2013年06月の記事 (1/1)

6/30の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(デニス・ロッドマンの動画)


6/30の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

1.番組の流れ

1)オープニング

・今日で6月が終わる、つまり一年の半分が終わると言うことで、

 「早いねぇ~」

 と言う話し。

 「これから、早くないと感じることってあるのかな?

  「早いねぇ~」ってセリフは、これから毎年言うように思えりけど」

 と春日がするどいことを言ってました。

 歳をとると、時間がたつのが早く感じる、と言うことを科学的に理論づけたものをテレビでやっていたように記憶します。

 そう考えると、もう「早くない」と感じることはないのでしょう。

 環境が変わらない限り。

・5年前の「爆笑レッドカーペット」の「カムバックレッドカーペット」のオードリー出演の時、視聴率16.5%をとったことを若林が話していました。

 その直後のロケで御殿場のアウトレットパークにロケに行ったとき、初めて顔を刺された(テレビに出てた人だ、と言われた)とのことでした。

 私がオードリーのことを好きになって、このブログに書いたのもその頃か、もうちょっと前だったと思います。

 全然無名だった頃でした。

・「駆け込みドクター」でMCをやるようになったので、いろんな芸能人の方のことを知らねばいけないと思い、最近週刊誌やYahooトピックを見るようにしている、と若林が言っていました。

 twitterでは、「勉強熱心」と言う声もあれば、「そんなものは意識しなくてもついつい読んでしまう」と言う声もありました。

 私は後者で、ついついネットで芸能ニュースを見てしまいますし、朝の出勤前の番組でも流れているのを見たりしています。

 でも、土日はネットで見ることもあまりないです。

 私がそう言うのを見ると言うのは、平日における気分転換なんでしょう。

・お金の話しになりました。

 おもしろかったのは、若林は今の家を、家賃が高すぎる(たしか11万51千円)、ぜいたくで不要なものを選んでしまった、と言っていたのに対し、春日も3万9千円のむつみ荘について、同じ考えを持っていると言うことでした。

 むつみ荘でぜいたく、と言うのは変だな、と思う(twitterでもだいたいそうでした)のですが、滞在時間を考えると、コストパパフォーマンスが悪い、と言うことでした。

 若林は今の部屋に

 「使ってない五畳のスペースがある」

 と言ってました。

 この件に関し、twitterでは

 「じゃあそこに春日が住めばいい」

 と言うのがありました。

 なるほど。

 ホームズとワトソンを思い出しました。

・ツチヤタカユキの話題が出ました。

 「朽ち果てるのがゴール」

 だそうです。

・若林がヒトカラ(一人でカラオケに行くこと)をやってストレスを発散させている、と語ったのに、春日が驚いてました。

 ヒトカラをやっていたのは、若林がtwitterでツイートしていたので、春日の耳に入っていると思ったのですが…

 先々週のコントで、若林が見事なラップを披露していましたが、それはこう言う「努力?」のたまものだと思います。

 レーザーラモンRGは、あるあるソングをやり始めて、歌がうまくなったと言ってましたし。

・春日が

 「一人でキャバクラに行けるようになったらおしまい

  でもきっと行けるだろうから、怖い」

 と言っていました。

 「「おしまい」って言うけど、何がおしまいなんだ。

  だいたい、何も始まってないじゃないか」

 と若林がつっこんでました。

オープニングは1:34まで、とまあ普通の長さでした。


2)若林トーク

「内村さんの番組で女装した」

と言う話しでした。

なんでも5年ぶりとかで、twitterにはその時の写真が出回ってました。

自分の姿を鏡で見たら、お姉さんにそっくりだったそうです。

聞き逃しましたが、これは7月4日のTBS「内村とザワつく夜SP」(21:00~23:00)の収録の件だと思われます。


3)春日トーク

山奥のロケに行って、子供たちに石を投げられる、と言う話しでした。

なお、後日そこに再び訪れる予定だそうです。

若林も一緒に。

子供たちの反応はいかに。


4)「ゆめちゃん日記」

タイトルコールのBGMは

「夢見る少女じゃいられない」

でした。

相川七瀬のデビュー曲ですが。デーモン小暮閣下がカバーしたものがかかりました。

こんなメールが読まれました。

・ラジオドラマ初出演について記者会見をする設定のもの

 内容は、「終電ごはん」制作発表の若林のコメントをパロったものでした。

 下記リンク先に、そのコメントはあります。

 ナタリー「若林初主演ドラマ、簡単ヘルシー夜食料理番組7月放送決定」へのリンク

 なお「終電ごはん」は、そろそろ放送されます。

・単独ライブのステージでのトーク、と言う設定のもの

 最後は「魅せられて」を歌うところで終わりました。

 この歌はみほさんが歌ったものではなく、ジュディ・オングのオリジナルでした。

・来店した吉留明宏(よしとめあきひろ=ビッグスモールン・ゴン)を、飲ませる歌、と言う設定のもの


5)実録、人見知り学部

こう言うメールが読まれました。

・自販機にお金を入れても、お金が返ってくることが多い

・ボールペンを分解しすぎて、ばねが変な方向に曲がる

・劇団上がりの俳優が好き

・2段重ねのアイスクリームを食べるのが恥ずかしい

・小学生の頃は、どちらかと言うとずうずうしい方だった

なおこのコーナーは今週で終りで、新コーナーの告知を来週行うそうです。

吉留明宏いじりの新コーナーでは、と言うツイートも後で見かけました。


6)アバーン

こんなメールが読まれました。

・「劇的ビフォーア・アフター」で、吉留明宏さんの芸人人生を過去現在そして未来を語る番組のアバン

・「世界マカ不思議発見」で、京都をデニスロッドマンがミステリーハンターにした番組のアバン

デニス・ロッドマンって知らない人多いだろう、と若林は語っていました。

たしかに、twitterにも「知らない」と言うものもありました。

デニス・ロッドマンは、NBAのシカゴ・ブルズがめちゃくちゃ強くて、三連覇(「スリーピート」と呼ばれました)を果たした時などの中心選手で、リバウンドによく絡んでいました。

名選手だったとは思いますが、それ以上に派手な格好と奇行で目立っていたように記憶します。

(ちなみに私はNBAは全然見ていません)

「最近北朝鮮に行ってなかったっけ」

と言うツイートがありましたが、たしかにその通りだったと記憶します。

一か月ほど前かな。


7)謎の都市、町田市

こんなメールが読まれました。

・よそ者が酒場でビールを頼むと、あいにく切らしているがミルクならあるぜ、と言われ、周囲の地元客からもにやにやされる

・市長が起こした珍プレイにみのもんたが実況する番組がある

・ホットドッグにきゅうりをはさむ文化がある

・給食には「町田っこサイダー」と言う赤い液体が出てくる

・新市長を決める場合密室で決められ、決まると煙突から煙で知らされる

最初のは、アメリカのドラマでよく見るシーンです。

2番目の時、春日が

「おでこにボールをぶつける、とか」

と言っていましたが、これは元中日ドラゴンズの宇野勝選手のことで、このプレイから「プロ野球珍プレイ好プレイ」と言う番組が始まった、と言っても過言ではないほど有名なものです。

最後のは、ローマ法王を決める会議、「コンクラーベ」のパロディです。


8)しんやめ


9)エンディング

「漫才たのしい2013」の準備で、最近若林は疲れているそうです。

「家に帰ると爆乳の彼女が待ってて欲しい」

と言ってました。

さらには

「甘やかしてくれて、コーンスープを作ってくれる、爆乳彼女、募集中!!」

とまで叫んでいました。


2.「ビビビ」について

オープニングのトークでも使われてましたが、春日がよく使う

「ビビビとくる」

と言うのは、1998年の松田聖子の2度目の結婚の時のコメントで使われて有名になったものです。

詳細は下記記事をご覧ください。

日刊スポーツ「【復刻】松田聖子、歯科医と「ビビビ」婚」へのリンク


3.アメフトの話し

番組とは関係ないですが、今週もアメフトのトピックを二件書かせてもらいます。

1)パールボウルでの乃木坂46について

これまでも何度か書いてきましたが、パールボウルのコイントス、ハーフタイムショウ、表彰式に乃木坂46が出場しました。

それぞれの動画へのリンクを貼っておきますが、YouTubeにはこれ以外にもパールボウルでの乃木坂46に関連する動画はいくつもあります。

YouTube「パールボウル2013 コイントス 乃木坂46 斎藤ちはる」へのリンク

YouTube「乃木坂46とチアリーダーズ140人のハーフタイムショー」へのリンク

YouTube「表彰式 ゲストは乃木坂46 斎藤ちはる パールボウル2013」へのリンク

なお、斎藤ちはる嬢はアンダーですが、お父さんが「バーバリアンズ」と言うチームの現役QB(43歳!!)で、彼女もよく試合を観に行くそうなので、それで抜擢されたようです。


2)女子の世界選手権

日本時間ではおそらく明日からになると思うのですが、女子アメフトの世界選手権が始まります。

詳細は在アメリカの女子アメフト選手、小倉典子選手のブログにあります。

DL NORIKO   小倉典子 Official「もうすぐ、女子アメフトの世界大会が始まります(^O^)/」へのリンク

日本は人数不足などが原因で参加していませんが、参加できていれば、かなりいいところ、3位を狙えるところまで行けるんじゃないかと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ムネリン】川崎選手のマイナー降格とメジャー再昇格の話題が、日米加のネットで熱い



(ブルージェイズの川崎選手が現地のファンにサインをする動画

 これを見ると、残した数字以上の人気が出るのも当然かと思われます)



MLBトロント・ブルージェイズの川崎宗則選手は、現地の6月25日にマイナー降格となりましたが、同僚のメルキー・カブレラ選手が故障者リスト(DL)入りすることになり、メジャーに再昇格することが27日に発表されました。

毎日新聞「米大リーグ:川崎、わずか48時間再昇格 異例の抜てき」へのリンク

その件で日米(そしておそらくカナダも)のネットユーザーが大興奮、と言うことを、下記記事が伝えています。

ロケットニュース24「【感動野球速報】マイナー落ちした川崎ムネリンが2日でメジャー再昇格!! ネットユーザーは大興奮「カワサキが帰ってくる! カワサキが帰ってくる!!」」へのリンク

それでは順に、川崎選手の降格から再昇格までの特別な動きを書いておきます。


1.マイナー降格時の特別措置

川崎選手がメジャー最後の試合を終えた後、ミーティングが開かれました。

監督から選手たちに、川崎選手のマイナー降格を伝えるためのものだったそうです。

通常選手がマイナー落ちするとき、他のチームメイトなどに告知することはなく、他の選手たちは翌日にロッカールームに来て、マイナーに落ちた選手のロッカーがきれいになっているのを見て、ああ、あいつはマイナーに落ちたのか、と気がつくそうです。

これだけでも、ブルージェイズにとって、川崎選手がどれだけ特別な存在だったかがわかります。

サンスポ「異例“壮行会”も!川崎、惜しまれて3A降格」へのリンク

そして川崎は、マイナーの3Aバファローのチームに去って行きました。

その時、Googleニュースで「Munenori Kawasaki」で検索すると、4画面ぐらい記事へのリンクがありました。

いかに川崎選手が現地で特別な選手だったか、思い知らされました。


2.選手やメディアの反応

ブルージェイズの選手たちは、川崎選手のマイナー行きを悲しんでいるようで、下記リンク先の記事にそれらが載っています。

Yahooトピック「ジェイズ同僚ら川崎へ別れの言葉 思い出も語る」へのリンク

この記事にはないようですが、変な意味ではなく

「川崎に恋していた」

と言うことを言った選手もいたようです。

(多分原文は、他愛のないものだったと推測しますが)


また、トロントのメディアは、

「Munenori Kawasakiがいなくなってさびしい、13の理由」

と言う記事を書きました。

邦訳されたものがこちらにあります。

サンスポ「「ムネリンが恋しい13の理由」トロント地元紙」へのリンク

オリジナルの記事はこちらです。

動画もたくさんあって楽しいですよ。

thestar.com「Toronto Blue Jays: 13 reasons why we will miss Munenori Kawasaki」へのリンク

記事中の

「(1)彼の潔さ-降格が決まった際に川崎が通訳を介し「自分は死んだわけじゃない。ボクは野球選手だし、明日のグラウンドが違うだけ」と清々しく語った。」

とは、下記動画のことでしょう。

YouTube「川崎インタビュー  降格後初」へのリンク

「アイ、アム、ジャパニーーーーーズ!」

は、サヨナラ打を打った時に発せられたものですが、いつのまにか川崎選手の決めポーズになっていたとは…

たしかに、トップに置いた動画の中でも、川崎選手がそう言うと、笑いが起きています。

(それにしても「But now I'm Cnadian」には笑いました

 うまいなぁ)


3.再昇格決定をうけ

バッファローで1試合だけ出場し、4打数2安打の成績を残した後、川崎選手は昇格することになりました。

ネットには

「結果的に2泊3日のバッファロー旅行だったわけか」

と言う声もありました。

なるほど、バッファロー市はナイアガラの滝の入り口とも言える都市ですから。


川崎選手の昇格を受け、日本のtwitterでは

「ムネリン」

がトレンド入りしました。


また、「Munenori Kawasaki」で検索すると、多くの現地の人からのものと思えるツイートが引っかかりました。

今でもこんなものを見ることができます。

「@BlueJays yay so happy Kawasaki's back! 」

(川崎が戻って来てハッピーだ)

「Kawasaki is the best thing that's ever happened to the Blue Jays」

(川崎が入団したのは、はブルージェイズ史上、最高の出来事だ)


気になるのは、「カブレラ選手は15日間のDL入り」と言うことです。

2週間後には、川崎選手は、また降格するのかもしれません。

(カブレラ選手の不運を願っているわけではないです)

でも、遅くとも、選手登録枠が拡大される9月には、また川崎選手は戻ってくるでしょう。

ジェットコースター「KAWASAKI」は、まだまだ運行中です。


最後に、川崎選手のメジャーでのパフォーマンスについてランキングした動画へのリンクを貼っておきます。

YouTube「Connected Countdown: Top 5 Munenori Kawasaki moments」へのリンク



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】今宮の打撃をどげんするか



(今宮選手のホームラン動画

 皮肉にもペーニャ選手より打っているのですが)


最近、たぶん2ちゃんまとめサイトの「鷹速@ホークスまとめブログ」と言うのを読むようになりました。

書いてあることは超辛口なんですが、不思議とtwitterのホークスファンの暴言よりは腹が立たないです。


さて、最近ここで今宮選手について、気になること読みましたので、そのことを書かせてもらいます。

鷹速@ホークスまとめブログ「ソフトバンクの今宮って当たりなの?ハズレなの?」へのリンク

この中の

「打順は7番くらいで、打率は2割くらいでも良いからホームラン15本くらい打てる選手目指したほうが良いよ
たぶん3割打つのは難しいべ 」

と言う発言が気になりました。


今宮選手は、なんとなくコツコツ当てて行くアベレージヒッターとして期待されていて、そう育てられているような気がします。

あくまでも私の思いこみですが。

ですが、ここまでの長打力を見ていると、前述の書き込みのように、打率には目をつむって、長打力を生かした打者にするよう、育てた方がいいのかな、と言う考えにも一理あるな、と感じます。

下手したら元中日ドラゴンズの宇野勝選手のように化けるかも、とも思うんですが…

(ちなみに宇野選手は、守備力を買われてドラフト指名されたそうです)


以前も書いた話しですが、元ホークスの浜名選手は、下手に足が速かったので、コツコツと当てて行く打撃を求められたそうです。

数年前の野球中継の解説席で、本人は、それが嫌だった、と語っていました。

そう言うこともありますから、今宮選手の意向も聴いて、方針を帰ることも考えた方がいいかな、と考えます。


もう、守備と走塁はオールスターレベルですから。


ところで、上記まとめ記事中に

「上手い守備の傍らイージーゴロをよくエラーする印象
 性格なんだろうな 」

と言う書き込みがあります。

たしかに、真正面のゴロをとりそこなうこともあります。

こう言う守備について、昔読んだことを書いておきます。

正面に飛んできた打球は、「点」が上下するように見えて距離感がつかみにくく、打球をとるタイミングをはかるのが難しいことがあるそうです。

それに比べ、左右のゴロは、打球が「線」に見えるので、予測がしやすいそうです。

こう言うことも、今宮選手のイージーエラーにつながるのかな、と考えられます。

いや「イージー」とは言えないと言うことになりますが。


話しを今宮選手の打撃に戻しますが、とにかく今は守備で失点を防いでいるので、スタメンをはる価値はあると思います。

イージーエラーや、6月25日の8回の、一塁への大暴投などもありますが…

期待してますよ\(^o^)/


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アプリ】自由民主党が「自民NEWS」「あべぴょん」を発表

昨日6月26日 自由民主党はスマートフォンアプリ、

「自民NEWS」

「あべぴょん」

を発表しました。


「自民NEWS」は自民党の広報アプリで、各候補の政策に関するトピックスや、街頭演説の場所や時間を検索することができるそうです。

かなり真正面からネット選挙を意識したものでしょう。


「あべぴょん」はゲームソフトで、安倍首相をモチーフにしたキャラクター「あべちゃん」を操作して遊ぶものだそうです。


とりあえず、後者のダウンロードサイトへのリンクを貼っておきます。

「自民NEWS」へのサイトにはそちらからとべますので。

「あべぴょん - iTunes - Apple」へのリンク

「あべぴょん Google play」へのリンク


私は特に自民党を支持するものではありませんが、ネット選挙対策や、半分は人気投票に近い選挙のことを考えますと、うまくやったな、と考えます。

特にネット選挙に関しては、情報の提供が開示されたものの、どのサイトを見ればいいか、すぐにはわかりかねます。

しかし公式アプリがあれば、簡単にアクセスでき、情報を得ることができます。


このアプリ提供に関してどう言う声があるか、下記リンク先の記事に、ユーザーコメントがあります。

Yahooトピック「「あべぴょん」で浸透狙う=自民がスマホゲーム開発【13参院選】」へのリンク

Yahooトピック「自民党がスマホ向け公式アプリ 最新情報から「あべちゃん」ゲームまで、AR機能も」へのリンク

前者についたコメントをみますと、ゲームソフトがあるからか、お金の使い方がおかしい、と言う批判的な声が目立ちます。

私は、ゲームソフトは話題作りとして、広報アプリは、適切な宣伝活動で、うまいやり方だと思います。

後者には

「共通サイト作ってどの候補者も紹介できる仕組みにしてほしい。」

と言う声があります。

私はこれは平等、と言うよりも、横並びになる弊害の方がいやなので、各党で法や倫理の範囲内でやればいいかと思います。


しかしネット選挙にこう言う手があるとは想像もしなかったなぁ。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【 #ブログ 】百田尚樹氏の気になる言葉



