2014年01月の記事 (1/2)

【ホークス】岩嵜翔の登場曲が『ふな ふな ふなっしー♪-ふなっしー公式テーマソング-』に



(「ふな ふな ふなっしー♪ ~ふなっしー公式テーマソング~」MVのショートバージョン )



福岡ソフトバンクホークスのイケメン投手、岩嵜翔投手は、登場曲に

ふなっしーの「ふな ふな ふなっしー♪-ふなっしー公式テーマソング-」

を使用するそうです。

岩嵜投手はふなっしーの地元、千葉県船橋市の出身ですからね。

このアンバランスな組み合わせの件については、下記リンク先のYAHOOコメントを見ても、積極的に嫌がるコメントはないようです。

YAHOOトピックス「船橋出身ソフトバンク岩崎、登場曲ふなっしー」へのリンク

私も、面白いことは好きですし、反対する理由もないので、大賛成です。

そしてこの件を知ったふなっしーは、twitterの公式アカウントでよろこんでいるようです。

「岩崎投手も船橋っこなっし!梨も応援しちゃうなっしー♪ヾ(。゜▽゜)ノ船橋出身ソフトバンク岩崎、登場曲ふなっしー(日刊スポーツ) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000006-nksports-base …」
https://twitter.com/funassyi/status/426901786268405760


そして岩嵜投手はこのふなっしーのツイートのことを教えられ、

「「え、本当ですか。ツイッターで?」とうれしそうに笑った。」

そうです。

日刊スポーツ「【ソフトB】岩崎が山ごもり成果を披露」へのリンク


最初の記事の本文に

「投げられたっても蹴られたってもまた立ち上がればいいなっしー!」の歌詞が、期待に応えられない現状にダブる。」

とあるのですが、たしかにその通りですねぇ…

そして、ブログに

「あの曲で出てきて、打たれたら、しゃれにならんだろう」

と書いて心配されている人もいます。

まあその可能性は否定できませんが、ようは打たれなければいいわけで、そのことも頭に置くことで岩嵜投手の力が引き出せれば、それでいいと思います。

だから、期待してるぞ、岩嵜!!


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【映画】 「ハンナ・アーレント」に喫煙シーンが多いのはなんでだろう?



映画「ハンナ・アーレント」の予告動画。

この動画にも、ハンナの喫煙シーンが多く出てきます。)



2ヶ月ほど前、「ハンナ・アーレント」と言う映画が、テレビで紹介されているのを見ました。

内容は、ナチスの戦犯とされたアイヒマンの裁判について、ユダヤ人であるハンナが傍聴やいろいろと資料を調べ、世間を驚かす内容の記事を発表するもののようです。

映画「ハンナ・アーレント」公式サイト
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/


その時の紹介動画が、とても不思議なものに感じられました。

それは、動画の中のハンナが、ほとんどタバコを持っていたからです。

トップに置いた動画でも、ハンナがタバコを持っているシーンがいくつか見られますが、その時の動画は、もっと喫煙シーンが多かった気がします。

なんでなんだろう…

私は喫煙者です。

それだからか、禁煙が進んでいく現代において、喫煙者がどう見られているかということに、ちょっとビクビクしながら生きています。

テレビや映画、さらにはコミックからも喫煙シーンが消えて行っています。

現代版シャーロック・ホームズ、ということを強調するための演出もあるのでしょうが、最近シリーズ化された「シャーロック(SHERLOCK)」では、もはやホームズはタバコを吸わず、ニコチンパッチを貼っています。

そう言う世の中なのです。

それなのに、この「ハンナ・アーレント」では、執拗に喫煙シーンが出てくるのです。

その意図はなんなんでしょう?

リアリティを追ったのかもしれませんが、喫煙シーンは、ハンナを描くためにそんなに必要だったのでしょうか。

私にはその意図がどうもわかりません。


ひとつ興味深い史実があります。

アドルフ・ヒトラーは嫌煙家で、ナチス政権は反タバコ運動を推進しました。

このことは、Wikipediaの下記リンク先に詳細に書いてあります。

Wikipedia「ナチス・ドイツの反タバコ運動」
(http://ow.ly/t59B9 )

その中にこう言う記述があります。

「アドルフ・ヒトラーのタバコ嫌いとナチスの多産政策が禁煙運動を支援する誘因となり、それは人種差別や反ユダヤ主義と関係していた。」

ユダヤ人であるハンナの喫煙シーンが多いのは、ナチスと対極にいることを鮮明にするための演出?

でも、なにもあえて世界的な嫌われものの「タバコ」を使うのは、不思議に思われます。


タバコの件はさておき、けっこう話題になっている映画のようです。

去年の10月に始まった放映は、3月ごろまで場所を変えて続くようですから。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「サイバーセキュリティの日」、今年は2月3日と言うことに意味を感じる

政府は、毎年2月の最初の平日を

「サイバーセキュリティの日」

とし、啓蒙活動を展開することを決めたそうです。

具体的には、情報通信の専門家などを招いたシンポジウムを東京都内で開いたり、「情報セキュリティセンター」のホームページで、サイバー攻撃への対策を紹介したりすることにしているそうです。

以前も書いた記憶があるのですが、コンピュータが水道、ガス、電気なみに身近になった反面、コンピュータに潜む危険性の脅威も、それらのインフラの危険性と同じように、日常生活に及ぶようになりました。

とにかく、コンピュータに関する危険性を知らずには、生きて行くのは難しい時代になりました。

ですから、こういう日を定めて、世間に広く啓蒙することは、とても良いことだと考えます。

NHK「政府「サイバーセキュリティの日」決定」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140123/k10014713711000.html



また、日米両政府は、サイバー空間を陸・海・空・宇宙と並ぶ「第5の戦場」と位置づけ、サイバー攻撃への対処能力を高めるため、米軍と自衛隊の専門要員育成に共同で取り組むことで合意したそうです。

きたる2月に初会合を開き、2015年度からの実施を目指すそうです。

次に大国同士が本格的に戦争を行うとしたら、敵国のコンピュータインフラへのサイバー攻撃が行われることは確実、と言っていいでしょう。

サイバー攻撃が引き起こす経済や情報伝達の混乱は、銃後(と言う概念が残っているか自信はないですが)の機能を麻痺させ、敵国民の生活に深刻なダメージを与え、前線への兵器や兵站の補強を困難にするでしょうから。

讀賣新聞「日米がサイバー防衛強化、共同で専門要員育成へ」
http://www.yomiuri.co.jp/net/news0/politics/20140126-OYT1T00909.htm?from=blist



ところで今年の2月3日は、アメリカで第48回スーパーボウルが行われる日でもあります。

(アメリカ時間では2月2日になります)

通常スーパーボウルは、温暖な地方や、ドーム球場の寒冷地などで行われるのですが、今回は例外的に、寒冷地のニューヨークの、屋外球場で行われます。

なんでそんな「例外的」なことが行われるかと言いますと、2001年9月11日の同時多発テロ、いわゆる「9.11」から、ニューヨーク、そしてアメリカ合衆国が立ち直ったことを、世界に示す目的もある、と思います。

「ニューヨークでスーパーボウルを」

ということは、「9.11」の頃から言われていた記憶がありますから。


アメリカにとってそう言う大事な日ですから、スーパーボウルの運営を阻むテロが、サイバー空間で行われる可能性は十分にあると思います。

来年以降は日本の「サイバーセキュリティの日」と、スーパーボウルの日とが重ならないことが多くなるでしょうが、今回たまたま重なったのは、何か不思議な因縁を感じます。

スーパーボウルのテロ対策については、爆弾とかの、目に見えるテロに対する備えのことは伝え聞きますが、サイバー空間に対する備えは聞きません。

少なくとも日本では。

仕方ないのです、日本ではスーパーボウルは別世界の出来事ですから。

でも、今回は偶然にも日本の「サイバーセキュリティの日」と、スーパーボウルの日とが重なるのですから、マスコミの方には、スーパーボウルにおけるサイバーテロへの備えを伝えていただければ、と願います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

グーグルグラス(Google Glass)がスーパーボウル中継に投入される意義

日本時間の2月3日に行われる、第48回スーパーボウルに、米CBS局が看板レポーターのジョン・クッコ(John Kucko)氏にグーグルグラス(Google Glass)を装着させて、そこから見えるゲームを中継するそうです。

グーグルグラス(Google Glass)は、メガネにコンピュータの機能をつけた「ウェアラブル端末」と言われるもののひとつです。

我々はクッコ氏の視線をグーグルグラス(Google Glass)で通して見たものに、観戦のために便利な情報を付加した動画を見ることができるのでしょう。

ただし第48回スーパボウルの独占中継権を持っているのはFOX局なので、テレビでそれを見ることはできないと思います。

おそらくCBS局が用意したサイトで見ることになるのでしょう。

その辺の情報は、私にはまだ把握できていません。



アメフトの頂点を決めるスーパーボウルは、毎回40%超えの視聴率が期待できる人気イベントです。

前回2013年2月に行われた第47回スーパーボウルは、全米の平均視聴率が46.4%で、視聴者数は1億841万人を記録し、米テレビ史上最も多くの人が見た番組となったそうです。

アメリカ以外でも200ほどの国や地域で放送されています。

これだけの人気番組ですので、広告料も高く設定されており、今年は放映時間30秒で約400万ドル(約4億1000万円)にまで上昇しているそうです。



グーグル社はおそらく20万円はしないグーグルグラスと、その他付随するハードやソフト、そして技術的なサポートだけで、世界中にグーグルグラスの宣伝ができることになるのでしょう。

かなり高いコストパフォーマンスを得ることができることになると思います。

あくまでも私の感覚ですが、ウェアラブル端末にはスマートフォンほどの必要性は感じませんし、世間一般でも決定的に必要なものとは認識されていないと思います。

ですが、ウェアラブル端末は、スマートフォンやタブレットに続くデバイスとして、コンピュータ業界は、その普及に懸命なようです。

今回、スーパーボウルグーグルグラスを投入することは、ウェアラブル端末全体とまではいかないまでも、グーグルグラスの魅力を伝えることになるかもしれません。

それを装備して、スーパーボウルを中継するクッコ氏の手腕も問われるでしょう。



そしてもう一人、グーグルグラスを装着する人物がいます。

今回出場するチームの選手、DTのテレンス・ナイトンです。

スーパーボウルまでの一週間のことを、アメリカでは「スパーボウル ウィーク(Super Bowl Week)」と呼びます。

ナイトンはスーパーボウル ウィークの間、グーグルグラスを装着し、それを通して見たものを、YouTubeやGoogle+にて公開するそうです。

楽しみです。



この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ヤフオクドームに「Hawk's Nest」を

20140125拡大ホークスネスト

(これが本家の「Hawk's Nest」)


アメフトの写真から始めましたが、福岡ソフトバンクホークスの話しです。

先週、NFLシアトル・シーホークスの試合を見ていたら、上の写真

「Hawk's Nest」

と言うシートの写真がよく映りました。

私はその時まで知らなかったのですが、シーホークスの本拠地、センチュリーリンク・フィールドの一角には、3,000席ほど、そう呼ばれるシートがあるそうです。

「At the base is bleacher seating for 3,000 called the "Hawks' Nest".」Wikipediaより )

フィールド全体がこんな感じで、

20140125シーホークスの本拠

この写真の真ん中上にあるタワーみたいなところのシートが「Hawks' Nest」だそうです。

こんな感じです。

20140125hawksnest.jpg


それを見て、

「これは我が福岡ソフトバンクホークスの本拠、ヤフオクドームにも使えないかな?」

とか考えました。


そう言えば、今シーズンからライトスタンドになんか手を加えるとか言っていたな、と思いだして調べたところ、ありました。

福岡ソフトバンクホークス公式「2014年ヤフオクドームでは、フレックスプライス導入!」
http://www.softbankhawks.co.jp/news/detail/10421.html


この中に

「今シーズンからは、よりホークスを熱く応援できる「ホークス応援席」をライトスタンドに設定いたしました。「ホークス応援席」は、相手チームへの応援や他球団グッズの持ち込みをご遠慮いただく、ホークスファンのための座席です。」

とありました。

いっそこの「ホークス応援席」を、「Hawk's Nest」と言う名前にしたらどうでしょう?

悪くないと思うんですが。

ちなみにシアトル・シーホークスは、今度の2月3日(日本時間)に行われるスーパーボウルに出場しますが、その応援ツイートには

「#GoHawks」

などと、まるで福岡ソフトバンクホークスの応援のようなハッシュタグが使われたりもします。

そして中心選手には、昨年NFLの現役選手ながらMLBのテキサス・レンジャーズにドラフト指名されたラッセル・ウィルソンがいます。

「seahawk」

とは、ミサゴやトウゾクカモメと言う鳥のことだそうです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年1月26日】「オードリーのオールナイトニッポン」~くじら結婚式スペシャル



(1967年に米グリーンベイで行われた、1967年NFLチャンピオンシップゲーム

 体感温度は-53℃の中で行われたため、「アイスボウル("The Ice Bowl")」と呼ばれ、NFLの歴史に残っています)


2014年1月26日の「オードリーオールナイトニッポン」について書きます。

今回は1時40分あたりから2時15分過ぎまで、若林のフリートークのゾーンで30分以上にわたって、くじらの結婚式と披露宴のことが語られました。

なお、来週2月2日の放送のとき、オードリーは翌2月3日の第48回スーパーボウルのゲスト出演のためにニューヨークにいるはずですから、次回は収録になると思われます。

そのことを職場のリトルトゥースに言ったら

「じゃあ、2月9日の放送は、スーパーボウルとニューヨークのフーターズのトークですね」

と言っていました。

そうなりますかね。


1.番組のながれ

1)オープニング

スーパーボウルが行われるニューヨークは、現在異常な寒波が続いており、

「大丈夫かな、帰ってこれるかな」

「-40℃とかになるかもとか言ってるけど、そんな中でアメフトやるの?」

とか、心配するようなトークが続きました。

若林は「ヒートテック持っていこう」と言っていましたが、twitterのリトルトゥースからは

「ヒートテックとかじゃ話しにならんだろう」

とのつっこみがいくつか。

でも、アンダーウェアとしては、そう言うものは必須だと思います。

(最近私、工事現場とかで使う服を売っている「ワークマン」とか、防寒アンダーウェアを買うならそう言うところのがいいんじゃないかとか考えるようになりました)

春日はそれでも移動中は「気持ちが悪い」と言う理由から、裸足で行くそうです。

もう雨にたたられることはなくなった感がある若林ですが、2回目のスーパーボウルでは、南部のテキサス州ダラスで、異例の大寒波に襲われましたし…

「雪男」になるのかなぁ…


その後春日の海外ロケに対する考えや、くじらがR-1の2回戦突破したとか、ビックスモールンがゴールドステージの上のケーダッシュステージに上がった話しなどがありました。

オープニングは1時35分ぐらいまででした。


2)若林トーク

前述の通り、くじらの結婚式と披露宴のことでした。

披露宴は若林が司会をやったそうです。

新郎新婦入場のとき

「タキシードが新郎、ウェディングドレスが新婦です」(若林)

「そんなこと見りゃわかるよ」

とくじら。

どう言うわけか新郎新婦の席に、つっこみ用のハンドマイクが用意されていて、それで言い返したそうです。

その後も

「それではしばし猥談でお楽しみください」(若林)

「それではしばし金の話でお楽しみください」(若林)

とか、ケーキ入刀の際

「ナイフをぶっさしてください」(若林)

とANN風の司会を続けたそうです。

リトルトゥースにはなじみの若林節ですが、地上波の若林しか知らない人には衝撃的だったろうなと想像します。

「ケーキ入刀と言えば、「戦慄の腰掛」で、ケーキがしゃべるのがあったな」

とツイートされているリトルトゥースのかたがいました。

それは動画化されていますので、貼っておきます。



その後芸人仲間の芸の披露。

「ビックスモールンの吉留明宏さん」は3回も指名され、そのほかTAIGA、マシンガンズ西堀(ただただ号泣だったそうです)、ダブルネームのジョーなどが披露したそうです。

一般の女性で

「歴史が好きなので、西郷隆盛のマネをします」

と言って、西郷隆盛と勝海舟のやりとりをやった方もいたそうです。

(私も歴史好きですが、歴史上の人物のモノマネとか考えたこともなかったので、ちょっと検討してみたいです)

最後にクジラのあいさつ。

たんたんと普通に、身内や周囲への感謝を述べたそうです。

そして若林がしめようとして、

「この披露宴、笑いあり涙なしでしたが…」

と言ったらすべったそうで、目の前の芸人さんたちのテーブルを見たら、全員号泣していたそうです。

それを見た若林も号泣。

それでも

「退場の際、新郎新婦があいさつをさせていただきます。

 なお、引き出物は新郎新婦の缶バッチです」

で笑いをとったそうです。


この披露宴の模様をまとめたサイトがありますので、リンク先を貼っておきます。

NAVERまとめ「くじらの結婚式~2次会に集う皆様」
http://matome.naver.jp/odai/2139030485822518301


私はオードリーを知るまで、芸人さんたちの世界なんて、売れるために色々とあって、どろどろしているんだろうな、と思っていたんですが、ANNを聴き始めて、けっこういい人ばかりなんだな、と考えを改めるようになりました。

それが出ていた、いい、披露宴だったと感じました。


3)春日トーク

先輩の塙の初ゴルフに一緒に行った話しでした。

(すみません、今回はあまりよく聴いていませんでした)


4)五戸(ごのへ)ナビ

ニッポン放送の五戸美樹アナが読み上げるこのコーナー。

今回はこんなものが読まれました。

「こんばんは、学歴詐称でおなじみ、五戸美樹です」

(お茶の水女子大学文教育学部言語文化学科卒だそうです)

「私が元彼と食事した、レストラン周辺です」

「ゴーゴーごのへ、ごのへみき」

「おう、わいや、五戸や。ほなぼちぼち出発しまっせ」

「こんばんは、次世代のセックスシンボルこと五戸美樹です」

若林は、カーナビっぽくないものが多いので、もっとカーナビっぽいものを募集します、と言っていました。


5)はがきのコーナー

こんなお誘いが読まれました。

「春日から『結婚同窓会シーサイドラブ】共演者へのおさそい」

(春日語でした)

「若林から『芸人交換日記】共演者へのおさそい」

(鈴木おさむは当然ですが、キングコング西野など、因縁の人も来る予定となっていました)

「若林から加藤ローサへ『これってアリですか?』同窓会へのおさそい」

「春日から西川史子への『西川会』へのおさそい」

(西川史子を「東京西川」、他の何人かの西川さんを「大阪西川」「京都西川」「高知西川」と、布団屋風に呼んでました)

なおこのコーナーへの投稿、かみこうさんの影響か、めちゃくちゃな演出のはがきが多いそうです。

誤字ばっかとか、斜めに書いたのとか…


6)「謎の都市町田市」

CMを置かずにこのコーナーへ。

こんな投稿が読まれました。

「ミスチルの、「Tomorrow never knows」の「果てしない闇のむこう」とは、町田市のことを指している」

「羽子板で遊ぶと、焼印で○×をおされる」

「どんなに清楚な子でも、愛犬の刺青を入れている」

ミスターチルドレンの、「Tomorrow never knows」と言えば、私は昨年末に放送された

「のどじまん、ザ・ワールド」

でブラジル代表のアレックス・ゲハ ペイシさんが歌っていました。

こちらです。


Tomorrow never knows アレックス・ゲハ ペイシ 投稿者 nodojiman

アレックスさんは2回連続1回戦敗退ですが、もっと高い評価を受けて良い実力を持っていると思うんですが…


7)しんやめ


8)エンディング

「ダイナマイト関西」の話しでした。

ブッコミは、ウルフルズの『バンザイ ~好きでよかった~』をBGMに、くじらの披露宴のトークでした。

結構感動的なぶっこみでした。


2.アイスボウル

トップに置いた動画は「アイスボウル」と呼ばれている、1967年のNFLチャンピオンシップゲーム(チャンピオン決定戦)です。

オードリーが、寒い中スーパーボウルを見るというので、ふと思い出しました。

Wikipediaにも「1967年NFLチャンピオンシップゲーム」として記載がありますが、詳細はグリーンベイ・パッカーズの日本の権威「Packer Zone」に詳しい記載があります。

Packer Zone「"The Ice Bowl"」
http://www.packers.jp/history/history_10.htm

これによりますと、この試合が行われたのは

「気温は華氏-13度(-25℃)、そのうえ強い北風が吹きつけ、体感温度は華氏-41度。もちろん今に至るまでNFL史上最低の気温です。」

と言う環境下のことだそうです。

華氏-41度は、摂氏にすると-52℃と言うことでしょう。

「地元の人々でさえ初めてというほどの寒さ」

だったそうです。

なお、この試合に勝ったグリーンベイ・パッカーズは、2度目のNFL3連覇を達成しました。

スーパーボウルがまだ、NFL王座決定戦ではなかった頃の話です。


なお、今度の第48回スーパーボウルは、ニューヨークで開催されますが、非常事態宣言が出されるほどの大寒波が訪れているそうです。

そのため、延期のうわさも流れましたが、多分それはないと思います。

スーパーボウルは、日程を動かすのが困難なほど、大規模なイベントなのです。

寒冷地での、ドーム球場ではない球場でスーパーボウルが行われるのは、48回目で初めてのことです。

なぜわざわざニューヨークでやるのか?

