばことほぼ一緒)


気がついた点を書いておきます。

・私はiPhone4Sに充電に使ってますが、iPadなどの他のApple機器や、他社のスマホにも使えるようで、そのための各種ソケットがついています。

 ただし、iPhone5のは別に買わないといけないそうです。


・このバッテリーは、パソコンのUSBから間接充電できますが、コンセントへのアダプタを持っていれば、直接充電できます。

 コンセントから充電した方が速そうなので、私はそうしています。

 「6時間あればフル充電できる」と書きましたが、その方法でやったときの数字です。


・コンセントから充電するには、別にUSBとコンセントをつなぐアダプタが必要です。

 私はiPhoneについていたものを使っていますが、Amazonのサイトにありますように、「PLANEX 2ポート急速充電」を一緒に買って使う方法もあります。


・私はバッテリーに付属のコードではなく、iPhoneについていたコードで、バッテリーからiPhoneに充電しています。

 1時間の充電で50%ぐらい充電できる、と言う感覚です。

 一度、他の乾電池式の充電器についていたコードで充電してみましたが、かなり充電速度が遅かったです。


・重いことは重いです。

 ですが、苦痛になるほどではないです。


・今のところ、特に不満点はないです。

 見た目もいいですし。

 大き過ぎると言うこともないですし。

 バッテリーのインジケーターで、残りの残量もわかりますし。


・非常用の電源として、一家に一台あったほうがいいかもしれません。

 ただし3カ月に1回は、バッテリーを充電してください、と書いてありました。


とりあえず今はこのバッテリーがあるので、残量を気にせずいろんなアプリを使うことができます。

店頭に行って商品をさがすより、あらかじめネットで調べてこれを見つけてよかったです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012WEEK7】「NFL倶楽部」ブログのことなど

1.「NFL倶楽部ブログ」でテンションの高い若林

今回の「NFL倶楽部ブログ」ではいつになく若林のテンションが高いです。

「NFL倶楽部ブログ>若林さんが芸人を引退!?春日さんは予想で迷走か」へのリンク

そりゃあそうでしょうね。

自分の写真をヒューストン・テキサンズのロッカールームに持って行ってくれて、しかもいろいろといじってくれたのですから。

しかも、前回も書きましたが、

「この男、前に見たことがある」

とまで言われてるんですから、最高だと思います。


ところで本文のなかで

「今週で9年間の苦労が報われました。」

と言う文がありますが、これの意味はわかりませんでした。

オードリーはナイスミドル時代も含めてとっくに芸歴10年を過ぎていますし、改名してから9年も経ってませんし…

まあ、男の子は小さいことを気にしちゃいかん。


今週もテキサンズのロケが放送されるようで、どうもRBアリアン・フォスターの特集になるような感じです。

私の記憶だと、フォスターは「オードリーNFL倶楽部」の最初の回で「春日が認定、今週の一番はオマエだ!!」で認定された選手だったと思います。

当時は全く無名の選手でしたが、今では「ナマステ」と一緒に有名選手となりました。

果たして若林はフォスターのグラブをゲットできるのか。

若林はいいことがあると、気持ちが悪くなる体質のようです。

またそれがでるのか…


なお若林は、先週の金曜か土曜に、

「Houston」

と書かれたキャップをかいました。

なんでも業者さんに、番組(「オードリーNFL倶楽部」のこと)でかぶるので、と言って買ったそうです。

下記リンク先にその帽子の画像があります。

オードリーのオールナイトニッポン公式「買っちった」へのリンク

はたして今日、その姿でやるのでしょうか?


2.テキサンズ取材の舞台裏

前述のブログ記事のひとつ前の記事に、テキサンズ取材の舞台裏のことが、現地ディレクターによって書かれており、ここに若林の写真をかかえたテキサンズの選手のツイートがあります。