(『永遠の0(ゼロ)』について語る、百田尚樹氏)


『永遠の0』(えいえんのゼロ)や『海賊とよばれた男』の著者、

百田 尚樹(ひゃくた なおき)氏

の言った一言が気になってます。

6月22日(土)の日テレビの「世界一受けたい授業」で語っていたことですが、

を書くために色々と調べた結果、書けなくなったものがたくさんある」

と言う言葉です。

これは、百田氏の発言の原文のままではなく、他の出演者とのやりとりを聴いて、私がこう言う形にまとめたものです。


次元が違いますが、私もこう言うことがありますので、気になりました。


百田氏の「書けなかった」と言うの話しは、これ以上深く語られることはありませんでした。

私は、どう言うものが、どう言う理由で書けなくなったのか、そこが気になってます。


私が「調べた結果書けなかったもの」と言うのは、以下の理由によるものです。

・調べた結果、人様に見せられないものを見つけてしまってやめた

・調べた結果、いろいろな方向に話しが膨らんでまとめられなくなってやめた


細かく書けばこんな感じです。

・調べた結果、人様に見せられないものを見つけてしまってやめた

 調べた結果、人を不安に陥れる可能性があること、不謹慎だと思われる可能性があること、そして自分の倫理観と異なる可能性があることなどが見つかることがあります。

 そういう場合、書いてもいいかどうか考えて、まずいと思ったらやめます。

 ここで強調したいのは、「可能性があること」について注意していることです。

 ここまで読んでいただいて、こんなことを書くのは申し訳ないですが、私が言いたいこととが、そのまま読んでくれた方に伝わらないことがあります。

 文章がうまいとか下手とか、そう言う問題の時もありますが、そう言う問題ではないときもあります。

 そもそも私と、読んでくださる方は同じ人間ではないので、それはしょうがないのです。

 また、価値観の違いもあります。

 私が「これくらいいいだろう」と思っても、そうは思われない方もいるはずです。

 私が未熟だと言うこともあるでしょうが、今の世の中は、当に「やっていいこと」と「やってはいけないこと」の区別がつけにくいものが、多くなっていると思いますから。

 実際のところ、先週の土曜日は旬なテーマを書こうと思ったのですが、調べ始めて、読んだことで人を不安にさせることが見つかりましたので、そのテーマはやめました。

 その時に限らず、そう言う「書くべきではない」部分だけ落として書けばいいじゃないか、と言う考え方もできます。

 実際そうやって書くことの方が多いかもしれません。

 でも、看過できない場合もあります。


・調べた結果、いろいろな方向に話しが膨らんでまとめられなくなってやめた

 これは私が技術的に読んでもらえるように、まとめることができなくなった場合です。

 こう言うことはあまりないです。

 だいたい、うまくまとめようと言う意識がないですし、優先度の低いものは落としますし、箇条書きにすることで、まとめることをごまかしてますから。


もうひとつ、「調べた結果書けない」パターンを思いついていたのですが、忘れてしまいました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】パールボウル2013観戦記&乃木坂46鑑賞記

20130625パール 席

(観戦した席からのながめ) 


昨日、東京ドームに、

パールボウル2013(PEARL BOWL XXXVI)

を観に行ってきました。


今回はハーフタイムショウに、

乃木坂46

が出場と言うことで、そのファンの方2人(ただし1人はアメフトに詳しい)の引率みたいな感じで行ってきました。


そういうわけで、今回はその2人がハーフタイムショウを楽しんでくれればいいかな、と考え、席もそれに都合がいいとことろに座りました。

上の写真のように、エンドゾーンの真後ろの最前列。

ラグビーやサッカーと同じで、ここは試合を見るにはあまり向いてないと考えます。

私はサイドラインの真ん中で、やや上の方が好きなんですが、まあ昨日はいいです。

それに、ここはここで、OLなどが開けてくれる穴がよくみれる、と言うメリットもあると考えましたので。

ちなみに、先に行って席を確保してくれた2人のうち1人に、なんでこの席にしたかと尋ねたら、乃木坂46のメンバーが出てくるところを見るにはここがいいと考えたから、と言うことでした。


そして試合観戦ですが、正直なところ、昨日はあまりアメフトの観戦はしませんでした。

ここで言う「アメフトの観戦」とは、ほぼ毎プレイ毎プレイ、試合の流れを見ながら、できる範囲で頭の中でその意図を分析しながら見て、次のプレイを予想したりすることを意味するのですが…

昨日は試合の流れをあまり感じれませんでした。

しょうがない、昨日は目的が純粋にアメフト観戦、と言う訳ではありませんでしたので。


こんな書き方をすると、いやいや言ったように思われるかもしれませんが、そんなことはないです。


1.試合について

試合については、鹿島ディアーズが後半早々に逆転して、そのまま逃げ切って富士通フロンティアーズに17-10で勝ちました。

鹿島は8回目の優勝だと言うことですが、これはパールボウル史上最多じゃないかと思います。

毎日新聞「パールボウル:鹿島が富士通を破り8回目の優勝」へのリンク

試合の流れの詳細については、下記記事にあります。

日刊スポーツ「鹿島4年ぶり8度目V/アメフト試合詳細」へのリンク

前半は富士通オフェンスだけが前進したもの、2本のFGを外し、リードを広げることができませんでした。

後半は鹿島がパス攻撃に転じて早々に逆転。

その後はこう着状態が続きました。

残り3分ぐらいで鹿島がFGで17-10とリードを広げました。

富士通は2個タイムアウトを残していて、時間は微妙な時間が残されると言う、理想的な展開となりました。

うまくいけば同点、勝ち越しが見込まれますが、それにはミスも許されないと言うシチュエーションですから。

しかし鹿島ディフェンスがふんばり、それを阻止しました。


最終スタッツはこちらです。

Xリーグ「パールボウル試合結果」へのリンク

ターンオーバーが一つもありませんでした。

(ほぼインターセプト、と言うプレイは2度ほどありましたが)

また、反則が少ない、と言う印象の試合でした。

前半はたしか1回しかなかったと思います。

締まったディフェンス戦だったと言うイメージです。


上から出申し訳ありませんが、気付いたことをいくつか書いておきます。

・両チームともディフェンスが良くがんばったと思います。

 私はディフェンスからMVPが出てもおかしくないと思ってました。

・富士通は前半に2本のFGを外しました。

 しかもいずれも20台のものを含む、比較的容易な距離だったと記憶します。

 これが決まって前半を16-0としておけば、後半の鹿島オフェンスの立ち上がりを、もう少し攻撃的に防ぐこともできたんじゃないかと思います。

 渡米中の西村選手の不在が大きかったと思います。

・鹿島のQB山城選手ですが、後半パスを決め続けて逆転したのは見事だったと思います。

 あまり続けるとインターセプトの危険があるLB陣のあたりへのパスを、逆転するとスパッとやめたように見えるのですが、これが逆転後にリードを広げられなかった原因にも思えますが、逆にターンオーバーを防いだと考えます。

 逆転のドライブ、前述の通り富士通がもう少しリードしていれば、富士通ディフェンスはもう少し攻撃的に止めに行けたんじゃないかとも考えます。

・そのLB陣あたりへのパスですが、ターゲットの進行方向とは逆、ミスリードのパスが2本見られました。

 それでもターゲットは体勢をそんなに崩さず、素晴らしいラン・アフター・キャッチを見せてくれました。

 その点で、WR陣からMVPが出たのは良かったな、と考えます。

・反則が少なかったとはいえ、(たしか)富士通が自身の攻撃中に、12人以上の選手を入れると言う反則があったのは、ちょっとねぇ、と思います。

 それにしても、私の横で見ていた職場の方が、人数が多いのに気付いていたのには驚きました。

・エンドゾーンの真後ろ、しかも最前列と言う低い場所は、とてもアメフト観戦には向いていないのがわかりました。

 穴(あるいは「デイ・ライト」)が見えておもしろいかなと思ったのですが、私にはあまりよく見えませんでした。

 とにかく、フィールドポジションがよくわからず、ゲインやロスも距離感がつかめなくて、辛かったです。

 ただ、時々QB目線で見れることがあったのは新たな発見で、なかなかおもしろかったです。

・両チームとも、RBがタックルを受けてもなかなか倒れませんでした。

 ディフェンスのタックルが甘い、とは見えませんでした。

 特に富士通の金選手は素晴らしかったです。


2.乃木坂46のハーフタイムショウなどについて

斎藤ちはる嬢のコイントスには間に合いませんでした。

ハーフタイムショウは、フィールドの中央で行われました。

私の席からはとても遠くて、よく見えませんでしたので、スクリーンの画像を見ていました。


ショウはまず乃木坂46だけで

「おいでシャンプー」

をやり、トークがあって、その後Xリーグの各チームのチアも参加して

「ガールズルール」

を歌いました。


考えてみると、AKB48も東京ドームでのコンサートまでには何年間もかかったそうですから、活動歴が圧倒的に短い乃木坂46がここでやる、と言うのは大変な名誉なのでしょう。

メンバーの一人、伊藤寧々嬢も、その特別さをゲーム後のブログに書いています。

伊藤寧々 OFFICIAL BLOG「ねねころぐ(´・_・`) *315」へのリンク


ファンについてですが、最前列にいた私の周りには、高校生から大学生ぐらいのファンが殺到し、ペンライトをふりかざしたり、コールをしたり、タオルを掲げたり、と大変な盛り上がりでした。

でも、うるさい以外はあまり迷惑には感じませんでした。

うるさいと言っても、歌やトークが聞こえないとか、そんなことは全然なかったです。


意外だったのは、けっこう肉食系に見える若いのが多かったこと。

私はおたくっぽい層が来場するかと考えていたのですが。


試合後、斎藤ちはる嬢が表彰式に出てきて、MVPなどの個人賞の授与を行っていました。

彼女のお父さんは現役のアメフト選手で、彼女も試合をよく観に行っているとのことですので、アンダーながら彼女がコイントスとこの大役に抜擢されたのでしょう。

16歳でこの舞台は大変だったろうなぁ。

20130625パール 表彰式


関連する記事へのリンクを貼っておきます。

最初のはインタビュー動画つきです。

日テレNEWS24「乃木坂46、東京ドームで初パフォーマンス」へのリンク

ナタリー「乃木坂46、東京ドームでチアリーダーとコラボライブ実現」へのリンク

BARKS「【Kawaii girl Japan】乃木坂46が東京ドームで約2万人を前にパフォーマンス」へのリンク

毎日新聞「乃木坂46:社会人アメフットハーフタイムショーに登場「東京ドームで初めて歌った」」へのリンク


なお、記事中に斎藤ちはる嬢のお父さんについて記述があります。

ここまでオープンになったので、お父さんのことを書いたサイトへのリンクも貼っておきます。

「BARBARIAN公式サイト「注目選手【第4弾】」#14 QB 斎藤伸明(さいとうのぶあき) 東洋大学」へのリンク

斎藤ちはる嬢には、色々とアメフトにたずさわってほしいなぁ、と期待します。

アメフトが好きな方の中には、アメフトとは関係の薄い芸能人が、アメフトのイベントに出てくることを嫌う人もなくもないです。

ですが、斎藤ちはる嬢なら、無関係どころか、私のようなプレイ経験のない者より、よっぽどアメフトに親しんでいるでしょうから、文句はないでしょう。


なお、アメフトのハーフタイムショウに、アメフトとは無関係の芸能人が出てくることを嫌う人もいます。

ですが、私は、そもそもアメフトの試合の部分と、ハーフタイムショウのテーマは、そんなに強い関係がなければいけない、とは思わないです。

品格さえあれば、別物でもかまわないと考えます。

関係性を重視していたら、スーパーボウルと言うものを知らなかったと言われる、マイケル・ジャクソンを、ハーフタイムショウに引き出せなかったはずです。


なお、ハーフタイムショウの模様は、今後も乃木坂46公式ブログで書かれるでしょうし、YouTubeのTOKYO MXのチャンネルや、時事通信のチャンネルでアップされることも考えられます。

また、昨日はベンチ裏にワイドショウの関係者がたくさんいたらしいので、今日のそれらの番組でやるかもしれません。



3.鹿島ディアーズの特殊な事情

優勝した鹿島ディアーズですが、今季限りで企業チームとしての活動を停止することが発表されています。

チームは来季からはクラブチームとなり、現在そのスポンサーを探しているようです。

時事通信「鹿島、存続へ追い風=アメフットパールボウル」へのリンク

週刊TURNOVER「「今が巣立ちの時」 チーム存続目指す鹿島」へのリンク

たしかにこの優勝は、スポンサー探しに大きく貢献するものと思われます。

これだけ強いチームであれば、大きな大会に出るには十分ですし、スポンサーがチーム名にスポンサー名を入れれば、テレビ、新聞、ネットなどで、そのスポンサーの名前を露出させることができます。

アメフトの記事だから効果は少ないかも、と思われるかもしれませんが、朝日新聞などはけっこうとりあげてくれます。

コストパフォーマンスはかなりのものだと考えます。


今度の正月のライスボウルが、鹿島ディアーズが最後に目指すべき頂点となります。

その時に有終の美を飾れるか、そして来季はどうなるのかが注目されます。


最後に、表彰式を終えて退場する斎藤ちはる嬢の写真を。

20130625パール 斎藤ちはる

乃木坂46目当てでやってきた職場の人は、プレイについても細かく尋ねてきて

「アメフトって、おもしろいじゃないですか」

と言って帰って行きました。

ちはるちゃん、また来てね!!

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ムネリンMLB初ホームラン\(^o^)/ でもお辞儀がA・フォスターほどではない



(ムネリンこと川崎選手のメジャー初ホームランの動画)


トロント・ブルージェイズの川崎宗則選手が、21日のトロントでの対ボルティモア・オリオールズ戦で、メジャー初ホームランを放ちました。

日本でも年間2~3本ぐらいだったと記憶しますので、まさかMLBでホームランが打てるとは考えませんでした。

と言うか、だいたい今メジャーにいること自体が奇跡だとたたえられていいと思いますので。

Yahooトピックス「川崎、メジャー初本塁打は同点弾!ファン総立ち出迎えに「震えた」」へのリンク

ただ、本人も困惑しているせいか、いつもほど立派なお辞儀をしていないな、と感じます。

下記リンク先で引用されている記事によると、このホームランを知った川崎選手の師、ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手は

「両手を胸の前で合わせる川崎の得意のポーズには「あの意味は何なの?」と話していた。」

そうです。

鷹速@ホークスまとめブログ「イチロー、川崎の初本塁打に「おめでとう」」へのリンク

普通に考えて、我々日本人がよくやるお辞儀だと思うんですが。


ところで上記記事の中に

「あのポーズがレンジャーズでも流行ってるんだがマジ何なの? 」

と言う書き込みがあります。

あれは川崎選手によってもたらされたものではなく、レンジャーズと同じテキサス州のアメフトチーム、ヒューストン・テキサンズのRB

アリアン・フォスター

と言う選手のパフォーマンスが広がったものだと推測します。

フォスターは、タッチダウンを決めると、ものすごくきれいなお辞儀をします。

「Namasute」(ナマステ)

と呼ばれているのですが、フォスターのは身近には、ヨガをやっている人がいるそうなので、その影響もあるんだろう、と考えられます。

下記リンク先の動画には、頭の30秒ほどで2回、その「Namasute」(ナマステ)が見られます。

YouTube「Arian Foster 2012 Season Highlights HD」へのリンク

ちなみにこの選手は、オードリー若林が、そのフィギアを買うほど好きな選手です。


川崎選手を見ていると、チームメイトや現地のファンから愛されているのが、本当によくわかります。

最初のYahooトピックスの記事の中に

「9回は1死一、二塁で二ゴロに倒れたが、走者はそれぞれ二、三塁に進み、デービスが左前にサヨナラ打を放った。」

とあります。

そのときの動画がこちらです。

前の打席のホームランのあとに全球が見れますが、それより、観客のコールというかチャンテがすごいです。

「Kawasaki」と叫んでいるのか「Munenori」と言っているのかよく聞き取れませんが、この程度の打撃成績で、観客総立ちでのこの応援は、ありえないんじゃないか、と驚きます。

川崎選手が打席に入ると、観客達が立ち上がり始めるんですよ。

どこの大打者だ、と思わせてくれて、嬉しくなります。




しかし、戦線離脱中のレイエス選手が戻ってきたら、川崎選手はマイナーに落ちるんじゃないかとも言われいています。

ジョイナス速報「【悲報】ムネリン、マイナー落ちがほぼ確定的」へのリンク

あっちの契約は複雑で、川崎選手が一番マイナーに落としやすい契約のようです。

日本人的感覚だと、実力ではなくて、契約で落とされるのは、なんだかなぁ~、と感じますが、郷に入らば郷に従えと言うことでしょう。

でも、川崎選手の存在を高く評価する声は強いようです。

Yahooトピックス「【MLB】川崎がメジャー初アーチ! 同僚は「川崎伝説が作られている」と称賛」へのリンク

なんとか存在感を見せつけて、マイナーに落とそうにも落とせない選手になってくれると嬉しいです。


最後にひとつ歌の動画を貼っておきます。

よくできてるなぁ、と笑いました。



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

6/23の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(今夜の「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」番宣動画)


6/23の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

リスナーさん達のtwitterを見ると、今回は大変評判のいい回だったと言えます。

「普段テレビでしかオードリー見てない人はラジオ聞いて欲しいなぁ。こんなに毒舌で壊れた若林さんはなかなかテレビでは見れないよw」

と言うツイートもありました。

が…

私は別件があって、あまり集中しては聴けませんでした。

そんなわけで、かなり簡素なものになりますが、書かせてもらいます。


1.番組の流れ

1)オープニング

「春日はいるだけでありがたい」と言うことを、「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」のMCで、若林は感じたと話していました。

