2017年05月の記事 (1/1)

【NFL】TDセレブレーション規制の緩和、と言うルール変更で思い出すバリー・サンダースのこと~これまで一番印象に残ったオーバーセレブレーションの動画

NFLがタッチダウン後のパフォーマンス規制を緩和するそうです。

「タッチダウン後のパフォーマンス」とは、よく「タッチダウン・セレブレーション( touchdown celebration)」と呼ばれます。

Touchdown後にボールを地面にたたきつける(スパイクする)のもこの一つですが、これが度を超えると「オーバー・セレブレーション」と言うことになり、反則となります。

ただし、現行のルールでは規制が厳しすぎるのでは、とも言われていました。



記事によりますと、

「新ガイドラインで許容されるタッチダウン後のパフォーマンス例としてはボールや地面を用いたもの、グループでのパフォーマンスが挙げられている。」

そうで、

「攻撃的なデモンストレーションや試合を遅延させるようなパフォーマンス、対戦相手に向けたパフォーマンスはペナルティの対象のままだ」

そうです。

意外だったのは、ゴールポストに向かって、バスケットボールのようにダンクシュートをするのは、まだペナルティの対象のままだそうです。



私はタッチダウン・セレブレーションには無関心で、どちらかと言いますと、セレブレーションとかやらないで、とっとと試合を再開しようぜ、と考えるほうなんですが、ダンクぐらいはかまわないかなと思います。

誰にとっても致命的に迷惑ではないと思いますので。


さてここに、「The Top 10 Celebrations of all-time!」(これまでのタッチダウン・セレブレーショントップ10)と言う動画があります。



7位のテレル・オーエンスのものは、私には不愉快で、特に0:45あたりで、対戦相手のダラス・カウボーイズ、と言うかテキサス州のシンボルの星「ローンスター」の上で行うものは、挑発的で、アンスポーツマンライクコンダクト(スポーツマンにあるまじき行為)の反則を取られて当然だと感じます。

(3位のディオン・サンダースのものも、ゴールライン前までは挑発的に感じますが、なぜか否定的に感じないのですが…)

一方で10位のマイルハイ・サルートは規律も感じられ、簡潔で、否定されるべきところはないと感じます。

第32回スーパーボウルでは、対戦相手のグリーンベイ・パッカーズファンの私は、何度もこれを見せつけられた末に敗れたので、いい思い出ではないはずなのですが、今となっては懐かしいです。

そして思いっきり主観が入りますが、4位のパッカーズの「ランボー・リープ」は、地元ファンとの一体感が感じられることもあって、見ていてとてもすがすがしいです。


ここにはないですが、これまで見てきたタッチダウン・セレブレーションの中で、一番すごいな、と思ったのは、下の動画のものです。

ニューオリンズ・セインツのWRジョー・ホーンが、TDレシーブの後、ゴールポスト付近に隠していた携帯電話を取り出して、

「やあママ、僕は今タッチダウンをあげたよ」

と報告したものです。



(動画「Joe Horn touchdown celebration」)

ネタとして、おもしろいことはおもしろいのですが、こんなものがリーグに蔓延することは望ましくないと思います。

なおホーンはこのセレブレーションは反則となり、のちに3万ドル(300万円強)と、日本で言えば新入社員の年収並みの罰金をくらっています。

NFLの罰金額は半端ないです。


ところで、往年の名RBバリー・サンダースは、タッチダウン・セレブレーションを行わないことで有名でした。

TDの後、ボールを地面にたたきつけることもなく、審判にボールを手渡していました。

長い間、彼の人格の高潔さの表れだと思っていました。

しかし本当は、彼が持っていた、チームに対する閉塞感の表れではないか、と最近考えるようになりました。

彼のデトロイト・ライオンズは、1991年シーズンを除けば、プレイオフに一度も勝てず、QBもころころ変わっていました。

その中で、彼は孤軍奮闘していたように感じます。

そして1999年シーズンを前に、彼は「他のチームにトレードしてくれないのであれば、自分はこのまま引退する」と言って、本当に引退してしまいました。

このままいけば、あと2~3年で当時ウォルター・ペイトンが持っていた通算ラッシングヤード記録を抜いていたと思え、誰にも抜かれない生涯記録を打ち立てていたものと思われます。

しかしサンダースは、個人の名誉より、チームの勝利を望みました。

それとも、チームの勝利があって、初めて個人の記録が活きると考えていたのかもしれません。

とにかく、サンダースはまだまだ余力を残して引退していたのですが、それには彼が持っていたかもしれないチームへの閉塞感があったのかもしれないかも、と思います。

感情のままにタッチダウン・セレブレーションをするような選手であれば、割り切って記録や名誉、そしてお金のためにプレイを続けていたかもしれません。

でも、そう言うところが、彼のランのすごさを生んでいたのかも…

それに…

前述のウォルーター・ペイトンも、ずっと弱いチームで孤軍奮闘していましたが、最後はスーパーボウルチャンピオンを経験して引退しました。

そういう事もあったかもしれません。

う~ん、何が何だか分からなくなりました。


なお、こちらに、サンダースに対して

「なぜ現役時代にTDダンスをしなかったのか?」

と尋ねた動画があります。



(動画「Barry Sanders -- Why No TD Dances?? ... I've Got 'No Rhythm' | TMZ Sports」)

動画のタイトルの通り

'No Rhythm'

とサンダースは答えています。

'No Rhythm' ってどう意味だ…

TDダンスを踊れるほどのリズム感がなかったからだよ

と言う意味でしょうか。

そうだとしても、スパイクぐらいはリズム感がなくてもできるはずです。

私にはこの答えがバリー・サンダースの本心だとは思えません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【ホークス】千賀の復活が「奇跡的」で「ありがたく」感じる理由〜ノムさんの評価は?



(パ・リーグTV動画「2017年5月28日 北海道日本ハム対福岡ソフトバンク 試合ダイジェスト」)


5月16日の対オリックスバファローズ戦で、左背部の張りのためにわずか9球で降板した、福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手。

一昨日5月28日(日)の対北海道日本ハムファイターズ戦で先発し、8回で106球を投げ、1失点の快投で勝利投手となりました。


わずか3奪三振と、決して調子は良くなかったようですが、悪いなりに抑えたところに、大きな意義を感じます。

このようなパターンでの勝ちは、今シーズン2試合目だと思います。

一流投手の技術を体得しつつあると言っていいでしょう。

予定では7回までの登板だったようですが、8回を前にコーチから

「もう1イニング行ってくれると助かる」

と言われると、迷わす

「行きます」

と答えたそうです。

「この二週間、先発、中継ぎの皆さんに本当に迷惑をかけていたので、とにかく長いイニングを投げたかった。

7回か8回は絶対に投げなきゃいけないと思っていた。」

と千賀投手は言っていたそうです。

もはやWBCで、「(これ以上のイニングを投げるのは)勘弁してください。」とか、「(イスラエル戦の先発は)イヤです」と言っていた姿はありません。

精神面でも一流投手にかなり近いたと思います。

頼もしい!


私が千賀投手の復帰を「奇跡的」と考えるのは、最近は、投手のケガや違和感からの回復が、予想より長引く例をよく見るからです。

ホークスでも、和田毅投手、武田翔太投手、田中正義投手、そして松坂大輔投手も…

ですから、千賀投手が28日に復帰すると言うニュースを見ても、本当に投げられるんだろうが?また早い回でマウンドを降りるんじゃないか、とか心配していました。

ですから、それが杞憂に終わったこと、予想より高い結果を残せたことが「奇跡的」であり「ありがたい」ことだと思うのです。


ところで、ホークスのOBでもある解説者の野村克也氏は、

「(千賀投手と対戦する)各打者が勝手に考えている。

フォーク、フォークと思って。

そういった意味で無形の力を兼ね備えているから、ソフトバンクのエース格としてやっていくんじゃない」

とこの日の投球を見て、テレビで語ったそうです。


これは、千賀投手が、相手打者が、いつ来るかわからない「お化けフォーク」の影に怯えているところを、他の球種で打ち取れる戦術を備えていることを語ったものだと思われます。

これには、バッテリーを組む、育成ドラフト同期の甲斐拓也捕手の読みも貢献しているそうです。

甲斐捕手は、打者が明らかにフォークを待っているのがわかる瞬間がある、と語っていました。

「こんなカードもある」と「お化けフォーク」のカードをちらつかせて、そしてきらない。

理想的な駆け引きのひとつだと思います。

ただ、この試合に限って言えば、張りからの回復あがりと言うコンディションも考えて、いつもほどはフォークを投げなかった、と語った、と言う報道もありました。

それが本当かどうかはわかりません。

私は、試合後のインタビューに、技術的なことを正直に答えるのは、要らんことだと考えますので。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【女子アメフト】鈴木弘子選手へのインタビューが「週刊エコノミスト」誌に~オーナー奮戦記とキャリアが簡潔に書かれてます

「週刊エコノミスト」の 2017年5/30号に、アメリカの女子アメリカンフットボールリーグでプレイしている鈴木弘子選手へのインタビューが載りました。

20170527鈴木弘子選手on週刊エコノミクス

なんと4ページも。

女子アメフトが雑誌でこんなに大きく取り上げられることはなかなかないと思います。



鈴木弘子選手はWFA(Women's Football Alliance)と言うアメリカ最大の女子アメフトリーグの、Los Angeles Warriors(ロサンゼルス・ウォリアーズ)と言うチームでプレイしています。

プレイしているだけではなく、チームのオーナーでもあります。

「オーナー」と言えば、超リッチで、金を出して、時々口も出す…

そんなイメージがあるかもしれませんが、鈴木弘子オーナーの場合はそうではなく、チームの経営から雑用まであらゆることを担っているそうです。

私の認識では、アメリカと言えども、女子スポーツではアメリカンフットボールよりサッカーの方が人気があるようで、経営に苦労している女子アメフトチームは少なくないようです。

インタビュー記事にはその辺の苦労と、すごいな、と思ってしまう資金の集め方が書いてありました。

チームは今、プレイオフに行けるかどうか、と言う状態です。


そして、鈴木弘子選手の経歴も簡潔に書かれています。

35歳で日本アメフト界からアメリカに渡り、52歳(!)の今に至るまでのキャリアが簡潔に書かれていました。

これは、初めて鈴木弘子選手のことを知る人にはとてもわかりやすいものだと思います。

今でもオールスターに選ばれるほどのプレイをしています。

自分よりもはるかに大きい選手を相手に、毎プレイぶつかりに行くポジションで。

これは驚異的なことで、私の中で「レジェンド」と言えば鈴木弘子選手です


鈴木弘子選手のことを知っている人にも、知らない人にも読んでほしい記事です。

バックナンバーはこちらから買えます。

Amazon「エコノミスト 2017年 5/30 号 [雑誌]」へのリンク

一人でも多くの人に、同時代にこんなすごい人がいる、と言うことをぜひ知ってもらいたいです。


余談ですが、鈴木弘子選手のブログ、状況を知れるだけではなく、文章表現がとてもうまいように感じられますので、私は愛読しています。

アメブロの女子スポーツ選手の部門では、上位の常連になっているほど人気のブログですので、おススメです。

鈴木弘子公式ブログ「Being Betty」へのリンク


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年5月28日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること~はなわ「お義父さん」誕生の知られざる話し



(はなわ「お義父さん」ミュージック・ビデオ (Short ver.))

