2016年02月の記事 (1/1)

早川書房に「パブ・シャーロック・ホームズの回想」が2月26日に期間限定で開店した

早川書房にある「カフェ、クリスティ」が、期間限定で、

「パブ・シャーロック・ホームズの回想」

として営業します、

映画「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」の公開にあわせてのものでしょう。




下記リンク先に、詳細が載っています。

早川書房「「パブ・シャーロック・ホームズの回想」2月26日開店! (2016/02/22)」へのリンク

これまで2回、期間限定の「パブ・ホームズ」が営業したうち、最初のものだけ行きました。

印象としては、「SHERLOCK/シャーロック」よりも、正典の「シャーロック・ホームズ」の色が強いように感じました。

店員の方も言われていましたが、女性客の比率が高かく、平日の夕方でしたが、2組待ちました。

「今回はヴィクトリア朝をテーマに、ホームズ研究家・翻訳家の日暮雅通氏が全面的にプロデュース。貴重なホームズ・グッズやポスター、映像などでホームズの世界を再現」

と言うのは、とても楽しみです。

「「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」の等身大パネル等を設置、記念写真を撮ることができます。」

と言うのも嬉しいです。

この映画については3月18日からの上映開始だそうで、93歳になったホームズが、30年前にホームズを引退に追い込んだ、解決できなかった事件の真相を解明する、と言うストーリーだそうです。

ホームズが93歳と言えば、1947年あたりで、その30年前、1917年は第一次世界大戦の真っ最中となります。

正典ではその3年前のものとされる「最後の挨拶」が最後の活躍となります。

何があったのか気になります。

閑話休題

今回の「パブ・シャーロック・ホームズの回想」は2月26日から5月31日までと、かなり長い期間営業します。

一度くらいは足を運びたいと考えています。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【2016年2月28日】「オードリーのオールナイトニッポン」に代えて

今朝の「オードリーオールナイトニッポン」につきましては、書く時間がないので、代わりにオードリーに関連することがらを書いておきます。

1.「NFL倶楽部」での相武紗季さん、寝起きドッキリの裏話し

これは先先週の若林のフリートークなんですが、テレビでの放送終了まで書くのを控えていたものです。

日本テレビ「NFL倶楽部」の企画で、第50回スーパーボウル中継のゲストとしてサンフランシスコに滞在していたオードリーと相武紗季さん。

ある日の早朝、若林の部屋にスタッフがやってきて、相武紗季さんの寝起きの写真をとる「寝起きドッキリ」をやることになりました。

(この企画は昨日の「オードリーNFL倶楽部」で放送されましたので、昨日のブログに書いています

 そこで放送されなかったことも含めてここに書きます。)

デンバー・ブロンコスのLB#58ボン・ミラーのジャージを着て、相武さんの部屋の前で

「ボン林ミラ恭です」

とカメラに向かって言って部屋の中に。

バスルームに入って、王道の歯ブラシチェックなどを、をやろうとしたら、バスルームの奥に、あきらかに誰か2人いるのに気づいたそうです。

多分逆ドッキリなんだろうな、とこのとき気付いたそうです。

(それでも企画にだまされたふりをして続けるのが普通みたいですが…)

そこで、ゆっくりとバスルームのドアをしめたそうです。

そしてベッドを見ると…蒲団が「いかにも」、と言う感じでもっこりしていたそうです。

相武さんは細身だから、中にいるのは本人ではないな、と気付いたそうです。

そして、枕元には2リットルのコーラが置いてあったそうです。

しかしコップがない…

2リットルのコーラをラッパ飲みすると言えば…ああ、ここは春日の部屋なんだろうな、なら遠慮はいらないな、と思い、

「ごちそうさまです」

と言って飲んだそうです。

そしていよいよ

「おはようございます。」

と蒲団をめくったら、「オードリーNFL倶楽部」のアメリカコーナー担当ディレクターの小坂紘平ディレクターがでてきたそうです。




そしてうしろから、「わっ」と脅かしてきたのが、相武紗季さんだったそうです。


そして、もう一つ「置きに行く」と言うことで、相武さんと2人で春日にも寝起きドッキリをしかけたい、といわれたそうです。

「春日の部屋にも?」

と言うことはここは春日の部屋ではない…

なんと、この部屋は小坂ディレクターと一緒に仕事をしている、小池絵未さんの部屋だったそうです。

「あの2リットルのコーラは小池さんのだったのか…」

と若林は思ったそうです。

(小池さんは下のツイートに写真があります)




そして春日の部屋へ。

とことが、キーカードをさしても、ロック解除されない…と言う事態に。

ドアのところにあるランプが、赤が緑になると解除されるのですが…ならず

結局、「ノックしましょう」と言うおきて破りの結論へ…

「こんこん」(相武さんと)

「なに、音がすごいからここまできて、ドアののぞき穴から二人がいろいろやってるのが見えてたんだけど」(春日)

この件を振り返って、

「「NFL倶楽部」のクルーはスポーツ専門だからドッキリの企画は下手だったけど、腹は立たなかった。」

と若林は言っていました。


2.「ヒルナンデス」でのこと

ネットでは「放送事故」とまで言われた、「ヒルナンデス」の件

2月24日の「ヒルナンデス」の生放送のコーナーで、IKEAの椅子を宣伝中に壊してしまった件です。

この事件が今回語られるかどうか、私は気になってます。

ネットの反応を書いた記事へのリンクを貼っておきます。

J-CASTニュース「630万回のテストに耐えた「IKEA」の椅子 オードリー春日が「生放送」で壊し、ネット騒然」へのリンク

私が子供の頃は

「象が踏んでもこわれない」

と言うCMで有名なプラスチック?製の筆箱があったんですが…

それはさておき、たまたま録画してあったものを見たのですが、壊したことより、そこまでの掛け合いが、ブレイク前後の頃のの漫才のスタイルに似ているな、と言うのが印象に残りました。


3.『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』を書いたコラム

こんな記事がありました。

「オードリー・若林の過去から今までの社会との関わり方全記録! “スタバで「グランデ」と頼めない” | ダ・ヴィンチニュース」へのリンク


講談社の編集者の方が書いたもののようです。

しかも若林ファンのようです。

文中の引用文

「ぼくは、この先ネガティブな感情から抜け出せない仲間がいたら、ぼくの想像力が及ばなかろうが、経験値が及ばなかろうが、保身せず『大丈夫』だと言い張ろうと決心した」

は、たぶん単行本にもあった箇所だと思います。

いいな、と思った箇所です。


またもうひとつの引用文

「当時、フラれた翌日街を歩いていて草木がちゃんと生えていて、世界が壊れていないことに驚いた。オレが彼女に振られたのだから、交通機関は麻痺して、ライフラインはストップしていないとおかしく感じた」

は、文庫本を読んでいない私には記憶がない箇所です。

厨二だなぁ、と思う前に、素晴らしい描写だと思いました。

ほぼ同じタイトルの本を買うのも気が引けるので、買ってません。

でも100ページ以上も追加されてるんなら、もう別の本、と考えて、買ってもいいかな、とも思ってます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年シーズンWEEK24】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~寝起きドッキリの結末

2015年シーズンWEEK23の「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことを書きます。

今回の放送が今回の最終回

相武紗季さんも出演。

なお、今日はかける時間があまりないので、途中までしか書けないと思いますが、その続きは後日書きます。


1.寝起きドッキリの続き

今回はロケから番組が始まりました。

先週、乗り気じゃないまま、相武紗季さんの寝顔を撮影するため

「相武紗季に強烈なブリッツを仕掛けたいと思います」

と相武さんの部屋に忍び込んだところで終わった企画。

(これまでの経過は、先週の下記リンク先の「5.オードリーのロケ」で参照ください

 「【2015年シーズンWEEK23】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~スーパーボウル応援マネージャー相武紗季さんが奮闘」へのリンク

若林はドアを開けまっすぐにベッドへ

「3.2.1 で蒲団をめくります」(若林)

と言うといきなり蒲団の方からめくれて、この番組の現地ディレクターで、NFL倶楽部twitterの中の人、小坂ディレクターが

「トゥース!!」

後ろズさりする若林

「遅いじゃないですか、ずっと待ってましたよ」(小坂D)

若林は半分あきれたような顔で

「ちょっと待って、こんなつまらないオチある?」

「そりゃそうだよなぁ。『NFL倶楽部』で相武さんが寝起きやってくれるわけないもんな」

とぼやいてました。

「常識的に考えたらそうです」(小坂D)

若林は苦笑いした後

「真面目にアメフトを取材しようよ」

そして1枚目の記念撮影。

若林のだまされ疲れた顔が写されることに。

小坂Dが「はい、だまされた」と言う感じで若林にカメラを向けます。

その時、若林の背後から相武紗季さん本人が…

写真を撮り終わった後、相武さんが若林に背後から両肩を、ポンっとたたくと、

「うぉ、びっくりした」(若林)

「おはようございます」(相武さん)

「相武さん、初めてじゃないの?ドッキリなんて」(若林)

「初めてです、すごい緊張して震えて」(相武さん)


その後画面は他の部屋の前に切り替わって、今度は若林と相武さんが下から出てきて

「おはようございます。再びボン林ミラ恭です。」(若林)

「春日の部屋に行ってみたいと思います」(若林)

と言うことで、春日に寝起きドッキリをしかけることに。

そして鍵を開け、ドアのノブを回したら…

開かない…

何度か挑戦し、小坂Dの持っているスペアキーでも挑戦するもあかない…

とうとうどっきりなのに、ノックすることに…

「こんな寝起きドッキリ初めてですよ。ノックするって」

と苦笑いの若林。

そして相武さんがノック。

するとタンクトップにボクサーパンツにうっすらぶしょうひげの春日が出てきました。


カメラに気付いた春日は

「え、何?なに写真撮ってんの。ちょっとやだ。」

とドアを閉めようとすると、若林がブリッツをかけて

「ちょっといい?説明するから」

とドアをあけ部屋に入ります

「実は寝起きドッキリで春日を起こして激写しようとしたけど、鍵が3枚ともとも開かなくて。いろいろスタッフさんの手違いで…」

それを聞いた春日も苦笑い。

「ちゃんとやってよ」(春日)

そして春日はそのままのかっこうで真ん中に立ち、3人で記念撮影。


なお、この寝起きドッキリの裏話しについては、先日「オードリーのオールナイトニッポン」で語られています。

その時のブログには、放送が終わってからにしよう、と書くのを控えてますが、明日あたりのには書いてみようと考えています。


2.フィッシャーマンズワーフ

ロケ画面は切り替わって、リーバイススタジアムがあるサンタクララの街を歩く3人が映し出されます。

「ドキドキしながら歩いてます」

と相武さん。

歩いていたのはこの写真の場所なような気がします。



スーパーボウル50の巨大なモニュメントがありました。

その前で3人で記念撮影





おなかすかないですか」(相武さん)

「そう言えばなんだか」(若林)

「サンフランシスコはシーフードが有名なので、いろんなお店が集まっているところがあるんですよ。そこにぜひ一緒に行きたいんですけど」(相武さん)

「あ~行きたい行きたい」(春日)

と行くことで話がまとまったところで、で相武さんから意外なお願いが

「あれやって行きましょうよ。ジャンプして瞬間移動するヤツ」

半分あきれ顔の二人も一緒に、せーの、でジャンプ

すると別の場所へ

しかし相武さんがコートを脱いでいる…

「びっくりしたよ、瞬間移動する間にコート脱いでるから」(春日)

「自分が飛びたいって言ったんだから、つながりしっかりしといてよ」(若林)

三人がやってきたのは、あのフィッシャーマンズワーフ

サンフランシスコ版築地と紹介されていました。

私は初めてまともに見ましたが、映されたものを見る限り、確かにそんな感じでした。

食べたのは、大きなパンをくりぬいた後に入れたクラムチャウダー

パンの中身もつけて食べられます。

「デリシャし」(春日)

とアメリカ版の「うまし」も出ました。


4.オープニング

そしてようやく画面がスタジオに切り替わって、オープニング。

全員で「トゥース」(`L´└)

のところが…相武さんはロケに見入ってて、みんなが「トゥース」をやっているときにはまだ両手をほおに当て、両肘をついてロケ画面に見とれている最中で、一歩遅れて「トゥース」…

「ディレイ・オブ・ザ・トゥース」でした

叱られると「クラムチャウダー、おいしかったなぁって思いだしてて」と言ってました。


寝起きドッキリについて、

「ナイトショットに切り替わってると思ったら真っ暗だったんですよ。

他にも部屋の中で水飲んだりしてんのよ。」(若林)

前述の通り、このあたりは後日書きます。


「あの知らないおじさんは誰なんだ」(春日)

小坂Dのことですが、そうか、どっきりの時は紹介されてませんでした。

小坂さんは今回の放送前にもツイートされていました。






5.ロケいろいろ

「紗季よみスーパーボウル」

で紹介された、アシカが寝ているコーナーへ

「夏合宿で疲れきっている選手みたいに、ねそべってるねぇ…」(若林)

ここで、以前春日が「この中にまじって眠りたい」と言っていたので、春日がアシカの気ぐるみを着てロケをすることに。

アシカの春日、誰にもウケませんでした…

「オウ、オウ、オウ」

とアシカの群れに叫ぶも反応なし。

ナレーションの菅谷アナも「鬼のようにすべり倒す」と紹介していました。

しかしここで、春日を寝そべらせて誰かがみつけるのを待っていると、アジア系の旅行客から反応がありました。

(なお先週のWEB放送で、このロケがおして、金門橋(Golden Gate)に行って撮影することができなかったことが語られてました)




(上のツイートの写真を見ると、アルカトララーズにも行ったのかな、とも思えます)


NFLエクスペリエンスでは春日がリターンのコーナーでファンブルしてるところが映されました。

そして、優勝チームに贈られる、ビンス・ロンバルディトロフィーの前で撮影することに。

やはりここには長蛇の列が

しばらくして、ようやく「50」のモニュメントの前に置いてあるビンス・ロンバルディトロフィーの前に

ここで49枚。

そこで記念すべき50枚目は大きなロゴをバックに撮影することで達成。

と思ったら、撮影者の春日が写っていない…

そこで51枚目として春日が一人で同じバックで映ることに。

「はい、トゥース」(若林)

で映った写真を見た春日は

「写真撮るの下手だな」と。

「はしゃいだおじさんのアップで、汐留(日本テレビがあるところ)でとったみたいだな。

背景のロンバルディトロフィーが入ってないじゃないか」

と若林に文句を言っていました。

(でも相武さん個人のカメラ?には、しっかりと3人で映っているのがありました

ついに明日!!!!Super Bowl✨✨

Aibu Sakiさん(@aibu_saki)が投稿した写真 -






画面はスタジオに戻りました。


51枚のうち9枚ぐらいしか紹介できなかった、と若林は言っていましたが、画面のその足元には、すべての写真が流れて映し出されてました。


6.NFLオナーズは後日書きます。

前述しましたように、今日はここまでしか帰る時間がありませんので、NFL各賞を表彰する「NFLオナーズ」へのレッドカーペットでのインタビューについては、後日書きます。

このコーナーは、来シーズン、春日に選ばれるチームが決まったりする、恒例のコーナーです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

仕方がないことだけど、『人生のパイセンTV』から魅力が一つなくなった…



(「【公式】『人生のパイセンTV』パイセンTube「チャラい服が着たい若林」」と言う動画)


私にとって『人生のパイセンTV』の楽しみは、オープニングのオードリー若林とベッキーのトークが一番でした。

とにかく面白くて、長かったです。

上の動画のはそれほど長くもないですが…

特にベッキーについては、ミュージカルやったりモノマネやったり…しかも上手で、すげぇな、と思ってました。

しかし、ああ言うことがおきまして、ベッキーは降板。

降板は当然だと思います。

しかし、あくまでも主観ですが、この番組から魅力がひとつ減ったなと思います。

今のところ、オードリー春日が代役をつとめていますが、トークは短めになりました。

(1月にあの事件が発覚した後、すでにトークの時間が短くなったように感じます。

多分カットされてたんでしょう)

オードリーのファンとしては、このまま春日で行ってくれても嬉しいんですが…

以前のように長めのトークに戻してほしいものだと思います。

なお、下の動画は、昨年末のパイセンフェスのもの。

ひそかに「ラップの名手」として知られている若林が、テレビでラップを披露しているの貴重なものだと思いますので、貼らせてもらいました。



(【公式】『人生のパイセンTV』パイセンTube「P.A.I.S.E.N.配信ッス」)


追記

こんな見方もあるそうです

「「僕らにとっては救世主」ベッキー休養であの番組に勢いがついた!? | アサ芸プラス」へのリンク


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】歴代強力ディフェンスTOP5の顔ぶれと、ちょっと気になること

こんな記事を目にしました。

NFL.com「1985 Bears, 2015 Broncos among five best defenses of all time」へのリンク

文章は読んでいませんが、ランキングは以下の通りです。

(英語が苦手なのでよくわかりませんが、ひょっとしたらランキングではなく、5つ選んだだけかもしれません)

1位 1985年のシカゴ・ベアーズ

2位 2000年のボルチモア・レイブンズ

3位 2015年のデンバー・ブロンコス

4位 2013年のシアトル・シーホークス

5位 1986年のニューヨーク・ジャイアンツ


私がこの中で、リアルタイムで知っているのは、2位から4位までの3チーム。

1位と5位にしても、その強さは、読んだり、動画で見たりしていて、選ばれても不思議はない、と思います。

なおこの著者は、1974年のピッツバーグ・スティーラーズと、2002年のタンパベイ・バッカニアーズも検討したようです。

前者は「歴史」でしか知りませんが、後者のスーパーボウルでのパフォーマンスは素晴らしいものでした。

入っていてもおかしくないと思います。


さてこのランキングを見て思うところがひとつあります。

これら5つのユニットには、ほとんどニックネームがついてないんじゃないかな、と言うことです。

つているのは5位のジャイアンツに「LTアンドカンパニー(LT & Company)」や「ビッグブルー・レッキングクルー(Big Blue Wrecking Crew)」ぐらいじゃないかと思います。

1位のベアーズには「46ディフェンス」と言う言葉がよくつかわれていますが、ニックネームとはちょっと違う気がします。

昔の強いディフェンスには、ニックネームを持つものがいくつもありました。

年号は定かではないですが、以下のものです。

・「ノーネーム・ディフェンス(No-Name Defense)」1972年のマイアミ・ドルフィンズ

・「キラーBディフェンス("Killer B's" defense)」1980年代初頭のマイアミ・ドルフィンズ

・「スティール・カーテン(Steel Curtain)」1970年代のピッツバーグ・スティーラーズ

・「ドーム・パトロール(Dome Patrol)」1990年代初頭のニューオリンズ・セインツ

・「ドゥームスディ・ディフェンス(Doomsday Defense)」1960年代終わりから1970年代のダラス・カウボーイズ

・「フィアサム・フォアサム(Fearsome Foursome)」1960年代と1970年代のロサンジェルス・ラムズ

・「ニューヨーク・サック・エクスチェンジ(New York Sack Exchange)」1980年代初頭のニューヨーク・ジェッツ

・「オレンジ・クラッシュ(Orange Crush)」1970年代終わりから1980年代初頭のデンバー・ブロンコス

・「パープル・ピープル・イーター(Purple People Eaters)」1970年代のミネソタ・バイキングス


などなど

それに比べて、最近は、オフェンスも加えて、ユニットにニックネームがつけられることが少なくなったように感じます。



(「New York Sack Exchange」の動画)


なお、この記事は2月21日ごろに書いたのですが、その後邦訳記事が出ました。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

足のつりや(こむら返り)に「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」が効くと聞いたが、しゃくりにも?~Googleサジェストはいいこともある

これから書く内容は、ある一内科医とネットでの見解、そして私固有の考えですので、保証はできないことをご了承ください。

先日風邪っぽいので、行きつけの内科医にいきました。

風邪のことははさておき、ついでに、畑違いだとは思いつつも

「足がよくつるんですけど、これってなんとかならないもんですかね?」

と尋ねたら、以外にも普通に答えが。

「「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」と言うのが特効薬と言われてますね。

 ツムラで言えば68番です。」

とのことでした。

「処方しますか?」と尋ねられましたが、なんとなくやめました。

『ツムラ漢方芍薬甘草湯エキス顆粒』へのリンク

(ただしこれが、その医者が処方したものかどうかはわかりません。)

帰宅してググったところ、たしかに「芍薬甘草湯」は、足のつりにいいそうです。

Yahoo知恵袋でも、これにかんする質問と、回答がありました。

「漢方薬を飲むタイミングについて、教えて下さい。足がつる、と言ったら芍薬甘草湯...」へのリンク

やっぱり処方してもらった方が良かったかな、と、今後悔しています。

20160220ツムラ芍薬甘草湯の画像



ところで、芍薬甘草湯についてGoogleで調べているうちに

「芍薬甘草湯 しゃっくり」

と言うのがGoogleサジェスト機能で表示されました。

しゃっくりにもきくのか…

私はしゃっくりの多い人間で、いったん始まると、数時間おさまらないことがたまにあります。

(不思議なもので、それで寝られない、と言うことはなく、寝たら治ります)

そこでググってみたら、こんな記事がありました。

「しゃっくり止まらない、予防法は 漢方薬が有効、副作用には注意 特集・福井のドクター相談室 福井のニュース |福井新聞ONLINE:福井県の総合ニュースサイト」へのリンク

予防薬としてではなく、起きたときだけ飲む、つまり頓服薬として使えないのか、と考え調べてみると…

使えるようです。

「しゃっくりに芍薬甘草湯? | 疑問を解決!薬剤師QUIZ 薬剤師さんなら簡単? ちょいむず?」へのリンク


次回主治医のところに行く機会があれば、しゃっくりの件も含めて芍薬甘草湯のことを尋ねてみようと思います。


なお、芍薬甘草湯のことだけでなく、今回得たものは2点

・悪者扱いされることもある、Googleのサジェスト機能も、こうやって役に立つこともある

・足がつるとか、しゃっくりが多いとかは大学時代からよくあったのですが、自分の体になんか問題ががあるんじゃないか?

 一番考えられるのは、高校では部活をやってたのに、大学からほとんど運動をしなくなったので、運動不足が真剣にヤバいんじゃないか、と言うこと

以上です。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】和田とスアレスが3/21の紅白戦で快投~この時期で154キロってなによ?



(和田投手とスアレス投手の全投球の動画

 カメラワークがいいな、と思いました)


3月21日の福岡ソフトバンクホークスの紅白戦で、新戦力の和田投手とスアレス投手が快投を見せたとのまとめ記事を読みました。

「和田毅、実戦初登板2回ピシャリ!35歳バースデーに快投 - 鷹速@ホークスまとめブログ」へのリンク

「鷹・新助っ人スアレス 紅白戦で154キロ圧巻の投球 - 鷹速@ホークスまとめブログ」へのリンク


この日が35歳の誕生日だったと言う和田投手

「貫録」と言う声をいくつか見ました。

たしかに上林選手との対戦には、それを感じます。

そして、以前より球速が増しているように感じます

ちょっと気になるのは、以前ホークスにいたときに比べ、体が沈んでないように見えます。

それがいい結果に出るのか、悪い結果に出るのかはわかりません。

ただ、一般的には、投手は体が沈んでいる方がいいと聞きますので、その辺が不安です。

「ソフトB和田 日本復帰後初実戦で2回完全!35歳バースデーに快投(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース」へのリンク


和田投手の139キロに、速いなと感じるとなると、スアレス投手は化け物で、2月と言うのにもう154キロを記録しています。

しかも低めに行っているようですから、これはなかなか打てないでしょう。

ただ、聞いた話よりもそれほどコントロールはよくないと感じました。

でも、これだけまとまっていれば十分だと思います。

あとは多くの人が指摘しているように、走者を置いたときどうなるか、と言う疑問。

先発か中継ぎかの起用は、その辺でも決まるかな、と思います。

長いイニングを投げる先発で、走者を出さないことはないでしょう。

そうなると回の頭からのリリーフの方が向いているように思えます。

でも、リリーフだっていつもパーフェクトとはいかないでしょうから、走者を出してもある程度失点が許される先発の方がいいかな…

まあ、その辺の判断材料は他にもいろいろありますから、首脳陣がどういう結論を出すかが見ものです。

あとは外人枠。

バンデンハーク投手、サファテ投手、バリオス投手とスアレス投手の4人から、1人は使えないことになりますので。

「鷹の新助っ人スアレス 紅白戦で154キロ圧巻の投球(東スポWeb) - Yahoo!ニュース」へのリンク


それにしても、Yahooコメントに

「ホークスはオープン戦をしなくても、紅白戦の方がレベルが高い試合ができそう」

と言うようなものがあって、なるほど、と思いました。

たしかに投手陣だけならそうかもしれません。

でも、やっぱり他球団と比較できるオープン戦の方が私は好きです。

はやくホークスのオープン戦を見たいものです。

ちなみにホークスのオープン戦の初戦は、3月3日(木)の対阪神タイガース戦のようです。

あと10日もあるのか…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【最終報告】鈴木弘子オーナー兼選手のクラウドファンディング、チャレンジ成功!!

女子アメリカンフットボールリーグのパシフィック・ウォリーアーズのオーナー兼選手が立ち上げたクラウド・ファンディングが、無事成功しました。

詳細はクラウドファンディングのサイトにあります。

WESYM「日本人初女子プロアメフト選手の挑戦!パシフィックウォリアーズを応援しよう」へのリンク

目標500,000シードのところが、達成額645,500シードと129%の支援がありました。

下記リンク先は、鈴木弘子オーナー兼選手のブログで、お礼を言われているものです。

「鈴木弘子『最終報告!』へのリンク


ところでこのクラウドファンディングは、マスコミにも取り上げられました。

「女子アメフット:ヘルメットに「JAPAN」を 日本人初のオーナー鈴木さんが応援募る - 毎日新聞」へのリンク

ありがたいことです。

クラウドファンディングやこの記事とともに、国内外での女子アメフトの認知度が上がればいいな、と思います。

Your 2016 LA Pacific Warriors! "Our Family Against Their Team" #womenstacklefootball #wfa #womensfootball #womensfootballalliance #football

PacificWarriorsWomensFootballさん(@pacwarriors)が投稿した写真 -





余談を二つ

(応募は終了していますが、リンク先はまだ応募期間中のものです。)

リターンの中でもっとも人気があったのが、「日本を背負うステッカー」だったようです。

これは

パシフィックウォリアーズのヘルメットに貼られるもので、デザインも決まって2月16日に発注されたそうです。

鈴木弘子『日本を背負おうラストチャンス!』

私も応募しました。

到着は4月になるようですが、どんなデザインなのか楽しみです。


また、目標額に達成した時、たしか日本時間の2月13日の午後だったと思うのですが、鈴木さんは高熱にうなされていたそうです。

皆様、本当に本当にありがとうございました!

Posted by #79 Betty Suzuki on 2016年2月15日


今は全快されていますが、目標達成に元気づけられて回復されたのかもしれません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2016年2月21日】「オードリーのオールナイトニッポン」の感想~チャンドリマシンシツってバカヤローじゃなぁい!

2016年2月21日の「オードリーオールナイトニッポン」の感想を書きます。

今回はIKKOを迎えてのスペシャルウイークでした。

また、ネタライブの発売は本日からだと言うことも告知されました。


1.若林がゲスト出演

若林が、2月20日(土)朝3時からの「「朝井リョウ、加藤千恵のオールナイトニッポン0(ZERO)」」に出演したことを語っていました。

若林自身が番組のゲストに呼ばれることが少ないので、慣れない、と言っていました。

今後は朝や昼の音楽番組を狙って行きたいそうです。

(冗談のようです)


その流れだったかどうか忘れましたが、

「春日は人に関心がないからアドバイスできない。

だから、本来ラジオのパーソナリティに向いていない」(若林)

「そうだね」(春日)

「そもそも俺ら二人とも、人のアドバイス聞かないからできない」(若林)

と言う会話もありました。


2.「ダブルネーム」ジョーに第一子が

最近大きな芸能ニュースが多いのは、国が重要事項から国民の目をそらそうとしているからだ。

と若林が珍しく芸能ネタに踏み込むのか、と思わせることを語りました。

「国の重要事項って、たとえば、築地市場の移転とかね」

と地元のことを。

最近このニュースは下火になったようにおもえますが、移転先の土壌を考えると、かなりシビアな問題だと思います。


そんな中で、大きな芸能ニュースとして、「ダブルネーム」ジョーに、第一子が生まれたことが語られました。

「「ダブルネーム」ジョー第1子女児誕生「産まれた瞬間大号泣」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース」へのリンク

芸人仲間、たとえば流れ星のちゅうえい等から、おめでとうツイートがありました。




おめでとうございます。

ダブルネームは、最近は日本テレビの朝の番組「ZIP!」の「一分動画ショー」でみかけることがあります。


3.ネタライブチケット発売情報

3/20(日)のネタライブの詳細と、チケット発売情報が発表されました。

発売開始は、2/21(日)12:00から、つまりあと数時間後です。

会場 :有楽町朝日ホール

開場 17:00  開演 18:00

出演はオードリー以外は、くじらが決まっているぐらいだそうです。

かんちゃまが出るとかどうとか言っていたような記憶があります。

詳細はこちら。

ローソンチケット「公演名 ネタライブ【出演:オードリー、他】」へのリンク


4.IKKO登場

オープニングが終わって、IKKOがブースに入ってきてスペシャルウイークの企画が始まりました。

1時間強、3人によるトークが展開されました。

印象に残ったことを書いておきます。

1)「バカやローじゃない」は、とんねるずの番組に出たときに、カンペに「バカヤローって言え」と言うのがあって、ストレートには言えないので、「じゃない」をつけたそうです。

すると、とんねるずの二人からの評判が良かったので、定着したそうです。

2)テレビでいじられるのはいやじゃないそうです。

でも、愛情のないいじりは嫌だそうです。

(今回も若林がIKKOに対していろいろといじってましたが、大丈夫だったみたいです)

30代で経営者になって笑えなくなったそうです。

しかしテレビに出るようになって、笑っている自分に気づいて、パニック障害もよくなったので、嫌じゃないそうです。

「パニック障害」を持って生きている人は応援したいので、IKKOのパニック障害について調べてみました。

Wikipediaに以下のように書いてあります。

「2010年5月4日放送『カスペ!』(フジテレビ系列)において、パニック障害であることを告白している。独立をした30代頃にプレッシャーから発症した。一旦は治ったが、再発していると語る。他の疾病と併発していてひどい症状になることもあるが、本人は病気と共生していくしかないと述べた。そのため、「どんだけ?」での人差し指を左右に揺らすのは緊張により手が震えていたためである。また、現在も食レポなどで手が異様に震える事が多い。」

パニック障害については、友人に、家にいてもパニックになっていたのが、通院と努力で劇的に立ち直ったのがいますので、希望をすてずにいてほしいです。

3)若林はIKKOに対して、

「おい、(ジョージ)フォアマン」「おい、こなきじじい」とか呼びかけたり、ジングルが始まったので、

「CMなんでだまってもらっていいですか」

と言っていじっていました。




「愛情のあるいじり」だと思ってもらえればいいなと思います。


4)リスナーからの質問と答えを書いておきます。

まじめなものも読まれましたが、そうじゃないものが多く読まれました、

メール「何フェチですか?」

IKKO「尻フェチです」

メール「大学で3年間専門的なことを勉強をしているけど不安。IKKOさんは仕事をどう考えていますか?」

IKKO「私の仕事で、美容はベースだけど、時代に合わせて変えていく」

(これは回答になったのかなぁ…)

メール「インドカレーで食べるパンみたいなものってなんですか?」

IKKO「ス…言えな~い、そんな変なこと言えな~い」

と何か誤解したようです。

オードリーは「ナン」じゃないかと言っていましたが。

IKKOが何を考えていたか、紙に書かせると、ちょっとひわいなものだったようです。

「ス」で始まる4文字のものかな?

メール「男子にもてないけどどうすればいいですか」

IKKO「露出とかじゃないけど、どんどん行けばいいじゃない」

メール「トルネード山崎に似てますね。自分ではどう思いますか」

IKKO「わかんない」

メール「IKKOさん!!、呼んでみただけです」

IKKO「バカヤローじゃない!」

メール「この前チャンドリマシンシツを披露してましたけど」

IKKO「チャンドリマシンシツってなによ?」

オードリーも「チャンドリマシンシツ」(ひょっとしたら聞き違ってたかもしれません)が何のことかわからないようでした。

私もわかりませんが「チャンドリ」は「オードリーちゃん」を業界用語にしたものかもしれません。

メール「うっちゃんの相方の名前はなんでしたっけ」

IKKO「なんちゃんじゃないの。
   
    何このメール。
    
    大バカヤローじゃない」

メール「今の将来の夢は何ですか?」

オードリーは、「まじめそうで、実は一番ふざけてる」質問じゃないか、と言っていましたが…

IKKO「いい男といっしょになること」だそうです。

メール「タラコスパゲッティーンは好きですか?」

IKKO「ティーンって10代のこと?

    10代は好きじゃない。

    30半ば以降の哀愁がただよった、ちょっと使い古したタラコがいいわ」


IKKOから告知

3/13に第2回一人語りをやるそうです。

トークやシャンソンを披露数するそうです

詳細はこちら。

JZ Brat Sound of Tokyo|ジェイジーブラット サウンドオブトウキョウ「IKKOのひとり語り」へのリンク


そして、最後に一言、と言うことで

「チャンドリマシンシツって、バカヤローじゃない」

とIKKOは叫んでいました。



(IKKOのデビュー曲、「どんだけ~!の法則」。2007/12/5発売のものです)


5.「男の料理」

・石坂浩二が自らカットしたステーキ

・古舘伊知郎が神妙な顔で握ったおにぎり

・豚しか入ってない豚汁

・取調室で出される鯛の活造り

・シュワちゃんのシュワシュワサイダー

・張本の考えより堅いせんべい



6.エンディング

IKKOが「バカヤローじゃない」と言うのが8回あった、ことが語られました。

「え~、なんですかぁ」を引き出されなかったこと、春日の仕掛けが少なかったことを、若林は悔んでいました。

最近他の番組は、仕掛けることを「ブリッツ」と呼んでいます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年シーズンWEEK23】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~スーパーボウル応援マネージャー相武紗季さんが奮闘



(「NFL倶楽部WEB放送 #23」動画

 なんとなくWEB放送は最終回っぽいです)


2015年シーズンWEEK23の「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことを書きます。

今回の放送は相武紗季さんも出演。

衣装は普通のものでした。

尾崎アナはなぜかグリーンベイ・パッカーズのフード。

今シーズン、パッカーズのWRジェイムズ・ジョーンズがジャージの下にフードを来てプレイしていて「フーディー」と言われていましたが、

多分それとは関係はないでしょう。

今回は第50回スーパーボウルにかかわるロケで、特に「スーパーボウル応援マネージャー」の相武紗季さんの奮闘ぶりがクローズアップされてました。

全体的に「何もかも知らないことだらけ、びっくりすることだらけ」(相武紗季さん)と言うことでした。

私としては「特別」や「スペシャル」と言う言葉を、相武さんがどういう意味を持って使ったのか考えてみたい、と思った内容でした。


1.インタビュー

公開取材会場の「メディアセッション」に向かった相武さん。

直撃取材開始です。

まずはペイトン・マニング

相武さんは、現地でいろいろとコーディネートをしてくれた生馬アイザックさんを隣にして着席。

「日本テレビの相武紗季です。

あなたにとって4回目のスーパーボウルですね。

あなたが2回目のスーパーボウルに勝つことはどのくらい特別ですか?」

と質問

「このスーパーボウルでプレイすることはやっぱりスペシャルなことだね。

特に第50回だしね。

歴史的なスーパーボウルを見てくれるすべての人に感謝している。」

との返事。

マニングへのインタビューは、「ここ数年で一番緊張しました。(マニングの)オーラ、半端ないです。」と緊張した表情で振り返っていました。

まるで我々一般人が相武さん自身を街で見かけ、お話しできたら、これぐらい興奮して他の人にそのことお伝えるだろう、と言う感じでした。

ワイプでは「すげぇ、(マニング)ちゃんとこっち見て答えてくれてるじゃん」(若林)と言われ、それに相武さんが嬉しそうに答えていました。

「そうなんですよ。そして(マニング)の表情見てください。(その後は聞きとれず…)」


次にWRデマリアス・トーマス

「日本のファンに一言お願いします」と言うと

「日本のブロンコスファンの皆さん、応援ありがとう。

大好きだよ」

との返事が。


その後、QBブロック・オズワイラーや、WRエマニュエル・サンダースにもインタビューしたようですが、最後にMVPを獲得することになるLBボン・ミラーにインタビュー。

「スーパーボウルはあなたにとって、どれだけ貴重な経験になりますか?」(相武さん)

「とてつもなくプレッシャーがかかってるよ。

だって自分のキャリアの中でこんな特別な試合はなかったんだ

俺はまだスーパーボウルに勝ってないけど、とんでもないチャンスが巡ってきたよ

みんなが自分の仕事をきっちりこなして勝利をつかみ取りたいね」(ミラー)

そしてミラーと相武さんが手を合わせて大きさ比べ。

相武さんに比べ、とてつもなく大きなものでした。

左下の写真がその時のものです。

この3日間、凄い方々に会いすぎて胸いっぱいです!明日もしっかり頑張ります!!