けっこうこの番組の話題が長かったようです。

なお今日のこの番組の放送は2時間スペシャルです。


このあと、Yahooトピックス関連の話し。

山ちゃんが芹那を苦手にしているとのトピックスや、スギちゃんが弱気なことをブログに書いたことが取り上げられました。

前者はこちら

Yahooトピックス「南キャン」山里 芹那を苦手な理由を大胆トーク」へのリンク

後者はこちら

Yahooトピックス「スギちゃんブログで弱気連発「消えるのも仕方ない」 ファンから激励メール」へのリンク

のことだと思います。

スギちゃんのブログについては、若林によって朗読されました。

スギちゃんのワイルド日記「いやぁ」へのリンク

大変弱気な内容なんですが、いったいスギちゃんはどうしたんだろう、と言うことで、

「スギちゃん、聴いてたらスタジオに来てください」

と言うといかけをしました。

若林は、どうも春日とスギちゃんを闘わせたいようです。

(スギちゃんの方が先輩です)

今回のオープニングは1:32まで、と普通でした。


2)若林トーク

若林が主演する、7月1日の23時58分からのテレビ東京のドラマ

「終電ごはん」

の話題でした。

ところで、若林の奥さん役で酒井若菜と共演するのですが、若林は自身の配役に対して

「同棲したことがないので、雰囲気を出せるか少し不安です」

とコメントを出していたところ

「若林、酒井若菜と共演、不安」

との見出しでネットに載ったので、これじゃ相手が酒井若菜さんだから不安、だと誤解を受けるじゃないか、と文句を言ってました。

多分下記記事のどちらかでしょう。

Yahooトピックス「オードリー若林 ドラマ初主演で酒井若菜と夫婦役「少し不安」」へのリンク

Yahooトピックス「オードリー・若林正恭、ドラマ初主演 酒井若菜と夫婦役に「不安」」へのリンク

こう言う誤解を受ける見出しはよく見かけますが、私もブログで使うので、あまり非難はできないです。


3)春日トーク

「世界番付2時間スペシャル」の収録で、「やっちまった」話しでした。

世界各国の水着を着た女性が出てきたのですが、ブラジルのは生地が小さく、しかも女性が激しく動いていたため、とても刺激的だったようです。

それを見て春日は、前列にいた濱田龍臣クン(中一)に

「よ~く見とけよ」

とからかい気味に言ったところ、振り向かれてにらまれたそうです。

この件で、言ってはいけない世代の子に、やっちまったなぁ、と、珍しく帰宅しても後悔したそうです。

「珍しく、あたしが仕事を家に持ち帰った」

と表現していました。


思えば自分のそのころは…

と言う話しでした。


最後は

「この件は「Yahooトピックス」にはならないものの、「お笑いナタリー」には拾われるんじゃないか」

と言う閉めでした。


4)実録、人見知り学部

・「ジーパン」のことを「デニム」と呼べない

・「パワプロ」をやると、広島かオリックスを使う

・タマキンを見られても何も思わないが、さすがに棒を見られると恥ずかしい

このコーナーの中で、

「ツチヤタカユキが上京して一番驚いたことは、春日がしゃべらないことだった」

と言う話しがありました。

また、最後の件について、若林は恥ずかしいランキングで

3位:全部見られる

2位:タマだけ見られる

1位:棒だけ見られる

と言っていました。

本当にそうかどうか、スタジオ内で春日が検証しました。

その前に、アルバイトのミホちゃんに対して、

「コンビに行って来て」

と言う避難指示がかけられました。


5)「アバーン」

こんな番組の紹介が読まれました。

・「春日、よしとめあきひろ(ビッグスモールン・ゴンちゃん)などによる「迷走中!」」

・「米村でんじろうの「夢なんて空気砲で吹き飛ばせ」」

・「美輪(miwa)明宏のオールナイトニッポン」


6)謎の都市・町田市

こんなメールが紹介されました。

・外から町田市に入る時は、市の職員から、楽になりたかったら使ってくれ、と一発だけ弾が入った銃が渡される

・市長の口の中に、何か生き物が見える

・町田市の入り口には、この先日本国憲法は通用せず、の看板がある

・「おしん」が流行っている

・「スーパーマリオ」の3-1にとてもよく似ている

・宇宙人に「マチダ」と言うと、えいちゃんの言い方で「最高」と言われる

・「勃起」のことを「ポニーテール」と呼ぶ


7)夢ちゃん日記

今日はミホちゃんが、眼鏡をかけて臨んだそうです。

こんな感じのものが読まれました。

・「お電話ありがとうございます、ケイダッシュステージ、カスタマーセンターです」の出だしで、事務所の芸人をいじるもの

・「まんが日本昔ばなし」で、浦島太郎のカメがよっひで、竜宮城がニッポ放送のもの

毎度毎度、よくまぁ色々なパターンを思いつくものだ、と、職人さんのセンスの良さに感心します。


なお今回のオープニング曲はこちらに変わっていました。

YouTube「夏の終わりのハーモニー / 井上陽水・安全地帯」へのリンク

私は以前から、この曲を一度使ってほしいなぁ、と考えています。

YouTube「シーナ&ロケット ユーメイドリーム SHEENA & THE ROKKETS」へのリンク

サビで何回も「ゆめ~」と叫ぶので、いいかなぁ、と思うんですが。


8)しんやめ


9)エンディング

結局いろいろと裏で動いたものの、スギちゃんから連絡がなかったことが話されました。

また、春日が例の弱気なブログについて、そんなものを書くべきではない、と斬っていました。

私も強くそう思います。


男としてみっともない、とか言うことは置いといても、絶対に書いたことを後悔すると思いますから。


そんなことを世界に向けて発信するんじゃない、とも言っていました。

ここのところは非常に大事で、ネットに書くと言うことは、特殊なSNSを除いては、世界中の人に見られる可能性があるわけです。

そう言うことを自覚すれば、下手なことは書けないはずです。

(そう言う私は、この記事の中でシモな言葉をいくつか書きましたが、一応考えて書いています。)


話しを番組に戻しますが、春日がスギちゃんに、来週スタジオに来いよ、みたいなことを言って、番組が終わりました。


2.「オードリーのまんざいたのしい2013」について

ケイダッシュステージモバイルの受付が終わったようです。

好評だったようで、追加公演も決定したそうです。

ところでオードリーの公式サイトの、このイベントについての注意事項に

「※車いすでお越しのお客様は要事前連絡」

と言う記載がありました。

おそらく、先日の乙武洋匡氏のレストランでの一件を考慮したものでしょう。


3.ついでにアメフト情報

明日6月24日に、19時から東京ドームで

"PEARL BOWL XXXⅥ"(第34回パールボウル)

が開催されます。

これは、毎年行われる、春の社会人トーナメント大会決勝です。

カードは、鹿島ディアーズvs富士通フロンターレ

ディアーズは鹿島建設の実業団チームで、鹿島建設は、今季限りでアメフトチームを支援することをやめることを表明しています。

ひょっとしたら、最後の実業団チーム同士による決勝になるかもしれません。


なお、ハーフタイムショウには、このブログでさんざん書いてきましたが、乃木坂46が出演します。

昨晩、そのメンバーが発表されました。

・秋元真夏

・生駒里奈

・伊藤寧々

・井上小百合

・川後陽菜

・斎藤ちはる

・桜井玲香

・白石麻衣

・高山一実

・中田花奈

・西野七瀬

・橋本奈々未

・深川麻衣

・星野みなみ

・松村沙友理

・若月佑美


私は諸般の事情で観戦に行くことになったのですが、一緒に行く乃木坂46(とグリーンベイ・パッカーズ)に詳しい人に、

「このメンバーは、格としてはどんなものなのか?」

と尋ねたら

「おそらく、現実的には最高のメンバー」

だと言うことです。

乃木坂46は、昨年Jリーグの試合前のショーで、サポーターから色々と望ましくないことをされたそうです。

その「詳しい人」は

「アメフトファンの方には、そんなことはしないでほしいな」

と、自分もアメフトファンであることも忘れて、AKBグループのファンとして言っていました。

Jリーグの試合前のショーに出たのはアンダー中心だったそうです。

ですから、今回のメンバーから感じる本気度を見せつけられますと、そこは乃木坂46に敬意を払わねば、とアメフトファンとして考えています。


詳細はこちらをどうぞ。

乃木坂46公式「"PEARL BOWL XXXⅥ" 出演メンバー決定のお知らせ」へのリンク

なお、「高校生以下は無料にて入場頂けます。」だそうです。


また、この試合は下記要綱で、録画放送されます。

TOKYO MX局 6/29(土)19:00〜21:00


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

木村カエラがカバーアルバムの収録曲を募集



(木村カエラがどう言う曲を募集するかはまだ不明ですが、例えばこの

 「君の瞳に恋してる」(ボーイズ・タウン・ギャング)

 「Can't take my eyes off you」(Boys Town Gang)

 とかどうかな、と。

 ただしこの曲自体カバー曲ですが)


木村カエラが、自身のアルバムに収録するカバー曲を募集するそうです。


木村カエラは明日6/23にプライベート・レーベル「ELA」の活動を開始するそうです。

その最初に出すアルバムを、1960~80年代の洋楽のカバーアルバムにしたい意向だそうです。

そして収録曲を一般に募集するそうです。

ナタリー「木村カエラ独自レーベルは「ELA」ロックなコラボカバー盤」へのリンク

正式な募集内容や方法は、明日公式サイトにて発表されるようです。

「木村カエラ公式サイト」へのリンク

また、twitterの木村カエラスタッフ公式アカウント(@kaela_staff)でも、告知ツイートがあります。

「デビュー9周年にあたる、明後日6月23日には、ELAのサイトも立ち上がります!更に、コラボカバーアルバムで、カエラにカバーしてほしい曲のリクエストも大募集です。こちらの受付は23日からスタートです。詳細は23日も発表になりますので、どうぞお楽しみに!!#kaela_k」
https://twitter.com/kaela_staff/status/347921502122950656


今のところわかっているのは、twitterにて、ハッシュタグ

「#rock_rq」

をつけて、曲名などをツイートすることだそうです。

アルバムは「秋には完成するとおもいます」とのことだそうです。


私は木村カエラのことは好きでも嫌いでもなく、よく知らないのですが、70年代後期から80年代の洋楽は大好きです。

だから、自分の好きなをカバーしてくれる可能性があるのなら、リクエストしてみようかな、と考えています。

映画のリメイクが、オリジナルのおもしろさに届かないと感じることはよくあるのですが、のカバーによってオリジナルの良さが失われると感じたことはほとんどありませんし。


余談ですが、ハッシュタグの「#rock_rq」ですが、短くて、独自性があって、わかりやすく覚えやすい、理想的なものだと感じます。

ハッシュタグ検索サイトで調べてみたのですが、たしかにこのハッシュタグはまだ登録されていませんでした。

よくこんないいハッシュタグが残っていたなぁ…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】乃木坂46を見に"PEARL BOWL"(パールボウル)へ行く方へ~メンバーが豪華すぎる



乃木坂46「ガールズ・ルール」のMV)


【追記~出場メンバー発表~】

6/22夕方、パールボウルに出演する乃木坂46のメンバーが発表されました。

速攻で一緒にいく詳しいファンの方に尋ねたら、

「現実的に乃木坂46が用意できる最高のメンバー」

だと興奮して応えてくれました。

こんな感じです。

・秋元真夏

・生駒里奈

・伊藤寧々

・井上小百合

・川後陽菜

・斎藤ちはる

・桜井玲香

・白石麻衣

・高山一実

・中田花奈

・西野七瀬

・橋本奈々未

・深川麻衣

・星野みなみ

・松村沙友理

・若月佑美


八福神についていえば、生田 絵梨花がいないだけの豪華メンバーだそうです。

詳細はこちらをご覧ください。

乃木坂46「"PEARL BOWL XXXⅥ" 出演メンバー決定のお知らせ」へのリンク

多分乃木坂46のファンの方にとっては、これは行かねば、と言う気持ちが強くなったと思います。

でもアメフトの会場ってどうなんだろう、いづらかったらやだな、と考えているかも。

いづらいことはないと思いますよ。

野球やサッカーに比べると、華やかだと感じますし。

アメフト見てればいいし。

後述しますが見るのは全然難しくないスポーツだし。

ただ、コンサートの会場のような雰囲気はないと思いますが。


【オリジナルの文章】

乃木坂46を見に"PEARL BOWL"(パールボウル)へ行く方へ

私も職場のそう言う人、2人の引率でパールボウルに行きます。


もし乃木坂46がゲスト出演しなければ、この2人はパールボウルには脚を運ばなかったでしょうし、アメフトファンである私も行けなかったでしょう。

細かい理由は省略しますが。

そんなわけで、乃木坂46がパールボウルに来てくれることには感謝しています。


1.職場の乃木坂46ファンとの会話

私は乃木坂46のことはほとんど知らないのですが、ゲスト出演が決まってから、ちょっと調べてみました。

そしてここ数日は、前述の2人と、いったい誰が来るのか、何を歌うのか、などを話しています。

出場メンバーは、乃木坂46のサイトで発表されるそうですが、今のところまだです。

わかったら、なるべく早くここに書こうと考えています。

2人のうち1人は

「いこまちゃん、くるかな~

 でも、勉強いそがしそうだからなぁ

 みさみさにも来てほしいな~」

「「ガールズルール」やるんだったら、新フロント3が来るかもしれない」

と夢をはぐくんでいます。

(「ガールズルール」を歌うことは発表されています)

もう一人は、来るメンバーによっては、カメラのレンズを新調する、とまで言っています。

この2人がAKB48が好きなのは知っていたのですが、乃木坂46の名前を、今回の件まで聴くことはありませんでした。

へえ、そんなに好きなのか、と驚きました。

さらに驚いたのは、誰が来るかの予想の時、1人はメンバーのフルネームを漢字で書きあげたことです。

ニックネーム付きで…


さて当日どうなりますやら。


「乃木坂46がアメフトのハーフタイムショウに出演する」

と言うと、

「ミスマッチじゃないか」

と言う答えが返ってきたりもします。

でも、私としては、極端に言えばハーフタイムショウとアメフトのゲームは別物で、マッチするも何もない、と考えています。

それに、「おいでシャンプー」のさびの部分とか、Xリーグのチア達とやったら、壮観だろうなぁ、と考えます。

YouTube「乃木坂46 出た! イイトコ取りの、「おいでシャンプー」」へのリンク

そう2人に言ったら

「え~「おいシャン」やるかなぁ」

「「ぐるカー」は?」

とか言ってました。

(AKB関係の歌は、まず略称を考えなければいけないそうです)

「チアの恰好するかな?」

と尋ねると

「基本、ひざこぞうださないから、ないんじゃない」

との返事が。


「まあとにかく、アメフトファンの方々には、去年のJリーグの時のようなブーイングはしないでほしいなぁ」

と1人が言ってました。

そう言う本人は、実はかなりのアメフトのファンでもあるんですが、現場で見るのは初めてだそうです。

それに今回は乃木坂46のファンとして行くみたいです。

私としては、彼女たちにブーイングをする理由は今のところ見当たりませんし、乃木坂46のファンが暴走しない限りは楽しんでみていると思います。


関連するいくつかのサイトのリンクを貼っておきます。

X League最新ニュース「【第36回パールボウル情報】ハーフタイムは乃木坂46とXチアリーダーのスペシャルコラボ」へのリンク

乃木坂46公式サイト「乃木坂46が"PEARL BOWL"にスペシャルゲストとして出演!!」へのリンク

乃木坂46公式サイト「"PEARL BOWL"に乃木坂46 Mobile会員をご招待」へのリンク


なお、この2人が以前予想したメンバーは、この記事の最後の最後に書いてあります。

http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-2543.html" target="_blank" title="「6/9の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想 」">「6/9の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想 」へのリンク

また、この試合は、後日録画放送されます。

【放送予定】

TOKYO MX 6/29(土)19:00〜21:00


2.アメフトと言う、観戦のためのハードルの低いスポーツ

アメフトを見るのはハードルが高いと考えている人が多いと思います。

私も以前はそう思っていました。

でも実際見てみると、そう言うことはなかったです。

ルールが難しいとか言われていますが、野球に比べるとはるかに簡単です。

それに、ルールがわかって野球を見ている人がどれだけいることか。

twitterで野球に関するツイートを見ていると、けっこうルールがわかってなくてみている人が多いな、と感じます。

ですので、あるスポーツを見るのに、ルールに精通する必要はないのです。

だいたい、アメリカの子供たちが、ルールに精通したうえで、喜んで観戦しているとは思えないですし、例えなにじんであろうと、子供がわかることが、大人がわからないことはないと考えます。


「アイシールド21」をよんだことがある人なら、無条件でアメフトを楽しめます。


そうでなくても、

4回以内の攻撃で10ヤード以上前進すれば、攻撃権を継続でき、それを繰り返して得点する

と言う基本ルールを知っていれば、あとは見ていればわかると思います。

すると新たにわからないことが出てきます。

どうなっているんだろうと…

そうやって疑問を持って、誰かに尋ねて解決し、また新たな疑問にぶつかる…

アメフトはそうやって、人をはめて行くのです。

私は見事にはめられました。


あと、アメフトの選手とは、試合後にふれあうチャンスがあります。

下記リンク先に、大のアメフトファンの女性がその件を書かれています。

アメフト観に行こう!「選手に声を掛けてみよう!!!」へのリンク

アメフト選手はがたいがよくて、とっても怖そうですが、本当に丁寧に接してくれます。

(ひょっとしたら上記の記事の中の

「僕(私)にはその行動力は真似できないや。」

の「僕」は、私のことかもしれません(^_^;))


3、アメフトファン、そして私自身のために

私自身、まだパールボウル観戦のための予備知識を持ってませんので、自分が後で読む意味も込めて、関連記事のリンクを貼っておきます。

なお、私は後で観戦記を書く予定ですから予備知識を入れておこうと思うだけで、何も知らずに見ても、アメフトはおもしろいですよ。

毎日新聞「パールボウル:「最後」の鹿島か、「勢い」の富士通か 24日激突」へのリンク

47NEWS「鹿島と富士通が激突 熱戦必至のパールボウル決勝」へのリンク

X League最新ニュース 「パールボウルメディア懇親会で両雄が前哨戦」へのリンク


私としては、今回が実業団チーム(会社所属のチーム)として最後となる、鹿島ディアーズが、パールボウルの歴史にどう言う足跡を残してくれるか、そのことに注目して見てみたいです。

日本のスポーツから、企業離れが始まって久しいです。

ひょっとしたら、今回が最後の実業団チーム同士の戦いになるかもしれませんし。


まあとにかく、アメフトファンの方々も、乃木坂46のファンの方々も、お互い相手に楽しんでもらえるよう、盛り上げていきましょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】長谷川選手の祈りに好感~祝!!2013交流戦MVP\(^o^)/



(長谷川選手が手を合わせているのはホームランと判定されることを祈っているのでしょう)


昨日「日本生命セ・パ交流戦」のMVPが、福岡ソフトバンクホークス

長谷川勇也選手

が選ばれたことが発表されました。

先週、長谷川選手か松田選手のどちらかが選ばれるべき、と書いたので、その通りになって嬉しいです。

毎日新聞「プロ野球:7年目の初タイトル…交流戦MVPの長谷川」へのリンク

そこで、以前長谷川選手について書いていたことを、ここで発表します。


ちょっと前の話しですが。

4/13の対千葉ロッテマリーンズ戦で、福岡ソフトバンクホークスの長谷川選手がセンターを超える大飛球を打ちました。

フェンスのどこかに当たって、打球はバックスクリーンに入りました。

全力疾走していた長谷川選手が二塁に達した後、打球がホームランにかどうかの判定が始まりました。

それを、長谷川選手が

「どうかホームランでありますように」

と言う感じで祈っていました。

祈りが通じたのか、判定は覆り、ホームランとなりました。

この件について書きます。


なお、私は仏教の浄土宗と、神道を信じています。


1.神仏に頼ることは、弱いことではない

今年最初のホークス公式のFacebookの書き込みは、たしか筥崎宮(はこざきぐう)を秋山監督を先頭に、選手たちが歩く写真で

「神仏を尊びて、神仏を頼らず」

と言う言葉が添えられていたと記憶します。

宮本武蔵の言葉で、神様や仏様を拝むが、その力を頼らず、自分で何とかする、と言う意味の言葉だったと思います。


私は、この言葉はあまり好きではないです。

宮本武蔵ほどの人物であれば、それは可能かもしれませんが、私のような凡人がこの言葉を使うのは、思いあがっていると思います。

私は神仏に守られているからこそ、こうやって平和な生き方ができていると考えています。


ですから、ホークスの書き込みには違和感を覚えましたし、長谷川選手の祈る姿には、好感を覚えました。


頼ってばかりで努力しないは行けないと思います。

「私は一生懸命努力します。

 でも努力が報われないこともあります。

 どうか努力が報われますように。」

そう言う頼り方が健全なのかな、と思います。


ちなみに私がこの言葉を知ったのは、小学生の頃に読んだ野球ど根性マンガ

「侍ジャイアンツ」

でです。

Wikipedia「侍ジャイアンツ」へのリンク


2.交流戦MVPについてあれこれ

交流戦に関する記事ふたつのリンクを貼っておきます。

sportsnavi「ソフトB長谷川を交流戦MVPに導いた打撃改造=鷹詞〜たかことば〜」へのリンク

本当にキャンプで前頭部陥没骨折した時には、ああ、しばらくだめだ、と感じました。

そして恐れていたのは、肉体的な後遺症より精神的な後遺症。

打席でボールを怖がるようにならねばいいが、と心配しました。

でも上記記事によると

「打席で当たったわけでもないから恐怖心もなかった」

とのこと。

他人事かのようですね。


そう言えばいつかサヨナラ打を打ってみんなから頭をたたかれまくったとき、

「みんな僕が頭を骨折していたのを忘れてるんですかね」

と言ってました。


そしてこの2ちゃんねるまとめサイト

鷹速@ホークスまとめブログ「ソフトB長谷川が交流戦MVP」へのリンク

最後に

「200安打打ってほしいわ。 」

とあります。

今61試合を終えて86安打。

あと83試合かな。

行ける、行けるぞハッセ


3.(余談)「人」「人」「人」

私はホークスのアウェイゲームの時は、ニコニコ動画で個人が放送しているサイトで試合の模様を聴いたりします。

そのサイトでは、ピンチの時なんかに長谷川選手の祈る写真を出したりしてますが、コメントには

「人」

と言う一文字が多く流れるときがあります。

私は最初は意味がわからなかったのですが、手を合わせて祈っている姿を表しているんですね。


ところで、アメフト試合中でも、twitterで「人」と言う文字が出てくることがあります。

ありがちでわかりやすいのは、

「人待機なう」

と言うものです。

この場合の「人」は、「セイフティ」と言う得点を意味します。

「セイフティ」で得点されたとき、審判が自分の頭上で両手を合わせます。

こんな感じで

20130428セイフティ

このポーズが「人」に似ているので、「セイフティ」のネットスラングとして「人」が使われるわけです。

(なお、セイフティって何、と言う話しになりますと、面倒くさいことになりますので、他のサイトで調べてください)


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「上司にしたい戦国武将ランキング!」の番外編にある「高橋紹運」について

下記リンク先の記事の番外編に

「高橋紹運」

と言う戦国武将が出てきて驚きました。

リクナビ「上司にしたい戦国武将ランキング!」へのリンク

ランキングには大御所がずらりならびますが、番外編には聞いたことがない武将が何人かいます。

(私はさほど戦国時代には詳しくないです)

しかし「立花道雪」とともに「高橋紹運」の名前が出たのは嬉しかったです。

二人とももっと知られていい人物だと思うのですが、さほど有名ではないでしょうから。


高橋紹運は、これもまたあまり知られてはない人物ですが、立花宗茂の実父です。

立花道雪とともに、落日の大友宗麟を支えた家臣です。


高橋紹運は、実の子宗茂を

「大友家のため」

と立花道雪にくどかれ、養子に出します。

立花道雪には男子がなく、また宗茂のことを高く買っていましたから。

高橋紹運は、養子の件を断り続けるのですが、最後には折れて

「もし高橋家と立花家が闘うことになったら、立花家のために立派に闘うように」

と宗茂に言い渡して養子に出します。


その後薩摩の島津家が、九州統一に乗り出します。

立花道雪は亡くなっており、大友家を支えるのは、もはや高橋紹運と立花宗茂のみとなってしまいます。

大友家は、豊臣秀吉に助けを求め、豊臣秀吉はそれを受けます。

しかしその援軍が来るまで、福岡北部の大友家の領地を守る必要がありました。

高橋紹運は、現在の福岡県太宰府市にあった岩屋城にこもり、徹底抗戦します。

その戦いぶりは壮絶をきわめたそうで、岩屋城跡には

「嗚呼壮烈岩屋城址」

と記された石碑が立っているほどです。

最後には城内の全員が討ち死にしてしまうのですが、この間に島津勢の北上を止め、少なからぬダメージを与え、大友領の最後の砦にして立花宗茂が守る立花山城(福岡県糟屋郡新宮町)への侵攻を遅らせます。

立花宗茂は、実父の死を無駄にせず、豊臣の援軍が来るまで立花山城を守りきったのでした。


考えてみると、高橋紹運の人生は、現代人から見れば、理不尽だと思えるでしょう。

でも、高橋紹運は、これそがもののふの道、と信じて死んでいったと考えます。


こう言う人物ですから、番外編とはいえランキングに名前が載ったのはうれしいです。

そして、こう言う人物の人生こそ、大河ドラマのモデルとなるべきだと考えます。


なお、下記リンク先で紹介されている本には、高橋紹運の名はありませんが、立花道雪、立花宗茂親子が、信じられない順位で載っています。

前者はとんでもなく高く、後者は驚くほど低く。

宝島社「日本史上最強の戦国武将は誰だ?」へのリンク


参考サイト

Wikipedia「高橋紹運」へのリンク

Wikipedia「岩屋城の戦い」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

『メンタリスト』ダレン・ブラウンを見てハリー・フーディーニを思い出した

昨晩、日本テレビの

「世界まる見え!テレビ特捜部」

で、

ダレン・ブラウン

と言うメンタリストのことを見ました。

その中で、ジョーと言う霊媒師のトリックを暴くエピソードがありました。

正確に言いますと、トリックを暴いた、と言うより、当てさせなかったのですが。


それを見て思い出したのが、

ハリー・フーディーニ

と言う奇術師です。

第一次世界大戦ごろにアメリカで脱出術で活躍したのですが、同時にサイキックハンターとしても活動していたそうです。

当時は降霊術が流行していました。

背景には空前の戦争、つまり第一次世界大戦が犠牲者を出し、その人達と話したい、と言う願いがあったのでしょう。

「シャーロック・ホームズ」の産みの親のコナン・ドイルも、息子を戦争で亡くしていたため、降霊術などのスピリチュアリズムに傾倒していたそうです。

フーディーニは亡くなった母親と交信したいと考えたので、降霊術の会に出席しましたが、仕事がらそれがトリックだと見破ってしまいます。

そして偽降霊術や偽超能力を暴く、サイキックハンターの活動を始めるようになったそうです。

しかし一方では、母と交信する望みは捨てず、本物の降霊術師を探しもとめていたとも言われています。

霊界との交信をあきらめなかったことは、死ぬ間際に、妻に

「死んだら霊界から交信する」

と言ったことからあきらかです。


このくだりは、ノンフィクションコミックの

『栄光なき天才たち』

で読みました。

このマンガは今はなかなか入手が難しいと思いますが、Wikipediaの

「ハリー・フーディーニ」

のサイトに記述があります。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】2013交流戦MVPは誰だ?

昨日で福岡ソフトバンクホークスの、2013年度「日本生命セ・パ交流戦」の全日程が終わりました。

MVPは優勝チームから選ばれますので、ホークスから誰か一人がその名誉に輝きます。

と言う訳で、誰がMVPか、と言うことを考えてみました。


なお、データの引用元ですが、チーム成績はこちら

日刊スポーツ「プロ野球順位表」へのリンク

個人成績はこちら

「2013年度 交流戦 打撃個人成績 トップ」へのリンク

「2013年度 交流戦 投手成績 トップ」へのリンク


1.帆足和幸投手

帆足投手は交流戦で4試合に登板し、そのすべてで勝利投手となりました。

防御率は1.16ですが、規定投球回数が24回なのに対し、23回1/3しか投げていません。

勝った、抑えた、と言う実績は素晴らしいのですが、投球回数が短いのが弱みだと思います。

せめて1回ぐらい完投していれば、コンスタントに7回まで投げ切れば、MVP候補の最有力の一人とあげてもいいと思います。


私は外様の選手こそ、こう言う賞をとってもらいたいと考えています。

特に帆足投手は、最後は自分の決断でホークスを選んでくれたのですから、ホークスに貢献してくれたことを公に認めてもらうためにも、帆足投手にはなんらかの賞をとってほしいと考えます。

今回の交流戦での実績は素晴らしいとは考えますが、チーム内にはもっと貢献した選手がいると考えますので、この賞は受賞すべきではないと考えます。


2.クリーンアップ

私は今回は野手からMVPが出るべきだと思います。

投手陣の防御率も素晴らしいものですが、打撃陣が挙げた得点は12球団の中でダントツです。

打率の上位3人を、ホークスのクリーンアップの3人、内川聖一選手、松田宣浩選手、長谷川勇也選手が占めており、打点でもこの3人が上位5人までに入っています。

交流戦後半は、打撃陣が大量点をとって、それが投手陣の思い切りのよい投球を助けたと考えられます。

ですから、MVPはこの3人の中から出るべきだと考えます。


しかし、この3人からMVPを一人に絞るのは本当に難しいです。

内川選手は本塁打数と得点圏打率が3人の中でトップ。

松田選手は打点がトップ。

長谷川選手は打率がトップです。


感覚で申し訳ないのですが、コンスタントに活躍した長谷川選手と、後半四番に座って爆発的に活躍した松田選手と言うイメージがあり、内川選手は…高いレベルでの期待通りの活躍ではありますが、一昨年MVPをとってますし、今回はご遠慮いただこうかと考えます。

長谷川選手と松田選手に甲乙つけるのは本当に難しいです。

ただ、チームが安打をつなげて打点を挙げ続けたことを考えると、四番はその象徴であり、松田選手がふさわしいかな、と考えます。

でも、長谷川選手も、負け続けていた頃から良く打ち続けてくれました。

それに、チームの公式twitterアカウント(@HAWKS_official)は、こんなことをツイートしていました。

「優勝の余韻に浸るヤフオクドーム。しかし、ミラールームからは打撃練習の音が響く。黙々とバットを降り続ける背中には24の背番号。これが現在の首位打者・長谷川勇也という漢。 #sbhawks」
https://twitter.com/HAWKS_official/status/345195371712114690

これを見ると、長谷川選手にあげたくなります。

プロですから、努力よりは結果がたたえられるべきだと思いますが、このことは多くの子供たちに対して語られる話しだと思いますから。


3.その他気になる選手

1)中村晃選手

中村選手が一番に座るようになって、打線が機能しはじめました。

最近のホークスでは、最も一番打者にふさわしいかもしれません。

とにかく粘りが素晴らしいです。

そして四球数に比べ、三振数が圧倒的に少なく、15個と6個です。

こう言う選手は他に内川選手が12個と9個でいるくらいで、貴重な選手なのです。

盗塁数は4個で、レギュラーに定着した時期を考えても、ホークスの一番としては少ないかな、と感じますが、それを補う働きをしていると考えます。

MVPには届かないにしても、交流戦優勝の立役者の一人です。


2)千賀滉大投手

交流戦が始まる前、セリーグのファンや選手は、千賀投手を見て仰天することになるだろう、と言う声あありました。

そしてそのような結果になったようです。

私の職場でも、千賀投手を絶賛するジャイアンツファンやタイガースファンがいます。

下記リンク先でも賞賛されています。

なんJくじ「交流戦で印象に残った選手」へのリンク

千賀投手は交流戦の半数に近い10試合に登板し、12回を無得点に抑えました。

「これはとても打てない」

と言われましたが、実は奪三振は16個で、千賀投手の数字としては物足りなく感じます。

(あくまでも主観で、それだけ無茶な期待を千賀投手にしている、ということです)

ですが、ホークスの中では、他チームにたいして最もアピールした選手だと思います。


3)吉村裕基選手

与えられたチャンスは少なかったですが、その中でよく活躍してくれたと思います。

9打席とはいえ、得点圏打率が.750と言うのは素晴らしいと思います。

中村選手、柳田選手との先発争いになると思いますが、今後も期待できます。



結論として、MVPは松田選手か長谷川選手のどちらかになるべきと考えます。

本当に難しくて、同じ人が判断しても、気分次第でどちらにするか、意見が変わると思います。

高いレベルでの争いで悩むのですから、ぜいたくな悩みだとは思いますが。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

6/16の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想~「荒野(コント)の7人」編

20130616ラグビー日本代表福岡選手

(ラグビー日本対ウェールズのゲームでの福岡堅樹選手(左))


6/16の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回はスペシャルウィークで、「荒野(コント)の7人」が放送されました。

コントの内容はさらっと書きますが、多分ネタバレになるかなと思いますので、録音されていて後で聴くから知りたくない、と言う方は、この記事は読まれない方がいいかもしれません。


1.番組の流れ

1)オープニング

番組開始直前までイマジンスタジオでコントの収録が行われ、編集を行いつつのオープニングトークでした。

先週まで決まっていなかった女性枠に吉木りさが決定して、今回の収録に参加してくれたことが告知されました。

実は今週半ばに吉木りさが起用されることが、ANN公式サイトやチーム付け焼刃(誰か忘れました)のツイートで発表されていたのですが、リスナーさんの実況ツイートを見ると、案外知らない人が多いな、と感じました。

編集に時間がかかるから、オープニングで時間を稼いでくれ、と言うチーム付け焼刃の願いを却下して、1:10ごろ、一旦終わろうか、と言う話しもあったのですが、そうもいかずオープニング続行。

昨日ラグビー日本代表が、ウェールズに勝った試合の話し。

中学時代にラグビー部だった若林は、サッカーで日本がイングランドに勝ったくらいの快挙だと言っていました。

この件は後述しますが、ラグビーという番狂わせが起きにくいスポーツで、世界ランク5位に、15位の日本が勝ったのですから、快挙だと思います。

結局1:25まで、オープニングは続きました。


2)メンバーあいさつと自己紹介

「荒野(コント)の七人」に出場するメンバーのあいさつと自己紹介がありました。

メンバーは以下の7人です。

・塚本直毅(ラブレターズ)

・溜口佑太朗(ラブレターズ)

・ニック(タイムボム)

・高桑翔汰(タイムボム)

・吉木りさ

・若林正恭(オードリー

・春日俊彰(オードリー


3)コント「街角占い」

街を歩くサラリーマン(若林)を占いの人が呼び止め、サラリーマンが渋々了承すると、大勢の占い師がかげから出てきて、大勢で占おうとするものでした。

最後はサラリーマンが壺を買わされて、母親に80万円の送金をお願いするオチでした。


なお、投稿者とコント名は五戸アナによって読みあげられました。

また、想像通りオードリーと吉木りさ以外は、誰がしゃべっているかわかりませんでした。

英語やちょっとイントネーションが違和感があるのがニックと言うのはわかりました。


4)反省会(たまり?)