それは2001年の9.11事件(同時多発テロ)から、ニューヨークが立ち直ったことを世界中に示すためだとも言われています。

当時から、いずれニューヨークでスーパーボウルをやるべきだ、と言う声はあがっていました。


ちなみに、今日が誕生日の我が女房は、イリノイ州のピオリアと言うところで、気温-30℃ほどを体験したことがあるそうです。


3.「ミスです」ジングル

先週電話出演したビックスモールンゴンちゃんの

「ミスです」

を、MCハマー(エムシー・ハマー)の「U Can't Touch This」に載せたジングルが流されました。

下の動画の「Can't Touch This」のところを「ミスです」に置き換えたものです。



twitterではかなり好評でした。


4.これはバカッターではないはず

浅井企画の芸人さんの「まぁこ」と言う方が、くじらの披露宴二次会でのあいさつの写真をツイートされています。

「くじらさんの結婚式二次会、最後〜土下座して奥さんに『俺、こうゆう仕事してんだよ!』で終了…。かっこよく見えた 」

20140126くじらの結婚式での土下座
https://twitter.com/maako109109109/status/425630737803386880

この写真はほかにも何人かがツイートされています。

「散々いじられて仕舞いには土下座までさせられたくじらさんですが、起き上がって「オレこういう仕事してるんだよ」と奥様に放った一言が最高にかっこよかったです!!くじらさん奥様本当におめでとうございます。 」
https://twitter.com/asuka_kita/status/425633176665350144

「今日はくじらさんの結婚パーティー。なぜか最後に土下座をするくじらさん。この土下座の後、奥さんに言った、俺こういう仕事してんだよ。この一言はかっこよかった…。 」
https://twitter.com/dekobokodan/status/425622750951006209/photo/1


昨年は店員に土下座をさせ、その写真をtwitterに投稿するなどの「バカッター」事件が多発しました。

それとは対極に、「土下座とは」「ツイートとは」本当はこんな意義のものだと言うものを教えてくれる、良いものだと思いました。

書いていて目頭が熱くなりましたので、今回はこの辺で。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年1月25日「オードリーのNFL倶楽部」について



(先週放送終了後に撮影されたと思われる「オードリーNFL倶楽部」の宣伝動画)


2014年1月25日の「オードリーNFL倶楽部」の感想を書きます。

今週も「TOUCHDOWN」誌発行人の松本直人さんを迎えての放送でした。

後藤アナはシアトル・シーホークスのジャージ。

若林はサンフランシスコ・49ナーズのジャージ。

春日は「いつの間にか着せられていた」と言うデンバー・ブロンコスのジャージでした。


1.AFCチャンピオンシップ

デンバー・ブロンコスが、26-16でニューイングランド・ペイトリオッツに勝ちました。

ハイライト動画集はこちらです。

NFL JAPAN「【CC】ペイトリオッツ対ブロンコス」
http://www.nfljapan.com/score/streaming/56166.html


私の試合の感想ですが、「大人の試合」だったと思います。

歴史に残る2人のベテランQB、ペイトン・マニング(デンバー・ブロンコス)とトム・ブレイディ(ニューイングランド・ペイトリオッツ)との対戦でしたが、ターンオーバーなどがなく、他もミスが少ない素晴らしい試合だったと思います。

お互いが自チームの戦力を十分に引き出した結果、地力に勝るブロンコスがやや余裕で順当に勝った、と言う感じでした。

春日もほめていましたが、マニングの時間の使い方が素晴らしかったと思います。

そんな春日は、ワイプでおおはしゃぎすることもなく、真剣な目で静かに試合を見ていました。


2.NFCチャンピオンシップ

シアトル・シーホークスが、23-17でサンフランシスコ・49ナーズに勝ちました。

ハイライト動画集はこちらです。

NFL JAPAN「【CC】49ers対シーホークス」
http://www.nfljapan.com/score/streaming/56167.html

こちらは最初のシーホークスのドライブからターンオーバーが出るという、ワイルドな試合でした。

結局ターンオーバーは4回でした。

ミスは多かったのですが、

「ディフェンスが強い試合はしまって見える」(松本氏)

と言う通りの試合でした。

ダイジェストでは

「後半、シーホークスの12番が威力を発揮」

というナレーションがありました。

「シーホークスの12番」

とはファンのことで、1976にチームが創立されるとほぼ同時に永久欠番に指定されていたと思います。

実際シアトルのファンの応援は驚異的なので、良いナレーションだと思いました。

ところで、第4Qのシーホークスの逆転のTDは4thダウン7ヤードと言うギャンブルからのものでした。

最初はFGを狙うフォーメーションをとっていたのですが、キッカーのスティーブン・ハシューカが

「決める自信がない」

とタイムアウトをとってHCピート・キャロルに申し出てギャンブルに切り替えた結果のものだそうです。

松本氏はこのことを「素晴らしい関係」と言っていましたが、私もすごいな、と思います。


3.応援するチームが決められない若林

と言う訳で、スーパーボウルは、

シアトル・シーホークス対デンバー・ブロンコス

と言うカードになりました。

後藤アナは先週からシーホークスを応援。

春日は今週からブロンコスの応援にまわっています。

「ウィルソンに、「応援しないでくれ」、と言われたからね。

 シーホークスをぶっつぶしたい」

と春日は言っておりました。

で、若林はと言いますと…

「どっちを応援するか決められない。

 アメフト全体が好き。

 俺は。」

と申しておりました。

多分スーパーボウルの中継では、シーホークスを応援する立場になると思います。

でも私もこのカードは、どちらを応援するか決められないです。

決めたとしても、試合が始まったら覆るかもしれませんし。


4.バッファロー・ビルズの偉業

過去のスーパーボウルの特集として、1991年の第25回スーパーボウルから4年連続出場し、そして4年連続敗退した、バッファロー・ビルズの特集がありました。

第25回は、最後にスコット・ノーウッドが難しいFGを外して1点差で敗れました。

1点差で勝負が決まったスーパーボウルは、後にも先にもこの試合だけだと思います。

松本氏は

「4連敗の試合の後、ある記者が、勝ったダラス・カウボーイズのHCのジミー・ジョンソンに

 「負けたビルズに同情するか?」

 と質問したところ、ジョンソンが記者の胸倉をつかまんばかりの剣幕で

 「4年連続でスーパーボウルに出てくることが、どんなにすごいことかわかってないのか」

 と怒鳴り、その場が騒然としたのを目の前で見てました。

 そのことを思い出すと、目頭が熱くなりました」

と語っていました。

まったく同意で、4年も続けて出てくるのは大変な偉業に間違いないです。

私はNFLを見始めて3年目から、この偉業を見続けて来たのですが、この時のビルズをみれたことは、同時代人として、大変幸せだと思います。

本当に素晴らしいタレントが集まった、ものすごいチームでした。


5.パンダの防寒具

再来週行われるスーパーボウルが行われるニューヨーク(正確にはニュージャージー)は、非常事態宣言が出されるほどの厳寒だそうです。

現地の気象予報士も、その日は雪がふる確率が高い、と言っていました。

「今回のスーパーボウルは家で見るのが一番。

 寒くないし、トイレに並ぶこともないし。

 だから、私にチケットを譲ってくれ」

とその気象予報士はオードリーに向けて言っていました。


ところで現地レポーターの小池絵未さんは、オードリーのために防寒具を選んでいたのですが、若林にはパンダのかぶりものを用意したそうです。

こちらです。

20140125パンダの防寒具
  

オードリーのファンの方なら、だいたい私が何を書こうとしているかおわかりいただけると思うのですが…

オードリーがブレイクした直後、若林は雑誌の撮影で、トラのかぶり物を拒否したことがあります。

そのことはちょっとした黒歴史として、ときどき語られます。

でも、今ならきっとかぶってくれるでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【IoT】 「モノのインターネット」でおとぎ話が現実に?

モノのインターネット」(Internet of Things:IoT

という言葉が本格的に現実化しつつあります。

家電などにインターネットにつながる装置を装備させて、暮らしの利便性を上げようとするものです。

しかし一方でこの動きは、家電にマルウェアを送り込んで混乱をまねくと言う危険性も生む、と言う危惧もされていました。

そして先日こんな記事が

ITmedia「冷蔵庫が迷惑メールを発信? 「モノのインターネットIoT」のセキュリティ不安が現実に」
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1401/22/news043.html


記事によると、インターネットにつながる装置を装備した冷蔵庫から、迷惑メールが送信されていると言うのです。

冷蔵庫がのっとられて、「thingbots」(モノのボット)となって、他の装置を攻撃したということです。

PCやタブレットやスマートフォンでは、こういうことはありがちです。

マルウェアによってのっとられたそう言う装置(デバイス)が、「ゾンビPC」として操られ、迷惑メールの送信や、DDos攻撃を仕掛けるというものです。

怖い世の中になったものですが、「モノのインターネット」は、生活を便利にしてくれる可能性があると考えられますので、その動きは進んでいくと思います。

ですから、消費者はその危険性を考慮して、購入・使用することが求められるようになるでしょう。

モノのインターネット」のためのワクチンソフトや補償をパックにした商売や、保険もできるかもしれません。


それはさておき、先日、こんな記事を見ました。

Techcrunch「モノのインターネットを構築する「Mother」。歯ブラシなど日常のモノが情報を自らやり取り」
http://jp.techcrunch.com/2014/01/09/20140108mother-sense/


「モノ同士が連絡を取り合って、「歯ブラシから、まだ歯磨きしていないとの連絡が入りました」とか、「薬瓶はずっと蓋が閉じられたままだと言っています」などと通知してくれるようになったらどうだろう。」

と言う冒頭の文章から、洗面所についたら、歯ブラシが

「今日はまだ歯を磨いていませんね」

とかしゃべるようになるかもね、と思いました。


そして、これから連想したことを、職場の若い社員K君に話してみました。

「「モノのインターネット」ってあるじゃん」(私)

「ありますね」(K君)

「それが進めば、歯ブラシとかいろんなものがしゃべって、いろんなことを教えてくれる、とか言う記事を読んだんだ」(私)

「へぇ~」(K君)

「でさぁ、昔話とかで、夜中になってみんなが寝たころ、物と物とがしゃべりだす、とか言うのあるじゃん」(私)

「ああ、「トイ・ストーリー」みたいなもんですね」(K君)

「それ、「モノのインターネット」で実現できないかな」(私)

しばし沈黙

「で、最終的には何を目指すんですか?」(K君)

「う~ん…そこなんだよねぇ」(私)


パターン化された会話であれば、「モノのインターネット」の技術がなくてもできると思うんですが、その場その場に応じた会話ができるようになるのは難しいでしょう。

それにそうなったら、モノが意思を持つということで、それはそれで人間にとって怖いことになるかもしれません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】相武紗季さん、NFLを語る




(相武紗季さんが初めて見たスーパーボウルの、フェイス・ヒルによるオープニング動画

男の私が見てもカッコいいと感じますから、女性にとっても魅力的だと思います)



相武紗季さんがアメリカンフットボールについて語った記事が、NFL JAPANのサイトに載りました。

NFLJAPAN「【特別インタビュー】相武紗季的NFLの楽しみ方」
http://www.nfljapan.com/superbowl2014/interview.html


相武紗季さんがアメフト、NFLファンであることは今年の2/12に

「今日の夜は録画したスーパーボール観よっと!!超ワクワク!! 私の大好きなEli Manningはいないけど、それでも楽しみ~去年のスーパーボールでハマってからなんとなくアメフトに興味をもつ今日この頃。いつか生で観戦したい。。」

とツイートされてから、アメフトファンの間で有名になりました。

お父さんが選手だったからだそうです。

興味がおありでしたら、下記リンク先に私がそのことを書いたものがありますので、ご覧ください。

MAJIK MIRROR【2012年度Week23】「オードリーのNFL倶楽部」と相武紗季さんのツイートについて
http://packmania.blog61.fc2.com/blog-entry-2418.html



インタビュー記事の中の動画や、文章を見て感じたことは、単にお父さんがアメフトをやっていたから見るようになった、というわけではなく、自分で見てみようと思って身始めたことに、まず驚きました。

職場で話題になっていて、録画もしているから、とりあえず見てみた。

そうしたら、ハマった。

何度も、何度もヘビロテするほど。

というのが、相武紗季さんがアメリカンフットボールにハマった過程のようです。

つまり、ルールなんてほとんど知らずに見ても、とてもおもしろいと感じたということでしょう。

「今でも細かいルールで分からない部分もあるし、選手全員の名前が言えるとかそういうレベルにはないのですが、テレビで試合中継をやってると必ず観ちゃいますね。それで観ているうちに贔屓のチームや選手ができたり、という感じなんです。」

と語られているぐらいですから。

私もそんな感じでハマったクチでして、ルールを知らないから見てもしょうがない、とは全然考えもしませんでした。

見れば何とかなるだろう、と思ってましたし、実際そうなりました。

ちなみに私はアメフトを見始めて25年以上になりますが、いまだにルールは正確にはわかっていません。

選手の名前も、そんなに知っている自信はないです。

でも、十分に楽しめますし、アメフトを見ることのおもしろさを伝えるぐらいのルールは知っていますので、それでいいと思っています。

相武紗季さんのインタビューで、2点、興味深い箇所がありました。

まず、アメフトのルールを知りたいならスーパーボウルを見るのが得策だということ。

「アメフトはルールが複雑で初心者にとって敷居が高いというイメージがあると思いますが、私の場合は最初に観たのがスーパーボウルだったのも大きかったと思います。スーパーボウルの中継って、ルールについて本当に細かく説明してくれるじゃないですか?だからアメフト初心者にとっても入門編の第一歩として、すごくいいんじゃないかと思います。」

と語られています。

たしかにスーパーボウルの時はそうかもしれません。

そうか、そういう考え方もあるのか、と目からウロコが落ちた気分になりました。


そして、アメフトを見る時は、タイトエンド(TE)を見るようにしているということ。

「あと、父のポジションがタイトエンドだったので、タイトエンドの人の動きをずっと見ていろと言われたこともあります。実際にずっとタイトエンドの選手を見ていると面白い動きをしていたり、実は試合を作る動きをしていたりと、色々な発見がありました。そういうのも楽しくて、どんどんハマるきっかけになったんだと思います。」

解説の後藤完夫さんも、タイトエンドをプレイしたかった、というほどおもしろいポジションだと思います。

ラインとレシーバーの両方の仕事がありますから。


さて、NFLはカンファレンスチャンピオンシップも終わり、再来週にスーパボウルを迎えます。

このインタビューはチャンピオンシップの前に行われたようです。

それにしても相武紗季さん、

「もちろんNFL.comのゲームパスにも入ってますよ」

と言うのには驚きました。

「ゲームパス(GAMEPASS)」は、ネットで試合などを見る権利なのですが、私は購入していません。

これは、私以上のマニアですわ…


(注)インタビュアーさんが「ヘルメットキャッチ」について触れていますが、これは相武紗季さんが初めて見た時のものではなく、その4年前の同じカードでのスーパボウルで起きたプレイです。

こちらです。



インタビュアーさんはちょっと勘違いされたようです。

でも私は、このインタビューによって、相武紗季さんがどれくらいアメフトを好きなのかを知ることができましたので、インタビューさんとNFL JAPANさんに本当に感謝します。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【必見】朝礼のスピーチや、雑談のネタに困る前に、見ておくべき6つのサイト

みなさんは、朝礼のスピーチや、微妙な関係の人との雑談のネタに困ったことはないですか?

