2013年09月の記事 (1/1)

【祝】ダイアナ・ガーネットさん、来月メジャーデビュー!!



(ダイアナ・ガーネットさんの 『デビュー決定。スペシャルコメント』動画)


今年4月に日本テレビの

「のどじまんザ!ワールド」

で優勝した

ダイアナ・ガーネットさん


来たる10月23日に

「また君に恋してる」

でメジャーデビューが決定したそうです。


動画はこちら

YouTube「ダイアナ・ガーネット 『また君に恋してる Short ver.』へのリンク


(ダイアナ嬢が優勝したことについては、当ブログの下記リンク先に書いておきました

 「2013春「のどじまん ザ!ワールド」と優勝者ダイアナ・ガーネットさん」へのリンク

この件については、ダイアナさんのツイートで知りました。

この記事を書いているのは、9月28日の夕方なのですが、まだGoogleで検索してもニュースにはなっていません。

ただの一ファンに過ぎませんが、私にとっては大ニュースです。


ダイアナさんの「春~Spring」は、本当に素晴らしくて、いまでもときどき動画を再生して元気をもらうことができるほどです。

こんなに素晴らしい人が、何でメジャーデビューしないんだろう…

「のどじまん ザ!ワールド」からは、ポールバラードさんや、クリス・ハートさんがすでにメジャーデビューしているのに…

そう言う疑問をずっと抱えていましたから、下記の彼女のメジャーデビューのツイートを見つけた時は、本当に嬉しかったです。

「大ニュースです!
 メジャーデビュー決まった!
 Yaaaaaaaaaaay!
 これからもめっちゃくちゃ頑張りますので、よろしくお願いします。!
 詳しくはブログで!
 http://s.ameblo.jp/diana-garnet/
https://twitter.com/Tonkhaikichi/status/383519765420986368


ダイアナ・ガーネットさんのデビュー曲、「また君に恋してる」は、昨日9月29日にすでに着うた配信スタートされています。


坂本冬実さんの同名の曲のカバーみたいです。

おお、演からきましたか、とちょっと意外に思いましたが、以前YouTubeにこんなをアップされていましたし、前述のショートバージョンを聴きますと、全部聴きたくなります。

YouTube「•◕Tonkhai◕• 津軽海峡ー冬景色『歌ってみた』」へのリンク


ダイアナ・ガーネットさんの公式ブログも9/23に開始されました。

ブログ名は

ダイアナ・ガーネット オフィシャルブログ「COVERGIRLへの道」

と言うことは、日本語のをカバーすることをまずメインに活動されるんでしょう。


一部にはカバー曲しかわず、オリジナルを持たない歌手を、二流視する人もいるようですが、私はそうは思いません。

むしろカバーの方がオリジナルより素晴らしい出来になったものも少なくないです。

個人的には、石川ひとみの「まちぶせ」とか、洋楽ではボーイズタウンギャングの「君の瞳に恋してる」とかが秀逸だと思います。

だから、ダイアナ・ガーネットさんには、オリジナルを超えるカバー曲を歌ってくれる歌手として期待します。


最後に、彼女の情報サイトへのリンクを貼っておきます。

「ダイアナ・ガーネット」公式サイトへのリンク

ダイアナ・ガーネット オフィシャルブログ「COVERGIRLへの道」へのリンク

ダイアナ・ガーネット公式twitterアカウント「@Tonkhaikichi」へのリンク

Facebook「ダイアナ・ガーネット」へのリンク

「ダイアナ・ガーネット オフィシャルYouTubeチャンネル」へのリンク


なお、彼女は今週末、10月5日の日本テレビ 「のどじまん ザ!ワールド」(19:00~ 20:54)に出演予定です。

こちらも楽しみです。

日本テレビ「のどじまん ザ!ワールド」へのリンク

もう歌う予定の曲も発表されていて、今回は、ん、今までにないタイプの歌だな、とちょっと驚きましたが、どう歌いあげたか、楽しみです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

2013年9月22日の「オードリーのオールナイトニッポン」について~YouTube配信の回



(9/22放送の、オードリーのオールナイトニッポンの中継の中の「「若林1−GP」」部分の動画)


今日2013年9月29日の「オードリーのオールナイトニッポン」は、たぶんリアルタイムで少ししか聴けないと思います。

その件は来週にまわさせてもらいまして、この記事では、前回

2013年9月22日の「オードリーのオールナイトニッポン」

について書かせてもらいます。


何といってもこの回の目玉は「YouTube エンタメウィーク」とANN連動企画で、動画配信しながらの放送でした。

ちらっと見たのですが、かなり高画質で、良かったです。

放送後は生中継に使用されたサイトは非公開となりました。

オープニングの動画だけ編集されてアップされていましたので、トップに置きました。


1.YouTube エンタメウィーク

オープニングで「YouTube エンタメウィーク」の企画

「若林1−GP」(わかばやしわんぐらんぷり)

に投稿された動画が披露されました。

進行は「なんで自分がやるのかよくわからない」春日で、若林はコメントしていくと言うものでした。


1)「オードリー若林の私生活をイメージしてみた」(やぎまこと 八木良)

動画はこちら

YouTube「オードリー若林の私生活をイメージしてみた」へのリンク

若林は、本当にじぶんそっくりと言っていました。

私としては、バイクに乗っているところなどは、上地雄輔に似ていると思いました。

帰宅後に靴下を壁に投げつける、というエピソードは2年前ごろよく聴きました。

一人「人生ゲーム」…

やっているのかな?

白い紙の駒に「春日」「オレ」と書いてありました。


「ドッペルゲンガー」

と言う言葉を若林は使っていました。

「ドッペルゲンガー」とは、大ざっぱにいえば「もう一人の自分」のことで、「ドッペルゲンガー現象」とは、同時に別々の場所で自分が目撃されたり、自分自身でそれをみてしまうことを指すようです。

たしか、脳の障害による幻視と解釈されることもあるようですが、これでは後者、つまり自分で見てしまうことは説明できても、前者のは説明がつかないです。

後者の有名な例は、Wikipediaにもありますが、エミリー・サジェが有名です。


2)「オードリー若林っぽいやつを見つけろ!!」(JJ北島ヒルトン)

動画はこちら

YouTube「エンタメウィーク★若林1−GP★ANN連動企画 オードリー若林っぽいやつを見つけろ!!」へのリンク

アメフト的にいえば、プレイが始まってRB(若林の高校時代のポジション)にボールが手渡され、RBがどう駆け上がろうか、としているところに、ディフェンスがつっこんできて、RBはタックルされ、倒されてしまう、と言うものです。

ヘルメットは、なんとなく日本大学フェニックスのものに見えますが…


若林はこのプレイについて、タックルに向かうディフェンスを止めなかったライン(OL)の選手が悪い、と言っていました。

春日も、これは避けられないね、と同意していました。

私も、そんなもんだろう、と思います。

一番手前のラインの選手は、ディフェンスのラインの選手を止めるのに手をとられてましたし。


「ブリッツに来るぐらいの勢いで来てた」

と言っていましたが、たしかにすごいスピードでした。

ブリッツと言うのは、ディフェンスの最前列ではなく、その後ろのLBやDBが、後ろからつっこんできますので、スピードが乗った状態でつっこんできます。

ですので、しばらく立ち上がれないほどの衝撃を受けたのでしょう。


3)「テンションの高い人を撃退する無駄装置 」(藤原 麻里菜)

動画はこちら

YouTube「【無駄づくり】テンションの高い人を撃退する無駄装置 」へのリンク

うざい人には、うざい人の声を録音したもので撃退する、と言う

「毒をもって毒を制す」(春日)

の言う通りの動画でした。

結局この動画がグランプリに採用されて、製作者の藤原麻里菜(「ひので」と言うコンビ)がスタジオに入ってきてトークが始まりました。

「サイバーテロを起こしそうな顔だよね」

と言われてましたが…

普段は

「往年のギャグか名シーンに、フリーメーソンのものが入っている」

と言うネタを披露しているそうです。

これはおもしろそうなので、見てみたいと思いました。

おととい、「やりすぎ都市伝説」でフリーメーソンのことを見たばかりですので。

(なお私は、フリーメーソンが陰謀組織であると言う説は信じていません)


春日の

「ゆ、ゆ、ゆーちゅーぶ」

ですが、よく放送であんな声を出しているときがありますが、あんな感じで言っているのか、と言うのが動画で見れておもしろかったです。

意外と暴れてないんだなぁ、と思いました。


なお、春日が乳首だけTシャツを切り取る件ですが、これは高校時代のアメフトの練習のときに実際にやっていたそうです。

こう言うことをやると、テンションが上がるそうです。


ところで、藤原麻里菜についてチャンネル登録のお願いがありましたが、他にも関連するサイトへのリンクを貼っておきます

twitterのツイート
「YouTubeエンタメウィーク終わりました!
色々経験させてもらった5日間でした。これからも無駄づくりしてくので、見てください。」
https://twitter.com/togenkyoo/status/382151055129079808

よしもと芸人 藤原麻里菜のブログ「藤原麻里菜の「おせちもいいけどブログもね。」>オールナイトニッポン!」へのリンク


これをきっかけにブレイクしてくれたら、フリーメーソンネタが見れるようになるかもしれないので、期待しています。


2.若林トーク

若林の誕生日にまつわる話しでした。

くじらにひっかけられて、銀座のBudweiserの真ん中で誕生日を大々的に祝われたり、キャバクラで店員の機転で大々的に祝われたり…

超恥ずかしかったそうです。

なお、トーク中に出てきた「スティービー・ワンダー」ですが、この人の「ハッピーバースデイ」はテレビでよくかかるのでご存じの方も多いと思いますが、一応ライブの動画へのリンクを貼っておきます。

YouTube「STIVE WONDER - HAPPY BIRTHDAY」へのリンク


3.春日トーク

中耳炎にかかって、病院で痛そうな治療をした話しでした。

私は痛そうな話しが苦手なので、あまり深くは聞けませんでした。

最後はオチが見えましたが…


なお、今回は動画配信されていると言うことを考慮してか、D本を見ないでトークしたそうです。

ツイートに

「D本隠して、乳首隠さず」

と言うおもしろいのが流れていました。


4.「スタジャン」

新コーナーと考えていいでしょう。

今回、リスナーさんが送ってくれたTシャツを、チーム付け焼刃とオードリーの全員が着用しての放送でした。

あれはアメリカの大学にふつうにありそうな高い完成度で、いいなぁ、と思います。


オードリーはTシャツには感謝しつつも、最終的にはチーム付け焼き刃(TYB)のロゴを入れた、ウインドブレーカー(今は何と言うのか知りませんが)、を作りたいようです。

「ジャンバー」と言っていますが、ジャンバーではシャカシャカしませんから。

それでデザインを募集するようです。

詳細はANN公式にあります。


私の学生時代のシャカシャカしたものの思い出をひとつ。

「WASEDA」と大学名を入れることに何の意味があるのか?

学内で役に立った例を書きます。

まず4月の新人歓迎の季節。

そして11月の早稲田祭(大学祭)の季節。

学内は早稲田の学生だけではなく、いろんなところから学生さんが来ますし、学祭には一般の人も来て、構内は大混雑です。

おまけに新入生と間違えられたり、学祭の客とみなされると、いろんなところで引きとめられて、なかなか買い出しとか休憩とかに行けません。

しかし、大学名の入ったシャカシャカしたものや、ジャンバーを着ておけば、あ、関係者なのか、と言うことで、比較的スムーズに移動できます。


それにしても、どんなものができるか楽しみです。

大量生産ができるものなら、一般に売り出してもいいかと思うのですが…

「新受験生ブルース」みたいに。

かなり売れると思います。

または番組のノベルティグッズにするとか。


5.その他

「ゆめちゃん日記」でみほさんがあいの手を入れていた歌は

「DESIRE」(中森明菜)

です。

下記リンク先に、当時(1986年2月)の動画があります。

YouTube「DESIRE -情熱- (夜のヒットスタジオ 1986.02.26 放送) - 中森明菜 Akina Nakamori」へのリンク

中森明菜については、先日このブログの下記リンク先の記事に書きました。

「「春子の部屋~あまちゃん 80's HITS」収録曲を、YouTubeで集めてみた」へのリンク

そこでも書いたこととかぶりますが、アイドルと言うより、本当に素晴らしい歌手でした。

歌唱力、表現力、圧倒感、すべてにおいて、当時のアイドルよりも図抜けていたと思います。

この動画の当時21歳だと思いますが、完成度がものすごく高いように感じますし…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2013WEEK3】「オードリーのNFL倶楽部」について

2013年9月28日早朝に放送された

オードリーNFL倶楽部

について書きます。

今週は若林は安定のヒューストン・テキサンズ(HOU)のTシャツでしたが、後藤アナはオークランド・レイダーズ(OAK)のTシャツ。

春日にいたってはアメフトとは直接関係のない

「I Love NY」

Tシャツ。

まあ、ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)とニューヨーク・ジェッツ(NYJ)の両方を応援していますから、そうなるんでしょうか。


また、今回の放送は、今シーズンで一番ワイプが盛り上がってたんじゃないかな、と思います。


1.アメフトは交代自由

オープニングでの、アメフト観戦初心者の後藤アナ。

「どうですか、後藤アナ。勉強は進んでますか?」(若林)

「先日中継する先輩の準備を見て、初めて交代が自由だと知りました」(後藤アナ)

「三週目でそこですか。いい具合ですね、春日さん」(若林)

「へぇ、交代って自由なんだね」(春日)

「お前はやってたから知ってるだろう」(若林)

と言うショートコントがありました。

大ざっぱに言いますと、アメフトは、基本的には守備の選手と攻撃の選手がいて、それぞれ違う選手がプレイします。

また守備の局面でも、状況において他の守備選手と交代したりします。

攻撃の時もそうです。

ただしNFLでは、完全には交代は自由ではなかったと思います。

ですが、ほぼフリーだと思われて見ても支障はないと思います。


守備の選手が他の守備の選手と入れ替わる理由は、例えばパス攻撃が想定される時は、パス守備用の選手ユニットにしたりしたいから、と言うものもあります。

またゴールラインぎりぎりまで攻め込まれると、それ用の守備ユニットにしたりします。

攻撃側からみると、この交代は望ましいものではありません。

ですから、ノーハドルオフェンスですぐに攻撃を開始したりしてそれを増やしたりします。

開幕戦を見たのですが、ペイトン・マニングはこれをもっといやらしく使っています。

ノーハドルオフェンスがベースなのですが、プレイをすぐに始めるようにならんでも、すぐにプレイを始めず、ぎりぎりまで時間を潰している場面がいくつかありました。

守備側にとっては、結果的には交代させる時間はあったのですが、攻撃側がすでに並んでいていつプレイが始まるかわからないので、結局交代させることはできないのです。

老獪です。


2.MC陣の応援するチームの結果

今週の結果はこうでした

ヒューストン・テキサンズ(HOU:若林)負け

ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG:春日)負け

ニューヨーク・ジェッツ(NYJ:春日)勝ち

グリーンベイ・パッカーズ(GB:後藤アナ)負け

と春日のチームだけが勝つ、と言う結果となりました。

私は先週、「春日の呪い」が発動する可能性が高い、と書きましたが…

一番意外だったのは、GBの敗戦です。

14点リードされたものの、逆転して16点リード。

これは勝てるな、と思ったのですが、最後に逆転されました。

非常に引きずる負け方だと思います。


3.春日が興味を持ったチーム

先週の放送で、好調カンザスシティ・チーフス(KC)に色気を見せた春日。

今週はGBを下したシンシナティ・ベンガルズ(CIN)と、開幕3連勝のマイアミ・ドルフィンズ(MIA)に興味を示しました。

KCとCINはそこそこやるだろう、と開幕前に思っていましたが、MIAの快進撃はちょっと意外でした。

特に今週は、昨季リーグ最高の勝ち数をあげた強豪アトランタ・ファルコンズ(ATL)が相手でしたので。

ネットを見る限り、日本でもMIAのファンは多いです。

これは1970年代の日本での第一次NFLブームで、MIAが注目されていたこと。

1980年代から90年代にかけ、歴史に残るQBのダン・マリーノを擁して強豪だったことに因るものだと思われます。

KCも、そこそこファンが多いです。

CINはあまりファンを見かけないのですが、日本テレビが最初に中継した第23回スーパーボウルに出場。

その後3年間は強豪の位置にあったのですが、その後急速に弱体化し、長く低迷していました。

しかし最近は盛り返し、特にエースQBのアンディ・ダルトン、エースWRのA.J.グリーンが入団した一昨年からは、2年連続プレイ王出場しています。


4.NFLチケット事情

NFLのゲームのチケットなどについて、ニューヨークの小池絵未子さんからレポートがありました。

シーズンチケットホルダー以外にはなかなか手に入らないNFLのチケット。

そこで個人間でのチケットの売買が行われるのですが、そこでよく使用されるのが、インターネットの

「StubHub(スタブハブ)」

と言うチケット売買サイト。

こちらになります。
 ↓
「StubHub - Official Site - StubHub.com‎」へのリンク

ここで売りに出されているチケットの中から買うことができます。

なお、こんなニュースも去年あったそうです。

日経パソコン「大手チケット売買サイト「StubHub」、日本進出を計画中」へのリンク

2012年時点で、2~5年の間に何らかの形で進出したい意向で、具体的には、日本国内でもイベントチケットの取り扱い、日本語サイトの開設などを行うようです。

なお

「stubhub 使い方」

で検索すれば、実際に使ってみた日本の方のブログなどを見つけることができます。

(ただし、正確な体験談を書かれているかは、多少疑ってみた方がいいと思います。

 インターネットの世界は、いろんな人が書きこみますから)


5.今週の春日と若林のやりとり集

1)ATLとMIAの試合後に

「お前も全力でやれよ」(若林)

「全力でやってるよ。

 全力でやってこのザマなんだよ」(春日)

2)NYGのチケット再販価格が、NFLトップの約3万円だと聞いて

「わざわざ3万払って、弱小チームの応援を見に行くのもね…」(若林)

「失敬だな君は」(春日)

「「春日の呪い」がかかってますからね」(若林)


6.コーナー名決定「晴菜のここが知りたい」

後藤晴菜アナがオードリーに質問するコーナー。

コーナー名が正式に「晴菜のここが知りたい」と決まりました。

後藤アナは、タイトルコールの前、小声で

「よし」

と気合いを入れていました。

「「よし」要らなかっただろう」

と若林につっこまれてましたが、新入社員らしさを感じられました。


なお、このコーナーでかかっていたのはこちらの曲です。

(開くまで時間がかかるかもしれません)

Dailymotion「DuranDuran-IsThereSomethingI Should Know?… - Dailymotion動画」へのリンク

邦題の「プリーズ・テル・ミー・ナウ」(デュラン・デュラン)の方が良く知られていると思います。


7.ルールを知らなくてもわかる、RG3のすごさ

番組とは直接関係はないですが…

「RG3」ことロバート・グリフィン・3世ですが、彼のプレイのすごさは、アメフトのルールを知らなくてもわかってもらえると思います。

こちらに日本語解説つきの動画があります。

NFL JAPAN「【TOP 100 Players of 2013】15位:QBロバート・グリフィンIII」へのリンク

彼のプレイがすごいことは周知のことなのですが、アメフトのルールを知らなくてもわかる、と言うことには気づきませんでした。

このことは、中井貴一のモノマネで最近テレビで見かけることが増えた、きくりん、と言う芸人さんのツイートで気付かされました。

「アイシールド21」を愛読書のひとつとされています。

オードリーが修行した、「新宿そっくり館キサラ」にも最近よく出られているようです)

アメフトのおもしろさを広めたい私にとって、そのツイートは非常にありがたいものでした。


そのお礼代わりに告知ですが…

きくりんは、直近では

「9月29日(日)『日本テレビものまねグランプリ』の、「新1分コーナー」に出演している…はず」

とのことだそうです。

明日です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「誰か、「仕事は楽しい」と言ってくれ」と言う学生さんの投稿

はてな匿名ダイアリーに

「誰か、「仕事は楽しい」と言ってくれ」

と言う投稿がありました。

はてな匿名ダイアリー「誰か、「仕事は楽しい」と言ってくれ」へのリンク

書いたのは学生さん。

内容は

SNSで社会人の投稿を見ていると、辛いことばかりが目につきます。

 これでは就職する意欲がわきません。

 だから、だれか「社会人は楽しい」と書きこんでくれ」

と言うものです。


十分に同意できる内容です。

確かにネットを見ているとそう言う気持ちになるよねぇ、と思います。

私はそう言う投稿をしている自覚はないですが、知らず知らずのうちに日本の将来に夢を与えていないのは、私た
ち「大人」なのかもしれない、とハッとさせられました。


この学生さんの投稿には、

「「社会人は楽しい」なんて思っている人は、SNSにそんなことを書いたりしないから、気にすんな」

みたいなコメントがあります。

それも一理あるな、と思います。


ですが、現実世界で、子供の夢をぶちこわすようなことをしたくはないものですが、それと同じく、ネットでもそうありたいと考えました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【祝】GBファンとして広島東洋カープのCS進出が嬉しい

20130926広島CS

(昨日の試合に勝ち、CS進出を決めたカープの選手たち)


昨日、広島東洋カープは中日をやぶり、1997年以来、16年ぶりのAクラスを確定させ、初のクライマックスシリーズ(CS)進出を決めましたた。

この件について、パ・リーグの他球団のファンながら嬉しく思っています。

なんでカープのCS進出が嬉しいのか、そのことをまわりくどく書かせてもらいます。


私は、スポーツは地方の文化であり、地方のシンボルだと考えています。

特にプロスポーツは、各地に本拠地を置いて、その本拠地の人々はチームを応援し、チームは地方のために戦う、という姿を理想だと考えています。

ひどい言い方をしますと、私は田舎のチームが好きです。

特に、小さな町で、そのスポーツをとったら、その町には何も残らない、と言う姿が大好きです。


私はNFLのグリーンベイ・パッカーズ(GB)の大ファンです。

色々と理由はあるのですが、そのひとつには、人口10万人しかいないグリーンベイ市からパッカーズと言う球団をとってしまったら、何も残らない、そんなチームだからです。

だいたいグリーンベイ市なんてアメフトのファンではなければ、アメリカ人でも知らない町のようです。

いわんや日本では、ほとんど知られてない町です。

そんな小さな町ながら、いやそんな小さな町ですから、一昨年全米チャンピオンにも輝き、ここ20年、ほぼプレイオフの常連と言うほど強いパッカーズは、市民の生活そのもののようです。

人口10万人しかいないのに、8万人の球場はもうずっと満員御礼で、シーズンチケットの購入は何十年もキャンセルを待たねばいけないほどの人気です。

このように、小さな町にしっかりと密着したチームなので、私はグリーンベイ・パッカーズ(GB)が大好きなのです。


広島東洋カープを見るとき、私はGBとかぶせて見てしまいます。

「広島に行ったら、カープの悪口を言ってはいけない」

と言うことをよく聞きます。

それぐらい市民に密着したチームですから、ひそかに私はカープを応援しています。

(そして、私が応援するチームのファンが「9連敗コール」をやった時は、そのファンに対して大変憤慨しました。

 この件は、以前このブログに書きました)


偶然にも私が野球を見始めた時、カープは古葉竹識監督のもと、初優勝をとげました。

それからずっと、カープは強豪で、ほぼ毎年優勝を争っていました。

しかしいつのころからか、FA制度が本格的に活用されるようになったころから、カープは勝てなくなりました。

しかし、FAで、育てた選手が流出していく一方で、いつも素晴らしい若手選手を育ててきました。

その育成能力は、必要に迫られたことでもあるでしょうが、素晴らしいと思います。

(なお、GBもFAで選手が流出することが多く、獲得することは少ないです

 ドラフトした選手を中心にチームを作っていくスタイルは、カープと似ています)


前述したこととかぶりますが、私は地方の球団が強くなければ、そのスポーツはおもしろくない、と考えています。

讀賣ジャイアンツや阪神タイガースと今後CSで戦うことになると思います。

両球団は特に嫌いではないですが、CSではカープの快進撃を期待しています。


おめでとう、広島東洋カープ!!

おめでとう、広島市民、そしてファンのみなさん!!


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【IT】 「USBコンドーム」 で、漏れるのを防ぐ

最近耳にした言葉に、

「USBコンドーム」(USB Condom)

なるものがあります。

これはエロいものではなく、真面目にITのセキュリティを保つためのもののようです。

こんな感じです。

20130924標準のUSBコンドーム

(やっぱりなんとなく本物っぽい)


このツールが登場した背景には、こう言うことがあります。

USBケーブルを利用して携帯電話を充電する場合、実は携帯電話からケーブルを利用して、接続先にデータが漏れる可能性があります。

ほとんどの携帯電話はUSB経由でデータを転送できるようになっていることを考えると、そう言う可能性があることはご理解できると思います。

自宅のPCを使って、USBケーブル経由で充電する分には、問題は少ないと思います。

問題は、外、しかも公共の場での充電サービスです。

よくわからない充電装置にUSBケーブルを使って充電すると、データーが漏えい、公開される危険性があります。

これはセキュリティ上、大問題です。


そこで登場したのが「USBコンドーム」です。

これは、携帯電話につないだUSBケーブルと、充電装置の間に装着することで、データの伝送をできなくするものです。

細かい仕組みは省略しますが、興味があれば、下記記事をご覧ください。

ライフハッカー「ちゃんと着けてる? 公共の充電器でのデータ盗難を防ぐ「USBコンドーム」が話題に」へのリンク

japan.internet.com「安心してスマホをどこでも充電できる USB コンドーム登場」へのリンク

装着イメージですが

20130924装着USBコンドーム

上の絵の左①ですが、まず、携帯電話につないだUSBケーブルの先端を、USBコンドームに差し込みます。

そしてUSBコンドームの反対側を、PCなどの充電装置に差し込むと言うわけのようです。


ところでこの

「USBコンドーム」

と言うネーミングですが、一部では、「コンドーム」以外に何かいいものはなかったのか、と言う声もあります。

でも私は、秀逸なネーミングだと考えます。

まず、この名前は人目をひくでしょう。

それによって、USBケーブルによる充電に危険性があることを教えることができます。

これは非常に大事なことだと思います。

そして何より、本家のものと機能が似ていますから。


ところで、「USBコンドーム」で画像検索しますと、こんな絵も出てきます。

20130924これは…と言うUSBコンドーム

本当にこういう形のものがあるのかどうかまではわかりませんが、もう完全に遊んでいるとしか思えません。

会社に持っていったら、セクハラになりかねないな、と懸念します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】「キングオブコント2013」の感想



(私の中では、今大会で最もおもしろかったと思う「さらば青春の光」の1本目の動画)


昨日行われた

キングオブコント2013」

の感想を書きます。


最初にわたくしごとですが…

この番組を見る前、ちょっと精神的にあまりいい状態ではなく、録画してテレビを見るのをやめて寝ようか、と思ってました。

しかし、なんとなく見続けて笑っているうちに、だんだん元気になっていきました。

笑いの治癒力と言うものの力強さを再確認しました。

やっぱり「笑うこと」と「笑えること」は素晴らしいですわ。


なお、私はお笑い評論家をぶることができるほど、お笑いは見ていません。

しかし、書きたいことを書くために、上からの感想になることはご容赦ください。


1.全体を振り返って

6回目となる「キングオブコント」(KOC)ですが、これまでより高いレベルで競った大会だと感じました。

ずば抜けておもしろい、と感じたものは少なかったです。

ですが、普通におもしろいものが多く、なんだこれ、と思ったものはほとんどなかったと感じます。

そう言う意味では、良い大会だったと思います。


毎年twitterの一般の人、つまり私を含む素人が、なんとなく想像した採点と、会場で芸人さんたちが評価した得点とのギャップが話題となる「キングオブコント」ですが…

たしかに、今回もいくつか不可解な得点があったように思いますし、twitterでも見かけたそう言う声は少なくありませんでした。

しかし例年よりは少なかったと思います。

そして、かもめんたるが優勝したことには、違和感はありませんでしたし、twitterでもそれを否定する声はほとんどなかったと思います。


今回の大会の特徴は、例えば大声を出し続けるなどの

「場を荒らす」

ネタが多く、そしてそれがある程度評価された大会だったと感じます。

逆に場を荒らさなかったうしろシティのネタなどは、おとなしかったことで得点が低かったように感じます。

しかし、結局優勝したのは、正統派のネタを出したかもめんたるでした。

私はそれでいいと思います。

場を荒らすネタが嫌いではないですが、荒らさないネタが評価されないと言うのは残念だと感じますので、そうならなかったのは嬉しいです。


2.各ネタの感想

これから各ネタについて、感想を書いておきます。

とりあえず、全体の得点を書いておきます。

(順位・コンビ名・合計点・1stステージ得点・2ndステージ得点)

1位 かもめんたる 1905点(923点・982点)

2位 鬼ヶ島 1854点(904点・950点)

3位 天竺鼠 1825点(879点・946点)

4位 さらば青春の光 1746点(899点・847点)

5位 TKO 1704点(896点・808点)

6位 ジグザグジギー 1644点(825点・819点)

7位 アルコ&ピース 1639点(831点・808点)

8位 うしろシティ 1587点(773点・814点)


では、出演順に書いていきます。

1)ファーストステージ

(1)うしろシティ(松竹芸能)=773点

(上京しようとするロック青年と、それを引き止める同級生)

よくできたストーリーとじわじわくるツッコミが良く、おもしろかったです。

ただ爆笑がなかったのが残念。

「うしろシティのネタ!ちょい難しいというかじわじわ系だったね!KOCではもっとどっとくる笑いじゃないとね!」

と言うツイートがあったほどです。

773点と言うのは後で出た得点から考えますと、かなり低すぎると思います。


(2)鬼ヶ島(プロダクション人力舎)=904点

(音楽の授業、教師と2人の生徒で、一人は悪魔に疲れていて、それを払うもの)

爆発力(爆笑)があって良かったし、おもしろかったです。

2回目のネタと比べて、アイアム野田の大声も控え気味でしたし。

納得の採点。

アイアム野田は、のどの調子を回復させるために点滴をうっての出場だそうですが、たしかにそれぐらいしないとできないネタだと思いました。


(3)かもめんたる(サンミュージックプロダクション)=923点

(言葉を“売る”路上アーティストと、宝くじで6億円が当たった金持ち女性)

二人ともお子さんを抱えて苦労している、と言う背景から出来たようなネタだと思いました。

良くできていておもしろかったと思いますが、923点は高すぎると思いました。

「4分のコントって 漫画の10ページで決着つける超短期決戦だよね こいつらがどういうキャラだっていう説明に時間取られすぎるとうしろシティみたいになってしまう。かもめんたるの路上詩人と6億あたった嫌なやつってすっと入ってきた」

とほめているツイートがありました。

設定をどうわかりやすく伝えるか、と言うことの大事さを再確認させられ、その後ネタを見る参考になりました。


(4)天竺鼠(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)=879点

(小学生と、お寿司のネタを頭に付けた「いくらさん」「たまごさん」、そして嫌われる「さば」)

現実でも「いくら」と「たまご」は好かれて、「さば」などのひかり物を嫌う人は少なくないと思います。

その「あるある」設定はおもしろかったです。

ただ寿司ネタが踊っている時間が長くて、それがあまり評価できないと思いました。

このネタはtwitterでも、好き嫌いがはっきりと分かれていました。

「おもしろくない」と言う声が多かったように感じます。

私もどちらかと言うとそっちです。

ただ、ダンスはものすごくうまかったと思いますが、それは評価される点ではないでしょう。

879点は高すぎで、800点台の前半が妥当かと思います。


(5)アルコ&ピース(太田プロダクション)=831点

(精子と卵子が受精するまでの道案内と事務手続き)

オードリーがよく「オールナイトニッポン」でほめていますので、注目して見ました。

設定は斬新で、おもしろかったと思います。

その設計をどう広げるかワクワクして見ましたが、見事に期待にこたえてくれました。

ただ、エンディングが私の好みではなかったです。

もう少し高い得点でもいいんじゃないかと思いますし、天竺鼠より低いとは思えないです。

下品なネタ、ともとれる内容について、よくぞゴールデンでやってくれた、と変にたたえるツイートがいくつかありました。

しかしそのせいか、このネタに関して苦情が殺到したそうです。

Yahooトピック「アルコ&ピース受精ネタに視聴者から苦情」へのリンク


(6)TKO(松竹芸能)=896点

(少年と、しゃべられるようになった怖いぬいぐるみ)

ホラーのような内容でした。

箱の中から出てきたぬいぐるみが怖すぎて、その怖さをじわじわと広げていくのがおもしろかったです。

私もそうですが、twitterでも「TEDを思い出す」と言うツイートがいくつかありました。

他にも「夢に出そう」とか「鬼が島(の腹話術人形)と被る」とかの声がありました。

これまでのTKOのネタよりはおもしろかったと思います。

896点は、やや高いかな、と思います。


(7)ジグザグジギー(マセキ芸能社)=825点

(満月を見て狼男に変わるのか、病気が再発しているのかわからない男)

設定を理解させる早さは良かったと思います。

展開も意外さがあって、おもしろかったと思います。

ただ、同じことの繰り返しがくどかったように感じました。

得点は妥当か、やや低いかと思います。


(8)さらば青春の光(フリー)=899点

(工場ではたらく2人の喫煙所での会話。ロックライブを開いた若者と、それを見に行った中年男性で、中年男性が、歌詞が自分たちのことを歌っていることをつっこむ)

1stステージでは、一番面白かったと思います。

いや、全体を通しても、この日最高だったとも。

若者が歌った歌詞が、底辺から成りあがりてぇ、見たいなもので、その底辺ってまるで俺たち見たいだな、と中年男性がつっこむんですが

「お前、俺たちのことをどう思ってるんだ?そんな風に思ってたのか」

と言うのを、歌詞の部分を変えて言ってました。

そしてライブを聴きに行った工場員がやめていくと言うのも。

流行語になってもいいようなツッコミもあったように記憶します。

899点は低すぎで、トップにたって良かったとも思います。

暴れようが足りないのが、低い得点に反映されたのなら、それはちょっと悲しいです。


2)セカンドステージ

(1)うしろシティ=814点

(交際相手の父親にあいさつに来た青年を父親が嫌うが、青年に貯金が100億円あることを知って態度が一変)

途中で、とんでもない貯金があると言う展開になるのだろう、と見えて、その通りになってちょっとがっかりしました。

ネタを見ていて、そう言うことになると、素人としてはだいたいがっかりします。

でもその後の父親の反応が異常に人間くさかったり、あるあるだったりで、おもしろかったと思います。

ただ得点が低すぎだと思います。

1作目と言い2作目と言い、きれいすぎてほとんど暴れない展開が、高得点にならないのでしたら、残念だなぁ、と思います。

「うしろシティ面白いのに、このカオス状態の中で正統派過ぎてウケないパターン?」

と言うツイートも見かけました。


(2)ジグザグジギー=819点

(刑事と、絶対にナイフを離さない犯人)

展開自体はおもしろかったと思います。

設定もシンプルでわかりやすいですし。

でもこのネタでも同じことの繰り返しで、意外感がなかったのが残念です。

得点は妥当か、やや低いと思います。


(3)アルコ&ピース=808点

(水没した携帯電話の機種変更)

機種変でありがちなことを恋愛にたとえて悲しむ客の青年。

この手のコントが好きと言う人もいますし、私も嫌いではないですが、あまりおもしろくなかったように感じます。

これもきれいなネタだと思います。

808点は低いと思いますが、やはり場を荒らさないといけないのかな、と感じました。


(4)天竺鼠=946点

(田舎で交通事故を起こした“凶暴に見える”運転手と、膝を骨折した被害者)

設定が“凶暴に見える”運転手が腰が低い、と言うのはおもしろかったんですが、その路線が広がらず、結局ダンスネタになってしまったのは残念でした。

まあたしかに、ダンスとBGMのイメージとのミスマッチはおもろく、音に合わせてうまく踊ったと思います。

でもそこは、お笑いの大会で評価されることではないと思います。

「優勝するようなネタじゃない」と思うのです。

ですから、946点はあまりにも高すぎると思いますし、twitterでも散々不満が流れていました。

ひどいのになると、天竺鼠は主催者の吉本興業からの唯一の出場者なので

「天竺鼠が優勝したら、AKBじゃんけん大会の珠理奈を超える八百長確定」

みたいなツイートもありました。

とにかくこれで、天竺鼠がダントツの暫定一位に就きました。


(5)TKO=808点

(テレビの電話コーナー「持ってけ1万円」)

電話先のかかえる、番組にとって不都合な事情はおもしろかったです。

ですが、TKOの二人が体を変な風に動かしていて、それで笑いを取ろうとしているように見えたのが、ちょっと不満です。

808点は妥当かやや低いでしょう。


(6)さらば青春の光=847点

(社長と商談する営業マン、社長から商談をとるために、よくわからない社長の自慢に、がんばってついていく営業マンの苦悩)

マイナーな存在で、よくわからないので、その価値がわからないオカリナ。

これが社長の趣味で、苦悩して営業マンが返事をする、と言うものでした。

よくわからないものとして、オカリナを出したのは良かったと思います。

ですが、それを引きずらずに、もう一点出せば、もっと高得点が狙えたと思います。

しかし、「オカリナの値段のすごさがよくわからない」と言う話しの前に、社長の高い買い物自慢と、安い買い物自慢をする、と言うストーリーを持ってきたのは、わかりやすい流れで、なるほど、と思って見てました。

900点を超えても良かったんじゃないかとも思います。

人によってはわかりにくいネタだったかもしれません。


(7)鬼ヶ島=950点

(喫茶店で会話する学生服の2人、おもしろい話で“フィナーレ”=失神を迎えるアイアム野田)

アイアム野田の「フィナーレ」までの騒ぎようが、ネットでも嫌われていました。

私は、大声よりも、筋が良くできていていいな、と言うのが印象に残りました。

もっと控え目なフィナーレなら、我々はもちろん、審査員も高く評価したかも、とも思います。

950点はやや高いと思います。

ですが、天竺鼠のあのネタで優勝されるのには抵抗がありましたので、これで鬼ヶ島がトップに立ったのは良かったと思います。

また「フィナーレ」ってなんだ?エロい事と一緒か?と言うように見えましたが、ネットや会場でそうつっこまれてはなかったです。

「フィナーレフレンド」=「フィフレ」ってのも良かったです。

アイアム野田は

「ケペパ」

など、色々と叫んでいたので、ダウンタウンが

「後で台本見せてくれ」

と言ったのには、激しく同意して笑いました。


(8)かもめんたる=982点

(新宿のサイトウさんに千葉から白い靴下を届けに来た“家来”)

きれいなコントで、色々と笑えました。

982点はやや高いとは思いますが、このネタなら優勝しても納得、と思いました。

また

「鬼ヶ島は好き嫌いがわかれますかね。正統派のかもめんたるは順番にも恵まれましたかね」

と言うツイートもありました。

審査員はプロの芸人で、ファイナリストよりも名が売れている人たちばかりだから、そう言うことには大きくは作用されないとは思うのですが、影響が全くなかったとは言えないと思います。


3.関連記事やネットユーザーの声

関連記事と、ユーザーコメントが書いてあるYahooトピックスへのリンクを貼っておきます。

お笑いナタリー「かもめんたるKOC優勝に「僕らの方向性は気持ち悪いネタ」」へのリンク

(以下、ネットユーザーのコメントあり)

キングオブコント2013公式サイトへのリンク

Yahooトピック「<キングオブコント2013>かもめんたるが優勝 6代目キングに」へのリンク

Yahooトピック「コント日本一は「かもめんたる」6代目王者に 岩崎涙目「最高」」へのリンク

Yahooトピック「『キングオブコント2013』かもめんたるが6代目王者に」へのリンク


鬼ヶ島はおもしろいと思うのですが、評判は良くないようです。

もうすこしおとなしい形でアイアム野田を生かせば、もっとおもしろくなると思います。

もちろん私は素人ですから、具体的にどう?と言われても困りますが。


4.かもめんたるの優勝について

かもめんたるが優勝したことについては異論はないです。

下記リンク先に、かもめんたる・槙尾ユウスケ(@makiokamomental)の優勝の喜びツイートが、写真付きであります。

「キングオブコント、かもめんたる優勝しましたー!ありがとうございます!」
https://twitter.com/makiokamomental/status/382209067449458688

二人の公式ブログでは、まだ優勝のことは書かれていませんが、最新記事にはAKB48なみのコメント数が表示されています。

「イワサキとマキオの交換日記」>「キングオブコント2013」へのリンク

「マキオヘ 」

と言う書き出しの形は、「芸人交換日記」を思わせますし、たぶんそれを意識しているんでしょう。

なんか嬉しいです。


ところで、twitterの中には

「FKD48メンバーから優勝者が出たーーーー (๑・∀・๑) 」

とありました。

「FKD48」…

聞いたことないな、と思って調べました。

こちらに公式サイトがありました。

「FKD48.com」へのリンク

「FKD」とは「ふきだまり」の略のようです。

「『FKD』とは、芸歴10年前後の都内ライブを代表する、実力派芸人によるスペシャルユニットです」

とのことだそうです。

メンバーを見ますと、三拍子、磁石、流れ星など、「THE MANZAI 2013」の認定漫才師に選ばれた中でも、私が応援するコンビもいます。

そしてたしかに、実力派ぞろいです。


かもめんたるの優勝は、「FKD48」メンバーから初、と言うだけではなく、サンミュージックの芸人としても初、さらに言えば、早稲田大学出身のコンビとしても初だと思います。

そもそもかもめんたるは、早稲田大学のお笑いサークルからできたコントグループWAGE(ワゲ)のメンバーが、同じメンバーの小島よしおのブレイクを見て、結成したそうです。

Yahooトピック「「キングオブコント」優勝はかもめんたる!勝利の陰に小島よしおの支えあり!」へのリンク


個人的な考えですが、私も含め、早稲田出身の人には、人を笑わせることに一生懸命な人が多いです。

少なくとも私の周りはそうでした。

そんな学風も一部ありますので、これまでたぶん大きなお笑いの大会で、早稲田出身の芸人が優勝していないのは、ずっと不思議に思っていました。

しかしその歴史も、かもめんたるの優勝で終わりです。


5.こういう意見も

優勝決定してすぐのことのようですが、私のブログには、こう言うコメントが書かれました。

「かもめんたるのストーカーネタは最低でした。ストーカーされてる人の立場に立ってみてほしいものです。」

う~ん、無視はできないな、と思いました。

私も「不謹慎」を気にする人間ですが、こう言う人がいるだろう、と言うことには思いつきませんでした。

(ただ、「ストーカー」で落とすのは、お笑いの観点から見て、ちょっとおもしろくないな、とは感じました)

これを書いた人は、ストーカーの被害者か、身近にそう言う人じゃないかと思います。

だから、この人が心が狭い、とは思いません。

でも、かもめんたるの優勝も書きたいですし。

とりあえず、こう言う人もいる、と言うことは書いておきます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【twitter炎上】嵐の「アラフェス」をツイートした北島康介は擁護できない

20130923アラフェスなう

(炎上を招いた北島康介選手の

 「アラフェスなう」

 と言うツイート

 もう消えているかもしれませんが、URLはこちら

 https://twitter.com/kitajimakosuke/status/381338307986079744 )


水泳の五輪金メダリスト、北島康介選手が、2013年9月20日の22時45分に

「アラフェスなう」

と言うツイートを行ったことで、北島選手のtwitterアカウントが炎上しているそうです。

私はこのニュースの見出しだけ見たときは、なんでそんなことで炎上するんだろう、と不思議に思いました。

理由はこうです。

「アラフェス」とはジャニーズの人気グループ嵐のライブだそうです。

で、「アラフェスなう」とツイートしたと言うことは、そのライブ中に会場で携帯電話かスマートフォンを用いて、twitterを利用したと言うことになります。

穏やかな書き方をしますと、普通コンサートやライブ会場では、携帯電話かスマートフォンの電源を切っておくこと、最低でもマナーモードにしておくべきで、かかってきた電話に出るにも、いったん会場をはずすことが礼儀だと思います。

それが、自分からそう言う機器をを取り出して、利用した、と想像できるので、これは重大なマナー違反、と言うことで炎上したようです。


その他にも、当日のライブは現在の国立競技場最後のもので、ものすごく意味のあるライブだったので、行きたくても行けなかったファンが相当数いるそうなので

「行けなかったファンに失礼」

と言うことでも炎上してるそうです。

なんでもこの日は、JOCの竹田恒和会長はじめ五輪で活躍したアスリートが観覧していることが櫻井翔から語られたそうです。

ですから、北島選手は、ある種の「特権」で行けたと考えられ、炎上を招いたようです。

関連記事はこちらです。

Yahooトピック「嵐、最後の国立ライブ 7年後の“再会”誓う」へのリンク

痛いニュース「北島康介「アラフェスなう」→嵐ファン激怒「公演中は電源消せ」「行けない人の気持ちも考えろ」」へのリンク

NAVERまとめ「【悲報】嵐 アラフェスに招待された北島康介がファンに叩かれ 「しね」とリプされる事件発生」へのリンク


可能性としては、北島選手は会場を抜け出して、たまたまトイレとかの別室にいた時にツイートしたことも考えられます。

しかし、もしメインの会場でツイートしていたとならば、北島選手はマナー違反を犯して、これは炎上を招いても仕方がないと思います。

いくらオリンピックで英雄的な功績をあげていたとしても。

マナー違反はマナー違反だと思います。


ただし、私は嵐と、周囲の客(五輪関係者が多いと思いますが)に対しては失礼だとは思いますが、

「行けない人の気も考えろ」

と言うのは言いすぎだと考えます。


北島選手は、五輪関係者の「仕事」としてライブに行ったと言われています。

そこで

「退屈なう」

とかツイートしたんなら問題で、ファンに失礼だと思います。

ですが、前述のツイートだけでは、失礼と責めるのはかわいそうだと思います。


最近の「バカッター事件」を見ていて思ったのですが、確かにそう言う事件を起こした人は、バカだと思いますし、何らかの制裁を受けて当然だと思います。

しかし一方で、世の中全体がピリピリしていて、簡単にはSNSに投稿できない時代となったな、と感じます。

具体的に、どの事件でそう思ったかは忘れましたが、少なくとも、私はいっそう投稿に気をつけるようになりました。

こう言うツイートをして問題はないか、迷ったらツイートしない、としています。

時間をずらしてツイートした方がいい、と考え、そうすることもあります。

(それでも価値観や解釈の違いで、問題となることを言っているかもしれません)


前述しましたが、好き嫌いを問わず、北島選手は国民的英雄であることは間違いないと思います。

またこれも前述しましたが、会場を離れたところでツイートしていたかもしれません。

国民的英雄になるまで努力したうえに、一般の人よりもSNSの利用をいっそう注意しなければいけないと言うのは酷なことですが、子供たちも見ていますから、そうふるまっていただきたいとお願いします。


大事なことは、

「今、このツイートや投稿をすることで、全世界の人にどう思われる可能性があるか?」

と言うことを想像することだと思います。

見る人の中には、誤解をする人もいることも忘れずに、

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2013年9月15日の「オードリーのオールナイトニッポン」について



(IOC総会での滝川クリステルの東京五輪招致プレゼンテーション動画

 「お・も・て・な・し」のや~つです

 字幕付きフルバージョンです)



今日2013年9月22日の「オードリーオールナイトニッポン」は、たぶんリアルタイムで聴けるとは思いますが、ブログに即書くことはできないと思います。

その件は来週にまわさせてもらいまして、この記事では、前回

2013年9月15日の「オードリーオールナイトニッポン

について書かせてもらいます。


1.オープニング

さっそくIOC総会での滝川クリステルの東京オリンピック招致プレゼンテーションで使われた

 「お・も・て・な・し 。 おもてなし」

がいじられていました。

たぶん何かのコーナーで、誰かがこれをいじったものを投稿するだろうとは思ってましたが、冒頭からオードリーがつっこむとは考えませんでした。

なお、「お・も・て・な・し」は

「つ・け・や・き・ば」

に置き換えられていました。


その後2020年には俺たちはいくつだ、とか、そのころ生き残っているにはどうしたらいいか、などが、語られました。

いわゆる

オードリー会議」

ぽい展開だな、と思いました。


その他の話題もあったのですが、結構今回はいろいろと話題が飛んだような気がします。


アメフトに関連することとして、

「もし万が一アメフトが東京五輪の種目になったら、俺たちが全部その利権を持っていけるな」

とか

「満島ひかりとばったりあって、ジョー・モンタナにあったときぐらい感激した」(若林)

と言っていました。

「史上最高のQBの」一人と言われるジョー・モンタナにあったとき、とは、前回のスーパーボウルの取材のときでしょう。

名前と顔こそ出ていませんが、その時の模様はこちらにあります。

「オードリー追っかけ隊ブログ>レッドカーペットで"春日の呪い"炸裂か!?」へのリンク

(個人的には「オードリー追っかけ隊」と言う名前に、2009年や2010年を感じます)


今回は30分に満たない、短めのオープニングトークでした。


2.「付け焼刃(TYB)」ジャンパー・デザイン募集告知

先週、大学生の時にサークルに入っておらず

「失われたキャンパスライフを取り戻したい」

と語っていた二人。

本格的に

「サークル付け焼刃(TYB)」

を発足させるようです。

まず最初に、「TYB」のロゴを入れたジャンパー(「シャカシャカしたもの」)のデザインを募集します、と言う告知がされました。


すると番組の終わりの方に、「こう☆こう」さんと言うリスナーから、ロゴが送られてきました。

後でtwitterで見つけたのですが、これです。

20130917TYBロゴ

・「T.Y.B.」のロゴ

・若林が拒否したかぶり物の「虎」

・「オードリーのオールナイトニッポン」が始まった、「2009」年を意味するローマ数字「MMIX」

・(ちなみに、オードリーが4回連続で行っているスーパーボウルも、回数はローマ数字表記です)

・アメフトでプレイ前に指示を伝える「HUDDLE」

これら番組を意味する要素でうまく構成されているデザインで、オードリーの2人も大喜び。

「これでいいじゃん」

と興奮して叫んでいました。


それをつけたTシャツが、こちらのようです。

これもtwitterで見つけましたが、本当にこれになるかどうかは私にはわかりません。

20130917TYBTシャツ

次は「シャカシャカしたもの」をお願いしたいです。


3.若林トーク

ある番組で、サプライズで誕生日祝いをされて、超恐縮しまくった話しでした。

その好意は本当に嬉しいんだけど、番組でご一緒して、そのまま誕生日祝いの場にいる、長州力や渡辺美奈代は、このことをどう思っているんだろう?

あまり二人とは面識がないし、

「なんなんだよ、これ」

とか、そもそも俺のことを

「だいたい誰なんだよ、お前」

とか思ってんじゃないだろうか。

あ~、早く逃げ出したい。

と言う気持ちに追い込まれたそうです。


ところで若林の誕生日が終わりました。

Facebookを始めた若林ですが…

Facebookでは、友達の関係にある人の誕生日になると

「今日は○○さんの誕生日です。

 ○○さんのウォールに、お祝いを書きこみましょう」

みたいなメッセージが出ます。

(若林のFacebookは制限がかかっていて、友達でないとウォールには書き込みはできません)

誕生日当日は、けっこうウォールにお祝いが書かれて、一つ一つに返信をするとしたら大変だと思います。

私はFacebookの友達は比較的少ない方だと思うのですが、それでも去は30人ぐらいからお祝いを書かれていて、大変だと思いましたから。


一括して

「みなさん、お祝いありがとうございます」

と返す手もありますが…


あるいは、一時的に誕生日の情報を消しておけば、そう言う表示が友達のサイトに表示されないと思われますので、お祝いが要らないのであれば、消しておく手もあります。


4.春日トーク

放送があった日の夜の

解決駆け込みドクター」

で、春日は寝言がすごいということが放送されたのですが、その裏話でした。

個人的には、たぶん春日のトークの中で、一番笑った回だと思います。

とにかくおもしろかったです。


テレビでも、まるで目をつむって会話しているのかと思えるほど、はっきりと文章の形で寝言を言っていたのですが…

放送されなかった部分の音源も流されたり、実家に帰ったら、お母さんからも普段から言っていると言われたり…

しかもだいたい、仕事に関する寝言が多く、カメラが回っているていで話していることが多いようです。


これに若林は

「どの番組に出ている時よりも、お前は寝ている時の方がしゃべってるんじゃないか」

とつっこまれ、あげくの果てには

「「寝言言ってんじゃないよ」と言う俺のつっこみは、シャレになってなかったんだな」

とも言われてました。


なお、女房によると、私も寝言を言うそうです。


5.YouTube連動企画

今週も「半沢直樹」風に、YouTube連動企画

オールナイトニッポンをYouTubeで見る1週間!」

が告知されました。

関連するチャンネルと、今時点で投稿されているもののリンクを貼っておきます。

YouTubeチャンネル「YouTube エンタメウィーク」へのリンク

YouTube「若林-1 GP (若林に似てるやつ) >【無駄づくり】テンションの高い人を撃退する無駄装置」へのリンク

いま(9/17朝)は

リスト「若林-1 GP (若林に似てるやつ) 」には投稿が一つしかありませんが、もうかなり追加されてるんじゃないかな、と思います。

そして放送中の動画は、放送後に削除されるようです。

昨日の「AKB48のオールナイトニッポン」の動画は、昨日の朝には非公開となっていましたから。

ただ、月曜の「ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン」のは、木曜になって15分に編集されてアップされてました。

少なくとも、こう言うような要約版になって、再アップされるのを期待します。


6.その他

1)町田市で夕方になるとかかる曲はこちらです

YouTube「ズルい女 / シャ乱Q 」へのリンク

2)今週も2通ほど「二人は大人」さんからの投稿がありましたが、今回はラジオネームいじりはありませんでした。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2013WEEK2】「オードリーのNFL倶楽部」について

2013年9月21日早朝に放送された

オードリーNFL倶楽部

について書きます。


ただし今はその前日の9月20日。

若林の誕生日でもあるのですが、明日(9月21日)は生で放送を見れませんかもしれませんし、見れてもすぐには書けないかもしれませんので、事前にある程度書いておきます。

1.さっそく「春日の呪い」なのか?

(放送を見る前に書いたものです)

WEEK2、3人の応援するチームの成績は以下の通りです。


若林:ヒューストン・テキサンズ(HOU)勝ち VS テネシー・タイタンズ(TEN)

春日:ニューヨーク・ジェッツ(NYJ)負け VS ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)

   ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)負け VS デンバー・ブロンコス(DEN)

後藤アナ:グリーンベイ・パッカーズ(GB)勝ち VS ワシントンン・レッドスキンズ(WAS)


とまあ、開幕2週目にして、さっそく「春日の呪い」がかかったわけで、twitterでもそれはいじられていました。

ただ、この4試合、試合前のオッズ(「予想ポイント」だと思ってください)はどうなっていたかと言いますと…


HOUがTENを7.5ポイントリード

NEがNYJを10.5ポイントリード

DENがNYGを3.5ポイントリード

GBがWASを9ポイントリード


となっていました。

つまり予想通りだったのです。

さらに、DENがNYGを3.5ポイントリードしていること以外は、ほぼ勝敗は間違いはない、と言うほど予想ポイントが開いていました。

だから、春日の2チームが負け、他の2人の2チームが勝つことは予想されていましたので、この程度では「春日の呪い」とは言えないでしょう。


特に今回は、相手が歴史に残るQBのペイトン・マニングとトム・ブレイディだっただけに、当たり前と言えば当たり前の結果だと言えるでしょう。

ブレイディのNEは不調だったようですが、それでも負けないのがNEの怖さだと思います。


なお、最新(9/22のWEEK3)の主要ブックメーカーの予想は、下記サイトで見ることができます。

YAHOOSports>NFL「Live Odds: NFL Pointspread & Totals」へのリンク

(このサイトを見るタイミングで、数字が変わっていることもあると思います)

この見方ですが…

例えば後藤アナが応援するGBについて、上から2番目に

Green Bay Packers at
Cincinnati Bengals

と書いてあります。

その右の列に、ブックメーカー4社の予想がポイントで書かれています。

各社とも、2列のうち左の列には1つ、右の列には2つの数字があります。

その左の列が勝敗と予想ポイントです。

勝つと思われるチームの行に、数字が記入されています。

例えば今は、GBの試合の「BETONLINE.ag」の列の左の列の上段、つまりGBの行に「-3」と書いてあります。

これは、GBが3ポイントリードしている、つまりGBが勝つだろう、と言うことを意味します。

「-3」と言う数字は、「順当にいけば勝つだろう」と言う程度のリードです(あくまでも私の認識です)


ところで9/20時点では、

Jacksonville Jaguars at
Seattle Seahawks

については、19ポイント差でSeattle Seahawks(SEA)が勝つだろう、となっています。

19ポイント差と言うのはなかなかない数字で、まずSEAが勝つことは間違いない、しかも大差で、と言うことを意味します。

(ただし第3回スーパーボウルも19ポイント差でBALが有利とされていましたが、それを覆してNYJが勝ちました。

 ゆえにこの試合は「Upset of the Century(世紀の番狂わせ)」と言われています)


あくまでも私の認識ですが、5~6ポイントの差がついたら、まず勝敗はゆるがないだろう、と見ていいと思います。

EVEN(0)~2ポイントの差であれば、勝敗はわからない、と言うことになると思います。

なお、ホーム球場のチームの方が、自動的に3ポイント有利に予想される、と言う話しを聞いたことがあります。


こう言う見方で次週WEEK3の予想を見てみますと、


HOUはBALに勝つ可能性が高いけど、負けてもおかしくない(HOUが2.5ポイントリード)

NYJとBUFの対戦は全く予想がつかず、強いて言えばNYJが勝つ可能性が高い(NYJが1ポイントリード)

NYGとCARの対戦は全く予想がつかず、強いて言えばCARが勝つ可能性が高い(CARが1ポイントリード)

GBはCINに勝つ可能性が高いけど、負けてもおかしくない(GBが3ポイントリード)


もっと細かくいますと、NYJとBUFの対戦ホームのNYJが1ポイントリードとなっていますが、これはホームであるだけNYJが有利で、実際の戦力はBUFが上、と言う風にも見えます。

この予想を見ますと、来週も春日の一人負けが起きてもおかしくなく、そうなってもまだまだ「春日の呪い」とは言えないな、と考えます。


2.QBレイティングの話し

(事前に書きました)

「QBレイティング」

について、後藤アナが春日に質問したようです。

「QBレイティング」とは、QBその他のパス成績を表す数字です。

QB以外でも、パスを投げた選手全員について数字がつけられます。

私はこの数字をこう捉えています。

・QBとしての成績ではなく、パスを投げたことに関する成績です。

・QBの最終的な仕事は、パスを投げるのではなく、ゲームをコントロールして、チームを勝たせることです。

野球でいえば

「投手の最終的な仕事は、三振をとることではなく、チームを勝たせること」

と似ていると思います。


ですので、この数字が高い選手が必ずしも良いQBとは言えない、と思います。

(良いパッサーであることは事実ですが)

例えば一昨年シーズンのティム・ティーボウは、パスの成績は目をおおうものだったのですが、チーム(DEN)をプレイオフに導き、ディビジョナル・プレイオフまで駒を進めました。


QBレイティングは、下記サイトで見ることができます。

NFL JAPAN「2013NFLパス」へのリンク


QBレイティングは数式で算出されます。それを解説したのがこちらのサイトにあります。

NFL JAPAN.COM編集部ブログ「QBレイティングに迫る! ~計算方法編~」へのリンク

下記リンク先には、昨シーズンのこぼれ話しがあります。

NFL JAPAN.COM編集部ブログ「QBレイティングに迫る! ~成績編~」へのリンク

おもしろいな、と思ったのは下記リンク先の、チーム全体のQBレイティングです。

オフェンス全体でが挙げたQBレイティングから、ディフェンスが献上したQBレイティングを引いた数字が高いチームが、ほとんどプレイオフに進出しています。

このことは知りませんでした。

NFL JAPAN.COM編集部ブログ「QBレイティングに迫る! ~発展編~」へのリンク



3.春日のコーナーがほしい

これは番組を見終わった後に書いています。

今回の放送を見て思ったのは、オードリーの掛け合いのおもしろさがあまり見られなかった、と言うことです。

私はアメフトファンですが、オードリーのファンでもありますので、その点はちょっと寂しいです。

良いか悪いかは置いといて。

考えてみますと、今シーズンここまで春日のコーナーがないのがその一因かと思います。

去年までのそういうコーナーでは、春日がいじれましたから。

特にオードリーに興味のないアメフトファンの方には申し訳ないですが、私としては、これからでも春日のコーナーが欲しいな、と願います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

☆祝オードリー若林誕生日☆「スルーラックデルジェンヌ」CMに2009年のオードリーを思いだす



(「スルーラックデルジェンヌ」のCM動画

 まだまだ地上波の顔、全開ですね

 10月7日からオンエアされるそうです)



今日9月20日はオードリー若林の、35歳の誕生日

と言うことで、オードリーのことを書こうと思います。

(と言っても、たぶん明日は「オードリーのNFL倶楽部」のことで、明後日は「オードリーのオールナイトニッポン」のこと、と3連ちゃんになりそうですが)


先日、オードリーは、便秘薬「スルーラック デルジェンヌ」(エスエス製薬)の新CM発表会に出席したそうです。

こんな感じのことがあったそうです。

・「彼女いない歴8年」の若林が、春日の「彼女いない歴9年」を暴露

(昼間で初暴露でもないと思いますし、ANNリスナーならだいたい知っていると思います。

 ただし本当かどうか、と言う疑問は残りますが)

・春日は「婚活はしていて、中野のキャバクラによく行っているんですけどね」と言った。

(たぶん「ニューコサージュ」のことです)

・若林は当日誕生日を迎えた中村アンに向けて「ハッピーバースデートゥーユー」を歌った。

(若林と言えば「歌下手」の常連ですが、ヒトカラの修行の甲斐もあってか、ラジオで聴くラップなんかはうまいです)

・その際春日は早着替えでチアリーダーに変身し、「Mickey」にのせてチアダンスを踊り、中村アンを祝福した。

・中村アンは「学生時代に6年間チアリーダーをやっていて、こう見えてもキャプテンで、全国大会にも出たんです。」とのこと

(ちなみに若林はアメフト部のオフェンスキャプテンで、春日は全体のキャプテン不在時に代行をつとめたそうです

 ですが誰も春日の言うことをきかなかったそうです)

・若林正恭は「私も9月20日が誕生日なので、小っちゃいケーキぐらいあっても良かったのに。まったく“スルー”ラックな感じで…」とうまいことを言った。

(なおANNでは、他の番組のロケ後に誕生日ケーキが出てきたとき「俺みたいなクズのためなんかに、本当にありがたい」と言っており、まともに祝われることはあまり好まないようです)


関連動画はこちら

YouTube「スルーラックデルジェンヌCM オードリーさんインタビュー 【エスエス製薬】」へのリンク

(少々お疲れのようですね)

YouTube「スルーラックデルジェンヌCM メイキング 【エスエス製薬】」へのリンク


関連記事はこちらです。

お笑いナタリー「オードリー新CM発表会で若林熱唱&春日チアダンス」へのリンク


商品「スルーラックデルジェンヌ」の動画サイトはこちらです。

エスエス製薬「「スルーラックデルジェンヌ」CM・撮影レポート」へのリンク


CMを見ていると、ブレイク直後の2009年から、2010年、彼らが「お笑いアイドル」と言う扱いを受けていたころを思い出しました。

あの頃の「オードリーバブル」はすさまじいものでした。

若林は、ネタ(漫才)をやりたいんだけど、その時間がとれずにイライラしていたそうです。


また

「暴走する春日の手綱を引く若林」

と言うイメージが世間に安定していました。

若林と春日、当時31歳…


この夏の単独ライブ「まんざい楽しい2013」のチケットが、発売と同時に売り切れ。

ネットで定価の10倍の3万円を超える値段がついたことを見ると、今でもオードリーの人気は超一流だと思います。

まだまだ、

「会いに行けるお笑い芸人」

ではないなと感じます。

でもだいぶ落ち着いたようです。


また、世間もようやく彼らの「本当の姿」と言いますか、「深夜の顔」にうすうす気がつき始めたようです。

「オードリーのオールナイトニッポン」では

「暴走する若林を、なだめる常識人春日」

のイメージが定着していると思います。


そんな時に「スルーラック デルジェンヌ」のCM発表会のことを知りました。

最近世間はオードリーのことをどう見ているんだろう。

そういうことを知りたくて、Yahooトピックからそう言うコメントを探しました。

気になったコメントについてピックアップして書きます。

「若林くんは可愛いなぁw」

←「そう思う」と「そう思わない」の比率が、2:1ぐらいでした

「熟女マニアと公言したから若い子は近寄らないよね。」

←若林のことを書いているようですが、春日のことでしょう。

 また、春日が「熟女マニア」だと言うことは、最近は…

「以前は、オードリーをみない日は、ないと思うほどテレビで見かけてたが最近はみない日が増えてきたね(o・д・)」

←「そう思う」と「そう思わない」の比率が、1:2ぐらいでした。

 たしかに出演回数は減ったと思いますが、以前が異常なだけで、今が普通の売れっ子だと思います。

「春日のチアリーダはちょっと…」

←同意です


今回のCM発表会で昔を思い出した、と書きましたが、私も久しぶりに「追っかけ記事」っぽいことを書きました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】「ルートヴィヒ(Ludwig II)」(2012)から色々と思い出した件



(「Ludwig II - Trailer (ドイツ語)」邦訳のダイジェスト動画はまだないようです)



19世紀末のバイエルン(ババリア)王国に君臨し、「狂王」と呼ばれたルートヴィヒ2世のことを描いた映画

「ルートヴィヒ(Ludwig II)」(2012)

が、2013年12月から全国で順次公開されるそうです。

公式サイトはまだトップページしか完成していないようですがこちらになります。

映画「ルートヴィヒ」公式サイトへのリンク

関連ニュースサイトはこちらです。

映画.com「芸術を愛した美しき“狂王”を描く歴史大作「ルートヴィヒ」が12月に公開」へのリンク

CINEMA TOPICS「映画『ルートヴィヒ』ドイツ映画界がワーグナー生誕200周年に贈る、珠玉の歴史超大作!」へのリンク


情報サイトはこちら

映画.com「ルートヴィヒ」へのリンク

(↑ただし起稿時点ではスッカスカですが、そのうち充実すると思います)

CINEMA TOPICS「ルートヴィヒ」へのリンク

(↑かなり充実しています)


さて私がこの映画に食いついたのは、大学生のころ、このルートヴィヒ2世が在位したころのことを卒業論文に書くため、この本を読んだからで、少しはルートヴィヒ2世に興味があるからです。

 20130917きょうおうルートヴィヒ

1986年~1987年ごろ、中公文庫から発売された

「狂王ルートヴィヒ」(ジャン・デ・カール著)

と言う本です。


私はこのころのプロイセンの宰相オットー・フォン・ビスマルクに興味がありましたので、彼が成したドイツ統一について卒業論文を書きました。

ビスマルクは

「現下の(ドイツ統一)問題は、議論によってではなく、鉄と血によって解決されるのです」

と議会で演説し、上からの軍事によるドイツ統一を目指すことをあきらかにし、軍拡のための予算を認めさせました。

その後デンマーク戦争、普墺戦争、普仏戦争に勝利して、プロイセンによるドイツ統一をなし、ドイツ帝国(第二帝国)を成立させます。

この1864年ごろから1871年にかけては、プロイセンを中心にヨーロッパ外交は、イタリア王国統一とかもあってけっこう大変だったと思うのですが、そのころドイツの一大勢力たるバイエルン王国の王、ルートヴィヒ2世は

「国民の安全に必要なのは、詩と音楽の奇跡だ」

と語り、芸術家のワーグナーをバイエルンに招き、ノイシュバインシュタイン城などを建造し、自分自身の理想郷を作ろうとしました。

国家予算は火の車だったのですが。


私がルートヴィヒ2世に興味を持ったのは、この荒れるヨーロッパ、特にドイツの中で、どうしてルートヴィヒ2世は

「太平楽」(たいへいらく)

と考えられるほどのんきを貫き通したのか、と言うことです。

と言いますか、「太平楽」を貫き通せるほど現実は寛容ではなかったと思います。

では彼は、どう政治に関与したのか、ドイツ統一戦争に飲み込まれていったのか、が知りたかったのです。


もはやよく覚えていないのですが、一国、しかも南ドイツの大国であったバイエルンの王とは思えぬほど、現実を逃避しまくったようです。

ただ、Wikipediaの「ルートヴィヒ2世 (バイエルン王)」にこんな記載があるのには驚きました。

「1863年8月にミュンヘンの宮殿で、プロイセン王国の首相ビスマルクと会見した。その後ルートヴィヒとビスマルクは対面することがなかったが、ビスマルクは執務室にルートヴィヒ2世の絵を飾るほど好意を寄せ、ルートヴィヒは友情に近い尊敬の念を持っていたといわれる。」

私は、老獪なビスマルクは、この王太子(当時)を

「くみしやすい若造」

としか見ていなかったと考えていたからです。


(ブログに歴史に関することを書こうとして、下調べをすると、自分が持っていた古い認識と、最近の解釈が違うことがよくあります)


とにかく、その人格は「狂王」と単純に呼ばれるだけではなく、ビスマルクのような政治の天才をもひきつける魅力を持っていたと言うことでしょう。

そのことがこの映画に反映されていれば、とても魅力的な映画に出来上がっていると考えます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「春子の部屋~あまちゃん 80's HITS」収録曲を、YouTubeで集めてみた

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)

あまちゃん

の脚本を手がける宮藤官九郎が監修・選曲した、80年代のヒット曲を集めたコンピレーションアルバム

「春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~」のビクター編

「春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~」のソニーミュージック編

ですが…

先日新聞に全面に近い大きさで、広告が載っていました。


私は

あまちゃん

を見たことはないのですが、このふたつのアルバムの収録曲を見ると、当時高校生~大学生だったころを思い出してテンションが上がりました。

そうそう、こんな曲あったよねぇ…

とか。

そんなわけで、これらのアルバムの収録曲を、YouTubeを中心に集めてみました。

完全に自己満足行為ですが、ついでに感想と言うか思い出も書いておきます。

勝ち馬にものっときたいし…

なお、基本的に私の記憶だけで書いていきますので、誤りが随所にあるかもしれません。

書き終わった後に、Wikipediaを調べてみて、自分の記憶と比べるのも楽しみですので。

ご容赦下さい。




1.春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ビクター編

20130906ビクター編 春子の部屋~あまちゃん 80s HITS~ビクター編


1)まっ赤な女の子/ 小泉今日子

YouTube「小泉今日子 まっ赤な女の子」へのリンク

小泉今日子と言えば、当時は松田聖子、中森明菜と並んで、トップアイドルの1人でした。

今、1番身近なところで活躍しているように思います。

小泉今日子は私の1つ下で、1982年にデビュー。

2曲目から大きくブレイクしたように記憶します。

この曲は、安定期に入った2年目の曲だったと思います。

彼女の歌の中でも、この歌は好きな曲の1つですが、ほかにも「魔女」そして、いちばん彼女らしい歌だと思う「なんてったってアイドル」が好きです。

マイナーなところでは「Heartbreaker」が好きです。

こっちは歌っているところです。

YouTube「小泉今日子 まっ赤な女の子」へのリンク


2) セーラー服と機関銃 /薬師丸ひろ子

YouTube「セーラー服と機関銃  薬師丸ひろ子」へのリンク

この曲は、もともと来生たかおの「夢の途中」として発表されていたものだったと記憶します。

角川にいたころの薬師丸ひろ子には、こういう、他の人の歌を出演映画のタイトルに置き換えて、歌わされることが多かったなあ、と記憶します。

しかも、歌の内容と映画の内容がそんなに関係ないように思えました。

彼女が、本当に自分の持ち歌として歌ったのは、「元気を出して」だったと思います。

でもそれも、提供した竹内まりやの歌というイメージが、私には強いです。

薬師丸ひろ子は私と同い年。

1978年に、映画「野生の証明」のヒロインとして、一般から公募されデビューしたと記憶します。

最近では日本テレビの「泣くな、はらちゃん」に出てました。


3) 時をかける少女/ 原田知世

YouTube「【PV】 時をかける少女 《歌詞付き》 - 原田知世」へのリンク

これも角川が絡んだ歌です。

薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」と、ちょっと違うのは、映画のために松任谷由実が書き下ろしたものだったということです。

原田知世は私の3つ下。

たしか1983年のこの映画「時をかける少女」でデビューしたと記憶します。

今でもブレンディのコマーシャルで見ることができます。

お姉さんも芸能界にいたと思いますが。


4) 卒業 / 斉藤由貴

YouTube「斉藤由貴 - 卒業」へのリンク

斉藤由貴は私の2つ下、確か「ミスマガジン」でグランプリになってデビューしたと記憶します。

1983年だったかと思います。

彼女の曲の中では、この曲が最も好きですし、同時期にいくつかあった「卒業」と言う名の歌の中でも1番大好きです。

また、カップヌードルのCMに出ていたのよく覚えています。

たしか彼女はモルモン教徒だと思いますし、特にそのことは秘密ではなかったと思います。


5) 銀河鉄道999 /ゴダイゴ

YouTube「ゴダイゴ   銀河鉄道999」へのリンク

ゴダイゴは、私よりいくつも上の男性数人で構成されたグループです。

1978年の日本テレビのドラマ「西遊記」のOPテーマ「モンキーマジック」、エンディングテーマ「ガンダーラ」で一気にブレイクしました。

個人的には、当時はそれほど好きな歌手でもなかったんですが、今考えてみると、この「銀河鉄道999」、前述の「西遊記」の2曲など、今思うと、いいな、と感じる歌が多いです。


6)君に、胸キュン。(浮気なヴァカンス) / YMO

YouTube「YMO 君に胸キュン 高音質」へのリンク

YMO(Yellow Magic Orchestra)は、1978年11月25日にデビュー(竹内まりやと全く同じなので覚えてるんですよ)したグループです。

元々ソロや他のグループで活動していた音楽家、細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3人で結成されました。

デビューアルバムの「Yellow Magic Orchestra」や「ソリッドステートサバイバー」は、世界中に衝撃を与えてヒットしました。

コンピュータを使ったテクノポップ、という分野を確立して大成させたグループだと言えると思います。

その前にも、ドイツのクラフトワークなどがいましたが。

最初は、かなり神秘的なグループ、というイメージがあって、ラジオなどのパーソナリティをやっていても、なかなか身近な感じられなかったのですが、それが吹っ切れたように

「ベストテンに入ることを目指します」

と宣言して、大衆色を一気に前面に出した歌が、この歌だったと記憶します。

私は一時期、YMOの大ファンでした。

特にドラムの高橋幸宏が大好きでした。

「音楽殺人」「ニューロマンティック」などのアルバムを聴いていた記憶があります。

そういえば、YMOはスネークマンショーとも仲が良かったと記憶します。

段ボールが縁取りのLPレコード、「増殖」は、確かスネークマンショーと手を組んだものだったと記憶します。


7)ハイスクールララバイ / イモ欽トリオ

YouTube「イモ欽トリオ-ハイスクールララバイ」へのリンク

「イモ欽トリオ」は、1981年に、萩本欽一の番組、名前は忘れましたが、その中から派生してできたグループです。

今風で言えばセンターの長江健次は私と同い年。

その他の2人、西山浩司、山口良一は私よりいくつか年上です。

番組の「良い子、悪い子、普通の子」と言うコーナーで、長江健次が「ふつお」、西山浩司が「わるお」、山口良一が「よしお」、という設定で、視聴者からの投稿をもとに、コントが展開されていました。

その3人で「たのきんトリオ」を真似て作ったグループが、「イモ欽トリオ」でした。

後に人気がでてきて「ザ・ベストテン」なんかの常連になってくると、名付け親の萩本欽一は、もっと真面目に名前をつければよかった、と語っていました。

この音はかなり流行りましたので、よく見ました。

サビの部分だけなら、今でも踊れると思います。


8) い・け・な・い ルージュマジック /忌野清志郎+坂本龍一

YouTube「忌野清志郎+坂本龍一 い・け・な・いルージュマジック」へのリンク

1982年の頭ごろのことだったと思います。

どこかの化粧品会社のキャンペーンソングとして作られたものだったと思います。

この2人の組み合わせは、今考えますとそんなに不思議ではないんですけど、当時はかなり驚いた記憶があります。

忌野清志郎やRCサクセションがアンダーグラウンドな存在から、大衆に受け入れられる存在に変わることの、スタートになった曲の1つだと思います。


9) 飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜

YouTube「飾りじゃないのよ涙は・中森明菜」へのリンク

中森明菜は私より1つ下。

1982年に「スローモーション」でデビューして、瞬く間にトップアイドルになった、と記録します。

とにかく他のアイドルと比べて、歌が甘くて、表現力が高くて、度胸が座っているように見えて、それでいて身近なこともやる、という存在だたように思います。

この歌は井上陽水が提供したものです。

のちに近藤真彦の家で、自殺未遂事件を起こして以来、中森明菜はテレビから消えてしまいました。

たまに見ないことも無いのですが。

彼女が絶好調の頃は、中森明菜の時代は終わることがあるんだろうか、美空ひばりみたいに、ずっと重鎮で居続けるんじゃないだろうか、なんて思ってたんですが。

精神疾患を患っていたことも伝えられましたが、とにかく歌がうまいこと、歌詞を表現するのが上手なことは間違いないので、その力が衰えていなければ、もう一度ぐらいヒットを飛ばしてくれても、と思うんですが。


10)TVの国からキラキラ / 松本伊代

YouTube「松本伊代 TVの国からキラキラ」へのリンク

松本伊代は1981年に「センチメンタルジャーニー」でデビュー。

私の1つ下です。

私は、彼女の歌を1つあげるとしたら、好きとか嫌いとか抜きにして、その「センチメンタルジャーニー」を押します。

でも今回も、NHKが立ちはだかったのかな、なんて妄想したりもします。

「センチメンタルジャーニー」の歌詞の中には

「伊代はまだ16だから」

という箇所があるんですが、NHKではこれがNHKの放送ルールに触れるとして、NHKで歌う場合は

「私まだ16だから」

と歌詞を変えて歌わされていました。

このアルバムはNHKが絡んでいると言えは絡んでいるともいえますので、「センチメンタルジャーニー」は外されたかな…

多分そんなことないでしょうが。


11)青いスタスィオン / 河合その子

YouTube「河合その子 青いスタスィオン」へのリンク

河合その子はおニャン子クラブのメンバーの1人でした。

この歌が発売された頃、1985年から1987年のどこかのことだと思うんですが、その頃私はもう、あまり歌を聴かなくなっていましたので、この曲については、あまりよく知りません。

といっても、歌詞さえ見せてくれればカラオケで歌える自信はありますが。

今回気づいたのは、タイトルが「スタスィオン」で、「スタシオン」じゃなかったんだな、ということでした。

「スタスィオン」は多分、「ステーション」、つまり駅のことだと思います。


12)涙のリクエスト / チェッカーズ

YouTube「チェッカーズ 涙のリクエスト」へのリンク

チェッカーズの1983年ごろにメジャーデビュー。

それまでは地元福岡で活動していたようです。

その前年、福岡のあるイベントで見かけた覚えがあります。

ボーカルの藤井フミヤは私の2つ上。

この「涙のリクエスト」は、チェッカーズの曲の中では、多分カラオケでいちばん歌われたんじゃないかと思います。

私も何回か覚えがありますし。

サビの部分の振り付けは今でも覚えてます。

今、私くらいのおじさん達に、チェッカーズ何か歌って、とお願いしたら、多分この曲を歌う人が1番多いんじゃないかと思います。

そんな曲です。


13)モニカ / 吉川晃司

YouTube「吉川晃司  『モニカ』」へのリンク

吉川晃司は私の1つ下。

1983年の春頃、この曲でデビューした記憶があります。

もともと水泳選手として活躍していた、と聞きました。

この歌と、次の

「サヨナラはは8月のララバイ」

は、いずれもnobodyが提供した曲。

Nobodyのももかっこいいですよ。

この頃、多くの男性アイドルがデビューしましたが、今吉川晃司が、カリスマとして活躍しているのを見ると、なんとなく不思議に思います。


14)こっちをお向きよソフィア / 山下久美子

YouTube「[02] こっちをお向きよソフィア (山下久美子)」へのリンク

山下久美子の年齢とデビュー時期はよく覚えてないのですが、確か1980年頃、

「バスルームより愛をこめて」

でメジャーになったと思います。

一時期元ボウイの布袋と結婚していました。

いい歌とかどうかを抜きにして言わせてもらいますと、彼女の代表曲は

「赤道小町 ドキッ」

だと思います。


15) 炎の聖書(バイブル)/ クラッシュギャルズ

YouTube「炎の聖書(バイブル)」へのリンク

すみません。

これは歌、グループともに、ここに書けるほどはよくは知りません。


16) 不思議 Tokyo シンデレラ / セイントフォー

YouTube「セイントフォー「不思議Tokyoシンデレラ」」へのリンク

セイントフォーのことを、今でいえば、ももいろクローバーZみたいなもの、という書き込みがありましたが、ちょっと違うな、と感じます。

ももクロからは、楽しそうにやってるなぁ、というものを感じるのですが、セイントフォーからは、ほとんど感じられなかったように記憶します。

この曲がデビュー曲だったと思いますが、この歌以外は思い出せないです。

メガネをかけた板谷祐三子がソロでグラビアとして取り上げられることが多かったように記録します。

なんで彼女だけであんなに人気があるんだろうね、と大学時代にクラスメイトに尋ねたら、だってあの子しか特徴あるのいないじゃん、と返事されて、納得した覚えがあります。

なおこの歌は、ハウスの何かのcmに使われていたと記憶します。


17) Forever - ギンガム・チェック Story

YouTube「少女隊 「FOREVER〜ギンガムチェックstory〜」へのリンク

少年隊と違って、少女隊は最後までブレイクしなかったな、という印象があります。

活動時期も、よく覚えていませんし。

歌も、これといったものがなかったように思います。


18)六本木純情派 / 荻野目洋子

YouTube「六本木純情派PV 荻野目洋子」へのリンク

荻野目洋子は、デビュー当時は、荻野目慶子の妹、というイメージが強かったです。

荻野目慶子は私と同い年で、荻野目洋子は3つ下だとと思います。

その後なかなか売れなかったのですが、洋楽をカバーした

「ダンシングヒーロー」

でブレイクした、と言う記憶があります。

この「六本木純情派」はそのハードな路線を引き継いだもの、という印象を受けました。

デビューしてなかなかブレイクしなかった歌手が、ある曲をきっかけにブレイク。

すると次の曲も同じような歌、ということがよくありますが、その典型的な例かな、と思います。

余談ですが、アルフィーについても、「メリーアン」はそれまでの歌とは違うイメージを受けたのですが、それでブレイクした為か、次の「星空の下のdistance」モニタような曲でした。

私の中でアルフィーといえば、

「恋人になりたい」

で止まっています。


19)チェック・ポイント / 藤井一子

YouTube「藤井一子 チェック・ポイント」へのリンク

つい最近まで日本テレビでやっていた、「中居正広のブラックバラエティ」で、一部分だけよく使われていました。

正直なところこの曲は、荻野目洋子の曲だと思っていました。

藤井一子というアイドルがいたのは知っていましたが。

あまり、歌を歌っているという印象ががなくて。

何かのドラマで出てきて、最近ほとんど見ないな、という印象です。


2.春子の部屋~あまちゃん 80's HITS~ソニーミュージック編

20130906ソニー編 春子の部屋~あまちゃん 80s HITS~ソニーミュージック編


1)風立ちぬ/松田聖子

YouTube「松田聖子 風立ちぬ」へのリンク

大滝詠一の歌らしい壮大さを感じる曲で、その壮大さ、という点では、松田聖子の代表曲と言っていいかもしれません。

松田聖子1980年4月にデビュー。

私も2つか3つ上です。

デビュー曲の「裸足の季節」はそれなりに売れましたが、次の「青い珊瑚礁」でトップアイドルに躍り出た、という記憶があります。

芸能界はその頃、アイドル冬の時代、と言われていたそうですが、彼女やたのきんトリオなどの登場で、80年代のアイドル時代が始まったと言っていいと思います。

松田聖子はデビューから、1985年にアメリカに進出するまで、または、いつか忘れましたが、神田正輝と結婚するまで、常にテレビに出ているトップアイドルだと言う印象があります。

当時はなんとも思わなかったのですが、どんな曲とかいろいろと思い出してみますと、あれも聞きたいこれも聞きたいというのがたくさんあります。

結構B面(今で言うカップリング曲)にいいのが多くて、「蒼いフォトグラフ」なんかが好きです。

最近もクリス・ハートとデゥエットするなど、まだまだ活躍しているようです。


2)初恋/村下孝蔵

YouTube「初恋/村下孝蔵/歌詞入り」へのリンク

村下孝蔵の代表曲で、名曲だと思います。

今でもカラオケで、たまに歌います。

これは1982年頃にはやった曲です。

前年に石川ひとみの「まちぶせ」というカバー曲が大流行しました。

その曲には、女性からの強烈な片思いが、生々しく描かれていました。

これに対して「初恋」は、男性からの女々しい程の強烈な思いが描かれていて、両方とも大好きです。

この歌はシャンプーのcmソングとして使われました。

出演したのは、プロ野球選手として絶頂期にあった中日ドラゴンズの田尾安志選手。

東北楽天イーグルスの初代監督でもあります。

そして、デビューしたばかりの、三田寛子が出ていました。

それはさておき、この曲は大好きなので、たまに思い出しては聴きたくなる曲です。


3)魅せられて/ジュディ・オング

YouTube「魅せられて ~ ジュディオング」へのリンク

おそらくこの2枚のアルバムの中では、最も古い曲ではないかと思います。

1978年か79年の曲だったと思います。

映画「エーゲ海に捧ぐ」のテーマ曲でした。

サビの部分で、ジュディ・オングが両腕を広げると、腕の下の派手な飾りが広がって、その見事さは、今でもネタとしていじられるほどです。

また、ワコールのcm曲としても使われていたと記憶します。


4)情熱☆熱風■セレナーデ/近藤真彦

YouTube「近藤真彦 - 情熱・熱風・せれなーで」へのリンク

近藤真彦は私と同い年。

1981年に「すにーかーぶるーす」でデビューしました。

たのきんトリオの大物として、万を時してのデビューでしたので、たちまちアイドル歌手としてトップに立ちました。

個人的には、彼の代表曲は「ギンギラギンにさりげなく」だと思います。

この「情熱☆熱風■セレナーデ」は、マッチのやんちゃさが出てなくて、あまり彼らしい歌ではないと思います。

なお翌年の「ハイティーンブギ」は、山下達郎が提供し、妻の竹内まりやとともにバックコーラス務めるという、豪華な曲でした。

1988年ごろから、アイドル歌手としての露出はなくなったように感じます。

最近はジャニーズの大御所として、ちょくちょくテレビに出ているようです。

たのきんトリオの中では最も成功し、かつ長くトップで活躍している存在、といえるでしょう。


5)すみれSEPTEMBER LOVE/一風堂

YouTube「一風堂 すみれSeptember Love」へのリンク

一風堂のこの歌は1982年のもの。

彼らの歌は、これ以外には知りません。

私は9月生まれなので、この歌は好きです。

後にshaznaのIZAMがカバーしました。

一風堂といえば、同名の博多ラーメンのチェーンが有名ですが、このグループと、そのチェーンに、何らかの関係があるのかどうかは知りません。

なお、ラーメンの方ですが、博多の本店と、関東の店では、明らかに味付けが違います。


6)LOVE、かくし色/森山達也

YouTube「森山達也ーLOVE,かくし色」へのリンク

申し訳ないですが、この歌手は知りません。

歌にはなんとなく覚えがあるのですが。


7)DJ in my LIFE/シブがき隊

YouTube「D.J.イン・マイ・ライフ.」へのリンク


(シブがき隊がカバーしたものは見つかりませんでしたので、オリジナルの洋楽のを貼っておきます。)

シブがき隊は全員が私の1つ下。

1982年に「ナイナイ16」での歌手デビューだったと思います。

私は彼らの代表曲は、3曲目の

「100% SOかもね」

だと思うんですが。

他にも、テレビのバラエティなどで寿司が取り上げられると、彼らの

「寿司食いねぇ」

がよくかかります。

3人とも今でも、俳優、司会、タレントとして活躍しているようです。


8)ぶりっこ ROCK'N ROLL/紅麗威甦

YouTube「紅麗威甦 ぶりっこRock'n Roll」へのリンク

紅麗威甦(ぐりーす)は横浜銀蝿グループの若手グループ。

それ以外のこと、この曲以外のことはよく知らないです。


9)夏色のナンシー/早見 優

YouTube「早見優 - 夏色のナンシー(歌詞つき)」へのリンク

私が80年代女性アイドルとして、一番好きなのが、早見優です。

その出世作が、この曲です。

それまでの2曲は、なんとなくどんよりしていました。

しかしこの曲で明るさが全面にでて、なおかつ、当時は採用されることがステイタスだった、コカコーラのcmに採用され、一気にブレイクしました。

この「夏色のナンシー」について、私を知る人なら、私がこの曲について書くのを、大いに喜んでいるだろう、とお考えでしょう。

その通りです。

とにかくこの曲は大好きです。

なお、この曲には英語版もあります。


この記事に書いた人たちのことを見ていたのは、せいぜい大学生の頃まで、1987年頃までです。

しかし早見優については、私が社会人の頃に始まった

「早見優のアメリカンキッズ」

と言う、英語バラエティー番組をずっと見ていました。

確か1993年3月頃に終わるまで。


私は、早見優が好き、と書きましたが、今思うと、当時は1枚もレコードを買いませんでした。

我慢したのではなく、あくまでも偶然です。

5年ほど前に、コンプリートアルバムを買いました。


10)ハートブレイク太陽族/スターボー

YouTube「strbw」へのリンク

スターボーは1984年頃に、宇宙からきたアイドル、という設定でデビューした、という記憶があります。

当時は男性とも女性とも発表がなかったと記憶します。

その後、女性であることを発表。

宇宙人キャラも捨て、普通のアイドルになったと記憶します。

そしていつの間にか見なくなりました。

テレビで見ることもあまりなかったと思います。


11)ジェームス・ディーンみたいな女の子/大沢逸美

YouTube「大沢逸美 ジェームスディーンみたいな女の子」へのリンク

大沢逸美は私のもう一つ下か同い年だったかと思います。

長身で整った鋭い顔つき。

それがこのデビュー曲のタイトルになったものだと思います。

もはやアイドル時代より、俳優としてのキャリアの方が長くなったかと思います。

色々と苦労されたようです。


12)俺ら東京さ行ぐだ/吉 幾三

YouTube「吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ~」へのリンク

吉幾三の存在は、この2枚のアルバムの中では異色だと思います。

何よりまず演歌歌手ですから。

いつごろか忘れましたが、

「俺は田舎のプレスリー」

でブレイクした記憶があります。

内容はこの歌と同じで、田舎をいじったものです。

この歌はそんなに好きではありませんが、今では当時から色々と環境が変わり、当時なかったものも出てきましたので、現代版を作るとどうなるんだろう、という興味もあります。


13)ラ・セゾン/アン・ルイス

YouTube「Ann Lewis La Saison」へのリンク

アン・ルイスの中で、「女はそれを我慢できない」と並んで、大好きな曲です。

たぶんフランス語で「季節」と言う意味だと思います。

アン・ルイスの声は女性としては低いので、私の喉が最も調子が良かったころは、この歌なんかもほぼ同じキーで歌えました。

彼女にはほかに「六本木心中」と言うヒット曲がありますが、これもnobodyが提供したものです。

アン・ルイスの歌には、女性、そして外国人が憧れる日本の一面が、ちょくちょく出てくるように感じます。


14)君は1000%/1986 OMEGA TRIBE

YouTube「君は1000% 1986OmegatTribe」へのリンク

当初はボーカルに杉山清貴がいたのが脱退。

新しくカルロスを迎えて、「杉山清貴と OMEGA TRIBE」から、この「1986 OMEGA TRIBE」となりました。

実はあまり彼らの歌は、聴いてないです。

だからこの歌も、歌詞を見たら、かろうじてカラオケで歌えるかな、という程度しかしりません。

もちろんキーは、かなり下げることになりますが。


15)ニュー・エイジ/佐野元春

YouTube「New Age」へのリンク

佐野元春は、これまで好きになった男性ボーカルの中でも、一番好きと言っていいほどの存在です。

ただし、それは1984年ぐらいまでのこと。

ニューヨークから帰ってきて、「Visitors」というアルバムを発表してからは、ファンではなくなりました。

この歌は、ファンじゃなくなってからの歌なので、思い入れもないですし、またあまり聞いたこともないです。

私としては、佐野元春の代表曲として「SOMEDAY」を採用して欲しかったです。

ベタですが、教科書に載ってもいい、と思えるぐらい、すばらしい歌なので。


16)21世紀まで愛して/水谷麻里

YouTube「水谷麻里 21世紀まで愛して 1986-3-21 / Mizutani Mari」へのリンク

水谷麻里については、この曲を歌っていたぐらいしか、記憶にないです。

確かシャンプーかなんかのcmで使われていたと思います。


17)冬のオペラグラス/新田恵利

YouTube「新田恵利 冬のオペラグラス」へのリンク

新田恵利はおニャン子クラブの人気メンバーでした。

おニャン子から、ソロで歌を紹介するとしたら、この歌は外せないと思います。


18)バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ

YouTube「バレンタイン・キッス / 国生さゆり」へのリンク

同じくおニャン子の人気メンバーだった、国生さゆりの代表曲です。

新田恵利の「冬のオペラグラス」と並んで、おニャン子からのソロの代表曲と言っていいと思います。


19)じゃあね/おニャン子クラブ

YouTube「おニャン子クラブ じゃあね」へのリンク

おニャン子クラブの最後の歌です。

私はそれほどおニャン子クラブを熱心に見ていませんでしたので、それほど熱くは語れないです。

おニャン子は、秋元康がプロデュースしたものでした。

同じく彼がプロデュースしたAKB48などは、最後どういう終わりかたをするんだろう…

この曲のことを考えますと、そういう考えが浮かんできます。

また逆に、解散することなく、メンバーを入れ替えながらも、15年も活躍している、モーニング娘。って、結構すごいんじゃないか、とも思います。

最近は盛り返しているようですし。

モー娘。、AKB、そしてももいろクローバーZ…

誰が最後まで残るんだろう…



この2枚のアルバムの売り上げは、好調な滑り出しをしたようで、『春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ビクター編』は10位で、『春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ソニーミュージック編』12位で、それぞれ最初の週にランキングされたそうです。

オリコン「『あまちゃん』劇中歌集、朝ドラ史上初1位!」へのリンク

私と同じ世代で購入している人が多いのかもしれません。


この記事を書くためには、各曲1回は、ちょっとは再生しなければいけなかったんですが、とにかく懐かしくてしょうがない曲が多く、しばしば書く手が止まりました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/

『THE MANZAI 2013』認定漫才師50組のこと



「磁石」の次に応援する「流れ星」の動画)


ちょっと前の話しですが…

今年も『THE MANZAI』が開催されるにあたって、50組の認定漫才師が発表されました。

その50組の中から、10月から11月にかけて実施される「本戦サーキット」を経て、勝ち残った芸人12組が12月の決勝戦に進出するそうです。

「日清食品 THE MANZAI 2013 公式サイト」へのリンク

お笑いナタリー「「THE MANZAI 2013」認定漫才師50組発表」へのリンク


『THE MANZAI 2013』認定漫才師50組は以下の通りです。

・アームストロング

・相席スタート

・アインシュタイン

・アルコ&ピース

・囲碁将棋

・インディアンス・

・ウーマンラッシュアワー

・ウエストランド

・S×L

・エルシャラカーニ

・エレファントジョン

・えんにち

・オジンオズボーン

・カーニバル

・学天即

・かまいたち

・銀シャリ

・キングコング

・コマンダンテ

・サカイスト

・三四郎

・三拍子

・磁石

・笑撃戦隊

・ジャルジャル

・スパナペンチ

・スパローズ

・タモンズ

・チーモンチョーチュウ

・千鳥

・超新塾

・天竺鼠

・テンダラー

・東京ダイナマイト

・どきどきキャンプ

・トレンディエンジェル

・トンファー

・流れ星

・なすなかにし

・2丁拳銃

・NON STYLE

・Hi-Hi

・ハライチ

・風藤松原

・ブルーセレブ

・三日月マンハッタン

・モンスターエンジン

・ゆにばーす

・レイザーラモン

・和牛


例年私は「磁石」の勝利を願ってます。

今年も、一番勝ってほしいのは磁石です。

昨年敗退した時に、解散も検討した件について、オール巨人から

「絶対やめたらアカン」

と言われていました。

まずは解散せず、今年もこうやって認定漫才師に選ばれて嬉しいです。

しかしもう「THE MANAZAI」出演者にとどまるのは嫌なので、今年こそ、優勝してほしいです。

マジで。


その他で応援しているのは、三拍子とか、2丁拳銃(最古参の1993年結成!!)、とかHi-Hiとか、ハライチとかですが…

磁石の次に勝ってほしいとなると、トップに置いた動画の

「流れ星」

かな。


最初に観たのは「爆笑オンエアバトル」だったと思います。

たしか「B'zの稲葉」のマネとかやってたと思います。

(間違ってたらすみません)

最近でこそ「B'z軍団」と言う稲葉浩志をいじる芸人も出てきましたが、当時はそんなことやって、大丈夫か?とか心配してました。


そして「爆笑レッドカーペット」でときどき見ました。

その頃は、ボケのちゅうえいの一発ギャグを、つっこみの瀧上(たきうえ)がアテレコするネタをよくやっていました。

よく笑わせてもらいました。

チャンピオンが磁石でないなら、流れ星であってほしいです。


私のお笑い鑑賞はそんなにコアではなく、以前「爆笑オンエアバトル」や「爆笑レッドカーペット」で見ておもしろかった人々を応援しています。


なお、この50組のことを特集した番組を、9月20日25時5分(9月21日1時5分)から放送するそうです。

「9月20日(金) 25:05~28:05 “日清食品 THE MANZAI 2013 認定漫才師50組大集結!” フジテレビにて放送!」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】長谷川の「3つの記録」プラスワンは同時クリアなるか #sbhawks



(2013年9月15日、対ファイターズ戦での長谷川選手のサヨナラヒットの動画)


福岡ソフトバンクホークスは、昨日の試合で北海道日本ハムファイターズにサヨナラ勝ちしました。

試合を決めたのは長谷川勇也選手。

9回裏の走塁で、負傷してないかどうか気になったのですが、その後も出場し、見事にサヨナラ打を決めてくれました。

YouTube「長谷川の気力の走塁がマッチの同点打に繋がる 2013.09.15 H-F」へのリンク

よくがんばってくれました。

ありがたいことです。

Yahooトピック「サヨナラ打の長谷川「甘いボールを一発でしとめてやろうと思った」」へのリンク


長谷川選手は昨日3安打。

残り17試合で200本安打まで22本。

正確なところは起稿時点ではわかりませんが、打率は.350で2位内川選手の.320に大差をつけて首位にいます。

得点圏打率については、もっと正確なところがわからないので、おとといの時点での記録ですが、.379で2位浅村選手の.352に大差をつけてトップです。


さて、長谷川選手は今、少なくとも下記の4つの記録を狙えるところにいます。

1.首位打者

2.200本安打

3.フルイニング出場

4.得点圏打率1位


1.3.を同時に達成、つまりフルイニング出場して首位打者を獲得したのは、これまで6人だそうです。

・王選手(讀賣ジャイアンツ)1969年

・イチロー選手(オリックスブルーウェーブ)1995年

・松井選手(讀賣ジャイアンツ)2001年

・西岡選手(千葉ロッテマリーンズ)2010年

このうち2.つまり200本安打も同時に記録したのは、たぶんイチロー選手と西岡選手だけです。

また2.をはずして、4.の得点圏打率1位も同時にとなりますと、松井選手だけだそうです。

そして、1.~4.すべてを同時に達成した選手は、これまで誰もいないと言うことになります。

詳細は下記リンク先の記事をご覧ください。

スポニチ「長谷川 史上5人目のフルイニング出場首位打者なるか?」へのリンク


長谷川選手は昨日のヒーローインタビューで、

「200本打とうと思って試合に出ているわけではないので、絶対に勝つという気持ちで毎打席立っていますし、その結果が今日も3本打てたので、その気持ちを変わりなくやっていきたい」

と言っています。

YouTube「サヨナラ打の長谷川がヒーローインタビュー 2013.09.15 H-F」へのリンク

でも私としては、200本どころか、前述の4つの記録をすべて達成して、歴史に残る選手になってほしいと、強く願います。

それだけ努力し、それだけ悩んでいる、そうですから。

スポーツの世界は、努力すれば勝てるものではないですし、また一般社会においても、閉塞感に包まれた今の時代、努力しただけの報酬を得ている人は少数派だと思います。

だからこそ、

「努力すれば成功できる」

と言うことを証明するためにも、長谷川選手には、4つの記録を達成してほしいのです。


それにしても不思議なもので、長谷川選手は今シーズン前のキャンプで、頭がい骨陥没骨折と言う大けがを負いました。

この時私は

「今シーズン、長谷川選手は柳田選手など、台頭が期待できる選手の陰にかくれることになるだろう」

と思いました。

それが、この成績で、なんと言ってもフルイニング出場しているのがすごいと思います。

守備についてのフルイニング出場は、終盤も任せられる守備力と、代打を送られない打撃成績がないと成し得ません。

たいしたもんです。


長谷川選手のコメントとは逆になりますが、長谷川選手が4つの記録を目指せば、ホークスは優勝に近づきます。

がんばってほしいです。


ただし、無理はしてほしくないです。

長谷川選手には、今日以降も活躍してくれなければと思いますし、来シーズン以降も期待にこたえてほしいと考えます。

ですから、本人が固執しないのであれば、フルイニング出場はついてこなくてもいいかな、と思います。

また、固執せずに辛抱してほしい、とも思います。

今後のことを考えることもも仕事だと思いますから。

脚の具合が大したことなければ、問題ないんですが。


追記

「結果を残していないのは努力していないから」

と言う目でスポーツ選手や一般の人々を見てほしくはないです。

twitterを見ていると、そう言う声が多いように感じます。

私も若い時は「負けが悔しかったらがんばればいいやん」と考えてましたが、歳を重ねると、がんばっても負けることがあることがわかってきました。

相手や運もあることです。

私は今のホークスには、がんばっていない選手などいないと信じています。

選手やチームを、温かく見守ってください。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2013年9月8日の「オードリーのオールナイトニッポン」について



(若林が却下されたフォード マスタングのオープンカーは、これと同タイプだと思います)


今日2013年9月15日の「オードリーオールナイトニッポン」も、たぶんリアルタイムでは一部しか聴けないと思います。

その件は来週にまわさせてもらいまして、この記事では、前回

2013年9月8日の「オードリーオールナイトニッポン

について書かせてもらいます。


1.オープニングトーク~サークルの合宿について

オープニングトークは30分ぐらいのものでしたが、印象に残ったのは、大学のサークルの夏合宿の件でした。

アルバイトのみほちゃんが、自分のFacebookサイトに、大学のサークルの夏合宿の写真を載せていたそうです。

それを見てオードリーの二人、特に若林が

「いいなぁ~

 俺たちも「TTY(チーム付け焼刃)」とか書いたジャケット作って、バーベキューとかしようぜ」

とか話していました。

そして、そう言うことを大学時代にしてこなかったから、自分たちはキャバクラやガールズバーにはまるんだろう、とも言ってました。


私はサークルの規模さえ違え、似たようなことをやってましたので、懐かしいなぁ、と思いながら聴いていました。

大学やサークルの名前が入ったジャケットも作りましたが、あれはどこに行ったんだろう…

去年、後輩の一人(女性)がアメリカから帰省した際、久々にそういう仲間で会いましたが、そのことを拡散するのに役に立ったのがFacebookでした。


ところで、私がキャバクラやガールズバーにはまらないのは、そう言う訳だからではないと思います。

そう言うところに行くと落ち着かないんですよ。


なお、関東の大学では、同じサークルに複数の大学の人がいる、と言うのは全然珍しくないです。

ほぼずっと福岡で育った私の女房は、私の先輩や後輩に他の大学の出身者がいるのを見て驚いてました。


2.若林トーク

若林が車を買い替えるために、ラウンジローバーやフォードのマスタングのオープンカーに乗ったと言う話しでした。

最近若林は急に車にはまり始めたそうです。

トップに置いた動画に出てくる車は、そのフォードのマスタングのオープンカーと同じ車種のものだと思います。

また、フォードのマスタングは、昨年関東地方で放映された

「ナイトライダー ネクスト」

に出てきた、ナイト3000と言う車のベースになっています。

その動画はこちらです。

YouTube「【公式】ナイトライダー ネクスト/Knight Rider Next BD&DVD 1分PV」へのリンク

私は戦車のことは大好きなんですが、ふつうの車についてはあまり興味がなくて、とりあえず走ればいいや、ぐらいにしか思ってません。

女房はチェロキーが欲しい、とか夢みたいなことを言っているんですが…


3.春日トーク

「世界番付」でエチオピアのスルマ(SURMA)族の村を訪れた話しでした。

おもしろトークと言うよりは、冒険談と言う話しで、けっこう緊張して聴きました。

スルマ族は、ドンガという180センチほどの長い棒を使って戦うそうで、春日もこれをやったそうです。

で、あまりの痛さに、途中からは撮影と言うことを忘れ、半分以上本気で反撃したそうです。


ちなみに、下記リンク先に、スティックファイトや、唇にプレートを入れるなどするスルマ族の動画があります。

けっこうインパクトのある動画ですので、見られる方は、覚悟を決めてから見てください。

YouTube「Stick Fights and Lip Plates - the Surma, South West Ethiopia」へのリンク


次回、「世界番付」の放送は9/20(若林の誕生日)で2時間スペシャルになっていますが、Yahooを見ると

「さらに人気コーナー オードリー春日の部族滞在記
 今回ばカメルーンに住んでいるバカ族のところに
 彼らは森の部族といわれている
 一体どんな生活を送っているのか、春日が体験する」

となっていますので、その回では放送されるのかはわかりません。

Yahooテレビ「ネプ&イモトの世界番付!秋の2時間SP 2013年9月20日(金) 19時00分~20時54分 の放送内容」へのリンク


4.YouTubeとの連動企画

オールナイトニッポン」はYouTubeと連動したイベントをやるそうで、次回9/22(日)のオードリーの回、これに参加するそうです。

おそらく今日の放送で、より詳細な情報が出るでしょう。

関連サイトへのリンクを貼っておきます。

お笑いナタリー「オールナイトニッポンが1週間限定でYouTube同時配信」へのリンク

YouTube「YouTube エンタメウィーク」へのリンク

この回、つまり来週は、なんとか全部生で聴きたいけど…

若林の誕生日イベントとかあるかもしれませんし…

どうなるかなぁ…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2013WEEK1】「オードリーのNFL倶楽部」について



(NFL2013年シーズン、WEEK1のスーパープレイ集動画)


NFLの2013年シーズンが始まり、「オードリーNFL倶楽部」が始まりました。

この記事では、WEEK1、2013年9月14日早朝に日本テレビで放送されたものの感想を書きます。

(日テレG+では9月12日夜に放送されたものです)


1.今シーズンの華は、後藤晴菜アナ

オードリーが番組を担当するようになってから、毎シーズンオードリーと一緒に番組を担当する女子アナさんが変わっていますが、今シーズンは

後藤晴菜アナウンサー

がその「大役」に抜擢されました。

日テレアナウンスルーム「後藤晴菜アナンサー」へのリンク

新人アナウンサーで、まだオードリーをコントロールできる力量はないでしょうが、3年前、同じ新人アナとして番組を担当した水卜(みうら)アナのようになられることを願っています。

後藤アナも、アメフト観戦は初心者だそうです。

ですが、アメフトに慣れるのは簡単ですし、大学時代にインディアナ大学へ短期留学もされているそうですし、オードリーの二人もいることですから、大丈夫でしょう。

(そう言えば今シーズンは、若林恒例の「セイフティって知ってますか?」と言う質問はなかったな)

それにしても、顔がめちゃくちゃ小さいな、と思いました。


2.3人が今シーズン応援するチームは…

今シーズン、オードリーの2人と後藤アナが応援するチームが発表されました。

若林は昨シーズンに続いてヒューストン・テキサンズ(HOU)。

「友達が多いから」(若林)と理由を語ってましたが、本人もオフでもそうとうHOUに入れ込んでいるようですから、これは予想どおりでした。


後藤アナは、わがグリーンベイ・パッカーズ(GB)。

これは意外でした。

GBは一昨年春日が応援したチームで、そもそも日本でもファンの多いチームですから、番組的にはないんじゃないかな、と考えていましたので。

私としても、これまで番組であまり取り上げられなかった無名チームで、今シーズン期待ができそうなチームをおしてほしいと考えていましたので。

ですが、後藤アナ本人のチーズヘッド好きが通ったようです。

昨年「日テレの女子アナさんは、QBの顔で応援するチームを決める傾向がある」と若林に言われてましたが、今シーズンは違うようです。

(個人的には、QBの顔で応援するチームを決めるのは、ありだと思います)

まあとにかく、GBのような小さな町のチームが注目されるのは嬉しいです。


ここ2年、前年のチャンピオンを応援してきた春日。

その例にもれず、ボルチモア・レイブンズ(BAL)のジャージを着ての放送でしたが、最後まで応援するチームを決めず、番組の最後に

「ニューヨーク」

と発表しました。

今シーズンのスーパーボウルが開催されるメットライフ・スタジアムを本拠とする、ニューヨーク・ジェッツ(NYJ)とニューヨーク・ジャイアンツ(NYJ)の両方を応援するそうです。

春日が応援するチームには呪いがかかる、と言われていますが(「春日の呪い」)、これが発表されるとtwitterのNFLファンの間で動揺が広がりました。


なお、ニューヨーク州にはバッファーロー・ビルズ(BUF)があります。

ここにも地味に呪いがかかったかもしれません。


3.スーパーボウルがニューヨークで開催されるわけ

後藤アナが春日に

「スーパーボウル開催地はどうやって決まるのか?」

と言う質問をして、春日がフリップを使ってそれを説明していました。

・収容人数が一定の規模を超えるスタジアムである

・開催地の交通や宿泊のインフラが整っている

・開催時期の平均気温が10度以上、またはドーム球場である

と言うことが条件だそうです。

しかし今回のメットライフ・スタジアムは、寒い屋外球場で、最後の条件をクリアしていません。

と言う訳で、春日も説明に困っていたのですが、

「オーナー会議で決める」

と言うことになりました。


これは私の認識ですが…

「ニューヨークでスーパーボウルを」

と言う声は、2001年の「9.11」の同時多発テロの直後から言われ始めたと記憶します。

「9.11」から立ち直るため、また立ち直ったことを証明するために、ニューヨークで行うべきだ、と言う訳です。

その後「ニューヨークでスーパーボウルを」と言う声は何回か消えたり再浮上したりしたりを繰り返したように記憶しますが、「9.11」が要因の一つだと思われます。


また、新スタジアムが出来ると、そこでスーパーボウルをやる、と言う前例がいくつもあります。

おそらく、スーパーボウル開催効果でもたらされる大金で、新スタジアム建設にかかった経費を補完させようと言う意図があるとも思われます。

メットライフ・スタジアムは昨シーズンかその前のシーズンに出来たばかりですので、それも開催される理由かもしれません。


4.新レポーターの小池絵未さん

長らく「NFL倶楽部」のレポーターをつとめられた生馬アイザックさんに代わり、今シーズンは元NYJのチアリーダーの

小池絵未さん

が現地レポーターとなりました。

日本人のNFL選手はまだ誕生していませんが、NFLチアリーダーをつとめた日本人女性は数多くいます。

小池さんのユニークなところは

NHL・NBA・NFLのアメリカ3大スポーツ全てのチアリーダーをつとめた

と言うことです。

これは日本人では唯一の記録です。


数多くの日本人女性がNFLチアをつとめた、と書きましたが、チアになるのは並大抵の努力では慣れないものです。

それだけで小池さんのすごさがわかっていただけると思います。

(チアと言うものは、たとえ大差でチームが負けていても、最後の最後まで、ファンに希望を与えなければいけないものです

 とても大変な仕事だと思います)

小池さんに関するサイトへのリンクを貼っておきます。

ブログ、twitter、Facebookとも、更新を続けられています。

「小池絵未 OFFICIAL WEBSITE」へのリンク

twitter「小池絵未Emi Koike(@Emi_koike)」へのリンク

小池絵未「NFLスポーツリポーターOFFICIAL BLOG」へのリンク

Facebook「小池絵未 - Emi Koike」へのリンク


5.今週の放送で、おや?っと思ったこと

今週の放送では、ダイジェスト中のワイプの3人がおとなしかったように感じます。

例年、ワイプで騒ぐのを見るのが楽しみなんですが。

まあ、シーズン1回目の放送なので、だんだんうるさくなっていけば嬉しいな、と思います。


また、春日のコーナーがありませんでした。

これまで

「春日が認定、今週の一番はオマエだ」

「トゥースポ」

など、春日のコーナーがあったのですが…


6.このブログについて

このブログでは、ここ3年間毎週「オードリーのNFL倶楽部」のことを書いてきました。

私はそもそもアメフトとオードリーのファンですので、この番組を応援していますし、この番組を通じて、多くの方にアメフトのことを知っていただきたいと考えていますから。

(ただし、アメフトをやっていたからオードリーのファンと言う訳ではなく、そういう経歴を知る前からのファンです

 ですから、オードリーが絡む他の番組を見たり聴いたりもします)

余談ですが、3年前にオードリーが「NFL倶楽部」のMCを始めた時、けっこうネガティブな声が多かったです。

まず、オードリーが高校時代にアメフトをやっていたことを知らない人から、

「なんでオードリーがアメフトの番組をやってるの?」

と言う声があがりました。

また、NFLファンの一部からは

「NFLにお笑い芸人が絡んでくるのは不愉快だ」

と言う声があがりました。


3年がたって、そう言う声はかなり減ったように感じます。

今週の最初の放送前に、オードリーのファンからも、NFLのファンからも

「おお、今年も「オードリーのNFL倶楽部」の季節だ」

と言う声を多くtwitterで見ました。

だいたい好意的なようです。


オードリー的に言えば、ラジオの「オードリーのオールナイトニッポン」と並んで、地上波テレビの番組では、この番組が一番オードリーらしくて好き、と言うオードリーファンの声が多いです。

今週はこんなツイートもありましたから。

NFL倶楽部みた。他の番組とは比べ物にならないくらい表情豊かだった。オードリーが。 」

私の職場にもオードリーファンがいますが、彼はアメフトのことをほとんど知りません。

ですがこの番組はなんとなくおもしろいから必ず見ているそうです。


そしてオードリーは、ここ数年でかなりアメフトファンを増やしてきました。

こう言う人々の多くは、既存のアメフトファンに対して

「オードリーなんかから、アメフトを見るようになってすみません」

と言う気持ちがあるようです。

私としては、オードリーからアメフトを見てもらうようになってもらうことは嬉しいですし、そう言う気持ちがありますからこの番組を応援しています。

全然OKですし、そう言ってもらえると、番組のファンとして嬉しいです。


と言う訳で、今シーズンもよろしくお願いします。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「毒舌ブログは人を惹きつける それでも僕がブログで毒を吐かない理由」に大共感

昨日こんなブログ記事を読みました。

「毒舌ブログは人を惹きつける それでも僕がブログで毒を吐かない理由」へのリンク


読後、私とほぼ同じ考えなので、ものすごく共感を持ち、感激しました。

たしかに毒舌ブログはアクセス数が高いと思います。

でも、それを書くのはとても怖いもので、精神的にそうとうタフでないとできない、と考えます。


現実の私を知っている人は、私のブログを読んで、ちょっと違和感を持たれているかもしれません。

その方々は、私が人格者でないことも、口が悪いこともご存じだと思います。

そんな私が「いい人ブログ」みたいな感じのことを書いているんですから。

自分でも、なんか変だな、と思わなくもないです。


上掲のブログ記事を書かれた方は、「ブログで毒を吐かない理由」について、こう書かれています。

1.書いていて嫌な気持ちになる

2.炎上する可能性がある


まず1.についてですが、私の場合、嫌な気持ちになるといいますか、ネガティブな気持ちに拍車がかかって体調を崩しそうだと考えます。

何度かこのブログに書きましたが、体調がすぐれない朝、とりあえずブログで「楽しいこと」を書いたら、気持ちが良くなって、体調まで良くなる、という経験を何度もしました。

それだけに、もし毒舌などネガティブなことを書いたら、心身ともに調子を崩すかもしれない、と真剣に恐れています。

現実世界の場合、対話の中のネガティブには、何らかの歯止めがかかります。

相手から止められることもあれば、自分から、そろそろおもしろい話しに変えた方がいいな、とか考えるからです。

ブログではその歯止めがきかない可能性が高いように思います。

「嫌な気分になる」と言うより「体調を崩しそう」と感じます。

それに、ネガティブなことを書いたら、絶対に後悔しそうな気がします。

なんか、こんなことを書く自分が情けないな、ちっちゃいな、と。

ブログには、何年たっても人に読まれて恥ずかしくないものだけを残したいです。


炎上をおそれる2.の気持ちは、あまり説明はいらないかな、と思います。

炎上を招いた、と言われたある芸能人は

「炎上は、ネットを見なければ、まったく影響のないもの」

と言っていましたが、私はそこまで割り切れないなぁ…


ところで、毒舌よりちょっとゆるい、シュールなジョークを駆使して、愛されるキャラクターを目指そうとする人をネットで見かけることがあります。

それは非常に危険です。

同じシュールなジョークにしても、口で発せられ音声で取り入れられるものにはイントネーションなどにユーモアが感じられますが、文字だけになると、単に毒舌や攻撃にとられてしまうと考えるからです。

冗談を冗談としてとられない可能性が高いと思います。

そういうキャラクターを目指すのもいいですが、腹をくくって、空気を読みながらでないと、自滅してしまうと思いますよ。


あと、「愚痴ブログ」も「他人の不幸は蜜の味」と思う人々から愛読されるようです。

そう言う方法でアクセス数を増やすのは、なんとなくみっともないな、と思いますので、人を励ますとき以外には、へたれたことを書くのはやめようと考えています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

武蔵小杉が「住んでみたい街ランキング2013」で第3位に

ちょっと前に驚いた、身近なニュースと言えばこれ

msn産経ニュース「首都圏「住んでみたい街」吉祥寺がV9 武蔵小杉が17位から3位に急上昇」へのリンク

です。


たしかに最近の武蔵小杉の変貌ぶりは、この近辺に15年近くすむものにとっては驚きです。

なんでも、前年17位、前々年18位からの大躍進だそうです。

ですが、3位と言うのは…

正直、過大評価じゃないかと感じます。


なお、長谷工アーベストの首都圏「住んでみたい街ランキング2013」のトップ10は以下の通りです。

1位 吉祥寺

2位 自由が丘

3位 横浜、武蔵小杉

5位 鎌倉

6位 たまプラーザ、二子玉川

8位 中野

9位 田園調布、成城学園前、国立


詳細なデータは、下記サイト(PDF)にあります。

「首都圏「住んでみたい街(駅)ランキング2013」 - 長谷工コーポレーション」へのリンク


上記サイトには、「上位3位の理由」なるものも載っています。

武蔵小杉はと言いますと…

・再開発で便利になった

・交通の便が良い

・買い物が便利になった

と言うのが大きな理由だそうです。


私の感想はと言いますと…

・再開発で便利になった

これは、確かに言えると思いますが、まだ開発途上で、十分な住みやすさはないな、と考えます。

ですが、今後は確実に再開発が進みますから、今のうちから住んでおくのは良いかな、とも考えます。

ただ、再開発が進むのと、便利になるのは別の話だと思います。


・交通の便が良い

これは大いに同意します。

実際、車にしても電車にしても、どこ出るにも便利です。

渋谷、新宿、池袋、品川、銀座、東京、上野、六本木などの都心へは、乗り換えなしで、運が良ければ座ったまま行けます。

川崎、横浜、自由が丘に行くにも同じです。

しかもどれも1時間かからないと思いますが…

私はスポーツファンなので、東京ドームや川崎球場、横浜スタジアムに乗り換えなしで行けるのは嬉しいです。

乗り換え1回で、神宮球場、秩父宮ラグビー場、国立競技場へ行けます。

QVC千葉マリン、西武ドームや埼玉スタジアムについても、時間はかかりますが、1回ぐらいの乗り換えで行けるんじゃないかな…

JRの南武線ホームと、湘南新宿ラインや総武線のホームは、歩いて10分近くの距離があります。

この点は不便ですが、慣れるとそんなに苦じゃないです。

とにかく、交通の便はいいです。


・買い物が便利になった

これは、大型商業施設が好きな人はにあてはまり、また今後も期待大なのですが、ごちゃごちゃした商店街が好きな人にはあてはまらないと感じます。

この春、武蔵小杉東急スクエアが出来てかなり便利になりましたが…

増えたのはよくある大型商業施設に入っている店で、便利かどうかはおいといても、つまらないなぁ、と感じます。

最近、旧マルエツの跡地に、100円ショップのダイソーが入りました。

これまで武蔵小杉駅前には100円ショップがなかったので、大変うれしいです。

先日初めて行ってみましたが、100円ショップにしては広い店内がゆったりしすぎていて、まだまだこれから感満載でした。


後は、BOOKOFFと大型家電量販店の出店が待たれます。


ちなみに、武蔵小杉から歩いて行ける隣り駅、新丸子には、充実した駅前商店街があります。


ところで、BOOKOFFがないのを除けば、読書には便利な街だと言えると思います。

まず、武蔵小杉東急スクエアに移転してから、図書館が平日は21時まで開館するようになりました。

また、TSUTAYAの下には、午前1時まであいている本屋があります。

いずれも、ありがたいと感じます。


ちなみに、この「武蔵小杉、大躍進」についての2ちゃんまとめが下記リンク先にあります。

アルファルファモザイク「首都圏「住んでみたい街」吉祥寺がV9、武蔵小杉が17位から3位に急上昇!!!」へのリンク

武蔵小杉に関する声もありますが、他の街に関する意見もあり、なかなか興味深いです。

この声の中に

「阿佐ヶ谷最強説
 今は帰省してるけれど最高やで」

と言うのがあります。

私も小杉近辺に住む前は阿佐ヶ谷に住んでいましたが、交通の便も悪くなく、何と言っても駅前商店街が充実していて、非常に住みやすいと感じました。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【動画】「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」、俺の萌えポイント



(「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」動画)


ふなっしーロンドンプロジェクト」

というものの動画が、先日から順次公開されています。

なんでも、ふなっしーが海外で有名になるために、英国のスーパーモデルの

カーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)

と友達になることを目指すプロジェクトだそうです。

そのために、ふなっしーは、英国の首都ロンドンに脚を運んだ(出荷された)そうです。


と言っても、8月20日、つまり3週間前のカーラ・デルヴィーニュのFacebookには、彼女とふなっしーの2ショット写真がアップされているので、もうかなり前に行われたもののようですが。




なお、上の写真の上部のアイコンの横にある「Cara Delevingne.」を押せば、カーラ・デルヴィーニュの公式Facebookサイトに飛びます。

彼女の名をかたる「なりすましサイト」は多いので、参考まで。


ふなっしーロンドンプロジェクト」について、関連ニュースへのリンクを貼っておきます。

日付順に、代表的なものをピックアップしました。

IRORIO(イロリオ)「どうしてこうなった? ふなっしーがイギリスの人気モデルとコラボ!?」へのリンク

時事通信「ふなっしー「ロンドンへ行くなっしー!!!」」へのリンク

RBBTODAY「ふなっしー、ロンドンでもハイテンション……道行く人に「アイラブユー!」【動画】」へのリンク


現在このプロジェクトの動画として、

「ふなっしーロンドンプロジェクト "旅立ち編"」

「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」

が、YouTubeの専用チャンネルの

「funassyi_london_project」

で公開されています。

近日中にカーラ・デルヴィーニュと対面する、「カーラ編」が公開されるそうです。


2.「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」に興奮した件

そもそも私はふなっしーが好きなので、これらの動画に食いついたのですが、

「ふなっしーロンドンプロジェクト "上陸編"」

はその他の嗜好とも重なって、大変面白かったです。


1)トラファルガー広場

ナポレオン一世の時代、イングランド(イギリス全体ではないです)艦隊と、フランスとスペインの連合艦隊が激突した

「トラファルガーの海戦」

で、イングランドが勝利したことを記念して造られた広場だと思うのですが。

高校生の頃、この海戦を舞台にした歴史マンガ

「トラファルガー」(青池保子)

を読んで、この海戦に非常に興味を持ちました。

当時飛ぶ鳥を落とす勢いのナポレオンが、イングランド上陸をもくろんで、制海権を奪おうとするのですが、その野望を打ち砕いたのが、この海戦でした。


トラファルガー海戦でのイングランドの指揮官は、ホレイショ・ネルソン提督。

開戦を前に

「英国は、各員がその義務を果たすことを期待する」

(本当は「イングランドは」なんですが、一般的にはこの訳が普及しているようです)

と言う信号旗をかかげ、狙撃を受け戦死する間際には

「神よ、感謝します。

 私は義務を果たしました。」

と言ったそうです。


前述の漫画は、幼少期に友人だった二人の男が、フランス革命によって運命を引き裂かれ、かたやネルソンの指揮下の海軍の指揮官となり、かたやフランス艦隊で狙撃手(マスケッティア)と言う設定です。

この2人がトラファルガーで戦うことになるのですが…

少女マンガ誌に掲載されたマンガではありますが、十分に男泣きできるマンガだと思います。


それにしてもふなっしーがトラファルガー広場に現れ、歓喜の声なのか、悲鳴なのか、どちらにでもとれる声をあびせかけられているのには笑いました。


2)ベイカーストリート

ベイカーストリートは、言わずと知れた、

シャーロック・ホームズ

が住んでいたところです。

ここの221-Bに、ジョン・ワトソン博士と同居していたそうです。

ふなっしーのバックにある像は、そのホームズのもの。

私は「シャーロキアン」と言うほどの教養はありませんが、ホームズの大ファンです。

ですから、ベイカーストリートは、一度は行ってみたいところのひとつです。

地下鉄の「ベイカーストリート」には、ホームズのシルエットが描かれた小さなタイルで、大きなホームズのシルエットが作られたものがあるそうです。


3)ビッグ・ベン

ビッグ・ベンは

「ビッグ・ベン(Big Ben)は、イギリスの首都ロンドンにあるウェストミンスター宮殿(英国 国会議事堂)に付属する時計台 の大時鐘の愛称」

(Wikipediaより)

です。

先日ビッグ・ベンをバックに、ベン・ロスリスバーガーと言うNFLピッツバーグ・スティーラーズの選手が写っている写真を見ました。

ロスリスバーガーは大柄で、QBとしてはがっしりとした肉づきをしています。

そのため、新人時代から、(予想通り)「ビッグ・ベン」と呼ばれています。

とうとうこのツーショットが成ったか、とおかしく思いました。


3.ロンドンゲーム

ここ数年、NFLでは毎年1試合は、ロンドンで公式戦を行っています。

「ロンドンゲーム」

と呼ばれています。

今年は9月末にピッツバーグ・スティーラーズとミネソタ・バイキングスが遠征して闘います。

そのプロモーションの一環で、前述したロスリスバーガーが、渡英したわけです。


実はこのゲーム、私がネットでお付き合いさせてもらっている方が現地観戦されるそうです。

なんでも、ミネソタのファンだそうです。

うらやましい…

と言う訳で、その方には

「ベイカーストリートの写真をとってきてください」

とお願いしております。

ネットを通じて、いただけるのが楽しみです。


さて、話しは全然変わりますが…

驚異的な運動能力を持つふなっしーですが、2020年の東京オリンピックでは、どの種目で出るんでしょうね?

なぁんて、つまらんことを妄想しています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】ネタバレ投稿はアリか、なしか?

日本時間の9月9日に、

NFLの2013年シーズンが開幕しました。

これから来年2月のスーパーボウルまで22週(プロボウルを含む)、熱い戦いが繰り広げられるのですが…


現在ネットのあるところで、

NFLのゲームについて、ネタバレ投稿はありか?なしか?」

と言うことが問われています。


私はtwitterでは、何の遠慮もせずにガンガンツイートします。


ブログでは

【ネタバレ】

とタイトルに書いた上で投稿します。


Facebookでは空気を読みます。


こういう風にした理由は、特にないです。

そうしたいからです。

自分はリアルタイムで結果や経過を投稿したいです。

思いを共有したい時もありますから。

ですがそれが迷惑になる人がいるのも事実ですが…そういう人のことまでは考慮したくないです。

経過や結果を知りたくない、と言う気持ちは十分すぎるほどわかっているつもりです。

レギュラーシーズンゲームでは、結果を知るのはなんとも思いませんが(と言うか全ゲームをリアルタイムで見ることは無理ですし)、スーパーボウルだけは結果を知らずに見たいです。

スーパーボウルは毎年2月の月曜に行われるのですが、この日に休めないと…情報遮断に神経を使いまくります。

マイナースポーツなんですが、ひょんなことから結果を知った、と言う声をよく聴きます。


ところで、この問題に関し、おもしろい投稿がありました。

ネタバレ推奨派の人の意見なんですが、

「観戦した人が「やったー!!!」って気持ちを(リアルタイムで)発信できないことはこのスポーツ(NFL・フットボール)の広がりを妨げてしまうと思っています。」

と言うものです。

つまり、リアルタイムで盛り上がらないと、ファンでない人や、ちょっと興味を持っている人を巻き込めない、と言う訳です。

う~ん、深い意見だと思います。

twitterなどで、野球やサッカーと同じで、大いに盛り上がって、アメフトのことをトレンドワードに入れることは、アメフトの普及に一役買うかもしれません。

とりあえず、「ネタバレ」と「普及」の関係については、ちょっと頭の片隅に置いておきたいです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】「モノノフ」の名をかけた柳田の一発



(ギータ弾が炸裂ダー!! 柳田、9回に値千金の第8号ソロ)


9月6日の対オリックス・バファローズとの一戦、福岡ソフトバンクホークスは、9回表に新四番打者柳田悠岐選手にホームランが出て、1対0で勝利をおさめました。

四番に座ってから、最低の結果は出せていたと考えますが、ホームランは一本も出ていませんでした。

「初めて四番打者らしい仕事ができました」

柳田選手は、試合終了後にそう語りました。



(値千金の決勝アーチ 柳田のヒーローインタビュー 2013.09.06)


おもしろいことに、この日は東北楽天イーグルスの田中将大投手が、開幕20連勝と言う偉業を達成しました。

この2人が同じ日に大活躍したことは興味深い、そう思いました。

というのは、二人は「モノノフ」、つまりももいろクローバーZのファンだからです。

その縁あってか、先日イーグルスの試合前の始球式に、ももクロが登場しました。

この件について、

「野球がうまければ何でも許されるのかって話ですよ。バリうらやましいっすよ」

と柳田選手は語っているそうです。

(私としては、始球式の取り合いなら、野球がうまければ許されると思いますが)

そんな思いもあってか、柳田選手は田中投手を

6打数3安打2打点

と打ち込んでいます。

東スポ「鷹・柳田が宣戦布告「マー君よりオレの方が“モノノフ”だ」」へのリンク

鷹速@まとめブログ「鷹・柳田「マー君よりオレの方が“モノノフ”だ」」へのリンク


ところで10月14日に、福岡のマリンメッセで、ももいろクローバーZのライブがあるそうで、柳田選手も一モモノフとして参戦を望んでいるそうです。

しかし本業の野球の方では、10月12日から、レギュラーシーズン2位のホームで、3位のチームと戦う、クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージが始まります。

つまり、ホークスが2位か3位であれば、このCSの真っ最中という訳です。

もろにももクロのライブと重なるわけで…とっても都合が悪いようです。


もっと悪いシナリオとしては、4位以下だと、柳田選手は閉幕後すぐに宮崎のフェニックスリーグに参加することになるのだそうです。


柳田選手にとって一番都合がいいのは、リーグ優勝して、17日からの福岡でのCSセカンドステージから登場することになるそうです。

そうなれば、14日はCSを見据えた調整の真っ最中で、1日ぐらいライブのために夜抜け出すこともできるでしょう。

「(ももクロのライブに)行くには優勝しなきゃいけないんです」

柳田選手はそう語っているそうです。

ニッカンスポーツ「ソフトB柳田ももクロのため優勝しかない」へのリンク

鷹速@まとめブログ「ソフトB柳田「ももクロのために優勝するしかない」」へのリンク


私はこんな、バカみたいな話しは大好きです。

私もホークスの優勝を祈ってますし、柳田選手もそれを目指しています。

目指すところは一緒です。

だったら、どんな手段でモチベーションをあげてくれてもOKです。

と言うか、このほうが人間くさくて、説得力を感じます。


私が高校生の頃、たしか同級生の同じ剣道部の主将から聞いた話だと思うのですが、中学生のころ、胴の中にひそませた彼女の写真を見て、かかり稽古に向かったヤツがいたそうです。

私自身も、身内から

「部活を続けようと思ったら、強くなりたいとか思うよりも、女の子にもてたい、とか思った方がいい」

と言われ、素直にうなずきました。

強くも、もてるようにもなれませんでしたが…


そんなわけで、がんばれ、新四番打者!!

いい成績残さないと、ももクロに合わせる顔がないぞ!!

と言うか覚えてもらえないぞ。


私には10月14日に、188センチの巨体を持つ柳田選手が、同じモノノフの今宮健太選手をひきつれて、ももいろクローバーZのライブに行く姿が見えます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(20130908)今回の「オードリーのオールナイトニッポン」も聴けそうもないので



(テラニンさんときしんちゅさんのコラボ曲

 「人生ゲーム」)


今回の「オードリーオールナイトニッポン」も、生ではちょっとしか聴けそうもないです。

ですので、あらかじめ、関連情報を書いておきます。


1.立ってやってた200回記念漫才

先週の放送の冒頭で、200回記念漫才が披露されましたが、「オードリーオールナイトニッポン」公式サイトを見ますと、二人はセンターマイクを挟んで、立って漫才をやっていたことが分かります。

気合い入っているなぁ、と思うとともに、こうやらないと漫才のゾーンに入って行けないんだろう、とも思いました。

おもしろいことに、3枚ある写真、若林はすべて違う表情や動きで写っているんですが、春日はすべて胸を張って立っているものです。

たぶん狙ってそういうのを載せたんだろうなぁ、と思うんですが。

なお、最初の写真の下に

オードリー(フジテレビニューウェーブ大賞1位)」

とあります。

ときどき番組の中で語られますが、「フジテレビニューウェーブ大賞」は1回しか行われておらず、1位をとったのは後にも先にもオードリーだけだそうです。


2.ネットで見れる、リスナーさんの作品

トップに置いたのは、初期のコーナー

「新受験生ブルースを作ろう」

で、

「中くらいの夢(激励編)」

を作られたテラニンさんと、

中学生のころから有名職人として、数多くメールが読まれてきたきしんちゅさんのコラボ曲

「人生ゲーム」

です。

テラニンさんと言えば、「中くらいの夢(激励編)」や春日体操のハスキーでワイルドなイメージがありますので、この「人生ゲーム」には、特に声の表情に驚かされました。

間奏と、そのバックの絵は、「迷い」を連想させてくれて、いいな、と思いました。

その他「オードリーの帰ってきた天沼パトロール」で「しこかすくん」を描いたエイティーエイトさんも、YouTubeの自分のチャンネルで、ANN関連の作品を作ってられます。

YouTube「ChannelEighty88Eight」へのリンク

ツチヤタカユキとのコラボしたと思われる作品もありますね。


3.「サザエさんのオールナイトニッポン

オードリーとは関係ないのですが、ちょっと気になったので書いておきます。

10月11日の22時から

「サザエさんのオールナイトニッポンGOLD」

と言う番組が放送されるそうです。

パーソナリティーを、架空のキャラクターサザエさんが務めるそうです。

サンスポ「“史上初”サザエさん、ANNパーソナリティー」へのリンク

番組では、サザエさんに聞いてみたいこと、サザエさんの思い出などを募集するそうです。

「サザエさんのオールナイトニッポンGOLD」公式サイトへのリンク

今のところハガキのみの募集となっているのは、なんだなんだろう?


来週もリアルタイムでは聴くのは難しそうですので、今週の放送のことを、来週の日曜に書こうかと考えています。

今後ともよろしくお願いします。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】NFL2013シーズン開幕戦の感想



(第27回スーパーボウルでの珍しいプレイ

 後で昨日のゲームとの関連を書きます。)


アメリカンフットボールのプロリーグ、NFLの2013年度シーズンが開幕しました。

開幕戦は昨日の、ボルチモア・レイブンズ(BAL)対デンバー・ブロンコス(DEN)の1試合のみ。

この試合について、起きたことと感じたことをいくつか書きます。


1.試合の流れ

予想ではDENが7.5ポイントリード。

点差はさておき、まずDENが勝つだろう、と言う予想だと言えるでしょう。


前半は開幕戦らしく、オフェンスが、まだまだ地に足がついてないね、と言いますか、ボールに手がついてないね、と言う感じのちぐはぐな展開が続いたように感じます。

特にDENのオフェンスが、予想ほどの爆発をしませんでした。

ペイトン・マニングのパス成功率が悪くて、ランがほとんど出ていなかったように記憶します。

また、スペシャルチームでも、PRに入った新加入のウェス・ウェルカーが、ベテランらしくないキャッチミスを、自陣2ヤードで犯してしまい、DENに攻撃権を与え、そのままTDを許しました。

レイ・ルイスが抜けても、強力BALディフェンスは健在、と感じられました。


それに対して、BALのオフェンスは予想より良かったと思います。

QBジョー・フラッコは落ち着いていましたし、RBレイ・ライスは存分に走っていました。

ただし痛いことが2つ。

OTマイケル・オアーが負傷退場し、ゲームに戻ってきませんでした。

そして、PRに入ったWRジャコビー・ジョーンズも負傷退場しました。

ジョーンズの場合、フェアキャッチシグナルを出し、ボールをキャッチすることに集中したところに、どういうわけか味方の選手が全力でぶつかってきたための負傷でした。

これはなかなかない、凡ミスだと思います。


不調のDENオフェンスでしたが、それでも2年目のTEジュリアス・ジョーンズの2本のTDレシーブで14点をあげ、17点をあげたBALに食い下がりました。

ジョーンズは1本目のTDが、NFLキャリア初のTDだそうです。

そのTDの前のレシーブで、ディフェンスをかわした身のこなしは素晴らしかったです。

今季ブレイクしそうです。


前半はBALが2TDと1FGをあげ、17-10とDENをリードして終わりました。


後半3Qに入ると、DENが攻守にBALを圧倒し始めました。

3シリーズ続けてTDをあげ、3Qを無失点に抑えました。

この結果、3Q10分までに17-35とDENが逆転して大量のリードを奪いました。


4Qに入ってもこの流れは止まらず、結局49-27でDENが大勝しました。

(後半は記述をはしょってしまいましたが、実は集中して見れない時間帯が長かったもので…)

こちらに試合の詳細があります。

NFL JAPAN「マニング7TDパス、ブロンコスが昨季王者レイブンズを圧倒」へのリンク


2.ペイトン・マニングがNFL記録タイの7TD

前半、らしくないプレイが多かったマニングですが、終わってみればNFL記録タイの7TDパスを投げました。

7TDと言うのは6人目だそうです。

これまでに達成したのは以下の5人です。

・シド・ラックマン(1943年シカゴ・ベアーズ)

・エイドリアン・バーク(1954年フィラデルフィア・イーグルス)

・ジョージ・ブランダ(1961年ヒューストン・オイラーズ)

・Y.A.ティトル(1962年ニューヨーク・ジャイアンツ)

・ジョー・カップ(1969年ミネソタ・バイキングス)

(ちなみにブランダの記録ですが、当時のヒューストンは、NFLではなくAFLに所属していました

 しかし記録の上ではAFL時代のものもNFL記録とされるため、この記録の達成者とされています)

マニング、昨シーズンはチームを機能させるまで数試合かかったように感じましたが、今年は30分でそれを成し遂げた感じです。

残り2分ほどでDENの攻撃となり、マニングが出てきたときには、新記録の期待がかかりましたが、無理はしませんでした。

やはり負傷などあると怖いですから。

詳細なニュースは、下記リンク先にあります。

アメフトNewsJapan「P・マニング、リーグ最多記録タイのタッチダウン7回」へのリンク

NFL JAPAN「マニング44年ぶりの快挙!NFL記録に並ぶ1試合7TDパス」へのリンク


3.ジョン・ハーボウHCの痛恨の落球見逃し

3Qに一気に試合の主導権がDENに来たような感じでしたが、その陰には、BALのジョン・ハーボウHCが、パス成功とされたDENのWRウェルカーの落球を見逃し、チャレンジをしなかったことが大きかったと思います。

こちらの動画になります。

NFL VIDEO「Denver Broncos take advantage of Baltimore Ravens' mistake」へのリンク


詳細を書きますと…

DENの後半最初のシリーズ。

3rdダウン9で、10ヤードのパスがウェルカーに通り、1stダウンとなりました。

しかし次のプレイが始まる前にテレビでリプレイが流され、明らかに落球している模様が映し出されました。

ですがハーボウHCはチャレンジせず、次のプレイをマニングが始めました。

結局このドライブは、DENの逆転TDとなり、その後DENはTDを重ね、BALオフェンスは沈黙しました。


twitterでは、ハーボウHCにダメだしするものと、チャレンジする隙を与えなかったマニングをほめるツイートがいくつか出ました。

マニングが特別にうまいとは思わないのですが、なんでハーボウHCはチャレンジしないんだろう、とは思いました。

下記記事によりますと、どうも落球に気づかなかったようです。

USA TODAY「Ravens' Harbaugh: I was unaware of pivotal Welker drop」へのリンク

試合前、この一戦を

「兄者対決」

とツイートしている人がいました。

ジョン・ハーボウHCにはジム・ハーボウHC(サンフランシスコ・49ナーズ)、ペイトン・マニングには、イーライ・マニング(ニューヨーク・ジャイアンツ)と言う弟がいます。

制したのはペイトン・マニングでした。


4.ダニー・トレベーサンの超ボーンヘッド

ひょっとしたらDENの得点は50点を超えていたかもしれません。

と言うのは、DENのLBダニー・トレベーサンのTDに見えたプレイが取り消されたからです。

状況はこうです。

42-17と大量リードした4Q序盤、トレベーサンはフラッコのパスをインターセプト。

そのままエンドゾーンに走りこみ、インターセプトリターンTD…

に見えたのですが。

得点後に毎回行われるリプレイの結果、エンドゾーンに走り込む前、1ヤード当たりで、トレベーサンは喜びすぎたのか、ボールを手放していたことがわかりました。

こちらの動画です

NFL VIDEO「Week 1 Can't-Miss Play: Danny Trevathan's drop six」へのリンク

関連記事はこちらになります。

アメフトNewsJapan「LBダニー・トレベーサンのピック6ならぬドロップ6」へのリンク

これはあかんすぎるやろ…

と言うか、「アウト~」…

結果TDは取り消されタッチバックとなり、BAL陣20ヤードからBALの攻撃となりました。

そしてそのドライブをBALが後半最初のTDにつなげました。


関連記事にもありますが、私はこのプレイを見て

「まるで第27回スーパーボウルで、エンドゾーン手前で、ドン・ビービにボールをはたかれた選手みたいだ」

とツイートして

「はたかれたのはレオン・レットですね」

とのリプライを受けました。

トップにその動画を置きましたが、バッファーロー・ビルズ(BUF)のWRビービは、当時チーム最速のWRで、40ヤードを4.2秒で走ったそうです。


なにはともあれ、このダニー・トレベーサン、全米中に名前が売れたでしょう。


5.キックオフリーターンのないゲーム

このゲームでは、合計14回のキックオフがありましたが、キックオフリターンはありませんでした。

キックしたボウルが、すべてエンドゾーンを越えていくか、エンドゾーン内に入り、タッチバックとなりました。

このため私は、冗談で

「NFLのキックオフリターナーは、頭上を越えていくボールを見上げるだけの簡単な仕事」

とツイートしました。

(本当はそんなことは絶対にないですが)


NFLでは、キックオフを廃止することも検討されているようです。

NFL JAPAN「NFLがキックオフ廃止を検討? 「奇抜だが一考に値する」」へのリンク

近い将来そうなるかもしれません。


6.日本人チアリーダーの西村樹里さん

twitterを見ていますと、DENの日本人チアリーダー、西村樹里さんが写った写真が出回ってました。

20130906den西村樹里さん

西村さんは昨年からDENでチアリーダーとして活躍しているそうです。



最後に、このゲームを見て思ったことは、接戦だったら面白いと言うことはないな、と言うことでした。

応援しているチームが大勝するのはおもしろいです。

ですがこのゲームは、どちらのチームを応援していると言うことはありませんでした。

前半3点差で折り返した時、両チームになんとも閉塞感のある展開に、なんだかなぁ、と不満を覚えていました。

ですが3Qの初め、DENが流れを引き寄せて逆転し、完全にゲームを決めてしまったとき、なんかスッキリしました。

こう言う展開がアメリカンフットボールのだいご味の一つだな、と実感できました。

今シーズン、いろんなだいご味が感じられるといいなと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

質問の数から見て、「出身地鑑定!!方言チャート」は、優れたサイトか?

東京女子大学篠崎ゼミと、ジャパンナレッジが制作したと思われる

「出身地鑑定!!方言チャート」

というものが話題になっていますが、先日私もやってみました。

こちらからそのサイトに行けます。

「出身地鑑定!!方言チャート」へのリンク


やることは、いくつかの質問に「はい」「いいえ」で答えるものです。

結果、私が福岡県出身ということがわかりました。

私の周りでこのチャートを使用した人に聞いてみますと、ほぼほとんどの人が当たっていたようです。

といっても10人ぐらいですが。


ところでこのプログラムについて、どこの都道府県の出身かを当てるだけにしては、質問の数が多すぎるじゃないか、と感じました。

よく覚えていませんが、 10問ぐらいはあったような気がします。

私の考えでは、福岡県出身か否かを判定するなら、以下の質問だけで十分です。

1.体育の授業などで立ち上がるとき、「ヤー」と言う

2.「あのさぁ」を「あのくさ」と言う

前者の質問は、このプログラムにありましたが、後者はありませんでした。


しかし、プログラムの構造に詳しい職場の人に聞いてみますと、47都道府県から、2択問題までに絞り込むには、単純計算で6つの質問が必要だそうです。

つまり、都道府県を特定するには、7つの質問が必要、という訳になるわけです。

私もプログラムを組んでいる人間ですから、情報がゼロの状態から、2択問題までに絞る難しさわかります

残念なことに私は、確率とか組み合わせとか、数学が苦手だったもので、最低いくつの質問が必要、というところまでは算出できませんでした。

(ちなみに福岡では、少なくとも私の通った高校では、私のような数学ができない人のことを

 「数ポン」

 と呼びます)

で、前述の会社の人が言うには、その人は7~8問で、正解を得られたそうです。

だから、良いアルゴリズムで書かれたプログラムではないか、と言われていました。


このサイトについて、詳しく紹介したサイトがありますので、リンクを貼っておきます。

毎日新聞「方言チャート:出身地的中率8割 女子大生らがサイト」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【警告】twitterやFacebookで、不適切行為投稿事件を引き起こさないためには…

いわゆる「バカッター」事件…

これは、twitterなどのSNSに「反社会的」な投稿を行い、投稿やアカウントを炎上させられ、実名や勤務先や学校をネットでさらされ、最悪逮捕されたり民事訴訟を起こされる事件です。


これまでおきたこれらの事件は、下記リンク先に主なものがあります。

NAVERまとめ「【Twitter】140文字が狂わした人生~犯罪自慢・炎上まとめ~【バカ発見器】」へのリンク

私が最初に衝撃を受けたこの手の事件は、上記記事にある

「ローソン『アイスクリームケースに男性が入りネット上で炎上した店舗』をマッハでFC契約解除&当分休業:ハムスター速報」

と言うものでした。

上記記事の最新記事は

「愛知県名古屋市のスシローの客、しょうゆ差しを吸った写真をツイッターに投稿し炎上 スシロー店舗特定できず県内のしょうゆ差しを洗浄、しょうゆ入れ替えへ | テル速」

と言うものですが、このブログ記事を書いている時点で最新のものは、「餃子の王将」で、社員が冷蔵庫の中に入っているところを撮影した画像が投稿されたものです。

きっとこのブログ記事を公開するころには、もっと多くの「バカッター」事件が起きているでしょう。


ところで最近、こんな記事を読みました。

tabroid.jp「若い皆さんへ TwitterをLINEと同じ感覚で使わないようにしましょう【コラム】」へのリンク

これは大変いい記事だと思います。

おすすめです。


例えば、ブロンコビリーの事件では、投稿者が炎上中に

「いちいち面白がってうぜーな。しらねぇーやつが面白がって拡散とかいってリツイートしてんじゃねーよ。しらねぇーやつなのにいちいちだりーんだよ」

と言うツイートをしているそうです。

また、どの事件か忘れましたが

「知らないやつからリプライ多数、俺、かわいそう」

といった趣旨のことを発信していたそうです。

これらの投稿を見ますと、SNSの簡単な仕組みを知らないことが、一連の「バカッター」事件の原因の一つだと思えるからです。


ただし、

「これらの事件は、すべてTwitterで起きました。」

と言う記述は、私の認識では間違いです。

前述しました、ローソンのアイスクリームケースに入った件は、Facebookへの投稿が発端だからです。


そして「若い皆さんへ」と言うタイトルですが、これらの事件は、SNSの簡単な仕組みを知らなくて、道徳心がなければ、我々中年以上の世代だって、十分に起こし得ます。

(私は、最近の若い人たちの道徳心が薄れたからこんな事件が起きた、とは思いません。

 いくつかのメディアで、「有識者」と呼ばれる人達がこの手の事件のことを語っていましたが、そこからも、そう言う声は聞こえてきませんでした。

 人のことは言えませんが、バカなことをやって目立ちたい、と言う人はいつの時代にもいるものだと思います)

 
「記事を読むのが面倒だ」

と言う方へ、私の意見も込めた要点を簡単に書きます。


1.twitterやFacebookへの投稿は、基本的には誰にでも読まれること

最も重要な認識は、このことだと考えます。

twitterやFacebookへの投稿は、非公開設定をしないと、誰でも見ることができます。

ですから、特定のことに興味を持った人が、ネットではこのことがどう語られているんだろう、と考え、関連するワードで検索すれば、全く知らない人の投稿を見つけることができるわけです。

こう言う検索は私もよくやります。

SNS、とくにtwitterでツイートすると言うことは、世界中に向かって大声で叫んでいるのと同じです。

そう考えると、怖くてツイートできないことも出てきます。


2.twitterやFacebookへの投稿には、基本的には誰からでもつっこまれること

面と向かって言えないことでも、ネットでは言ってしまうことがありがちのように思えます。

ブロック設定をしない限り、技術的には誰でも、誰にでもつっこめます。

さらに前述のように、ネットでは精神的なハードルも低くなって、簡単に批判されたりするようです。

では、批判されないようなことを投稿すればいいじゃないか、と思われますが…

世の中いろんな人がいまして、「正論」と思えることを「偽善者」とか言って批判するのが好きな人もいるようです。

まあ、そう言う人はごく少数ですので、気にしない程度の忍耐力は持っおいた方が良いと思います。


3.twitterやFacebookへの投稿には、基本的には誰によってでも引用されること

twitterで非公開設定をしていますと、基本的にはそのまま引用はできないのですが、クライアントによっては出来る、と言う噂を聴いたこともあります。

Facebookもシェア機能で引用することができます。

ですから、いったん「問題」とされる投稿をしますと、それが引用されて拡散されたりします。

拡散のされ方次第では、それらのことは、当初の投稿を削除しても、時遅しです。

ですから、軽い気持ちでの投稿は、取り返しのつかないことになりかねません。

また、下記2点にも留意した方がいいと思います。

1)twitterで言えば、フォロワーさんの多い人が引用しますと、爆発的に投稿が広まる可能性があります。

2)LINEのような閉じられた世界のやりとりでも、友達がそれをおもしろがってtwitterやFacebookに拡散することもあります。


4.一旦事件になるととりかえしは効かず、将来に大きく響くこと

前述しましたが、いったん拡散が広まりますと、取り返しがつかないと考えた方がいいです。

(もちろん投稿して10秒以内とかの短時間だと、人目に触れる前に削除することも可能なので、削除機能の使い方は知っておきたいところです)

拡散され、炎上するとどうなるか。

まずtwitterやFacebookを使うのが辛くなります。

現実の世界でも、個人情報がさらされます。

どう言う手段で判明するのか詳細はわかりませんが、学校や会社を特定され、住所や本名がさらされます。

逮捕され刑事訴訟されたり、賠償請求をされることもこれから出てくるでしょう。

また、そうなって有名になることで、自分の名前を検索しようとすると、予測機能でネガティブな言葉が表示されるとか、そう言う悲惨なことも考えられます。

その結果、進学や就職に差し支えることも考えられます。

軽い悪ふざけが、こう言う悲惨な結果を招くこともある、と言うことを重々認識してください。



私を含め、多くの中高年が

「自分が若いころにtwitterとかあったら、絶対に炎上事件を起こしているだろう」

と言っています。

私の場合、バカなことをして目立ちたい、と言う気持ちは今でもあります。

では、今なぜそれをネットに投稿しないか、と言いますと…

・後々のことを考えると怖くてできない

・歳を重ねることで忍耐力がついた

と言う理由からだと思います。

ネットでは、言いたいことの半分ぐらいしか書いてないつもりです。


人格者を気取るわけではないですが、若い人でもそう言う人であれば炎上事件なんか起こさないと思いますし、そう言う人でなければ、歳をとっていても炎上事件を起こしかねません。

年齢は関係ないと思います。



長々と「注意事項」みたいなことを書きましたが、そこまで気を使ってtwitterやFacebookをやる価値があるのか?と言う疑問を持たれた人もいるでしょう。

私の答えは、十分すぎるほどの価値がある、です。

twitterやFacebookがなければ気づかなかった情報、知り合えなかった方々、そして再会できなかった旧友…これらを考えますと、十分に価値があります。

また、感情を共有してもらうためにtwitterやFacebookを使っている人も少なくないです。

自分の悲しい気持ちをわかってほしい、嬉しいことを一緒に喜んでほしい、と言うものです。

そう言う使い方をして、精神の安定を得ている方もいます。

とにかく、下手な使い方をしなければ、twitterやFacebookなどのSNSは、人生に豊かさを与えてくれるもの、と私は信じています。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

引退する宮崎駿監督が手掛けた作品の中で唯一好きだった作品



(「侍ジャイアンツ」の二回目の主題歌、「王者! 侍ジャイアンツ」

  子門真人(しもんまさと)が歌っています。

 アニソンで何か一曲歌え、と言われたら、迷わずこれを歌います。)


アニメの大御所、宮崎駿監督が引退するそうです。

今週末の6日に会見があるそうです。

(その日、日本テレビは予定を変更して、夜『紅の豚』を放送するそうです)

msn産経ニュース「「ポニョ」が最後のはずだった? 宮崎駿監督引退…6日会見で経緯説明」へのリンク

シネマトゥディ「宮崎駿監督『紅の豚』急きょ放送決定!引退表明受け予定変更」へのリンク

ところで私はスタジオジブリの映画を一作も見たことがないほど、宮崎駿監督の作品には興味がないのですが、

「侍ジャイアンツ」

だけは大好きです。

と言っても宮崎駿氏は、第1話の原画を描いただけの関係だそうですが…

Wikipedia「侍ジャイアンツ」へのリンク


「侍ジャイアンツ」

は武士道を貫こうとするアンチジャイアンツの高校生投手が、大人の事情でジャイアンツに入り、数々の魔球を発明して活躍する、と言うものです。

もともとは「週刊少年ジャンプ」に連載されていたのを、日本テレビがアニメ化しました。

実は私はマンガは全部読んで、子供ながら最後は号泣しました。

しかし家のテレビが日本テレビの映りが良くなかったのもあって、アニメはあまり見てなくて、最後もよく知りません。


でも、このウルフチーフとのスパイク衝突のシーンはよく覚えています。



(「未来少年コナン」に似ていませんか?)


最近東北楽天イーグルスのアンドリュー・ジョーンズ選手の、ちょっと強引かな、と思えるスライディングを見ると、かならずこのウルフ・チーフ選手の殺人スライディングを思い出します。


なお、数年前にTOKYO MXで再放送がありました。

その時の公式サイトがこちらです。

TOKYO MX「侍ジャイアンツ」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【お笑い】「キングオブコント2013」決勝進出者決定

キングオブコント2013」の決勝進出者が決定しました。

お笑いナタリー「「キングオブコント2013」決勝進出者8組が決定」へのリンク

今年もそう言う時期になりましたので、その件を少し書いておきます。

1.出場者について

出演者は以下の通りです。

・アルコ&ピース(太田プロダクション)初出場

・うしろシティ(松竹芸能)2年連続2回目

・鬼ヶ島(プロダクション人力舎)2年ぶり2回目

・かもめんたる(サンミュージックプロダクション)2年連続2回目

・さらば青春の光(無所属)2年連続2回目

・ジグザグジギー(マセキ芸能社)初出場

・TKO(松竹芸能)2年ぶり4回目

・天竺鼠(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪)4年ぶり3回目

私にとっては、失礼ですが、だいたい名前は知っていますが、それほど好きな人たちではないです。


今回の驚きは、吉本興業主催の大会であるにもかかわらず、吉本系列の芸人は1組しか出場しないと言うことです。


2.テレビ放送

決勝戦の模様は、9月23日にTBS系列で生放送されるそうです。

また、それに先立ち、9月14日に、準決勝の模様が録画放送されるそうです。

TBS「独占放送!キングオブコント2013 準決勝」へのリンク

4時間の長丁場で、こっちのほうがおもしろいかも、とも感じます。

ただし、決勝進出者のコントは放送しないとのことです。

それは決勝戦で見れますから、それでいいと思います。


3.前回までの放送についての感想

前々回までの放送を第1回から見てきましたが、とにかく自分の価値観と、大会の公式の判定とが大きく違う大会だと感じていました。

それは私だけの感覚ではなく、twitterで見ていると、私と同じ気持ちの人が多かったです。

結局「芸人の、芸人による」大会なんだな、と思いました。


しかし昨年はそれが大きく変わったと感じました。

自分の判定と大会の判定がほぼ一致しました。

そのことも、twitterの声と一緒でした。


お笑いが、世の中を明るくするために存在するのであれば、僭越ながら、判定は私たち素人の価値観によったものであるべきだと思います。

玄人芸では少数のツウの人しか喜ばせられませんから。


今年も、昨年の流れが続くことを期待します。


4.ブレイクした芸人

前々回までの大会の優勝者で、この大会を機にブレイクした、と言う芸人さんはいないな、と感じていました。

それは、優勝者が、ある程度名前が知れていたことが大きいでしょう。


しかし昨年のバイきんぐは、全くの無名から大ブレイクを果たしました。

これで、この大会の価値が大きく向上したと思います。

それも、私たち素人よりの判定で優勝したのですから。


今回の大会でも、私たち素人よりの判定で優勝した芸人さんが、これを機にブレイクしたらいいな、と考えます。

「キングオブコント2013公式サイト」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】オセゲラって、あの人そっくりだと思った試合



ホークス、オセゲラ投手の立ち上がり)

福岡ソフトバンクホークスは、昨日の対東北楽天イーグルス戦に勝ちました。

ホークスの先発投手は、7月の登録期限ギリギリに入団した、ポール・オセゲラ投手

あとで詳しく書きますが、ある番組で試合開始前にオセゲラ投手の顔を初めてまともに見て、これは興味深い、と思って試合を見ることにしました。

最近忙しくて、1試合をまるまる見ることができなかったのですが、この試合は全部見ることができました。

オセゲラ投手のことを中心に、感想を書いておきます。

1.オセゲラ投手について

6回途中まで無失点と、期待以上の好投をしてくれました。

まずは5回投げてくれること。

そして3点以内に抑えてくれれば上出来、と考えていましたから。


投球内容ですが…

緩急とコントロールで勝負するタイプ、と聞いていましたが、まさしくそんな感じでした。

直球は140キロ出てませんでした。

しかしカーブを中心にいくつか変化球を持っており、特にカープが昨日は良く、スリーボールからでもそれを投げてストライクが取れたのは大きかったと思います。

また、ボールの出所が見にくいフォームなのか、直球にしろ変化球にしろ、なかなかボールが手元に来ず、打者が前のめりに体勢を崩して打ちに行っているのを何回か見ました。

かなり打ちづらいようです。

ただし回を重ねるにつれ、バットの真ん中でボールを捕らえられていました。

また、6回に入ると、制球がうまくいっていませんでした。

初回には、面白いぐらいにストライクとコールされていたカーブですが、もはやストライクになりませんでした。

(なんとなくですが、判定の基準も変わったように感じました)

結局6回に入って先頭の2人を出したところで降板。

しかしその後のリリーフ陣ががんばって、オセゲラ投手に、初登板初勝利をプレゼントしてくれました。


昨日の勝利は嬉しいですし、オセゲラ投手で勝てたことは、確かに朗報だと思います。

ただ、僭越ながら、今のままでは、慣れたら打たれるな、とも思いました。

しかし似たようなことはオセゲラ投手も感じているようです。

試合後のインタビューで

「日本の野球は規律正しい。

私も進歩しないとついていけない」

と語っていましたから。

そういう気持ちがあれば、大丈夫だと思います。

昨日の登板は、二軍で70球ほど投げてから、中四日だったそうです。

元々はスタミナはある方だそうですが、最後は疲れて制球がままならなくなったそうです。

今度はもう少し間隔をあけて使ってくれるでしょう。

期待してます。


2.今宮選手におごってあげないと

オセゲラ投手の立ち上がりですが、今宮選手のファインプレイに助けられた感があります。

今宮選手は、先頭打者の三遊間のゴロを深いところでとって、大遠投してアウトにし、二番打者の、頭上を越えようかと言うライナーを、ジャンプ一番好捕してアウトにしました。

この二つの奇跡が無ければ、オセゲラ投手の初登板の結果は変わっていたかもしれません。

オセゲラ投手は今宮選手になんかおごってやった方が良いと考えます。


3.新クリーンナップについて

先週、四番の松田選手が打てなくても、勝ってりゃそれでいいやん、と言う内容のことをブログに書きました。

しかしその後、千葉ロッテマリーンズに連敗。

そこで秋山監督は、柳田選手を四番に抜てきし、松田選手を六番に下げました。


その後、昨日までの4試合で平均6得点を挙げ、3勝1敗です。

松田選手にもだんだん当たりが戻って来て、柳田選手も結果を出しています。


マリーンズに連敗した時点では、現状では、ホークスの四番には、打てればもうけもの、と言う選手を置くしかないか。

例えばラヘア選手とか、柳田選手とか、と思っていました。

柳田選手にはまだ時期が早いか?とも思いましたが、もう25歳。

十分に四番を打っても構わない年齢です。

とにかく結果が出て嬉しいです。


4.森福投手と千賀投手

6回無死一二塁でオセゲラ投手が降りて、千賀投手が登板しました。

千賀投手は判定にも悩まされ、最初の打者に四球を与えましたが、続くマギー選手を三振にとって降板。

左打者が続くところで森福投手が出てきました。

一死満塁のピンチでしたが、森福投手は連続三振をとり、見事にピンチをしのぎました。


千賀投手と森福投手は、交流戦のころと調子が入れ替わったような感じがします。

あの頃は千賀投手は無双で、森福投手は、出ると必ず失点していたように記憶します。

しかし交流戦が終わるころから千賀投手の調子が落ちました。

代わって最近は森福投手が絶好調のように感じます。


森福投手はこれから失点することがあっても、もう大丈夫でしょう。

一度壁を乗り越えた自信がありますから。


一方で千賀投手ですが、調子を落として二軍落ちしたころに比べると、良くはなっているように感じます。

ただ無双のころに比べると、う~ん、ちょっとね…

コントロールに苦しんでいるようです。

使いどころさえ間違わなければ、頼れる存在です。

がんばってくれ。


5.オセゲラ投手ってキャパニック選手に似てると思った

さて、私が最も書きたかったことですが、試合前にオセゲラ投手を見て

「キャパニック選手に似ている」

と驚きました。

(なお、私の「似ている」は、客観的には否定されることが多いです)

20130902オセゲラ

(福岡ソフトバンクホークス ポール・オセゲラ投手)

20130902キャパニック

(サンフランシスコ・49ナーズ(フォーティーナイナーズ) コリン・キャパニック選手)


コリン・キャパニック(Colin Kaepernick)選手とは、NFLのサンフランシスコ・49ナーズ(フォーティーナイナーズ)のクオーターバック(QB)で、昨シーズンから台頭した3年目の選手。

今最も注目されている選手の一人です。

(「ケイパニック」と表記する人もおり、私も過去、そうしていました)

ただ、オセゲラ選手がなんとなく優しそうなのに対し、キャパニック選手にはナイフのような怖さを感じます。

さらにキャパニック選手を画像検索してもらうとわかるのですが、彼の上半身はタトゥーだらけで、いっそうの怖さを感じます。

ただし、そのタトゥーの内容は、キリスト教の聖句が多いそうで、実際は「怖い」と言うことはなさそうですが。

(私はクリスチャンではないので、キリスト教の聖句だから大丈夫、とは考えませんが)


なお、キャパニック選手は高校の最終学年では92マイル/時(147km/h)を投げる投手で、二度ノーヒット・ノーランを記録しており、多くの有名なNCAA大学チームからの奨学金の誘いがあったそうです。

そして2009年のMLBドラフト43巡目でシカゴ・カブスより指名されてもいるそうです。

それを断ってアメフトの道を選び、現在は高い評価を受けているわけですが…

キャパニック選手は今年6月にサンフランシスコ・ジャイアンツ対マイアミ・マーリンズの始球式に登場し、87マイル/時(131km/hぐらい?)の速球を披露しそうです。



速い!!

オセゲラ投手と変わらんやん…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

(20130901)オードリーのオールナイトニッポンの内容と感想~200回記念回~



(カラーボトル「10年20年」。エンディングはこの歌をBGMに、過去の名場面が流されました)



2013年9月1日の「オードリーオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今回は放送回数200回を記念した回でした。

すべてトークで、コーナーも電話もありませんでした。

そして予告通り、ラジオ漫才が披露されました。


1.番組の流れ

1)オープニング

春日のタイトルコールではなく、いきなりラジオ漫才でした。

これはたしか2011年3月20日の未明、3月11日の東日本大震災の翌週の回に放送されたのと同じ感じでした。

(3月13日は放送中止となり、3月20日に、震災から最初の回が放送されました。)

漫才で何が語られたかは、後で軽く触れますが…だいたい6分ほどのものでした。


その後、「あのフリートークをもう一度」をやることを告知。

次は400回だな、是非達成したいね、と言う話し。

初期のリスナーが、若林のネガティブさに耐えられず、聴くのをやめたものの、その後若林がまるくなったのを知って戻ってきた、とか言う話し。

ナインティナインが19年放送しており、1000回を超える回数をこなしたことに驚く話しがありました。


2)若林トーク

先週の放送直後の夏休みに、1泊2日で石垣島に、ビックスモールンゴン(よしとめあきひろ)と一緒に行ってきた話しでした。

その旅行の最中、だんだんゴンちゃんのことを「しったかぶり」をするキャラだと感じるようになったそうです。

最後に若林が切れて、ゴンちゃんに

「その、知ったかぶりをして、それでいいと思っている性格を直さないと売れないぞ」

と説教したそうです。


3)春日トーク

若林と同じく旅行の話しでしたが、春日はタカアンドトシのタカの結婚式に合わせ、北海道に行ったそうです。

途中若林から、トークがつまらない、と指摘があり、ここから春日が奮起。

最後は、春日が結婚式で

福山雅治の「家族になろうよ」

を事前のタカからのリクエストにこたえて歌うと、会場では泣く人がいて、春日ももらい泣きしたオチを話しました。

なお、福山雅治の名前が2~3回出てきたのですが、特に「ディスり事件」をネタに持ち出してきませんでしたので、やっぱりあの事件はメディアの思い込みなんだな、と思いました。


4)宣伝

先週に続き、食事券プレゼントの宣伝。

今回はキーワードが発表されました。


5)あのトークをもう一度~その1

2009年2月に放送された、ANNRの時のオープニングトークの録音が披露されました。

ANNRはANNへの登竜門ですから、とにかく一生懸命に二人がしゃべってました。

しかもキャラが今と違って地上波テレビの方。

春日が上から喋りまくってました。

なんとなく漫才のようでした。


ところでこの時はM-1と単独ライブの間で、春日がフライデーされたころのものでした。

若林は、M-1バブルから来る仕事と、単独の準備で忙しくてたまらなかったそうですが、そのタイミングで春日が女性といたのが頭に来たそうです。

また、単独ライブの幕間とかまともに作る時間がなくて、ひどい出来だったそうです。

おかげで単独ライブのアンケートに

「なんなんですかこのライブは(怒)」

みたいなのがあったそうです。

「それを見返すための「まんざい楽しい2013」だったんだよ。

 おれはやり返したね」

と若林は叫んでいました。


6)あのトークをもう一度~その2

2009年11月ごろに放送された、「若林、虎のかぶりもの拒否」事件のトークの録音が披露されました。

このころの私は、「アメフトの小部屋」以外はあまり気合いを入れて聞いていませんでしたので、そう言うトークがあったのは知ってますが、内容を覚えていませんでした。

今回初めて聞いたようなもので、意外に若林がキレてないな、と感じました。

twitterでは拒否した結果、雑誌(今は出版されてない「お笑いポポロ」)に載った写真がまわってました。

また、オープニングトークの最中ですが、こんなツイートもありました。

「虎の被り物の話、ホントに面白かった(o^^o)。

 あれ、どうしても仕事や研修に行きたくない時に聞き直してるよんだ(^◇^;)。

 これだけ嫌がっても、若林さんだって頑張ってたんだ!って思ってww」

こうやって、このトークをありがたがっている人もいるんだな、と思うと、他人事ながら嬉しくなりました。


7)あのトークをもう一度~その3

2011年1月の

「春日の九州すべり旅」

が披露されました。

改めて聴いてみると

「ひどいね」(春日)

とのことでした。

この間のtwitterのTLがつまらなさを表していておもしろかったです。

「TLが遅くなってる」

「TLが寝てるぞ…w」

「確かに眠くなってきた・・・w」

「私、寝付きが悪い体質だからこのトーク毎晩聴こうかな。 」

などなど。


8)エンディング

2:51ごろからで、私を含めて、多くの人が

「え?もうエンディング」

と言う声が多かったです。

そしてエンディングトークの終わりも2:55になる前に終わりました。


でもその後が良かったです。

カラーボトルの「10年20年」をBGMに、これまでのトークの名場面が数多く流されてました。

ああ、こう言うのもあったな、なんて懐かしく思いながら、拝聴しました。

このぶっこみ、twitterではおおむね好評でした。


ところでカラーボトルの「10年20年」ですが、私はオードリーオールナイトニッポン以外で聴いたことはありません。

この歌は本当にいい歌だと思います。

オードリーオールナイトニッポンを聴いてて良かったな、と思えることのうちの一つです。


2.200回記念漫才

若林のあいさつの後

春日の

「どうも、200回記念の漫才を無理強いさせられている春日ですよ」

若林の

「そんならやめちゃってもいいんですけれども」

で始まりました。

こんなやりとりが2~3回ありました。

一つでも多く、リスナーからの応募を読もうとしたものでしょう。


漫才の中では

・ベッキーがゲストに来た

・河口正史さんがゲストに来た

・レイザーラモンRGに来た

・番組が映画になった

・コント回「戦慄の腰掛」をやった

・コント回「荒野(コント)の7人」をやった

・「シーサイドFM」「100のギネスを持つ男」は評判の良くないコーナーだった

・ツチヤタカユキは「まんたの」の時に戻って来たが、また大阪に帰った

と言うことがネタにされてました。

この漫才、守護神サカモトさんの年表とともに、ANN公式サイトにアップしてほしいです。

そうすると公式サイトの訪問者数もかなり伸びると思うんですが。


3.なつかしのジングル集

過去のジングルで、おもしろかったものが、毎回CM開けにかかりました。

こんなものです。

・らっぱち○こジングル

・卒業お礼まいりジングル

・くりまんさんの逆ドッキリ、元気が出るテレビジングル

・自分を乗り越えて行けジングル

・乳房を拝借ジングル


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~