2014年04月の記事 (1/1)

【今週開幕】日本の優勝が期待される、第1回 アメリカンフットボール大学世界選手権大会

【追記】

日本時間5月4日20時からの日本対フィンランド戦は、下記サイトで生中継されます。

アメリカンフットボール日本代表公式サイト「5月4日(日)20時~ 日本対フィンランド戦生中継」へのリンク


【本文】

明日、2014年5月1日(現地時間)に、

第1回アメリカンフットボール大学世界選手権大会

(1st World University Championship in American Football )

が、スウェーデン王国ウプサラ市で開催されます。


出場チームは以下の5カ国

・日本

・中華人民共和国

・メキシコ

・フィンランド

・スウェーデン


スケジュールは以下の通りです。

(日本時間に直すには7時間足せばよいそうなので、それで算出したものを書いておきます)

・5月1日(木)17:00(日本時間5月2日0:00) 開会式

・5月2日(金)15:00(日本時間5月2日22:00) 中華人民共和国 対 フィンランド

・5月2日(金)18:30(日本時間5月3日3:30) スウェーデン 対 メキシコ

・5月4日(日)13:00(日本時間5月4日20:00) フィンランド 対 日本

・5月4日(日)17:00(日本時間5月5日0:00) スウェーデン 対 中華人民共和国

・5月6日(火)15:00(日本時間5月6日22:00) メキシコ 対 フィンランド

・5月6日(火)18:30(日本時間5月7日1:30) 中華人民共和国 対 日本

・5月8日(木)18:30(日本時間5月9日1:30) 日本 対 スウェーデン

・5月9日(金)18:30(日本時間5月10日1:30) メキシコ 対 中華人民共和国

・5月10日(土)16:30(日本時間5月10日23:30) フィンランド 対 スウェーデン

・5月11日(日)16:30(日本時間5月11日23:30) 日本 対 メキシコ

私の日本時間への計算間違いなどあるかもしれませんので、オリジナルのスケジュールサイトへのリンクを貼っておきます。

「1st World University Championship」scheduleへのリンク

正確なところは自信はないですが、下記サイトで中継されるようです。

「1st World University Championship」LIVEへのリンク


日本代表選手の一覧は、下記サイトをご覧ください(PDF)

「第1回 大学世界選手権大会2014年大学日本代表選手(68名)」へのリンク

そして日本代表を率いるのは、京都大学を何度も日本一へ導いた名将

水野弥一監督

です。


大会の動向については公式サイト(英語メイン)かアメリカンフットボール日本代表チームのサイトを見れば、把握できると思います。

「1st World University Championship」へのリンク

アメリカンフットボール日本代表チーム「カレッジ日本代表チーム」へのリンク


公式サイトには、 山田晋三日本代表コーチへのインタビューがあります。

1st World University Championship「Speed and discipline are Japan’s keys」へのリンク

「スピードと規律が日本代表チームのカギ」

と直訳できますが、これまでフル代表(正式には「シニア代表」)の試合を見ますと、まさにその通りだと感じます。

この2つ秀でていたからこそ、日本代表は体格で大きく勝るヨーロッパの国々に勝ってきたのだと思います。


さてタイトルで

「日本の優勝が期待される」

と書きましたが、私は本気でそう考えています。

フル代表の話しですが、日本はスウェーデンやフィンランドやメキシコ各国と対戦したことがありますが、負けたことはありません。

中国とは対戦したことがありませんが、たぶん他の世代、性別で中国は初参加だと思います。

そう強くはないかな、考えます。

ですから、日本が優勝する確率はかなり高いと思います。

(アメリカは国内大学リーグのルールで、参加できないものと考えます。

 そんなルール、こう言うときは目をつぶればいいのに、とも考えられますが、それができないほど、アメリカの大学フットボールはビッグビジネスだと言えると思います

 カナダ不参加の理由はわかりませんが、同じようなものかな、と思います)


結果的に優勝できたとしても、大差で勝ったとしても、決して「楽勝」ではないと思います。

体格で勝る相手とぶつかりあいながら勝つのは、並はずれた精神力と作戦、そのための準備が必要ですから。

大変な努力が必要だと考えます。

でも、きっと優勝してくれると期待しています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ライオンズ】ランサム選手の応援に見る素晴らしき福岡の応援団

埼玉西武ライオンズが福岡ソフトバンクホークスに、敵地で3-14で大敗した4月27日のゲーム。

11点差をつけられた9回表には、かわった光景が見られました。

ランサム選手が打席に立つと、鳴り物を使った応援をやめ、ファンがそれぞれ違うことを叫び始めたのです。

「この点差に対し、応援拒否か」

と言うツイートが見られましたが、真相は以下のツイートが語っているもののようです。

「今日の福岡ヤフオク!ドームでの埼玉西武戦、9回表のランサム選手の打席では鳴り物を使わず、メジャー流の自然発生的な声援の応援でした。
メジャー時代の打撃を思い出してくれればと願いましたが、思い実らず。 #seibulions」
https://twitter.com/fwks7841/status/460360487146778624


後になってこれを見た私は、この時スタンドにいたライオンズファンは素晴らしい、と感激しました。

自分たちの応援で、選手に力を与えようとしていたのです。

ファンも苦しい現状を、なんとか自分たちも力になって打破しようとしていたのです。

いつも通りの応援では、チームは、選手は変わらない。

そう考えたのでしょう。


私はライオンズファンがこういうことをやるのが珍しいのかどうかは知りません。

ですがとにかく、私には新鮮で、すごいことに感じました。

昨年ペーニャ選手の打席で、ホークスファンがなにか特別なことをやった、とは聞いていませんし。


ライオンズファンの願いは実りませんでしたが、このことをランサム選手が知ったら、きっと奮起してくれると思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】日本対フィリピン 第5回アメリカンフットボール世界選手権 アジア予選観戦記




先週土曜日、4月26日に東京アミノバイタルフィールドで行われた

第5回アメリカンフットボール世界選手権 アジア予選 日本対フィリピン

の観戦記を書きます。


その前に、日本はこの大会に4回連続出場で、優勝2回、準優勝と3位が1回ずつと世界的にも強豪です。

対するフィリピンは、2009年にリーグができて、今回が世界選手権予選初出場。

そしてこの試合が初めての国際試合だそうです。

ですから、私の予想は50-0ぐらいで日本が勝つだろう、と考えていました。

そしてフィリピンはどう言うアメフトをするんだろう、というのが今回、最も楽しみな点でした。

初出場とはいえ、アメリカの影響を強く受けている国ですから、洗練されたフットボールをするんじゃないか、と期待していました。


【1Q】

各クオーター(Q)は12分制でした。

日本のレシーブで始まった試合、日本が最初のプレイでWRにスイングパス。

WRはそのままサイドラインをかけ上がって56ヤードのTDパスとなりました。

(日本 7-0 フィリピン)

次のフィリピンの攻撃はパントに終わりました。

遠くに座っていたので正確なところはわからないのですが、普通のフォーメーションからのQBによるキックに見えました。

風下でしたし、窮屈そうなキックでしたので、ボールもあまり飛びませんでした。

1Qは日本が4TDとセイフティもあげ、日本 30-0 フィリピンで終わりました。

両チーム、特に日本がパス偏重の攻撃でした。

【2Q】

2Qはほぼ目の前で展開されたので、よく試合が見えたのですが、やはりフィリピンは通常のオフェンスフォーメーションからのパントをしました。

しかしそれも最初だけで、そのパントをリターンTDされてからは、ややパンターを前に置いたパントフォーメーションからのパントとなりました。

しかし、すきあらばパスを投げる、という動きを常に見せていたように思います。

私は、こう言うフィリピンの姿勢はいいなと思います。

2Qには、ん?と思われるプレイがありました。

一つは日本の風下からのキックオフが、リターナーまで届かず、リターナーとその前の選手との間に落ち、結局日本に抑えられたシーン。

キックオフはパントと違って10ヤード飛べばどちらが抑えてもいいので、リターナーはそこのルールがわかっているのか?と思われました。

たしかに前に出るかどうか、判断に難しい飛球ではありましたし、前の選手もポジショニングや動きにも疑問を感じましたが。

そして前半終了間際に日本チームがニーダウンをした時。

フィリピンの選手はスクリメージラインを越えたあたりで、つっこんでいいものかどうかとまどっているように見えました。

フィリピンチームに経験不足が感じられましたが、下記記事によると、ほぼ未経験者も含んだ急造チームだったそうです。

毎日新聞「アメフット:日本圧勝、5大会連続で突破…世界選手権予選」へのリンク

それにしては2Qを終わって日本 44-0 フィリピンは、かなりがんばったと言えると思います。

【3Q】

日本は時間を潰したり、選手を試すためか、フィリピンは現状を打破するためか、両チームともランが多くなりました。

日本はRBを使いましたが、フィリピンはデザインされたQBランがいくつかありました。

フィリピンがギャンブルからパスを通してファーストダウンを取りました。

結局この試合唯一のファーストダウンになったわけですが、これには私の周りの日本の応援席も大盛り上がりでした。

敵の応援席に同情されるのは、決して喜ばしいものではないと思いますが、フィリピン以外の国が相手でこう言う反応が起きたかどうかは疑問に思えます

日本に圧倒されているとはいえ、それほどフィリピンの選手の動きは好感が持てるものだったと言えると思います。

フィリピンにはフェイスマスクの反則もありましたが、仕方がないか、と思える程度に見えましたし。

負けてると言って、荒れてはいませんでしたから。

しかしその次のパスを日本にインターセプトされ、リターンTDとなりました。

3Qを終え、日本 65-0 フィリピンとなりました。


【4Q】

3Q途中からフィリピンはQBをかえてきました。

新しいQBは、パスの動きはギクシャクしていましたが、走るのはうまそうでした。

そして、フォーメーションがピストル中心になったように思えます。

それまではショットガンかノーバック中心だったと思います。

フィリピンは日本のRBにロスタックルを食らわすシーンがありました。

この時間になっても、まだフィリピンのメンタルは切れてなかったと思います。

とても素晴らしいことだと思いました。

フィリピンの守備は、後半けっこうアグレッシブでどんどん突っ込んできました。

ただ、最後の失点が、その突っ込みを逆てに取られて空振りさせられてのものだったように思えます。


最終スコアは

日本 86-0 フィリピン

で、日本は第1回以来の5回連続本戦出場を決めました

MVPはRB東松選手でした。




【日本オフェンス】

前半はいつもよりパス多めで、前半終わりあたりからランも増えてきたという感じでした。

ドイツ戦ではなかったTDランもいくつかありました。

獲得ヤードが、ラン19回140ヤード、パス19回投げて16回成功の205ヤード、合計345ヤードと、あげた得点のわりには少ないように感じます。

これには、リターンTDがいくつかあったこともありますが、攻撃を開始する地点が、ほぼ敵陣だったから、ということが大きいと思います。

そして、私の素人目には、ビッグプレイはそんなに多くなかったと思います。


【フィリピンオフェンス】

ラインは日本のクイックネスに翻弄されて、常にディフェンスの侵入を許していたように感じます。

それでも、先発したQBの動きは良かったと思います。

動きがギクシャクしていなく、投げるタイミングも良くて、美しい球を投げているように感じました。

ディフェンスを避ける動きも良かったと思います。

いかんせん日本のディフェンスは世界的にレベルが高いので、パスもなかなか通らず、ランもあまり出ませんでしたが、相手が日本でなければ、もっといい数字が残せたと思いますし、完封もなかったと思います。

フィリピンは、ラン17回で-59ヤード。

パスは14回投げて成功4回、インターセプト2回で-45ヤード。


RBも強くて、なかなか倒れないシーンを見ました。

あのQBを生かせるチーム作りをすれば、いいオフェンスができるんじゃないかと思います。




【日本ディフェンス】

安定の強さでした。

相手にファーストダウンを一回しか許さなかったのは、どんな相手でも大したものだと思います。


【フィリピンディフェンス】

この試合最大の驚きは、フィリピンディフェンスの集まりの速さでした。

日本選手がパスをとった後、何人もの選手に囲まれるシーンをよく見ました。

ライン戦で圧倒する、と言う場面はなかったように思います。

(でも敢闘賞は92番のDLの選手だったようですが)

パスラッシュはかけていましたし、ロスタックルも奪いました。

予想以上に素晴らしかったと思います。


【フィリピンチームに期待します】

前回のアジア予選に参加したのは、日本と韓国のみでした。

というより、今回参加したフィリピンとクウェートを除けば、アジア予選に出場したことがあるのは日本と韓国のみです。

とても寂しい状態でしたので、今回参加国が二つ増えたことには、アメフトファンとして本当に感謝です。

今回フィリピンは大敗しましたが、急造チームなのでしょうがないと言えるでしょう。

それより、こんな大差なのに、最後までパスラッシュを仕掛けるなど、メンタルが切れなかったのは敬意に値します。


フィリピンの選手の中には、運動能力が高い選手が何人もいたように思います。

ですから、じっくりと育成すれば、本戦に出場しても勝ち星をあげることができるチームがそう時間をおかずにできるように感じました。

偉そうに書かせてもらいますと、今回フィリピンチームは、日本チームから、これまでに経験したことがない次元のプレイを見せられたことと思います。

フィリピンが強くなる過程で、この試合で得られた経験が役に立てばいいなと願います。

個人的には、そんなフィリピンチームの初めての国際試合が現地で見られたことは、光栄に思っています。


なお、応援の声の大きさでは圧倒的に数に劣るものの、フィリピンの勝ちだと感じました。

フィリピンのオフェンスの時に声を出す、と言うことが多かったですが、これは日本でもありがちな誤解だと思っています。


とにかく、会場まで脚を運んでくれたファンのためにも、フィリピンが強くなることを願いますし、そうなると信じています。





この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年4月27日】「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想~春のウエディング祭!!



(エンディングでかかった、ブルーノ・マーズの「Marry You」

 Official Music Videoとの表記ですが、フラッシュモブサプライズプロポーズの動画のようです

 結構感動的だと思います



今週は「五戸ナビ」を手伝ってくれた五戸美樹アナウンサーがけっこんされたということなどで

「春のウエディング祭!!」

と言うスペシャルウイークでした。

最初のほうは、あまり「スペシャル感」は得られず、twitterでも「通常回だな」と投稿されていましたが、尻上がりにおもしろくなったと感じました。

なお、予告された「春日学部」は実施されず、「しんやめ」を含め一切コーナーがありませんでした。

「春日学部」は来週以降でしょう。

ちなみに来週、春日はいよいよボディビル大会出です。


1.番組の流れ

1)オープニング

こんな話題が話されました。

・最近春日に2009年並みの人気が戻ってきた

・春日の「ひな段がこわい事件」

 春日が「ひな段に座っているのが怖い」と言いだしたことで事務所で会議が開かれ、じゃあロケに出そう、と言うことになったそうです。

 本当かどうかわかりませんが、本当であれば、今の「ロケ芸人」になるいいきっかけになったと振り返れるかな、と思います。

 中島みゆきの「時代」の「そんな時代もあったねと、いつか笑ってはなせるわ」みたいに。

 春日本人はどう思っているかわかりませんが。

・時事を斬る

 「オバマ大統領来日」「富岡製糸場世界遺産登録」についてでした。

 先々週のような深さはなかったです。

・春日は来週ボディビル大会

 脂肪をそぎ落として細くなった感じだそうです。

 放送中のブースででなにかやってたようですが、安定の「見えない放送」でした。

・春日のスケジュールがカオスすぎてすごいそうです。

 普通で生きていたらすごせないほどハード、プラスわけわかんないそうです。

 なんやかんや言っても、それをこなしているんだから、春日はすごいな、と思います。

・最近地上波で若林が実は「黒林」なことがばれつつあるそうです。

 書くと長くなるのですが、印象に残ったのは 

 「占い師と心理学者が大嫌い」(若林)

 という言葉でした。

 気持ちはわかります。

・今回の放送の趣旨説明。

 五戸美樹アナ結婚とくじら結婚について、何かスペシャルなことをやるそうです。

 ゲストも呼んであり、サトミツがゲストテーブルからレポートしていました。

 以下の方が来てくれました。

 くじら:「めでたい席にまねかれて、非常に光栄に思っております」

 TAIGA:「どーもねー」

 ビッグスモールン:チロちゃんが既婚者だということが話され、twitterで驚きの声が上がってました。

・五戸アナに電話をかけました。

 だんなさんと二人でしっかりと聴いていたそうです。

 今回不参加は、勤務上の都合であり、参加しないのではなく、参加できないんです、と言うことを強調されていました。


・同僚のよっひに電話

 長い呼び出し音の後出てくれました

 「よっぴですか?」(若林)

 から始まり、めんどくさい会話がかわされました。

 「披露宴と言うのは、数ヶ月前から招待状を出してですね…」(よっぴ)

 「企画なら事前の打ち合わせが不可欠で…」(よっぴ)

 その後

 「よっぴさんはなんで披露宴の時、俺達呼んでくれなかったんですか」(若林)

 「当時付き合いがありませんでしたし、タレントさんはちょっと…」(よっひ)

 「でも今なら、俺ら呼ばないにしても、松井怜奈ちゃん呼ぶでしょ?」(若林)

 「ええ、レギュラーで一緒にやってますからね」(よっひ)

 ここで恒例の電話たたき切り。

 ちなみにその後、吉田アナはこうツイートしていました。

 「いま嫁のお義父さんが泊まりに来てて、自分の部屋に隔離されてこの状態でご飯食べてて、ハッピーも何も…! http://ow.ly/i/5n1lA #annkw」
 (https://twitter.com/yoshidahisanori/status/460097908336250880

 私はそういう状況で、隔離されたことなんかないけどなぁ…

 ネットでも、なんで隔離されるんだろう?と不思議がる声が上がっていました。

 就寝時間が違うからかもしれません。

オープニングは以上ですが、今回は1:45までと、いつもより長めでした。

黒林の話しが長かったな、と思います。


2)五戸美樹アナウンサーへの祝福メッセージ(その1)

ここ2週間番組で語られてきた、噂の

Czecho No Republic (チェコ・ノー・リパブリック)

の武井優心 (たけいまさみ)からのメッセージが流れました。

しかしあいさつもそこそこ、ライブの告知がメインでした。


3)「五戸美樹物語」(前編)

2009年12月の初めてのスペシャルウイークに放送された

「河口正史物語」

みたいな感じで、入社までの五戸アナの歩みがナレーションされました。

途中久しぶりに、アルバイトのみほちゃんの声が聞こえました。


4)五戸美樹アナウンサーへの祝福メッセージ(その2)

古坂大魔王からのものが放送されました。

五戸アナには「とにかく食べる」と言う印象が強いそうです。

最初はオードリーのことを、オードリー・ヘップバーンとわざと間違えて呼んでいました。


5)五戸美樹アナウンサーへの祝福メッセージ(その3)

ミッツ・マングローブの叔父こと徳光アナからでした。

若林さんは言葉が豊富

春日さんは立ってるだけで格調がある

とほめていました。

五戸アナについては、

「いい新人アナだと思ったら、もう5年のキャリアがあると聞いて失礼した」

と言っていました。

それだけういういしさが残っていたのでしょう。

オードリーさんもできれば幸せに」

で結ばれていました。

なお、実際は5分しゃべってくれたそうですが、編集されて放送されたようです。


6)披露宴の余興(その1)

くじらが余興をやりました。

自身の披露宴でおかした、若林のひどい仕打ちをたんたんと語っていました。

あまり印象に残るものがなく

「嫁をメスクジラと呼ぶな」

だけが記憶に残っています。

他のリトルトゥースも似たようなもので、

「ねむくなった」

と言うツイートを多く見かけました。


7)披露宴の余興(その2)

TAIGAが「おまえ誰だよ」を披露しました。

R-1決勝のものとかぶるところが多かったのですが、最後は

「五戸美樹…

 おまえ誰だよ」

でしめていました。

なお、この新郎新婦に対する「おまえ誰だよ」は、他でもやっているそうです。


8)披露宴の余興(その3)

ビッグスモールンが漫才をやりました。

ゴンちゃんがつっこみで、チロちゃんがぼけ。

おもしろかったです。

なかでもチロちゃんが

「うるせぇ、パフォーマー」

とゴンちゃんに言うのがおかしかったです。

これはスタジオでも大ウケで、ぶっこみにも使われました。


9)五戸アナに再び電話

余興の感想を聞きたくて、五戸アナにまた電話していました。

ちゃんと起きて聴いてくれてました。

「おまえ誰だよ、が悲しくて一番印象的」

「くじらさんが一番印象薄い」

と言うコメントでした。

また、「五戸美樹物語(前編)」で、串カツを70本食べたのを語るのはやめてください、と事前に怒っていました。

なお、ここで「五戸美樹物語(後篇)」は放送されないことが若林から告知されました。

時間的にもう無理とは思っていたんですが…


10)披露宴の歓談

リスナーに、3組の余興について、何キロバトルだったか採点してほしいと呼び掛けた結果が読まれてました。

その後ネタについて、オードリーと3組を交えたトークがありました。


11)エンディング

オードリーからも余興として漫才が披露されました。

この流れで行くと、オードリーも漫才するんじゃないか、とツイートした方がいたんですが、その通りになりました。

もちろんtwitterには喜びの声が上がりました。

「五戸アナ、春日のここ、あいてますよ」(春日)

「それはまずいだろう

 もうゆうくんと言う旦那さんがいるんだから」(若林)

「ゆうくん、春日のここ、あいてますよ」(春日)

「そっちもいけんのかい」(若林)

と言うところがおもしろかったです。


最後にもう一度よっぴに電話をかけたのですが、もう出ませんでした。


2.五戸アナ入籍の記事

そう言えばこれまで五戸アナ入籍の記事を紹介してなかったので、リンクを貼っておきます。

サンスポ「ニッポン放送・五戸美樹アナ、バースデー婚!同局経理部の社員と」へのリンク


3.富岡製糸場について

富岡製糸場の世界遺産登録について、以下のような記事を見つけました。

MSN産経ニュース「8時間労働・寮完備 女性進出に一役」へのリンク

記事中に出てくる「あゝ野麦峠」ですが、たしか高校の時に現代国語か何かの課題となりました。

私もそのイメージが強いので、そう言う悲惨なことが起きた所が世界遺産になって盛り上がっているなんて、おかしいんじゃないか、と思いましたが、前述の記事によると、その反対だったようで、ここで働けたのは幸せだったのかもしれない、と思うようになりました。

それでも「あゝ野麦峠」に出てくる工場では労使紛争の話は出てきますから、いいことばかりではなかったようです。

興味深いのは小説「あゝ野麦峠」の中では、工場で働く女性のことを、前半は「女工」後半は「工女」と表記していることです。

(逆だったかもしれません)

高校の課題では、なぜ表記を変えたのか、が問われましたが、こたえは忘れました。

単なる気まぐれかもしれませんが、分を書く上では表記の統一は大事なことなので、意味があることなんでしょう。


なお、富岡製糸場は、1987年と言う「つい最近」まで稼働していたと聴いて驚きました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球】29日から使用の基準適合の統一球で、変わると思われること

日本野球機構(NPB)は、プロ野球の統一球が飛びやすくなっていたことについて4月29日の公式戦から、反発係数が基準に適合するボールに切り替える方針であることを明らかにしました。

日刊スポーツ「基準適合の統一球29日から全面切り替え」へのリンク

YAHOOトピック「適合球を29日の全カードから供給へ NPBが明かす」へのリンク

このタイミング、つまりシーズン中にボールを切り替えることはいかがなものか、と言う考え方もできるでしょう。

消化試合数はチームによって違いますから、成績や勝敗に関係しないでもないでしょうし。

ですが間違ったものは早めに正す、と考える考え方もでき、私は悪くはないと思います。


ところでこのボールの採用で、私は引き分け数が減ると考えています。

今シーズンこれまでのところ、引き分けは1試合しかありません。

これは驚異的に少ない数字だと思います。

と言うのは、飛ぶボールが採用されていたことで、得点力がまし、対戦チーム同士に点差がつき安くなっていたと考えるからです。

先日の東北楽天イーグルス対埼玉西武ライオンズ戦では、あと1アウトで引き分け、と言う12回2死から、ジョーンズ選手のサヨナラホームランが出て勝負がつきました。

これがいい例だと思います。

今後は今よりは得点が減り、対戦チーム同士に点差がつきにくくなると思います。

だから引き分けが減ると思います。



関連することで、福岡ソフトバンクホークスのジェイソン・スタンリッジ投手はこんなことを言っていたそうです。

プロ野球選手だから、渡されたらテニスボールでも投げるよ。ボールをコロコロ変えるのはもったいない。『君たちはそれで頑張れ』と言ってくれたらいい」

ユーモアに富んでいて面白いと思いました。

「ライスボール(おにぎり)でも投げるよ」

とするともっと面白かったかもしれませんが、それこそ「もったいない」ですし、食べ物を粗末にするべきではないですよね。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】 「もっとたりないふたり」の技「アイザック」、と「MTF」

4月12日から始まった

「もっとたりないふたり

ですが、若林の飲み会抜け出し技

「アイザック」

が波紋を呼んでいるようです。

この「アイザック」と言う技は、飲み会で抜け出したくなった時に

「スーパーボウルに行くと、現地コーディネーターの、アイザックさんに世話になってるんですよ。

 で、今そのアイザックさんが来日してて、これから夜の街を案内しなきゃいけないんですよ。

 もんじゃ焼きにつれてくとか。

 そんなわけで、今日は失礼します。」

と言って抜け出すものです。

山ちゃんも

「借りてもいい?アイザック。」

とほめていました。

(でも山ちゃんは海外ロケとかやってないと思うんですが…)


これを見ていた人が

「「アイザック」って、「オードリーのNFL倶楽部」でアメリカからレポートしてた、生馬アイザックさんのことだな」

とツイート。

そして生馬アイザックさん本人が知るところとなり

「若林さんのネタになっていたとは!笑」
https://twitter.com/ikumaisaac/status/457679925927895040

とその日にツイート。

翌日にはアイザックさんは

「若林さん、ご無沙汰しています!今僕は「来日」しているので東京案内お願いします!もんじゃ焼きに連れてってください!@tarinaifutari」
https://twitter.com/ikumaisaac/status/458148873874063360

と若林に呼び掛けていました。

実は生馬アイザックさん、昨年から千葉ロッテマリーンズのレポーターとして、活動の地を日本に移しています。

だから一時的に「来日」しているわけではないのですが。

なお、今のところ若林からの返事は見当たりません。


ところでその「たりないふたり-山里亮太と若林正恭-」アカウントですが、若林名義でその19日にこんなことをツイートしていました。

「MTFの会議を終える。文責若林」
https://twitter.com/tarinaifutari/status/457489651305967616

これに対し山ちゃんが

「MTF…若林くん、ちゃらちゃらした友達でもできたんじゃないかと心配です…文責山里」
https://twitter.com/tarinaifutari/status/457491988372144128

何人かがこの若林のツイートについて、「MTF」「もっとたりないふたりの略であることに気づいていました。

加えて、私は「MTF」とはNFL用語である「MNF」にならったものじゃないかと

「MNF」とは「Monday Night Football」の略です。

原則、NFLは各チームが週に一回試合を行います。

大半の試合は日曜に行われるのですが、木曜と月曜に一試合だけ行われます。

このうち、月曜に行われるのが

「Monday Night Football」

で、最近は「MNF」と略されることが多くなりました。

そんなわけなんですが、私の推測、あたってるかなぁ?


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アプリ】スカパー「プロ野球セット」アプリは便利

下記サイトで、CSのスカパーのアプリを見つけました。

「スカパー!のオフィシャル「プロ野球セット」アプリ登場」へのリンク


どのチームの試合を、今スカパーのどの局でやっているか?

または今後やる予定は?

を教えてくれるもののようです。

シンブルな機能ですが、意外と(失礼!)便利だと思います。

こういう人、こういう時に便利かと思います。

・FOXが中継局のチーム、福岡ソフトバンクホークス、千葉ロッテマリーンズ、オリックスバファローズのファン

・応援するチームがビジターのとき

・気になるライバルチームの試合を見たいとき


特定チームのファンであれば、そのチームのホームゲームがどの局で放送されるか、だいたい知っているものだと思います。

そして、もう少し踏み込んだ野球ファンであれば、どのチームがどの局で放送するのかも、暗記しているかもしれません。

でも、そう言う人は少ないでしょう。

また、ホークス、マリーンズ、バファローズのホームゲームは、FOXの三つのどの局でやるかは、事前にすべてを暗記するのは、少なくとも私の脳みそでは無理です。

そしてホークスファンの私は、パリーグの各チームの中継局は把握してますが、セリーグのまでは暗記していません。

だから、交流戦の時など便利かと考えます。

それに、本来応援してないチームでも、経過が気になるチームも、随時出てきますし。

だからこのアプリはオススメなのです。


個人的には、これに順位表や個人成績をつけてバージョンアップするよりは、ファームの試合の放送や再放送の情報もつけてくれるとありがたいと思います。

また、今のところiPhoneなどiOSにしか対応していませんが、Androidに対応したものも期待します。

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~


【アメフト】第5回世界選手権アジア予選の告知とフィリピンのアメフトについて



(詳細はよくわかりませんが、昨年5月あっぷされたもので、フィリピンのクラブチームと、香港のクラブチームとの対戦の動画のようです)


今週末の4月26日に行われる、第5回IFAFアメリカンフットボール世界選手権 アジア地区予選について書きます。


正式名称

「第五回IFAFアメリカンフットボール・シニア世界選手権 アジア地区予選」


は、下記日時、場所で開催されます。

・2014年4月26日(土) 13時キックオフ

・アミノバイタルフィールド (東京都調布市)

アジアからは、下記試合に勝った2チームが本選に出場します。

・韓国(アジア2位)対クウェート(アジア3位)

・日本(アジア1位)対フィリピン(アジア4位)

すでに前者は4月12日に行われ、韓国が69対7でクウェートをくだし、本選出場を決めています

日本代表やチケットの情報は下記サイトでご覧下さい。

アメリカンフットボール日本代表公式サイト「アジア地区予選 日本代表選手45名を発表」へのリンク


週刊TURNOVER「日本代表45人を発表 アジア予選フィリピン戦」へのリンク


フィリピン代表ですが、今回が初めてのアメリカンフットボール世界選手権参加となります。

「Pilipinas Aguilas」

と言うチーム名を持つそうです。

(日本代表には特別なニックネームはないと思います)

公式Facebookサイトは下記リンク先にあります。

「Pilipinas Aguilas - National Tackle Football Team of the Philippines」Facebookサイトへのリンク

ところでフィリピンにはアリーナフットボール(室内でやるアメフト)のリーグがあるようです。

ArenaBall Philippines (ABP)という名称で、下記サイトが公式サイトです。

「ArenaBall Philippines (ABP)」公式サイトへのリンク

サイトを見ますと、2009年にフィリピンで初めてできたアメリカンフットボールのリーグで、下のほうを見ますと、ひょっとしたらここに在籍する選手が、今回出場するチームのメンバーなのかもしれない、と考えることもできます。

ただしアリーナではない普通のアメフト(最近は「タックルフットボール」と言う言い方をしますが)のチームもあり、Facebookサイトもあります。

「Wolves American Football (Philippines)」Facebookサイトへのリンク


私にとっては未知の部分が多いフィリピンのアメリカンフットボール事情ですが、とにかく来日してくれることに感謝します。

なお、この試合の模様はUstreamの下記サイトで中継されるようです。

Ustream「X-League-video」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

OpenSSLの脆弱性の件で、カード会社に問い合わせてみた

OpenSSLの脆弱性の問題で、三菱UFJニコスから、900人近い個人情報が不正に閲覧されたそうです。

ITmedia「OpenSSLの脆弱性攻撃で国内に被害 三菱UFJニコスで情報の不正閲覧」へのリンク


この件で先週土曜日に、同社のカードを持っている友人が、同社に自分の情報が漏れていないか、問い合わせを行ったそうです。


印象に残ったのは、生年月日は尋ねられたけど、カード番号は尋ねられず、友人のは漏えいしていない、と回答されたことだそうです。


私はこの手の問い合わせを行った記憶がないので、何が尋ねられるべきで、何が尋ねられないのか?よく知らないのですが…

やはりカード番号を尋ねられたら回答するかどうか迷うでしょう。

その窓口は大丈夫か?本物か?教育はどうなっているんだ、とかとか。

(パスワードを尋ねられたら絶対に回答しないと思います。

 それは絶対にないはずだと確信できますから)


なお、友人はどうやってその窓口の電話番号を知ったかと言いますと、紙媒体の大手新聞に問い合わせ窓口として載っていたからだそうです。

紙媒体、と言うところは大事だと思います。

こういう場合、ネットで検索すると、危険なサイトに誘導されかねませんから。

電話番号の改ざんの可能性もありますし。


でも新聞を取ってなかったらどうすればいいでしょう?

う~ん、方法は考え付かないでもないですが、自信を持ってお勧めできるものではないので、ここに書くのは控えておきます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】内川選手に関するうれしいツイート



(先週土曜日の内川選手のヒーローインタビューの動画)



千葉ロッテマリーンズのレポーター、生馬アイザックさんが、先週土曜日の試合の後、興味深いツイートをしていました。

以下、その抜粋です。

「悔しいですね。でも内川選手は選手としても人間的にも素晴らしいですね。本当に尊敬しています。メディアとの対応は僕が今まで取材した中ナンバー1かもしれません。」
https://mobile.twitter.com/ikumaisaac/status/457450259883372544)


これはホークスファンの私にとっても意外なツイートでした。


2010年シーズンのオフ、内川選手がFAで福岡ソフトバンクホークスにやってきてから、しばらくは悪い評判もありました。

古巣の横浜ベイスターズのファンを刺激する、と解釈されることを言ったり。

器具にあたったり。

私は内川選手のことが好きですが、技術が超一流であるばかりに、こう言うマイナスな面が残念でした。


しかし、前述のツイートのように、生馬アイザックさんにほめられるまでになったようです。

生馬さんは「NFL倶楽部」のアメリカでのレポーターを、長くつとめられた方です。

つまり、日本の選手だけではなく、メディア対応慣れしたアメリカの選手にもインタビューされているのです。

そういう経験を持たれた方からほめられるのは、大変光栄なことだと思います。


内川選手はいつからこうなったにでしょう?

昨シーズン前、WBCでダブルスチールを失敗し、めちゃくちゃに叩かれました。

その時、内川という選手は、失敗をすべてしょいこむ選手だと新聞で読みました。

そして今シーズン前、内川選手はバットを作っている現場を見て、道具というものがどれだけの情熱を持って作られるのをあらためて知らされ、道具に対する考えをあらためたそうです。

もはや2011年シーズンの内川選手ではない、ということでしょう。


そういう選手が応援するチームにいることは、われわれホークスファンにとってはとても幸せなことです。

だから、内川選手がずっとホークスにいたい、と思わせるような応援をすることが、ファンとしてのつとめだと考えます。

ひょっとしたら、われわれは、何十年に一人という素晴らしい選手を見ているのかもしれませんから。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年4月20日】「オードリーのオールナイトンッポン」で話されたことと感想



(若林が大阪のレンタカーの中でかけたという、ウルフルズの「ええねん」のPV)


2014年4月20日の「オードリーのオールナイトンッポン」で話されたことと感想を書きます。

今週は下ネタが多かったような気がします。


1.番組の流れ

1)オープニングトーク

まず、来週のスペシャルウイークの件。

「春のウエディング祭!!」

と言うことですが、主役のはずの新婚の五戸美樹アナは出ないとか。

そのかわり、アルバイトのみほちゃんが五戸アナのお面つけるとか言ってました。

出演していただくよう、ニッポン放送の関係者に、いろいろと声はかけているそうです

イルカとか、宮崎哲弥とか、ノースリーブスとか、山瀬まみとか…

誰なんだよ、といいつつも、チェコノーリパブリックとか、けみおの名前もあがってましたが…

TAIGA、くじら、ビッグスモールンあたりは来るようです。


ビッグスモールンと言えば、先日「もっとたりないふたり」の前説をやってもらったという話しになりました。

その件は、ゴンちゃんがブログに書いています

ゴンブロ「前説」へのリンク

そしてゴンちゃんはラジオを聴いていたようで

「マズいなぁ。。。(^_^;)」
https://twitter.com/1975gon0621/status/457553423336890369

とツイートしていました。


その後、アルバイトのみほちゃんの話題へ。

なんでも今、就活(就職活動)が大変だとか。

「「オードリーのオールナイトニッポン」でバイトしていた」

と言う経歴で、35社落ちたとか放送で言っていましたが、まあ、ネタでしょう。

「最後はケイダッシュステージに就職するんじゃないの~」

と、19歳の時に8回連続でコンビニのバイトの面接で落ちた若林が語っていました。


それから山ちゃん(南海キャンディーズ山里)の話し。

「たりないふたり」の稽古で

「アナと雪の女王」って言いながらケツの穴に指さしこむ

と言うのをやったそうです。


そして、ANN月曜担当の鬼龍院翔からボイスメッセージが。

内容は来週のSPWで、ゲストに栗原類を招いて、心のシャッターを閉じたり、開いたりするそうです。

(最近栗原類は「アウト×デラックス」でしか見かけないような気がしますが…)

そこから、春日とすぎちゃんがダルビッシュ研二のメイクで名古屋で「女々しくて」を踊る話しへ。

するとtwitterでは、その時の写真がリツイートされまくってました。

こちらです。

20140420ダルビッシュ春日


今回は時事ニュースを斬らなくてもいいのか?と言う話しへ。

なんでも今週のキューシートには、これを斬って、と言う具体的なニュースはなかったそうです。

結局、今週は時事は斬りませんでした。

先週のがおもしろかったので、期待してたんですが…


今回は1:31までと、普通の長さでした。


2)若林トーク

初めて大阪のよみうりテレビで収録を行ったことから始まり、仕事の後夜中の0時半にレンタカー借りて、

「大阪の友達」

に会いに行った話しでした。

「大阪の友達」とは、やっぱりツチヤタカユキ氏。

twitterを見たら、多くの人が気づいていました。


ツチヤタカユキ氏は人見知りを克服するためにプレッシャーがかかる仕事をしようと思って、キャバクラのバイトをやったそうですが、ヘッドセットを持ち帰ったようで「やめちまえ」と言われてやめ、今は学童保育のお兄さんをやっているそうです。

なお、若林が「天王寺」と言う地名を出した時、

「天王寺の発音がちゃう」

「天王寺のイントネーションに違和感」

などのツイートをいくつか見かけました。


3)春日トーク

いよいよ後2週間に迫ったボディビル大会に向け、大忙しの日々を送っている話しでした。

その中で、雑誌「アンアンマン」の取材を、むつみ荘で行ったことがクローズアップされました。

ここからはラジオでは語られなかったことですが、春日が出場する5月4日(日)の第22回東京オープンボディビル選手権ですが、前日夜と当日朝に計量があるようで、その間にANNをやるんでしょうが、大変だな、と思います。

そして、昨年までの2年間、春日はGWあたりに埼玉西武ライオンズの応援イベントに参加していたのですが、今年はそのような情報は見当たりません。


4)「五戸ナビ」

・今日の五戸は昨日セフレとの関係をきったので、アンニュイな気持でナビします

・出発の前にもう一度股間を洗ってきてください

・五戸の性欲はとどまることを知りません

・この先セントフォースのオフィスです。フリーになったらお世話になろうかな

・この先私が通っているハプニングバーを通ります

・100メートル先に河合俊一さんがいますけど、挨拶しなくていいですよね

・この先の交差点を曲がってからの私はすごいですよ

・独身女子アナウンサーのみなさん、それではわたくしごのへんで

なお、エンディングで告知されましたが、「五戸ナビ」は今回で終了だそうです。


5)「実録、若林学部」

・後輩たちを風俗に連れて行く時、結婚している後輩には、お前帰れ、とタクシー代を渡す

・VTRメインの番組に呼ばれるたびに、スタッフは俺達の使い方わかってないな、と思う

・少しだけアメリカ人の血が入っている


(このメールが読まれてから、若林が「この顔のどこにアメリカ人の血が流れてんだよ」と荒れ始めました)

・風俗ではイクときに、ずごーんと言っている

・TARZANを定期購読している

・近所の子供から、豚の生姜焼きおじさん、と呼ばれている

・前戯の時に、今週話すフリートークの話しを試している

・フェラチオのことを、「ラチオ」と呼んでいる

なんか気分が収まらない若林は、

「来週は「春日学部」をやる」

と言い放ちました。

楽しみです。


6)「ハガキのコーナー」

・春日から中尾彬へ送る、お花見のご案内

・「若林正恭のミューコミプラス」スタートの案内、若林正恭あらため「わっしー」がお送りします

・春日から25歳IMARU似の女性へ、新番組「たまこんさん、いらっしゃ~い」のご案内


7)しんやめ


8)エンディングトーク

ツチヤタカユキ氏との再会のことを話していました。

1~2時間話したそうですが、最後こんな流れが

「またネタ書きたくなったら、東京来ればいいじゃないか」(若林)

「大阪からメールで、と言うわけにはいかないでしょうか」(ツチヤタカユキ氏)

この返事に若林は、「そうじゃないんだよ」と怒ってました。

そこは思ってなくても「そうですね」とか言うのが大人だろ、と言うことだそうです。

なおツチヤタカユキ氏は、力を落とさないよう、毎日(たぶん大喜利の)お題1個につき、100個こたえを作っているそうです。

来週はSPWの内容が内容なので、スーツ着用のことだそうです。


2.ハプニングバー

「五戸ナビ」で出てきた「ハプニングバー」と言う言葉。

なんとなく想像はつくのですが、正確に意味を調べてみよう、とWikipediaで調べたら、こう言う記述がありました。

「ハプニングバーとは、性的にいろいろな趣味を持った男女が集まり客同士で突発的行為を楽しむ、バーの体裁をとった日本の風俗。ハプバーなどと略される。

 カップル、レズ、おかま、SMマニア、女装マニア、露出症や窃視症など様々な性的嗜好を持った客が集い、会話を楽しんだり突発的行為を楽しむ。」

ちょっとイメージと違ったな、と感じました。

それで思い出したのですが、最近

「LGBT」

と言う言葉を目にするようになりました、と言うことです。

これは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexuality)、性転換者・異性装同性愛者など(トランスジェンダー、Transgender)の頭文字をとったものです。

アメリカのスポーツ界では今年になって、初めてゲイを公表した選手がNBAでプレイした、と言うニュースがとりあげられました。

NBAだけにとどまらず、4大スポーツで初めてだそうです。

NFLでは、ドラフトの注目選手の中に、ゲイを公表した大学生がいます。

今後日本でも、この言葉が大きくとりあげられることになるかもしれませんので、覚えておいたほうがよいと思います。


3.下ネタが原因か

去年の今頃あたりから、このブログの検索ランキングが下がってきています。

具体的に書きますと、ある特定の検索ワード、たとえば「オードリーのオールナイトニッポン」をGoogleやYAHOOで検索すると、以前は10番目以内に私のブログが表示されていたのが、今は100番目ぐらいに表示されるようになった、と言うことです。

(実際「オードリーのオールナイトニッポン」のランキングがそうなったかどうかは不明で、あくまでも例です)

ひょっとしたら、毎週この番組で語られた下ネタを、そのまま書いているかなぁ、なんてふと思いました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球交流戦】指名打者制度は全試合に適用してほしい

5月20日に開幕する今シーズンのプロ野球交流戦ですが…

今シーズンは交流戦10周年と言う節目の年と言うこともあって、

・セリーグ主催の試合で指名打者(DH)制度が使われ

・パリーグ主催の試合で指名打者(DH)制度を使わない


と言うことが発表されました。

今シーズンは、投手が打席に入るシーンをパリーグの球場で、指名打者が打席に立つ姿をセリーグの球場で見せよう、と言う「ファンサービス」なんでしょう。


ネットでは批判的な声が多いです。

・つまらない企画

・なんでシーズンが始まったこの時期に発表


などなど


私は半分賛成、半分反対です。

私の気持ちは

「少なくとも交流戦ぐらいは、どっちが主催とか関係なく、全試合で指名打者制度を採用してほしい」

というものです。

そのこころは…

・一般的には打率が野手よりも劣る投手の打席は、見ていてワクワクしないから

・基本的に福岡ソフトバンクホークスの試合しか見ない、つまり指名打者制度のある試合を見ることがほとんどで、それに不満を感じないから


後者については、私が逆にセリーグのチームのファンだったら、全試合指名打者制度になったら、喜ぶと思います。

長年スポーツを見ていますが、基本的には点が多く入る方がおもしろく感じます。

やっぱり前者の気持ちが、全試合で指名打者制度の採用を、という意見の大きな要因だと考えます。


たしかに、何かをやってくれるかもしれない、と言うワクワク感を与えてくれたり、逆のことを考えさせられたりする投手もいます。

いますが、より打者としての役割を果たせる選手が打席に立つ機会が多い方が嬉しいです。


また、投手が打順に入ることで、期待より早く交代することもあれば、次の投手の打順を考えて、ピンチでも引っ張ることがあります。

そう言う状況でベンチはどう動くか?

これを考えることが野球の醍醐味と言う人も多いでしょう。

私もそこに楽しみがあるとは思いますが、打てる打者が打席に入ることの方が楽しみが多いので、あきらめます。


そう言ったこともあって、私は、せめて交流戦ぐらいは、全部指名打者制度で行って欲しいな、と考えます。

もちろん、北海道日本ハムファイターズの大谷投手のように、並みの野手よりも期待できる投手については、話しは別ですが。

ピッチングに専念、なんて言わずに、投手でクリーンアップに名を連ねることを期待します。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】「神聖ローマ、運命の日~オスマン帝国の進撃~」の気になる設定



(「神聖ローマ、運命の日~オスマン帝国の進撃~」の宣伝動画)


明日4月19日に公開される映画

「神聖ローマ、運命の日~オスマン帝国の進撃~」

(原題:11 settembre 1683)


は、1683年のオスマントルコ帝国による

「第二次ウィーン包囲を」

神聖ローマ帝国を中心とするヨーロッパ連合軍が撃退した「史実」がベースになっているようです。

この映画についてですが、映画.comの解説は、この文章から始まります。

「1683年9月11日、神聖同盟として一致団結したキリスト教勢力とイスラム教勢力がぶつかり、勝敗が違えばその後の現代社会のあり方も変わっていたとされる一大決戦を描いた歴史スペクタクル。」

他のサイトを見ても、「9月11日」が強調されています。

ここに違和感を感じます。


結論から言いますと、2001年9月11日に起きた、同時多発テロ、いわゆる「9.11」を意識させるような映画になっていると感じますます。

原題が「1683年9月11日」と訳できますし。


Wikipediaの「第二次ウィーン包囲」を見ますと、9月11日と言う日付はなく、9月12日に、ポーランド国王ヤン3世率いるヨーロッパの援軍が到着して、オスマントルコの包囲軍に攻撃をかけ、打撃を与えたようです。

その他映画では30万人と描かれているオスマントルコの包囲軍は、15万人だったようです。

それでも倍の軍勢を撃退したのはすごいと思いますが。


「9.11」はイスラム教徒の中でも過激派が、キリスト教徒の多いアメリカに対して仕掛けたものとされていますが、第二次ウィーン包囲もそれを思い起こさせるような構図であると感じます。

オスマントルコ帝国はイスラム教の国ですし、この包囲軍と戦った神聖ローマ帝国をはじめとするヨーロッパ連合は、キリスト教の国です。

(この包囲ののち、ローマ教皇インノケンティウス11世がトルコ人に対する同盟結成の呼びかけを行い、オーストリア、ポーランドにヴェネツィア共和国を加えて神聖同盟が結成され、その勢力を中心として、大トルコ戦争が戦われました)


「9.11」を思い起こさせるような思惑がこの映画にはあるかどうか、本当のところはわかりません。

あくまでも私の感想です。

もしそうだとしても、この映画にまったくの価値がないかは、見てみないと分かりませんし、見ないまでも、そんなことは決してないと思います。

歴史はしばしば一方の主観で語られることがあります。

しかしそれをきっかけに、ある歴史に興味を持ち、自発的にそれを調べてみよう、と言う行為は、とてもいいものだと思われますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【80's洋楽】「冷戦」をテーマとした歌、"Two Tribes"




("Two Tribes"の動画
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes To Hollywood)のものです)


ウクライナをめぐって、欧米とロシアの対立が顕著になってきました。

「時代は冷戦に戻りつつあるのか?」

と考える人も少なくないと思います。

「新冷戦」

という言葉もWikipediaにあります。

そうなって欲しくはないですけどね。


ところタイトルに書いた

"Two Tribes"


と言うですが…

これはイギリスのバンド、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes To Hollywood)が、冷戦のさなかにリリースしたものです。

冷戦の両極のトップ、アメリカのロナルド・レーガン大統領と、ソビエト連邦のコンスタンチン・チェルネンコ書記長のそっくりさんが、各国首脳の前でプロレスみたいのもを繰り広げるPVが印象的なでした。

おそらく世界のどこかでは、もうアメリカのバラク・オバマ大統領とロシア連邦のウラジミール・プーチン大統領が戦うパロディが作られているんじゃないかと思います。

アル・ヤンコビックとかが作れば、センスが良くて、メッセージ性の強いものができそうな気がするんですが。


なお、下の

『ハートにファイア』(原題:We Didn't Start the Fire ビリー・ジョエル)

もアメリカを中心に冷戦時代をったものです。



解説はこちらになります。

Wikipedia「ハートにファイア」へのリンク

現代史の勉強へのきっかけとなりますよ。

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【祝メジャー昇格】 そこで昔のムネリンのツイートが最近実感できたことを書きとめておこう



(最近のムネリンの動画)


メジャーリーグの舞台に、川﨑宗則選手が帰ってきます。

トロント・ブルージェイズ傘下の3Aでプレイしていた、ムネリンこと川﨑宗則選手ですが、内野手のイズタリスが左膝を痛めて故障者リスト(DL)入りするため、4月15日(日本時間16日)のミネソタ・ツインズ戦からベンチ入りするそうです。

表現は変ですが、あのキャラクターが再びメジャーを騒がせることは、本当に楽しみです。


ところで最近、昔川崎選手がツイートしたことで、実感できたものがありましたので、いい機会ですので書き留めておきます。


「その通り、相手がいるから試合できる。相手を尊敬できるから良いプレーできる。薩摩隼人として謝ります。 」
http://twitter.com/#!/KawasakMunenori/status/77376407717679104

これは2011年に、ホークスファンが、対戦相手の広島東洋カープの選手やファンに、失礼な言葉を浴びせた件について、川崎選手が謝罪したものです。

当時私は、ホークスファンがやったことに対しては頭にきましたが、川崎選手のツイートについては、心の底からは理解できませんでした。

ですが、最近日本の女子アメフトの現状を知って、つくづく相手がいることはありがたいことだと実感できるようになりました。

おおざっぱに書きますと、日本の女子アメフトは競技人数が少ないこともあって、なかなか試合ができず、練習しかできませんでした。

それがこの3月に、グアムの女子チームが親善試合に招待してくれて、初めて立派な「試合」ができました。


それを考えますと、川崎選手のツイート

「相手がいるから試合できる。」

と言うのが、本当に実感できました。

ですから、

「相手を尊敬できるから良いプレーできる。」

といいますか、良いプレイをすることで、相手に敬意を示さなければいけない、と考えるようになりました。


やはり、その道を極めたアスリートの言葉には、説得力があるな、と思いました。

いや、川崎選手は「極めた」と言うにはまだ早いと思います。

川崎選手は、今まで誰も成りえなかった選手、と言いますか人物像を築きつつあると感じます。

だから、川崎選手から目が離せないのです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】 李大浩選手が四番でいいのか?   #sbhawks



(4月13日のバファローズ戦で出た、李大浩選手の今季第一号ホームランの動画)


李大浩選手が四番でいいのか?

という疑問については、結論から言うと、私はそれでいいと思います。

たしかに李大浩選手は今頃になって今シーズン第一号ホームランを放ち、打点も内川選手の半分もあげていません。

ですが、福岡ソフトバンクホークスは、ここまでリーグ最多タイの得点をあげており、打撃は上り調子です。

だったらそれでいいんじゃないかと考えます。


李大浩選手が四番に座ることで、前後の打者は気楽に打てているかもしれません。

もしこれをいじるとなると、今うまくつながっている打線が、切れてしまうことも考えられます。

もちろん反対にもっと得点が入ることだって考えられます。

ですが、打率は.353あげていますし、得点は本多選手よりも多くあげています。

どちらかと言うと、チャンスを作っている、と言う感じがあります。

この打線に手を入れるのは、相当な度胸がいるでしょう。


だから私は、ホークス打線は、とりあえずこのままでいいんじゃないかと思います。


ところで13日の試合の後、ホームランを打った李大浩選手は、ヒーローインタビューを断ったそうです。

勝敗に直結してないホームランで、お立ち台にあがるのはよろしくない、と言う気持ちがあったそうです。

いさぎよいと思いました。

今度はぜひ、勝敗を決める一打で、お立ち台にあがってくれるよう願います。



Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】日本対ドイツ戦観戦記~German Japan Bowl II

20140413GJB2パンフレット

(German Japan Bowl Ⅱで配布されたパンフレット)


先週土曜日に川崎富士見球場(旧川崎球場)で、アメリカンフットボール日本代表対ドイツ代表の試合、

「German Japan Bowl Ⅱ」

を観戦してきましたので、その感想を書き留めておきます。


その前に、遠路はるばる日本までやってきてくれた、ドイツ代表のみなさんには本当に感謝いたします。

試合に勝つとか負けるとかよりも前に、まず試合の相手がいるということが何よりも嬉しいからです。

日本とドイツとの新善試合は、この試合までにとどまらず、今後も永く続けていただければ、と強く願います。


1.おおざっぱな試合の流れ

日本の攻撃から始まった試合は、その攻撃をTDパスに結び付け、日本が先制し7-0とします。

対するドイツの攻撃は、予想に反してランとパスを織り交ぜてじりじりと前進しますが、パントに終わり無得点。

その後は両チーム攻めあぐね、1Qはそのまま7-0で日本リードで終了。


2Qもそのまま両チーム攻めあぐねたものの、9:42に日本がTDパスをあげ、リードを14-0に広げました。

その次の攻撃でドイツは2ミニッツオフェンス(12分クオーターでした)を始め、ノーハドルで仕掛けてきます。

しかしそれもインターセプトで攻撃権は日本に。

日本は時間をつぶすことをせず、前半終了までにもう一回スコアを目指しますがギャンブル失敗。


前半は14-0で日本がリードしたまま終わりました。


3Qはさらに試合が動かなくなってしまったのですが、3Q終了とほぼ同時に日本が32ヤードFG決めるて、さらにリードを広げ17-0.


しかし4Qに入ると得点が入りまくりました。

まず最初のドイツの攻撃をパントに追いやると、次のドライブで日本が自陣深くからロングパスを決め、レシーブしたWRがそのままエンドゾーンに走りこんでTD。

4Qの1:48でリードを24-0とします。

次のドイツのドライブは、日本にパスをインターセプトされます。

攻撃権を得た日本はスクリーンパスから見事なランアフターキャッチを見せTD。

4:01でスコアは31-0になりました。

さらに次の攻撃で、ドイツはまたもインターセプトをくらい、自陣深くまでリターンされました。

日本はこれで得た攻撃権をTDパスでしめ、4Qの5:51でスコアは38-0となりました。


試合はこのまま進み、最後は日本のニーダウンで終わりました。


最終スコアは、日本 38-0 ドイツ、でした。

20140413GJB2最終スコア

(最終スコアを示すスコアボード)


2.感想

1)日本オフェンス

日本のオフェンスは良かったです。

パスは長身のドイツディフェンスにはたかれたり、チップされたりしましたが、サックとインターセプトはなかったと思います。

けっこう選手が密集しているゾーンに投げて、それが何度も通っていた印象があります。

かなり精度の高いパス攻撃ができたんじゃないかと思います。

ランに関しても、予想よりは出ていたように感じました。

中央のランでも、クイックネスを生かして、何度かロングゲインを見せていたような印象があります。

20140413GJB2日本オフェンス

(日本オフェンスのシーン)


2)ドイツオフェンス

「ランで真っ向から勝負をする」(マーク・タピー・チームディレクター)と言う言葉を事前に読んでいたのですが、パスが結構多かったような気がします。

ランはこの試合で敢闘賞のようなものに輝いたRBダニー・ワシントン選手がいいゲインを見せていました。

ただファンブルロストが1回あったのが残念です。

しかしランの回数も、ゲインしたヤードも、予想したほどではなかったように感じます。

パスは予想よりは決まっていたように思います。

ただ、落球が多かったようにも記憶します。

インターセプトが3回ありましたが、最初のは前半終了間際で急がなければいけない局面で、あとの2回は大量点を追いかけなければいけない局面。

いずれもパスが予想される局面でしたので、ディフェンスとしても読みやすいところがあったから起きたものとも考えられます。

ですから、3回は仕方ないのかな、とも感じました。

20140413GJB2ドイツオフェンス

(ドイツオフェンスのシーン)


3)日本ディフェンス

アグレッシブでした。

飛び込むようなタックルを何度も見ました。

ものすごい勇気を感じました。

(ちょっと危険かな、とも感じることもありましたが、フェイスマスクなどのペナルティにつながる危険なものはありませんでした。

 ルールの中でギリギリのプレイを発揮したと言えると思います)

ボールへの集まりの速さも健在でした。

タックルミスと言いますか、あれを抜かれちゃいかんだろう、と言うプレイはほとんどなかったように思います。

また、意外にQBにプレッシャーをかけられていました。

サックが2回ほどありましたし、それ以外でも投げ捨てさせることにも成功していました。

完封という結果から言っても、ほぼ満点の出来ではなかったかと思います。


4)ドイツディフェンス

長身を生かして、何度も日本のパスをはたき落としたり、チップしたりしてインコンプリートに追い込んでいました。

終盤には最前列に間隔を広く取ったあまり見ない体形から守っていました。

パスラッシュとパスカバーに重点を置いていたように思えます。

日本が4Qに得点した後は、それが成果を上げていたように感じます。


5)全体的な感想

ヨーロッパのチームとやる時は、そろそろ日本が初黒星を喫してもおかしくないころだ、といつも悲観的な考えが頭をよぎります。

ですが、今回は日本でやる試合だし、なんとか日本は勝ってくれるだろう、と期待していました。

結果は予想した以上でした。

特に完封は意外で嬉しかったです。

世代交代をして、若手中心で臨んだ試合でしたが、素早く動き回るディフェンスはうまく引き継がれていると感じました。


私が見る限りでは、日独の差はクイックネスにあって、それがスコアに表れたと感じます。

そしてパスをはたかれたことを除けば、ドイツの有利な体格は、あまり機能しなかったように感じます。

あの体格でラン攻撃を続けられれば、無得点で終わることもなく、競っていたと思います。

(日本としても、そう言う攻撃に耐えることが課題だと思われますので、ラン中心で来てほしかったんじゃないかと考えますが)

ドイツは、ヨーロッパ選手権を間近に控えているようで、それを勝ち抜くためにもランに頼らない攻撃を日本相手に試してみたかったのかな、とも感じました。

20140413GJB2日本入場

日本代表選手入場のシーン)


3.来年の世界選手権に向けた動き

来年、IFAF主催の第5回アメリカンフットボール世界選手権が、スウェーデン王国のストックホルム市で開催されます。

昨日のGerman Japan Bowl Ⅱとほぼ同じ時間に、韓国ではその出場権をかけた韓国対クウェートの試合が行われました。

韓国 69 - 7 クウェートで、韓国が2回ぶり2回目の本選出場を決めたようです。

日本は来週末の4月26日、東京調布市のアミノバイタルスタジアムで開催される対フィリピン戦に勝てば、5回連続5回目の本選出場を決めます。

順当であれば、日本が勝つと思います。

問題は本選で、日本は2連覇の後、準優勝、3位とだんだん順位を落としています。

上位2チームがアメリカとカナダですから、仕方がないと言えば仕方がないとも言えるでしょう。

と言うか、よくここまでがんばっているな、と思います。

ですが、やはり優勝してほしいです。


それでも、やはり予選を勝たなければ本選に進めないのは事実です。

対フィリピン戦は通過点に過ぎない、と考えずに、本選で優勝するためにいろいろとがんばってほしいと思います。

素人考えではありますが、フィリピンはアメリカの文化が深く入っている国ですから、学ぶこともあると思います。

20140413GJB2対フィリピン

(対フィリピン戦を告知する写真)


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年4月13日】「オードリーのオールナイトンッポン」の感想にかえて

今朝のオードリーオールナイトニッポンは、生では少ししか聴けそうにありませんので、あらかじめ番組とオードリーに関することを書いておきます。

今回の放送は後で録音を聴いて、特記するべきことがあれば、後日書かせてもらいます。


1.あと半年で5周年かな

オードリーオールナイトニッポン」が始まったのが2009年10月9日。

そんなわけで、2014年10月には5周年となります。

秋の改編を乗り切れればの話しですが、乗り切れないことは考えられないと思います。


前も似たようなことを書きましたが、この5年と言う時間は人の嗜好を変えるのに十分な時間で、twitterを見ていますと、私のように番組当初からずっと今まで番組を聴きながらツイートしている人もいれば、聴かなくなった人、あるいは最近聴くようになった人もいるようです。


ところで昨日、職場のある人と話したのですが、長いこと社会人をやっていると、4月になってもなかなか気分一新で新しい電度が始まる、と言う感じがしません。

環境が変わりませんから。

私は「オードリーオールナイトニッポン」が始まった時から30年前、1979年10月には、福岡の中学三年生でした。

そして5年の間に、高校に進学し、予備校に行き、1984年には東京の大学生になっていました。

こんなに環境が変わりまくりましたので、好きになったものや興味がなくなったものがあります。

予備校生の時までは、「オールナイトニッポン」を聴いてましたが、大学生になって聴かなくなりました。

他にいろいろと忙しくなったからです。

あの時に「オードリーオールナイトニッポン」があったらどうだったろう?

聴かなくなっていたかもしれません。


今は当たり前のように毎週「オードリーオールナイトニッポン」を聴いて楽しませてもらってますが、それはけっこう

「奇跡やぁ」

なことだと感じています。


関係ないことですが、私の嗜好で1979年からの5年間で外的要因で変わったことは、ラグビーを見るようになったことです。

1979年当時はラグビーとは全然縁も興味もなかったのですが。

進学した高校がラグビーを「校技」とするところで、体育やそれ以外でもラグビーを学び、進学した大学もラグビーが強かったので、現場に行って見るようになりました。


2.考えてみれば「奇跡」なこと

基本的にtwitterをしながら「オードリーのオールナイトニッポン」を聴いているわけですが、これまで番組に関することで、私のような一般の人が炎上を起こしたことは記憶にありません。

(まあ他の番組でも聞いたことがないですし、若林自身は起こしましたが…)

これはけっこう「奇跡」なことじゃないかと考えます。

ただ、去年の夏から「バカッター事件」などと呼ばれる炎上事件が相次いでおり、人々の感覚が、以前より炎上が特別なことでもないようになってきたように感じますので、これからは起きるかもしれません。


そう言えば若林の新車の納車のときに、現場の出待ちの人に車の写真をアップするよう促すツイートがいくつかありました。

それにこたえたツイートは見当たりませんでしたが、もしあったら、そして広く広まっていたら、炎上していたかもしれないな、と感じます。


3.春日の記事

こんな記事がありました。

楽天WOMAN「地下格闘技にゲテモノまで…“一流ロケ芸人”オードリー春日の秘密」へのリンク

記事にありますように、テレビで見かける回数は若林が多く感じます。

でも春日は、普通の芸能人では難しい、体をはったロケをこなしています。

どちらもそれぞれの立ち位置を確立していて、十分に活躍しており、今後も期待できると思います。

前も書きましたが、「オードリーのオールナイトニッポン」を聴き始めて思ったことは、「春日ってこんなに面白かったのか」と言うことです。

その驚きをどんどん加速させてくれているようで、嬉しいです。



来週は普通に生で聴いて、実況ツイートに参加させていただく予定です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ライオンズ3連戦、初戦の松田のホームランで驚いたこと #sbhawks



(4月8日の対ライオンズ1回戦で出た、松田選手の起死回生のホームランの動画)


4月8日からの2014年シーズンの最初の対埼玉西武ライオンズ3連戦、福岡ソフトバンクホークスは久々に勝ち越すことができました。

その初戦は9回2死まで1点負けていたのですが、松田選手が起死回生の逆転2ランホームランで逆転。

その裏をサファテ投手が三者連続三振で抑え、初戦をものにしました。

松田選手のホームランは、驚きの玉手箱でした。

そのことを少し書いておきます。


ハイライト動画で見た松田選手のホームランは、そこで打ってくれたか、ということ以外にも驚きがいくつかありました。

まず、十亀投手の逆玉。

ホークスの投手陣から、よく逆玉を見させてもらってますが、あそこまでの豪快なものは、あまり記憶にありません。

捕手の炭谷選手は、体をストライクゾーンからはみ出した外角に構えていたのですが、球は真ん中やや内角、松田選手のバットのスイートスポットへ吸い込まれて行きましたから。


それから松田選手の打球が落ちたレフトスタンド。

なんだこの観客の少なさは、と驚きました。

動画を見る前に、ホークスファンが

「チャンテ4、すごい威力」

とツイートしているのを見て、どんだけライオンズの応援団が駆けつけているんだろう、と想像してましたから。

この少なさではなく、これだけの観客で、ホークスにプレッシャーを与えるチャンテ4をやったのに驚きました。

よく、ライオンズやジャイアンツの応援は、マリーンズのパクりだと言われますが、それでも戦力になっているのはすごいと思いました。


ところで「逆球」についてですが、これは故意ではないかと考えることもできる、とネットに投稿している人がいました。

炭谷選手が、松田選手にも伝わるぐらいに外に移動します。

すると松田選手は、敬遠かと思いこんでしまいます。

「9回裏二死で1点差。

 十亀投手から見れば、昨シーズン相性の悪かった俺の打席。

 ここは無理せず歩かせよう、という考えか」

と松田選手が判断したとしても不思議はありません。

そうバッテリーが思わせといて、テンション下げさせといてからの~、逆球でストライクをとろう。

そして松田選手を動揺させて討ち取ろう。

そういう作戦ゆえの「故意の逆球」ではないか、とも考えられる、ということです。


しかし動画の炭谷選手の動き見る限りでは、そうは思えないな、と感じました。

落ち着いてはいるものの、作戦で投げさせた球を捕りに行っているようには見えませんから。

投稿された方も、あくまでもそう考えることもできる、と可能性を示しただけでしたし。


それにしてもこの松田選手のホームランは大きかった…

それで拾った勝利も大きかった…

さあ、今日からは首位攻防戦。

ホークスの連勝を期待しています。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

グリーンベイと言う街の魅力について語り合った

今週末、グリーンベイ・パッカーズの東京オフ会に参加させてもらうことになりました。


ところで先日、「オードリーのNFL倶楽部」の在米ディレクターの小坂さんと、グリーンベイと言う街についてtwitterで会話させてもらったたことを紹介させてもらいます。

この会話についてはグリーンベイ・パッカーズのファン、そして福岡を故郷とするものとして書きとめておきたいと思っていました。

今回、いい機会だと思いましたのでここに書きとめておきます。


まず小坂ディレクターがこう発言していました。

「日本のbjリーグのチームって、21もあるのね。それも島根とか青森とか、人口や経済規模的にプロスポーツのフランチャイズとして成り立つのか不思議なところにもあるし。新規参入が簡単で運営にあんまりお金が掛からないのかな?」
https://twitter.com/nflclub_usa/status/444824968694878208

これに対し私が

「私がグリーンベイのファンなのは、そんな小さな街にあるからです。」

そして以後こう言う会話へ

「僕もグリーンベイの雰囲気は好きですね。でも、グリーンベイという小さい街にパッカーズが「ある」のではなく、パッカーズがグリーンベイに留まり続けられた理由が大切なんだと思います。それがbjやJ2&3にできるかどうか、ではないでしょうか。」(小坂ディレクター)

「あー、それはだいじですね。NFLができてから第二次大戦の頃までの成績表とか見ますと、聞いたことのないところにチームがあって、それがどんどん移転したりなくなったりしてますから。そう言われるとますますグリーンベイが好きになりました。ありがとうございます」(私)

「グリーンベイの人にインタビューすると「パッカーズがなければグリーンベイはアメリカに数多ある寂れた田舎町と変わらないだろう」って、みんな言いますからね。日本でもこんな意識が生まれると良いですね。」(小坂ディレクター)

「そうですね。野球の話しですが、私の場合、福岡時代のライオンズの身売りをファンとして経験し、ホークスがくるまで寂しい思いをしましたから、ホークスは大事にしたいし、福岡のそういうことを知らないホークスファンにそういう意識を持って欲しいです。」(私)


最後の私のツイートの通り、福岡を本拠地としていたクラウンライター・ライオンズが移転したのは、相当の衝撃でして、それから数年間私は野球に興味をなくしました。

福岡の中学生には、それぐらい大きな出来事でした。

大人になって当時を振り返りますと、まあそれも仕方がないな、と考えるようになり、今となっては誰を恨む気持ちもないです。


さて本題のグリーンベイについてですが…

小坂ディレクターの

「グリーンベイという小さい街にパッカーズが「ある」のではなく、パッカーズがグリーンベイに留まり続けられた理由が大切なんだと思います。」

と言う言葉には、考えさせられるものがありました。

その返事に書きました通り、草創期のNFLには、グリーンベイ以外にも、聞いたことがないいくつもの小さな街にチームがあったようです。

たとえばカントン・ブルドッグス

20世紀最高のアスリートの一人、ジム・ソープを擁した名門チームは1904年に設立され、2度のNFL優勝を果たしたものの、1927年シーズンを前に消滅しました。

(正確には1927年シーズンを前に、NFLは12のチームを整理し、その中にブルドッグスが含まれていたようです)


その中で、グリーンベイには一貫してパッカーズがありました。

創設されたころのグリーンベイの人口は、3万1千人。

黄金期の1960年代でもだいたい6万~8万人。

そして現在でも10万4千人(2012年)。

「パッカーズがなかったら、アメリカ人ですらグリーンベイの街を知らなかっただろう」

と言われてるそうです。

パッカーズは福岡時代のライオンズと同様に、資金難の時期もありました。

同じく、負け続けた時期もありました。

1948年からの11年間は、勝ち越したシーズンがありませんでした。

1970年からの22年間では、勝ち越したのはたった2回です。

それでも、弱いことは本拠地の移転へはつながりませんでした。


1969年からの10年間、ライオンズはAクラス入りは一度だけでした。

弱いことは経営難につながり、そして身売りとともに移転となりました。


パッカーズはそう言う時期を乗り越え、北米4大スポーツで最少のフランチャインズを

「タイトルタウン("Titletown")」

としてグリーンベイの名を全米中に、そして私のような海外の人間にまで広めています。


私がパッカーズのファンでいられるのは、こういうところなんです。

パッカーズも地元のファンに圧倒的に支持されています。

10万人程度の街のスタジアムが、毎試合7万5千人を超える観客であふれるのです。

チケットはなかなか手に入らないそうです。

そして、シーズン前のキャンプでは、スタジアムの前で自転車と一緒に選手を待つファンが多く現れます。

選手たちはその自転車を借り、ファンとともに帰路へつくのです。

ものすごい地域密着だと感じます。


私はたまたますごい試合を見たので、パッカーズのファンになりました。

ですが、こういう小さな街で、市民から強烈な支持を受けているチームであることも、パッカーズの魅力です。

グリーンベイ・パッカーズというチームがあることを知り、そしてファンになれたことで、私の人生は、何割かは成功したと断言できます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【真実か?】小保方晴子氏の「STAP細胞」 論文問題で思い出した、アンドリュー・クロスが創ったダニ