5)コント「万引き」

本当は日本語がわかるのに、わからないふりをする外国人の万引き犯を、店員が呼び止めて問い詰めるものでした。

店員と万引き犯はタイムボムの2人。

駆けつけた警官が春日でした。


6)コント「漫才フレンド」

吉木りさと誰かが「東京レイニーピンク」と言う漫才コンビと言う設定で、カップルが交わしそうな会話を、お笑いに関する言葉に置き換えての恋愛ものでした。

「コントフレンド」が「コフレ」と略されていました。

なお「東京レイニーピンク」は「オードリー」(若林:雨男、春日:ピンクベスト)のことかな、と言うツイートがありました。


7)反省会

感想メールが読まれたあと、それに関するトークが行われました。

「万引きのコントがNHKの英会話教室かと思った」

「若林さんの演技がひかってた。さすが映画で苦労したことある」

と言うメールが読まれました。

なお、後者は嫌みなようでした。


8)コント「漫才フレンド(その2)」

前回の続きです。

東京レイニーピンクの男の方が、3股をかけていた、と言うことが発覚する恋愛模様のコントでした。

最後は、ラブレターズの単独ライブの告知が盛り込んでありました。


9)反省会

吉木りさとニックの存在感がハンパない、と言うことなどが話されました。


10)コント「ラップバトル」

ピクサー社員・塚本vsジブリ社員・若林のラップ対決と言う設定でした。

塚本のラップもうまかったんですが、若林のラップもなかなかで、「歌へた」で活躍している人には思えませんでした。

相馬たかし(箱根コナキンズ)を思い出した、と言うツイートが多かったです。

なお、Wikipediaによりますと

「Pixy(ピクシー)は、株式会社PIXYが運営するアダルトアニメを製作・販売するブランド」

だそうです。


11)反省会


12)コント「春日語通訳」

インタビュアー(吉木りさ)が、外国人映画監督(ニック)の回答を、日本語に訳してもらうものですが、その後春日が春日語に翻訳する、と言うものでした。

私もそうですが、twitterでも、春日語がわかりにくい、と言う声がありました。

実は、リスナーも知らない、春日とサトミツだけの言い回しもあるそうで、今回がそれが多用されたようです。


13)反省会


14)コント「ラジオ愛」

ANNが終わって2分で帰る若林が、溜口演じるうざい出待ちにつかまる、と言う内容でした。

このコントは、なんと9分の長さでした。

「溜口さんの気持ち悪い演技が生々しい」

と言うツイートがありました。

「うざい出待ちあるある」の「業界用語を使いたがる」と言うのも、十分に反映されていました。


15)反省会

「1年半引きこもっていましたが、偶然この放送を聴いて、月曜から学校に行こうと決めました」

と言うガチのメールが読まれました。

一体感のある楽しさが、強烈に胸に刺さったようです。

お笑いってすごいですね。


16)エンディングトーク

最後の反省会でした。

今日は春日が反省会で、がんばってしゃべっているなと思っていたんですが、他にもそう感じた方がいたようです。

ぶっこみは、よく聴いてなかったのですが、NG集だったようです。


2.日本対ウェールズのラグビー、テストマッチ

前述しました通り、日本は世界ランク15位で、ウェールズは5位ですので、日本が28-3で勝ったのは快挙だと言えるでしょう。

Yahooトピックス「ラグビー日本代表、古豪ウェールズ代表から歴史的な勝利」へのリンク

日本が「6カ国対抗リーグ」に出場するチームに勝ったのは、1989年のスコットランド戦以来、史上2回目だそうです。

その試合は私も現地観戦しました。

この時はまだ「5カ国対抗リーグ」でした。


ウェールズは独立国ではなく、イギリスの一部です。

サッカーと同じで、ラグビーにもイギリス代表と言うのはなく、それぞれイングランド、ウェールズ、スコットランドなどに分かれて国際大会に参加しています。

なお、イギリス国王のことを

「プリンス・オブ・ウェールズ」

とも呼びます。


2019年のラグビーワールドカップは、日本で行われます。

2002年のサッカーワールドカップと同じで、日本は大会を開催するには力不足です。

アジアでは強く、ワールドカップ本戦には1回目から全回出ているのですが、本戦では1勝か2勝しかしていないと記憶します。

だから、今回の快挙に、若林が大騒ぎしていたのです。


心配なのは、2002年のサッカーに比べ、国内でのラグビー人気が低いこと。


なお、サッカーではどういう意味でつかわれているかは知りませんが、

「テストマッチ」

と言う言葉は、ラグビーでは、国と国の威信をかけた公式戦で、けっしてテスト的なものではないです。

ただし今回のテストマッチは、ウェールズはフル代表とはいえ、主力を落として若手主体で臨んだようです。

しかし、テストマッチであることは変わりません。


3.いよいよ『オードリーのまんざいたのしい2013』受け付け開始

今日の13時から

『オードリーのまんざいたのしい2013』

のケイダッシュステージモバイルにて会員限定選考受付が始まります。

期限は6/20(木)23:00まで。

詳細はモバイルサイトを確認してください、とのことでした。

私は会員ではないので、7月7日(日)10:00~発売開始の一般発売にかけます。


4.アメフトネタ

最後にアメフトネタをひとつ

今日アメリカの女子アメフトで、日本人の所属するチーム同士の対戦があります。

鈴木弘子選手のパシフィック・ウォリアーズと、小倉典子選手のサクラメント・サイレンスによるプレイオフ1回戦です。

アメフトNewsJapan「女子アメフトの鈴木選手と小倉選手がPOで対戦予定」へのリンク

二人が対戦するのは楽しみですが、どちらかがシーズンエンドを迎えるのは残念です。


追記

サッカーのコンフェデレーションカップの日本対ブラジル戦をテレビでかけて、この記事を書きました。

たった今、ブラジルが2点目を入れました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】松中がセレモニー欠席を謝罪してくれたので、ほっとした

福岡ソフトバンクホークスの松中信彦選手ですが、交流戦優勝のセレモニーを欠席した件を、ブログで謝罪しました。

福岡ソフトバンクホークス松中信彦オフィシャルブログ「報道について」へのリンク

「様々な形で報道されいてます。僕が色々言うつもりはありません。」

ことの流れはこんな感じのようです。

・6月13日

 ホークスが試合に勝つ
  ↓
 他の優勝候補チームが負け、ホークスの交流戦優勝が決定し、優勝セレモニーを始めることになる
  ↓
 松中選手がセレモニーには出ないと言いだす
  ↓
 周囲が出るように説得するも応じず、結局セレモニーには松中は欠席する
  ↓
 秋山監督は、松中選手の欠席について激怒する
  ↓

・6月14日

 松中選手は二軍に落される
  ↓
 松中選手がブログで謝罪する

スポニチ「2軍落ち松中「水を差してしまい申し訳ない」…謝罪の書き置きも」へのリンク


なぜ松中選手がセレモニーに欠席したか、2つの見方があるようです。

・起用法に不満があったので、出席をボイコットした

・優勝に貢献していないと言う認識から、出席を遠慮した

「様々な形で報道されいてます。僕が色々言うつもりはありません。」

と松中選手がブログに書いていますので、まあこれ以上真相を追求するのはやめてほしいです。


この謝罪ついては、辛口のネット民でも歓迎する声が多いようです。

鷹速@ホークスまとめブログ「松中、謝る」へのリンク

「しっかり謝ったら切り替えていけ」

「おうまたがんばっておくれ 」

「よし!許す!
 がんばれ」

「優勝にはお前の力が必要なんや
 またがんばってくり~ 」

「早めに謝ったのはええことよ
 けど次やったらアカンで」

「おぅ偉いなファンに向けてコメント出したか
 関係者にも謝罪して関係修復してすぐ一軍復帰してくれよ

 このまま終わったらあかんで
 もう一花咲かせい」

「切り替えていけ

 まだ期待してるファンは多い」



私も最後の声にある「まだ期待してるファン」の一人です。

40代で第一線で活躍している選手は少なくありません。

まだ39歳。

結果が出なくても、あと1~2年はがんばってほしい。

「三冠王」をとったばかりの罰ゲームか、と言われそうですが…


松中選手は、もちろん南海ホークス時代を入れても、レジェンドとして大切な選手です。

実はこの記事を書く前、松中選手がブログで謝罪したことを知りませんでした。

知らないまま書いたら、色々とネガティブなことを書いたでしょう。

(もちろんネガティブで終わる気はなかったですが)

もう、そのことを書くのはめんどくさいからもういいや。

いつか

「そんな時代もあったねと」(時代)

と言う感じで書ければいいと思います。


最後に3つ、これだけは書いときたいと言うことでしまめす。


まず、松中選手が、自信が交流戦優勝に貢献していないと言ったら、それは間違いだと思います。

この日だって9回に代打で出てヒットを放ち、ちゃんとダメ押し点につなげてるじゃないですか。


秋山監督の厳しさは、完全に、とまでは思えませんが、どの人にも公平なところがいいと思います。

このことは、ネットでも多く評価されていました。


そして起用法ですが。

この日は松中選手がヒットを放ち、本多選手のヒットで二進したところで柳田選手と交代しました。

二塁に行って代走をだすなら最初から出せばいいじゃん、と思われるかもしれませんが、これは他球団でもみられる采配です。

私は、将来のある柳田選手を最初から代打で使わなかったことは、松中選手を冷遇していない、と言うことになると考えます。



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

映画『アフター・アース』には『アフター・マン』の世界の未知の生物は期待できるのか



 (千年後の地球が舞台の「アフター・アース」の予告編動画)


6月21日に

『アフター・アース』(After Earth)

と言う映画が公開になります。

この映画での最大のアピールポイントは、

ウィル・スミスとジェイデン・スミス

の実の親子が、親子役で出演することなんでしょう。

共演は初めてではなく、2006年の『幸せのちから』についで、2回目だそうです。

なお『幸せのちから』では、ジェイデンはオーディションを勝ち抜いての出演だそうです。

映画『アフター・アース』公式サイトへのリンク

映画『アフター・アース』公式Facebookへのリンク

映画『アフター・アース』公式twitterアカウント(@AfterEarth_JP)へのリンク

この他関連する情報サイトへのリンクへを貼っておきます。

私としては、前者2つを読んでおけば十分かな、と思います。

ぴあ映画生活「アフター・アース」へのリンク

映画.com「アフター・アース」へのリンク

シネマトゥディ「アフター・アース」へのリンク


私がこの映画にひかれたのは

舞台が千年後の地球

と言うことです。

正確には西暦3071年と言う設定で、千年前に人類が見放した地球に、スミス親子が流れ着く、と言うものだそうです。


期待するのはその地球に生息する生物たち。

書籍「アフターマン」に描かれたような異様な生物がたくさん出てきて、なぜそのような生物が発生するにいたったか、とか語られるといいな…と思ったんですが…

予告編動画を見る限り、それほど突飛な生物は見当たらないな、と感じました。

ダイヤモンド社「アフターマン 人類滅亡後の地球を支配する動物世界」へのリンク

かろうじて映画.comの記事の

「それは、「人間の“恐怖”に反応する」という点。遺伝子操作によって生み出された生物兵器“アーサ”というクリーチャーが登場し、それは人間の恐怖を匂いとして感知し襲ってくるのである。」

と言う文の中に出てくる「アーサ」と言う生物ぐらいかな、と。

(「クリーチャ」とは「空想上の不思議な生物」だそうです)

これまでなかったことはないですが、人間の心に反応する生物と言うのは興味深いな、と考えます。

「“危険”は実在するが、“恐怖心”は自分次第だ」

と続く文とともに。


メンタルヘルスには興味がありますから、この辺のことはじっくりと考えてみたいと思います。


なお、こんなニュースもありました。

ロケットニュース24「これが「10万年後の人類の顔」です」へのリンク

私は目が細くて、起きているか寝ているかわからない、と真顔で言われるぐらいですが、それにコンプレックスはないので、こんなに大きくならないでいいです。

でも「髪の毛の密度が高くなる。」と言うのはうらやましいなぁ…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ドラフトで8歳の男の子を指名した ワシントン・レッドスキンズ



(ワシントン・レッドスキンズのキャンプでRBのラティーフ・ブロックのニュース)


NFLのワシントン・レッドスキンズ(WAS)が、ドラフトで8歳のRBを指名しました。

と言っても、ボランティアイベントのお話し。

昨年11月に腎臓移植を受けたばかりのラティーフ・ブロック君に対し、メイクアウィッシュ財団の助けで行われたもののようです。


WASは「特別」ドラフトを開き、RBのブロック君に対し、マイク・シャナハンHCが指名。

施設にまねかれ、契約書にサインをし、練習場で選手たちと汗を流したそうです。

詳細は下記リンク先の記事にあります。

アメフトNewsJapan「レッドスキンズが8歳の男の子を特例ドラフト」へのリンク

英語の記事にも一つリンクを貼っておきます。

USA TODAY「9-year-old lives Make-A-Wish dream with the Redskins」へのリンク

この英語の記事に写真があります。

左側の選手はロバート・グリフィン3世(通称「RG3」)と言う2年目のスター選手です。

昨シーズンの最後の試合で右ひざを負傷。

写真には右ひざを守る器具がついているのが映っています。


RG3と一緒に練習ができると言うのは、日本のプロ野球で言えば…

RG3と並ぶ適当な人物が、浮かばないのです。

鳴り物入りで入団し、期待以上の成績をチームにもたらした2年目の中心選手。

浮かばないなぁ…


このイベントに手を貸した

「メイクアウィッシュ財団(Make-A-Wish Foundation)」

ですが

「難病と闘うこどもが持つ夢の実現の手伝いをすること」

を目的とするボランティア団体で、日本でも

「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」

が活動しています。

去る3月にFacebookのグループ

「日本のアメフト復興会議」

による

「ハドルボウル」

と言うチャリティフラッグフット大会が行われましたが、その収益金はすべて、「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」に贈られています。

その辺のことは下記リンク先に書いてありますので、一読いただければ幸いです。

週刊TURNOVER「「ハドルボウル」に往年の名選手 主宰者・堀古英司さんの思い結実」へのリンク


ところでこの

ワシントン・レッドスキンズ

ですが、私はここのオーナーがあまり好きではありませんでした。


1999年にオーナーシップを引き継いだのですが、年齢は私の一つ下。

「甲子園に出てくる高校野球の選手が年下だと思うと、自分も歳をとったと感じる」

とよく聴きますし、私もそう思いますが、自分より年下の人間(当時34歳)がNFLのオーナーになったときは、本当にショックでした。

それが理由でこのオーナーのことが好きじゃないわけではありません。

やることにレッドスキンズの伝統と品格が感じられないからです。

前オーナーにして、レッドスキンズ復活を成した人物の名前がついたスタジアム。

この命名権を企業に売り払いました。

また、大金でビッグネームの選手を集めました。

HCも有名どころを集めました。

しかし一向にレッドスキンズは強くなりませんでした。


ようやく最近、今のシャナハンHCを招へいしたころから、まともな道を歩み始めたように感じます。

また多くの犠牲をはらってドラフトで獲得したRG3ですが、ビッグネームであるだけではなく人格者であるように感じます。

そして今回のボランティアイベントの件。

日本語の記事にはオーナーの名前は表には出てきませんが、ちょっと彼のことを見直しました。


なお、最近「レッドスキンズ」と言う名称がアメリカ先住民を侮辱するものである、として名称の変更を要請される、と言うニュースがありました。

NFL JAPAN「10人の連邦議会議員、レッドスキンズの名前変更を要請」へのリンク

この名称変更の要請については、これら議員がこの時初めて行ったものではなく、まだオーナーが変わる前の1991年シーズン、レッドスキンズが最後にスーパーボウルに出たときに、すでにその会場付近でデモが行われる、と言うことがありました。

ですので、今のオーナーになったから起きた、と言う訳ではないです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「じゃないほう」のA・ロッドのことなど~色々とニュース多彩な24時間でした~



(昨シーズンのロジャースのハイライト

 動きながらのパスの正確さが絶妙です)


一昨日の昼過ぎからの24時間、本当に色々と興味深いニュースが飛び込んできました。

そのうちの一つが、昨オフ福岡ソフトバンクホークスが、「A・ロッド」ことアレックス・ロドリゲス(Alex Rodriguez)選手の獲得に動いていたと言うことでした。

その件はあとで、他の関心があるニュースにまわすとして、

「じゃないほうのA・ロッド」

について書きます。


アーロン・ロジャース(Aaron Rodgers)はNFLのグリーンベイ・パッカーズのQB。

彼もニックネームは「A・ロッド」です。

名前のつづりを見ていただければ、アレックス・ロドリゲスの「A・ロッド」をまねてつけたことは一目瞭然です。


彼は2005年に入団後、2007年までの3年間を控えで過ごします。

ようやく2008年にそれまでの先発QBが移籍したため、先発QBとなりました。

Wikipediaによりますと、「A・ロッド」の名がつけられたのはその頃のようです。


私はそれを聴いて、プロでは何も実績を残してないこのQBに「A・ロッド」だなんて…

えらいものしょわされてしまったな、と苦笑しました。

しかしそれから3年目、あれよあれよという間に、NFLのチャンピオンを決めるスーパーボウルに勝ってしまいます。

動きながら投げる正確なパスがガンガン決まっていきました。

翌年はスーパーボウルには届かなかったもののレギュラーシーズンを15勝1敗にチームを導きQBのパスについてシーズン新記録を樹立しました。

いまやNFLを代表するQBの一人です。

そして最近、高額でチームと新契約をしたとき、あるメディアは

「野球でもアメフトでも、「A・ロッド」が最高給になった」

と伝えました。

それが正しい表現かどうかは知りませんが、もはや本家「A・ロッド」にも比肩する地位を築いています。

9月から始まる今シーズンも、活躍が期待されます。


その他、一昨日から昨日にかけ、気になったニュースへのリンクを貼っておきます。

1.ロケットニュース24「【衝撃野球動画】川崎ムネリンがインタビュアーを爆笑させまくってヒイヒイ言わせてる動画が話題」へのリンク

これは昨日ブログで触れました。


2.Yahooトピック「Aロッド、ソフトバンク入りの可能性があった!? 米紙報道」へのリンク

前述のニュースですが、この記事、ユーザーコメントで

「金満球団が…調子に乗るな」

と言うのが多いんだろうな、と懸念したのですが、そうでもなかったので、ホークスファンとしてほっとしてます。

ロドリゲスを日本で見れるようにするのは、それほど次元の高い話しなんでしょうが、正直、これ以上の補強はもうおなかいっぱいです、と言う気持ちです。


3.乃木坂46 Official web site「乃木坂46が"PEARL BOWL"にスペシャルゲストとして出演!!」へのリンク

  X League最新ニュース「【第36回パールボウル情報】ハーフタイムは乃木坂46とXチアリーダーのスペシャルコラボ」へのリンク


ネットでは非公式にささやかれていましたが、とうとう両方から公式発表がありました。

「140名のXリーグチアリーダーとのスペシャルコラボで、6thシングル「ガールズルール」をお披露目します。」

とのことです。

日本からNFL選手は誕生していませんが、チアリーダーはこれまで2桁の人数を送り込んでいるほど、日本のチアリーディングのレベルは高いので、壮観なショウになると思います。


4.アメフトNewsJapan「ティム・ティーボウがペイトリオッツと契約へ」へのリンク

今朝6時ごろ飛び込んできたニュースで、ネット上のアメフトファンは朝からこの件で大騒ぎでした。

3年前にドラフトされた直後から、何の実績もない彼のユニフォームが、NFLで一番売れた、と言うほどの人気者の行き先が決定したのですから、それも当然で、私も興奮しました。


5.AFP「オバマ米大統領、情報収集プログラムを擁護」へのリンク

米政府機関が、通話やメールなどの個人の通信を傍受していた件について、オバマ大統領は

「100%の安全保障と100%のプライバシーを両立させるのは無理だ」

と語りました。

悲しい現実ではありますが、私は、この人はやっぱり演説がうまいわぁ、と感心しました。


6、ITmedia「iOS 7──“iPhone発売以来最大の変更”の中身」へのリンク

私はiPhone持ちなので、とても気になっていました。

しかし発表された内容が、あまりツボにはまらず、リリースは今秋とのことなので、ちょっとがっかりでした。

まだ詳細には詰めて読んでいませんが。


7.ITmedia「Apple、無料ストリーミング音楽サービス「iTunes Radio」発表」へのリンク

こちらはもっとがっかりで、タイミングがiOS7と同じ時期のリリースで、日本でリリースされるかどうかは未定とのことです。


8.スポーツ報知「【ロッテ】ラミレス、トレードへ!8年ぶりVへ「4番・DH」期待」へのリンク

見た瞬間、決定事項かと思いこんでしまいました。

マリーンズに移って、マリーンズの四番として機能するかはちょっと疑問に思うのですが、守備の負担が減る分、幸せだと思います。


9.東スポ「ソフト松田の「ケンケンダンス」を全国区に!」へのリンク

ホークスファンとしては、

「ケンケンダンス」

じゃなく

「おっとっと」

と言う言葉の方がなじみがあります。

または

「歌舞伎」

と言われることもあります。

個人的には、ホークスの松田宣浩選手は、見ていて最も面白い選手の一人だと思いますから、記事の通り、博多華丸あたりが広めてくれると嬉しいな、と思います。


こんな感じで、一昨日から昨日は、ニュースの多い日でした。

今日はどうだろう…


【追記】

この記事を書いた後、こんなニュースも流れました。

日刊スポーツ「統一球 今季開幕から変わっていた!」へのリンク

う~ん…

ずっとNPBが言うことを信じていて、ホームランが増えたのは気のせい、と言いますか、ホームランを狙うのをやめたから、と考えていたんですが。

公平だからいいんじゃない、と思う一方で、やっぱり隠すのは良くないと考えます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「無二」(Muni)の存在だと思わせてくれた、ムネリンのガーヒー動画



(マーク・デロサのインタビューにサプライズ出演した川崎の動画

 MLBの公式サイトではもう少し長いのがこちらで見れます)


ムネリンことトロント・ブルージェイズの川崎宗則選手が、また笑わせてくれました。

前回サヨナラヒットを打って、「ブロークン」と言う言葉では済まされない英語でインタビューを受けた川崎選手ですが、今度は練習中?にチームメイトに呼ばれて、突然登場しました。

画面に登場するやスタジオ?のインタビュアーは大笑いで、川崎選手の人気のほどが想像できます。

本当にもう有名人みたいで、自分のことのように嬉しいです。


関連記事はこちらです。

J-CASTニュース「川崎宗則「I love youは『アイシテル』」大リーグ専門チャンネル爆笑」へのリンク

鷹速@ホークスまとめ「川崎のガーヒー動画きてるやんけwwwww」へのリンク

なお、

「ガーヒー」

とは

「チーム内で流行ってる造語で特に意味は無い」

そうです。

また、後者の記事中にもある下記動画では、10:24辺りから川崎選手の話題となり、その後比較的控えめながら、ハチャメチャなインタビューが始まります。

YouTube「Blue Jays This Week: Episode 5」へのリンク

「トイレはどこですか?」

と尋ねられるところとかは、

「おい、おい、」

と心配になってきました。


次回こそ、次回こそ

「チェスト~」

と叫んでほしいと、強く願います。


ところで、川崎選手の現状を、真面目に教えてくれる記事が、下記リンク先にあります。

Number Web「メジャーで躍動する永遠の野球小僧。天衣無縫な川崎宗則、本当の価値。」へのリンク

このサイトの3ページ目

「すべてを前向きに捉える、超ポジティブな思考法。」

を読みますと、川崎選手がいかに人間として器が大きいか、思い知らされます。

ホークスでの一軍デビューまで、ものすごく悩んだ少年の姿は、ここには見られません。

「ヒットが出ないことは、調子が悪いと言うことではない」

と言うようなポジティブな言葉は素晴らしいと思います。

ようやく最近、2011年オフに多くの選手がホークスを去ったとき

「川崎の流出が一番痛い」

と言った王会長の言葉がわかってきました。

川崎選手は自分のことを

「MUNE」(ムネ)

と呼んでくれ、と言っていますが、動画にもありますように

「MUNI」(ムニ)

と呼ばれています。

川崎選手がホークスで「無二」の存在であったことを考えると、チームメイトは間違ってないんじゃないか、なんて思わされます。


この記事を読んでいますと、川崎選手は来季以降もメジャーでプレイするように考えられます。

ホークスファンの中には、カムバックを望んでいる人も少なくないです。

でも、気が済むまでやってこいや、と私は思います。

ようやく川崎選手(そして小久保キャプテン)の穴も埋まってきたようですから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】山中は成功体験で勝ちパターンに入れるか

一昨日、6月8日の対中日ドラゴンズ戦、福岡ソフトバンクホークスは9回に2点のリードを追い付かれました。

もう勝ちパターンの投手が残っていない中、なんとか引き分けに持ち込むことができました。

(この表現は、人によっては異論があるでしょうが、後ろ向きに考えてもね…)


その要因のひとつに、これまで、競っている時の勝ちパターンでは使われてこなかった

山中浩史投手

の力投があると思います。

2イニングを投げて、何とか無失点に抑えました。

最初の11回の裏の投球。

私はUSTREAMで見ていました。

多分まともに山中投手の投球を見るのは初めてだと思います。

聴いていたよりも、けっこう速い球を投げるいい投手だと思いました。

そして12回裏ですが、ピンチは作ったものの、なんとか無失点でしのぎ、チームを引き分けに導き、ついでに交流戦単独首位と、リーグ戦単独3位にも導きました。

この2イニングの修羅場を乗り切れた成功体験は、山中投手にとって大きい財産になる、と考えました。

特に四死球がなかったのが良かったと考えます。


あけて昨日の試合ですが、私はあまりまともに見れなかったのですが、2イニングを無失点でしのぎました。

この後、ドラゴンズに追いつかれなければ、プロ初勝利が舞い込んでいたようですが。


これで山中投手を勝ちパターンの中で投げさせる計算が立ったんじゃないかな、と考えます。

先々週の土曜日に書いた時とは状況が変わって、ホークスのリリーフ陣は、楽観できない状況にあると思います。

これまでは先発が試合を作れば、そのまま勝ちにつなげることが素直にできましたが、一昨日の試合では、リリーフ陣が期待に応えられなかったと言えるでしょう。

長いシーズン、そう言う試合もあるのは当たり前のことで、むしろこう言うことが滅多にないので残念に思えるほど、ホークスのリリーフ陣は、いつも期待にこたえてくれているのですが。


登板過多による疲労、負傷離脱、不調…

ホークスリリーフ陣は、これらに襲われています。

ですので、ここに山中投手が勝ちパターンのカードに入ってくれると、かなり大きいと考えます。


成功体験を今後に生かすことは、よく聴く話しですが、なかなか実践できないものだと考えます。

「あのときは、あそこまでできたんだから、これからどんなことがあっても大丈夫」

「あのときの苦労を考えれば、たいていの困難には耐えられる」

こう言う言葉を聴いたり読んだりすることは、少なくないと思います。

では、自分がどれだけその言葉に励まされているかと言うと…そんなに多くはないように感じます。

と言うか、うまくそのことを利用できていないように感じます。

私にも苦労して成功した体験があります。

でも新しい苦労を目の前にすると、その体験のことを忘れてしまう。

なんだかなぁ…


山中投手にはそうなってほしくないです。

自分はあの場面で、サヨナラで負けてもおかしくない場面を抑えたんだ、と言う自信を持って、今後活躍してほしいと考えます。

この思いは、山中投手に限ったものではないですが。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

6/9の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想



(若林が「募本」した絵本、「スイミー[Swimmy] 」を動画化したもの)



6/9の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

1.番組の流れ

1)オープニング

先週から始まったオードリーがMCをする番組

「駆け込みドクター」

の話しから、若林の持病の偏頭痛の話しへと広がって行きました。

そして、来週のスペシャルウイークの企画

「荒野(コント)の7人」

に出演するゲストからのボイスメッセージが紹介されました。

ラブレターズとタイムボムのです。

ところが女性のものは無し。

まだ決まってないそうです。

もう来週のことなのに、大丈夫?と心配してしまうのですが、若林はちょっと前に

「誰にオファーしているかも教えてくれない」

とツイートしていました。

どちらも、本当か~?と疑ってしまうのですが。

そして届いているコント設定案がいくつか紹介されました。

「アイスクリームの「当たり」が止まらない」と言う設定

「人質をとって立てこもっいる男に、警察が、「お前がこれを続けたらどうなるか、四択クイズ形式で出題するから答えろ」」と言う設定

「『進撃の巨人』じゃなく『進撃の春日』」と言う設定

ちなみに今回のオープニングは1時22分まで。

いつもよりかなり短く、twitterはその件に驚く声がさかんにツイートされていました。

なおその後の進み具合ですが、春日のトークが終わった時点でまだ2時前でした。

結局1時間コーナーをやりました。

特にスペシャルな告知はありませんでした。


2)若林トーク

オードリーのまんざいたのしい2013』

に関するトークでした。


3)春日トーク

家の前にばらまかれていた『寄生獣』の単行本の話しでした。

第2巻だけ抜けていて、それがポストに投函されているんじゃないかと深夜にポストをのぞいていたら、警官2人組に注意されたそうです。

前にいた警官とのやりとりのうちに、後ろにいた警官が春日だと気づいたそうです。

それで事情を話しておとがめなしとなったのですが、後ろの警官が去り際に

「春日さん、この件、ラジオで話すんでしょう?」

と言ったそうです。

なんとその警官がリトルトゥースだったと言う話しでした。

なお、第2巻は結局見当たらず、買ってもいないそうですが

「そんな事言ったらドリクラが大勢2冊目だけ買ってお供えして2冊目だけ大量になってしまう」

と言うツイートがありました。

たしかに、そうなりそうです。

ところでこのトークの最中に、若林が日テレの企画で「募本」したのが「スイミー」で、広末涼子も同じものを「募本」したそうです。

私はこの絵本のことは知らなかったのですが、簡単な解説が、下記リンク先にあります。

絵本ナビ「スイミー 小さなかしこいさかなのはなし」へのリンク

前述したとおり、ここまでで1時53分でした。


4)実録、人見知り学部

若林の本のことを

「コミュ障克服」

と紹介したサイトがあって、何書かれるかわからないな、と言うことが最初に話されました。

この記事のことでしょう。

Yahooトピック「オードリー若林 コミュ障を告白した本が支持率1位に」へのリンク

オリジナルの記事は、若林が連載している「ダ・ヴィンチ電子ナビ 」のものですから、私としてはひどい話しだと思います。

「コミュニケーション障害」は名前の通り「障害」で、ネットで付き合いのある人に自称その「障害」の人がいますが、大変そうです。

アイキャッチなどで使う言葉ではないと考えますが。

さて、こんなのが読まれました。

「女子と隣の席になったとき、距離感がつかめず、とりあえず肩をせばめて手をひざについている」

「昼飯は食堂で一軍が騒いでる時に、孤高を保つぶって、一人で食べる」

「電車の中で向きを変えたくても、こいつ向き間違ったな、と思われたくないから、そのままの向きで居る」

「女同士のダサイあだ名に腹が立つ」

「深夜のバッティングセンターで、ライナー性の当たりを連発する」

「人と話すときでも、下げられるハードルは、下げてから話す」

「ポロシャツの襟は立てられない」

「一歩踏み込んだ心理学の本を数冊持っている」

「日常の生活の中で、本当にこの女もセックスとかするのかな、とか思う」

最後のもので大盛り上がり、と言うか話しが収拾つかなくなり、コーナーは強制終了されました。


5)アバーン

「桝太一アナや関根麻里がニュースを押し売りして手数料をもらう番組 チップ!」

「笑点ビヨンド」

「ケイダッシュステージ選抜総選挙」

「ジャスティン・ビーバ、レディ・ガガ、オバマ大統領もtwitterで絶賛、よしとめあきひろのオールナイトニッポン

などを紹介するものが読まれました。

最後のものの「よしとめあきひろ」は、以前紹介された、ビックスモールンゴンの本名です。


6)謎の都市町田市

「夜中、子供たちが寝静まった頃、うつろな目をした大人たちが山へ歩いて行く」

「町田市のドッグランでは、絶滅したニホンオオカミが何匹かいる」

「ある法則に従い、「ツノダ☆ヒロ」を町田市の地図にかぶせると、秘密の巨大油田に「☆」があたる」

なお若林によりますと、「ダイヤモンド☆ユカイ」を地図にかぶせると、メタンハイドレードが出るところにあたるそうです。


7)夢ちゃん日記

「選抜総選挙、第5位チームS(笹塚)所属、ゆめ 」

「「みんなエスパーだよ」のパターンのもの」

が紹介されました。


8)しんやめ


9)エンディング

ゴンちゃんの話しの続きでした。

最近は仕事がなく、20連休だったそうで、その間はお笑いの番組を見聞して、ノートにとったりしていたそうです。

「それじゃ、ニートのお笑い好きだよ」

と若林は言っていましたが、たしかニートの定義は「35歳以下」ですので、当たってないことになります。


また、オードリーとは関係なく、若林が個人的に期待している水道橋博士のイベントの告知がありました。


2.篠田麻里子のAKB48卒業の件

夢ちゃん日記のなかで出てきた総選挙のものは、篠田麻里子のスピーチを真似したものでした。

ネットで見てみたら、こんどAKB48を卒業するとか。

予想できることとは言え、ちょっと驚きましたが、出身地の福岡でのコンサートを最後に卒業する、というところに、同じ福岡県人として、共感を覚えます。

Yahooトピック「<AKB48総選挙>5位篠田麻里子、卒業宣言! 来月の福岡ドームで」へのリンク

YouTube「篠田麻里子が卒業発表 AKB48選抜総選挙スピーチ Shinoda Mariko 6月8日」動画へのリンク

キンタロー。は、これもまねるのかな?


3.ついでに乃木坂46の件

6月24日に、アメフト春季東日本社会人選手権となる、

パールボウル

が開催されます。

今週の火曜、乃木坂46がゲスト出演すると言う情報が流れて、一部アメフトファンは騒然としています。

私もその一人なんですが…


ただ、乃木坂46のことをほとんど知らないので、職場のAKBグループファン2名(うち1名は私よりも熱いグリーンベイ・パッカーズファン)に、ゆるく、来場しそうなメンバーを予想してもらいました。

ランクと年齢(メインのハーフタイムショウは21時より前に終わりそうですが、表彰式は22時をまわりそうなので、一定の年齢未満のメンバーは、登場できません)、その他の情報からの、ゆる~い予想です。

私に尋ねられても、どうしてこのメンバーなのかの詳細な根拠はわかりません。


・衛藤美彩

・宮澤成良

・深川麻衣

・桜井玲香

・若月佑美

・中田花奈

・秋元真夏

・斎藤ちはる

たしか東京都の条例では19歳未満は22時以降、仕事をしてはならないことになっていたと記憶します。

そうなると上記には、22時以降出演できないメンバーも含まれます。

斎藤ちはるなどが該当するのですが、彼女のブログによると、お父さんがアメフト選手で、試合を観に行くことはしょっちゅう、とありました。

だから、ハーフタイムの後は観客席のどこかで見ている可能性があると考えます。


なお、職場の2人によると、7月に発売される新曲

「ガールズルール」

のプロモーションを兼ねているとしたら、下記3人のフロント3が来てもおかしくない、とのことでした。

・白石麻衣

・橋本奈々未

・松村沙友理

大事なことなのでもう一度書きますが、あくまでも個人の予想で、外れても保証はできないです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

『DJポリス』へ警視総監賞授与が検討されているらしい



(「字幕【テキサス親父】日本の世界一過激なフーリガン!?」と言うタイトルの動画。

 タイトルに反して、日本人サポーターの規律を守る姿勢が称えられています。)



昨日に続いてサッカーの話しですが…

6月4日、サッカー日本代表が予選突破を決めた夜、渋谷の街でマイクひとつで活躍し、一躍時の人となった

「DJポリス」

ですが、警視庁が警視総監賞を授与する方向で検討しているそうです。

「DJポリス」とは、日本対オーストラリア戦の試合後(「試合中から」との声もあり)に、熱狂して秩序を乱しかねないサポーターなどに対し、車上からマイクで

「日本代表のユニホームを着ている皆さんは、12番目の選手です。チームワークをお願いします」

「目の前にいる怖い顔をしたお巡りさんは、皆さんに好きでこういうことをしているわけではありません。心の中では、日本代表のワールドカップ出場を喜んでいるんです」

「皆さんのチームメイトなんです、お巡りさんも。どうかチームメイトの言うことを聞いて下さい。お願いします」

などと呼びかけ、しまいには拍手と喝さいのコールまでも受けることになった警察官(機動隊員)のことです。


そのDJポリスの動画は色々とあるのですが、2つリンクを貼っておきます。

YouTube「渋谷DJポリス、サポーターからも拍手!Speech of the police officer who was praised from spectators.」へのリンク

YouTube「渋谷 DJポリス(字幕つき)」へのリンク

そして関連記事はこちらです。

Yahooトピックス「「心の中ではワールドカップ出場を喜んでいるんです」 渋谷駅で粋な誘導をした20代機動隊員がネットで話題」へのリンク

MSN産経ニュース「「DJポリス」に警視総監賞授与へ W杯出場決定後の渋谷でユーモア誘導 負傷者、逮捕者ゼロを評価」へのリンク

負傷者も逮捕者いなかった、と言うのはすごいな、と思いました。

私は試合そのものは見てなくて、試合後の渋谷の街の厳戒ぶりをテレビでちらっと見たのですが、とっても荒れそうな気がしてました。

トップに置いた動画のような、外国人が賞賛したような、整然とした大騒ぎは期待できないな、どんなに荒れるんだろう、と懸念していました。

それが負傷者も逮捕者いなかったとは…

素晴らしい。


もちろん「DJポリス」の活躍だけではなく、その他の警備担当者の努力や、サポーター自身の自制もあったのでしょう。

でも「DJポリス」がいなかったら、負傷者も逮捕者もZEROとまではいかなかったと思います。

ですから、「DJポリス」が警視総監賞を受けることになるのは、とても納得できます。

本人は、与えられた職責を果たしただけだと思っているかもしれませんが、なかなか難しい仕事だったと思います。


この警官については昨日ニュースで見たのですが、立場上氏名は非公開。

東京都江東区にある第9機動隊(アヒルが入口にいるあそこかな?)に所属しているそうです。

宮崎出身で剣道四段。

「広報上級検定」に合格しているそうです。

(ニュースでは「広報検定一級」と言っていた気がしましたが…
 
 警察組織内の検定かもしれませんが、ちょっと興味があります)

上掲の記事の中には、取材依頼などが殺到しているとありますが…


しかしまあ、サッカーの試合のたびにこんな警戒が行われるのは、ちょっと考えものです。

サッカーのワールドカップ出場がどれだけの快挙かは知りませんが、それでこれだけの警戒がされれば、本戦の時はどうなるんだろうか、とも危惧します。

そして、次回からは「DJポリス」目当てに渋谷に繰り出す人もいるかもしれません。

そして「DJポリス」がいなかったら、それが不満で騒ぎが起きる、と言うおかしな事態も考えられます。

このままでは、サッカーのたびに彼が呼び出されるかもしれません。

早々に彼に続く人材を育てる必要があるでしょう。

そう考えると、彼が特別な存在になるのは望ましくないかな、と思います。

今回を除いては。


それにしても、税金を増やしたくないと思いませんか?

