2017年03月20日の記事 (1/1)

【歴史】なぜ今、アメリカ史なのか?~アメリカ大統領を研究している西川秀和先生の『アメリカ人の物語』出版記念勉強会に出席した感想

3月4日に、大阪大学外国語学部非常勤講師でアメリカ史を教えている

西川秀和先生

が、今週末の土曜日3月25日に、Skype(スカイプ)を使った勉強会を予定されています。



これに興味を持たれている方、それから西川秀和先生が書いた

「アメリカ人の物語」

を買おうかどうか迷っている方に向け、少しでも参考になればと思い、このブログ記事を書かせてもらいます。

20170319「アメリカ人の物語」西川秀和先生の画像


1.『アメリカ人の物語』出版記念勉強会@東京の感想

3月4日に東京で開かれた、西川先生の『アメリカ人の物語』出版記念勉強会に出席させてもらいました

こちらのものです。



30分ほどの講義の後に質問、と言う形で、2時間半ほど行われました。

とてもおもしろかったのですが、どれだけおもしろいかと言いますと、

1時間に1本のペースでタバコを吸う私が、勉強会の間に1回もタバコを吸いたいと思わなかった

と書けばわかってもらえるかもしれません。

それぐらいおもしろかったです。


内容は「アメリカ合衆国憲法の成立」でした。

憲法だけではなく、アメリカ合衆国が成立した理由と、「アメリカ合衆国憲法の父」と言われたジェームズ・マディソンと言う人物がクローズアップされて、講義が行われました。

