2013年02月の記事 (1/1)

キレキレのゆるキャラ「ふなっしー」にやってほしいこと~非公認だからいいでしょ~



(「千葉県船橋市非公式キャラ「ふなっしー」x「コール・ミー・メイビー」」の動画)


千葉県船橋市の非公式ゆるキャラ

「ふなっしー」

は、容姿とは真逆のキレキレのパフォーマンスと、ゆるキャラには珍しいトークで、最近ブレイクしつつあります。

私はこの番組でその存在を初めて知ったと記憶します。

YouTube「20130205☆アサヒ十六茶 新垣結衣 ふなっしー /ZIP!」へのリンク

CMでは後ろの方にいますが、発表会で抜擢されたようです。


2年ほど前から、中の人が船橋市非公式ゆるキャラとして自腹で活動を始め、何度か市に公認を求めたようですが、今でも公認とはされていません。

ある番組では

「生まれたとき、市役所をたらいまわしされたっしー」

と言っていました。

シュールだなぁ、と笑いました。

なお、ふなっしーは、二千年に一度生まれる梨の妖精だそうです。


そして一昨日の記事には、

「公認されなくてもいいかなって思っているなし。

 いろいろ自由が効くし」


オリコン「AKBに続く!? 『ご当地キャラ総選挙』開催決定」へのリンク


それもいいかもねぇ~

とも思います。

公認だとなかなか自由が効かない気がしますし。


そんなわけで、この記事では、ふなっしーにやってほしいことを自由に書いておきます。

こう言うことを思いついたのは、トップに置いた動画、カーリー・レイ・ジェプセンの「Call me maybe」を踊るのを見たからです。

なお、昨年

「ご当地キャラ×「コール・ミー・メイビー」パロディービデオ選手権!」

と言うのがあって、その動画が下記サイトに、カーリー・レイ・ジェプセンからのコメントとともに載っています。

「ご当地キャラ×「コール・ミー・メイビー」パロディービデオ選手権!」へのリンク


1.キンタロー。と一緒に「フライングゲット」

今とっても旬な、元AKB48の前田敦子のモノマネなどをする女芸人

キンタロー。

と、二人センターで「フライングゲット」を歌って踊ってほしいです。


2.ゴールデンボンバーと一緒に「女々しくて」

昨年「女々しくて」でブレイクしたゴールデンボンバー。

彼らと一緒にこの歌を歌って踊ってほしいです。


3.オリエンタルラジオ藤森と歌って踊りながらあいの手

あやまんJAPANと歌って踊ってあいの手を入れるオリラジ藤森。

彼と共演してほしいです。


4.オービック・シーガルズのアトラクションに登場


船橋市の隣り、習志野市のグラウンドで練習し、千葉県をホームタウンとして地域密着チームを目指す、アメフトの

オービック・シーガルズ

今年のライスボウルで社会人初の3連覇を果たし、日本一の地位に君臨する強豪チームです。

このチームの試合のハーフタイムに来て、踊ってほしいなぁ、と思います。

そして一緒にお見送りも。

(Xリーグのアメフトチームは、試合が終わった後、出口まで並んで帰路に就くお客さんを見送ります。

 そこで写真撮影や、会話も交わされます。)

なんならフラッグフットをやってもらったり、昔たけし軍団がやったように「ウルトラボウル」みたいに、ゆるきゃらを集めてアメフトもどきをやってもらっても面白そうですが…


とまあ、ふなっしーなみの自由さで、書きたいだけ書かせてもらいました。

今後のふなっしーの活躍に期待します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

フラッグフットは知らないけど、「THE HUDDLE BOWL(ハドルボウル)」には行くよ!!

    20130226ハドルボウル

(新しく作成された「The Huddle Bowl 2013」のポスター)


今週末の日曜日、3/3に、1月から順延された

「THE HUDDLE BOWL(ハドルボウル)2013」

が開催されます。


私は見学と言うか観戦に行く予定です。


何か手伝えることがあれば、裏でゴソゴソやっているかもしれません。

1月には事情があって、とてもいけなかったのですが、今なら何とか行けそうですから。


この順延によって、状況がちょっと変わりました。

ポスターの下の方にありますが、

東京三菱UFJ銀行さんが特別協賛してくれることとなりました。

後日、3月30日(土) 24:00 ~になりますが、この大会の模様が、テレビで録画中継されるそうです。

GAORA「ハドルボウル2013 ~全国大学OB対抗チャリティ・フラッグフットボール大会~」へのリンク


またUSTREAMの「rtvアールティーブイ」が、朝8:50から数時間にわたって、ストリーム放送をすることになりました。

下記リンク先で見ることができると思います。

USTREAM「rtvスポーツ」へのリンク

この大会が重要なイベントであることが認知されたと言うことだと思います。


この大会は、チャリティイベントですが、入場無料、観戦自由となっています。

フラッグフット、よくわからないと言う方のために、説明員の方が待機されています。

会場で売られたりするスーベニア、たとえば下の絵のTシャツ(アンダーアーマー 価格:税込2,500円、サイズ:S~3XL)の売り上げなどの収益を慈善団体に寄付するものです。

(クリックすると、拡大したデザインが見れます)

20130226hbtシャツ

他にもiPhoneケースとかも。

今年だけでなく、来年以降も開催が続くといいなと思います。


ところで、フラッグフットボールとアメリカンフットボールとでは、ルールが違います。

単に防具が無くて、接触がなくて、人数が少なくて、フィールドが狭いだけではないそうです。

私はその違いをよく把握していません。

今からそこら辺を調べて、ここに書いてもいいのですが…


それはやめることにしました。


ラグビーなど他のスポーツと同じように、事前にルールを覚えて、何とか備えようとするより、何も考えずに実際テレビや現場で見る方がよくわかるものだと思いますから。 (注1)


現地に行って、試合を見て、それでもわからなければ、そこら辺の詳しそうな人や、テントに控えてられる説明員の方に尋ねれば、なんとなくわかると思いますから。

「来た、見た、わかった」

ってことになると思います。

アメフト覚えた時も、とりあえず見てるうちにわかるようになりましたから。


なおこの大会の実現に尽力された元関西学院大学ファイターズWRで、現在はニューヨークでファンド運用をされている、堀古英司さんの記事がありますので、リンクを貼らせてもらいます。

47NEWS 「週刊TURNOVER : 「ハドルボウル」に往年の名選手 主宰者・堀古英司さんの思い結実」へのリンク

そして、このイベントのPVも3/3バージョンになり、プラスアルファの場面がつきましたので、リンクを貼らせてもらいます。

YouTube「The Huddle Bowl 2013 ハドルボウル 完結編」へのリンク


あ~、日曜が楽しみだ。


(注1)

先日のスーパーボウルのラストから2番目のプレイは、相手にわざと点を献上するプレイでした。

これはごくまれに起きる珍しいプレイですが、そう言うこともあるよ、と事前に教わってもなかなか理解しづらいものだと思います。

でも、テレビでいいから実際に試合の流れのの中で見ていると、なんであんなことをやったのか、事前知識がなくてもよくわかるものだとと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

chay (チャイ)~カバー歌手の新星~



(chay - 「makeup 80's」

 二曲のカバーがこの動画に収録されています。)


BENIやGILLEなど、カバー曲を歌う歌手が注目をあびていますが。

ことし初めに、

chay (チャイ)

と言う新たな女性カバーシンガーがデビューしたことを知りました。

「oha4」だったか「ZIP!」だったかでやってました。


関連記事とまとめサイトはこちら

ナタリー「女子大生シンガーchay、80年代コスメソングカバー盤発表」へのリンク

NAVERまとめ「デビュー前から話題の女子大生シンガーchayって誰?」へのリンク


1/23にリリースされたカバーアルバム

「makeup 80's」

にはこんな曲が挿入されています。

1. Rock’n Rouge (松田聖子)

2. キッスは目にして ぽお! (ビーナス)

3. 不思議なピーチパイ (竹内まりや)

4. う・ふ・ふ・ふ (EPO)

5. 高気圧ガール          (山下達郎)

6. 君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。 (中原めい子)

7. WOMAN (アン・ルイス)


()の中はオリジナルを歌った人ですが、いちいち調べなくても誰が歌ったか思い出せるほど有名な曲です。

なお、下記サイトで、各曲頭から45秒間試聴できます。

Amazon「makeup 80's」へのリンク


また、下記サイトでは、サビの部分が試聴できます。

ワーナーミュージック・ジャパン「chay」へのリンク


聴いてみて思ったのは、原曲(の記憶)にくらべ、クセがない、悪く言えばハリがないかな、と言うことです。

(あくまでも一素人の感想です)

それだけゆったりと聴くことができます。

「守破離」

で言えばどの段階なんだろう…

「守」に達していないかもしれませんし、もう「破」「離」にいるのかもしれません。

ここの見極めは難しいなぁ。

まあとにかく、これから期待したいです。


ところで「chay」と言う名前は

「インドのチャイ”お茶”に由来」

とのことだそうです。

そう言えばそう言う言葉を聞いたことがあるけど、「マサラ・ティー」なら知っていて好きなんだけどなぁ、なんて思って、Wikipediaで「チャイ」を調べてみたら

「インド式に甘く煮出したミルクティーを指す。世界的には、茶葉に香辛料を加えたマサーラー・チャイを指す。なお、ロシア語、ペルシア語、トルコ語でも茶を「チャイ」という。」

あ、「マサラ・ティー」と一緒なのか。

そしてロシアでも。

そう言えば大学2年背の頃、大学祭でやきそば店を出したのですが、隣が第一文学部(現「文学部」)のロシア語のゼミが出したロシア料理の店で、そこに偶然高校のクラスメイトがいて、ロシアンティーを御馳走になったなぁ、ということを思い出しました。

思い出話になると収拾がつかなくなるのでこれぐらいにしておきますが、私は紅茶よりコーヒーが好きです。

でもマサラ・ティーも好きです。

ロシアンティーは嫌いではないです。


P.S.

石田純一の娘さんのすみれもカバー曲でデビューするそうです。

YouTube「Sumire - シーズン・イン・ザ・サン (90sec ver.)」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】FOXスポーツの中継を見てみた

2/23にFOXスポーツで放送されたホークスの試合を見た感想と、FOXスポーツの中継に関する報道について書きます。


1.FOXスポーツによる中継の感想

2/23(土)の福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズのオープン戦の中継が、BSのFOX238で無料放送されました。

FOXスポーツは

「革新的な放送スタイルを取り入れた、よりエンターティメント性の高い番組でスポーツの感動と興奮をお届けします。」

と公式サイトで言っていますが、果たしてファンにとって不都合な受信体制を補うものがあるか、そこを見たかったので、開始から5回ぐらいまで見ました。

(とは言っても参入一年目、劇的に変わることはないだろう、と言う先入観込みでですが)


結論は、ほとんど今までの他局の中継と変わらないなぁ、と言うものでした。

まあ想像どおりでした。


カメラアングルも素人目に変わったところは見当たりませんでしたし、アナウンサーと解説者とのやりとりも今まで通り。

気になったのは以下の2点でした。


まず経過表示、今何回で何アウトで、カウントはどうか、と言うものですが、この表示が非常に簡素化されていました。

後でこれを見たツイートのまとめを掲載しますが、わかりにくい、の声が多かったです。

特に「表」「裏」の表示が「▲」「▼」で表示されているところに違和感を感じる声がありました。

そのうち慣れるでしょうが、それまでは文句が多いだあろうな、と感じました。


そしてベンチレポーターからのレポートがほとんどなかったこと。

まだオープン戦なのに、二人の解説者、二人のレポーターは豪華だな、と驚きましたが、レポーターからの報告は、私が見た時間帯では1回しかありませんでした。

これはもったいないかな、と残念に思います。

降板した投手のインタビューとかやればいいのにね。

(ただアメリカなら事前に選手会の許可とか要りそうですが…)


まあ前述しました通り、すぐには変わらない、一年は我慢しなければいけないだろうとは思いますが…


ところで他の視聴者はこの中継をどう見たのか?

twitterを「#sbhawks FOX」「#seibulions FOX」で検索したまとめを作りましたので、リンクを貼っておきます。

togetter「【ホークス】FOXスポーツで観戦した人の声のまとめ」へのリンク


2.FOXスポーツに関する報道

FOXスポーツのプロ野球中継への参入について、関連する記事がふたつありましたので、そのことに触れておきます。

1)47NEWSによる報道

47NEWS「プロ野球の放送交渉が難航 契約しないケーブル局も?」へのリンク

この共同通信社発の記事は、西日本新聞、中日新聞、河北新報にも転載されています。

放送契約料が高騰し、FOXスポーツと契約しないことを検討しているケーブルテレビ局もあるそうです。

前回このブログでFOXスポーツの件を書いた時に軽く調べたのですが、我が家の近辺をカバーする『iTSCOM.net』(イッツコム)には「FOX HD」と「FOX CRIME」はありますが、「FOX238」がないようです。

その時はCATVのことまで書きませんでしたが…

果たして開幕までに「FOX238」が見れるようになるのかどうか…

東急がバックでCATV局では大手と思われる『iTSCOM.net』でもこうですから。

同じくCATV大手の「j:com」のサイトを見てみますと…

「「FOX bs238」は、3月31日にて無料放送を終了予定、4月1日以降のJ:COMでの放送は未定です。」

とのこと。

j:com「2013年2月23日(土)および24日(日)のプロ野球オープン戦放送予定について」へのリンク

ここにも契約料高騰が影響しているのかなぁ…

大丈夫か?


2)讀賣新聞のコラム

2/21(木)の読売新聞夕刊のテレビ欄にある「アンテナ」と言うコラムに、音好宏(おとよしひろ)と言う上智大学の教授が、FOXのプロ野球中継の参入について

「プロ野球中継 様変わりの懸念」

と言うタイトルのものを寄せられています。

(音教授は総務省の「CSデジタル放送に関係する事業の在り方に関する検討会」にも名を連ねた方です)

いわゆる「有識者」である音教授は、FOXの参入と言いますか、そのやり方に懸念を示されています。

気になる記述は以下の通りです。

・「FOXがこの3球団の全試合を押さえるのに、数十億円用意したともいわれる」

・「このままだと、(FOX傘下の)どのチャンネルで、どこの球団のカードが放送されるのか、そのチャンネル探しが面倒なばかりか、専門チャンネルの意味自体が問われはしまいか。」


(チャンネル探しだけなら、大抵のテレビについている検索機能で、簡単にできるとは思います)

・「数倍に跳ね上がってしまった当該球団の放映権料だが、その維持も長くは続かないといった、うがった見方をする向きもあるようだ」

そして最後に

「割を食うのが、プロ野球ファンであってほしくない」

と締められています。


放映権料の件は私の考慮から漏れていましたが、これは一時的にバブル的に高騰したものに過ぎないと言うような見解を否定されていないことには納得させられます。


前も書きましたが、ファンの手が届かないところに中継が行ってしまうと、既存のファンが迷惑するだけではなく、新規ファンの開拓に困難が出てくると考えられます。


本当に今後が心配です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(2/24)「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」

 オードリーのANNとは関係ないですが、谷山浩子のANNを聴いて、ふと思い出したので、載せました。

 エキセントリックなところがたまらないです。)


2013/2/24未明に放送された「オードリーオールナイトニッポン」について書きます。

今週の放送は

オールナイトニッポン45時間スペシャル」

の中での放送でした。

ただ、予想したよりはスペシャル感がなく、ゲストが数人出たぐらいだったです。

私としては、こっちの方が面白くてよかったのですが。


1.番組の流れ

1)オープニング

下ネタ満載の「オードリー会議」が展開されました。

それをラジオで言って、あとで怒られないかなぁ、と言うのもありました。


2)鶴光師匠、電話で登場

東京駅前の新丸の内ビルディング(新丸ビル)の7階にあるバー「来夢来人」(らいむらいと)にいる鶴光師匠と電話でのトークが展開されました。

25年ぶりに聴く、相変わらずのエロトーク…

中高生の頃聴くのと感化うが違うなぁ、と思いながら聴きました。

「来夢来人」公式サイトへのリンク

3)歴代パーソナリティ、続々登場

と言ってもものまね芸人さんたちで、しかも3人です。

出演したのは以下の3人。

かっこ内はものまねをした芸人さんです

ビートたけし
 (びとたけし)

明石家さんま
 (ほいけんた)

小栗旬

オリエンタルラジオ藤森

南海キャンディーズ山里

オードリー若林

市原隼人

哀川翔
 (以上 花香よしあき)


若林に関しては、花香よしあきの物真似に、若林がその真似をしてかぶせると言うスタイルでした。

YouTube「ほいけんた ものまね 明石家さんまさん」へのリンク

YouTube「花香芳秋」(若林と言うかオードリーの物真似)へのリンク


4)私立オードリー学園

「thank you」 「you're welcome」を和訳せよ

←「しのびねぇな」「かまわんよ」

「ジョン万次郎に、人類史上最も発音が近い人は誰か」

←くり万太郎

「友達以上恋人未満、の具体例を示せ」

←ニッポン放送とオードリー

「「ミートソースは好きですか?」をよっぴー風に答えよ」

←「どういう経緯で僕にそういう質問をされているかわかりませんが、僕はパスタ全般が大好きで(以下略)」

最後のが読まれた後、

「よっぴ(なぜか「よっぴー」ではなくて)って、自分から「よっぴー」って打ち出してない、って言ってたけど、twitterの名前は「よっぴー」になってんだよね。

 これ電話して問い詰めてみたいな」

と言う話しとなりました。


5)よっぴーへの電話


というわけでCMあけによっぴーへ電話がかけられました。

先週のように面倒くさい同志の会話が展開された後、

「自分から「よっぴー」って打ち出してない、って言ってたけど、twitterの名前は「よっぴー」になってるじゃない」

と若林が詰問すると、

「細かいとこみてんな、もう」(よっぴー)

と裏返った声で叫んでました。

で、今度ディベートしようよ、負けたら玉こんにゃくね、と言う若林のさそいに、

「玉こんにゃくって何ですか」

とよっぴー。

一通り若林が説明すると、

「昭和の芸人ですか」

とよっぴー。

しかし意外にも

「望むところですよ。みんなで挟もう。」(よっぴー)

との返事でした。

この後再び面倒くさい話しとなり、よっぴーが

「twitterはラジオだけど写真はラジオではない…」

と言ったところで、若林が電話をたたき切りました。

今週もなんとなく舌打ち音がしたような気がします。

よっぴーが何と言ったら若林が電話を切るか、と言うお題のコーナーができるとおもしろいな、と思うんですが。


6)しんやめ


7)エンディング

電話をたたき切られたよっぴーが、その件でツイートしているのが読まれました。

「なんで突然切られる!!娘は日曜芸人、オレはNFL倶楽部を録画までして見てるのに!!ww玉こんにゃくぐらいは、まぁ、いつでも…! #annkw」
https://twitter.com/yoshidahisanori/status/305374038841233408

(現在4時ですが、このツイートはこれまでに129件がリツイートしています。)


その後、先週に続いて春日に白いシャツを着せることになりました。

今回はビトたけしがたまたま持っていた「しんやめTシャツ」を着せることになりました。

そして今回はビトたけしやほいけんたも加わって5人がかりで春日に襲い掛かり、着せることができました。

きっと公式サイトに写真が載ると思います。


2.中島みゆきのオールナイトニッポン、復活が告知される

オードリーの後、「中島みゆきのオールナイトニッポン」が放送されました。

当時は胸がないことから

「ぺったん」

の名前で呼ばれていたのですが、そのことをツイートすると、覚えている方が何人か覚えられていて嬉しかったです。

この記事を書きながら放送を聴きました。

そして衝撃の告白

「中島みゆきのオールナイトニッポン」、4月から月1回で復活!!