フルバージョンは今回の放送の中で聴けます。



2017年5月28日の「オードリーのオールナイトニッポンに関することを書きます。

先週ロケで欠席した春日ですが、今回は元気に出演。

オープニングで突然スタジオにやってきた先輩芸人のはなわと昔話に花が咲いた回でした。

1.はなわ「お義父さん」誕生とオードリー

前述のとおり、はなわがオープニングでブースに入ってきて、5月24日に発売されたシングル「お義父さん」誕生までの話しや、若き日のオードリー(ナイスミドル時代かも)の話しをしていきました。

「お義父さん」については、ウィキペディアによりますと、

「智子さんの失踪した父(はなわにとっての義父)へ宛てた、妻の苦労や幸せな今を歌った曲。2015年7月に結婚15周年を迎え、2016年3月に妻・智子さんへ誕生日プレゼントとして贈り、ライブなどでも披露した曲であり、2017年3月4日(妻の誕生日)にYoutubeへはなわ本人が「お義父さん」ライブ映像をアップしたところ話題になり、視聴回数が20日間で100万回を突破。これまで、はなわはテイチクエンタテインメントからCDをリリースしていたが、ビクターからの熱烈なオファーがあり、CD発売化へ至った。」

と言う歌だそうです。

関連ニュースはこちら



この歌が話題になっていたのは知っていましたが、ネットニュースで見出しを見ただけで、内容はよく知りませんでした。

今回の放送ではフルバージョンが流されましたが、もうひと押し感動的な話があれば、こう言う話しでは泣かない私でも、多分涙したと思います。

ラジオで話されたのは、この歌が誕生するときの秘話。

ある日オードリーが事務所に行くと、ライブでこの歌を初めて披露しようと練習していたはなわがいました。

はなわが「今度こんな歌を歌おうと思うんだけどどう思う?」と言って二人に聴かせたそうです。

そんなわけで、この歌を初めて聞いたのはオードリーの二人と言うことになるのだそうです。

若林はこの歌に、「もう少し奥さんの天然ボケネタを足したほうが、次の感動的な話がもっと引き立つんじゃないですか」とアドバイスし「そうか、ありがとう」とはなわが言ったそうですが、出来上がった曲には若林の意見が反映されていないそうです。

そんな話題で大笑いになりました。


そしてオードリーの昔話。

はなわは、新米芸人の顔を見て将来売れそうかどうかわかるそうですが…

春日は全然売れるような顔をしていなかったそうです。

その頃の写真をツイッターにあげようぜ、と言う話しになり、あげられたのがこちら。



案の定、オードリーと言うかナイスミドルは売れなかったそうで、はなわら先輩が「春日会議」を開き、打開策として決行されたのが、春日をモヒカンにすること。

春日が一度モヒカンにして売り出そうとした、と言うエピソードはよくテレビで見ますが、こう言う裏話があったのは初めて知りました。

(若林によると、このエピソードは絶対にすべらないそうです。

 春日のモヒカンの写真の効果もあるんじゃないかと思います)

その後春日ははなわに「自分の中にパンクの要素が見つからない」と言って、モヒカンをやめたそうです。


それでも売れたオードリー。

はなわの奥さんは、お子さんが柔道で負けたりすると、

「いい、人間は変われるんだから。

あんなにおもしろくなかった春日が売れたんだから 一生懸命がんばって稽古すれば、あなたも変われるよ。

春日になれるよ。」

と言うそうです。

これも天然かなぁ…


そう言えば昔、オードリーがブレイクしたころ、お子さんが将来春日になりたい、と息子が言い出した、とブログに書いていた方がいましたが…

息子さん、どうなっただろう…

息子さんがきちんとしてないと、「そんなことじゃ春日になれないわよ」と言うと、息子さんがきちんとしだす、とも書かれていましたが。


2.若林、車買い替えたってよ


若林はトヨタの営業ナガイさんのすすめで、ランドクルーザーからハイブリッドの小さな車に買い替えたそうです。

ずっと「俺は「ランクルの若」で売ってるんだから」と、ナガイさんからのたびたびの買い替えのさそいを断っていたそうですが、とうとう買い替えたそうです。

車種は語られていなかったと思います。

このトークの中でおもしろかったのは、本筋ではなく、春日がつっこんでくるたびに、若林が悪態をついていたところでした。

「お前、番組に戻ってきたからって言って、調子こいてんじゃないか?」

とか、です。


3.春日リトルトゥースに迷惑をこうむる

春日トークは、AVを借りに行ったところ、店員さんから

「リトルトゥースです」

と言われ、嬉しいながらも非常にきまずい思いをしたことでした。

若林に、「店員に今ここでいってやれよ」と言われ、「お前空気読めよ」と行っていました。


4.「みんなやってんなぁ」で読まれたツイート

広瀬すずが広瀬アリスにツイートしたものはこちらでしょう。



わざわざツイッターでみんなにわかるように言わなくても…ということで「やってんなぁ」と言われてましたが、若林は

「ツイッターで言った方が早く伝わることもあるよ」

と言っていました。

たしかにそう言うときもあるな、と思います。

でもそれなら公開ツイートしなくても、DMでやればいいような気もするのですが。

若林はDMのことを言っていたのかもしれません。


4.メアドを読まない若林

「みんなやってんなぁ」のコーナーの最後、応募先をイヤそうに読んで、メールアドレスのあたりでそれが最骨頂に達した時

「そんな感じなら読まなくていいよ」

と春日に言われていました。

時々こういうことを春日に言われてますが。

若林は

「メールアドレスなんて公式サイトを見ればいいじゃんか」

と言っていましたが…

「しんやめ」のコーナーではいつも春日は応募先を読んでいませんが、いつも通り終わろうとしていたら、若林は

「おまえもメールアドレス読んでねぇじゃないか」

と怒ってました。

このやりとりはエンディングまで続きました。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】トム・ブレイディ来日の概要と、期待すること


昨シーズンの第51回スーパーボウルを制したニューイングランド・ペイトリオッツのQB

トム・ブレイディ

が、来月6月21日〜22日に来日し、クリニックなどを行うようです。

ソースは下記リンク先の記事ですが、アメリカのものなので、来日のする日付はアメリカでのものかもしれません。

アンダーアーマー社プレスリリース





トム・ブレイディについてはこのブログでたびたび書きましたが、私は「史上最高のQBの1人」だと考えています。

また、以前「炎の体育会TV」でオードリー若林さんが、アメリカンフットボールの素晴らしさをプレゼンした時、ただ一人徹底的に紹介した選手です。

収録当時は「アンチ・ブレイディ」(ブレイディにはファンも多いですが、アンチも多いのです)だった若林さんが、あえて紹介するほど、NFLを代表する超一流選手です。

(今では若林さんは、一周回ってブレイディのことを嫌いではなくなっているようです)



(動画「Tom Brady's Amazing Super Bowl LI Comeback | Patriots vs. Falcons | Super Bowl Player Highlights」)


1.来日の概要

トム・ブレイディの来日は、アンダーアーマー社の

「The 2017 Tom Brady Asia Tour」

の一環だそうで、中国の北京、上海を訪れたあと、最後に東京に来るそうです。

このツアーは、同社がグローバル展開のため、NFLのトップ選手を派遣することでブランドの宣伝を行い、アジア市場を拡大するためのものだそうです。

後者の記事は、同社の本社があるボルチモアのものですが、それによると、競合するナイキやアディダスに比べると、売上に占める海外のそれは、低いようです。

アジアに限って言えば、その割合は2016年は5.6%にしかなっていないそうです。

同社のケビン・ブランクCEOは中国に期待しているようです。

そのためか、ブレイディはこのツアーのために、中国版ツイッターと言われているウェイボーにアカウントを作成したそうです。

日本では、東京の有明コロシアムでコーチや選手に対してクリニックを行うようです。

アンダーアーマーブランドの日本代理店、ドーム社は、先月有明コロシアムの近くにショールームのようなものを設立しました。



あくまでも推測ですが、ここでアンダーアーマーの、アスリートの疲労を睡眠で回復させるサポートについて、例えばスリープウェア(パジャマ)に関するなんらかのイベントを行うんだと思います。

プレスリリースには、ファンという言葉も見えますので、一般のファンは有明コロシアムの観客席からクリニックの模様を、アンダーアーマの施設でイベントの模様を見学できるんじゃないかな、と思います。

できれば生で、トム・ブレイディと言う現代最高のアスリートの1人の姿を見て、オーラがどれくらいのものか感じたいものだと考えています。


2.期待すること

アメリカンフットボールを日本でメジャースポーツにしたい、と考えている私としては、アメリカンフットボールに関心のある、影響力または発信力のある有名人にとトム・ブレイディと交流して、そのことを拡散してほしいと考えています。

「オードリーのNFL倶楽部」のMCのオードリーさん、その番組で、昨シーズンずっと「ブレイディさま」を応援していた相武紗季さん、ブログで、スーパーボウルでブレイディを推していた乃木坂46の斎藤ちはるさん、アメフト熱の高いカンニング竹山さん、法政大学アメフト部の主将だったブリリアンコージさん

などなどの面々が浮かびます。

別に今、トム・ブレイディやアメリカンフットボールのことに感心のない方でも構わないと思います。

シーズンが始まって、ブレイディが出る試合を見続けて、その感想を発信し続けてくれる有名人なら。

むしろその方が、NFLへハマる過程が見られておもしろいかもしれません。


とにかく、日本のアメフト界には、この機会を最大限に宣伝に利用してほしいと思います。

そう言えば来日する週の月曜日には、パールボウルトーナメントの決勝が東京ドームで行われます。

昔はまだ現役だったジョー・モンタナがゲスト席にいました。

今回は日程が合わないのがとても残念です。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【セキュリティ】米政府機関「パスワードは定期的に変更してはいけない」と言うニュース〜パスフレーズとは


一昨日の朝見たネットニュース。

その中のこの見出しには驚かされました。

「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/05/-----2_1.php

会社でこの件を話題にしたら、ずっと前にそんな記事を読んだよ、と言われました。

去年の8月のこの記事かもしれません。

実は危ない、パスワードの定期変更:日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO05876050Z00C16A8000000/

双方の記事をまとめると、多くの人は覚えやすいいくつかのパスワードを準備して、それを使いまわしていたりする。

また、似たような英数字を記号に置き換えたり、サービス名を最後につけたりすることなどが挙げられています。

そう言う防衛策はハッカーも知っているので、それに対応する攻撃を仕掛けてくるそうです。

そんなわけで、パスワードを定期的に変えるのは「危険」と言うか「それほど有効的ではない」ようです。


ではどうすればいいのか?

最初の記事には、「パスフレーズ」を導入することを勧めているようです。

「パスフレーズ」とは、簡単に言えば「パスワードの長いもの」で、途中にスペースも入れられるようです。


ではどんなものがパスフレーズになるのか?

考えられるのは有名な文章や歌詞ですかね。

キリスト教社会なら聖書の有名な箇所とか

ビートルズの有名な歌詞とか

名言とか

数字だけですが、円周率とか

元素記号とか

歴代アメリカ大統領の名前とか

歴代スーパーボウルMVPとか

これらは一般的すぎるので、やはり何か個性を持たせたものや、文章や文字列として読むと、意味をなさないものがいいんでしょう。

なお、私の「パスフレーズ」に関する解釈が正しいかどうかは自信がないです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】今後やぶられないであろう10の記録

こう言う動画がありましたので、内容を書き出して、コメントを書いておきます。

NFL YouTube公式アカウント「Top 10 Unbreakable Records | Total Access | NFL」へのリンク


10位 ラダニアン・トムリンソンのシーズン31TD(2006年)

この記録、私はてっきりプリースト・ホームズ(元カンザスシティ・チーフス)が持っているものと誤解していました。

優れたタレントの出現や、戦法の変化があれば、十分に破られる可能性がある記録だと思います。


9位 ジム・ブラウンの8回のリーディングラッシャー

私の認識では、32歳ごろからRBの衰えが始まるようです。

その間の10年ちょっとで8回もリーディングラッシャーになるのは、まず不可能だと思います。

怪我をして満足に走れないシーズンもあるでしょうし。

なお、ブラウンはプロ9年間のキャリアで、これを達成し、最後のシーズンもリーディングラッシャーになりながら、映画界に転身しました。


8位 ジェリー・ライスのキャリア通算197TDレシーブ

ライスは20年間と言うWRとしては異常とも思えるほど長いキャリアでこれを達成しました。

しかもその間のほとんどを一流選手として過ごしました。

このようなタレントが再来することと、QBに恵まれることは難しいと思いますので、破られる記録ではないでしょう。


7位 エリック・ディッカーソンのシーズン2105ヤードラッシュ(1984年)

数年前にエイドリアン・ピーターソンが2097ヤードと、更新まであと9ヤードまでに迫ったことを考えれば、破られる可能性が高い記録だと思います。


6位 ディック "ナイト・トレイン" レインのシーズン14インターセプト(1952年)

1981年シーズンを最後に、11回以上のインターセプトを記録した選手がいないことを考えれば、試合数が倍ぐらいにならない限り、破るのは難しい記録だと思います。

インターセプトは他のプレイと違って、数を増やせば増やすほど、数字が伸びなくなる傾向がありますし。

相手がその選手のところに投げなくなりますからね。


5位 ブルース・スミスのキャリア通算200サック

現役最高のジュリアス・ペッパーズが150回も記録しておらず、またペッパーズやそれに続く現役でサックの多い選手が、いつ引退してもおかしくない状態であることを考えれば、この記録を破るのは難しいでしょう。


4位 ドン・シュラHCのキャリア通算347勝

試合数が倍増して、ビル・ベリチックのような能力を持った若いHCが現れ、トム・ブレイディ並みの選手を二代続けて擁することができて初めて、可能性を語ることができる記録だと思います。

つまり、まず破られることはない記録だと言うことです。

(一部ファンの方は、条件に、「いくつかのズルをして」を加えたがるでしょう)


3位 エミット・スミスのキャリア通算18,355ヤードラッシュ

才能と、チームに恵まれ、さらに怪我に強くないとこの記録は破られないでしょう。

私はまず破られないと考えています。

ですが、バリー・サンダースが体力が衰えるまでプレイしていたら、テレル・デービスがケガなくキャリアをまっとうしていたら、もっとすごい記録ができていたかも、とも考えます。


2位 ジェリー・ライスのキャリア通算22,895ヤードレシーブ

8位の時と同じ理由で、この記録も破られないと思います。

ライスはジョー・モンタナとスティーブ・ヤング、そしてリッチ・ギャノンと言う名QBに恵まれたと思います。


1位 ブレット・ファーブの297試合連続出場

若いうちから頭角を現して、他に譲らないほどの能力を持ち、さらに精神的にも肉体的にもタフでないとできない記録です。

まず破られない記録でしょう。

ですが私は、ファーブの絶対に破られない偉大な記録は、336回と言う被インターセプトだと考えます。

これだけ失敗しながらも、それをおぎなって余りあると考えられ、起用され続けたところに、ファーブの偉大さが表れていると考えます。


動画にはない記録ですが、ビニー・デスタバーディーの

21年連続TDパス成功

も破ることが難しい記録だと思います。


20170520NFL不滅の記録10の画像



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
 

2017年 ヤマザキ春のパンまつりで手に入れたもの

今年の「ヤマザキ春のパンまつり」(正式名称は「山崎製パンの2017年春のパンまつり」だそうです)の期間中、ヤマザキデイリーストアーに行くことが多かったので、シールを集めました。

応募用紙の表はこんな感じ

20170521山崎2017年春のパンまつり表応募用紙

で、ポイントシールを貼った裏側はこんな感じ

20170521山崎2017年春のパンまつりウラ応募用紙

私が買うのは安いのが多かったせいか、シールを貼る欄がいっぱいになってしまったので、その下にシールを貼り続けました。

そしてもらった皿はこちら

20170521山崎2017年春のパンまつり皿

これに加えもう一枚、計四皿もらいました。

用途は下記サイトの下の方に例があります。

「ヤマザキ「春のパンまつり」2/1~4/30まで実施中!点数シール24点分でかならず「白いスクエアボウル」がもらえます!(北海道地区は3/1~5/31)」へのリンク

また、こちらにはお皿をゲットした人がインスタグラムに投稿したものがまとめられてあります。

「#ヤマザキ春のパンまつり on Instagram」へのリンク

ぱっと見、見かけませんでしたけど、我が家ではサラダやちょっとしたおかず皿のほか、普通にご飯茶碗としても使っています。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】福岡SUNS、2回戦突破とX3秋季リーグ参戦決定



(動画「【ハイライト】福岡SUNSvs正英ブレイザーズ(2017年5月13日)」)

先々週のグリーンボウルジュニアトーナメントの2回戦。

福岡SUNSは正英ブレイザーズと対戦。

61-0で勝利しました。

そして同日、福岡SUNSの2017年度秋季リーグ戦・X3リーグ加入が正式に承認されました。



私は秋のリーグへの参加はもう決まっているものと誤解していました。

詳細な記事は、朝日新聞にもあります。



「資金やマネジメント面で、リーグ戦を戦い抜けると判断された。」

とのことだそうです。

ありがたいと思います。


ところで、毎回せつないことを書かせてもらって申し訳ないですが…

この記事中に

「仕事などの関係で48人の選手のうち約20人が大阪に来られなかった」

スポーツチームの選手が、仕事の都合で試合に出られない…

同じアメリカンフットボールでも、NFLではあり得ないことです。

と言いますか、我々一般のファンが見ているメジャーなスポーツではほとんど聞かないことだと思います。

日本のアメリカンフットボール選手は、多分ほとんどが仕事を抱えてプレイをしているものと思います。

アメリカンフットボール選手としてだけでは、生活や活動資金がねん出できないからです。

アメリカンフットボールにかかわらず、そう言う境遇のアスリートはまだまだたくさんいると思います。

スポーツでどうしたら勝てるか、それ以外に生活のこと、資金のことでも頭を悩まさなければならないのはとても大変だと思います。

ですから、多くの人が福岡SUNSに限らずこういうアスリートに注目し、できるだけ会場に行って入場料を払って観戦していただければ、グッズを買って応援してくれれば、と願います。

(かくいう私がそれができていないのが残念なのですが…)


さあ、次の試合は

5月28日(日) 16:10~ エクスポフラッシュフィールド

にて

富士ゼロックスJ-stars

との対戦になります。

これまでの対戦相手はX3のチームでしたが、富士ゼロックスJ-starsはX2のチームです。

昨シーズンのX2の秋のリーグ戦では2勝3敗でした。

かなりの苦戦が予想されますが、勝ってくれるものと期待します。

20170521福岡SUNS対正英ブレイザーズ試合前のHUDDLEの画像

(試合前のハドルの模様)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】練習に招待しているオーストラリアU-18代表ジャリッド・デールの動画と不思議

福岡ソフトバンクホークスは、オーストラリアのU-18代表選手、

ジャリッド・デール選手(16)

(Jarryd Dale)

を入団テストを兼ねて練習に参加させているそうです。



先週いっぱいの予定で、20日には練習試合にも出場したそうです。



初打席はスライダーに空振り三振、二打席目はサードゴロだったそうですが、守備は2度無難にこなしたそうです。

ホークスは結果を受け、デール選手と育成契約するかどうか考えるようです。


気になったので、ジャリッド・デール選手のことを調べてみました。

Full-Countの記事には

「昨冬、オーストラリアベースボールリーグのメルボルン・エースズでプレーし、25試合に出場して打率.206、1本塁打。」

とありますが、その詳細はこちらにあります。

「Jarryd Dale Stats, Highlights, Bio | Australian Baseball League Stats」へのリンク

確かに記事のとおりなんですが、68打席で19三振は多すぎで、1四死球は少なすぎで穴が多いように思えます。

西日本新聞の記事では

「関係者によると粗削りながらもセンスがあり」

とありますが、若いことを考慮に入れても、本当かな、と言う疑問を持ちます。

ただしこちらの2016年12月の記事を読みますと、かなり有望株だということが伝わってきます。

「Jarryd Dale right at home at top level」へのリンク

デール選手は2015年のU16ナショナル・チャンピオンシップでMVPを獲得しているそうです。

また、2017年シーズンの新人王も獲得しているようです。

リーグのものかチームのものかは不明ですが。




まあ私は野球に関して素人ですから、ここまでの机上の資料ではデール選手が有望なのかどうかはわかりません。

プロのスカウトが連れてきたんだから、きっと見どころのある選手だと期待します。


最後にデール選手の打撃シーンを映した三つの動画を貼っておきます。



(2015 AJLC Day 4 - Jarryd Dale solo shot:2015/04/06 に公開)



(2016 U16 nationals - Jarryd Dale Grand Slam:2016/02/07 に公開)



(HIGHLIGHT: Jarryd Dale drives in two, R4/G3:2016/12/10 に公開)

2つ面動画は英語の記事中にあった満塁ホームランだと思いますが、イマイチうまく打てた、と言う感じはしません。

しかし最初のと最後のはいい打者になる素質を感じさせます。

特に最新の半年ほど前の3つ目のものは、いい打撃だと思います。


できればフィールディングの動画も見たかったです。

20170521ジャリッドデール選手の画像


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年5月21日】「オードリーのオールナイトニッポン」のことにかえて~番組関するニュースと、昨日の出来事



(今回の放送、春日は休みで、ゲストにCreepy Nuts(R-指定&DJ 松永)が出演するそうです)

2017年5月21日の「オードリーのオールナイトニッポン」のことは書けそうもないので、番組に関することを書いておきます。

1.番組全体のことを振り返って書かれてた記事

こんなニュースがありました。



タイトルだけ見ると誤解を生みそうですが、内容は、「オードリーのオールナイトニッポン」が始まってからこれまでのこと、特にフリートークのネタの作り方の話しで、まじめなものに思えます。

「ANNはホームです」

とありますが、数年前は「空母(航空母艦)」に例えていたように記憶します。

いろんな番組やイベントに出撃しては戻ってくる…

そんなことを言っていたようなことを、ふと思い出しました。


2.ある美容師が興味を持ったこと

私事ですが、昨日散髪に行きました。

いつもそこの美容師さんとはいろいろとお話をさせてもらうのですが、昨日は

「お客さんと話していることから興味を持つことがあります」

と言う話しになりました。

どんなものに興味を持つんだろう、と思って、

「例えばなんですか?」

と尋ねると

「MAJIKさんからは、オードリーのことです。

特にちょっと前からジムに行き始めましたから、春日さんのボディビルのことは興味を持つようになりましたよ。」

と言う話しになりました。

その後、私が見てないオードリーの番組のこととかに話題が移りました。

オードリーのファンを一人増やせて嬉しい出来事でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【野球の歴史】「エースのジョー」こと、城之内邦雄氏のこと


ネットニュースを見ていたら、懐かしい名前を見つけました。

「エースのジョー」こと元讀賣ジャイアンツ投手の

城之内邦雄氏

です。





私は城之内邦雄氏の現役時代を知りませんが、もう30年ほど前に

上前淳一郎『巨人軍 陰のベストナイン』角川文庫、1982年

で読みました。

「悲劇の背番号15」

をあつかった章に書かれていたと思います。

20170520エースのジョーこと城之内邦雄さんの画像


引用した二つの記事には書かれていなかったようですが、ジャイアンツがV9を達成した時の正捕手、森昌彦氏が

「あれほどエースらしい投手はいなかった」

と賛辞したほどの投手だったそうです。

森昌彦氏は、堀内恒夫氏や高橋一三氏、そして全盛期をこえていたかもしれませんが、金田正一氏のボールも受けています。

その3人よりも「エースらしい」投手だったということは、城之内邦雄氏がどれだけすごい投手だったかがわかります。

わずか5年で100勝をあげた数少ない投手でもあります。

しかし、ケガやベンチとの衝突で、その後は眼を見張るような成績は残せませんでした。


過去の映像で見たことがありますが、背番号の「15」がはっきりと打者に対面するぐらいの体を使った独特のフォームは、とても印象的です。


最初の記事の写真を見ますと、いまだに眼光が鋭いのに驚きました。


そして、余談になりますが、誰かに似ているな、誰かに似ているな、と感じました。

調べてみると、自らが大叔父にあたる、歌手の城之内早苗さんが、地井武男さんの親戚だと言うことが、ウィキペディアに載っていました。

そういうことか、と納得しました。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】をめぐる動画サイトの動きについて〜Amazon、Twitter、DAZNそしてHulu