私の場合、そういうシチュエーションの他に、毎日ブログを更新するために、ネタに困ることがたまにあります。

そんな時のために、見ておけば使えそうなネタを見つけやすいサイトを、6つ紹介します。

もちろんYahooのようなサイトを見ておくのも手です。

ですが、Yahooのようなモンスターサイトは、多くの人が目にしていますから、他の人とかぶったり、ネタ元がばれて気まずい思いをすることもあるでしょう。

ですから、ユニーク、または一歩踏み込んだサイトを紹介します。

全部見ておく必要はないと思います。

ひとつ、ふたつでも、十分役に立つと思います。


1.J-CASTニュース(こちら

取り扱うニュースは、全分野だと感じます。

特徴は、あるニュースに対して、ネットでどういう反応があり、その反応でニュースの当事者がどう動いたか、と言う記事が多いことです。

ネットユーザーの気持ちがわかっておもしろいです。


2.ロケットニュース24(こちら

他にはない、びっくりするニュースや動画が多いです。


3.ナタリー(こちら

芸能関係のニュースで、記載がていねいです。

私はお笑い関係のことを調べる時は、他のメディアより「お笑いナタリー」こちらを頼りにしています。


4.lifehacker(ライフハッカー:こちら

快適な生活をおくるためのおススメ記事、が中心です。

ITにも強いように感じます。


5.GIZMODO(ギズモード:こちら

ロケットニュースを柔らかくしたような驚き記事が多いように感じます。


6.Gigazine(ギガジン:こちら

lifehacker(ライフハッカー)を柔らかくしたような、お役立ち記事が目立つように感じます。


その他、総合まとめニュースサイトとして

・はてなブックマーク

・Gunosy(グノシー)

・SmartNews(スマートニュース:スマートフォンのみ)

もおススメです。


これらのサイトは、話題に困らなくても、暇つぶしには十分に使えるサイトですし、同じニュースがあれば、並べて読んでみた感想などが、ネタになると思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】第48回スーパーボウルのカード決定

日本時間の昨日の朝、AFCとNFCのカンファレンスチャンピオンシップが行われ、第48回スーパーボウルの対戦カードが決まりました。

試合はじっくりと観れていませんので、とりあえず対戦カードと、関連する話題を簡単に書いておきます。


1.第48回スーパーボウルは、日本でもなじみのあるカード

日本時間の2月3日に行われる第48回スーパーボウルのカードですか、AFC代表のデンバー・ブロンコスと、NFC代表のシアトル・シーホークスとの対戦となりました。

ブロンコスは1998年以来6度目の出場。

これまでの成績は、2勝4敗。

シーホークスは2004年以来2度目の出場。

まだスーパーボウルに勝ったことはありません。

この両チームは、両カンファレンスの、それぞれシード順位がトップのチームです。

ですので、順当といえば順当な対戦カードなのですが、なかなかスーパーボウルはそういう風にはなりません。

シード順位がトップのチームが対戦するのは、2009年シーズンのニューオリンズ・セインツ対インディアナポリス・コルツ以来で、それより前は1993年シーズンのバッファロー・ビルズ対ダラス・カウボーイズまでさかのぼるそうです。

それほどアメリカンフットボールは、番狂わせが起きるスポーツなのです。


また、ブロンコスとシーホークスは、かつて同じディビジョンに所属していました。

またNFLが6ディビジョンしかなかった頃、この両チームは、AFC西地区に所属していました。

NFLが8ディビジョン制度に移行する時、シーホークスは、NFC西地区に移りました。

(ちなみに、1976年にシーホークスが創設された時は、NFC西地区に配置されましたが、翌年AFC西地区に意識させられました)

同じディビジョンにいた縁もあって、この両チームは、1990年に日本の東京ドームで行われた

第2回アメリカンボウル

のために来日して戦っています。

(もちろん見に行きましたよ)

当時の両チームのQBは、ブロンコスがジョン・エルウェイで、シーホークスがデイブ・グリーグでした。

ブロンコスは前年にスーパーボウルでジョー・モンタナ率いるサンフランシスコ・49ナーズにコテンパンにやられて、まだ一度もスーパーボウルに勝てなかった頃。

シーホークスはスーパーボウルにでたことすらありませんでした。


2.見事、1年前にスーパーボウルの出場チームを当てたのは、あの人

昨シーズンまで「オードリーのNFL倶楽部」の現地レポーターを務められていた、生馬アイザックさんが、1年前のスーパーボウルが終わった直後に、見事に今回のカードを予想されています。

第47回SBを振り返って...そして早速第48回SBの予想! - NFL倶楽部ブログ
http://nfljapanblog.com/blog/nflclub/2013/02/47sb48sb.html#alpha-inner

この記事の最後にこうあります。

「さあ、それでは私の第48回スーパーボウルの予想です。ずばり行きますよ!

 対戦はブロンコス対シーホークス!そしてシーホークスがフランチャイズ史上初の優勝を決めるでしょう!MVPはQBラッセル・ウィルソンです!」

さすがとしか言いようがありません。

やっぱり現地で取材を続けてられると、違うなぁ、と驚きます。


3.日本人チア、西村樹里さんもスーパーボウルに出場

デンバー・ブロンコスには、日本人チアの

西村樹里さん

と言うかたがいます。

未来シアター「西村樹里」
http://www.ntv.co.jp/mirai-theater/20130607.html

私が記憶している限りでは、日本人のチアリーダーで、スーパーボウルリング(スーパーボウルに勝ったチームが作ることができる指輪)を持っている人はいないと思います。

これまでNFLでは、多くの日本人チアが活躍して来ました。

しかしスーパーボウルに出場したチームに日本人チアがいたのは、ほとんどないんじゃないかと記憶します。


これまで何らかの形でスーパーボウルに出場し、スーパーボウルリングを獲得したのは、ピッツバーグ・スティーラーズのトレーナーだった、磯有理子さんぐらいじゃないかな、と記憶します。

(現在はオレゴン州立大のヘッド・フットボール・アスレチック・トレーナーをされています)

西村樹里さんは日本人で2人目のスーパーボウル獲得者となるか、注目されるところですし、特に応援するチームがないなら、それを願ってブロンコスを応援する、と言う楽しみ方もできます。


4.「オマハ」はどうなった

先週のディビジョナルプレイオフ以来、ブロンコスのQBペイトン・マニングが出すプレイコール

「オマハ(Omaha)」

が、いったい何を意味するんだ?と話題になっています。

まだペイトンはその意味を明らかにしていないようですが、おかげて、オマハと言う街、そしてオマハステーキと言うチェーン店は、かなりの宣伝効果を得ました。

マニングが試合で「オマハ」と叫ぶことがオマハ・ステーキにどのくらい価値があるのか、ある会社は1回当たり1500万円で、ある会社は5000万円と見積もっているそうです。

それだけ、アメリカでは、NFL中継は人気があるということです。

そこで、オマハの街の幾つかの会社は、今回のチャンピオンシップで、マニングが「オマハ」と一回コールする度に、8万円をマニングの運営するチャリティ団体を寄付することに決めました。

日本のプロ野球でも、ヒット一本打つ度にいくら寄付する、と言うようなものがありますが、それと似たようなものです。

ただし、普通は寄付するのは選手ですが、今回は企業が、選手の運営する団体に寄付します。

このあたりの事情は、下記記事にあります。

アメフトNewsJapan「オーディブルの言葉もスポンサー契約する時代到来?」
http://www.afnjapan.com/nfl/39490/

アメフトNewsJapan「「オマハ!」1回当たり500ドル寄付、オマハの5企業」
http://www.afnjapan.com/nfl/39536/

そして昨日のチャンピオンシップ、ペイトン・マニングは何回「オマハ」をコールしたかと言いますと

31回

そして248万円のチャリティ資金を得たそうです。

(最終的には1回8万円の計算となったようです)

FOX SPORTS「Peyton Manning raises $24,800 for charity by yelling 'Omaha' 31 times in AFC title game」
http://msn.foxsports.com/buzzer/story/peyton-manning-raises-24-800-for-charity-by-saying-omaha-31-times-in-afc-championship-game-011914


ちなみに、マニングがどう「オマハ」と叫んでいるかといいますと、下記の動画の頭のほうみたいにです。

NFL JAPAN「【CC】ブロンコスTEグリーン 6ヤードラン」
http://www.nfljapan.com/streaming/20140120-4217.html


5.で、どっちが勝ちそうなのか

この記事を書いている時点(1月20日20時)のオッズは、ブロンコスが1.5ポイントリードとなっています。

しかしまだまだ2週間ありますから何が起きるかわかりませんし、1.5ポイントのリードなんて、リードのうちに入らない数字だと言えます。

個人的には、タレントも経験も豊富なブロンコスが有利なんじゃないか、と思っております。

どっちを応援するかは、自分でも、始まってみないとわかりません。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

自動走行システムは自動車保険料を引き下げてくれるのか?

昨年あたりから、本格的に自動車の自動走行システムの開発が進んだ感があります。

自動走行システムの一部である、ブレーキサポートシステムを搭載した自動車は、
既に多くのメーカーが販売を開始しています。

そこで疑問に思ったのが、自動走行システム自動車保険料金に影響があるかどうかです。

他の例でいいますと、例えば盗難防止装置であるイモビライザーを搭載した車については、保険料金が安く設定されます。

(少なくとも私の契約している損保会社では)

という事は、おそらく事故を引き起こす確率を低くしてくれる自動走行システムについても、自動車保険料金が安く設定されていいのかな、と考えるわけです。



そんなわけで、先日、ちょっとネットで調べてみました。

昨年ある損保会社が、オートブレーキシステムについて、自動車保険料を優遇しようとしたそうですが、結局お役所に配慮して、その話はなかったことになったようです。

私が調べられたのは、この程度です。

それにしても、新しい技術に商売や法律がついてこれていないように感じます。



このオートブレーキシステムについてもそうですが、4月から日本でも発売されるGoogle glassについても、まだ法整備ができていないじゃないか、と不安に思います。

Google glassには、盗撮の危険性がありますし、さらに装着しての歩行や自動車運転には、非常に危険を感じます。



私は新しい技術は迅速に取り入れられるべきだと考えます。

ですから、政府や業界団体は、常に次に何が登場するかを見守っていくべきだと思います。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年1月19日】「オードリーのオールナイトニッポン」にかえて

今週、2014年1月19日の「オードリーオールナイトニッポン」は、わたくし事により、リアルタイムで十分に聞くこと、そして記事を書くことができません。

来週の放送のときにでも、触れられればいいな、と思っています。

とりあえず今回は、オードリーに関することを、ちょっとだけ書きます。


1.若林は黒林になるのか

こんな記事がありました。

Techinsight「【エンタがビタミン♪】オードリー・若林「天下を取る」カギは、いつ“穏やかで良い人”イメージを捨てるか。」
http://news.livedoor.com/article/detail/8418143/


「まずはラジオで“穏やかで良い人”イメージからの脱却を図っている」

と言う若林ですが…そこまで計算があるかどうか…

とりあえず、地でやっているかな、と思います。

(ただし、やばい話題にはふれない、と言うことには気を使っていると思いますし、見事だと思います。

 それでも福山との件が取りざたされるのですから、怖い時代だと思います)


若林の考えとは別に、地上波でもそういう顔が見れると楽しいな、とは思います。

(それに最も近いといわれているのが「オードリーのNFL倶楽部」なのですが)

でも、若林の地が聴ける、と言うのが「オールナイトニッポン」の売りでもあると思いますので、そのバランスをどうしますか…


2.春日は「海外ロケ芸人」と「格闘芸人」となるか

これは先日話していた、春日が地下格闘技集団に潜入した番組の記事です。

お笑いナタリー「設楽&矢作「こんなテレビ見たことない」小峠と春日が号泣」
http://natalie.mu/owarai/news/107161


私は見逃してしまったのですが…

この番組もそうだと思いますが、

「こう言うのは若林ではなく、春日の仕事だよなぁ」

と思うことがあります。

その辺は、4年前の今頃、春日が骨折した時に

「本来春日がやるべき仕事が、自分にふられてくる」

と若林も言っていました。

本人はどう考えているかわかりませんが、春日には春日にしかできない仕事が、だいたい適切に振られていると思います。

「海外ロケ芸人」「格闘芸人」…

今年は他にも幅が広げられたらいいな、と思います。


3.「2014年のオードリーに期待すること」はどうなった?

たしか先々週の放送で

「2014年のオードリーに期待すること」

を募集する、と言っていたと思います。

あれはどうなったんでしょう?

先週はそれにふれる時間がなかったようですが、先週の公式サイトには、募集の記述がないようですし…


4.オードリーへの年賀状

20140112ANN年賀状

これが私が番組に出した年賀状です。

NFLのデンバー・ブロンコスのマスコットの写真です。

「ブロンコ」と言うのは「暴れ馬」の意味だったと記憶しますので、これを使いました。

(明日、スーパーボウルに出られるかどうかが決まる試合があります)

なお、来年の干支は未(ひつじ)ですが、NFLには

セントルイス・ラムズ

と言う未をニックネームにするチームがあります。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年1月18日「オードリーのNFL倶楽部」にかえて

今週、2014年1月18日の「オードリーNFL倶楽部」は、わたくし事により、リアルタイムで見ることができません。

来週の放送までに見て、感想が書ける時間があれば書きますが、とりあえず今回はNFLの動きについて書きます。


1.カンファレンスチャンピオンシップの組み合わせが決定

今週頭のディビジョナルプレイオフ(プレイオフ2回戦)の結果を受け、日本時間の来週月曜朝に行われる、カンファレンスチャンピオンシップの組み合わせが決まりました。

これに勝ったチームがスーパーボウル進出となります。

組み合わせは以下の通りです。

(後に書いたチームの本拠地で行われます)

1月20日 朝5時 AFC

ニューイングランド・ペイトリオッツ 対 デンバー・ブロンコス

1月20日 朝8時30分 NFC

サンフランシスコ・49ナーズ 対 シアトル・シーホークス


この組み合わせが決まった直後のオッズは、下の絵の通りです。

20140113オッズチャンピオンシップ

AFCのほうはブロンコスが5ポイントリードで、NFCはシーホークスが3.5ポイントリードとなっています。

いずれのカンファレンスも、第1シードが順当勝ちするだろうと見られていますが、点数にそれほど開きがないので、面白い試合になるとみられています。

なお、ディビジョナルプレイオフのときは、4戦のうち3戦のオッズに7点以上の大差がついていて、結局その通りになりました。

(なおこれはiosアプリ「Yahoo! Sportacular」の画面です)


2.「Firstdown」のスーパーボウルの予想

「アメフトのすべてNAVI『Firstdown』」の「No.21 2014 年 1 月 15 日」
http://firstdown.jp/FirstdownNo.21.pdf

では、スーパーボウルのカードと勝敗は

ニューイングランド・ペイトリオッツ対シアトル・シーホークス

でシーホークスが勝つと予想しています。

現時点では、その可能性は高いと思います。

これは8月に予想されていたものです。

32チームからこの組み合わせを予想したのはすごいと思います。


3.MC陣の予想チームは?

先週の放送終了時点で

若林…サンフランシスコ・49ナーズ

春日…サンディエゴ・チャージャーズ(押しつけられたようなもの)

後藤アナ…シアトル・シーホークス

の応援、となっていたと思います。

このうち、春日のチャージャーズだけ負けました。

来週はどこ応援するんでしょう?

多分この記事を出すときには、CSでの放送は終わっていますので、「NFL 倶楽部」とか「 #nflclub」でtwitterを検索すれば、わかるんじゃないかな、と思います。

できればAFCのどちらかを応援してほしいのですが。


4.「NFL On 日テレ G+」のサイト

「NFL On 日テレ G+」
https://www.facebook.com/ntv.nfl?fref=ts

と言うサイトでは、かなりマニアックなNFL情報が届けられています。

現時点で最新のものは、ディヴィジョナルプレイオフの結果を、アメリカのメディアがコミック風にパロディにした画像があります。

(「KAEPTAIN AMERICA」は「Captain America」とキャパニックをかけたものでしょう)

なおこのサイトは、Facebookアカウントがないとみることができません。

Facebookにはこの他にも、色々と面白いサイトもありますから、投稿はしなくてもいいので、アカウントは持っておいたほうがいい、と個人的には思います。


5.また「ペイトン対ブレイディ」ですか…

AFCのカンファレンスチャンピオンシップは、またもトム・ブレイディとペイトン・マニングの対戦になりました。

新戦力の台頭を願っていたんですが…やはりこの2人は歴史に残るほどすごいQBなんでしょう。

とくにブレイディは、今季チームに突出したタレントを抱えていなかったのに、ここまで来たのはすごいと思います。

ブレイディはシーズンMVP2回とスーパーボウルMVP2回受賞で、マニングはシーズンMVP4回とスーパーボウルMVP1回受賞

飽き飽きはしていますが、こんなすごい2人が対決するゲームを見られるのは、きっと同時代に生きるものとして幸せなんでしょう。

記憶して、後世に伝えねば…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「とある剣道部の「剣道あるある」」と言うサイト

20140117とある剣道部の剣道あるある


(「とある剣道部の「剣道あるある」」と言うFacebookサイト)

PCなどでFacebookをやっていますと、右側にお勧めのサイトが表示されることがあります。

たいていは広告などなんですが、この

「とある剣道部の「剣道あるある」」

と言うサイトは、そういうものでもなさそうなので、のぞいてみました。

高校時代は剣道部でしたから。

Facebookサイト「とある剣道部の「剣道あるある」 」へのリンク

まずカバー写真の「早く言いたい」に笑いました。

これはレイザーラモンRGの「あるあるソング」の歌詞に使われているからです。


そしていくつか、「あるある」の中身を見ていきました。

たしかにだいたい「あるある」なんですが、自分のタイムラインに表示するのは、なかなか勇気がいるものが多いです。

高校時代の剣道部の同級生や、下手したら先輩が見ている可能性がありますから。

(高校時代の先輩は、いくつになっても怖いものです)


何かシェアできるものはないか、と思って探した結果、結局こんな無難なものをシェアしました。

「やってる間は最悪に思えるが、思い返してみるとそれも含めてなんだかんだで良い青春だった ‪#‎剣道部あるある‬」

実際これは、本当にそう思います。

いいことばかりではないですが、今でも同級生と会うと、

「あんなことあったねぇ~」

と語り合える、いろんな思い出が残りましたから。

剣道に限ったことではないと思いますが。


剣道の技術以外に、剣道部にいたおかげで、口が悪くなったなぁ~、と感じます。

血筋かもしれませんが。


話しを前述のあるあるに戻しますが、

「最悪」

とまでは思いませんでした。

でもそう思うまで一生懸命やらなかったことが、強くなれなかった原因かな、とも思います。


剣道をやったおかげで、「あの時の苦労を思えば」と言う自信がついた、と言うことはないです。

そこまでまじめな剣士ではありませんでしたから。

でも、いろんなものが、私の中に残りました。

実力を考えると不思議なことに、二段がとれました。

母校の大学の体育は、選択式だったのですが、剣道の授業を選択することになりました。

そこでまた、いろんな剣道形をまなび、剣道の奥深さを知りました。

ブログに剣道のことを書くこともあります。

それを読んでくれた方が、twitterでフォローしてくれました。

アメリカ人のかたもいます。

剣道をやっておいてよかった、と言うことはまだまだあります。

人格形成や技術習得は中途半端に終わりましたが、人間関係や話題を形成するうえでは、本当にやっておいてよかったと思います。


それはさておき、この「とある剣道部の「剣道あるある」」では、「あるある」を募集しているようです。

いつか採用してもらえるものを投稿しようと考えています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【同意!】「日本語で言ってくれれば意味がわかるのに…と思うカタカナ語ランキング」を見て…

私はIT、またはICTという世界で仕事をしていて、アメリカンフットボール観戦を趣味としています。

ついでに言えば、大学の専攻は西洋史です。

どれもこれもカタカナだらけなんですが、どういうわけか、会話や記述のとき、カタカナを使うのが嫌いです。

特に書類やブログを書く時には、日本語で表現できるものは、漢字やひらがなで書くように気を使っています。

なぜかと言いますと、カタカナには一般に普及していないものが少なくないので、カタカナを使うと自分の言いたいことが伝わらない可能性が高くなると考えるからです。

特にカタカナの新語の場合、人によって解釈が違ったりするのでなおさらです。

もちろん、固有名詞はカタカナのままにすることが多いですし、カタカナの方が伝わるのと考えたら、カタカナで書きます。

わかりやすさを優先するために、他のカタカナに置き換えることもあります。



ですから、カタカナの多い文章や、カタカナの多い発言を見聞しますと、

「あんたさぁ、本当にみんなにわかって欲しいと思ってるの?」

と思いますし、時には怒りすら感じます。

その怒りは、愛国心からくるものではなく、なんでこんな頭の悪い人の話しを聞かんといかんかなぁ、という気持ちからです。



そう言うつまらないかもしれないこだわりのおかげで、人よりイライラすることが多くて、なんだか損している気分になるのですが、先日こんな記事を見つけて、ちょっと嬉しくなりました。

「日本語で言ってくれれば意味がわかるのに…と思うカタカナ語ランキング」
http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/38740/


使われても、意味がわからんなぁ、と言うのもあれば、違った解釈をしてたな、と言うのも見受けられます。

(ここに書いている意味が、正しい、いや一般的かどうかはわかりませんが)

これを見て面白いなぁ、と思うのは、特定の局面では、カタカナのままそのまま使ったり、あるいは違う意味に使うものもあるな、ということです。

・「サマリー」は「集計」などと言う意味で、仕事で使います。

「サマる」とも言います。

・「コミットメント」「カンファレンス」はアメフトで、そのまま使います。

ここの訳とは違い、適切な日本語が見つかりません。

・「プライオリティー」も仕事で使いますが、「優先度」で十分伝わるな、と思います。

・「クリティカル」「リソース」は、仕事でそのまま使います。

そっちのほうが伝わりやすいので。


ところで、わかりやすさを優先するのであれば、気をつけるのはカタカナだけではなく、難しい漢字も同様だと考えます。

ワープロに始まり、PCの日本語変換機能で、だんだん漢字が書けなくなったのとは逆に、難しい漢字が変換結果として出てくるようになりました。

そのまま使うと、読めなかったり、意味が理解できなかったりします。

だから、難しい漢字も避けるべきです。


最後に…

コラムの最後に

「「日本語は将来どうなってしまうのか」と心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。」

とあります。

そこは気にならないです。

カタカナでしか表せないものは、そのまま日本語にしてしまうことに抵抗は感じません。

言葉は時代によって変わるものですから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】『鉄くず拾いの物語』の私なりの解釈



映画『鉄くず拾いの物語』の宣伝動画)


『鉄くず拾いの物語』

と言う映画が、先週から東京・新宿で上映されるようになりました。

この映画のことは、私は先週、下記リンク先の記事を読んで、知りました。

WIRED.jp「戦争の傷癒えぬボスニア、ロマの窮状訴える:映画『鉄くず拾いの物語』タノヴィッチ監督」
http://cms2x.wired.jp/2014/01/07/interview-danis-tanovic/



タイトルを見て、ロマ固有の悲惨な現状を描いた映画だと認識しました。

上記記事中にある映画のストーリーは、こんなものです。

「凍てつくボスニアの寒村。ロマのナジフは鉄くず拾いで生計を立てている。ある日、妊娠した妻セナダが体調を崩し、流産と診断される。病院は手術を勧めるが、ナジフは保険証もなく、費用も用意できなかった。分割払いを懇願するものの、医師に冷たくあしらわれる。妻を救うため、ナジフはあらゆる手段を試みる……。」

ああ、ロマってかわいそうだな、と思いました。

しかし記事を読み続けると、こんな言葉に変わり、認識がかわりました。

「監督は「社会システムは本当にわたしたちのためにあるのか? わたしたちはそれを支えるべきなのか?」と疑問を投げかけています。」

ああ、この映画はロマだけではなく、今を生きるすべての人たちが抱えている問題を描いているんだな、と思いました。


さらに先日こんな記事を見て、また色々と考えさせられました。

Newsweek「『鉄くず拾いの物語』が問いかけるもの」
http://www.newsweekjapan.jp/stories/movie/2014/01/post-3151_1.php


「彼らがロマだったことは関係ない。偶然そうだっただけだ。

 いまの社会システム全体を考え直さなければならない時期に来ていると思う。どの国に行っても将来を楽観視している人はほとんどいなくて、みんな自分たちの社会や世界の先行きを悲観している。」

(ダニス・タノビッチ監督)

その通りだと思います。


今、私もそうですが、多くの人が「将来幸せでいられるかどうか」自信を持てないでいると思います。

ですが、その「幸せ」は、現在の社会システムで定義されたものであり、将来はその「幸せ」が同義であるかどうか…

それを変えるべきかどうか…

イデオロギーとか宗教っぽい話しになって来たので、書くのをやめます。

考えをまとめられないまま、こんなブログ記事を、世の中に流すのは申し訳ないのですが…


ただこれだけは言っておきたいのですが…

トップに置いた動画が最後に語るような、「奔走する家族愛を描いたヒューマンストーリー」と言うものを、ダニス・タノビッチ監督は作りたかったのではないと考えます。

これが今の社会だ。

これでいいのか?考えてくれ。

そう言うことが言いたいのでしょう。


興味深い映画だと思います。


「映画『鉄くず拾いの物語』オフィシャルサイト」
http://www.bitters.co.jp/tetsukuzu/


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【注意!】あるグラビアアイドルの活動に、リベンジポルノの被害にあう可能性を感じた件

倉持由香さんと言うグラビアアイドルについて、こんな記事を見つけました。

Infoseek「過激な「自画撮り」で注目の倉持由香、2014年にブレイクの予感」
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/gree_155929


倉持由香さんのブログやtwitter、Facebookを見ましたが、「自画撮り」(私は「自撮り」と呼んでます)画像を載せることに、芸能活動の道を見出しているようです。

それが痛いかどうかはこの記事で語りたいことではないので、置いといて…


昨年末、ある女性が自撮りした画像を自分のPCに格納したところ、そのPCがハッキングされ、彼女にとって望ましくないものが写った写真が、リベンジポルノのサイトに掲載された、と言う記事を読みました。

BLOGOS「人生破壊のプロ」
http://blogos.com/article/75822/


最終的にはアノニマスの協力もあって、そのリベンジポルノのサイトを閉鎖に追い込むことはできたのですが、壮絶な闘いの過程が、この記事にはありました。


この記事を読んで驚いたのは、このサイトに投稿される写真の

「・半数近くが、ハッキングによって盗まれた写真が投稿されたもの」

だということです。

つまり、悪意のあるハッカー(「クラッカー」)がネットワークを介して他人のPCに侵入し、そこから画像ファイルを盗み出して、そのサイトに投稿したものが、半数近くもあるということです。

クラッキングの目的が「リベンジ」ではないとは言い切れませんが、おそらくそれ以外のものもあるでしょう。


こういう被害は、ネットにつながったPCやスマートフォンを持っていて、その中にやばい写真を格納していれば、誰にでも起こりることです。

スマートフォンは携帯電話とは違って、「通話機能がついたコンピュータ」ですから、クラッキングの可能性は十分にあります。

ネットにつながっていなくても、携帯電話を含め、そう言うデバイス(機器)が盗まれると、とりだされ、さらされる可能性もあります。


倉持由香さんは、何枚か自撮りしたうちの、一部を投稿しているに過ぎず、ボツにした画像もあると思います。

その中には、単に写りが悪い、とかのものもあるでしょうが、望ましくないものが写っているものもあるでしょう。

そう言うものを、即削除していればいいのですが…

(削除した写真は復旧できない、とまでは言いきれませんが)


この危険性は、倉持由香さんだけにあるものではありません。

(倉持由香さんは、たまたま私に、前述のリベンジポルノの記事を思い出させてくれた人にすぎません)

我々も十分に注意するべきだと考えます。

まずいファイルは、できればすぐに削除すべきで、何らかの必要があって保管するときは、ネットワークにつながらないものに保管し、物理的な盗難にあいにくいところに保管すベキです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】ラグビー大学選手権2014 帝京大学vs早稲田大学の感想

2014年1月12日に帝京大学と早稲田大学とで行われた、ラグビー大学選手権を、録画観戦した感想を書きます。

帝京大は試合前まで、史上最長の4連覇中で、これに勝てば5連覇となります。

早稲田大は3年ぶりの決勝戦進出で、勝てば6年ぶりで、優勝最多記録を16回に伸ばすことになります。

私はあまりラグビーには詳しくはないのですが、おそらく下馬評では、帝京大が大幅に有利だったんじゃないかと思います。

交流戦での両校の対決では、早稲田大は帝京大に対していい試合をしたようですが、最後には自力の差か、敗れてしまいました。

早稲田大は(書き忘れましたが、私は早稲田大応援です)いい試合をした上で、プラスアルファの何かがないと勝てないだろう、と考えていました。


1.試合の流れ

ニッカンスポーツ「帝京大が5連覇/大学ラグビー決勝詳細」(http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20140112-1243035.htmlの内容(太字)に付記する形で、試合の流れを書いておきます。


<前半>

 ◆30秒 キックオフから早大がつなぎTB荻野岳志(3年=柏陽)がノーホイッスルトライを決め先制。ゴールも決まって7-0。

これには度肝を抜かれました。

布巻選手の突破が大きかったようです

 ◆12分 帝京大はフォワードがモールで押しFW小滝尚弘(3年=鹿児島実)がトライ。ゴールは外れ5-7に。

早稲田大ゴール前からの帝京大ボールのラインアウトから、帝京大がボールを確保し、そこからモールを作るなどして、FWの力でトライをあげました。

他校相手であれば、ゴール前に強い早稲田大は、もう少々粘るか、はね返すかできたかもしれませんが、それが普通と考えると、あっさりと取られてしまいました。

 ◆15分 早大は50メートルのPGを狙うも外す。

書き忘れていましたが、前半早稲田大は風上に陣をとっていました。

50メートルと距離はありましたが、ほぼ正面。

それだから挑戦できたPGでした。

ボールは距離はギリギリ足りていましたが、やや右に逸れてしまいました。

 ◆24分 帝京大は123キロの巨漢FW深村亮太(2年=佐賀工)が逆転トライ。ゴールも決まって12ー7。

12分のトライと同じような形のものでした。

 ◆40分 早大・小倉順平(3年=桐蔭学園)がPGを決め10-12。これで前半終了。

前半のほとんどを自陣で戦った早稲田大でしたが、残りわずかになってパスをうまく回した早稲田大らしい攻撃で、帝京大ゴールに迫りました。

ペナルティなどで前進を許した帝京大でしたが最後は守り切り、最少失点で切り抜け、前半僅差ながらリードして折り返すことができました。


<後半>

 ◆1分30秒 帝京大は自陣でターンオーバー。FW小滝尚弘(3年=鹿児島実)が敵陣へ。最後はTB磯田泰成(3年=延岡星雲)がトライ。ゴールも決まって19-10。

 ◆9分 帝京大はTB中村亮土(4年=鹿児島実)がPGを決め22-10。

 ◆12分 帝京大は1年生SOの松田力也(伏見工)がトライ。難しい角度からのゴールも決まって29-10。

 ◆15分 帝京大は再び松田。快足で早大DFを振り切ってノーホイッスルトライ。ゴールは決まらず34-10。


記述がひとまとめになって申し訳ありませんが…

前半の帝京大は、ポイントを作ってじりじりと前進してきましたが、後半のコレラのトライは個人のロングランや、パスをまわしてのものが多かったように感じます。

何をやっても得点できるように見え、点差も24に開き、これはもう早稲田大に勝ち目はほとんどなくなったように感じました。

テレビでは解説の方が、前半に繰り返した帝京大の接点での激しいあたりが、ボディブローのように早稲田の選手に効いているんじゃないかと語られてました。

それは感じました。

当たって被るダメージは、当たる方も当たられる方も物理学的には変わらないと思いますが、やっている方と、やらされている方の精神的疲労度はかなり違うように思えます。

その差が得点差に出てきたのかな、と感じました。

ノーホイッスルトライなどは、その象徴ではないかと感じました。

 ◆18分 早大はTB荻野岳志(3年=柏陽)がトライ。ゴールも決まって17-34。

早稲田は一矢報いました。

これはパスをうまく回し、接点でもミスを犯さない、集中力を切らさなかった得点に感じました。

早稲田大は、まだ終わっていませんでした。

 ◆20分 早大はTB坪郷勇輝(4年=早実)がトライ。ゴール外れるも22ー34。

帝京大の選手があげたパントをキャッチし、そこから素早くラインを作って、パスを回しまくり、最後には数的優位を生かしてのトライでした。

残り20分で12点差。

先ほどのトライは「一矢」ではなく、逆転へののろしのように思えてきました。

 ◆27分 早大は敵陣クイックスタートからTB荻野岳志(3年=柏陽)がトライ。ゴールも決まって29-34。5点差に。

2分間に渡る帝京大ゴール前での早稲田大の攻撃。

最後は帝京大のペナルティを、クイックスタートから早稲田大が飛び込んでのトライでした。

一瞬のこととはいえ、一発トライではなく、ゴール前で粘ってあげたトライは、残り13分での逆転は十分に可能、という自信と期待を与えてくれました。

 ◆30分 帝京大は敵陣密集からFW坂手淳史(2年=京都成章)が押し込みトライ。ゴールも決まって41-29。

追い上げられた帝京大でしたが、一気に早稲田大ゴール前10メートル内に迫り、そこから接点を繰り返して、トライをあげました。

この攻防は早稲田大の我慢強いディフェンスもあって、接点を作った回数も多く、時間もかけられたものでした。

これで早稲田大は、勝つために2つのトライと1つのゴールが必要となりました。

 ◆40分 早大がトライ。41-34。ゴール外れノーサイド。 

早稲田大は帝京大ゴール前で、まるで帝京大があげたようなスタイルでトライをあげました。

ホーンが鳴り響く最中のものでした。

トライに至るまで、時間をつぶした帝京大の、思う通りのシナリオだったと思います。


最終スコアは41-34と、私の予想よりはせったものになりました。

自信を持っては言えませんが、きっといい試合だったんだろう、と思います。

点数がせっていても、実質的には一方的な展開で、最後の負けている方が、勝ち目がない中で追い上げる、というものではなかったと思います。

早稲田大には十分に勝機があったと思いますから。

そう言った意味で、敗れたとはいえ、健闘以上のものを見せてくてた早稲田大には感謝したいと思います。

もちろん、勝って5連覇を達成した帝京大には、強いラグビーを見せてくれて、感謝です。


2.帝京大学の中村亮土主将

帝京大主将の中村亮土選手の試合前と試合後のインタビューを聞いて、彼はナイスガイだと思いました。

おごったところが全然なく、スタッフや、早稲田大にも感謝の言葉を忘れませんでした。

「早稲田とともにトップリーグに立ち向かっていきたい」

そうも言ってくれました。

言葉ではここまでしか説明できませんが、それ以上に何か好ましいものを感じました。

こう言うリーダーがいるから、帝京大は個々のタレントが持ち味を生かして、チームとして機能したんだろうと思います。

きっと彼は社会に出ても、色々と活躍してくれるものと思います。


3.最後の帝京大のトライについて

私はアメリカンフットボールをよく見ます。

ラグビーよりは、アメフトのほうがよく知っていると思います。

今回アメフト目線で気になったことを書いておきます。


帝京大の最後のトライは、多くの接点を作り、時間もかけられたものでした。

早稲田の敗因のひとつは、この失点に時間をかけすぎたことにもあると思います。

先月もあったのですが、アメフトではまれに、逆転する時間を確保するために、わざとさっさと得点させることがあります。

早稲田大はそう言う作戦はとれなかったのかな、と考えたのですが…

そうすればもう1トライできたかもしれません。

(でも、帝京大は残った時間なりにボールを確保し続けたとも考えられます)


ただ、アメフトは攻守がはっきりと分かれていて、時間運びの計算のめどが立つと思うのですが、ラグビーではそう簡単ではないんでしょう。

でも、やっぱり、できんもんかなぁ~?と思うんですが。


4.スポーツ観戦と言うもの

最近私は、応援するチームの勝敗に、以前ほどこだわらなくなりました。

応援するチームの選手は一生懸命やっているはずですし、相手チームの選手もそうですから。

負けることがあるのも、しかも予想した回数よりも多く負けるのも仕方がないことだと思うようになりました。

少なくとも

「勝てないのは一生懸命やってないからだ」

とは絶対に思いません。


応援するチームをもってスポーツを見るということは、自分ではどうしようもないことに、エネルギーを注ぐことだと思います。

いくら応援したって勝てないこともありますし、ボーっと見ていて、気がついたら勝っていた、と言うこともあります。

応援するチームが勝とうが負けようが、日常の生活は、それに左右されずに遂行されなければなりません。

「○○が負けたから、やる気が出ない」

と言う気持ちになるのは勝手ですが、それを口にしたり、態度にあらわすのは、人間として論外だと考えます。


世の中には、自分の力ではどうにもならないことがよくあります。

それに泣かされることも、笑顔にさせられることも。

スポーツを見るということは、人を我慢強くするなぁ、と最近思うようになりました。


ところで、ノーサイドの直後、グラウンドにひざまずく早稲田大の金選手を、中村選手は立ちあがらせ、抱きかかえるように一緒に歩きました。

今年50歳になる九州男児の私が、ちょっとウルっときました

立ちあがらせた中村選手はもちろん、素直にそれに従った金選手も素晴らしいと思います。

こういうシーンが見られるから、スポーツ観戦はやめられんのです。



5.関連サイト

この試合について、コメントがついたYAHOOトピックがこちらです。

YAHOOトピック「帝京大 5連覇達成!後半に地力発揮 早大 猛追も及ばず」(http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20140112-00000092-spnannex-spo

もはや数年前に言われていた

「帝京大のラグビーは、つまらない」

と言う声は、最初のページには見られません。

私も、全然つまらないと思いません。


また、動画がついたニュースサイトはこちらです。

NHK「大学ラグビー 帝京大が初の5連覇」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140112/k10014440271000.html


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年1月12日】「オードリーのオールナイトニッポン」について~ラズベガス・セネガルスペシャル



(春日が挑戦した「セネガル相撲」の動画

 この動画には春日は出てきません)



2014年1月12日に放送された「オードリーオールナイトニッポン」について書きます。

今回は若林のラスベガス旅行の件が、オープニングから2度のCMをはさんで2時20分まで話され、春日のセネガルでのロケの話しが2時37分まで話されたという、海外トークが4分の3以上を占めました。

レギュラーのコーナーはなく、新コーナー2つについて告知がありました。

1.番組の流れ

1)オープニング

まずは今年のミュージックソンのパーソナリティー予想の話し。


そして予言の話し。

この中で、人間って当たった予言だけ覚えているもので、外れた予言が多くても、一発大きいのを当てると「大預言者」とみなされる、と言うような話しがありました。

たしかに、

「当たった予言のみ記憶されるから、多めに予言すべし」と言うのが当たる予言者の鉄則、と言うことをなんかの本で読んだことがあります。


それから、何かの話しから、昔春日が紅白歌合戦に出たのはすごかったな、と言う話し。

その頃の記事が、下記リンク先にあります。

ニッカンスポーツ「美川憲一舞台に春日「トゥース」/紅白」(2009年12月31日)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20091231-581464.html


そしてブレイク後の初めてのCMとなった、任天堂DSのCMの回想話しとか。

(しかしオードリーって、人気の割にはCM出演が少ないような気がします)


そしてオープニングの途中から、若林のラスベガス旅行の話しになります。

結局CM2回をはさんで1時間超えのトークとなりました。

オープニングの最中でのトークは

twitterには、若林はまた、オープニングトークとフリートークを間違っているんじゃないか、と言うリスナーの不安の声がたくさんありました。

(ほぼ一ヵ月半前の2013年11月24日の回で、Xリーグのアサヒビール・チャレンジャーズのQB井上友綱選手と、ピーターの家で、ミッツマングローブやクリス松村らに囲まれて飲んだ話しを、フリートークで話すつもりが、オープニングで話してしまったことがありましたから。)

しかし今回は、きちんと計画されてのことでした。


2)若林トーク

若林は正月休みに、ハワイに比べるとはるかに安いラスベガスに、ビッグスモールン・ゴンと3泊5日で行ったそうです。

(この件は、NFL倶楽部ブログ「オードリーをNFL選手に例えると?」(http://nfljapanblog.com/blog/nflclub/2014/01/nfl-24.html)の中で、「僕1月にラスベガスに旅行に行くんですけど、観光そっちのけでプレイオフの試合を生で見ようかなって思っています。」と語られています。

 この記事の後半は、オードリーがお互いをNFL選手にたとえたら、と言うものですが、お互いが相手をどう見ているか、という内容が、twitterで好評でした)

語られた内容を箇条書きしますと…

・若林はゴンちゃんの保険代だすのは、なんとなくいやだと感じた

・ゴンちゃんは飛行機オタクで、飛行機の写真をバシバシ撮ってた

・チェックインしたホテルがダブルで、ダブルベッドだった

 (春日がハマカーン浜谷と北海道旅行した時はダブルだったそうです。

  と言うこともあって、春日のお父さんに、ゲイ疑惑をかけられたんだと思います)

・カジノでは、ところどころで、ポールダンスを踊ってるそうです。

 (「たまりませんな」(春日))

・カジノは葉巻と、アルコールを含むドリンクが無料。

 そうやって、脚を留めさせて、お金を落とすように工夫しているそうです。

 若林とゴンちゃんは、コロナビールと葉巻で、安いスロットをやったそうです。

 しかし安い席だけあって、ポールダンスからは遠かったそうです。

 (アメリカでは、タバコ(シガレット)ほど、葉巻は嫌われていない、とロスに住む人から聞いたことがあります)

・19歳ぐらいの黒人の少年から、2人で10ドルカツアゲされたそうです。

 少年に「俺達はラップやってんだ!聴いてくれ!」って言われてCDを2枚出されて「サインしてやるよ」と言われ足りした後、一人5ドルを要求され、出さないと警察へ電話するぞ、みたいなことを言われたそうです。

 そこで怖くなって、2人で5ドルずつ出したそうです。

 若林は面白い形で表現していましたが、けっこう悔しいんじゃないかな、と思います。

 私だったら恥ずかしくて絶対に他の人には話したくない内容ですが、こういうことを話してくれると、注意喚起になって助かります。

・滞在中にNFLのプレイオフがあって、若林はニューオリンズ・セインツ対フィラデルフィア・イーグルスの試合があって、不利とされるセインツが勝つほうにかけたそうです。

 (ラスベガスでは、この手の賭けは合法です)

 ほとんどの人はイーグルスに賭けたそうです。

 試合は予想を裏切ってセインツが勝ちましたが、ものまねショーとバッティングして、あまり見れなかったようです。

・ラスベガスのものまねショーなんて、キサラと同じレベル、と若林は言っていました。

 しかし最近のキサラは、かなりレベルが上がっていると聴くのですが…

・ものまねショーには、遠くは南アフリカから見に来ている人もいたそうです。

 まあ、ラスベガス観光のついででしょうが。

 日本と南アフリカって、どっちが遠いのか、気になりました。

・翌日はグランドキャニオンに行ったそうです。

 360度が渓谷、と言う光景には、自分の価値観がちっぽく見える迫力があったそうです。

 (こういうところに、若林の「トークの錬金術師」(ロバート・キャンベル)ぶりが表れていると思います

 基本的にインドアが好きな私も、なんだか行きたくなりましたから)

・グランドキャニオンには日本人のガイドがいて、「倍返し」とか「ワイルドだろうぅ」をひねった「ワイドだろぅ」とかで、注目を引こうとしていたそうです。

・この旅行で数々のトラブルを引き起こしたゴンちゃんですが、最後は帰国の便でビジネスクラスでゲットして、それらをチャラにしたそうです。


3)春日トーク

春日は1/2から、「世界番付」の部族訪問ロケで、セネガル共和国のセレール族の住むところを訪ねたそうです。

余談ですが、安倍晋三総理は昨日コートジボワールを訪問しています。

これは日本が、急成長市場としても注目が高まっておりアフリカに対し、結びつきを強化するものだそうです。

中国も6日から外相を、セネガルなどに派遣していますが、これを日本をけん制する狙いもあるとみる声もあるようです。

閑話休題

春日が訪れたセレール族では「ランブ・ジ」と呼ばれる、いわば「セネガル相撲」が盛んで、セネガル全体での国技となっていて、サッカーや、日本にもbjリーグに代表クラスの選手を派遣しているバスケットボールよりも盛んだそうです。

そこで春日もこのセネガル相撲に参加させてもらったそうです。

春日には「海外ロケタレント」に「格闘技タレント」の肩書がついた感があります。

結果については本放送をお楽しみに、と言うことでした。

参考となるサイトへのリンクを貼っておきます。

Wikipedia「セネガル」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%8D%E3%82%AC%E3%83%AB

Wikipedia「セレール族」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BA%BA

Wikipedia「セネガル相撲」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%8D%E3%82%AC%E3%83%AB%E7%9B%B8%E6%92%B2



4)新コーナー告知

(1)五戸ナビ(ごのへなび)

ニッポン放送女子アナナビからヒントを得たものだそうです。

詳細は他のことをやっていて把握できませんでした。

詳細は公式サイトを参照ください。

ちなみに春日語ナビと言うのができると

「この先、右折です」



「このの先、右の折です」

になるそうです。


(2)はがきのコーナー

はがきのみで募集するコーナーです。

オードリーからなにかの案内や招待状をはがきで出すとしたらどうなるか、と言うものです。

とりあえず来週は。

「同窓会をやるという設定で、オードリーが誰かに案内状を送ったら、どんな文面になるか」

と言うことを募集するそうです。

ところでこのコーナーができたのは、「オードリーからの年賀状」で、やばい職人さんがいて面白かったので、と言う理由からでした。

そんなわけで告知の最後に

「かみこうくん、がんばれ」(若林)

と言っていました。


5)しんやめ


6)エンディング

今回のラスベガス旅行が楽しかったようで、

「初めていろんな国を見てみたいと思った」(若林)

そうです。

また来年、正月休みがとれたら、または夏休みがとれたら、どこかに行ってみたいと言っていました。



2.セインツの試合

前述のニューオリンズ・セインツ対フィラデルフィア・イーグルスの試合。

オッズでは、イーグルスが3ポイントリードでした。

私もレギュラーシーズンの終盤に勢いを増していたイーグルスが、地元と言うこともあって、セインツを下すだろうと思っていました。

若林は、初めて現地で見たスーパーボウルでセインツが勝ったことと、中心選手のQBドリュー・ブリーズが同い年と言うこともあって、セインツに思い入れがあるそうです。

結局は26対24でセインツが勝ちました。

その試合のダイジェスト動画がこちらで、金色のヘルメットに白いユニフォームの9番がブリーズです。

NFL JAPAN「【WC】セインツ対イーグルス」
http://www.nfljapan.com/streaming/detail/4117.html

3ポイントのリードと言うのは、どっちが勝ってもおかしくはない、と言う程度のリードで、勝敗がどっちにころんでも驚きではない、と言うもののようです。

セインツは日本時間の今日の朝6時35分から、シアトル・シーホークスと対戦し、NHK BS1で6時半から生中継されます。

この試合でもセインツは不利とされていて、今度はシーホークスがオッズで10ポイントリードとされています。

これは、点差はともかく、まずシーホークスが勝つのは間違いない、と言うことを意味する数字です。

それでも番狂わせが起きえます。


3.その時ラスベガスにいた人々

若林はラスベガスで、アンジャッシュ児嶋に会った、と語っていました。

そのほかアンガールズ田中や、平成ノブシコブシ吉村、有吉らがラスベガスにいたそうです。

アンガールズ田中のブログには、その一部の記述が写真入りであります。

アンガールズ田中オフィシャルブログ「今日は鉄人トーク」
http://ameblo.jp/ungirls-t/entry-11746342480.html



なお、芸能人ではありませんが、その時期に米女子アメフト選手の鈴木弘子選手もラスベガスにいたそうです。

鈴木弘子オフィシャルブログ「Being Betty>またベガスに来ちゃいました」
http://ameblo.jp/betty-suzuki79/entry-11743524942.html

しかし、鈴木選手のブログには、こう言う芸人さんたちを目撃したという記述は、他の記事も含めて、ないようです。

まあ、ずっとアメリカにおられますから、芸人さんたちを知らなくても当然だと思うのですが。

そんな鈴木選手ですが、今日本に帰国されていて、本日神奈川の川崎球場で行われる、シニアリーグの試合

「シニアボウル2014」

に出場されます。

この試合は基本的に40歳以上のおじさんによる、フル装備でのアメフトゲームです。

40歳のおじさんと言っても、多分これに出場が予想される、50歳のQBの方は、去年THE HUDDLE BOWLと言うフラッグフットボールで、目の覚めるような剛球を投げられてました。

また、先週の「オードリーのNFL倶楽部」に出演されていたQB有馬隼人さんも出場されます。

(有馬さんはまだ40歳になってないと思いますので、特別枠だと思います)

で、注目は紅一点の鈴木選手がその男性たちにまじってプレイされるということです。

どんな活躍をされるか楽しみです。


「シニアボウル2014」

日  時  1月12日(日)  14:00 Kick off

場  所  川崎球場 (JR川崎駅から徒歩15分ぐらい。バスあり)

入 場 料  1、000円

対戦カード 関西 OVER40 LEGENDERS vs 関東 U-59ers/Tokyo Bay Geegulls


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年1月11日「オードリーのNFL倶楽部」について~ワイルドカード~



(「オードリーNFL倶楽部」の先週放送分の番宣動画

 いよいよYouTubeの日テレChannel(アカウント「nittele」に登場しました))



2014年1月11日に放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

NFLは今週からプレイオフに突入、と言うことで、番組も毎年恒例の1時間枠へ拡大されての放送でした。

また、後藤アナがアーロン・ロジャーズのジャージを着ていて、今シーズンで最高のグリーンベイ・パッカーズ(GB)応援モードだったように思えました。


1.ゲストは松本直人氏

今回は「Touchdown」誌の発行人の松本直人氏を迎えての放送でした。

オードリーが松本氏に、今シーズン意外だったことはなんだったか?と尋ねたところ、こんな答えが返ってきました。

・ヒューストン・テキサンズ(HOU)の14連敗

・アトランタ・ファルコンズ(ATL)の失速

いずれも今季はスーパーボウル出場候補の一角だっただけに、多くのファンがそう感じていたと思います。

若林的には、サンディエゴ・チャージャーズ(SD)がプレイオフに進出できたことが意外だったそうです。

私も今年はSDは再建のシーズンで、プレイオフはないなと思っていました。

その後トーナメント表が紹介されたのですが、その後松本氏は

・解雇されたHC(アンディ・リード)とポジションを奪われて移籍するしかなかったQB(アレックス・スミス)で再建に入ったカンザスシティ・チーフス(KC)が、ここまでやるとは思わなかった

と言っていました。

私も、今季のKCはプレイオフには行けるかもしれないとは思ってましたが、2ケタ勝つとは思いませんでした。

KCはジム・ハーボウHCに就任する前のどん底のサンフランシスコ・49ナーズに似ていて、タレントは豊富にいるもののそれがチームとして機能していなかった、と言う状態だったように思えます。

HCとQBと言う2人のリーダーが加入したことで、チームとして機能しだしたものと思えます。


2.現地レポート

小池絵未さんがシアトル・シーホークス(SEA)のQBラッセル・ウィルソンへインタビューした模様が届けられました。

ラッセル・ウィルソンと言えば、今季MVP候補の筆頭にもあげられるほどの選手です。

「ウィルソンにインタビューなんてすごいよね」

と何度も若林は言っていましたが、私もそう思います。

(ちなみに、以前「NFL倶楽部」の前に放送されていた「倶楽部☆T」では、ブレット・ファーブにインタビューするのがいかに難しいか、と言う特集をやっていました。)

インタビューの内容は、番組のMC3人のうち、誰に応援してほしいか、と言うものでした。

ウィルソンが選んだのは後藤アナ。

「若林さんはアメフトに詳しいので評価が厳しそうだし、春日さんは応援されると負けちゃうみたいだし…

 だったらこの新人さんに応援してもらいたいね」

と言うのが理由でした。

そして後藤アナへのメッセージ。

続いて春日へのお願いメッセージが紹介されました。

「(お願い?)お金ならくれんぞ」

と春日はお金の心配をしていましたが、お願いの内容はこんなものでした。

「カスガ、シーホークスは応援しないでくれ。

 あなたが応援するチームは不調になるらしいからね。」

と言うものでした。

なお、MC陣を紹介する時、小池さんはタブレットで3人の写真を見せていました。

時代はここまで来てるんだな、と思いました。


3.MC陣が応援するチームを発表

プレイオフに入って、3人のMC陣があらためて応援するチームが、フリップで発表されました。

春日は「Sシーホークス(SEA)」

若林は「49ナーズ(SF)」

後藤アナは「GB」

でした。

春日がウィルソンのお願いを振り切って、あえてSEAを応援するのは

「嫌がったのは、「ふり」だろうからね」

と言うものでした。

なお松本氏から

「(字が汚くて)「ミーホークス」に見える」

とつっこまれてました。

(私が書く「シ」は「ツ」に似ている、と昔よく言われてました。

 私が書いたら「ツーホークス」になっていたでしょう)

若林は、去年のスーパーボウルで、SFのRBフランク・ゴアと直接話して、「次は絶対に勝つ」と約束してくれたからだそうです。

松本氏は3人の応援するチームに

「デンバー・ブロンコス(DEN)がいないのが意外ですね」

と言っていました。

なんでもアメリカでは、DENに勝たせたいという声が圧倒的だそうです。

1997年に同じDENがスーパーボウルに出場した時、ジョン・エルウェイにとってはラストチャンスになるかもしれないから、DENに勝たせたい、と言う「エルウェイ・センチメンタル」と言う空気がありました。

その時に似ているかな、と思います。


4.各試合のダイジェスト

その後プレイオフ1回戦「ワイルドカード」4試合のダイジェストが流されました。

放送の半分以上がこのダイジェストに費やされたのですが、試合内容は他のサイトにも詳しく書いてありますので、詳細は書きません。

放送されたものと全く同じではないですが、動画サイトへのリンクを貼っておきます。

NFL JAPAN「【WC】チャージャース対ベンガルズ」
http://www.nfljapan.com/streaming/20140106-4127.html


NFL JAPAN「【WC】セインツ対イーグルス」
http://www.nfljapan.com/streaming/20140105-4117.html


NFL JAPAN「【WC】チーフス対コルツ」
http://www.nfljapan.com/streaming/20140105-4116.html


NFL JAPAN「【WC】49ers対パッカーズ」
http://www.nfljapan.com/streaming/20140106-4138.html



ところで春日が、下記リンク先の動画で、ロジャースがディフェンスをかき分けてパスを投げているのを

「あの、ちょっとすみません、ちょっとすみません、って言って投げたように見えるね」

と言っていました。

NFL JAPAN「パッカーズQBロジャース 26ヤードパス」
http://www.nfljapan.com/streaming/20140106-4134.html


たしかに、

満員電車を人込みをかけ分けて降りるような感じに似ています。


GBが負けたことで、9月に放送開始となってから応援し続けて来たチームが、すべてシーズンエンドとなりました。

後藤アナはGBのダイジェスト後、マジに涙をこぼしてました。

「あなたそんなにアメフト好きだったっけ?」

と若林が驚いていました。

私も驚くとともに、ここまで好きになってもらって嬉しくなりました。


5.応援するチームの再確認

GBのシーズンエンドにより、後藤アナはウィルソンのお願い通り、SEAを応援することになりました。

これに対し春日が

「ちょっと待ってよ、

 私が先に呪いをかけてるんだから」

と、面白いことを言っていました。

春日には、SDを応援しろ、と言われてました。

「そんな、誰がいるか一人も知らないよ」

と言っていましたが…

でも、先週も書きましたが、SDは今シーズンの開幕戦でフィラデルフィア・イーグルスと戦ってますから、そのジンクス通りいけば、スーパーボウルに勝てるかもしれません。


6.「スーパーボウル伝説」

今週からエンディングの前に、

「スーパーボウル伝説」

と言うコーナーが始まりました。

長くファンをやっている人には、知っていることが流されるので、そうでもないと思いますが、今シーズンからファンになった人もいるはずですから、こういうコーナーは貴重だと思います。


今回はピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)の特集。

1970年代に4度、2000年代に2度勝ったことが伝えられました。

なお、1970年代のPITの強力守備陣は「Steel Curtain」(鉄のカーテン)と呼ばれていたと紹介されていましたが、これはウィンストン・チャーチルが演説で使った「Iron Curtain」をもじったものです。

20140111Steel Curtain


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

米コロラド州の大麻合法化に、「仕方がない」が濫用される未来が見える

アメリカ合衆国のコロラド州は、今年1月1日から、数量を制限をした上で、販売が合法化されたそうです。

NHK「しこう品大麻の販売が合法に 米コロラド州」

数年前にも財政再建のために、当時カリフォルニア州知事だったアーノルド・シュワルツネッガー氏が、この手のものを合法化しようとしましたし、実はワシントン州(ワシントンD.C.とは別)とコロラド州では、一年前に「使用」は合法化されていたそうです。

NHK「大麻合法化から1か月 広がる波紋 - NHK 特集まるごと 」

NHKの報道によると、合法化の主な目的は、税収の増加だそうです。

そんなことで身体以外にも害のあるものを合法化していいのか、と疑問に思います。


ところで、去年の年末、2013年12月29日のTBS「報道の日 2013」の、「サンデーモーニング」の拡大版みたいな番組で、あるコメンテーターから、こんなことが聞けました。

「これからの日本では、経済的な理由で、少数派が線引きされていくかもしれません。

経済が不振だから、財政が悪化したから、この人たちには我慢してもらうのは「仕方がない」、と言う考え方を背景に。

この動きが進んで行くと、こう言う線引きをすることが普通のことと思われるようになりかねない。

そのことがとても心配です。」

語ったの方の名前はわかりませんでしたが、黒い服をきて、メガネをかけた、おそらく出演者の男性の中で、最年少と思われる方です

この意見にはとても共感を覚えました。

それは確かに歯止めをかけないと恐ろしいことになる、と感じました。

自分自身のことで考えますと、例えば将来、財政が苦しいからという理由で年金が想定できないほど削減されるかもしれません。

今は財政を立て直す世代を保護しなければいけないから、「仕方なく」老人たちにはがまんしてもらおう、と。


話しを大麻の合法化に戻します。

結局日本でも、将来、税収増加と取り締まりにかかる費用の削減のため、「仕方がなく」大麻が合法化されるかもしれません。

それはとても恐ろしいことだと思います。

Wikipediaで「大麻」について軽く読んでみたところ、考えたほどはこわくないという印象を受けました。

ですが、二番目の記事に

「大麻は(他の薬物につながる)“ゲートウェードラッグ”と呼ばれます。

感情をつかさどる脳の器官にダメージを与え、性格にも長期にわたって深刻な影響を及ぼします。」

と言う医師の言葉にありますように、その後がとても怖いもののようです。

また、経済的にも、単純に好ましいことばかりかと考えますと、そうでもないと思います。

中毒患者のリハビリのための施設も必要でしょうし、人件費や維持費もかかります。


日本ではカジノを合法化する法案が、今月から始まる次の通常国会で成立する見込みのようです。

Yahooトピック「カジノ法案:自民党などが国会提出へ-成立は次期通常国会へ - Y!ニュース BUSINESS 」

よっぽどの必要がない限り、カジノに行く気はしませんので、治安が乱れそうなデメリットを持つこの法案、私としては不要です。

ですが、財政再建のためには「仕方がない」と考えていました。

今一度、有権者として考え直してみます。

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【炎上防止】TwitterやFacebookの「心得」集

昨年、特に夏から秋にかけて、TwitterやFacebookなどへの「バカッター」投稿が相次ぎました。

大晦日にもこんなニュースがあって、われわれの未来をつぶすのは「ネット」なんじゃないか、とか思わされました。

YAHOOニュース「武雄市の樋渡市長、ユーザーを「ひまじんうんこ」と侮辱。自ら市のガイドライン破る」へのリンク


キチンとマナーを守ってやれば、こんなことにはならないのですが、では、どうしたら「キチンとマナーを守って」ネット投稿を楽しめるのか、2つのサイトから「心得」を引用します。

最初はこちらから

「注意一秒、炎上一生 楽しい休日前に眺めたい“SNS地獄絵図”」へのリンク

こんな「心得」が載っています。

1.注意一秒、炎上一生 画像の公開は 一生続くと心得よ

 SNSの画像は簡単にダウンロードして転載可能。投稿は全世界に公開するつもりで!


特別な設定をしない限り、投稿される範囲は、全世界、と言うか再現がありません。

公開範囲どのように設定されているのか、頭の中に置いておくべきです。

それでも、外部に漏れる可能性があることは、後述します。


2.飲むなら書くな 書くなら飲むな 酔いどれ投稿禁止

 酒に酔うと気が大きくなり、自制心も効かない。投稿は内容も過激になりがちで危険だ。


書いてある通りです。

気が大きくなるのは、現実世界もネットの世界も一緒で、ネットの方が取り返しのつかないことになりそうです。

これは、オードリー若林も気をつけているそうです。


3.息を吸うように すぐツイートする 友達を信用するな

 リベンジポルノ(元交際相手の裸の画像や動画をネットに公開して復讐する、嫌がらせ行為)も社会問題化している。公開されて困る写真は絶対撮らない、そして撮らせないこと。


悪意がない友達でも、例えばFacebookで投稿範囲を限定しても、無制限にシェアされる可能性があります。

Twitterで鍵を付けていても、クライアントによっては引用リツイートができると聞いたことがあります。


4.匿名だろうが 個人情報は あっさり特定される

 ネット民に目をつけられれば、匿名といえども投稿内容や過去の写真から見事なまでに特定される。


本当にそうみたいです。

誰がどこで見ているかわからない、ということを頭に置いておいてください。

目をつけられないためには、目をつけられる投稿をしないことです。

大事なのは、ネット民の価値観を知っておくことです。

普段から2ちゃんまとめサイトや、Yahooコメントを見ておくといいと思います。

上記の目的以外にも、表現術とか勉強になることがあります。


5.売られたケンカは スルーせよ 反論は慎重にすべし

 スルーか「そういう考えもありますね」でオーケー。自分が間違えているならば即あやまること。


感情的にはなかなか難しいですが、理性をもってスルーするか反論するかすべきでしょう。

傾向としては、何かを褒める投稿よりも、何かをけなす投稿の方が、ケンカを売られやすいようです。

あくまでも、傾向ですが、ネットで特に相手を限定せずに文句を言うことは、なるべく避けた方が良いと思います。


次にこの記事から

Yahooトピック「つぶやき炎上…即解雇の波紋 一瞬で人生台無し、米メディア注意喚起」へのリンク

ここには、こんな「心得」があります。

これはアメリカの例ですが、参考にするべきものは多いです。

1.ツイートを読み返す

読み返して、本当にこの内容で問題ないか、確認すべきです。

それが一生を左右しかねませんから。

迷ったら、やめるべきです。


2.人種差別的なツイートは即失業

これは日本では無縁、と思わない方が良いです。

ネットにより、世界は狭くなり、いろんな人と付き合いができる時代ですから。


3.匿名でもいつかはばれる

前の記事で書いてあったことと一緒です。

4.ツイートは削除できない

もちろん自分のツイートは、いつでも削除できます。

しかし、一旦リツイートされたら、それを消すのは不可能です。


5.有名人でなくてもクビになる

「バカッター」事件では、アルバイトに限らず、退学にもなっているようです。


6.冗談でもクビになる

これは現実の世界でも一緒です。

さらに悪いのは、文字だけでは声のニュアンスが伝わらないので、冗談が通じないことが多いと感じられます。

ですから、ネットで毒舌キャラを目指すことは、やめておいた方が良いです。


7・(特定の人に送信する)ダイレクトメッセージと混同してはいけない

日本では、LINEと混同して炎上を食らっているように思えます。

もう一度書きますが、TwitterやFacebookは、特別な設定をしないと、誰からでも読まれます。


8.不安なら(投稿しても解雇されないか判別してくれる)アプリを使おう-。肝に銘じて注意しよう!

投稿しても炎上しないかどうか、判定してくれるサービスがあるとは聞いたことがあります。

ただ私は、コンピュータによる判定は、完璧ではないと想像します。



ここまで書きますと、そこまで気を使わなければいけないのなら、TwitterとかFacebookとかやめればいいじゃん、と思われる方もいるでしょう。

でも、私は、そこまでしてでもやる価値があると感じています。

その価値が何か、というのは人によると思いますし、やってみないとわからないと思います。

結果として、やらなければ良かった、という結果になるかもしれませんが。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【告知】「シニアボウル2014」と「THE HUDDLE BOWL2014」のご案内



(THE HUDDLE BOWL2014のPV

マジかっこいいっすよ

そして、ラストシーンが夢に出てきそうなぐらい強烈です)



今週末、神奈川県で2つのアメリカンフットボールフラッグフットボールに関わるイベントが行われます。


1.シニアボウル2014(Senior Bowl 2014)

40歳以上の「シニア」と呼ばれる世代にも、安全で長くアメリカンフットボールが楽しめるよう、

「シニアフットボールリーグ」(SFL)

が、最近になって設立されました。

この東西交流戦として、シニアボウル2014が行われます。

概要は以下の通りです。

2014.1.12(日) @川崎球場 14:00KICK OFF!

関西 OVER40 LEGENDERS vs 関東 U-59ERS / TOKYO BAY GEEGULLS

入場料1,000円

関東に2チームの表記があるのは、多分2チームの混成チームが出場するということだと思います。


シニアフットボールは選手がシニアであること、そして生涯スポーツとして続けられることを考慮して、通常のアメリカンフットボールのルールを、安全面を配慮したものに変えています。

たとえばこんな感じです。

・最小限のコンタクトを基本とする(早めに笛を吹いて終わらせる)

・腰から下へのタックル、ブロックを禁止し、違反したらパーソナルファールを適用

・キックオフはすべてタッチバック、パントはフェアキャッチ

・ブリッツ等の危険なプレイは禁止

詳細はこの試合に出場される鈴木弘子選手のサイトや、関連するFacebookのサイトなどにあります。

鈴木弘子オフィシャルブログ「Being Betty>緊急告知!」
http://ameblo.jp/betty-suzuki79/entry-11731510286.html


47NEWS「週刊TURNOVER>中学生、シニア世代で初の日本選手権開催へ」
http://www.47news.jp/sports/turnover/news/japan_news/138739.html


Facebook「Senior Football League」
https://www.facebook.com/seniorfootball


Facebook「U-59ERS (40歳以上が中心のシニア アメリカンフットボール チーム)」
https://www.facebook.com/U59ERS


Facebook「OVER 40 Legenders (40歳以上の楽しく、カッコええフットボールを目指しているチーム)」
https://www.facebook.com/Over40Legenders


20140107シニアボウル


2.The Huddle Bowl 2014

昨年3月に続いて、「The Huddle Bowl」が今年も行われます。

これは、各大学アメフト部OBによるチャリティフットボール大会です。

概要は以下の通りです。

2014.1.19(日) @横浜スタジアム 8:00開場 8:30試合開始

参加チーム

•レギュラー・トーナメント 33チーム
スーパードリームス、上智大学、中央大学、京都大学、京都産業大学、南山大学、同志社大学、大阪体育大学、大阪大学、専修大学、帝京大学、慶應義塾大学、成城大学、拓殖大学、日本体育大学、早稲田大学、明治大学、東京大学、東京経済大学、東洋大学、東海大学、桃山学院大学、法政大学、獨協大学、甲南大学、神戸大学、立命館大学、立教大学、近畿大学、関西大学、関西学院大学、防衛大学校、駒澤大学

•シニア・トーナメント 8チーム
京都大学、京都産業大学、同志社大学、大阪体育大学、日本体育大学、法政大学、甲南大学、関西学院大学

入場料無料



昨年11月に参加チームの募集があったのですが、受付開始からわずか1時間強で参加枠に達したそうです。

アメフト経験者のフラッグフットボール熱が高いことがわかります。

どちらもやったことがない私が語るのもなんですが、アメリカンフットボールフラッグフットボールは別のスポーツで、アメフトで活躍できた選手が、フラッグでも自動的に活躍できるかと言うと、そうでもないようです。

フラッグフットボールアメリカンフットボールの入り口ではなく、独立した競技です。

昨年観戦して、フラッグフットボールで勝つには、フラッグフットボールの練習が必要だと思えました。


選手の方の中には熱が入りすぎて、禁止されているタックルに行くなどのプレイがありました。

ですが、とても悪意があるものには見えず、ついつい昔のクセが出てしまったという感じで、ほほえましかったです。

あくまでも見ている側の意見で、プレイされている側は大変でしょうが…(^_^;)


なお、この大会は楽天証券さんが特別協賛し、チームの参加費や募金、そしてオークションであげられた収益は、メイクアウィッシュ・オブ・ジャパンと言う団体に寄付されるそうです。

「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」
http://www.mawj.org/


詳細は下記サイトをご覧ください。

Facebook「The Huddle Bowl 2014」
https://www.facebook.com/HuddleBowl2014


20140107ハドルボウル2014


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【年賀状まだ間にあう?】年賀はがきのない方へ「お年玉付年賀50円郵便切手」と言う手段

多くの方がそうされていると思いますが、我が家でも年賀状は、お年玉くじが付いている官製の年賀はがきを使用しています。

今年いただいた年賀状も、ほとんどがそうでした。

やはり

「お年玉くじ付きの年賀はがきじゃないと失礼かも」

と言う考え方が、我が家をはじめ、多くの方が持っているのだと思います。


しかし官製のお年玉くじが付いている年賀状が足りなくなったりしたらどうするか。

選択肢として、

「お年玉付年賀郵便切手」

を使う手があります。

これは、年賀切手にお年玉くじ番号が付いているものです。

ただし、「寄付金」として3円が加算されます。

つまり、1枚53円と言うわけです。

(来年用からは、消費税増税により、値段は変動するものと思われます

 なお、一般のはがきは50円から51年になります)

詳細は下記サイトで「お年玉付年賀50円郵便切手」を検索してみてください。

日本郵便「特殊切手「平成26年用年賀郵便切手」の発行」
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2013/h251101_01_t.html


なお、今回私はこれを2枚使いました。

うちにも一枚、その切手を使ったものが届いていました。

             20140103弐くじ付き年賀切手

消印(年賀状って消印押さないんじゃなかったっけ)のところに、くじの番号があります。

この番号が、年賀はがきの当選番号と同じか、までは調べませんでした。

なお、今年の抽選日は1月19日(日)です。

当選番号は日本郵政グループのサイトに載るでしょう。


ところで年賀状って、いつまで出してもいいんでしょう?

下記リンク先に、いろんな声が載っています。

livedoorNews「年賀状はいつまでに出せばOK?」
http://news.livedoor.com/article/detail/8398789/


1月7日までとする説から、1月いっぱいとする声まであります。

私としては、抽選日までに届けばいいかな、と思っております。

なお、前述の「お年玉付年賀50円郵便切手」は、1月10日まで発売されているそうです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【大河ドラマ】「軍師官兵衛」に立花宗茂と高橋紹運は出ないのか…

NHKの大河ドラマ

「軍師官兵衛」(ぐんしかんべえ)

が始まりました。

これは、、戦国時代には豊臣秀吉の側近として仕え、江戸時代には大名となった黒田孝高(くろだ よしたか)の物語のようです。

黒田孝高は黒田官兵衛(くろだかんべえ)の通称や、出家後の号である黒田如水(くろだ じょすい)としての名前で知られているようで、あまり日本の歴史を知らない私も、黒田如水で記憶していました。

おそらく、福岡藩黒田五十二万石の祖にあたるのでしょう。

NHK「軍師官兵衛」
http://www1.nhk.or.jp/kanbe/index.html

福岡にも縁のある人物なのですが、私はあまりよく知りません。

で、ちょっと調べてみたのですが、豊臣秀吉の九州征伐に参加し、活躍しているそうです。


そこで気になるのは、私が大好きな立花宗茂(たちばなむねしげ)や、その実父高橋紹運(たかはしじょううん)が登場するかどうかということ。

この二人の親子は、豊後の大友宗麟の家臣として、薩摩の島津藩が九州を統一することを防ぎ、豊臣秀吉の天下統一に貢献したことで知られます。

「知られます」

と書きましたが、多分高校の日本史程度では、習わないと思います。

ですが、戦国時代を語るとき、この立花宗茂と高橋紹運親子の奮迅ぶりは、欠かせないものだと考えます。


豊臣秀吉の九州征伐のころ、九州は薩摩の島津家によって統一されようとしていました。

そのことを懸念した、九州のもうひとつの勢力である大友宗麟は、豊臣秀吉に救援を要請します。

大友宗麟の家臣、立花宗茂と高橋紹運は、黒田官兵衛が軍監として参加した豊臣勢が到着するまで、島津家の九州統一を阻止しました。

高橋紹運は、岩屋城に籠城して、5万と言われる島津勢を、わずか700名の兵で食い止め、徹底抗戦の末に玉砕しました(岩屋城の戦い)

立花宗茂は、立花山城にて籠城し、島津勢を苦しめ、豊臣勢到着の報に接して島津勢が退却するまで、徹底抗戦しました。

さらに豊臣勢の到着を待たず、退却する島津勢を攻撃するほどの猛将でした。

大友宗麟は豊臣秀吉に対し、立花宗茂のことを

「義を専ら一に、忠誠無二の者でありますれば、ご家人となしたまわりますよう」

と要請したそうです。

そして豊臣秀吉の信を得、小田原征伐のころには

「東に本多忠勝という天下無双の大将がいるように、西には立花宗茂という天下無双の大将がいる」

と豊臣秀吉に言わしめたそうです。


このような武勲と、黒田官兵衛に縁のある親子なのですが、NHKのサイトや、Wikipediaの「軍師官兵衛」には、登場人物にその役名は出てきません。

少なくとも立花宗茂は、黒田官兵衛と九州にて交流はあったようです。

立花宗茂のご子孫のかたのホームページには、

「1586年 10月18日、宗茂、高橋元種の豊前田川郡香春岳城を囲む黒田孝高・吉川広家・小早川隆景を訪ね、立花城救援の礼を述べる。」

とあります。

また、関ヶ原の合戦で西軍についた立花宗茂は、大坂から柳川まで撤退し、そこで籠城して東軍に抗戦しようとするのですが

「1600年 黒田如水・加藤清正との間に和睦成立、柳川城開城」

したそうです。

(「立花家十七代が語る立花宗茂と柳川」より
 http://www.muneshige.com/index.html



他にも、朝鮮出兵の際、黒田長政とともに明軍と戦ったようです。

このように少なからぬ縁があるのですから、今回の大河ドラマ「軍師官兵衛」では、立花宗茂、高橋紹運親子を扱ってほしかったです。


でも、本当に扱わないかどうかはわかりませんから、九州征伐辺りは見てみようかと思っています。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年1月5日】「オードリーのオールナイトニッポン」について~2014のANNはじめ



(ピンククラウンのCM動画)


2014年1月5日の「オードリーオールナイトニッポン」について書きます。

今回はオープニングトークが異常に長く、1:45まで続きました。

ここまで長いのは久しぶりだと思います。

1.番組の流れ

1)オープニング

ひと通りの新年のあいさつの後、これが生放送であることを証明するために、若林が春日に、箱根駅伝で優勝した大学の名前を尋ねます。

「大東文化大学だったっけ」

と答えたものの、その後桜美林大学とか東京国際大学(旧国際商科大学)とか和光大学とか、だんだん駅伝とは関係のない大学の名前が出ました。

(本当は若林の母校、東洋大学です)

結局

「チーム付け焼刃のご家族の皆さんも、元日から大変だね」

と、放送開始5分で、元日に「爆笑ヒットパレード」を終えた後の収録だということをバラしていました。


その後「爆笑ヒットパレード」で流れ星のちゅうえいにあった話し。

オードリーの漫才は、春日が他のネタのボケをときどきつっこんでくる「半分アドリブ(半アド)」がある、と言う話し

今年は「海外ロケキャラ」を確立した春日のことを、漫才やトークにガンガン入れていこう、と言う話し、

と続きました。


ちょっと長くなったのは、体育会TVで富士山をバックに吹き飛ばされたり、通常より多めの火薬をいれられた火筒を持たされたことから、

「春日は頑丈だから、無茶なロケをやっても大丈夫だと思われている」

と言う話し。

「春日だから大丈夫と思われ、だんだん無理言われるぞ。

 事前にチェックしろ」(若林)

「たしかに。

 時間もらって練習して何とかなるものならいいんだけどね。」(春日)

とのやりとりがありました。

たしかにそれは注意しないとまずいことになるんじゃないかと思います。

(そう言えば昔、40代の長嶋茂雄氏がQB役をやって、マジタックルを受けて負傷したことがあったなぁ)

それでも、ラジオでバンジーとかやれよ、と若林。

春日は、リスナーに想像力が必要だよ、と躊躇していましたが、結局やる方向で検討するようです。

まあ、私も含め、リトルトゥースの皆さんは「見えないラジオ」には慣れていると思いますから、大丈夫でしょう。

こんな内容のツイートもありました。

「一斉に #見えない タグをつけてツイートしよう」


オープニングの最後は、「2014年のそれぞれの抱負」と言う話しから、春日が2年前から車を欲しがっているという話しへ。

それを聞いた若林は

「車は、時計やマンションと同じで財産になるから、ぜひ買えよ」

と言っていました。

「そう言う話しはよく聞くけどね…」

と、またも春日は躊躇していました。

私としては、マンションや宝石ならともかく、車は財産にはならないんじゃないかと思います。

たしかに、自動車を担保にお金を借りることもできるようですが、中にはやばいものもあるようです。


で、話しは春日に「ピンククラウン」を買わせようという話しに。

「ピンククラウンを買う件は、俺とTYB(チーム付け焼刃)に任せてくれないか」(若林)

「絶対ヤダ」(春日)

と言う会話がされました。


なお、若林は

「MCを務める番組を2本増やしたい」

と言っていました。


2)告知

「2014年、オードリーはこうなってほしい」

と言うものを募集する、と告知されました。

今回は収録ですので、番組中で読むことはできませんでしたが。

来週以降読むそうです。

若林は今のところ

「スペシャルウイークでキサラ芸人を呼ばない」

春日は

「「しんやめ」を続けさせてもらえば御の字」

とのことでした。

その後

「ミュージックソンは次回は40回の記念だから、ぜひメインパーソナリティをやりたい」

とも言っていました。

それが実現するんなら、今度は若林の部屋を移動させてもかまわない、と若林本人が言っていました。

あと、

「飯田アナを磨きたい」

とも


3)若林トーク

12/31は休みだったので、実家に帰って、お父さんが作った鍋をつつきながら家族と過ごしたという話しでした。

その中でいくつかピックアップしますと…

・お母さん(せつこさん)は、答えが決まっているのに、質問をしてくるのは、どうしてなんだろう?

・お父さんが、若林が出演する番組を集めた録画集をテレビで流し始め、中にはエロいのもあって困った

・お父さんともアメフトの好みが似ていて、お父さんもトム・ブレイディが嫌い

・「笑ってはいけない地球防衛軍」の裏であった話し。

 (その時は、こんな画像がtwitterでまわってました

  念のために書きますが、座っている人物の中で一番左にいるのが若林です)

20140105リーゼントの若林


・人間ドッグの結果、メタボリック症候群予備軍で中性脂肪が望ましくない、と言うことから、ビールを取り上げられ、鍋のしめの雑炊を食べさせてもらえなかったそうです。


4)春日トーク

同じく12/31に、ロンブー亮の家に、水口Dと共に行った話しでした。

その後亮が極楽とんぼ加藤の家に行くのについて行った(付き合わされた?)そうです。

加藤に

「春日、子供がトゥース見たがっている」

と言われ、これはおいしいと思い、全力で

「トゥーーーース」

とやったら、子供たちは全員耳をふさいだそうです。

3歳児なんかは、もはや「トゥース」を知らない、と言う話しも。

また、オードリーのことを

オードリーは若林が優秀だけど、エンジンにあたる春日がいいのがいい。

 エンジンが良くないと、運転手(若林)が良くてもダメだ。」

と言う話しも。

その後、下の絵がtwitterで広まってました。

20140105オードリー運転手とエンジン


5)「オードリーへの年賀状」

抽選対象となるオードリーへの年賀状が何通か紹介されました。

オードリー用に作られた4コマ漫画風のものから、他の人にも出す普通のもの(家族3人の写真)を流用したものまであったそうです。

中には「おみくじシール」付きのものもありました。

おみくじの結果は、春日は「超大吉」で、若林は「最高」だったそうです。

一般のおみくじにはない言葉ですので、どっちが上なんだ、ともめてました。

なお、オードリーからの返信ですが、チーム付け焼き刃全員の写真+春日の絵+オードリーのサインが載っているそうです。

そしてこのコーナーをやって

「結論、日本のお正月には年賀状が必要だ!」(若林)

と言っていました。


なお、twitterを「オードリー 年賀状」で検索した限りでは、まだオードリーからの返信を受け取った人はいないようです。

あくまでも私の判断ですが。

「神アプリ」から届いた方はいるようです。


6)「しんやめ」


7)エンディングトーク

チーム付け焼刃の新年会についてのトークでした。

毎年一回目の放送の後にやるんだけど、収録当日にはできないとのこと。

そして若林は乗り気なのに、他のチーム付け焼刃のみんなはめんどくさがっていること。

春日は、本当にお笑いの話しが嫌いなこと、などが語られました。


2.トム・ブレイディ

若林親子が嫌いなトム・ブレイディについて少々。

トム・ブレイディはニューイングランド・ペイトリオッツのQBで、これまでチームを5回スーパーボウルに導き、3回勝っています。

現役選手を代表するような優れた選手ですが、歴代選手を含めても、ベスト10には入るほどの選手だと思います。

若林親子が彼を嫌う理由は、なんとなく想像がつきますが、間違っていたらいやなので割愛します。


トム・ブレイディについては、さっきニュースを検索したら、こんなものがありました。

CBSスポーツ「Seahawks CB Richard Sherman: Tom Brady not one of 5 smartest QBs」
http://www.cbssports.com/nfl/eye-on-football/24396742/seahawks-cb-richard-sherman-tom-brady-not-one-of-5-smartest-qbs


要は、「ある選手が、トム・ブレイディは、賢いQBトップ5には入らない、と言った」と言うことです。

これは他のアメリカの多くのメディアも報道していました。

こう言うことがニュースになるのですから、逆に言うと、トム・ブレイディは賢いQBと思われて当然、と言う認識が、アメリカ人の中にはある、と言うことです。

それほどまでに、認められている選手です。

今シーズンも乏しい戦力しかないのに、チームをプレイオフに導きましたから。

ちなみに「ある選手」がつけたランキングは以下の通りです。

1位 ペイトン・マニング(Peyton Manning)

2位 ドリュー・ブリーズ(Drew Brees:オードリーと同い年で、若林が大好きな選手です)

3位 アーロン・ロジャース(Aaron Rodgers)

4位 ラッセル・ウィルソン(Russell Wilson:若林も春日も大好きな選手です)

5位 アンドリュー・ラック(Andrew Luck)



3.若林の人間ドッグの結果

中性脂肪の値がよろしくない、と言う他、こんなことを言われたそうです。

・高音が普通の人ほど聴き取れていない

 だから音痴なんじゃないか、と自分で言っていました。

 また、ときどきビッグスモールンのチロの話しが聞き取れない時があるとも言っていました。

 (不謹慎かも知れませんが、「アウト×デラックス」の山下啓司クンの声も聞きづらいかもしれません)

・筋肉に異常がある(と言っていたようです)

 これは、人間ドッグの前日にフラッグフットボールをやったから、偶然じゃないかと言っていました

なお、私も35歳のときに初めて人間ドッグを受診しました。

それから5年ごとに受けていますので、今年は受診すると思います。

ちなみに、私はコレステロールの値が異常、と何年も言われ続けていたのですが、その対策として女房が玄米食に切り替えてくれたところ、かなり持ち直しました。

玄米と言うと、戦時中に食糧がなくて苦労した私の義父ですら、「そげなもんば食うとか」と驚くのですが、食べてみると、何の違和感もないです。

今では、外食するときは別として、家で白飯を食うと、なんか抵抗を感じます。


4.今日は「NFL倶楽部」がただで見れる日

昨日も書いたのですが、今日は月の第一日曜日なので、全国でスカパーと契約してなくても「オードリーのNFL倶楽部」が無料で視聴できます。

日テレG+の番組表を見ますと、NFL関係の放送はこうなっています。

08:45~ 「NFL倶楽部 WEEK16」(再放送)

09:15~ 「NFL倶楽部 WEEK17」(再放送)

08:45からの分にはオードリーは出ませんが、09:15からのには、出ます。

しかも元TBSアナウンサーで、アメフト日本代表候補だった、超イケメンの有馬隼人氏と一緒に。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年1月4日「オードリーのNFL倶楽部」について~レギュラーシーズン終了~

2014年1月4日に放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

先週WEEK16の放送は地上波では放送されず、オードリーもお休みでした。

レギュラーシーズンの最後で、プレイオフの組み合わせが決まる今週は、オードリーは出演していましたが、後藤アナがお休み。

この放送は、おそらく1月2日に撮影されたものでしょうから、ひょっとしたら箱根駅伝のほうにまわったのかもしれません。

その後藤アナの代打で、実況もできる解説者、有馬隼人氏がスーツ姿で出演されてました。



2014年1月4日(オードリーNFL倶楽部)について

0.追記

この記事を投稿した後、今回の出演者による対談動画がNFL JAPANのサイトに上がっていました。

内容は、オードリーの2人による今シーズンの振り返りと、有馬隼人氏とともに語るワイルドカード(プレイオフ一回戦)の展望です。

番組で語られなかったことが多く、ハメの外し方も番組より激しいので、楽しく見させてもらいました

http://www.nfljapan.com/streaming/20140104-4109.html

1.有馬氏の今シーズンの印象など

「けっこう予想外のことが起きましたけれども、どうしてもオードリーさんの応援するチームがプレイオフに行けないんですよねぇ」(有馬氏)

「9月からわかっていました」(若林)

(結局テキサンズは今週も負け、14連敗でシーズンを終えることになりました)

「春日さん、どうですか。

 NFCはまだどこも地区優勝が決まっていませんが」(若林)

「(決まってないのは)知りませんでした

 Go Giants!!」(春日)

「いや(数字的に)もう無理なんですけど」(若林)

オープニングはこんな感じでした。


2.NFC北地区優勝決定戦となった、GB@CHIのダイジェスト

パッカーズ対ベアーズは、勝ったほうが地区優勝で、負ければシーズンエンドとなるゲームとなりました。

パッカーズはこの試合から大黒柱のロジャースが復帰しました。

結局パッカーズが勝ったのですが

「ロジャースの数字は平凡なもの(レイティングは85.2)だけど、要所要所で決めてきますね」(若林)

「そうですね。

 最後のドライブなんて、ギャンブル3回ですよ」(有馬氏)

これはすごいことです。

ギャンブルを3回続けて成功させるのは、並大抵のことではないです。

「こういうところはロジャースはすごいですよね」(若林)


3.NFC東地区優勝決定戦となった、PHI@DALのダイジェスト+現地レポート

パッカーズ対ベアーズと同様に、イーグルス対カウボーイズは、勝ったほうが地区優勝で、負ければシーズンエンドとなるゲームとなりました。

カウボーイズはTD数がリーグ4位で、イーグルスは獲得ヤードが2位。

しかしカウボーイズのディフェンスはリーグ最下位と言う成績。

どうするカウボーイズ…

と言うことで小池絵未さんが、試合が行われるダラスに飛び、カウボーイズ関係者の声を拾ってきました。

「向上するしかないね。

 ディフェンスは3rdダウンやレッドゾーンなどで簡単に走らせない、ということを再度強調して、確認しなければならない

 チャーチがとてもよくやっているね。

 素晴らしいプレイヤーだ。

 素晴らしいタックラーであり、セイフィティの中でも若きリーダーとなっている」(HCジェイソン・ギャレット)


チャーチとは、カウボーイズのSバリー・チャーチのことです。

そのチャーチにもインタビュー。

「シーズン序盤で(イーグルスと)対戦した時は、カウボーイズのディフェンスが上手く機能していたから、前回と同じメンタリティで、彼らを抑え込んでいくように考えているよ。

 WRを抑えてQBに仕事をさせないように、成功に導いていきたいね」

と語っていました。

そして試合ですが…

カウボーイズの先発QBは、トニー・ロモが椎間板ヘルニアのため欠場となりましたので、カイル・オートン。

カウボーイズのTEエスコバルがゴール前でパスを受け、ディフェンスを避けるように頭から一回転してエンドゾーンに飛び込んだシーンには、オードリーの2人からも驚きの声が上がっていました。

その後カウボーイズの犯したインターセプトから、イーグルスが2プレイでTDを決めると

「さすがディフェンス最下位だね。

 2プレイでか」

と真剣に驚いた春日。

しかしカウボーイズがゴール前1ヤードに迫られてからの攻撃をしのぐと

「おー、そうかね」(春日)

と見なおしたように言っていました。

(春日がアメフトを始めるきっかけとなったのは、カウボーイズが出たスーパーボウルを見たことでしたので、今でもカウボーイズのことは好きなんだと思います)

そして、敗戦決定後、オウナーシートから、何かを吐き捨てるような後ろ姿を見せて去ったカウボーイズのジェリー・ジョーンズを見て

「あれは何か怒ってるね」(春日)

と言っていました。

これ以外にもいろいろと、ワイプでは春日が大活躍のゲームでした。


ダイジェスト後、イーグルスの2年目のQBで、今シーズンブレイクしたニック・フォールズのことを若林から

「(フォールズには)本物のにおいを感じますね」

とふられた有馬氏は

「かなりレベル高いですよね。

 リリースも速いし、ターゲットの選択も速い。

 トム・ブレイディとかアーロン・ロジャースのクラスに入ってくるんじゃないですか」

とほめていました。

また、とにかくインターセプトされないことを2人でほめていました。

ここまで27TDに対し、2INTですから、驚異の少なさです。

また

「カウボーイズ、なんかかわいそうですね、毎年ね」(有馬氏)

と言う言葉に、オードリーの2人はうなずいてました。


4.HCチップ・ケリーのオフェンスについて

今シーズン、大学フットボール界から鳴り物入りでNFL入りし、フィラデルフィア・イーグルスを3年ぶりのプレイオフに導いたHCチップ・ケリーについて、有馬氏は

「オレゴン大学では無敵を誇った、ディフェンスがついていけないテンポの速いオフェンスをNFLに持ち込み、マイケル・ビックで試し、ニック・フォールズで試し、フォールズのほうが向いているとして、最強のオフェンスを作り上げましたからねぇ」

とほめていました。

「見ているほうもついていけない」

とも付け加えていました。

私としては、ケリーのオフェンスは、開幕戦でそのすごさを見せつけましたが、その後鳴りをひそめた感があります。

しかし、後半はフォールズが1試合7TDパスを決めるなど、爆発力を見せつけました。

私は、ひょっとしたらスーパーボウルに勝てるんじゃないか、とも思います。

ケリーの就任で一番ハッピーなのは、フォールズでしょう。

ルーキーだった昨シーズンは6TDで5INTで、レイティングは79.1でした。

それがレイティング119.2と、一時はロジャースの持つシーズン記録を更新するまでの成績を残しましたから。

本人の努力によるスキルアップもあったかと思いますが、ケリーと出会ったことで、ブレイク出来たのだと思います。

そう考えると、人生で最高の出来事は、自分の力を引きだしてくれる人と出会うことだ、と言う誰かの言葉に説得力を感じます。


5.その他

1)カロライナ・パンサーズのQBキャム・ニュートンのスクランブルを見て

「すげえな、おい」(若林)

と驚いていました。

またパンサーズが9個のサックを挙げたのには、春日が驚いてました。

たしかに、なかなかない数字です。


2)ペイトン・マニングが28回投げて25回成功。

これに春日は声を出して笑ってましたが、本当に笑うしかないすごい数字だと思います。


3)テキサンズは前述の通り14連敗でシーズンを終えました。

これでリーグ最下位となったわけですが、

「でも朗報です。

 来シーズンのドラフト1位指名権が決定しました」(ナレーションの山本アナ)

「負けて良かった」(若林)

とのやりとりがありました。

これは自虐的なジョークではなく、負けが込んできたチームのファンは、普通に思うことです。


4)プレイオフの組み合わせを見た若林

「チャージャーズがね。

 数字だけのチャージャーズと言われていたんですが、来ましたね」

と驚いていました。

なお、先日も書きましたが、ここ数年、開幕戦でイーグルスとあたったチームがスーパーボウルに優勝しています。

そのジンクスが続くとすれば、今シーズンはチャージャーズのものです。


5)若林から春日に、どのチームを応援したい、との質問が。

「いろいろあるけどね、ここで言うのは控えておこうかな」(春日)

それでもいろいろとつっこまれた春日は

「出ているチームが、ほぼ知らないチームだらけだからね。

 チャージャーズなんて誰がいるか知らないし」

と返事

「(やっと地デジ対応テレビ買ったんだし)早くG+に入れよ」

と若林に言われてました。

そんなわけで、プレイオフで春日が呪いをかけるチームは発表されませんでした


6)有馬氏の本音

「本命はブロンコスとシーホークスなんでしょうね。

 ディフェンスが強いし。

 でも本音は、ベンガルズに25年ぶりにスーパーボウルに行ってもらって、49ersに対してその時のリベンジをしてほしいんですよ。」

とのことでした。

そう言えば25年前の1988年シーズンでは、スーパーボウルでベンガルズと49ersが対戦し、有名な

「ザ・ドライブ」

でモンタナ・マジックが炸裂して、49ersが劇的な勝利をおさめました。

そのことを言われているのでしょう。

なおベンガルズは、そのほかに一度スーパーボウルに出ていますが、その時も49ersに敗れています。


6.明日はスカパー無料の日で、「NFL倶楽部」とプレイオフ一回戦が見れる

明日は月の第一日曜日なので、全国でスカパーと契約してなくても無料で視聴できます。

明日の日テレG+の番組表を見ますと、NFL関係の放送はこうなっています。

08:45~ 「NFL倶楽部 WEEK16」(再放送)

09:15~ 「NFL倶楽部 WEEK17」(再放送)

09:45~ ワイルドカードプレイオフ(ニューオリンズ・セインツ(NO)対フィラデルフィア・イーグルス(PHI)(生放送)

となっています。

チャンスです。


なお、日テレG+の番組表を見ますと、来週以降のCSでの初回放送は、22:30~23:30と一時間になっています。

例年通りプレイオフの期間は一時間の拡大放送となるようです。

楽しみです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】ライスボウル2014の感想(ネタバレ)

今日2014年1月3日に行われた、アメリカンフットボールの日本選手権大会である

プルデンシャル生命杯第67回ライスボウル

を、テレビ観戦した感想などを書きます。


1.新幹線遅延~関西学院大学の「即席スタッフ」

今朝早朝には東京有楽町駅付近で火災があり、新幹線の運行に影響が出たそうです。

おかげで関西にある関西学院大学から、今日東京に乗り込むスタッフや一部選手が、キックオフに間に合いませんでした。

東京ドームについたのは、第2Qの残り2分21秒ごろ。

7-14で関学はビハインドでした。

そして前半は7-17で終わりました。


新幹線の遅延がなかったらどうなっていたでしょう。

もっといい戦いができていたかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。

それはわかりません。


ですが、あのオービックに対して、前半10点のビハインドですんだのは、驚異的だと思います。

なんでも、東京近辺に住んでいる関学OBを集めて、「即席スタッフ」を組んで、試合に臨んだそうです。

さすがに選手として出場するのは無理でしょうが。

でも、この10点のビハインドですんだ裏には、「即席スタッフ」の存在が大きかったと思います。


アメフトは練習でも試合でも、スタッフの比重がものすごく大きなスポーツです。

試合中に「即席スタッフ」が何をされたのかはわかりません。

スポッターとかされたのかどうかなど…

ですが試合前には、できるあらゆることをされたと思います。


この「即席スタッフ」はアメリカンフットボールだから結成されたのだと思います。

他の競技だったら、結成されたかどうかわかりません。

学生や監督コーチにとっても、「即席スタッフ」の存在はありがたいものだと思いますが、声をかけられたOBにとっても、けっこうありがたいことなんじゃないかと思います。

まだチームのためにやることがあるのだなんて、名誉なことだと思います。


私はこの「即席スタッフ」がどのように結成され、何をし、どう貢献したのかがものすごく知りたいです。

それがわかると、きっとアメリカンフットボールと言う競技の固有性と素晴らしさがわかると思いますから。


2.試合を決めたもの

1Qの早い時期にオービックが先制し、その次のシリーズで関西学院大学が追いつく、と言う乱戦を予期させる展開となりました。

しかしその後は試合は膠着しました。

試合の流れを決定づけたのは、第2QにオービックがRB原選手のランを軸に攻撃を始めたことだと思います。

それまでオービックの攻撃では、QB菅原選手のパスがイマイチ決まりませんでした。

これは関西学院大学の準備によるものだと思います。

オービックの37歳のRBで、日本代表も務めた古谷選手のランもそこそこ出ていましたが、決定力はありませんでした。

しかし原選手が登場すると、10ヤード程度のゲインを繰り返して、関西学院大学のディフェンスを切り崩していきました。

オービックのフォーメーションは「スプレッド」と言われるもので、おおざっぱにいえば、これは両端に2人のWRを置き、彼らにフィールドを広く走らせ、ディフェンスをそれについて行かさせることで、オープンなゾーンを作り出すものです。

このフォーメーションからランを出されると、ディフェンスはなかなかそれに対応できません。

そしてランをケアするために、ディフェンスがそれに備えると、パスが来る。

パスカバーは甘くなっているので通ってしまう。

そんな鬼のようなオフェンスでした。


それでも、ライン戦で押していて、サイズやスピードで勝っていれば、ランやパスも止められたでしょう。

関西学院大学ディフェンスはライン戦で圧倒できなかった上に、原選手と言うスーパーRBが相手では、それもできませんでした。


結局試合は

オービック 34 - 16 関西学院大学

となり、オービックが前人未到の4年連続日本一となりました。

原選手がMVPに輝いたことが、この作戦が勝因の大きな部分を占めたんじゃないかと思わせてくれます。


3.関西学院大学のスペシャルプレイ(トリックプレイ)

試合前に語られていたのが、まともに戦ったのでは勝てないと思われる関西学院大学が、どういうスペシャルプレイを用意してくるか、と言うものでした。

昨年のライスボウルも同じカードでしたが、関西学院大学は、勝つためになりふり構わずスペシャルプレイを繰り出し、試合終了直前までリードしていました。

ですから、多くのファンがそれを期待し、オービックサイドは、それを懸念していました。


スペシャルプレイは「邪道」ではありません。

成功する確率が低いので、行われることが少なく、「まさかそんなことはしてくるまい」と言うプレイです。

昨年の関西学院大学は、ことごとくそれを成功させて、オービックを追い詰めました。


今日の試合でも、関西学院大学は、スペシャルプレイを繰り出してきました。

フリーフリッカー、パントフォーメーションからのパスやラン、オフサイドを誘うダミーカウントなど。

パントフォーメーションからのパスやランは効果的だったようで、おかげで関西学院大学のFGフォーメーションでも、オービックはスペシャルプレイをおそれ、ラッシュしてきませんでした。

おかげでキッカーは、ラッシュのプレッシャーなく蹴ることができました。

(オービックはFGならかまわない、と開き直っていたようです)


一方でスペシャルプレイのための選手入れ替えにとまどって、2回タイムアウトを使うということがありました。

やはりスペシャルプレイは難しいもんだと思いました。


関西学院大学があげた2つのTDは真っ向からのランとパスからでした。

この2つのプレイは素晴らしいものでした。


4.オービックシーガルズの「王朝」は、いつまで続くのか

前述したとおり、オービック・シーガルズは、前人未到の4連覇を達成しました。

今春のパールボウルトーナメントで富士通にやぶれ、久しぶりに公式戦で黒星を喫しましたが、秋のシーズンからここまでは全勝で来ました。

この「王朝」はどこまで続くのでしょう。

完璧なチームと言うのを見るのはなかなかないので、それに近いオービックを見れているのは、幸せなことかもしれません。

ですが、そろそろ倒してくれるチームが登場してもいいかな、と思います。

ただ、負けるにしても、ベストコンディションであたって、最高の試合をして、と言う状況でお願いしたいです。


5.twitterでの声

この試合がtwitterでどうツイートされたか興味がありましたので、下記リンク先にまとめてみました。

ライスボウルとその前後に、twitterから「ライスボウル」「#amefootjp」「アメフト」などで、関係するツイートを拾ったものです。

(急いでまとめたので、関係ないものもあると思います)

togetter「【アメフト】ライスボウル2013のまとめ」
http://togetter.com/li/611356


意外に多くの人に見られているんだな、と思い、嬉しくなりました。


さて、これで日本アメリカンフットボール界の2013年シーズンが終わりました。

早く敗退したチームは、早くも2014年シーズンに向けて動き出しているでしょう。

ちなみに4月26日には、来年行われる第5回アメリカンフットボール世界選手権のアジア予選で、日本代表は史上初めてフィリピンと戦います。

YAHOOトピック「アメフト世界選手権懸けフィリピンと対戦」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140103-00000013-nksports-spo


これがアジア代表を決めるすべての試合かどうかはわかりませんが、今年の日本のアメフト界は、国内だけではなく、海外との試合にも注目したいです。

ちなみにこれに先立つ4月12日には、川崎球場の改装を記念して、川崎球場で、日本代表がヨーロッパの強豪ドイツ代表と戦います。

ドイツ代表とは1回ぐらいは戦ったことはあると思いますが、すべて日本が勝ってます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2013年度シーズンラグビー大学選手権】準決勝 早稲田大学対筑波大学の感想

2014年1月2日に行われた、2013年度シーズンの大学選手権、第50回 全国大学ラグビーフットボール選手権大会の準決勝2試合のうち、最初に行われた

早稲田大学 対 筑波大学

の試合を、テレビ観戦した感想を書きます。


1.個人的には両校応援したいカード

私は早稲田大学を母校としていますが、対する筑波大学には、日本代表の福岡堅樹選手や松下彰吾選手など、これも母校の福岡県立福岡高校(福高)出身者もいます。

どっちが勝ってもいい、と言うことはなく、やはり純粋に母校の早稲田大学を応援しますが、相手が筑波大学のような学校なら、負けてもそんなに悔しくない。

そんな気持ちでした。


実際福岡選手がボールを持った時、行けぇ〜、なんて思ってしまいましたし (^_^;)

できれば決勝で見たいカードでした。

ところで早稲田大学対筑波大学と言えば、早稲田大学が最後に社会人を破って日本一に輝いた1987年シーズン(私が4年生の頃)、たしか対抗戦であたり、6-3ぐらいの接戦で早稲田大学が勝利したと記憶します。


2.試合の感想

結果は29-11で早稲田大学が逆転勝ちしました。

私は所用で、早稲田が最初のトライを決め、7-8と1点差に迫ったところから見ました。

前半20分あたりだったと思います。

そこからの感想を書きます。

1)ノッコンが多い気がしました

立ち上がりだけに限らず、後半に入っても、両チームともなかなかボールをしっかりと捕ることができず、それでチャンスを潰すシーンが、よく見られました。

話しは第二試合の帝京大学対慶應義塾大学の試合に飛びますが、慶應は最終的には大差をつけられての敗戦となりましたが、けっこういいディフェンスを見せ、王者帝京大学に食い下がったと思います。

ですが、オフェンスがなかなか機能していなくて、それで敗戦したように感じます。

話しを早稲田大学と筑波大学に戻しますと、今日のようなハンドリングであれば、どちらが決勝に出ても、帝京大学の5連覇を防ぐのは難しいと感じました。

でも最後の方で、早稲田大学はきれいなパス攻撃でトライをあげました。

ああいうのがそつなくできれば、決勝でも行けると思います。


2)今回は長かった、ゴール前の攻防

10-8と早稲田大学リードで後半に入ったのですが、その3分後ぐらいから、長い長い、早稲田大学ゴールライン前での攻防がありました。

正確には覚えていませんが、テレビでは「25分以上」と言われた攻防でした。

筑波大学と早稲田大学では、体格に差があるようには見えず、筑波大学は何度も縦への突進を繰り返し、じりじりと前進しました。

また、早稲田大学には何度かピンチを抜け出した、と思えたシーンがあったのですが、パントが短かったりで、結局こんなにも長く、自陣深くで耐え続けるシーンが続きました。

2度ほど、筑波大学がトライをあげた、と思えたシーンがありました。

しかし筑波大学が反則したり、早稲田大学はが最後の最後でターンオーバー奪ったりして、結局得点を許しませんでした。

逆に早稲田大学はその長いピンチを抜け出すと、いとも簡単に追加点をあげました。

「簡単に」と書きましたが、本当はそんなに簡単ではなかったと思いますが。

こういう展開はよく見かけますが、何度見ても嬉しいです。


3)日本代表対決は藤田選手の勝利か

私の友達が「福岡ラグビーシーン」(https://www.facebook.com/Fukuoka.Rugby.Scene)と言うサイトを運営しているのですが、この試合について、事前に

「筑波の福岡堅樹選手(福岡高出身) vs 早稲田の藤田慶和選手(東福岡高出身)の若き日本代表選手の対決で話題になっています。」

と書かれていました。

この対決、ボールに絡んだ頻度や、トライをあげたかどうかという点から見ますと、藤田選手の勝ちだと思います。

実況で、福岡選手の名前が呼ばれることは少なく、後半はほとんどなかったと思います。

(筑波大学では、山下選手が活躍していたように記憶します)

藤田選手はロングゲインした後、再びパスを受けてトライを奪ったりの活躍でした。

試合の勝敗は早稲田大学に買って欲しいと思い、その通りになりましたが、この2人の対決は、母校を同じとする福岡選手に勝ってほしいなぁ、と思っていたのですが。

でも2人ともまだまだ2年生。

これから好勝負が見られることを願います。


4)早稲田にリードパスが少なかったような

早稲田のパス攻撃は、ノッコンも少なくなかったですが、つながりはしていました。

しかしなんとなく、パスを受ける選手のスピードをダウンさせるようなものが多かった気がします。

特に深いラインを引いている時に、それを感じました。

選手の走って行く方向へ投げて、スピードを殺さないパス(アメフトでは「リードパス」と言います)がうまく出来ていれば、前半7割がたボールを支配していたのに、3点しかリードできなかった、というもどかしいことはないと思います。

でも走って行く方向に投げるということは、ディフェンスの選手に近い方向に投げることになり、インターセプトのリスクも高くなるんでしょう。

しかしそのための深いラインではないか、とも思うのですが…


3.決勝戦に向けて

第二試合は45-14で、帝京大学が慶応義塾大学を降しました。

これで決勝のカードは、早稲田大学対帝京大学となりました。

このカードは3年ぶりで、前回は帝京大学が勝っています。

帝京大学は、今度勝てば5連覇となります。

それを阻止したい、という気持ちがないでもないですが、純粋に早稲田大学に勝ってほしいという気持ちが強いです。

昨日の試合、帝京大学は予想より苦しんだと思いますが、それでもフィジカルの利と、接点での強さで圧倒し、大差で勝ったように思えます。

早稲田大学は、まずミスのない試合をするのが第一でしょう。

勝機がないとは思えません。

私も全力で応援します。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「スパム」と言われているFacebookアプリ「自分新聞」は、どこがやばいのか?

Facebookアプリの「自分新聞」が、スパムアプリではないか、と言われています。

いくつか記事を読んで、私なりに好ましくないところをまとめてみましたので、書いておきます。


1.「自分新聞」とは何か?

昨年末、私のFacebookのTL(タイムライン)でもよく見かけましたが、2013年にFacebookに投稿したものを、新聞風にまとめたものを、自分の「近況」に投稿できるものです。

プライバシーの保護が難しいので、画像は載せませんが、新聞風にとてもよくできています。


2.何がまずいのか

1)関係のないサイトに「いいね」をおさないと、実行できない

下記リンク先の記事を読みますと、「ハーバード流宴会術」「Omiai」サイトに「いいね」を押さないと、「自分新聞」は使えないようです。

秒刊Sunday「いいね!を強要する「自分新聞」がスパムアプリだと話題に。さっそくやってみた」
http://www.yukawanet.com/archives/4598855.html

いいじゃん、そんなの押してしまえば、減るもんじゃなし、と言う考えもあるでしょう。

しかし「いいね」を押してしまうと、Facebookの自分のプロフィールサイトに、このサイトに「いいね」を押したことが表示されます。

(どおりで「ハーバード流宴会術」にいいねを押したプロフィールを良く見かけたわけです)


また、これは違うサイトですが、FacebookのTLの右側に、このような広告が出ます。

20140101Facebookの

この一番下に「  さんと   さんが楽天市場(Rakuten.Inc)について「いいね!」と言っています」とあります。

(実名は隠させてもらいました)

このように、自分の名前が広告に利用されることがあります。

規約に承諾していれば、これは合法で、問題がないことだと認識します。


それから「Omiai」と言うサイトについてですが

「Omiai - Facebookで安心安全に出会える日本初&最大級の恋活アプリ…」

と言うことだそうですが、人によっては「出会い系」と言い切る人もいます。

このサイトが望ましいものかどうかはわかりませんが、少なくとも、他の人は、この人は「いいね!」を押したんだな、と見ます。

使ったかどうかにかかわらず。

私としては、自分が「出会い系」と見られかねないサイトに「いいね!」を押したと想像されることは、不本意でなりません。


2)個人情報の保全に不安がある

これは、下記リンク先の記事をお読みください。

BLOGOS「「自分新聞」は去年もスパム扱いされていたようです ー 私が感じる問題点」
http://blogos.com/article/76986/


やらかしました「自分新聞とかいう●ソなアプリを使う人たちへ」
http://www.masakazoo.com/archives/558


なお、最初の記事には、「いいね!」の取り消し方も書いてありますので、参考になると思います。


3)「いいね!」を集めるビジネスに加担することになる

「自分新聞とかいう●ソなアプリを使う人たちへ」には、「自分新聞」を運営する会社は、「いいね!」を集める商売をしている(あるいは「していた」)そうです。

これまでに書いたこと以外、「いいね!」を集めるビジネスに加担することに、直接的な被害は思いつかないのですが、「だまされた感」は残ると思います。


3.Facebookアプリについて

ここ1年ぐらいは、私はFacebookアプリを使っていません。

スパムもある、と聞いていたからです。

でも、みていると本当に魅力的なFacebookアプリがたくさんあり、友達が使っているのを見ると、

「俺もやりてぇ~」

と言うのもあります。

「自分新聞」もその一つでした。

一生懸命、やるのを我慢しました。


言い訳を書かせてらいますと、他の人がFacebookアプリを使っているのについては、警告することは、人間関係に響いてきそうなのでしてきませんでした。


結論として、よほどの自信がない限り、Facebookアプリには手を出さないほうがよいと思います。


なお、下記サイトも、この記事を書くための参考とさせてもらいました。

やまもといちろうBLOG「『自分新聞』がFACEBOOKで流行中ですが、スパムサービスの可能性があります」
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2013/12/facebook-3864.html



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~