とのことでした。

月曜の朝3時から5時に放送されるそうです。

アメフトファンのいいところは、NFLの試合が月曜の早朝にあるので、普通ならサラリーマンにとって憂鬱な月曜の朝を、楽しみに迎えられるところです。

しかし先日、NFLはオフになってしまいました。

そんなことを寂しく思っていたところにこのニュース。

聴けるものなら聴いて、テンションあげて月曜朝を迎えたいです。


3.谷山浩子のオールナイトニッポン

4時から

「谷山浩子のオールナイトニッポン」

が始まりました。

オープニングの「天ぷらサンライズ」を聴いて、だんだん記憶がよみがえってきました。

一番記憶に残ってるのは

「6番目の待つわ」

と言う歌です。

「6番目の待つわ」とは、沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」のメロディーに、あみんの「待つわ」の歌詞を載せて歌うお遊びです。

けっこう合うんですよね。

「6番目のハイスクールララバイ」と言う、イモ欽トリオの「ハイスクールララバイ」の歌詞を載せたものもありました。

なつかしいなぁ。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年度Week24】「オードリーのNFL倶楽部」~2012最終回 お宝動画集



(ジョー・ネイマスの伝説のCM)


2/23、2012年シーズン最終回となった「オードリーNFL倶楽部」のことを書きます。


1.番組の流れ

1)オードリー、NFL表彰式出席者にインタビュー

タキシード姿のオードリーと生馬アイザックさんが、スーパーボウル前日に行われた、NFLの表彰式(「2012 NFL Honors」)のレッドカーペットに待機し、出席者をつかまえてインタビューをした模様が流されました。

その模様はこちら

オードリー追っかけ隊ブログ「レッドカーペットで"春日の呪い"炸裂か!?」へのリンク

(そう言えば私がオードリーを好きになったのは「爆笑レッドカーペット」を見てからでした)

そしてインタビューした選手は以下の通り

・JJワット(HOU)

 以前アイザックさんが、若林のことをtwitterに載せてくれと頼んだところ、プライベートのことしか載せないからダメだ、と拒否ったワット。

 「twitterに載せてくれないからここまで来た」

 とアイザックさんを通じてワットに伝えて笑いをとってました。

 そして若林とワットが一緒に、ワットの名物パフォーマンス、敬礼(サルート)をやってました。

 なお、ワットのtwitter(@JJWatt)には、いまだにこの時撮った写真は見当たらないです。


・アーロン・ロジャース(GB)

 春日が昨年、GBの株券を買ったことをロージャースに伝えたところ

 「オーナーは大好きだ。

  株券、捨てないでくれよ。」

 と言っていました。

 そう、GBと言うチームは株券の購入者の一般市民ひとりひとりがオーナーと言う、珍しいチームなのです。

 (私はGBのこういうガチな市民球団なところが大好きです)

 だから春日は、GBのオーナーの一人です。

 そうか、これから春日のことを、大好きなチームのオーナー様として見なければ。


・ロバート・グリフィン三世(RG3:WAS)

 実は日本で生まれ、空手も習っていたRG3。

 「スーパーボウルに勝って、また日本に凱旋してください」

 と言ったところ

 「日本に行って、日本のチームと対戦したいね」

 と答えてくれました

 ちなみに今シーズン、日本の社会人リーグのXリーグに、2人のアメリカ人QBが加入しましたが、その2チームはいい成績を残しましたが、決勝トーナメントには残れませんでした。

 何が言いたいかといいますと、優れたQBが一人入ったぐらいでは急激にチームはかわらないほどアメフトはチームスポーツとして成熟していること。

 そして、日本のチームのディフェンスは、そう言うQBが加入しても、それに対応する力を持っていると言うことです。

 (だから、今季1人でチームを変えてしまったペイトン・マニングのすごさが気になるのです)


・ジョー・モンタナ(元SF、KC)

 モンタナは1990年前後の日本での第二期アメフト全盛期に活躍した名QBで、その頃は特にアメフトのファンでない人でも、モンタナの名前を覚えている人は多いです。

 シーズンMVP2回、スーパーボウルMVP3回と言う輝かしい成績を残しており、先日発売されたベースボールマガジン社の

 「NFL歴代QBトップ100ランキング―プレイオフ展望」

 でも、第1位に選ばれていました。

 そんなモンタナに、当時日本で流れていた三菱電機のCMの決め台詞をお願い。

 「どんな」(春日)

 「モンタナ」(モンタナ)

 なお、そのCMとセリフは下記リンク先の動画の最後にあります。

 YouTube「Miracle Face」へのリンク

 (なつかしいですよ)

 ちなみに他には、ブレット・ファーブやエミット・スミスが日本のCMに出演しています。

 スタジオの徳島アナは、このやりとりを

 「おやじギャグですか?」

 と言ってましたが…


この他、ジョー・ネイマスに第3回スーパーボウルの優勝リングを見せてもらっていた時、春日がそれを落としてしまう、と言う大失態の模様が流されました。

ネイマスと言えば、第3回スーパーボウルで大番狂わせを保証、実行して、アメリカでは伝説のQBとして知られています。

(オードリーにとっては、「サイドラインで毛皮のコートを着ていた人」と言うイメージも強いでしょう)

その人物のスーパーボウルリングをファンブルしてしまうとは…

ネイマスは

「このリングを落としたのは、今まで君と僕だけだよ」

と言ってくれたそうです。


ところでこの日、自分のせいでプレイオフ進出を逃してしまったニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)にあやまろう、と春日はNYGの選手や関係者を待っていたのですが、結局誰も来ず…

これも「春日の呪い」のひとつだと言われていました


なお、今シーズンの受賞者は以下の通りです。

MVP:エイドリアン・ピーターソン(MIN:RB)

最優秀HC:ブルースエアリアンズ(IND:HC代行)

最優秀攻撃選手:エイドリアン・ピーターソン

最優秀守備選手:JJワット(HOU:DE)

下記リンク先に、その他の受賞者なども記載されています。

Wikipedia(英語)「2012 NFL Honors」へのリンク

若林のポジションの選手がMVPと最優秀攻撃選手で、春日のポジションの選手が最優秀守備選手と言う訳です。


2)スーパーボウルに勝った、ホームレスだった少年

映画「幸せの隠れ場所」の主人公、マイケル・オアー(BAL:OL)が、ついにスーパボウルリングを得るまでになったことが語られました。

ホームレス同然だったオアー少年を家族として受け入れて教育を受けさせ、ついにはボルチモア・レイブンズにドラフト一巡指名されるまでに育て上げたリー・アン(サンドラ・ブロック)とトゥーイ家の家族の物語です。

紹介とダイジェスト動画はこちら

Wikipedia「しあわせの隠れ場所」へのリンク

YouTube「映画『しあわせの隠れ場所』予告編」へのリンク

「もう一度映画化すれば面白かもね。

 今度はホームレスからスーパーボウル、とか。」(若林)

NFLの選手には、こう言う逸話を持つ人が他にもいます。

家がなくて、車が家代わりで暮らしていたとか。


そして、リー・アン・トゥーイのこのツイートについた写真が、番組でも紹介されていました。

「#CELEBRATING it's a beautiful thing!! #GoRavens http://instagr.am/p/VTCHIDluVG/
https://twitter.com/LeighAnneTuohy/status/298303202569375745


3)くりぃむ上田と遭遇

ロケの続きですが、「Going!Sports&News」のロケで来ていたくりぃむしちゅう上田と合流し、NFLエクスペリエンスで遊ぶ動画が流されました。

その模様はこちらです。

オードリー追っかけ隊ブログ「くりぃむしちゅー上田さんとばったり遭遇!」へのリンク

3人はFGやパスで対決。

20ヤードのFG対決をやると聴いて、上田は驚いてました。

たぶん、そんな短い距離をやるのか、と言うものでしょう。

私もテレビを見ていて、「え?」と思いましたから。

でも案の定難しいようです。

若林はパンターもやっていたのでうまく決めていました。

春日はど真ん中にまだまだ距離が出そうなキックをぶち込んでました。

しかし上田のはぎりぎり左にそれました。

ラグビーではあまりけらなかったのかな?


続いてパス対決。

これは的となるリングを通すものですが、かなり高い所にあり、またリングもそれほど大きくもない、難しいものでした。

若林は失敗。

春日は成功。

そして上田のパス。

これがアメフトをやったことがない割にはかなりきれいなもので、成功していました。


この結果、来シーズンは「NFL倶楽部」のMCは春日と上田で、若林はアメリカで取材。

「俺がスタジオから

 「わかばやしすわぁ~ん」

 って呼びかければいいんだな」(上田)

と言うことを言ってました。

NFL倶楽部」を見ていないとできないこのボケに、オードリーは感激していました。

若林にとってはありがたいものでしょう。

高校生の頃の若林少年にとって、海砂利水魚の上田は憧れの芸人だったそうですから。


また、徳島アナがディビジョナル・プレイオフのDEN対BALの結果を上田にばらしてしまった

「徳島事件」

に触れ、来年は徳島アナを外してその枠に上田が入ろうか、とも言ってました。


4)エンディング

今シーズンを振り返って、MC三人の最も印象に残ったことがフリップに書かれて紹介されてました。

「新人QBの活躍。特にラッセル・ウィルソン(SEA)」(徳島アナ)

「フラッコ(BAL)一皮むける。特にディビジョナル・プレイオフのDEN対BALでロングパスを通したあたりから」(若林)

「春日の呪い炸裂。過去最多5チームを応援」(春日)


そして

「来シーズン、またお会いしましょう」(春日)

で、番組は終了しました。

本当にお会いしましょうね。

来シーズンも書きますから。


2.ジョー・ネイマスの動画

トップに置いた動画は、ニューヨーク・ジェッツのQBだった、

「ブロードウェイ・ジョー」

と言われた、ジョー・ネイマスの伝説のCM動画です。

最初は女性の美脚かと思いきや…実はネイマスの脚でした、と言うオチです。


ネイマスのアメリカでの人気は今でもすさまじいものだそうです。

これは第3回スーパーボウルで、19ポイント不利とされていたニューヨーク・ジェッツを率い、シーズン中に1敗しかしなかったボルチモア・コルツをやぶる、と言う番狂わせを演じたこと。

さらにその数日前

「今度の日曜日(のスーパーボウルは)、ジェッツが勝つ。

 俺が保証する」

と言うことを発言して、物議をかもしていて、それを実行したからでもあるそうです。


今でもNFL史上に残るこの言葉、私にとっては、なんでこれくらいの「暴言」がそんなに騒がれたのか、未だに完全には理解できません。

おそらくは、第3回スーパーボウルがものすごく歴史的価値のあるゲームとなったことも理由なんでしょうが…

その凄さを実感できるような記事を、一度書いてみたいです。


さて、「オードリーのNFL倶楽部」について、放送当日に書くのも、今シーズンは今回が最後になりました。

お読みいただきましてありがとうございます。

この番組は日テレG+で木曜に放送されたのと同じものが、金曜深夜に日本テレビの地上波で放送されています。

私は木曜にみられた方の実況ツイートを見て、何が放送されたかを把握して、金曜に見た後すぐに記事にとりかかれるよう、準備をしたりしてきました。

これにより、あらかじめ資料を見つけておくことができました。

ですから、木曜に実況ツイートされた方には、本当に感謝しております。

どうもありがとうございました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

木村拓哉のグリーンジャンボ宝くじCMの意図をかんぐってみた



木村拓哉のグリーンジャンボ宝くじのCM。真面目?に生きる青年が宝くじにあたることを切に願ってます)


2013年の『グリーンジャンボ宝くじ』(第636回全国自治宝くじ)が2/14(木)から全国一斉発売されたと同時に、上掲のCMが流れなじめました。

ごみを拾ってごみ箱に捨てたり、ご老人に席をゆすったり、子犬を助けたり、こぼれた買い物を拾ったり…

合コンに行っても遊ぶことをせず…

木村拓哉が演じるそんな「真面目で」「道をはずさない」青年が

「ひたすら真面目に生きる私に、神様どうか5億5千万あててください」

とお願いするストーリーです。

「いいことしてんだから、そろそろ当ててよ。

 お願いしますよ。」



最初このCMを見たときは、あ~、このストーリーおもしれぇ~、と思いました。

しかし次に思ったのは

「宝くじで一攫千金を狙っている次点で、真面目じゃないじゃん」

ということでした。

多分、私のような考えの人は少ないと思います。

宝くじを買うことが「まじめじゃない」とか「道をはずす」と考える人は少ないんじゃないかな、と。

私は「まじめじゃない」と考えますが、それをやっちゃけないとは思わないです。

私の価値観の方が変ですし、私もまじめじゃないことをたくさんやってます。

それはさて置き、

「キムタクの宝くじのCM、宝くじ買う時点で、もうまじめとは言えないと思うんだけとww」

みたいなツイートをすることを考えました。

しかしここでふと頭に浮かんだのは、

ひょっとしたらこのCMは、Twitterなどでネットでツッコミをいれさせることも狙ってるんじゃないか、

と言うことでした。

これは以前みた、英語教室のベルリッツの電車内広告

「英語とビジネス英語は、ラグビーとアメフトくらいルールが違う」

と同じ、突っ込ませマーケティングじゃないかな、と考えたわけです。

「英語とビジネス英語はラグビーとアメフトくらいルールが違う」の解説へのリンク

でも今回は、自分でもちょっと考えすぎかな、と思います。

宝くじを買う人がまじめじゃない、と言う考え方は、かなり少数派だと思いますから。


でも今の閉塞感に包まれた日本を見ていると、

「そろそろ当ててくださいよ」

と祈りたくもなります。

特に、若い人達が一生懸命働いているのを見ますと、バブルも、消費税がない時代も、医療費が一割負担だった頃も知らず、学生時代から年金を払って
きた人もいるのに、大変だなぁ、かわいそうだなぁ、とやるせなくなります。


常日頃、そう考えていたのですが、昨日、こんなニュースを見ました。

日テレNEWS24「南鳥島のレアアース、一部で中国の約20倍」へのリンク

調査が進んでいた南鳥島付近にあるレアアース層ですが、これが商業として成り立てば、少しは日本に住む人達の暮らしも楽になるかなぁ、なんて期待してしまいます。

一躍資源大国になって、国民には税金なし。

教育も医療も無料。


なんて高望みはしませんが…

せめて、就労の機会に困らず、がんばったらがんばっただけの報酬が得られるような社会になってくれないかなぁ、と切に願います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「鈴木弘子選手、アメフト米代表決定」とは、どれくらいの快挙なのか



「ニッポンよ、これが女子アメフトだ」、と言わんばかりのPR動画です

 途中往年の名選手、フランコ・ハリスが出てきます。

 ハリスは女子アメフトを応援しています)


米アメフト界で活躍し、昨年はWFAの優勝メンバーにもなった

鈴木弘子選手

が、来たる6月にフィンランドで開催される、第2回アメリカンフットボール世界選手権のアメリカ代表に選ばれました。

1.これはどれほどの快挙なのか

これはものすごい快挙です。

動画を見ていただけると同意してもらえるかもしれませんが、「女子」のアメフトには、私の知っているアメフトより、大きく見劣りするものではないです。

スピードもパワーも体格も。


そんなアメリカの女子フットビールですが…

アメリカ人のアメフトに対するプライドはそうとう高いものだと感じます。

それは2007年の第3回アメリカンフットボールワールドカップで、日本との決勝戦で見せてもらいました。

日本の選手も一生懸命闘いました。

ですが最後の最後、延長でアメリカのプライドと意地の前に負けたように感じました。


そして鈴木選手が語ったことですが、アメリカ人は、アメフト選手であることに、ものすごくプライドを持っているそうです。

鈴木選手のジャージの背中には、

「SUZUKI」

の文字が入っています。

最初は愛称の

「BETTY」

を載せようとしたそうです。

ですが、チームメイトから

「アメフトをプレイすることは、その家族にとって誇らしいこと。

 だから、ファミリーネームを載せないなんて信じられない。」

と言われ、「SUZUKI」と載せることにしたそうです。

とにかく、アメフトの母国として、常にナンバーワンでなければいけないと言うプライドが、このエピソードからも読み取れると思います。


女性には失礼な話題ながら、あえて書かせてもらいますが、アスリートとしては高いと考えられる48歳と言う年齢。

そしてこれも望ましいとは思えない、173センチ、65キロと言う小柄な体格。

さらに、アメフトに対するスピリットが、アメリカほどは醸造されていない日本で長く暮らしてきたこと。

アメリカの女子アメフトの協議人口は、8千人だそうです。

ずらずらと書いてきましたハンデを考えますと、鈴木選手が、8千人の中から、代表の45名に選ばれたのは、何物にも例えられない快挙だと強く感じます。


しかも他のポジションよりサイズが必要とされ、毎回毎回ぶつかり合うOLで選ばれたのですから、大したものだと思います。


2.鈴木選手も「私なんか」を否定する

下記リンク先の動画は、多分2年前のものです。

YouTube「JONETSU HIROKO SUZUKI 03」へのリンク

2:45辺りから始まる退団を見ていただきたいのですが、鈴木選手が

「私なんか」

と言う考えを否定されています。

「私なんか、と言う考え方が大嫌いなんです」

と語られています。


私のこのブログでは

「私なんかには、そんなおおごとはできない」

と言う考え方を何回か否定してきました。


元プロ野球選手の宮地克彦氏は友人からそう諭され、戦力外通告から復帰し、ベストナインにまでなったことも書きました。

あるドラマでも、無難な人生を怯えるようにおくっている主人公に、他の登場人物がそう食ってかかることも書きました。


そして先々週、バラエティで「ゴン」こと元サッカー日本代表の中山雅史氏も

「自分に限界を作るな」

と吠えていました。


ドラマの件は置いといても、おおごとを成す人は、自分の限界なんか信じてない、可能性しか信じないことがよくわかりました。

そして同時に、

「現実的な考え」

の「現実」っていったいなんだろう、と考えてしまうのです。

ひょっとしたら、すべてが「現実」であるかもしれませんし、または「現実」なんかないんじゃないか、と言うか作ってはいけないんじゃないか、とも思うのです。

そんなことを考えさせられた、鈴木選手のインタビューへの回答でした。


それにしても鈴木選手の語り口、ソフトながら力強いと思いませんか?


3.関連ニュースへのリンク

鈴木選手のアメフト米代表選出に関する報道について、昨日までに流れたニュース記事などへのリンクを貼っておきます。


最初の報道はこちらでした。

毎日新聞「女子アメフット:日本の鈴木さんが米国代表に選出」へのリンク

次にこちら

スポーツ報知「【アメフト】48歳・鈴木、米国代表で日本人初女子W杯出場へ」へのリンク

そして今朝になってこのニュースが。

この記事が一番長いです。

アメフトNewsJapan「女子アメフト米国代表に鈴木弘子選手が選出」へのリンク

こちらの記事は、時事通信のものを使用したものだと思われます。

讀賣新聞「48歳鈴木弘子、世界女子アメフトの米国代表に」へのリンク

そしてNFL解説でも活躍されている、共同通信の宍戸博昭氏の記事

47NEWS 週刊TURNOVER「アメフットに魅せられたなでしこ 米国代表OL鈴木弘子さん」へのリンク

なお、日本時間の昨日、正式にアメリカの協会から、選出全選手の発表がありました。

USA Football「U.S. Women's National Team selected for 2013 world championship in Finland」へのリンク


鈴木選手は昨年の全米制覇で、優勝リングを獲得しました。

今度は金メダルを狙うことになります。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「オールナイトニッポン45時間スペシャル」の開催と、ANNの思い出



(ラジオっ娘。の「茅ヶ崎サンライズ」

 彼女たちもオールナイトニッポンのパーソナリティでした。

 真ん中の子はタメだったと思います。)


昨年45周年を迎えた

オールナイトニッポン」(ANN)

ですが、ニッポン放送では今週末に大掛かりなイベント

「伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン 45時間スペシャル」

を行います。

2/22(金)22時から2/24(日)22時まで、ほぼ48時間、現在や過去にANNのパーソナリティを務めたタレントが交代で出演し、トークを行うそうです。

タイムテーブルはこちらです。

ニッポン放送「たけし みゆき 千春も登場 伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン 45時間スペシャル」へのリンク

上記リンクが見れない人のために、ここに書いておきます。

●2013年2月22日(金)
22:00~25:00 45時間スペシャル(1) 笑福亭鶴光&オードリー
25:00~27:00 AKB48
27:00~29:00 オリエンタルラジオ

●2013年2月23日(土)
05:00~07:00 亀渕昭信
07:00~09:00 南こうせつ
09:00~11:00 久本雅美
11:00~13:00 吉田拓郎
13:00~15:00 おすぎとピーコ
15:00~17:00 ロンドンブーツ1号2号
17:00~19:00 松任谷由実
19:00~21:00 松山千春
21:00~22:30 T.M.Revolution西川貴教
22:30~23:30 中居正広
23:30~25:00 福山雅治
25:00~27:00 オードリー
27:00~28:00 中島みゆき
28:00~29:00 谷山浩子

●2013年2月24日(日)
05:00~07:00 高嶋ひでたけ
07:00~09:00 イルカ
09:00~12:00 東京マラソン中継
12:00~14:00 ビートたけし
14:00~16:00 45時間スペシャル(2) 笑福亭鶴光&オードリー
16:00~18:00 笑福亭鶴瓶
18:00~20:00 古田新太
20:00~22:00 45時間スペシャル(3)~エンディング 笑福亭鶴光&オードリー


また、関連するニューースがこちらにあります。

お笑いナタリー「鶴光&オードリーがタッグ!オールナイトニッポン45時間SP」へのリンク

総合司会が笑福亭鶴光とオードリーと言うことで、新旧の土曜深夜(日曜未明)の人気DJが務めることになりました。

いずれも私が良く聴いたDJでもあります。

楽しみです


ところで、いい機会なので、私のANNの思い出を書いておきます。

幸い下記リンク先に、ANNパーソナリティの歴史年表がありますので

「オールナイトニッポン ヒストリー」へのリンク

個々の思い出に入る前に、簡単に私のANNリスナーの歴史を書いておきます。

初期から1980年代前半は、小学生から予備校生の時代で、勉強の片手間に聴いていました。

と言いますか、聴く片手間に勉強をしていました。

おもしろくて、おかげで勉強ははかどりませんでしたが(^_^;)


1980年代半ば、大学生の頃から社会人になってからは、特に深夜にラジオを聴く機会もなくなり、ほぼ25年間は聴いていませんでした。


しかし2009年、オードリーがパーソナリティを務め始めて今に至ってます。

なお、オードリーのANNにつきましては、全回リアルタイムで聴いており、ほぼその感想をスタイルを変えながら毎週書いています。

いつまで続けられるかわかりませんが…

では、個々のパーソナリティの記憶を書いておきます。

(はっきり言って自分の中での整理のためですので、面白くないと思いますが)


上記サイトを見てみますと、多分私が初めてANNを聴いたのは

1976年

のようです。

小学校6年生でした。

記憶に残っているのは、

・くり万太郎

・志賀まさひろ


・糸居五郎

・笑福亭鶴光


です。

糸居五郎の記憶は

「夜更けの音楽ファンのみなさん、こんばんは」

とか

「それでは、一緒に、Go Go Go!!!」

とか言うセリフが有名で覚えてます。


笑福亭鶴光は、私の世代の男子は、一度は聴いていると思います。

今考えると、4時間ぶっ続けでやったのはすごいな、と思います。


1977年

・近田春夫

・タモリ

・松山千春

・自切俳人(ジキルハイド)

・つボイノリオ

を覚えています。

当時はタモリと鶴光が対立している、と言うスタイルだったと思います。

タモリの番組のエンディングの「SOBAYA」は強烈に印象に残ってます。

松山千春はもう一年後かと思いました。

自切俳人のジングルは今でも覚えてます。

そして、つボイノリオ。

私としては、最高に面白かった人の一人だと思います。

投稿を文章の内容ではなく、BGMの雰囲気に合わせて読むのが好きでした。


1978年

・所ジョージ

を覚えています。

昔からテンションがあまり変わらないな、と思います。


1979年

・中島みゆき

・桑田佳祐

・長渕剛

の「ニューミュージック」の歌手のを覚えています。

中島みゆきは暗い歌しか知りませんでしたので、初めてトークを聴いた時の衝撃は強烈でした。

松山千春が

「中島みゆきさんにくらべたら、私はいいたいことの半分も言っていません」

と言うのがなんとなくわかりました。

桑田佳祐のは「ありそうでないものコーナー」とか「なさそうであるものコーナー」とかを覚えています。

長渕剛は、今の姿が想像できない語り口でした。


1980年

・坂崎幸之助(アルフィー)

・ダディ竹千代(東京おとぼけキャッツ)


坂崎幸之助のは、本当に面白かったです。

ファンの人に怒られそうですが、私にとって坂崎幸之助は、ミュージシャンと言うより超一流のDJです。

ダディ竹千代は桑田と仲が良かった記憶がありますが、たった2カ月だったかなぁ


1981年

・ビートたけし

ビートたけしは放送作家(たしか高田文夫)との対話形式での放送だったと記憶します。


1982年

・エド山口

・谷山浩子

・ラジオっ娘。


山口良一よりはエド山口の方を覚えています。

谷山浩子は中島みゆきの親友かつライバル、と言う感じでした。

そして、ラジオっ娘。

3人組のアイドルグループです。

別名で「Lady oh!」(レディー オー)と言うグループ名も持っていたと記憶します。

多分覚えている人は少ないと思いますが、けっこう放送を聴くのが好きでした。

「電話好きっこ、ラジオっ娘。

 男の子にはないしょなの。

 ラジオっ娘。の、オールナイトニッポン」

と言うオープニングだったと記憶します。

トップに置いたのはこの3人の歌なんですが…へたくそだけど、なつかしくて…

なお、この曲はスペクトラムの新田一郎のものなので、トランペットはスペクトラムが絡んでいると思います。


この年よりあと、新しいパーソナリティの記憶がないです。

1983年に、高橋幸宏(YMO)とか白井貴子とか、大好きなミュージシャンがやっていた記憶はないです。

この年、私は浪人生でしたので、ANNを聴いていないはずはないのですが…


そして1984に大学生になり、ANNを聴くことはなくなりました。

とんねるずの回に、ゲストで中森明菜が来たことは覚えてますが…


それから約25年後

2008年春ごろ、オードリーが好きになり、ANNをやることになって、とりあえず第一回目のを聴いてみようと思いました。

その模様がDVDになると聴きましたので、面白ければDVDを買おうと考えまして。

そうしたら、アメフトのコーナーをやると聴いて…

もうこれは毎週聴くしかない、と決めて今に至ります。


余談ですが、私も中高生の頃、何回か投稿しました。

一回も読まれませんでした。

それがまさか、40も半ばを超えて、初めて投稿が読まれることになるとは思いませんでした。


いつまでANNを聴くことができるかなぁ…

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

詐欺対策に役立つ?ジム・ハーボウの『Battle field decision』



(全国銀行協会(全銀協)の「ネットバンキング犯罪防止」のCM

 これは見といて、いつでもそうできるようにした方がいいと思います。

 この動画で呼びかけている曽田茉莉江嬢は「ZIP!」で見かけたことがあります)


アメフトから入りますが、こんな記事を見かけました。

NFL JAPAN「ジム・ハーボーHCに魅せられた『Battle field decision』 [河田 剛]」へのリンク

このジム・ハーボウと言うHCは、もしかしたらで将来、歴史に残るHCになるかもしれませんので、できれば上記記事は読んでいただきたいのですが、読まないでもわかる形で話しを進めます。

上記記事の中で、タイトルの

「Battle field decision」

と言う言葉が説明されてました。

記事中では

「どれだけ良いゲームプランがあっても、戦場、つまりフィールドでは、(たとえそれがゲームプランにないものであっても)それをコールする決断力が必要だ」

と言うことを意味すると説明されています。

もっと崩しますと

「非常時には頭が働かなくなるかもよ。

 そんなことがないようにしようね」

と言う意味にとることができると思います。


「パイロットの8分頭」

と言う言葉があるそうです。

大昔に、旧日本軍に関する読み物で読んだ記憶があります。

これは、パイロットは地上で普通の生活をしている時と比べ、いざ飛行機に乗ったり戦闘状態に入ったりすると、その8割しか頭が働かない、と言うことだそうです。


つまり、人間って非常時には十分に頭が働かないものだ、と言うことです。

私もそう思います。

だから、テレビとかで詐欺の手口とかの特集を見ますと、自分がこの被害者の状況に陥ったら、詐欺だと見抜くほど頭が働くだろうか、と心配になることがあります。


昔は、自分はそんなことには引っかからない、と言う根拠のない自信がありました。

ですが、5年ほど前に身に覚えのない架空請求詐欺メールが来て、それが詐欺で放っておけばいい、と頭ではわかっていたのですが、少々動揺してしまったと言う体験を経て、決して詐欺に対して楽観的でいることはやめよう、と考えるようにしました。

今でも、「お金をもらってください詐欺」のメールがよく来ますが、恥ずかしながら、マジに「もらうだけならリスクもないし、応答して見ようか」とちょっとだけ心が揺れたことがあります。

(これに応答すると「話しを秘密のSNSでで進めましょう」と、有料のSNSに誘われます

 そして話しを進めていき、あとで高額なSNS使用料を請求されると言う詐欺だそうです)


結論として、詐欺に対して「大丈夫、自分だけは絶対にひっかからない」と、自信を持つことは、まったく悪いことではないともいますが、少々悲観的であるほうが、いざと言う時に、十分な対応ができるように思います。

「自分も、いざとなれば頭が働かなくなり、詐欺に引っかかるかもしれない。」

と言う考えも、半分持っておいた方がいいと思います。

まったく悲観的であれば、それはそれで自分の首を絞めることになりかねませんが。


具体的な詐欺への対策として、詐欺の手口やからくりを、できるだけ多く知っておくことが大事だと思います。

そうすると、ちょうどいいくらいに悲観的になれて、詐欺にかかりにくくなると思いますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

FOXスポーツの生中継が、プロ野球セットでカバーできないことが発覚!!

2013年のプロ野球中継について、懸念していたことが実際に起きることがわかりましたので、書いておきます。

今シーズンからFOXスポーツで、福岡ソフトバンクホークス、千葉ロッテマリーンズ、オリックスバファローズの主催試合が全試合生中継となるそうですが、スカパーのプロ野球セットから漏れる試合があることが分かりました。

「漏れる」と言う言い方はまだ正確ではないですが、スカパーのプロ野球セットの契約では、少なくとも生中継では見れないと言うことです。


先週発表されたスカパーの今シーズンのプロ野球セットへのリンクを貼っておきます。

スカパー「プロ野球セット>新規でご加入を検討中の方」へのリンク

これを見ると、このセットに入っているのは「BS238 FOX bs238」と「CS312 FOX」の2チャンネルです。

と言うことは3球団が同時に主催試合を行ったらどうなるか?

スカパーに尋ねてみました。

結論として、前述のとおり、スカパーのプロ野球セットの契約では、少なくとも生中継では見れないと言うことですした。

プロ野球セットの生中継から漏れた試合はどうなるかと言いますと、

・もうひとつのFOXのチャンネルで生中継される

・「BS238 FOX bs238」と「CS312 FOX」のいずれかで録画放送される

・空いたチャンネルのどこかで生中継、または録画放送される

のいずれかだそうです。

そして最初のケースとなれば、単独でもう一つのチャンネルとの契約が必要となるそうです。


ちなみに、3球団が同時に主催試合をすることがあるのか、と言いますと…

以下の12日も3球団同時開催試合があります。

5月11日(土)

5月12日(日)

5月20日(月)

5月22日(水)

5月23日(木)

5月31日(金)

6月1日(土)

6月2日(日)

6月3日(月)

6月12日(水)

6月13日(木)

6月16日(日)


(パシフィックリーグ公式サイトを基に調べました。

 なお、デイゲームとナイターが同じ日に行われるのはカウント外ですが、デーゲームのポストゲームショーが、ナイターのゲームとかぶることはあり得ると思います)


これでは中継から漏れたチームのファンがかわいそうです。

もう少しファンのことを考慮できなかったのでしょうか?

いくらアメリカ流の画期的な中継をやると言っても、手軽に見れないのではちょっとね、と思うのですが。

そう言うことをやるから、ファンにも少々身銭を切ってもらおう、と言うことなんでしょうか?

それならそれで、ここまで(少なくともホークス)球団から一切そう言う経過を知らせる動きがなかったのは残念です。

(尋ねたら「加入の方向で検討中」とはこたえてくれましたが)


既存のファンに対して不利に動くどころか、新しいファン獲得にも不利になります。

普通に露出していれば、なんとなくチームに親しみも出てきて、ファンになったりするものだと思います。

良かれ悪かれ、日本に讀賣ジャイアンツのファンが多いのは、そう言う訳だと思います。

(私自身、アンチジャイアンツだったのが、アメフトを見るために日テレの番組を見るようになって、ジャイアンツに親しみを感じるようになりました)

結果的に球団も自分自身の首を締めることになったな、と思います。


なお、2チャンネルまとめサイトによりますと、FOXスポーツは、パ・リーグの全球団に声をかけていたとも書いてありました。

もしそれが本当で、他の1球団でも追随していれば、金銭問題どころか、生中継自体成立しなかったでしょう。

テレビ界の外の人間の私から見ても、そんな簡単にチャンネルが増やせるとは思えませんし。


ソフトバンクとFOXが手を組んで、今回のFOXスポーツジャパンの中継体制が確立されたのですが、あくまでも憶測ですが、この2社、と言いますか、孫正義さんと外資が手を組めば、通常の日本人ではついていけないスピード感が発揮されると思われます。

それがいい方向ばかりに出ればいいのですが、今回は考慮漏れからか、悪い面も出てしまったように感じます。

あくまでもFOXスポーツジャパンが中心になってごたごたが起きた、と仮定しての憶測ですが。


また、そう言う関係上、ホークスの主催ゲームがスカパーのプロ野球セット中継から外れるとは考えにくいですが、そうなったら、また他球団からホークス、と言うかソフトバンクがボロクソに言われそうで、非常に嫌なんですが。


落ち着くまで、3球団のファンには少々我慢しろ、いいものを作るから、と言うことでしょうか。

それならそれで、そう言ってくれれば、こちらも腹をくくって付き合いますが。

とにかく、球団は中継体制の変更について、何らかの説明をすべきです。

ネット(主にtwitter)を見ていると、まだまだこの件に関してはそれほどツイートされておらず、変わること自体を知らない人も少なくないと考えられますし。

そう言うことも、大事なファンサービスだと思うのですが。


私がすべてではないですし、こう言うことはありがた迷惑になるでしょうが、私はシーズン中の勝敗や、馬原投手流出の件についても、球団を擁護してきたつもりですから。

もうちょっと落ち着いて応援させて下さいよ…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(2/17)「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想


さよなら人類 投稿者 Machinari

(ゆめちゃん日記で、アルバイトのみほさんが歌っていた「さよなら人類」(たま)のPV

 今から20年ほど前の歌だったと思います。

 ここに掲載するために、今回初めてフルで聴きました。

 シュール…)



2013/2/17の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想について書きます。

全体の感想として、今回の放送は最近では一番面白かったと思います。

1.全体の流れ

1)オープニングトーク

いろんなことが語られて、起きました。

・キサラが変わったことについて語られました。

 先日のR-1ぐらんぷり2013に出場したキンタロー。とアンドーひであきが、オードリーが修行していた、「そっくり館キサラ」について触れられ、最近行ってみた感想を、若林が不満そうに言ってました。

 プレイスポットぶって、ショウパブ感を消そうとしている、と感じたそうです。

 場末(ばすえ)感が消えている、とも言っていました。

 私は、キサラの路線は商売として当然だと思いますが、若林の不満もわかります。


・来週の「オールナイトニッポン 45時間スペシャル」について語っていました。

 オードリーの回には、ビトたけしが来るそうです。

 そして、今更ながら、来週のこの時間のオードリーの次が、中島みゆきであることを知ったようで、驚いてました。

 個人的な感想ですが、私が聴いていた30年前と変わっていなければ、中島みゆきのは面白いと思いますよ。

 特に歌は聴いたことがあるが、トークを聞いたことはない、と言う人にとってはお勧めです。

 (でも最近CMやらドラマやら出ることがあって、キャラクターの一部が露出しているから、あまり驚きはないかも) 

 なお、中島みゆきの次が、彼女の親友でありライバルの谷山浩子と言うのも、いいスケジューリングだと思います。

 中島みゆきが、谷山浩子の「カントリーガール」をANNでかけたことがあるのですが、一度、歌の始まりと終わりだけに編集したのを流したことがあり、とても笑いました。

・春日がなぜキャラを捨てられないか、特になぜピンクベストを脱げないか、と言うことが問題として挙げられました。

 スヌーピーが出てくる「ピーナッツ」のマンガの中に、ライナスと言うタオルケットを手放せない男の子みたいだ、と言ってました。

 この子です

        20130213ライナス


 そして春日にキャラを捨てさせようとして、白いシャツが用意されました。

 タンクトップを脱いで、これを着てみろと言う訳ですが

 「わしゃ絶対に着らんぞ!!」

 と春日はこれを拒否。

 そこでリスナーに、どうしたら春日に白いシャツを着せることができるか、春日の心理の分析と、その心理を矯正(と言う言い方が適当かどうか)する方法を知っている人がいたら、放送中に電話で話したいからメールをくれ、との募集がされました。

・リスナーからのメールを待つ間、身近な大人に春日の件を尋ねてみようと言う話しになりました。

 ビトたけしに電話すると

 「そんなの知るかバカ野郎」

 若林の中では「物知り」との認識で、慶應義塾大学卒の「ツイッターってラジオだ!」でおなじみの、よっぴーこと吉田尚記アナウンサーに電話してみるものの電話には出てきませんでした。

 最後に、バーモント秀樹に「答えに「あ~い」をつけて電話に出てください」と言って電話すると、普通に

 「大ドカンあ~い」

 だったので、電話をきりました。

今回のオープニングは1:34まで、と通常通りですが、かなり濃い内容だったので、私は、たったそんなもんか、と感じました。


2)よっぴーに電話つながる

CM中によっぴーと連絡がついたそうで、電話で若林とよっぴーとの会話が展開されました。

よっぴーはオードリーのANNを気に入っていて、よく聴いているそうですが、今日は呑んでいて聴いていなかったそうです。

結局、よっぴーから前述の若林の質問についての回答はなく

「本番中に無造作に電話するの、やめてくれませんか」

「質問を丸投げしすぎです」

「半笑いでほめるのはやめてください」

「(若林がよっぴーに)心を許してるが故に戦いたくなる…」

とのネガティブで面倒くさいことばかりの答えに、若林が電話をたたき切ることになりました。

(きる前に「舌打ちした」とのツイートがありました。

 この展開はぶっこみでも放送されたので、注意して聞いてみたら、たしかにそれともとれる音は入っていました)

私も、よっぴーって若林なみに面倒くさいこと言うなぁ、と感じていましたので、この展開には、もう、大笑いしました。

よっぴーが嫌いと言うことではないです。

私も、わかっていながらも面倒くさいことを言いますし。


この件はいったんCMが入った後も継続し、CM中によっぴーから、「かぶせの電話OK、ただし今度は自分(よっぴい)から電話をきる展開もあるかも」、と言う連絡があったことが語られました。

よっぴーからのよびかけに、

「電話かける気なくなった」(若林)

「(きられた後)くぅ~、とか言わなきゃいけないんだろ、面倒くさい」(春日)

という反応で、結局よっぴーへ電話はかけられませんでした。

ネットには

「若林くんもよっぴーも山里さんもみんなめんどくさい」

と言うツイートがありました。


3)若林トーク

映画『ひまわりと子犬の7日間』のイベントで、福島と仙台に行ってきた話しがされました。

久々に、「若さま」と書いてあるうちわを持ってる娘を見かけたそうです。

今どきそう言う娘は痛い、とよく言っている若林ですが、なんだか嬉しくなったそうです。

春日も先月、奈良でそう言う体験をしていましたので、若林の気持ちはわかる、と言っていました。


先週もイベントで

「ユーモアを添えてスクリーンにさわやかな風をもたらした」

若林ですが、これは松竹の人が考えたキャッチコピーで、どこでも言われているそうです。

(「ユーモアを添えてスクリーンにさわやかな風」と「毒を盛ってラジオにドロドロした空気」をもたらす人は、同一人物です

 と言うツイートを流したのは私です。

 もちろん、誉めことばです。)


4)リスナーとの電話

オープニングで募集した件にこたえた人の中から、慶應義塾大学一年生で

「DAIGOと一緒に勉強してた人がから心理学を習っている」

と言う男性に電話がかけられました。

終始「緊張している」感が伝わってきたのですが、話し方の評判は、リスナーには好評でした。

(今考えると、自分の心がコントロールできていない人が心理学を語ったのか、と不思議な思いです

 まあまだ1年生だからなぁ)

彼が言うには、

「春日さんには「メタ認知」のために、セルフモニタリングを行って、もう一度自分のことを見直してほしい」

と言う結論になりました。

そうすれば春日は、「スーパー春日」へとステップアップできるそうです。

最初は

「笑ってんじゃないぞ、若造が」

と彼に毒づいていた春日ですが(もちろん演出出だと思いますが)、最後は納得して、ありがたいことが聞けたみたいな感じを出していました。


そんな感じで電話は終わったのですが、ここでオードリーが大失敗。

パンツの色を尋ねませんでした。


次に新しいコーナーを作る時は

「スーパー春日への道」

にしてほしいと思いました。

春日の、架空のセルフモニタリングを募集する内容で。

タイトルは30年ぐらい前にTBSでやっていた

「スーパーボウルへの道」

からのパクリですが。


5)ゆっぴーのぼやきツイート

電話の後、ゆっぴーがtwitterでぼやいているみたいだ、と言うことが話されました。

たしかこのツイートが読まれたと思います。

ここに書いたのは全文ではないですが、詳細を知りたい方は、リンクをたどってください。

「ラジオ忘れて飲んでて、友達いるのでラジオ聞いてたら空気読めてないみたいになるときに、明らかに弄ばれてるのがTwitterでだけわかる…!オードリーちょっと好感持ってなかったら、本気でへそ曲げるとこだよ!w 」

https://twitter.com/yoshidahisanori/status/302825856831725569

リンク先にも書いてありますが、酔っているせいか、かなりわかりにくい文面となっています。

まあ、これからもオードリーと仲良くしてやってください。


6)春日トーク

事前に若林に「今日のトークは自信がない」と言っていたそうですが、大変おもしろかったです。


内容は、いきつけのキャバクラ、中野の「ニューコサージュ」で、誕生日を祝われた話しでした。

チークタイムの時間になり、いつもなら「メリージェーン」がかかるはずが、スティービー・ワンダーの「ハッピー・バースディ」がかかったそうです。

続いて場内アナウンスで

「5番テーブルに、本日誕生日のオードリー春日さんが…」

とのことが流れたそうです。

店内の他のおっさんのお客さんからも

「おめでとう」

とか言われたそうです。

で、さんざん飲んで記憶をなくして、気がついたらポケットにキャバクラからのプレゼント、指名無料券10枚があったそうです。


これだけでは面白さは伝わらないでしょうが、若林の受け答えもあって、大変の面白かったです。

ただ、今年の春日の誕生日は土曜日だったのですが、そこから類推されることはどうでもいいです。


7)「オードリー学園」

「レオナルド・ダ・ビンチの「最後の晩餐」の右下に書いてある言葉は何か」

←「撮影のため、特別な許可を得て試食させてもらっています」

「以下のものに共通する枕詞は何か、「岸部」「波平」「上田」」

←ハンチング


8)「超時空漫才」

今回は書きとめられませんでした。


9)「ゆめちゃん日記」

CMを置かずに「超時空漫才」に続いて放送されました。

「今日は若林まさやすのお父さん、若林たかひこが来た。

 若林たかひこも常連。

 たかひこの「まさやすトーク」にはいつも笑う

 特に「思春期シリーズ」は最高ww

 今度はいつくるのかな」

他に「スーパーボール」「スーパーボウル」をかけたネタもありました。

前者はおもちゃのゴムボールで、後者は先週オードリーが見たアメフトの試合で、語源は前者です。

なお、昨日も書いたのですが、今週は女優の相武紗季が「スーパーボウル」のことをツイートして、アメフトクラスタの間で大騒ぎになりました。

彼女は「スーパーボール」と書いていましたが、かわいいからOKです。


10)しんやめ

11)エンディング

来週の45時間スペシャルで、特別プレゼントとして、春日の「所沢観光大使」の名刺を配る、と若林が言ってました。

春日には寝耳に水だったみたいですので、本当かどうかわかりませんが。

ですが「まあいっぱいあるからいいよ」とは言っていました。


そしてこの後、おおごとが起きました。

若林が、ブースの中に、サトミツとツチヤタカユキを入れて、力づくで、例の白いシャツを春日に着せようとしたのです。

春日もかなり抵抗し、結局かぶせただけで、両乳首は露出したままで終わったそうです。

春日の抵抗にツチヤタカユキが逃げ遅れて、何かされていたみたいですが。

多分その姿は番組公式サイトに載るでしょう。


番組では春日に白いシャツを着せられる人を、これからも募集するそうです。


2.アンドーひであき

オープニングでキサラのことが語られたとき、

「R-1に出たキンタロー。とアンドーひであきは、キサラ出身」

とのことから始まりました。

たしかに、キンタロー。は前からそうだと言ってましたし、R-1ぐらんぷり2013が実質的に初めてのテレビでのネタ見せとなったアンドーひであきは、キサラでのショウの模様がR-1で紹介されていました。

アンドーひであきですが、彼の芸は素晴らしかったです。

アンドロイドがものまねをする、と言う形で、爆笑問題太田、フルーツポンチ村上、ココリコ田中、千原ジュニアなどのものまねをやった一回戦は、本当に感心しました。

こちらにアンドーひであきの予選の動画があります。

YouTube「R-1ぐらんぷり2013 アンドーひであき 予選」へのリンク

面白いのは、この他に決勝の動画もみつけたのですが、アップのタイミングにもよるのかもしれませんが、圧倒的にこの予選の動画の方が再生回数が多く、3ケタ違いました。

今、アンドーひであきは、大ブレイクし始めたようで、これを書いている今も、Googleの急上昇ランキングワードのTOP10に入っています。

当然でしょう、この芸を持っていれば。

Yahooトピックス「やっぱり準Vがブレーク!?アンドーひであきにオファー殺到」へのリンク

なお、キサラのサイトには、本日アンドーひであきが緊急出演するとの予告があります。

「キサラ公式」へのリンク


3.スヌーピーと心理学

私は、スヌーピーが登場するコミック『ピーナッツ』は、かなり心理学的なもの、と言う認識をしています。

Wikipediaの「チャールズ・M・シュルツ」(作者)のサイトにも、こんな記述があります。

「『ピーナッツ』は子どものダメ、できない、困ったという心の悩み、葛藤をどう乗り越えるかを一貫したテーマとし、それは登場人物が頻繁に発する「Good grief」(やれやれ、困った、お手上げだよ)という台詞にも現れている。」


また、前述のライナスの行動についてもWikipediaに記載があります。

Wikipedia「安心毛布」へのリンク


最近は以前ほどではなくなりましたが、一時期メンタルヘルスについて調べまくったことがあります。

その時読んだのが「いいことは、いつくるかな?~スヌーピーと仲間たちはこうしている」と言う本です。

講談社BOOK倶楽部「いいことは、いつくるかな?~スヌーピーと仲間たちはこうしている」へのリンク

あまり内容は覚えていませんが、買って損をした、と言う記憶はないです。


まあ、そういう時期もあって、「メンタルヘルスマネジメント検定」の三種と二種に合格しました。

ですが、春日に白いシャツを着せる技術はないです。

「白いシャツを着ないと、来年はスーパーボウルに連れて行かない」

と言うことぐらいしか浮かばないです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年度Week23】「オードリーのNFL倶楽部」と相武紗季さんのツイートについて

2/16に日本テレビ地上波で放送されたオードリーNFL倶楽部のこと、加えて今週アメフトファンを騒然とさせた、相武紗季さんのツイートの件を書きます。

1.番組の流れ

今回の放送は、オードリーの二人が第47回スーパーボウルが行われたニューオリンズの街を歩いたロケを、スタジオでワイプで語る、と言うことが中心のものでした。

ロケに関しては、下記リンク先の記事と一緒に見ると楽しめると思います。

「オードリー追っかけ隊ブログ」へのリンク


1)ミス・ニューオリンズとロケ開始

オードリーの二人は、生馬アイザックさんと一緒に、ニューオリンズの繁華街、フレンチ・クオーターを行くことになりましたが、そこに一人の美女が。

ミス・ニューオリンズのジャクリン(Jacqueline Delery)さんです。

この件は、上記ブログの

「フレンチクオーターでニューオリンズを満喫」

に書かれています。


春日は「鬼瓦」英語版、「デビルフェイス」を見せますが、ジャクリンさんは見ていなかったようで…


さてここから馬車に乗ってフレンチクオーターを行くことになっていたのですが、日本から徳島アナからクイズが出題され、それに答えられないといけない、と言うことになりました。

不正解だと馬車の後を徒歩でついてくると言うことで。

問題は次のものでした。

「ニューオリンズで開かれた第24回スーパーボウルでサンフランシスコ・49ナーズが樹立した、今も破られていない記録は何?

 ①最多得点

 ②最多得点差からの逆転

 ③最多オフェンス獲得ヤード」


オードリーの答えは二人とも②。

しかし正解は①でした。

と言う訳で、アイザックさんとジャクリンさんは馬車へ、オードリーはその後を徒歩でついていくことになりました。


ところでこのロケのことは「Miss New Orleans」のFacebookに写真入りで載っていました。

こちらです。

(Facebookアカウントがないと見れないと思います)

なお、このジャクリンさんですが、本業は弁護士だそうです。


2)ミシシッピ川を蒸気船で

次のロケはミシシッピ川をくだる蒸気船の上から。

この模様は、ブログの

「楽しいはずのニューオリンズで異変!?」

にあります。

ここでナマズのフライなどののったプレートの食事。

しかしここでもクイズが。

「僕はナイスガイなので簡単な問題」(アイザックさん)

と言う前置きで出された問題は

「今回のスーパーボウルはHCの兄弟対決です。

 兄弟と言えばニューオリンズ出身のマニング兄弟。

 兄はペイトンですが、弟の名前は?」

と言う、たしかにサービス問題。

春日はストレートに「イーライ」と答えましたが、若林は

「来来(ライライ)」

と芸人の道を貫きました。

正解は春日の書いた通りなのですが、若林は罰ゲームとして、タバスコが丸々1本入ったスープを飲まされることになりました。

若林はこれを嫌がって、自分の答えが書いているボードと、春日のとを交換しようとしましたが、

「ボケたにしても恥ずかしすぎる」(春日)

と却下されました。

若林は特製スープを飲んで咳き込んでましたが、あれはマジだと思います。

春日はナマズのフライを「うまし」と食べていました。


3)春日熱唱!!

次に一行は

「The Spotted Cat」

と言うジャズバーを訪れました。

この模様は、ブログの

「春日さんがジャズの都で熱唱!」

にあります。

この店のサイトは、以下のリンク先にあります。

「The Spotted Cat」へのリンク


春日はここで坂本九の「上を向いて歩こう」を、小指を立てて熱唱しました。

この歌はアメリカで「SUKIYAKI」として大ヒットした曲で、ビルボード(Billboard)誌で、1963年6月15日に、週間ランキング第1位を獲得したりしました。

「思い出す、春の日」

なんて箇所は、春日にぴったりですね。

YouTube「Sukiyaki - 上を向いて歩こう (Kyū Sakamoto, 坂本 九)」へのリンク

最後はカスカスダンスをジャズバンドとセッション…と言う流れになりました。

外に出ると、もう真っ暗でした。


そしてここでもクイズが。

正解すれば「楽しい所へ」。

不正解の場合は「恐い所へ」。

問題は

「スーパーボウル優勝チームが招かれる、ある場所とはどこ?

 ①プロフットボールの殿堂

 ②ホワイトハウス

 ③ハーフタイムショウに出演したミュージシャンのライブ」

オードリーは二人とも②。

そして正解も②でした。


なおナレーションでは、

「大統領に招かれるなんて、スーパーボウル優勝のすごさがわかりますね」

と言ってましたが、私としては、スーパーボウル優勝チームの面々が対面することを喜ぶほど、アメリカ大統領の人気はすごい、だと思います。


ちなみに、2010年度に優勝したグリーンベイ・パッカーズですが、そのオフ、NFLはロックアウトという状態に入り、その間、選手とコーチとの接触が禁止されました。

ホワイトハウス訪問は、選手だけではなくコーチも同行します。

ですので、通常は春ごろに行われるホワイトハウス訪問が、この時はロックアウトが明けた夏まで延期されました。

さらにシカゴ出身のオバマ大統領は、大のベアーズファン。

そして、パッカーズとベアーズはNFL最古のライバル関係にあります。

パッカーズからは恒例に従いジャージが贈られたのですが、オバマ大統領は苦笑いしながら受け取っていた記憶があります。


4)お化け屋敷へ

「楽しい所」へ行くはずだったオードリーですが、クイズの結果とは関係なく「恐い所」のお化け屋敷へ行くことになりました。

「なんだよ、クイズなしで行こうや」

と叫んでました。

まあ、お化け屋敷が「楽しい所」の人も少なくないと思いますが。

ここではゾンビがたくさん出てきて脅かしまくってました。

ワイプで

「ゾンビのパワープレイ」

と言っていました。

この模様はブログの

「オードリーがこわ~い体験!」

で見ることができます。


なお、ブログにありますように、このお化け屋敷は結構有名なようで、店名の

「House of Shock」

をGoogleで検索しようとしたら、

「new orleans House of Shock」

と予測ワードが出てきたほどです。

「House of Shock」公式サイトへのリンク

(音声が自動的に出てきますので、ご注意ください)


また、宣伝動画がこちらにあります。

YouTube「The House Of Shock 2007」へのリンク


ちなみに、若林は「オードリーのオールナイトニッポン」で

「ゾンビが出てきて耳元で大声で叫ぶと言うスタイルで、わびさびがない」

と、日本のものとの違いを語っていました。


オードリーの珍道中は、来週(今シーズンの「オードリーのNFL倶楽部」最終回)も放送されるそうです。


5)「トゥースポ」

今週の「トゥースポ」は、

「レイ・ルイス最後のダンス」

と言うものでした。

内容は以前このブログで書いた下記記事でカバーできると思います。

「【アメフト】レイ・ルイス、スーパーボウル優勝パレードの後の最後のダンス」へのリンク

そして「リス・ダンス」こと"squirrel dance"の由来が説明されました。

なんでも、ルイスの故郷で、もともとこの名前のダンスがあって、これはそれをまねたものだそうです。


2.相武紗季さんのツイートにアメフトファン騒然

今週木曜日、2/12夜に、女優の相武紗季さんが

「今日の夜は録画したスーパーボール観よっと!!超ワクワク!! 私の大好きなEli Manningはいないけど、それでも楽しみ~去年のスーパーボールでハマってからなんとなくアメフトに興味をもつ今日この頃。いつか生で観戦したい。。」
https://twitter.com/ai_bu/status/301615495902273536

とツイートすると、アメフトファンのtwitterが騒然となりました。

これに続いて

「去年はQB対決!って感じだったけど。走る49ersとパスのRavensのチームプレイ対決な雰囲気。キャー!! coachingの兄弟対決も素敵!! Ray Lewis率いるディフェンス期待!! あと。あと。。Colin Kaepernick!!」
https://twitter.com/ai_bu/status/301652619254956032

「すごい試合だった~T^T 追い上げる49ersをついつい応援してたけど。。Ray Lewisを中心にした団結力と冷静さでRavensが優ってた気がする 私的にはColin Kaepernickのタッチダウンにゾクゾク!! pic.twitter.com/azdSpu2j」
https://twitter.com/ai_bu/status/301693933300355073

などと相武さんのツイートがあると、多くの方が、リツイートしたり、リプライしたりで、アメフトファンの間で大盛り上がりとなりました。


それにしても、なんで相武さんはアメフトがすきなのか?

ひょっとしたら、相武さんをアメフト好きにした元カレとかいたんじゃないか、みたいなツイートもありました。

これを否定するためにかどうかはわかりませんが、2/14に相武さんが

「曇り。現場に向かいながらまたアメフトの事を考える。。そしたら。くくく。昔の父の写真発見。若い!! 87番。アメフトやってた大学時代。意外とかっこいいじゃーん。あははは。 pic.twitter.com/E1a8wn6Z」
https://twitter.com/ai_bu/status/302203539491528704

と、実はお父さんがアメフトをやっていたことを知らせるツイートがありました。

お父さんは87番。

TEかWRかな。

また、相武さんは以前出演したドラマ「ブザービーター」で、佐竹美帆さんと言う実在のチアリーダーをモデルとした役を演じましたが、佐竹さんがその後サンフランシスコ・49ナーズのチアになったと言うことも影響しているのかも、と言う声もありました。


そうなると、来シーズンからはオードリーと相武紗季さんで「NFL倶楽部を、と言う声や、相武さんをゲストにして

「僕たちは、アメフト大好き芸人です」

と言うサブタイトルの「アメトーク」
をやってほしい、と言う声も上がりました。


まあそれはぜひお願いしたいところではありますが。


とりあえず、相武さんが好きなイーライ・マニングから相武さんに向けたビデオメッセージなどを贈ってくれないかな、と思います。

ニューヨーク・ジャイアンツは、NFLでも取材規制がゆるいチームのひとつのようですし。

そうすれば相武さんも、もっともっとアメフトのことを好きになってくれると思いますし。

(ただ、今相武さんがどれだけ好きなのかはわかりません

 私よりよっぽど好きだったりして)


でも、「NFL倶楽部」などの番組でメッセージをもらいに行くと、「番組」「事務所」とかいろいろと難しい関係がありそうで、無理かなぁ

誰か個人的にイーライにメッセージをもらいに行って、個人的に相武さんに渡すことができないかなぁ、なんて思います。


ところで相武さんのアカウント、下衆いですが、誰をフォローしているのかなぁ、と思って見てみました。

そうしたら

「San Francisco 49ers 公式アカウント「@49ers」」

「Colin Kaepernick 公式アカウント「@Kaepernick7」」

「New York Giants 公式アカウント「@Giants」」

をフォローしていました。

本物のアメフトファンやー\(^o^)/

今度友人の女性がアメフト女子会をやるので、来てくれないかな

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】クリスチャン・オコイエって誰だ?~NFL/国内アメフト人気アンケート2位~

(KCのRBだったクリスチャン・オコイエのハイライト動画はこちら

35番の選手です。

YouTube「Christian Okoye, "The Nigerian Nightmare"」へのリンク)


昨日NFL JAPAN編集部が、あるアンケートの結果を発表しました。

NFL JAPAN.COM編集部ブログ「NFL/国内アメフト人気NO.1は?アンケート結果発表」へのリンク

「好きなNFLチームは?」

「好きなNFL選手は?」

「日本国内で好きなチームは...」

などの項目があったのですが、その中に

「引退選手限定で好きな選手は?」

と言うランキングがありました。

以下のような結果だそうです。

1位:ジョー・モンタナ

2位:クリスチャン・オコイエ

3位:ジョン・エルウェイ

4位:ディオン・サンダース

5位:ブレット・ファーブ

なんでバリー・サンダースやジェリー・ライスが入ってないんだろう、と言う疑問もありますが、まあそれほど違和感は感じない結果だと感じました。

2位のクリスチャン・オコイエを除いては。

たしかに強烈な印象がある選手ではありますが、オコイエってそれほど知られてはいないと思いますので、彼の思い出を書いてい置きます。


クリスチャン・オコイエは、1987年から1992年シーズンまで、NFLのカンザスシティ・チーフス(KC)で活躍したRBです。

たった6年間の在籍でしたが、その間2回プロボウルに選ばれ、1回リーディング・ラッシャー(ラン獲得距離1位)に輝いています。

(リーディング・ラッシャーに輝いた時、2位はルーキーのバリー・サンダースで、10ヤード差でした)

私がNFLを見始めた時のリーディング・ラッシャーがオコイエでした。


オコイエのニックネームは「ナイジェリアン・ナイトメア」(Nigerian Nightmare:ナイジェリアの悪夢)と言うものでした。

その名の通り、ナイジェリアで生まれ、たしか陸上競技をするためにアメリカのアズサ・パシフィック大学に留学。

そこでアメリカンフットボールに出会ったそうです。


彼は巨体を生かしたFBタイプのパワーランナーでした。

そのパワーがどれだけのものだったかと言いますと、当時デンバー・ブロンコスで活躍していたセイフティ、スティーブ・アトウォーターがオコイエを止めたことが話題になるほどでした。

(すみません、ここの記憶は確かではないです)

下記動画にそのシーンがあります。

YouTube「Atwater Smacks Okoye」へのリンク

(若き日のジョン・エルウェイがういういしい)


当時はサーマン・トーマス、バリー・サンダース、エミット・スミスなどの「スキャット・バック("Scat backs")」と言われる、飛び跳ねるようなカットをする、やや小柄なRBが流行していたのですが、その中にあって、巨体を生かしたオコイエの存在は強烈でした。

当時のKCは、LBデリック・トーマスに率いられたスーパーボウル級の守備と、オコイエや、同じタイプのRBバリー・ワードを中心にしたランオフェンスで、プレイオフの常連でした。

パスに関しては、二流ではないものの、そこそこのプレイを見せるQBスティーブ・ディバーグが、華麗なプレイアクションを見せていました。


オコイエは1992年シーズンに負傷が原因で引退しています。

そして翌シーズンからは、QBジョー・モンタナがやってきて、RBも移籍組のマーカス・アレンが主体となります。

ちょうどいい時期に引退したとも言えますが、モンタナのパスとオコイエのランがあれば、想像できない面白いオフェンスが見れたかもしれないな、とも思います。


KCは今シーズンをリーグ最低の2勝14敗で終えました。

特にファンではないですが、強い頃のKCを知っているものとしてはちょっと寂しいです。

しかし、リーグ最低の成績のおかげで、この春のドラフトで、全体の1位指名権を得ました。

また、チームの成績がふるわなかったわりには、プロボウルには(たしかリーグ最多タイの)6名を贈りこんでいます。

豊富なタレントが勝敗に反映されていない状況は、2010年シーズンまでのサンフランシスコ・49ナーズ(SF)と状況が似ています。

ですから、フィラデルフィア・イーグルスをスーパーボウルに導いたこともある新しいHC、アンディ・リードの手腕によっては、来シーズンおお化けすることも期待できます。


話しはそれましたが、クリスチャン・オコイエは、1990年前後の強豪だったKCを象徴する一人だったと言えるでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】プロボウルの存続は、日本アメフト界にとって重要な件

NFLのオールスター戦である「プロボウル」が、今、存続するかどうかの瀬戸際にあります。

そのことと日本アメフト界とのつながりについて書きますが、少々遠回りさせてください。


1.スーパーボウルの前にプロボウルが行われることに違和感


4年前から制度が変わらなければ、日本時間の今週月曜にプロボウルがあり、そしてNFLは本格的にシーズンオフとなっていました。

しかし2009年シーズン、突然プロボウルが、従来のスーパーボウルの翌週から、スーパーボウルの前週に開催されることが発表されました。

しかも、1980年前からずっとハワイて開催されていたのが、スーパーボウルの開催地と同じ場所で。

この発表はかなりの波紋を呼びました。

それでもその形で開催されました。


翌2010シーズン、開催地はハワイに戻されましたが、スーパーボウルの前週に行うことは変わりませんでした。

そして今に至るまで、プロボウルはハワイでスーパーボウルの前週に開催されています。


ずっとスーパーボウルの翌週に開催されることに慣れていた一ファンとして感じる不具合は、以下の2点です。

まず、スーパーボウルに出場するチームの選手がプロボウルに出なくなったので、真のオールスター戦ではなくなり、試合が面白くなくなったこと。

スーパーボウルに出る選手は、プロボウルがいくら大事といっても、スーパーボウルの準備があるので、出ている暇はないです。


そしてもう一つは、長年の習慣で、スーパーボウルでシーズンが終わることに、寂しさを覚えることです。

例えとしてどうか、とも思いますが、剣道で言う、技の後の残心がなくなったなぁ、と感じます。

プロボウルは、シーズンオフを迎えるまでのモラトリアムであり、また、決心を固める役割も担っていたと思うのですが。


私は今年のプロボウルのことを、勝敗すら知りません。

スーパーボウルを前にして、興味が持てなくなったからです。

ぜひプロボウルを、スーパーボウルの翌週に戻してほしいと願います。


2.存亡の危機にあるプロボウルと日本にとっての意義

昨年、プロボウルに出場したグリーンベイ・パッカーズのアーロン・ロジャースは、ダラダラした空気に嫌気が指し、こんな発言をしました。

「正直に言って、いささか失望した。NFCの何人かの選手たちは、自らを貶めているように感じたんだ。プロボウルのようなゲームであってもプライドを持って臨むべきだし、いくつかの振る舞いには驚くばかりだった」

こう言う発言もあって、リーグはプロボウルをやめることも検討したようです。

結局は先日行われた今シーズンのプロボウルを見て、結論を出すようです。

NFL JAPAN「プロボウルの廃止検討、リーグは「今年の内容で判断」」へのリンク

プロボウルと言うイベントは、日本に近いこともあって、我々日本に住む者にとっては、比較的負担がなく、NFLのスーパースターと触れ合える可能性があるものです。

毎年のように日本からツアーも組まれてます。


しかしもう一つ、日本のアメフトにとって大切なことがあります。

それは、プロボウルには日本人コーチ派遣プログラムがあることです。

47NEWS「最高峰の舞台に学ぶ 米プロボウルに日本人コーチ参加」へのリンク

今回で3年連続3回目となるこのプロジェクトにより、NFLのコーチングのノウハウを、日本の関係者が学べるのです。

これはたいへん貴重な機会です。

日本のアメフトは世界3位と強豪ですが、アメリカやカナダに勝ったことはありません。

NFL選手も誕生していません。

ですから、これらの夢を果たすためにも、プロボウルとこのプロジェクトは絶対に存続しなけばいけないのです。


かと言って我々に何ができるかと言うと…

今のところなにも思いつきません。


ですが、日本のアメフト界にとって重要なプロボウルが、今こう言う状態にあることは知っておいて、動向を見ていきたいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

R-1ぐらんぷり 2013の感想~特に田上よしえ~



(田上よしえのネタの動画

 もう少しきれいな動画が下記リンク先にあります

 YouTube「R-1ぐらんぷり2013  田上よしえ」へのリンク)


R-1ぐらんぷり 2013を見た感想を書きます。

今回は平日の開催と言うことで、仕事でおそくなった私はリアルタイムで見れず。

録画でネタと結果発表だけ見ました。

だから、リアルタイムで見た人とすこし感じ方が違うかもしれませんことを、お断りしておきます。

また、上から目線で書かせてもらいますことをお許しください。


1.田上よしえは面白かった

以前、この大会では田上よしえとキンタロー。の二人に注目する、と書きました。

しかしいざ始まってみると、まだ若く芸歴が開けているキンタロー。はまあいいや。

昔から知っていて、久しぶりに表舞台に登場する田上よしえを応援しながら見ました。


ネタは田上よしえがバーテンダーをしながら、面白いことをつぶやいたり叫んだりするやつ。

昔見たような気がするけれども、なんかくどさが抜けた感じがしました。

前は、くどいなぁ、と思いましたが、今回はすこし足りないかな、と感じました。


結果として、期待通りの面白さだったと思います。

談話を振られたゲスト2人とも、Bブロックでは田上よしえのことしか言ってなかったから、これは決勝いけるかも、と思ったのですが…

10対9と、1票差でヒューマン中村に負けました。

これはもう仕方がないと思います。

冷静に考えると、ヒューマン中村の方が面白かったと思います。


でも、下記リンク先のツイートのまとめを見ますと、多くの人が、田上よしえのことを認めてくれたように感じます。

togetter「田上よしえ R-1ぐらんぷり2013での評判」へのリンク


昨日の評判を業界の人が目をつけて、ブレイクにつながればと思います。


2.決勝戦の感想

優勝したのは、三浦マイルドでした。

面白くないことはないのですが、ネタが平凡だと思いました。

後でリンクを貼ったYahooトピックスの中に

「マイルドのネタは1回目も2回目も言い方だけで、ネタの中身は普通。全然心に残るようなものではなかった。」

とありますが、同感です。

ですが、納得の優勝、と言う声も少なくなかったのも事実です。


一本目は叫びまくっていましたが、フリップに書かれていたことは結構面白かったと思います。

あんなに叫ぶと、書かれていることの面白さが消えないか、とも思いました。


二本目のは、特に斬新さもなく、意外な展開もなく、ただ、ああ、そういうのってありそう、と言う感じでした。


私はヒューマン中村が優勝だったと思います。

結果発表前のツイートを見てみますと、圧倒的にヒューマン中村を推す声が多かったと思います。

それだけに、満場一致で三浦マイルドと言うのは、ちょっと不思議でした。

(たしか、去年も、一番面白かったのはヒューマン中村だった、とこのブログに書いた気がします)


もうひとり、決勝に進んだアンドーひであきですが、あれはお笑いではなく、R-1のネタにはふさわしくないとおもます。

すばらしい芸だとは思いますが。

でも、一本目のものまねは、完成度が高く、かつ面白かったです。

一本目のネタだけで優勝を決めろと言われたら、アンドーひであきを推したかもしれません。

それほどよくできたお笑いネタでした。


3.全体の感想

採点結果は下記記事に詳しく載っています。

お笑いナタリー「優勝は三浦マイルド!「R-1ぐらんぷり2013」」へのリンク


各ブロックの感想を少々


Aブロックは岸学が面白かったかなぁ、と思います。

ヤナギブソンはトークはうまいと思いましたが、ネタがそれほどでもない、と感じました。

一番笑う個所が少ないブロックだと感じました。


Bブロックは、前述の通り、ヒューマン中村が優勝で妥当でしょう。

田上よしえも面白かったですが、力負けだと思います。

桂三度(旧「世界のナベアツ」)が意外に面白くなくて、評価が低かったのが意外でした。


Cブロックはアンドーひであきの優勝で文句がないです。

次点は雷ジャクソン高本の自衛隊ネタだと感じました。

話しも悪くはないと思いましたし。

キンタロー。はこれまでの殻から抜けれなかったかなぁ。

杉ちゃんは小島よしおのように、殻を破る何かがないと、この大会ではもう勝てないでしょう。


4.ネットでの反応

ユーザーコメントが書かれているYahooトピックスについて、2つリンクを貼っておきます。

Yahooトピックス「R-1優勝は三浦マイルド!ファイナルステージで満票」へのリンク

Yahooトピックス「『R-1ぐらんぷり』、三浦マイルドが初優勝 満票での王者に「ウソみたいです」」へのリンク


圧倒的にヒューマン中村を推す声が多いように感じます。


ひとつ思うのは、1回戦を4人でやるなら、決勝戦も4人でやれば、と言うことです。

各ブロックの優勝者3人と、各ブロックの2位の中で最も得票数が高かった人をワイルドカードとして、4人でやると、またひと波乱あったりして、テレビ的にはおいしいと思うのですが。

まあ、放送時間の関係もありますが。


来年は、ぜひ休日に放送してください。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

遠隔操作ウイルス事件、容疑者は、ヘタこいたのか?



(遠隔操作ウイルス事件、容疑者逮捕を報じるニュース動画)


2/10(日)一連の遠隔操作ウイルス事件の容疑者として、東京都江東区の30歳の男性会社員が逮捕されました。

逮捕状を出すか出さないか、この前日夜まで、「早期逮捕」を主張する警察と、「時期尚早」とする検察がぶつかり合ったりしたそうです。


余談ですが、私が逮捕について知ったのは、2/10(日)の朝4時すぎ、2チャンネルまとめサイトの「痛いニュース」にのこの見出しを見つけたからです。

痛いニュース(ノ∀`) 「遠隔操作ウイルス 都内の30歳男に逮捕状」へのリンク

その時は、NHKとフジテレビのサイトしか報じておらず、YahooやGoogleなどのポータルサイト、また新聞のサイトでは報じられていませんでした。

2チャンねらー、おそるべし。


上掲のサイトでは、また誤認逮捕なんじゃないかと言う声もありますが、ここから先は、容疑者が犯人、つまりPCを遠隔操作し、また江の島の猫の首にSDカードをつけたものとして話しを進めます。

さて、この逮捕については、下記記事のように、容疑者の自己顕示欲がこうじて、ネットの世界からリアルの世界へ飛び出す、と言う失態を犯したことが、逮捕につながったと言う見方があります。

MSN産経ニュース「ちらつく過信と自己顕示欲 片山容疑者、現実空間に現れて墓穴?」へのリンク

要は、容疑者は意図せぬ失敗を犯した、と言うことのようです。

本当にそうでしょうか…

と言うのは、私は先月初旬に猫にSDカードをつけたあたりから、犯人は捕まりたがっているんじゃないか、とも思っていたからです。

こう言うことを書くと、私の頭を疑う人もいるでしょうが、人の感情は複雑で、時間とともに大きく変わっていきますから、一貫して容疑者が全力で逃げているとは考えにくいです。

容疑者は警察の操作能力をなめていたようにも思えますが、いつかは捕まるかもしれない、と言う恐怖感がなかったとは言えないと思います。

だったら早く楽になりたい。

そう言う感情もあって、リアルの世界に飛び出して来たのかもしれない。

私はそう感じました。


昨日の「情報ライブ ミヤネ屋」で、この事件のことを見ました。

司会の宮根誠司氏をはじめ、3人の方が、猫にチップをつけたあたりから、逮捕されるのもやむなしと思っていたんじゃないか、と意見を揃えていました。

なぜ「やむなし」と思える行動をとったのか。

それは最終的には「自己顕示欲」と言うことになりました。


書いているうちに整理が難しくなりましたが、とにかく私は容疑者が、意図せず逮捕された、思わぬところで失敗したとは思えないのです。

リスクを認識して、猫にSDカードをつけたんじゃないかと思います。

前述しましたが、人の心は時間とともに変わっていくものだと思います。

容疑者の一連の行為をドキュメンタリーにしたら、かなり興味深くて、教訓にあふれたものが出来上がると思います。


ところで、この事件は、誤認逮捕や操作の行き詰まりなど、警察、つまり日本国の公機関が、サイバー攻撃に対応する力が十分でないことを世間にさらしたと感じます。

民間の力も借りて、警察や自衛隊はサイバー攻撃に対応する力をつけないとやばいな、と強く感じます。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

語り継がれるべき「エルトゥールル号遭難事件」のこと



(エルトゥールル号遭難事件のことを簡単にまとめた番組。

 簡潔でわかりやすいと感じました。)



先日本屋で「歴史街道」と言う雑誌を見かけて、おお、と思わず手に取りました。

今月号の特集は「エルトゥールル号遭難事件」です。

「歴史街道 2013年3月号~日本とトルコを結ぶ絆 エルトゥールル号の奇跡 時を越えた友情~」へのリンク

私はこの逸話と、それに続くトルコの恩返しの話しが大好きで、多くの人々に知ってほしいと思っていたからです。

遭難自体は不幸な事件ではありますが、結果として日本とトルコの友好関係が樹立されるきっかけとなりましたので。


この「エルトゥールル号遭難事件」ですが、簡単に言えばこんな感じです。

・1890年(明治23年)に、トルコの軍艦エルトゥールル号が、訪日の帰路和歌山県串本町沖で遭難しました

・生存者は当地の灯台に遭難を知らせ、灯台は地元の村民にこのことを知らせました

・村民は総出で救助と生存者の介抱に当たりました

・村には十分な食料がありませんでしたが、村民はその中からも遭難者の分を供出しました

・おかげで遭難者は命をとりとめることができました

・その後遭難者は神戸の病院に送られ、再びトルコに発ちました


そしてその延長に、イラン・イラク戦争でのトルコ航空機による日本人救出が行われたそうです。

・1985年(昭和60年)、イラクはイラン上空の航空機に対する期限を定めた無差別攻撃宣言を行ったため、各国は期限までにイラン在住の国民を救出しました

・しかし日本は諸事情のため、飛行機を送って在イランの日本人を救出に行くことができませんでした

・イラン駐在日本大使が、トルコのイラン駐在大使に窮状を訴えたところ、トルコ政府は日本人救出のために航空機を送ることを決めました

・派遣されたトルコ航空機によって215名の日本人全員が救出され、トルコ経由で無事に日本に帰国できました

この時トルコ政府は

「エルトゥールル号の遭難の際に受けた恩義をのご恩返しをしたまでです」

と言うようなことを語ったそうです。


詳細なことに関しましては、下記リンク先の記述をご覧ください

Wikipedia「エルトゥールル号遭難事件」へのリンク

在日トルコ大使館「軍艦エルトゥールル号 」(日本語)へのリンク

串本町「トルコとの交流 ~エルトゥールル号の遭難~」へのリンク


この件で、私が「すごいなぁ」と思うのは、現串本町の村民の方々の尽力です。

台風の中生存者を救助し、潜水して生存者を捜し、介護にあたっても、自分たちの乏しい蓄えの中から少量などを供出した点です。

当時の村は台風のために、蓄えがとくに乏しかったそうです。

私にはそういうことができるかどうか、自信がありません。

たまに欧米の方と話す機会がありますが、私は英語が十分にできませんので、すぐに逃げ腰になります。

現代の都会で暮らす私ですらこう言う感覚ですから、当時の寒村の人の外国人へのおそれはそうとうあったと思います。

それなのにここまでするとは、素晴らしいと思います。

私なら助けるまでで義理は果たした、メンツは守った、とか計算して、そこで終わりでしょう。

なおも生存者はいないか、と潜水したりは、技術があってもしないと思います。

ですから、この村の方々の行ったことは、語り継がれるべきだと思うのです。


山の中で育った私と、海で育った村の方々との感覚の違いもあるかもしれません。

海に携わる人は比較的外国のものに抵抗がないようです。

旧日本軍でも、海軍はかなり外国の文化をとりこんでいたそうですから。


この事件に関して、「映画化」と言う文字が「歴史街道」の目次にありました。

記事は読んでいませんが、ネットで調べてみると、Facebookにこんなサイトがありました。

Facebook「エルトゥールル号 映画を作ろう」へのリンク

このサイトから、NPO「エルトゥールルは世界を救う」が生まれ、映画化へ動いているようです。

特定非営利活動法人「エルトゥールルは世界を救う」へのリンク

ただし、私は「映画化」は望ましいとは考えていますが、この団体についてはよく知りませんので、現時点では特に推薦はできません。


ところで、1年半ほど前の記事で、こんなものがありました。

Excite Bit「トルコ人100人に聞きました! エルトゥールル号事件を知っていますか?」へのリンク

エルトゥールル号の件は、トルコ人なら誰でも知っている、と言われているとよく聞きますが、それが本当かな、と言うアンケートのようです。

とりようによっては、いやらしい企画だな、と思います。

でも結果は…とりあえずほっとしました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(2/10)「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(レイ・ルイスの動画。タックルに行っている52番の選手です)


2/10の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回は第47回スーパーボウル中継後、初の放送となるため、かなり期待して聴きました。

ただ、例年に比べると、スーパーボウルや開催地(今回はニューオリンズ)の話しは短かったと思います。

また、今日と言いますか、昨日2/9は春日の34歳の誕生日でした。


1.番組の流れ

1)オープニング

(多くのアメフト用語が出てきますが、あとで解説します)

スーパーボウルや「世界は言葉でできている」が、視聴率がとれない、と言う話しからの、若林から春日への誕生日プレゼントが渡され、春日大興奮、と言う展開になりました。

プレゼントされたものは、春日が今回のスーパーボウルで応援していたボルチモア・レイブンズのLBレイ・ルイス選手のフィギア。

まあ、こんなものかな、と思います。

20130210レイルイスフィギア

なお、レイ・ルイスは今シーズン限りでの引退を表明しています。


このフィギア、若林は昨日閉店ぎりぎりにショップに駆け込んで買ったそうです。

春日は大喜びしながらも、若林のキャラクターからは想像できないありがたい行動に

「とまどいしかないよ…まともすぎて」

と言っていました。


その後若林がリトルトゥースのことを「パニッキング」(春日語:「ケイパニッキング」のこと)しながら

「くそばばぁ」

と言ったり…


話しはまたスーパーボウルに戻って…

今年打ち上げをニューオリンズの、日本人じゃないアジア人がやっている日本料理店「WASABI」(わさび)と言うところでやった話し。

その店と言うのは、多分ここだと思います。

「WASABI~sushi & asian grill」へのリンク

「Photo Gallery」と言うコンテンツを見てみると、店内の写真が一番下にあるのがわかります。

それを見ると、若林が、なんか違うと言うのがなんとなくわかります。

バーカウンターみたいなものもあるんですから。


また、今回ポールダンスを見に行けなかったのが残念で、

「オー マイ ニューオリンズ」(春日)

とのことでした。

「そもそも7割がた、ポールダンスを見に行っているものだから」

とどちらかが言って、どちらかが、違うよスーパーボウルだよ、と言ってました。


また、お化け屋敷に行った話しがありました。

日本のと違って大味で、ゾンビが出てきてひたすら耳元で叫ぶ、と言うものでした。

「わびさび、がない」

と言っていましたが、ん?日本のお化け屋敷ってわびさびの世界だっけ、と思いました。

その模様は下記リンク先にあり、いずれ「オードリーのNFL倶楽部」で放送されるでしょう。

オードリー追っかけ隊ブログ「オードリーがこわ~い体験!」へのリンク


肝心の試合ですが、これまで4回行った中で、一番面白かったと言っていました。

私もそうなんじゃないかと思いますし、スーパーボウルを見た人のツイートでも、面白かったの声が多かったです。

今回はいろんな背景があったうえに、前代未聞の大停電があって、その後に試合の流れが一変したりしたりしましたから。

いろんな背景とは、こんなことです。

・歴史に残るLBのレイ・ルイス最後の試合

・両チームのHC(監督)が実の兄弟

・映画「しあわせの隠れ場所」のモデル、OTマイケル・オアーが出場

・義理の両親に育てられたQBコリン・ケイパニックが出場


また、専門的すぎて解説では言えなかったこともあったと言ってました。

「ゾーンの切れ目にパスを通した」

とか。

「ピストル(フォーメーション)」

と言う言葉をよく使っていたのですが、なんのことか伝わったかなぁ、とか。


中でも感動的な話しは、

「停電の最中、控えQBアレックス・スミスが、停電中ケイパニックのキャッチボールの相手をしていた」

と言うものだったと思います。

スミス(私も含め「アスミス」と呼ぶ人が多いです)はもともと先発QBだったのですが、シーズン途中で怪我をしてポジションをケイパニックに譲っていました。

本人にとっては不愉快なことで、試合中もケイパニックがいいプレイをすると、ベンチでむっとしていたそうです。

しかしチームの勝利を優先し、こうやってキャッチボールの相手を務めた姿は立派だと思います。

停電の最中、放送では、いかに集中力を維持するか、と言うことでした。

だから、こう言う背景や状況を考えると、このキャッチボールは非常に重要で、感慨深いものだと思います。

そして、それが功を奏して、ケイパニック率いるサンフランシスコ・49ナーズのオフェンスは、停電あけの次の攻撃から、怒涛の快進撃を見せました。


若林は、事前に30分自分に時間をくれれば

「オードリーの若林の、スーパーボウルが10倍面白くなるスペシャル」

みたいな初心者寄せの番組をやって、面白さを伝えられるのに、とも言っていました。


と、こんな話しで盛り上がったところで、そろそろ終われと言う芳樹さんのピリついた声が聞こえてきたとのことで、オープニングトークは終了しました。

今回は1:44までで、最近では一番長かったと感じます。

やっぱりオードリーは、アメフト話しが好きなんだなぁ。


2)「オールナイトニッポン45時間スペシャル」の告知

「伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン 45時間スペシャル」

についての告知がありました。

これは2月22日(金)22時から2月24日(日)22時までの特番で、懐かしのパーソナリティーが多数出演する番組だそうです。

その総合司会が笑福亭鶴光とオードリーだそうです。

関連サイトは下記リンク先にあります。

「伝説のパーソナリティが今を語る オールナイトニッポン 45時間スペシャル」公式サイトへのリンク

お笑いナタリー「鶴光&オードリーがタッグ!オールナイトニッポン45時間SP」へのリンク

たしかオードリーはブレイク前、ニッポン放送のオーディションを受け、鶴光から

「トークが無難すぎる」

と言われていたと思います。

それから

「ちゃあんとつっこんで」

をやりながら、鶴光の周りをまわった、と言うエピソードもあったと思います。


3)若林トーク

3月16日(土)から公開される

映画「ひまわりと子犬の7日間」

の試写会の舞台あいさつのことでした。

関連記事はこちらです。

お笑いナタリー「若林が堺雅人と笑顔で舞台挨拶「ひまわりと子犬の7日間」」へのリンク


4)春日トーク

「所沢観光大使」就任式の話しでした。

関連記事はこちらです。

オリコンスタイル「オードリー春日 地元・所沢市観光大使就任「燃えております!」」へのリンク


5)「私立オードリー学園」

こんなのがありました。

「ニュートンはリンゴが落ちるのを見て万有引力を発見したが、その後そのリンゴはどうなったか」

←スタッフがおいしくいただきました

「歴史上最も世間を騒がせた乱は」

←白濱亜嵐

「「ワイプ、涙、ダンスで動く原理をなんという?」」

←矢口真理

なお、どのタイミングでのツイートか忘れましたが

「高校受験の時も大学受験の時もこういうコーナーがあってくれて嬉しいな〜」

と言うのがありました。

たしかに2009年で中学3年だと、今高校3年と言うことになりますね。

「きしんちゅ世代」

と言うことになるんでしょうか。


6)「ゆめちゃん日記」

タイトルコールで使われる曲が、 B'zの『ultra soul』(ウルトラ・ソウル)から、相川七瀬の『夢見る少女じゃいられない』に変わっていました。

先週若林が、『ultra soul』にはドヤ感があって嫌だ、と言ったものを受けてでしょうが、変えてもやはりドヤ感がする、と言っていました。

こうなったら毎週変えてほしいです。


今回一番面白かったと思ったのは、だいたひかるのネタをまねた、以下のものでした。

どうでもいいですよ、お客さんの武勇伝

どうでもいいですよ、お客さんの過去の恋愛話し

どうでもいいですよ、お客さんののってる車の話し

どうでもいいですよ、若ちゃんの芸人論

どうでもいいですよ、若ちゃんのアメフト話し

早くJOYを連れてきてよ。



このコーナーが

「(アルバイトの)みほちゃんに何言わせたら面白いかのコーナー」

になっているとの話しも出ました。

だから下ネタがないのかなぁ


7)しんやめ

8)エンディング

アメフト話しに戻るかと思ったら、45周年SPの話しでした。

ひょっとしたら、もう今日はアメフトの話しはダメ、とチーム付け焼刃に言われたのかなぁ…


2.アメフトの解説

1)レイ・ルイスについて

レイ・ルイスは歴史に残るディフェンスの選手です。

ハードタックルと激しい闘争心で知られています。

この闘争心のため、チームのロッカールームはピリピリしていて、

「BALのロッカールームは軍隊の兵舎のようだ」(生馬アイザックさん)

そうです。


ルイスを語る上で欠かせないのは、ゲーム前の入場時に行うダンス(squirrel dance)です。

下記リンク先に、その動画があります。

NFL VIDEO「Save the last dance for Ray Lewis」へのリンク


2)ケイパニッキング(パニッキング)

コリン・ケイパニックが行うタッチダウン・セレブレーションのことです。

タッチダウンの後、右腕に彫られたタトゥーにキスをする仕草で、全米で大流行だそうです。

下記リンク先の動画の00:36と01:27で見られます。

赤いチームの7番の選手です。

NFL VIDEO「San Francisco 49ers quarterback Colin Kaepernick highlights」へのリンク


3)ゾーンの切れ目

ディフェンスには「ゾーンディフェンス」と「マンツーマンディフェンス」があります。

「ゾーンディフェンス」は、ディフェンスの選手が守備範囲を決めておき、そこに来た選手を止める、と言うものです。

この守備範囲で守りきれないエリアをを

「ゾーンの切れ目」

と言います。

なお、「マンツーマンディフェンス」は、決められた選手の動きに従って、相手がボールを止めると言うものです。


4)「ピストル」(ピストル・フォーメーション)


最近流行し始めた、オフェンスのフォーメーション(並び方)です。

QBはラインから離れて立ち、その後ろに少し離れてRBが立つものです。

なお、アメリカ社会では銃の乱射事件が問題になっていますが、それに配慮して、最近では「ピストル」と言わない実況もあるそうです。


5)「しあわせの隠れ場所」とモデルのマイケル・オアー

3年ほど前に日本でも公開された映画です。

ストーリーは現在BALでプレイしているOTマイケル・オアーによるほぼ実話です。

オアーはホームレス同然の生活から、富裕な家庭に引き取られ、アメフトに才能を見出して成長を見せていきます。

下記リンク先に日本語字幕付きの動画があります。

YouTube「映画『しあわせの隠れ場所』予告編」へのリンク

かなり評判の高い映画です。

なお、原題は「The Blind Side」で、オアーのポジションのLTの別名です。

これと大きくかけ離れた邦訳を残念に思うアメフトファンは多いです。


6)ケイパニックと義理の両親

ケイパニックはシングルマザーの手から、義理の両親に引き取られました。

義理の両親はケイパニックに大いなる愛情を注いだようです。

一時、「NFLのQBが、派手なタトゥーをするのは品がない」と言うコラムが出たとき、真っ先に反論したのは義理の母親でした。


3.スーパーボウル関連のオードリーの記事

1)「タッチダウン増刊 第47回スーパーボウル特報 2013年 03月号」

「タッチダウン増刊 第47回スーパーボウル特報 2013年 03月号」に、オードリーの頁と、くりぃむしちゅう上田が映ったページがあります。

こちらです。

20130210TDのオードリー


2)「NFL倶楽部ブログ」

下記リンク先に、今秋放送されたNFL倶楽部の放送後のまとめのようなことが書いてあります。

NFL倶楽部ブログ「本人も認めた!?停電は春日さんのせい?」へのリンク


3)日本テレビ「Going! Sports&News」

日本テレビの『Going!Sports&News』(ゴーイング!スポーツ・アンド・ニュース)にも登場すると、オードリーの公式サイトに書いてありました。

ただし、公式サイトには

「2/10 日本テレビ「Going! Sports&News」23:55~24:50
   ※日にちが変更になりました。」

とあります。

これは変更後に2/10になったのか、2/10から変更になるかはわかりません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年度Week22】「オードリーのNFL倶楽部」について~第47回スーパーボウル



(ビヨンセによるハーフタイムショウの動画

 NFLによるオフィシャルの動画は、下記リンク先にあります。

 ただしPC以外からは、日本では見れないと思います

 NFL VIDEO「Beyonce Pepsi Super Bowl XLVII halftime performance」へのリンク


2/9(土)の朝(春日の誕生日)放送された

オードリーNFL倶楽部

について書きます。

スーパーボウルも終わり、今回から30分間の放送に戻りました。

毎年のことですが、1時間と30分では全然長さが違うように感じます。


1.番組の流れ

1)オープニング

スーパーウイークでの最も印象に残った思い出をオードリーの二人が語りました。

「ハンバーガー食べてたら、後藤完夫さん(70)にサックされた」(若林)

「食べきれないくらい食べ物を買って余ってしまい、ホテルに持って帰った」(春日)


2)第47回スーパーボウルダイジェスト

スーパーボウルのダイジェストと、時々その時の放送席の模様(主に春日)が映されました。

そのなかでいつものようにワイプで当時のことを振り返っていました。

ワイプでは、いつもはゲーム結果を知らないと言う前提で、テンション高く叫んだりするのですが、今回はたんたんと語っていました。

(まあ、それだけまじめに語っている、と言うことだと感じました)

放送されたものとは別ですが、日本語付きのダイジェスト動画は下記リンク先にあります。

ただし、前半(1Qと2Qは省かれています)。

NFL JAPAN「【SB】レイブンズ対49ers」へのリンク

最後の1秒までわからなくて、今思い出しても震えが来るほどのゲームだった、と言っていました。

春日は、衰えは見られたものの、試合前の感動的なスピーチでチームを鼓舞したルイスこそMVPだ、と言っていました。


3)試合後の二人

試合後、エド・リードとカスカスダンスを踊ったり、レイ・ルイスにサインをもらう春日と、フランク・ゴアと握手をして感動に浸る若林が映っていました。

また、春日はBALのOTブライアント・マッキニーにタックルさせて持ってました。

身長176センチの春日ですが、203センチのマッキニーの前には大人と子供のようで、すぐに振りほどかれていました。

春日がルイスにサインをもらっていた時、SFのジャージを着ていた若林に

「49ナーズは、あっちに行け」

とルイスが言ったそうです。


4)ビヨンセのハーフタイムショウ

ビヨンセのハーフタイムショウの模様が、ちょっとだけ流れました。

ショウの半ばで、ケリー・ローランドとミシェル・ウィリアムズが舞台下から飛び出してきて、デスティニーズ・チャイルドが揃ったシーンなどが流れました。

関連記事はこちらです。

VOGUE「デスティニーズ・チャイルド、NFLスーパーボウルで再集結を果たす。」へのリンク

「完全なる生歌」だったそうです。


5)「トゥースポ」

「春日の呪い」についてでした。

今回春日が応援したBALがスーパーボウルに勝ったことで、もはや「春日の呪い」など存在しない、と言うことが証明された、とのことでした。

ですが、3Qでの36分間に渡る停電は、「春日の呪い」ではないかと言うことになりました。

これは試合中も日本でツイートされていました。

なんでも、放送席の春日の座っている側から照明が落ちて行ったそうです。


6)エンディング?

最後は、今回の中継のためにニューオリンズ入りした二人の模様が流されました。

下記リンク先の記事のことです。

NFL JAPAN「オードリー追っかけ隊ブログ」へのリンク

この記事では、写真でしか春日のレイ・ルイスのダンス(squirrel dance)が見れませんでしたが、今回の放送では、踊っているシーンが見れました。

春日はグダグダでしたが、それにダメだしした若林の方がうまいように感じました。

来週はきっと、スーパーウイークでの二人の模様が見れるんでしょう。

20130206レイ・ルイス

(優勝パレードの後、スタジアム入りしたレイ・ルイス)


2.「春日の呪い」について

今シーズン、特にポストシーズンでかなり騒がれた春日の呪いですが、下記リンク先に、スーパーボウルの際にツイートされたものをまとめてみました。

togetter「【ネタバレ】「春日の呪い」@第47回スーパーボウル」へのリンク

できれば後で、現時点のものまで追加しておきたいと思います。

ちなみに、スーパーボウルについては、春日が応援するチームが去年、今年と2連勝です。


ところで今ポストシーズンでは、「春日の呪い」について、かなり真剣に嫌がる(ように見える)ツイートを多数見かけました。

だから、もしBALが負けていたら、恐くてとても上記まとめは作れなかったです。


私にとっては「春日の呪い」と言うのは面白いネタです。

それは、以下の理由によるものです。

・そもそも私はオードリーのファンです

・つい最近、応援しているGBがスーパーボウルに勝ったため、少々のことでは落ち込まないです

だから、昨シーズン春日がGBを応援しても、むしろ嬉しいと思ったぐらいです。

今でもそう思います。

でも、そうでない人にとっては、ひとつでも縁起の悪いものは取り除きたいものですから、「春日の呪い」は本当に嫌だったんでしょう。

私も野球を応援するときは、一つでも縁起の悪いことはのぞきますから。

たとえば、Yahooの速報サイトを見ていて、応援するホークスの形勢が悪くなると、他のサイトで試合の流れを見たりします。


まあとりあえず、「春日の呪い」なんて、もはや存在しないです。

アメフトでは、の話しですが。


3.デスティニーズ・チャイルドが歌う曲目を変えた件

下記リンク先の記事によると、デスティニーズ・チャイルドはショウの直前に歌う曲目を変えたそうです。

つまり「オーディブルがコールされた」ようです。

BARKS「デスティニーズ・チャイルド、スーパー・ボウルのハーフタイムショー直前に曲目を変更」へのリンク

「当初の予定では1999年のヒット曲「ビルズ・ビルズ・ビルズ」を歌う予定だった…」

そうですが、テンポが他の曲と違いすぎるのでやめたそうです。

実は私はビヨンセもデスティニーズ・チャイルドもよく知らなくて、彼女らの歌も、「ビルズ・ビルズ・ビルズ」もこの記事を読んで初めて知ったのですが…

こんな曲だそうです。

YouTube「Destiny's Child - Bills, Bills, Bills」へのリンク

ただ、NFLファン的に考えますと、「ビルズ・ビルズ・ビルズ」(Bills, Bills, Bills)と言うとバッファロー・ビルズ(BUF)の件を思い出してしまいます。

本当は、スーパーボウルで4年連続敗退したBUFを連想させるのは縁起が悪いと考えたのかもしれない、と私は真剣に考えます。

スーパーボウルのハーフタイムショウは、ミュージシャンにとっては一大イベントだと思いますから。

私のまわりでは、ビヨンセの大統領就任式での口パク国歌は、スーパーボウルのハーフタイムショウを盛り上げるためだったんじゃないか、と言う人もいるぐらいですから。

なお、BUFが4年連続スーパーボウルに出たとき、私はすべての回でBUFを応援しました。

1999年を最後に、プレイオフから遠ざかっているBUFですが、本当に早く復活してほしいものだと考えています。


4.オードリーがスーパーボウル関連で登場すると思われるメディアについて

今日2/9に、Touchdown社から、

「第47回スーパーボウル特報 タッチダウン3月増刊号」

が出ます。

まだ買ってないので保証はできませんが、多分オードリーのことが載るんじゃないかと思います。

Touchdown社「webTouchdown」へのリンク

Amazon「タッチダウン増刊 第47回スーパーボウル特報 2013年 03月号」へのリンク


また、日本テレビの『Going!Sports&News』(ゴーイング!スポーツ・アンド・ニュース)にも登場すると、オードリーの公式サイトに書いてありました。

ただし、公式サイトには

「2/10 日本テレビ「Going! Sports&News」23:55~24:50
   ※日にちが変更になりました。」

とあります。

これは変更後に2/10になったのか、2/10から変更になるかはわかりません。

ひょっとしたら下記公式サイトに、情報が載るかもしれません。

日本テレビ「Going! Sports&News」へのリンク


また、これも保証の限りではないですが、今夜深夜、正確には2/10(日)朝1時からの

「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)

でも、スーパーボウル観戦記が語られると思われます。

過去3回、すべて帰国後の最初の回で話してますから。

ひょっとしたらNFL JAPANのものとは別の、お土産プレゼント企画もあるかもしれません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】今夜「インサイド・ホークス」がFOXスポーツでオンエア~球団はなぜそれを言わないのか~

福岡ソフトバンクホークスに関して、あまりネガティブなことは書きたくないのですが、多分この記事はそうなると思います。

今晩2/8(金)の22時から、FOX bs238(BSの238チャンネル)にて

「インサイド・ホークス 〜プロ野球キャンプ情報」

が放送されます。

いよいよFOX SPORTS ジャパンによるプロ野球放送が始まるわけです。

しかし以前も書きましたが、ホークスの試合中継が、今季安定して行われるかについては、相変わらず不安です。


とにかく、球団から何も発表がない(ように思えます)のが気になります。

ホークス公式サイトの「メディア出演情報」にもこの番組の記載はないですし、「放送スケジュール」にもオープン戦の放送予定は書いてありません。

下記リンク先のFOX SPORTS ジャパンの公式サイトには、思いっきり書いてあるんですが…

「FOX SPORTS ジャパン」公式サイトへのリンク


なお、以前もこのブログに書きましたし、下記リンク先の記事にもあるんですが、FOX SPORTS ジャパンは、千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズの主催ゲーム全試合も放送すると言っています。

MSN産経ニュース「2013年3月28日(木) FOX SPORTS 遂に本格始動! プロ野球プレゲームショー & ポストゲームショー FOX bs238で生放送スタート!」へのリンク

そこで、マリーンズやバファローズのサイトも見てみましたが、こちらでもFOX SPORTS ジャパンに関する記事や中継情報を見つけることはできませんでした。

(あくまでも、私が見つけられなかっただけの話しで、本当は記載されているかもしれません)

北海道日本ハムファイターズのサイトには、おもいっきりGAORAのことが書いてあるんですけどね。


また、twitterのホークス公式アカウント「@HAWKS_official」に、昨日

「「インサイド・ホークス 〜プロ野球キャンプ情報」はスカパー無料期間なので、無料でみれますか?」

のような内容の質問をしてみたのですが、回答はありませんでした。

twitterのホークス公式アカウント「@HAWKS_official」へのリンク

本当は、

「スカパープロ野球セットで、FOX SPORTS ジャパンのホークス戦は見れますか?」

と尋ねたかったのですが、上記のように公式サイトにずっと記載がないことを考えると、内部でかなりもめているようなので、回答にハードルが低い質問をしたつもりなのですが…

去年FOXに中継局が変わる時も、一度質問をしたのですが、その時もスルーでした。

これまでは別件の質問に時々答えてくれたのですが…

まあ、それだけ複雑な「大人の事情」があると言うことでしょう。


心配です。

なお、FOX SPORTS ジャパンに問い合わせたところ、今夜の「インサイド・ホークス 〜プロ野球キャンプ情報」は無料期間なので、スカパーに加入していなくても見れるそうですし、実際昨日放送された

「インサイド・バファローズ 〜プロ野球キャンプ情報」

は、ちゃんと見れました。


また、「スカパープロ野球セットで、FOX SPORTS ジャパンのホークス戦は見れますか?」と言う件については、FOX SPORTS ジャパンとスカパー!の両方に尋ねてみましたが、昨日現在では、まだ見れないようです。

一応前向きに調整中だそうですが、感触としては3チームの全主催試合をこのパックに入れることは中継すると言うのは本当にできるのか?と言う懸念を抱きました。

質問した問い合わせ窓口はこちらです。

「スカパー!カスタマーセンター」

0570-039-888

「FOXカスタマーサービス」

0570-000-620 (土日祝日休み)



(あくまでも私個人の感想です)


プロ野球中継に新しい風を、と言うFOX SPORTS ジャパンとTVバンクの考えは悪くはなく、そのためには私たちファンも、少々の不都合は我慢するすべきでしょうが、こうも情報が出てこないと、声を上げざるを得ない、と思い、このネガティブな記事を書きました。

もうオープン戦も始まります。

途中経過でいいから、球団は何らかの報告をしないといけないんじゃないかと思います。


詳細がわからないと、きちんとしたことが言えないから、わかるまで公表しない、と言う日本人の価値観を保ったままで、アメリカ流の中継をする、というのは、なんか矛盾しているように思えます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】レイ・ルイス、スーパーボウル優勝パレードの後の最後のダンス



(CNNが報じたボルチモア・レイブンズの優勝パレードの動画)


日本時間の2/6朝、ボルチモア・レイブンズのスーパーボウル優勝パレードが行われました。

NFL JAPAN「レイブンズ優勝パレード、「ボルティモアは最高」とLBルイス」へのリンク

AFP「スーパーボウル王者のレイヴンズが凱旋パレード」へのリンク

USA TODAYのWEBがこのニュースを米東部標準時間の午後4時過ぎに伝えたところを見ますと、パレードはスーパーボウル終了から48時間とたたずに行われたようです。

早いですねぇ。

日本のプロ野球とかはかなり時間が経ってから行われるのですが。


まあどっちがいいとか悪いとかの問題ではないでしょう。

このように、間髪いれずに盛り上げるか、あの興奮をもう一度、と時間をおいてやるか…

どっちにしても、ファンには嬉しいものだと思います。


AFPの記事の中には

「レイ・ルイス(Ray Lewis)が、自身のトレードマークとなっている「リス・ダンス」を披露した。」

とあります。

「リス・ダンス」?

そう言えばこのレイ・ルイスのゲーム前のダンスについて、ニックネームがあるとか知らなかったのですが…

オリジナルは

"squirrel dance" (リスのダンス)

と言うそうです。

リス…

確かに「squirrel」はリスですが、あのかわいいリスですか…

なんかピンとこないのですが、由来を知りたいです。


パレードの後、ルイスはM&Tバンク・スタジアムで、最後の"squirrel dance"を踊ったそうです。

その時の動画がこちらです。

YouTube「Ray Lewis does his dance. On final time」へのリンク


ところで、スーパーボウルでの停電ですが、あれはビヨンセのハーフタイムショウが原因だったんじゃないか、とのうわさが流れましたが、NFLはそれを否定しています。

ナショナルジオグラフィックにも、その件について記事があります。

ナショナルジオグラフィック ニュース「スーパーボウルで停電、原因は?」へのリンク


そして、その停電の間、有効な宣伝をした企業の話しをいくつか聞きました。

そのひとつについて、こちらの記事が報じています。

「オレオ」とは、あのナビスコのビスケット「オレオ」のことです。

「スーパーボウル停電で大勝利:オレオのSNS宣伝チーム」へのリンク

私の感覚では、そんなにうまい内容には思えないのですが、おそらくアメリカには、それを

「うまい」

と思わせる下地があったのでしょう。

たとえば、日本では車のCMで

「今でしょう」

と叫んでいる男性がいます。

これはすごく「うまい」CMだと思いますが、それは同じ男性が予備校のCMで

「今でしょう」

と以前から叫んでいた、と言う下地があるからです。

もしかしたらオレオのツイートには、そういう下地があったのかもしれません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

来週、【R-1ぐらんぷり2013】決勝、キンタロー。と田上よしえに期待

20130204r-1.jpg

(「一人でめざす頂点がある」かあ)


来週の、2013年2月12日(火)の 19:00 ~ 20:54に

「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり2013」決勝大会

が行われます。


決勝に進出するのは、グループ別に以下の通りです。

【Aブロック】

岸学(どきどきキャンプ)

三浦マイルド

ヤナギブソン(ザ・プラン9)

プラスマイナス岩橋


【Bブロック】

ヒューマン中村

三遊亭こうもり(末高斗夢)

田上よしえ

桂三度(元「世界のナベアツ)


【Cブロック】

キンタロー。

スギちゃん

アンドーひであき

雷ジャクソン高本


公式サイトはこちら

「東洋水産PRESENTS R-1ぐらんぷり2013」公式サイトへのリンク

変則トーナメント方式とありますが、私の解釈ですと、多分「The Manzai」と一緒で、各ブロック4人の中から最高得点の人が二回戦に進出し、3人で得点を競うのでしょう。


ところで今回、私は二人の女性に注目しています。

一人は、AKB48芸人のキンタロー。です。

ネットの声では、もうネタは出しつくしたようなので、長続きはしないだろう、と言われてもいます。

私はそうは思わないです。

結構起用そうですから。

炎上を支持に変えた精神の強さもあるようですし。

まんたんWeb「キンタロー。 : AKB公認ものまねで「R-1」決勝初進出 いまさら聞けないネクストブレーク芸人」へのリンク


そしてもう一人は田上よしえ。

10年ほど前は「爆笑オンエアバトル」(NHK)の決勝大会の常連で、売れっ子でした。

ですがそれから、さっぱり名前を聞かなくなりました。

でも最近何かで久々に見たなぁ、と思ってWikipediaを見たら、2010年大会のサバイバルステージでした。

もう3年前か。

そしてまた、目にしなくなりました。

「爆笑オンエアバトル」の第3回チャンピオン大会に一緒に出場した

品川庄司

ますだおかだ

アンジャッシュ

ドランクドラゴン

は、ほぼ順調に売れっ子街道を歩んできました。


第4回では

陣内智則

ペナルティ

はなわ

バナナマン

らとともに戦いました。


順調に売れっ子となった人には、努力と運があったとは思います。

田上よしえには、何があって、何が足りなかったのだろう。


とにかく、久々に見る田上よしえには期待しています。


女性の優勝者は、第一回のだいたひかる以外いないようです。

友近はまだ届いていません。


大ベテランと新星の二人の女性のうち、片方が優勝すれば快挙だと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

Paul Smith(ポール・スミス)のバッグをもらいました

20130205ポールスミス

(買ってもらったPaul Smith(ポール・スミス)のバッグ)

先月、女房が写真のPaul Smith(ポール・スミス)のバッグを買ってきました。

私がここ4年半ほど、千円もしなかったバッグを、仕事用に使っているのを不憫だったことと、さらにセールか何かで安くなっていたので、買ってくれたそうです。


(私は、我慢して安いのを使っていたのではなく、ケチで、機能的に十分であればそれでいいと思ってますので

 ちなみに、そのバッグを買ったことはブログに書いていました。

 「持つとしたらこうですね ~新しいカバン」へのリンク


Paul Smithの下記公式サイトを見ますと、定価は¥29,925となっていますが、実際は一万円をはるかに下回る値段だったそうです。

Paul Smithオンラインショップ「「ターニングハンドル」シリーズのビジネスバッグ」へのリンク

普通のサラリーマンの方々が、いくらのバッグを使っているかは知りません(し興味もないです)が、この値段なら高い方ではないと思います。


ところでこのバッグ、変な色していると思いませんか。

接客してくれた店員さんによりますと、普通のサラリーマンは、無難なブラックを買うそうです。

でも女房はどうしてもこっちのネイビーの色が良くて、店員さんも「ネイビーの方が好き」だそうです。

私は色弱なので、人と感覚が違ううえ、女房のセンスにはほぼ全幅の信頼を置いていますから、きっとこの色の方がいいんでしょう。


参考に…

首都圏でバッグを使うんであれば、柔軟性があって、肩から下げられるものをお勧めします。

電車は混んでいて、バッグが堅いと他の方にもバッグ本体にも迷惑をかけますし、ほぼ座ることはないですから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタばれ】第47回スーパーボウルの感想

日本時間の2013年2月4日の朝に行われた

第47回スーパーボウル

の感想を書きます。


感想が中心ですので、経過や結果を知りたい方は、こちらのリンク先をご覧ください。

NFL JAPAN「(第47回スーパーボウル)スコア詳細」へのリンク

NFL JAPAN「【テキスト速報】スーパーボウル -第1Q-」へのリンク

NFL JAPAN「【テキスト速報】スーパーボウル -第2Q-」へのリンク

NFL JAPAN「【テキスト速報】スーパーボウル -第3Q-」へのリンク

NFL JAPAN「【テキスト速報】スーパーボウル -第4Q-」へのリンク


1.おおまかな流れ

今回のスーパーボウルも非常に「スーパー」なゲームとなって、大変おもしろいものだったと感じます。

また、考えさせられることもありました。


大まかなながれですが、前半は

ボルチモア・レイブンズ(BAL) 21 - 6 サンフランシスコ・49ナーズ(SF)

と、大きくBALがリードして終わりました。


この原因はSFオフェンスがこれまでのように機能していなかったからだと思います。

とにかく「らしくない」シーンが目立ちました。

SFは3回目のシリーズでファンブル・ロストをおかしてしまいます。

これがケチのつき始めになったようで、次のオフェンスの最初のプレイは、パス・インターセプトとなってしまいました。

BALディフェンスがパスターゲットかと間違うほど、相手にドンピシャのもので、ああ惜しい、なんてものじゃありませんでした。

結果的にオヤジギャグになりますが

「ケイパニックが「パニック」に陥っている」

と言う感じがしました。


反対にBALのQBジョー・フラッコは、プレイオフに入ってからの絶好調を維持していました。

サックされそうになったりした場面で、投げ捨てたと思われたパスが通ってしまうシーンを、最低2度は見ました。


ハーフタイムでどう立て直してくるか、さあお手並み拝見、と思って見始めた後半ですが、最初のプレイが、いきなりBALのKRジャコビー・ジョーンズのキックオフリターンTDでした。

これで28-6と差は22点に広がり、SFは出鼻をくじかれた感じになりました。

ですが、史上最大の逆転と言われる1992年度のワイルドカード、BUF対HOU(ヒューストン・オイラーズ)でも、後半早々にINTリターンTDを奪われて、32点差に広がったところからの逆転でしたから、それに比べれば楽かも、とも思いました。


そして後半最初のSFのシリーズ中に、約35分にわたる停電が起きました。

この件は後で詳しく書きますが、それを境に試合の流れが一変します。

BALのオフェンスは進めなくなり、SFのオフェンスはスコアを重ねました。

3Qが終わったとき、スコアは28-23と5点差に縮まりました。

試合は振り出しに戻ったどころか、あとはいつSFが逆転するか、と思えました。


4Qは、一時パニックに陥ったように感じられたBALが、立ち直ったように見えました。

オフェンスはTDこそ奪えませんでしたが、2FGで6点を加えました。

(ただし、最後までSFディフェンスは、崩れなかったように見えました)

ディフェンスはようやくSFを止め始めました。


最後はBALディフェンスがゴール前7ヤードからの4回の攻撃を止め、オフェンスは試合時間残り12秒まで時間をつぶして、SFの反撃をしのぎました。


MVPにはQBジョー・フラッコが選ばれました。

前半の活躍を考えると、当然だと思います。

CNN「第47回スーパーボウル、レーベンズが勝利 米NFL」へのリンク


2.集中力のマネージメント

私は最後はSFの逆転を確信していました。

これで逆転勝ちすれば、22点差からのものとなります。

スーパーボウルでの逆転は、第22回大会の10点差が最大です。

だから歴史的なゲームになると思いました。


ですが一方で、これで逆転しても、停電があったからできたことだ、と言う不名誉な記憶も残るでしょう。

停電が発生してからの注目は、どちらのチームもうまく集中力を維持できるか、と言うことだったようです。

プロのアスリートと言うものは、運動能力とともに、自分の集中力とかモチベーションをうまくコントロールできる人々だと思います。

ですが、やはり彼らも人間なわけで、そうそう長い間、感情をコントロールするのは難しいと思います。


そこで必要となるのが、コーチ陣による、選手たちの集中力のマネージメントだと思います。

結論として、SFのコーチ陣は、力を発揮できていなかったQBコリン・ケイパニックの感情を、うまく管理したように思えます。

停電明けの最初のシチュエーションは、3rdダウン13ヤードで、これは更新できませんでしたが、次のシリーズからは得点を重ねましたから。


一方で、SFが逆転していたら、前述しましたように、停電が起きて選手の感情に乱れが起きた状況で闘われたゲームは、フェアとはいえない、と言う意見も出てきたでしょう。

私は、停電は想定しておかなければいけない事態、とまでは言いませんが、あらゆる状況を、現実を受け止めて、感情をマネージメントする力は、コーチ陣には必要だと思います。

ですから、これで試合がひっくり返っていても、それは審判に、パスしたボールが当たってしまって、TDになるはずがならなかった、ぐらいの小さな不運で、負けたいいわけにはならないと思います。


ですが、今後この「不祥事」は大きな問題となるでしょう。

私も、試合はベストコンディションで行われるべきだと思いますので、適切な調査と対応が必要だと考えます。

関連する記事へのリンクを貼っておきます。

CNN「スーパーボウル、試合中に突然停電の椿事 米NFL」へのリンク

NFL JAPAN「前代未聞の停電中断、スタジアム側が平謝り」へのリンク


なお、twitterでは、この停電も「春日の呪い」と言われていました。

そんなわけないじゃん…


3.ネットでの評判

ネットユーザーのコメントが付いた記事へのリンクを貼っておきます

Yahooトピックス「レーベンズ、12季ぶり栄冠=3点差で49ers振り切る―スーパーボウル」へのリンク

Yahooトピックス「史上初の兄弟HC対決、兄ジョン率いるレイブンズ勝利」へのリンク

それぞれの記事についたコメントへの感想ですが…

前者の中の

「サッカーや野球しか知らない人も見ればいいのにw
人生損してるよ」

と言うのには、同意もしますが、考えさせられもします。

たしかに、アメフトを見ると、楽しみは増えますが、それはどの競技にも言えることだと思います。

私は川崎フロンターレの本拠地まで歩いて行ける距離に住んでいるのに、サッカーには興味がないです。

フロンターレの試合がある日は、近所はサッカーのユニホームを着た人でいっぱいになりますが、それを見るたびに、ああ、俺、人生損してるなと思います。


「>春日がかなりうざかったと思うのは私だけでしょうか?
オードリーの2人は競技経験があるから的確な解説だったと思うよ。」

この試合で春日がどんなことを言ったか知りませんが、私はオードリーのファンなので、この意見は嬉しいです。

過去3回の中継を見る限り、2回目のでGBがニーダウンに入ったときに春日が色々と叫んでいて、評判が大変悪かったのですが、まあそれは仕方がないかな、と思います。

私はGBのファンなので、気になりませんでしたが、職場にいるもう一人のGBファンは、うざいと言ってました。

でもまぁ、ブリッツのピックアップを説明したり、その試合のMVPにクレイ・マシューズの反対側のLBを推したりして、僭越ながら、けっこういいところを見ていると思うんですが。


「フラッコ、プレイオフインターセプトなしはすごい。」

すごいと思います。


後者の記事のコメントですが

「アメフト知らない人が聞いたら、馬鹿にされるかもしれないけど、
スーパーボウル勝って引退するのは、どのスポーツの中でも最高に格好良い。」

には同意できないです。

私は他にも野球やラグビーも見ますが、どれも変わらないと思います。


「22点差からの逆転という奇跡を見たかったが、これが現実。スポーツにはシナリオはない。素晴らしかった。このような試合を観られたことに感謝。」

まったく同意です。

スポーツと言うノンフィクションは、フィクションでも思いつかないことや、フィクションで表現するにはこっぱずかしいほどの奇跡が起きますので、スポーツ観戦はやめられないです。

そして、この試合が見られたこと、この試合を演じてくれた人々、私がこの試合をリアルタイムで観戦することに反対しなかった人たちに感謝です。


ところで、このブログを書くために、Togetterに観戦者のツイートをまとめました。

実はまだ読んでなく、きちんと整理もできてないのですが、興味があればご覧ください。

Togetter「【ネタばれ】第47回スーパーボウル前半 #nfljapan のまとめ」へのリンク

Togetter「【ネタばれ】第47回スーパーボウルHT~3Q #nfljapan のまとめ」へのリンク

Togetter「【ネタばれ】第47回スーパーボウル4Q~終了 #nfljapan のまとめ」へのリンク


4.シンデレラストーリーは完結せず

SFのQBコリン・ケイパニックは、シンデレラになることができませんでした。

過去、1999年シーズンのカート・ワーナー(STL)、2001年シーズンのトム・ブレイディ(NE)のように、先発が負傷したため、急きょ先発に昇格し、そのままスーパーボウルを制してしまった2年目のシンデレラQBがいます。

ケイパニックも同じ状況でした。

しかし、彼はあと少しで、それを逃しました。

最後の攻撃でTDを獲っていれば、あと10ヤード弱進んでいれば、ケイパニックのシンデレラストーリーは完結したのですが。


前述の2人と違う状況は、SFはシーズン当初から、先発のアレックス・スミスでQBにいけるんじゃないか、とも言われていたことです。

ワーナーのSTLは、ブレイディのNEとも、当時はスーパーボウルに出る可能性なんて全くない、と言われていたチームでしたから。


まあ、ケイパニックはまだ25歳と若いですから、来年以降も楽しみです。


5.BAL最後のプレイがセイフティだった件

あまりアメフトを知らない人には、BALの最後のプレイがセイフティだったこと、つまりパンターがエンドゾーン内をうろうろして、最後に外に出て、わざと相手に2点を献上した意図がわからなかったかもしれません。

これはパントをブロックされてタッチダウンを挙げられて逆転されるよりは、2点を失って、3点リードのままで次の守備に備えたほうがましだ、と言う発想によるもので、さらに相手の攻撃時間をもつぶすことを狙ったプレイです。

アメフトも他のスポーツと同じく、試合終了時点で得点が多い方が勝ちです。

そのリードを保つために、最少失点したのです。

まあ、満塁の場面でホームランバッターを敬遠したようなものです。


このように、わざとセイフティを与えることはまれにあるのは知っていましたが、リアルタイムで見たのは初めてです。

自慢話しになりますが、このプレイの前に、

「ひょっとしたらわざとセイフティを与えることもあるかも」

とツイートしたら、実際その通りになって驚いたのですが、その私の読みにたいして

「さすがですね」

と4人の人から褒められたのが嬉しかったです。


6.「春日の呪い」が作動しなかった件

オードリー春日が応援すると、そのチームは負ける、と言う

「春日の呪い」

あるいは

「春日ノート」

ですが、この試合では作動せず、春日が応援するBALが勝ちました。


こう言う話しは私は大好きなんですが、ここにきて、真剣に春日が嫌われてきましたので、オードリーのファンとして、やばいな、と思いました。

だから、最後はSF応援に気持ちが傾いたのですが、あるツイートの言葉を借りれば

「これで春日は、無事日本に帰国できる」

ようになったのは助かりました。

なお、Togetterに、「春日の呪い」についてこの試合とその前後にどう言われていたかをまとめましたので、興味があればご参照ください。

もしBALが負けていたら、さすがにこのまとめは作れませんでした。

Togetter「【ネタバレ】「春日の呪い」@第47回スーパーボウル」へのリンク

7.「第47回スーパーボウル増刊号」のお知らせ

Touchdown社から2/9(土)に

「第47回スーパーボウル増刊号」

が発売されるそうです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スーパーボウル直前【2012年度Week21】「オードリーのNFL倶楽部」についての続き



スーパーボウルのCMを宣伝するための動画。

 一昨日の午後に初めて見た時には、再生回数が2だったのですが、24時間後には700万回再生されています。

 「F5スタイル」と批判する人もいるでしょうが、本文に書いた解説の通り、マニアックでおもしろいと思います)


これから約8時間後に、第47回スーパーボウル(Super Bowl XLVII)がキックオフとなります。

この記事では、2013/2/2に放送された「オードリーNFL倶楽部」について、前回の記事で書ききれなかったことと、乏しいですがスーパーボウルの直前情報を書いておきます。

1.番組の流れの続き

1)ニューオリンズからの後藤さんのレポート

現地から解説の後藤完夫さんと、実況の蛯原アナウンサーのレポートがありました。

今回の見所は

「NFLに新しいQB像をもたらしたコリン・ケイパニック(SF)に対し、フィールドを去るレイ・ルイス(BAL)がタックルできるかどうかにかかっている」(後藤さん)

だそうです。

私もケイパニックのパフォーマンスにはかなり期待しております。


そして、表紙に載ると悪いことが起きると言う呪いのかかった雑誌

「Sports Illustrated」(スポーツ・イラストレイテッド)

の表紙と、3頁目にある予想が公開されまhした。

表紙は、ジョンとジムの二人のHCが向かい合っているもの。

こちらです。

20130203si1.jpg

これでは、どっちに呪いがかかったのかわかりませんね。

(私はこれでいいと思います。)

そして3頁目の予想では

BAL 27 - 23 SF

でBALの勝利となっていました。

ただし、全米的な予想だと、4.0ポイントSF有利となっています。


後藤さんの予想は

BAL 23 - 21 SF

理由はこの試合が最後のLBレイ・ルイスの存在と、兄ジョン・ハーボウHCのコーチング経験を買ってのことだそうです。


スタジオでは徳島アナはSF勝利を確信。

若林「春日さんは予想を言わなくていいです」

春日「いやちょっと聞いてちょうよ。

   VTRを見ていると、レイブ(BALのこと)かなと思っちゃうけどむずかしいな。

   これ(着ているBALのジャージ)の下に(SF)の金のパンツ履こうかなと…」

若林「お前、尻軽アメフトファンだな」


安部奈知さんの予想は

BAL 26 - 24 SF

理由はやはり兄ジョンの経験、レイ・ルイスの存在、そしてQBのフラッコが好調と言うことだそうです。


2)スーパーボウル知ってトクシマす

今回はスーパーボウル制覇とともに引退した、PITのRBジェローム・ベティスに関する問題。

スーパーボウルに勝った時、ベティスはこう言いました。

「○○は、ここ、デトロイトが終点だ」

この○○の内容をあてよ、と言うものでした。

若林「はとバススーパーボウルツアー」

春日「中央線快速」

まあ今回も二人には、まったくあてる気なしみたいですが。

正解はベティスの愛称でもある「バス」。

「バスは、ここ、デトロイトが終点だ」

でした。

若林からは「NFL倶楽部」と書いてある特製ヘルメット、春日からはチーズヘッドが没収されました。


徳島アナ「そんなにボケなくてもいいんですよ」

若林「ボケなくていいって…芸人に言う言葉か」

との言葉が。

こう言うところは、芸人であることに誇りを感じている若林らしいと思いました。


なお、スーパーボウル優勝とともに引退した選手として、ジョン・エルウェイ、マイケル・ストレイハンのことが挙げられました。

エルウェイは5回出場したうち、最初の3回は敗戦。

4回目でようやく勝つのですが、この時の相手がブレット・ファーブが率いるGB。

そしてシーズン22.5回のサック記録を持つストレイハンですが、その記録の最後のQBがファーブでした。

多くのQB記録を持つファーブですが、他人の記録にも貢献しているようです。


2.トップに置いた動画の説明

トップに置いた動画は、下記記事で紹介されたものです。

ITmedia「Samsung、スーパーボウルのCMでまたAppleをちゃかす」へのリンク

引用を絡めてこのCMを説明しますと、舞台はサムスンの会議室で、登場人物はサムスンのCMを考える2人のCMプランナーと、顧問弁護士。

プランナーはスーパーボウルでのCMを考えてますが、「スーパーボウル」「49ナーズ」「レイブンズ」などの商標登録されている単語を口にしようとするたびに弁護士が遮ります。

どうしたんだ、と問うプランナーに、弁護士は「訴えられるからです! 誰にとは言いませんが」と答える。

誰、とはサムスンが全世界で訴訟合戦を繰り広げているアップルのことです。


結局

「大きな器で行われる「ボルチモアの大きな黒い鳥」と「サンフランシスコ50-1」の試合のCMを制作するんですね?」

とプランナーは確認し、弁護士が満足気にうなずく

と言ったものです。


この動画は、これから行われるスーパーボウルで流されるCMを宣伝するための動画だそうです。

「CMの宣伝」ってなんか変な気がしますが、ここまでして、企業はスーパーボウルをマーケティングに使おうとしているのが現実です。


なお、サムスンは韓国の会社ですが、ここでサムスンの動画を紹介したのは、あくまでアメフトとスーパーボウルに興味を持ってほしかったからであり、他意はないです。


3.朝日新聞の一面トップ記事にスーパーボウルが

2/2の朝日新聞の夕刊の一面のトップ記事は、スーパーボウル特集でした。

こんな感じです。

20130202朝日一面にスーパーボウル

一面のほとんどを占めていて、アメフトファンとしては胸熱です。

1990年シーズンのNFCカンファレンスチャンピオンシップ、ジョー・モンタナが壊されて、SFの3連覇「スリーピート」が断たれた試合が日刊スポーツで一面になったのは覚えていますが、それ以外では、一面にアメフトなんて記憶にないです。

しかも一般紙ですからね。


内容は下記リンク先に、さわりだけ書いてあります。

Yahooトピックス「全米が釘付けになる日 スーパーボウル、驚異的な人気」へのリンク


なお、夕刊が一面になったのは関東地方だけのようで、関西では違うようです。

でも、朝日新聞に問い合わせれば、譲ってくれると思います。


4.最新のオッズ

スポーツイラストレイテッド氏の最新版は、レイ・ルイスが表紙でした。

20130203si2.jpg

まあ、「春日の呪い」とか、こう言う呪い系は、私は信じませんが。


アメリカ版のYahooスポーツによると、日本時間2/3の16時で、SFが4.0ポイントリードとなっています。

前日より0.5ポイント拡大したようです。


私はSFが勝つと考えています。

理由は、「何かもってる」ジム・ハーボウHCの存在です。

HCが変わったぐらいでこれだけ強くなったチームは、なかなかNFLでは珍しいと思います。

しかし15年前は現役だったスターQBが、こんな名将になるとは思わなかったなぁ。


なお、試合の結果は、とりあえず今日の夕方にでも感想をこめて書ければいいかなと思ってます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(2/3)「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(ミスチルの桜井に紹介されて登場し、「愛は勝つ」を歌うKAN。

 結局オードリーが言いたかったのは、こう言うことをする芸能人を増やそうと言うことなんでしょう。

 なお、44番は若林の高校時代の背番号で、KANと若林は誕生日が4日違い)


2013/2/3に「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

この放送が流れていた時点でオードリーの2人は、明日行われる第47回スーパーボウル中継のためにニューオリンズにいるはずなので、ほとんどのリスナーさんは、今回は録音だとわかっていたようです。

それを察してか、放送が始まって5分もたたないうちに「水曜日の7時に録音したもの」と言ってました。

偶然ですが二人がオープニングトークを展開していた時、「NFL JAPAN」のFacebookアカウントは

「今日もオードリーさんの密着取材です。主にフレンチクォーター。」

と言っていました。


まあそんなわけで、私はアメフト大好きなもので、今回は番組の流れはさらっと流して、オードリーがアメフトについて語っていたことを多く書くと思います。

ひとつよしなに。


1.番組の流れ

1)オープニング

オードリーNFL倶楽部」でもそうでしたが、春日の声が枯れていました。

なんでも、舞台「田中が考え中」で、喉を酷使する箇所があったんだそうです。


オープニングトークのメインは

「もっとアメフト人気が上がっていいのに…

 上がらないのはなぜ?

 どうしたらいい?」

と言う内容でした。


今回のオープニングは20分間と短めでした。

てっきりオールナイトニッポン45周年イベントの告知を後でやるから短いのかな、と思ったのですが、それはありませんでした。

イベントの詳細については、下記リンク先にあります。

お笑いナタリー「鶴光&オードリーがタッグ!オールナイトニッポン45時間SP」へのリンク


2)若林トーク

ツチヤタカユキさんの、高校時代の修学旅行の切ない思い出話でした。

ちなみに私の修学旅行は、寝台列車で往復するものでしたが、往復とも私には狭い三階のベッドが割り当てられ、

「これってイジメじゃないか」

とふざけて言いふらしていたことがあります。

本気でいじめられたとは全然思っていません。


3)春日トーク

「田中が考え中」の話しでした。


4)リスナーさんからのチャレンジ依頼

以前春日がやった、乳を使った三三七拍子が、三本締めになっている、とのリスナーからの指摘メールがあり、チャレンジが行われました。

なお、今回の番組であと2回チャレンジがあったので

「録音放送ではチャレンジはやらない」

と言うルールはなくなったのかな、と考えました。


5)カスガミクス、ワカバヤシミクス

こんなのがありました。

詳細は書きとめきれませんでしたので、ご容赦ください。

・オードリーのANNでの春日の一人称が「としちゃん饅頭」へ変更される→春日に饅頭のCM依頼が来る→春日が自分で作って売ることになり、世界中でヒット→しかし食中毒発生→春日が全財産賠償に充てる→春日は貧しくなるが、世間的には潤う

・若林が春日のタンクトップのもう片方もとる→渋谷でそのファッションが流行る→女性が乳房をかくして歩くようになる→男性は自分磨きを我慢できなくなる→公衆便所で自分磨きをする男性が増える→公共工事が増え景気が良くなる


6)私立オードリー学園

校長からの一言でこんなやりとりが

春日「Touchdown~」

若林「Thank you」

春日「You're wellcome」

若林「Go home」

春日「ばぁい」


「Go home」で終わらずに、「ばぁい」を返したところが見事だと思いました。


「最後の晩餐」には一か所おかしい点があるが何か?

←ナンちゃんが隠れている

「鼻が高い」とはどういう意味か

←カイジ


なお締めの校長のお言葉は

「スーパーの優勝は、ボルチモア・レイブンズ」

でした。


7)ゆめちゃん日記

タイトルコールが、アルバイトのみほちゃんの「ゆめちゃん日記」に続いて、B'zの「ウルトラソウル」の

「ゆ~め~じゃない、あれもこれも」

と続くのに、若林が不満をぶちまけました。

「ドヤ感がある」と。

それはさておき、こんな投稿が読まれました。

「今日も若林さんがやってきた。彼氏いないの?と言う質問、いたっていなくったって「いない」と答えるに決まってんじゃん。それがわかって聞いているのかな。これがミニコントと言うものかな。」

「若林さんの退屈な話しを聞いているふりをして、密かにロングブレスダイエット。今は若林さんに気に入ってもらいたい一心。薄眼で見れば向井理に似てるし、胸板は厚いし、なんと言ってもお金持ってそうだし。今夜もカナダに向かってフーフー」


なお、ゆめちゃんにスーパーボウル土産を買ってくるそうですが、こんどはそれをどう扱ったかがネタにされそうな気がします。


8)超時空漫才

郷ひろみと織田信長で「かもん(Come On)」

本能寺の変のくだりになると、信長が

「燃えてるんだ廊下」

と言う。


なお、若林が突然、「今太宰治がいたら、ネガティブ漫才でTHE MANZAIでいいとこ行けそうなんだよね」と言いだし、若林が太宰治の役をやって、春日がつっこむ漫才に突入。

しかし若林がおとせず、爆!!


9)しんやめ


10)エンディング

春日の声はスーパーボウルの頃には治るだろうけど、スーパーボウルの中継でまた大声を出すから、来週も喉を痛めてのお送りになるかもしれないとのことでした。

「オードリーのNFL倶楽部」でも言ってましたが、若林はサンフランシスコ・49ナーズ、春日はボルチモア・レイブンズを応援するそうです。

そして若林は、今回は前回アメリカ天狗になっていたので、謙虚にポールダンスやストリップを見てくる、と言ってました。

私にはニューオリンズは街全体が、下の動画の歌のように、陽気な歓楽街、と言うイメージがあります。



ですが、郊外に行くと、2005年にこの街を襲ったハリケーン・カトリーナの傷跡が残っているそうです。

その辺も見てきて、伝えてくれると勉強になっていいな、と思います。


2.「どうやったらアメフト人気が上がるのか」会議

前述の通り

「もっとアメフト人気が上がっていいのに、上がらないのはなぜ」

と言うことについて、オープニングでやりとりがありました。


まず、芸能人にはけっこうNFLが好きな人がいると言う話しがされました。

キム兄こと木村祐一

ピース綾部

明石家さんま(昨日の記事に書きました)

くりぃむしちゅう上田(「Going!」でニューオリンズに行く姿が紹介されました。若林から習ったツウをうならせる言葉「今、走る穴を変えましたね」は出るのか?)

爆笑問題太田(1990年代初期、春日少年がアメフトと出会ったころのことに詳しいです)

ビートたけし(「DEと言う言葉ぐらい知ってる」とのこと)


しかしもっと若い人に影響力のある人に気に入ってもらうのがいい。

「いまどきアメフトを見ないなんてダサい」

と言う空気にすればいいんだけど、誰を起用するのがいいか、と言う話しになりました。

きゃりーぱみゅぱみゅとか、ももいろクローバーZとか…

(私の属するFacebookのアメフト普及を目指すグループでは、AKBの誰かに気に入ってもらえばいい、と言うことの是非が真剣に討論されたことがあります)

リスナーさんの中には、マツコ・デラックスはどうだ、と言うツイートがありました。


「俺はアメフトを見ている時が、今一番楽しいんだよね」(若林)

と言う言葉のあと、

「「アメフトの小部屋」を続ければよかった」

と言う話しも出ました。

私としては、激しく復活希望です。


その後NFLに日本人選手が誕生すればよい」(春日)との話しになりました。

私もそう思います。

北米4大スポーツの中で、日本人選手がプレイしたことがないのはNFLだけです。

「もし日本人選手が誕生するとしたら、キッカーが一番近いと言われているらしいよ」(春日)と言っていましたが、それはフットボール関係者の認識と一緒です。

アメフトは見るのは簡単なんですが、プレイするのは複雑で、プレイ中の綿密なコミュニケーションが欠かせません。

だから、日本人の壁となっているのは、技術や体格より、英語力だったりします。

キッカーならその辺はそれほど重要じゃありません。

そう言う見方をすると、リターナーでもいいかな、と思います。


まあ色々と話しが展開されましたが、最後は

「アメフト流行らすためにがんばります」(若林)

と言う言葉でしめられました。


オードリーの言うことはだいたい私の認識と同じなんですが、一つだけ同意できないことがあります。

それは

「アメフトはルールが難しい」(若林)

と言うことです。

私はそう思いませんし、少なくとも見るだけならルールなんて、1試合見れば、必要なルールは覚えられると考えています。

と言うか、私は、難しいかどうかより、アメフトを広めようとする人が「難しい」と言うのは、普及させる上で良くないと考えています。

ここだけは同意できません。

そりゃぁ私もルールを全部覚えているわけではないですが、十分に楽しんでます。

それに広まっている野球はどうなるんだと思います。

野球ってアメフトよりはるかに複雑なルールだと思います。

野球を見たことがない人に、野球とはどういうルール化を説明するのは非常に難しいと思います。

でも、大体の日本人は野球を知っているようです。

それに、野球クラスタのツイートを見ていると、ルールを十分に知らずに野球を見ている人が多いことに気づかされます。

だから、ちょっとルールを覚えれば、観戦は十分に楽しめます。


アメフトはアメリカでは老若男女問わず、ダントツでもっとも人気のあるスポーツです。

でも、アメフトを見て喜んでいる子供が、ルールを十分に知っている子ばかりだとも思えません。


だから、見て喜ぶだけのルールなら、全然簡単です。


ところで、オードリーがこの話しをしている時、それを聞いたリスナーさんがどういうツイートをしたかを、Togetterにまとめてみました。

下記リンク先にありますので、興味があればどうぞ。

Togetter「20130203オードリーがANNで「アメフト流行らせたい」と言った時のリスナーさんの反応 #annkw」へのリンク


そう言えばオードリーは

「そもそも俺たちのおかげでアメフトを見るようになった人っているんだろうか?」

と言っていました。

私はそう言う人を何人も知っていますし、上掲のTogetterを見れば、そう言う人が多いのがわかっていただけると思います。


オードリーに負けずに、私も普及に努めますので、わからないことがあれば、気軽に私のtwitterアカウント「@pa9mania」に質問してください。


3.試験に出るかもしれない雑学

明光義塾さんがスポンサーなので、放送内容に関連がある、試験に出るかもしれない雑学を書いておきます。


1)49ナーズ

先日もこのブログに書いたのですが、「49ナーズ」(フォーティーナイナーズ)はもともと歴史用語です。

1848年にカリフォルニアに金鉱が見つかり、翌49年に多くの人がサンフランシスコなどに押し寄せ、ゴールドラッシュとなります。

これらの人々を「49ナーズ」と呼びます。

なお、NFLの49ナーズのチアリーダーのチーム名は、これにちなんで「ゴールドラッシュ」と言います。


2)レイブンズ

これはボルチモアの街に住んでいた作家、エドガー・アラン・ポーの作品「The Raven」に由来します。

「Raven」とは「大きなカラス」と言う意味です。

エドガー・アラン・ポーの名前を拝借した日本人作家が「江戸川乱歩」です。

ちなみにレイブンズのマスコットは3匹のカラスで、名前はそれぞれ「エドガー」「アラン」「ポー」です。


3)狂女王ファーナ

「超時空漫才」で「燃えてるんだ廊下」と言うくだりがありました。

郷ひろみの「GOLDFINGER '99」の「燃えてるんだろうか」の個所ですが、この歌はリッキー・マーティンの「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ(原題:Livin' la Vida Loca)」のカバーです。

で、その歌ではこの個所は

「Livin' la Vida Loca」

と言う歌詞です。

そして「Loca」(ロカ)と言うのは「狂っている」と言う意味のようです。

そこで思い出したのは

「狂女王フアナ」(Juana la Loca:フアナ・ラ・ロカ)

の話しです。


フアナはカスティリア(スペインの一部)の女王でしたが、精神に異常があったようで、夫の死後、死体が入った棺を連れて国内をさまよいました。

その後トルデシリャスの塔に幽閉され、そこで40年間すごして死にます。


この逸話が試験に出ることは考えにくいですが、1494年にトルデシリャス条約と言うものがローマ教皇の仲介で、スペインとポルトガルとの間で結ばれたことは、試験には出てもおかしくはないです。

この条約により新大陸(主に南米大陸)のスペインとポルトガルとの国境線が確定します。


4.来週はスーパーボウルの土産話だけではない

来週は当然スーパーボウルの土産話が語られるものと思います。

そして、お土産のプレゼントが告知されるかもしれません。

さらに春日の誕生日2/9深夜の放送となりますので、なにかあるかもしれません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2012年度Week21】「オードリーのNFL倶楽部」について



(SFのQBコリン・ケイパニックのTDラン。

 このランプレイが「リード・オプション」と呼ばれるプレイで、0:21でケイパニックが腕にキスをする仕草が

 「ケイパニッキング」(kaepernicking)

 と呼ばれるセレブレーションだそうです)



2/2に日本テレビ地上波で放送された

オードリーNFL倶楽部

について内容、感想、関連事項を書いていきます。


今回のMC陣の衣装は、徳島アナはSF応援と言うことでSFのパーカー。

若林はSFの52番、LBパトリック・ウィリスのジャージ。

春日はBALの27番、RBレイ・ライスのジャージ。

ゲストの安部奈知さんは、プロボウル関連のもの?を着ていました。


また、番組全体を通して、春日の声が枯れていました。

この収録の後に、ニューオリンズへの弾丸ロケに旅立ったと考えられますので、健康には気をつけてほしいです。


1.番組の流れ

1)現地レポート


第47回スーパーボウルが開催されるニューオリンズのレポートがありました。

ニューオリンズは2005年のハリケーン「カトリーナ」で破壊され、スーパードームにも被害が出ました。

そしてスーパードームは避難所となりました。

そのシーズン、ニューオリンズ・セインツはスーパードームで試合ができませんでした。

あれから7年半、スーパーボウルがニューオリンズの街に戻ってきました。

スーパーボウルは世界最大のイベントの一つなので、開催地には、計り知れないほどの経済効果をもたらします。

まだまだ完全に復興したとは言えないニューオリンズなので、今回の開催は、多大な恩恵がもたらされるでしょう。


また、BALのLBレイ・ルイスへのインタビューが紹介されました。

その中で、スーパーボウルで応援するチームを決めかねている春日へのメッセージ。

「春日、お前が感じるままにすればいいさ。

 ただ、俺にはどっちを応援するかわかっているけどね」


とのことでした。


2)SFについて

サンフランシスコ・49ナーズの躍進について語られました。

80年代から90年代に黄金期を迎えた49ナーズ。

その後はながく低迷しましたが、昨季復活。

今シーズンはQBコリン・ケイパニックのリード・オプション(Read Option)を武器に快進撃を続けている、とのことでした。

ビデオの後に、若林が「ケイパニッキング」をやってました。


3)プロボウルのダイジェスト

プロボウルのダイジェストがありました。

試合は62-35でNFCが勝ちました。

ダイジェスト動画は下記リンク先にあります。

NFL JAPAN「プロボウル2013」へのリンク

この試合の中で、NFCのCボブ・サタデイが、AFCのCでプレイすると言う珍しいプレイがありました。

この時AFCのQBで、サタデイのスナップを受けたのは、長くINDでコンビを組んだ、ペイトン・マニングでした。

サタデイは今季限りで引退する可能性が高いと言われていますので、こういう計らいがあったのでしょう。


日本のオールスター戦で言えば、パ・リーグからMLBを経由してセ・リーグに移った城島捕手が、ホークスの投手が投げるときに、1イニング限定でパの捕手を務めるようなものだと思います。


4)日本テレビ、歴代スーパーボウル中継ゲスト

日本テレビは一時期中断していたこともありますが、1988年度の第23回以来、スーパーボウルを中継しています。

その中でゲストとして呼ばれたビッグネームが紹介されました。

こんな面々です。

・坂本龍一

・明石家さんま

・長嶋茂雄

・花田勝

・原辰徳

そして、オードリー

また、去年収録されたものの公開されなかった、春日の現地の罰ゲーム、人間ロープウェイのVTRも公開されました。


ゲストととして私が他に覚えているのは、

・ウォーレン・クロマティ

・別所哲也

・BENI(当時は「安良城紅」)


スーパーボウルではないですが、たしか1991年シーズンのAFCカンファレンス・チャンピオンシップで、バッファロー・ビルズに、コーネリアス・ベネットと言うLBがいるのを知った明石家さんまが、「猿の惑星」にコーネリアスと言う猿が出ていたなぁ、と言ったところ、増田隆生アナウンサーが「ちなみに「猿の惑星」のコーネリアスの奥さんはジーラと言います」と言ったのが、「猿の惑星」マニアの私にはおかしくておかしくて…


5)「トゥースポ」

生馬アイザックさんがブードゥー教のシャーマン(と言う言い方になるのかな)、のところへ行って、「春日の呪い」をお祓いしてもらう、と言うものでした。

ブードゥー教を絡めて書くのは難しいので、この件はこれだけにしておきます。


6)ニューオリンズからの後藤さんのレポート

すでにニューオリンズで取材を進めている後藤完夫さんからのレポートで、スーパーボウルの予想に関するものでした。

これについては、後日書きます。


7)スーパーボウル知ってトクシマす

これについても、後日書きます。


2.スーパーボウルプレゼントキャンペーンについて

NFL倶楽部ブログ」で進められていたMC陣による予想レースですが、最下位の若林は自腹でスーパーボウルのお土産を買ってくることになりました。

そして、どういう訳かそれに春日も巻き込まれ…

結局2人がお土産を買い、それをプレゼントすることになりました。

詳細は紹介動画もついた、下記サイトをご覧ください。

NFL JAPAN「プレゼントキャンペーン」へのリンク

なお、今回の地上波放送は、全国ネットではないようです。

ですが、日テレG+での生中継は、今日から始まるスカパー無料キャンペーンの期間内に行われますので、契約していなくても無料で見ることができます。

また、日本時間2/4(月)朝8時キックオフのスーパーボウルに先立ち、深夜0時半から直前の8時まで、日テレG+では特集番組を行います。

詳細は下記サイトをご覧ください。

日テレG+「スーパーサンデー とことん見せます! 第47回スーパーボウル生中継まであと少しSP」へのリンク

スーパーボウルの当日、アメリカではスーパーボウル関連の番組が延々と放送されるそうです。

私は歴史が好きなので、過去のスーパーボウルの歴史や名場面が放送されるといいな、と思います。


3.Facebookでスーパーボウル情報をチェック

Facebookの「NFL On 日テレ G+」のサイトでは、現地からのスーパーボウル情報が刻々と伝えられています。

Facebook「NFL On 日テレ G+」へのリンク

おもしろいですよ。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

川崎フロンターレの博物館?ビーンズ武蔵中原を歩く



(武蔵中原駅からBeans武蔵中原の中を歩いた動画)


JR武蔵中原中原駅の改札口(一箇所しかありません)を出て、まっすぐ階段を降りると、駅付帯のショッピングセンター

「Beans武蔵中原」

(ビーンズ武蔵中原とも表記)

があります。

この駅は、Jリーグの川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場の最寄り駅の一つなので、Beans武蔵中原の中には、フロンターレゆかりのものがたくさんあります。


今回、改札を出て、Beans武蔵中原に入って、一通りのフロンターレ関連のものを映した動画を作成しました。

トップに置いておきましたので、興味があればご覧下さい。

通ったのは、こんな経路です。

改札口

Beans武蔵中原右脇のエスカレーター

とんかつ和幸

ウォール「フロンターレ ビーンズ ゲート」

階段上

階段踊り場


なお、一階にもとんかつ和幸があって、そこのメニューにも、すべてフロンターレの札が貼ってあります。

また、八百屋の九州屋には、

フロンターレバナナ

が売っています。


ちなみに、武蔵中原駅の発車メロディは、先週から今シーズン限定で、上り線は川崎フロンターレの「FRONTALE2000」、下り線は「FRONTALE20000」に変更されています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~