Aibu Sakiさん(@aibu_saki)が投稿した写真 -




次はパンサーズ。

QBキャム・ニュートンには

「あなたは5年でスーパーボウルに到達しましたけど、

あなたにとってスーパーボウルに勝つことはどのように特別なんですか?」(相武さん)

「そりゃ特別だとしか言いようがないよ。

何年も全員で一致団結して頑張ってきたんだ。

パンサーズはまだスーパーボウルに勝ったことがないから。

みんな勝ちたいと思っているんだ。」(ニュートン)

そっけなかったけど笑顔を見せてくれたそうです。


LBルーク・キークリーには

「日本のファンに一言」(相武さん)

「パンサーズを応援してくれてありがとう。」(キークリー)

ここで相武さんが、春日の写真を見せます。

「彼を覚えていますか?」(相武さん)

覚えている、みたいな返事が。

「彼にもメッセージをお願いします」(相武さん)

「スーパーボウルはパンサーズが勝つように応援してね」(キークリー)

キークリーはやさしい人で、良かったそうです。


そしてハーフタイムショウをつとめるコールドプレイへのインタビュー会場へ。

報道陣の数が、両チームへのインタビューの時のを合わせたぐらい多かったそうです。

しかし…

「突撃取材したかったけど、迫力におされてできませんでした。」(相武さん)

とのことでした。

小池絵未さんが一緒だったようです。





2.番組関係者へお買いもの

次に相武さんはNFLショップへ

当日中継で着る衣装をさがしに行きました。

小池さんが衣装を含むショットをツイートしていました。




そして同じものを尾崎アナに買ってあげていました。

尾崎アナにお土産を買うシーンで、菅谷アナがオードリーと違って気遣いができる相武さんは」とナレーション。

ワイプでオードリーの二人が「おいおい、菅谷さん」とつっこんでました。


カメラがスタジオに戻ると尾崎アナがフードを脱いで、相武さんが当日着たのと同じのを着ていました。

「いとこのおねぇちゃんからもらった、って感じだね」と若林にいじられてました。


2日目の夜、オードリーを迎えました。

相武さんが、ビーフジャーキーにあたって調子が悪いと言う情報がオードリーに入っており、それを若林からいじられてました。

そして、二人が中継で使うジャージをプレゼントしていました。




それにしても、2人ともディフェンスの選手、って珍しいですね。


3.試合当日

当日朝7時。

「眠れなかった

ずっとtwitterとか見て、NFLのことにひたってました」(相武さん)




放送ブースに入ると、そこから見える光景に感激してたようです。

オードリーも、今回はいいロケーションに喜んでいたようです。

オードリーは、試合を前にスタッフとタッチフットボールをやり、それにメキシコから来たテレビクルーも参加したりとか…

「マンカバーでメキシコのクルーにつかれてた」(若林)とのことでした。




そして試合前の打ち合わせ。

(パンサーズ有利との前評判だったこと、若林はブロンコスを、春日はパンサーズを応援していたことを念頭に置いていただけると、発言の意図がわかるかと思います)

「点差がついてもあきらめない、と言うことで最後まで行きたいと思います。」(若林)

「とりあえず、「オー」「エェー」「ウァッ」、この3つの単語で頑張りたいと思います」(春日)

(実際は、プレイのけっこう細かいことを語っていたように感じます)

「スーパーボウルがいかに楽しいかをゲームの最初から最後まで通して視聴者の皆様にお伝えできればいいなと思ってます」(相武さん)


いよいよ中継のためにブースへ。

「緊張しています。興奮とかじゃなくて、ここに居られることに緊張していますし、頑張りたいと思います」(相武さん)

その後、3人の試合中の興奮具合が流されました。

試合終了とともに、スタンディングオベーションをしていた若林が印象的でした。


再びスタジオからの中継。

「今思うと、到着した時から、緊張と、テンションの上昇で、何やってたか定かじゃないんですよ。

体とか脳みそが通常の状態じゃなかった」(相武さん)

そして

「若林さんのアドバイスで、目を見開いてみてました。」

と言って目を大きく開いて再現していました。

私は、ここまで目が大きく開ける人を見たことがないです。

人間ってこんなに大きく目が開くものなのか、と驚きもしました。

いつも眼底検査とかで、すでに目を大きくして備えているのに、「はい、これから目を大きく開いてください」と言われ、さらには「手を使ってもう少し開いてください」と言われる私です。


4.その他の人へのインタビュー

小池さんと一緒にスーパーボウルの国際映像を制作しているブースへ。

今回はCBSの放送で、米国内にはCBSのが放送されますが、日本を含む海外180カ国と地域では、国際映像を使います。

インタビューの相手は、NFL FILMSの国際映像制作クルーのジェフ・ロンバルディさん。

グリーンベイ・パッカーズを再興させた名将ビンス・ロンバルディーの親族だそうです。

相武さんは機器を操作させてもらい、画面を替えたりしていました。

目が回りそうなスイッチの数でした。

カメラの数は55台で、それに中継局のCBSのカメラもあると言うからすごいものです。

「スーパーボウルの一番の魅力を教えてください」(相武さん)

「ベストとベストの戦い

個人的には最高のスポーツだよ

肉弾戦だけではなくチェスのような頭脳戦もあってすごく楽しませてくれる」(ロンバルディさん)


まったく同意です。


次は日本人で唯一のグランドクルーの池田省治さん。 

21年連続でスーパーボウルを担当しているそうです。

仕事は芝生の維持管理だけでなく、ペイントも

1月11日に芝を貼り替えて、チャンピオンシップが終わったころ、スーパーボウルの2週間前からペイントを始めるそうです。


そしてデンバーブロンコスチアリーダーロッカールームへ

迎えてくれたのは、日本人チアの西村樹里さん

「チアリーダーの方から見て、48回と50回とで何か違いがありますか?力の入り方とか」(相武さん)

「スーパーボウルに行けると決まった時、48じゃなくて49じゃなくて、50回だよ

すごいテンション高かった。

みんなの気合も、モチベーションも違うと思います

スーパーボウルで両チームチアリーダーがあるチームだったら、両チーム出場できるのでそれも普段と違った楽しみですね」(西村さん)

(NFLにはチアリーダを置かないチームもあります。

たとえばシカゴ・ベアーズとか、特に古いチームにその傾向があります)

最後は相武さんの掛け声で、全員で写真撮影でしめてました。


ところでこちらは西村さんのブログ。

「(大敗した)2年前があってのスーパーボウルの優勝だと思います。」とかは興味深かったです。

西村樹里のマイルハイダイアリー「we are champions」へのリンク

5.オードリーのロケ

オードリーもロケを行いました。

「いろいろとありました」(若林)

「いろいろとむちゃくちゃにさせられたと言うか」(春日)

とのこと。


なんと

「第50回スーパーボウル特別企画 50個の歴史を刻め!! 「記念写真50枚 激写ロケ」」

を依頼されたそうです。


そして記念すべき1枚目は

「相武さんの寝起きを」

と言うことを若林が依頼されていました。

この無茶ぶりには若林も消極的。

「え~、それ…(相武さんの事務所の)許可とってないでしょ。

申し訳ないけど、「NFL倶楽部」で寝起きドッキリやるレベルの人じゃないよ

大丈夫なんですか?

何か起こったら、そっち(日本テレビ)でやってくださいよ

俺は言われて行くんですからね」

そしてこんなことも。

「そう言うのが、毎年あるのよ

NFL倶楽部」はバラエティ慣れしてないから、激辛カレーで2日間腹下すとか

大丈夫ね?」

と念を押していました。


そして寝起きドッキリへ

画面の下から若林が

「おはようございます。ボン林ミラ恭です。

それでは相武さんの部屋に行ってみたいと思います」

と言って部屋にむかい、カードでキーをあけ、

相武紗季に強烈なブリッツを仕掛けたいと思います」

とそぉ~とドアを開けたところで

「この続きは、来週公開させていただきます」

と言うことで終わりました。


そのほか、NFLエクスペリエンスでパスでボールをかごに入れるゲームを三人がやっているシーンも。

春日のパスが素晴らしく、ただ一人成功していました。

(他の番組でも春日がパスを投げるところを見たことがありますが、けっこう上手だと思います)

最後にカメラがスタジオに戻り、若林が

「相武さんもハードスケジュールだったでしょう」

と尋ねると、

「寝起きとかもあるんだなぁ、なんでもあるんだなぁ、と思いました。」

と答えてました。


6.よくわからない会話

番組で放送されたわけではないですが、昨日twitterでこんな会話がありました。




これってなんでしょうね?

相武さんと生馬さんは、取材で一緒にしていたようですが、どこかで相武さんが生馬さんの名前を言い間違ったのかな?



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】RG3には、是非カムバックして欲しい~ジム・プランケットのように

ワシントン・レッドスキンズの控えQBロバート・グリフィン3世

通称「RG3」の退団が濃厚となったようです。

「NFL JAPAN.COM|RG3が身体検査をパス、レッドスキンズ退団が濃厚に」へのリンク

2011年にはハイズマン賞を獲得し、翌年にはレッドスキンズに全体の2位指名で入団。

さっそく先発QBを任され、チームを1999年シーズン以来13年ぶりの地区優勝に導きました。



(RG3のルーキーイヤーの活躍ぶりを映した動画)

しかしプレイオフで負傷。

それがたたって、とうとう今シーズンは出番が無しでした。


パスプロテクションがしっかりしたチームであれば、RG3はまだまだ先発として活躍できると信じています。

アスリートとしてだけではなく、人格者としても知られていますので、どこのチームに行ってもいいですから、成功して欲しいです。


ところで、過去、移籍先のチームでスーパーボウルに勝ったQBをリストアップしてみました。

(漏れがあったらすみません)

レン・ドーソン

ジョニー・ユナイタス

ジム・プランケット

ダグ・ウィリアムス

スティーブ・ヤング

ブレット・ファーブ

トレント・デルファー

ブラッド・ジョンソン

ドリュー・ブリーズ

ペイトン・マニング

などなど。

この中でRG3と状況が似ているのが、ジム・プランケットだと思います。


ジム・プランケットは、盲目の母親と、進行性の盲目症の父親に育てられ、1970年にハイズマン賞を獲得。

翌年ニューイングランド・ペイトリオッツに全体の1位指名で入団。

先発QBに定着し、新人王に輝きました。

RG3も、最優秀攻撃新人選手に輝いています。

しかしプランケットの成績は下降していき、1976年シーズンを前に、サンフランシスコ・49ナーズにトレードに出されます。

先発を任されますが、そこでも再起できず。

1978年のシーズン前にオークランド・レイダースに控えQBとして入団します。

レイダース3年目の1980年、それまで控えだったプランケットは、負傷したQBダン・パストリーニにかわり出場することになりました。

レイダースはワイルドカードでプレイオフに進出。

ついには第15回スーパーボウルに出場するまでになりました。

その晴れ舞台でプランケットは3TDパスを投げ、インターセプトは受けず、MVPに輝きました。


YouTubeNFL公式「#37: Jim Plunkett Super Bowl XV Highlights | Top 50 Super Bowl Performances:第15回スーパーボウルでのジム・プランケットの活躍」へのリンク



それから3年後にもスーパーボウルに勝ちました。


見事なカムバックストーリーだと思います。

RG3にも、こうなって欲しいのです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「SHERLOCK/シャーロック 」と「シャーロック・ホームズ」を結びつける本2冊~「ケトル VOL.29」と「シャーロック・ホームズ完全解析読本」

最近はずっとアメリカンフットボールのことで忙しかったので、シャーロック・ホームズに関しては、「SHERLOCK/シャーロック 」のファンサイトの「SHERLOCKfansiteJapan(@Sherlockfan_JPN)」さんのツイートを眺めている程度でした。

その中で気になることが。

ツイートの中には、「SHERLOCK/シャーロック 」関連の書籍のこともあります。

それで知ったのですが、ドラマ「SHERLOCK/シャーロック 」と正典「シャーロック・ホームズ」との結びつきを書いた本が2冊出るそうです。

つまり、正典(オリジナル)のどの箇所が、ドラマのどのシーンでパロディ、またはオマージュとして使われているかを書いているもののようです。



「ケトル VOL.29 」

2016/2/13発売

972円

ISBN-10: 4778315081

ISBN-13: 978-4778315085

Amazonへのリンク


「シャーロック・ホームズ完全解析読本」

2016/2/19発売

1296円

ISBN-10: 4800252539

ISBN-13: 978-4800252531

Amazonへのリンク


前者には詳細な説明のサイトがあります。

「ケトル VOL.29 - 太田出版」へのリンク

この中に「英BBC『SHERLOCK』シリーズ正典比較&元ネタ研究!!」という項目があります。


後者の解説サイトを見つけることができなかったようですが、Amazonのサイトには

「大人気のベネディクト・カンバーバッチ主演の人気ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』第1~第3シーズン全話と
コナン・ドイルの正典とのリンクを徹底比較&解説。」

とあります。

調べてみると、どうも2014年3月に出版された「シャーロック・ホームズ完全解読」をベースに加筆したものかと思われます。

「シャーロック・ホームズ完全解読│宝島社の公式WEBサイト 宝島チャンネル」へのリンク

このときはまだ「SHERLOCK/シャーロック」の「シーズン3」は放送されていませんし、新しく出るものには、「忌まわしき花嫁」のことが言及されています。

これは買った覚えがなくもないですが…

シーズン3のことも知りたいので興味はあります。


「SHERLOCK/シャーロック」は、もはや「シャーロック・ホームズ」ファンなしでも、新しい人気ドラマシリーズとして確立されているように感じることがあります。

しかし私は「シャーロック・ホームズ」のファンなので、「SHERLOCK/シャーロック」との関連探しが好きなので、見ています。

ですから、「SHERLOCK/シャーロック」を見るときは、「木を見て森を見ず」と言う形になりますので、全体のストーリーが把握できない、と言うことがよくあります。

(特に「ベルグレービアの醜聞」については、今でもストーリーがよくわかっていません)

ですから、ブログに感想を書くと、とんちんかんな事になってしまうんですが…


シーズン1のエピソード1の最初の方に、「自宅へ雨傘を取りにはいったきり、この世から姿を消してしまったジェームス・フィリモア氏の事件」のことが描かれています。

これは正典の「ソア橋」の中の「書かれざる事件」のひとつなのですが…

こう言うのがわかると嬉しくて嬉しくて…


そんなわけで、この2冊が出版されるのを楽しみにしています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】「じゃない方」を返上して欲しい、スアレス投手

2月15日(月)の朝、ヤフーの「リアルタイム」アプリを見たら

「スアレス」

と言うワードが上位にありました。

福岡ソフトバンクホークスの新外国人、ロベルト・スアレス投手がなんかすごいことをやったのか、と思ったら、サッカーのスペインリーグ、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナのFWルイス・アルベルト・スアレス選手が、ハットトリックを達成したことがtwitterで話題になっていたので上位にあったことが分かりました。

時間は朝9時すぎ。

そりゃあホークスの無名の投手が話題になるわけはないよな、と思いました。


しかしこのスアレス投手、かなり評判が良いようです。

下記リンク先の記事によれば

「佐藤投手コーチも、その投球にゾッコン。「オレの思う(チームの)ナンバーワンは、あのテストの外国人(スアレス)だけどな。あれだけの球を投げて、ミットの構えたところにしっかりと行く。あんな投手は、あっち(米国)でもなかなかいないんじゃないか」」

とか「魔改造」で知られる倉野総合巡回コーチも

「今の時期あれだけ投げられれば十分。絶対に上がってきますよ。モノは抜群。よく見つけてきたな、という感じですからね」

と話したそうです。





それでもこの日のスアレス投手は絶不調。

シート打撃に初登板したものの、打者6人との対戦で、牧原に右越え本塁打を許すなど4安打の集中砲火を浴びたそうです。

しかし強風が吹き荒れる悪いコンディションだったので、工藤監督は

「今日の状況で判断するのはかわいそうかなと。クイックで投げても、球速が出ていたし、足を上げたら、もっと速い球が投げられるんじゃないか」

と擁護。

真っすぐに詰まらされ、三邪飛に打ち取られた柳田選手も「速いっす。動くっす」と驚いていたそうです。

この調子で行けば、開幕すぐ、とは行かないまでも、ジェイソン・スタンリッジ投手の穴を埋められるんじゃないかな、と期待させてくれます。

先発なら、の話しですが。

こんな投手が、一昨年までは草野球程度しかやってなかった、と言うから驚きです。

今はサッカー選手「じゃない方」のスアレス投手ですが、それほど時間が経たずに、スアレスといえばホークスのすごい投手、と言われるようになってくれるでしょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。


 ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【プロ野球】16球団拡張案復活?〜川崎の武蔵小杉を本拠地にしてみては?

昨日2月15日の衆議院予算委員会で、自民党の後藤田正純議員が、

プロ野球を12球団から16球団に増やす構想に触れ、

政府がどう対応するか尋ねたそうです。

記事から引用しますと、

「 後藤田氏は、地元の徳島県や南九州、沖縄県にプロ球団がないとした上で、「今までのプロ野球は、企業の宣伝みたい(な役割)だった。そうではなく、地方再生と同じパターンで、(地方に球団が)できたら盛り上がると思う」と、提案。サッカーのJリーグでは、チーム数がプロ野球より多いことも指摘した。」

と言うことも語ったそうです。

「プロ野球16球団構想、後藤田氏が政府の対応ただす」より)

これに対し、石破茂地方創生担当相が答えたそうです。




昨年も球団数拡張(エクスパンション)の話があったと思いますが、その話しの延長なのかもしれません。

おもしろいとは思いますよ。

ですが、Jリーグが地方活性化にひと役買ってるかは、ちょっと疑問に思います。

増やすなら4球団、と言う理屈はわかります。

3球団だと試合ができないチームも出てきます。

それに、両リーグを例えば地区別に4球団ずつにわけ、CSで地区優勝同士がリーグ優勝を争えば、下剋上による不公平感も減るでしょう。

ワイルドカード枠を作れば、下剋上の楽しみも残りますが…


ところで、どこに球団を置きましょうか?

ここからは半分以上冗談だと思ってもらいたいんですが。

ひとつは…神奈川県川崎市の等々力緑地ならおもしろいな、と思います。

実はここからなら、うちから歩いて行けるんですよ。

騒音や混雑が気になるほど近くでもないですし。

(でも小杉駅前のバス停は大変だろうなぁ〜

    今でも等々力陸上競技場でJリーグの川崎フロンターレの試合の日には大混雑、そして時刻表は無意味なりますから)

そういう個人的な理由はさておき

たしか川崎市は、政令指定都市で、唯一プロ野球が開催できる球場を持たないところだったと思います。

最寄りと言うには少し遠いですが、武蔵小杉駅からはいろんなところにアクセスが便利です。

東京、横浜、川崎はもちろん、千葉や埼玉にも乗り換え無しで行けますから。

今はどうなったかわかりませんが、等々力緑地のそばを川崎市営地下鉄が走る計画もありました。

私はプロ野球球団の経営には、交通インフラが整っていることが大事だと思うんですよ。

武蔵小杉は便利な駅ですし、等々力緑地から歩いて往復できなくもないです。


ファンはできるかなぁ〜?

横浜と東京に挟まれていて、人口のほどはファンは増えないような気がします。


また、等々力緑地や等々力球場は、現在他の目的で改装しているようです。


そうなったら私も応援すると思いますが…

福岡ソフトバンクホークスが一番好きな球団であることはかわりないでしょう。。

どうしても故郷のチームは気になりますから。

(むかし、子供の時にヒーローだった選手が引退して他球団の監督を務めたことがありますが、それでもホークスを応援してましたから)

2ちゃんまとめサイトに、ソフトバンクがもう一つ作ればいい、というのもありました。

財政的にも戦力的にも可能だと思いますが、そう言うサンジカリズムはスポーツにとって好ましくないので、やめて欲しいです。

でもそうなったら応援するかも…ということもないでしょう。

私はソフトバンクのチームが好きなのではなくて、福岡にあるチームが好きなので。


さてこのエクスパンションの話し、現実にはないと考えます。

それは地方経済や日本経済を活性化させるかもしれませんが、他のマイナースポーツで盛り上がってくれる方が嬉しいです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【電力小売全面自由化】どの会社を選んだらいいか、比較してみた~詐欺についても書いてみました

来たる2016年4月1日より、電力小売全面自由化が始まります。

我が家の場合、これまでは東京電力から電気を買っていたわけですが、これからは他の会社から買うこともできます。

ニュースで言っていましたが、大体の家庭では切り替えたほうが安くなるそうです。

(高くなる条件は後述します)

我が家でも切り替え先を探すべく、比較サイトで調べてみました。


比較サイトを調べるには、下記サイトを参考にしました。

「電力小売り全面自由化!電力料金比較サイト(まとめ) - マンション・チラシの定点観測」へのリンク

このサイトで紹介されているもののうち、私が使えたのは、以下の2サイトでした。

「エネチェンジ」へのリンク

「価格.com」へのリンク

他のサイトも一通り試そうとしましたが、まだ比較機能を整備していなかったり、私にはむずかしかったりめんどくさかったりして挫折しました。

下は比較.comの結果です。

20160214比較com電力検索結果

(個人情報保護のため、一部、仮の値で調べた結果です)

比較をする際、なるべく直近の「電気使用量のお知らせ」(東京電力での名将)を手元に用意してください。

私は1月の数値をもとにやってみました。

いずれのサイトも、入力項目はこんな感じです。

1.郵便番号

2.電力会社・サービス(基本的には関東では、東京電力になります)

3.契約種別(料金プラン)

4.契約容量(アンペア数)

5.世帯人数(平日や土日ごとに家にいる人数も)

7、月間使用量(直近の電力使用料金、または使用量)

「エネチェンジ」の方が、やや細かく質問された気がします。

そして、上図の結果を得ました。


「比較.com」と「エネチェンジ」の結果は違いましたので、ここからが考えどころです。

そしていくつかにしぼり、各社に電話して尋ねてみました。

尋ねたのは以下の点です。

(大事なことを聞き洩らしたり、書き残した可能性は高いです)


一般的なこと

・会社によって停電の頻度はちがいますか?

これは、まずないそうです。

電線などのインフラは、既存の電力会社(関東地方では東京電力)のを使いますし、発電できない緊急事態では、他社から融通するそうです。


各社違うこと

・どういう条件ならば安くなるのか?

ガス会社やインターネットプロバイダーとのしばりがあったりしました。

・サポートや問い合わせ窓口の電話はどうなっているのか?

電話で即尋ねられるのか、受付時間は長いか、休日もやっているか、無料通話か、などです

・ポイントがつく条件、そして自分の持っているポイントカードに振り替えられるか?

これに加え、いくらで何ポイントつくかも尋ねました。

200円単位から付くところもあれば、1,000円単位から、というところもありました。

まあ正直、私はこれについてはあまり重視してません。


参考までに、情報サイトへのリンクを貼っておきます。

「価格.com - よくわかる!電力自由化Q&A|電気料金比較」へのリンク

なお、切り替えで値上がりするケースは、おもに以下のケースだそうです。

・一人暮らしなど、もともと使用電力が少ない世帯

・オール電化の世帯

詳細はこちらをご覧ください。

「電力会社の乗り換えで電気料金が高くなる?!【新電力】」へのリンク

また、東京電力など既存の電力会社でも新しいプランを用意しているようです。


詐欺に注意!!

電力自由化に便乗した悪質な勧誘や詐欺は、もう始まっています。

詐欺の例として

「電力自由化前に太陽光発電システムを設置し売電すれば儲かる」

「切り替えるなら、特別な機器を購入しなければならない」

とかです。

なお、スマートメーターに切り替えるところもあるようですが、設置には一切費用はかからないそうです。

以下の記事が参考になると思います。

「電力自由化スタートにともなう、不審販売・便乗商法に注意」へのリンク

「詐欺に注意!電力自由化での詐欺 - 電力自由化ライフ」へのリンク

勧誘が来たら、その場での契約は避け、名刺など連絡先が書いてあるものをもらい、周囲に相談するか、もよりの消費生活センター(電話番号188)に相談することが良いと思います。

(ただし詐欺と言うものは契約をいそがせます。

 今日中でないとダメ、とか言って。

 だから名刺とか置いていかないことが多いでしょう。

 その場合は放っておけばよいと思います)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2016年2月14日】「オードリーのオールナイトニッポン」の感想~第50回スーパーボウルの土産話しとネタライブ告知



(来週の「オードリーオールナイトニッポン、スペシャルウイークの番宣動画「オードリーのANN『春日割り』」)


2016年2月14日の「オードリーオールナイトニッポン」の感想を書きます。

スーパーボウル帰りと言うことで、今回はオープニングで少々、二人のフリートークでも、ロケなどの話しがされました。

あと、ネタライブの告知がありました。

ただ、春日が誕生日を迎えていたことには、触れられていなかったと思います。


1.IKKOを迎えるにあたって

来週のスペシャルウイーク、ゲストはIKKOです。

IKKOを迎えるにあたって、IKKOの名言がいくつか紹介されました。

「見た目が美しいという自信は凶器ですよ。内面を磨くという気をジャマするから」

「女にとってトキメキは、きれいのエッセンス」

「乗りきれなかったら、また同じ所でつまづくから。苦しくても歩き続ける。一生懸命の糸が切れた時は、私の命が終わる時」

半分は冗談なのかもしれませんが、

「かなり徳の高い人を迎える」

「俺たちが転がせる相手じゃない」

と言っていました。

なお、番組の公式サイトでは、このような告知もありました。

「当日は以下のメールも募集します!


『IKKO学部』
IKKO学部の人がどんな人なのかを予想して、
件名に『IKKO学部』と書いて送ってください。


『どんだけの小部屋』
あの伝説のコーナーが復活、「どんだけー」と思うような事を送ってください。
件名に「どんだけ」と書いてお願いします。」


2.「若林さんの発言がヤフトピに載ってますよぉ~」

毎回、最後のロケ(日本テレビ「Going!」への出演?)からスーパーボウルの前まで、3時間ほど時間が開くそうです。

その間若林は、グラウンドで、サンフランシスコの空気を吸い、いい気分になって、このままグラウンドに寝ていたなぁ、とか思いながら、いい気分で過ごしていたそうです。

この日のサンフランシスコ(正確にはサンタクララですが)の気候は、温暖で、気持ちよかったそうです。

そこにディレクターか番組関係者が走ってきたそうです。

何事かと思ったら

「若林さんの発言が、Yahooトピックスになってますよぉ~」

とのこと。

若林は、そんなことどうでもいいわ、珍しいことでもないし、と思ったそうです。


そのYahooトピックスは、多分この手のものでしょう。

「オードリー若林が休業ベッキーいじり「MCが一番おバカな大人」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース」へのリンク

2月7日(日)23時33分配信ですので、スーパーボウルの8時間前のものです。

私もこのヤフトピを見ました。

今は見つけることができませんでしたが、ヤフトピのトップはこのスポニチのものではなかったと思います。

このニュースを見たとき、「ベッキーについては、擁護しても非難しても叩かれる傾向があるから、若林も叩かれるかなぁ~?」とか心配になったのですが、結果は真逆でした。

「いままでで一番いい対応」

「若林のやさしさがあふれている」

と言うものが多かったです。

非難しているヤフコメはほとんどなかったと思います。

これには驚きました。


3.「レディ・ガガって歌うまいなぁ…」

若林が春日に、第50回スーパーボウルでのレディ・ガガの国歌斉唱(「国家独唱」と伝えるメディアが多いようです)の感想を尋ねました。

「歌、うまかったね」

との答えに

「それは、横山やすしさんに「漫才うまいね」と言うのと同じだよ。

「うまい」の上に、もう一言ちょうだいよ」

と若林は返していました。

若林が言うのももっともですが、下記リンク先の記事によると、

「レディー・ガガの国歌について、私の周囲からは「あんなに歌が上手だとは思わなかった」という反応が多く聞かれた。」

そうです。

「お気に入りは第43回のハドソン 歌姫たちのスーパーボウル - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク


私は…うまい下手よりも、下手な演出がほとんどなくて良かった、と思います。

「下手な演出」とは、ガガ固有のものでなく、不要に歌い上げるシンガーがこれまでけっこういたんですよ。

あくまでも主観ですが。



(レディ・ガガによる、第50回スーパーボウルでの国家独唱の動画)


3.若林トーク

スーパーボウルでのロケで、相武紗季さんに、寝起きドッキリをしかけた話しでした。

ラジオで語られたので、内容を書いても問題はないと思うんですが、次回か次々回かの「NFL倶楽部」で放送されるかもしれませんので、書くのをやめておきます。

次回の放送は

CS日テレG+では2/18(木)の22:00~

BS日テレでは2/19(金)の25:00~

日本テレビでは2/20(土)の3:35~

なお、BS日テレのは全国で視聴できます

放送されたら裏話として書きますし、されなくてもネタとして書きます。


ラジオを聴いた方向けに、参考になる情報だけ書いておきます。

相武紗季さん:2年ほど前から熱烈アメフトファンになり、今回その縁で「NFL倶楽部」やスーパーボウル中継に出演されてます。




小坂ディレクター:「NFL倶楽部」の在米ディレクター。

「NFL倶楽部」の在米twitterアカウントの中の人で、よく情報を発信されています。




(写真の真ん中に若林、左側に春日、壁側の席の一番手前に相武紗季さんが見えます。

春日と話しているのは小池絵未さんだと思います)


小池絵未さん:NFLのみならず、NBAやNHLでもチアリーダーを務められ、現在は「NFL倶楽部」のレポーターをされています。

スーパーボウルでは現地メディアから逆取材も受けていました。




(写真の右側が小池絵未さん)


この件は書かれてなかったと思いますが、ロケの模様と写真は、下記リンク先で見れます。

「オードリー&相武紗季追っかけ隊ブログ」へのリンク


5.春日、キークリーのジャージを買えず

春日は、現地でカロライナ・パンサーズのLBルーク・キークリーのジャージ(ユニフォーム)を買おうとしたのですが、買えなかったという話しでした。

売り場を見ても、今回は両チームのQBキャム・ニュートンとペイトン・マニングのジャージしかなく、ショップを出ようとしたら、マネキンがそれを着ているのを見つけました。

ほしいなぁ、と思ってい見ていると、あるおじさんが店員に頼んで、マネキンからそれを外してもらって買っていました。

もうひとつ、キークリーのジャージを着ているマネキンがあったので、店員(女性)に頼んだところ、今は売れないとのこと。

じゃあ試合後に買いに来るからとっといて、とお願い。

それでも英語が通じたか、試合後インタビューの仕事を終えてショップに行けるまで店が開いているか心配だったので、すったもんだの末、試合後にDちゃんに買いに行かせることで店員と合意しました。

しかし試合終盤、だいたい結果が見えたところでDちゃんが気を利かしてショップに行ったところ、売ってもらえず。

なんとその店員には、そう言う権限がなかったそうです。

(ここからは正確には覚えてないのですが)

試合もインタビューの試合も終わり、ショップの前を通りかかったところ、まだ開いていてジャージもあったとか。

そこでもう一度お願いしたところ、奥から、ドナルド・トランプのような怖いおじさんが出てきて、結局買えなかったそうです。


なお、トークの中で、Dちゃんが、芝の管理をしているアメリカ人と話していた、と言ってましたが、池田省治さんと言う日本人だったかもしれません。

1994年からスーパーボウルのグラウンドクルーとして活動されている方です。


また、Dちゃんは普通に選手とも話していたそうですが、その選手はおそらくデンバー・ブロンコスのDEで90番のアントニオ・スミスだと思います。





6.「男の料理」

・ケイン・コスギがとびこえられなかったモンスターパンケーキ

・「岩城滉一」と言う焼印が入った肉まん

・五郎丸ポーズをしている大根

・革の手袋をしたまま握ったおにぎり

・テンションあげあげさつま揚げ



7.ネタライブの告知

3月20日(日)に有楽町朝日ホールにて、ネタライブが開催されることが告知されました。

時間、メンバーは未定だそうです。


9.小池さんとオードリーの動画

そう言えば小池絵未さんとオードリーが、「NFL倶楽部」の収録後に語り合っていた時の動画がありますので、貼っておきます。



今シーズンの「NFL倶楽部WEB放送」では最高におもしろかった回でした。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2015年シーズンWEEK22】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~第50回スーパーボウルレポート




(「NFL倶楽部WEB放送 #22」の動画)


2015年シーズンWEEK22の「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことを書きます。

今回は第50回スーパーボウル観戦レポートでした。

今週から30分の放送に戻り、久々に尾崎アナとオードリー3人での放送でした。


1.スーパーボウルを振り返る

トップの動画でも言われていますが、今回の実況はいつもの上の方からではなくて、真ん中ぐらいの段の席から。

ガラスがなく、クラウドノイズをもろに浴びたそうです。

この席からだと思います。





ゲーム前に、これまでの49回のスーパーボウルのMVPが一人一人紹介されました。

その動画はこちらのツイートで




その後、レディ・ガガの国歌独唱

YouTubeNFL公式「Lady Gaga Sings the National Anthem at Super Bowl 50 | NFL」へのリンク

そしてキックオフ

前半のダイジェスト動画はこちら

YouTubeNFL公式「Panthers vs. Broncos: Super Bowl 50 | First Half Mic’d Up Highlights | Inside the NFL」へのリンク

いつものようにダイジェストをワイプで見ている3人ですが、今回は結果を知っている体でいられますので、静かに、ときどき思いで話しをしながら見ていました。

FGを決めた、デンバー・ブロンコスのドライブを指揮したQBペイトン・マニングに、若林は

「さすがベテラン、テンポ良く決めていた。もう少し苦戦するかと思った」

と言っていました。

対して調子があがらないQBキャム・ニュートンについて、春日は

「試合前は生き生きしていたんだけどねぇ…始まったら表情が硬かった…」

とのこと。

前半を終わってブロンコスがリード。

前半でパンサーズが2ポゼッション差をつけてるんじゃないか、との予想とは反対のこの展開に、

「ブロンコスのファーストドライブが大きかった」(若林)

と言っていました。

(私としては、パンサーズのセカンドドライブでのパスが、チャレンジの結果失敗とされたのが大きかったと思います。

ファーストドライブではファーストダウンをとれませんでしたが、その最後には、ニュートンはいいパスを投げていましたので、セカンドドライブに望みが持てる、と思いました。

ですが、そのチャレンジの結果で勢いがそがれ、次のプレイでボン・ミラーにサックされ、ファンブルリカバーTDを許してしまいました。

あのパスが成功と判定されていれば、TDされることもなく、勢いに乗っていたかもしれません)


コールドプレイ、そしてビヨンセ、ブルーノ・マーズによる豪華なハーフタイムショウ。

フル動画はこちら

YouTubeNFL公式「Coldplay's Full Super Bowl 50 Halftime Show feat. Beyoncé & Bruno Mars! | NFL」へのリンク

そして後半

後半のダイジェスト動画はこちら

YouTubeNFL公式「Panthers vs. Broncos: Super Bowl 50 | Second Half Mic’d Up Highlights | Inside the NFL」へのリンク

ブロンコスが最後までカロライナを勢いづかせなかった試合運びで、3度目の優勝を飾りました。


2.「若林の熱視線」

今回は「ボンちゃん」ことMVPのボン・ミラーの2つのサックでした。

下記リンク先の動画の、最初のプレイと、0:55からのプレイが語られました。

YouTubeNFL公式「Von Miller Super Bowl 50 MVP Highlights | Panthers vs. Broncos | NFL」へのリンク

最初のプレイはOTの74番マイク・レマーズが、ミラーのスピードについていけていません。

0:55からのプレイは「スピン(またはスピンムーブ)」と言う技術でレマーズをかわしています。

このプレイについては、レマーズは、当たったと思ったら、気が付いたらミラーがいない、と言う気持ちだったんじゃないかな、と言っていました。

この2つを絶賛していました。

そして今週の一言

「ボン・ミラーが素早いのはニワトリをつかまえているから説」

とうことでした。

ミラーは将来は養鶏場を経営するのが夢だそうです。


3.「今週のハドル」

今週も、1/23と1/24に行われた「The Huddle Bowl 2016」で撮影されたもの。

京都大学ギャングスターズOB

の方々によるものでした。

この番組のプロデューサーの佐野徹さんもギャングスターズOBなのですが、ハドルにいたかどうかはわかりませんでした。

京都大学は、私が大学生の頃は「怪物」と言われたQB東海辰弥選手を擁し、社会人をも破って2年連続日本一にかがやいたこともある強豪です。

なお、「The Huddle Bowl 2016」に関しては、アメフト大好き女子のみきぴーさんのブログに詳しく書いてあります。

アメフト観に行こう!「ハドルボウル2016!!!」へのリンク


4.試合後のインタビュー

試合後のオードリーと相武紗季さんによる選手らへのインタビューの模様がながされました。

「相武さん、ブリッツかけてください」

オードリーにはっぱかけられていました。

まずはペイトン・マニング。

しかしメディアの大群に囲まれていて姿も見えず。

最後に立ち去るときに相武さんが声をかけていました。

多分その時の写真がこちらのツイートのなかのリンク先のもの。




次は若林がデマーカス・ウェアに、「きもちはどうですか?」と尋ねると、「ベリー・グッド」の返事が。

そして握手してもらっていました。

「手がめちゃくちゃでかかったびっくりした」(若林)

そうです。

この試合では反則が目立ったタリーブからは、「見ていてくれてありがとう」と。

デマリエス・トーマスにはじっくりとブースでインタビュー

「相手のディフェンスはすごかったよ、でもブロンコスのディフェンスはもっとすごかったね。

僕もやりたいことがあったけどなかなかできなかったよ」(トーマス)

そして相武さんも質問

「あらためてスーパーボウルの勝因を教えてください」(相武さん)

「もちろんディフェンスだよ。いいプレイがたくさんあったからね

NFLで一番のディフェンス陣だよ」

(なおここまでのインタビューの随所に、生馬アイザックさんの姿が見えました。

押しが強い人ですから、通訳だけではなく、セッティングでも活躍されたと思います)


そして3人で、ブロンコスの日本人チア、西村樹里さんにインタビュー

小池絵未さんが試合終了直後にフィールドで写真をとっています。




インタビューはオードリーと相武さんの3人で。

「日本人初のチアリーダーとしてのスーパーボウルでの優勝おめでとうございます

どうですか、お気持ちは?」(3人)

「絶対大丈夫だと信じて、最後まで応援してました。

本当にスーパーボウルに優勝するに値するチームだと思います」(西村さん)

「これからもブロンコスをお願いしますね」(春日)

「もしブロンコスのチアリーダーでなくなっても、私はずっとブロンコスが一番のチームなので、なにがあってもブロンコスをを応援していきます。」(西村さん)

西村さんはスーパーボウルリングをもらうことになりますが、多分4月から7月になると思います。

写真をとってツイートして見せてもらいたいものです。


5.「春日の2ミニッツワーニング」

今回は第50回スーパーボウルで生まれた記録について。

ペイトン・マニングは、スーパーボウルに勝った最年長QB(39歳)となりました。

そして視聴者数は歴代最高で、全米で1億6,700万人。

単独番組では最大だそうで、ネットで見た人がいたことも考えると、とんでもない数字になると思います。

なお、こんなツイートもありました。





来週はオードリーと相武紗季さんによる、サンフランシスコロケの模様だそうです。


ところで、トップに置いた動画で

「ティーボウ、来てたんかい?」

と言うセリフがありますが、来てたようです。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

自分からなくなりつつある、地図を読む技術

ITCを中心に、技術が進歩すると、自分では使わなくなる技術が出てきます。

基本、技術の進歩とは、人を楽にさせるものであるべきなのですが、一方でそれは人を堕落させるものとも言えるでしょう。

下記リンク先の記事を読んで、思うところがありました。

「テクノロジーによって2016年にも消えてしまうかもしれない7つの生活スキル」へのリンク

この中で私がハッとさせられたのは、

「紙の地図を読むスキル」

が、たしかに自分からは衰えている、と言うことでした。

紙にかぎらず、ネットで見る地図についてもそうですが。


以前は初めての店で飲み会があるとしても、ネットで地図を見て覚えて、どの駅からどう行けばいいか、だいたいできました。

でも今は、スマホのGoogleマップに頼りっぱなしです。

自分のいる場所から目的地まで、ナビしてくれますので、何にも考えずに目的地に着けます。

ただし、画面に自分の位置が表示されるまでのタイムラグは考慮しないといけませんが。

(一応立ち止まって見るようにしています)


そして今、これでいいんだろうか?

と疑問を持っているところです。


この話題に関連して、今考えるとけっこうよくやったなぁ、と思うのが不動産屋のアルバイトでした。

大学一年生の最初の春休み、まだ東京に出てきて一年もたたない頃でしたが、お客様方を、地図を頼りにいろんな場所に案内させてもらいました。

スムーズに目的地に行けないことはあっても、迷って結局着けなかった、と言うことはなかったと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

清原和博氏の思い出

今月初旬に、覚せい剤取締法違反で逮捕された清原和博氏ですが、

「清原についてどう思いますか」

と言うことをとある人に尋ねられたので、書いておきます。


1.あの執念を継続できなかったことが残念

清原氏のことで一番印象に残っているのは、王貞治ジャイアンツ監督(当時)の写真を床に敷いて、それを見ながら腕立て伏せをしたことです。

こちらのサイトにわかりやすく書いてあります。

「清原和博の真実 / 永谷 修【著】〔ナガタニ/オサム〕 - 紀伊國屋書店ウェブストア」へのリンク

清原氏はドラフトで、相思相愛と言われた讀賣ジャイアンツに指名されませんでした。

「その日から、王貞治の写真を前に、腕立て伏せ200回をくり返す。」

との記述通り、ジャイアンツを見返してやろうと言う、思いから、王監督の写真を床に敷いたのだそうです。

この話しは、前述の本ではなく、ドラフトから2年後ぐらいに出版されたコミックで読みました。

コミックですから、絵で書いてあります。

この執念はすごいな、これは大打者になるわ、と思った記憶があります。


しかし一方で、ある講演会で、某スポーツ新聞社の運動部部長(だったかな)から

「清原が、王、長嶋ぐらい練習すれば、もっとすごいバッターになれるのに」

と言うのを聴きました。

当時まだ清原氏は現役プロ野球選手でした。

それを聴いて、清原氏はなんであの腕立て伏せみたいな努力を継続できなかったんだろう、と残念に思いました。


2.超常現象?

清原氏が西武ライオンズのルーキーだった1986年、私は大学生で、まだライオンズファンでした。

何月ぐらいのことか忘れましたが、サークルのメンバー何人かで、西武球場にライオンズ対阪急ブレーブス(当時)の試合を見に行きました。

小雨模様でした。

一塁の守りについた清原氏の巨大な臀部を見て、高卒ルーキーでこのケツはすごいな、と驚きました。

試合の途中、清原選手がホームランを打ちました。

そして気が付いたら、空は晴れあがっていました。

寒気がしました。

やっぱりこの人にはスターの要素があるんだろう、と思いました。


その後私は故郷福岡に移転したホークスのファンになり、さらに野球を見るより楽しいことを見つけたので、清原選手のことについては疎遠になりました。

そして清原氏は何年後かにジャイアンツに移籍しました。

私は野球は自分の好きなチームの選手か、同じリーグのすごい選手、そして他のリーグの超すごい選手しか知りませんので。


「清原についてどう思いますか」

こんなので答えになるかなぁ…

でも、本当にこれぐらいしか思うことがないんですよ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

ホジキンリンパ腫を克服したベリーにNFLのカムバック賞~プレゼンターはリア・スティルちゃんと言うグッジョブ



(エリック・ベリーのカムバック賞受賞の動画)

2015年シーズンのNFLのカムバック賞は、ホジキンリンパ腫(血液のガンである悪性リンパ腫の一種)を克服し、プロボウル(オールスター戦)に出場するまでになった、カンザスシティ・チーフスのSエリック・ベリーに与えられました。

ベリーは2014年11月に胸に違和感を持ち、12月にホジキンリンパ腫と診断され、治療に入りました。

(この経緯は下記リンク先にあります。

アメフトNewsJapan「チーフスSエリック・ベリー、リンパ腫の疑いで治療に専念」へのリンク

アメフトNewsJapan「チーフスSエリック・ベリー、ホジキンリンパ腫と診断」へのリンク



そして今シーズンチームに復帰。

61タックルと2インターセプトをあげました。

この成績が認められ、カムバック賞に選ばれました。

「NFL JAPAN.COM|カムバック賞はがん克服のチーフスSベリーが受賞」へのリンク


それにしても

授賞式でのプレゼンターの人選が最高でした。

普通こう言うのは、OBや現役選手が務めるのですが、今回のプレゼンターは…

ヒューストン・テキサンズのDEデボン・スティルの娘さん、リア・スティルちゃんでした。

以前下記リンク先にリアちゃんのことは書いたのですが、彼女は生存確率50パーセントと医者に宣告された、小児がんの患者でした。

「デボンとリアのスティル親子のサプライズ~シンディ・ローパーとサラ・バレリスの「Truly Brave」」へのリンク

これが一昨年のこと。

そしてリアちゃんは昨年11月、小児がんを克服しました。


いわばリアちゃんは、ベリーの大先輩に当たるわけです。

これ以上の人選があるでしょうか

この授賞式(NFL Honors award show)ではシーズンMVPなどいろいろな賞が受賞されましたが、下記リンク先の記事の見出しのように、リアちゃんは間違いなく、この授賞式でのMVPでした。

「Leah Still was the true MVP of the NFL Honors award show」へのリンク

NFLのこの姿勢は、いろんなスポーツのいろんなリーグでとりいれられるべきだと思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ネタバレ】第50回スーパーボウル デンバー・ブロンコス対カロライナ・パンサーズの感想~かなりまとまってません



「Lady Gaga sings National Anthem @ 2016 Super Bowl 50 Opening Original Full Video」

(レディ・ガガによる国歌斉唱の動画)


日本時間の2016年2月8日に行われた、第50回スーパーボウルの感想を書きます。

完全なネタバレですので、結果を知りたくない方は、ここで読むのをやめてください。

なお、細かい技術とかはよくわかりませんので、昨日のゲームのように個人的にマニアックなことを書かせてもらうことになると思います。


第50回スーパーボウルについて、あらためて書いておきますと…

今回のカードはデンバー・ブロンコス(DEN)対カロライナ・パンサーズ(CAR)。

ブロンコスは2年ぶり8回目の出場で、これまでの成績は2勝5敗。

パンサーズは12年ぶり2回目の出場で、これまでの成績は0勝1敗。

米Yahooのオッズでは、試合開始一時間前でパンサーズが4.5ポイントリード。

この差は、普通にやればCARが勝つだろう、と言うものです。


1.twitterトレンドから結果が読めない

この試合は不思議なゲームでした。

まず日本のtwitterトレンドに表示されたものから、勝敗が読めないのです。

20160208トレンド1244

これはゲームが終わった、日本時間の12時40分のものです。

スーパーボウルに関する言葉として「 #sb50 」「スーパーボウル」「パンサーズ」「マニング」が入っています。

「 #sb50 」は、全世界的に使われた第50回スーパーボウルのハッシュタグで、「マニング」はブロンコスQBの「ペイトン・マニング」のことです。

「 #sb50 」「スーパーボウル」は勝敗を意味しませんからおいといて、「パンサーズ」が勝って、「マニング」は勝てないまま引退することになるのか、と言うのが素直な見方のように思えます。

ですが結果は

デンバー・ブロンコス 24 - 10 カロライナ・パンサーズ

で、「パンサーズ」は負け、「マニング」は3つの意味でスーパーボウル記録を更新するQBとなりました。

ひとつは、史上初めて違うチーム(もう一つはインディアナポリス・コルツ)で先発して勝ったQBとなったこと。

もうふたつは、史上最年長で先発し、勝利したQBとなったことでした。

何と言っていいかわかりませんが、今回の「不思議なスーパーボウル」を象徴するトレンドだったと思います。

スーパーボウルの試合展開に関しては下の動画(3分台と、NFLが作成するハイライト動画としては異例の短さです)と、リンク先の記事をごらんください。



(第50回スーパーボウル、カロライナ・パンサーズ対デンバー・ブロンコスのハイライト動画)

「NFL=ブロンコスがスーパーボウル優勝、ミラーがMVP(ロイター)」へのリンク

「ブロンコスがスーパーボウル制覇、守備陣がパンサーズを圧倒(AFP)」へのリンク

下のリンク先では、ブラウザによっては自動的に動画が始まりますのでご注意ください。

「NFL JAPAN.COM|ブロンコス、堅守で第50回スーパーボウル制覇!」へのリンク


2.スタッツ(記録)から勝敗が読めない

下記リンク先に、第50回スーパーボウルのスタッツがあります。

「第50回スーパーボウルスコア詳細 NFL JAPAN」へのリンク

下の方にある両チームの「ボックススコア」に注目ください。

「第1ダウン獲得回数」はパンサーズ11回、ブロンコス21回

「総獲得ヤード」はパンサーズ315ヤード、ブロンコス194ヤード

「攻撃時間」はパンサーズ32:47、ブロンコス27:13

この三つの数字が上回った方が、勝つ確率がかなり高く、今回は前二者が大きくパンサーズが上回っています。

これで下回る方が勝つときは、ターンオーバー数が影響するのですが、今回はパンサーズ4回でブロンコス2回。

前述の3つの数字を覆すほどのものではないと思います。

ここでも勝敗が読めない…

なお、ブロンコスの総獲得ヤード194ヤードと言うのは、勝った側としては最少獲得ヤードだそうです。


私が思いつくところでは、デンバーの勝因は、後述する守備はおいといて、

・ブロンコスのスペシャルチームの活躍

・パンサーズの反則の多さ

だと思います。

まずデンバーのスペシャルチームですが、パンターのパフォーマンスがすばらしく、パンサーズオフェンスの開始位置は厳しいことが多かったです。

それに、最長パントリターン記録となったジョーダン・ノーウッドの61ヤードリターン。

フェアキャッチしそうな状況でそれをせず、キッキングチームが動きをゆるめたのをかいくぐって、史上初のパントリターンTDなるか、と言うところまで行きました。

(「ノーウッド」と言う名前は、スーパーボウルとシャーロック・ホームズを見るのが好きな人にはたまらないでしょう)

そしてパンサーズの反則ですが、OLフォルススタートが多かったです。

たしかデマーカス・ウェアのトイメンの選手が3回ぐらいやっていたと思います。

難しいポジションですが、これではオフェンスのリズムも作れないでしょう。

(そう言えばブロンコスが最初に勝った第32回大会でも、パッカーズのルーキーOLが反則を繰り返して、キャッチアップのリズムを崩し続けました)


3.選出されたMVPは当然この人

MVPはブロンコスのLBボン・ミラーでした。

下のツイートのように、これは文句なしでしょう。




2.5サックは、そんなもんだったっけ、と思えるほど少なく感じるほど、プレッシャーを掛けまくっていました。

NFL JAPAN「【プレイヤーハイライト】LBボン・ミラー」動画へのリンク

反対側にウェアがいてこその活躍だとは思うんですが、とにかくスピードがあって、守備範囲が広いです。

「ボン・ミラーの名が多く語られるようだと、ブロンコスの勝ちでしょう」

と事前の何かの番組で言われてましたが、まったくそのとおりになりました。


とにかくミラー中心のブロンコスのディフェンスのおかげで、パンサーズオフェンスは機能しませんでした。

その指揮をとったDCウェイド・フィリップスはすごいと思います。

NFL JAPAN「【プレイヤーハイライト】ブロンコスディフェンス」動画へのリンク

それでもチームは、ミラーをローテーションさせて、常時出場はさせませんでした。

おもしろかったのは、ミラーを交代させて外に出す時間を与えるため、パンサーズがノーハドルで攻めなかったシーンがあったことでした。

ノーハドルの目的のひとつは、相手守備選手を交代させないことでもありますからね。

アメフトって深いなぁ…と思った一幕でした。


4.ペイトンは引退するのか

ペイトン・マニングはこの試合を最後に引退するのではないか、と言われていました。

勝ったことですし、いい引き際だと考えられても不思議はないです。

試合後のインタビューにはこう答えていました。




試合中に、解説の河口正史氏も、答えを予想していましたが、似たようなものでした。

「スーパーボウル制覇の余韻に浸るP・マニング、引退ついては明言せず 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News」へのリンク

河口氏はこうも言っていました。

ペイトンはまだやれるので、どこか弱いチームに行って、チームを強くするようなこともいいですね、と。

ロサンゼルスに移転するラムズが、ペイトンに興味を持っているとも伝えられていました。




そうなるとロマンがあるな、とも思います。


ところで…

ブロンコスの最後のシリーズの最後のプレイは、どう考えてもパントシチュエーションでした。

しかしペイトンはずっとフィールドにいて、ぎりぎりでタイムアウトをとり、パントチームと交代しました。

これはファンへ最後の雄姿を見せたかったからかなぁ…とも思いました。


5.西村樹里さん、スーパーボウルリング、ゲット

ブロンコスの、西村樹里さんは、日本人チアリーダーとして、初めてスーパーボウルに勝ちました。

(私はチアリーダーも、チームの立派な一員だと思ってます)

試合後の西村さんの動画です。




おめでとうございます。


6.結局この試合はいい試合だったのか…

ナンバーワンディフェンスが、ナンバーワンオフェンスを抑え込んだ、そんな試合でした。

これはタンパベイ・バッカニアーズがオークランド・レイダーズに勝った時と同じ結果でした。

でも、どうもそうもかんじられないのが正直なところです。

とにかくパンサーズのキャム・ニュートンが、まったく「らしくなかった」です。

いつもの笑顔はなく、置きに行ってオーバースローとか…

ターゲットの落球もあった気がします。

おびえていたのなら、そう思わせたブロンコスのディフェンスの勝利と言うことになりますが。


そしてブロンコスのオフェンスも、パンサーズのディフェンスにおさえこまれたこと。

前述したように194ヤードしかとれませんでしたし、オフェンスができたのは、ディフェンスやスペシャルチームが好位置でボールを渡したことも大きかったです。

まともな得点のドライブは、試合最初のものだけだったと思います。

とくに第3ダウンコンバージョンがひどい。

14回中1回しか成功してないのですから。


たしかにデンバーディフェンスがいい試合をしたゲームでしたが、オフェンスもほぼいいところがなく、致命的なミスと思えるところもあったので、なんとなくいい試合だったとは思えないのです。

(パンサーズのディフェンスも、最後までいい仕事をしていました)

ディフェンスでも、一人で3回も反則した選手もいましたし。

Yahooコメントには

「素晴らしいディフェンスゲーム。

強いて言えば、展開に苛立っていたニュートンと、ディフェンスを信じて冷静に勝利に向けてゲームを組み立てたマニングの経験の差か。」

と言うのもありましたが、私にはそうは思えませんでした。

マニングはそんなに良くなかったと思います。

ディフェンスが試合を支配するゲームに、喜びを見いだせるようになりたいですが、今回の試合は、ここ数年では最も感動しない試合のように感じました。

今年はYahooトピックスにもならなかったようですし。


7.たられば

私は「たられば」を語るのが嫌いではないです。

パンサーズの2シリーズ目の攻撃で、ニュートンのパスがインコンプリートとされました。

これにロン・リベラHCがチャレンジしましたが、覆りませんでした。

きわどい判定でした。

もしこれがくつがえり、パス成功となっていたら、これでニュートンは調子に乗れていて、勝敗も変わっていたいたかもしれない、と思います。

結局このシリーズが、デンバーディフェンスのファンブルリカバーTDに結びついたことを考えると、さらにそう思います。


8.レディ・ガガの国歌斉唱

トップに置いた動画、レディ・ガガが国歌斉唱をおこなったものですが…

かなり普通のかっこうでした。

そして歌は…

変な歌い上げも少なく、ネットでは好評のようです。

日刊スポーツ「スーパーボウルでガガ国歌斉唱 見事な高音に歓声」へのリンク

「ホイットニー・ヒューストンを超えた」

と言う声も見ましたが、少ないながらも余計な歌い上げがあったので、そうはおもえませんでした。

でも、想像以上に良かったですよ。


そして、こんなこともあったようです。





9.近所のブロンコスファンのおばちゃん

うちの近所に、ブロンコスファンのアメリカ人のおばちゃんが住んでいます。

女房がお祝いの電話をすると、

「ゲーム前に、ジョー・モンタナとジェリー・ライス、そしてジョン・エルウェイが見られたのが良かったわ。

特にモンタナは、生きているか死んだかわからなかったから、元気そうで良かったわ。」

ということが、会話の中で出てきたそうです。

英語なので、女房に訳してもらいました。

ゲーム前の歴代MVPの紹介動画はこちら。




ペイトン・マニングが入場しないのは当然ですが、なんか、どきっとしました。


10.その他印象に残ったツイート

最後に、印象に残ったツイートを貼っておきます。

まとまりは欠くものになると思います




ブロンコスのHCゲアリー・キュービャックは、同じチームで選手、そしてHCとしてスーパーボウルに勝った初のHCとなったそうです。




マニング兄弟は、2回ずつスーパーボウルに勝ったことになります。




キャム・ニュートンは、MVPになって、ナンバーワン・ディフェンスにスーパーボウルに敗れた、3人目の選手となったそうです。

他には前述のリッチ・ギャノン、そして対戦相手のペイトン・マニングがいます。




リベラHCは、前日最優秀HCに選ばれましたが、それだけの言葉を持っているな、と感心しました。


以下のツイートは4つでペアです。













パット・ボウレン・オーナーがこの言葉に力づけられるといいなと思います。


おまけ.どのメディアも報じなかったスーパーボウルレコード

今回は観戦中によくトイレに行きました。

10回にはとどかないにしても、それにちかかったです。

私にとってはスーパーボウルレコードです。


第50回スーパーボウルについて、これから新しい情報も発表されるでしょうし、私も書き忘れていることもあるかもしれません。

(軽々しくは書けない、ある元NFL選手の「暴言ツイート」からの削除、謝罪、と言えるような事件は、正確なところがよくわからないので、あえて書きませんでした。)

おちついたら、そんなものも書けたらいいなと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】第50回スーパーボウルのマニアックな私的みどころ~試合前に書いたので、ネタバレなし



(第50回スーパーボウル、パンサーズ対ブロンコスのプレビュー動画)


いよいよ今朝キックオフの第50回スーパーボウル。

備忘も兼ね、私的見どころをまとめてみました。

1.ペイトン・マニングは史上初の、違うチームでのスーパーボウル制覇を成し遂げるか

前々回、第48回スーパーボウルの時もチャンスがあったのですが、ペイトン・マニングには史上初の、違うチームでのスーパーボウル制覇のチャンスがあります。

これまでにカート・ワーナーと前々回のマニング自身にそのチャンスがあったのですが、いずれも敗れました。

他に違うチームでスーパーボウルに出場したのは、クレイグ・モートン(ダラス・カウボーイズとデンバー・ブロンコス)ぐらいだと思います。


2.西村樹里さんは、日本人で初めてスーパーボウルリングを獲得するチアになるか

デンバー・ブロンコスのチアリーダーには、日本人チアの西村樹里(にしむらきさと)さんがいます。




これまで、日本人チアでスーパーボウルに出場した方は、前々回の西村さん自身を含め、何人もいました。

しかし、勝ったチームには一人もいませんでした。

もしブロンコスが勝てば、西村樹里さんが、初めてスーパーボウルリングを獲得する日本人チアリーダーになります。




なお、チアも含めて、日本人でスーパーボウルリングを持っているのは、ピッツバーグ・スティーラーズのトレーナーだった磯有里子さんぐらいじゃないかな、と思います。


3.パンサーズはホワイトジャージのブロンコスに勝てるか

今年はブロンコスのホームチーム扱いなので、ホワイトジャージにするか、カラージャージにするかを選ぶ権利は、ブロンコスにあります。

ブロンコスは縁起のいいホワイトジャージを選ぶそうですので、パンサーズがカラージャージを着ることになります。

パンサーズはそのジンクスをやぶれるでしょうか?


4.パントリターンタッチダウンはあるか

ドロップキックやフェアキャッチキックなど、めったに出ないプレイは別にして、レギュラーシーズンで比較的よく出るプレイで、まだスーパーボウルで見かけないのは、パントリターンタッチダウンです。

キックオフリターンタッチダウンはこれまで何度もあったんですが。

下の動画は第31回スーパーボウルでのKRデズモンド・ハワードのキックオフリターンタッチダウンです。

追い上げムードだったニューイングランド・ペイトリオッツでしたが、このTDはその流れを止めたビッグプレイでした。

そのおかげで、ハワードはMVPに輝きました。

なお、キックオフのキッカーはアダム・ビナティエリ

リターンの際矢印がつけられていた82WRドン・ビービーは、バッファーロー・ビルズ時代にスーパーボウルリングに届きませんでしたが、このナイスブロックもあって、とうとうリングを得ることができました。

見ていてそれが嬉しかったです。

YouTube「#18: Desmond Howard's 99-yard Kick Return in Super Bowl XXXI | Top 50 Clutch Super Bowl Plays」へのリンク


5.オーバータイムはあるか

パントリターンタッチダウンと同じく、これまでなかったのがオーバータイム。

4Qが終わって同点だと、レギュラーシーズンでは最大5Qまでやります。

ところが、トーナメント制なので、勝敗を決めなければいけないプレイオフでは、決まるまでずっとやるようです。

スーパーボウルでは前例がないので、5Qになっても決着がつかない場合どうなるのか、これは私も知りません。


6.パンサーズはシーホークスの記録を更新できるか

これまでスーパーボウルに勝ったチームで、もっとも新しいチームは、公式には1996年創設のボルチモア・レイブンズです。

しかしレイブンズは、実質的には1949年にNFLに参加した旧クリーブランド・ブラウンズなので、あまり意味のない記録だと思います。

実質的には1976年のシアトル・シーホークスが最も新しいチームだと考えます。

1995年創設のカロライナ・パンサーズは、それを更新して、スーパーボウルに勝ったもっとも新しいチームとなるでしょうか?


7.レディ・ガガの国歌斉唱の衣装はどんなものか?

ゲーム以外の興味と言えば、今回の国歌斉唱がレディ・ガガと言うこと。




まじめな衣装で登場するのか、それともガガらしいかっこうなのか…

上のツイートから何となく感じるのは、おそらくまじめな衣装なんだろうと言うこと。

衣装は…ですけど…

そして下の写真は、どうも打ち合わせのようです。

こう言うことも伝えられる時代になったんだなぁ…





9.コミッショナーにお願いしたいこと

コミッショナーの会見の写真がFacebookのサイトにあがっていました。

コミッショナー記者会見。好き勝手やっているようですが、それなりにストレスを受けている表情、、、登場する時の歩き方に加齢を感じました。89年のアメリカンボウル(49ers vs Rams)にゲームディレクターで来日しています。

Posted by NFL On 日テレ G+ on 2016年2月5日


ロジャー・グッデルコミッショナーは、良くも悪くもこれまで多くの考えられない改革を行ってきました。

このコミッショナーに今一番願うのは、スーパーボウルをアメリカ時間の土曜にするか、もしくは日本時間の未明にして、日本でも無理して休みをとらなくても見られるようにしてくれることです。

これは、中国を巨大市場と考えると、NFLとしては十分に検討に値することだと思うんですが…

でも今年もそうですが、中国など一部のアジア圏ではスーパーボウルがある今日から、春節で休みの時もありますから、その必要はないかなぁ…

夢みたいな話ですけど、検討してもらいたいなぁ…


10.呪いについて考えてみた

1)春日の呪い

もっとも有名なのは「オードリーのNFL倶楽部」の春日の呪いですが、私の印象では、スーパーボウルでは春日が応援するチームの勝率はそんなに悪くないように思えますので、パンサーズファンが嫌がることはないと思います。

2)「タッチダウンプロ」の呪い

「タッチダウンプロ」誌自身が時々触れていますが、表紙になるとチームが負け始める、と言う呪いは、けっこう当たってます。

最新号の表紙はペイトン・マニング。

20160207touchdown pro

そして今シーズン、キャム・ニュートンは一度も表紙を飾っていません。

ということはパンサーズの勝ちでしょうか?

3)尾崎アナの呪い

あまり言われてないようですが、「オードリーのNFL倶楽部」の尾崎アナが応援したチームはことごとく不運なことになっています。

今シーズンはスーパーボウル制覇もあり得る、と言われていたインディアナポリス・コルツは、レギュラーシーズン敗退。

ディビジョナルプレイオフでは、グリーンベイ・パッカーズを応援し、敗退したものの、今季のパッカーズにはここを勝ちぬける力はなかったと思えますので、これは順当。

(でもゲーム中にWRコッブが負傷しなければ結果も変わっていたかもしれません)

チャンピオンシップではペイトリオッツを応援し、ちょっとした奇跡が起きました。

このように、けっこう陰にかくれていたものの、かなりのパワーを持った尾崎アナの呪いですが、スーパーボウルでは、どちらを応援すると言うわけではなく、パンサーズではキークリーに、ブロンコスではマニングに注目したいと言っていました。


11.ナンバー1同士の対戦



(映画予告風の第50回スーパーボウルのプレビュー)

この動画はおもしろいと思います。

「一人はその地位を不動のものにしようとしている「シェリフ(保安官)

もう一人は地位を確立しようとしている「スーパーマン」

スーパーボウルサンデーには…

ドラフト全体1巡とドラフト全体1巡

ナンバーワン・ディフェンスとナンバーワン・オフェンス

ナンバーワン・シードとナンバーワン・シード」

これらのナンバーワン同士が対戦する、と言うCBSの番宣動画のようです。

ナンバーワン・ディフェンスとはブロンコスのことでしょうが、パンサーズのオフェンスも強いです。

ナンバーワン・オフェンスはパンサーズでしょうが、ブロンコスもマニングの調子がよく、彼の最後の試合となれば、落球が多かったバックス陣も奮起して、オフェンスは得点を重ねることができるかもしれません。


現状、5ポイントほどパンサーズがリードしているようですが、この差ではどっちが勝ってもおかしくはないです。


私はパンサーズが勝つと思っていますし、そうなってほしいと考えています。

勝敗の根拠は、強力なパンサーズディフェンスを頭脳でかわそうとしても、マニングの身体能力がもうついてこれないかもしれにない、と言うこと。

そうなってほしい理由は…

マニングとブロンコスは、それぞれ一度はスーパーボウルに勝っていること。

ニュートンにはこれからもチャンスがありそうですが、かつてダン・マリーノが初めてスーパーボウルに出て負けたとき、あと何回か勝つチャンスはあるだろう、と思ったものの、それ以降スーパーボウルに出ることすらできないまま引退を余儀なくされました。

パンサーズとニュートンは、今季15勝もしたチームなので、そう言うチームには歴史に残ってほしいので、応援したいのです。


でも、実際試合が始まってみないと応援するチームは決められないです。

第42回大会では、パーフェクトシーズンが見たい、と言う理由でニューイングランド・ペイトリオッツを応援しようと思いましたが、始まってみると、判官びいきでニューヨーク・ジャイアンツを応援しました。

日本のネット上では、ブロンコスに勝ってほしい、と言う声が多いようですが…

始まってみると私もそれにながされてしまうかもしれません。


ところで昨日のNFLオナーで、キャム・ニュートンがMVPに選出されました。

これで、ニュートンにもうひとつのナンバーワンがつきました。





今回の空気は1997年シーズンの第32回スーパーボウルの時に良く似ているように感じます。

「これが最後のチャンス」と言われたデンバー・ブロンコスのジョン・エルウェイ。

日の出の勢いだったグリーンベイ・パッカーズのブレット・ファーブ。

前評判では圧倒的にパッカーズ有利とされていました。

しかし、結果は…

老兵エルウェイに初めてスーパーボウルリングが渡ることになりました。

もしあの時のブロンコスディフェンスのように、ブリッツが決まりまくれば、またブロンコスが勝利することも考えられます。


さあ、8時半ぐらいからスーパーボウルが始まりますね。

私がスーパーボウルのネタバレありの感想をブログに書くのは多分明日、できれば今日になると思います。

また、twitterでは結果を遠慮なくツイートしますので、ご注意ください。

Facebookには…どうするかはまだ決めていません。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2016年2月7日】「オードリーのオールナイトニッポン」の感想~この時期の放送が一年で最も退屈?



(「若林の熱視線」昨シーズンのスーパーボウルを振り返る回

 最後の方の若林のテンションの高さは地上波では珍しいもので、「オードリーオールナイトニッポン」なみです)


2016年2月7日の「オードリーオールナイトニッポン」の感想を書いておきます。

1.今週はサンフランシスコからお届け

今回の放送はサンフランシスコのホテルの部屋に、機材を持ち込んでの放送だそうです。

オードリーは明日の今頃やっている、

第50回スーパーボウル

の日テレG+の中継に出演するため、現在会場となるリーバイススタジアムがあるサンフランシスコ(正確にはサンタクララ)にいます。

よって、今回の放送は現地からだそうです。

リーバイススタジアムはジーンズ(デニム)のメーカー、リーバイスが冠スポンサーで、若林のお父さんが大好きなサンフランシスコ・49ナーズの本拠地で、こんなところです。




なお、49ナーズのファンンは、相武紗季さん、里崎さん(元千葉ロッテマリーンズ)、乃木坂46の斎藤ちはるさんのお父さんなどがいます。

ちなみに、「49ナーズ」(フォーティーナイナーズ)は、リトルトゥースには受験生が多いと思いますが、れっきとした世界史の用語です。

出題されるかどうかは分かりませんが、アメリカ合衆国の西部開拓のきっかけのひとつになった、とことの意義には関連します。

同じように「ペイトリオッツ」も世界史用語ですが、これはまず出題されないでしょう。


若林は「カロライナ・パンサーズが勝つだろうけど、デンバー・ブロンコスに勝ってほしい」と言っていました。

「黒豹」のことを思い出しましたが、「パンサーズ」が勝つという予想とは関係ないです。


話はそれましたが、最後まで日本で録音したものだとは言ってなかったと思いますが、先週、「木曜までにメールやハガキをください」といっていたことを考えると、今回のはサンフランシスコからではなく、録音でしょう。

それに放送している時間帯は、取材とかでもっとも忙しい時間だと思いますから。


2.この時期の放送は最も退屈

かなりショッキングだったのは、他の番組のスタッフさんから、スーパーボウル前後のこの時期の放送は、アメフトの話しが多くていやで、ファンにとっては最も退屈だ、と言われたと言うことです。

アメフトファンの私にとってはちょっと…

(なお、私はオードリーがアメフトやってたから、オードリーのファンと言うわけではないです)

やはりアメフトは日本人にはむずかしく、なじみのないスポーツのようで…

(ちなみに去年かおととしの数字では、日本でのスーパーボウルの視聴者数は、アジアでも8番目ぐらいと、意外と低いようです)

この言葉を受け、春日は

「まだ(アメフトのおもしろさを)わからんのか。

放送一年目、河口さんをよんだりいろいろとやったのに」

と声を荒げてました。

「おもしろいのになぁ…

みなさんぜひ日テレでスーパーボウル見てください」

と若林は言っていました。

その第50回スーパーボウル生中継ですが、

日テレG+では、2月8日(月)朝8:00からで、オードリーと相武紗季さんが出演

NHK-BS1でも同じく2月8日(月)朝8:00からで、春日が名前を挙げていた、「オードリーのオールナイトニッポン」の最初のゲスト、河口正史さんが解説を努めます。

河口さんの解説は私は大好きなんですが、そのすごいところは、プレイの直前に状況を一覧して説明してくれるところです。

よくあんなに見られるもんだと思います。

河口さんとオードリーが会うようなことがあったら、来週の「オードリーのオールナイトニッポン」で語ってほしいです。

日本テレビでは、2月09日(火)1:59~3:59に「第50回スーパーボウル 「パンサーズ×ブロンコス」」として、日テレG+で放送されたものを編集したものが放送されます。


オードリーがらみの人で言えば、生馬アイザックさんと井上友綱さんもスーパーボウル会場に行っているようです。






相武紗季さんはこんなツイートを。




「今日、ほかの連中がしたくないことを私はする、だから、明日、ほかの連中ができないことを達成することができる。」

との言葉は、49ナーズなどで活躍したWRジェリー・ライスの言葉です。

よくご存じだな…


ところで、アメフトが流行らない理由として、私は2つの要因と言うか、誤解があると思います。

1)アメフトはルールが難しい、と言う誤解

2)アメフトはルールを完全に覚えないとおもしろくない、と言う誤解

アメフトのルールは野球ほどめんどくさくはないです。

それに、そんなにルール知らなくてもアメフトは、と言うかたいていのスポーツは楽しめます。

(プロ野球ファンで、野球や制度を深く知っている人は、そんなに多くないと思います)

見た目が難しく思えるだけですが、スーパーボウルを1試合見れば、だいたい理解できますし、その程度の理解で十分です。

私もその程度しか知りませんし。

それに、「アイシールド21」を読んで、おもしろい、と思った方であれば、それでもう十分に現実のアメフト観戦を楽しめます。

「アイシールド21」はアメリカでも放送されましたし、アメフトのチーム関係者やメディアも絶賛するほど深いコミックです。


もうひとつ書かせてもらいますと…

「こんな楽しいスポーツを知らないなんて、人生損してる!!
って胸張って言えるくらい素晴らしいスポーツ。」

と、乃木坂46の斎藤ちはるさんはブログに書いています。


3.レディ・ガガがスーパーボウルで国歌斉唱

若林が、レディ・ガガがスーパーボウルで国歌斉唱すると言っていました。

そしてアメリカでは、レディ・ガガらしい衣装で歌うのか、普通ので来るのかが注目されているとも言われていました。

私もそのことは気になっていますが、多分普通ので来ると思います。

下のツイートの動画で何を言っているかは、私は英語がわからないのでよくわかりませんが、

"This is one of the highest honors of my career."

と言っていると言うことは、スーパーボウルの格を損なわない衣装で来るものと思います。




そして、昔ホイットニー・ヒューストンが、ジャージとねじり鉢巻きで歌った、と言っていました。

昨日の「オードリーのNFL倶楽部」でも言っていましたが、第25回大会のことで、その時の動画がこちらで、1分過ぎあたりから本格的に歌を歌ってます。



(「Whitney Houston - Star Spangled Banner」動画)

これは1990年に行われたもので、湾岸戦争の真っ最中で、アメリカは右傾化していました。

そのため、ホイットニー・ヒューストンはふざけてジャージで歌ったとはとても思えず、政府もからんだ、計画された衣装だと思います。

何と言っても、ハーフタイムショウに、ブッシュ大統領(当時)からメッセージがスクリーンにながされたぐらいですから。

なお、このときの歌はのちにCD、DVD化され、ビルボードの売上ランキングのトップにたちました。

これは時代ゆえのこともあると思うのですが、私もこのときの国歌斉唱が、自分が見た中で最高に素晴らしいもので、もうこれよりも素晴らしい国歌斉唱を見ることはないだろうと思ってます。

女性の美しさと、ホイットニー・ヒューストン独特の野太い声、最高です。

しかしレディ・ガガなら、この国歌斉唱を超えてくれるかもしれない。

そう期待しています。

(ちなみに、「のどじまんTHEワールド」でアメリカ人が登場するときは、この歌がかかります)


4.再来週はスペシャルウイーク

再来週はスペシャルウイークです。

今回は「付け焼刃としては頑張った」クラスだそうです。

なかなか具体的な名前を言ってくれなかったのですが、「どんだけ~」(だったかな)と若林がモノマネしたところで、

IKKO(いっこー)

だとばれました。 (もちろん計算づくのことだと思います)

今のところ、IKKOのtwitterアカウント(@LOVE_IKKO)も、公式サイトも、ブログもそのことを発表してないようですが、そのうち出るでしょう。

そう言えば昔、「どんだけ~の小部屋」があることが言われてました。

結構好きだったんですが、短命でした。

(同時に始まったのが「しんやめの小部屋」だったと思います)

「IKKO学部」とかやりたい、と言っていましたが、応募について細かくはいってなかったと思います。

多分そのうち番組の公式サイトにのるでしょう。

私と同じ出身地でもありますから「謎の県、福岡県」とかやってくれてもおもしろいと思うんですが。

おねえのゲストはクリス松村以来ですね。


5.ダイナマイト関西に呼ぼうとした女性タレント「S」

「ダイナマイト関西2015~事務所対抗団体戦」で優勝したことが語られました。

「若林が博多大吉下して決着!「ダイナマイト関西」団体戦、ケイダッシュが優勝 - お笑いナタリー」へのリンク

実はケイダッシュ軍に、タレントのスザンヌを呼ぼうとしていたことが若林から語られました。

(読んでいいのかどうかはよく聞き取れませんでした)

スザンヌとは「スクール革命」で共演して、その大喜利の力をすごいと思ったそうです。

失礼ながら、意外だなぁ…


6.「男の料理」

・不器用な男が泣いている女性に差し出したはんぺん

・漁師さんが、生で食べるのが一番おいしいんですよ、と言った後でじっくり焼いた生ガキ

・百倍キムチ

・カロリー・ボム

・「ちょっと待った」コールスローサラダ


今回はアメフト多めになってしまいまして、興味のない方には申し訳ない内容になってしまったと思います。

でも、自分が楽しいと思うことを書かないと、つまり楽しめないと、なかなかブログは続けられないので、ご容赦ください。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
[ 続きを読む » ]

【2015年シーズンWEEK21】「オードリーのNFL倶楽部」で放送されたこと~盛り上がるスーパーボウルウイーク



(「NFL倶楽部WEB放送 #21」の動画)

2015年シーズンWEEK21、第50回スーパーボウル直前の「オードリーNFL倶楽部」で放送されたことを書きます。

今週のゲストはLIXIL DEERS(リクシル ディアーズ)のHCで、前回世界選手権で準優勝となった日本代表チームを率いた森 清之氏でした。

1.プロボウル



(「【PB】チーム・アービン対チーム・ライス」の動画)

実は私はこのところ、プロボウルはほとんど見てないのです。

スーパーボウルの前にやるので、スーパーボウルに出場する選手が出ないこと(MVPに輝いたシアトル・シーホークスのQBラッセル・ウィルソンは3年連続で選ばれてますが、最初の2回はスーパーボウルのため出場しませんでした)が一番大きな理由で、プロボウルにまで頭が回らないのです。

その他有名選手の多くが出場を辞退していることとかも。

それでもプロボウルは、レギュラーシーズンやポストシーズンなどのガチの試合ではできなかった、おもしろいプレイが出たりするのでおもしろいと思います。

何年か前には、ニューオリンズ・セインツのQBドリュー・ブリーズが、ドロップキック(ラグビーのドロップゴールのようなもの)に挑戦し、失敗した記憶があります。

そして、これまで気がつかなかったのですが、森氏によると、プロボウルのルールが普段と違うのは、けが防止のためだけではなく、チームプレイより、個人プレイを見せる目的もあるんじゃないか、と言うことだそうです。

今年のプロボウルは、新人の活躍が目立ったそうです。


2.相武紗季さん、サンタクララに到着

スーパーボウル応援マネージャーの相武紗季さんが、日本時間の木曜に、スーパーボウルの会場となるリーバイススタジアムがある、サンタクララに到着したようです。

到着して、クレデンシャル(取材証)をゲットし、スタジアムの中に入ったりしていました。

なお、相武紗季さんのtwitterやinstagramアカウントでは、ときどきスーパーボウルに関するツイートが見られます。

きーたー!!😍

Aibu Sakiさん(@aibu_saki)が投稿した写真 -




また、相武さんが紹介した巨大なキークリーの写真は、小池絵未さんが紹介しています。




なお、取材の模様はこちらのサイトにアップされています。

NFL JAPAN「オードリー&相武紗季の追っかけブログ」へのリンク

2番目の記事のこちらでは、デンバー・ブロンコスのLBボン・ミラーと手を合わせる姿があります。

「ミラーとは手の大きさを比べ、」と言う写真です。

「ペイトン・マニングに体当たり取材! - オードリー追っかけ隊ブログ」へのリンク

生馬アイザックさんの姿も見えます。


3.「今週のハドル」

今週も「The Huddle Bowl(ハドルボウル)」会場で収録されたものでした。

今回は関西学院大学OB

あいさつされていたのは、おそらくハドルボウルの発起人の堀古英司氏だったと思います。

と言う前提で書かせてもらいますと…

堀古氏は関西学院大学でWRとして活躍。

卒業後は金融界に入り、現在はニューヨークに拠点を置く投資顧問会社ホリコ・キャピタルマネジメントの代表をされています。

ときどきテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」や「モーニングサテライト」、日本テレビ系列「ウェークアップ!ぷらす」に出演されています。

5年ほど前「日本のアメフト復興会議」と言うFacebookグループを立ちあげられ、その主宰者をされています。

そしてハドルボウルなどの開催に尽力されています。


また、有馬隼人氏の姿もありました。


なお、下のFacebookからの引用は、先週のものです。

本日午前3時5分~日本テレビ「NFL倶楽部」にて、ハドルボウルに出場した関西大学Kaisersチームが映されました。

Posted by The Huddle Bowl on 2016年1月29日


来週は今週のを紹介できるかもしれません。


4.スーパーボウルの歴史


これまでのスーパーボウルの歴史が振り返られました。

・第1回、2回のグリーンベイ・パッカーズの連覇

・マイアミ・ドルフィンズのパーフェクトシーズン

・1970年代のピッツバーグ・スティーラーズの黄金時代

・第23回での「モンタナ・マジック」

・1990年代に再興したダラス・カウボーイズとトリプレッツ


・21世紀のニューイングランド・ペイトリオッツ王朝

番組で流されたものではないですが、全49回の名プレイを集めた動画を貼っておきます。



去年もこう言うのがありました。

今後も期待したいです。


そして、出演陣とスーパーボウルについて。

若林はお父さんが49ナーズファンと言うこともあって、1980年代からみていたそうで、そのほか第25回スーパーボウル(スコット・ノーウッドのキックが外れ、ニューヨーク・ジャイアンツがバッファロー・ビルズに勝った回)も印象深いと言っていました。

春日はその2年後の第27回が、初めてフルで見たスーパーボウルだと言っていました。

カウボーイズの復活とともに、マイケル・ジャクソンのハーフタイムショウが語られる回です。

「これを見なかったらアメフトと出会わなかった」(春日)

「出会わないでほしかったんですけれども…」(若林)

とのやりとりがありました。

森氏は、第20回スーパーボウルの圧倒的なシカゴ・ベアーズの強さが印象に残っているそうです。

「冷蔵庫」と呼ばれたDLウィリアム・ペリーのタッチダウンランが話題になった回です。


5.第50回スーパーボウルの展望

展望の前に、出場するカロライナ・パンサーズとデンバー・ブロンコスの今シーズンの歩みが紹介されました。

番組で使われたものではないですが、こちらに関連する動画を貼っておきます。

(「ブロンコスの2015年シーズン振り返り!」動画)



(「パンサーズの2015年シーズン振り返り!」動画)



そしてそれぞれの注目選手。

春日はもちろん、パンサーズのLBルーク・キークリー。

若林はブロンコスのLBボン・ミラー。

森氏はブロンコスのデマーカス・ウェア。

尾崎アナはパンサーズのLBルーク・キークリーとブロンコスのQBペイトン・マニング。

今回の前評判では5ポイントほどパンサーズが有利と言われていますが、ブロンコスが勝つんじゃないか、と言う解説者やメディアの方が多いように感じます。

番組の始めのほうでも、現地の後藤完夫氏が、28-27でブロンコスだと言っていましたし。

その理由は

・マニングの老獪なプレイが、パンサーズのディフェンスを翻弄するのではないか

・大物が引退するときは、だいたいそちらのチームが引退している

というものでした。

マニングは引退を公言していませんが、過去レイ・ルイスやジェローム・ベティスの例があります。

ジョン・エルウェイも、結果として連覇を決めた第33回スーパーボウルが最後の試合になりました。

そういう時のチームの結束は半端ないそうです。


私は、それでもパンサーズが勝つんじゃないかなぁ、と考えています。

マニングにはもう老獪さをプレイとして実現する力がないように感じられますので。


なお、私にとってはこの記事が一番読み甲斐がありました。

「ブロンコスVSパンサーズ 「第50回スーパーボウル見どころ」 - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク

そしてプレビュー動画です。



6.春日の2ミニッツワーニング

今回はなんと、残り時間2:29からのスタートで、3問クイズが出されました。

1.出場8回目となるブロンコスのこれまでの勝率は?

2.ブロンコスが連覇した第32回と第33回、第32回のMVPは?

3.第47回でもボルチモア・レイブンズの選手として出場し、今回パンサーズの選手として出場するのは?

正解はこちら

1.2勝5敗なので0.285です

2.テレル・デイビス

3.マイケル・オア(「幸せの隠れ場所:Blind Side」のモデル)

マイケル・オアーが今回出場することにについては、NFL中継の解説もされている共同通信の宍戸博昭氏が、2月5日付で書かれています。

「【編集後記】Vol.120 - 週刊TURNOVER - アメリカンフットボール・WEBマガジン - 47NEWS(よんななニュース)」へのリンク

7.番組で放送されなかったこと

とにかく今週に入って、SNSで毎日スーパーボウルのことが投稿され、テンションが上がりました。

中でもこれはおもしろかったです。

もう一つ暇ネタをMEDIA CENTER近くで店名に釣られて入ったハンバーガーが非常に美味かった!肉々しいのが好きな人にはオススメ。肉汁たっぷり。オーガニックビーフ使用とのこと。さらにソフトクリームも名物だそう。

Posted by NFL On 日テレ G+ on 2016年2月4日


コメントに

「「ダン・マリーノからSUPER DUPERへ!」って何度か実況したことがあります。」

とあるように、「SUPER DUPER」がツボだったわけですが、「SUPER DUPER」とは一般的な英語でもありますが、マイアミ・ドルフィンズに在籍した、名WRマーク・デューパーのことです。

いまでは見かけなくなりましたが、フェイスマスクのバーが横に2本しかない姿が印象的な選手でした。


そのほか、前に貼った小池絵未さんや相武紗季さん、そhしてこの番組の小坂ディレクターからの投稿もおもしろいのが多くて、強いて一つ上げるとこれです。




前述の若林と春日が見た、第25回や第27回スーパーボウルを中継された方です。


生馬アイザックさんも現地から投稿




なお、小池さんは地元テレビ局から取材を受けたそうです。





それから、小池さんがブロンコスの日本人チア、西村樹里さんのことをツイートされていました。





私はことしも、レッドカーペットの上で、オードリージョー・ネイマスが再開できることを期待しています。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】李大浩選手が抜けると、こんなところも痛いのか…

2~3日前に、李大浩選手がMLBのシアトル・マリナーズと契約した、と言うニュースを見ました。

そして、福岡ソフトバンクホークスは、李選手抜きで戦うんだろう、と言う覚悟を決めました。

色々と言われているようですが、間違いなくこの2シーズンの、ホークスの日本一に、大きく貢献してくれた選手の一人です。

ですから、ホークスを退団しても、感謝する気持ちこそあれ、恨む気持ちはサラサラないです

聞くところによると、マリナーズとはマイナー契約で、メジャーに上がってインセンティブをクリアして、初めて5億円弱の報酬を得ることができるそうです。

一方でホークスの提示は5億円プラス出来高とか。

「金のためにメジャーに挑戦するんじゃないんだなぁ

難しいだろうけど頑張れよ。」

という投稿も目にしました。

私も相当難しいと思いますが、それだけの憧れがあるからにはがんばってほしいです。


ところで李選手が抜けると、何が痛いって、得点力が落ちることです。

大きいのが打てるクリーンアップの一角ですから。


そして私が気がつかなかったのが守備面。

「今宮の送球を捕球出来るのおるんかってのが気になるんや

デホの捕球イケるやんって思った事が何度かあったんや」

「デホの代わりにファーストに入るスタメン誰になるのよ : 鷹速@ホークスまとめブログ」から引用)



(今宮選手の送球を受ける李大浩選手の動画

 これはそれほど難しいとは思えませんが)

そういえば・・・

李選手の一塁の守備はけっこううまい、とか、誰かほかの選手が一塁の守備につき、ひっとを許した後、

「さっきのイデホなら捕れたやろ」

とか言うツイートを、昨シーズン見かけた記憶があります。


ホークスって、けっこう守備でもっているところもあると思うんですが、それは、今宮選手や松田選手の送球をとってくれる名一塁手、李大浩選手がいてくれたからなんだよなぁ、とあらためて思いました。

李大浩選手の守備が、取替えのきかないほどうまいもの、とは思えないのですが、しばらくは今宮選手などは

「去年までの李さんならとっていてくれてたかも」

と悩むことになったら嫌だな、と思います。



(これは李大浩選手自身の好プレイの動画)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【びっくり】「人生のパイセンTV」オードリー春日がベッキーの代役に〜我が家の番組の感想

休業に入った模様のベッキーですが、気になっていたのは、フジテレビの日曜夜に、オードリー若林と一緒にMCをやっている

「人生のパイセンTV」

でした。

この番組はオードリー若林が出ていて、評判もいいので、かなり遅めのペースですが、録画して見てました。

この番組だけは、ベッキーは「若林の相方」と言う、難しそうで重要な存在だと思ってましたので、今月からどうなるのか、気になっていました。


そしたらなんと、昨日代役がオードリー春日だと言うことが、まずフジテレビの身内、サンケイスポーツで、朝報じられました。

「「人生のパイセン-」のベッキー代役にオードリー春日 - SANSPO.COM」へのリンク

その後なかなか他のメディアでは報じられませんでしたが、夜になって、こんな感じでポツポツと報じられるようになりました。

「フジ『パイセンTV』ベッキー代役にオードリー春日 | ORICON STYLE」へのリンク



とりあえず、今週分と、来週分は、一昨日収録したとのこと。

再来週からのは未定だそうです。

なお番組公式サイトには、

「ベッキー不在の緊急事態!思いがけぬ代役登場にオードリー若林は…!?」

とあります。

「人生のパイセンTV - フジテレビ」公式サイトより)


それにしても春日が代役だとは驚きました。

レポーターとして何度か出演しているとは言え、もっとも考えにくい人の1人、だと、なんとなくおもったからです。

「本物の相方」はありえないんじゃないかな、と。

下記リンク先の記事は、代役が不明な頃に書かれたもののようですが、若林の相方の条件が詳しく書かれていて、なるほどなぁ、とうならされました。

「パイセンTVのベッキー後任は誰?代わりのタレントやモデルか春日?」へのリンク

本当は春日はツッコミどころが多いので、その点では不適だとは思うんですが、番組に何度か出演していることで、ノウハウがあるでしょう。

そして、2人一緒にワイプでツッコミをいれている、「オードリーのNFL倶楽部」では、けっこうおもしろいことを語ってくれますし。

何より、「オードリー」が見られるのが、ファンとして嬉しいです。

Yahooコメントにも、

「もうこのまま春日でいいんじゃないか」

と言う声が多かったです。

まあとにかく、次回の放送が楽しみです。


ところてこの番組は、珍しく私も女房も好きです。

ただし、私が好きなのはトークの部分。

女房が好きなのは、その後のパイセンの部分。

ここでも、趣味や好みが一致しない夫婦でした。


でも若林とベッキーのトークはおもしろかったと思うんですよ。

別にベッキーを擁護するわけではないですが。

寿司を食べた後のミュージカルや、仲間由紀恵のどのモノマネはクリソツで、芸達者だと思いました。

以前「オードリーのオールナイトニッポン」でゲストに来て、けっこう気があっていたトークを展開していたように思いますので、自業自得とはいえ残念です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【スーパーボウル】「忘れられてしまった」偉大なプレイのまとめ

こんな記事がありました。

「'Kearsed': The greatest 'forgotten' plays in Super Bowl history」へのリンク

邦訳すると、多分

「スーパーボウルの歴史の中で、「忘れられてしまった」偉大なプレイ集」

と言うことになるかと思います。

興味がありましたので、どんなプレイが挙げられているか、調べてみました。

前文で、「忘れられてしまった」偉大なプレイのひとつとして挙げられているのが、第49回スーパーボウルでのシアトル・シーホークスのWRジャーメイン・カースのこのキャッチです。



(「Kearse makes one of the greatest Super Bowl catches of all time!」の動画)

キャッチアップを急ぐシーホークスの攻撃の中で、CBがはじいたロングパスを、信じられない集中力と身体能力でキャッチしたカースのキャッチは素晴らしいものでした。

しかしこのプレイも、この数プレイ後に出るペイトリオッツのCBマルコム・バトラーの「ジ・インターセプト」で忘れられてしまった、と書かれているようです。

(でも、カースが捕る前にボールをチップしたCBがバトラーで、このプレイでビッグプレイをする覚悟を決め、それが「ジ・インターセプト」になったことを考えると、そんなに忘れ去られたものでもないと思いますし、忘れられないプレイだとは思いますが)

そう言うプレイを集めたもののようです。


では、記事中に挙げられた、そう言う「忘れられた偉大なプレイ」をのことを書いておきます。

なお、本文はほとんど読んでいません。

手間がかかるので、見出しから来る思い込みだけで書いているのことをご容赦ください。


1.ラリー・フィッツジェラルドの64ヤードTDレシーブ




(「Larry Fitzgerald 64 Yard Touchdown」の動画)

2008年シーズンの第43回スーパーボウルでの、アリゾナ・カージナルスのWRラリー・フィッツジェラルドが、試合残り2分37秒で見せた64ヤードのタッチダウンレシーブのことです。

64ヤードと言っても、ランアフターキャッチがほとんどで稼いだものがほとんどでした。

それだけに、投げたQBカート・ワーナーよりも、フィッツジェラルドの名前がつくプレイなんでしょう。

これで23-20と3点差をつけてピッツバーグ・スティーラーズを逆転。

しかしこの偉大なプレイも、結果として、スティーラーズの逆転ドライブへのおぜんたてになってしまいました。

残り35秒で、スティーラーズのWRサントニア・ホームズがコーナーぎりぎりでTDレシーブして逆転

試合はそのままスティーラーズの勝利で終わりました。

フィッツジェラルドはこの試合でレシーブ7回で127ヤード、2TDでしたので、勝っていればMVPだったかもしれません。


2.ランディ・モスのTDレシーブ

パーフェクトシーズンがかかった第42回スーパーボウルでのニューイングランド・ペイトリオッツ

残り2分42秒にWRランディ・モスは5ヤードのTDレシーブが決め、14-10と再逆転しました。

YouTube「Giants vs. Patriots Grudge Match | Super Bowl XLII | NFL」へのリンク

この動画の1:58からのプレイです。

うまくWRモスは、ディフェンスをうまくかわしてエンドゾーンに回り込み、TDレシーブを決めました。

しかしこれも、フィッツジェラルドのものと同様、その後の相手のドライブ、ニューヨーク・ジャイアンツの逆転ドライブのおぜんたてになってしまいました。

ジャイアンツのドライブには、歴史に残る「ヘルメットキャッチ」も含まれていたため、モスの偉大なプレイは、いっそう影が薄くなったように思えます。


3.ジミー・オアの見落とし

YouTube「#39: Jim Hudson Picks Off Earl Morral Super Bowl III | Top 50 Clutch Super Bowl Plays」へのリンク

第3回スーパーボウルは、AFL代表のニューヨーク・ジェッツが、オッズで19ポイント差をつけられて圧倒的有利と言われたNFL代表ボルチモア・コルツを破った試合です。

まずジェッツに勝ち目はない、と言われていたものの、ジェッツのQBジョー・ネイマスが「ジェッツが勝つことを保証する」と言って物議をかもしたり、このAFL初の勝利が、統合した新NFLの形成に影響を及ぼしたりとか、なにかと意義深い大会です。

この中で起きたのは、このシーズンのNFLのMVPのコルツQBアール・モラルによる、WRジミー・オアの見落としでした。

問題のプレイですが、QBモラルはいったんRBジム・マットにハンドオフ。

マットはは数歩進んで止まり、モラルへボールを戻します。

ここからモラルがパスを投げます。

「フリーフリッカー」と言われるトリックプレイですが、このときモラルは、完全にフリーになり手を振っていたオアを見落としてしまいました。

そして他のターゲットに投げますが、それをジェッツのDBジム・ハドソンにインターセプトされてしまいます。

下記リンク先の動画には、もっと皮肉をこめてこのプレイのことが描かれています。

YouTube「Super Sunday: A History of the Super Bowl 1988 Part 2」へのリンク

2:44からのプレイで、2:50からのナレーションですが

「このスタジアムの中にいるものすべての中で、アール・モラルだけがフリーになったジミー・オアのことが見えていなかった」

とあります。

(フリーになって手を振るオアの後ろに、観客席が見えます。

 どれだけ観客がこのプレイに期待したかがわかる瞬間です)

これは、「忘れられた偉大なるプレイ」にふさわしいのか、ちょっと疑問ですが、この試合、そしてNFLの歴史に影響したことはたしかです。

重大なミスを犯したモラルですが、後年マイアミ・ドルフィンズにバックアップとして加入。

1972年シーズンには負傷したボブ・グリーシーの代わりに数試合先発をつとめ、史上唯一のパーフェクトシーズンに十分に貢献しました。

4.サーマン・トーマスのパフォーマンス

YouTube「#45: Thurman Thomas Super Bowl XXV Highlights | Top 50 Super Bowl Performances」へのリンク

バッファロー・ビルズが初めて出場した第25回スーパーボウルでのRBサーマン・トーマスのパフォーマンスは、期待を裏切らぬ素晴らしいものでした。

ラン15回で135ヤード、5回のパスキャッチで55ヤード、合計190ヤードを走りました。

ラン135ヤードは、スーパーボウルに敗戦したチームのランニングバックとしては新記録となりました。

特に動画の最後のドローからのTDランは素晴らしいものでした。

もしビルズが勝っていればMVPだったでしょうし、負けたものの、MVPはトーマスだったのではないか、と言う声もあるようです。

続く第26回では最初のプレイまでにヘルメットが見つからずにプレイに参加できなかったり、第27回と第28回では致命的なファンブルを犯したりと、スーパーボウルでは活躍できなかったイメージがあるかもしれませんが、第25回のトーマスのパフォーマンスは、まさに「忘れられた」偉大なるものでした。


5.ビル・カウアーのオンサイドキック

米Yahoo「Steelers surprise Cowboys with onside kick」へのリンク

第30回スーパーボウルで試合残り11分20秒で10-20と追いかける展開となったピッツバーグ・スティーラーズ

HCビル・カウアーは、試合時間がまだ十分にあるにもかかわらず、オンサイドキックを指示。

これに成功し、17-20となるTDドライブに結びつけました。

意表をついた、素晴らしいプレイコールでした。

しかしその後、逆転をかけたドライブで、QBニール・オドンネルがダラス・カウボーイズのCBラリー・ブラウンにインターセプトを浴び、そこからダメ押しのTDドライブに結び付けられ、スティーラーズはスーパーボウル3回目の対戦で初めてカウボーイズに敗れることになりました。

6.ローレンス・マッカチオンからロン・スミスへのハーフバックパス

米Yahoo「McCutcheon hits Smith on a halfback pass TD」へのリンク


第14回スーパーボウルは初出場のロサンジェルス・ラムズが、オッズでは10.5ポイントと大差でピッツバーグ・スティーラーズにリードされましたが、前半かなり善戦しました。

3Qには13-17と逆転しますが、ローレンス・マッカチオンからロン・スミスへのハーフバックパスでTDをあげて19-17と再度逆転しました。

しかし4Qに入ると、スティーラーズが猛攻。

ジョン・ストールワースへの73ヤードのTDパスで逆転すると、フランコ・ハリスの1ヤードのTDランで突き放されました。

ラムズはロサンジェルス時代にはスーパーボウルに進んだのはこの1度だけです。

来季からロスに戻ることになりますが、スーパーボウルに勝てるチームになるか、と言いますか、勝てるチームにならないと、また
地元ファンに愛想をつかされてしまうことになりそうです。

7.ルイス・ビラップスのドロップ


(「Bengals' Lewis Billups drops interception in 1988 SuperBowl」の動画)

史上最高のQBの一人として名高いQBジョー・モンタナですが、何がすごいかと言うと、そのひとつに、4回出たスーパーボウルで一度もインターセプトを喫していない、ということがあります。

しかし危ない場面もありました。

その一つが、第23回スーパーボウルでのこの場面でした。

この次のプレイが、WRジェリー・ライスへのTDパスになったことを考えると、もしCBルイス・ビラップスがインターセプトしていれば、歴史に残る「ザ・ドライブ」もなく、シンシナティ・ベンガルズは、スーパーボウル初制覇となっていたかもしれません。

そしてジョー・モンタナが「神に最も近い男」とベンガルズのWRクリス・コリンスワースに言われることもなかったかもしれません。

「忘れられた」偉大なプレイ、と言うのはちょっと違うように思えますし、この試合からはスタンフォード・ジェニングスのキックオフリターンTDの方がふさわしいかもしれません。



(「Stanford Jennings returns kickoff in SuperBowl XXIII」の動画)


8.ムシン・ムハマドの85ヤードTDレシーブ

米Yahoo「Muhammad, Proehl TD's score TD's against Pats」へのリンク

この動画の0:39の箇所になりますが第38回スーパーボウルで、カロライナ・パンサーズのWRムシン・ムハマドは、4Qにいったん逆転となる85ヤードのTDパスレシーブに成功しました。

4Qが序盤では、10-21とリードニューイングランド・ペイトリオッツにリードを許しましたが、ついにこのTDで22-21と逆転に成功します。

しかしこのスーパーボウル史上最長のスクリメージラインからのゲインも、最後のKアダム・ビナティエリの勝ち越しFGのおぜんたてになってしまいました。

9.リッキー・プロールのTDパスレシーブ

これも第38回スーパーボウルでのことでもあります。

上の動画の1:21のところで、パンサーズのWRリッキー・プロールがTDレシーブを決め、同点としますが、次のペイトリオッツのドライブで、最後にKアダム・ビナティエリの勝ち越しFGで敗戦となりました。

プロールに関してはその2年前の第36回のデジャブーのようなプレイでした。



(「Super Bowl XXXVI: Rams vs. Patriots highlights」の動画)

この動画の1:26でQBカート・ワーナーから、当時セントルイス・ラムズに在籍していたWRプロールへTDパスが決まり、残り1:30で同点に追い付きます。

しかしここからペイトリオッツのQBトム・ブレイディが、2年目とは思えない落ち着いたドライブを進め、最後はKアダム・ビナティエリの勝ち越しFGで試合が決まりました。

リッキー・プロールは2度にわたり、ニューイングランド・ペイトリオッツとQBトム・ブレイディ、そしてKアダム・ビナティエリの栄誉のおぜんたてをすることになり、もっと大げさに言えば、今につながるペイトリオッツ王朝にもかかわることになりました。

こう書きますと、プロールの選手人生はかわいそうなもののように思えますが、この2年前の第34回大会ではセントルイス・ラムズのスーパーボウル初制覇に貢献。

そして第41回スーパーボウルででもインディアナポリス・コルツの一員として、スーパーボウル優勝を経験しています。

2回もスーパーボウルリングがもらえれば、選手としては幸せでしょう。

しかし、ラムズとコルツの間に在籍したパンサーズではスーパーボウル制覇を体験していません。

現在プロールはパンサーズのWRコーチ。

ひょっとしたら来週には、パンサーズでの優勝も経験しているかもしれません。

ただしそのためには、コルツで優勝を味あわせてくれたデンバー・ブロンコスのQBペイトン・マニングを倒す必要があります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【米女子アメフト】鈴木弘子選手、オーナー兼任で奮闘中~クラウドファンディングで応援しませんか



(「鈴木弘子選手兼オーナー」からのメッセージ動画)


アメリカ最大の女子フットボールリーグ、WFAのパシフィック・ウォリアーズの鈴木弘子選手

来シーズンからはオーナーを兼任することになりました。

(オーナー兼選手、と言った方がいいのかもしれませんが…)

チーム運営には、年間1千万円の資金がかかるそうです。

そこで、資金の一部、50万円をクラウドファンディングで調達することにしました。

こちらのサイトです。

「日本人初女子プロアメフト選手の挑戦!パシフィックウォリアーズを応援しよう」へのリンク

そして、私が書いているこのブログ記事は、その挑戦をお願いするためのものです。

鈴木弘子選手兼オーナーは、たびたびその活躍がテレビで紹介されていますので、「女子アメフト界のレジェンド」としてご存知の方も少なくないと思いますが、あとであらためてどんな人かは書きます。


1.そもそも「クラウドファンディング」とは

「不特定多数の人から、ある目的のために資金を集めること。」

だそうです。

最近は今回のようにインタネットが使われることもあり、かなり普及しているようで、私もときどき耳にします。

クラウドファンディングの事例はこちら

「【クラウドファンディングサービス45選】注目のクラウドファンディングの現状を徹底分析!」へのリンク

今回の鈴木弘子選手兼オーナーのクラウドファンディングは、目標額を達成した場合のみ支払われるもののようです。

募集期限は日本時間の2016年2月16日いっぱいだそうです。

こちらのブログに、本人からのお願いが書かれています。

Being Betty鈴木弘子オフィシャルブログ「ブログをご覧の皆様へお願い」へのリンク



2.どのようにして応援するのか

鈴木弘子選手兼オーナーのクラウドファンディングは「購入型」と呼ばれるもので、プロジェクトが提供する「リターン」を購入することで応援を行うものです。

リターンには何があるか、一部例をあげますと…

(1Seedsは1円です)

500シード:BETTYからご挨拶

1,000シード:トレーディングカード

2,000シード:日本を背負うステッカー

3,000シード:国際電話でお礼を言わせてください

30,000シード:ユニフォームジャージ

500,000シード:開幕戦でのコイントスの権利

などなど。

ではどうやって応援するか。

おおざっぱですが書きます。

1)新規会員登録

このクラウドファンディングは「WESYM」と言う団体が行っているのですが、そこに登録します。

下の絵の右上にある「新規登録ボタン」を押し、twitterアカウントやFacebookアカウント、メールなどで登録を行います。

20160201クラウドファンディング新規登録

2)マイページからリターンリストへ

下のマイページから、「リターンを選択する」のボタンを押します。

20160201クラウドファンディングマイページ

すると下の、リターンリストのトップ画面が現れます。

20160201クラウドファンディングリターンリスト

3)リターンを選ぶ

ここから下に、リターンのことが書いてあります。

ためしに「国際電話でお礼を言わせてください」を選んでみました。

3,000シードですから3,000円です。

20160201クラウドファンディング電話

この中の右下「シード(応援)する」ボタンを押します。

4)決済方法を選ぶ

20160201クラウドファンディング決済

どの方法で決済するか、選択画面が出てきます。

上の絵は、ソフトバンクでの決済を選んだものです。

決済は、クレジットカードの他、T ポイントや楽天スーパーポイント、永久不滅ポイント、モバイルSuica、楽天ID決済、Yahoo! ウォレットなどでも出来ます。

詳細は下記リンク先をご覧ください。

「WESYMとは?」へのリンク

その後はいろいろと個人情報が出てきますので、省略させてもらいます。

あとは鈴木弘子選手兼オーナーの挑戦が成功したら、国際電話をわくわくしながら待つだけです。


3.鈴木弘子選手兼オーナーについて

さて鈴木弘子選手兼オーナーのことですが。

これまでの経歴はクラウドファンディングのトップページに書いてありますし、Wikipediaの下記リンク先にも記載がありますが…

Wikipedia「鈴木弘子 (アメリカンフットボール)」へのリンク


まあとにかくすごい人です。

私と同じ歳で(私の生年月日は右上の方のプロフィールにあります)、まだ米女子アメフト界でトップレベルの活躍ができる選手です。

48歳のときには、世界で断トツのアメリカ代表チームのメンバーに選出(その後手続きがうまくいかず、世界選手権には出られませんでしたが)されました。

このときは、鈴木選手を知る日本アメフト界の人々は、ファンも含め大いに沸きました。

この快挙は、何事にもたとえられないすごいものです。

つまり、米女子アメフト界でも、世界的に飛びぬけた選手なのです。

昨年、期間限定ながらNFL初の女性コーチになったジェン・ウェルター氏も、ずっと鈴木選手に憧れていたそうです。

そう言う人ですから、オーナーに推されたのでしょう。

ただし、米女子アメフト界でのオーナーと言うのは大変な仕事のようです。

オフィシャルブログを読んでいると、毎日のように問題が出てきて、それを解決するのに走り回ったり…

今回のように、資金繰りに頭を悩ませたり…

日本のプロ野球のように、経営は部下に任せる、と言うのとは全然違うイメージです。

さらに、選手としても練習やリハビリをしなければいけないようで・・・

クラウドファンディングのサイトに

「全てを投げ出したくなるときもある。」

とありますが、そう思っても仕方ないよなぁ…と思います。

でもその前にある、

「そして現在のオーナー業は、本当に大変ではありますが、充実した日々。」

とあるのが救いです。


2012年、47歳のときに選手としては優勝を味わったものの、それだけでは物足りない。

何かが足りない。

それが、自分でチームを作って、全米優勝する、と言うことだったようです。


もう引退してもおかしくない、35歳の時に米女子アメフト界に飛び込み、これまでがんばってこられたのだから、その夢を応援したくて、今回クラウドファンディングへのご協力を書かせてもらっています。


私は、スポーツ選手には、どうやったらうまくなれるか、どうやったら勝てるか、そう言うことだけで悩んでほしいと考えています。

資金のことで悩んでほしくないのです。

ですから私は、鈴木弘子選手兼オーナーの挑戦を応援しているのです。

どうかよろしくお願いします。


追記

鈴木選手兼オーナーのブログは、本当におもしろいですよ。

アメフト、ボディビル、食事、あとは女子らしい記事で構成されレイますが…

とにかく文章がうまいのです。

読みやすいです。


リップサービスではなく、あれくらい書けたらいいなぁ、といつも思います。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【朗報】 『若林の熱視線』がYouTubeに公開\(^o^)/

「オードリーのNFL倶楽部」の人気コーナー

「若林の熱視線」

の動画が、YouTubeにアップされました。

日テレ公式アカウントによるものです。

こちらがリンクになります。

YouTubeリスト「オードリーのNFL倶楽部」へのリンク


「若林の熱視線」は、確か昨シーズン、2014年シーズンから始まったコーナーで、若林があるプレイについて解説するコーナーです。

アメフトをもう少し深く知ろう、と言う人にもおすすめですが…

(私がそんなにむずかしく考えなくてアメフトを見てないせいもありますが、本当に、ああそういうことも考えているのか、と勉強になります)

お笑い好きの方にも、アメフトをベースにしたネタ、として見てもらっても、おもしろいと思います。

(アップしてくれた番組スタッフさんには失礼ですが、そう言う見方からもアメフトや番組のファンが増えてくれたらな~、と思います)

個人的には、下の動画の相武紗季さんによる「ブリッツ」の説明がオススメです。



あとは、昨シーズンの第49回スーパーボウルでのCBマルコム・バトラーのインターセプトの回、解説は短かったですが (「あと45分くらいくれよ」と言ってましたし、「オードリーのオールナイトニッポン」では30分ぐらい熱く語ってました) その後若林が叫びまくっているのがおかしくて…

最近は、実は若林は春日以上にヤバい(あくまでもいい意味でですよ)ことがだんだん世間に浸透してきていると思いますが、ここまでのテンションはなかなか他の番組では見られないと思います。

その動画がこちらです。



さて、まじめにアメフトの話しですが…

アメフトの説明は動画でやるのが一番です。

本に文字で詳しく書いてあるのでも、わからないこともないですが、動画をちょっと見ればわかることも多いです。

しかし、解説者の方の話しは、きっと難しいこと言うんだろうなぁ…と言う先入観があり、そのためにわからないこともあるかと思います。

「若林の熱視線」は、若林と言う比較的親しみやすい芸人さんが、動画を使って説明を行い、最後はネタで落とす、と言うコーナーなので、アメフトを知る上にはとても良いコーナーだと思います。

ですから、今後も続けてほしいコーナーですし、今回YouTubeにアップしていただいて、本当に感謝しております。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ランキングに参加しています。

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので嬉しいです。

 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~