2015年02月の記事 (1/1)

【LINE】アメフトのスタンプが登場~これで会話ができればアメフト通

20150227アメフトLINEスタンプ一覧

スタンプの画像)

LINEにアメフトのスタンプが登場しました。

「アメフト審判のおっさん」

と言う名前のもので、¥100です。

下記リンク先にあります。

LINE STORE「アメフト審判のおっさん」へのリンク


「これは使える!!」

と思ったので、さっそく購入しました。


スタンプの内容は、アメフトの審判が反則などを宣言するポーズを、ベースにしたものです。

私は、アメフトを楽しめるようになるには、それほどの知識はいらない、と考えていますが、世間一般にはそういう風にはとられてないようです。

その一因として、反則の種類の多さがあると思うんですが、これを知ると、けっこう生活の中で使って、笑いをとることができます。

そう言うふうに使ってもらえれば、作者の方はきっとそう言う意味もこめて作られたんじゃないかな、とも考えます。


ぱっとみて「使えそうだな」と思ったのは、トップに置いた画像の上から四段目の一番左にある

「遅い」

と言うものです。

審判が腕組みしているやつです。

これは「遅い」、と怒っているから腕を組んでいるわけではないのです。

このゼスチャーは

「ディレイ オブ ゲーム」

と言う反則を示すものです。

規定の時間以内にプレイを始めなかったもの、おおざっぱにいえば遅延行為を示すものです。

こちらの動画の0:24あたりから、そのジェスチャーを見せてくれます。




そしてもうひとつは下の画像の「朝一行くつもり」の次にあるもの。

「異議あり」

の言葉の下に、赤いテルテル坊主みたいなのが転がっているものです。

20150227アメフトLINEスタンプ使用例

これはもちろんテルテル坊主などではなく、赤いフラッグで重りを包んで投げやすくしたものです。

NFLのチームのHC(ヘッドコーチ:監督)は、疑わしい判定があった時、これを投げることで、ビデオ判定を要求します。

MLBやその他のスポーツにも導入され、知名度が上がった「チャレンジ」と言われるものです。

下の動画がそのシーンです。



12番の選手が緑色のジャケットを着たHCに、チャレンジをするように叫んでいるようです。

そして0:10あたりで、HCは何かを投げます。

その「何か」がチャレンジを要求する赤いフラッグです。

まさに

「異議あり」

なのです。

(なおこの動画にはオチがあって、87番の選手があわててフラッグを拾い、何事も起きてなかったかのように帰って行きます。

NFLではチャレンジしてはいけない場面があるのですが、どうもこのHCはルールを忘れ、そう言う場面でフラッグを投げてしまったようです)


話しはスタンプに戻りますが、このスタンプの意味が全部わかれば、立派なアメフト通だと思います。

逆に、このスタンプの意味が全部わからないと、アメフト通ではない、と言うことはないと思います。

私も結構知らない反則や、区別のつかない反則などありますから。

(私がアメフト通であればの話しです)


実は私は必要がない限りLINEは使ってないのですが、このスタンプを手に入れたからには、意味もなくメッセージを送ってしまいそうです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ホークス】千賀滉大、練習試合で好投~先発かセットアッパーか?

昨シーズン6月ごろから右肩の異常で戦列を離れていた、福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手が、2月24日の新日鉄住金かずさマジックとの練習試合で、2イニングをパーフェクトに抑えたそうです。

直球16球中6球が150キロ超え、だったそうです。

「【朗報】ホークス千賀、復活 - 鷹速@ホークスまとめブログ」へのリンク

これは朗報。

とても嬉しいです。

明日のKTウィズ(韓国)戦に先発するそうです。

以前も書きましたが、千賀投手は職場の他球団のファンからも

「千賀ってどうなってるんですか?

 最近見ないようで。

 すごく期待しているんですけど」

と言われるほどのインパクトのある投手で、私もものすごく気になっていました。

一時は斉藤和巳氏のようになってしまうんじゃないか、と心配したんですが、ここまでくれば、あとは試合勘、そしてメンタルでしょう。


ところで以前から言われていることですが、千賀投手は先発への転向を目指しているそうです。

抑えているときは圧巻のピッチングでフィールドを支配できるほどの活躍を見せてくれますが、もったいない四球でピンチをまねくこともしばしばです。

後者のことを考えると、長い回を投げることができるかなぁ…と不安にもなるのですが。

本人が無失点にこだわらなければ、先発としては成功できると思います。

先発は7回ぐらいまでを2~3失点で抑えればいい、と開き直ることができるなら、千賀投手の技術だったら大丈夫でしょう。

本人がこう思ってくれるといいんですが。


私としては、千賀投手の圧巻のピッチングは毎日でも見たいので、セットアッパーで行ってほしいのですが…


まあとにかく、千賀投手の力が一番発揮できる立場になれることを願っています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【スカパー!プロ野球中継】2015年は、どの局が、どのチームを放送するのか~パリーグニコ生撤退の話しも

今シーズンから、スカーパー!でのプロ野球中継局が大きく変わるようです。

スカパーの「プロ野球セット」のサイトの放送予定をざっと見たところ、こんな感じになるようです。

【パリーグ】

福岡ソフトバンクホークス:FOX

オリックスバファローズ:J SPORTS

北海道日本ハムファイターズ:GAORA

千葉ロッテマリーンズ:TBSニュースバード

埼玉西武ライオンズ:テレ朝チャンネル2

東北楽天イーグルス:J SPORTS


【セリーグ】

読売ジャイアンツ:日テレジータス

阪神タイガース:スカイA sports+ または GAORA

広島東洋カープ:J SPORTS または BSスカパー

中日ドラゴンズ:J SPORTS

横浜DeNAベイスターズ:TBSチャンネル2

東京ヤクルトスワローズ:フジテレビONE


最近まで知らなかったのですが、FOXスポーツジャパンが事業を終了するようで、プロ野球中継局の変更は、これによる影響が大きいようです。

映画.com「FOXスポーツジャパン、2年余で事業終了」へのリンク

それでも今シーズンはホークスの主催試合はFOXが中継するようですが、来季以降はどこがホークスの試合を中継するのかわかりません。

良くも悪くもホークスは人気球団ですから、中継の権利が売れないと言うことはないと思います。


ジャイアンツの日テレジータス(3月1日より「日テレG+ HD」はチャンネル名称が「日テレジータス」にかわるそうです)による中継、ファイターズのGAORAによる中継などは、日によってチャンネルがかわると言うことはなさそうですが、J SPORTSやFOXではかわったりするようです。

ですのでスマホなどをお持ちの方は、以前紹介した、スカパー!による「プロ野球セット」アプリを使うと便利だと思います。

その日その日のチャンネルが掲載されていますので。

iOSとAndroidに対応しています。

「スカパー!「プロ野球セット」アプリのサイト」へのリンク



ところで、パリーグがニコニコ生放送(ニコ生)から撤退する、と言う話しも出ています。

この件は2月24日に一気に表面化して、2ちゃんねるまとめサイトなどに投稿されています。

いったいどうなりますやら。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】関西学院125周年記念『レガシーボウル』まで1ヶ月きった

20150221関学レガシーボウル

(『レガシーボウル』のポスター)

関西学院の創立125周年を記念して、3月21日(土)13時から大阪市のキンチョウスタジアム(大阪市長居球技場)にて、

『レガシーボウル(LEGACY BOWL)』

が開催されます。

関西学院大学ファイターズが迎えるのはプリンストン大学タイガース

プリンストン大学はアイビーリーグ のうちのひとつで、米国内では決して強豪校ではないと思うんですが、ラトガース大学との間で、史上初めてアメリカンフットボールの試合を行った大学とされています。

アイビーリーグに属する大学のアメフトチームは、それほどレベルは高くないのですが、それでも1990年代にアイビーリーグから選抜された選手が何度か来日し、日本のチームと対戦して勝っていました。

私も何度か現地で見ましたが、日本人WRより大きいDB陣がそろっていて、パスが通りにくかったのを覚えています。

それはさておき、とにかくプリンストン大学というのは、関西学院大学が勝つには難しい相手だと思います。

それだからこそ、招待する価値があると言うもんだと思います。

公式サイトは下記リンク先にあります。

「LEGACY BOWL 2015」公式サイトへのリンク


ところで、関西学院大学について興味深い記事がありましたので書いておきます。

この記事です。

47NEWS > 週刊TURNOVER「 【編集後記】Vol.73」へのリンク

関西学院大学アメフト部について

「部室横の倉庫のドアに「足下のゴミ一つ拾えぬほどの人間に何ができましょうか…」という張り紙をしたのが1年生だった」

と言うことです。

この記事はある本の紹介で、その本の著者の方がこのことに驚かれたそうです。

私もこれを読んで驚きました。

え、大学の体育会で、一年生がそんな説教めいた張り紙をするなんて…

内容が正論か否かは別にしても、とても度胸がいることだと思います。

そして著者の方は

「風通しの良さ、上下関係の垣根の低さが(関西学院大学アメフト部)チームの強さの本質」

とされています。

しかし一方で、「風通しの良さ、上下関係の垣根の低さ」は、モラルの崩壊にもつながりかねないとも考えられます。

そういうリスクをおかしながらも、強くなるためには変革し続けることが必要、そう考えての部の方針なんでしょう。

すごいチームだな、と思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球】選球眼の記事で思い出した、 榎本喜八 氏



(榎本喜八氏の打撃。投手はバッキー投手)


こんな記事を見かけました。

「プロ野球、眼のいい打者は誰だ? 選球眼を考える(THE PAGE) - Yahoo!ニュース」へのリンク

いろいろと難しいことが書いてあったので、めんどくさくなって読むのをやめました。


私にとって「選球眼の良い打者か否か」の判定方法は、単純かつ大雑把なもので、三振より四球が多い打者は選球眼がいい、というものです。

もちろん、選球眼がいいか悪いかはこれだけでは決まりません。

でも、細かいことを言い出したらきりがないし、そんなに間違ってないだろうから、これでいいや、と思ってます。


この判定方法は何かの本で読んだものです。

2冊のうちのどちらかで、その候補のうちの一冊が

『敗れざる者たち』(1979年、文春文庫、沢木耕太郎著)

と言うノンフィクション短編集の

『さらば 宝石』

でした。

これは

榎本喜八

と言う元プロ野球選手のことを書いたものです。


あらためてWikipediaの「榎本喜八」のサイトをみると、とんでもない大打者だったことがわかります。

Wikipedia「榎本喜八」へのリンク

さきほどの数字ですが、通算四球数が1062個に対し、三振数がわずか645個です。

とんでもない選球眼です。

文章を一部抜粋させてもらいますと…

「入団テスト時、榎本の数打席を見ただけで、往年の名選手でもあった監督の別当薫や、一塁手の西本幸雄が目を見張ったとされる。そして完成されたバッティングフォームと優れた選球眼が認められテストに合格する。」

「才能・感性に裏打ちされた打撃理論を持ち、いかなる投手のボールであってもストライクゾーンに来れば反応したといわれ、特に選球眼が抜群であった。高卒新人から2年連続でリーグ最多四球という非常に珍しい記録を持っている。1年目の19歳時(シーズン期間中は18歳)に記録した97四死球は、新人選手の記録としては2位の田部輝男・65四死球(1950年)を大きく引き離しての歴代1位である。また、四死球が多いにも関わらず三振は少なかった。1964年は641打席に立ち、96四死球に対して三振はわずか19という数字を残している。」

「王は榎本と似てましたね。同じコーチに習ったせいでしょうけどね。まあ、こっちはいつも榎本と対戦しているんで、王を攻めるのは易しかったですよ。例えば、王の選球眼は凄いって言われるが、榎本のほうがもっと凄いですよ」(野村克也氏の言葉)

「榎本ほど選球眼のよい選手を私は見たことがない。 ボール球に手を出さないのは勿論のこと、苦手なコースというものも殆どないのだから、捕手としてはお手上げである。 唯一苦手なのが内角高めなのだが、そこも余程速い球でないと手を出してくれない。私の囁きもまったく通用しなかった」(野村氏)

「ボールを見送るとき、頭がピクリとも動かない。表情も変わらない。王のほうが、よほど扱いやすかった。あれほどに恐ろしい打者には、後にも先にもお目にかかったことがない」(野村氏)

「打撃の上手さでは史上最高の一塁手。とにかく打てないコース、高さというものがほとんど存在しない。この点では、川上さんや大下弘さん、イチローより上。これは断言できる。すごいの形容しか見つからない打者」(張本勲氏)

「自分が対戦した中で榎本さんは最高にして最強のバッター。もっとも雰囲気のあるバッターでした。私はヒジへの負担が大きかったのでフォークボールを投げなかったんですが、榎本さんだけには投げざるを得なかった。1試合に5球以内と限定して、ただひとりだけに投げてました。構えたままで見切る、ボールの見送り方が嫌だった。無気味なくらいの集中力を感じましたね。シュートもスライダーもきれいに打たれてしまうので、榎本さんにだけはフォークを投げた。たったひとりのバッターを抑えるために新しいボールを覚えなければならなかったんです。榎本さんとの勝負だけは野球をやっている感じがしませんでした。スポーツではなく真剣勝負、そう、果たし合いだったような気がします」(稲尾和久氏)

「“打撃の神様”の称号は自分ではなく、榎本が最も相応しい。彼の技術は名人芸。長嶋(茂雄)を超える唯一の天才」(川上哲治氏)


しかし一方で、榎本氏は「奇行の人」としても知られています。

私は大学一年生の時に、同級生に『敗れざる者たち』のことを教えてもらいましたが、その時も

「とっくに引退した選手なのに、今でも毎日走っている人がいる」

と言う内容に興味を持ちました。

(私は記録を見るのが好きなので、榎本喜八氏の名前は知っていました)


私がブログを書き続けているのは、自分の知っていることで、世間にはそれほど知られていないと思えることを書きのこしておく、と言う目的もあります。

そんなわけで、今回、榎本喜八と言う大打者について書かせてもらいました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております

2014年WEEK24「オードリーのNFL倶楽部」の感想~セドナでロケ



(「NFL倶楽部 #24 WEB」動画

 番組より先に、今回が最終回だそうです)


2014年2月22日朝に日本テレビで放送された「オードリーNFL倶楽部」のことを書きます。


1.ストーブリーグの話題

プロ野球で言うところの「ストーブリーグ」、つまりオフのコーチや選手の移動について軽く触れてました。

すでに解雇された選手が他チームに移るなどの話しはありますが、本格的に始まるのは、3月10日のFA解禁日以降でしょう。

NFLにFA制度が導入されたのは20年ちょっと前のことで、MLBに比べると、比較的最近のことです。

それまでは、ひとつのチームでプレイを初めて引退する、と言うことは珍しくなかったのですが、今はそうではなくなりました。

ただし、番組でも言っていましたが、NFLにはたのスポーツリーグに比べて、厳格なサラリーキャップ(おおざっぱにいえば、全選手の年俸総額の上限)がありますので、ひとつのチームにスター選手が集まりにくくなっています。

これは、全球団の戦力を均衡化させることが、ファンにとって魅力になる、と言う前提のもとに、FA制度と同時に導入された制度です。

ドラフトにしても、戦力均衡化の考えのもとに、他のスポーツリーグより前に導入されました。

それでもニューイングランド・ペイトリオッツのように常勝チームができてしまうものなんですが。


2.セドナでのロケ

「呪い」を解いてもらうため、オードリーが小池絵未さんに率いられ、パワースポットとして有名なセドナに行ってロケを行った模様が流されました

1)タロット占い師の言葉

若林については、全体的に好調で、すでに「女性との恋」が始まっているとのこと。

「女性との恋」と言う表現は、同性愛についてオープンになってきたための配慮かも知れません。

また、一週間以内に外国人の女性と運命的な出会いがあるとも言っていました。

(どちらも何もなかったようです)

そして個人的な相談で「引っ越しを考えているんですが」との相談に「夏ごろがいい」との答え。


春日は最初っから「恋愛」に関するカードを引いていました。

そこで「ドッグカフェに勤める女性」について相談。

「やさしく楽しく冷静にお付き合いしてください」との答えをもらっていました。

「ドッグカフェに勤める女性」とは、たぶん「オードリーのオールナイトニッポン」で話題になっている「こまるちゃん」のことでしょう。

なお、トップに置いた動画では、米在住の小池さんは「ドッグカフェ」と言うものを知らなくて、犬が飲食物を運んできたりするものかな、とか想像されたそうです。

本来の意味のドッグカフェにしても、愛護団体が過激そうで、アメリカでははやらなそうな気がします。

表舞台では。


2)Cowboy Clubというレストランへ

次に一行は「Cowboy Club」と言うレストランへ。

ここでは若林はバッファローの串焼き、春日はガラガラヘビのワンワンプレートを食べてました。

ネイティブアメリカンの間では、特に滋養強壮に効く万能薬とされたラガラヘビ。

このひらきは小骨が多く、春日が器用に骨を口から出していて、その模様が結構うけていました。

なお、この店についてはこちらに公式サイトがあります。

「Cowboy Club」へのリンク

「セドナ カウボーイ・クラブ」でググったらすぐに出てきましたので、有名な店なんでしょう。


3)エアポートメサへ

エアポートメサ、と言う岩山みたいなところへ、ピンクのジープで行く「ピンクジープツアー」と言うもので向かっていました。

運転手のマイクさんは、

「パワーがほしかったら、「信じる心」が大事だ」

と言っていて、一行はその「信じる言葉」と言う言葉を、ジープの中で何回も繰り返していました。

(それを見ながら、私の頭の中では、佐野元春の「SOMEDAY」の「信じる心いつまでも」がぐるぐるまわってました)