ここ1ヶ月半ほどの、NFLをめぐる動画配信について、ニュースへのリンクを貼っておきます。

昨シーズンTwitterが配信した一部のサースデイ・ナイト・フットボールの放映権を、Amazonが獲得しました。


Amazonプライム会員向けサービスのようです。

コストパフォーマンスを考えると、試合を見るだけのために、Amazonプライムの会員になる人はそんなにいるとは思えないのですが。

一方でTwitterにはこんな動きが


「奪われた」と言う表現が正しいのかどうか…

そして、昨シーズンからNFL配信を始めたDAZN(PERFORM社)にも動きがありました。


そしてHuluの生配信が、これまではたしかPCでしか見れなかったのが、スマートフォンやタブレット、そしてよくわかりませんが、スマートTVでも見られるようになるそうです。

Huluは昨シーズン、NFLのポストシーズンゲームを生配信しています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「のどじまんTHEワールド!2017 春」の感想~感謝と敬意をこめて



(のどじまんTHEワールド!2017春 PR動画)


5月13日(土)に放送された

「のど自慢THEワールド 2017 春」

の感想を書きます。

毎回最初に書かせてもらいます「お断り」ですが…

まず、この番組のために来日して歌っていただいたすべての出演者の方に感謝します。

私は歌について特別な学習をしたこともなく、また技術もない普通の日本人です。

皆さん素晴らしい歌唱力と日本語への理解を持たれていることに敬意を持ちます。

その上での感想であることを頭に置いて、読んでいただけると幸いです。

なかには、否定的なことを書くかもしれませんが、感謝と敬意は持っています。

それに私は歌に関しては素人ですので、そんなに気にしないでください。

では書かせてもらいます。


1回戦

Aブロック

イマニ・キャンベルさん(コスタリカ)

「風が吹いている」(いきものがかり)

今回の放送で一番良かったと思います。

聞いた途端に、もうこの人が優勝で良いと思いました。

歌唱力、日本語力いずれも素晴らしく、また、若い人の良いところを全部集めた感じのうまさだったと感じました。

歌い終わった後の、「歌ってていい気分の歌」、というイマニさんのコメントは嬉しい言葉でした。

400点満点でで、387点は低く、最低でも390点はあるべき、と感じます。

またぜひどこかで、この方の歌を聴いてみたいです。


バスティアン・コルテスさん(チリ)

「HOWEVER」(GLAY)

裏声の使い方がうまい、と思いましたが、やや無理をして能力以上のところまで手をだした感じがしました。

前のイマニさんがうますぎたため、ややつたないかな、と感じました。

370点は妥当だと思います。


ニーラジャ・スンダー・ラージャンさん(インド)

「Time goes by」(Every Little Thing)

良く歌われるものの、難しい曲だと思います。

最初の単調な箇所を無難にこなせば、サビのところから力を見せることができるのですが、とにかくそこまでが大変だと思う曲です。

メリハリが大事な曲だと思います。

ニーラジャさんはサビまでを無難に歌ったものの、サビのところからの「ハリ」になんとなく物足りなさを感じました。

ですが、歌唱力も日本語力も素晴らしいと思いました。

「日本語を大切に歌っている」(審査員)の言葉には、考えさせられるありがたいものを感じました。

ですが、394点は高すぎると感じました。

しかしわが女房は、とても上手だったので、この得点で妥当だと言っていました。


Bブロック

ダイアナ・ガーネットさん(アメリカ)

「愛をこめて花束を」(Superfly)

ダイアナさんのことは、2013年に「のどじまん ザ!ワールド2013春」で「春~Spring」で優勝して以来、応援しています。

その後何回かこの番組に出演しても1回戦敗退を繰り返していて、審査員の方に認められなかったのが残念なんですが。

今回は久々の登場になると思います。

期待通りの歌声でした。

そしてやはり嬉しそうと言いますか、楽しそうに歌う姿が、とても好印象です。

審査員席のほぼ全員が楽しそうな表情にしているのも印象に残りました。

「(高音)がギリギリじゃないところがいい」(中居正広さん)

と言うコメントも嬉しかったです。

391点は妥当だと思います。


アバダブキレヨのみなさん(ベルギー)

「空も飛べるはず」(スピッツ)

6人だけで歌っているとは思えないほどの荘厳さでした。

おそらくコンビネーションがいいからでしょう。

388点は妥当だと思います。


ニーナ&ポール(ノルウェイ)

「世界中の誰よりきっと」(中山美穂&WANDS)

夫婦での出演で、うちも夫婦でこれぐらい歌えればいいな、と思いました。

奥さん、ニーナさんのソロのパートは、特に良かったです。

378点は低いと思いました。


Cブロック

アナ&ヴィクトリア(アルゼンチン)

「365日の紙飛行機」(AKB48)

12歳ながら、地球の裏側からわざわざ来てくれて、そして歌ってくれたことに感謝します。

日本語よりは歌唱力が素晴らしいと思いました。

383点は妥当だと思います。


リチャリーのみなさん(ペルー)

「愛燦燦」(美空ひばり)

自分たちで、しかも民族楽器を使っての演奏と歌でした。

歌いだしで、もう鳥肌が立つ、すばらしい歌唱力でした。

「これは一語一語大切に聴かないといけない」

と思わせるものでした。

私はこの「愛燦燦」の歌詞をほとんど知らなかったのですが、こんなにいい歌詞だとは、と驚きました。

素晴らしい歌を聴かせてもらった上に、歌詞の素晴らしさを教えてくれて、本当に感謝します。

399点は、ちょっとだけ高いかと思います。


クリシャ・ヴィアジェ(フィリピン)

「DEPARTURES」(globe)

最初が単調なだけに、難しい曲だと思いますが、日本語も歌唱力も無難に歌い上げてくれたと思います。

ただクリシャさんも、「ハリ」の部分の強調がちょっと足りないように思いました。

383点は低いと思います。


Dブロック

ジョン・ルーカス &ジャポニカシンガーズ(ジャマイカ)

「みんながみんな英雄」(AI)

何度もこの番組に出てくれて、そして素晴らしい歌声を聴かせてくれるジョンさんは、私の中では「無冠の帝王」です。

全員歌唱力が素晴らしかったです。

そして、尻上がりにグループとしてのうまさが出ていたと感じました。

392点は妥当だと思います。

余談ですが、CMでしか聴いたことがなかった「みんながみんな英雄」は、竹内まりやさんの「毎日がスペシャル」に歌詞が似ていると思いました。


オマール・カバンさん(プエルトリコ)

「シルエット」(KANA-BOON)

たしか以前優勝して、その後何度か出演しているオマールさん。

安定の歌唱力と日本語力だったと思います。

何度か出ているからか、歌い終わった後のオマールさんに、中居正広さんが友達のように話していたのがおもしろかったです。

393点は妥当でしょう。


カトゥリスティワのみなさん(インドネシア)

「世界に一つだけの花」(SMAP)

15人と言う大人数でしたが、うまくまとまっていたと思います。

390点は妥当だと思います。


決勝

ダイアナ・ガーネットさん(アメリカ)

「魂のルフラン」(高橋洋子)

久々に決勝に進出したダイアナさん。

スローからのアップテンポの切り替えが、とてもうまいと思いました。

394点は妥当だと思います。


ジョン・ルーカス &ジャポニカシンガーズ(ジャマイカ)

「見上げてごらん夜の星を」(坂本九)

一曲目に比べ、最初からグループとしてまとまっていたように感じました。

それだけ一曲目は緊張していたのでしょう。

しっとりした歌を力強いメッセージにかえて歌うことができる、と教えてもらった気分で、とてもありがたいです。

392点はちょっと低いかと思います。


オマール・カバンさん(プエルトリコ)

「Story」(AI)

映画「ベイマックス」の主題歌ですが、この歌もオリジナルよりパワーフルで、力強いメッセージのように聴こえました。

392点は低い、と思える歌唱力と日本語力だったと思います。


ニーラジャ・スンダー・ラージャンさん(インド)

「なんでもないや」(RADWIMPS)

歌いだしに緊張が感じられましたが、すぐにきちんと切り替えられたように思います。

「日本語を宝物のように歌ってくれた」(1回戦とは別の審査員)

は1回戦の時と同じようなコメントでした。

それを聴いて、ずっと我慢していたのにとうとう泣き出してしまったニーラジャさんの姿が印象的でした。

399点は高いと思いましたが、我が女房も今回も素晴らしいと言っていましたので、私の感覚がおかしいのだと思います。


リチャリーのみなさん(ペルー)

「酒と泪と男と女」(河島英五)

ぴったりの選曲だと思います。

今回もしっとりと歌い上げてくれました。

原曲との歌い上げの違いが、いい方に出ていたと思います。

399点は妥当でしょう。


優勝はニーラジャ・スンダー・ラージャンさん(インド)とリチャリーのみなさんの2組となりました。

おめでとうございます。

今回の大会は、ビッグネームがほとんどいない割には、レベルはかなり高かったと思いますので、そこで優勝したことを大事にしていただければ幸いです。

そして「SONG FOR JAPAN特別賞」はアルゼンチンから来てくれた、アナ&ヴィクトリアさんでした。

おめでとうございます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ライオンズ】佐野泰雄投手の後ろに写った「運命的」なもの #seibulions

5月13日(土)の対オリックスバファローズ戦、今季初先発した埼玉西武ライオンズの佐野泰雄投手は、5回を1失点に抑えて、今季初勝利をあげました。


この記事、最初はYahooニュースで読んだのですが、その中で、「へ〜」と思ったのがこんなコメントでした。

「佐野の後ろに「サムデイ」と言う看板が見える」

いま改めて探してみても見つからなかったのですが…

たしかに上の記事についた写真を見ると、

「サムデイ」

と読める看板があります。

いや正確には「サムディ」かな…

まさに佐野元春の「SOMEDAY」を連想させてくれる写真だと思います。

佐野投手、ありがたい写真になるような活躍、ありがとうございます。


私は「SOMEDAY」と言うが大好きです。

「いつか」

何かを成し遂げる、ということを感じさせるいい曲で、演奏も荘厳で誰かが「ロックンロール・オペラ」と表現したその言葉がぴったりだと思います。

カラオケでもよくうたったりします。


ところでこのブログを書くために、誰か同じようなことをツイートしていないか、ツイッターを検索してみました。

試合があった日の夕方にはそれらしいものは見つけられませんでしたが、そのかわり、こんなツイートを見つけました。


また、へ〜、と思いました。

たしかに私が初めて聴いたのは、白井貴子の「SOMEDAY」でした。

高校三年生の時、誰かの「オールナイトニッポン」でだったと思います。

上のツイートが本当だったら、それも自然のことだなと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年5月14日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること~AIに漫才のネタを書かせたい



2017年5月14日の「オードリーのオールナイトニッポン」に関することを書きます。

今回はオープニングトークがおもしろい回だったと思いました。

1.「ご本、出しときますね?」のイベント

「ご本、出しときますね?」の書籍化を記念したトークイベントが行われたそうです。

出演者は、佐久間宣行プロデューサー、作家の中村航さん、加藤千恵さんと若林だったそうで、中村航が緊張していたと言っていました。

それは仕方がないことで、他の三人はニッポン放送などでパーソナリティーの経験があるそうだから、だそうです。

渋谷のHMVで行われたそうですがスペースが狭かったそうです。

(渋谷のHMVって閉店したというニュースをちょっと前に見たような気がするのですが…)

関連ニュースはこちらです。



2.保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)

先日若林が、ビックスモールンゴンちゃんと一緒に焼き鳥屋で飲んでいたら、となりのテーブルのサラリーマンのグループが

「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)っておもしろかったな」

と言う話題で盛り上がっていたそうです。

若林はその話題に参加したくてしょうがなかったそうです。

私は一般人ですので、多分その場にいたら、「ちょっと混ぜてもらっていいですか」とそのグループに入れてもらっていたでしょう。

このブログで何回か書きましたが、1989年ごろの「とんねるずのみなさんのおかげです」の中で、石橋貴明が演じたキャラクター、

「保毛尾田保毛男」

は本当に面白かったです。

「保毛尾田さんちの保毛男さんは、ホモなんじゃないかなぁ~

なんて言われてますけれど、あくまでも噂です。

おほほほほ」

みたいなフレーズを毎回言っていました。

ここから

「保毛太郎侍」(ほもたろうざむらい)」

とか

「ホモ ダンス」(プリンスの「バッドダンス」のパロディ)

とかが派生しました。

「ホモダンス」のこともこのブログで何回か書きましたが、バブルのころはテレビ局にもお金があったそうで、セットも本物そっくりに作られ、本当にクオリティの高いものでした。

ただ、今の時代にはできないキャラクターだと思います。


2.AIに漫才のネタを書かせたい

最近若林はAI(人工知能)に関する本を読んでいるそうです。

そして、ネタライブが迫っているのにネタが欠けていないこともあって、

「AIに漫才のネタを書かせられるんじゃないかなぁ」

と語っていました。

AIに、これまでのオードリーがウケたズレ漫才の部分をディープラーニングさせれば、ズレ漫才のネタを考えてくれるんじゃないか、と。

そして

「AIには、新しいモノを作ることができるのねぇ」(春日)

「そこなんだよなぁ、でもそれもそろそろできそうなんだって」(若林)

とのやりとりもありました。

「モノ」とは、多分価値観のことだと思います。


私はAIについてはちょくちょくネットニュースなどを読んでいますが、それほど詳しくはないです。

その立場から二人の会話をコメントさせてもらいますと、テクノロジー系のネットニュースに載ってもおかしくないやり取りだったと思います。

そして、ぜひ「AI」をネタにした漫才を作ってほしいものだと思いました。


4.「おじさん!!」と言うツッコミ

若林が高校時代の女生徒の思い出から、妄想を話し始めでしばらくたったとき、春日が

「おじさ~ん」

と言うツッコミで止めました。

やっぱり春日はいいな、とおもいました。

(書いている途中ですが、いったんここで公開します)



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】トム・ハンクス、レイダース移転に対しNFLを見ないと発言~「フォレスト・ガンプ」での不思議な縁

私は、映画の事をよく知らない上に、英語の訳も下手くそなので、誤った解釈や表現で書いてしまうことになるかもしれませんが…


俳優のトム・ハンクスは、4月末のアカデミー賞ウィークに

「レイダースがオークランドを去ってしまったなら、私は2年間NFLを見ないことにする」

(原文“When the Raiders leave, I am going on an NFL moratorium for two years,")

と語ったそうです。

この発言のソースとなる記事へのリンクを含むツイートを貼っておきます。





最初の記事には、この発言に続いて、こんなことを語っています。

「「シルバー&ブラック」を、砂漠の中の空調がきいたドーム球場に移転させたり、シーザーズ・ホテルの石を投げ込むための噴水の近くでプレイさせることはできない。

それに、そんなチームはもはや「レイダース」ではない。」

「シルバー&ブラック」とはオークランド・レイダースのことで、レイダースのラスベガス移転についての発言です。

砂漠とはラスベガス周辺の土地のことで、シーザーズ・ホテルはラスベガスの有名なホテルだそうです。

レイダースは、おそらく2019年シーズンにラスベガスに移転することが決まっています。

米西海岸のベイエリアで生まれ、オークランドの高校に通ったトム・ハンクスは「オークランド」レイダースのファンで、レイダースの試合のサイドラインに表れることもあったそうです。

ですから、レイダースの移転は、ハンクスにはたまらない苦痛なのでしょう。

20170513スーツ姿のトムハンクス、NFL観戦をやめる


以前、サンディエゴ・チャージャーズが2017年シーズンからロサンゼルスに移転するときにも書いたことですが、福岡で育った私は、中学3年生の頃から3年半ぐらいプロ野球を見るのをやめました。

応援していた福岡のクラウンライター・ライオンズが、埼玉に移転したからです。

とても悲しくて、「やめました」と言うより自然と野球に興味がなくなりました。

1979年シーズンからの3年間は優勝したチームがどこかすら知りませんでhした。

もちろん「江夏の21球」のことも。

「【NFL】QBリバースが、チャージャーズがLAに移転することについて語ったことに思う」へのリンク

私のアメフトつながりの友人には、近鉄バファローズのファンだったものの、チームの消滅とともに野球を見なくなった人もいます。

ですから、トム・ハンクスの気持ちはよくわかっているつもりです。


ところで、トム・ハンクスとレイダースにはちょっとした縁があります。

トム・ハンクスは映画「フォレスト・ガンプ/一期一会(原題:Forrest Gump)」で主人公のフォレスト・ガンプを演じています。

この中でアメフトをプレイするシーンがあります。

快足を見込まれてカレッジフットボールの世界に誘われたのです。

そのシーンがこちら。



(Forrest Gump football game scene)

映画からはよくわかりませんでしたが、原作の小説には、フォレスト・ガンプがいた大学には

「スネイク("Snake")」

と呼ばれるQBがいたと書かれているそうです。

「スネイク」と言えば、1970年代にオークランド・レイダースでプレイし、スーパーボウル優勝にも導いたQBケン・ステブラーのニックネームです。

そして、トム・ハンクスはステブラーのことを、今年の「ピープルズ・チョイス・アワード」(CBSとP&Gによるテレビ・音楽・映画の賞)受賞のスピーチで語っています。



「Throw deep」は当時のレイダースの代表的な戦法です。

トム・ハンクスとオークランド・レイダースには、そんな縁もあります。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】関東ファンに朗報〜パプリックビューイング at フーターズが定期開催


昨日の福岡ソフトバンクホークス対オリックスバファローズ戦、東京・新宿のHOOTERS新宿西口店で、パプリックビューイングが行われました。

主催はホークスのホームランゲームを中継する東京のUHF局、TOKYO MX

フェイスブックではあらかじめ予告されていました。

(が、私は残業のため行けず。

残業がなくても所用のためまっすぐ帰宅する予定でした。)


何と参加費は無料で、飲食代だけ払ってホークスを応援できるんですよ。

たいていこう言うのは参加費があるのですが…

HOOTERSとTOKYO MX局の配慮に感謝です。

昨日は解説の本間満氏が来て、そして試合は7-0の大勝でしたから、盛り上がったみたいです。


そしてこれから6月いっぱい、木曜日のホークス主催ゲームがある日には、全てHOOTERS西新宿店でパプリックビューイングが行われるそうです。



このことはHOOTERSのサイトにも書かれています



スケジュールは以下の通りです。

開始は全て18時から

5月25日 対千葉ロッテマリーンズ

6月1日 対中日ドラゴンズ

6月8日 対東京ヤクルトスワローズ

6月25日 対北海道日本ハムファイターズ


木曜日はリック・バンデンハーク投手の登板日で、バンデンハーク投手は来日以来、ホームでは無敗です。

このデータは嬉しい。

ローテーションは変わる可能性は十分ありますが…

でもいろんな先発投手が見れるのも嬉しいです。

1回ぐらい行ってみたいと考えています。

20170513HOOTERSでホークス戦のパブリックビューイングの画像

(2017年5月11日のパブリックビューイングの光景。

 Twitterからの拾い物)


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】「NFL Top 100 Players of 2017」の発表が始まる~初の2回目のTOP1なるか?

今年も「NFL Top 100」、

「NFL Top 100 Players of 2017」

の発表が始まりました。



「NFL Top 100」のことはよく知らないのですが…

これは、今シーズン活躍することが予想される100人の選手を、選手間で選んでランキングするもののようです。

20170504NFLTop100の投票用紙の画像

(NFLTop100の投票用紙の画像)

発表はNFL Networkから行われるようです。

公式サイトはこちらのようです。

NFL.com「THE TOP 100 PLAYERS CHOSEN BY THE PLAYERS」へのリンク

ランキングだけなら、Wikipediaで見るほうが見やすいと思います。

Wikipedia「NFL Top 100 Players of 2017」(英語)へのリンク

ランクインした選手の動画は下記サイトで見ることができます。

YouTube再生リスト「Top 100 Players of 2017 | NFL Films」へのリンク

これらの動画を見ておけば、2017年シーズンをより楽しめるんじゃないかな、と思います。

このリストに載った選手が活躍する保証もないですし、シーズン早々に負傷して出場できなくなるということもありますし、ここにはない選手が大活躍することもあります。

私のように、見なくても楽しむことはできますが、選手を知っておくのはいいことだと思います。

英語の意味なんてわからなくてもいいと思います。

動画の中の試合のシーンだけ見ておけばいいかな、と思います。


この企画は、2010年に、NFL全時代の「NFL Top 100」が発表された翌年、2011年から始まりました。

(※NFL全時代の「NFL Top 100」については、下記リンク先に書きましたので、興味があればご参照ください

 「NFL史上の偉大なプレイヤー、トップ100人が発表される」へのリンク

各シーズン前に発表されたTOP 1はこちらです。

2011年 トム・ブレイディ(ニューイングランド・ペイトリオッツQB)

2012年 アーロン・ロジャース(グリーンベイ・パッカーズQB)

2013年 エイドリアン・ピーターソン(ミネソタ・バイキングスRB)

2014年 ペイトン・マニング(デンバー・ブロンコスQB)

2015年 J.J.ワット(ヒューストン・テキサンズDE)

2016年 キャム・ニュートン(カロライナ・パンサーズQB)

2度選ばれた選手はいません。

そして、同じチームが2人以上を輩出したこともありません。

また「マッデンの呪い」みたいなジンクスも見当たりません。

上に書いた6選手のうち、引退したマニング以外は今年もTOP100に選ばれるでしょう。

ひょっとしたらブレイディ、あるいはロジャースあたりはことし2度目の選出があるかもしれない、なんて思うんですが…

なお、こちらは2016年のものを順に紹介した動画を載せたツイートです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~


【ホークス】エース対決の中、内川に四番としての風格がついてきたような試合〜工藤監督の慧眼



(2017年5月9日 福岡ソフトバンクホークス対オリックスバファローズのダイジェスト動画)


昨日5月9日(火)の福岡ソフトバンクホークスとオリックスバファローズの試合は、千賀滉大投手と金子千尋投手の、息詰まるような「エース対決」だったように感じます。

見方によっては、千賀投手が、金子投手の力投に引っ張られた、とも言えるでしょう。

でも、状況によってはこんな投球もできる、と言う自信につながる快投だったと思います。

あとは、状況によらなくてもこんな投球ができるようになってくれれば、と思います。


数字だけを見ると、金子投手は、いつもの「超一流」ではなかったように感じます。

その金子投手を「一流」までにつまづかせたのが

「四番・内川選手」

の先制ホームランだったように思えます。

あんな内角低めをスタンドまで持っていくとは驚きです。

と言いますか、ミートするだけでもすごいと感じます。

最近、台頭著しい上林選手の低めの球への見事な対応を何度か見て

「すげぇな」

と思ってましたが…

いやいや、さすが上林選手の師匠なだけはある、と思えるような、素晴らしいバットコントロールでした。


この打席には

「初回を三者凡退に抑えた金子投手をのせてはいけない」

と言う「四番」としての意識があったのかもしれません。

とにかく、立派に

「四番の仕事」

を果たしてくれました。


今シーズンは内川選手に四番の風格がついてきたように感じます。

思えば2年前、工藤監督が就任し、四番を任されたシーズンは、ホークスに来てからは最悪の結果でした。

「誰もふさわしい選手がいないが、誰かが打ってくれない」

と言うことで四番を任されていたと記憶します。

内川選手は、それはそれは苦悩しているようでした。

工藤監督もそれを十分にわかっていたようです。

耐えて耐えて、耐えさせて耐えさせて…

そしてクライマックスシリーズの頃には、もう吹っ切れていたようでした。


昨シーズンは打点2位。

そして今シーズンはホームランも増えました。


内川選手は頼もしい四番になってくれたと思います。

「仕方なく四番に入ってもらった」

みたいなことを言っていた工藤監督ですが、きっと内川選手の技術だけではなく、人柄も理解した上で四番に据えたんじゃないか。

李大浩選手や柳田選手、そして松田選手の方がホームランは多いのですから。

そうした方が、たとえ結果は出なくても周りは納得したと思います。

内川選手を四番に据えたのは工藤監督の慧眼で、そして内川選手はそれにこたえ、立派な四番になってくれたと思い…

いやいやまだ、成長してくれると思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】実際のところ「ムネリン効果」は出ているのか、考えてみた


川﨑宗則選手が一軍に昇格して10日ほどが経ちました。

この間、川﨑選手の打撃成績は、お世辞にもほめられたものではないように感じます。

打率は22打数4安打(すべてシングル)で、.182。

打点、四球、死球はそれぞれ一つずつなのに対し、三振は9回。

得点圏打率がゼロ(打点は凡打の間にランナーが帰って来たもの)なのにも驚きますが、さらにすごいな、と思ったのは、盗塁もゼロと言うこと。

私が知っているムネリンの成績じゃないなあ、と言うか、それほどまでに、アメリカのベースボールと日本の野球は違うということでしょう。


ではチーム状態はどうか?

川﨑選手が昇格して3試合目を終わった段階で、すでに

「チームの雰囲気が良すぎる。

良い良いが続くと、人間は疲れる。

雰囲気を下げて、一回悪くしたい。

たばこを吸ったり、ツバ吐いたり、屁こいたり…

アメリカみたいにロッカーを汚くしたり」

なんて発言をしていました。

(「【ソフトバンク】川崎“悪”を襲名!?ベンチが「雰囲気良すぎる」 : スポーツ報知」より
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170502-OHT1T50019.html

これも、私が知っているムネリンの言葉とは思えないなぁ…

でも、笑いが出るとともに、説得力がある考えだと思います。


その雰囲気を壊したのか、それともいじらなかったのかはわかりませんが、福岡ソフトバンクホークスは、川﨑選手が昇格してから絶好調です。

昇格前は12勝11敗と、なんとか貯金がある程度だったのが、昇格後の9試合では7勝2敗。

たまたま貯金を作り始めた勢いが続いているだけと考えることもできますが、私は

「ムネリン効果」

が出ていると考えたいです。

順位も4位から2位に上がりましたし。


昇格後の川﨑選手は、出場するときはだいたい「1番セカンド」で、前述の成績の通り、1番の仕事ができていないような気がします。

ですが、驚くべきことに、チームの得点力は、1試合1.5点弱ながら、上がっています。

さらには防御率も0.5点下がっています。

つまり、これまでより2点良くなっているんですよ。

やっぱり「ムネリン効果」はあると思います。


さて今週は2位の座をかけて好調オリックスバファローズと、そして首位にどっしりと座っている東北楽天イーグルスと戦います。

ここでバファローズに勝ち越せて、イーグルスをスイープできれば、ここ9試合のホークスは一時的な勢いに支えられてきたのか、それとも実力を発揮し始めたのかがわかるでしょう。

特に今夜のバファローズ戦は、絶好調の金子千尋投手が相手だけに、キツイ試合となるでしょう。

ホークスと川﨑選手の真価が問われる1週間となりそうです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】Xリーグの新チーム、福岡SUNSがデビュー戦を終える~対戦相手がいる幸せ

今年1月、九州初のXリーグのチームとして誕生したアメリカンフットボール社会人チーム

福岡SUNS

が、4月29日にデビュー戦、つまり初めての社会人との対外試合を行いました。

西日本のX2、X3リーグのチームで行われる、グリーンボウルジュニアトーナメントの1回戦。

対戦相手は岡山スタンディングベアーズでした。


結果は36-0でSUNSが勝ちました。



(福岡SUNS /福岡サンズ Fukuoka SUNS公式「【ハイライト】福岡SUNSvs岡山スタンディングベアーズ(2017年4月29日)福岡SUNSデビュー戦 i)



次戦は今週末の5月13日(土)に正英ブレイザーズと。

場所はデビュー戦と同じく大阪府吹田市のエキスポフラッシュフィールドとなります。

日程表へのリンクを貼っておきます。

「ジュニアトーナメント」へのリンク


ところで、あくまでも私の推測ですが、福岡SUNSの多くの選手にとって、結成からデビュー戦までの約3カ月は、とても長く感じられたと思います。

この間、試合がないのはどのチームも同じでしょうが、初めてのチームで早く自分たちの力を知りたかったと思います。

それがわからないと、練習をしていても、本当にこのような練習でいいのか、不安だと思います。

まずは最初の試合を終え、自分たちのチームの力、良いところや足りないところがわかり、練習の方法もつかめたのではないかと思います。


福岡SUNSの不利なところは、Xリーグのチームが近くになく、さらに公式戦のほとんどが大阪方面で行われることです。

スポンサーがついて、資金に困らなければ良いんですが、今のところ十分ではないように思えます。

クラウドファンディングでも資金は集まりましたが、多分全員が仕事をもって、そこから資金を賄っていくことになるでしょう。

そして疲労を伴う移動がありますので、関西や関東にあるチームと比べるとかなり苦労することになると思います。

反対に、そう言うハンデを背負っていますから応援を続けたくなります。

それに、私の世代の福岡県人は、昔資金繰りが苦しくなったプロ野球の球団を他に送り出すという苦い経験を味わっていますので、絶対に福岡SUNSを失いたくないのです。

どこか大きなスポンサーがついてくれるといいんですが…


とにかく、まずはデビュー戦に勝ったこともそうですが、試合が行えたことがとても嬉しいです。

そして試合の相手になってくれた岡山スタンディングベアーズに感謝します。

勝たせてくれたから、とか、そんな気持ちはみじんもないのです。

トーナメントのスケジュール上、たまたまそうなっただけ、と言ってしまえばそれまでですが、試合の相手をしてもらったことがありがたいのです。


福岡SUNSには試合の経験も必要でしょうから、次の試合もぜひ勝って、このトーナメントでなるべく多くの経験が積めればいいなと願います。


最後に、二つリンクを貼っておきます。

ひとつは、もうひとつのデビュー戦のハイライト動画。

こちらの方が上からの絵もあって見やすく感じられる場面もあります。

ありがたいです。



もうひとつは、福岡SUNSのことが詳しく書かれた記事へのリンクです。




福岡SUNSをよろしくお願いします。


20170506福岡SUNSの画像

(ツイッターからの拾い物)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年5月7日】「オードリーのオールナイトニッポン」に関すること~その他若林春日の出演番組について


2017年5月7日の「オードリーのオールナイトニッポン」に関することを書きたいのですが、午前10時ごろradikoのタイムフリーで聴き終わったところです。

いつ書けるかわかりませんので、とりあえず番組とは関係がない件で、下書きしておいたものを一旦公開します。

書き終わったらTwitterでツイートさせてもらいます。

書けなかったら…ごめんなさい…

追記.簡単ではありますが、番組のことが書けました



1.若林、エッセイ本出すってよ

オープニングのトップは、若林が7月14日に出すエッセイ本

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」

とそれにかかわるニュースでした。

まず、発売元KADOKAWAのダ・ヴィンチのニュースについて。

ツイッターの「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」公式アカウントがこちらですが…



若林は記事中の

「ネオンや広告にまみれた東京にどっぷりつかった自分の現状に疑問を感じた“ぼく”は、たった5日間だけの旅に出る。行先はキューバ。」

に続く箇所について、恥ずかしそうに語っていました。

「その点「お笑いナタリー」はそんな恥ずかしいことを書いてないのはさすが」(若林)

とのこと。



たしかに「ネオンや広告にまみれた東京にどっぷりつかった自分の現状に疑問を感じ、キューバへ5日間の旅に出て得た経験が綴られている。若林は仕事を離れ、旅先で何を考えたのか。」で終わっています。

そして南海キャンディーズの山ちゃんからはこんなツイートが



(でも「LINE」って言っていた記憶もありますが…)

ここまで若林が葉巻を加えている写真を三つ並べてきて、喫煙家とのイメージを与えかねませんが、アメリカでは、タバコと葉巻は扱いが違うそうです。


それにしても発売日がなんとなく気になります。

キューバと言えば「キューバ革命」で、若林はその立役者のチェ・ゲバラのことにたまに触れますので、興味がないことはないのだとも思えるのですが…

7月14日は1789年にフランス革命が起きたとされる、民衆によるバスティーユ牢獄への襲撃が行われた日です。

書籍の発売日は出版社によって決まっているように感じますので、あまり関係はないのでしょう。


ところで「カバーニャ要塞」と言うものを知らなかったので調べてみたら…

「オールド・ハバナ(キューバの首都・ハバナを構成する歴史地区)最大の要塞で、ハバナ湾の東側を防衛を担当するため、カルロス3世の命令により、1763年に建設が開始された要塞」

だそうです。

カバーニャ要塞のことを調べていたら、リンク先のサイトに、まさに犬が写った写真がありました。

野良犬かどうかはわかりませんが…

『ハバナ最強の要塞【カバーニャ要塞】 キューバ旅Vol11』へのリンク


20170507カバーニャ要塞の画像

(カバーニャ要塞の画像)


2.若林トーク

マッサージ店に振らり入るのが好きな若林。

見つけると、ふらりと入るのが好きだそうです。

そして、最近あったマッサージ店での激しい体験を語っていました。

春日も

「あたしもマッサージ店には良いく行くけどね」

と言うと

「お前の行くマッサージ店と一緒にするな」

と若林が言っていました。


3.春日トーク

競輪に行った話でした。

最近春日本人ではなく、春日をイメージしたアニメで声だけ競輪のCMに出ていますので。

西武園のあたりの競輪場に行ったそうですが、生まれて初めてのことで、ずっと負け続けたものの、最後に取り戻したそうです。

また、営業で青空球児・好児師匠が漫才をしているのを見たそうです。

その後再びその場所に行くと、今度はナイツがやっていたそうです。

ナイツのを見ていると、はなわがこちらを見て

「おや、今日はすごい人が来てますよ」

とお客さんにいったそうで、自分が来たことがバレたかと思ったそうです。

しょうがない、トゥースでこの場をしのごうとおもったら

「あそこに、U字工事の益子卓郎さんがいます」

と別の芸人さんがさされたそうです。

そう言えば、これに似たような話、若林もキューバで味わったと話していました。

若林が自分のことが紹介される、と思ったら、ボンジョビのドラムが紹介されたそうです。


4.若林と春日が出た、出る番組について

これまでに若林と春日が出た番組、またはこれから出るいくつかの番組について、感想を書いておきます。

1)「セブンルール」

毎週火曜23時から放送されている番組で、

「“今最も見たい女性”“今最も見せたい女性”の人生を7つの「ルール」で描き出す新感覚ドキュメント」(公式サイト

です。

その女性の「ルール」を、スタジオで若林とともに俳優の青木崇高、芥川賞作家の本谷有希子、タレントのYOUの4人が語り合います。

私はこの4人のトークがおもしろそうなので見始めましたが、期待どおりでした。

これまで一番印象に残った2回目の放送、「歴史学者・北川智子さん」の回のことを書いた記事のリンクを含むツイートを貼っておきます。



YOUと若林のトークは期待通りにおもしろく、そこにボソッと本谷有希子が結構考えさせれらることを突っ込んでくる。

さらに3人のトークを真剣なまなざしでじっと聞いている青木崇高に話しが振られると、これまた考えさせられることを言う…

こんな感じでけっこうおもしろいです。

ややYOUが丸くなってしまったように感じられるのが不満ですが。

おもしろかったのは3回目の放送で

「20台の頃、売れなくて売れなくてしょうがなくて、公園のベンチの上で、「くっそー、どうしてやろうか」とか考えていた時間は、今考えると無駄だった」(若林)

と言うのに、YOUと本谷有希子がいっせいに、

「その時間は大事だよ~」

と突っ込んでいたことでした。

私もそう思いますし、20台の頃にそうしておけばよかったと思います。

そして、若林がキューバに一人旅をしたことを話すと

「偉いね~」

とYOUがほめてました。

キューバに行くってそう言うイメージなんだな、なんとなくわかるな、と思いました。

(私が北川智子さんの回に興味を持ったのは、歴史が好きだからです。

こんな歴史学者がいるとは知りませんでしたし、すごいなぁ~、と思いました。

そしてまた、歴史学と言うものがわからなくなりました。

いずれあらためてブログに書いてみたいと考えています。)

なお、わが女房は、初回の菅原小春さんのことを知っていて、食いついてみていました。



2)「世界ルーツ探検隊」

5月1日に2時間スペシャルが放送され、「風呂のルーツ」「メガネのルーツ」「ローマで見つけたルーツ」などが紹介されました。



けっこうおもしろい番組なので、5.1%はちょっと低すぎだと思いますが…

Yahoo!コメントを見ますと、まあこんなもんでしょう、つまらない、惹かれないなどのネガティブなものが見られますが

「ミになる図書館もそうだが、まだ始まったばかりですからね。
今の所、既存の番組の方が強くて当然。
これから、どう制作していくかでしょう。」

と言うポジティブなものもありました。

この番組を見ておくと、歴史を勉強することが苦痛じゃなくなると思える、いい番組だと思えるんですが。

ちょっと気になるのは、前回も含めヨーロッパにばかりルーツを求める傾向があること。

私の頭の中には、昔ある本で読んだ

「ヨーロッパは産業革命以降に技術が進歩したが、それまでは中国が世界で最高の技術を持っていた」

と言うような一文が強烈に残っています。

中国がルーツと言いますか、中国からも発生したものがあると思うんですが…

紙とか火薬とかは中国がルーツと言われてますし…


3)「ラップスタア誕生!」

一昨日の23時にAbema TVで始まったものです。

これまでの2つの番組は前からニュースで知っていましたが、この番組は放送される1~2日前に初めてニュースで見て、とうとう若林は音楽にまで手を出させてもらったか、と驚きました。



このツイートと同じ格好で、番組を進めていました。

こんな感じでした。

20170506「ラップスタア誕生!」の若林の画像

番組にはコメントを書き込むことができるんですが、見ていると、「オードリーのNFL倶楽部」が始まったときのようでした。

リトルトゥースの間では、若林がラップが好きである程度詳しい(どの程度詳しいのかは、私がラップを知らないのでよくわかりません)のは有名ですが、ラップ好きと思える人の間では

「なんで若林がラップの番組のMCやってんの?」

と言うのが多かったです。

「オードリーのNFL倶楽部」が始まった2010年もこんな感じで、

「なんでオードリーがアメフトの番組やってんだよ」

と言うのをよく見かけました。

中には

「なんでラグビーの番組やってんだよ」

と言うのも。

今ではほとんどそう言うのは見かけなくなりました。


リトルトゥースと思えるコメントの中には

「若林、お前やってんなぁ」

と言うのがいくつかありました。

それにしても若林が横たわるツイートの写真…

本人は「アラフォーのおじさんがやると痛いな…」なんて言いそうですが…

伝説の「虎の被り物」事件を主出しました。


4)「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦VIII」

春日が出演するこの番組はまだ放送されていません。

5月11日(木) 19時00分~の放送となります。

こちらが番宣動画。



(TBS公式 YouTuboo「「美しく逞しい筋肉の饗宴」頂点に立つのはひとり 5/11(木)『究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦』【TBS】」)

最後の

「最強のポテンシャルを持つ刺客」

は、公式サイトでも黒く塗りつぶされていますが…

あの立っている姿と脱ぎかけのワイシャツで誰だかわかると思います。

Yahoo!の番組サイトにも名前がありますし。

ご本人のツイートを貼っておきます。



以前も書きましたが、法政大学アメフト部が関東で優勝した時の主将で、春日と同じDEと言うポジションでした。

この番組に出演するのは、全然不思議ではないと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】入団するキューバ代表リバン・モイネロ投手の言葉に見る、熱い祖国への思い~キューバ野球が抱えるジレンマは解消できたのか

キューバニュース通信社は、キューバ代表左腕のリバン・モイネロ投手と福岡ソフトバンクホークスが正式契約したと伝えたそうです。



ホークスの地元、福岡の西日本新聞社が、ホークスがモイネロ投手の調査をしていいる、と伝えたのは、4月11日のことでした。



それからほぼ一カ月、なんとなく時間がかかったな、と言う印象を受けます。

モイネロ投手はキューバ代表として、今年春のWBCに出場。

短いものですが、下のリンク先にモイネロ投手が三振を奪う動画があります。

MLB.com「AUS@CUB: Moinelo K's Oeltjen, protects late lead」へのリンク

3試合に登板し、計3回で3安打1失点、5四球7三振の成績だったそうです。

三振も多いけど、四球も多いな、と言う数字だと思います。


契約で注目すべきは

「契約期間は5年で、2軍からスタートする」

と言うことです。

これだけの長期契約はなかなか珍しいと思います。

しかし育成する方針であれば、納得できる長さです。

キューバのWBC代表選手を育成とは、ずいぶんとぜいたくだと感じます。

本当に育成するのか、それとも西日本新聞社が伝えるように、森福投手の穴を埋めるために、2軍で調整して即戦力で使うのかはわかりませんが、とても見てみたい投手です。

20170505キューバでのリバン・モイネロ投手の画像

(キューバでのリバン・モイネロ投手の画像)


ところで、日刊スポーツの記事中に

「そしてキューバ野球の実力を示したい」

と言うモイネロ投手の言葉がありました。

「キューバ野球の実力」…

世界最強と言われた「キューバ野球」の実力は、今更示されなくても十分にわかっているつもりです。

ホークスでは今年から加盟したアルフレド・デスパイネ選手が活躍しています。

しかし、この春のWBCで、キューバは第2ラウンドで敗退しました。


これで2大会連続です。

第2ラウンドでキューバは、日本、オランダ、イスラエルに1勝もできませんでした。

うすうす最近のキューバ野球は、かつてほどの力はない、とは感じていましたが、ここまで弱くなったのか、と驚きました。

モイネロ投手は、2大会連続で決勝ラウンドに進めなかったキューバ野球について、「こんなものじゃない」と言うことを見説たいのだと思います。

その言葉はとても頼もしく思いますし、ぜひそうしてほしいと心から願います。


ところで、モイネロ投手のことを調べているうちに

「The Cuban Baseball Dilemma」

(キューバ野球のジレンマ)

と言う動画を見つけました。

その中で、「キューバ野球」を代表して、モイネロ投手ことが語られています。



誤りがあるかもしれませんが、訳してみました。

「モイネロ投手はジレンマを抱えている。

名誉と富を選ぶか、それとも祖国や家族を選ぶか。

昨年(2015年)、100人を超えるキューバの野球選手が、アメリカ合衆国やその他のラテンアメリカの国でプレイした。

多くのキューバ選手は、巨額の契約を断りました。

「誰だってMLBでプレイしたいのです。

キューバに戻ってこれるのなら、私もそうしたい。

私は祖国の名誉を守りたいし、キューバこそが私がいるべき場所で、いたい場所でもあります。」(モイネロ投手)

エンバルゴ選手のトレードの件で、キューバの選手はアメリカ合衆国でぷれいできなくなり、また祖国に戻ってくるのが難しくなりました。

オバマ政権はキューバ戦がアメリカ合衆国でプレイするのを許可しました。

これにより、キューバの選手は亡命することなくMLBのチームと契約することができるようになりました。

「新しいドアが開いていることは、私たちにはとても良いことです。

祖国を捨てることなく家族のもとに戻れることができる、と言う前提でアメリカ合衆国でプレイできる可能性があることは、私たちキューバの選手にとってとてもありがたいことです。」(モイネロ投手)」


動画のタイトルからは、今でもキューバ野球にジレンマがあるように感じられましたが、動画を見ると、かなり解消されたようにも感じます。


「日本行きは今まで考えもしなかったこと」

と言うモイネロ投手は、最終的にMLBを目指すのかもしれません。

それはそれで、止めることはできません。

しかしその前に、ホークスで

「キューバ野球の実力」

を見せつけてほしいです。

期待しています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

「ホノルル空港」が「ダニエル・K・イノウエ空港」に改名されたのが喜べない理由~今日再放送の「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」を見てほしい

先月末、ハワイの「ホノルル国際空港」

「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K.Inouye International Airport)」

に改名されたそうです。

これはハワイ出身で長年にわたって上院議員を務めた、日系アメリカ人故ダニエル・イノウエ氏にちなんだものだそうです。

イノウエ氏は、ホノルル空港の発展に大きく寄与されたそうです。



空港の公式サイトも以下のように改名されています。

「Daniel K. Inouye International Airport」へのリンク

ただし、空港のアルファベット3文字表記(IATAコード)である「HNL」は変更ないそうです。


このニュースを目にして思ったのは

「はたしてイノウエさんは、自分の名前が空港につくことを喜んでいるんだろうか?」

と言うことでした。


Wikipediaの「ダニエル・イノウエ」のサイトには、イノウエ氏の数々の功績が記載されています。

具体的なことを書くと長くなります…

大統領継承順位第3位の上院仮議長を務め、アメリカだけではなく日本の最高の勲章の勲一等旭日大綬章、フランスの再興の勲章のレジオンドヌール勲章を受勲しています。

それほどの功績があった人です。


しかし本当は政治家ではなく、医学の道に進みたかったそうです。

しかし17歳の時太平洋戦争が起き、アメリカ人としての忠誠心を示すためにアメリカ軍に志願し、日系人部隊「442部隊(正式には「第442連隊戦闘団」)に配属されたそうです。

ドイツとの闘いで右腕を負傷し切断…

「多くの部隊員とともに数々の勲章を授与され帰国し、日系アメリカ人社会だけでなくアメリカ陸軍から英雄としてたたえられる」(Wikipediaより)ことになったそうですが、医学の道はあきらめざるを得なくなったそうです。


「442部隊」は、ほぼ日系アメリカ人で編成された部隊です。

ヨーロッパ戦線に投入され

「アメリカ合衆国史上もっとも多くの勲章を受けた部隊」

となりましたが

「のべ死傷率314%」

と言う過酷な状況でした。


太平洋戦争で多くの日系人は、「敵性国民」として収容所に入れられました。

日系人で戦争に行ける者は、アメリカ合衆国への忠誠心を示すため、また政府の思惑もあって、アメリカ軍に志願しました。

そして編成されたのが「442部隊」です。

部隊の日系人はアメリカへの忠誠をさらに示すために、多大な犠牲を出しながらも、多くの戦果をあげました。

家族や日系人コミュニティを守るためには、勇敢にならざるを得なかったのだと思います。

その戦火の中で最も大きく、最も悲惨だったのが、「失われた大隊」と呼ばれたテキサス大隊の救出作戦だったようです。


そのことを詳しく伝えた番組

BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」

が、今日5月5日(金)の正午からBS1で再放送されます。

私は最初の放送を見ました。

予想通りの悲しい話しでした。

しかし歴史の大きな出来事として、多くの日本人に見てほしい番組です。

ちょっとだけ内容を書いておきますと…

ある元兵士が涙を流しながら、こう心の中からしぼり出すように言った言葉がありました。

「誰にも「英雄」だなんて呼ばれたくない…

そんな呼び名は嫌いだ…」

多くの同胞から「英雄」と呼ばれるのは、まことに名誉なことだと思います。

一般的には…

しかし442部隊の兵士たちは、本当は地味ながらも、ささやかな幸せを感じながら生きていたかったはずだと思います。

それほど「442部隊」は理不尽な運命をたどらされた部隊だと、あらためて思わせてくれる番組でした。

私は、

「442部隊」のことを忘れてはならない、

と思います。

それは「武勇伝」ではなく「悲劇」として。


「イノウエさんは、自分の名前が空港につくことを喜んでいるんだろうか?」

そう思ったのは、そう言う背景があるからなのです。

ハワイを訪れる日本人の方々には、なぜこの空港が「ダニエル・K・イノウエ国際空港」と呼ばれるのか?

そしてイノウエ氏がいた「442部隊」のことを知ってほしいです。


なお、BS1スペシャル「失われた大隊を救出せよ~米国日系人部隊 英雄たちの真実~」は、祖父に元442部隊兵士を持つ、俳優の呂敏(ろびん)さんがナビゲーターとして出演しています。

こちらの二つツイートのリンク先に、そのロケの事が書いてあります。

番組を見た後でも構わないので、一読をお勧めします。





ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFLドラフト2017】各チームのドラフトのグレードと、現時点でのパワーランキング~あくまでも他のサイトの評価です

先週行われたNFLのドラフトの成果(グレード)と、現時点でのパワーランキングについて、下記サイトからチームごとに転載しておきます。

ドラフトされた選手についてはほぼ知りませんので、細かい解説はできません。

簡単な解説すらできません。

淡々とグレードとランキングを地区、チーム単位で書いておきます。

各チームごとに、①のグレードは「2017 NFL Draft: Quick-snap grades for all 32 teams」(NFL.com)の評価



②のグレードは「Prisco's NFL Draft Grades for all 32 teams: Five earn 'A's and two fall short with 'D's」(CBS)から



③のランキングは「NFL Power Rankings: Where Does Every Team Stand After the Draft?」からのものとなります。




AFC 東地区

バッファロー・ビルズ
①Grade: A
②Grade: B
③24位

マイアミ・ドルフィンズ
①Grade: A-
②Grade: B+
③14位

ニューイングランド・ペイトリオッツ
①Grade: B+
②Grade: B
③1位

ニューヨーク・ジェッツ
①Grade: B
②Grade: C+
③31位


AFC 北地区

ボルチモア・レイブンズ
①Grade: B+
②Grade: B-
③22位

シンシナティ・ベンガルズ
①Grade: A-
②Grade: A
③28位

クリーブランド・ブラウンズ
①Grade: A-
②Grade: A
③25位

ピッツバーグ・スティーラーズ
①Grade: A
②Grade: B
③3位


AFC 南地区

ヒューストン・テキサンズ
①Grade: A
②Grade: C+
③16位

インディアナポリス・コルツ
①Grade: A -
②Grade: B
③15位

ジャクソンビル・ジャガーズ
①Grade: A-
②Grade: B-
③26位

テネシー・タイタンズ
①Grade: A-
②Grade: B
③9位


AFC 西地区

デンバー・ブロンコス
①Grade: B
②Grade: B
③6位

カンザスシティ・チーフス
①Grade: B+
②Grade: B-
③19位

ロサンゼルス・チャージャーズ
①Grade: B+
②Grade: B+
③18位

オークランド・レイダース
①Grade: B+
②Grade: B-
③5位


NFC 東地区

ダラス・カウボーイズ
①Grade: A-
②Grade: B-
③12位


ニューヨーク・ジャイアンツ
①Grade: B+
②Grade: C
③12位


フィラデルフィア・イーグルス
①Grade: A-
②Grade: B+
③17位


ワシントン・レッドスキンズ
①Grade: A-
②Grade: B
③11位


NFC 北地区

シカゴ・ベアーズ
①Grade: C+
②Grade: D
③32位

デトロイト・ライオンズ
①Grade: B
②Grade: D
③27位

グリーンベイ・パッカーズ
①Grade: B+
②Grade: A
③4位

ミネソタ・バイキングス
①Grade: B+
②Grade: C+
③20位

NFC 南地区

アトランタ・ファルコンズ
①Grade: A-
②Grade: B+
③2位

カロライナ・パンサーズ
①Grade: A-
②Grade: B-
③10位

ニューオリンズ・セインツ
①Grade: A-
②Grade: B
③21位

タンパベイ・バッカニアーズ
①Grade: B+
②Grade: B+
③8位


NFC 西地区

アリゾナ・カージナルス
①Grade: B+
②Grade: A
③23位

ロサンゼルス・ラムズ
①Grade: B-
②Grade: C-
③30位

サンフランシスコ・49ナーズ
①Grade: B+
②Grade: A
③29位

シアトル・シーホークス
①Grade: A-
②Grade: B+
③7位


20170503NFLドラフト2017会場の画像

(20170503NFLドラフト2017会場の画像)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】史上初かも?育成バッテリーだけで試合に勝つ〜一番すごいと思ったこと



昨日5月2日(火)の福岡ソフトバンクホークスは、対埼玉西武ライオンズ戦を、3人の投手と1人の捕手で勝ちました。

3人の投手とは

千賀 滉大 投手(2010年育成ドラフト3位)

石川 柊太 投手(2013年育成ドラフト1位)

飯田 優也 投手(2012年育成ドラフト3位)

1人の捕手とは

甲斐 拓也 捕手(2010年育成ドラフト5位)

です。

全員育成ドラフトからはい上がった選手たち。

そのバッテリーで試合に勝ってしまったから、これはすごいな、と震えます。

もちろん、石川投手がマウンドに上がるまでに、9-2とリードできていたから、石川投手と飯田投手に出番が回ってきたわけで、せっていたら石川投手の出番すらなかったかもしれません。

その9得点の内、4点が甲斐捕手のプロ初のホームランでグランドスラムだったのですから、やっぱり

「育成の、育成による、育成のための試合」

だったと言っていいか…なぁ…


ホークスを見ていると、とりあえず素質がありそうなヤツをかこっとけば、そのうち何人か一軍で活躍しても不思議はないやん、

と言う考え方も出来るでしょう。

しかし以前内川選手は千賀投手の台頭の過程を

「貴重なものを見させてもらった」

とテレビで言っていました。

それにあるスポーツ関係者(記憶が定かでないので名前は伏せますが)は

「育成から這い上がるのは並大抵のことではない」

とも書いていました。

やはり昨日のは、4人の並々ならぬ努力と、いくつかの奇跡によって、幸いにも勝てた試合だと思います。


その中で、これはすごい、と思ったのは、3人の投手で出した四球がたったひとつだったこと

それも試合の一番最初に千賀投手が与えたものでした。

それ以降はまったくなし。

その走者を置いて先制ツーランを打たれながらも、そこから6イニングを無四球に抑えた千賀投手も見事でしたが、2イニング目の先頭打者にホームランを打たれた石川投手も、代わりっぱなにホームランを打たれた飯田投手も、臆することなくストライクゾーンに投げ込んだのは、すごい度胸だと思います。


どんなあつかいで入団したかは関係ない、

そんな、希望を持たせてくれる、嬉しい勝ち試合でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】エースの心がまえに千賀が近づいた気がしたのは…あの景色を見たからか


福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手は、4月25日(火)の対北海道日本ハムファイターズ戦で、4失点ながらも勝ち投手となりました。

これで千賀投手は3連勝。

そのすべての勝ちが、チームの連敗を止めるもので、これはまさにエースの仕事だと思います。


しかし、私がタイトルに書いた

「エースの心がまえ」

は、気持ちのことで、技術のことではないです。

昨日の朝、こんな記事を見かけたからです。

「千賀またまた連敗ストッパーだ! 北九州初登板へ「楽しみ」 #西日本新聞」
https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/323984

このタイトルを見て、おや、と思いました。

昨年久しぶりに勝ったとは言え、北九州はホークスにとって負けることが多いところ。

昨シーズンもリック・バンデンハーク投手の連勝を止めたところです。

「北九州かぁ…

不安だなぁ…」

と、北九州のファンの方には申し訳ないですが、そう思いました。

ですから、千賀投手が

「楽しみ」

と言ったことに驚いたのです。

記事中にはこうあります。

「「楽しみだし、天気も大丈夫そう」。チームは昨年7月に5年ぶりに北九州で白星を挙げたが、それまで2011年から1分けを挟み8連敗していた。「鬼門? 勝てないと記者の人たちに言われるから(笑)。しっかり投げて勝てるようにしたい」。」

WBCで大活躍しながらも、逃げ腰の発言が目立った、あの千賀投手がね…

と驚きました。


千賀投手のWBCでの弱気な発言は、こちらの記事に書いてあります。

「「次も行くぞ!」「勘弁してください」WBCで化けた千賀滉大の精神力。 #numberweb」
http://number.bunshun.jp/articles/-/827859

オランダ戦でリリーフに出てきて、ピンチを招くも見事に無失点で抑えたあと、権藤投手コーチから

「次も行くぞ!」

と言われて

「勘弁してください」

と言ったり…


その試合後に、決勝ラウンド進出がかかったイスラエル戦に先発を告げられるも

「嫌です」

と言ったり…

そのニュースは大会中から報じられていましたが、なぜか私は千賀投手に対して、

「情けない」

とは思いませんでした。

結局抑えてしまうんだろうから

「おもしろいな」

と思っていました。

千賀投手は期待通り、オランダ戦の2イニングと。イスラエル戦の5イニングを無失点で抑える、期待通りの活躍でした。


北九州での試合の前の話に戻りますが、WBCではそんな感じだったので、

「おや」

と思ったわけです。

ひょっとしたら2番目のnumberwebの記事の最後にあるように、

「エースの見る景色」

を見て、意識が変わったのかもしれません。


千賀は2013年にリリーフでブレイクしました。

しかし最後は抑えを任され、4連敗して一度は表舞台から去りました。

そしてしばらく一軍で見なくなり、

千賀投手はもうピークは終わったんだろうか…

と思ったりもしました。

しかし今、千賀投手はホークスのエースの座に一番近いところまでやってきました。

昨年は初の二桁勝利を挙げましたが、それでも千賀投手に、エースと言う空気は感じられませんでした。

私は、エースには技術とともにハートが大事、だと思ってます。

それがあるようには思えなかったのです。

千賀投手には、今そのハートがついてきたように感じています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【Sherlock/シャーロック】日本でのシーズン4放送と、これまでの全ストーリーと「忌まわしき花嫁の」放送が決定



(動画「Sherlock: Series 4 Teaser (Official)」)

先月発表されたものですが、「SHERLOCK/シャーロック」のシーズン4の日本での放送が決まりました。

と同時に、これまでの全ストーリー、シーズン1からシーズン4の全話の再放送と、「忌まわしき花嫁」の放送も発表されました。



NHKの公式サイトはこちら。

「SHERLOCK(シャーロック)4 - NHK 現代のロンドンを舞台に、名探偵シャーロック・ホームズが活躍する大ヒットドラマ シーズン4。新シーズンの放送に先駆け、これまでの作品も集中再放送!シャーロックの知られざる過去が明らかに!衝撃的な出来事によってシャーロックとジョンの間に大きな亀裂が生じる。死んだはずの宿敵が仕掛ける犯罪ゲームのトリックに潜んでいたのは…。原題:SHERLOCK制作:2016年 イギリス、アメリカ」へのリンク

私自身への備忘も兼ねて書いておきますと…

シーズン4のスケジュールは以下の通りです。

※いずれもNHK BSプレミアム

7月8日(土)  22:00~  第1話「六つのサッチャー」(The Six Thatchers)

7月15日(土) 22:00~  第2話「臥せる探偵」(The Lying Detective)

7月22日(土) 22:00~  第3話「最後の問題」(The Final Problem)

20170430シャーロック4


再放送の予定は以下の通りです。

※いずれもNHK BSプレミアムで、17時からの予定

5月6日(土) シーズン1エピソード1 「ピンク色の研究」(A Study in Pink)

5月13日(土) シーズン1エピソード2 「死を呼ぶ暗号」(The Blind Banker)

5月20日(土) シーズン1エピソード3 「大いなるゲーム」(The Great Game)


5月27日(土) シーズン2エピソード1 「ベルグレービアの醜聞」(A Scandal in Belgravia)

6月3日(土) シーズン2エピソード2 「バスカヴィルの犬(ハウンド)」(The Hounds of Baskerville)

6月10日(土) シーズン2エピソード3 「ライヘンバッハ・ヒーロー」(The Reichenbach Fall)


6月17日(土) シーズン3エピソード1 「空の霊柩車」(The Empty Hearse)

6月24日(土) シーズン3エピソード2 「三の兆候」(The Sign of Three)

7月1日(土) シーズン3エピソード3 「最後の誓い」(His Last Vow)



そして

7月3日(月) 21:00~ 特別編「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」(The Abominable Bride)

となります。



(YouTube「海外ドラマ『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』(劇場予告・130秒ver.)」の動画)

これまでの「SHERLOCK/シャーロック」のシリーズが、ミニエピソード

「幸せな人生を」(Many Happy Returns)

以外一挙に見れる3カ月となります。


私は「どこにコナン・ドイルのオリジナル「正典」のネタが隠れているか、を中心に見てきた、つまり「木を見て森を見ず」の構えで見てきたため、結局いまだに

「あの回はどんなストーリーだったのか」

を把握できていない回があります。

当時はレコーダーでうまく録ることもできなかったので、繰り返し見ることもできませんでした。

今回の再放送でしっかりと把握したいと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~