「NFL倶楽部ブログ>テキサンズSNSロケの裏話」へのリンク

新しいSNSがいろいろと登場し、多くのメディアがそれをどう活用するか、ここ何年も模索しているように感じます。

うまく使われていないな、と感じることも少なくないですが、今回の企画でtwitterやfacebookを使ったのはよかったと思います。

テキサンズはNFLで一番新しいチームで、これまでそれほど有名な選手を輩出してきませんでした。

ですから、伝達力の強いSNSを使ったことは、結果的にテキサンズの名前を宣伝することになって、NFLを普及させるために、大変大きな力になったと思います。

だから「選手に失礼だー!」なんて全然思わないですし、これはNFLにとっても喜ばしいことだと思います。

アメリカの「NFL倶楽部」のスタッフの方は、毎回おもしろいことを考えてくれますので、今後どういう展開があるか楽しみです。


3.ジム・ハーボウHCが得点を拒否した理由と波紋

サンフランシスコ・49ナーズ(SF)対シアトル・シーホークス(SEA)の一戦では、最後の最後に珍しいシーンがありました。

この動画をネタに説明します。

NFL JAPAN「【第7週】シーホークス対49ers」へのリンク

動画の4:19辺りから始まるプレイです。

SFが13対6でリードしていた第4Q残り43秒で、SEA攻撃は第4ダウン残り17ヤード。

ここでSEAがパスを通しますが、そのプレイの最中に、SEAのOLが自陣のエンドゾーン内反則をおかします。

自陣のエンドゾーン内でオフェンスが反則をした場合、セイフティとなり、ディフェンス側つまりSFに2点が加算され、SEA陣20ヤードからSEAのキックオフで試合が再開されます。

これが通常の流れですが、SFのジム・ハーボウHCは、最終的に得点を拒否します。


理由はこういうことです。

通常の流れで行きますと、9点SFがリードで、残り40秒ほどでSEAがキックオフしますが、当然オンサイドキックに出るものと思われます。

そこでSEAがボールをリカバーして攻撃権を獲得するとそこから2シリーズ連続して得点され、逆転されるかもしれません。

オンサイドキックと言う不確実さと、時間がほとんど残ってないことを考えると、このシナリオが成就することはかなり難しいです。

ですが、全く可能性がないわけではないです。


しかしハーボウは、まずメジャー(計測)を要求し、先ほどのパスが16ヤードで、1stダウンに届いていないことを確認します。

そしてここで、セイフティの原因となった反則をディクライン(拒否)します。

そうなると、4回の攻撃で10ヤードに届かなかった訳ですから、得点は7点差のまま、攻撃権がSFに移ります。

あとはSFがニーダウンをして時間をつぶせば、SFはそのままゆるりと勝つことができます。

そんな訳で、ハーボウはセイフティを受け入れなかった訳です。


こういうことはなかなか珍しいプレイなので、

「ハーボウが慎重さを発揮してセイフティを拒否した」

と言うツイートを見たとき、状況と理由を考えました。

で、前述のところまではだいたい想像がつきました。

しかしハーボウはもう一つ拒否した理由を挙げていました。

それは、怪我を防ぐためです。

NFLJAPAN「49ersハーボーHC、セイフティをディクラインで万全を期す」へのリンク


そしてもう一つ、このハーボウの行為は、思わぬところに波紋をもたらしました。

NFLのゲームに公式の賭けを行っている人々にです。

NFLの賭けには、単純に勝敗をあてるものではなく、負けが予想されるチームにあらかじめ点を与えておいて、それに実際の得点を足したもので、勝敗を当てるものがあります。

今回ラスベガスでは、負けが予想されるシアトルに、7.5点が事前に与えられていたそうです。

そして、ハーボウがセイフティを拒否しなければ9点差となり、賭けの場でもSFの勝ちだったのですが、結局拒否したため7点差となり、賭けの上ではSEAの勝ちとなりました。

まあ、NFLの現場では、そんなことを気にしてさい配している訳ではないのですが、これに賭けた人には、明暗が逆転したようです。

CBS SPORTS「Jim Harbaugh declines safety, shocking Vegas and fantasy owners」へのリンク

この記事によると、賭けの他、「ファンタジーフットボール」にも影響があったようですが、私は「ファンタジーフットボール」を知りませんので、解説を書くのはやめておきます。


4.「Touchdown pro」誌のコーナー

アメフトシーズン中は毎月30日に発売される

「Touchdown pro」誌

ですが、番組放送中は

オードリーにマンマーク」

と言う番組の裏話しみたいなコーナーに、1ページ使われてます。

最新号のはこんな感じです。

20121030オードリーにマンマーク

(大きな写真の春日のベルトの位置にも注目です)

結果的に雑誌の宣伝になりますが、ここでしか読めない話しがだいたい毎号載ってます。

おもしろいですよ。

雑誌の情報は、下記リンク先にあります。

「web Touchdown」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~