エアポートメサは360度のパノラマがみれるところで、ものすごく広大で勇壮な光景で、これはテレビを通じて見ても、ものすごい迫力を感じました。

ここで何を思ったか、ボディビルダーの春日は上半身裸になってポージング。

番組では言っていませんでしたが、トップの動画では、周りにいた観光客も春日の写真を撮っていたそうです。

なお、こちらがその時の写真でしょう。




「春日さんにここでウィル様のユニフォーム脱がせたんだけどなぁー」

って、先週放送されたNFLエクスペリエンスでもブレイディのジャージを春日にあげてましたから、よっぽど「呪い」を気にしてたんだろうなぁ…

なおこちらに、エアポーロメサに言った人達の感想(番組とは関係のない日本の方)があります。

「セドナへようこそ>エアポートメサの検索結果」へのリンク

また、番組では「ボルテックス」と言う言葉がよく使われてましたが、Wikipediaによると

「パワースポットの別称」

だそうです。

余談ですが、「ボルテックス」ってどっかできいたなぁ~と思って調べ見たら、

「未来惑星ザルドス」

と言う映画に出てくる地名でした。

これも「パワースポット」の意味をつけて命名されたのかな、なんて思いました。


3.NFLフィルムズの話し

NFLの映像部門とも言える会社

「NFLフィルムズ」

のことが紹介されていました。

もともとはNFLとは関係のない会社として創設されたのですが、後にNFLの所有となりました。

NFLフィルムズでは、普段の試合では7~8台しか使わないカメラを、スーパーボウルでは37台使ったそうです。

そして、ずっとテープに録ることにこだわっていたのですが、今回のスーパーボウルからデジタルカメラにかえたそうです。

そのための費用は1億8千万円だったそうです。


余談ですが…

私がNFLを本格的に見始めた1989年ごろ、2本のNFLフィルムズのビデオテープを、当時青山にあったNFLオフィシャルショップで買いました。

邦訳すれば「スーパーボウルの歴史」「プロフットボールの歴史」と言うものです。

全部英語で字幕もなかったものですが、とにかくアメフト熱が異常に高かったころなので、何度も見ました。

普通のダイジェストではなく、映画のようなのです。

音声だけをカセットテープに落とし、それは何百回か聴きました。

音だけでも楽しめるものでした。

いま私がアメフト、特にNFLのことをネットで発信できるのは、このビデオを見聴きしたことが大きいと思ってます。

そう言うこともあって、NFLフィルムズにはものすごく感謝していますし、これからもお世話になり続けると思います。


4.ぜひ知ってほしい、トム・プラットと言うコーチ

アリゾナ・カージナルスのパスラッシュスペシャリストコーチのトム・プラットコーチのことが、小池絵未さんとのインタビューで伝えられました。

「パスラッシュスペシャリストコーチ」とは、おそらく、QBがパスに行く状況で、サックを狙ってQBにつっこんでいくことをコーチするものだと思います。

春日はDEでサックもよくあげていたと聴きますので、そう言うことを教えるコーチだと思います。


カージナルスは今季5年ぶりにプレイオフに出ましたが、その躍進の陰にの人がいたと言うことです。

今シーズンのカージナルスは、強力な守備があってのことでしたので、その言葉には間違いはないと思います。


プラットコーチのコーチ歴は長く、第1回スーパーボウルの時、すでにカンザスシティ・チーフスのDLコーチとしてサイドラインに立っていたそうです。

現役のNFLのコーチで、今でもそう言う立場にいるのは、プラットコーチだけだそうです。

「第1回スーパーボウルは、チケットが売れ残ったんだよ。

 それが今では、アメリカ最大のスポーツイベントになった。

 いや、こうやって日本の番組のインタビューを受けていると言うことは、世界最大になったということかな。」

と話されていました。

1960年代、70年代、80年代、90年代、2000年代、2010年代と、6つのディケイド(10年代)でNFLでコーチ業をやった唯一の方でもあるようです。

ずっとNFLにいたわけではなく、来日してアサヒ飲料チャレンジャーズや京都大学ギャングスターズでもコーチをされていたそうです。

そのことを、当時アサヒ飲料チャレンジャーズのコーチだった藤田智コーチ(現富士通フロンティアーズHC)は

「NFLのコーチがやってくるとか、信じられなくて不安しかなかった。

 でも、(日本のアメフトがNFLよりレベルが低いからと)手を抜くようなことはせず、真摯にコーチしてくれた」

と語っていました。

プラットコーチの影響もあったかもしれませんが、来日した翌年、日本は第1回アメリカンフットボール世界選手権に出場し、優勝しました。

(当時は「第1回アメリカンフットボールワールドカップ」と言う名称でした。)

プラットコーチが来日して2年目、チャレンジャーズは日本一になりました。


プラットコーチは日本のアメフト界のことを

「日本の選手やコーチは、アメフトに献身的だった。」

と好意的に回想していました。

そして、大好きな日本のアメフト界のことを、日本のアメフト選手やコーチ陣の真摯な努力を、アメリカで伝えているそうです。

NFLに日本人選手が誕生することについて、

「もっと優秀なキッカーが誕生していてもいいと思う。

 また、スピードのあるDBが出てくるかもしれないね」

と言っていました。

キッカーは昔から言われていますが、なかなか誕生しません。

私としては、オフェンスやディフェンスだけでなく、アメリカの大学でキッカーをやっていた選手を日本のXリーグに連れてきてほしいな、と願っています。

きっといい見本になると思いますし、ひょっとしたら「アイシールド21」の播戸高校のように、スペシャルチームが中心になって勝ち進めるチームができるかもしれません。

(ただ、スペシャルチームだけで勝てるほど、日本のレベルは低くないと思います。)

あとはリターナーで日本人選手が誕生するかも、とか思っています。


恥ずかしながらプラットコーチのことは、日本にも来ていたのに、私はまったく知りませんでした。

Facebookでは、おそらく指導を受けた方が、「懐かしい」と投稿されていました。

プラットコーチのことは、カージナルスのサイトに、詳しい経歴があります。

「Arizona Cardinals: Tom Pratt」へのリンク

1試合7サックと言うNFL記録を作ったデリック・トーマスを指導されていたとは。

しかも指導されていた当時に。

そして、前述のNFLフィルムズが最近プラットコーチのことを特集した番組を作っています。




次回で2014年シーズンの「オードリーNFL倶楽部」は最終回です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年2月22日】「オードリーのオールナイトニッポン」について~瞬間メタルを迎えて




(裏側が血だらけだと言うアイコンを持つ、タケタリーノ山口のツイート)

2015年2月22日の「オードリーオールナイトニッポン」について書きます。

今回は、瞬間メタルを迎えてのスペシャルウイークでした。


1.「しくじり先生」の裏側

オープニングトークで、若林がレギュラー出演している、「しくじり先生」について、そのセッティングが難しい、と言う話しをしていました。

先週の日曜にはゴールデンで、浅田舞、尾木直樹(尾木ママ)、石田純一を迎えてスペシャル版が放送されるほどの人気番組となりましたが、先生をまねくのはなかなか難しいそうです。

「しくじり」の過去を持つ先生候補のかたについて、一般的に知られている「しくじり」を、もう一歩踏み込んで話してもらうのが理想だそうです。

「しくじり」が本当に心の傷になっている人には頼めないし、「しくじり」を話しすぎて放送事故になってしまうのも困る。

いい塩梅(あんばい)で番組を作らなければいけないので、大変なんだそうです。

たしかにそうだよなぁ~、と思いました。

番組では、先生として呼ばれた方が、あたりまえのように「しくじり」を話し、おもしろおかしく、時にはまじめに進められているように見えます。

でも若林のトークをきくと、かなり気を使う番組なんだな、そりゃそうだよな、と言うことがよくわかりました。


そして、若林は、一度失敗して、そしてカムバックした人の話しが大好きなんだそうです。

そう言えば昔、「セカンドエフォート、と言う言葉が好き」と言っていましたが、それとつながるところがあるんだろう、と思いました。


なお、若林はいつか、中村昌也矢口真里とのダブル先生だそうですが

「うまくまわせなかったら、テレビウォッチャーにボロクソにたたかれるんだろうな」

と言っていました。

それが若林の「しくじり」になるのかもしれません。


2.男のショートコント「男の九九」

スペシャルウイークってオープニングトークは短い、と言うイメージがあるのですが、今回も45分越えの長いものでした。

(そう言えば今回は、めずらしく春日のトークからオープニングトークが始まりました)

その後CMあけに瞬間メタルが入ってきて、

男のショートコント「男の九九」

をやっていました。


3.瞬間メタルとの絡み

オードリーと瞬間メタルのトークで、おもしろいと思ったものを書いておきます。

1)男の3大義務

メールで「日本国民の3大義務は、勤労、納税、教育ですが、男の3大義務はなんですか?」と言うのがきました。

これについて

「ケンカ、酒飲む、路地裏で寝る」

との答えが。

なお、春日の「無鉄砲の3大義務」は

「寝ない、食べない、服を着ない」

だそうです。

そおれじゃガンジーじゃないか、とつっこまれてました。

「ガンジー」とはインドを独立させたマハトマ・ガンジーのことでしょう。


2)爆笑問題からの提言

瞬間メタルは爆笑問題と同じ事務所、タイタンに所属していますが、以前爆笑問題から

「やりたいことは売れてからやれるから、今それをやるべきか考えろ」

と言われたそうです。

そりゃそうだよなぁ、と思うとともに、これは芸人さん達だけに言えることじゃないな、とも思いました。

仕事もそうです。

仕事としてやりたいことをやるには、実績(と準備)が必要です。

会社自体に問題がある人は置いといても、今仕事で

「自分がやりたいことはこんなことじゃない」

と思っている人は、とにかく今要求されたことをがんばって、実績を出すことが必要だと思います。

また、受験勉強も同じでしょう。

とりあえずがんばって、いわゆる「いい大学」「いい学部」に行けば、チャンスは広がります。

(実際私には、学部が理由で受験すらできなかった会社もあります)

こんな勉強したくない、と思うリスナーは多いでしょうが、がんばってください。


3)最近買った男らしいもの

これもリスナーからメールで質問がきたものです。

直接的な答えは出ませんでしたが

「バレンタインとかでチョコを貰うぐらいならば、たくあんがほしい」

と答えてました。

「たくあんのどこが「男」なんだよ」

とつっこまれてました。

ちなみに、たくあんは沢庵宗彭(たくあん そうほう)と言う僧侶が考案した、あるいは広めた、と言う説が一般的なようですが…

Wikipediaには「真偽が明らかではない逸話」としながらも

「家光の命により虎をなでるように言われた際、(沢庵和尚は)虎の檻にするりと入って、たちまちのうちに虎を手懐けてしまったという」

と言う記載があります。

立派な「男」だと思います。


4.男あるある

「男あるある」が披露されました。

「男ってここぞっという電話をかけるとき、三島由紀夫のテレカでかける」

「男って、クレープのトッピングにマグマをかける」

「男って、バイクに乗る時、ヘルメットの代わりに、頭蓋骨をかぶる」

などなど。

春日からは「無鉄砲あるある」として

「無鉄砲って、アイスコーヒーを頼むとき、ガムシロを一気飲みする」

ちなみに私は、ドトールに言った時は、ノンカロリーのガムシロを使いますが、それは「男」ではないでしょう。


三島由紀夫とは、作家で、40年ほど前に市ヶ谷の陸上自衛隊第一師団に押し入り、隊員を前にクーデターを訴えながらもこれに隊員が同調しなかったため、その場で割腹自殺した人です。


5)男対無鉄砲の腕相撲

タケタリーノ山口と春日が腕相撲をやりました。

山口が負けたら、手が倒れる場所に剣山(華道で使う、小さな針の山のようなもの)がある、という想定で。

恒例の「見えないラジオ」だったわけですが、春日が勝ったようです。


3.「男の料理」

テーマは「どつぼにはまっちまった男のズタボロネーゼ」でした

・競馬場やパチンコ店の周りに多い

・OJシンプソンが留置場でたべたことで有名になった

・ゆで時間はボクサーが12ラウンドででズタボロになる、36分

・レジで12万円分のはずれ券を見せると、お会計はけっこうです


4.「俺の~」シリーズが好き

瞬間メタルが最近買ったもの、というものの話しの中で、

「男だからスイーツはないよね」

と若林からつっこまれてました。

それで思い出したんですが。

ファミリーマートの商品に

「俺のプリン」「俺の丼プリン」「俺のプリンパフェ」

などなどの

「俺の~」シリーズがあります。

だいたい他のものより大きくて、私はけっこうこのシリーズが好きです。

今までで一番気にいったのは、昨年夏限定発売の「俺のプリンパフェ」と、すぐに姿を消した「俺の珈琲プリン」でした。


今週は「しんやめ」がありませんでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】東浜の評判がいいのは工藤効果か?~これも「幸せ」のひとつなんだろう

福岡ソフトバンクホークスの東浜投手の評判が良いようです。

今日から始まるオープン戦の開幕投手にも選ばれたようで、いよいよ3年目のドラフト1位が開花するのか、と期待を持たせてくれます。

これも監督や投手コーチ陣がかわったからかなぁ~なんて感じています。


正直なところ、まだまだ工藤監督には見慣れないものがあります。

昨日も「報道ステーション」に出演されていたのを見たんですが、なんかまだ見慣れないなぁ、と思いました。

あくまでも「見慣れない」だけの話しであって、期待が持てるとか、持てないとか、そう言う話しではないです。

ただ、王監督から秋山監督にかわったときには、こんな感じはしなかったようにも思います。

逆に言うと、それだけに今までになかったものを引き出してくれるんじゃないか、と言う期待が持てます。

ホークスには「未完の大器」がたくさんいるように感じますので、そう言う選手たちが開花してくれれば、と願うんですが…

選手層が厚いので、なかなか難しいでしょう。

でも、チャンスは必ず来るはず。

ウソでもいいからそう思って準備しておかないと、プロ野球選手をやっていく気持ちにはなれないでしょう。


さて昔、野球関係の本で

「自分のいいところを引き出してくれる人に出会うことほど、幸せなことはない」

と言うような文章を読みました。

私が大学生のころの話しです。

そうだよなぁ、自分はそう言う人に出会えるだろうか…

そう思った記憶があります。


それから30年ぐらいがたったんですが…

今の自分があるのはこの人のおかげ、と言える人には何人か出会ったように思います。

それは仕事だけではなく、私生活の部分も含めてです。


逆に、なぜ自分はあの人と出会って、思うように行かなかったんだろう…

多くの人があの人と出会って活躍しているのに…

と思うことも。

これは完全に自分がチャンスを活かせなかったか、チャンスに準備を怠っていたからだろう、と思っています。


私もいい歳になりました。

いつまでも

「自分のいいところを引き出してくれる人」

を探すだけではなく、逆にそう言う人にならねば、と言う立場になったと思います。

つまり、

「他人のいいところを引き出す人」

にならねば、と。

それは、大人物になることではないです。

私のいいところを引き出してくれた人は、失礼ながらそんな人達ではないです。

まだまだ、自分のことで精いっぱい、な生活を送っていますが、決してそれをあきらめてはいけない。

そう思ってます。


話しを工藤監督と東浜投手のことにもどしますが…

東浜投手がローテーション投手の座をつかんでくれたら、工藤監督は

「自分のいいところを引き出してくれる人」

と言うことになるでしょう。

就任早々、椅子を使った指導を受けていた山田投手にも期待したいです。


さあ、とりあえずは今日のオープン戦で東浜投手がどんな投球をするか、期待します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【トミー・ヒルフィガー 2015-16年秋冬NYコレクション】の会場に行ってみたかった…

私はいくつかの興味あることがらについて、ゆる~くアンテナを張っています。

昨日、そのアンテナにかかったのが、この記事でした。

「2015-16年秋冬NYコレクション速報 Part4。 | VOGUE」へのリンク

ファッションについては、ここまでは興味がないんですが…

それに「トミー・ヒルフィガー」とか聞いたことないし…


なんで引っかかったのか、と不思議に思いながら、リンク先の中見出しを見て納得

「「トミー ヒルフィガー」ブランド設立30周年はプレッピーなアメフトガール。」

なるほど…

「アメフト」に引っかかったわけですな。

記事の中の

「会場のパーク・アベニュー・アーモリーをフットボールスタジアムに見立てた。ランウェイはもちろんフローリングではなく、アストロターフ。また、客席の他に巨大スクリーン「ジャンボトロン」(ソニーの大型映像表示装置)を用意し」

と言う光景は、この記事の写真だけではよくわからなかったので、このトミー・ヒルフィガーのイベントに関する写真付きツイートを探してみたら、いくつか嬉しいのがありました。

こんな感じです。













正直なところ、モデルさんには興味がなく、会場のつくりを知りたかったので、上の写真のツイートを載せました。

モデルさん達が歩いているのもたくさんありました。

で、最後にたどり着いたのは、この動画でした。




う~ん、これはアメフト好きにはたまらないな…


ところで

トミー・ヒルフィガーなんて聞いたことないし」

と書きましたが、Wikipediaの自由が丘店の写真に見覚えがありました。

あ、この店なんとなく見た記憶がありますし、ロゴはよく見かけるものでした。

ものすごく親近感がわきました。

サンキュー、トミー




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】斎藤ちはるさん18歳の抱負と、井上友綱さんの取り組み

1.斎藤ちはるさんの誕生日のブログから

2月17日が誕生日だった、乃木坂46の斎藤ちはるさん。

誕生日に書かれたブログに

「今まで以上にアメフトのお勉強したり」

と書かれていました。

「18歳になりました(´> ∀<`)ゝ | 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ」へのリンク

アメフトを楽しむだけなら「勉強」は不要、だと思うのですが、斎藤ちはるさんのようにマスメディアで発信することが考えられる方には、必要かもしれません。

手っ取り早く学ぶのであれば、実際に試合を見ることだと思います。

現地に足を運ぶのでもいいですし、テレビやネットで見るのでもかまいませんから。

アメフトの会場では、プレイについてアナウンスがあり、今何が起こったかなどを教えてくれます。

テレビではその辺はテレビとあまり変わりないです。

イメージするより、試合の流れの中で、実際のものを見れば、ものすごくよくわかります。

もちろん、今のはなんだったんだろう?という場面にも出くわします。

その時初めて、ネットや本で調べたり、詳しい人に尋ねればいいと思います。

試合観戦に、予備知識など不要です。


ですが、斎藤ちはるさんは、過去のブログなどを読むと、試合観戦には何度も足を運ばれているようです。

ここ2年はパールボウルの仕事もされてますし、家でもお父さんと一緒にテレビ観戦とかされていると思います。

現時点でもかなり詳しいんじゃないかと思います。

ですから、多分もっと高いところを目指されることになるでしょう。

応援したいです。


2.井上友綱さんが、アメフトに関する質問を募集

早稲田大学のQBで、渡米してNFLに挑戦した経験を持つ井上友綱さん。

現在は、日本人初のNFL選手の育成を目指すなど、スポーツ選手の育成を行う

「THE CAMP 」

の代表をされています。

そんな井上友綱さんが、2月17日にこんなツイートをされていました。




これを見て、井上さんの情熱を感じるとともに、「アメフトの勉強」のためになるな、と思いました。

斎藤ちはるさんのブログを読んだ数時間後に、こんなツイートを目にするとは。

アメフトについて、良い風がふいているな、と感じて嬉しくなりました。


この件について、井上さんに尋ねたところ、しばらくこの取り組みを続けるそうです。

(私もそうですが、アメフトが好きな人と言うのは、いつ質問されても嬉しいものだと思います

 ですから、勝手ながら「無期限」だと解釈しています)

私が持つ井上さんのイメージは、

「こう言う人がQBなんだな」

と言うものです。

以前、ある井上さんの後輩の方についてブログに書くため、質問をさせてもらったところ、ものすごくその後輩のことを思ってられるのが伝わってきました。

QBにはリーダーシップが必須なポジションです。

リーダーシップは、チームに対する愛情がないと発揮できないものだと思います。

ですから、私がそう感じたわけです。

そんな熱くてまじめな方ですので、なにか疑問があれば、ツイートにあるよう

「どんな質問でも」

していただければ、と思います。

それが井上さんや私のような、アメフトが好きなものにとって、アメフトの普及につながると思えて嬉しいことですから。

(私自身「範囲外の場合は様々な方」としてお手伝いしたい気持ちもあるんですけど、井上さんが答えられなくて、私が答えられるものなんてあるのかなぁ…(^_^;) )


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】柳田がカープ黒田と対戦したがる理由がおもしろすぎる

ちょっと前の話しになりますが、こんな記事を読みました。

「ソフトバンク・柳田が対戦熱望!黒田を「英雄でしょ!」 - SANSPO.COM」へのリンク

福岡ソフトバンクホークスの「ギータ」こと柳田選手が、来季よりMLBから古巣の広島東洋カープに復帰する黒田投手との対戦を熱望しているようです。

その理由の一つとして

「また友達に自慢できる。」

からだそうです。


これを見て大笑いしました。

感覚が私と同じで、一般人すぎるからです。

「日本を代表する野球選手」

としての地位に近づきつつある男がですよ。


そして

「また」

と言う言葉が興味深いです。

「また」と言うことは、これまでも自慢してきたってことかな、と推測できます。

そう言う自慢を聞いてくれる、おそらく地元の一般の友人がいるということでしょう。

そう言うギータを本気で好きで、友人でいることを続けている人が。

性善説すぎる考え方かもしれませんが、そこがギータが好かれる由縁だと思います。

そしてその友人たちこそ

「俺、ホークスの柳田の友達なんだ」

と自慢する価値があると思います。


そして一方で、黒田投手って本当にカープだけでなく、広島の英雄なんだな、と思わされるエピソードでもあるな、と思いました。

今回のカープ復帰の件と言い、広島の人たちは、こう言う英雄がいてうらやましいな、と思いました。

黒田投手は、おりしも先日、入団会見で、カープに対する熱い思いを語ってくれました。

「復帰会見でも際立った黒田の男気 「存在感の大きさ」に球団幹部も驚嘆」へのリンク

黒田投手のなみなみならぬ決断の過程が伝わってきます。

柳田選手には、こんな英雄と対戦するのだ、と肝に銘じて、打席に立ってほしいです。



(黒田投手のカープ復帰会見のもよう)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【80年代洋楽】ホンダのCMでかかっている「ビギン・ザ・ビギン」について、30年以上も誤解していた



(ホンダのジェイド(JADE)のCM)


ホンダのジェイド(JADE)のCMで流れている歌、

フリオ・イグレシアスの「ビギン・ザ・ビギン」

ですが。



高校時代によく聴いたおぼえがあります。

特に好きな歌ではありませんでしたが、よくラジオから流れてましたので。

そしてその時からずっと、この歌の名前は

「Begin the Begin」

だと思ってました。

「「始めること」を始めよう」

か…

変だけどそう言う言いまわしもあるんだろう…と

深いな…とも


で、最近この曲をCMでよく聴くようになったのでで、いっちょうブログに書いてみるか、と思ってWikipediaで調べたら…

今まで30年以上も大きな誤解をしていたことがわかりました。

「「ビギン・ザ・ビギン」(Begin the Beguine)は、コール・ポーターが作曲した歌。ジャズのスタンダードナンバーになっている。

(中略)

意味は「ビギンを始めよう」であり、ビギン(Beguine)はフランス領マルティニクのダンス音楽である。」

ということだそうです。


え~、「Begin the Begin」じゃなかったのか〜

あ~、でも笑われる前にわかって良かったです。


そして、フリオ・イグレシアスのオリジナルじゃないことも初めて知りました。

越路吹雪もカバーしていてたとは。

私はけっこうこの人の歌うのが好きなので、動画をさがしてみたらありましたので、はっておきます。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年WEEK23「オードリーのNFL倶楽部」の感想~「春日の呪い」の件



(「NFL倶楽部#23 WEB」の動画

 ついに相武紗季の名前が)


2014年2月15日朝に日本テレビで放送された「オードリーNFL倶楽部」のことを書きます。

1.いまだにスーパーボウルの興奮さめず

「いまだにファンの間で最後のプレイが話題になっているようです」(若林)

最後のプレイとは、Sマルコム・バトラーのインターセプトのことです。

「私の周りでも、NFLみない人からも、最後のプレイってなんだったの?と言う質問を受けるんですよ」(後藤アナ)

「へぇ~、でなんて答えてるの?」(若林)

「「NFL倶楽部」を見てください、と答えています。」(後藤アナ)

「うまいね~」(若林)


2.「春日の呪い」がヤフトピに

「春日の呪い」がYahooトピックスのトップに載ったことに話題が移りました。

載ったのは2月9日で、くしくも春日の36歳の誕生日です。

こちらです。

「NFLスター選手も震え上がる「オードリー春日の呪い」とは(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース」へのリンク

があります。

私が個人的に最もすごいな、と思うものは、MC1年目のダラス・カウボーイズ対ニューヨーク・ジャイアンツでした。

記事の本文で

「春日は2010年シーズン開幕前、前評判の高かった強豪カウボーイズを推した。すると、チームは開幕から泥沼の連敗を続け、エースQBトニー・ロモが骨折するなどの不運に見舞われてプレーオフ出場を逃す。」

と書かれていますが、この試合の前週まで春日はカウボーイズを応援していました。

しかしジャイアンツに乗り換えた直後のこの試合、カウボーイズが勝ちました。

これは衝撃的でした。

このシーズンはニューイングランド・ペイトリオッツがプレイオフでまさかの敗退で、シーズン中ずっと応援していた新人の水卜アナは、前週からペイトリオッツの応援を始めた春日に、めちゃくちゃキレてました。

オードリーにここまで強く言ったアナウンサーは、後にも先にもこの時の水卜アナだけだと思います。

 彼女が人気ナンバーワンになるのがわかる気がします。)

そして最近気になるのは、QBティム・ティーボウはどうしているんだろう、と言うことです。

MC1年目の最初の回、春日はオープニングで

「どうも、ルーキーのティム・ティーボウです」

とあいさつしました。

ティーボウには早く復帰してほしいのですが。

ただ、今年は応援しているチームが負けてしまいましたが、春日がスーパーボウルで応援していたチームは、勝っているのが多いと思います。

なお、この件をいじる2ちゃんのまとめもありましたので、リンクを貼っておきます。

「【芸能】NFLスター選手も震え上がる「オードリー春日の呪い」とは」へのリンク


3.アリゾナロケ、第1弾

スーパーボウルの開催地、アリゾナでのロケの模様が放送されました。

今回放送されたのは2か所。

・アリゾナ版日光江戸村みたいな、西部劇が楽しめるゴーストタウン風テーマパーク

・NFLエクスペリエンス

NFLエクスペリエンスでは、今年も2人がボールを持って走る模様が映されました。

ただ例年とちょっと違うと思うのは、いつもはボールを持ってスタート、だったと思うんですが、今年は、スタート後にQB役の係りの人からハンドオフを受けるものでした。

これはアメフト経験のない私としては、ものすごくうらやましいな、と思いました。

最終的にはゴールまでのタイムを競うものですが、若林は遠回りをしたせいか8秒台、春日は6秒台。

でも、放送されなかった小池絵未さんが5秒台でトップだったそうです。

それにしても、ゴールで2人が投げたボールは、一瞬しか見えませんでしたが、けっこうきれいなスパイラル(アメフトのボールをコントロールするためにかける回転)がかかっていたように感じました。

ですが、現地には、きれいなスパイラルをかけてボールを投げる、50代のおばさんがいたそうです。

下記リンク先の記事にも記載があります。

「オードリーが語るアリゾナ裏話!ネットでは「呪い」が話題に!? - NFL倶楽部ブログ」へのリンク

「若林:おばあさんすごかった。だって春日に投げ返すときキレイな回転してたよね。

春日:そうそうそう。

若林:春日の方に、こう、ふわ~っと。頭上に落としてきましたよ。捕りやすいように(笑)」

と言う個所です。

こう言う風に、アメフトと生活が密着していると、日本もアメフトがもっと強くなると思います。

まあ今でも、アメリカ、カナダを除けば無敵なんですが。


このロケの模様は、このツイートのリンク先にあるようです。




来週はアリゾナロケパート2だそうです。

「放送できるかなぁ…

 むちゃくちゃやったからなぁ」

とか、オードリーのどちらかが言ってました。


4.NFLがすすめる「PLAY60」のこと

後藤アナからの

「えみた~ん」

で始まった、小池絵未さんによる現地レポートのコーナー。

今回は、

「PLAY60」

と言うNFLの取り組みでした。

これは

「子供を毎日60分、外で遊ばせよう」

と言うものです。

目的は、アメリカは世界でもトップクラスの肥満人口率なので、子供のころからそうならないようにしよう、と言うもののようです。

関係者へのインタビューによると、60分毎日外で遊ぶことは、子供への肥満対策として十分だそうです。

(私は、山の中と言っても過言ではないところで育ち、60分どころではなく遊んでいました。

 大学2年の時の体育の授業以来、定期的な運動はしていませんが、大きな病気もなくここまでこれたのは、丈夫に育ててくれた両親と、この60分以上も山の中で遊びまわったのが活きているのかもしれません)

この「PLAY60」について、小池さんがいろんな方にインタビューしていたんですが、すごいな、と思ったのは、NFLのトップであるコミッショナー、ロジャー・グッデル氏にまでインタビューしていたことです。

簡単にはインタビューできる相手ではないと思います。

なお、オードリーによると、小池さんはロケの間でも多くの人に声をかけられるほど有名だそうです。


内容はよくわからないのですが、YoutubeのNFLの公式チャンネルに、「PLAY60」に関する動画がありましたので、貼っておきます。




5.ジム・ケリーとトロイ・エイクマン

NFLエクスペリエンスでは、ボールについた選手の手形が紹介されました。

その中でジム・ケリートロイ・エイクマンと言う元選手のものが紹介されました。

どちらも歴史に残る選手ですが、この2人が対決したのが、1992年シーズンの第27回スーパーボウルでした。

復活したダラス・カウボーイズと、3年連続出場のバッファロー・ビルズと対戦した時の両QBとしてです。

ビルズのジム・ケリーは負傷のために途中退場となりましたが、カウボーイズのエイクマンはチームを勝利に導き、MVPを獲得しました。

このときのハイライト動画がこちらで、青いほうの12番がケリーで、白いほうの8番がエイクマンです。



伝説のマイケル・ジャクソンのハーフタイムショウが行われた回であり、おそらく中学生だった春日が初めて見たスーパーボウルです。


なお、この両チームは翌年のスーパーボウルでも顔をあわせました。

スーパーボウルでの2年連続同じ顔合わせは今のところ、これだけです。


余談ですが、私が生まれて初めて買ったジャージは、ジム・ケリーのものです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年2月15日】「オードリーのオールナイトニッポン」



(若林が元気をもらっているJ.J.ワットと言う選手

 他の選手が手加減するオールスター戦でも、手を抜かない選手)


2015年2月15日の「オードリーオールナイトニッポン」について書きます。

1.日本アカデミー賞話題賞の話し

今週の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、「日本アカデミー賞」話題賞受賞者が、V6の岡田准一が選ばれたそうです。

「岡田准一、「日本アカデミー賞」話題賞で初の栄冠! 作品部門は『るろ剣』 | マイナビニュース」へのリンク

本文中にあるよう

「これを受け、2月27日に行われる授賞式では、前回、話題賞の俳優部門に輝いたオードリー・若林正恭がプレゼンターとして、俳優部門と作品部門の受賞者へ賞状を手渡しする予定。」

だそうです。

話題賞だけではないんですね。

若林は

「周りの空気がハンパなくやばい」

と言うことで、一切ウケ狙いはやらず、置きに行くそうです。

(ここまで書いて思ったのですが、「置きに行く」の意味はリトルトゥースの意味通じてるのかな、と言うことです。

 一応意味を書いておきますと、これは野球で使われる言葉で

 「ボールを置きに行く」

 と言うことから来ていると思われます。

 意味は…難しいな

 とりあえず

 「無難にことをこなす」

 と言う意味だと思えば間違いないと思います)


2.若林が元気をもらうJ.J.ワット

若林はJ.J.ワットと言うアメフトの選手を見て、元気をもらうと言っていました。

J.J.ワットは若林が応援するNFLのチーム、ヒューストン・テキサンズのディフェンスの選手です。

今シーズンは大活躍で、MVPの候補の最後の3人にまで残りました。

MVPをとるのはオフェンスの選手がほとんどなんですが、ワットがとれば30年ぶりぐらいにディフェンスの選手の受賞となるところでした。

しかしテキサンズの成績が振るわなかったこともあってか、MVPはグリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースが受賞しました。

トップに動画を置きましたが、間違いなく歴史に残る選手です。


3.来週はスペシャルウイーク

来週は瞬間メタルを迎えてのスペシャルウイーク。

「どうやってスペシャルウイークのゲストを決めてるんだろうね。

 だいたい上の人は「瞬間メタル」と聞いてどんな反応をするんだろう」

と若林が質問。

チーム付け焼刃いによると

「どう言うことだ、と言われた」

そうです。

若林は、

「たまにはゲストらしいゲストに来てほしい」

と言っていました。

本心かどうかはわかりませんが、失礼ながら、たしかに「おまえ誰だよ」と言うゲストが多いですからね。

ANNを聴いていれば、その方々が呼ばれる理由はわかるんですが。

若林が上げる「ゲスト」とは

宮沢りえ、とか

ドラえもん、とか

ゴジラ、とか

渡辺謙、とか

KONAN、とか…

(コナンかも)


「渡辺謙さんならアメフトの話しができる」

と言っていましたが、同じ阪神タイガースのファンであるのはラジオでは言っていませんでした。

こんなツイートもありました。





今回のオープニングも45分越えの長いものでした。


4.若林トーク

ストレスがたまると、大黒パーキングエリアに車をとめて、小学生のころに秘密基地を作ったような気分になって、寝ている、と言うような話しでした。

大黒パーキングエリアは、横浜にある首都高速のパーキングエリアです。

何と言う歌か忘れましたが、ドラマの主題歌にもなったサザンオールスターズの歌で有名になったように感じます。

他に名前が出ていた海ほたるとか、談合坂に比べると、比較的控えめなもの、と言う印象ですが…

私が最後に行ってから10年ぐらいはたっていると思いますので、変わっているかもしれません。


5.春日トーク

久しぶりに中野の(ニュー)コサージュに言って、元「女王様」と言うキャバ嬢とからんだ話しでした。

春日は元「女王様」と言う仕事にひかれ、具体的にどんなことをしていたのか、出待ちをして、最後は家が近いのでタクシーの中で話しをきくなどしたそうです。

そこまではしないですが、私もそう言う人と会ったら、やはりいろいろと聞いてしまうでしょう。

久々の「風俗レポート」でした


6.男の料理

お題は

『皮にくるまれ己の本性を見せない卑怯な餃子をののしったのちの、小さい握り飯』

で、メールを読むたびにこれをフルで言う若林がきつそうでした。

・思いはとてもつまっているが一口で食べられる

・言ってしまえば餃子と握り飯のセットだったが、それではインパクトがないと考えた料理名である

・「皮にくるまれ己の本性を見せない」と言いつつも、自分も何が入っているかわからないじゃないかと言われ、逆ギレしてくるおにぎり

・「3分クッキング」で調理する際は、ののしるシーンはカットされている

・餃子定食小ライスに変更の際、厨房に伝える際の隠語である

来週のテーマは

「ドツボにはまっちまった男のズタボロネーゼ」

だそうです。


(申し訳ありませんが、これ以降の放送の内容は、今回時間がないので割愛させてもらいます)


番外.若林に角度のアプリの答えを教えてくれた人

以前若林が、角度を求めるアプリ「なん度」にはまっていたことをラジオで話していました。

オードリーのNFL倶楽部」の京都大学の理系を卒業された方に解いてもらったとういうことでしたが。

そして先日のスーパーボウルの直前、生馬アイザックさんのこんなツイートを見かけました。




この佐野さんという方を調べてみたら、Facebookで私と同じグループにおられました。

そこで、メッセージを送って質問させてもらったところ、前述の角度の問題を説いてくれた「NFL倶楽部」の方だとわかりました。

そして、試合を決めたインターセプトを決めたマルコム・バトラーとは、日本でアメフトを普及させるにはどうしたらいいだろう、ということを話していたそうです。

こんな選手に目をつけた佐野さんは、すごいな、と驚きました。

それに、理系でアメフト選手とか、しかも強豪京都大学でですから、すごい人だな、と思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】鉄拳の『振り子』の実写版、いよいよ公開へ~「実際にあった出来事」って何だ?



映画『振り子~furiko~』予告編動画)

昨年3月に開催された第6回沖縄国際映画祭で話題を呼んだ、鉄拳のパラパラ漫画が原作の映画

「振り子~furiko~」

がいよいよ今月末の2月28日(土)に全国に一般公開されるそうです。

「映画『振り子』公式サイト」へのリンク

(アクセスすると自動的に予告篇動画が始まりますので、ご注意ください

 泣かないように)


鉄拳のパラパラ漫画「振り子」は、たしか2012年に公開されて大きな話題を呼びました。

こちらです。



この動画にはかなり泣かされました。

今この記事を書くために久々に見ましたが、やはりウルウルしてしまいました。

私がもっともぐっとくるのは、2:25あたりから始まるところです。

お父さんが時計の中に入って、振り子を止めようとするところからです。

それをやめさせようとするお母さん。

このシーンは実写版ではどう表現されるんだろう、と言うのが、もっとも気になるところです。


新たに、気になることがありまして、それは公式サイトの「ストーリー」にある

「ニッポンが最も輝いた1985年 実際にあった出来事が16年後に起こした奇跡。」

と言う見出しです。

え、「振り子」って実話なのか?と一瞬思いました。

しかしニュアンスがどうも違う。

どういうことなんだろう…


そして、よくわからないのが

「1985年の16年後なのか?

 16年後が1985なのか?」

と言うことです。

前者だとすると1985年の16年後だから2001年か…

後者だすると1969年に何かきっかけがあったのかな、と思われます。

「ストーリー」の中では「昭和から平成…「振り子時計」が刻んだ夫婦の歴史。」とありますから、前者かなぁ…


鉄拳本人も出演しているそうですし、いろいろと気になる映画です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】なんやかんや言っても松坂には期待している



ホークス松坂投手の自主トレの動画)


こんな記事を見かけました。

「米で苦悩“マグロ”松坂、投球制限解除で水を得た魚!(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース」へのリンク


松坂投手がマグロ?

一体どういう意味なんだろう?

その巨体から「ツナ(マグロ)」と呼ばれたNFLの監督がいたけど、それぐらい太ったってことか?

と思って記事を読んでみたら、

「「僕はマグロみたいなもの。投げていないと駄目なんです」とポツリ。投げ込みを禁止されている自身の状況を、泳ぎ続けないと生きられない回遊魚のマグロに例えたほどだった。」

とあり安心しました。

なるほど、そう言う意味だったのか。


高校時代に担任の先生から、ホームルームの時間か何かで、

「テストが不安なら勉強するしろ」

と言われたことがあります。

まったく当たり前のことなんですが、それができれば苦労しないんですが…

そのことを思い出した記事でした。


ところで私は、今年のスーパーボウルのインパクトが強かったので、いまだにホークス応援モードになりきれてないんですが…

Yahooトピックのスポーツの欄を見ていると、連日のように松坂投手のことが話題になっているのを見かけます。

そんなに注目されているのか、と驚きます。

でも、考えてみれば当然のことですよね。

渡米前は超一流の成績を残し、MLBでもある程度の成績を残したんですから。

近年は活躍できてないので、年俸の分だけの成績が残せるのか、と言う不安は否定できません。

でも、私は期待しています。

例え今シーズンは思うようにはいかなくても、来年、再来年とトータルして、年俸と見合う分の活躍してくれればいいかな、と考えます。

再来年には38歳ですが、これは松坂投手が西武ライオンズに入団した時の監督、東尾修氏が引退した年じゃないかな、と記憶します。

あくまでも主観ですが、東尾氏は余力を残して引退させられたと考えています。

何が言いたいかと言いますと、あと5年ぐらいは松坂投手は活躍してくれるだろう、と考えている、ということです。

幸いなことに、工藤監督は体を長持ちさせるノウハウを持っているでしょうから、大丈夫だと思います。

その間に、松坂投手がホークスに来てくれて良かった、と思える活躍をしてくれたらいいな、と期待します。


ところで、マグロの話しに戻りますが、松坂投手が投げ続けるのは、安心するためではなく、技術的にチェックをするためみたいです。

そう考えると、高校時代の先生の話しと、ちょっと意味が違うかな…

ですが、勉強すること、特に問題を多く解くことは、正解を導くテクニックを身につけることにつながる、と考えます。

例えば、四択の問題とかは、そのうちの二つぐらいは、これは正解じゃない、というのがわかって、残りの二つでどちらを取るかで迷うことがよくあると思います。

こういうのを多くといておくと、残りの二つのうちから、何となくこっち、と言うカンが働くようになったりします。

それで正解となっても、それは学力があるからとは言えないんですが、目標が高得点を取ることであれば、まあいいんじゃないかと思います。

ですから

「不安なら勉強しろ」

というのは、あながちメンタルの話しではないと考えます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【R-1ぐらんぷり2015感想】ネタバレ後に録画を見たけどおもしろかった

2015年2月10日に行われた、R-1ぐらんぷり2015決勝の感想を書きます。

私は残業をしていて、退社した時にはすでに番組は終わっていました。

R-1ぐらんぷりのことはすっかり忘れていたのですが、何気なく電車の中でニュースサイトを見たら、誰が優勝したのかしっかりと書かれていました。

まあ覚悟はできていましたし、結果を即伝えるのがニュースサイトの使命だと思いますから、特に誰をうらむわけではないです。

でも、ファイナルに進出したのが誰か、を読むのは避けましたので、それはラッキーでした。

あとで、へぇ、この人があがってきたのか、と驚いたりもしましたから。

では、あくまでも素人としての主観で、感想を書かせてもらいます。


1.各グループの感想

「お笑いナタリー」に記載されている記録をもとに感想を書かせてもらいます。

1)Aブロック

ゆりやんレトリィバァ [9ポイント]
桂文枝 3 / 板尾創路 2 / 関根勤 1 / 勝俣州和 2 / キャイ~ン天野 1 / お茶の間 0

あばれる君 [1ポイント]
桂文枝 0 / 板尾創路 0 / 関根勤 0 / 勝俣州和 0 / キャイ~ン天野 0 / お茶の間 1

とにかく明るい安村 [7ポイント]
桂文枝 0 / 板尾創路 0 / 関根勤 2 / 勝俣州和 1 / キャイ~ン天野 2 / お茶の間 2

COWCOW善し [4ポイント](復活ステージ3位)
桂文枝 0 / 板尾創路 1 / 関根勤 0 / 勝俣州和 0 / キャイ~ン天野 0 / お茶の間 3

私はほとんど笑わなかったブロックでした。

COWCOW善しが舞台慣れしていて、また安定していてここを抜けるかな、と思いました。

ゆりやんレトリィバァは審査員の誰かが言ってましたが、発想はおもしろかったですが、ネタの数が物足りなく感じました。

ネタやボケが多ければいい、と言うのは関東の笑いの傾向だと聞いたことがありますが…

とにかく明るい安村に関しては、意外におもしろかったな、と思いました。

あばれる君はストーリーにはまらなければ笑えないネタだと思いました。

「トイレット博士」の「七年殺し」を思い出しました。

2)Bブロック

厚切りジェイソン [3ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 0 / お茶の間 2

エハラマサヒロ [4ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 0

アジアン馬場園 [2ポイント]
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

マツモトクラブ [12ポイント](復活ステージ2位)
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 3 / お茶の間 3

ここではけっこう笑いました。

マツモトクラブのネタはおもしろい構成だな、と思い、実際大笑いしましたが、ダントツで抜けるほど飛びぬけていたとは感じませんでした。

厚切りジェイソンは期待通り、いや期待以上に笑えました。

女性の方はどう感じたかはわかりませんが、「女」が入った感じでおしていったシリーズはおもしろかったです。

もう少し点が入ってもよかったと思うんですが。

この採点に「Why Jppanese people?」と本人が思ったかもしれませんが…

エハラマサヒロは意外に笑えなかったな、と感じました。

もっとステージを支配するようなネタを期待していましたので。

アジアン馬場園に関しては、ほとんど笑えませんでした。

3)Cブロック

NON STYLE石田 [1ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

やまもとまさみ [7ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 2 / お茶の間 0

じゅんいちダビッドソン [9ポイント]
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 1 / お茶の間 2

ヒューマン中村 [4ポイント](復活ステージ1位)
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 3

ここもよく笑えました。

じゅんいちダビッドソンのネタは玄人ウケするものだったように感じました。

たしかにおもしろかったんですが、昨年の「無回転大喜利」ほどではなかったと思います。

むしろやまもとまさみのほうがファイナルに行くおもしろさだったと感じます。

私が「無冠の帝王」だと思っているヒューマン中村は、あいかわらずおもしろかったです。

一度は優勝してほしいな、と期待してます。

NON STYLE石田は2度ほど噛んだように思えました。

ネームバリューのほどのおもしろさが感じられなかったと思います。

それが得点に反映されているようで、ネームバリューがなければ、普通におもしろいネタだったと思います。

ただ決勝に行けるほどではなかったと思います。

4)ファイナルステージ

ゆりやんレトリィバァ [4ポイント]
桂文枝 0 / 関根勤 2 / キャイ~ン天野 1 / 勝俣州和 0 / 板尾創路 0 / お茶の間 1

マツモトクラブ [4ポイント]
桂文枝 1 / 関根勤 0 / キャイ~ン天野 0 / 勝俣州和 1 / 板尾創路 0 / お茶の間 2

じゅんいちダビッドソン [13ポイント]
桂文枝 2 / 関根勤 1 / キャイ~ン天野 2 / 勝俣州和 2 / 板尾創路 3 / お茶の間 3

優勝者を知ってから見ましたが、かなり笑いました。

ゆりやんレトリィバァはこっちのネタの方がおもしろかったように感じました。

(アメリカ人が第49回スーパーボウルでバトラーのインターセプトを見た時の反応、とかやってくれると、アメフトファンとしては嬉しかったんですが、まあ、それをいれたら勝てないでしょう)

マツモトクラブは一発目のだけがおもしろいネタではなかったことを証明してくれました。

神道を信じる者としては、気になるところもありましたが。

じゅんいちダビッドソンのネタは、本田を知っている人にとってはかなりおもしろかったんじゃないかと思います。

私はサッカーを見ませんが、それでも、ああこれは本田のセリフだ、と思えるところがあっておもしろかったです。

じゅんいちダビッドソンがダントツだったか、と考えると、もう少し競ってもよかったんじゃないかと思いました。


2.採点方法はこれでいいと思う

今回の採点方法は、各審査員が3票ずつ持っていて、それを良かった芸人さんにおもしろさに応じて入れると言うものでした。

一人に3票集めた人もいましたが、一番多かったのは、最もおもしろいと思った人に2票入れて、次の人に1票、と言うパターンだったと思います。

また視聴者によるポイントも、1位に3票、2位に2票、3位に1票と言うものでした。

この採点方法は良いなと思いました。

一人だけを選ばなければいけないとなると、票がかたより、他の人はまったくおもしろくなかった、と言う見られ方をされたり、芸人さん本人もそう思ってしまうでしょう。

「惜しかった」と言うことが採点に反映されるところが良かったと思います。

今後も続けてほしいですし、他の大会でも採用を検討してもいいんじゃないかと思います。


3.笑い以上に印象に残ったもの

まずマツモトクラブの歌。

もちろんオリジナルなんでしょうが、おもしろい歌詞だなぁ、よく思いつくものだなぁと感じました。

マツモトクラブは、芸達者のようですから、今後人気がでるんじゃないでしょうか。

ネット記事にも載せられてましたし。

「『R-1』決勝、無名芸人に脚光 ダークホースが爪痕残す(オリコン) - Yahoo!ニュース」へのリンク

ヒューマン中村の川柳(?)の中には、普通に素晴らしいなと思えるものが2個ありました。

「愛してる 「る」の口のまま キスをした」

「エアホッケー 笑顔見たくて 負ける僕」

の二つなんですが。

これは彼のオリジナルなのか、普通に有名なものなのか知りませんが、いい詩だな、と思いました。


最後に、もっともコメントがつけられたYahooトピックスへのリンクを貼っておきます。

Yahooコメント「『R-1ぐらんぷり』じゅんいちダビッドソンが初優勝」へのリンク

「全体的にレベルが低かった」

と言う声もありますが、私には十分楽しめた大会でした。





(優勝したじゅんいちダビッドソンに関するツイート

 リンク先の記事「モデルプレス - 「R-1グランプリ2015」グランプリ決定」は奥さんのことも書いてあって、良かったです)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

芸能人が第49回スーパーボウルについて投稿したことのまとめ

アメリカでスーパーボウル史上最高の視聴率を記録した第49回スーパーボウル。

歴史に残るこの一戦について、何人かの芸能人の方が投稿していましたので、それを紹介するとともに、ちょっとコメントさせてもらいます。


1.乃木坂46の斎藤ちはるさんのブログ

お父さんがバーバリアンと言うチームの現役QBの斎藤ちはるさん。

ブログにスーパーボウルの感想を書いてくれました。

「アメフトの素晴らし さ(´>∀<`)ゝ | 乃木坂46 斎藤ちはる 公式ブログ」へのリンク

ニューイングランド・ペイトリオッツとQBトム・ブレイディを応援していたちはるさんにとっては、ペイトリオッツが勝ってブレイディがMVPとなった今大会は、大変喜ばしいものになったようです。

「最後の最後まで、あんなにワクワクする試合、
どちらが勝つかわからない試合ってないんじゃないかなってくらい!!」

とありますが、まさにその通りだと思います。

残り30秒を切ってもわからなかったんですから。

「数インチや、数秒の戦いなのです。」

この数秒というところがミソで、残り時間がこれだけ短くなければ、たぶんランで行ったんじゃないか、とも考えられます。

いいところを見られていると思います。

「このアメフトの素晴らしさを、たくさんの方に気づいてほしい!と思います。
そして、わたしはそれをたくさんの方に伝えていきたい!と思います。
アメフトを通じて、たくさんの方と交流していきたいです。」


そんな斎藤ちはるさんを応援したくなるようなブログ記事でした。


2.相武紗季さんのツイート

こちらも、お父さんがアメフト選手だった相武紗季さん。

こんなツイートをされていました。




これは試合中のもののようです。

こちらは試合後のもの。





最初のツイートの「ペイトリオッツの気迫」ですが、それは私も感じました。

でも、私の場合は、ディフェンスより、オフェンス、特にブレイディにでした。

考えてみますと、4Q残り13分あたりで出た、ニンコビッチの猛烈なサックから試合の流れが変わったように感じられもします。

その後ペイトリオッツのディフェンスはシーホークスを抑え続けましたから、そうとうな気迫だったはずです。

そこは気がつかなかったなぁ。


そして2番目のツイート。

試合を決めたマルコム・バトラーのインターセプトはファンの間でも大きな話題になっています。

ランニングバックについては、オードリーの若林さんが

「マーション・リンチのランは、まるで気功でも使っているかのように、ディフェンスがはじきとばされていた」

と言っていました。

リンチがボールを持つと、ディフェンスの選手のヘルメットが外れて飛んでいくシーンが何回かありました。

ヘルメットが外れることなど、そうそうはないことなので、そうとうなパワーで走って、タックルに行ったんでしょう。

彼のランが、

「ビーストモード」

と言われるのに納得しました。


相武紗季さんは、最近映画「ドラフト・デイ」を見に行くヒマがないことを嘆くツイートをされていました。

見られたらぜひ、感想をツイートして欲しいものです。


相武紗季さんがスーパーボウルを観戦されたことは、ニュースにもなっています。

「あの女優も大興奮!スーパーボウル|ガジェット通信」へのリンク


3.早見優さんのブログ

アメリカ育ちの早見優さんは、友人宅で観戦されたことをブログに書かれてます。

早見優『朝からホームパーティ?』へのリンク

書かれている通り、ケイティ・ペリーのハーフタイムショウは、史上最高の視聴者数だったそうですし、スーパーボウル全体でも49.7パーセントと言う視聴率となりました。

この数字はスーパーボウル史上最高で、すべての番組でも、全米史上2番目の高さです。

いかに今回のスーパーボウルが素晴らしかったかを、雄弁に語る数字だと考えます。


早見優さんは「NFL倶楽部」の前身の番組「倶楽部☆T」にビデオ出演されて、その後マネージャーさんにスーパーボウルの日のスケジュールチェックしてもらっていた、と言うのを見た覚えがあります。


個人的なことですが、早見優さんは80年代アイドルで、最も好きな方です。

九州大学の大学祭のコンサートにも行きましたし、全シングルが収録されたCDも何年か前に買いました。

「早見優のアメリカンキッズ」も見てましたし、最終回の録画は、家のどこかにあるはずです。

それほど好きな方がスーパーボウルを見て、そのことを書かれたのは、本当に嬉しいです。


4.きくりんさんのツイート

中井貴一さんのものまねでブレイクしたモノマネ芸人のきくりんさんは、twitterで感想をツイートされています。




たしか昨年の社会人日本一を決めるJAPAN X BOWLを観戦に、東京ドームに行かれたくらい、最近はアメフトにはまりつつあるようです。




たしかにランだったらどうなったんだろう、と言うのは気になります。

リンチでなくても、QBラッセル・ウィルソンも脚がありますから。

そこからのリードオプションとかあったんじゃないかな~

なんて思います。


5.徳丸純子さんのブログ

こちらも80年代アイドルの徳丸純子さん。

現在はシアトルに住まれているようで、夫婦そろってシーホークスを応援されたことをブログに書かれています。

徳丸純子『シアトル…シーン。。。』へのリンク

「ほとんど 「(シーホークスが)勝つ!!!」とみんなが思ったのですが、、、」

たしかにそう思いましたよ。

ゴール前1ヤードで、時間をうまく使えば3回攻撃できたわけですから。

「でも スゴイ試合でした。

感動もたくさんあったし

シーホークス ありがとう!!!」

もうすっかりシーホークスのファンみたいです。

シーホークスのファンの方にとっては朗報じゃないかな、と思うんですが。


6.里崎智也さんのツイート

昨年千葉ロッテマリーンズを引退した、元日本代表捕手で、今季からマリーンズのスペシャルアドバイザーに就任した里崎智也さん。

NFL JAPANでもそのファンぶりがとりあげられていましたので、今回のスーパーボウルのことをどうツイートされるのか楽しみにしていたのですが、なかなか出てきませんでした。

そして週末になってこんなツイートが




仕事で生で見られず、一週間近く情報遮断してから見られたようです。

すごいなぁ、よくできたなぁ、と驚きます。

特に仕事柄そう言う情報が入りやすい環境におられたと思うんですが…

ネタバレせずに見られて良かったと思います。

里崎さんの過去のアメフトに関するツイートを見ると、けっこう興味深い見方をされてますので、今後もツイートが見逃せないです。


この他にも芸能人・有名人のかたでスーパーボウルを見られて、投稿された方もいるかもしれませんが、私の調査力ではここまででした。

見つけられなかった方の中には、ニューイングランド・ペイトリオッツのパックンもいます。

ぜひ感想が聞きたいなぁ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】「エクソダス:神と王」~ベリコフスキーの「衝突する宇宙」のことも書いておこう



映画「エクソダス:神と王」の予告篇動画

 後で書きますが、誤りと思われる箇所があります)


映画「エクソダス:神と王」(Exodus: Gods and Kings)

のことと、それで思い出した本

イマヌエル・べリコフスキー著の「衝突する宇宙」(Worlds in Collision)

のことを書いておきます。


映画「エクソダス:神と王」は、Wikipediaによりますと

旧約聖書の出エジプト記をもとにして、モーゼに率いられたヘブライ人がエジプトを脱出する過程を描写した作品

だそうです。

(「Exodus」とは「出エジプト記」のことで、転じて「多数の人々が出ていくこと」や「大量出国」を意味する言葉のようです)

そして「映画『十戒』のリメイク的な要素が強い」そうです。

公式サイトはこちらです。

映画「エクソダス:神と王」公式サイトへのリンク


予告篇動画の誤りと思われる箇所について書いておきます。

0:41あたりに

「予言」

と言う言葉があります。

おそらく

「預言」

が正しいものと思われます。

これは公式サイトの中にある動画もそうです。

誤訳かどうかはわかりません。

そもそもの英語が「予言」を意味するものだったのかもしれません。

間違っていたら申し訳ないのですが、旧約聖書で「よげん」と言う言葉が出てきたら、「預言」の場合がほとんどだと思います。

「予言」は自分の言葉であり、「預言」はユダヤ教徒など信者が言う「神」の言葉です。

この違いは、ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教の方と宗教の話しをするうえで、知っておくべきことです。

ちなみに、モーセはユダヤ人ですが、イスラム教でも「ムーサー」と言う名前で、預言者とされています。


さて、次に「衝突する宇宙」について書きます。

20150207衝突する宇宙

「衝突する宇宙」は精神分析医のイマヌエル・べリコフスキーの1950年の著書です。

(「イマヌエル・ヴェリコフスキー」と表記されることが多いようで、写真の本もそうなっていますが、ここでは「イマヌエル・ベリコフスキー」で行きます)

おおざっぱに言うと、世界の神話を現実に起こったものと言う前提のもと、それをのちに金星となる彗星の大接近に由来することを力説したもののようです。

おそらく、映画「エクソダス:神と王」のヤマになると思われる、紅海が割れたことも、その彗星の大接近によるもの、としているようです。

しかし「衝突する宇宙」は「疑似科学書」つまり「怪しい本」とみなされているようです。


私がこの本の存在を知ったのは、上の写真の左側にある本、コリン・ウィルソンの「世界不思議百科」に書いてあったからです。

「世界不思議百科」には、「衝突する宇宙」の出版に起因する騒動について書いてありました。

どちらかと言うと、ベリコフスキーを擁護するような感じでした。

前述のように「衝突する宇宙」は「疑似科学書」とみなされてしまうのですが、ベリコフスキーは当時知りえなかった天文学に関する数字を予測しており、それが後に正しい、あるいは正しいものに近いものだったことが証明されたことも書かれていたと記憶します。


それを読んだ後しばらくして、古本屋で「衝突する宇宙」を見かけたので買いました。

何回か読むことに挑戦しましたが、いまだに読み終えていません。

と言うか10頁も読んでないと思います。

いつか読み終えたい本のひとつです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年WEEK22「オードリーのNFL倶楽部」の感想~あと45分は語りたい




(試合を見るオードリーの後ろ姿が載ったツイート)


2014年2月8日朝に日本テレビで放送された「オードリーNFL倶楽部」のことを書きます。

1.第49回スーパーボウルのハイライト

日本時間の2月2日に行われた第49回スーパーボウルのハイライト動画が流されました。

「アナと雪の女王」の「Let it go」を歌ったイディナ・メンゼルの国歌斉唱に始まり、前半の模様が流されました。

いったんここでハイライト動画が切られ、絵はスタジオに。

残り30数秒からの攻撃でシアトル・シーホークスはTDをあげ追いついて終わった前半について

「こんないい試合ありますか?」(若林)

「まさか同点に追いつくとは思いませんでした」(後藤アナ)

「いつも通りやっててすごいね」(春日)

の声があがってました。

そしてどのプレイか忘れましたが、ふわっとしたTDパスについて

「あんなの投げられる?

 ふわっとしたパスを」

と若林が語ってました。

私もよく、そう言うふわっとしたTDパスに感動することがあります。

びしっと強烈なパスもすごいと思いますが、ふわっとしたパスは滞空時間が長く、それゆえにインコンプリートどころかインターセプトの可能性も高くなりますが、それが決まった時、このQBはすごいな、と思います。

そしてシーホークスのRBマーション・リンチのランについて

「上(の中継席)から見てると、リンチのランは気功を使っているかのように、バンバン人が跳ね飛ばされるんですよ」

と若林は語ってました。


そして、ケイティ・ペリーのハーフタイムショウをはさんで後半戦のハイライトへ


3QにシーホークスはFGとTDで10点差に。

番組でも「流れは完全にシーホークス」と山本アナがアナウンスしていました。

しかし4Qにペイトリオッツが2本のTDで逆転。

残り時間は2分ちょっと。

4Q頭からここまでずっとペイトリオッツのディフェンスは、シーホークスのオフェンスを抑え込んでいましたから、もう試合は決まったかとも思いました。

しかし残り2分からの攻守は、スーパーボウルに限らず、空気ががらっとかわったりします。

シーホークスはロングパス2本でゴール前5ヤードへ。

これは完全にシーホークスの逆転勝ちですわ、と思ったところへマルコム・バトラーのインターセプトが出て、ペイトリオッツが勝利。

10年ぶり4度目の優勝。


動画のあと、

「ペイトリオッツはブレイディのパス、シーホークスはリンチとウィルソンのランと、それぞれ持ち味を発揮したものの、ちょっとした差で勝敗が分かれました。」

と語られていました。


なお、ブレイディはMVPの副賞でもらった車を、殊勲のバトラーに贈ったそうです。


2.「若林の熱視線」は最終回

今週はバトラーのインターセプトでした。

こちらになります。



若林の解説では、ライン上のニンコビッチと、後方のハイタワーがランをケアして前にあがってくることをウィルソンが想定。

その結果空いた空間にWRロケットを走りこませてTDパスを通すプランだったようです。

しかしロケットの動きを見ていたバトラーはその前に割り込むようにしてインターセプト。

「予習、復習を欠かさなかったバトラーの好プレイ」

と言っていました。

オードリーのオールナイトニッポン」で語られていたのですが、バトラーは、パスプレイならルーキーの自分の方を狙ってくるだろう、と予想したそうです。

実際前の前のプレイで、自分が守っていたところにWRカースへのロングパスが通りましたし。

(あれはカースのファインプレイだともいえますが、狙われたのは事実です)

ですから、自分のところにパスが来る、と予想していたので、意外なパスプレイに対応できたそうです。

これが若林の言う「予習、復習」だと思います。


そして今シーズン最後の格言は

「バトラーがハンパねぇな」

でした。

言い終わった若林は、ドヤ顔と言うより、不安そうに周囲を見回していました。

この、じゅんいちダビッドソンの無回転大喜利よりも回転していない一言に、春日が文句を

「なんだよ、最後の最後に…

 うまいこと落としてきたのに」

「いや春日さんね、最後に「笑い」とかいらないんですよ。

 とにかくバトラーがすごい。

 それに尽きるんですよ」

と若林は力説しました。

頭を抱えていた後藤アナが

「え、芸人の方は笑いが…」

と言ったところで、再び

「笑いなんていらないんだよ。

 スーパーボウルだよ。

 どうでもいいんだよ、笑いなんか」


と若林がブチ切れていました。

「バトラーのすごさが…

 あと45分ぐらいくれよ」

と若林が続けたところで、後藤アナが

「さ、次のコーナー行きましょう」

とさえぎりりました。

しかし若林は人差し指を建てて左右に振り

「(パスは)バッド・コール(「ひどい采配」)だったと言う人、違うんじゃないですか」

と言っていました。

まあこれくらいの修羅場は「オードリーのオールナイトニッポン」では普通なんですが、テレビでしかオードリー、特に若林を見ない人は驚かれたでしょう。

「ハイテンションのオードリーが見られるのは、「NFL倶楽部」だけ」

と言う宣伝文句を裏切らない、いいコーナーだったと思います。


3.「春日のツボ」

春日がしゃべり始めても、若林はずっと

「もっと話してぇ~」

を繰り返していました。

いよいよタイトルコール、と言う時になって、春日は

「今は私のオフェンスタイムなんだから」

と若林に言って、黙らせて、本格的にコーナーが始まりました。

後藤アナも若林を黙らすことに一役買っていました。


今週は春日が試合後、勝ったペイトリオッツに「突撃取材」を行った模様が流されました。

まずトム・ブレイディのところへ。

しかし、当然ながら「ブレ様」の周りには多くの人がいました。

「ちょっとパスプロが強くてQBに近づけないよ。

 次行こう」

と言うことになりました。


次はRBのリギャレット・ブロウントのところへ

この試合40ヤードを走った選手です。


そしてマルコム・バトラーが通りかかったところをつかまえ、握手をしてもらってました。

バトラーとの通訳をしていたのは、生馬アイザックさんでした。

グッジョブでした。

春日は「あのインターセプトした手と握手できた」と感激していました。


そしてNTビンス・ウルフォークが通りかかったところへ声をかけましたが

「だめだめ、もう俺は終わったんだよ」

と言われてしまいます。

しかしアイザックさんが粘って

「(この春日は)日本の№1コメディアンなんだ。

 あいさつだけでも」

と言うと振り返ってくれて春日と握手

「調子はどうだい。

 あいさつ?

 おれはしたくもないけどな。

 なんちゃって、ジョークだよ」

とまくしたて、最後は笑顔で手を振って去って行きました。

春日は

「手を握りつぶされるかと思った。

 怖かった。」


と真顔で言っていました。


そして後半活躍したRBシェーン・バリーンにインタビュー。

それからCBダレル・リービスとも。

二人とも春日がかぶっていた、ピンクのテンガロンハットに興味を示していました。


これでインタビューが終わったのですが、春日は最後に気になることを。

「来季応援するチームはまだ決めてないけど、ペイツ(「ペイトリオッツ」の春日語)はだいぶ候補ですよ」

と言っていました。


ここから下は、番組では語られなかった関連事項を書いておきます。


4.これは歴史に残るスーパーボウルだったのか?

結論から言うと、間違いなく歴史に残るスーパーボウルになると思います。

最後の最後まで結果がわからないものでしたし、わかったとしても、シーホークスが逆転するだろう、と言う感じのものでした。

その流れをドラフト外ルーキーがインターセプトで断ち切ったのですから。

パスと言うプレイコールも、今後その是非が問われ続けるでしょう。

(でも、だいたいバッド・コールではない、と言う見方が強いようです)

Yahooコメントが載ったサイトへのリンクを貼っておきますので、この試合がどう見られたか、興味があればご覧ください。

Yahooコメント「ペイトリオッツ、10季ぶりV=シーホークスとの接戦制す―スーパーボウル」へのリンク


5.最後のインターセプトについて大論争

試合後、日テレのスタッフのホテルの部屋では、あのパスプレイについて大論争が繰り広げられたようです。

解説の後藤完夫氏、スタンフォード大学の現役コーチでFacebookで若林にいろいろと教えてくれている河田コーチ、そのほかXリーグの森コーチ大橋コーチ他で繰り広げられたそうです。

小坂紘平ディレクターが、結果を読みやすくまとめられてますので、転載させてもらいます。




「まず、パスという選択肢は無くはない、というか理解できるということでした。
その理由として、TOが(確か)残り1回のあの状況でランプレーを選んだ場合、ロスヤードになったら、次以降のプレーがほぼパスに限定されてしまうので、相手のディフェンスがやりやすくなるというのが1つ。」

「もう1つの理由としては、TOが1回しか無かったので、パスインコンプリートで時計を止めるだけでも良く、しっかりと考えた上で次のプレーで決めにいけば良かったし、そのつもりだったのだろう、ということでした。」

「ただ、結果的に悪手になってしまったのは、スラントパス(内側へWRが入ってくるルート)を選んだのと、レシーバーが体重の軽いロケットだったということでした。」

「これをスラントではなく、オーバースロー気味にフェードパス(外へ浮かせるようなパス)で投げればINTのリスクも少なかっただろうし、レシーバーもそれこそ、相手のグロンコウスキーのような重量級のレシーバーがいれば、あんな風に前に入られてボールを奪われることも無かったのでは?とのこと。」

「森さんの想像では、このプレーコールはOCからだっただろうけど、それを止めなかったということはキャロルHCの責任だと言っていました。HCはコーディネーターのコールが違うと思ったら、あの場面では残り1回のTOを使ってでも、プレーを止めて考え直させないといけないものだそうです。」

「簡単にまとめるとこんな感じでした。とは言え、あの試合でリンチは1回もロスタックルをされていないし、リンチもしくはウィルソンのランで充分決められたのでは
?と全員が思っていました。」

「ランよりもパスの方が良い、っていうことは無いですが、パスという選択肢は状況からして充分理解できる、という感じでした。コースと相手の選択についてのミスはそんな感じです。」


私は、パスプレイは悪くないと考えていたのですが、どうして失敗したか、どう言うパスを投げるべきだったかまで考えが及びませんでした。

さすが世界第3位のアメフト強豪国、日本の頭脳が出した結論はすごいな、と思いました。

そして、これをまとめてくれた、小坂ディレクターに感謝です。


6.WEB放送

NFL倶楽部 #22 WEBの動画を貼っておきます。



シーホークスを応援していた小池絵未さんが、打ち上げで春日のことをずっとにらんでて、生卵を注文していた、と言うのには笑いました。

ぶつけられると思ったのでしょう。

後藤アナは、ウィル様のパスがインターセプトされて負けたことが悔しい、とは感じず、ペイトリオッツって、ブレイディって本当にすごいな、と思ったんだそうです。

僭越ながら、健全なスポーツファンの感覚だな、と嬉しくなりました。


7.先週登場したチアリーダーについて

ミネソタ・バイキングスのFacebookに、先週登場してくれたチアの方のことが投稿されていましたので、貼っておきます。



本当は4人来てくれるはずだったのが、寒波による交通網の乱れで、

クリステン・バーンサイドさん(アリゾナ・カージナルス)

サラル・ハリソン(ミネソタ・バイキングス)

の2人の来日にとどまりましたが、本当に感謝です。


8.ケイティ・ペリーのハーフタイムショウが、史上最多の視聴者数を記録

ケイティ・ペリー出演のハーフタイムショウが、史上最多の視聴者数の1億1850万人を記録したそうです。

ほぼ日本の人口と一緒ですね。

tvgroove「ケイティ・ペリー出演のスーパーボウル ハーフタイムショーが史上最多の視聴者数を記録」へのリンク

なお、今回のスーパーボウルの視聴率は49.7%で、これはスーパーボウル史上最高の数字だそうです。

「視聴率、史上最高の49.7% NFLスーパーボウル  :日本経済新聞」へのリンク

昨日の「サンデーモーニング」で関口宏氏が「うらやましい数字」と言っていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年2月8日】「オードリーのオールナイトニッポン」 ~スーパーボウルの話しで盛り上がる



(オープニングのトークで二人が熱く語りあったプレイ

 ペイトリオッツのバトラーのインターセプト)


追記.今夜の「Going! Sports&News」にオードリーが登場

今夜、2月8日(日) の23時55分~24時50分 に日本テレビ系列で放送される

「Going! Sports&News」

オードリーが、生か録画かわかりませんが、出演する模様です。

番組予告にこう言う一文がありましたので。

「全米が驚愕!人生を変えた1プレーをオードリーがプレゼン!アメリカンドリームを掴んだプレーに隠された秘密とは?」

今朝の「オードリーオールナイトニッポン」や、「オードリーNFL倶楽部」の「若林の熱視線」でも熱く語られた、ニューイングランド・ペイトリオッツのDBマルコム・バトラーのインターセプトのことが紹介されるんでしょう。

オードリーNFL倶楽部」の小坂紘平ディレクターもツイートされています。




小坂ディレクターのスーパーボウル後のツイートによると、ホテル解説の後藤完夫氏や、スタンフォード大学の河田コーチ、Xリーグの監督さんなどなど、日本アメフト界の頭脳が集結して、このプレイについて熱い議論が交わされたそうです。

現場にはオードリーの二人もいたのでしょうが、たぶんその議論の集大成がプレゼンされるものと思われます。

以上、追記でした。


2015年2月8日の「オードリーのオールナイトニッポン」について書きます。

今週はスーパーボウル帰りの回でした。

また、若林の咳が聞こえたりして、体調はまだ回復してないな、と感じられました。


1.スーパーボウルのあのプレイで盛り上がる

最初のトークは第49回スーパーボウルのもの、特に最後のインターセプトのプレイについてでした。

このプレイに関して、パスを投げると言うのは本当にいけない采配なのか、それともアリなのかを熱く語っていました。

ANNでこんなに熱く語るのは久しぶりに感じられましたが、それほど波紋を呼んだプレイでした。

トップに置いた動画がそのシーンなのですが、オードリーが応援する青いジャージのシアトル・シーホークスが、左側から右側に攻めています。

プレイが始まると、シーホークスの3番QBラッセル・ウィルソンがパスを投げ、タッチダウンをあげようとするのですが、白いほうのニューイングランド・ペイトリオッツの21番CBマルコム・バトラーがこれを奪い取ります。

これで攻撃権はペイトリオッツに移りました。

試合時間は残り10数秒でしたので、実質的に試合を決めたプレイでした。

このプレイがなんでそんなにすごいのかは、後で書きます。


おもしろかったのは、若林は興奮していろいろとしゃべるのを、春日が冷静にアメフト解説者みたいに受け答えしていることでした。

「オードリーのNFL倶楽部」では、最近春日は「本当はNFLをよく知らないキャラ」になっている感じがしますが、やっぱり元選手と言うこともあって、よく知っているな、と思いました。


あとスタンフォード大学(「西のハーバード」と言われるぐらいの名門です)の選手が

「アメフトは物理学の世界だ」

と言っていた話しなどは、へぇおもしろいな、と思いました。


その後、以前話された、高校時代の合宿で、春日がTシャツの乳首の部分に穴をあけていて、先輩に別件で前に出ろと言われ、乳首の穴を隠すため、腕組みをしたまま殴り倒された話し。

たしか河口正史氏がゲスト出演した「アメフトの大部屋」の回で話されていて、「一年史」にも書かれていると思います。


「それにしても、なんでアメフトがはやらないんだろう。

 こんなに面白いのに。」

と言っていましたが、本当にそうですね。

私としては、「アメフトを見て楽しむのは難しい」と言うような意見を言うのをやめてほしいと思います。

オードリーの2人はプレイ経験や冠番組を持っているために、深いところまで知っているので、そこまでを説明しないといけないと思って「難しい」と考えるのだと思います。

それはそれで仕方がないと思います。

一方で、女優の相武紗季嬢は

「初めて見ても十分に楽しめるし、知れば知るほど奥が深くてまた楽しい」

と言ってます。

私はプレイ経験もないし、そんなに難しく考えるタチでもないので、アメフトを見て楽しむのは簡単だと考えています。


2.再来週のスペシャルウイークのゲスト発表

再来週はスペシャルウイークは、タケタリーノ山口と前田ばっこーのコンビ、

瞬間メタル

だそうです。

瞬間メタルのマネージャーは日本エレキテル連合のマネージャーと同じ方で、瞬間メタルの出演を電話で依頼したところ、

「瞬間メタルの方ですか?」

と驚いて絶句されたそうです。

この後、瞬間メタルについてえんえんとトークが続きました。

オープニングトークがまたも45分を超えるほどで、CMあけにもそれが続きました。


3.若林トーク

スーパボウル前夜、ホテルで箸やスプーンを探した苦労話でした。

体調が悪くて部屋で休んでいた若林のところに、アイザックさんとあと一人の方が、中華料理店から麻婆豆腐や餃子のおみやげを差し入れ。

しかしそれには箸もスプーンもついてないとか。

部屋のキッチンをさがしてもないし、23時過ぎのフロントには人が不在。

しょうがないので朝まで待ってレストランでスプーンを借りたそうです。

やっと食べられることになった差し入れ。

部屋の電子レンジを開けたら…

そこには紙皿とスプーンと箸があったそうです。

このことを後でアイザックさんに言ったら

「いくらアメリカでもそれはおかしい」

と言われたそうです。


なお、アイザックさんとは「生馬アイザックさん」のことだと思われます。

現地からこんなツイートもされてましたし。




「もっとたりないふたり」で披露された「秘技アイザック」に出てきた人でもあります。


4.春日トーク

今回のトークも、若林も「まずいんじゃないか」と言うものでした。

とりあえず気になったことを、問題がないと思われるところまで書いておきますと…

春日はスーパーボウルの間のおかずとして、中古AVDVD8枚をアリゾナに持って行ったそうです。

これに関して若林は、

「アメリカではアメリカのおかずで、磨けばいいじゃん」

と言っていました。

これは私の女房の海外旅行に関する考え方と似ているな、と思いました。

女房は独身時代にはよく、結婚してから2度海外に行ったのですが、とにかく日本料理店を避けます。

「せっかく外国に来たんだから、その土地のものを食べないともったいない」

と言う考えがあるからです。

私は、日本食が海外で、どれだけその土地にあわせてカスタマイズされているのを楽しむのもいいかと思うんですが。

ちなみに、東京にあるたいていの博多ラーメンは、東京の人向けにカスタマイズされているように感じます。

おいしくない、と言うことではないです。


5.「男の料理」

今回のテーマは

「生肉のねじ伏せ」

でした。

・ベテランがねじ伏せた肉は、なかに空気が入っていてふわっとしている

・学生時代にクラスのマドンナが、昼ごはんに口を血だらけにして食べているのを見て幻滅した、ほろ苦い思い出がある

・松尾芭蕉は山形で、「生肉をねじふせられて夢のあと」と詠んでいる

・馬肉をピザ大にのばして、くしゃくしゃにして食べる熊本の伝統料理

・お笑いコンビ「ねじ」の由来は、「生肉のねじふせ」である

来週のは長くて書きとめられませんでした。

若林も、詳細は公式サイトで見てください、と言っていました。


6.はがきのコーナー

・よっひからミューコミのスタッフへ

後半は「忙しいアピール」でした。

以前、「忙しいアピール」をする人を嫌っていた若林ですが、今回は「それで仕事がはずむんならいいんじゃない」と言ってました。

春日は

「若林さん、かわったな」

と驚いてました。

・大将から春日さんへ

「おう」

の一言だけでした。


7.「謎の都市、町田市」

・町田市のペコちゃんは、舌にピアス穴をあけている

・町田市のピロートークの定番は芝浜である

・町田市のメイド喫茶では、客のことを「ご主人様」と呼ばず、「井筒監督」と呼ぶ

・サトミツのギブスはサイコガンになる

サイコガンとは「コブラ」と言うコミックの主人公「コブラ」の武器です。

そのことでオードリーは盛り上がっていました。

私は「コブラ」は、なんかよくわからないので、飛ばして読んでました。


8.エンディング

まずらしく若林が

「話すことないから、おまえなんか話せよ」

と春日にふりました。

春日は困っていたようですが、とりあえず瞬間メタルのことから始まり、最後までいきました。

もしかしたら番組中に電話するかもしれない、ということでチーム付け焼刃が前田ばっこーに電話したところ、料理のバイト中だったそうです。


9.スーパーボウル最後のインターセプト

トップに置いた動画ですが、まず状況を書きます。

試合残り時間は30秒を切っていて、白のペイトリオッツが28-24でリードしています。

2ndダウンでゴールまであと1ヤード。

時間を考えなければ、あと3回で1ヤード進めば逆転。

できれば時間をあまり残さずに得点したいところでした。


多くの人がここでパスを投げたことに驚いたようです。

青のシーホークスにはマーション・リンチと言う素晴らしいRBがいますし、QBのラッセル・ウィルソンも走れます。

1ヤードぐらいランで行けたはず、と考えるのは当然でしょう。

だからパスで行ったことに、ネットが炎上しているわけです。


ただ、時間がなく、パスは失敗しても時間が止まるのに対し、ランで進めないと時間がかかるので、パスが通ればラッキーと思って投げた、とシーホークスのHCは言っています。

若林は

「このときにパスを投げるのは妥当で、次のプレイで投げるのは危険」

とXリーグ関係者に聴いたと言っていました。


結論として、私が見る限り、相手のHCを含めた識者は、このプレイは悪いものではない、と言う人がほとんどです。

それにね、プレイする人や指揮する人は、見てる人よりも何万倍もアメフトのことをよく知っているんですよ。

こちらに、元日本代表RBの中村多聞氏のコラムがあります。

「プロのコーチは24時間フットボール漬け スーパーボウル雑観 - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク

文中に

「プロのコーチに休息や家族との時間などありません。

 年がら年中良い作戦を考えて試行錯誤し、練習や会議がないときでもズーッと勝つためのことを考えています。

 家でリラックスする暇があればチームのことを考えておきたい、というのがコーチの心理です。

 そこまでしているコーチという生き物が、最後の最後で「作戦の選択」をミスすることなどありません。

 結果がどうなろうとそれは「ミス」ではないのです。

 コレが僕の中の大前提です。」

とあります。

NFLに挑戦してキャンプに参加されてもいた方ですので、説得力があります。

私も激しく同意です。

あれはバトラーの反応が素晴らしかっただけの話しです。

スーパーボウルが終わった後の日テレG+のスタッフの部屋では、解説者や日本のXリーグのコーチとかが集まって、このプレイについて大論争があったそうです。

この件は明日書く予定の「オードリーのNFL倶楽部」のブログ記事で書きます。


10.セドナでのロケ

アリゾナではパワースポットと言われているセドナでロケを行ったそうです。

このツイートの写真は、たぶんその時のものだと思われます。





11.ビックスモールン、キサラに

ものね芸人のきくりんさんが、キサラの写真をツイートしていました。

その中にビックスモールンの姿があったので、貼っておきます。




明日は春日の誕生日ですね。

多くのtwitterアカウントが、春日誕生日仕様にかわることでしょう。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「R-1ぐらんぷり2015」いよいよ来週2月10日決勝~気になることをいくつか

来週火曜日の2月10日の夜、「R-1ぐらんぷり2015」の決勝が開催されます。

そういえばそういう時期でした。

それにしても、なんで翌日の祝日(建国記念の日)にしてくれないんだろう。

多分当日は生では見られず、ニュースサイトなどでネタバレを見て、録画を見ることになるでしょう。

放送はフジテレビ系列で19:00~20:54にオンエアだそうです。

では、「R-1ぐらんぷり2015」の決勝について、気になることをいくつか書いておきます。


1.決勝進出者

決勝の組み合わせは以下の通りです。

各ブロックの勝者1人が最終の決勝に進出し、そこでチャンピオンを決めるそうです。

Aブロック:ゆりやんレトリィバァ / あばれる君 / とにかく明るい安村 / 復活ステージ3位

Bブロック:厚切りジェイソン / エハラマサヒロ / アジアン馬場園 / 復活ステージ2位

Cブロック:NON STYLE石田 / やまもとまさみ / じゅんいちダビッドソン / 復活ステージ1位

注目したいのは、復活ステージから3人が決勝に進出すること。

他の「THE MANZAI」や「キングオブコント」や、これまでの「R-1ぐらんぷり」では1組でした。

これはおもしろいな、と思います。


ただ、復活ステージに出てくる出てくる芸人が誰か、正確なところがわかりません。

こちらの写真で紹介されているのがそうなのでしょうが。

20150207R-1敗者復活写真

読みとれない人もいまして。


2.知っている芸人さんで期待したい人

今回も知らない人が多いなぁ、と思いました。

私もそれほどお笑いに詳しいわけではないので、その世界では有名な人が多いのかもしれません。


エハラマサヒロ は久々の出場だと思いますが、一度は勝ってほしい芸人さんです。

初めて見た時のオーラがただならぬものに感じましたから。


じゅんいちダビッドソンの去年のネタはおもしろかったです。

「無回転大喜利」、つまりひねりがないというものでしたが、本人が言うように、あ、そっちに落とすのか、と言うので意表をつかれまくりましたし。


NON STYLE石田は何をやるのか知りませんが、無条件に期待できると考えます。


やまもとまさみはおもしろいとは思うんですが、誰であれ連覇は期待しないです。


3.厚切りジェイソンはどんな人なんだろう

厚切りジェイソンと言う芸人さんにちょっと興味を持ちました。

芸歴4ヵ月で「R-1ぐらんぷり」決勝まで来たそうです。

こちらにプロフィールがあります。

渡辺エンターティメント「厚切りジェイソン」へのリンク

アメリカ合衆国出身の在日IT企業役員でお笑い芸人と言う肩書なんですが…

アメリカ人と聞くと、私は、NFLはどこが好きなんだろうか?と言うのが気になります。

「ミシガン州立大学卒業(入学は17歳で飛び級!)
 その後イリノイ大学アーバナ・シャンぺーん校の大学院を卒業しました。」

とありますからNFLより、ミシガン州立大学とかのカレッジが好きかも知れないし。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校は大変な名門のようです。

Wikipediaに

「アメリカ中西部における屈指の名門とされ、いわゆるパブリック・アイビーの一つ。Academic Ranking of World Universities 2010において第25位を獲得、中でも工学系の専攻は、世界第4位にランクされた。」

と書いてあるぐらいですから。

イリノイ州に愛着があるのなら、シカゴ・ベアーズ、ミシガンならデトロイト・ライオンズ、と言うことになるでしょう。


IT関連企業ってどこだろう。


肝心のネタですが、一本だけ見てみました。



犬のところは、まあ、こう落とすんだろう、と言う読みはできましたが、

「日本ではやってるのは(大きくはない)これぐらいの犬だろう!!」

と言うもう一歩突っ込んだところに笑いました。

ちょっと気になるのは「触」「憂鬱」は、日本人でも読めない人がいるんじゃないか、と言うこと。

まあ、いやみではなくR-1の審査員ぐらいになれば、そんなこともないと思うのですが、テレビを見ている人たちに向けては、やさしい感じを選んだほうがいいかな、と思いました。

あくまでも、このネタで行くなら、と言う前提ですが。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】松坂桃李のハードスケジュールに「マエストロ!」への力の入れようを思い知らされた



(映画「マエストロ!」予告動画)

先月末から、松坂桃李が主演の映画

「マエストロ!」

が公開されました。

「オードリーのオールナイトニッポン」にゲスト出演したmiwaも出演するので、この映画のことは知ってました。

でも、特に興味はなかったんですが、公開に至る日までの、松坂桃李の使われっぷりがすごいな、と驚きました。

(女房が松坂桃李が好きなので、彼の名前を新聞のテレビ欄で見かけると、教えてやるようにしているので、記憶に残っているんですよ)

まず1/25の日曜日に日テレの番組(番組名は忘れました)に出演、1日置いて、同局の「火曜サプライズ」に出演。

「ああ、「マエストロ!」は日本テレビもからんでいるんだな」

とここまでは思いました。

しかし木曜にTBSの「モニタリング」に出演。

これが21時前に終わると、21時からはフジテレビの「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演。

え、日テレだけじゃないんだ、と知り、またこの「マエストロ!」への力の入れようはすごいな、と驚きました。

先週日曜も日本テレビ「行列のできる法律相談所」と、あと1個タモリの番組。

今週に入っても日本テレビ「有吉ゼミ」にも。


私が知っているだけで、松坂桃李はこれだけのテレビ番組に出ていたのですが、本当はもっと出ていたのかもしれませんし、ラジオにも出ていたでしょう。


私が見た中で最もいい宣伝ができたのは、「モニタリング」への出演だったと思います。

他の番組では、一般的な番宣と同じく、ついでみたいな感じの告知だったと思います。

しかしモニタリングでは、この映画についてのインタビューでどっきりを仕掛けるというものでしたから、松坂桃李が出ている間、ずっと「マエストロ!」のことが話題になるわけです。

これは宣伝効果が大きいと思いました。

と同時に、今後「モニタリング」は、宣伝のためにこういう使われ方をするのかな、とも思いましたが…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【第49回スーパーボウル】遅ればせながら感想を~完全にネタバレです



(第49回スーパーボウルのハイライト動画

 あんな試合だったから、もうちょっと長くてもいいんじゃないか、とも思うんですが)


日本時間の今週月曜日の朝行われた、第49回スーパーボウルのことを書きます。

全体的な感想、と言うよりは、部分部分をつまみ食いした形になると思います。


1.試合を決めたあのプレイと、プレイコールについて

結局最後のペイトリオッツのSマルコム・バトラーのインターセプトを書くことにしました。

試合残り26秒で2ndアンド1。

1ヤード進めば、シアトル・シーホークスが逆転するシチュエーションでした。

多くの人が、シーホークスはRBマーション・リンチのランで行くべきだったと考えたようです。

しかしシーホークスが選んだのは、QBラッセル・ウィルソンのパス。

狙い通りの方向、そしてWRはその通りに走りこんできました。

しかしSバトラーがそこに割り込むようにしてインタセプト。



これで試合が決まりました。

残り時間は20秒を切り、シーホークスのタイムアウトは1回だけ。

もうよほどのことがないかぎり、逆転は無理でした。

そして最終スコア

ニューイングランド・ペイトリオッツ 28-24 シアトル・シーホークス

でペイトリオッツが10年ぶり4回目のNFLチャンピオンとなりました。


このシーホークスのプレイコールですが、前述したように、リンチでなくてもすくなくともランプレイを予想し、またそうするべきだったと言う声は多いです。

逆に、完全にランプレイが予想され、「パスはありえない」と言う状況だったがゆえのパスプレイで、プレイコールは悪くなかった、と言う声もあります。

こう言うツイートがありました。




試合残り26秒で2ndアンド1、でタイムアウトは1回。

私はこの状況でランは危険だと思います。

下手すれば10秒以上かかると思いますから。

4回プレイして1ヤード行けばいい、と考えたら、ここでのパスは「奇策」ではなく「安全策」であるようにも考えらます。

しかしそれは、最悪でもパス失敗で時計が止まることを考えてのこと。

インターセプトは考えなかったでしょう。

もしパスが決まっていれば、

「相手のウラをかいた名采配」

と言われ、後世に語り継がれたはずです。

こう言う「奇策」が大きな影響を及ぼした時、私が時々思い出すのは、1982年の日本プロ野球、パシフィックリーグ前期日程の天王山で、広岡達朗監督(当時)が、リリーフ投手の変則左腕、永射投手を先発させたことです。

当時は予告先発制度はありませんでした。

広岡氏は当時のことを

「みんなが納得するように、ローテーション投手を先発させる手もあった。

 しかし、それで負けるのはしゃくだった。

 永射投手を投げさせると決めた後は、もう何も迷いはなかった。」

と語ったそうです。

キャロルHCもそんな心境なのかな、と想像します。

ランが失敗しても、ペイトリオッツのディフェンスが賞賛されただけで、キャロルHCの采配をどうこう言う人はいなかったでしょう。

でも「みんなが納得するプレイ」で失敗しては、と納得いかなかったのでしょう。

後悔しなかったのは、かなり本心だと思います。


逆に、ペイトリオッツはなぜここまでタイムアウトを取らなかったんだろう、と言う疑問もあります。

たしか2回残っていたと思います。

QBトム・ブレイディは、1分前に逆転のTDパスを投げ、勝利を確信してベンチに座っていましたが、

「もう一度攻撃しなければならない」

と思ったそうで、パスの練習を始めました。

残り10数秒で逆転されたら、いくらブレイディでも再逆転の目はなかったようにも思えるんですが。

しかし結果的に、タイムアウトをとらずに時間を流したことで、シーホークスをパスに追いやった、と言う見方もできます。

百戦錬磨で奇才ビル・ベリチックHCならそれぐらいのことを考えそうですが、実際のところはどうなんでしょう?

これも、もしシーホークスが逆転に成功し、そのまま試合が終わっていたら、

「なぜタイムアウトを使って時間を残さなかったのか?」

と批判されていたでしょう。


すべては私より何万倍もアメフトを知っている人たち、HCやコーチ陣、そして選手がやったこと。

私は、「たら」「れば」を考えるしかできず、「べき」は語りたくはないな、と考えます。


2.すばらしき「12番目の選手」

この試合でも、ペイトリオッツとブレイディを苦しめたのは、シーホークスの「12番目の選手(12th Man)」、つまりファンでした。

どちらのホームでもないアリゾナで行われたスーパーボウルでしたが、ゲーム中のペイトリオッツのオフェンスでは、「12番目の選手」のクラウドノイズが激しく、ブレイディをいらつかせたように感じました。

もしシーホークスが勝っていても、MVPが「12番目の選手」になることはありませんが、実質的にはそうだった、と言って良かったかもしれません。

シーホークスは球団創設と同時に、12番を永久欠番にしましたが、NFCチャンピオンシップに続き、それだけの意義は見せてもらいました。


3.スーパーボウルでトム・ブレイディを応援したのはいつ以来だろう…

「他チームのファンとしては、試合を見ないと、どちらを応援するかわからない」

と以前書きましたが、結局、これが最後のチャンスかもしれない、と思い、ペイトリオッツとブレイディを応援しました。

いつ以来だろう、ブレイディを応援するのは…

特にアンチと言うわけではないのですが、同じ選手が勝ち続けるのは、特にひいきチームの選手でもない限り、あまり好きではないので、初めてスーパーボウルに出てきた2001年シーズンのスーパーボウル以来の応援になるかな、と考えます。

しかし、ここ2回のスーパーボウルで、いずれもニューヨーク・ジャイアンツに敗れ、そしてこれまで以上にチームの苦悩を一人で抱えているように感じるブレイディを見ると、今回は応援せざるを得なくなりました。


ブレイディのファンには申し訳ないですが、これでブレイディはいつでも心おきなく引退できるでしょう。

しかしその考えは、彼にはないようです。

「NFL JAPAN.COM|栄華極めたブレイディ、現役引退の可能性はきっぱり否定 」へのリンク

NFLの歴史では、よく「ディケイド」と言う言葉を使います。

これは「10年代」とか「10年間」と言う意味で、今、2015年は「2010年代」と言うディケイドに入ります。

ブレイディは2000年代と2010年代の2つのディケイドでスーパーボウルに勝ったわけですが、一人のQBが違うディケイドにスーパーボウルに勝つ例は、他にあったかどうか…

彼が何と言おうと、現役生活はもう短いものと考えられます。

トム・ブレイディは、間違いなく、史上最高のQBの一人です。

その現役生活を同時代人としてみることができる我々は、とても幸せだと思います。

そのプレイを目に焼き付ける気持ちを持ちながらも、

「もうブレイディは出てこなくていいやん」

とか文句を言いながら、今後の彼のプレイを目に焼き付けて行きたいと考えます。


4.スーパーボウルの一瞬だけ輝いた選手にならぬよう

20年ほど前のことですが、

「スーパーボウルの一瞬だけ輝いた選手たち」

と言う特集記事がありました。

第22回スーパーボウルで、ラッシング記録を樹立し、今もその記録をやぶられていないRBティミー・スミス(ワシントン・レッドスキンズ)や、キックオフリターンタッチダウンを決めた、フルトン・ウォーカー(マイアミ・ドルフィンズ)かスタンフォード・ジェニングス(シンシナティ・ベンガルズ)の名前があったように記憶します。

その中に、ジャック・スクイレック(Jack Squirek)の名がありました。

スクイレックは第18回スーパーボウルで、前半終了間際に、QBジョー・サイズマン(ワシントン・レッドスキンズ)が投げたパスをインターセプトし、そのままTDを決めたロサンジェルス・レイダーズのLBです。

このプレイです。



彼のこのプレイでスコアは21-3とレイダーズがリードを広げ、前半を終えました。

最終スコアは38-9でレイダーズが勝ったのですが、スクイレックのこのプレイは、レッドスキンズにかなりのダメージを与えたプレイだったと思います。

レッドスキンズは14-3で前半をしのいで、後半に建てなおそうと考えていたはずですから。


スクイレックはこの試合でも控えのLBだったのですが、このプレイ以外、NFLではほとんどぱっとした数字を残さぬまま、現役を引退しました。


今回のスーパーボウルのマルコム・バトラーのインターセプトを見て、スクイレックのことを思い出しました。

バトラーもまた、この試合の前まではぱっとした数字を残していません。

今季ドラフト外でペイトリオッツとサイン。

レギュラーシーズンでの先発は1度だけ。

サックもインターセプトも記録していません。

しかしこの大舞台で大きな仕事をしました。

インターセプトを決めた前の前のプレイでは、WRカースに奇跡的なキャッチを許しています。

それをひきずることなく、次のプレイを読んだ素晴らしい選手。

レギュラーシーズンで1回のパスキャッチがなかったものの、この試合で大活躍したシーホークスのWRクリス・マシューズと並んで、願わくばこのままブレイクして、長く活躍してほしいな、と思いました。


5.歴史に残るスーパーボウルとなるか?

第49回スーパーボウルは、間違いなく歴史に残ります。

それは、シーホークスが逆転、と言うモメンタムが劇的なプレイで断たれたことが大きな要因だと考えます。

これまで、試合終了間際の大逆転、と言うスーパーボウルは何度もありました。

第23回、第42回、第43回など。

これらはこれらで素晴らしいのですが、モメンタムから言って、もう逆転するんだろう、と言うのがなんとなく予想できました。

しかし今回は、そのモメンタムが見事に断ち切られた、希有なケースだと思います。

そのプレイについて、後世長く語られるでしょう。

だから、このスーパーボウルは、歴史に残ると考えるのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】「テッド2」のスーパーボウル用特別CMにトム・ブレイディとか~「カメオ出演」ってなに?



(1月30日に公開された、「テッド2」の公式トレーラー)


実はこの記事は第49回スーパーボウルの前に書いています。

最後に追記で、スーパーボウルで公開されたCMについて見て、書ければいいな、と考えています。

そう言う前提で読んでいただければ幸いです。

(最後に書くことができました。

 動画も最後に載せました。)


堅苦しい文章で始まりましたが、内容はR指定映画「テッド」の続編

「テッド2」

についてです。

こちらの記事なんですが

「『テッド2』の予告編が公開!テッドが子作りに大奮闘? - シネマトゥデイ」へのリンク

文中に

「公開された予告編を見る限り、テッドとその彼女である女性タミ・リンが結婚するところから始まり、テッドたちは子供を授かりたいと願うが、子供の親になるには、テディベアのテッドが人間であるとアメリカ政府に証明しなくてはならないというのが本作の大筋のようだ。」

とあります。

そこでこの記事です。

「【放映料5億円!】キター!!『テッド2』の初予告編CMがスーパーボウル中継で公開へ!QBトム・ブレイディ選手のカメオ出演も! - ABC振興会★映画・TV/海外ドラマ課」へのリンク

この記事によると

「(スーパーボウル用「テッド2」の)予告編ではテッドが子どもが欲しくなり、精子バンクの提供者としてトム・ブレディがやってくる...というネタらしい。」

そうです。

そう言うわけで、テッドとトム・ブレイディが同じCMに出ることなんですね。

なるほどなるほど。

これはCMを見るのが楽しみです。


ところで記事のタイトルの

「カメオ出演」

ですが、この言葉の意味をしらなかったので、調べてみたら。

「俳優や歌手、監督、時には政治家やスポーツ選手などがゲストとしてほんの短い時間、映画やドラマ、舞台に出演する事。

 遠目からでもはっきりと分かる装飾品のカメオからそう呼ばれるようになった」

と言うことだそうです。

そうなんだ。


ところでこの記事、文中に

「スーパーボウルに出場するニューイングランド・ペイトリオッツの大スター、QBのトム・ブレイディ選手」

とあるんですが、その後には

「また現在パトリオッツは」

とあります。

「Patriots」

をどう読むか、と言うことになるんですが、同じ記事の中で整合がとれていない、と言うことは置いといて…

NFLのチームは普通「パトリオッツ」とは言わないんじゃないか、と思いませんか?

でも実際私はバリバリのアメリカ人から、日本語で

「私はパトリオッツのファンです」

と聞いたことがあります。

私向けに日本語っぽく言ってくれたのかな、と思って

「ペイトリオッツじゃないんですか?」

と聞き返したら

「どっちでもいいんですよ」

と答えてくれました。

1992年、ペイトリオッツがまだ弱小チームで

「アメリカプロスポーツで、もっとも情けないチーム」

と言われていたころの話しです。

時代は変わるもんですなぁ…

我がグリーンベイ・パッカーズもプレイオフとは無縁のチームでしたから。


追記.実際に放映されたCM

こちらです。



トム・ブレイディの寝室に忍び込み、精子を奪うため、彼の股間をのぞきこんで驚いています。

あいかわらず下品だな、と嬉しくなります。

テッドは

「2度のMVPと、殿堂入りが約束された選手だ」

とブレイディのことを言いますが、スーパーボウルMVPの回数であれば、もはや過去の数字となりました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【スーパーボウル】僕はこうやってネタバレを遮断した



(イディナ・メンゼルの国歌斉唱の動画)


予想に反して、今年も結果を知らずにスーパーボウルを最後まで見ることができました。

よかったです。

すごい試合でしたから。

まさかあんな結末とは。

あきらめて結果を知ってから試合を見たら、とても後悔したでしょう。

本当にラッキーだったと思います。

では、私がネタバレを防いだ過程を書きます。

スーパーボウルの感想については、あらためて後日書きます。


昨日は絶対にやらねばならない仕事がありましたので、出社しました。

しかも、何かあったらただでは済まされないものでしたので、気が重かったです。

結局定時間際に無事終わるまで、ずっとブルーで、時々、あ、今スーパーボウルやってんだな、とか、もう終わったんだろうな、と思い出す程度でした。

いつもは後で録画を見るときは、仕事中は本当に落ち着かないものなんですが、今回は仕事について落ち着かなかったので、ラッキーでした。


また、こう言う時はアメフトがマイナースポーツなのが助かります。

職場でまったくそう言う話題が上がりませんでしたから。

それに、職場には私がスーパーボウルのことを気にしている、なんて知っている人もいないでしょうし。


そして珍しく定時過ぎに退社。

ここんとこ、そう言う仕事が続いてたので、体調が悪く、スーパーボウルがなくても早退を考えたほどです。

でも今は、感動で絶好調です。

今日も元気に会社にいくぞー


職場を出てバスに乗りました。

ここからは珍しくiPhoneで音楽を聴き始めました。

もちろん、話し声の中に、スーパーボウルの結果があると嫌だからです。

(疲れた時は、谷村有美さんの曲が効きます)


バスが駅について電車に乗りました。

懸念した通り、ドアの上にディスプレイがある車両。

ニュースが流れたらアウトなので、上を見ないように努力しましたが、混んでいて、つり革を見つけるのについつい上を向いてしまい、あぶねー、と言う局面もありました。


電車を乗り換える駅に着きました。

今度の車両はアメフトファンに優しいディスプレイのないもの。

しかし今度は周りの人が見ているスマホのディスプレイが気になり始めました。

ひょっとしたらスーパーボウルの結果を見るかもしれない。

少なくとも、Yahooには結果が出てるだろう。

そう考え、視線がいろんなところに行かないよう、この記事を書き始めた次第です。



無事最寄駅に着き、売店の新聞を見ないように気をつけて、またバス。

この記事を書きながらひたすら音楽を聴きました。

帰宅。

夕刊の見出しに結果が載っていたらいけないので、目につかないところに置いといてくれ、と女房に頼んでいました。

女房はちゃんと目につかないところに置いていてくれました。

いい女房です。


BSをつけたら1Q残り2分弱。

着替えを済ませて落ち着いたら2Q残り4分あまり。

7-7のタイ。

ここでBSニュース。

もしかしたら結果を言うかも、と心配して音を消しました。


あとはもう試合に没頭しました。

早く試合が終わったほうが、結果を知る機会が少なくなるので、今はハーフタイムショーいらねー、と思ったのですが、いざ見てみると、結構見ごたえがあったな、と感じました。


このようにして、私は最後まで結果を知らずに第49回スーパーボウルを見ることができました。


本当にスーパーなゲームだったと思います。

返す返すも、あきらめて結果を見なくて良かったです。

残業してたり、仕事がうまくいかなくて、もっとブルーになってたら、きっと見ていたでしょう。

ラッキーでした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

2014年WEEK21「オードリーのNFL倶楽部」の感想~森清之氏が出演



NFL倶楽部 #21 WEB動画

 「仕事」を「旅行」と言ってしまった件は、「オードリーのオールナイトニッポン」でも語られていました)


2015年2月1日に日本テレビ地上波で放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今週はいつもとは違うスタジオからの放送からの放送でした。

その理由は後述します。

そして今回のゲストは、LIXIL DEERS(リクシル・ディアーズ)のヘッドコーチ(HC:監督)、森清之氏でした。

1.オープニングで語られたこと

1)森氏の今シーズンの感想

いろいろと波乱があったけど、(スーパーボウルのカードを見ると)結局収まるところに収まった、と言う感じ、だと語られてました。

2)デフレゲート事件

先週も番組で触れられましたが、AFCチャンピオンシップでペイトリオッツが用意したボールの大半が、定められた空気圧に満たない「低反発ボール」だったことが問題になっていることが語られました。

これは「デフレゲート事件」と呼ばれているそうです。

NFLはこれが意図的に行われ、ペイトリオッツが試合を優位に進めるために行われたのか、解明のためペイトリオッツのHCビル・ベリチックに事情聴取を行ったりしているそうです。

しかし今のところ、スーパーボウルは予定通りに進められるそうです。

ただし下記リンク先の記事のように、ボールの管理は厳重に行われるそうです。

アメフトNewsJapan「スーパーボウル用に各チーム54個のボールを用意、管理は厳重に」へのリンク

3)春日、低空気圧ボールを語る

若林は、ボール内の空気圧が下がると、プレイにどう影響するか、春日に尋ねてました。

「空気圧が下がるとパスが通りやすくなるんだよね」

みたいなことを答えていたように記憶するんですが、最後は春日はボール持てないポジションなのでこたえられない、と言うオチになりました。


2.プロボウル

日本時間の先週の月曜に行われたプロボウルのダイジェストが流されました。

プロボウルはオールスター戦のことなのですが、ここ数年で大きく変わりました。

以前はスーパーボウルの翌週にハワイで行われたのですが、最近はスーパーボウルの前の週にハワイ以外のところでも行われるようになりました。

今回の開催地はスーパーボウルの会場と同じく、アリゾナのユニバーシティオブフェニックススタジアム、で行われました。

そして、チーム編成は、2人のレジェンド、マイケル・アービンとクリス・カーターが、それぞれ出場候補者の中からドラフトみたいに、ほしい選手をとっていって作る、と言うものでした。

以前はAFCオールスターとNFCオールスターと言う対戦だったんですが、ここ2年(だったかな)はこう言う形式で行われてます。


このため、同じチームなのにプロボウルでは敵味方に分かれる、と言うこともあります。

「これは若林君とあたしが、R-1で競うい合う、と言うようなことですね」(春日)

「と言うことは、あまり気にならないと言うことですね」(若林)

とのやりとりがありました。


最近のこのような動きに、森氏は

「楽しいのは楽しいが、試行錯誤しているのが見える。」

と語っていました。

たしかに、プロボウルを盛り上げるためにいろいろと考えているのがよくわかります。

私としては、開催日を昔のようにスーパーボウルの後にして、いつか行きたいのでハワイにしてくれれば、チームの作り方は今のままで行う、と言うのでいいんですが。


また今回も特別ルールで行われました。

・毎Qごとに2ミニッツウォーニングを設け、毎Qごとに攻守交代

・キックオフなしで、得点後は自陣25ヤード(だったかな)から開始

・ブリッツ禁止

・ゴールポストを狭くして実施

これらは安全を重視することと、NFLが試験的に試してみたいことを合わせたものです。


試合についてはこちらの動画をご覧ください。

Youtube「2015 Pro Bowl highlights」へのリンク

また、「プロボウル・リミックス!」と言うこんな動画もありました。




3.現役NFLチアがスタジオに

アリゾナ・カージナルスと、ミネソタ・バイキングスのチアが一人ずつスタジオに登場し、チアリーディングを披露してくれました。

(そう言う理由で、いつもより広いスタジオでの収録だったそうでう)

本当は4人来てくれるはずだったのですが、2人はアメリカを襲った大寒波による交通の混乱で、来日できなかったそうです。

二人は今日のスーパーボウルのパブリックビューイングのゲストに出場したりするそうです。

チアの2人に

「寒い時はどういう工夫をしてチアリーディングをやるんですか?」

と言う質問が。

カージナルスは本拠地がアリゾナと暖かいところなので、そう言う心配はまずないそうです。

基本的にチアは本拠地でのゲームにしか出場しませんから。

バイキングスは現在新しいドーム球場を建設中で、今シーズンと来シーズンはミネソタ大学のスタジアムを借りて試合をしています。

(アメリカの大学には、横浜スタジアム並みのものを持つところがいくつもあります)

で、ミネソタ大学のスタジアムはアウトドアなんですが

「寒い時は寒い時用の衣装があるので、それを着用して行う」

との回答でした。

そう言えばたぶんバッファロー・ビルズだったと思うんですが、スキーウェアみたいな防寒衣装を着てチアリーディングをしているのをテレビで見たことがありますわ。

また、契約上、選手とは会話はできないことになっているそうです。


4.スーパボウルについて

今朝行われる第49回スーパーボウルは

・国歌斉唱は「アナと雪の女王」のイディナ・メンゼル

・ハーフタイムショウはケイティ・ペリーとレニー・クラビッツ

だそうです。

森氏が推す注目選手は下記の2人

・ペイトリオッツのLBジェイミー・コリンズ

・シーホークスのCBバイロン・マックスウェル

また、審判の判定がキーになるのではないか、と言っていました。

特にパスに関するもの、パスインターフェアなどは主観がまじったりすることもあるので、それが試合に影響を与えるかもしれない、と言うことでした。

で、20-17でシーホークスの勝ちを予想されてました。


5.メディアデイ

スーパーボウル前の公開記者会見、「メディアデイ」で、小池絵未さんが取材を行う模様が報道されました。

これは一般の人にも公開されているそうです。

トム・ブレイディには記者の人だかりがすごく、遠くから見ることしかできなかったそうです。

ビンス・ウィルフォークには、(たぶん)一般のお子さんが「スーパーボウルMVPになったらディズニーワールドに連れて行ってくれますか?」との質問。

スーパーボウルMVPはディズニーワールドかディズニーランドに招待されるのです。

「きみ一人だけなら連れて行くよ」と答えてました。

マスコミ嫌いのマーション・リンチは、小池さんには手を振りながら席に向かいましたが、そこでは終始質問に答えず。

他のメディアが伝えるところによると、メディアデイの初日は、どんな質問にも「出席しないと罰金を払わされるから来たまで」と答えたのみ。

2日目は「君たちは、僕がここに座っている理由を知っているだろう」としか答えなかったとか。

ダグ・ボールドウィンは「NFCのチャンピオンシップの勝ち方が良かったので、チームの絆が深まった」とのことでした。

「日本にいる12番目の選手(ファンのこと)、応援頼むよ」と答えたシーホークスの選手もいました。


6.中継スタッフから

日テレG+で生中継(地上波では深夜録画放送)する菅谷アナウンサーと、解説の後藤完夫氏からレポートが。

ここ2年間は天候に恵まれなかったものの今回はいい天気だそうです。

スタジアムもドーム球場です。

また、米「USA TODAY」誌の解説陣7人の予想は、5人がペイトリオッツの勝ちで、2人がシーホークスの勝ちを予想したそうです。

後藤氏の予想では、かなりの接戦となり、1点差の24-23でシーホークスの勝ち、だそうです。

4Qに何かが起きる、とも言ってました。

(「しかも2回起きる」と後藤氏が言っていた、と「オードリーのオールナイトニッポン」では言ってました)


7.春日のツボ

コーナーを振られてもなかなかこたえない春日

「なにボーっとしてんだよ」(若林)

「ごめん、本当にボーっとしてた」(春日)

とのことでした。

今回は「リベンジ」と言うキーワードで、第25回スーパーボウルが紹介されました。

ニューヨーク・ジャイアンツとバッファロー・ビルズの対戦でしたが、この2チームはシーズン中にも対戦しており、ビルズが勝っていました。

しかもこの試合で、ジャイアンツはエースQBのフィル・シムズが負傷し、後のシーズンを2番手のジェフ・ホステトラーで戦うことになりました。

ところがこのホステトラーと言う選手が期待にこたえ、ついには3連覇を目指していたサンフランシスコ・49ナーズをやぶってスーパーボウルにチームを導きました。

頭のいい選手で、脚があり、また頑丈な体を持っていました。

試合は前半はビルズリードで折り返し、後半ジャイアンツが逆転。

ビルズがサーマン・トーマスのTDランで再逆転するも、ジャイアンツがFGで再々逆転。

そして試合残り10秒あたりでの逆転をかけた47ヤードのFGを、ビルズのスコット・ノーウッドが決めることができず、ジャイアンツがそのまま勝った試合でした。

1点差と言う大接戦で、私もこの試合はよく覚えています。

随所に好プレイがあり、ターンオーバーが一度もないしまった試合で、史上最高のスーパーボウルと言う声もあり、私も何度も録画を見返したりしました。

簡単なドキュメント動画はこちらにあります。

New York Giants公式「SUPER BOWL XXV FLASHBACK」へのリンク

森氏はこの年にコーチになったそうで、ビルズののハイパーオフェンスがすごかった、と言うのをよく覚えているそうです。

そして湾岸戦争と言う特異な環境下で行われたことも。


8.プレゼント

普段は春日が、プレゼントの「タッチダウン」誌と「タッチダウンプロ」誌を顔の前に掲げるのですが、今回はその雑誌が手元にありませんでした。

発売日の2日前だったからかもしれません。

春日はボディビルのサイドストロング(だったかな)のポーズをずっととってました。

そして今回は、1/30に公開が始まった映画

「ドラフト・デイ」

のチケットもプレゼント。

これはほしいなぁ…応募しよう。


9.番組外の話し

現地からのレポートは、下記リンク先などから見ることができます。

NFL JAPAN「オードリー追っかけ隊ブログ」へのリンク


Facebookではこちら

プレゼントの紹介があります。





twitterアカウントはこちらの方々など










「写真を撮ってくれたのはアメフト レジェンド実況の増田さん」

とは前述の第25回スーパーボウルなどを中継したアナウンサーで、当時の日本テレビの中継の大半は増田アナで行われました。

私にとっても、「アメフト レジェンド実況」な方です。


10.現地からのプレゼント

詳細はリンク先にありますが、若林は罰ゲームのため自腹でお土産グッズを買うことになったそうです。

NFL JAPAN「 SUPER BOWL XLIX 2015> プレゼントキャンペーン」へのリンク


さて、スーパーボウルの中継は、日テレ関連では

日テレG+が今朝08:00から

日本テレビが日付が変わった01:59から

の放送になります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年2月1日】「オードリーのオールナイトニッポン」 ~スーパーボウルのため録音



オードリーが中継に参加する、第49回スーパーボウルを紹介する動画)


2015年2月1日に放送された、「オードリーオールナイトニッポン」 のことを書きます。

今回は例年と同じく、スーパーボウル出演のために渡米するので、水曜日の深夜あたりに録音されたものでした。

また、「よっひ」こと吉田尚記アナウンサーが飛び入りしたりもしました。


1.オープニングトーク

前半はスーパーボウルについて、後半は今後のオードリーはどうあるべきかと言う、いわゆる「オードリー会議」だったと言えるものでした。

以前ハワイから中継したように、今回もスーパーボウルが行われる米アリゾナからお送り、と言うていで話していたんですが、3分ほどで録音であることをばらしました。

明日の第49回スーパーボウルについては、対戦カードはニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)シアトル・シーホークス(SEA)なんですが、SEAを見るのは2年連続となり、これは現地観戦するようになって6年目で初めてのこと、と語っていました。

たしかにそうなります。

そして、通常のロケに行くのとは気分が違って、面倒な荷づくりの時でも、ついつい鼻歌をうたってしまう、と若林は語っていました。

春日も、部族ロケに行くのとは気分が違う、と言ってました。

そのため若林は、スーパーボウル中継出演とロケの「仕事」のことを、「旅行」と言ってしまうほどだったとか。

これは、他の仕事がつまらないのではなく、スーパーボウルの仕事が、それだけずば抜けて楽しいと言うことでしょう。

毎回スーパーボウルの後にオードリーは「これから次のスーパーボウルまでどう乗り切ろうか」と言っているように感じます。

アメリカで常時40%を超える視聴率を誇り、現地の人でもなかなかチケットが取れないほどの人気の高い試合ですから、そう言う気分になるのは当然のことだと思います。

そしてリトルトゥースへのお土産の話し。

「リトルトゥースは150人ぐらいしかいないから、その人数分買わなければいけないかな」(春日)

「いやいや、5人ぐらいしかいないだろう。しかもみんなニッポン放送の人ばかり」(若林)

と言っていました。


そして今回の「仕事」に関して不安をひとつもらしてました。

「アリゾナは地方都市で、ポールダンスやってるとこがないんだって」(若林)

「それは大問題じゃないか」(春日)

これまでの5回のスーパーボウルのうち、行ってないのは初回のマイアミの時だけ、と言っていました。

「でもノーパンしゃぶしゃぶはあるんだって」(若林)

「日本の人が作ったのかな。

 ぜひ行く」(春日)

との会話もありました。

本当にあるのか怪しげですが。

そして、飛行機の中で何をするのか、と言う話し。

春日は普通に映画を見るとか。

(「オードリーのNFL倶楽部」では別のことを言っていました)

若林は、将棋ゲームだそうです。

昨年も飛行機の中で、若林はずっとやってたのを春日は見ていたそうです。

最後に、どっちが勝つか楽しみ、と言っていました。


「オードリー会議」の件ですが、最初は若林がだんだん普通の人になってきていて、「全部が平均的で、つまらなくなってしまった」と言う悩みの話しから始まりました。

そして、その点春日はあいかわらず車も買わなくて、キャラを守っていると言う話しへ。

最後は春日が車を買って、若林と同じくこの番組で披露しようか、と言う話しへ。

しかしそれはANNのチーム付け焼刃的には喜ばしいことでも、Dちゃん的には不満だそうです。

Dちゃんと言うか、事務所としては、地上波でおろしてから、ANNに持っていきたいとか。

そんな大人の事情を話していました。


今回のオープニングは45分越えと、長いものでした。


2.よっひ乱入

「よっひ」こと吉田尚記アナウンサーが乱入しました。

「なぜこの人と話すと楽になるのか」

と言う本を出したので、その宣伝もあったのでしょう。

「なんで俺におび書かせてくれなかったの?」(若林)

「逆に、書いてくれる気があったんですか?」(よっひ)

とのやりとりが。

他にも

「日本人の価値観を洗脳しているつもりか?」(若林)

「いや、アイドルの話ししてるだけです」(よっひ)

「こんどいろいろとさらすぞ」(若林)

「いやそれだけはやめてください。

 お願いです、絶対にやめてください」(よっひ)


とかのやりとりが。

最後CMに行く前には

「おび書いてください、今からでも差し替えられるから」(よっひ)

「やだよ」(若林)


というのもありました。

よっひの著書についてはこちらをどうぞ

「なぜ、この人と話をすると楽になるのか - 太田出版」へのリンク

この中には

「ニッポン放送の大人気アナは、些細な会話すらままならないコミュ障だった!

 そんな彼が20年かけて編み出した実践的な会話の技術を惜しみなく披露。」

との記載があります。


そう言えば先週miwaが来た時には、春日はいつもと違って饒舌だったように感じたんですが、今回はおとなしかったです。

まあ若林がケンカ腰でしゃべり続けていて、それをこれまた饒舌なよっひが返していたので、入るスキがなかったんでしょう。

話しは前後しますが、オープニングトークでもよっひのことが語られ

「簡単なことを難しく言うのはバカ」

と若林が言っていました。

ちょっと脱線しますが、アメフトのことを説明する本や動画やサイトはたくさんあります。

あくまでも主観ですが、中にはアメフトを見て楽しむのは簡単なことなのに、まずルールから説明するから、結果として難しくなってしまって残念、と思えるものもあります。

「バカ」とは思えませんが、もう少し楽に考えてくれればありがたいと思うんですが。

一方で、昨日こんな記事を見かけました。

「世界最大級イベント「スーパーボウル」を"ニワカ"が楽しむ方法」へのリンク

最後に

「私は結局ただのニワカに過ぎないので、本当に詳しい方から見ると多少誤解や誇張が含まれた文章になっているかもしれませんが、あらたなファンを獲得するための方便だと思ってご容赦いただければと思います。」

とあります。

「本当に詳しい」わけでもない私でも、たしかに誤解を生みかねない箇所を見つけることができました。

でも、それぐらいの大胆に書かないといけないな、と思うとともに、こんな文が書けるようになりたい、とも思いました。


3.若林フリートーク

よっひの本について、話しがまま続きました。

「会話をスムーズにするために、会話に重曹をいれる」

と言うところが気になっていたようです。

そしてトークですが、「笑点」にビックスモールンが出たことから始まりました。

なんでも、テレビでネタを披露するのは5年ぶりだったとか。

その「空白の5年」についての話しなどでした。


4.春日トーク

有村昆と丸岡いずみ夫婦の家のパーティーに行った話しでした。

なんでも、流れ星の瀧上に誘われたのだそうです。

いろんな有名人の名前が出ましたが、一番印象に残ったのは、テレンス・リーでした。

若林もそこに食いついていました。

テレンス・リーは、元傭兵で、Googleによると現在は

「コメンテーター、軍事評論家、危機管理評論家」

という肩書だそうです。

以前はよく「サンジャポ」で見かけていた記憶があるのですが、最近はあまり見なくなりました。


5.「男の料理」

今回のお題は

「乳房をかみちぎった男の甘えん坊ごはん」

でした。

・ヌーブラに盛ってある

・アメリカには「耳をかみちぎったタイソンの甘えん坊ライス」がある

・鳥胸肉を甘辛く煮たものを、ご飯に乗せたシンプルなご飯である

・医者や弁護士教師など、社会的責任が重い人に好まれる料理である

タイソンの件は、昔プロボクサーのマイク・タイソンとイベンター・ホリフィールドの試合で、タイソンがホリフィールドの耳をかみちぎったことに由来するんでしょう。

若林は大学の哲学の授業で、「なぜタイソンはホリフィールドの耳をかみちぎったか」と言う問題への回答を求められ、

「どっちでもいいです」

と答え、

「出て行け」

と言われ

「すいません」

と謝ったそうです。


来週のお題は

「生肉のねじふせ」

だそうです。


6.しんやめ


7.エンディングトーク

「スーパーボウルでニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)とシアトル・シーホークス(SEA)のどっちが勝つか」

と言うことを言っておこう、と言うことになりました。

春日は

「むずかしいなぁ。

 「NFL倶楽部」ではSEAを応援しているけど、ひょっとしたらNEが勝つんじゃないかな、と思ってる。

 だから現地でNEのジャージにかえるかもしれない」

若林は

「SEAだな

 前の試合(NFCチャンピオンシップ)であんだけバカ勝ちすると、そう簡単にはNEはSEAを倒せないだろうから。」

「バカ勝ち」と言うのは、前半0-16で負けたのをひっくり返したことです。

実際のところ、今回は本当にどっちが勝つか予想が難しいです。

これを書いている時点では、ラスベガスのオッズではNEが1ポイントリードしていて、これは、

「どっちが勝っても全然おかしくない」

と言うことを意味します。

そして

「今回はNEのQBトム・ブレイディ最後のチャンスかもしれない。

 しかしSEAのQBラッセル・ウィルソンが勝つことになると、去年ペイトン・マニングを倒したのに続いて、2年連続して現役のレジェンドを倒したことになり、いよいよ新しい時代の幕開け、と言うことになるかもしれない。」

と言う話しを二人で交わしていました。

まるでアメフト番組のようでした。


8.オードリーは今アメリカで何を?

NFL倶楽部のアメリカ担当ディレクター、小坂紘平さんのツイートを追って行けば、今オードリーはアメリカで何をやっているかが分かるかもしれません。

ひとつツイートを埋め込んでおきます。




ちなみに、ANNの放送中はセドナでロケをやっていたようです。


3.オードリーに関するニュース

オードリーに関するニュースのリンクを貼っておきます。

「山里亮太 ラジオで春日俊彰と若林正恭が披露した話題に怒り - ライブドアニュース」へのリンク

「オードリー若林正恭 高校時代は読者モデルをしていたと告白 - ライブドアニュース」へのリンク


NFLファンの私としては、来週オードリーがスーパーボウルについてどんな土産話をしてくれるか楽しみです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~