20170319西川秀和先生のマディソンの本の画像

私はアメリカ史、とくに建国のころのことは高校の世界史で習ったぐらいの知識しかないのですが、とてもわかりやすかったです

歴史を勉強することをおもしろいと感じさせるには、どれだけ興味を持たせる話しができるか、にかかっていると思います。

その点では、とても興味が持てる話ばかりでした。

それは、「アメリカ人の物語」の扉に書かれた

「歴史とは、すなわち人間である」

と言うことを地で行く話を、うまくストーリーだてて話をしてもらったからだと思います。

この人たちのこの時の気持ち、よくわかるわぁ~、と思わせてくれる説明でした。

また、すごいなと思ったのは、質問についても即座に「どう話せば興味を持って聞いてもらえるか」と言うことの筋道をたてて回答されたことです。

こう言う先生に習えば、歴史を勉強することは苦痛ではなく、喜びになると思います。

そして歴史の何かを調べること、書くことが趣味になり、ゆくゆくはライフワークとする人も出てくるでしょう。

ですから、ぜひ3月25日の勉強会に参加して、話を聞いたり、質問したりした方がいいと思います。

そのうえで、西川先生スゲー、と思ったら「アメリカ人の物語」を買えばいいかと思います。


なお、どういう事を話したかは、今週末の内容とかぶるかも知れませんので、ここには書きません。

が、その時のホワイトボードの写真を貼っておきます。

20170319西川秀和先生の勉強会の画像

漢字が多くて難しそうに思う方がいるかもしれませんが、話を聞くとそんなでもないです。


2.西川先生がアメリカ史を研究するわけ

西川秀和先生がなぜアメリカ史を研究しているかについて、私は以下のように解釈しております。

「日本にとってアメリカは同盟国であり、最も影響を与える国です。

今後の日本のことを考えるとき、アメリカとどう向き合うか、それを考える必要がかならずあります。

そのためには、アメリカと言う国がどう言う価値観で成立し、そう言う価値観の変遷で今に至るのかを知って起きたほうが良い」


と言うものです。

そう言われると、たしかに意義のあることだと思います。


以下に西川先生自身がこの件にツイートしたものを貼っておきます。

少々私が書いたものとニュアンスは違うと思いますが…







なお私の入り口は、NFLです。

これについては後述します。


3.勉強会で解けた、長年の疑問

勉強会で習ったことのネタバラシをひとつします。

多分私のような変人しかそう言う質問はしないと思いますので、次のSkypeの授業では出てこないと思いますから。

建国当時、アメリカ人が理想とした社会は、共和政時代の古代ローマだそうです。

ですから、それを崩壊させ帝政への道を開いたユリウス・カエサルは、アメリカ人にとっては悪人だそうです。

思うところあって

「今でもアメリカ人にとって、カエサルは悪人なんですか?」

と尋ねてみました。

「今はどうだか、ちょっとわかりませんが…」

と答えてもらいました。

「いや、「猿の惑星」を作った猿の名前が「カエサル」と言いますんで、関係あるのかなと思いまして」

とまた尋ねてみますと。

「あ、それはあるかもしれません。

映画ってそういうことやりますから。」

正確には「猿の惑星」で人間に対して革命を起こした猿は、英語読みの「シーザー」ですが、その時は言い忘れてしまいました。

でも、長年「なんでシーザーなんだろう?」と言う疑問を持っていましたが、なんとなくこれが答えなんだろうと思いました。

そして、このやりとりでわかるかもしれませんが、西川先生のツイートは、かなり上からの言葉遣いを感じますが、会ってお話させてもらうと、そんなことは全然なく、とても生徒に気を使ってくれる方だとの印象を受けました。

とにかく、向学心のある方には、とても親切です。


4.私がアメリカ史に興味を持つようになった理由

私はもともと世界史、特に西洋史が大好きで、大学の選考も卒業論文も西洋史でした。

ただしアメリカ史にはあまり興味がありませんでした。

理由は特にありませんが、多分ひかれるものがなかったんでしょう。


私がアメリカ史に興味を持ったのは、1989年にアメリカのアメリカンフットボールのプロリーグ、NFLを見始めてからです。

試合を見る他、専門誌を買って読んだり、ビデオを買ってドキュメントを見たりしてましたが、この当時はよく

「ポール・バニヤン」

と言う言葉を見たり聞いたりしました。

これはなんなんだろう?

今ならウィキペディアなどを検索すればくどいぐらい説明が読めますが、まだインターネットが普及してない頃の話です。

百科事典なので調べるしかありませんでした。

昔話に出てくる木こりだというところまではわかったのですが…

とにかく、アメリカの歴史や文化、そして宗教のことを知らないとNFLを十分に楽しめない、と気がつきました。


考えてみれば、「49ナーズ」や「ペイトリオッツ」という名前は世界史を知っていると、ああ、そういうことかと理解できました。

歴史用語では前者は1848年のカリフォルニアでの金鉱発見を聞き、翌年カリフォルニアに駆けつけた人々を指しますし、後者はアメリカ独立革命での独立派を指します。

(ペイトリオッツが「愛国者」の方ではないことは、チームロゴや試合中の独立革命時の民兵の格好をした人々「エンドゾーン・ミリッシャ」の姿を見ればわかります。)

また、フィラデルフィアのチームがアメリカの象徴、「イーグルス」を名乗るのも、ワシントンDCができるまでアメリカの中心だったのを思えばよくわかります。

ここまでは高校の世界史の知識でカバーできました。

しかし「レッドスキンズ」やミネソタのチームが「バイキングス」を名乗るのには、それより知識がいりました。

最近も、「アーロン・ロジャースのフーディ二のような動き」と言う動画がありました。

偶然ハリー・フーディ二のことはコミックで読んで知っていましたから、意味は理解できましたが。

ここまでが私がアメリカ史などに興味を持つようになった理由です。

そして、そんな感じで、ずっとアメリカのことを知りたいと考えていましたところ、たまたま西川先生のことを知って、私がアメリカの歴史を知りたい理由を伝えて、交流させてもらうことになったわけです。

最初は知らないことを聞いたら、横着ながら教えてもらおうと考えていたのですが、そのうち西川先生のツイートを見ることで、今まで知らないことを教えてもらうことになりました。

最近ではアメリカで最も有名なスパイにして独立革命時の英雄、ネイサン・ヘイルのことを知りました。

ひょっとしたらこれまでにドキュメントや試合中継でその名前を聴いたことがあったかもしれません。

なんとなく出てきそうな人物のようですから。

そんなわけで、これからもアメリカの歴史などを勉強を続けることになると思います。


20170319(パンフレット)「アメリカ人の物語」西川秀和先生の画像

(勉強会でいただいた、「アメリカ人の物語」のパンフレット)


備考.

ここまで「西川秀和先生」と表記しましたが、普段私は「西川さん」と呼ばせてもらってます。

それで不満を言われたことは一度もないです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト