2015年05月の記事 (1/1)

【2015年5月31日】「オードリーのオールナイトニッポン」にかえて

今日、2015年5月31日の「オードリーのオールナイトニッポン」については、聴いてもすぐに書けないと思われますので、あらかじめ番組とオードリーに関することを書いておきます。


2.新生「M-1」にオードリーは出るのか

この冬開催される「M-1グランプリ2015」の参加資格の発表がありました。

「M-1 今年は結成15年まで出場可能…オリラジ、南キャンにも最終チャンス(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース」へのリンク

この記事によると、参加資格は

「結成15年以内(2000年1月1日以降の結成)」

とあります。

オードリーは2000年4月の結成ですから、出場資格は十分にあります。

ファンとしては出場を期待したいところです。

(以前の規定では、コンビ名を変えれば、また出場資格が得られる、と言うものだったと思います。

 たしか博多華丸大吉は、それでコンビ名を変えたと言う話しを聴いたことがあります。

 オードリーは2005年4月に「ナイスミドル」から改名しましたので、その規定が残っていれば、まだまだ行けるはずです)

ただ、結成年月の制限を設けるのは、まだ売れてない芸人、つまり芸歴が浅い芸人を発掘する目的からだったと記憶します。

今回の復活の趣旨も「従来の若手No.1を決める大会として復活する。」と言うことだそうです。

そう言うことを考えますと、十分にオードリーは売れてますから、出なくてもいいのかな、とも思います。


旧M-1も、最後は十分に売れていた笑い飯が優勝しました。

オードリーは、NON STYLEとともに、最後にM-1でブレイクした芸人と言えるでしょう。

(パンクブーブーもそう、と考えられますが、いまいち感がなんとなくあります。

 好きなんですけどね。)

そう行った経緯を考えますと、M-1の趣旨で世に出たことに感謝し、その趣旨に敬意を示すため出場しない、と言うことも考えられると思います。

私としては、あの緊張感のある場にオードリーがいることは、とてもうれしいことなんですが。


3.春日リスペクトの記事が続々

オードリーのファン、特に、若林が言う「カスミン層」、先週新たに生まれた用語「カース女子」にとっては喜ばしい記事を最近よく見かけます。

例えばこんなものなど

「日経WOMAN:フィン水泳日本代表に!オードリー春日が戦い続ける理由」へのリンク

「オードリー春日、全てを筋肉に捧げたものすごいストイックな日々 | アサ芸プラス」へのリンク

前者には

「「内面を見せることを捨てて外面だけを見せる」という覚悟」

と言う副題がついています。

春日がそこまで覚悟を決めているのかどうかはわかりませんが、まあとにかく、ものすごい努力をしていることには間違いないと思います。

それに、言われてみればそうかもしれない、と言うことが前者の記事にはあります。


オードリーがブレイクしたころ、幼い息子さんが

「大きくなったら春日になりたい」

と言っているお母さんのブログを読んだことがあります。

その時はその子供独特の荒唐無稽な発想に大笑いしましたが、今では、そう言われてもおかしくない事態になっていると感じられます。


なお、春日はさる3月末に所沢観光大使の任期が切れるはずでしたが、その任期延長の委嘱式を行っていたそうです。

所沢市役所「オードリー春日俊彰さん観光大使任期延長の委嘱式を行いました」へのリンク


4.「俺の~」シリーズ

先週

「俺の抹茶プリン」

と言うものを買いました。

20150524俺の抹茶プリン画像

これはファミリーマートの「俺の~」シリーズの新商品で、これまで、

「俺のプリン」「俺のコーヒーゼリー」「俺のプリン&パフェ」「俺の丼プリン」「俺のティラミス」

とかの大盛りスイーツが発売されています。

スイーツ以外にも

「俺の豚玉焼き」

と言うような名前のお好み焼きもあります。

「男の料理」

のことを考えているうちに、ふとこのシリーズのことが思い出されたので、ここに書きました。

私はこのシリーズのファンなので、ほとんど食べています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ホークス】TOKYO MX視聴者が選んだイケメン投票に、やはりあの人がランクイン

20150524ホークスイケメンランキング画像

(5月17日?だったかのTOKYO MX局のホークス戦中継でのイケメン投票の結果)


今シーズン、TOKYO MX局の福岡ソフトバンクホークス戦中継「パ・リーグ応援宣言!ホークス中継2015」では、番組中にさまざなアンケートを募っています。

最近おもしろかったのは、

「ホークスの選手で一番イケメンなのは?」

と言うものでした。

これは2日間にわたって行われ、初日は女性のみを対象にしたアンケートで、2日目は男性のみでした。

トップに置いた画像は2日目のものです。

トップが柳田選手、2位が今宮選手なのはまあ順当として3位に入ったのは…

城所龍磨選手!!


ちなみに前日の女性目線からのものでは4位だったそうです。


私もそうですが、なぜだかマニアックなファンが多いとされる城所選手ですが、こんなところでも人気があるとは、と驚きました。

正直なところ、投票した人は本当に城所選手のことを「イケメン」と思っているのかなぁ…

でも嬉しいです。


なお私が投票するとしたら…五十嵐投手かなぁ…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

祝!近藤真彦デビュー35周年記念盤「三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲」発表記念~80年代のマッチと21世紀のマッチ


近藤真彦 / ギンギラギンにさりげなく 投稿者 jrapaka4

(「ギンギラギンにさりげなく」のたぶん紅白歌合戦での動画

 初出場とういうことは1981年のものでしょう)


つい最近まで、自分の中で「マッチ」と言えば近藤真彦でした。

特にファンではないですが、同じ時代の人なので、そう思ってしまうのは自然のことだと思います。

最近、その近藤真彦のことを書きたくなることがあったんですが、そんな矢先、彼のデビュー35周年記念のセルフカバーアルバム

「三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲」

が出ることを知りました。

近藤真彦が歌った歌の中で、伊集院静(作詞家としての名前は伊達歩)が手掛けた全24作品を、あらためて収録しなおしたものだそうです。

どんな曲が収録されているのか、興味があったのでいくつかのサイトで調べてみたのですが、起稿時点ではまだ発表されていないようです。

Wikipediaの「近藤真彦」のディスコグラフィで調べてみたところ、こんな曲が伊集院静のものによるのだそうです。

「ギンギラギンにさりげなく」

「情熱☆熱風☽せれなーで」

「真夏の一秒」

「愚か者」

案外有名どことは少ないんだな、と思いました。


しかし、近藤真彦と言えば、やっぱり「ギンギラギンにさりげなく」が代表曲だな、と私は思います。

最近私の中で「マッチ」と言えば、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手なんですが、(たぶん今シーズンから)打席に入る時の曲を「ギンギラギンにさりげなく」にかえています。

21世紀のマッチが、80年代のマッチの曲を使うのはたぶん初めてだと思うんですが、客観的にも代表曲はこの曲なんだな、と確認できることでした。



「三十五周年 近藤真彦×伊集院静=二十四曲」は、近藤真彦の51歳の誕生日、7月19日の発売だそうです。

今回のアルバムは伊集院静特集なので、収録はされないでしょうが、近藤真彦の曲の中で一番好きなのは、山下達郎が手がけた、この「ハイティーン・ブギ」です。

これは山下達郎に「硝子の少年」でやったように、セルフカバーしてほしいです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

電通のブラジル法人が、サッカー人気が凋落しているとなげいている…

ブラジルのスポーツ界について、ある程度の変化はあるとは思っていましたが、下のリンク先の記事にはかなり驚きました。

「電通報 - 手を使うのにフットボールなんて」へのリンク

「1試合当たりの観客数は、われわれほどサッカーの伝統を持たない中国、米国より少なくなった。」

と、ものすごい勢いでサッカーの人気が落ちていることには驚きました。

一方で

「ブラジル人がサッカーでなくアメリカンフットボールに心を奪われ始めた。」

と言うのは想像がついていました。

7月に行われるアメリカンフットボールの世界選手権に初出場しますし、ブラジル出身のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェンの夫は、NFLの歴史に残る選手、トム・ブレイディですから。

それでも

「2011年と比較してスーパーボウル視聴者は800%増加した。」

とか

「スーパーボウルを放送したブラジルESPNのハッシュタグは世界最多ツイート数を記録した。」

という現象までは知りませんでした。

これは驚くべき勢いで、ブラジルでアメリカンフットボールが普及しているということでしょう。

アメリカとくらべてほとんど時差がないことも、ブラジルにアメフトが入りこみやすくしていると思います。

そう言うブラジルでの人気上昇ぶりを受け、NFLは次々回のオールスター戦をブラジルで開催することも検討しているようです。

NFLのオールスター戦は「プロボウル」と呼ばれますが、プロボウルがアメリカ合衆国以外で行われたことは、今までありません。


私は英語が苦手なので、何を言っているのかはよくわかりませんが、ブラジルでアメフト熱が高まっていることを語る動画が、下のリンク先にあります。

Youtube「American Football 'growing rapidly' in Brazil」へのリンク


私はtwitterで「AFI Review(@AFIReview)」と言うアカウントをフォローしています。

このアカウントは、世界のアメリカンフットボールの情報をツイートしてくれます。

そのツイートでは、よくヨーロッパのアメフトのことをよく見ます。

その次によくみかけるのが、ブラジルのアメフトのような気がします。

確実にブラジルでのアメフト熱はあがっていると感じます。


世界のアメリカンフットボールを統括する組織、IFAF(International Federation of American Football)の出した昨年のランキングですが、下記リンク先にあります。

「IFAF Rankings Senior Rankings」へのリンク

最新のランキングで、昨2014年6月7日時点のものです。

この時点でブラジルはランキング対象国38チーム中18位。

しかし今年1月に行われた、世界選手権南米予選では、14位のパナマを26-14で倒して南米代表の座をつかみました。

アメリカンフットボールで、18位のチームが14位のチームに勝つことはそんなに驚くべきことではないかもしれません。

一方で、ブラジルのアメフトが進歩したという見方もできるでしょう。

私の印象だけで書かせてもらいますと、ブラジルのアメフトはこれからだと思います。

今、日本(世界ランク2位)と対戦しても50点差ぐらいはつけられて負けるんじゃないかな、と予想します。

でも、ブラジルと言う国には、本気でやればどんなスポーツでも強くなるような印象がありますから、そう遠くない未来に、ヨーロッパの強豪国を抜くんじゃないかと思います。



(アメリカンフットボールのブラジル対パナマのダイジェスト動画)


なお、日本が世界ランク2位と書きましたが、ファンの数は世界的に見て少ないようです。

下のリンク先の記事に、アメリカ以外でNFLを多く見ている国のTOP10がランクされています。

「Top 10 Countries With Most NFL Fans Outside the US」へのリンク

2015年2月のものですが、アメリカの次はメキシコで、その次がカナダを抑えてブラジルとなっています。

ここからも、ブラジルのアメフト熱の高さを知ることができます。


そして、日本は10位には入っていません。

アジアでランクインしているのは韓国だけです。

韓国は戦力のランキングでは8位ですが、人気はカナダにつぎます。

たぶん2005年のスーパーボウルで、韓国人の母を持つ選手、ピッツバーグ・スティーラーズのWRハインズ・ワードがMVPに輝いたことが大きいと思います。

他の資料でみた日本の人気ランキングは、中国にも劣るものだったと記憶します。

(逆にみると、これだけ人気がないのに、世界でアメリカに次いで強いとされている日本の戦力は、とても驚異的だと言えるとともに、なんでこんだけ世界的に強いスポーツが、国内で見られないのかが不思議でたまりません)


最後に、はじめにリンクをはった記事に戻ります。

その記事の最後には

「試合中99%の動作を手で行うスポーツを、なぜ「フット」ボールと呼ぶのか。私は非常に困惑している。誰か、米国人に教えてやってくれないか。フット、足というのは身体の下の方にあるものだ。そんなに上の方についてるものの名ではない、と。」

非常にユーモアに富んだ締めくくりで、クスリとさせられます。

ただ私自身は、アメリカンフットボールにそんな疑問を持ったことはないですし、逆にその99%の残りの1%の足を使うプレイ、つまりキッキングゲームと呼ばれるものが、非常に大事だったりしますので。

やっぱりこの競技は「フットボール」だと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

第16回世界剣道選手権大会を前に~The 16th World KENDO Championships 2015

20150523第16回世界剣道選手権大会ポスター

(『SLAM DUNK』(スラムダンク)『バガボンド』を描かれた井上雄彦氏による第16回世界剣道選手権のサイトの画像

 左半分は公式ポスターとして使用されています)


今週末5月29日から31日にかけ、第16回世界剣道選手権大会が日本武道館で行われます。

そのことについて、いくつか書かせてもらいます。

1.開催情報と情報サイトへのリンク

1)公式サイト

以下の2つがあって、強いて違いを言えば、前者が日本語で、後者が英語表記が前面に出ている、と言うことだと思います。

「第16回 世界剣道選手権大会」へのリンク

「16th World KENDO Championships」へのリンク

後者では、剣道用語について、英語ではこう言うのか、と言う楽しみ方もできそうです。


2)スケジュール

5月29日(金) 9:00から開会式、および男子個人戦

5月30日(土) 9:00から女子個人戦、女子団体戦

5月31日(日) 9:00から男子団体戦


3)試合経過を追うには

下記サイトに、全日本剣道連盟公式のソーシャルメディアサイトへのリンクがあります。

これらを追って行けば、経過はわかるものと思われます。

全日本剣道連盟「公式ソーシャルメディア KENDO HEADLINE」へのリンク

このうちUSTREAMは当日中継があるかどうかはわかりません。

また、このサイトには載ってませんが、画像投稿サイトのインスタグラムのアカウントもあります。

Instagram「全日本剣道連盟 全日本剣道連盟公式アカウント」へのリンク

twitterで経過を追う場合、以下のハッシュタグで検索すれば、一般の方の投稿も見ることができると思います。

「 #剣道」 「 #kendo」 「 #16wkc」


また、公式サイトではないですが、こちらのサイトもお勧めです。

「剣道情報総合サイト LET'S KENDO」へのリンク


2.日本武道館で行われることの意義

3年に1回行われるこの大会、日本での開催は1997年以来で、東京の日本武道館での開催は、1970年の第1回大会以来だそうです。

こちらに第16回世界剣道選手権大会の告知動画があります。



この中で強くアピールされているのは、日本武道館を「武道の聖地」として、そこで開催されること、そこで競技に参加できることの喜びです。

2年前に、アメリカで相撲に携わっていた方からこのような内容の話しを聞きました。

「日本から見た外国で相撲をしている人たちは、日本に行きたいのです。

日本の相撲部屋で稽古し、相撲部屋でちゃんこ鍋を食べたいのです。

だから、相撲の世界大会は日本で開かれるべきなのです」

世界のスポーツや競技では、もはやその母国固有の文化や威厳が失われたように思えるものもありますが、相撲にはまだ日本にそれが残っていることを強くアピールされていました。

剣道もまた、しかりだと思います。

世界剣道選手権は男子と女子の個人と団体の四つのパートがありますが、2006年の男子団体以外は、これまですべて日本が優勝しています。

そう言ったことを考えると、日本と言う国は剣道を行う剣士の方々にとっては特別な地であるはずです。

そのなかでも特別な地、日本武道館で45年ぶりに開催されることは、とても意味深いと思います。


3.大会前に思うこと

主観ではありますが、日本が絶対的王者だった時代はとっくに終わっているようです。

これまでに何度も書いてきたことなんですが、私が世界剣道選手権大会に興味を持ったのは2006年の大会で、史上初めて日本をくだした、アメリカチームの一人の特集記事を読んでからだと思います。

こちらには、その時敗れた日本チームの高鍋進選手の特集があります。

「世界選手権・団体戦 日本が初めての敗北 3つの教訓、再び日本代表へ 剣道 高鍋進さん(神奈川県警察 錬士七段) WEDGE Infinity(ウェッジ)」へのリンク

この記事は負けた側からの記事で、それはそれで大変ためになるのですが、私が当時読んだのは、そのアメリカ人選手(名前は忘れました)が、どうやって修行したか、が書いてあり、とても印象深いものでした。

文字だけでも、その剣士の情熱は伝わってきました。

そしてアメリカが勝った翌日、同じ道場で一緒に稽古をしていた日本人剣士から

「君の稽古はよく見ているから、君が日本に勝ったとしても何も驚かない」

と言われたそうです。

日本が負けたことは残念に思った私ですが、それを読んでからはそのアメリカの剣士に敬意を持つ気持ちの方が強くなりました。


それほどまでに研鑽を積んでいる剣士が世界にはいる、と言うことは、もはや日本が勝てない可能性が十分にある、ということでしょう。

ただ、日本人剣士がそれを黙って見ているわけではないと思います。

そう言う世界の剣士を相手に、これが日本の剣道、と言う形で勝ってほしいです。


余談ですが、こちらに、当時の掲示板があります。

「米国チームの選手達 - いちに会」へのリンク

アメリカの準優勝を祝う投稿が中心で、私も全部は読んでいませんが、次の一文は興味深かったです。

「運動神経、反射神経だけで戦う事に成れば、日本選手は不利に成る事は私には解っていました。

日本の剣道が、不動心、平常心を取り戻す稽古法に戻らなければ、又不覚を取る事に成ると思いますよ。」

なるほど~、と言うほど私は剣道のことはわかっていません。

そう言うものなのか…と言う気持ちです。

そしてこれが「心技体」と言うものかな、と思いました。


昔は剣道は、日本と近隣諸国、そして日本からの移民が多い米国やブラジルが強かったそうです。

しかし前回大会あたりから、たとえばイタリアのように、他の他の競技と同じく、普通の現地の人が普通に稽古して、躍進を遂げるようになったそうです。

ますます競技のレベルはあがって行くでしょう。


もちろん私は日本の優勝を祈っています。

そして、美しい剣道が見られること、それも願っています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015プロ野球交流戦】昨年までと変わったところ~今年は公式戦優勝はムリ



(スカパー!交流戦のCM黒田投手篇

 BGMはB'zが黒田投手のために書きおろした「RED」でしょう)


今日から「2015年度 日本生命セ・パ交流戦」が始まります。

昨シーズンから制度が大きく変わったようで、私が知らないこともありましたので、書いておきます。


1.単独チームが優勝を争うのではなく、リーグ全体で勝ち数が上回る方式へ

今年は、セ、パ各球団のそれぞれのリーグの合計勝ち数で勝敗を決めるリーグ対決方式だそうです。

交流戦優勝」と言うタイトルはなくなり、最高勝率球団として500万円が贈られるそうです。

そして、MVPは勝ち越しリーグの1位球団から選出されるそうです。

つまり、最高勝率をあげても、リーグ全体の勝ち数で下回ったら、MVPは出せない、と言うことになります。

なお、勝ち越したリーグには全球団に賞金が贈られるほか、ドラフト会議でのウエーバー優先権(2位からの指名順)が与えられるそうです。

たしかこのウエーバー優先権は、これまでオールスター戦の結果で決められていたように記憶します。

とういうわけで、記事の副題「今年は(特定チームが)公式戦優勝はムリ」となるわけです。


2.6連戦でスケジュールがタイトに

昨年までは最長で4連戦しか組まれてなかった交流戦ですが、今シーズンは3連戦を2つこなして1日休み、と言うスケジュールになりました。

このため、先発投手陣が5~6枚、しっかりそろっているチームに有利になると思われます。

とは言っても、指名打者制がないパリーグのチームにとっては、慣れないタイミングでの投手交代も考えられますので、中継ぎ陣も重視されることになるでしょう。

私が応援する福岡ソフトバンクホークスは、とりあえず先発投手のカードは6枚そろっている上、二軍にも入れ替え候補が5~6人ほどいますので、その点では有利になると言えるでしょう。

この中から1人ぐらいは、ロングリリーフを見越してあげることが考えられます。


3.開催地について

開催地は以下の通りです。

1カード目(5/26~5/28)…セリーグの球場

2カード目…パリーグの球場

3~4カード目…セリーグの球場

5~6カード目…パリーグの球場

球場は本拠地だけではなく、郡山や尾道などの地方球場での主催試合も含みます。

昨年までは横浜DeNAベイスターズなどに地方球場での開催が多かったように感じるのですが、今年はすべて横浜スタジアムでの開催となっています。

詳細なスケジュールは下記リンク先にあります。

NPB公式「2015年度 日本生命セ・パ交流戦 試合日程」へのリンク





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

早稲田大学卒投手3人が先発した結果…そして中継ぎでも1人登板

私は福岡ソフトバンクホークスのファンなので、プロ野球を見ていて、ホークスの勝ちが一番嬉しいです。

一方で母校早稲田大学の選手が活躍するかどうかも気になります。

面識はありませんが、やはり早大卒の選手にはがんばって結果を出してほしいです。


昨日の試合を前にして、ホークスはここまで北海道日本ハムファイターズに連敗。

そして昨日のファイターズの先発は早大卒のドラフト1位ルーキーの有原航平投手

いつもなら、ホークスが負けても早大卒の投手に抑えられたんならまあいいか、と思うんですが、さすがに3連敗はそうは思えません。

結果は…ホークスは2本塁打を含む6点をあげ、有原投手を5回でKO

試合も12-0で勝ちました。


その他の試合結果を見ていると、昨日は他にも2人の早大卒の投手が先発していることがわかりました。

横浜DeNAベイスターズでは須田幸太投手が6回1/3を投げ5失点したものの、今季初勝利をあげました。

ハンカチ世代の2学年上の投手だったと記憶します。

今季はこれまで3試合を投げ、全て6回を2点以下に抑えてQSを達成していたのですが、勝ち星に恵まれていませんでした。

昨日は6回まで3点に抑えていたものの、7回に2失点。

今季一番悪い内容だったと言えるでしょうが、それでも勝ちがつきました。

こういうことがあると、投手には自信になるんじゃないかとおもいます。

結果が悪くても、投げていれば打線がなんとかしてくれる、と。

なお、須田投手のあとを継いで1回2/3を無失点に抑えたのが、松坂世代の慶應義塾大学卒の長田秀一郎投手だったのは面白いな、と思いました。


広島東洋カープでは福井優也投手が4回で5失点し降板。

その後味方が逆転してくれたので敗戦投手とはなりませんでした。

今シーズンはここまでローテーションを守っているようで現在3勝1敗。

ハンカチ世代で最も注目されていなかった投手、という印象がありますが、今シーズンは一番活躍しているように思います。


これら3人の先発投手に加え、もう1人早稲田大学卒の投手が投げました。

埼玉西武ライオンズの大石達也投手です。



(大石達也投手の動画)

ハンカチ世代で最も力があると言われていた投手ですが、昨年は登板なしに終わっていました。

昨日は今シーズン初の登板で、2点ビハインドの7回二死無走者の場面で登場。

ペーニャ選手を空振りに抑えると、続く8回もピンチは招いたものの、なんとか無失点で抑えました。

ライオンズ投手陣はこのところ不調が続いていて、得点力のあるライオンズ打線でも、その失点をカバーできていないように感じます。

大石投手が昨日のような活躍を見せてくれれば、かなり力強い存在になると思います。


本当は他にも早大卒の投手が投げているかもしれませんが、私が把握できたのはこの4人まででした。

この他に密かに期待しているのがライオンズの松下健太投手

独特のフォームが印象的な投手なんですが、なかなか一軍に上がってきてくれません。

昨シーズンは一軍登板なし。

今シーズンもファームで防御率6点台と苦労しているようです。

一軍の試合で、あのフォームを見るのを楽しみにしているんですが…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年5月24日】「オードリーのオールナイトニッポン」のこと



(ハガキのコーナーで若林が歌った歌の原曲

 安田美沙子のCM

 若林は歌下手をかなり解消したように思えました)


2015年5月24日の「オードリーのオールナイトニッポン」のことを書きます。

今週は5月20日水曜日の収録でした。

なお、来週は生放送だそうですが、広島からお送りと言うことで、投稿特にハガキは、できれば金曜16時までに、送ってくださいとのことでした。


今回は若林トークの後半から、久々に生で聴きました。


1.漫才の審査が終了し、次のお題へ

若林が以前募集していた漫才のネタですが、袋2つ分ぐらいあったのをやっと読み終わったそうです。

そして、その中で気になった人には、すでに次のお題を発送しているそうです。

ですから現時点で若林からなんの連絡もない人は、次回よろしくお願いします、ということでした。


2.今昔庵のナポリタン

春日が「駆け込みドクター」の収録に5分遅れたそうですが、それは、今昔庵のナポリタンを食べていたからだそうです。

私は知らなかったのですが、今昔庵は祖師谷大蔵(とんねるず木梨憲武の実家「木梨サイクル」、と春日の母校日本大学商学部がある街です)の東京メディアシティと言う建物の中にあるレストランで、芸能界では有名な店のようです。

下のリンク先に情報がありますが、興味のある方は一読してから行った方がいいな、と思いました。

Yahooロコ「今昔庵」へのリンク


3.若林トーク

昨日放送された「IPPONグランプリ」でふがいない結果に終わったことの件を話していました。

「このANNの放送が生だったら、出待ちの人に生卵を投げつけられていたかもしれない。

 収録で良かった。」

と言っていました。

春日は「ああ、王監督状態ね」と言っていました。

1996年、弱小福岡ダイエーホークスの王監督(当時)に生卵が投げられた事件については、下記リンク先をご参照ください。

「ダイエー・王監督、生卵を投げつけられる|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|今日は何の日?」へのリンク


「IPPONグランプリ」の途中、メンタルに重傷を負った若林は、久々にタバコを吸おうかと思った、と言っていました。

私の周りには、イライラのあまりタバコを再開した人は何人もいますが、そう言う人を見ていると、自分が禁煙してもまたひょんなことで再開してしまうんじゃないか、と思い、今の今まで私は禁煙できないでいます。

まあ、いいわけですけどね。


4.春日とパラダイスで「地獄」を見る

春日トークは、ゴールデンウィークの最中に、中川パラダイスと新宿歌舞伎町の相席居酒屋に行った話しでした。

お目当ての相席居酒屋は大混雑で入れず、客引きにあって入った似たような相席居酒屋で王様ごっこ。

最後はパラちゃんと春日がディープキスする羽目になったそうです。


トークの中で

「歌舞伎町の客引きについて行くのは怖い」

と春日が言っていました。

私もゴールデンウィークの最中に歌舞伎町でNFL好きの人たちと飲んだのですが(ちなみに今年に入って酒を飲んだのは、家庭内も含め、この1回だけです)、南口から出て東口に行く途中に、こんな看板を見かけました。

20150524新宿南口の客引き危険看板の画像

独身のころ、飲みに行くと言うと新宿が多かったのですが、久々に来て、こんな看板がたつほど物騒なことになっていたのか、と驚きました。

と同時に、よくあの頃は無事だったな、とも思いました。


また、「ゴールデンウィークの最中で店が混んでいた」と春日は言っていましたが、街の中も混んでいました。

連休なんだから、多くの人が旅行とか遠出をしていて、街中はすいているもの、と思っていたんですが…

それとも、「遠出の旅行」の行き先が、たまたま東京だったのかもしれません。

春日たちと相席になった女性たちのことを、

「わざわざ大宮(埼玉県)から出てきてくれた」

と言ってましたし。

でも、大宮から新宿って、普通のサラリーマンにとっては、全然無理じゃない通勤圏だと思うんですが。


ちなみに、私の方の飲み会では

「若林さんのお父さんは、サンフランシスコ49ナーズのファン」

と言うことがちょっとした話題になっていました。


5.「実録!春日学部」

・自分のファンのことを、「カース女子」と呼んでいる

 「K」と入った赤い帽子をかぶっているそうです。

 来週、「カープ女子」の総本山広島からの放送ですので、タイムリーな投稿だと思いました。

・台所にウォーターサーバーを設置した

 うちは決して裕福ではないですが、レンタルのウォーターサーバーを置いています。

 普通に水を買うのと同じぐらいの費用です。

 一番の目的は、非常時の水の確保です。

「まだまだカース女子がうるさいので、春日学部を続けます」

とのことでした。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球オールスター】大谷と中田翔が対決、なんて風にチーム作りを変えるのはどうだろう?

2015年シーズンのオールスター戦のファン投票が始りました。

プロ野球のオールスター戦ですが、セパ交流戦もなんとか定着してきましたし、違うリーグのスター選手との対戦、と言う面からは、意義が薄くなってきたように思いますす。

日本プロ野球のオールスター戦は、MLBのオールスターゲームをならったものです。

MLBでオールスターゲームが始まったのは、野球ファンの少年から

「ベーブ・ルースとカール・ハッベルの対決が見たい」

という趣旨の投書があったから、というのが一般的な由来です。

当時ルースはニューヨーク・ヤンキースの主砲であり、ハッベルはニューヨーク・ジャイアンツ(現サンフランシスコ・ジャイアンツ)のエースで、ヤンキースとジャイアンツは所属リーグが違うため、ワールドシリーズに進出しないと、2人の対戦はあり得ませんでしたから。

その時から長い間は、オールスターゲームには違うリーグの選手が対戦する、と言う意義がありました。

しかし前述のように、交流戦が始まって、薄くなったように感じます。


そこで、

同じチームの一流選手同士が対戦する形で、オールスター戦をやってみるのはどうかな?

と考えます。

例えば、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平投手と中田翔選手の対戦とか、けっこう魅力的だと思うんですが。


実はプロアメフトリーグのNFLでは、このようなオールスター戦が実現しています。

詳しい編成方法はよく知らないのですが、2人の有名OBが両チームのキャプテンが、オールスター戦に出る候補者の一覧から、ドラフトのように選手をピックアップして行くのです。

このため、同じチームの選手が、オールスター戦では敵味方に別れる、ということも普通にあります。


この方式に習わないとしても、プロ野球で同じチームの選手が対戦するのを見てみたいです。

全面的に変えるのは無理でも、3試合ある年は1試合ぐらいこんな風にしてみるのもおもしろいと思います。

チームを作るために、選手をピックアップする光景を、ドラフトのようにテレビ中継とか動画配信すれば、またそれもおもしろいと思います。

新たな収益源になるかもしれませんし。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】「ミラクルプレイTOP10」に見るNFLの歴史的プレイ~「National Football League lore」と言うサイトのすすめ



(NFL JAPANの「ミラクルプレイTOP10」と言う動画)

NFL JAPANの動画サイトに

「ミラクルプレイTOP10」(原題:TOP 10 Miraculous plays of all-time)

と言う動画があります。

タイトル通り、このれまでのNFLの歴史の中で起きた、奇跡的なプレイを集めたものです。

この10個のプレイには、ひとつを除いてニックネームがあり、そのほとんどに英語版のWikipediaのサイトがあるほど有名なものばかりです。

簡単ではありますが、ひとつひとつの解説を書いておきます。

出典はWikipedia(英語版)の「National Football League lore」です。

10位:River City Relay (2003年12月21日: ニューオリンズ・セインツ対ジャクソンビル・ジャガーズ)

この試合を落とすとプレイオフが絶望となるセインツは、7点をリードされた残り7秒からのプレイで、ラテラルパス(後方へのパスで、い一つのプレイの間に何回やってもかまいません)をつないで、TDをあげた奇跡的なプレイです。

ラテラルパスがこんなに決まるのは、後述する3位のものを除けば、なかなかないです。

TDで1点差まで迫り、さあ延長戦、と言う直前、名キッカーのジョン・カーニーがエクストラ・ポイントのキックを失敗し、このプレイの甲斐なく、セインツはプレイオフを逃すことになりました。

なお、「リバーシティー」とはジャクソンビルのことで、スーパーボウルがここで開催された時には、滞在者のためのホテルの数が少ないので、川に豪華客船を浮かべ、ホテル代わりとしました。


9位:The Fail Mary (2012年9月24日:グリーンベイ・パッカーズ対シアトル・シーホークス)

7-12でリードされたシーホークスは、残り8秒からルーキーQBラッセル・ウィルソンがヘイルメアリーパスを投げ、これが成功。

逆転勝ちとなりました。

ただしこの試合は注釈が多いもので、まず正規の審判員がストライキの最中で、能力が劣るとされる代替審判員によって運営されたこと。

その審判のうち2人は、このヘイルメアリーパスに対し、パス成功と、パスインターセプトの異なる判定を同時にとっさにくだしたこと。

さらに、ボールをキャッチした選手が、ここに走りこむ前にオフェンシブパスインターフェアランスの反則を犯していたことを、のちにNFLが認めたこと。

などなどが問題になり、この結果、正規の審判員とNFLとの契約交渉が進展する結果となりました。

こう言う「歴史を動かしたプレイ」ではあると思います。


8位:グリーンベイ・パッカーズ対ミネソタ・バイキングス(2000年)

これは「National Football League lore」に名前が載っていませんでした。

しかし有名なプレイです。

QBブレット・ファーブからWRアントニオ・フリーマン(だと思います)へのパスで、フリーマンは倒れながらもボールを確保し、起きあがって走りだし、TDとします。

フリーマンが倒れているときにでも、ディフェンスの選手がタッチしていれば、その時点でプレイが終了するのですが、NFLのルールでは転倒しただけではプレイ終了とならず、ディフェンスの選手のタックルや接触による転倒や、転倒中にタッチや接触がないと、プレイは終了となりません。

ここが日本やカレッジと違うところで、こちらではどう言う理由であれ、転倒すればその時点でプレイ終了です。

ちなみに、オフェンスはひざをつくことで、プレイを終わらすことはできます。


7位:The Hail Mary (1975年12月28日: ダラス・カウボーイズ対ミネソタ・バイキングス)

ヘイルメアリーパスのもっとも劇的とされるプレイのようです。

残り32秒からカウボーイズの「キャプテン・カムバック」ことQBロジャー・ストーバックがエンドゾーンに投げたパスは、ドリュー・ピアソンへの50ヤードTDパスとなり、カウボーイズに逆転勝ちをもたらすことになりました。


6位:The Sea of Hands (1974年12月21日:マイアミ・ドルフィンズ対オークランド・レイダーズ)

レイダーズの残り24秒からの逆転TDパスで、ほぼサックされた状態から、3人のディフェンスの選手の手をかいくぐって成功させたところから、「The Sea of Hands」(手の海?)と呼ばれているものだと思います。

これはディビジョナルプレイオフゲームで、ドルフィンズは過去3年続けてスーパーボウルに出場していて、2連覇中だったのですが、この敗戦で4年連続出場はなくなりました。


5位:Holy Roller (1978年9月10日:オークランド・レイダーズ対サンディエゴ・チャージャーズ)

ビハインドにあったレイダーズですが、残り10秒からQBケン・ステイブラーがファンブル。

そのボールをレイダーズの2人の選手、ピート・バナザックとデビッド・キャスパーがリカバーしようと奮闘するうちに、逆転のTDとなった、と言うプレイだそうです。

このプレイにはのちに「ボールを前進させるためにわざとボールを前方に転がしたのではないか」と言う疑惑がつき、このため、ファンブルに関するいくつかの規定ができたそうです。


4位:The Miracle at the Meadowlands (1978年11月19日: フィラデルフィア・イーグルス対ニューヨーク・ジャイアンツ)

「メドウランドの奇跡」と和訳された有名なプレイです。

17-12でリードしていたジャイアンツですが、時間つぶしのためにランプレイを行ったところファンブル。

そのボールをリターンTDとされ、逆転負けを喫したゲームです。

私の和訳が間違っていたら申し訳ないのですが、Wikipediaによると、当時はまだニーダウンが時間つぶしの手段として一般的ではなかったため、こういうことが起きたようで、これを機に、普及したようです。


3位:Music City Miracle (2000年1月8日:バッファロー・ビルズ対テネシー・タイタンズ)

リードされていたタイタンズは、残り16秒でビルズのキックオフをラテラルパスなどでつないで、逆転のTDとしました。

ただし、フランク・ワイチェックからケビン・ダイソンへのラテラルパス(動画の02:31あたり)は、後方に投げていないのではないか、つまりキックオフリターンでは禁じられているフォワードパス(前方へのパス)ではないかと物議をかもしましたが、ビデオリプレイの結果、ラテラルパスであるとの判定が下されました。

私は何度も別の角度からの動画を見ましたが、ラテラルパスだと思います。


2位:The Helmet Catch (2008年2月3日:ニューヨーク・ジャイアンツ対ニューイングランド・ペイトリオッツ)

第42回スーパーボウルでの、ジャイアンツ最後のドライブで起きたものです。

10-14でリードされていたジャイアンツは、残り2分前後から始まったこのドライブが失敗 すれば敗戦、という状況でした。

このプレイはQBイーライ・マニングが、サックされそうになったのをかいくぐって投げたもので、それをデイビッド・タイリーがヘルメットにボールを押し付けるようにしてキャッチしたものです。

この動画の10個のプレイの中で、唯一私がリアルタイムで見ていたもので、どちらかと言えば、マニングがサックを逃れて投げたことの方に驚きました。

ジャイアンツはこのドライブを逆転のTDパスに結び付け、大方の予想を裏切り、ペイトリオッツの「パーフェクトシーズン」を阻止しました。


1位:The Immaculate Reception (1972年12月23日: オークランド・レイダーズ対ピッツバーグ・スティーラーズ)

6-7でリードされていたスティーラーズは残り22秒、自陣40ヤードの4thダウン10ヤードで、QBテリー・ブラッドショウがロングパスを投げます。

ボールはブラッドショウが狙った選手の手には入りませんでしたが、はね返ったボールをRBフランコ・ハリスがキャッチ。

そのままエンドゾーンへ駆け込み、逆転のTDとしました。

このプレイに対するファンの思い入れは強く、たしか今でも、ピッツバーグの空港には、このボールを捕る直前のハリスの像があると聞いたことがあります。

一方でレイダーズ側は、ハリスのリターンの最中にクリッピングの反則があった、と主張しているようです。

なお、「Immaculate Reception」とは、キリスト教のカトリックで使われている「無原罪の御宿り(Immaculate Conception)」からきたものです。


「National Football League lore」のすすめ

前述しましたが、これらのプレイはWikipedia(英語版)の「National Football League lore」で調べて書きました。

このサイトには、これまでNFLで起きた記憶されるべきプレイやゲームがたくさん載っています。

NFLの歴史を知りたい人には、たまらないサイトだと思います。

なお、「National Football League lore」に記載がある中で、この動画にランクインされてもよかったんじゃないか、と個人的に思うものの中に、以下のものがあります。

・The Catch (1982年1月10日:ダラス・カウボーイズ対サンフランシスコ・49ナーズ)

・4th and 26 (2004年1月11日:グリーンベイ・パッカーズ対フィラデルフィア・イーグルス)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】祝!!ホールド日本記録達成~バリオスをぜひオールスターへ

バリウス投手のホールド記録達成の動画

【動画】【8回表】藤川球児に並んだ!! ホークス・バリオス プロ野球記録17試合連続ホールド!! 2015/5/20 H-Bs - プロ野球 - スポーツナビ「パ・リーグTV」へのリンク


福岡ソフトバンクホークスのエディソン・バリウス投手は、5月20日の対オリックス・バファローズの試合でホールドをあげ、2005年に当時の阪神タイガースの藤川球児投手がマークした、17試合連続ホールドの日本記録にならびました。

ヒーローインタビューでは

「まさか自分が開幕時に一軍に残って、しかも連続ホールドを達成するとは思わなかった。」

と言っていたようです。

バリオス投手のヒーローインタビューの動画



たしかに、連続ホールド記録なんてだいそれたことをするとは多くのホークスファンは思わなかったでしょう。

私もそうで、最初調子よく抑えていたものの、いつまで続くかなぁ…と思っていました。

途中途切れてもいいから、高確率で抑えてくれればそれでいいと思ったんですが…


正直、この時期まで一軍に残っているとは思いませんでした。

たぶん他のホークスファンもそうだと思います。

ちょっと調子を崩したらファームに落とされ、大器と期待される、リック・バンデンハーク投手にとって代わられるんじゃないかなぁ…と思ってましたが。

そう言う隙を見せませんでした。

5月4日の千葉ロッテマリーンズ戦でリードは守ったものの2失点したときが、記録についても、一軍の立場についても最大の危機だと思いますが、翌日2イニングをなげ零封し、前日の2失点はたまたま、ということを見せつけてくれました。


こうなったら日本新記録はもちろん、交流戦でも活躍し、

ホークスにバリオスあり」

と言うのを見せつけてほしいと思います。


2ちゃんまとめサイトの中に、こんなコメントがあります。

「ソフトBバリオス 16連続ホールド プロ野球記録に王手! - 鷹速@ホークスまとめブログ」

にこうあります。

「バリオスオールスターに出させてセリーグの選手とファンから「誰やこの外人…?」ってさせたい」

激しく同意ですなぁ…

オールスターの前に交流戦がありますから、ぜひその場で。

2~3年前の交流戦で、千賀投手が絶好調でガンガン三振を取っていた時

「誰やこの千賀っていうヤツ」

と話題になりました。

そんな風になってほしいなぁ…


なお、その千賀投手は先発投手としてファームで投げ続けていて、いまだ防御率0.00だそうです。

こちらも期待大です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

米軍の「透明化スーツ」開発の記事を読んで思ったこと

2ちゃんまとめサイトで、こんなものを読みました。

痛いニュース(ノ∀`):米軍、戦場で兵士の姿を見えなくする「透明化スーツ」を開発中…今後18か月以内にプロトタイプの試験実施

タイトル通りの内容だったんですが、これを読んで思ったことをいくつか書きます。

1.技術を進歩させるもの

このまとめ記事の中で、こんなツッコミがありました。

「人間って戦争とエロで進歩するんだな 」

まさしくその通りだと思います。

軍事が技術を進歩させる、ということについては、前々から思っていたことで、特に同意します。

いいか悪いかは別にして、歴史をひもとけば、そのことがわかります。

それは当然のことでしょう。

国家、と言いますか政権にとって、戦争に勝って生き残るというのは、まず第一に優先されることのひとつだと思いますから。

たとえば、私はTwitterやSNSの言葉で力を得て、がんばろう、と思うことがありますが、そもそもそえれをささえるコンピューターとインターネットは、軍事技術から転用されたものです。

医療技術や薬なども、軍事研究の産物、あるいは副産物であるものもあるでしょう。

具体的には、即あげられるものはありませんが


2.フィラデルフィア実験

この記事を読む前に、見出しだけを見て思い出したのが

フィラデルフィア実験

でした。

おおざっぱに言えば、第二次世界大戦のころ、米軍が、艦船のステルス化などを目的として行ったもの、と言われています。

ただし、そんな実験が本当に行われていたかどうかは、定かではないようです。

ちょっと話しはそれますが、最近Googleでフィラデルフィアに関する何かを調べようとした時

「フィラデルフィア」

まで入力したら、予測検索で

「フィラデルフィア実験」

が最初に出てきたことでした。

他にも、ロッキーとかフィリーズとかイーグルスとかあるだろうに…

と驚きました。


3.開発したら終わり、ではないはず

記事中のコメントでもつっこまれてましたが、透明化スーツができても、それを暴く技術とのイタチごっこになると思います。

そして、この透明化にメリットが少ない、あるいは暴くことのメリットが少ない、と思われたら、そこでこの「兵器」の進歩は終わるでしょう。

そして民間に転用されることも考えられます。

警察の捜査とか…

それを暴く技術は小さな犯罪者には入手できない大がかりなものかもしれませんから、まだ有用でしょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「女性に聞いた!男性が何を言っているか分からなかったスポーツTop5」と言う記事がおもしろかった

先週末、エアレースと言うものを生まれて初めて見ました。

そういう「スポーツ」があるなんて知りませんでしたし、ルールなんかも全然知りませんでしたが、見てるうちにだんだんわかりました。

放送では、いくつかレースを見せたあと、ルールを説明するコーナーがありました。

なじみのないスポーツを説明するには、とても良い手法だと思いました。


それはさておき、ちょっと前にこんな記事を読みました。

マイナビ「ちゃんと説明したらモテる?女性に聞いた!男性が何を言っているか分からなかったスポーツTop5」へのリンク

この記事から引用しますが、結果は以下の通りです。

第1位 サッカー……39人(45.3%)

第2位 野球……36人(41.9%)

第3位 アメリカンフットボール(アメフト)……4人(4.7%)

第4位 プロレス……3人(3.5%)

同4位 ラグビー……3人(3.5%)

予想通りアメフトが堂々上位にランクインされていましたが、サッカーや野球は意外でした。

でもわかる気はします。

この記事を読んだ翌日に、野球で、とても珍しいことが起きました。

広島東洋カープが、インフィールドフライの後の三塁走者のホームインで、讀賣ジャイアンツにサヨナラ勝ちしました。

このときの動画がこれです。



そして解説がこちら。

「広島の珍勝利呼んだ石井Cが解説 「球審が宣告してなかった。それが全て」(Full-Count) - Yahoo!ニュース」へのリンク

私は野球については、一般の人よりはやや良く知っているほうだと思います。

もちろん、インフィールドフライぐらいは知っています。

ですが、詳細は解説記事を読まなければわかりませんでした。

(結局、球審が混乱していたのが、試合がもめた一番の理由です。

 「あせっていた」と語っていたそうですが、そう言うことを堂々とコメントする神経はいかがなものかと思います。)

この顛末を、プロ野球OBが語った動画がこちらです。



三塁走者はタッチアップしているようには見えませんでしたが…

それはさておき、こう言う熱い話しをされると

「男性が何を言っているか分からなかった」

と言うことになるんでしょう。


客観的に見て、野球は難しいスポーツです。

そのルールブックは、アメフトのルールブックより分厚い、と聴いたことがあります。

前述のようなプレイがあることを見ると、それだけ厚くてもしょうがないと思います。

ですが、野球は日本では一番メジャーばスポーツで、老若男女を問わず、多くの人が見ています。

結局、細かいことを知らなくても楽しめるのです。

ですから、ちょっと詳しい人が野球を熱く語ると、「何を言っているか分からない」と言うことになるのでしょう。

浅く広く知られているだけに、第2位にランクインされているのだと思います。


サッカーについては私自身よく知らないのですが、たぶん固有名詞を除けば、熱く語られるのを聴いても、だいたいわかると思います。

それがトップにランクされているのは、なんでか?

固有名詞もありますが、「システム」をあげられている人もいて、なるほど、と思いました。

ただ、普通に説明してもらえばわからないことはないと思うんですが。

(私もサッカーのシステムは知りません)

「わからない」と言う人は、「サッカーって簡単」と言う思い込みとのギャップに戸惑ったり、そもそもわかろうとする気がないんじゃないか、と思います。


野球とサッカーについては、ファンが多く、語る人も多いからのランクインだと思います。

3位以下は、マイナースポーツだからなんでしょう。


アメリカンフットボールについては、マイナースポーツの最たるものですが…

一方でアメリカでは群を抜いてメジャースポーツです。

わからない理由として

「どうしてもルールが覚えられない。(23歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)」

と言うのがあげられてましたが…

そもそもルールがわからないと、話しがわからない、見ることができない、と「誤解」しているところが残念だと思います。

野球のところで軽く触れたつもりですが、ルールを知らずに野球を楽しんでいる人はたくさんいます。

アメリカではメジャースポーツですが、多くの人はルールを詳細に知っているわけじゃないと思います。

知り合いの女性(日本人)は

「ルールはよく知らないけど、ボールをグラウンドの端から端へ運べばいいスポーツなんですよね。

それぐらいしか知らないけど、とてもおもしろいと思いますよ」

と言っていました。

こう言う認識でアメフトを見る人が増えればいいな、と思います。


言いたいこととは反しますが、この記事を読む少し前に、アメリカンフットボールに関するあるサイトで、こんな記述を見ました。

ある選手に関する記述です。

「長所: がっちりした体型でアスレチック能力が高い。人混みでキャッチできるパスキャッチ能力があり、遠いパスにもアジャストして確保できる。ランアフターキャッチでもタフにヤードを稼ぐ。通常のTEだけでなく、H-バックやスプリット・エンドとしてもプレーしてきた。プロデイで出した4.66秒はコンバインならTE中3位にあたる。

短所 : 身長はやや物足りない。走る姿勢が高く、スクリメージでのジャムでルートを乱されやすい。カットを切る際に鋭さがなく、相手からセパレートしにくい。ランでもパスプロでもブロッキング能力には疑問符がつく。」

さすがにここまでの表現をされると、私もすらすらとは読めないです。

でも、アメフトって、考えればわかることが多いので、一応意味は全部わかります。

このサイトは、かなり高レベルのファンの方を対象にされているから、この表現でいいのです。

どのレベルの人と話すのか、と言うことに気をつければ、

「男性が何を言っているか分からなかった」

と言うことはないと思います。

なお、もちろん女性の方にもアメリカンフットボールに詳しい方は数多くいて、もっと多くの女性の方におもしろさを知ってほしいと思われています。


そう言えば、最初にリンクを貼った記事の出だしは

「ちゃんと説明したらモテる?」

これはあながちウソではないと思います。

と言うのは、私は平凡な男ですが、アメリカンフットボールのことを知っている、と言うだけで、「よくわからんが、すごい人みたいだ」と、意味もなく一目おかれていたことが何度もありますから。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】川島選手のヒロインに自分と同じニオイを感じた〜マッチデーの松田選手の最高のプレイ



(スタンリッジ投手と川島選手によるヒーローインタビューの動画)


昨日福岡ソフトバンクホークスのヒーローインタビューは、先発して7回までを零封したジェイソン・スタンリッジ投手と、先制点となるホームランを打った川島慶三選手によるものでした。

川島選手のヒーローインタビューは初めて見るので、とても興味を持って見ました。

私はプロ野球ファンと言うよりは、ホークスファンで、他球団の選手のことはよく知りません。

川島選手のことも、昨年東京ヤクルトスワローズにそう言う選手がいることは知ってましたが、どんな選手か知りませんでした。

今日のヒーローインタビューまで、ろくに顔すら知らなかったぐらいです。


で、ヒーローインタビューですが、まず腰が低くてマジメなイケメンだな、と最初思いました。

が、だんだん、ん?ちょっと違うな、と感じるようになりました。

そしてなんの躊躇もなく「ハッピーバースデー」を歌い、最後、ラップ調で決めた時は…

あ、こういう人なんだ、と興奮しました。


そんなわけで、川島慶三選手のことをWikipediaで調べてみたら、こんな記載がありました。

「ヤクルト時代の同僚・武内晋一は「明るくて、ムードが和む。ベンチの盛り上げ役」と評価した。」

そう言う選手だったのか。

これは貴重な選手だな、と思いました。

川島選手は、これでファンからホークスの一員、と認知されたと思います。

そのことを川島選手が認識してくれて、遠慮なく本領を発揮してくれたらいいな、と願います。

そんなことはとっくにやってて、私が知らなかっただけかもしれませんが…


そして「ハッピーバースデー」を本人に歌わせた松田選手。

昨日は松田選手の誕生日ということで

「マッチデー」

とされていましたから、遠慮せず出てきて歌っても良かったと思いますが…

川島選手にまかせたのは、昨日の最高のプレイだったと思います。

前述の通り、これで川島選手は、ファンにホークスの一員と認められたと思いますから。


そしてタイトルの「自分と同じニオイ」ですが…

私の第一印象は、だいたい怖そうな人で冗談の通じない人、というものです。

本当は、しゃべることの半分以上は冗談なんですが…

しかも真顔で言いますからね。

ですから、私と知り合った人は、最初のうちは、どこからが冗談かわからなくて戸惑うそうです。

悪い言い方をすると、私はバカなんですよ。


ところで、最後ラップで決めたところですが、オードリーのファンの間では、オードリー若林はラップ好き、というのは有名な話です。

川島選手の登場曲は「今夜はブギーバック」だとWikipediaに記載がありました。

たしかオードリー若林もこの歌のことを熱く語っていたような記憶があります。


最後に、川島選手の2年ぶりのホームランの動画を貼っておきます。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年5月17日】「オードリーのオールナイトニッポン」 ~回線ダウンのためあまり書けませんでした



(「第23回東京オープンボディビル選手権」大会の75キロ級に出場したときの、春日の動画)

2015年5月17日の「オードリーのオールナイトニッポン」 のことを書こうと思うのですが…

昨日の朝から神奈川県全体で、私が利用しているプロバイダの回線がダウンしているそうです。

つまり、パソコンがインターネットにつながらない状況です。

そんなわけですので、4G回線を通じてiPhoneから書いています。

iPhoneと言いますか、スマホでは長い記事を書くのは、いろいろと難しいので、今回は放送の内容は短めで、あらかじめ用意していた文章が多めになると思います。

都合のいいことを書きますが、どこまでがあらかじめ用意していたものか、放送後に書いたものはどの個所か、を推測されて読んでいただくのもいいかな、とも思います (^_^;)


なお来週は収録のようで、「メールは水曜までに」と言ってました。


1.春日トークのボディビルの件で、印象に残ったこと

今週の放送でもっとも期待したのは、春日が「第23回東京オープンボディビル選手権」大会の75キロ級に出場し、5位入賞を果たしたことについてでした。

印象に残ったことは次の二つでした。

・「なかやまきんに君と同じステージに立てて、涙が出そうになった」(春日)

・男性と女性のポージングは、名前が同じでも内容が違うものもあること

多くのネットニュースで、春日となかやまきんに君と一緒にポージングして映っている写真がありました。

これは大会の順番で偶然にこうなったもので、メディアの要望でそうなったわけではないそうです。

私も誤解していました。

それにしても春日、なかやまきんに君のことを「尊敬している」とまで言っていました。

いろんな意味で、春日となかやまきんに君のことを考え直さねばいけない、と言う、単純ですが深い言葉だったと思いました。


2.春日のボディビルに関する評判

多くのメディアが、先週のフィンスイミングに続いて、春日のボディビルのことをとりあげていました。

その中でこんな記事がありました。

The Huffington Post「オードリー春日の肉体美「本当にガチでした」写真家もほれぼれ」へのリンク

内容は、今村操さんと言うアスリートの写真を多く撮影しているかたの、写真付きのツイートを集めたものです。

僭越ながら、写真に重厚さを感じますし、何と言っても下のツイートの言葉が、オードリーファンとして嬉しかったです。




芸能の面からみた印象が強いですが、Yahooニュースにのったコメントの一部を紹介します。

「オードリー・春日 ボディビル選手権、5位入賞に納得の笑顔 お笑いより本気?(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース」へのリンク

気になったコメントは次のものです。

「去年は半信半疑でしたが、今年は顔も体つきも 昨年とは全然違う。

 入賞おめでとうございます。

 自分の居場所は自分で作るもの どこでも輝ける注目されるのスゴイですね。」

「どうでもいいけどこの人あっちこっちで凄いですね。

 相当努力しないと出来ないことですよね。」

フィンスイミングの件と言い…

いったい春日はどこまで行ってしまうんだろう、と思いました。

そして、ひょっとしたら自分は、もう二度と現れないようなすごい人物のことを書いているんじゃないか、とも思わされました。


3.若林がロケで思ったこと

オープニングで、若林がロケである食材をみて、自分磨きの思い出のことがいろいろと思いだされた、と言っていました。

あくまでもおじさんの主観ですが、成長と時代とともに代わった「おかず」の変遷などが聞けて、とてもおもしろかったです。

印象に残ったのは、今はとてもおかずが豊富になったんじゃないか、と言うことでした。

私もそれはずっと気になっていて、本当に、まじめに、おかずの歴史を、ICTの進化とからめて、ひとつブログ記事を書いてみたい、と思うほどです。

あまり深く書くと、ただのワイ談になってしまいますから、この辺にしときます。


4.若林が嫌いだったブレィディが「デフレゲート」で窮地に

NFLのニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディに対し、先週、違法な試合球の使用に関与したとして、開幕から4試合の出場停止処分が下されました。

「デフレゲート」と呼べれているこの事件の詳細は、ものすごくめんどくさいことなので書きませんが…

かつて若林は、この番組などで

「親父も俺もトム・ブレイディが嫌い」

と言っていました。

この事件がなかったとして、と言う前提ですが、トム・ブレイディは「史上最高のアメフト選手」の一人で、確実に歴史に残ります。

(ですから、彼のプレイを同時代人として見られるのは、とても幸せだと思います)

そしてそれだけの選手なので、好かれ嫌われが激しいです。

理由はなんとなくわかりますが、誤解を生じるかもしれませんので、書きませんが。

ただ、私自身は、嫌いとまではいいませんが、「もうブレイディは勝たなくてもいいだろう」と飽きていたのは事実です。

つまり、若林親子がブレイディを嫌っていたのは、特に異常なことではなく、ネットでもよくたたかれてますし、昨年末に久々に会ったアメリカ人の女性の友人は

「あのね、I like ペイトン・マニング ね。

 そして、I hate Tom Brady ね。」

と言ってました。

(前回その方とあった時は、二人ともまだNFLにいませんでした)


ところが、昨年か一昨年かから、若林が

「なんか最近、だんだんブレイディのことが好きになってきたんですよ」

と「オードリーのNFL倶楽部」の番宣動画で言い始めました。

恥ずかしそうでしたが、嬉しそうでした。

驚きましたが、ちょっと嬉しかったです。


そしてこの2月のスーパーボウルで、ブレイディは勝ちました。

若いうちに4年間で3回かったものの、ここ数年は、2回出て、いずれもやぶれてました。

私は、ブレイディが勝つのには飽きていましたが、これだけの選手がスーパーボウルで連敗して引退、と言うのもさびしい、と思ってましたので、このときはブレイディが勝つことを願ってましたから、嬉しかったです。

そして、今度こそ、ブレイディはもういいだろう、と思いました。


そんな矢先にこのニュースです。

若林はどう思っているいんだろう?

聞いてみたいです。


5.若林が期待している「ツボネタ 」

オープニングで、若林が、今日13:15から放送される「ツボネタ」と言う番組のことを話していました。

番組サイト

「サンバリュ 「華丸大吉のTHEツボネタ ~○○の笑いのツボ狙いました~」」

によると

「お笑い芸人が挑む新たな境地!教師、美容師、プロレスラーの笑いのツボ=「ツボネタ」に挑む!相手の職業ネタで一番ウケるのは誰か?実際にあったあるあるや裏側ネタが続々」

と言う内容です。

「とんぱちオードリー」でやった「ターゲット漫才」と同じような内容に思えます。

若林は

「俺達も、ボディビルダーやキャバクラ嬢やホストとか相手にやってみたいなぁ」

と言っていました。

春日は

「それ全部、「とんぱちオードリー」でやったよ」

と言っていました。

その繰り返しが何分か続きました。

なんで若林はあんなにボケたんだろう…



追記.春日に関する批判だととられたらイヤなので、あえて追記とさせてもらいます。

春日のボディビルについては、こんなコメントもありました。

「基本的に身体が引き締まって筋肉がある人って自己管理がかなりしっかりしている人だと思う

単純に筋トレ、トレーニングだけしていりゃいいかと言うとそうでもなくて、食事管理から、休養の取り方、過ごし方まで徹底していないとあそこまでの身体には絶対ならないから・・」

これは私もそうだと思います。

ただし逆はない、とも思いました。

逆とは

「基本的に太っている人は自己管理ができていない」

と言うことです。

それは違う、と言うことは書いておきたいです。

私が知っている人で、1年間でゲキ太りした方がいます。

ある意味で社会に貢献することについて、体を張ってがんばった結果、病気になってしまいました。

それを治すために病院に通うことになったのですが、薬の副作用で太ってしまいました。

その方のことを、「自己管理する能力がない」とは、私にはとても言えないです。

世の中にはこう言う人もいる、と言うことを覚えていただければ幸いです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】「デフレゲート」に対し、トム・ブレイディやニューイングランド・ペイトリオッツにくだされた処分などに思うこと

米国時間の5月11日、「デフレゲート」について、NFLから関係者に処分が発表されました。

チームの用具係が試合で使用するボールの空気圧を規定以上に下げたことを知っていたままプレイしたとされる、QBトム・ブレイディに、開幕からの4試合を出場停止(チーム施設への入場禁止も含み)としました。

また、チームことニュー・イングランドペイトリオッツには、来年2016年のドラフト1巡指名権と2017年の4巡指名権をはく奪、そして、100万ドル(約1億2000万円)の罰金が課されました。

ブレイディ側は昨日意義を申し立てましたが、これによって処分の内容が変わる可能性もあるようです。

とにかくこの「デフレゲート」で、日本のNFLファンの間でも、今週は大騒ぎでした。

そして私はいくつかの知識と疑問を得ました。

それらのことを思いつく限り書いておきます。


1.そもそも試合で使われるボールは、誰が準備するのか?

今回の騒動の中で、私が初めて知ったのは

「NFLでは、攻撃する側のチームが、攻撃する時のボールを用意する」

と言うことでした。

恥ずかしながら、そんなことも知らずにこれまでNFLについてブログを書いていました。

最初にペイトリオッツに疑いがかかった時から、つい最近まで、ホームチームが試合で使用するボールを準備するのだと思っていました。

ちょっと前の日本のプロ野球みたいに。


2.ブレイディのサラリーから引かれた200万ドルは、サラリーキャップではどう扱われるのか

ブレイディが4試合欠場となれば、彼のサラリーから200万ドルが払われなくなるそうです。

NFLではサラリーキャップ制を引いていて、おおざっぱにいえば選手のサラリーの総合計額の上限が定められていて、厳格に運用されています。

そこで私が気になったのは、この200万ドルは、サラリーキャップの対象となる額から引かれるのかどうか?と言うことでした。

素人的な発想で申し訳ないですが、引かれるとしたら、新しく選手を補強することができます。

200万ドルと言えば2億円強と言うことになりますが、ちょっとした補強はできる額です。

この辺はどうなっているんだろうなぁ…


3.罰金よりも痛い処罰

「NFL倶楽部」の小坂紘平在米ディレクターが、興味深いツイートをしていました。




たしかに、罰金よりも、サラリーキャップを他チームより低くすると言う方が、チームにはこたえると思います。

こんな発想は初めて見ました。

あらためてこの番組と小坂ディレクターの底力を知らされました。


4.オバマ大統領には痛手となるのか?

スーパーボウルに勝ったチームには、大統領官邸を表敬訪問する権利を与えられるのが恒例となっています。

米時間の4月23日、ニューイングランド・ペイトリオッツはホワイトハウスを訪問し、バラク・オバマ大統領と会いました。

そこではオバマ大統領はいくつかのジョークを飛ばしました。

はじめに、着る服に無頓着すぎることで知られるビル・ベリチックHCをネタに

「今日はとくに、HCがドレスアップして来てくれたことに感謝する」

と言いました。

下の動画の0:17あたりです。



それに続いて0:22あたりで、こんなことを言いました。

「私はこういうイベントでは、いつもならジョークを連発するのだが、今日はペイトリオッツが来ているので、12回中11回はすべりそうだ。」

("I usually tell a bunch of jokes at these events, but with the Patriots in town I was worried that 11 out of 12 of them would fall flat," )

これは、「デフレゲート」でペイトリオッツが審判団に提出した12球のボールのうち、11球が違反球だったことにひっかけたものです。


このニュースを聴いて、私は、それはいくらなんでも不謹慎だろう、と思いました。

米メディアNBCも

「オバマ大統領は、バッド・コールをおかした」

と伝えていました。

と同時に、「デフレゲート」はもう終わった話しなのか、とも錯覚しました。

たしかに、うまいジョークだとは思いますが。


オバマ大統領は2期目なので、もう大統領選を争うことはないでしょうが、今「デフレゲート」が騒がれているところを見ると、民主党には痛手となる発言になるんじゃないか、とも思います。

と言うか、共和党にとっていいネタになるかと。

そう言う、上げ足とりをするだろう、と言う発想は、私が日本のそういう政治を見すぎてるからかもしれませんが。


5.コミッショナーに処分はないのか?

今回の処分で、私が明確に不満に思うのは、NFLのロジャー・グッデルコミッショナー自信に、何も処分が下されなかったことです。

少なくとも、私には、グッデルコミッショナーにはNFLのトップとして、少なからずNFLへの信用が落ちたことに対し、責任があると思います。

また、これは現実的な話しではないですが、調査が済むまでスーパーボウルを延期してもやむなしだったんじゃないか、とも思います。

準備とか影響とかを考えると、まずそれはできないでしょうが。

もし延期されたら、「デフレゲート」が軽々しい問題ではない、とリーグ内に知らしめることになり、間接的に再発防止にもつながることになったかも、とも思うんですが。


6」.ブレイディはもう一度勝つしかない

あくまでも今時点の私の気持ちですが、ブレイディには

彼は史上最高のQBの一人だった

と惜しまれて引退してほしいと思います。

今すぐではなく、いつか。

せっかく努力して這い上がって来たのですから。

そのためには、もう一度、今度はなんの疑いもかけられずにスーパーボウルに勝つしかないな、と考えます。

今年のスーパーボウルで、久々にブレイディが勝った時、これでブレイディは、心おきなくいつでも引退できるようになった、と思ったんですが…


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】福田選手の盗塁失敗はある意味嬉しかった理由~ホークスを変えることになるかもしれないプレイ



(福田選手の連続盗塁成功が32で止まったときの動画)


先週の話しになりますが、福岡ソフトバンクホークス福田秀平選手

2年ぶりの一軍復帰のあと、連続盗塁成功記録を32回とし、プロ野球新記録を樹立しました。

(シーズンをまたぐため参考記録扱いらしいです。

 その理由がわかりません。

 成功している、と言う数字は数字で、記録とは良くも悪くもそんなものだと思うんですが。

 別にホークスの選手のことだからこういうことを書いているわけではなく、どこのチームの選手がこれを樹立しても、堂々たるプロ野球記録だと思います。

 抜かれたのもホークスOBの広瀬叔功氏ですが)


そしてその翌日、盗塁に失敗し、記録は途切れました。

この時の状況ですが、一死二塁に福田選手で打者は鶴岡選手。

得点は0-0でした。

鶴岡選手にタイムリーを期待するよりは、犠牲フライ、なんならスクイズの方がかなり得点できる可能性が高いです。

でもまだ序盤で、三盗と言うリスクの高いことをおかす必要もないかと思います。

失敗したら、「なんでそんな無理をするんだ」と非難されることは十分に考えられます。

大事な記録は続いていますし、それを守りに行ってもおかしくはないでしょう。


しかし、福田選手は初球から走りました。

「確信を持って走ったが1歩目のタイミングが…。悔しい。(塁に)出ている以上、次の塁は狙わないと」

と後でコメントしていました。


福田選手の記録が途絶えたことは残念ですが、このプレイは

福田選手は記録のために野球をしているわけではない

と言うように解釈できて、本当に嬉しかったです。

「自分の記録よりチームの勝ちが嬉しい」と言うコメントを言う選手は少なくありません。

性根が腐っている私なんかは、それって本心かい?と思ったりします。

でも、福田選手のこのプレイはその気持ちをあきらかに具現化していて、本当に嬉しかったです。


ところで、以前書きましたが、ホークスはチーム打率の割には得点がそれほどでもないように感じます。

それは、盗塁数が減ったことも関係するのかな、と考えます。

あくまでも私のイメージですが、シーズン序盤は例年通り盗塁をしかけていたものの、失敗が重なるにつれ、あまりトライしないようになった気がします。

西武プリンスドームで、柳田選手の好走塁で得点を挙げたこともありましたが…

それにしてもあまり脚を使わなくなった気がします。

チームが勝つためのアプローチにはいろいろとあり、あえて走らない、と言うこともその一つなのは間違いないです。

ですから、采配が間違っている、なんてことは言えません。

ですが、私はホークスがここ数年得点力が高かったのは、脚をからめていたからだとも思います。

そして、私はそう言う野球を見るのが好きです。


福田選手は復帰後、まだ4試合しか出ていないのに、すでに3盗塁をあげています。

それに、ヒット4本のうち3本が二塁打です。

一昨日もエラーで三塁まで行った好走塁がありました。

この動画の0:47辺りからのプレイです。


普通の打者なら二塁どまりでしょう。

名手井口選手がエラーしたのだって、福田選手の脚の速さを懸念したあまり、しっかりとボールがつかめなかったから、とも考えられます。


ひょっとしたら、福田選手は消極化しているように見えるホークスの走塁に、勇気を与えるかもしれない。

そうなったらとても嬉しいです。

それを期待して、これからのホークスの試合を見るのが楽しめるのは、とても幸せなことだと思います。

すぐにそうならなくても、徐々に、徐々に。

もしそうなったら、「福田選手のあの盗塁失敗こそが、ホークスを変えたプレイ」、と言えるでしょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】エルトゥールル号遭難事件を描いた「海難1890」は、見られなくても内容を知っておくべき




(映画「海難1890」の海外ロケを終えた、一行の画像)


今年の12月、

海難1890」(かいなんいちはちきゅうぜろ)

と言う映画が公開されるそうです。

偉そうなことを書きますが、

「日本とトルコの合作で、「海難1890」と言う映画が製作される」

と言う言葉を見ただけで、「エルトゥールル号遭難事件」の話しなんだろう、と推測できるようにならなければいけないと思います。

たぶんトルコの人でそれができる人は少なくない、と思います。

トルコは大の親日国だと言われます。

それは、ロシア帝国の南下政策に悩まされていたオスマントルコ帝国が、日露戦争で東洋の片隅の小国日本が、大国ロシアをやぶったことに共感を得る15年前、この「エルトゥールル号遭難事件」で、日本人がこの船の乗員を救助したことが大きいそうです。


このことは、1985年に、イランイラク戦争の際、イラクがイラン上空の航空機に対する無差別攻撃宣言を行ったとき、その開始期限までに在イラン日本人を、トルコ共和国が救助されたことで有名になりました。

映画の中でも、イランイラク戦争のことは描かれるようです。

Wikipediaの「エルトゥールル号遭難事件」のサイトの「イラン・イラク戦争」の項に、このことが詳しく載っています。

野村豊イラン駐在大使が、在イラン日本人が脱出できないと言う窮状をトルコのビルレル駐在大使に訴えたところ、ビルレル大使は

「わかりました。ただちに本国に求め、救援機を派遣させましょう。トルコ人なら誰もが、エルトゥールルの遭難の際に受けた恩義を知っています。ご恩返しをさせていただきましょうとも。」

と答え、大使の要請を受けたトルコ航空によって、在イラン日本人は、期限ぎりぎりで危機を脱することができたそうです。

トルコがイラン近隣に位置することから、陸路での脱出もできる自国民よりも、日本人の救出を優先させたそうです。


トルコ国民をこれほど感謝させた「エルトゥールル号遭難事件」ですが…

私が「すごいな~」「よくやったなぁ」と思うのは、ど田舎(失礼!)の漁村の人たちが、見たこともない容貌の外国人、しかも大男たちを、よく助けたなぁ、と言うことです。

Wikipediaにはこうあります。

「通報を受けた大島村(現在の串本町)樫野の住民たちは、総出で救助と生存者の介抱に当たった。この時、台風により出漁できず、食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず、住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出するなど、生存者たちの救護に努めた。この結果、樫野の寺、学校、灯台に収容された69名が救出され、生還することが出来た。」

ここには記載はないですが、大男を救助するのは並大抵のことではなかったと思います。

ただ漁村と言うのは、山林の農村に比べると、外の人に触れる機会が多く、未知の人に寛容なんじゃないかな、と言う想像も働きます。

旧日本軍も海軍は開放的だったと聞きます。

そう言う漁村の気風があったのなら、助かったトルコ人にとってはよかったんじゃないか、とも考えられます。

あくまでも山林の農村出身の私の想像ですが…


前述のトルコ大使の言葉

「トルコ人なら誰もが、エルトゥールルの遭難の際に受けた恩義を知っています。」

ですが、Wikipediaによると

「トルコでは知名度が高い事件ではなく、2012年2月から3月にかけて外務省がトルコの民間会社に委託して行った調査によると、エルトゥールルの遭難事件を「知っている」と回答したのは29.9%程度で、日本の経済協力案件である第2ボスポラス大橋(44.9%)や、マルマライ計画(52.5%)より、認知度は低い。」

そうです。

しかし大使の発言は1985年で、2012年の調査の結果よりは、よく知られていると思います。

相手が知らないからと言って、自分が知らなくていいことにはならないと思います。

外国を相手に活動したいのならば、日本と外国との関係をよく知っておくべきです。

無知によって恥をかくかもしれませんし、失礼なことをするかもしれません。

ですから、この「海難1980」と言う映画を見ないまでも、「エルトゥールル号遭難事件」のことは、知っておくべきだと思います。

この映画の公式サイトは、映画同様まだ完成はしてないようですが、関連するサイトとともにリンクを貼っておきます。

映画「海難1890」公式サイトへのリンク

映画「海難1890」Facebookサイトへのリンク

cinemacafe.net「内野聖陽&忽那汐里、国家級プロジェクトに参加!映画『海難1890』キャスト発表」へのリンク


下の写真はtwitterからの拾いものですが、とてもいいなと思います。

20150506海難1890

地球儀を見ている二人、きっと、トルコと言う国がどこか、どれだけ日本から離れているかを見ているのでしょう。

ちょうどトルコのあたりを見ているように思えますから。

実際の「エルトゥールル号遭難事件」のとき、地球儀を見ていたら、そのことに驚いていたでしょう。


なお、ヒロイン役の忽那汐里さんは、2つの時代に生きる女性2役を演じたそうです。

「エルトゥールル号遭難事件」の樫野に住み、医師の手助けをする女性「ハル」と、テヘラン脱出のため大使館に掛け合う日本語教師「春海」の2役だそうです。

忽那汐里さんについては、これまで「O-PARTS~オーパーツ~」「泣くな、はらちゃん」の2つのドラマで見たことがありますが…

「泣くな、はらちゃん」での役名が「紺野清美」だったことを今知って、「はる」に縁があるのかな、と思いました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ラグビー】福高関係のラグビー選手、男女2人が、日本代表の試合に出場

20150511ラグビー日本代表福岡県知事を訪問


(ツイッターからの拾いもの

 福岡での日本代表戦を前に、福岡県知事を訪問した福岡出身の選手たち

 奥から2人目が野田夢乃選手で、手前から2人目が福岡堅樹選手

 もう少しわかりやすい写真が↓に載ってました

 「ラグビー日本代表が福岡県知事を表敬訪問 男女ともあすレベスタで試合」へのリンク

先週末の5月9日、福岡のレベルファイブスタジアム(レベスタ)で、男子と女子のラグビー日本代表チームが、それぞれ韓国、カザフスタンと対戦しました。

その件で、え~っ、と思ったのは、それぞれに福高(福岡県立福岡高校)の選手がいることでした。

福岡堅樹選手と野田夢乃選手。

(正確に言うと福岡選手は福高ラグビー部OBで現在は筑波大学の4年生です)

私はラグビー部OBではありませんが、ラグビーは福高OBの心のよりどころのひとつだと考えていますので、本当に嬉しいことでした。


福岡選手は花園にも出ており、その後筑波大学の2年生ぐらいから日本代表に選ばれるほどの有名な選手なので、そんなには驚きませんでしたが(いや、十分にすごいことなのはわかってます)、野田選手については、一応名前だけは知っていたものの、代表選手に選ばれるほどの選手なのか、と驚きました。

私が福高に在学したのは30年以上前の話しで、当時は女子ラグビー選手など想像もつかない時代でした。

時代は変わったなぁ、そしていろんな人の夢がかなう時代になったなぁ、と嬉しくなります。

余談ですが、応援団長が女性だった代もあるそうです。


で、試合の結果ですが、福岡選手は3トライを挙げる活躍で、その模様はここ関東でも、福岡選手の活躍を前面に出してニュースで報じられたほどです。

野田選手については、15人制ラグビーの代表は初、ということもあってか、今回は後半17分からの出場だったようです。

あまり詳しいことを書こうとすると、私があまりラグビーについて詳しくないことがばれますので、関連するニュースや動画などを貼っておきます。


福岡堅樹選手関連(背番号11)

日本ラグビーフットボール協会「アジアラグビーチャンピオンシップ2015|スコア詳細」へのリンク

日本代表 66 - 10 韓国代表



「福岡堅樹、地元で3トライ。ジャパン10トライ、66-10で韓国に快勝。」へのリンク 


野田夢乃選手関連(背番号21)

日本ラグビーフットボール協会「女子アジアラグビーチャンピオンシップ2015|スコア詳細」へのリンク

女子日本代表 27 - 12 女子カザフスタン代表



Youtube「Japan v Kazakhstan 1st Haf - ARWC Round 2」へのリンク

Youtube「Japan v Kazakhsta (2nd Half) - ARWC 2015 Round 2」へのリンク

「17歳の野田夢乃が女子15人制日本代表入り! カザフスタン戦出場へ 」へのリンク

「「スカートをはいたサムライ」 カザフスタンから歴史的初勝利!」へのリンク


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【祝!!】アレックス・ゲハペイシさん、初ライブ開催へ



(動かない動画ですが

 これがアレックスさんの歌声です)


日本テレビの「のどじまんTHEワールド」に、ブラジル代表としてたびたび出演されている

アレックス・ゲハペイシさん

が初ライブをされることになりました。


5月22日(金)、大阪心斎橋にある、ヒルズパン工場と言うライブハウス

ROCK NIGHT

と言うイベントで歌われるそうです。

18:00スタートで、アレックスさんの登場は18:30あたりからということです。

(※以前、18:30スタートでアレックスさんの登場は19時ごろ、と書いていましたが、変更があったようです)

詳細はこちらです。

大阪ヒルズパン工場「ROCK NIGHT」へのリンク

こちらがアレックスさんのツイートです。




B'zなど、 Being系アーティスト(意味は後述します)や、BONJOVIのカバーなどを歌われるそうです。


アレックスさんの歌を初めて聴いたのは、2013年秋の「のどじまんTHEワールド」でした。

TUBEの歌をうたわれたんですが、ものすごい衝撃を受けました。

その時のゲスト、LiLiCo(リリコ)さんが、開口一番

「なんじゃ、こりゃ」

と言ったのをよく覚えています。

ほんとに、なんじゃこりゃ、と言う感じでした。

高い声をうまくコントロールされていました。

それ以来、アレックスさんの動向は追っています。


神奈川在住の私は、今回のライブに行けないのはとても残念です。

テレビを通じてあの迫力であれば、生で聴いたらどんだけすごいシャウトなんだろう、と思うからです。


アレックスさんは、最近では、3月の「のどじまんTHEワールド」に出演され、B'zの「裸足の女神」を熱唱されていました。

ツイートを見ていると、B'zが好きなようで、7月の京セラドームのライブに行かれるそうです。


ところで「Being系アーティスト」ですが…

私は意味を知らなかったのですが、「ビーイング」と言う音楽に関する会社が手掛けたアーティストを指すようです。

具体的には、Wikipediaの「ビーイング」から読み取ると、以下のアーティストのことのようです。

「TUBE、B'z、ZARD、WANDS、大黒摩季、DEEN、T-BOLAN」

そして、今回の会場のヒルズパン工場が、ビーイングが経営するところだそうです。

音楽に詳しい人なら常識かもしれませんが、私には知らないことばかりで…


それはさておき…

私はアレックスさんは、同じ番組からメジャーデビューしたクリス・ハートさんと並ぶ歌唱力を持っていると思います。

(アレックスさんとクリスさんは仲が良いようで、クリスさんは今回のライブ決定を祝福するツイートを、アレックスさんに贈っています)

そしてなんといっても、ルックスがいい。

初めて見た時は「ワイルドなイケメン」でしたが、最近は「マイルドなイケメン」になられたように感じます。

私が大阪に住んでいて、仕事が定時に終われば絶対に聴きに行ってます。

アレックスさんの歌声には、それぐらいの価値があると私は考えます。


下はアレックスさんのあいさつの動画です。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】「デフレゲート」(空気圧問題)で最も残念に思うこと



(「デフレゲート」が起きた、2014年シーズンのAFCチャンピオンシップゲーム)

2014年シーズンのAFCのチャンピオンを決めるゲームで、ホームチームのニューイングランド・ペイトリオッツが、故意にボールの空気圧を低くして、パスを投げやすくしたのではないか、と疑われている

デフレゲート(Deflategate)」

ですが、先週大きな動きがありました。

この件を調査していたテッド・ウェルズ独立捜査官が、調査レポートをNFLのロジャー・グッデル・コミッショナーと、疑惑対象のニューイングランド・ペイトリオッツへ提出しました。

「ペイトリオッツの用具係など関係者2人が共謀し、審判団がボールを確認したあと、トイレにボールを不正に持ち込み、空気をわざと抜いていた可能性が高い」

とのことだそうです。

そしてパスを投げるQBトム・ブレイディも、これを知っていた可能性が高いそうです。

関連するニュースへのリンクを貼っておきます。

①はアメフトファン向けのサイトですが、開くと自動的に動画が始まるので注意してください。

②③は一般のかた向けのニュースです。

③は最も詳細に書かれています。

「NFL JAPAN.COM|プレイオフでのボール問題調査レポート提出、QBブレイディ関与か?」へのリンク

「NFL「ボールの空気わざと抜いた可能性高い」 NHKニュース」へのリンク

「ペイトリオッツの「空気圧問題」、ブレイディも認識か NFLが調査報告 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News」へのリンク

これを受け、今週頭にも処分が発表されるのではないか、と言うむきもあるようです。

まだまだ私には、NFLについてわからないことが多くあります。

このデフレゲートがどれだけの処分を受けるべきスキャンダルなのかも、よくわかりません。

ネットを見る限り、トム・ブレイディらの数試合の出場停止(ビル・ベリチックHCやその他の選手、オーナーたちについては関与した証拠は認められなかったと報告されています)。

チーム全体の責任として、来シーズン以降のいくつかのドラフト権はく奪、などがあげられています。

私のまわりでは、2月に行われたスーパーボウル優勝のはく奪、さらには昨シーズンのブレイデイの個人記録抹消の可能性もある、と言う人もいます。

「スーパーボウル優勝のはく奪」なんてできるのか?

と私も驚きましたが、米大学フットボールでは、2004年シーズンに前例があります。

下記サイトに

「2004シーズンにてUSCが不正行為を行ったため、BCSナショナルチャンピオンを剥奪とし、2004シーズンのナショナルチャンピオンは空位となった。」

とあります。

Wikipedia「BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲーム」へのリンク

また、個人記録と言うかタイトルについて、レジー・ブッシュがNFL入りして数シーズン経って、学生時代のスキャンダルが取りざたされ、本人は否定したものの、ハイズマン・トロフィーを返上しています。


前述の通り、どう言う処置が妥当なのか、私にはわかりません。

ですが、前回のスーパーボウルがなかったことになるとしたら、それはとても残念です

あのスーパーボウルは、少なくとも試合を決めた、CBマルコム・バトラーのインターセプトは、多分一生忘れないでしょう。


別の角度から書こうとしていたNFLのアンケートがあります。

NFL「Greatest Gamed of All Time.」へのリンク

「NFL史上もっとも素晴らしいゲーム」

と言う、1~2か月前に実施されたアンケートなのですが、NFLが提示したの32のゲームの中で、ファンが選んだのは、その第49回スーパーボウルでした

う~んそうかな、他にもいくつかあるけど、と私は思いますが、とにかく多くのファンが素晴らしいゲームだったと興奮したそのスーパーボウルがなかったことになるかもしれないのは、とても残念です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年5月10日】「オードリーのオールナイトニッポン」について~春日日本代表と若林トークライブの件



(春日のフィンスイミングマスターズ日本代表決定記者会見の動画)


2015年5月10日の「オードリーのオールナイトニッポン」のことを書きます。

今回は若林トークライブのことと、春日のフィンスイミングマスターズ日本代表決定の件、そして関連することをメインに書かせてもらうと思います。

どちら片方だけでも、少なくともオードリーファンの間では大ニュースだと思うんですが、それが重なるとは…


1.春日、フィンスイミングマスターズの日本代表に選出される

春日がフィンスイミングマスターズの日本代表に選出されたことは、オープニングの最初の方で話されました。

3週続けて

「GWで16連休の人がいるとか信じられない」

と言う話題からの展開でしたが、その話題がなんとなく不自然で、どうやって、どのタイミングで春日のこの件を切り出そうか、と言うイメージを受けました。

そりゃあ、ただ事ではないですからね。


若林がこの件を知ったのは、ロケで一緒だったザキヤマから

「春日君、日本代表だって、すごいね」

と言うことから。

なんのことだろうと思ってネットを見て、ニュースを知ったそうです。


前々から打ち合わせで、春日がイタリアに行くのは知っていた若林でしたが、たぶん「世界番付」かなんかのロケで行くんだろう、と思っていたそうです。


このニュースはいろいろと誤解を生んでいるようで、「スクール革命」のロケで、一般のおばさんから

「オリンピック出るんでしょ、がんばってね」

とか言われたそうです。


この辺のやりとりは、早くも2時台にネットニュースに書かれていました。

「オードリー春日の“日本代表入り”相方・若林は驚きなし!?(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース」へのリンク

この後は、「その人個人の才能」とか「向き不向き」の話しになり、最後に

「トゥースが久々に響き渡る」

と若林が好意的に言っていました。

「向き不向き」は私見も交えて後述します。


2.若林単独トークライブ「若林正恭のLove or Sick」

5月3日、先週の放送の後、若林の単独トークライブ

「若林正恭のLove or Sick」

が開催されました。

不思議なことに、ネットではニュースになってないようです。

あの「お笑いナタリー」ですら、書いてないようです。

「たりないふたり」などで若林と仕事をした安島隆氏が演出。

病んでいる若林が、カウンセリングルームで先生と、四の五の話しをしている設定、だったようです。

安島氏のツイートに、写真があります。




また、舞台のそでで南海キャンディーズの山ちゃんが

「仏さまのような表情で、俺のことを見ていた」(若林)

そうです。

このことも安島氏がツイートしています。




なお、春日もこれを見に行っていたそうですが、春日がフリートークでそのことを話すまで、若林はそれを知らなかったそうです。

そして

「おまえと、おまえのファンだけには来てほしくなかった」

と言っていました。

なお、春日は用事があったため最後までは見れず、エンドロールのところで退場したそうです。

エンドロールの後に何かオチがあった、と聞くと、映画「ヤング・シャーロック~ピラミッドの謎」を思い出します。

あのオチは一生忘れません。


ところで、観客に配布されるアンケートとかに

「若林正恭」

ではなく

「若林成恭」

と誤植されていたそうです。

それは、事務所からイベントスタッフに発注する段階から間違っていたそうです。

Dちゃんは気づいていたそうですが、

「若林さんらしいボケだなぁ~」

と思ったそうで、誤植だとは思わなかったそうです。

おそらく「まさやす」と入力しても「正恭」とならなかったところから一字一字入力した時に「せい」と入力して「正」ではなく「成」となったのを、気づかなかったことからきた誤植じゃないかな、と思います。


なお、エンディングで語っていましたが、このライブの後、若林は心身ともに調子が良いそうです。

ライブの内容は「四の五の言う」ものだったそうですが、これなら毎月でもできそう、と若林は言っていました

それはそれでファンとしては嬉しいのですが、次回からもっと小さい会場でやりたい、と言っていたのが不満です。

今回もそうでしたが、ある程度大きい器でも満員になるのは想定できますから、演出が損なわれない程度の大きなところでやってほしいなと思います。

そうでないとチケットが手に入らないですから。

それでも手に入るかなぁ…


3.「向き不向き」の話し

オードリーの同級生で「たかすみ」と言う人がいたそうです。

このたかすみ氏、運動のセンスがなく、アメフト部をすぐにやめたそうです。

ですが、こと水泳については、春日も勝てなかったほどすごかったそうです。

「不思議だよなぁ

 やっぱ、向き不向きってあるんだろうな」

と思ったそうです。

若林はアメフトでRBをしていましたが、とにかくタックルをかわすのがうまかったそうです。

RBは「俺に向いていた」んだろう、と言っていました。

しかし、何度も日本一になった日大三高と対戦して、100点差ぐらいで負けた試合で、193センチ100キロの日大三高のディフェンスにあたられ、後ろに2回でんぐりがえしうけ、大学ではとてもやれない、と思ったそうです。

(この試合は若林が2年生の秋で、最初のSPWで「多摩の学校に偵察に行った話し」の中でも語られた試合だと思われます。

ところで若林は一応早稲田大学から誘われていたそうです。

でも当時の早稲田大は今ほどは強くはなかったと記憶します。

今でも関東で3位~4位ぐらいです)


意外なことに、春日は相撲が弱く、若林は強かったそうです。


まあとにかく、人には「向き不向き」があるよなぁ~、と言うことが話されました。


春日が日本代表に選ばれた、と言う記事についたコメントを見ると、

「春日は本気でやっていたら、なんらかのスポーツで食って行けたんじゃないか」

と言うコメントをたくさん見ました。

でも、若林は、春日は意外と球技がヘタ、と言っていたように記憶します。

だからアメフトでは、DEときどきOGと言う、ボールを触ることが本職ではないポジションでは関東選抜まで行けたのでしょう。


私としては、自分の「向き不向き」を知ることは大事だと思いますし、さらに言えば、向いていることが仕事であれば、それは本当に幸せなことだと思います。

私も今の仕事は、前の仕事よりは向いているけど、もっと向いていることがあるように感じています。

引退するまでに、自分の向いていることが仕事にならないか、考えてみたいです。


4.春日の選出について思うこと

今週の木曜、春日の会見が行われました。

私はそれを知って

「私の中では、春日さんはまじめな努力家、と言うイメージがあります。

期待してます。」

と言う言葉を添えてFacebookに記事を投稿しました。

つまり、「向き」もあったと思うんですが、春日の努力かと言う人柄が報われて、本当に嬉しかったのです。

そして、そんな春日に機会を与えてくれた「体育会TV」とフィンスイミング界に感謝したいです。


一般の方にも好評なようです。

この記事に一番コメントが多くつけられていると思います。

「オードリー春日、水泳競技で日本代表に決定 フィンスイミングで狙うは「金」(オリコン) - Yahoo!ニュース」へのリンク

また2ちゃんでも話題になっています。

コメントの半数以上は好意的なようです。

「【すげえ】オードリー春日俊彰さん、フィンスイミングで日本代表選手に選出!「代表として行くわけですから、金を狙います」へのリンク

この中の

「春日はなんかネットで妙に人気あるなw

別に特に面白いとは思わんがなんか好感がもてる!

頑張ってくれ」

と言う、ファンではない人の声が一番好きです。

有名人が春日の件をツイートしたのを貼っておきます。











春日のニュースでいくつか写真を見ましたが、私はこの、twitterから拾った、日の丸を背負った写真が好きです。

20150510春日、日の丸を背負う


5.春日で覚える世界史

トップに置いた動画では春日はワールドカップが行われる「ラベンナ」と言う場所のことを、聴いたことがないと言ってました。

たぶん高校で世界史を選択しなかったんでしょうが、この地方のことは私は授業で習った覚えがあります。

1000年以上前の話しですが、フランク王国のピピンがラベンナ地方を征服し、ローマー教皇に寄進し、教皇領となりました。

これを「ピピンの寄進」と呼びます。

また、「フランク王国のピピン」には有名な人物が2人いて、それぞれ「大ピピン」「小ピピン」と呼ばれていますが、寄進を行ったのは小ピピンの方です。

「大」「小」がつく世界史上の人物には、ローマ帝国の「大カトー」「小カトー」、近代イギリスの「大ピット」「小ピット」などが他にいます。

この「大」「小」は、先に生まれたほうが「大」となります。

ただしアメリカには2人の「ルーズベルト」と言う大統領がいましたが、この2人を「大」「小」をつけて呼ぶのは聞いたことがありません。

区別するときは、セオドア・ルーズベルトとフランクリン・ルーズベルト、と普通に区別します。

「大」「小」についての例外と言えば、近代テニス界の名手、ウィリアム・チルデンと、もう一人ウィリアムなんとか(忘れました)が同時期にいましたが、前者は背が高かったため「ビッグ・ビル」で後者は「リトル・ビル」と呼ばれました。

「ビル」は「ウィリアム」の略称です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】福田の復活に、「泣きそう」と言う投稿を見て、「えっ?」と思った



(昨日のホークスとイーグルスのハイライト動画

 福田選手のタイムリーは、3:17あたりからです)


昨日福岡ソフトバンクホークスは、東北楽天イーグルスに先制されたものの、李大浩選手と松田選手の連続ホームランで逆転。

バリオス投手がパリーグ新記録となる13試合連続ホールドを記録し、効果的な追加点もあり、そのまま逃げ切りました。

このゲームの中で、なにより嬉しかったのが、

福田秀平選手

がスタメン出場して、4打席目でダメ押しとなる2点タイムリーツーベースを放ったことでした。

ツイッターで、福田選手が一軍登録され、即スタメン、と言うことを知りました。

十分にそれだけでも嬉しかったです。

ファームのことはよく知りませんが、福田選手がそれほど好調とも聞いていませんでしたので、まず昇格にびっくり。

さらに即スタメンなんて…


2011年シーズンは、まだ和田投手や杉内投手、川﨑選手もいて、重厚な戦力で日本一になりましたが、終盤には福田選手の活躍が目立ちました。

明石選手も頭角をあらわし、福田選手との活躍は

「明福(あかふく)」コンビ

と呼ばれたりもしました。

福田選手が入団の時の契約金で、片脚を失ったお父さんに義足を買ってあげたのは有名な話し。

そんな好青年が、ようやくブレイクしたか…

ととても嬉しく思いました。


しかし翌年からは、また一軍であまり見かけなくなりました。

さらに昨年は、シーズン半ばに手術を受け、とうとう一軍出場なしとなりました。


今年もオープン戦で骨折…

つくづく、ついてないな、と思いました。


ですから、昨日の福田選手の活躍は、本当に嬉しかったです。

三打席目まで無安打に終わったときは・・・

「あ~、いきなりスタメンでは無理かなぁ…」

と思ったんですが。


とにかく嬉しかったです。

今回はお立ち台に立ちませんでしたが(そう言えば苦手だったような気がします)、次回はぜひ、ヒーローインタビューを見たいです。


あ、タイトルの

ホークス】福田の復活に、「泣きそう」と言う投稿を見て、「えっ?」と思った

ですが…

試合後のホークスファンのツイートで

「福田の活躍を見て泣きそうになった」

と言う内容のものをいくつも見ました。

え…

まだ泣いてないんかい?

こう言うのを見て泣くのこそ、スポーツ観戦の楽しみやろうが…

と思ったわけです。

私は今これを書きながら、ちょっとだけ、思いだし泣きしてます。


こちらはバリオス投手と松田選手のヒーローインタビューの動画。

バリオス投手、良かったです。




追記

こちらの2ちゃんまとめサイトでは、より熱く福田選手のことが語られています。

「ソフトB福田 新打法?で1軍復帰!貴重な今季初タイムリー! - 鷹速@ホークスまとめブログ」へのリンク

「涙不可避」

と言う投稿がいくつかありましたが、まさにそう思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】2015年シーズンに予想できた変化と、予想できなかった変化

20150507パリーグ順位表

(5月6日終了時点のパリーグ順位表

 Yahooスポーツより)


ほぼ2割強のスケジュールを終えた2015年シーズンの福岡ソフトバンクホークスの成績が上の図なのですが、これを見て思ったことを書きます。

1.ホームラン数はリーグトップ

本拠のヤフオクドームにホームランテラスが設けられたことで、ホームランが増えることは想像できました。

それにしてもリーグトップまでになるとは想像できませんでした。

長谷川選手が元気に出場していたら、もう少し伸びていたことも考えられます。

私は、ホームランテラスは、ホークスよりも相手球団により多くの恩恵をもたらすように予想していたんですが、今のところ、その逆になったように感じます。


2.盗塁数はリーグ最下位

ホームランテラスの設置で、三塁打が減ることは想像でき、その通りになっているようですが、走塁面で盗塁増えたり減ったりするとは思いもしませんでした。

ホームランテラスとは関係がないとは思いますが。

私の印象ですが、盗塁失敗数が増え、それにより盗塁を挑む回数が減ったように感じます。

逆に相手には走られ放題のような印象があります。

本多選手が離脱していることも影響しているとは思いますが、それでも少なすぎるな、と思います。

この辺が、完封される回数が増えたことにつながっているとも考えられます。


3.打率とホームラン数と得点の関係

昨年までのホークスの印象としては、ホームラン数はそれほどでもないものの、打率が高く、リーグトップの得点数を誇っていたようなものがあります。

前述の通り、これは盗塁が減ったことも関係すると思いますが、打線のつながりが悪くなったんだろうな、と言うことも考えられます。

打率はこの日の前日まで、埼玉西武ライオンズと並んでいたように記憶しますし、ホームランはトップなんですから、もう少し得点が入っていてもいいと思うんですが。

リーグ4位は低すぎる。

無得点イニングが続いた時期もあり、それがもろにこの数字に出ているように感じます。

まあ、そんな時期もありますわな。


4.防御率の悪化は予想できた

防御率が3.03と言うのは悪い数字ではないと思います。

しかし去年までと比べると、悪化はしているんじゃないかな、と感じます。

これはホームランテラスの影響もあるでしょう。

ただ、ホームランテラスは、積極的な走塁も防いでいるように感じます。

単純に、ちょっとだけ投手力が落ちているかもしれません。


とまあいろいろと思うままに書いてきましたが、現在貯金4で首位から2ゲーム差の3位は悪くないと思います。

開幕前にはもっと高いところにいることを予想している解説者が多かったように記憶しますが、私は妥当な位置にいるように感じます。

北海道日本ハムファイターズがここまで好調で、オリックスバファローズがここまで低迷するとは思いませんでしたが、ライオンズがこれだけ強いのは十分に想像できました。


個人的には走れない、走りまくられる、と言うのが不満ではありますが、選手やベンチが一生懸命にやっていることは間違いないので、それが数字に出ることを期待します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

Superflyが竹内まりやの「Sweetest Music」をカバーするのは、私からも感謝したい




Superfly竹内まりやの収録の模様を伝えたツイート)


越智志帆のソロユニット、Superfly竹内まりやの「Sweetest Music」をカバーすると言うニュースを見て、驚きました。

なんで驚いたかはあとで書きますが、しかも竹内まりや本人と組んでのカバーと知って、さらに驚きました。

この曲は5月27日にリリースするアルバム、『WHITE』の、初回生産限定盤に付属されるミニアルバムに収録されるそうです。


私、一応、1979年からのゆるい竹内まりやのファンなんですが、私がなんで驚いたかと言いますと、「Sweetest Music」は竹内まりやの曲の中でも、かなりマイナーなシングルだと思っているからです。

Wikipediaの「竹内まりや」を見てそのマイナーさを確認したんですが…

「Sweetest Music」は竹内まりやの6枚目のシングルで、初めてオリコンにランクインしなかった曲だそうです。

また、こう言う「かっこいいい系」の曲は竹内まりやには珍しいと思います。

他にぱっと思いつくのは、「PLASTIC LOVE」ぐらいかなぁ…

だから、ファンとして、Superflyがこう言うマイナーで貴重な曲を世に出してくれることについて、ありがたいなぁ、と思うわけです。

「こうやって30年前の楽曲を蘇らせてくれてうれしい」と竹内まりや自身も喜んでいるそうです。


ところで下の動画は、「アップルハウス」と言う1980年ごろのフジテレビの番組のもののようです。

加藤和彦とともに、竹内まりやが司会をしていました。

この動画を見ながら、自分がどれだけ歌詞を覚えているか一緒に歌ってみましたが、ほぼ覚えていて、我ながら驚きました。

あの頃はよく聴いてましたから。

でも、歌詞の英語の意味は、今でもよくわからないです。


竹内まりや "Sweetest Music" 投稿者 kabutokouji

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】「あそこまで飛べばファールでもホームランでいいじゃないか」と言われたギータの工藤監督バースデーサヨナラ弾



(柳田選手の超特大サヨナラホームランの動画。

   どこまで行くやら、と言うぐらい飛んでいます)


昨日5月5日の対千葉ロッテマリーンズ戦、福岡ソフトバンクホークスは、延長11回裏に柳田悠岐選手の超特大のサヨナラホームランで試合を決めました。

所用からの帰路に、Twitterでそのことを知った私…

帰宅してそのホームラン動画を見たのですが…

いや、たしかにすごいですわ。

これはTwitterのTLが騒然とするのもわかりますわ。

さらに、工藤監督の誕生日ということで

「はっぴばーすでぃ でぃあ 監督〜」

(あえてひらがなにしてみました)

と歌ってさらにTwitterを騒然とさせた柳田選手。

「誕生日に登板して勝ったことがない」

という工藤監督を喜ばせてました。



(柳田選手の歌の動画)

なお、去年は5月20日の王監督の誕生日の時も、柳田選手は打ちまくって、お立ち台で歌ってました。

今年も2週間後のその日に期待したいです。

なお、今年の5月20日は本拠のヤフオクドームでの試合なので、歌ってもかまわないでしょう。

さすがにアウェイだと、そこまではちょっと、と思ったりしますが。


ところでこの試合で一番印象に残ったのは、ハイライト動画の最後の

「あそこまで飛ばせば、右に切れても、ホームランでもいいじゃないですか」

という解説の方の言葉でした。



(ハイライト動画)

こういう表現は初めて聞いたものではなく、たまに耳にします。

いい機会なので、それを聴くたびに思い出すエピソードを書いておきます。


登場人物は諸説あるのですが。

昔、西鉄ライオンズのエースだった稲尾和久氏は、ある試合で、相手打者に打ち気がないことを見抜くと、ど真ん中にストレートを投げ込みました。

判定は、ボール。

稲尾氏は、何かの間違いかな、と思い、もう一回ど真ん中に投げ込んだところ、判定はまたもボール。

さすがに、変だと思った稲尾氏は、二出川球審に、なぜ今の二球がボールだったのか尋ねると、

「プロ野球を代表するような投手が、楽しようと思ってど真ん中に投げ込んで、ストライクをください、なんて、甘ったれるな!」

と一喝されたそうです。

二出川球審の意を理解した稲尾氏は、そこから三球続けて外角低めギリギリのところに投げ込んで、見逃しの三振をとったそうです。


いい話だなぁ、とも思いますが、無茶苦茶な話しですわ

気持ちはわかりますけどね。

一応、一定の区画に投げ込んだらストライクだと、ルールで決まっているんですから。

相手が大エースだと言っても、法の前では平等であるべきです。

でも、おもしろくて、大切に覚えておきたいエピソードだと思います。

フィクションだと思いますけどね。


話しを昨日のに戻しますが、解説の方はもちろん冗談で言われていると思います。

でも、一度ぐらいそういう誤審も見てみたいと思います。

いや、誤審は人の一生を変えかねないので、それは望ましくないです。

誰でもいいですから、あれはファウルじゃなくてホームランだろう、と抗議に行った監督が、試合後

「ファウルだったことはわかっていたよ。

でも、あれだけ飛んだんだから、ホームランでいいじゃないか、って言いに行ったんだ。」

と冗談をとばすのもおもしろいな、なんて思いました。

さすがにそれは不謹慎といえば不謹慎ですから、オープン戦あたりで。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFLドラフト2015】中継を見て、あらためてすごいなと思った~詳細情報サイト一覧



(「2015 NFL Draft Remix」と言う動画

 ドラフトの3日間をテンポ良く編集したものです)


2015年のNFLドラフトが終わりました。

第一印象としては、予想したほどの波乱はなかったなぁ~、と言うことでした。

特に全体2巡指名権については、テネシー・タイタンズが持っているそれを、クリーブランド・ブラウンズとか、フィラデルフィア・イーグルスとかが、トレードで獲得しようとするんじゃないかなぁ、とか思っていたんですが…

特にイーグルスについては、今オフは、ここまでドラフトでQBを指名するようなトレードなどを行っていた感じがありましたので。

でも普通にタイタンズがQBマーカス・マリオタを指名しました。


私は、初日のドラフト1巡指名については仕事でリアルタイムで中継を見られませんでしたが、2日目と3日目は休日だったので、ネットでちょくちょく見ました。

そして思ったのは、NFLドラフトって、こんなにエンターティメント性が高いものだったっけ、と言うものでした。

2巡指名選手を各チームのOBに読み上げさせたり、3巡目以降は各チームの地元に設けた特設ステージから、地元のファンなどに読見上げさせたり…

そりゃぁNFLが好きになりますわ…

日本のプロ野球でこれをやるとおもしろいとは思いますが、なんか「とっととおわらせましょう」みたいな感じがするので、無理かな~


印象に残ったのは、バッファロー・ビルズの2巡指名選手を読みあげた、殿堂入りQBのジム・ケリーの姿でした。

こちらがその動画です。



がんとの闘病があったわりには、想像したほどやつれてはいないと感じました。

そして、読み上げるときの表情は、強烈な個性が集まったビルズを、4年続けてスーパーボウルに連れて行った時のそれと変わってはないように思いました。

そして、彼の姿を撮影する夫人の姿に泣かされました。

会場にはスタンディングオベーションするファンの姿もあり、想像した以上に感動的な光景でした。


あとは「ミスター・イレレバント(Mr. Irrelevant)」の指名がおかしかったです。

「ミスター・イレレバント」

とは、ドラフトで最後に指名された選手のことです。

直訳すると

「場違いな男」

となるんですが、とても戦力はならないのに、指名された男、と考えてもらえるといいかな、と思います。

そしてだいたい、「ミスター・イレレバント」は開幕前にカットされていることが多いです。

「ミスター・イレレバント」に選ばれると、特典があります。

カリフォルニアにある、ニューポートビーチと言うところに招待され、いろいろと接待を受けます。

このイベント、またはイベントの期間を

「イレレバント・ウィーク(Irrelevant Week)」

と呼ぶそうです。

しかし、選ばれた本人はどう思っているやら…

こちらがその指名の時の動画なんですが、なんか「場違いな男」を決める割には明るくて、盛大だな、と思いました。



今年の「ミスター・イレレバント」はアリゾナ・カージナルスから指名された、TEジェラルド・クリスチャンでした。

「ミスター・イレレバント」の中にはロースターに残って活躍する選手もいて、最近では2009年にカンザスシティ・チーフスから指名されたKライアン・サコップなんかは、シーズンを通して新人としての最高FG成功率、86.2%を記録しました。

ですから、クリスチャンが立派な戦力になってもおかしくないです。

それに、ドラフト外で活躍する選手も少なくないですし。


最後に、私自身への備忘の意味も込めて、こちらのサイトを紹介しておきます。

NFL「DRAFT TRACKER」へのリンク

NFL公式のドラフトに関するサイトです。

ここから、特定のチーム、ポジション、指名順の選手の一覧や、多くの選手のカレッジでのハイライト動画を見ることができます。

また、指名されなかった選手も載っていますので、シーズンが始まってから台頭してきたルーキーが、どの指名順だったのか、あるいは指名されなかったのか、とかを調べることができます。


日本語ではこちらのサイトが検索する方法がいろいろあっていいかな、と思います

TSP21スポーツNFL「NFLドラフト2015」へのリンク

上記サイトは米NFL公式と比べると、動画へのリンクと、指名されてない候補が載ってないくらいで、おもしろいと思います。

あとはスタンダードなサイト

NFL JAPAN「NFLドラフト2015」へのリンク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】「大阪クラシック」の勝ち越しを決めた、吉村の打席で感じたこと

昨日のオリックスバファローズと福岡ソフトバンクホークスによる

「OSAKA CLASSIC2015」

の最終戦は、9回表二死からのホークスの吉村裕基選手の右翼線タームリー3ベースでホークスが逆転し、その裏のバファローズの攻撃が無得点に終わり、ホークスの勝ち越しが決まりました。


それにしても、不思議と言いますか、なにか変な思いにさせられた9回の表でした。

0対2でホークスが追っかける展開で迎えたものでしたが、この回は前日と前々日に9回にホームランを放った李大浩選手が、あわや3日連続のホームランに見えたタイムリー2塁打で1点差に追いつきました。

二死一二塁となったところで、打席に吉村選手を迎えました。

アップになった吉村選手の表情を見ると、これは期待できる、と感じました。

とても落ち着いていて、余裕があるように見えたからです。

それでも打ってくれるかどうか、不安は不安でした。


そして、バファローズの先発、西投手が、ベンチで落ち着かずにそわそわしているのが映しだされました。

そりゃあそうでしょう。

前日までに4試合先発するも、今シーズンまだ勝ちはありませんから。

今季初登板となったホークス戦こそ打ち込まれましたが、そのほかの試合はQSを達成しています。

不運としか言いようがないです。

この試合でも6回までホークスを無得点に抑えています。

ですから、私には西投手の心境がちょっとだけわかって、ついつい笑ってしまいました。

「これから逆転して勝ちを消してやる」

と言う意味ではなく

「そりゃそうだよね、おちつかないよね、わかる、わかる」

と言う意味で。


西投手は小久保元選手(現日本代表監督)の最後の試合で、ノーヒットノーランを達成した投手です。

ですから、ホークスファンの中には、西投手のことを嫌っている人がいても不思議ではないです。

私はその試合、

「どうせ勝てないんなら、ノーヒットノーランを食らって負けた方が記憶に残っておもしろい」

と考えながら見ていました。

ですから、私は西投手のことが嫌いではないです。

小久保氏も試合後

「俺って持ってるな」

と言っていましたから。


さてその吉村選手の打席ですが、期待通り、ライトへ鋭いライナーを放ってくれました。

好守の糸井選手がその打球を捕るべく飛び込みましたが、届きませんでした。

この一打が逆転三塁打となりました。



その裏、バファローズは同点のチャンスを迎えました。

私はどういうわけか、西投手に勝ちがつかないんなら、絶対にホークスに負けてほしくない、と考えました。

そして、なんとかホークスは逃げ切りました。


西投手は今回も勝利投手にはなれませんでした。

逆転され、勝ち投手の権利がなくなった直後の表情が映しだされましたが、そばにいてもどう慰めていいやら、と言う感じでした。

終わったことをどうこう言ってもしょうがないです。

好投して勝てないこともあれば、そんなに良い投球内容でもないのに勝ちがつくこともあります。

それも野球の一部ですから、次にがんばってほしいです。


そしてこの試合、バファローズの選手でもう一人印象的だったのが、レフトを守っていた坂口選手でした。



9回表の李選手の打球を、レフトフェンスにぶつかりながら捕ろうとしたのですが届かず、そして腰のあたりを強打したようで、プレイが落ち着いた後、。

このため試合は一時中断となりました。

様子を見ていると、とてもまともには守備はできないように見えましたが、ベンチに下がらず、そのままプレイを続けました。

ただし、次の松田選手が内野安打で出塁すると、ベンチは強制的に交代させましたが。

私はこの一連のことを見ていて、まず坂口選手が痛そうにしているのを見て、

「無理しないほうがいいよ。

 試合は今日だけじゃないんだから。」

と思いました。

しかし交代しないのを見て

「その心意気はあっぱれ。

 しかしケガをしているからと言っても手加減はないぞ。」

と思いました。

なんならレフト側を狙って打ってもいい、と考えました。

それを処理するのは、出場し続ける選手の義務です。

坂口選手は交代する機会がありました。

でも、それをいったん拒否しました。

それならばそこを狙うのは、なにも卑怯なことだとは思わないのですが…

(交代しない坂口選手に腹を立てて書いているわけではないです。

 スポーツとはどうあるべきか、と言う主観を書いているだけです)


話しが飛び飛びになって申し訳ないですが、試合後の吉村選手のヒーローインタビューを見ました。

吉村選手のヒーローインタビューは、見ていて気持ちいいです。

堂々としていて、自分の言葉でこのフィールドを支配してやる、と言う気概が感じられますから。

この試合で印象に残った言葉は

「準備ができていた」

と言う言葉でした。

こちらの動画になります。




そうそう、勝ち投手は8回裏の攻撃を三者凡退に抑えた、二保旭投手でした。


二保投手は、プロ入り初勝利だそうです。

工藤チルドレンの一人ですね。

これからもっともっと活躍すると思いますが、個人的に困ることがひとつ。

私のPCでは「にほ」とうっても「二保」と変換されないのです。

単語登録しておくか…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年5月3日】「オードリーのオールナイトニッポン」にかえて

20150502若林のファンのFB

(若林のファンの方が作ったと思われるFacebookのサイト)


2015年5月3日の「オードリーオールナイトニッポン」は、聴いても当日中に書けるかどうかわかりませんので、番組とオードリーに関することをあらかじめ書いておきます。


1.古参ファンが怖い

2~3週間前のオープニングトークで、とプロレスの昔からのファンの方々が怖い、とか言う話しを若林がしていました。

若林にとっては、プロレスを好きになったのはここ1年、いやまだそんなにたってはいないと思うんですが、そう言う自分がプロレスのことを語るのは、昔からのファンの方々にとっては、「わかってない」と言うことがあるんじゃないか、と言う内容だったような気がします。

なんでアメフトのことが出てこなかったのか、不思議だったんですが。


そう言えば昨年だったか、「オードリーのNFL倶楽部」について、

オードリーはアメフトをわかっていない」

と言うツイートを見かけました。

まだそう言うことを言っている人がいるんだなぁ…バカだなぁ…と思って読みましたが。

私は1989年ごろからアメフトを見始めて20数年がたちましたが、いまだに「わかっている」自信はないです。

ていうか、「わかっている」ってどういうことを言うんだろう…と思うんですが。


そう言えば、2月に行われた第49回スーパーボウルは、QBが投げたパスがインターセプトされて終わった、と言ってもいいのですが、あの場面でパスはないだろう、と言う意見を聞くと「わかってないな」とは思います。

あの場面でパスは十分「あり」だったと思います。


とにかくアメリカンフットボールを広めたい身としては、

「おまえはアメフトをわかっていない」

と言うことは言いたくはないです。

どんなことでも、誰でも最初はわかるわけはないですし。

それに、本心で「わかってない」と思うことは、前述したスーパーボウルのことをのぞくと、ほとんどないですし。

再度書きますが、自分が「わかっている」自信はないですし。


2.一昨日友達になった後輩

番組とは関係ないですが、一昨日、昔一緒に仕事をした会社の後輩と、Facebookで友達になりました。

彼はずいぶん前に転職したのですが、NFL好きもあって、妙に気があう後輩でした。

ネットとは言え、話しをしたのは…たぶん今世紀初だと思います。

彼と最後にあってから、今までに私が大きく変わったことと言うと、私がオードリーのファンになったことがトップにあげられると思います。

他にも大きく変わったことはあるとは思うんですが、それらは納得できることばかりだと思います。

でも、オードリーに関する投稿が多いことについては、なんで?と思うでしょうから。

さて、彼にどう説明しようか…

きっとオードリーがアメフトやってたからだと思うだろうなぁ…

そうじゃないんだけどなぁ…


3.「若林正恭」と言うFacebookサイト

これを書いているのは昨日の朝なんですが、Facebookを見たら、右側に

「知り合いかも」

と言うアカウントがずらっと並んでいて、その中にトップに置いた画像のサイトがありました。

「若林正恭」

と言うのがありました。

一目で本人じゃないのはわかるんですがちょっと気になって見に行ったら

「※本人ではありません。いいね!を押したいがため、ファンがつくりました」

と言う注意書きが「情報」の欄にありました。

若林本人に迷惑がかからなければ、こう言うノリは好きです。

注意書きもありますし。

「若林正恭」でFacebookを検索すると、けっこう本人以外のが出てきます。

なお「春日俊彰」で検索すると、実在の他人が一人出てきました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFLドラフト2015】2巡指名選手を読み上げる、各チームOBの一覧

日本時間の昨日から、2015年のNFLのドラフトが始まりました。

NFLのドラフトは3日間も行われるのですが、今年も2日目に行われる2巡目の指名では、指名選手を各球団のOBが読み上げるそうです。

このサービスは、これで5年連続となるそうです。


で、現地時間の先週、そのリストが発表されました。

以下の通りです。


Arizona Cardinals: Safety Adrian Wilson

Atlanta Falcons: Center Todd McClure

Baltimore Ravens: Cornerback Duane Starks

Buffalo Bills: Quarterback Jim Kelly

Carolina Panthers: Safety Pat Terrell

Chicago Bears: Linebacker Dick Butkus

Cincinnati Bengals: Running back Ickey Woods

Cleveland Browns: Cornerback Hanford Dixon

Dallas Cowboys: Safety Darren Woodson

Denver Broncos: Wide receiver Rick Upchurch

Detroit Lions: Linebacker Chris Spielman

Green Bay Packers: Wide receiver Donald Driver

Houston Texans: Safety Eric Brown

Indianapolis Colts: Wide receiver Bill Brooks

Jacksonville Jaguars: Fullback Greg Jones

Kansas City Chiefs: Cornerback Gary Green

Miami Dolphins: Center Dwight Stephenson

Minnesota Vikings: Linebacker E.J. Henderson

New England Patriots: Cornerback Ty Law

New Orleans Saints: Tackle Jon Stinchcomb

New York Giants: Safety Shaun Williams

New York Jets: Running back Emerson Boozer

Oakland Raiders: Cornerback Willie Brown

Philadelphia Eagles: Tackle Jon Runyan

Pittsburgh Steelers: Cornerback Mel Blount

St. Louis Rams: Linebacker Pisa Tinoisamoa

San Diego Chargers: Wide receiver Anthony Miller

San Francisco 49ers: Defensive end/linebacker Charles Haley

Seattle Seahawks: Safety Kenny Easley

Tampa Bay Buccaneers: Fullback Mike Alstott

Tennessee Titans: Tackle Michael Roos

Washington Redskins: Safety Brig Owens



全選手を知っているわけではないですが、この中で私が最も「大物」と思ったのは、シカゴ・ベアーズの元LBディック・バトカスかな。

NFLを見始めたころ、NFLの歴史についてまとめられたビデオを見たのですが、そこでディック・バトカスのプレイを初めて見ました。

名前は聞いていましたが、とにかく痛そうなタックルやヒットをする選手だと驚きました。

下に簡単なハイライト動画を貼っておきます。



もう一人書いておきたいのは、シンシナティ・ベンガルズの元RBイッキー・ウッズです。

ルーキーイヤーに1000ヤードを走り、スーパーボウルにも出場。

彼のタッチダウンセレブレーションの

「イッキー・シャッフル」は有名になりました。

ルーキーイヤーのあとは、記録的には目立ったものはなく、短命に終わりましたが、忘れられない選手です。

イッキー・ウッズの彼の動画も貼っておきます。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【米女子プロアメフト2015】第3週まで終わった、鈴木弘子選手、小倉典子選手のチームの成績



(パシフィック・ウォリアーズのFacebookにある集合写真

 3列目の中央、56番の左上に鈴木弘子選手の姿があります)

米女子プロアメフトリーグWFAはWEEK3を終えました。

これまでの経過を、下記鈴木弘子選手、小倉典子選手のブログなどから拾っていきます。

「Being Betty 鈴木弘子(ベティ)オフィシャルブログ」へのリンク

「DL NORIKO 小倉典子Official」へのリンク

1.鈴木弘子選手のパシフィック・ウォリアーズ(Pacific Warriors)

WEEK3を終え2勝1敗

1)WEEK1 31-73 サンディエゴ・サージ(San Diego Surge)に敗戦

サージは鈴木選手が昨年所属していたチームで、リーグ準優勝の強豪チーム。

鈴木選手はDEで先発、しかもゲームキャプテンに選ばれて臨んだ試合でしたが、1Qを終わって0-27でリードされました。

2Q途中から鈴木選手はOLのCで登場するとランプレーが出始め、2Qはお互い3TDをあげたそうです。

しかし後半、サージがウォリアーズのオフェンスにアジャストし始めるとオフェンスは伸び悩んだそうです。

それでも、鈴木選手はこの時期にサージ相手に31点取れると言うことに手ごたえを得るとともに、OLのリーダーに任命されたそうです。


2)WEEK2 77-0 アリゾナ・アサシンズ(Arizona Assassins)に完封勝ち

試合前には50-0で勝ってみせる、と意気込んだ試合、予想以上の大勝でした。

リーグの規定で、40点差がつくと、その時点でゲーム進行は「ランニングクロック」に移行するそうです。

「ランニングクロック」とは、私も正確なころは知りませんが、アメフトで時計が止まる状況でも、時計をどんどん進める方式です。

普通、パス失敗とか、フィールドの外に出てプレイが終わった場合とかでは、時計は止まります。

それを止めないで進めるのが「ランニングクロック」です。

早く試合を終わらせることになります。

自然と攻撃する機会も減りますので、得点も減ります。

ですから、77-0と言っても、普通のルールであれば、100点を超えていた可能性もあります。

ところでこの試合、鈴木選手は人生2度目のTDをあげたそうです。

相手のパントの時、スナップミスがファンブルとなったのを、鈴木選手がリカバーし、TDとなったそうです。

おもしろいのは、このプレイを本人がTDだと知らなかったこと。

後日試合の記録が公表されて知ったそうです。

てっきり自分はファンブルリカバーしただけだと思ったそうです。

そう言うこともあるんだなぁ。


3)WEEK3 46-0 シンシティサンデビルズ(Sin City Sun Devils)にも完封勝ち

グランドコンディションが悪く、また異常な寒さもあり、両チーム競技の上、この試合は最初からランニングクロックで行ったそうです。

ウォリアーズのライバルのサージは、この相手に54-12で勝っていたので、ウォリアーズはそれを超えることを目指していたそうですが、ランニングクロックでなければ、それもできていたと思われます。


次の試合はWEEK4にウエストコーストライトニング(West Coast Lightning)で、そのチームのゲームビデオを見る限り、負ける相手とは思えないそうです。


2.小倉典子選手のボストン・レネゲイズ(Boston Renegades)

WEEK3を終え1勝0敗

レネゲイズはWEEK2に開幕戦を終え、WEEK3はバイ(「試合がない」こと)でした。

1)WEEK1 57-0 セントラル・メリーランド・シーホークス(Central Maryland Seahawks)に完封勝ち

新しいチームでの初戦を完封勝ちで飾ることができました。

小倉選手のブログに詳細があります。

「2015年開幕戦の結果 - DL NORIKO   小倉典子 Official」へのリンク

オフェンスではOT(オフェンスタックル)、ディフェンスではNG(ノーズガード)、キッキングではLS(ロングスナッパー)で先発出場し、後半はTB(テイルバック)と出場したとか。

(OTは厚切りジェイソンがプレイしたポジション。TBはオードリー若林がプレイしたポジションです)

ディフェンスでは2回のQBサック、オフェンスでは2TDランだそうです。

私はチームの運営形態の変更で、チームの戦力がダウンしていないか懸念していたのですが、この試合を見る限りは大丈夫だと思いました。

ところでこの試合、NFLチャンピオンで同じボストンにホームを置く、ニューイングランド・ペイトリオッツのWRジュリアン・エデルマン選手が観戦に訪れていたそうです。

そして次の試合のWEEK4では、元ペイトリオッツのFBパトリック・パス氏がコイントスに訪れるそうです。

その「次の試合」ですが、記事中に

「次は2週間後に1番のライバルチームと対戦します!」

とあります。

DC・デーバス(DC Divas)との対戦なのですが、やはりここが一番の難敵のようです。

今シーズンも2回対戦が組まれていますが、昨シーズンもギリギリ勝った試合があったような記憶があります。

ちなみに、ブログの「2015 スケジュール」に書いてある「TBD」と言う言葉。

私は知らなかったのですが、

「To Be Determined」(未定、未確定、未決定)

のことだそうです。


なお、現地時間の4月27日に安部首相の夫人、安倍昭恵さんと駐米日本大使夫人の佐々江信子さんが、ボストンで活躍中の女性6名からなる懇談会を行ったそうで、小倉選手も招待されたそうです。

この時の写真は安倍昭恵さんのFacebookにもあります。

なお下の写真はボストン・レネゲイズのFacebookのものです。

小倉選手は81番のジャージを着ています。

Our own Boston Renegades player Noriko Nepr Kokura was invited to join several other prominent Japanese women at a...

Posted by Boston Renegades on 2015年4月29日


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~