2017年04月の記事 (1/1)

【2017年4月30日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること~久々に生で聴きました



(先週の放送のことがHPにアップされたというツイート)


2017年4月30日の「オードリーのオールナイトニッポン」に関することを書きます。

今回は久しぶりに生で全部聴きました。

多分2014年の11月以来なんじゃないかな、と思います。


1.ついに新年会が開かれる

今年も無事に新年会が開かれたそうです。

この中で

「年下と言うか、20歳~35歳に呼び捨てにされたくない春日」

「呼び捨てされると全力で「ありがとうございます」と言い返す若林」

のことなどが語られたあと、若林が

「若いやんちゃな子のほうはいいが、30代にもなってスーツ着て俺のこと呼び捨てにするヤツは嫌だ」

と話していました。

そのことでふと思い出したのですが…

朝の、あるチェーンの喫茶店で注文するとき、だいたいの人が、

「ブレンド」とか「アイスコーヒー」

とか商品名だけを言うのですが…

それはそれで異常なことではないかもしれませんが、なんとなく見ていて気持ちがいいことではないと感じることがありますので、私は基本

「ブレンド、お願いします」

と言うことにしています。

なんか、明らかに自分より立場が弱く、だいたい自分よりずっと若い店員さんに、乱暴な言葉遣いをするのは気持ちよくないんで。


あと、「強気に出る大人って、中学生のころ明らかに弱かったヤツが多いように感じる」(若林)と言っていました。

「中学の頃は腕力が強さの後ろ盾だったのが、大人になると法律とかが後ろ盾になるからなんだろう」(若林)

と解説していました。

おもしろい見方だな、と思います。


2.「長い夜」

なんとなく前にも紹介した気もしますが…

春日が

「鬼瓦!!長い~夜を~♪」

と自己紹介と言うか、歌う場面がありました。

「長い夜」はこんな歌です。



松山千春の風貌の変わりようには…もう慣れましたが…

この歌はカセットテープに録って、何回も聴いたあげく、しばらく飽きてしまった覚えがあります。

カラオケではかなり歌いましたが、最近はほとんど歌っていません。

でも今でも大好きな曲です。

1981年の歌ですが、この年はとても好きな歌が多かったです。


3.若林が一番好きな春日のギャグ

「へっ」が若林の中では、一番好きな春日のギャグだそうです。

基本的に若林は春日のギャグが嫌いみたいですが、これだけはおもしろいそうで、何回かやらせてました。



そう言えば昔

「「アパー」はおもしろいから、もっと大事にした方がいい」(若林)

と言っていた記憶があります。

ところで、春日のことについて、4/24の「しゃべくり007」で、メイプル超合金のカズレーザーが

「ひな壇で一番頼りになるのは、オードリーの春日さん」

と言っていました。



この番組、見ていましたが、春日はこのことを知っているかなぁ…


4.青銅さん、Yahoo!ニュースに

若林が

「Yahoo!に青銅さんの写真があった」

と言っていました。

オリジナルはこのニュースでしょう。



私はそのうち、「名放送作家・藤井青銅氏インタビュー(下) 大人気コンビ・オードリーの誕生前夜」だけ読みました。

ブレイク以前にそんな流れがあって、「オードリーのオールナイトニッポン」が始まったのか、と驚きました。

記事中に

「オードリー売れたから使おうよ。絶対しゃべれるから。トゥースの方はしゃべれないけど」

とありますが、私は初回の方を聴いて

「(トゥースの方こと)春日ってこんなにおもしろいのか」

と驚いた記憶があります。


5.「モザカケのヒロシ」

春日のフリートークの中で、新米作家のヒロシは、昔AVやテレビのモザイクかけをしていて、業界からは

「いつでも戻ってこい」

と言われるほどの名手だったそうです。

とにかく仕事が速かったそうです。

若林は自称「もんじゃのマサ」ですが、「モザカケのヒロシ」と呼んでいいんじゃないかな、とか思いました。

なお、トークの中で出てきた「マジックミラー号」と、私のこのブログ「MAJIK MIRROR」とはなんの関係もないです。

ブログを始めるとき、もしそう言うシリーズものがあると知っていたら、たぶんこのブログ名にはしなかったでしょう。


5.「ハガキのコーナー」のお題がかわる

新年会が開かれたので、来週から「ハガキのコーナー」のお題が

「結婚式の招待状」

にかわるそうです。

ところで、今週の投稿の中に、IKKO(イッコウ)が出したものとしてのものがありました。

いつものようにIKKOのマネをしながら読んだ若林でしたが、なんとなくいつもほど似てなかったように感じました。

このハガキのなかには

「どんだけ~」

の口調で

「忖度(そんたく)~」

と読む箇所があって笑ってしまいました。

「どんだけの小部屋」、なつかしいな…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ホークス】福田が「目標とする」川﨑の復帰をホームランで祝福〜あるエピソードを思い出した


福岡ソフトバンクホークスの福田秀平選手は、昨日の試合で勝ち越しのツーランホームランを放ちました。

塁上にいたランナーは、この日6年ぶりに日本球界の一軍の試合に出た川﨑宗則選手。

福田選手がドラフトで指名された時に

「目標とする選手」

としていた大先輩です。

その大先輩が日本球界復帰後に初めて放ったヒットの後、今宮健太選手がバントで送ったところで打席に入ったのが、負傷退場した柳田悠岐選手と交代した福田選手でした。

相手はオリックスバファローズの西勇輝投手。

今シーズンも好調で、なかなか打てない投手です。

この日はあまり調子が良くないようで、最終的に二桁安打を許します。

ですがここまではデスパイネ選手のホームランによる一点に抑えていました。

その西投手の2球目を、福田選手がライトスタンドへ放り込みました。



(パ・リーグTVの動画「【7回表】ホークス・福田 今季1号2ランは終盤に大きな大きな勝ち越し弾!! 2017/4/28 Bs-H」)

マジかよ…

あの福田があの西からホームランを打ちやがった…

スゲェな…

と絶句しました。


そしてこんなものを思い出しました。

福田選手の2013年6月のツイートです。



なんとなく、福田選手が川﨑選手に恩返しをしたような、昨日の試合のホームランでした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】川﨑一軍昇格のニュースを見て、あらためて思い知らされた日米の差について


福岡ソフトバンクホークス は、いよいよ今日、川﨑宗則選手を一軍にあげるそうです。

このニュースはスポーツ紙やスポーツ専門サイトだけではなく、一般紙のサイトでも伝えられました。

驚いたのは、NHKまでもがこの段階で取り上げていたことでした。

「ソフトバンク復帰の川崎 28日に1軍昇格へ | NHKニュース」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170427/k10010963441000.html

川﨑選手の人気と存在感、そしてアメリカでやって来たことに、多くの人が興味を持っていることを、あらためて思い知らされました。

すごいぞムネリン!!

そんな中で興味深かったのがこのニュースでした。

「超ユーティリティ川崎宗則が1軍昇格へ 工藤監督「バリエーションが広がる」 | Full-Count」
https://full-count.jp/2017/04/27/post66519/

川﨑選手はたしか帰国翌日の4月2日に入団を発表。

4月4日からファームで試合に出ながら調整していました。

結局昇格するまでに、3週間以上かかったことになります。

本格的に野球をやったことがない私としては

「そんなに時間がかかるものか」

と驚きました。

記事によると

「米国の投手と日本人投手の「間」の違いや、久しぶりのプレーとなる人工芝への適応」

をはかっていたそうです。

また、以前読んだニュースでは、日米の投手の球筋の違いにも対応できるよう調整していたとか。

そんなにアメリカの「ベースボール」と、日本の「野球」は違うものなのか、と思いました。

一時は打率が5割を越えたり、驚異的な長打率を残していたようですが、川﨑選手本人は

「だんだん良くはなっているが、まだまだ」

を繰り返していました。


日本のプロ野球で10年以上もプレイしたことがある川﨑選手でもこれだけかかる。

こう言うことを考えると、シーズン途中にアメリカ方面から日本のチームに加入して活躍する外国人って、すごいんだな、と思わされます。

例えば埼玉西武ライオンズのエルネスト・メヒア選手は入団会見から11日目に一軍の試合に出場し、初打席でホームランを放ちました。

そして最終的にホームラン王に輝きました。

史上初のシーズン途中加盟選手によるホームラン王だそうです。

メヒア選手って思っていたよりはるかにすごいんだな、と思わされました。


さて話しを川﨑選手に戻します。

今シーズンはまだイマイチ波に乗り切れてないように感じれるホークスにあって、早くから多くのファンが昇格を熱望してきました。

その声に流されず、チームはここまで昇格を待ちました。

私はこれでいいと思います。

チームの判断が間違っていなかったことを証明してくれることを期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFLドラフト】ここ50年間のドラフト全体1位ランキング

NFLは明日ドラフトを迎えます。

オフシーズンが長いNFLのファンにとっては、オフの数少ないビッグイベントの一つと言えるでしょう。

ところで、こんな記事がありました。



NFL.com「Ranking the 50 No. 1 overall picks of the common-draft era」へのリンク

昨年のドラフトまでのここ50回のドラフトで、全体1位で指名された選手のランキングです。

50位の選手は、まだ評価できないということで最下位とされていますが、とりあえず書き出します。


50位 ジャレッド・ゴフ:QB
2016年ロサンゼルス・ラムズ

49位ジャマーカス・ラッセル:QB
2007年オークランド・レイダース

48位スティーブ・エントマン:DE
1992年インディアナポリス・コルツ

47位コートニー・ブラウン:DE
2000年クリーブランド・ブラウンズ

46位キジャナ・カーター:RB
1995年シンシナティ・ベンガルズ

45位ケネス・シムズ:DE
1982年ニューイングランド・ペイトリオッツ

44位ティム・カウチ:QB
1999年クリーブランド・ブラウンズ

43位オーンドリー・ブルース:OLB
1988年アトランタ・ファルコンズ

42位エリック・フィッシャー:OT
2013年カンザスシティ・チーフス

41位ウォルト・パツルスキ:DE
1972年バッファロー・ビルズ

40位トム・カズノー:LB
1979年バッファロー・ビルズ

39位ジャデベオン・クラウニー:DE
2014年ヒューストン・テキサンズ

38位ジョン・マツーザックDE
1973年ヒューストン・オイラーズ

37位ダン・ウィルキンソン:DT
1994年シンシナティ・ベンガルズ

36位デビッド・カー:QB
2002年ヒューストン・テキサンズ

35位ジェイミス・ウィンストン:QB
2015年タンパベイ・バッカニアーズ

34位ジェフ・ジョージ:QB
1990年インディアナポリス・コルツ

33位サム・ブラッドフォード
2010年セントルイス・ラムズ

32位リッキー・ベル:RB
1977年タンパベイ・バッカニアーズ

31位ジェイク・ロング:DT
2008年マイアミ・ドルフィンズ

30位ラッセル・メリーランド:DT
1991年ダラス・カウボーイズ

29位ボー・ジャクソン:RB
1986年タンパベイ・バッカニアーズ

28位キーション・ジョンソン:WR
1996年ニューヨーク・ジェッツ

27位マイケル・ビック
2001年アトランタ・ファルコンズ

26位アンドリュー・ラック:QB
2012年インディアナポリス・コルツ

25位アレックス・スミス:QB
2005年サンフランシスコ・49ナーズ

24位マリオ・ウィリアムス:DE
2006年ヒューストン・テキサンズ

23位キャム・ニュートン:QB
2011年カロライナ・パンサーズ

22位ビニー・テスタバーディー:QB
1987年タンパベイ・バッカニアーズ

21位アービン・フライヤーWR
1984年ニューイングランド・ペイトリオッツ

20位ジョージ・ロジャース
1981年ニューオリンズ・セインツ

19位カーソン・パーマー:QB
2003年シンシナティ・ベンガルズ

18位ジム・プランケット:QB
1971年ニューイングランド・ペイトリオッツ

17位バッバ・スミス:DL
1967年ボルチモア・コルツ

16位スティーブ・バトコウスキ:QB
1975年アトランタ・ファルコンズ

15位マシュー・スタフォード:QB
2009年デトロイト・ライオンズ

14位ドリュー・ブレッドソー:QB
1993年ニューイングランド・ペイトリオッツ

13位ビリー・シムズ:RB
1980年デトロイト・ライオンズ

12位イーライ・マニング
2004年サンディエゴ・チャージャーズ

11位エド”トゥー トール”ジョーンズ:DE
1974年ダラス・カウボーイズ

10位オーランド・ペース:OT
1997年セントルイス・ラムズ

9位リ・ロイ・セルモン:DL
1976年タンパベイ・バッカニアーズ

8位ロン・ヤリー:OT
1968年ミネソタ・バイキングス

7位アール・キャンベル:RB
1978ヒューストン・オイラーズ

6位O.J.シンプソン:RB
1969年バッファロー・ビルズ

5位トロイ・エイクマン:QB
1989年ダラス・カウボーイズ.

4位テリー・ブラッドショー:QB
1970年ピッツバーグ・スティーラーズ

3位ジョン・エルウェイ:QB
1983年ボルチモア・コルツ

2位ブルース・スミス:DE
1985年バッファロー・ビルズ

1位ペイトン・マニング:QB
1998インディアナポリス・コルツ


正直なところ、ランキングには「そうかなぁ~」と疑問に思うところが多いです。

そして、ドラフト全体1位氏名権を持っているチームって、かたまっているな、と感じました。

私が応援しているグリーンベイ・パッカーズは1959年に全体1位指名したのを最後に、そういう例はないので、このリストには載っていません。

また、イーライ・マニングやジョン・エルウェイについては、氏名直後に本人または本人サイドの希望でトレードされましたので、そう言えばイメージと違うチームで指名されていたんだったな、とあらためて思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【朗報】乃木坂46斎藤ちはるさんのブログが朝礼のネタに使えそうな件

私はアメリカンフットボールのファンと言うこともあって、乃木坂46の斎藤ちはるさんのブログをチェックしていますが、最近ちょっとした変化がありました。

文中に

「今日は○○の日」

と言うことを必ず書くようになっているようです。

4月15日からの一週間を振り返ってみますと



では

「今日はヘリコプターの日。
東京ディズニーランド開園記念日。」





では

「今日はチャップリンデー。」




では

「今日は恐竜の日。」




では

「今日は発明の日。」




では

「今日は地図の日。(最初の一歩の日)」




では

「今日は女子大の日。」




では

「今日は民放の日。」


こんなところです。

「今日は何の日」

と言うのは、朝礼登板の時のネタの一つになりえるものです。

ここまで書いてきた情報があれば、あとは考え方次第で十分にスピーチのネタに使えると思います。


なお私が朝礼でスピーチをする時の準備ですが…

公私問わず特別なことがあった日には、話し方を組み立てるだけでいいのですが、それがない日は、まずネットニュースを見て、使えそうなものを探します。

注意したいのは、ネットニュースって、ほかのサイトではかなり前に報じられているものもあります。

全体的に言えるのは、紙媒体やテレビからのニュースは、ネット専門のメディアに比べて遅いものがある確率が高い気がします。

タイムリーなことを話したいときは、そこは注意するべきだと思います。

そして最後に、ネタが準備できてようができてまいが、ツイッターやWikipediaで、今日が何の日かをチェックします。

その日じゃないと言えない特別なものがないか、チェックするためです。

ネタが準備できていても、特別なものがあれば、入れ替えたりします。


朝礼のスピーチが嫌だと考えている人へ

「どうせ誰も真面目に聞いてないだろう」

と考えて準備すれば、気が楽になると思います。


それにしても斎藤ちはるさん、毎日長文を書いていて、すごいなと思います。

昨年12月に、毎日更新をやめた私としては、これだけのことを書くのは、決して楽なことではないと断言します。

特に芸能人としての仕事と、大学生と言う二足のわらじをはいていることを考えると、よくここまで長いのを毎日書く時間があるものだと感心します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】藤本打撃コーチの川﨑熱望発言で違和感を持った箇所

福岡ソフトバンクホークスがなかなか波に乗れず、先週金曜からの6連戦を4連勝でスタートしたものの、最後は2連敗。

ネットでは松田選手が打てていないことが問題と言われています。

たしかに一昨日とかは、1点差にせまり二死満塁。

しかし二ゴロに倒れ、結局追いつけませんでした。

工藤監督渾身の投手リレーで東北楽天イーグルスを2点に抑えただけに、打線で、しかも松田選手が打てずに負けたと言う人もいるでしょう。

イーグルス戦初戦までは、同点に追いつくタイムリーを打ったり調子を戻していたようですが、ここ2試合は無安打で再び打率は1割台でホームランは0本で三振17に四球4。

絶不調です。

まあ長いシーズンこんな時もあって、これまでのホークスならほかの選手がそれを補ってきていたと思うのですが、何せホークスが勝てていないので、松田選手に替える形で川﨑選手に一軍待望の声が上がっています。



残念ながらこういう声が上がるのは仕方ないと思います。

この現状なら。

で、私がちょっと違和感を持ったのは、藤本博史打撃コーチのこの言葉

「(川﨑選手昇格の)リクエストはしているんだけど、本人がまだと言っている。

負けていても、ベンチの雰囲気を良くしてくれるだろうし」

たしかに、負けていても、ベンチの雰囲気を良くしてくれる可能性は高いと思います。

しかし、それはこれまで松田選手の仕事だったはずです。

この春のWBCでもその仕事を任されました。

と言うことは…

松田選手はその仕事もできなくなっているのかな、と心配になってきました。

打てないのはある程度仕方がないと思うのです。

相手がいることですから。

ですが、ベンチを明るくすることは、主に自分の気持ちとの闘いですから、できなくはないと思うのです。

打てないのにそんなことはできない、と考えているのであれば、それは大間違い。

例えば、たまたま今打てないだけで、今まで俺様が打ってきたから今のホークスがあるんじゃないか、ぐらいの気持ちでベンチを盛り上げるべきだと思うのです。

それを期待されての、高額年俸だと思うのですよ。


実は、昔私の職場で、朝礼の時に誰か何か一言いって、職場を明るくしましょう、みたいな話が会議で出たとき、大部分の人が私に視線を向けました。

ああ、俺はそんな風に見られてるんだな、光栄だな…

と思いはしたものの、当時私は仕事が本当にうまくいかず、残念ながら朝礼でふざけたことを言えるような空気ではないな、と考えていました。

会議の後グループのリーダに、私のその気持ちを言ったら

「仕事がうまくいかないのは、別の話し。。

それはそれで置いといて、きちんとふざけなさい。」

と変な説教をされました。

そんなわけで翌日からなるべく期待に応えるように、朝礼でいろいろと言ってきました。

おかげで、仕事がうまくいかない、とふさぎこんでいた気持ちはいつの間にか晴れていきました。

リーダーのあの説教がなかったら、と思うとぞっとします。


自慢話っぽいことを書いてきましたが、少々不調だからと言って松田選手にそんなことができないとは思えないのです。

川﨑選手のほうがもっと上手だから、藤本コーチはあんなことを言ったのであればいいのですが…

とにかく松田選手については、いくら打てなくても、スタメンを外されても、ベンチを明るくする努力は続けてほしいです。

そんな姿を見て、若い世代でそんな選手が出てくればいいなと考えます。


そして私が、藤本コーチの言葉を深読みしすぎただけ、それだけだといいのですが…



(先週金曜のイーグルス戦でのタイムリー)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】2017シーズンスケジュールを絵文字で発表したのがおもしろい #nfljapan

NFLは日本時間の2017年4月21日に2017年シーズンのスケジュールを発表しました。

下のツイートのリンク先にNFL JAPANの関連ニュースがあります。



この記事の左側の「試合」の列には、もう開幕週のスケジュールが載っています。

そしてNFL JAPANのサイトの上の方の「日程・結果」は、もう2017年シーズンのものに更新されているようです。

ところでおもしろかったのは、アトランタ・ファルコンズとデトロイト・ライオンズの、絵文字によるスケジュールのツイート

デトロイトのはこちら。



数字はWEEKを指します。

この絵文字が対戦相手なのですが、それぞれどのチームか考えてみるのはおもしろいでしょう。

そしてさらに、なんでそのチームにこの絵文字を使ったかを考えると、もっと楽しいでしょう。

では、絵文字のチームと、その由来を書いておきます。

カーソルをツイートに当てると、何の絵文字かはポップアップされますが、意味まではわかりにくいのもあると思いますので。

なお、絵文字と絵文字の間の「vs」はデトロイトの本拠地ゲームであることを、「@」は「at」のことで、相手の本拠地でのゲームであることを意味します。

トップにある🦁は「ライオンの顔」で、ライオンズを、隣のカレンダーで「スケジュール」を表すようです。

WEEK1.🌵は「サボテン」でアリゾナ・カージナルス。

アリゾナは砂漠が多いので。

WEEK2.🗽は「自由の女神」でニューヨーク・ジャイアンツ

ニューヨーク・ジェッツの絵文字は後で出てきます。

(🌃)は「星空」でナイトゲームを表します。

WEEK3. 🍑は「桃」でこれはアトランタ・ファルコンズのことだそうです。

意味が分からなかったので調べてみたら、アトランタがあるジョージア州は「ピーチステート(Peach State)」と呼ばれるほど、モモの産地として有名なんだそうです。

WEEK4.⚓️は「いかり(錨)」でミネソタ・バイキングスを表すそうです。

多分バイキングの船を使って遠征をしたことから、これになったのでしょう。

WEEK5.😼は「ニヤリと笑う猫の顔」だそうで、カロライナ・パンサーズのことだそうです。

パンサー(豹)がネコ科の動物だからなんでしょう。

WEEK6.⚜️は「ユリの紋章」でこの絵の意味よりも、この絵がヘルメットに使われているので、ニューオリンズ・セインツのことです。

「ユリの紋章」はたしかフランスのブルボン家の紋章で、ニューオリンズ(「新オルレアン」の意味)はフランスの影響を受けていました。

WEEK7.👋は「バイバイ」でバイ、つまり試合のないオフを指します。

WEEK8.🏭は「工場」でピッツバーグ・スティーラーズを指します。

ピッツバーグはかって鉄鋼の街として有名でしたので、この絵文字が選ばれたのでしょう。

「スティーラーズ」の名称も、「鉄鋼の街」からとられています。

WEEK9.🧀 は「チーズ」でグリーンベイ・パッカーズを指します。

ウィスコンシン州は酪農業が盛んで、チーズなどが有名なのですが、そんな説明より、パッカーズファンが「チーズヘッド」と呼ばれるこの絵文字のようなチーズの形をした被り物をかぶって応援していますから、と言う説明の方がわかりやすいでしょう。

WEEK10.🐶は「イヌの顔」でクリーブランド・ブラウンズを表します。

これはクリーブランドには「ドッグ・ポンド(Dawg Pound)」と言う有名なファン(またはそのファンが占めるスタジアムの一角)がいるからです。

英語版のWikipediaには「チームの復活後、ブラウンズは代替ロゴとしてブルドッグを使用してきました。」とあります。

WEEK11.🐻は「クマの顔」で、シカゴ・ベアーズのことであることは説明は不要でしょう。

WEEK12.には再び⚓️、つまりミネソタ・バイキングスが出てきます。

バイキングス、ベアーズ、パッカーズは同地区ですので、年に2回対戦があります。

(🦃)はカーソルを上にあてると「トルコ」と出てきますが、これは「Turkey」を直訳したものだと思われ、本当の意味は同じスペルの「七面鳥」です。

これは感謝祭の日を表します。

感謝祭の日は伝統的に七面鳥を食べるそうですが、デトロイト・ライオンズとダラス・カウボーイズは、毎年感謝祭にホームゲームを行います。

WEEK13.🦀は「カニ」なんですが…ボルチモア・レイブンズのことだそうです。

ボルチモアはカニで有名なんだそうですが…知りませんでした。

レイブンは「大カラス」を指し、ボルチモアの街にゆかりのある有名な作家、エドガー・アラン・ポーの作品「大鴉」(The Raven)から捕ったものなのですが…鴉の絵文字はなかったのかなぁ…と不思議に思います。

WEEK14.☠️は「ドクロマーク」で、タンパベイ・バッカニアーズを指します。

バッカニアとは、カリブ海をあらした海賊のことですので。

オークランド・レイダーズにも使える絵文字かと思いました。

WEEK15. 🐻は再びベアーズ。

WEEK16.🐅は「トラ」で、シンシナティ・ベンガルズを指します。

ベンガルズの名前は、「ベンガル・タイガー」からとられたからでしょう。

WEEK17.🧀は再びパッカーズ。

ここまで書いてきて、想像がつくものもあれば、絵の意味を知ってもどのチームか見当もつかないこともあって、おもしろかったです。


アトランタのは

「Emoji Schedule」(絵文字スケジュール)

と書かれています。

こちらです。



ライオンズには「桃」で表されたファルコンズですが、自分のツイートでは特に自信を表す絵文字を載せていません。

では各週のことを。

WEEK1.🐻は「クマの顔」でシカゴ・ベアーズとの、

WEEK2,🧀は「チーズ」でグリーンベイ・パッカーズとの

WEEK3.🦁は「ライオンの顔」でデトロイト・ライオンズとの対戦を表すことは、ライオンズの説明の箇所で書きました。

WEEK4.💵は「ドル札」で、ちょっと考えたところまったく見当がつかなかったのですが、バッファロー・ビルズとの対戦だそうです。

バッファロー・ビルズは、バッファロー・ビルと言う人物の名前から付けられらものですが、彼はアメリカ西部開拓時代のガンマンで興行主でした。

ひょっとしたら賞金稼ぎなどもしたかもしれません。

ですから「ドル札」になったのかな、と思います。

バッファローの絵文字がなかったのかな、と不思議に思います。

(追記.「BILL」は「お札」の意味があるからではないか、と教えてくれた方がいました。

おそらくそちらの方が正しいと思います。

私の考えた過ぎでした(^^;; )

WEEK5.👋はバイ。

WEEK6.🐬は「イルカ」なので、マイアミ・ドルフィンズ。

WEEK7.🇺🇸は「アメリカ国旗」。

と言うことは「アメリカズ・チーム」ことダラス・カウボーイズかと思ったら、ニューイングランド・ペイトリオッツのことでした。

「ペイトリオット」は「アメリカ独立革命の兵士やその指示勢力」を指しますので、「アメリカ国旗」は妥当かと思います。

WEEK8.✈️は「飛行機」でニューヨーク・ジェッツ。

ジェット機のことです。

WEEK9.🐱は「ネコの顔」なので前述のとおりカロライナ・パンサーズ。

WEEK10.🤠は「カウボーイハットをかぶった顔」で、こんどこそダラス・カウボーイズでした。

WEEK11.🦅 は「ワシ」でシアトル・シーホークスだそうです。

「シーホーク」は細かく言えば「ミサゴ」と言う鳥だそうです。

WEEK12.☠️は「ドクロマーク」なので、前述のとおりタンパベイ・バッカニアーズ。

WEEK13.♈️ は「おひつじ座」で、ロサンゼルス・ラムズかな、と思ったら、アトランタのスケジュールのサイトを見たらミネソタ・バイキングス…

どちらかが間違っていると考えないと、意味が分かりません。

なお、アトランタは2017シーズンはNFC北地区の4チームと対戦することになっていますので、ミネソタの方が正解でしょう。

ミネソタは羊が有名なのかなぁ…

でも、ここまで見てきますと、絵文字とチームは32球団で取り決められているように思えるのですが…

多分ツイートが間違っているのでしょう。

WEEK14.⚜️ の「ユリの紋章」は前述のとおりニューオリンズ・セインツ。

WEEK15.@☠️に続く、⚜️、🐱は、同地区内の再戦で、それぞれタンパベイ、ニューオリンズ、カロライナを指します。


ところで、Facebookで教えてもらったのですが、シカゴ・ベアーズはこんな動画でスケジュールを表しました。



どこのチームと対戦するのかは書いてありませんが、WEEK4とWEEK10で、雑に扱われているチーズがグリーンベイ・パッカーズだということは明白です。

シカゴ・ベアーズとグリーンベイ・パッカーズの2チームはNFLで最長のライバル関係にあります。

対戦成績は昨シーズンが終わった時点で、グリーンベイがようやくタイに戻しました。

最近はグリーンベイがずっと勝っているイメージが強いのですが、ブレット・ファーブやアーロン・ロジャースより前に、どれだけシカゴに負けていたかがよくわかります。

最後に、NFLがどうやってスケジュールを組んでいるか、と言うことを説明した動画を貼っておきます。

32チームが試合を行うのにコンピュータを使っているようですが、テレビの放映権なども絡んでいるほど複雑なので、そうせざるを得ないのでしょう。



(USA TODAY Sportsの動画「How the NFL schedule is made」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年4月23日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること〜市野瀬瞳アナを迎え、「オードリーさん、ぜひ仲直りして欲しい人がいるんです!」

2017年4月23日の「オードリーのオールナイトニッポン」に関することを書きたいと思うのですが…

今回もまだ半分も聴けていないので途中までとなります。

すんません

今週は中京テレビでオードリーと一緒に「オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです 」(通称「オドぜひ!」)のMCを5年ぐらいも一緒に努めつつ、若林はともかく春日からも珍しく嫌われている(もちろんネタだと思いますが)、中京テレビの女子アナさん

市野瀬瞳アナ(通称「イッチー」)

を迎えてのスペシャルウィーク

「オードリーさん、ぜひ仲直りして欲しい人がいるんです!」

でした。

これの頭の方までしか今のところ聞けていませんが、そこまでのことを書きます。



正確には覚えていませんが、若林は

「エレベーターの中が香水臭いので、イッチーが来てるとわかった。」

と言ってました。

それに春日が

「そんなに香水ふってるんなら、さきに花粉症の薬を飲んでおけばよかった」

と言っていたのがおかしかったです。


1.ネタライブのゲスト発表

ネタライブのゲストが発表されました。

若林が「大物順」に発表していましたが、その並びで言うと以下の通りです。

・南海キャンディーズ

・馬鹿よ貴方は

・ザ・ギース

・サツマカワRPG

・マシンガンズ

・TAIGA

・ラブレターズ

春日は「いやいや、ラブレターズが最後はおかしい、せめてザ・ギースの次だろう」と言っていました。


2.菅田将暉の通し企画

菅田将暉は収録した声のみの登場でした。

「(菅田将暉は)アメフトやってたんだってね。たしかQBだったと思うけど」(若林)

「ホントに?賢いじゃん」(春日)

「キャッチボールできるようにしとかなきゃ」(若林)

と言っていました。

QB=賢いというポジションなのかどうか…たしかに私にはそう言うイメージがあります。

ちょうど何日か前に、女子アメフトの鈴木弘子選手がQBのポジションについてブログに書いていましたので、リンクを貼っておきます。

読んでみて、へー、と思いましたので、おススメです。

「鈴木弘子『選手紹介1-#8 ケニー』」へのリンク

ところで菅田将暉から「好きに呼んでください」

(書くのが困難になったので、いったんここで公開します。)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【メンタルヘルス?】ブルゾンちえみが本物のオースティン・マホーンの 「Dirty Work」をバックにネタを披露すると聞いて~これまで一番ハマったお笑いのBGM

明日2017年4月23日(日)の「行列のできる法律相談所」で、ブルゾンちえみ with Bが、再来日したオースティン・マホーンの生歌 「Dirty Work」をバックにネタを披露するそうです。

下のツイートの中のリンク先にそのことを書いたニュースがありますが、正直私は、知らないまま番組を見ればよかった、と思いました。

とりあえず、最初に書いた通り、明日の「行列のできる法律相談所」でブルゾンちえみ with Bが本物のオースティン・マホーンの 「Dirty Work」をバックにネタをやる、と言うことだけを知っとけば、ネタバレ見ずに済んだのに、と後悔しました。

と言うか、何も知らずに「行列のできる法律相談所」を見たほうが良かったかな、と思います。

とりあえず記事のリンクを含むツイートを貼っておきますが、あまり読むのはお勧めしません。

と言いますか、番組を見た後に読むことをお勧めします。



ところでこの記事を読んだからか、今週の月曜はずっとオースティン・マホーンの 「Dirty Work」が頭の中をぐるぐる回っていました。

こちらの歌です。



(動画「Austin Mahone - Dirty Work (Official)」)

正確に言うとこの曲ではなく、ブルゾンちえみのネタが回っていたのですが…

それから2日後に職場の飲み会が、多分今年(今年度ではないです)初めてあったのですが、その席で

「MAJIKさんって、いつも楽しそうに仕事していますね」

と言われました。

もちろん本当は「MAJIKさん」ではなく、私の本名ですが。

今の職場に来て2年半がたちますが、それまでのだいだいの職場で、「いつも楽しそう」と言われてきました。

実際は楽しくない時の方がほとんどなんですが…

その後に話題が変わったんですが、しばらくして

「そう言えば一昨日は、ずっとブルゾンちえみ with BのネタのBGMが頭の中で回っていたんですよ」

と言うと、周りから

「ああ、だから楽しそうなんですね」

と言われました。

そう言うものなのかなぁ…

でも確かに、何か歌が、特にお笑いのBGMとかが頭の中を回っていた日は、そのことしか思い出がなく、嫌なことは考えないと思い出せないです。

今週の月曜って何をやったかな…

思い出せないです。

あ、けっこう資料作るのに不慣れなAccessを使ったので時間がかかり、テンパってたような気がします。

こうやって考えないと思い出せないです。

意識してお笑いのBGMを頭の中で回すのはできませんが、お笑いをたくさん見るか、一つのネタを何回も見るかしたらいいのかもしれません。


ところで、サブタイトルの

「これまで一番ハマったお笑いのBGM」

ですが、こちらになります。



Dr Dreの「The Fly」と言う曲です。

これは1989年から1990年ぐらいに、

「とんねるずのみなさんのおかげです」

で、石橋貴明扮するダンサー「ストロベリー」が登場するときのBGMとして使われていました。

覚えている人いるかなぁ…

この歌に合わせて、両手を胸の前でクロスしまくるダンス、大好きでした。

当時はよく頭の中でグルグル回っていたものです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

『レナウン』と言うワードが「Yahoo!リアルタイム検索で話題のキーワード」になっていたのでローバーズと松岡秀樹さんのことを書いておこう

今日2017年4月21日のことですが、昼休みにネットを見たら

「レナウン」

と言うワードが、「Yahoo!リアルタイム検索で話題のキーワード」になっていました。

こちらです。

20170421レナウンがホットワードに

アパレルの「株式会社レナウン」の株価が急騰していることから話題になっているようです。




そしてこんなツイートが




レナウンと言う巡洋戦艦があるとは知りませんでした。

Wikipediaで調べてみたら、1916年に就役し、1948年に除籍したイギリスの軍艦のことでした。

第一次世界大戦のさなかに就役し、第二次世界大戦後に除籍となったようです。

「ドイツ戦艦グナイゼナウ、シャルンホルストと遭遇し、グナイゼナウに打撃を与えた。」

とか

「ビスマルク追撃戦に参加した」

とありました。

このドイツの3隻なら知っていたんですが。

そしてこの巡洋戦艦の名をとって、株式会社レナウンと名付けられたそうです。

知らなかった…



前述の

「レナウンと聞いて巡洋戦艦を連想する」

と言うのを読むと、「艦隊これくしょん艦これ」の影響力を感じます。

私は「レナウン娘を連想する」世代になります。

しかし、レナウンと聞いて一番最初に思い出すのは、株式会社レナウンの

レナウン・ローバーズ

と言う、かつての社会人アメリカンフットボールチームです。



私が本格的にアメリカンフットボールを見始める前から、よく名前を聞いていました。

1987年1月に、京都大学ギャングスターズとの間で行われたライスボウルはテレビで見ました。

ギャングスターズに東海辰弥選手、ローバーズに松岡秀樹選手と言うスターQBがいたのを覚えています。

この時はシーソーゲームで、

「結局最後に得点したほうが勝つんだろうな」

と思って見てました。

まだアメフトの試合での時間の使い方とか全然知らない頃でしたが、今考えるとおもしろい試合だったと思います。

ギャングスターズがFGフォーメーションから攻撃したりとか、いくつかトリックプレイを見たような記憶があります。


レナウンローバーズはとても強いチームでした。

Wikipediaによりますと、「1983年度から1988年度までライスボウルに6年連続出場」するほど、社会人では王朝を築いていました。

同じチームが何年も勝ち続けるのはおもしろくないな、どこかローバーズを負かしてくれるチームはないものか、とか思っていました。

その後、たしかNECファルコンズがパールボウルでローバーズを下したり、アサヒビールシルバースターやオンワードオークスが台頭したりして、ローバーズは思う通りに勝てなくなりました。

そしていつだったか忘れましたが、レナウン社の部活からレナウン社がスポンサーとなるクラブチームになり、2003年には解散となりました。

思う通りに勝てなくなってしばらくしてからは、今度は、もう一度強いローバーズを見てみたい、と考えていたんですが、それは実現しませんでした。


私が「もう一度強いローバーズを見てみたい」と思ったのは、前述の松岡秀樹選手の存在がありました。

私が本格的にアメリカンフットボールを見始めた1989年、日本テレビの「NFL中継」で解説を務められていたのが、まだ現役だった松岡秀樹選手でした。

番組を見続けているうちに愛着が生まれ、そしてローバーズが勝てなくなっていたので、「もう一度強いローバーズを見てみたい」と思ったわけです。

主に増田隆生アナと組んだ解説で、よく覚えているのは、

「今のプレイでは、トラックが通れるぐらいの穴が開いていましたね」

と言う言葉とか、誰かスポーツ関係者がゲストの時には

「僕がガードをやりますから、うちでQBかRBをうありませんか」

と言ったりしていたことです。

そしてスポーツ中継の解説者としては珍しいと思うんですが

「かわいい」

と言う言葉をよく使っていた覚えがあります。

松岡選手は1991年頃から、QBよりもRBをプレイすることが多くなりました。

そして1992年か1993年に引退。

引退した試合を見に行きましたが、QBやリターナーもプレイしていました。

1994年シーズンから、日本テレビの地上波にアメフト中継がなくなった後は、TOKYO MXでアメフトの番組を担当されていた記憶があります。


そして月日は流れ…

2013年に、

「The Huddle Bowl 2013」(ハドルボウル)

で再び松岡選手のプレイを見ることができました。

この時松岡選手は50代にのったかのらないかの年齢だと思うのですが、とてもそんな歳とは思えない豪速球のパスを投げていました。

それを見て、嬉しくてしょうがなかったです。



(YouTubeにあった「NECファルコンズvsレナウンローバーズ 秋 東京ドーム アメリカンフットボール」の動画

 パンツが青いほうがレナウンローバーズで、RBにいる13番が松岡秀樹選手です)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「脳によるタイピング」と言う待ちこがれた技術〜激増する「出力」をどう「入力」するか?


iPhoneによる音声入力は、かなり楽で、聴き取りミスを考慮しても速いと感じます。

私はブログなどを書く時に、できれば音声入力を使いたいのですが、通勤中など、周囲に人がいる時は、基本的にそれはできません。

聞かれると恥ずかしい、と言う気持ちもありますが、何よりも迷惑ですから。

できれば人に聞こえないように音声入力をしたい

そんなわけのわからない私の希望が、この記事の技術が実現すればかないます。




こちらのニュースは、もう少し具体的でわかりやすくなっています。


Facebookが目指すものは、

「脳と発話の間の非侵襲型インターフェース」

だそうです。

記事によると、すべての「考えたこと」が入力されるのではなく、「話そうと考えたこと」が入力されるようです。

それをどんな技術で実現するのかはまだ漠然としているようですが、ここまで方向が決まると、一気に実現へ加速しそうな気がします。


ところでこの技術が完成し、普及すれば、入力された言葉は、全部とは限らないとしても、多くの「出力」を産むでしょう。

facebookは

「人々が言葉を発することなくコミュニケーションをとることのできるシステム」

を目指すようですから、つまりは「出力」されることが前提なわけです。

その出力がメールやメッセンジャーのように特定の相手なのか、ツイッターのように不特定多数なのか、記事には特定してありませんが、多分両方でしょう。

後者となると、世の中には今よりも膨大な「出力」であふれることになるでしょう。

そして問題は、その大量の「出力」をどうやって生身の人間が取り込むか、つまり「入力」するか、だと思います。

今ですらネットには膨大な「出力」であふれているのに、これ以上激増すると、本当に価値がある情報が伝わりにくくなる可能性もあると思います。

野球の世界でバッティングマシンの登場で、打つ練習量が増え、バッティングの技術が上がったのに対し、ピッチングの技術は生身の人間が投げ込むしかないので、相対的には上がっていない、とかなり前に読んだ覚えがあります。

この懸念は、AIに情報収集を任せるか、または「有用」と言う意味で良質で情報を発信するメディアが登場し、「ブランド」となれば、小さくなるかもしれません。

20170421Facebook脳から入力


そしてもう一つ懸念が。

今は主にキーボードやタッチパネルで、ネットに投稿するものを入力していますが、その途中で、

これはネットに投稿するのにふさわしくないんじゃないか

炎上するんじゃないか

と考え、入力をやめることがあります。

facebookの目指す技術が完成すれば、そう考えつくひまもなく、投稿されるかもしれません。

この懸念もAIがブロックするか、あるいは投稿の前に、本当に投稿するかを問う画面があれば、なくなるかもしれません。


この技術ができれば、かなり革命的なものになるだけに、ある程度の規制をしないと混乱を招くものとなると考えます。

それでも私はこの技術に期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

夏の甲子園、来年は福岡から2校出場と聞いて思ったこと


来年の「夏の甲子園」こと全国高校野球選手権大会ですが、福岡から2校を出す方針だと言うニュースを見ました。

来夏の甲子園、福岡2校出場へ 第100回記念大会 https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/highschool_baseball/article/322482


これは来年の大会が第100回と言う節目の記念大会、と言うことで、とりあえずこの回に限ったことだそうです。

福岡県で「夏の甲子園」の予選に参加したのは、昨年は134校。

過去の記念大会で2校出た府県は、いずれも150校を超えているそうです。


そういえば、先日の春の選抜では、福岡から2校がベスト8入りしました。

私はあまり高校野球に興味がないので、福岡から2校も出場していることすら知りませんでした。

準々決勝を前にしてベスト8が出揃ったというニュースで、このことを知りました。

春の選抜には、福岡から選ばれないこともありますから、福岡の高校がこんなところまで行ったのか、と驚きました。


さて本当に書きたいことですが…

私は花園のラグビーの方を、恒久的に福岡から2校出せるようにしてほしいな、と考えています。

福岡はラグビーが盛んなところです。

最近では東福岡高校が毎年出て、だいたいベスト4には入ってきます。

福岡には、東福岡高校の他にも、全国大会に行けばいいところまで食い込めるんじゃないか、と思える高校があります。

代表的なのは筑紫高校。

昨年は県大会決勝に進めませんでしたが、何年か前、東福岡高校が圧倒的な強さで全国を制した時

「今シーズン、一番東福岡高校を苦しめたのは、県大会の決勝での筑紫高校じゃなかったか」

と言われていたような記憶があります。


また、2010年の第90回記念大会では、東福岡高校と福岡高校の2校が出場しました。

福岡高校の出場は37回目となりましたが、実に28年ぶり。

私が3年生として在学していた時以来でした。

福岡高校は一回戦をギリギリで逆転勝ち。

二回戦は、最終的にベスト4まで進出した大阪朝鮮高級学校に敗れました。

それでも、福岡高校は全国大会への出場校として、よくやってくれたと思います。


福岡から2校出られたら、両校ともよくやってくれると思います。

前述の筑紫高校のことを考えたら、福岡同士での決勝戦もありえるんじゃないか、とも思わせてくれます。

2校出場、なんとかならんもんかなと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】大隣を昇格させローテーション再編〜眠れるドラ1加冶屋も一軍か?


開幕ローテーションから和田投手、武田投手が離脱した福岡ソフトバンクホークスの、再編後のローテーションをいくつかのサイトで見ました。

今日からの6連戦はこんな感じになるようです。

4/18 対千葉ロッテマリーンズ3連戦

千賀投手

東浜投手

バンデンハーク投手

4/21 対東北楽天イーグルス

中田投手

大隣投手

和田投手

和田投手は最後の試合で復帰予定のようです。

そして今季初昇格の大隣投手の二軍での成績は、

3試合(18回)1勝0敗で防御率は1.00。

奪三振14で与四球3。

前回の登板では7回を1失点だったようです。

実績も十分なので、投げるのを見るのが楽しみです。


ところで、昨シーズンまでの入団後3年間で1試合しか登板がなかった2013年秋のドラフト1位

加冶屋投手

が一軍に帯同しているそうです。

二軍では5試合を投げ4セーブで防御率は0.00と好調です。

開幕を一軍で迎えたものの、先発投手と入れ替わりで降格した笠原投手も、二軍では4試合を投げ、こちらも防御率は0.00です。

今のところ笠原投手があがると言う話は聞きませんが…

それにしても、開幕前は投手のやりくりでこんなに苦労するとは思いもしませんでした。

石川投手、高橋投手、松本投手、笠原投手の中から、新しい先発が出てきてくればいいのですが。

田中正義投手は無理せずにしてほしいものです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ラーメン】山頭火がペイトリオッツの優勝セール!!~オードリーがエデルマンに贈ったカップ麺の感想

もう2か月以上前の話しになりますが、第51回スーパーボウルで優勝したニューイングランド・ペイトリオッツの地元にある「らーめん山頭火」の2店舗が、ペイトリオッツの優勝記念セールを行いました。

下の記事によると、ペイトリオッツのWRジュリアン・エデルマンが山頭火ラーメンの「辛味噌らーめん」がお気に入りとか。

「辛味噌ラーメン」は記事では「Karamiso-BOWL」と表記されています。




セールの内容は、ラーメンとチャーシューごはんのセット

「ザ・キャッチ」

を11ドルで発売だそうです。



「ザ・キャッチ」とは、スーパーボウルの4Qで見せた、エデルマンの信じられないパスキャッチのこと。

ディフェンスがはじいたボールを、地面すれすれでとったものです。

このツイートの中にある動画がそれです。



(ただし、「ザ・キャッチ」と言えば、一般的には1982年1月10日に行われたNFCチャンピオンシップでの、サンフランシスコ・49ナーズのドワイト・クラークのキャッチを指します)

このセールはペイトリオッツの優勝パレードの日に行われたもので、山頭火は

「パレードで冷えた体を、ラーメンで暖かくするというのはいかがですか?」

と言うアピールをしています。


ところで、エデルマンが山頭火ラーメンのことが好き、と言うことで、「オードリーのNFL倶楽部」のロケで、スーパーボウルが終わったすぐ後のエデルマンに、山頭火ラーメンのカップ麺をプレゼントする、と言うシーンがありました。

エデルマンはいったん受け取ったラーメンを落としてしまいました。

エデルマンがそれを拾い上げて去った後

「あんなすごいパス(ザ・キャッチのこと)を捕った人が、ファンブルしちゃったよ」

とオードリーが小声で言っていました。


その山頭火ラーメンのカップ麵ですが、ずっと前に一度食べておいしかった思い出がありますので、あらためて食べてみようと思い、買いました。

こちらがそのカップ麺。

20170321開封前山頭火ラーメン

カップ麺はセブンイレブンと山頭火のコラボで、商品名は

「カップラーメン「日清 名店仕込み」山頭火 旭川とんこつ塩」

と言うものです。

こちらのサイトで見ることができます。

「カップラーメン「日清 名店仕込み」山頭火 旭川とんこつ塩 - セブン-イレブン~近くて便利~ 」へのリンク

作ってみました。

私の盛り付けが下手くそで申し訳ないのですが…

20170321イメージ画像山頭火ラーメン

セブンイレブンのサイトには

「旭川ラーメンの名店「山頭火」の「しおラーメン」を再現しました。山頭火特有の濃厚でコクのあるスープは、最後の一滴まで飲めるように仕上げました。麺はコシのある食感で食べ応え満点。厚みのある大きなチャーシューに、なるとを加えて、彩り良く仕上げました。」

スープについては全くその通りで、博多育ちの私にはぴったりでした。

関東の豚骨ラーメンには醤油が私の好み以上に入っているように感じるのですが、この旭川のラーメンには、それが感じられませんでした。

そう言えば、初めて食べたときは、まさか博多と旭川のラーメンの味が似ているとは、とびっくりした覚えがあります。

麺とチャーシューには特別なものは感じませんでしたが、スープに関しては、本当に「最後の一滴まで飲める」おいしいものだと思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
[ 続きを読む » ]

【2017年4月16日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること〜ネタライブと菅田将暉の件

2017年4月16日の「オードリーのオールナイトニッポン」は、まだ若林トークまでしか聞けていませんので、そこまでのことと、関連することを書いておきます。

1.ネタライブ決定

オードリーがネタライブをやるそうです。

出演者はまだオードリーしか決まっていないそうですが、

「ビックスモールンは出ない」

と若林は言っていました。

本当かどうかわかりませんが。

概要は以下の通りです。

日時:5月16日(火) 開場 18:00 / 開演 19:00(終演予定 20:30)

場所:有楽町朝日ホール

料金:4,500円

チケットの予約受付は、本日昼12時からで、もう始まっているようですが、いつも通り先着順ではないようです。

詳細は下記サイトをご覧ください。

「【5/16(火) ネタライブ】オードリー 他|ライブ情報|トピックス|ケイダッシュステージ公式WEBサイト」へのリンク


2.来週はスペシャルウィーク

先週告知されていましたが、来週はスペシャルウィークで、

「オードリーさん、ぜひ仲直りして欲しい人がいるんです!」

と銘うっての放送。

ゲストは中京放送の市野瀬瞳アナです。




関連ニュースがこちらの最後の方にあります。

「【オールナイトニッポン.com NEWS】 菅田将暉が1週間毎日「オールナイトニッポン」に登場!スペシャル企画満載なその内容とは!? | オールナイトニッポン.com 」へのリンク


3.菅田将暉って「オードリーのオールナイトニッポン」にも出てくれるの?

上のニュースで気になるのは、

「人気沸騰中の俳優・菅田将暉が、来週4月17日(月)から22日(土)の一週間、「オールナイトニッポン」に毎日登場する。」

声だけの登場になるのか、本人が生で出てくれるのかはわかりませんが…

オードリーと同じで、菅田将暉は大阪府立池田高校に在学していた時はアメフト部。

ここからは私の記憶違いかもしれませんが、QBかWRのどちらかで、

「高校時代の90%は「仮面ライダー」で、残りの10%はアメリカンフットボール」

と言うほど打ち込んでいたそうです。

もし生で出てくれるんなら、オードリーとアメフト話をしてくれると嬉しいなと願います。


4.若林トーク

木曜日に放送された「アメトーーク!」での、「芸人ドラフト会議」のことを話していました。

若林はよく森永卓郎の名をあげますが、今回は荒俣宏の名が挙がっていました。

私は不思議な話や知られていない話しが大好きなので、そういうのをよく書く荒俣宏の著書は何冊か持っています。

本当にこの人はおもしろいことを知っているな、と感心します。

なお、トークの内容とは違いますが、この放送はニュースになっていました。



5.これから放送されるもので気になるもの

若林が出演する今夜20:58からの

「しくじり先生 俺みたいになるな!! 2時間スペシャル」

で、オリエンタルラジオ中田が、アブラハム・リンカーンの授業を行います。



私はリンカーンがどのように評価されるのか、と言う事には興味がありますし、また若林がどういうリアクションをするのかに興味がありますので、楽しみにしています。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】マーション・リンチ復帰へ~NFL史上特筆すべき5人の引退からの復帰

今朝ツイッターには、昨年引退したRBマーション・リンチが、オークランド・レイダースと契約し、また一歩現役復帰へ前進した、と言う投稿がいくつかありました。

そのうちの一つがこちら。




リンチが復帰してレイダースに入団するのではないか、と言うことは2~3週間前から言われていたと思いますが、いよいよ現実となってきました。

あとは引退時に所属していたシアトル・シーホークスが、リンチを解雇するか、トレードすれば、リンチは晴れてレイダーとなれます。

私の感覚では、順番が逆じゃないか?とも思えるんですが…

NFLの契約は複雑なので、この手順はそれほど珍しいことではないのかもしれません。

シーホークスは今オフにグリーンベイ・パッカーズからRBエディ・レイシーを獲得しています。


ところで、リンチのことに絡んで、こんな記事がありました。



「The 5 Best Returns From Retirement In NFL History」へのリンク

「NFL史上特筆すべき5人の引退からの復帰」

と言う訳になるかの思います。

ここに書いてある5人について書いておきます。

1.ディオン・サンダース(2004年)

サンフランシスコ・49ナーズと翌年移籍したダラス・カウボーイズで2年連続してスーパーボウルリングを獲得したスーパーCB、と言うかリターナーやWR、さらにはMLBでもプレイしたディオン・サンダースは、ワシントン・レッドスキンズでプレイした2000年シーズンを最後に引退しました。

このシーズンも15試合に先発し、それに見合う活躍をしていたのですが。

そして2004年にボルチモア・レイブンズで現役復帰して翌年までプレイしました。

2004年は3インターセプトでうち1つをリターンTDとし、翌シーズンも2インターセプトを記録しました。


2.ブレット・ファーブ(2009年)

ブレット・ファーブは2回引退していますが、うち2回目のことが、この記事で取り上げられています。

たしかに最初グリーンベイ・パッカーズを引退してニューヨーク・ジェッツで復帰したシーズンは、自身の1試合最多TDパスの記録を更新したことと、ワイルドキャットでWRのポジションについたことぐらいしか記憶にないです。

2回目のミネソタ・バイキングスでの復帰は、チームをカンファレンスチャンピオンシップに導く素晴らしいものでした。

ファーブの身の振り方については私は特に嫌ではないですし、むしろ一年でも長くプレイしてくれてありがとうと思っています。

ですから、ファーブの後継者であり、ファーブの引退撤回に大いに悩まされたアーロン・ロジャースと、2013年にNFLオナーズのカムバック賞のプレゼンターを務めた時のやり取り

「偉大な選手の復帰は、みんなにとって喜ばしいことだね」(ファーブ)

「そうとも言えないケースもあるけどね」(ロジャース)

と言うのは大好きです。



(YouTube公式NFL「Aaron Rodgers & Brett Favre trade jokes at 2013 NFL Honors」)


3.ランドール・カニンガム(1997年)

QBとしての運動能力では歴代でもトップレベルの選手だったランドール・カニンガム。

「快足で、高く飛べて、投げるのもすごい」

と記事にはありますが、パンターとしても活躍しました。

しかしリーダーシップを発揮できなかったためフィラデルフィア・イーグルスを優勝に導けず1995年に引退しました。

私には、たしか「石工になる」と言っていた記憶があります。

1年のブランクの後、ミネソタ・バイキングスにバックアップQBとして復帰するとプレイオフでは先発QBとしてチームに勝利をもたらしました。

2年目には14試合に先発して106.0のQBレイティングを残しチームを15勝1敗としてカンファレンスチャンピオンシップにまで導きました。

なんとなくファーブとキャリアが似ていますが、最後はサンダースと同じく、2001年にレイブンズで引退しました。


4.オットー・グラハム(1955年)

クリーブランド・ブラウンズの黄金時代のQBオットー・グラハムは、チームをNFLチャンピオンに導いた1954年、そのチャンピオンシップゲームの後に現役引退を発表しました。

しかしHCポール・ブラウンにこわれて翌1955年にブラウンズに復帰。

チームを連覇にき、自身もリーグMVPとなるほどの活躍を見せましたが、このシーズンを最後に現役を引退しました。


5.ブロンコ・ナグルスキ(1943)

カレッジとプロの両方で殿堂入りを果たすほどの名選手だった、シカゴ・ベアーズのFBブロンコ・ナグルスキは、1937年に引退し、プロレスラーに転向しました。

しかし1941年にアメリカが第二次世界大戦に参戦すると、NFLは選手不足におちいりました。

(この時は、ピッツバーグ・スティーラーズとフィラデルフィア・イーグルスなどは合同チームを作ってシーズンをのりきりました)

そして1943年にベアーズから声がかかり復帰。

チームの優勝に貢献しました。


マーション・リンチが復帰して、歴史に残るような活躍ができるようになるか、楽しみです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

第5回グリーンベイ・パッカーズオフ会のこと~カンニング竹山さんが参加

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会の会場入り口

(会場入り口の画像)

4月8日に東京・渋谷「パセラリゾーツ渋谷店(2F ロスカボス)」で行われた

「第5回グリーンベイパッカーズオフ会

に参加させてもらいました。

こちらのものです。



その中から印象に残ったことを書こうと思うのですが…

この時の模様をカンニング竹山さんが、TBSラジオ「たまむすび」の4月10日の放送の頭の方で語っていますので、興味がある方は聴いてみてください。

それを聴けば、このブログは読まれなくてもだいたいどんなものだったかわかると思います。

こちらのサイトか、リンク先の「radiko」で聴くことができます。

期限は4月17日(月)までです。

「2017年4月10日(月)「たまむすび」オープニング」へのリンク




では印象に残ったことを…

1.抽選番号が36番って…

今回、豪華プレゼントもある抽選会もあるということで、入り口でくじを引き、抽選のための番号を引きました。

36番…

36番って…そう言えば昨日(4月7日)まで数日間、「36協定」のことを仕事でやったなぁ、と思い出しました。

(「36協定」とは、労働基準法第三十六条に基づいて取り決められるものです)

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会の名札

こう言う「縁のある数字」をもらうことがたまにあります。

ITの会社に入ってしばらくして、あるイベントに応募したら、受付番号が1024番と言うことがありました。

1024と言う数字は、プログラミングを習う時に出てくる数字です。


2.やたら福岡出身者が多かった

37名のうち、私を含め福岡県出身者が7名。

中にはこの日に合わせて東京に来られた方もいます。

うち一人の方とお話ししたんですが、

「日本の端の方の県から、なんの因果かアメリカでもあまり知られていない街のチームが好きになる人が多いというのは不思議なもんですね」

と言うことを語り合いました。

ホント、不思議なもんだと思います。

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会のパンフレット

(パンフレットの表紙。立派なもので一生ものです)

なお福岡からだけではなく、広島や新潟、長野、山形からも、この会に駆けつけられた方もいました。


3.カンニング竹山さんが参加

仕事の関係で開始時間には間に合いませんでしたが、超多忙なスケジュールをぬって、

カンニング竹山さん

が「付き人」のマツさん(マンマーレ 松口さん)と一緒に見えられました。

カンニング竹山さんは2年前ほどからパッカーズにはまり、NFLのシーズン中には、週1~2回ぐらいのペースでパッカーズのことをツイートしているほどのファンです。

ツイッターアカウントのアイコンもパッカーズ仕様となっています

「たまむすび」でも語られていましたが、いつか観戦会に参加したい、と言うことが、やっとかなったことになります。

腰が低いかたで、多くの人と交わられていました。

楽しんでもらえたかどうか、いやな気持になられなかったかが気になりましたが、

「嫌なことがひとつもなかった」

と「たまむすび」では語ってくれました。

「これからは積極的に観戦会に行こう」

とも語ってくれてましたので、楽しみです。

私は、福岡の人間でもあまり話題にならない、福岡のある土地のお話しなどをさせてもらいました。

先ほど書いた7人の福岡出身者には、カンニング竹山さんも入ってます。





そしてこちらはマンマーレ松口さんのツイート



4.Tシャツが当たる

有りがたいことに、抽選会では、私はTシャツが当たりました。

表はこんな感じです

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会のTシャツ表

裏はこんな感じです

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会のTシャツ裏

こういう風に、ロゴや「PACKERS」と言う文字が書かれたものは大好きです。

ありがとうございます。


5.一等を当てたのは…

そしてその抽選会で一等、たしか伊豆の温泉旅行に2名様ペアでのご招待券をあてたのは…

カンニング竹山さんの付き人のマンマーレ松口さんでした。

これをカンニング竹山さんが辞退させました。

理由は忘れてしまいましたが、我々がもらうわけにはいかない、ということでした。

そこで再抽籤したところ…

幹事の方に当たりました。

これについて、幹事の方は「場をしらけさせてしまって申し訳ない」と当惑されてました。

ですが、私としては、当たるべき人に当たった、と言う気持ちです。

この方がいなかったらパッカーズ観戦オフ会はなかった、とは言わないまでも、ここまで続くことも、ここまで盛り上がることもなかったと思います。

幹事業は半分は好きでやってられるかもしれませんが、ここまで続けられるのは並大抵の苦労ではないと考えます。

試合を流せて、大人数が入れる店をさがして、飲み放題食べ放題にしたりする交渉をされたり…

参加されそうな方全員に、毎回メールをだしたり…

昨年終盤はレギュラーシーズンの終わりからチャンピオンシップまで5週続けて開催してくれた時は、本当にきつかったろうと思います。

ですから、胸を張って一等をもらえる権利があると思います。

恐縮して宿泊券を受け取ってられましたが、ぜひ楽しんできてほしいと思います。

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会一等のチケット

なお、ほかにも幹事の方を手伝う方々もいまして、その方々も苦労されているとは思います。

またこういう機会があれば、そういう方に当たればいいと思います。


ここまで印象を書いてきましたが、どういう形式で、どんな演出があって、とかは書いてきませんでした。

Skypeで参加された方もいました。

そのあたりは最初に紹介しました、

「まったりパッカーズ」

と言うブログに、多分そのうち書かれることになると思います。


会は最後はみんなで肩を組んで、Queenの「We Are The Champions」を大合唱して終了しました。

201704113第5回グリーンベイパッカーズオフ会の集合写真

次回は4/29に、昨年に続いて「NFLドラフトLIVE観戦会」



そしてシーズンインとなれば、観戦会が開かれるでしょう。

来シーズンこそ、スーパーボウルの観戦会をやることになればいいなぁ…


今回のオフ会はいろんな「奇跡」があったと思います。

観戦会でパッカーズがタッチダウンをあげる度にビールを飲む、と言う方には、パッカーズの本拠地ランボーフィールドでしか手に入らないカップが当たる、と言う奇跡もありました。

こんな感じなら、今シーズンのグリーンベイ・パッカーズにも奇跡が起きる、と期待できます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

米中会談を見て~日米会談のことでよくわからないこと

先日行われた米中会談で、と言いますか、中華人民共和国の習近平国家主席の訪米で私が気になっていたことを書いておきます。

ほとんど政治には関係がないことですが、一応記録に残しておこうと思いまして。


習主席の訪米で気になったのは、トランプ大統領の別荘があるフロリダ州パームビーチの別荘「マール・ア・ラーゴ」での夕食会に、安倍首相のときのように、ロバート・クラフト氏を招待するのかどうか、と言うことでした。

20170408日米会談withロバート_クラフトの画像

この写真の手前左側の白髪の人物が、クラフト氏です。

米時間2月10日に行われたこの夕食会の5日前、クラフト氏がオーナーを務めるNFLニューイングランド・ペイトリオッツは、スーパーボウルに勝ちました。

常勝ペイトリオッツのスーパーボウル制覇はここ16年で5回目と言う驚異のペースです。

一方でクラフト・グループ(THE KRAFT GROUP)と言う、紙・梱包材の製造と林産物の流通を筆頭に、さまざまなビジネスを展開するグループの総帥であり、財界の名士でもあります。

(サイトによっては日本でもなじみがあるクラフトフーヅもクラフトグループの一部との記載もありますが、そうではないようです)

そして、トランプ大統領とは旧知の仲です。


それにしても日米会談でなぜクラフト氏がサプライズで同席したのか…正確なとことがよくわかりません。

3つの見方ができると思います。

1.スーパーボウルチャンピオンチームのオーナー、と言う「時の人」を同席させたという、日本への厚遇

2.日本へのクラフト・グループの橋渡し(日本ではビジネスを展開していないようです)

3.友人のクラフト氏へ私的なサービス

クラフト氏の同席と、そこでどんな発言をしたのか、日本の記事にはありませんでした。

英語版のニュースも調べたのですが、探し出すことはできませんでした。


ところで習主席との夕食会にはクラフト氏を同席させなかったのはなぜなのかも気になります。

上記、1.2.についてですが、NFLにしてもアメリカ経済にしても、市場として魅力があるのは日本より中国のはずで、現にNFLではここ1~2年のうちに中国で、アジア初のNFL公式戦が予定されているはずです。


結局は、私が考えるほどクラフト氏の同席は、重要な意味がなかったのかもしれません。

安倍首相の時はたまたまクラフト氏のスケジュールとあって、習主席の時はどうしてもスケジュールがあわなかっただけかもしれません。

忙しそうですからね。


とりあえず、私としては、日米会談の後の夕食会に、とても劇的だったスーパーボウルのチャンピオンチームのオーナーが同席した、と言う事だけは記録に残しておきたいです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】移動のキツイところを内川が語った

昨日福岡ソフトバンクホークスはロード9連戦の最後のカード、対北海道日本ハムファイターズの初戦を勝ちました。

開幕3連戦を福岡で終えた後は、仙台、埼玉の6連戦を経て、今北海道。

日本大縦断です。

そしてこんな記事がありました。



なんとこの9連戦、11泊12日だとか。

これはキツイわ…

その後も福岡~鹿児島~千葉へと遠征だとか。

ホークスだけではないですが、地方にある球団は大変ですわ。


そしてふと、昨年の12月31日(土)に、東京周辺ローカルのTOKYO MX局の

「ホークス中継2016 日本一奪回へ!忘年会スペシャル!」

内川選手がカンニング竹山さんに語っていたことを思い出しました。

「飛行機での移動は気圧を体に受けるので、けっこうこたえます。

それに、着陸直前で、天候の理由で引き返すこともありますし。」

みたいなことを語っていました。


気圧かぁ…

そう言うところは気がつきませんでした。

私も帰省で福岡と羽田を飛行機で往復することがありますが、気圧がきついと思ったことはありませんでした。

私より頑丈にできていると思われるアスリートが、気圧がきついというのはどういうことか…

まず、選手たちが飛行機に乗る回数が、私とはけた違いに多いのこと。

練習や試合で疲れた体で乗ることもあること。

そして、アスリートの体って、けっこう繊細にできている(ように思われる)こと。

野球の試合を見ていると、え、あれだけでケガするのか、と思うことがあります。

一昨年、私はあるNFL選手がたしかじん帯を切ったシーンの動画を見ました。

QBから投げられたパスをとって、反転して走り出すとしたときに切ったようですが…

誰もタックルしていないのに、その動きだけでそんなことになったようです。

「アスリートの体って繊細なんだなぁ…

あれだけすごい運動能力が保てるのは、その繊細さゆえなんだろうな」

と思ってます。

ですから、内川選手が言うことは、なんとなくわかったつもりでした。


ホークスやファイターズのような日本の端の方にあるチームは、このハンデを抱えているので大変だな、と思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ショック】ピザポテトが販売休止とか悲しすぎるがなんとか買えた~ピザポテトの思い出


昨年北海道を襲った台風の影響で、ジャガイモ不足におちいり、ポテトチップスの生産に影響が出ていたそうです。

そして昨日、カルビーは、一部商品の販売終了と一時停止を発表しました。

関連ニュースはこちら



そしてカルビーの発表(PDF)はこちら

「馬鈴薯不足に伴う「ポテトチップス商品」の影響による商品の休売及び終売に関して 」へのリンク

この中には、ピザポテトの多分全種類が入っています。

たまに贅沢して買う「BIGピザポテト145g」も入っていて…

ピザポテトマニアの私にとってはショックです。

まあジャガイモの供給が安定すれば、人気商品なだけに復活してくれるでしょう。

「収穫の時期の、次の秋を様子見して」

とか

「北海道以外の国内の収穫量によっては早まるかも」

とかありました。

外国産のジャガイモでもいいから、なるべく早く再開してほしいと考えますが…

私はそんなに味に細かくないので。


ところで、私がピザポテトの存在を知ったのは、初めて発売された1992年か翌年

後輩が

「今一番うまいのはピザポテトですよ」

と話していたので、買ってみたら、しばらくハマってしまいました。

私は「ながら食い」が大好きです。

好きな雑誌、当時は月間だったアメフト誌の「アメリカンフットボール・マガジン」や、「タッチダウンNFL」(のちに改名して「タッチダウンプロ」)の発売日に、ピザポテトなどを食べるのが好きでした。

ピザポテトはチーズでコーティング、と言いますか、チーズがまぶしてあるので、他のに比べてとても手が汚れました。

でも、おいしいので、そんなことはどうでもいいのです。

ナプキンで手を拭いて、雑誌を汚さないように注意して、「ながら食い」をしていました。

(「チーズヘッド」がファンのトレードマークのチームが好きですから、それでもいいんです)

それから25年、インターネットが普及してアメフトの読み物は増えましたが、紙媒体の雑誌はほとんどなくなりました。

最近はディスプレイを汚さないように、気をつかいながら「ながら食い」をやってました。

ツイッターでは昨日から

「ピザポテト、もうヤフオクにあがってる」

と言うのがありました。

そのあと駅のコンビニに寄ったら、たしかに品薄で4袋しかありませんでした。

そこで、3袋買いました。

20170410ピザポテトの画像

それにしても販売休止まであと10日以上もあるのに…

この3袋がなくなったら、しばらく他のギザギザポテトや、プリングルスに浮気します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】石川柊太五回1失点の好投は、ファンに大アピールとなったはず〜本人が1失点をどう考えるかで未来は変わるだろう

4月8日(土)の対埼玉西武ライオンズ戦、3回までに0-5とリードされた福岡ソフトバンクホークスは、4回から石川柊太投手をマウンドに送りました。

他のことをしながらテレビで見ていた私は、この展開なら石川柊太投手の出番がありそうだ、と思っていましたが、まさかこんなにも早くリリーフに出てくるとは思いませんでした。

最初は2イニングぐらいをまかせられるのかな、とか思って見てたら、結局最後まで任されました。

5回67球を投げ1安打1四球1失点で奪三振も6の快投。

1安打は9回にメヒア選手のホームラン。

それ以外はほぼ完璧に抑えていました。

NHKで解説していた元ライオンズの和田氏は、

「勝ちパターンに入ってもおかしくない投手」

と言っていました。

試合後、工藤監督も

「よく頑張った。球の力もあるので、積み重ねていけば勝ちゲームで投げられるようにもなる」

と言っていました。

この快投は、5点ビハインドと言う比較的楽な状況に思えてのことかもしれません

しかし、石川投手は今シーズンが実質的に一年目。

一度失敗したら即二軍でもおかしくない立場です。

そのプレッシャーをかかえてこの成績は素晴らしいと考えます。

よく期待に応えてくれました。

和田氏はまた、投球フォームが非常に打ちづらいことを指摘していました。

石川投手のフォームは非常にゆったりとしていて、そのフォームから150キロの直球を出されると、とても打ちづらいそうです。

反対に、いかにも速そうな球を投げるフォームから繰り出す150キロは、そんなに打ちづらくはないそうです。

2巡目のメヒア選手に打たれたのは、その辺の「慣れ」を突かれたのかもしれませんので、今後の課題となるでしょう。

リリーフの短いイニングなら2巡目はないでしょうが、先発なら考えるべきです。



(パ・リーグTVの動画「4/8 ライオンズ対ホークス ダイジェスト」)

石川投手のことは、以前何回かこのブログに書きましたので、よろしければどうぞ。

「【ホークス】支配下登録したばかりの石川柊太投手をいきなり一軍登録!!~爪痕を残すだけでは物足りない」へのリンク

「スワローズ由規投手の復帰を支えた「トレーナー」河口正史さんのこと~そしてもう一人、投手を育てたこと」へのリンク

(↑こちらの「もう一人」が石川柊太投手のことです)


ところでこのメヒア選手からの被弾、それを石川投手がどう考えるかは重要なことだと思います。

1点取られてしまった、と悲観するのか、1点で抑えられた、と喜ぶか…

ネットニュースを見ると、「たまたま」と謙虚にかわすことはあっても、悲観的なことは言っていないようです。

そして

「1イニングを5試合投げるより、1試合で5回を投げた方が早く勉強になるのでよかった」

と言っているそうです。

そう言う考え方をしているんなら、これからもっと良くなることが期待できます。

だいたいリリーフで5イニング投げさせることは、ホークスではそんなにないと思いますから、石川柊太投手には自信をもってもらい、

「打たれたのは長い回を投げさせた首脳陣のせい」

とでも思っておけばいいんじゃないかな、と思います。

それに、5回投げれば1点2点はとられますよ。

石川柊太投手にはますます期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年4月9日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること〜SPWのゲストは女子アナさん

2017年4月9日に放送された「オードリーのオールナイトニッポン」に関することを書きます。

1.スペシャルウィークのゲスト発表

再来週、4月23日の放送はスペシャルウィークだそうで、オードリーの回のゲストは、

市野瀬 瞳(いちのせ ひとみ )アナウンサー

だそうです。

東海方面などのリトルトゥースの方はご存知かと思いますが、市野瀬アナは中京テレビで

『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!』

で、オードリーとともにMCを務めているアナウンサーだそうです。

そして若林と犬猿の仲とか。

本当に犬猿の仲なら、とっくに一緒の番組はやってないと思うんですが…

もう5年も一緒にMCを続けているようです。



もうネットニュースになってました。



なお「みんなやってんなぁ」のコーナーで

「市野瀬アナがやってました」

で読まれた、春日の顔が切れた写真は、こちらのリンク先の最後にあります。

「市野瀬 瞳のつぶやき部屋:中京テレビ アナウンスルーム>今日から4月ですが、それに伴い・・・」へのリンク

それにしても、ニッポン放送と同じフジサンケイ系列ではない(中京テレビは日テレ系列)テレビ局の局アナさんを呼ぶこともあるんだな、とちょっとびっくりしました。

だったら、日テレの「ヒルナンデス」や「オードリーのNFL倶楽部」で共演した水卜麻美アナを呼ぶとか出来ないものかな、とか思うんですが。


2.若林トーク

若林のトークゾーンでは、4月25日から始まる

「潜在能力テスト」(フジテレビ系)

の収録の話しでした。

これまでにはあまりない、14人と言う大勢を前にしてのMCで、若林は結構気をつかったとか。

そして14人の中で、一番絡みづらかったのが、実は春日だったそうです。

それらしきことが書いた記事が、このツイートのリンク先にあります。



そう言えばラジオでは「オードリー会議」はしばらく開かれてないように思います。

ラジオでは

「春日の「受け身をとるキャラ」と「上からのキャラ」が中途半端に出ていたのが残念だった」

みたいなことを語っていました。


3.春日トーク

春日のトークゾーンは、先週長崎からの放送の後に行った、スナックでの話でした。

とても楽しませてもらったようですが、朝四時(か四時半)になると、ぴったっと仕事をやめ。

「はい、今日の営業はここまで」

と言うことで閉店となったようで、その変わり身の早さに

「プロ意識がすごい」

と驚いていました。


ちょっと真面目っぽいことを書きますが、政府が「働き方改革」を進めている今、飲食業とは言え、こういう形で強制的に仕事を終わらせるようにしないと、そして客がそれに理解を示さないと、なかなかそれは達成できないと思います。

飲食業ではないですが、会社によっては一定時刻になると、PCの電源が自動的にオフになるところもあるそうです。


4.青銅さん本を出す

藤井青銅さんが本を出すそうです。

その本をプレゼントすること、そして記念イベントをやることが発表されました。

本の詳細については、こちらをご覧ください。

「藤井青銅 『幸せな裏方』 | 新潮社 」へのリンク

プレゼントの案内はこちら。



申し訳ありませんが、イベントの内容は忘れてしまいました。


5.オードリーに希望すること

番組とは関係のないことですが…

昨日、4月8日に開催された「第5回グリーンベイ・パッカーズオフ会」に、パッカーズファンのカンニング竹山さんが参加してくれました。



オードリーの2人にも、こう言うアメフトファンの集いがあれば参加してもらうことを希望します。

なお、この「第5回グリーンベイ・パッカーズオフ会」については、後日あらためて書きます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】第51回スーパーボウルの前に、CBSが過去50回のスーパーボウルランキングを発表~あの回は何位にランキング?


ちょっと前の話しになりますが…

2月の第51回スーパーボウルの前に、昨シーズンまでの50回までのスーパーボウルについてランキングした記事がありました。

出展は下のリンク先の記事です。

「2017 Super Bowl: Ranking every Super Bowl in NFL history, from worst to first | CBSSPORTS」へのリンク

詳細な基準は読み取れませんでしたが、おそらく面白さ順にランキングした記事がありましたので、転載します。

全部の試合についてコメントしたいところですが、大変そうなので挫折しました。

とりあえず10位以内あたりの回のスーパーボウルについては、下記リンク先に書きましたので、ご参照ください。

「【NFL】第51回スーパーボウル前と後でとの、動画「Top 10 Super Bowls of All Time」を比べてみた」へのリンク

また、全50回の動画リスト(NFL公式)が下記リンク先にあります

「Super Bowl Recaps | NFL」へのリンク

また、一部の試合は下記リンク先で試合全部を見ることができますので、どうぞ




50位 第29回スーパーボウル
サンフランシスコ・49ナーズ 49 - 26 サンディエゴ・チャージャーズ

49位 第48回スーパーボウル
シアトル・シーホークス 43 - 8 デンバー・ブロンコス

48位 第24回スーパーボウル
サンフランシスコ・49ナーズ 55 - 10 デンバー・ブロンコス

47位 第35回スーパーボウル
ボルチモア・レイブンズ 34 - 7 ニューヨーク・ジャイアンツ

46位 第37回スーパーボウル
タンパベイ・バッカニアーズ 48 - 21 オークランド・レイダース

45位 第22回スーパーボウル
ワシントン・レッドスキンズ 42 - 10 デンバー・ブロンコス

44位 第27回スーパーボウル
ダラス・カウボーイズ 52 - 17 バッファロー・ビルズ

43位 第4回スーパーボウル
カンザスシティ・チーフス 23 - 7 ミネソタ・バイキングス

42位 第8回スーパーボウル
マイアミ・ドルフィンズ 24 - 7 ミネソタ・バイキングス

41位 第12回スーパーボウル
ダラス・カウボーイズ 27 - 10 デンバー・ブロンコス

40位 第1回スーパーボウル
グリーンベイ・パッカーズ 35 - 10 カンザスシティ・チーフス

39位 第26回スーパーボウル
ワシントン・レッドスキンズ 37 - 24 バッファロー・ビルズ

38位 第15回スーパーボウル
オークランド・レイダース 27 - 10 フィラデルフィア・イーグルス

37位 第32回スーパーボウル
デンバー・ブロンコス 34 - 19 アトランタ・ファルコンズ

36位 第21回スーパーボウル
ニューヨーク・ジャイアンツ 39 - 20 デンバー・ブロンコス

35位 第18回スーパーボウル
ロサンゼルス・レイダース 38 - 9 ワシントン・レッドスキンズ

34位 第6回スーパーボウル
ダラス・カウボーイズ 24 - 3 マイアミ・ドルフィンズ

33位 第19回スーパーボウル
サンフランシスコ・49ナーズ 38 - 16 マイマミ・ドルフィンズ

32位 第11回スーパーボウル
オークランド・レイダース 32 - 14 ミネソタ・バイキングス

31位 第9回スーパーボウル
ピッツバーグ・スティーラーズ 16 - 6 ミネソタ・バイキングス

30位 第2回スーパーボウル
グリーンベイ・パッカーズ 33 - 14 オークランド・レイダース

29位 第20回スーパーボウル
シカゴ・ベアーズ 46 - 10 ニューイングランド・ペイトリオッツ

28位 第5回スーパーボウル
ボルチモア・コルツ 16 - 13 ダラス・カウボーイズ

27位 第27回スーパーボウル
ダラス・カウボーイズ 30 - 13 バッファロー・ビルズ

26位 第50回スーパーボウル
デンバー・ブロンコス 24 - 10 カロライナ・パンサーズ

25位 第41回スーパーボウル
インディアナポリス・コルツ 29 - 17 シカゴ・ベアーズ

24位 第7回スーパーボウル
マイアミ・ドルフィンズ 14 - 7 ワシントン・レッドスキンズ

23位 第40回スーパーボウル
ピッツバーグ・スティーラーズ 21 - 10 シアトル・シーホークス

22位 第17回スーパーボウル
ワシントン・レッドスキンズ 27 - 17 マイアミ・ドルフィンズ

21位 第16回スーパーボウル
サンフランシスコ・49ナーズ 26 - 21 シンシナティ・ベンガルズ

20位 第10回スーパーボウル
ピッツバーグ・スティーラーズ 21 - 17 ダラス・カウボーイズ

19位 第31回スーパーボウル
グリーンベイ・パッカーズ 34 - 21 ニューイングランド・ペイトリオッツ

18位 第34回スーパーボウル
ニューイングランド・ペイトリオッツ 24 - 21 フィラデルフィア・イーグルス

17位 第30回スーパーボウル
ダラス・カウボーイズ 27 - 17 ピッツバーグ・スティーラーズ

16位 第46回スーパーボウル
ニューヨーク・ジャイアンツ 21 - 17 ニューイングランド・ペイトリオッツ

15位 第45回スーパーボウル
グリーンベイ・パッカーズ 31 - 25 ピッツバーグ・スティーラーズ

14位 第44回スーパーボウル
ニューオリンズ・セインツ 31 - 17 インディアナポリス・コルツ

13位 第46回スーパーボウル
ボルチモア・レイブンズ 34 - 31 サンフランシスコ・49ナーズ

12位 第32回スーパーボウル
デンバー・ブロンコス 31 - 24 グリーンベイ・パッカーズ

11位 第14回スーパーボウル
ピッツバーグ・スティーラーズ 31 - 19 ロサンゼルス・ラムズ

10位 第36回スーパーボウル
ニューイングランド・ペイトリオッツ 20 - 17 セントルイス・ラムズ

9位 第38回スーパーボウル
ニューイングランド・ペイトリオッツ 32 - 29 カロライナ・パンサーズ

8位 第43回スーパーボウル
ピッツバーグ・スティーラーズ 27 - 23 アリゾナ・カージナルス

7位 第3回スーパーボウル
ニューヨーク・ジェッツ 16 - 7 ボルチモア・コルツ

6位 第38回スーパーボウル
セントルイス・ラムズ 23 - 16 テネシー・タイタンズ

5位 第23回スーパーボウル
サンフランシスコ・49ナーズ 20 - 16 シンシナティ・ベンガルズ

4位 第25回スーパーボウル
ニューヨーク・ジャイアンツ 20 - 19 バッファロー・ビルズ

3位 第13回スーパーボウル
ピッツバーグ・スティーラーズ 35 - 31 ダラス・カウボーイズ

2位 第42回スーパーボウル
ニューヨーク・ジャイアンツ 17 - 14 ニューイングランド・ペイトリオッツ

1位 第49回スーパーボウル
ニューイングランド・ペイトリオッツ 32 - 29 シアトル・シーホークス


このランキングを見て思うことは2つ。

ビル・ベリチックとトム・ブレイディをスーパーボウルで見るのはもう飽きた、と思う反面で、そのほとんどがおもしろい試合に終わっていることを考えると、歓迎すべきことかな、と言うこと。

最近のスーパーボウルが上位のほとんどを占めていることを考えると、これからも面白いものが見れそうだと期待できそうなこと。


ところで、今回の第51回スーパーボウルは、このランキングのどの辺に挿入されるべきでしょうか。

私としては、悪くてもTOP5に入ると思います。

トップになってもおかしくないかもしれない、とも思うのですが…



(NFL公式「Patriots vs. Falcons | Super Bowl LI Game Highlights」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

『ご趣味は?』~2017年新入社員名簿を見た感想


毎年この時期に会社の新入社員名簿が配られます。

新人さん自身が書いたものです。

ひと通り見ましたが、ちょっと気になったのが、私が入社した1988年(昭和63年)の時と、だいぶ「趣味」の欄に書かれていることが変わったな、と言うこと。

そりゃあ30年たてば変わって当然ですよね。

ちょっと書き出してみます。

「サッカー観戦」

「スポーツ観戦」ではなく、「サッカー観戦」です。

私の頃はマイナースポーツで、同じ学部にサッカー部員がいて、飲み会の席で

「みなさん、ラグビーが日本一になったのはご存知だと思いますが、我がサッカー部も日本一になりました。」

とアピールしなければみんな知らなかった頃です。

ちょうど今

「アメフト観戦」

と書くようなものです。

(でも、私ならあえて書くと思います)


「カラオケ」

ひょっとしたら私は書いていたかもしれませんが、当時はカラオケボックスなどの専門店はなく、カラオケが置いてある飲み屋で、知らない他のお客さんの前で歌うのが普通でした。

ですから、当時は趣味として書く人は少なかったと思います。

私の場合、幸い近くにカラオケ専門店がありましたので、うまい下手は別にして、立派な趣味でした。


「ゲーム」

当時ファミコンはかなり普及していて、会社の寮にも持っている人間は少なくなかったですが、趣味としての地位は確立されていなかったと思います。


「アニメ鑑賞」

もちろん当時もアニメはありましたが、それを見ることを趣味としている人は、私の周りにはいませんでした。

だいたい私を含めて「機動戦士ガンダム」を見たことがなかった人も多かったですし。

アニメファンもいたと思いますが、それを趣味と名乗るのは、度胸がいった時代だったと思います。


「お笑い鑑賞」

当時お笑いは下火で、これからダウンタウンやウッチャンナンチャンが台頭してくる頃でした。

今なら私も趣味として書くかもしれませんが、当時は趣味として確立されてなかったと思います。

「落語鑑賞」ならかけたでしょう。


「数独」


私は21世紀になって初めてその存在を知りました。


「ボルダリング」

同じく、最近まで知りませんでした。


「PC自作」

当時PCを持っている人はおろか、使える人もあまりいませんでした。

私はバイトで覚えました。


「フットサル」

当時は聞いたこともなかったです。


「スノボ」

存在したとは思います。

「私をスキーに連れてって」が流行り、大スキーブームでしたが、大学時代、私は一度もやりませんでした。


意外にもなかったものを書いておきます。


「SNSやブログ」

SNSに関しては、多くの新人さんがやってると思うんですよ。

趣味と言うまでもないかもしれません。

それにそれを書くと、何かと不都合だと思います。


「バンドなど音楽」

やってる人がいても不思議はないんですが。

コーラスとかオーケストラはいたと思います。


「パチンコ、公営ギャンブル、麻雀」

やってる人はいると思いますが。

麻雀やる若手は、うちの会社は意外と多いです。

でも、書くと面倒なことになるかもしれませんしね。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】AIでやってほしいこと~電通がプロ野球の順位予想をAIにやらせたと聞いて


先週開幕した日本のプロ野球ですが、前日にNFLによる順位予想が行われたようです。

「人工知能がプロ野球予想 セ・リーグ最下位は阪神」へのリンク

(記事中に、開幕戦の「日本ハムと西武の開幕戦1回オモテ、有原航平投手(日ハム)が投じる初球は「インコースのストレート」になる確率が最も高いという」とありますが、実際はアウトコース高めのストレートだったそうです。

別のサイトの伝えるところでは、これは、ライオンズの先頭打者を金子選手と想定しての話だそうで、実際は秋山選手でしたから、そうなると予測も変わっていたかもしれません。

また、有原投手が本当にアウトコース高目を狙ったのかどうかはわからず、逆玉だったかもしれませんので、一概にAIが外した、とは断言できないでしょう)


この記事を読んで、ふとNFLに関することで、AIを使ってやってほしいことを考えてみました。


1.ドラフトを予測する

今月末のドラフトを控え、NFL関連のニュースに、ドラフトを予想するものが多くなっています。

私の英語力では、AIを使った予測は見当たらず、記者やアナリストが予想したものばかりでした。

ぜひAIにやらせてみてほしいですね。

NFLのドラフトは完全ウェーバー制で重複指名を認めていませんから、くじ引きの当たり外れとかは気にしなくていいのは楽だと思います。

ですが膨大なインプットデータが必要となるでしょう。

NFLはチーム数が多いですし、アメリカンフットボールはポジションが多数あります。

それにドラフト候補はたくさんいます。

インプットは大変な作業だろうな、と考えます。

でも、逆にそれだけ複雑なのでAIにやらせてみる価値はあるかと思うんですが。

ドラフトの最中にどんなトレードが起きるか、と言うのも興味深いです。

現実の話としてドラフトの準備は大変ですから、ひょっとしたらAIを使ったシュミレーションをやっているチームもあるかも…

ないかな…


2.最終順位と、スーパーボウルチャンピオンを予想する

日本でやったように、各地区の順位予想と、それに続くポストシーズンの予測もやってみてほしいです。

この場合、開幕時のロースターだけではなく、不測の事態に備えて、どことも契約していない有力選手のデータもインプットしておくと、さらに正確になるでしょう。

全チームの順位をあてるのは大変だと思う一方で、スーパーボウルチャンピオンは、ニューイングランド・ペイトリオッツとしておけば、当たる確率はかなり高いと思います。

グリーンベイ・パッカーズを応援している身としては、現実ではそうはさせたくないですが。


3.采配をふるう

今までは主に、ファンとして楽しめることを書きましたが、これはチームに関わる重要で現実的なことだと考えます。

チームが抱える選手のことを考慮して、ゲームプランをたて、プレイコールを出す。

これではたぶん「おもしろくない」と反対されるでしょう。

ですが、助言を導き出すツールとしては、使うとおもしろいんじゃないかと考えます。

それに、現在のAIはまだあくまでもサジェストのレベルまでしかできないとのことみたいですから。

でも将来は、結果がどう出るかは別にして、完璧に采配がふるえる「人工知能」ができることでしょう。

そうなったら、1チームぐらい、その「人工知能」で戦ってみるチームがあってもいいかと思います。

GMの仕事も込みで。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】麻生太郎大臣の言葉のように「夜は感謝とともに眠る」ようになりたい~それができた4月4日の大敗 #sbhawks


先日国会の予算委員会で、麻生太郎財務大臣は、

「人間が生きていく上で大事なことは、朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝とともに眠る。

この気持ちだと思っています。」


と、ある質問に答えました。

「朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝とともに眠る。」

と言う言葉の出典はわかりませんが、とてもいい言葉だと思います。

特に「夜は感謝とともに眠る」の箇所が。

人間、そう生きたいものだと思います。


さて、福岡ソフトバンクホークスを応援している私ですが、ホークスが負けると、「感謝とともに眠る」のはとても難しいものになります。

勝ってくれたらそれはできます。

しかし負けると…

試合というものは相手があることですから、いくら一生懸命プレイしても、考え抜いて采配しても、勝てないときはあります。

相手もそうなんですから。

そんな時でも、「今日はいいことがあった」と言う点を敗戦の中から見つけ、「感謝とともに眠る」ことができればいいなと思います。

今の私は、ホークスが負けたら、恨みつらみを考えたり、ネットに毒を吐いたりすることはまずないですが、それは現実逃避しているからです。

破れた試合でもしっかりと向き合い、良かったことを見つけ、そして「感謝とともに眠る」ようにしたいです。


ところで、昨日4月4日(火)の試合では、幸いなことにそれができました。

育成選手時代から注目していた石川柊太投手が、敗戦処理とはいえ、 初めて一軍のマウンドに立ち、期待通りの活躍をしてくれたからです。

1イニングを10球で1奪三振で、三者凡退の無得点で抑えました。

ですから、昨日の夜は「感謝とともに眠る」ことができました。

このように、昨日は簡単に「良かったこと」を見つけることができましたが、これがすべての負け試合でできればいいなと思います。

本当は勝ってくれたらいいんですが…

わたしが「感謝とともに眠る」ことができるようになりたいのは、人格者になりたいから、とか言う高潔な目標を目指してのことではないです。

そういうことができないと、ストレスがたまって日々の生活や人間関係に影響を及ぼしたり、体調をこわしたりするのが怖いからです。


なお、石川投手は大勝した今日の試合でも、走者を出したものの、1イニングを無得点に抑えました。

開幕一軍が決まったときは

「2カード目の先発投手陣が昇格するまでの3日間の一軍体験」

だと自身で言っていました。

私も、登板機会がなく、実績を残せずに降格する可能性は高い、と考えていましたが、とりあえず実績は残せました。

20170406石川柊太投手初登板の画像

(プロ初一軍登板を果たした石川柊太投手の画像)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【歴史】サンジェルマン伯爵のこと~アフラックの加藤諒の「不老不死の男」のCMで思い出した謎の人物


実は2月の中頃から放送されていたそうですが、3月の末頃に、初めて加藤諒さんと、野村周平さんのAFLACのCM

「不老不死の男、登場篇」

を見ました。

動画はこちら



関連ニュースはこちら

「野村周平、加藤諒の”福毛”発見で意気投合! アフラック新CMで初共演」へのリンク

過去の歴史的事件としてあげられるのが、ペリーの来航と関ヶ原の合戦。

なぜこの二つが選ばれたのか?

他にもどんな候補があがったのか気になります。

遮光器土偶のモデルになったというのは納得ですが、あれはたしか宇宙人をモデルにしたものだったと言う説もあるようです。


ところでこのCMで思い出したのが、近代ヨーロッパのフランス革命のあたりですがを、その頃の宮廷を騒がせた

サンジェルマン伯爵

です。

古くはシバの女王やバビロンの宮殿の時代の話しをし、不老不死と言われていたそうです。

その年齢は、二千歳とも四千歳とも言われていたそうです。

かなり前の話ですが、阿刀田高の小説に「サンジェルマン伯爵考」と言うのがあって、たしか現代の日本で、父親がサンジェルマン伯爵とあった男の話しだったと思います。

もちろんフィクションだと思いますが。

サンジェルマン伯爵が不老不死だったのは、錬金術を極めていて、それによって不老不死の丸薬を作ることに成功したからではないか、と言う話しもあったよう記憶します。


今回はCMで思い出しましたが、サンジェルマン宮殿のことを聞いたり、パン屋のサンジェルマンを見るたびに、サンジェルマン伯爵を思い出したりします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】レイダース、ラスベガスに移転~地域名とニックネームの整合性を考えて見た


先週、レイダースのオークランドからラスベガスへの移転が、オーナー会議の場で認められました。


これでレイダースはラスベガスに移るわけですが、あと2シーズンはオークランドでプレイし、2019年シーズンからラスベガスにてプレイするそうです。

ラスベガスと言う街は、非常に誘惑にあふれた所みたいなので、他のチームは遠征した時に選手がそれにひかれないよう、対策を考え始めたそうです。

ところで

レイダース言うニックネームは、たしか「侵入者」と言う意味で、私としてはオークランドがラスベガスとなっても、名称だけを考えると、それほど違和感は持ちません。

(これまでの歴史を考えると違和感はあります)

しかし、他のチームの中には、ニックネームから変えないとおかしなことなるところもあるようですので、私の知っている限りで書いておきます。

1.バッファロー・ビルズ

開拓時代の人物「バッファロー・ビル・コーディー」にちなんだ名前なので、バッファロー以外に移転すると、おかしなことになります。

2.ニューイングランド・ペイトリオッツ

「ペイトリオッツ」は米独立革命での歴史用語なので、東部13州にあるのが望ましいと考えます。

「愛国者」と言う意味にとらえれば、どこに行っても問題はないでしょうが、ヘルメットのマーク(デカール)は変えたほうがいいでしょう。

3.ボルチモア・レイブンズ

「レイブンズ」はボルチモア出身のエドガー・アラン・ポーの小説「ザ・レイブン」からとってますので、ボルチモアに関連しています。

でも、単に「大鴉」と取れば、どこにでもいけるでしょう。

4.ピッツバーグ・スティーラーズ

ピッツバーグは昔は鉄鋼の街だったので「スティーラーズ」の名前がつきました。

移転するとなんとなく違和感を持ちます。

5.ヒューストン・テキサンズ

「テキサン」とは「テキサス人」を表しますので、テキサス州から移転するなら他の名前にするべきでしょう。

なお、かつては同じテキサス州のだらすに、「ダラス・テキサンズ」と言うチームが、私の知る限り2度ありました。

ひとつは現在のインディアナポリス・コルツに引き継がれ、もうひとつはミズーリ州に移転してカンザスシティ・チーフスとなりました。

6.テネシー・タイタンズ

テネシー州ナッシュビルは「南部のアテネ」と呼ばれるため、ギリシャ神話の「タイタン」が使われているそうです。

なおナッシュビル移転前は、ヒューストン・オイラーズを名乗っていましたが、これはヒューストン近郊でオイル産業が盛んだったからだそうです。

ですからニックネームを変えたのは妥当と言えるでしょう。

7.フィラデルフィア・イーグルス

イーグルはアメリカの国鳥です。これは推測ですが、フィラデルフィアはアメリカ合衆国の始めの頃まで、アメリカの中心地だったため、その名前をつけたんじゃないかと思います。

ワシントンに移転するのなら、イーグルスのままでかまわないと思いますが、そのほかの地では、そぐわない名前だと思います。

でもかなりフィラデルフィアでの歴史が長いので、その面からは移転は考えにくいです。

8.シカゴ・ベアーズ

ベアーズがシカゴにできた時、野球にカブス(子熊)と言うチームがあったため、ベアーズとしたと言われています。

ただの「熊」だと考えるのなら、どこに行っても違和感はないと思います。

しかし、現存するチームとしては2番目に古く、100年近くシカゴにいますから、そう言う面では移転は考えにくいです。

9.デトロイト・ライオンズ

こちらも、野球でタイガースと言うチームがあったので、ライオンズにしたとのことです。

そして「ライオンズ」と言う名前ならどこに行っても違和感はないですが、こちらも長くデトロイトにいますので、移転は考えにくいです。

10.ミネソタ・バイキングス

ミネソタ州に北欧からの移民が多いことから、北欧の海賊(「海賊」と言うよりは、ある意味「海軍」だったと思うのですが)の名がつけられました。

バイキングはコロンブスの「発見」(1492年)よりもはるか以前西暦1000年ごろにアメリカ大陸に到達していたそうです。

(ミネソタ州からは、バイキングが使った貨幣が見つかった、との話しもありますが、これは否定されたとの話しを読んだ覚えがあります)

ミネソタ州外にも北欧からの移民が多いところがあるなら、そこに移転するのはそぐわないことはないですが。

11.サンフランシスコ・49ナーズ

「49ナーズ」は歴史用語で、1848年にゴールドラッシュでカリフォルニアに押し寄せた人たちを指します。

カリフォルニア州内であれば、移転してもそぐわないことはないでしょう。


とりあえず私の思いつく限りで書いてみましたので、他にも、他の地域に移転したらニックネームがそぐわないチームもあるかもしれません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】祝、ムネリン復帰、とは言え本当に有効な戦力になるのか~川﨑宗則とはどういう選手だったのか?

開幕2連勝で早くもカード勝ち越しを決めた福岡ソフトバンクホークスに、ついに

川﨑宗則選手

が帰ってきました。


3月30日(木)のことだったと思うんですが、朝こんなツイートを見ました。



川﨑選手がホークスに復帰するという報道はよくあることだと感じていましたので、最初は今回も地元紙のリップサービスレベルの報道かな、としか思ってなかったのですが…

記事中の

「今季から川崎には自由にメジャーとマイナーを行き来できる「マイナー・オプション」がない。マイナー降格時には契約解除の必要があり、より難しい立場でもあった。」

と言うところに説得力を感じ、その時からネットで新しい報道はないか、と追っていたら…

昨日になって帰国したとの報道。

そして今日、ホークスへの入団会見が行われました。



(ホークス公式動画「ソフトバンクホークス 川﨑宗則選手入団発表記者会見 20170401」)

今日は4月1日で、「まるでエイプリルフールみたいな内容だな」と思いながら見ました。

詳細な記事はこちら。





私は川﨑選手の復帰を歓迎します。

川﨑選手の復帰について、ツイッターでは

「ホークスではスタメンが空いてないだろう」

と言う声をよく見ます。

たしかにそうかもしれません。

でも、この記事

「どうなる?ソフトB ムネリン獲得交渉中 カブスも再契約交渉中― スポニチ Sponichi Annex 野球」へのリンク

にも球団幹部の言葉にもありますように

「定位置が埋まっているかどうかは関係ない選手」

だと思います。

いるだけでチームが元気になれると思いますし、川﨑選手が昨シーズン入れば、大逆転されて優勝を逃すこともなかったかもしれません…

と思われがちですが…

本当にそうかなぁ?とも思わないでもないです。

内野を守るとしても、松田選手も、本多選手も昨日はタイムリーを打ちましたし、今宮選手は守備で貢献しました。



一塁の内川選手も今日、タイムリーを放ちました。

外野を見渡しても、不確定なのはライトぐらいで、川﨑選手が守れればベストなんですが。

インタビューでは本人は投手もできると言っていますので、リリーフに立ってもらいますか。

それなら、ブルペンにいることがあっても、ほぼ毎試合ベンチ入りできますし…

まあ、冗談ですけどね。

本人は

「監督に言われたらなんでも日本人らしく「YES」と言ってやる」

と言っています。

最初は控えとして、チャンスが出たら出てもらって、調子がいいようなら使い続ける、と言う普通の方法に落ち着くんでしょう。

川﨑選手がそう言う使われ方でも我慢できるのであれば、大きな戦力になると思います。

ちなみに1年契約で、年俸は9000万円プラス出来高払い

昨日か一昨日、球団は

「常識的に考えて、単年契約はありえない」

と言っていましたが、意外にも1年契約。

年俸も基本が億を超えないとは驚きました。

他の球団なら絶対に複数年で年俸1億五千万で手をあげるレベルだと思いますが…

ホークスが出し渋るわけがないので、川﨑選手の方からの条件提示なんでしょう。

川﨑選手、期待したいです。

また、背番号は以前在籍していた時と同じ52


ところで、こんなまとめがありました。



そうか…

2011年オフに退団して5年強、もう川﨑選手のことをしらない、または生でホークスの川﨑選手を見たことがないホークスファンがいても不思議はないですね。

「にわか」と言うのは卑下しすぎだと思いますが。

読んでみると面白い紹介がいくつもありました。

「陽気・俊敏・打てるショート」

と言いうのが適格だとは思いますが

(本当はそんなに陽気な選手だとは思いませんが)

「イチローファンで多分一番野球が上手い人」

には笑いました。

そう言えば最初はイチロー選手の追っかけとか言われてたなぁ、今でもそうやっていじる人がいるのは意外ですが。

「ホークスがいつ川崎が帰ってきてもいいように未だに背番号52を空き番にするレベルの功労者」

「夢を求めてマイナー契約から這い上がった男」(「何度も」を追加したい)

「王貞治に「川崎移籍が一番痛い」と言わしめた男」

「他球団のファンをも虜にする漢」

と言えば、どれだけすごかったか伝わるかと思います。


私としては…

ベタですが

「記憶より記録に残る男」

の第一人者だと思います。

それはホークス時代もそうであり、MLBでもそうだったと思います。


はやくムネリンのホークスのユニフォーム姿が見たいです

20170401ムネリン
(以前在籍していたころの「月刊HAWKS」の川﨑選手のコーナー「Kawasaki Style」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~