理化学研究所の小保方晴子氏による

「STAP(スタップ)細胞」

の論文が問題視されています。

その経緯はマスメディアが伝えてきましたし、これからもそうなるでしょう。

そのことと、私がよくわかってないこともありますので、ここではその経緯は書きません。


ところで私はこの問題をゆるく見ているうちに、

「アンドリュー・クロスが創造したダニ」

の話しを思い出しました。

生物に関する実験と、論文の提出。

それに対する世間の反応などが、似ている、と思われましたので。


詳細はあとでリンクを貼るサイトをご覧いただきたいのですが、アンドリュー・クロスは、今から約200年ほど前の19世紀に、生命を創造してしまったアマチュア化学者です。


彼は他の目的で実験をしていたのですが、結果的にダニのようなものを創ってしまいました。

クリスチャンだった彼は、神でもない自分に生命を作れるわけはない、そう考え外からダニの卵などが入らないようにして、慎重に再実験しました。

しかし、またしてもダニのようなものはできてしまったそうです。

このことを学会に発表したところ、他の科学者にも同様な成果が得られたそうです。

有名な化学者、マイケル・ファラデーも成功したそうです。


しかし世間は彼を賞賛するどころか、神の領域をおかした男、として異端視され、極端な表現をすると、迫害されるようになりました。

そして失意の中で他界したそうです。

現在、彼が本当に生命を創ったかどうかはわかってないようです。

UMAファン〜未確認動物「アンドリュー・クロスの不思議なダニ」へのリンク

X51.org「アンドリュー・クロス - 生命を創り上げた男」へのリンク



STAP細胞があるのかどうか、昨日の会見では小保方氏は

「あります」

と答えたそうです。

誰に手によってでもかまいませんから、創り出して欲しいと願います。

とても有益なもののようですから。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【今日で終わり】 プロ野球で、Windows XPのサポート終了の件を例えてみた

今日でWindows XPのサポートが終了です。

Windows XPを使い続けるのは危険です。

そこで、これからもWindows XPを使い続けることの危険性を、ふつつかながら野球で例えてみました。


【登場人物】

Windows XP…カリスマ的実績を持つベテラン選手。力は落ちているが、野球やチームのことをよく知っている

Windows8…若手選手。潜在能力は高いとされるが、使いづらいと言われている

GM…ジェネラルマネージャー。チームの監督選手の人事権を掌握している。Windows XPの全盛期が忘れられず、なかなか彼をカットできない

監督…力が目に見えて落ちたWindows XPに代わる戦力を待望している


GM室にて

監督「GM。私はもうWindows XPは使えないと考えています。
チーム内の信頼性や一塁手としての守備は顕在ですが、もう打撃が期待できません。」

GM「どうしてだね。
開幕当初は大きなホームランなんかで大活躍だったじゃないか。」

監督「確かにそうでした。
ですがもう、彼は速球を打てなくなっているのです。
彼には穴があるのです。

GM「それはどういうことだね。」

監督「彼はもう動体視力が十分ではありません。
これまでは特注のメガネでだましだまし補ってきましたが、メーカーがもうこれ以上のものは作れないと開幕前に言ってきました。
開幕当初はまだそのメガネで大丈夫でしたが、彼の目は衰え続け、もうサポートできないのです。」

GM「そうだったのか。
切るには惜しい選手なんだが。」

監督「もうひとつ困ったことに、まだまだ彼を慕う選手がたくさんいます。
彼が速球について行けず凡退し、ベンチに戻ってきて
「今日のピッチャーは打てない」
と言うと、他の野手もそう思い込んでしまうのです。
彼個人だけではなく、チーム全体が悪い空気に感染してしまうのです。」

GM「そういう君は、なぜファームからWindows8を上げようとしないんだ?
彼ならXPの立派な後継者になるだろう。」

監督「たしかにおっしゃるっとおりです。
ですが、どうも使いかたがわからなくて…
どうやったら最高のパフォーマンスを引き出せるのか…」

GM「監督の君がそんなことでは…
しかし君が言うこともわからんでもない。
何しろこれまでの選手と違いすぎて、ドラフト指名するのも躊躇したからな。
だがスカウト陣が、将来絶対に必要となると言ったからな」

監督「XPのかわりに8を中心選手にするには、XPから色んなものを引き継がないといけません。
野球のこともそうですが、精神的なもの含めて。」

GM「ううむ、データの移行というやつだな。
もっと早くからXPにそれをやらせるべきだったな。」

監督「どうしたもんですかね〜」

GM「しょうがない。
XPには8が育つまでがんばってもらうか…
投げ損じなら打てるし、守備には不満はないし、まだまだ使えるところもあるから。」

監督「(私は何をしに来たんだろう…)」


その後チームは負けを重ねました。


例え話しはここまで。

思いつきで書いたので、つたないところは申し訳ありません。

なお、動体視力がメガネで矯正できるかどうかは知りません。

今日マイクロソフト社のサポートが切れるWindows XPを使い続けると、そのPCがマルウェアに感染する恐れがあるばかりか、ネットワークでつながっている他のコンピュータにも観戦が広がる可能性があると考えられます。

今日間に合わなくても、あきらめないで、なるべく早くWindows7やWindows8にOSを入れ替えください。

データの移行に時間がかかる場合もありますが、とにかくあきらめないでください。


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「踊る人形」を思い出させる、米政府にフォント変更で経費節減を申し立てた少年のアプローチ

「(CNN) 米ペンシルベニア州ピッツバーグの中学生スヴィア・マーチャンダニ君(14)が、文書を印刷する際に使用する文字書体(フォント)を変えるだけで、ごみの削減とコスト節約を同時に実現できる、との画期的な研究結果を発表し、注目を集めている。」

CNN「フォント変えれば数百万ドルの節約に、米14歳が政府に提言」より
http://www.cnn.co.jp/usa/35045853.html

つまり、字体(フォント)を変えると経費節減になる、と言うことだそうです。

内容より、そのことを14歳の少年が研究し、米政府に提言したことが話題になっているように感じます。


ところでこの記事の中で

「スヴィア君は、教師が配るプリントのサンプルを集め、最も頻繁に使用される5文字(e、t、a、o、r)に着目した。そして各文字が、ガラモン、タイムズ・ニュー・ローマン、センチュリー・ゴシック、コミック・サンズの4つの書体でどのくらいの頻度で使用されているかを図表にし、市販のソフトを使って各文字に使用されるインクの量を調べた。さらに、異なる書体で書かれた同じ文字を拡大印刷し、各書体で使用されるインクの量をグラフ化した。」

という部分がありました。


これを読んで、シャーロック・ホームズの短編小説「踊る人形(The Adventure of the Dancing Men)」のある一部を思い出しました。

人の形をした絵文字の暗号を、ホームズが解いていく中で、彼はこう語っています。

「お気づきのように「E」は英語のアルファベットで最も頻出する文字であり、著しく他に抜きん出ているので短い文の中でも最も多く 見られると思ってもいいでしょう。
(中略)
 Eに続く英語の文字の順位は決して明白では なく、印刷物の平均値に何らかの優位が見られたとしても、短い文章一つではそれが逆になるかもしれません。 大雑把に言うと、「T、A、O、I、N、S、H、R、D」が文字の現れる順位です。」


スヴィア君は経費削減、ホームズは暗号の解読と、目的は違いますが、英語で最も多用される「E」を重視したところが共通してておもしろいな、と思いました。


「E」に続いて多用される文字として、「T、A、O」が共通して認識されているのも興味深いなと思いました。

ホームズものはイギリスで書かれたものであり、スヴィア君はアメリカに住んでいます。

英語と米語の違いは、発音においては特に顕著ですが、スペルなどでも違いがあります。

また、100年ほどの時代の差があり、その間には十分に新語ができたり、いいまわしの変化などがあったと思うのですが、根幹で使われる文字はそんなに変わってないんだな、と思いました。


それにしてもヴィア・マーチャンダニ君、あっぱれです。


ところで日本語のひらがなで最も多用されるのはなんなのか気になりました。

なんとなく助詞、「は」「が」「を」とか「の」が多用されているように思えるのですが…


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】野球で「勝ちに行かない」とはどういうことか?それは望ましいことなのか? #sbhawks

特に今さらの大発見ではないのですが、一度書いておきたかったことです。


中田投手が2勝目をあげた一昨日の対東北楽天イーグルス戦、福岡ソフトバンクホークスは8回裏にピンチを迎えました。

7-3と4点のリードで迎えたものの、ここまで信じられない球数で投げてきた中田投手は1点を失い、さらに四球を与えて一死満塁のピンチとなりました。


ここでネットに

「勝ちに行くなら交代だよね」

との投稿が。

この「勝ちに行く」とはどう言うことか?

逆に、「勝ちに行かない」ことに何の意味があるのか?

ということですが…


勝ちに行かない、と言うことになりますと、中田投手続投となります。

なぜそうするかと言うと以下の二つのことが考えられます。

・なんとか抑えてもらって、次回以降気持ち良く投げて欲しいから

・信頼している、と言う気持ちを伝えたいから


あとは今更ながらですが、成長して欲しいから、というのとか、完投して自信を持って欲しいからとか、中継ぎを休めたいからとかが考えられます。

シーズンはまだまだ先があり、あとあとのことを考えると、中田投手にはまだまだ勝ってもらわなくてはいけなくて、目先の一勝ぐらいは捨てても、「ホークスの中田投手」として育ってもらわないと困るのです。

うまく伝わったかどうか、はたして私の考えがあっているかどうかは自信はないですが、「勝ちに行かない」とはこう言うことで、ひとつの試合を捨てても最終的にはペナントレースを勝ちに行っているわけです。


結局この場面、秋山監督は勝ちに行きました。

中田投手に替え、五十嵐投手を投入。

五十嵐投手は無失点で切り抜けました。

(五十嵐投手にはいい経験になったでしょう

これは大きいと思います)


これまでの秋山監督のスタイルからすると、めずらしいな、と感じました。

秋山監督は、もう少し厳しい場面でも、なかなか投手を交代させません。

(そういうことで、よくネットで好き放題に批判されています)

中田投手の球数も多くなく、まだ3点のリードがありましたから。

(ただし、この回は不運な当たりもありましたが、抑えられるような感じではなかったです)

しかし戦力やオープン戦や開幕三連戦の勢いもどこかに行き、なんとなくムードが悪いだろうことを考えますと、ここはどうしても勝ちたかったのでしょう。

秋山監督の采配には異論はないです。



プロ野球は1シーズンに144試合をこなしますが、そのすべてを勝つことは現実的には無理だと考えられています。

だいたい80〜90勝すれば優勝できます。

もし先発投手が毎回少ない球数で相手打線をおさえ、打撃陣が打ちまくれば、それも可能かもしれません。

でも現実はそうは行きません。

野手も休ませねばいけませんし、毎回勝ちパターンのリリーフ陣を送り込むような酷使はできません。

経験のない選手には、結果に目をつぶっても使い続けて育ってもらわないといけません。

だから、全ての試合を勝ちにはいけないのです。


ですから、そう言う目的で負ける時は、そんなに残念ではないです。

しかし、そう言うことが言えるのは、私がテレビやネットで観戦しているからです。

球場まで足を運んで、安くない入場料を払ったファンにとっては、どういう形にしろ負けは好ましくないものです。

だから、プロ野球では、負けるにしても何かを観客に与えて、帰ってもらうのが理想だと考えます。

難しいことだとは思いますが。


われわれファンにも努力する必要があるでしょう。

「スポーツを見る目がある」とか「ない」とか、ファンをランク付するのは好ましくないと考えますが、こういう時には、「悪いことだけではなかった敗戦」と考えることができることが、健康的な日々を送るために必要な「スポーツを見る目がある」ということだと考えます。

このブログでは何度も書いてきたことですが、勝利からしか快感を得られないようなら、スポーツを見続けるのを考え直した方が良いと思います。


昨日ホークスは接戦を落としました。

ですが、ウルフ投手は好投して今後に希望を与えたと言えるでしょうし、江川選手はホームランを打ちました。

長谷川選手にいたっては、4打数4安打です。

明日からの試合に向けて、明るい材料がいくつか見つかった試合だったと考えます。



この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2014年4月6日】「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想 #annkw


3/30 スクール革命 修学旅行・後編 投稿者 bluesky1110

(若林そっくり芸人、八木良(やぎまこと)が出演した、先週3月30日の「スクール革命」の動画)


2014年4月6日の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

1.番組の流れ

1)オープニングトーク

東京では花見も今日あたりで終わりかな、と言う話しから始まりました。

その後、「笑っていいとも」が終わってからのタモリの初仕事となった「タモリ倶楽部」のロケに参加した話し。

そこから「いいとも」に出ていて、「若林の演技ヘタをなんとかしよう」と言うようなコーナーをやっていたこと。

初めて「いいとも」に出たのが、まだ売れてなくて、藤岡弘。と中尾彬のモノマネをしたこと。

テレフォンショッキングに出て、アメフトの話しをタモリが振ってくれたので助かったこと。

「日曜×芸人」で、自分はいじられる人でもある、と若林が気付いたこと。

などが話されました。


また、「タモリ倶楽部」のロケのあいさつで、若林がタモリに

「あれ、お前本物か?」

と言われたことも話してました。

これは先週の「スクール革命」で、ニセ若林役で平愛梨にドッキリをしかけていた、若林そっくり芸人、八木良(やぎまこと)のことが、タモリの頭にあったからのようです。

「俺のようなキャラの強くない人間のモノマネで食っていけるのかな?」(若林)

とか、しばらく八木良の話題が続いたのですが、八木良本人はこの放送を聴いていて。

オードリーのオールナイトニッポン聞いてるけどビックリですけど」
https://twitter.com/MakotoYagi/status/452477685436907522

と驚きのツイートをしていました。

なお、「スクール革命」出演の件については、八木良のブログに書いてあります。

The BLOG of MAKOTO~まことのブログ~「今日はスクール革命の放送でした!」へのリンク

私もこの番組見ましたが、本当にそっくりでびっくりしました。

と言っても初めて彼を見たわけでなく、昨年のSPWの「若林1ぐらんぷり」で、YouTubeに「オードリー若林の私生活をイメージしてみた」と言うタイトルの動画を投稿していた人でした。

YouTube「オードリー若林の私生活をイメージしてみた」へのリンク

今日は1時34分までのオープニングで、あっという間に時間がたった気がしました。


2)若林トーク

今週は多くのライブにたずさわった、と言う話しでした。

その中でもおもしろかったのが

「もっとたりないふたり」

ライブ後の打ち上げで、山ちゃんこと山里亮太にからまれたこと。

なんでも、若林が稽古のたびにアドリブを入れてくるので、山ちゃんはそのたびに、どう言うツッコミを入れるか帰宅して考えていたとのこと。

それが本番で若林がアドリブを入れないので、山ちゃんは

「ツッコミを考えた俺の時間はなんだったんだ」

と怒りのからみをしたそうです。

山ちゃんに言わせると、

「南海キャンディーズはイタリアのシステムがしっかりしたサッカースクールで学んだサッカー。

 オードリーは南米で裸足でやるサッカー」

とのことでした。

(オードリーがやっていたアメフトというスポーツは、攻撃の前にあらかじめ細かい作戦を決めておくものです。

 ただし守備はそれを壊しに来ますから、そこをアドリブで切り抜けるのが攻撃の選手や、観客にとってのだいご味の一つだと思います)

山ちゃんはその夜大いに酔っていて、

「昨日、山里さんが打ち上げでごきげんに酔っぱらって「誰か二軒目も付き合ってくれるんだろーなー?」と我々が忌み嫌ってきたはずのセリフを吐いてました。たりふた裁判所に提訴したいと思います。文責若林」
https://twitter.com/tarinaifutari/status/452130766349029376

と若林がツイートしたほどだったそうです。

この若林トークの最中、山ちゃんはラジオを聴いていて

「すまねぇ若林くん…」
https://twitter.com/YAMA414/status/452487352875634688

とツイートしていました。

「もっと!たりないふたり」は、日本テレビで2014年4月11日(金)25:58からの放送です。


3)春日トーク

「春日にも春が来た」

ということで、何年かぶりに春日がデートをした、というものでした。

エンディングで芳樹Dが

「番組をやってきた5年間で、最高の春日トークだった」

とほめたほどで、若林も大笑いしながらつっこんでました。


お相手は蔵前のドッグカフェの25歳の店員さん。

春日が借りたピンクのレンタカーで鎌倉へ行ったそうです。

以前鎌倉で「ぷっすま」のロケをやったそうで、春日はその通りにデートを進めたそうです。

このデートパターンのコピペの多さに、若林は

「理研に訴えられるぞ」

とつっこんでました。

時事ネタですね。


それにしても、春日すごいな、と思ったのは、日の入りの時間を事前に調べて、その時間に夕日が見れるところに行ったことです。

私はそんなことは思いついたこともないです。


4)枡西田ゲーム

・安田美沙子の、「永遠に愛が続くように」という願いを込めて「円周率」を示す3月14日を選んで結婚したと言う言葉

・山ちゃんの、このアイドルは来る、と言う言葉

・リリーフランキーの「クンニは情報の海だ。クンニをするとその子のことがすべてわかる」と言う言葉

・フジの新番組「未来ロケット」のMCを務める若林の言葉

・犬山紙子の「男子がウンコと言わずウンチと言うの、萌えるなぁ」と言うツイート

・ビッグスモールンゴンちゃんの「近い将来、必ず海外進出をはたします」と言うプロフィール

今回は「7西田2枡」と「えらそうだ」が多い回でした。

若林は「芸能人の情報が入ってきて助かるコーナー」と語っていました。


5)五戸ナビ

・「この先、500メートル先、河相我聞がやっていたラーメン店の跡地があります」

・「そのスペースに、バックで入れてほしいな」

・「300メートル先、日本大学第二中学校です」

・「なんやこの渋滞、辛抱たまらんわ、ほな行かしてもらうで…行き止まりでした…」

・「本日は五戸ナビお買い上げありがとうございます。わたくしナビゲーターの五戸でございます。おまえ誰だよ」

日大二中へのアクセスについて

「四面道」とか「小杉通り」とか言う言葉が若林の口から出てきました。

後者は「中杉通り」の誤りかと思われます。

日大二中は中央線阿佐ヶ谷と荻窪間の北にあり、「四面道」は荻窪にある交差点で、「中杉通り」は阿佐ヶ谷を南北に貫く道で「中野杉並通り」と言う意味だったと思います。

私は就職して会社の寮に入ったのですが、それが阿佐ヶ谷の中杉通りに面したところにあり、その時は気がつかなかったのですが、日大二中は歩いて行けるところにありました。


また、「おまえ誰だよ」のTAIGAについては、こんな記事がありました。

リアルライブ「「R-1ぐらんぷり2014」ファイナリスト TAIGA 「オードリーには頭が上がらない」心底感謝」へのリンク

6)若林学部

・部屋の本棚の一角に、ジーマのあいたボトルを置いている

・露骨なぶりっ子も嫌いだが、私、男勝りよ、と言う雰囲気を漂わせる女も嫌いだ

・彼女はできないけど、セックスはしているよ、ということを周りに伝えたい


7)しんやめ


8)エンディング

春日はデートコースについて、「ぷっすま」のロケで行ったことがある、とは相手に言わなかったそうです。

それは、言っちゃうとデートの価値が安くなるから、ということと、初めて見た感を出したかったから、ということだそうです。


2.「ナックル」とは

春日トークの中で

「ナックル」

と言う言葉が出てきましたので、この件について少々。

「ナックル」とは野球の変化球のひとつです。

投げ方は、親指と小指でボールをはさみ、間の指をボールに立て、回転をかけないで投げるものだったと思います。

この球はどこに投げるか投手にもコントロールがむずかしいほど予測不能な変化を見せます。

それは回転がかかってないからで、サッカーの本田選手の「無回転シュート」と同じです。

おもしろいことに、日本ではほとんど投げる投手はいません。

MLBには少ないながらも何人かいます。

ただこのボールを習得すると、けっこう高齢になっても現役を続けられます。

フィル・ニークロ投手なんかは、46歳になっても、ナックルを武器に勝ち続けていましたから。

それは比較的パワーを必要としないからでしょう。

「ナックル姫」こと女性の吉田えり投手も、名前の通りナックルを武器としていました。


3.来週の放送

来週はわたくしごとのため、ラジオを聴いた直後にブログを書くのが難しそうです。

その場合は、オードリーやオードリーのANNに関する一般的なことを書きます。

よろしくお願いします。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】三谷幸喜の『シャーロックホームズ』の人形劇の感想とプチ解説~超オススメ

3月25日から3日間にわたってNHK総合テレビで放送された

『シャーロックホームズ』三谷幸喜×学園ミステリー×パペット・エンターテインメント

を見た感想を書きます。


その前に私の見方を。

私はそもそもコナン・ドイルが書いた「シャーロック・ホームズ」(「正典」と呼ばれています)が大好きで、その研究本やパスティーシュ(他の人がドイルをまねて書いたホームズもの)を読んだり見たりするのが好きです。

今回書く『シャーロックホームズ』もそうですが、パスティーシュを見たり読んだりするときには、ミステリー小説としてどうが、と言うことより、正典のどこをどういじったか、が気になります。

BBCの「SHERLOCK/シャーロック」もそうやって見ていまして、正直あまりストーリーを覚えていません。

そういう姿勢で見ましたことを最初に書いておきます。


1.「最初の冒険」

正典の「緋色の研究」をベースにしたもの、と聴いていたのですが、実際はそれに「六つのナポレオン」を加えたものでした。

ビートン校に学生寮で起きた食中毒事件と、カバの石膏像の連続破壊事件を、十五歳の学生、シャーロック・ホームズが解いていくものでした。

食中毒事件は、ジェファーソン・ホープと言う学生が、イノーク・ドレッパとジョゼフ・スタンガソンと言う同級生にうらみを持ち、食事の時に、腐ったゆで卵と普通のゆで卵を選ばせて食べさせた結果のものでした。

カバの石膏像の連続破壊事件は、ベッポと言う学生が、女子生徒の指輪を埋め込んだ石膏像を探すものでした。

だいたい原作の「緋色の研究」と「六つのナポレオン」に似ていました。

犯人のホープの声を、妻夫木聡がゲストとして演じていました。


2.「困った校長先生の冒険」

ビートン校のオルムシュタイン校長が、保健室のアイリーン・アドラー先生と不倫。

アドラー先生は冷たくなったオルムシュタイン校長に、結婚をせまり、してくれなければ二人でとった写真を校長先生の奥さんに送る、と脅迫しました。

「校長先生」(校長先生の一人称として使われていました)はホームズに奪還を依頼。

(生徒にこう言うことを依頼する教育者って…)

ホームズは失敗したものの、最終的には写真を手に入れ、アドラー先生は美術のノートン先生と結婚することになる、と言う、正典に近い内容でした。

アドラー先生の声を宮沢りえが演じていました。


3。全体的な感想

とにかくおもしろかったです。

想像をはるかに上回ってました。

後述しますが、これでもかこれでもか、と正典に出てくる人物や設定を取り入れています。

しかもそれがひねってありつつも、無理がないのがいいなと思いました。

三谷幸喜は

「これが楽しめなければシャーロキアンではない」

と挑発、と言いますか豪語してましたが、私はその言葉通りだと思いました。

ま、私は「シャーロキアン」と言われるほどのマニアックな教養はないですが。

次回作も本当に楽しみです。



4.原作からの流用

1)シャーロック・ホームズ

タバコのかわりにおもちゃの巻き取り笛を加えていました。

成績は良くないものの、学園中のトラブルを抱えた生徒が、ホームズの住むベイカー寮221B室を訪れて、ホームズに解決を依頼してくる、と言う設定でした。

なお、「問題児」ホームズと同室になった生徒は、その変人ぶりに三日でノイローゼになって部屋を変わるそうです。


2)ジョン・ヘイミッシュ・ワトソン

「ヘイミッシュ」はシャーロキアンの間で想定されている名前で、正典」では「H」としか記されていません。

BBCの「SHERLOCK/シャーロック」でも「ヘイミッシュ」と言われていました。

オーストラリアの学校から転校。

肌の色が違う生徒がいじめられていたことに怒り、暴力事件をおこして転校を余儀なくされた、と本人が言っていました。

ホームズはワトソンと初めて会った時、かばんにオーストラリアのステッカーが貼ってあったこと、地黒ではなく日焼けしており、体格が立派だが歩き方が不自然なことから、

「オーストラリアからやってきた。

 スポーツをやっていたが、バスケットやサッカーの選手にしては体格がいいから、ラグビーのフッカーをやっていた。」

と言うことを当てます。

バスケットボールはアメリカンフットボールを室内でできるようにアメリカで「発明」されたスポーツで、そんなに普及していたか疑問です。

また、なぜ数あるラグビーのポジションから、フォワードの最前線の真ん中で、スクラムでインされたボールを足で確保するフッカーと特定したか。

その説明はありませんでした。

「最初の冒険」を小説にして、壁新聞として発表しました。


3)スタンフォード

ワトソンを学園に案内した学生

正典では、ワトソンの同級生で、やはりワトソンをホームズに紹介したことになっています。


4)ベッポ

学生。

ワトソンがカバの石膏像を破壊するのを見た、と教頭先生に密告。

しかし実際はベッポこそがカバの石膏像の連続破壊事件の犯人で、女子生徒から盗んだ指輪を、逃げる際に授業で生徒たちが作った石膏像のどれかに埋め込みました。

その指輪をさがすため、石膏像の破壊を続けていました。

正典の「六つのナポレオン」でも「ボルチア家の黒真珠」と呼ばれる宝石を逃亡の際にナポレオン像に埋め込み、それを探すために破壊を続けた犯人となっています。


5)モリアーティー教頭

ベッポの密告に従い、ワトソンをカバの石膏像の連続破壊事件の犯人としようとした先生。

正典の「モリアーティー教授」は、ホームズの最大の敵とされていますが、今のところあまり存在感のない端役です。

私の母校の高校では、たまに教頭先生が英語を教えていましたが、モリアーティー教頭も数学を教えるのでしょうか?


6)ハドソン夫人

寮母です。

正典ではホームズとワトソンを下宿をさせる人です。

食中毒事件は、彼女が作った猫の毛が入ったクッキーが原因だと疑われます。


7)イノーク・ドレッパとジョゼフ・スタンガソン

ビートン校の生徒で、金持ちのドラ息子。

一般の生徒とより厚遇されていて個室が与えられ、自室での食事を認められています。

ギャンブルが大好きで配膳係のジェーファーソン・ホープをカードゲームに誘い、彼から大事な懐中時計を巻き上げます。

何かの事件を起こすが親が手をまわしてホープ一人に罪を着せます。

それをホープに恨まれ、「腐ったゆで卵をどちらが食べるか」と言うギャンブルを挑まれ、二人とも敗れて、食中毒になります。

原作でも、イノーク・ドレッパとジョゼフ・スタンガソンはホープから婚約者を奪ったとしてホープの追跡を受け、「毒の入った丸薬をどちらが飲むか」と言う対決を受け、敗れて死亡します。

(「イノーク・ドレッパ」よりは「インナク・ドレッパ」や「イナーク・ドレッパ」のほうが、私にはなじみがあります)


8)ジェファーソン・ホープ

上記6)の説明の通りです。

一般の学生で、イノーク・ドレッパとジョゼフ・スタンガソンの食事の配膳係をしていました。

のちに退学します。

原作ではアメリカからイノーク・ドレッパとジョゼフ・スタンガソンを追跡してロンドンにやってきて、二人に復讐を果たしたあと、ホームズにつかまります。


9)ビートン校ベイカー寮221B号室

ホームズとワトソンが在学する学校と寮。

「ビートン」は『緋色の研究』が掲載された「ビートンのクリスマス年鑑」からとられた名前だと思われます。

そして、正典ではベイカー街221B号室に住んでいます。


10)ストランド


学生新聞の編集者。

ワトソンに「最初の冒険」を壁新聞にすることを依頼します。

おもに正典が連載された「ストランドマガジン」に由来するものと思われます。


11)ロイロット先生

生物学の先生と言う設定です。

正典では「まだらの紐」の犯人で、毒蛇を使って殺人事件を起こしますが、最後はその蛇にかまれて死亡します。


12)レストレード

生徒会長。

正典に最も登場する警察官です。

正典と違って、アクが見えないです。


13)オルムシュタイン校長

変装してホームズの部屋を訪れますが、正典と違って推理もくそもなく、体形などから一発で見破られます。

前述の通り、自分のことを「校長先生」と呼びます。


14)ノートン先生

美術の先生。

アドラー先生の恋人で、のちに結婚する予定です。

正典でもアドラーと結婚した弁護士と言う設定になっています。


ほかに私が気がつかなかったことや、忘れているものもあると思います。


5.次回放送と再放送

うろ覚えですが、8月に第2シリーズがあるそうです。

また、10月に再放送があるとか言っていたような気がします。


6.関連サイトと情報など

NHK「シャーロックホームズ | NHKオンライン」へのリンク

「シャーロックホームズをもっと楽しむ!! シャーロック学園」へのリンク

また、本日発売の月刊誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)に

「特別企画
 ベネディクト・カンバーバッチ vs. ジェレミー・ブレット
 シャーロック・ホームズ新旧対決!」

と言う特集記事があります。

アルクショップ「ENGLISH JOURNAL 2014年5月号」へのリンク

また、「BBCドラマ「SHERLOCK」の非公式日本ファンサイト」のtwitterアカウント「@Sherlockfan_JPN」から、こんなこともツイートされていました。

「4月21日発売の映画雑誌「FLIX 2014年6月号」、 #シャーロック S3特集14ページ掲載の予定! http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JFBESHG?ie=UTF8&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=B00JFBESHG&linkCode=shr&tag=bbcsherlockjp-22 … ベネディクト、マーティン、共同脚本家2人のインタビュー、ロケ地ネタ、小ネタ、S3紹介など。ネタバレ回避組は要注意。」
https://twitter.com/Sherlockfan_JPN/status/451932318299484160

来月はBBCの「SHERLOCK/シャーロック」のシーズン3の日本語放送も始まります。

それに先立って、今夜から毎週土曜夜「SHERLOCK/シャーロック」のシーズン1~2の再放送が始まります。

「SHERLOCK(シャーロック)|NHK BSプレミアム 海外ドラマ」へのリンク

NHK「この春もシャーロック・ホームズ三昧」へのリンク

ホームズマニアには楽しい時期です。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【女子アメフト】 2チーム目のグアム遠征 など



(「Blaze Cats」のグアムでの試合を報じる、現地のニュース動画)


女子アメリカンフットボールについて、以下の3つのことを書こうと思います。

1.チーム「Blaze Cats」のグアム遠征のこと

2.新チーム「Eagles - イーグルス」結成のこと

3.アメリカの2人の日本人選手のこと



1.チーム「Blaze Cats」のグアム遠征のこと

3月上旬の「F.F.ランガルズ」のグアム遠征に続き、3月22日には、「Tokyo BLAZE」と大阪の「WILD CATS」の混成チーム

「Blaze Cats」

がグアムのチームと試合をしました。

相手はグアムの女子アメフトリーグ、Guam Women's Tackle Football League (GWTFL)の昨年の優勝チーム

「Team Legacy」

結果は、7-18で敗戦しました。

この試合については、下記リンク先の記事に、経過だけではなく背景も含めて詳しく書かれています。

47NEWS「週刊TURNOVER>グアム・リーグに学べ 日米女子親善試合を観戦して」へのリンク

やはりチャンピオンチームは違う、と言うのが、上掲の記事から伝わってきます。

Blaze Catsとの試合の翌週、Team Legacyは、今季の最初の試合を42-0で大勝したそうです。

相手はランガルズが勝ったLady Raiders。

Blaze Catsがこんな強いチームに、選手数が十分でないアウェイで11点差しかつけられずに敗れたことは、賞賛に値するんじゃないかと考えます。

現地のニュースでは、Team Legacyのオリバー・フローレスと言う選手が、こう語ったと報道されています。

"It's an interesting experience. It allows us to find out where we are on a national level"

自信はないですが、たぶん

「とても印象的な経験でした。

 私たちはナショナルチームレベルにあることが確認できたのです。」


という意味だと思います。

つまり、日本のチームに勝ったことで、自信が持てたと言っているのだと思います。

そうだとすれば、とても光栄な言葉だと思います。

ですから、Tokyo BLAZEとWILD CATSは、善戦を誇りに思ってもいいと、私は考えます。

もちろん、次は勝つことを願いますが。


英語ではありますが、現地のメディアがこの試合について報じたニュースへのリンクを貼っておきます。

Guampdn「Legacy beat team from Japan in goodwill game」へのリンク

Marianas Variety「Guam beats Japan in GWTFL goodwill game」へのリンク


2.新チーム「Eagles - イーグルス」結成のこと

「Eagles(イーグルス)」

と言う新しい女子アメフトのチームが、3月30日に創設されました。

拠点は東京のようです。

下記リンク先にそのことが書いてあります。

TDK! Kazu! 女子アメフトプレーヤー・山根加津子のブログ「《新・女子アメフトチーム"Eagles(イーグルス)"設立のお知らせ!!》」へのリンク

この記事の日付は4月1日になっていますが、事実です。

イーグルスの設立で、前述したF.F.ランガルズ、Tokyo BLAZE、WILD CATSとあわせ、日本に4つの女子アメフトチームが存在することになりました。

(ひょっとしたら私が見落としているチームがあるかもしれません)

この4チームが今後どういう活動をしていくか、実は私はよく知らないのですが、これで2017年の第3回女子アメリカンフットボールの世界選手権出場が、かなり現実味を帯びてきたように感じます。

楽しみになりました。

なお、各チームともFacebookのサイトを持っていますのでリンクを貼っておきます。

Facebook「ランガルズ」へのリンク

Facebook「【Tokyo BLAZE】~女子アメリカンフットボールチーム~」へのリンク

Facebook「WILD CATS」へのリンク

Facebook「《Eagles - イーグルス》女子アメリカンフットボールチーム」へのリンク



3.アメリカの2人の日本人選手のこと

アメリカのチームに所属する2人の日本人選手

鈴木弘子選手

小倉典子選手

の所属するリーグ、Women's Football Alliance(WFA)が、今週末レギュラーシーズンを開始します。

1)鈴木弘子選手

残念なことに鈴木選手は練習で負傷し、開幕に間に合わないことになりました。

鈴木弘子オフィシャルブログ「Being Betty>ご報告」へのリンク

ただ、鈴木選手は悲観はされておられないようで、

「皮膚を切っただけなので、すぐに復帰します。」

とも書かれています。

同ブログ「ハッピーフェイス!」へのリンク

こういう方だから、ここまでの選手になれたんだろう、と考えます。

4月中には復帰できるのかなぁ…

なお、鈴木選手は現在毎週コラムを47Newsに寄稿されています。

鈴木選手のこれまでの歩み、つまり自叙伝っぽい内容になっています。

これがかなりおもしろいんです。

ぜひ、読まれることをお勧めします。

47NEWS「週刊TURNOVER>ベティ鈴木のDirect Snap~女子プロフットボーラーのアメリカ挑戦日記」へのリンク


2)小倉典子選手

今年から東海岸のチーム「Boston Militia」に移籍した小倉選手には大きなけがもないそうで、開幕戦を楽しみにされているようです。

DL NORIKO 小倉典子 Official「もうすぐ開幕戦☆」へのリンク

小倉選手はチームが変わっただけではなく、ポジションにも変化があったようです。

同ブログ「LB!!o(●´ω`●)oわくわく♪」へのリンク

これまで守備の最前線のDL(ディフェンスライン)だったのですが、今季は半分は、その後ろのLB(ラインバッカー)を任されるそうです。

小倉選手は長い間一つのチームで、同じポジションをプレイされていたようです。

今シーズンはかなりの変化を迎えることになりそうで、大丈夫ですかぁ~、なんて言いたくなるのですが、きっと活躍してくれると思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014~川崎市等々力緑地の桜を花見

20140402等々力近くで見た桜


昨日は所用のため休暇をいただいたのですが、思いのほか早く終わりましたので、帰宅後、近くの等々力緑地に、犬の散歩がてらにを見に行きました。

先週の今頃開花したのに、もう昨日には花散らしの雨が降るかも、と言われていましたので。


川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場を擁する川崎市中原区の等々力緑地。

個人的には一番の花見スポットは、等々力陸上競技場12番ゲートの横に一段上がったところにある広場だと思います。

下の写真は、その入口です。

20140402等々力絶好の桜スポット

その隣りの等々力陸上競技場は、現在改修中です。

20140402等々力工事中の球場

工事現場を覆う壁には、各年代ごとに等々力緑地を上空から写した写真が貼ってあります。

20140402等々力歴史写真

たしか、1949年(終戦の4年後)から去年のものまで、9枚の写真が貼ってありました。

こう言うのを見始めると、私は興奮してず~っと見入ってしまいます。

女房と犬達を待たせるわけにも行かないので、軽く見て、再びを追いました。

この写真は、池と補助競技場の間の道を写したものです。

20140402等々力真ん中の道

以前はもっとの海のように、植樹してあったと記憶します。


ところでもう一つのの見どころと言えば、等々力野球場の前の広場です。

20140402等々力野球場前

ここも以前は桜の海のように見えたのですが、今では満開でもこんな感じです。

広さと桜の木の数なら、最初に紹介した等々力陸上競技場横の広場よりは多くて広いと思うんですが、桜の密度では、やや劣るように感じます。


等々力陸上競技場からテニスコートの横を通り、そこから等々力野球場に向かう途中には、しだれ桜もありました。

20140402等々力しだれ桜

写真の左上に見えるのは、等々力陸上競技場の改修工事に使われているクレーンです。


というわけで、今年も等々力緑地の桜が見れました。

最後に桜をバックに記念写真をパチリ

20140402等々力のデロ


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

防衛省サイバー防衛隊創設は、サイバーセキュリティ確立の始まりに過ぎないと考える

2014年3月26日に、防衛省にサイバー防衛隊と言う舞台が発足しました。

この部隊は統合幕僚監部の配下の

自衛隊指揮通信システム隊

という部隊の指揮下にあるそうです。

つまり、陸海空のどの自衛隊にも所属せず、逆に陸海空のそれぞれから、人材を集めてきたものだそうです。

NHKの伝えるところによりますと、この部隊の任務は

「防衛省・自衛隊の情報システムを確実に守ること」

だそうです。

う~ん、まぁ仕方ないか。

本当はその範囲にとどまらず、民間を含めて、日本国のインフラを攻撃する、すべてのものに対応して欲しいのですが、まあ発足したばかりだから仕方がないでしょう。

また、そもそも防衛省と自衛隊のシステムだけを守るのは難しいでしょう。

いろんなところに、いろんな形で結びついているはずですから。


ところで、気になったことをいくつか。

まず防衛を旨とする自衛隊の守備範囲はどこまでなんだろう、といことです。

日本のもので、日本にとって重要なハードウェアが海外にある場合、そのハードウェアをシステム的に守るのは、法的に可能なのか?

ネットワークに国境をひくのはものすごくむずかしいことだと思いますので、ここら辺ははっきりとさせておく必要があると思います。

もちろん、守備範囲となるように。


また、サイバー空間において、戦争状態とはどういうものを指すのか。

通常戦争でも宣戦布告がないのが普通となりましたが、サイバー空間は見えないところでいつの間にか攻撃が始まって、しばらくしてから気がつくことが多いように感じます。

そもそもサイバー攻撃隊に反撃、つまり攻撃してくるサーバーをシステム的に破壊するような権利があるのか、も疑問です。

私としては、サイバー攻撃を確認したら、そくその攻撃もとマシンをシステム的に破壊、つまり稼働不能にすべきだと考えます。


とまあ、現場のままでは、サイバー防衛隊の任務は、日本の平和を守るためには、法的に未整備だと考えます。

そもそもサイバー防衛隊の創設自体が遅いという声もありますが、やらないよりましです。

のがした時間は取り戻せんが、今からでも可及的早期に部隊の強化と、方の整備をしっかりとして欲しいものです。


追記

この記事は先週末に下書きして公開したものです。

昨日になって、警察庁にも同じような組織が発足しました。

「警察庁に“サイバー犯罪対応”新組織発足 | 日テレNEWS24」へのリンク


この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球】 ペーニャは復活してくれるのか?




(ペーニャ選手の今シーズン第1号のホームラン。

 彼らしい大きなものでした。)


応援している福岡ソフトバンクホークスの開幕シリーズ3連勝以外で嬉しかったのは、昨オフホークスを解雇され、オリックスバファローズに入団した、ウィリー・モー・ペーニャ選手に、早くも2本のホームランが出たことです。

私は彼のことが大好きでした。

大きなホームラン、強烈で速い打球、そして一生懸命で意外とうまい走塁。

そういうところがです。


だから彼が昨シーズン、負傷もあって1本しかホームランを打てていなくても、もう一年我慢してホークスに残留させてくれないものかと願いました。

しかし、外角のボール球だけで料理され、それは今後も変わらないだろうと判断されたのか、ホークスは彼を解雇してしまいました。

ホークス時代の井口選手(現千葉ロッテマリーンズ)や、松田選手にも、外角の落ちる球で料理され続けた時期はあったのですが、外国人選手と言うことも考慮されたのでしょう。

私だけでなく、ペーニャ選手の解雇を嘆いたホークスファンは少なくないと思います。


今シーズン、オープン戦の前に負傷した時は、やっぱりペーニャはもう駄目なんだろうか、と思ったんですが、一昨日までの開幕シリーズで、まだまだ怖い存在だということを教えてくれました。

ペーニャ選手は2本のホームランだけではなく.385の打率と5打点の成績を残しています。

それでも外角球に三振するシーンもありました。

今後もつまづくこともあるでしょうが、バファローズバファローズファンの期待にこたえてくれるような活躍を願います。

「私は彼のことが大好きでした。」

と、過去形で前述しましたが、今でも大好きですから。

もちろんホークスには、全力で抑えに行ってほしいですし、いい勝負ができればいいなと思います。

そのうえで、彼の顔も見たくないぐらい、彼が活躍してくれると嬉しいです。



(ペーニャ選手の第2号の動画)


ついでと言ってはなんですが、ペーニャ選手が絶好調だった2012年の全ホームラン集の動画へのリンクを貼っておきます。

YouTube「W.Mペーニャ2012年シーズン全ホームラン集!」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~