こう言うイベントのたびに警官が動員されると言うことは、人件費が上がりかねないと言うことになると思いますが。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

福岡県人です。サッカー見ませんでした。

6月4日の夜に行われた、サッカー日本代表がFIFAワールドカップ出場を決めた対オーストラリア戦。

福岡県での視聴率が異常に低かったことが昨日報道され、話題を呼びました。

Yahooトピックス「サッカー代表戦の視聴率低い地区…三つの理由」へのリンク

なお、福岡県人の私はこの時間残業をしていて見ていませんでしたが、同じ福岡県人である女房は、熱烈にテレビ観戦&応援をしていました。

私は仕事中に経過をチェックしませんでした。

多分家にいても、テレビはつけておくものの、他のことをやっていたと思います。


さて、まず福岡でサッカーの視聴率が恒常的に低いのに驚きました。

「福岡ではサッカーとゴールデンタイムのドラマは視聴率が取れない」

と言うのが業界の定説になっているとは知りませんでした。

あくまでも主観で、例外も少なくないのですが、うちら夫婦を含め、福岡の人はテンションが高くて、お祭り騒ぎが好きです。

だから、サッカーの応援も大騒ぎになるんだろう、と思っていましたので、驚きました。


記事を読みますと、福岡ソフトバンクホークスへの思い入れが強すぎて、サッカー熱が低い、と解釈できるのですが、それにはあまり説得力を感じません。

他にも野球熱が強い地方はあるでしょうし、個人的には、福岡の人はホークスのことをもっと応援しようよ、と感じるぐらい思い入れは強くないように感じます。

たまに福岡のホークスファンは、他の地方のホークスファンよりぬるい、声が出ていない、と言う声を聴きます。

ただ、福岡の人でも、思い入れが強い人は本当に信じられないくらい強いです。

考えてみれば、私もそうですが、福岡の場合、ライオンズを他の地方に持って行かれた、それを繰り返してはならない、と言う気持ちがありますので、思い入れの激しさは強いかもしれません。


しかしサッカーがあった日、野球の試合はなかったんですよ。

だからホークスへの思い入れの強さはあまり関係ないようにも思えます。


ホークスを応援しているから、他のスポーツを応援する気にはなれない、と言うのは、少なくとも私の場合にはあてはまりません。

私はホークスと同じぐらい、アメリカンフットボールのグリーンベイ・パッカーズを応援しています。

ラグビーも見ますし、スポーツではないですが、剣道も見ます。

だからホークスを好きすぎて他の競技に身が入れられない、と言うことはあまりないと思うのですが。

でも、まったくホークス人気とは関係ない、とまでは言えないと思います。


私のFacebookの友達には福岡県人が多く、ほとんどがホークスファンですが、私以外の人はだいたいサッカーを見ているようです。

私が特殊なんだと思います。

私の場合、どうしてもサッカーに興味が持てないのが、あまりサッカーを見ない理由です。

これには自分自身、とまどいを感じます。

私は川崎フロンターレの本拠地の近くに住んでいます。

その等々力競技場でサッカーの試合があるたびに、近所にはフロンターレのユニフォームを来た人が行きかいます。

その姿を見ると、本拠地が近くにあるのにサッカーに興味がないなんて、かなり運を無駄遣いしているんだろうな、と感じます。

遠くから来ているファンもいるだろうに、すみません、近くにいながら観に行かなくて、と思うことすらあります。


でも、どうしても興味が持てないのです。

サッカーが、私の好きな野球やアメフトに比べ、単純なスポーツだとは思わないです。

きっと一つ一つの動きに、野球やアメフトと同じく意味があるんだろう。

きっと深いスポーツなんだろう、とは思うんです。

思うんですが…わからないんですよ。


そしてこの試合を見なかった理由の一つは、予選順位を見ると、ほぼ決まっているようなワールドカップ本選出場を決める程度の試合だったからです。

いくら興味がないとは言え、本戦は時間があれば見ると思います。

時間をつくる努力もすると思います。

それくらいは注目してます。


ところで、下記リンク先に、前述の記事に関するツイートをまとめました。

togetter「福岡の人がサッカーを見ない件」へのリンク

まだよく見ていないのですが、サッカーを見ないことで「非国民」扱いされた、みたいなものもあります。

これは2つの意味でひどいと感じます。


私は前述の競技、野球、ラグビー、アメフト、剣道の日本代表戦はだいたい見ています。

それで「非国民」と言われてもねぇ…


そして「非国民」なんて言葉を、冗談でも簡単にネットで使うべきではない、と考えます。

「非国民」と言う言葉を使った人に突っかかると、多分、いやいやそれは冗談だから、と言うでしょう。

冗談だったら、なおさらその言葉は使うべきではないと思います。

ネットでは、思わぬ方向に拡散されますから。

決して使うな、とは思いません。

ただ、並々ならぬ決心で使え、と考えるのです。


まあしかし、記事中にある過去の視聴率の表を見ますと、やはり福岡ではサッカーはあまり見られてないのかな、と感じます。

たまたまこの試合だけが低かったわけではないようですから。

もしかしたら一か所に集まって見る習慣があって、家では見なかった人が多いから、と言うことがあるのかもしれません。

でも福岡にそういう文化はあるのかなぁ?


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球】交流戦がリーグ優勝を決めることの是非

交流戦について、セリーグが削減と期間短縮を提案し、パリーグがそれに反対する、と言う事態だそうです。

時事通信「セ、パが交流戦日程で攻防=「削減」と「現状維持」で平行線-プロ野球」へのリンク

理由は日程の問題がメインで、決してセリーグのチームが思うように勝ち星を挙げられないからではないそうです。


私が気になるのは、上記記事内にある

「リーグ優勝を、交流戦が左右してしまうのはおかしい」

と言うセリーグ関係者の声です。

たしかに正論に聞こえます。

今までそう言う声が出なかったのが不思議だと思いますし、今更出てきたのも不思議です。


私の考えですが、交流戦がリーグ優勝を左右しなくなったら、本気度が落ちるだろうと懸念します。

たしかJリーグでの出来事だったと思いますが、リーグ戦のためにカップ戦を捨てたように考えられる事態があり、それが問題になった記憶があります。


交流戦の成績が交流戦と言うカップ戦内でおさまるようになったら、交流戦を捨てるチームが出てくるように思えます。

例えば、主力選手を休ませたりとか。

ですから前述の意見につぃては、正論かどうかは置いといて、ファンにとっては望ましくない事態になるので、反対です。


個人的な事情を書かせてもらいますと、私が、応援する福岡ソフトバンクホークスの試合を観に行こうと思うと、パリーグ内では基本的に所沢か千葉まで足を運ばねばなりません。

ですが交流戦がありますと、基本的に横浜、神宮、東京ドームで見ることができます。

私にとっては、前者はものすごく大変で、後者はものすごく楽です。

だから、交流戦はあってほしいです。

逆に言いますと、東京ドームのホークス戦が増えるなど、近くで見る機会が増えれば、交流戦はなくなってもいいです。

あくまでも、私の身勝手な考えです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

乃木坂46がパールボウルにゲスト出演、と言うことを職場で話してみた



(来月発売される乃木坂46の「ガールズルール」のMV完成を伝えるニュース動画

 まさにこれを見ながら、この記事を書きました。)


6月24日(月)にのパールボウルに、乃木坂46がゲスト出演することが決まりました。

おそらくXリーグのチアリーダーたちとハーフタイムショウを行い、昨年度のXジャパンボウルの時の中川翔子(しょこたん)の時のように試合後の表彰式にも出演するのでしょう。

ただし表彰式は21時を超えるでしょうから、一定の年齢未満のメンバーは、出場できないことになると思いますが。

(客として残ることには問題はないんじゃないかと思います)

※ここまでの用語解説

「パールボウル」:アメリカンフットボール春の東日本社会人選手権

「Xリーグ」:アメリカンフットボール社会人リーグ

「Xジャパンボウル」:12月に行われるアメリカンフットボール全国社会人選手権


さて、私の職場では、この件に関して3人が興味を示しました。

T氏:AKBグループのファンであり、NFLのグリーンベイ・パッカーズのファンでもあります。

   硬派なアメフトファンで、一時期オードリー春日がパッカーズを応援していたのを嫌がっていました。

O氏:AKBグループのファン。アメフトにはそれほど興味はないものの、ちょっとは知っています。

M氏:私のこと。AKBグループん関しては、世間のおじさん並にしか知りません。

   NFLのグリーンベイ・パッカーズのファンですが、芸能人がアメフトに絡むのは嫌いではないです。

1.私(M)とT氏の会話

書き忘れていましたが、T氏と私は同じパッカーズファンですが、スタンスはちょっと違います。

私はアメフト全般のファンで、その中でパッカーズが一番好き、と言うものです。

対してT氏は、パッカーズ以外はNFLの他のチームにも興味はない。

ましてや日本のアメフトはまったく興味なし。

(日本は世界3位で、アメリカとカナダ以外には負けたことはないほど強いんですが)

M「今度のパールボウルですが…」

(T興味なさそう)

M「ハーフタイムショウに乃木坂46が出るそうですよ」

T「えっえ?、いつですか」

と態度が一変。

かなり観に行く気になったみたいです。

ただT氏が言うには、乃木坂46氏にはスポーツに関して黒歴史があるそうで

T「去年レッズファンからボロクソに言われてるんですよね。

 あの時はアンダー中心だったから、今度は気合い入れてくるんじゃないかなぁ。

 アメフトファンには、あたたかく見守ってほしいなぁ」

調べてみたら、多分これのことでしょう。

Livedoorニュース「乃木坂46に向けられた“大人気ない”ブーイング。サポーター&企画した運営サイド双方に非難の声」へのリンク

結論として、私が行くなら観に行く、と言うことになりましたが、私は仕事とかいろいろあって、行く予定はしていません。

まあこれから行く方向に向かって、色々と調整してみますが、多分あの勢いなら、T氏は私抜きでも行きそうだな。

何といっても、1,500円で乃木坂46が見れるのはおいしいと考えているようですから。

しかもアメフトの試合、と言う人気のないイベントですから、まず入れないことはないでしょう。


2.O氏と私の会話

O氏は阪神タイガースのファンでもあり、前日に0-12でタイガースは、私の好きな福岡ソフトバンクホークスに負けています。

だから私が近づくのをあまり好意的な表情では迎えてくれなかったのですが。

M「今度パールボウルに乃木坂46が乃木坂46が来ますよ」

O「マジですか?、いつ、どこでですか?」

M「24日に東京ドームで」

O「遠い~ (@横浜での会話です)」

M「19時からです」

O「う~ん。

 考えてみます。」

あの勢いなら、きっとO氏は行くでしょう。


そんな感じで、最悪私抜きでも、時々AKB48の話しで盛り上がっている2人だけでも行きそうな感じです。


3.関連資料へのリンク

乃木坂Journal「第36回パールボウル決勝戦のスペシャルゲストに乃木坂46」へのリンク

乃木坂46まとめブログ「【乃木坂46】第36回パールボウル決勝にゲスト出演決定!」へのリンク

上記記事内に

「これは、アンダー仕事だろうなw 」

とありますが、T氏の分析では、昨年の件があるので、トップかそれに近いメンバーを持ってくるんじゃないか、とのことでした。


「ちはるパパはXリーグの下部リーグに所属してるんだったかな
 パパも来るんだろうな 」

私もある程度日本のアメフト選手のことは知っていますが、AKBグループにそう言う人がいるとは知りませんでした。

「ちはる」とは多分「斎藤ちはる」と言う人のことでしょう。

実際お父さんの試合を観に行く件が、ブログに書かれています。

斎藤ちはる OFFICIAL BLOG「髪の毛切ったよ!ほんとにほんと!(´>∀<`)ゝ」へのリンク

この中に

「今日はままと、ぱぱのアメフトの試合を観戦しに行くよー(>ω<)」

とありますから、どこかのチームでプレイされているんでしょう。


パールボウルは6/24(月)19時キックオフで、@東京ドーム。

全席自由で、前売り1,500円で、当日売りは2,000円。

しかも「高校生以下は無料にて入場頂けます。」

とのことです。


今回は急いで書いたのでこの程度しか書けませんでしたが、いずれまた詳しくブログに書こうと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【読書】堂場瞬一著『八月からの手紙』の感想など



(ジョン・ギブソンのモデルとなった、ジョシュ・ギブソンを紹介する動画

 下記リンク先にも長いのがあります

 YouTube「Legend Behind the Plate: The Josh Gibson Story 」へのリンク)


『八月からの手紙』(堂場瞬一著)

と言うを読みましたので、感想を書いておきます。

Amazon『八月からの手紙』へのリンク


1.総括

(最初に書いておきますが、私はフィクションの小説をほとんど読みません)

退屈な部分はあまりなく、興奮しながら読みました。

だいたいの流れは読めるのですが、結論が読めない。

早く結果が知りたい、その一心で最後まで読み切りました。

特に矢尾とギブソンの対戦、そして矢尾のギブソンへの来日の依頼はどうなるのか、ここら辺は当に興奮して読みました。

登場人物や団体に対して事前知識があったからか、展開がわからない、と言うところはありませんでした。

まったく事前知識がないときついかもしれません。

でも、調べながら読めば、楽しめます。

そして、史実と合うかどうか、そこら辺をハラハラしながら読めばいいかな、と思います。


登場する人物や団体は、実在した人物や団体がモデルで、それらを組み合わせた仮想小説と言うことになるのでしょう。

こう言う分野は好きです。

野球の歴史を知りたい方にはお勧めです。

また、太平洋戦争の一面を知る上でも、読んでおいたほうが良いと思います。


2.登場する団体や人物と、実在する人物や団体

あくまでも私の判断ですが、登場する団体や人物と、実在する人物や団体とを書いておきます。

読んでいる最中にわからなくなったら、私の解釈した言葉で、Wikipediaなどで調べたら解決できるかもしれません。

1)「日リーグ」

戦後財をなした藤倉が立ち上げようとした、日野球連盟(書の中では「職業野球」)に対抗する新リーグのこと。

実在した「国民野球連盟」に相当することになるでしょう。

Wikipedia「国民野球連盟」へのリンク

この対抗リーグについては、下記のノンフィクションについて詳しく書いてあります。

私も20年ほど前に読みました。

今は入手困難となっているようですが、図書館には蔵書しているところが多いと思います。

Amazon「焦土の野球連盟」へのリンク

結局、既存の日本野球連盟に太刀打ちすることができず、1年ぐらいで解散しますが、そこで育成された背広組は、後年日本野球連盟の中でも活躍します。


2)ニグロリーグ

これはそのままの名前で実在しました。

蔑称ではないです。

戦後、ジャッキー・ロビンソンが、「マハトマ」と言われた辣腕GMブランチ・リッキーに誘われてメジャーリーグに入るまで、黒人は排除されていました。

Wikipedia「ニグロリーグ」へのリンク

本書の中にある通り、その力はメジャーリーグをしのぐものだったようです。

Wikipedia中の「ニグロリーグやメジャーリーグで活躍した黒人選手」を見てもらえば、その顔ぶれに驚くことになると思います。

ハンク・アーロン、ロイ・キャンパネラやウィリー・メイズもいたのですから。


しかし、ロビンソンが、信じられない忍耐力で成功を収めると、メジャーリーグの草刈り場状態になってしまい、衰退してしまいます。


3)ジョン・ギブソン

実在したジョシュ・ギブソンのことです。

だいたい本書の中に書いてあるような人生を歩いたようです。

800本以上のホームランを打つた「黒いベーブ・ルース」でしたが、自分がメジャー入りができないことを知ると酒を飲むようになり、それも原因といわれる脳卒中で死去します。

Wikipedia「ジョシュ・ギブソン」へのリンク

メジャーリーグでプレイすることはありませんでしたが、メジャーリーグの野球殿堂には名を連ねています。


4)タイロン・ペイジ

実在したリーロイ・サッチェル・ペイジのことです。

ペイジも、だいたい本書で書かれたような投手だったようです。

とにかく、冗談のような伝説を持つ、すごい投手です。

通算2千勝。

ノーヒット・ノーラン400回。

本書の中に、メジャーリーグの剛速球投手で「火の玉投手」と呼ばれたボブ・フェラーが、舌をまいたようなことが書いてありますが、それも事実だったようです。

「サチェルの投げるボールがファストボールなら、俺の投げるボールはチェンジ・アップだよ」とフェラーは言ったそうで、170キロを超える速球を投げたと言われています。

Wikipedia「サチェル・ペイジ」へのリンク

Wikipedia中にありますように、日本ではずっと無名の人物でしたが、死亡記事とその記録を見た佐山和夫が

「自分はなぜこれまで、これだけの経歴の投手のことを知らなかったんだろう。

 なんで日本で知られてないのだろう。」

と疑問を持ち

『史上最高の投手はだれか』

を書いて、テレビでも特集され、ペイジとニグロリーグのことが広く知られるようになりました。

こちらの本も入手することが困難だと思いますが、図書館に行けば蔵書にあると思います。

Amazon『史上最高の投手はだれか』へのリンク

5)日系人の強制収容

これは最近スポットが当たるようになった史実です。

そして、私が本書の中で、一番知識を得た事柄です。

そう言うことがあった、と言うのはよく知っているつもりでしたが、その悲惨さがこの本には生々しく書いてあり、やっぱり戦争ってめんどくさいな、と感じました。

Wikipedia「日系人の強制収容」へのリンク

主人公の矢尾健太郎の父親が、戦前、戦中、戦後で大きく変わっていきます。

それが、戦争と、日系人の強制収容のことを、うまくあらわしていると思います。


6)矢尾健太郎

最後に主人公のことですが、これが誰のことかわかりません。

サイドスローから「七色の変化球」を投げた若林忠志のことを思い出しましたが、この投法と親が広島出身であること以外は相違することがほとんどです。

若林は戦時中日本にいましたし、国民野球連盟に加担もしていないようです。


3.もう一度感想

とにかく私が好きな、「知られていない史実」がたくさん出てきたのが嬉しかったです。

私がこの本を読もうと思ったのは、文庫本の裏側に

「ギブソン」

の名前を見つけたからです。

へえ、日本の戦後の野球と、ニグロリーグを結びつけたやつか…

こいつは面白そうだ、と思ったからです。


そして、本当に

「次はどうなる?」

の連続で、それが私にしては早く読み終わらせる後押しとなりました。


ただ、最後の著者による

「後書き」

で、登場人物のその後に触れたのは、おもしろくないな、と思いました。

藤倉が、これからのことに思いを強くするところで終わったのは、とても素晴らしいと思うのです。

そして、「日本リーグ」がどうなるか、などは正直そこまでの感動来な出来事に比べれば、どうでもいいことだと感じます。

だから、登場人物のその後も、それほど気になりませんし、幸いなことにここで紹介した2冊の書籍を私は持っていて、読んでいますから。


でも、実在した団体や人物をモデルにする小説は面白いなと考えました。

こう言う分野はそれほど目新しいものではなく、私もこれまで何冊か読んできましたが、その中でもこの本は秀でていると感じました。

日本の野球とニグロリーグを結びつけたのは、その最たるものだと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】昨日の敗戦は采配ミスが原因なのか?

昨日の対阪神タイガース戦、福岡ソフトバンクホークスは2点のリードを守れずに逆転しました。

twitterや、下記リンク先の記事を見てみると

「秋山監督の采配ミスで負けた」

と言う声を多く見かけます。

Yahooトピックス「【ソフトB】秋山監督「油断大敵」」へのリンク

Yahooトピックス「【ソフトB】パディーヤ悔し…3失点降板」へのリンク


私もそう思います。

ただし「ミス」ではないです。


7回のパディーヤ投手は、これまで絶妙な場所に決まっていた球が高めに行っていました。

それを、逆転されまで投手を変えなかった秋山監督。

早めに投手を変えていれば失点を防げたのに。

あんな危ない球を投げさせる投手を続投させるなんて、秋山監督はバカだ。

そんな気持ちがネットへの書き込みに目立ちます。


でも考えてほしいんですよ。

秋山監督を含め、ベンチは私たちファンよりずっと野球を知っています。

そして何より、ベンチは私たちよりずっと、選手たちの情報を持っています。

それなのに

「ベンチの采配がおかしい」

と言うのは、おこがましい、と思うのです。


あそこでパディーヤ投手を続投させるかどうか、その先にあるものは、このまま打たれ続けるか、修正して抑えるかです。

ベンチは後者だと判断した。

結果としてそうならなかった。

それだけの話しです。

「ミス」ではない。

「ミス」は「誤り」です。

相手のあることに、「正解」も「誤り」もない。

あるのは、勝ったか負けたか、と言う結果だけです。

結果なんて誰もわからない。

勝つこともあれば負けることもあります。

勝てば「好采配」、負ければ「采配ミス」と言われるわけですが、それは切なすぎる。

twitterやネットで文句を言わないと「負け」を認められないのなら、特定の選手やチームを応援するのは精神的に良くないよ、と忠告します。

ファンをやっている以上、敗戦や誤審も受け入れないと。

(5/31の広島東洋カープ戦は、誤審ともとれる判定で勝ったと解釈もできます)


悔しい思いは、ちゃんと選手やベンチはしているはずですし、

「この世界は、良い結果も、悪い結果も切り変えないとやっていけない」(内川選手)

そうですから、我々ファンは、グチグチ言うべきではないです。

それを「叱咤激励」と言う言い訳で、ひどいことを言う人がいますが、それで選手やベンチが委縮してしまったらどうしてくれるんですか?


特にホークスのファンは、私もそうですが他球団のファンに比べて九州男児が多いはずです。

九州男児がいつまでもグチグチ言うのは、みっともないっすよ。


それに、敗戦したチームのファンのネガティブツイートって、他球団のファンからしたら、それを見るのは蜜の味だと思いますよ。

私は常々人を喜ばせたいと思っていますが、そんなことでは絶対によろこばせたくないですね。


さて、昨日で5連勝が止まりました。

(ここまで5連勝していたことの方を評価しましょうよ)

「Today is the first day of the rest of my life」

誰の言葉か知りませんが、残りの日々を楽しみましょう。


P.S.

一昨年の話しですが、FAで移籍してきた細川捕手は、ホークスの勝利への執念に、大変驚いたそうです。

あの強いチームからやってきた選手が驚くほど、ホークスは勝つために一生懸命やっているのです。

だから私は、結果には文句は言わないようにしています。

それに、相手のあることですから、一生懸命プレイすれば勝てるほど、プロ野球は甘くないです。

ダルビッシュ有投手も

「勝敗はコントロールできない」

と言っているほどですから。


【追記】

こちらのコメント欄や他のサイトにて、たくさんの賛同をいただき、どうもありがとうございます。

反対コメントもいくつかいただきましたが、野球の件でここまで好評だったのは初めてです。

こちらのコメントに個別にご回答させていただくべく、内容を考えたのですが、それはやめました。

本文でも書きましたが、敗戦でファンが荒れているのとか、ファン同士で言い合いをしているのは、アンチからすれば愉快でしょうがないものです。

特にホークスは、パリーグではアンチが多い球団です。

だから、好意的な意見を寄せていただきました方も含め、返事を控えさせていただきます。

申し訳ありません。

「本当は返事なんか考えてなかったんじゃないか」

とか

「逃げたな」

と思われる方もいるでしょう。

まあ、そう思われる方が、アンチの笑いものになるよりはましです。

そう言う訳ですので、コメント欄が荒れ模様になりましたら、削除させていただくコメントもあると思いますので、ご了解ください。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

6/2の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想

20130602ダリの記憶の固執

(若林が言っていた、「時計がひんまがったダリの絵」

 Wikipediaでは「記憶の固執」と紹介されていましたが、私は「記憶の不滅」と言う名前で習った記憶があります)


6/2の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今週の放送の前、「たりないふたり」のスタッフ、安島氏に向け

「安島さん、今日はちょっとした発表があるので是非聞いてください(^^)イヒヒ」

と若林がツイートしていました。

ああ、コントの回の件ね、と思ったら、とんでもない

8月に漫才の単独ライブをやる

と言うものでした。

わかっているかぎりの詳細はあとで書きますが、この発表に実況ツイートは騒然。

単独ライブの件が気になって、その後に話されたトークが頭に入らない、と言うツイートも多数見かけました。

一時twitterトレンドにも「オードリー」があがるほどでした。


1、番組の流れ

1)オープニング

年齢の話しから、スペシャルウイーク

「7人のコント侍」

の話しへ。

女性枠はまだ決まってないそうです。

ノースリーブスの名前もあがりましたが、彼女らはコントができるのがわかっているのでつまらない。

意外な人を呼んでコントをしてもらうのがいいんだ、と話していました。

(「ノースリーブスにしたら、7人じゃなくなるじゃん」と言うツッコミツイートもありました)

その後、単独ライブの件の話しへ。

この件は後述します。

オープニングトークは短めにね、とチーム付け焼刃から言われていたそうですが、1:33までと、いつもどおりでした。


2)若林トーク

ツチヤタカユキに関するトークでした。

最近はカラオケのアルバイトの前に酒を飲んで行っていたとか。

バイト先で店長や、年下の先輩に怒られるのが耐えられないからだそうです。

それを若林が説教。

バイト先でもばれてしまったそうです。

(私も社会人1年目ぐらいに飲んで行ったことがあります。

 それは、寒かったからです。

 当時は阿佐ヶ谷から、東京都の多摩地方の職場に通っていたのですが、駅から職場までがとにかく寒い。

 だから暖をとるために飲んで行ったのですが、効果がなかったのでやめました。)


そんなツチヤ氏もネタ作りには厳しく、遠慮ない意見を言うそうです。

何か一つのことに対しては譲らない、と言う、こんなタイプの人には好意が持てるんですが、いざ一緒に仕事するとめんどくさいんだろうなぁ。

私にも、そう言うところはあります。


そして、前述の単独ライブのネタ作りのために、若林とツチヤ氏が、鬼怒川温泉で合宿をやった話しがありました。


3)春日トーク

今回も若林が驚くほど面白いものでした。

日本縦断ロケに行って、最後は熊本につき、お土産に新聞を買おうとして、紙面の四コマ漫画をなんとなく見たら

「作:佐藤満春」

となっていて驚いた話しでした。

同姓同名の人出はなく、本人のようです。

「なんかよく「仕事仕事」って言ってると思ったら、そういう仕事やってたのか」(若林)

「そうやってどこに現れるかわからないサトミツ。

 次はあなたの隣りに現れるかもしれません」(春日)

「おもしれぇじゃないか」(若林)

と言うエンディングでした。

なおこのトークの最中、2件、サトミツ原作のマンガの写真がtwitterで出回ってました。

1件目のは名前が見にくいので、見やすい方の写真を貼っておきます。

20130602-2くまもんbyサトミツ


4)あばーん

・「SMプレゼンバラエティ、Qさま」

・「張本勲のオールナイトニッポン、喝とばしまくり」

などを紹介するものが読まれました。


5)謎の都市、町田市

「「日本のエリア51」と言われる町田市」(若林)と言う前置きから、以下のようなものが読まれました。

・町田市に入る時、ティンカーベルが魔法をかける音がする

・子供が生まれると、兵士になれるかどうか、村長に占われる

・町田の王を守る、2体の巨大ロボットが地下にある

・町田市の野球少年は、いまだにデストラーデの打ち方のまねをする


6)ゆめちゃん日記

メールの紹介の前に、本物のゆめちゃんから若林にメールがあった話しが紹介されました。

今ゆめちゃんはインドだそうで、帰国はいつになるかわからないそうです。

こんな感じののもが読まれました。

・「ゆめちゃんのオールナイトニッポン」

・「しんでもやめんじゃねーぞ」

後者では、BGMの「浅草キッド」も、アルバイトのみほさんが唄っているものでした。


7)しんやめ


8)エンディング

単独ライブの件と、コントの女性の件が軽く話されました。

来週あたり、女性が決まるだろう、とのことでした。

SPWの前ですから、さすがにその時には決まっているでしょう。


2.単独ライブについて

マネージャーのDちゃん(佐藤大介氏)のツイートを引用しておきます。


オードリーのまんざいたのしい2013」

会場:新宿紀伊國屋ホール

日時:2013年8/15(木)〜8/18(日) (時刻未定)

(チケット発売予定)

6/16(日)〜ケイダッシュステージモバイルにて先行予約

6/30(日)〜ローソンチケットにて先行予約

7/7(日)一般発売開始


なお、詳細はケイダッシュステージのオードリーのサイトにも記載されるそうです。

さっき(朝3時ごろ)見ましたが、まだ載っていませんでした。


3.コントの設定案について

先週から募集を始めた、「7人のコント侍」の設定案ですが、もういくつか届いていて、こんなものが紹介されました。

・「たまきんつねり」…みんなでつねりあって、面白い声を出した方が勝ち

・「春日JAPAN」…自由奔放なメンバーに春日が翻弄される

・「梅雨前線を全力で食い止める男」…そのまんまです

・春日が男のアイドル役で、握手会を前に苦悩するもの

・高校の同窓会に知らない外人がいた、と言うもの

まだまだ募集中だそうです。


4.幻の「うにいくらのオールナイトニッポン」

昨日の日中に若林が

「本当にたま〜にコンビ名を「うにいくら」にした方がよかったなって思う。」

とツイートし、さらに番組開始40分ほど前にも」

「このあと1時から「うにいくらのオールナイトニッポン」是非聞いてください。」

とツイートしていたので、今回はタイトルコールが違うのかな、などと言う推測ツイートが多くのリスナーから発されていました。

結局はいつも通りのものでした。


なお、こんなツイートもありました。

「ちょうど今その内容のリプライが40件ぐらい来てて嫌になってたとこです。@XXXXX 本関係ないですが、うにいくらやったら、どっちがウニでどっちがイクラや!とかいじられるの嫌じゃないですか?(^^)」


ちなみに「うにいくら」の意味ですが、「うにいくら」とは、「ナイスミドル」と名乗っていたころの二人が、社長から改名を求められ、「オードリー」とともに提示されたコンビ名です。

その改名を求められたのが、寿司屋だったそうです。

詳細は、たしかWikipediaの「オードリー」のサイトに記述されていたと記憶します。


関係ないですが、最近思うのは、芸名やグループ名を命名するときなどは、ネットで検索されることを意識しておいた方がいい、と言うことです。

一時期、「JUJU」の「IF」と言う曲の評判をtwitterで調べていたことがあるのですが、とにかく関係のない英語のツイートがひっかかりまくって、大変苦労しました。

「オードリー」を検索すると、「オードリー・ヘップバーン」や、最近ではモデルの「オードリー亜谷香」が引っかかることもありますが、だいたい期待したものが見つかります。

「うにいくら」にしていたら、ネット検索のしやすさはどうなっただろうか、などと考えました。


5.みほさんのtwitterについて

私のブログで、アルバイトのみほさんのtwitterアカウントを調べようとされている方がいるようです。

私にとっては別に迷惑でもなんでもないのですが、過去にみほさんのアカウントを記載したことはありませんし、学生さんである限りは、よほどの事情がないと記載しないと思います。

迷惑をかけるのは本意ではないですから。

また、私はフォローもしていません。


なお、みほさんは

「バイトの問い合わせをもらっても、力にはなれない」

と言うことを丁寧なことばでツイートされています。

問い合わせツイートがかなり来ているのでしょう。

みほさんの立場と心情を理解しましょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】岩嵜と千賀は球界一の「シャットダウン」コンビになる



(千賀投手の奪三振ショーの動画)



福岡ソフトバンクホークスは、ファルケンボーグ投手の離脱を受け、岩嵜投手を押さえにし、千賀投手をセットアッパーとする構想にしたようです。

実際5月29日の対讀賣ジャイアンツのゲームでは、藤岡投手、森福投手のあとを受け、この2人で8回、9回の1点差リードを守り切りました。

8回までを投げる「セットアッパー」と9回でのリードを守りきる「クローザー」とでは、ずいぶんと立場が違うようです。

王会長も

「8回と9回は違うからね」

と言ってますし、岩嵜投手自身も

「今まで投げてきた投手の思いがある。それが8回と9回とでは違います」

と語っています。


日刊スポーツ「ソフトB岩崎プロ初S 緊急事態救った」へのリンク

日刊スポーツ「岩崎、ファル復帰しても「オレが守護神」」へのリンク

上記リンク以外の記事でも、これまでの岩嵜投手の言葉を見聞してみますと、そうとう気持ちが強い投手のように思われます。

一方で今売り出集中の千賀投手ですが、あまり彼の声を聞きません。

多分私が見逃しているだけだと思うのですが、去年四球から崩れて行ったのが、今年はそれがなくなったのを見ますと、こちらもそれなりの心の強さを身につけたんだろうと思います。

ただ岩嵜投手のほうが、なんとなくですが上のように感じます。


私は技術的には千賀投手の方が上だと思います。

ですが、前述の通り見える範囲では、岩嵜投手の方が気持ちが強いように感じます。

だから、8回千賀投手、9回岩嵜投手でOKだと思います。


アメフトでは、レシーバーの前でパスをカットし続ける守備選手のことを

「シャットダウン」

と表現することがあります。

千賀投手と岩嵜投手の場合、試合を「クローズ」させる、と言うより、打撃を「シャットダウン」しているように見えます。

後者の方が守備とは言え攻撃的に感じます。

だからあえてこの2人には

「シャットダウン・コンビ」

と言う名前で呼びたいです。


そんな千賀投手に興味深いエピソードが。

Yahooトピック「王会長「夢を与える投手」ソフトバンク育成出身・千賀」へのリンク

つまりオープン戦で発熱して先発のチャンスを逃さなかったら、今のリリーフとしての千賀投手の地位はなかっただろう、と言うことです。

オリジナルの記事が、あの東スポなだけに(失礼!)、信ぴょう性に疑問を持たれる方がるかもしれませんが、ウソだとしても、大選手にはそう言う都市伝説が良く似合います。

だいたい、王会長自身が、本当は行きたかった公立高校に落ちたため、早稲田実業に行くことになったそうですが、もし受かっていたら、硬式野球部がなかったその公立高校からプロ入りできたかどうか、と言う伝説の持ち主です。

(だから、今の失敗は、将来の成功への布石かもしれないんですよ)

ただ王会長にしても、千賀投手にしても、そのチャンスだけで今の地位を築いたわけではなく、努力してきちんとチャンスをものにしたのも忘れてはならないと考えます。


さて、岩嵜投手と千賀投手。

このドラフト1位と育成枠出身と言う対照的な二人。

これから失敗することもあるでしょう。

でも、その何十倍もの成功で、我々ファンを喜ばせてくれるはずです。

ファンが失敗を責めることは、選手をつぶしてしまい、結果ファン自身から楽しみを奪うことにつながりかねません。

私は楽しみたいので、あたたかく見守ります。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~