2017年04月06日の記事 (1/1)

【NFL】AIでやってほしいこと~電通がプロ野球の順位予想をAIにやらせたと聞いて


先週開幕した日本のプロ野球ですが、前日にNFLによる順位予想が行われたようです。

「人工知能がプロ野球予想 セ・リーグ最下位は阪神」へのリンク

(記事中に、開幕戦の「日本ハムと西武の開幕戦1回オモテ、有原航平投手(日ハム)が投じる初球は「インコースのストレート」になる確率が最も高いという」とありますが、実際はアウトコース高めのストレートだったそうです。

別のサイトの伝えるところでは、これは、ライオンズの先頭打者を金子選手と想定しての話だそうで、実際は秋山選手でしたから、そうなると予測も変わっていたかもしれません。

また、有原投手が本当にアウトコース高目を狙ったのかどうかはわからず、逆玉だったかもしれませんので、一概にAIが外した、とは断言できないでしょう)


この記事を読んで、ふとNFLに関することで、AIを使ってやってほしいことを考えてみました。


1.ドラフトを予測する

今月末のドラフトを控え、NFL関連のニュースに、ドラフトを予想するものが多くなっています。

私の英語力では、AIを使った予測は見当たらず、記者やアナリストが予想したものばかりでした。

ぜひAIにやらせてみてほしいですね。

NFLのドラフトは完全ウェーバー制で重複指名を認めていませんから、くじ引きの当たり外れとかは気にしなくていいのは楽だと思います。

ですが膨大なインプットデータが必要となるでしょう。

NFLはチーム数が多いですし、アメリカンフットボールはポジションが多数あります。

それにドラフト候補はたくさんいます。

インプットは大変な作業だろうな、と考えます。

でも、逆にそれだけ複雑なのでAIにやらせてみる価値はあるかと思うんですが。

ドラフトの最中にどんなトレードが起きるか、と言うのも興味深いです。

現実の話としてドラフトの準備は大変ですから、ひょっとしたらAIを使ったシュミレーションをやっているチームもあるかも…

ないかな…


2.最終順位と、スーパーボウルチャンピオンを予想する

日本でやったように、各地区の順位予想と、それに続くポストシーズンの予測もやってみてほしいです。

この場合、開幕時のロースターだけではなく、不測の事態に備えて、どことも契約していない有力選手のデータもインプットしておくと、さらに正確になるでしょう。

全チームの順位をあてるのは大変だと思う一方で、スーパーボウルチャンピオンは、ニューイングランド・ペイトリオッツとしておけば、当たる確率はかなり高いと思います。

グリーンベイ・パッカーズを応援している身としては、現実ではそうはさせたくないですが。


3.采配をふるう

今までは主に、ファンとして楽しめることを書きましたが、これはチームに関わる重要で現実的なことだと考えます。

チームが抱える選手のことを考慮して、ゲームプランをたて、プレイコールを出す。

これではたぶん「おもしろくない」と反対されるでしょう。

ですが、助言を導き出すツールとしては、使うとおもしろいんじゃないかと考えます。

それに、現在のAIはまだあくまでもサジェストのレベルまでしかできないとのことみたいですから。

でも将来は、結果がどう出るかは別にして、完璧に采配がふるえる「人工知能」ができることでしょう。

そうなったら、1チームぐらい、その「人工知能」で戦ってみるチームがあってもいいかと思います。

GMの仕事も込みで。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト