2017年09月の記事 (1/1)

【NFL】「始まりの終わり」にすぎないことを期待〜パッカーズ観戦会@ランボーフィールドが実現



(Bengals vs. Packers | NFL Week 3 Game Highlights 動画)


昨日の朝、米ウィスコンシン州グリーンベイ市のランボーフィールドで行われた、シンシナティ・ベンガルズ対グリーンベイ・パッカーズの現地観戦会が実現しました。

正確な人数は把握してないのですが、日本と北米大陸在住の

「The Japanese Cheering Team」

(米紙の標記より)

25名がこれに参加しました。


オッズでは7ポイントリードのパッカーズでしたが、前半を終わって、7-21と2ポゼッション差のリードを許しました。

「今日は絶対勝ってくれよ。

パッカーズファンの仲間たちのために」


と思いながら後半を迎えました。

(私はスマホの「一球速報」みたいなアプリで見てました)

その後ディフェンスは立ち直ったものの、オフェンスが進まず、もどかしい展開でした。

しかし残り17秒でQBアーロン・ロジャースからピンポイントのパスがWRジョーディー・ネルソンに通ってTD。

同点に追いつきオーバータイムとなりました。

オーバータイムではロジャース得意のフリープレイからのロングパスがWRジェロニモ・アリソンに通り72ヤードのゲイン。

最後はFGでパッカーズが大逆転勝ちをおさめました。

この展開には、現地の日本からのファンの方々も盛り上がったでしょう。

私は今回行きませんでしたが、自分がその場にいたような感覚になってとても嬉しかったです。

ありがとう

グリーンベイ・パッカーズ



ところで、この観戦ツアーのさなか、ファンの方々はかなりの厚遇を受けたようです。

その最たるもののひとつが、Kメイソン・クロスビーが自身のファンを待ち受けていた、と言うサプライズ。


普通にはとれない40ヤードあたりのシートを25席も確保してくれたのも、かなりの厚遇です。

ありがたいことです。


そして、前掲の記事の中にはこんな文章がありました。

「 Morse said he thinks it’s the little memories that will stick with the group for forever.」

今回ホスト役を引き受けてくれたタイ・モース氏の言葉です。

「(今回のツアーは)この日本のパッカーズファンのグループと、ずっと交流していくことの、小さな思い出にしかすぎない」

と訳せるでしょう。

おーーー、これは、次も、その次もあるーーー

と言うことでしょう。

よし、いつか私も参加しよう、と思うのでした。


関連記事を2つ貼っておきます。




最初の記事を含め、普段観戦会でお見かけする方々の写真や動画が、記事の中に、しかもアルファベットに囲まれた記事の中にあるのは、とても不思議でまた嬉しくなります。


今回の試合は、その他にもスペシャルなことがありました。

・30℃超えの中で行われたランボーフィールドでの最高気温の試合となりました

・対戦3度目にして、ロジャースは初めてベンガルズに勝ちました

・8試合目にして、ロジャースは初めてオーバータイムで勝ちました

なお、このツアーのことは、幹事さんのブログ、

「まったりパッカーズ」
http://cheppo.seesaa.net/s/


にいずれアップされるでしょう。

とても楽しみですが…

今回のツアーで、いつものごとくみんなのお世話をして、またいろんな体験をして喜び疲れているでしょうから、帰国したらゆっくりしてください。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト

【2017シーズンWEEK2】「オードリーのNFL俱楽部」について~若林、誕生日を祝われる



2017年9月23日日本テレビで放送された「オードリーのNFL俱楽部」について書きます。

現在2017年9月24日夕方で、どこまで書けるかわかりませんが…

どこまでかけるかなぁ…

1.久野アナ、アメフトの勉強のために母校の試合を観戦

久野アナが勉強のために、母校法政大学の試合を9月17日に見に行きました。

番組ではさらっと「母校は負けてしまいました」と言っていましたが、実はこれが歴史的な敗戦でした。

詳細はこちらを



2.グリーンベイ・パッカーズ@アトランタ・ファルコンズ

ファルコンズの新スタジアムのお披露目試合でした。



(NFL YouTube公式「Packers vs. Falcons | NFL Week 2 Game Highlights」)

昨年のミネソタ・バイキングスの新スタジアムお披露目試合もパッカーズが相手で、パッカーズは敗れてしまいましたが…

この試合も敗れました。

まあ地元のファンのためには良かったんじゃないでしょうか。

なおこの試合はパッカーズファンによる観戦会が行われ、私もそこで見ました。

詳細はこちら。

まったりパッカーズ「Week2 渋谷・天王寺観戦会のご報告」へのリンク


なお、現在20人強のパッカーズファンがグリーンベイを訪れて、明日朝の対シンシナティ・ベンガルズ戦を観戦することになっています。


3.若林の熱視線SUPER

動画を見つけることができませんでしたが、今回はファルコンズの#81TEフーパーによるブロックでした。


4.3人が応援するチームの結果は

今週、3人が応援するチームはすべて勝ちました。

来週は久野アナのペイトリオッツと若林のテキサンズがあたります。


5.ブレイディへのインタビュー後編

スーパーボウルリングに驚く菅谷アナ、で終わった前編。

後編はその5つのスーパーボウルリングを見せてもらうところから。

菅谷アナがすべてを手に載せてもらい、興奮していました。

そりゃぁ興奮するわなぁ…と思って見ました。


そして「尊敬する選手は」の質問に

「ペイトン・マニングだ。」

うん、納得。

ちなみにブレイディの子供の頃のあこがれは、ジョー・モンタナです。


最後に春日から、今後の目標が尋ねられました。

どうまとめていいかわかりませんが、とにかくプレイし続けて、勝ち続けることのようです。


6.春日の超人プレイ

今週のプレイは下の動画の1:09あたりからのプレイ。

カンザスシティ・チーフスのケルシーが、最後に飛んでエンドゾーンに飛び込むプレイでした。



(NFL YouTube公式「Travis Kelce's 103-Yard Day vs. Philly | Eagles vs. Chiefs | NFL Wk 2 Player Highlights」)

2メートルの選手が5ヤード飛ぶってすごいよね、とスタジオは盛り上がっていました。


7.今週のHUDDLE

最初に書き忘れましたが、「今週のHuddle」の募集要項が発表されました。

詳細はこちらにあります。

日テレ「オードリーのNFL俱楽部>今週のHUDDLE募集要項」へのリンク

国内外、学生、社会人を問わず募集とあります。


8.その他関連動画など

その他、雑になって申し訳ないですが、関連動画やサイトを貼っておきます。



(「NFL倶楽部 #2 オフトーク」)



(NFL中継 WEEK3 見どころ 【日テレジータス】)

近藤、村田の人気コンビだけあってか、5分のかなり長い動画です。



先週の収録後のトーク。

「春日の呪い」と言う言葉はまだ使われてます。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】ギータのケガで懸念されること2点


福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が、一昨日の対北海道日本ハムファイターズ戦の負傷で、登録を抹消されました。

SB柳田、負傷で登録抹消 監督「CSには間に合う」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK9P5JYPK9PTIPE01V.html

球団は、

「右腹斜筋と肋間(ろっかん)筋の損傷で全治3週間と診断された」

と発表したそうです。


CSファイナルステージが始まる10月18日まで4週間弱。

ちょっと出場はきびしいかな、と考えます。

記事中の工藤監督の

「CSには間に合うと思っています。1日でも早く治すように本人には伝えた」

とか

「レギュラーシーズンについて早く復帰したいという気持ちが強ければ強いほど、早く治ると思っています。代打の可能性もゼロではない」

と言う言葉は、本意ではないと思います。

では、なんの目的でそんなことを言ったのか…

昨年ファイターズが日本シリーズで見せた、大谷翔平選手を代打に出すようなふりをしてネクストバッターズサークルに送ったことを真似ようとしている…

と言うことはないと思いますが。

理由はよくわかりません。

でも実際早く戻れたら、あと1つに迫っている100打点も達成できるかもしれませんし…

日本シリーズでは、柳田選手が好きな広島東洋カープとあたる可能性もあり、それには出させてあげたいでしょうし。

ケガからの復帰が診断より早い例も松田宣浩選手の場合とかはよくありましたし。


それはさておき、

柳田選手のケガで懸念されることを2点書いておきます。

ただしケタ違いのフルスイングが原因、と言う前提でです。

そして、目新しい懸念ではない、と言うことも書き添えておきます。


まず、フルスイング恐怖症になること。

フルスイングをしたら、またケガするんじゃないか、と言うメンタルへの影響が怖いです。


もう一つは、この手のケガがクセになること。


いずれの懸念も、完治してからの出場であれば、そうなる可能性は低いと思います。

私としては無理はして欲しくないです。

それは工藤監督も一緒だと思います。

柳田選手にはまだまだ何年も活躍してもらわないと、と考えていると思います。

ですから、工藤監督の言葉は本意ではないと思うのです。


打線の方は内川選手が復帰濃厚ですし、長谷川勇也選手もいます。

なんとかなるでしょう。

それに、ホークスは中継ぎ陣と守備力が最大の武器だと思いますから。

(柳田選手の守備力もその武器ではありましたが…

福田選手が安定して打ってくれたらいいのですが…)


でも、相手がカープであれば出させてあげたい…

それまでにはなんとかしてくれ、と願います。

自分自身のために。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【オードリーのNFL俱楽部】「日テレ女子アナの呪い」はあるのか~これまでの成績を調べてみた

2017シーズンWEEK1の放送後、

「日テレ女子アナの呪い」

と言うことを投稿されていた方がいました。

興味深かったので、過去の成績を、オードリーがMCを担当した初年度にさかのぼって調べてみました。


2010年 水卜麻美アナ

ニューイングランド・ペイトリオッツ 14勝2敗 地区優勝 シード順1位 ディビジョナルプレイオフで敗退

トム・ブレイディがイケメンということで応援。

この試合は春日もペイトリオッツを応援していたため、水卜アナがガチで春日にキレてました。


2011年 松尾英里子アナ

ニューヨーク・ジェッツ

8勝8敗 プレイオフに進出できず

マーク・サンチェスがイケメンと言うことで応援。


2012年 徳島えりかアナ

デンバー・ブロンコス

13勝3敗 地区優勝 シード順1位 ディビジョナルプレイオフで敗退

メガネ男子のボン・ミラーを応援。

ディビジョナルプレイオフはのちに「ザ・マイルハイ・ミラクル」と言われることになる、劇的な敗退でした。

徳島アナがくりぃむしちゅー上田にネタバレしてしまう「徳島事件」なとありました。


2013年 後藤晴菜アナ

グリーンベイ・パッカーズ

8勝7敗 地区優勝 シード4位 ワイルドカードで敗退

たしかアーロン・ロジャース推し。

パッカーズは現在8年連続プレイオフに出てますが、その中では一番悪い成績です。


2014年 後藤晴菜アナ

シアトル・シーホークス

12勝4敗 スーパーボウル敗退

異例の2年連続担当も、前年から気にしていた「ウィルさま」ことラッセル・ウィルソンを応援。

3人のMC陣がシーズン当初から応援していたチームでスーパーボウルに進出したのはこの時だけ。

スーパーボウルでは、春日、若林、そして小池絵未さんもシーホークスを応援するも、のちに「ザ・インターセプション」と言われたマルコム・バトラーの劇的なプレイでペイトリオッツが勝利。


2015年 尾崎理沙アナ

インディアナポリス・コルツ

8勝8敗 地区2位 プレイオフに進出できず

アンドリュー・ラック推し。


2016年 滝菜月アナ

アリゾナ・カージナルス

7勝8敗1分 地区2位 プレイオフに進出できず

ラリー・フィッツジェラルド推し

プレイオフあたりから「おいなつ」とか「おい」と呼ばれてました。

「NFL」を「YMCA」みたいにやったり、「若林の熱視線」風に「プシューッ」をやったり「かかって来いや」と叫んでオードリーと相武紗季さんをドン引きさせたり、とこれまでで一番個性的なキャラの持ち主でした。


このような成績ですが、呪いがあるのかどうかは断言できません。

でも、極端にひどい成績のアナはいなかったです。

若林には、2013年シーズンのヒューストン・テキサンズの2勝14敗と言うシーズンがありましたが、多分これがMC陣で過去最低の数字だと思います。

そして昨年の相武紗季さんのニューイングランド・ペイトリオッツの優勝が過去最高の成績だと思います。


ところでこの6人の中に早稲田出身が2人(松尾アナ、滝アナ)いて、慶應義塾出身が2人(水卜アナ、徳島アナ)います。

この早慶戦は、慶應義塾の圧勝です。


話を元に戻しますが…

「日テレ女子アナの呪い」があるかどうか、信じるかどうかはあなた次第です。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】「ロボQB」と呼ばれたトッド・マリノビッチの現在がニュースに〜その思い出


かつてロサンゼルス・レイダース(現オークランド・レイダース)に在籍しQB

トッド・マリノビッチ

のことを書いた記事がありました。


文中にある

「トッド・マリノビッチ、ーフットボール界の訓戒ー48歳で再びプレー」

という記事はこれのことでしょう。


その記事にある写真に写っているのは、シワが目立って、およそ48歳には見えませんでした。

60在籍と聞いたら納得するぐらい、これまでの波乱万丈の人生が読み取れるものでした。


トッド・マリノビッチは、幼い頃から父に英才教育を受け、レイダースに入団しました。

「巨人の星」のような
ものだったかどうかまでは知りませんが、その徹底ぶりで「QB選手」として育てられたと言うより、「QBマシン」が作られたようなイメージがあったのか

「ロボとQB」

と呼ばれてました。


大きな期待を背負ってNFL入りしたものの、そのキャリアははかないものでした。

新人の時、レギュラーシーズン最後の試合で先発QBだったジェイ・シュレイダーの負傷を受け、リリーフでフィールドに送り込まれて好パフォーマンスを見せました。

そして翌週のワイルドカードプレイオフで先発。

相手はまたもチーフスでした。

カンザスシティのアロー・ヘッド・スタジアムは同地区ライバルを迎え、異様なテンションに。

その空気は、現地から中継した日本テレビの増田隆生アナウンサーが

「恐怖を感じる」

と伝えたほどでした。

この空気の中で、アウェイのルーキーがプレイするのは酷なことでした。

結局マリノビッチは4インターセプトを喫して敗戦。

試合終盤には、マリノビッチは、顔を両手で覆って横たわって泣いていたような姿を見た記憶があります。

精神的に相当ダメージを受けているように見えました。


翌シーズンは開幕から先発を務めるも、自身もチームも成績が振るわず、シュレイダーがケガから復帰すると、先発から降ろされました。

そして、2年でNFLからいなくなってしまいました。


日本のNFLファンの間では、ネットなどでたまに話題になります。

「そう言えば「ロボQB」っていたね」

と。

しかし私を含め、彼がその後どうなったかを語る人はいませんでした。

まさか

「トッド・マリノビッチは、米国で子どものスポーツ問題が語られる時に、必ずと言ってよいくらい出てくる人物である。この見出しにもあるように、選手の育成について、親を戒める存在として有名なのだ。」

と言うまでの存在になっているとは思いもしませんでした。


ここまでのキャリアを調べてみると、NFLを去った後はCFL(カナディアン・フットボール・リーグ)やアリーナフットボールに在籍。

今年7月には、ワールド・ディベロップメント・フットボール・リーグの、サザンカル・コヨーテス(SoCal Coyotes)でコーチなどの仕事をした後、同チームで現役復帰したそうです。

9月2日の試合では、7TDパスを投げ、73-0での勝利に貢献したそうです。


最初の記事はこう結ばれています。

「マリノビッチが今度こそ、薬物から抜け出せるように願う。そして、超英才教育の哀れな末路というレッテルを剥がしてほしい。これから、子どもの英才教育問題で、その名前が挙げられることがあっても、「そして、ようやく立ち直った」という一言が付け加えられるように。」

私も、どんな人生でも、いくつからでも立ち直ることができるんだ、と言うことを証明するために、そのようになることを願っています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【映画】カンバーバッチがエジソン役を務める「ザ・カーレント・ウォー(邦題未定)/The Current War」で描かれる「電流戦争」について

今年の11月24日にアメリカで

「The Current War」

と言う映画が公開されるそうです。

19世紀末にトーマス・エジソン二コラ・テスラの間で展開された「電流戦争(War of Currents)」を描いたものだそうです。

この中でエジソンを演じるのが、「シャーロック/SHERLOCK」でシャーロック・ホームズ役を演じたベネディクト・カンバーバッチだそうです。



このツーイート中にある記事のタイトルにあるように、私にはエジソンは、特に電流戦争においては

「あくどい発明家」

と言うイメージがあります。

電流戦争は、電力の供給方法をめぐって、エジソン(直流送電派)と、テスラ、ジョージ・ウェスティングハウス(交流送電派)が対立したものです。

敵のテスラとジョージ・ウェスティングハウス陣営の推す交流について、徹底したネガティブキャンペーンを行ったそうです。

2~3カ月前にテスラのことを伝えた番組を見ましたが、エジソンはまあ人道的に見てどうよ、と言うことまでやったようです。

今なら動物擁護関係の団体がだまってはいないだろう、と言うようなことです。

この時エジソンの人格を初めて知ったわけではないですが、私には、エジソンには「汚いが優秀な実業家」と言うイメージがあり、どうしても好きになれません。

でも、優れた発明家であり、それ以上に優れたビジネスマンだったとは思います。


最終的に「勝利」と言えるものを収めたのは、テスラとウェスティングハウスの交流でした。


この映画のアメリカ版トレイラーがこちらです。



(「THE CURRENT WAR - Official US Trailer」)

エジソンとテスラの対決、と言うよりエジソンとウェスティングハウスの対決の面が強調されているように見えます。


エジソンは「ゼネラル・エレクトリック社」を作りました。

ウェスティングハウスは、現在東芝が売却しようとしている「ウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニー」の祖と言える会社を作っています。

テスラはそう言うものは何も残していないようですが、「テスラモータース」に名前があやかられています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】祝!2017年リーグ戦優勝~「雨降って地固まる」が現実に



(ホークス公式アカウント「2017 パシフィック・リーグ優勝決定の瞬間」動画)


2017年9月15日の対埼玉西武ライオンズ戦に勝ち、福岡ソフトバンクホークスは2年ぶりにリーグ優勝を決めました。


私は以前、こんなことを書いてました。

2017年8月3日「【ホークス】サファテの苦言がいい意味でターニングポイントになればと願う理由」へのリンク

サファテの「造反」ともとられかねない言葉が、チーム状態を好転させてくれればいいな、と思っていたのですが…

下の記事を読むと、本当にそうなったように感じました。




そう言えば1988年の工藤監督の発言、よく覚えてます。

あのシーズンは近鉄バファローズが夏場から猛烈に西武ライオンズを追いかけてきました。

その優勝争いの中だったので「新人類の造反」と取られたりもした記憶があります。

結局は「10.19」でライオンズの優勝が決まったのですが…


もう一つ、サファテ投手の独占手記と言うものがありました。



この手記については、詳細が最初の記事の設定と少々違うところもありますが、

記事にしてくれて本当にありがとうございます。

と言う気持ちです。


私は、ナポレオン・ボナパルトの言葉

「リーダーとは希望を配る人のことである」

と言うことばが大好きです。

工藤監督とサファテ投手の関係にこのことがしっくり当てはまるとは言いにくいですが…

それに、監督と選手が仲良しであればいいわけではなく、監督が嫌われていても、選手が希望を持っていれば強いチームはできると思います。

西武ライオンズ時代の広岡達朗監督のように。

私は広岡監督が大好きだったんですが、最近読んだ当時のライオンズの選手へのインタビュー時期によると、広岡監督辞任の一方に、選手の間で歓声が上がったそうです。

それでも、広岡監督のやり方には強い影響を受けた、と語られていました。

つまり希望を持っていたということでしょう。


それにしても…

今回の優勝のことで、工藤監督のこととサファテ投手のこと、どちらのことを先に書こうかと迷っていたのですが、いっぺんに書ける記事があったのでよかったです。


そして…

下の動画を見ると、

「いい監督とはビールを配る人のことである」

ともいえるのかな、とは…思わないです。

勝てなくてもいい監督はいますから。

でも、私は工藤監督で良かった、とずっと思ってます。

ありがとうございます。

そしておめでとうございます。



(ホークス公式アカウント「ホークス、2017 パシフィック・リーグ優勝! 祝勝会」動画)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017シーズンWEEK1】「オードリーのNFL俱楽部」について~3人が応援するチームを発表



(オードリーのNFL倶楽部 公式ツイッターアカウントより。

今シーズンは写真の3人がMC)


2017年9月16日に日本テレビ地上波で放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

1.去年より控えめなオープニング

去年のWEEK1、つまり最初の放送の時は若林も春日も立ち上がったりして

「あけましておめでとうございま~す」

と騒いでいたのですが、今年は春日はおとなし目で、さわぐ若林の横に座って

「うん、始まった、始まった

すぐ終わるけどな」

と。

この「すぐ終わる」と言うのはネガティブな意味ではなく、じっくり見ないとあっという間い終わるぞ、と言う意味のもので、数年前から2人が言っていたことです。

私もそう思います。


そして今シーズンの女子アナさんとして、

久野静香アナ

が紹介され挨拶。

オードリーの二人は、

「この番組は、新人アナを私たちが(育てることによって)日テレに貢献する、三軍的な存在」

と言っていましたが

「今年はこじ開けました」

とベテラン6年目の久野アナ。

でもNFLは初心者だそうです。


実は6月21日に、トム・ブレイディのクリニックの時、菅谷アナと、誰だかわからねいけど、多分女子アナさんを見かけました。

あとで、今年のこの番組の女子アナさんかなぁ、と思い、日テレのアナウンスルームのサイトで新人女子アナ2人を見たのですが、どうも見かけた女子アナと違う…

と思ったたら、その時の女子アナさんは久野アナウンサーだったかもしれません。


2.あっさりと3人の応援チームが発表される

最近は春日が応援するチームを発表するのを、番組の後ろまで引っ張る傾向があったのですが、今年はあっさりと

「今年もタンパベイ・バッカニアーズの3番ジェイミス・ウィンストンくんを応援します」

とオープニングが発表。

ネットには「意外」の声があり、私もそう思いましたが、実は例年通りとも言えます。

最近の春日は、毎年NFLオナーズへのレッドカーペットでインタビューした選手の中で、一番春日のネタのウケが良かった選手とチームを応援する傾向があります。

昨年のNFLオナーズでは春日に

「来年も応援してくれよ」(ウィンストン)

プレイオフまであと一歩まで行けたので、春日の応援のことをありがたく思っていたような言葉をかけました。

「チームをまとめるためにがんばっていましたね」(春日)

「チームを愛さないと勝てないよ、チームは家族だ

あなたのも家族だ」(ウィンストン)

と春日に言っていました。」


「【2016シーズンWEEK23】「オードリーのNFL倶楽部」に関すること~春日が来シーズン応援するチームは?」より)

ネタがウケたと言うのとはちょっと違いますし、2年続けては初めてですが、ここまで言われたら応援したくなるでしょう。


若林は今年もヒューストン・テキサンズとDEのJ.J.ワット。

「このジャージを着たまま棺桶に入りたい」

と言っていました。


久野アナはニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディ。

「日テレの女子アナさんはステイタス好きだからな~」

と若林にいじられてました。


3.ハイライト

最初に放送されたのは、開幕戦のカンザスシティ・チーフス@ニューイングランド・ペイトリオッツ。

番組で放送されたものとは違いますが、こちらがハイライト動画です。

NFL YouTube公式「Chiefs vs. Patriots | NFL Week 1 Game Highlights」動画へのリンク

ペイトリオッツの敗戦にMC陣驚き。

ネットでもこの試合結果には驚く声が多かったですし、私もそう感じました。

若林が久野アナに「魔女認定」とか言っていました。

(そう言えば今回「呪い」と言う言葉は一切使われていませんでした)


4.「若林の熱視線SUPER」

今シーズンからタイトルが代わり、「SUPER」がつきました。

例年、初心者向けに基礎的なことから始まるんですが、今年は

「春日も久野アナも置いていく(ほどレベルが高くする)」(若林)

とのこと。

今回取り上げられたのはリンク先の動画の0:10あたりから始まる2プレイ目のもの。

NFL YouTube公式「Kareem Hunt's Record-Setting Breakout Debut! | Chiefs vs. Patriots | NFL Wk 1 Player Highlights」動画へのリンク

RBハントのランですが、この前でブロックをしている61番のC(センター)ミッチ・モースのブロックを若林がほめていました。

と言うのは、最初にアサイン(「指示」の意味)されていたディフェンスの選手をとり(「ブロックし」と言う意味)、そして空いているディフェンスの選手もとったからです。

これもアサイン通りかわからないもの…

「自分から仕事を探す選手は、年上から好かれるよ」(若林)

とほめていました。

例年「今週の一言」はフリップに書かれていましたが、「自分から仕事を探す選手は、年上から好かれるよ」はテロップで表示されていました。

今年はこのスタイルで行くのかもしれません。


5.ブレイディへのインタビュー

6月下旬に来日したトム・ブレイディに、「ブレイディ女子」ならぬ「ブレイディ男子」の菅谷アナが、事前に収録されたオードリーからの、ブレイディへの質問動画を見せインタビューした模様が流されました。

若林はテキサンズのワットのジャージで、春日はペイトリオッツのブレイディのジャージ。

まず2人からの挨拶に

「左の(春日)はいいやつだが、右のは悪いやつ(若林、英語ではBad guy)だ」(ブレイディ)

とのこと。

まず若林が質問。

「自分のフィギアは持ってますか?」

(小声で春日が「くだらない質問だな」と言っていました。

これに若林が「いや、今なかなか日本では手に入らないから」とのこと。

そうかもしれません。

ブレイディのクリニックには、ペイトリオッツの背番号12のジャージを着た「ブレイディ女子」をかなり見かけましたので、品薄になっているかもしれません)

「見たことはあるけど、持ってないよ」(ブレイディ)

とのこと。

「(大量リードされて迎えた)スーパーボウルのハーフタイムでは、ロッカーではどんなことを話してましたか」(春日)

と言う質問に

「いい質問だね」

と言った後

「誰もネガティブにもなっておらず、パニックにもなっていなかった。

ただ、もう少しがんばって自分の仕事をしなければいけない、と話していた」(ブレイディ)

とのことでした。

そして「スーパーボウルリングはどこに保管してありますか」(若林)と言う質問に

「ポケットの中だ」

と冗談を言った後

「持ってきているよ」

と答え、スタッフから受け取ろうとしていました。

これには菅谷アナが大興奮。

そりゃあスーパーボウルリングが目の前で見れる、となれば興奮するでしょう。

とここで今週は終了で、来週続きをやるそうです。


6.カンニング竹山、いじられる

その他の試合のハイライトでは、グリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャースのプレイの時

「あるお笑い芸人が大好きなロジャース」

と紹介されていました。

ワイプで春日が「(カンニング)竹山さんね」と言っていました。

パッカーズ戦の前にはこんなツイートもありました。



なお、若林が応援していたテキサンズは敗戦、春日のバッカニアーズは、ハリケーンのためにWEEK11に延期。

MC陣のチームはひとつも勝てませんでした。


7.春日の新コーナー

春日が新コーナーをやることになりました。

「春日の超人プレイ」

と言うものです。

これは今週すごかったプレイを伝えるもの。

今週はこのリンク先の動画のもの。

NFL YouTube公式「Jaquiski Tartt's Amazing One-Handed INT Off Cam Newton! | Can't-Miss Play | NFL Wk 1 Highlights」動画へのリンク

サンフランシスコ・49ナーズのFSジャクスキ・タートの片手でのインターセプト。

私もこのプレイはすごいな、と思います。

(ただ、素人目には下手に取りに行くより、下に叩き落とす方がいいかな、と思います。

失敗して上にはずませたら、相手がキャッチしてしまうかもしれませんから)

サムフォード大学と言う無名校出身、と言うことも紹介されました。


ネットには、「春日の新コーナーは若林のとかぶるように感じる」みたいな投稿がありました。

確かにそうとも思えますが、春日のコーナーは、単純に何も考えずに見て、このプレイはすごいと言うものを紹介するもので、若林の深読みするコーナーとはちょっと違う、ともいえると思います。

この違いは、若林のがアメフトの頭脳戦の面のおもしろさをアピールするもので、春日のはフィジカルのすごさをアピールするもので、違う方向からアメフトファンを増やそうとする取り組みともいえるかな、と思いました。


8.「今週のHUDDLE」は公募へ

「今週のHUDDLE」は、全国のアメフトチームから募集することになったようです。

詳細は来週の放送で告知するようです。

これだと、全国から参加できますので、おもしろいなと思います。




(日テレ公式チャンネル「NFL倶楽部 #1 オフトーク」動画)



(日テレ公式チャンネル「NFL中継 WEEK2 見どころ 【日テレジータス】」動画

左が菅谷アナ)

以下のサイトは番組のFacebookサイトです。

ファンとしてぜひ「いいね」をお願いします。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【アメフト】オーパーツ福岡SUNS、初の秋季リーグ戦に臨む~初戦の結果

今年一月に九州に初めて誕生し、春にはグリーンボウルジュニアトーナメントに初参加して、いきなり優勝した

オーパーツ福岡SUNS

が、初めての秋季リーグ戦に臨みます。

結成初シーズンと言うことで、まずはX3西日本地区Aブロックに配されました。

ここで優勝すれば、シーズン後にX2のチームと入替戦を行い、勝てば来シーズンはX2に昇格して戦うことになります。


秋季リーグ戦では8月から11月の間に6試合を行います。

すでに初戦は終わりましたが、スケジュールは以下の通りです。

8月26日(土) vs 三重ファイアーバード

9月17日(日)岡山スタンディングベアーズ

9月24日(日)キリックス豊田ブルファイターズ

10月21日(土)正英ブレイザーズ

11月5日(日)愛知ゴールデンウイングス

11月18日(土)グラブベアーズ

入替戦は

12月3日(日)X2 WEST 5位チーム

なお、これらの試合はすべて岡山、兵庫、大阪のいずれかで行われます。

福岡で試合がないのが残念ですが、仕方がないことでしょう。


上記の対戦チームのうち、4チームとは、グリーンボウルジュニアトーナメントで対戦しています。

その結果は以下の通りです。

36 - 0 岡山スタンディングベアーズ

61 - 0 正英ブレイザーズ

42 - 3 愛知ゴールデンウイングス

40 - 14 グラブベアーズ

すべて3ポゼッション差の大差をつけての勝利ですが…

春と秋とでは気合の入れようが違う、と言う声もありますので、春と同じ内容になるとはかぎらないでしょう。


さて、すでに初戦を終えました。

結果は

SUNS 61 - 0 ファイアーバード

で勝利できました。

20170914オーパーツ福岡SUNS初戦の画像

この試合は現場からYouTubeで中継してくれたからがおられましたので、初めて生でSUNSの試合を見ることができました。

今こちらのサイトで試合のフル動画が見られます。

「【アメフト】XリーグDiv3west[三重ファイアーバード × オーパーツ福岡SUNS]」へのリンク

試合のハイライト動画は、オーパーツ福岡SUNSのFacebookサイトにあります。




この試合の模様は、福岡のテレビでニュースにとりあげられました。




ところで、初戦を前にして、2つのニュースがありました。



「未経験者を含めて発掘したい」

NFLにもバスケットから転向して、歴史に残るTEになった選手もいます。

また福岡はラグビーが盛んなので、そこから転向してくれる選手がいるかもしれません。

夢がある話だと思います。



吉野至代表の

「大学卒業後に第一線で競技を続ける人が増えないと、九州全体のレベルがいつまでも上がらない」

「僕らの取り組みが東北や四国とか他の地域にも派生し、競技全体が盛り上がれば」

と言う言葉に熱いものを感じます。

そう言えば、こんな記事がありました。



SUNS結成に尽力された、桑原直樹前西南学院大学グリーンドルフィンズカントクのことが書いてあります。

桑原前監督の

「ひたすら信じる人間を、どれだけ作れるかがポイントになると思います」

と言う言葉は、吉野代表はじめ、オーパーツ福岡SUNSの皆さん、スポンサーの皆さん、そして今は少ないかもしれませんがファンの皆さんの存在で、着々と実現が進んでいるように感じます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2007WEEK0】「オードリーのNFL俱楽部」、女子アナさんと、CS、BS、地上波での放送決定


NFLが開幕しましたが、この時期個人的に気になるのが

「オードリーのNFL俱楽部」


の放送はどうなるのか、と言うこと。

今年の女子アナさんは?

どの局で放送されるのか?

誰がどこを応援するか?

などです。


1.今年の女子アナさんは久野静香アナ

今年の女子アナさんは意外にもベテラン、2012年入社の

久野静香アナ

のようです。

私にとってはいろんな番組で見かけた女子アナさんになります。

6年目での起用は、2011年の松尾 英里子以来となります。

ちなみに久野アナが入社した2012年は、2年目の徳島えりかアナがMCでした。

久野アナは愛知県大府市出身で、法政大学国際文化学部卒。

スポーツ観戦がかなり好きだそうです。

法政大学は関東で強豪なので(あ、アメフトのです)、そもそもアメフトを知っているかもしれません。

でも、この番組の女子アナさんの役割は、今まであまり縁がなかったアメフトを教えてもらう、と言うものみたいですので、知ってても知らない振りをするかもしれません。


2.CS、BS、地上波で放送

ことしも3局で放送されます。

初回放送の日時は、早い順に以下の通りです。

CS:日テレジータス:9月14日(木) 22時00分~22時30分(ただし野球延長の時は時間変更の可能性あり)

地上波;日本テレビ:2017年9月15日(金) 26時40分~27時10分

BS:BS日テレ:2017年9月16日(土) 24時00分~24時30分


3.誰がどこを応援するのか

若林は今年もヒューストン・テキサンズでしょう

春日は、昨シーズンのレッドカーペットで

「(カロライナ)・パンサーズ、あるね」

と言っていました。

春日のネタに一番ウケていた選手は当時ニューイングランド・ペイトリオッツのRBブラウントだったと思います。

彼は今フィラデルフィア・イーグルスに移籍したようですが…イーグルスは以前若林が応援していたと思いますので、あまり応援してほしくないです。

できるだけ多くのチームを紹介してもらいたいですから。

久野アナには、プレイオフがほぼ確実でまだレギュラーシーズンで応援されたことがないチームをお願いしたいです。

ピッツバーグ・スティーラーズやオークランド・レイダースとかがいいかなと思います。


なお、この2年間、オードリー以上のハイテンションで番組を盛り上げてくれた相武紗季さんですが、出産を控えているようなので、今シーズンは欠席となるでしょう。


今シーズンも「オードリーのNFL倶楽部」楽しみにしています。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【ホークス】こんなところがあるから、和田が好きだ


おとといの対千葉ロッテマリーンズ戦で、福岡ソフトバンクホークスの和田毅投手は、8回途中2失点でマウンドを降りました。

前の回までマリーンズを0点に抑えていたので、とても悔しかったらしく、降板後にこう語りました。

「ああいう交代をして情けなかったですね。(グラブは)叩きつけてはいないですけど、叩きつけようとしましたけど、なんとか堪えました。あんな形で降りるのは申し訳ないし、情けないし。最低でも8回をしっかり投げ切りたかった。自分でもいけると思ってマウンドに上がっているので、それが出来なくて本当に悔しかった。中継ぎの人にも、たぶん急に(肩を)作ったと思うので、本当に申し訳なかった」

ソフトB和田、悔しい4勝目 グラブ叩きつけようとして…「何とか堪えました」 - エキサイトニュース http://www.excite.co.jp/News/baseball/20170910/Full_count_83539.html

より


スポーツ観戦をしていて、応援しているチームが負けたり、選手のプレイがうまくいかなかったのを見るのは嫌なことです。

でもそれは、相手があることなので仕方がないことだと割り切っています。

もっと嫌なのは、チームや選手が、みっともない行動をすること。

和田投手が語った「グラブをたたきつける」ことは、その最たるもののひとつだと感じます。

このことは、自分が我慢すればいいことなので、責められるべきだと考えます。

プレイがうまくいかなかったのは、道具のせいではないのです。

同意できない方も多いでしょうが、この行為は、反撃できない小動物を虐待することと同じだと考えます。


残念なことに、このような行為はよく見かけます。

この試合でも、ホークスのある打者が、凡退後にバットを地面に叩きつけていました。

さらに残念なことに、最近私は、こう言う行為を見ても、それほど不快には感じなくなっていることです。

ホークスも勝っているし、見慣れてしまって麻痺してしまったのでしょう。

そしてその先に行き着くと考えられるのが、私自身が仕事のミスとかで、そう言うことをやってしまうようになることです。

わたしはけっこう怒りっぽいので、そうなったら大変です。


和田投手のコメントは、やはりああいう行為はいけない、と私に思い出させてくれました。

そう言う、人として、基本的な道徳を語ってくれることがあるので、私は和田投手が大好きです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】今年も9月11日にゲームがあることについて

今年も9月11日にNFLの試合、2試合が組まれています。

マンデーナイトフットボール(MNF)の試合となります。

昨年の8月に、当時サンフランシスコ・49ナーズのQBだったコリンキャパニックが、

「人種政策のことを考えると、この国に忠誠を誓えない」

と試合前の国歌斉唱のときにひざをつく(普通は立ちます)抗議行動をはじめました。

そして昨年も9月11日に試合がありました。

「9.11」と言う、アメリカにとっては特別な日で、特に愛国心を示す空気が強い日です。


昨年はこんな感じでした。






今年はその運動が拡大し、ているようです。

シャーロッツビルでの白人至上主義者と、反対派との衝突があり、そしてアメリカ各地で両者が対立しているように思えるからです。





この抗議活動がNFL視聴率の低下の一因、とみる向きもあります。

また、米放送局も国歌斉唱をどう流すか、苦労しているようです。

アメフトのおもしろさ以上に、米国での人種間の対立は重視されているようですから、政治をスポーツに持ち込むことはよくない、と言い切ることはできないように感じます。


ところでこんなニュースもありました。



ウィキペディアによると、リー将軍自身は奴隷制度に反対していたそうですが…

南軍の指揮者と言うことで人種主義のシンボルとされてしまったんでしょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【2017年9月10日】「オードリーのオールナイトニッポン」について~久々に生放送を聴きました



2017年9月10日の「オードリーのオールナイトニッポン」について書きます。

ある作業をやっていて、久々に生放送で全部聴きましたが…作業に気をとられてかなり聞き漏らしました…

数少ない記憶を呼び起こして書きます。


1.「ドラクエ」がクリアできない

最初の話題は

「ドラクエがクリアできない」(若林)

と言うものでした。

そこからレベルの話しとか、昔のドラクエの話とかになって…

ドラクエをやらない私にはさっぱりでした。

と言うか私はゲームは、ハマったら嫌なのでやらないようにしているんでよくわからないんですが…

最近ゲームのことで、「へー」と思ったのは

「太陽フレアの影響がポケモンGOに影響を及ぼすかもしれない」

と言うものです。

6日に起きた大規模な太陽フレアは、地球上のGPSとか通信に影響を与えるそうですが、ポケモンGOはたぶんGPSを使っているからか、影響が出るかもしれない、と言う声もありました。

一昨日までの時点では影響は出てないようです。

「太陽フレアの影響、ポケモンGOのプレイヤーによれば、いまのところは「効果はいまひとつだ」ったみたい - Togetterまとめ」へのリンク


2.ガードとはどんなポジションか

同級生だった「ウエスギ」と言うアメフト部のガード(「オフェンスガード」と言っていたかも)のことを話していました。

アメフトで「ガード」と言うと、一般的には「オフェンスガード」(OG)をさしますが、ディフェンスにも「ノーズガード」(NG)と言うポジションがあります。

たぶんOGのことだと思います。

OGと言うポジションは、オフェンスライン(OL)の一つで、ボールをスナップするセンター(C)の両側にいる選手で、右側にいる選手をライトガード(RG)、左側をレフトガード(LG)と言います。

ウィキペディアの「アメリカンフットボールのポジション」ではこう説明されています。

「ガード(Guard, G)は、通常センターの両側に位置するポジション。レフトガード(LG)とライトガード(RG)の2名。 他のラインメン同様にランプレーとパスプレーの際のブロッキングが主な役割となる。 ラインメンとしてのパワーだけでなく、プル・アウトやプル・イン、トラップ、スウィープ、スクリーン・パスと言ったプレーで多様な仕事を行うことが求められるので機敏な運動能力も求められる。」

ラインの中でもランブロッカーになることが多く、RBに走路を開くため、ラインの中でも脚が速い選手が多いと思います。

時には「スイープ」と言うプレイで、プル(反対側、例えば右側にセットしていて、プレイが始まると左側に走っていくこと)をしたりします。

昨年NFLで最高のガードの1人に選ばれたのは

ケレチ・オセメリー

と言うオークランド・レイダースの選手です。

紹介動画がこのリンク先にあります。

背番号70で後半はプレイ動画多めです。

NFL公式YouTubeアカウント「#95: Kelechi Osemele (OL, Raiders) | Top 100 Players of 2017 | NFL」へのリンク

オークランド・レイダースと言えば、ブリリアン・コージがファンなんじゃないかと言われています。


3.若林トーク

若林のトークは、年をとったので、傷の治りが遅くなった、と言うものから始まったものでした。

なんでも、つい最近まで鼻にかさぶたができていたそうです。

そしてなかなかとれなかったそうです。

年をとるとけがから治りにくくなるのは、私が今の若林より4歳ぐらい若かったころに、オーブンレンジでやけどをしたときに感じました。

なかなかやけどの痕が消えず、このまま残るのかな、と心配しました。

なお、福岡市周辺では、「かさぶた」のことを「つ」と言います。

私は福岡市の東隣で育ち、女房は市内の西南部で育ちましたが、二人ともよく使います。

今でも福岡以外の人に「かさぶた」と言うには、脳内でいったん「つ」を思い出して、翻訳作業をします。


4.中華料理屋で怒られる

春日トークは、オープニングでネタバレされましたが、東京・高円寺の中華料理屋で怒られた話でした。

高円寺は春日が住む阿佐ヶ谷の隣の町です。


5.「こんなところにリトルトゥース」

春日トークの中で「リトルトゥースです」、と言うオチが多い、事が語られましたが…

私の勝手な願望ですが

「世界、こんなところにリトルトゥース」

とか言うコーナーがあったら面白いかも、と思いました。

内容は、まったくの架空の話で、例えば

「春日がフィンスイミング世界大会に出たら、隣のレーンの外人から

「リトルトゥースです」

と言われた。」

とか。

「リトルトゥースです」の次になんか面白い一言をつけたらさらにおもしろいと思うんですが…


6.「みんなやってんなぁ」

紹介された「やり」のうち、2つのツイートを貼っておきます。





いじられた大竹医師ですが、これを聴いて



とツイートしていました。

たくましい!!

そう言えばオープニングか若林トークでいじられたビックスモールン・ゴンは



とツイートしていました。

負けるな、福岡県人!!

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】アメリカの若者がアメフトを壊滅させる?と書いた記事について~記事にない一番深刻と思うこと

昨日2017年シーズンが始まったNFLですが…

こんな記事があります。



この中に

「アメフト」

と言うのがあります。

「大学フットボールの観客動員数とNFLの視聴率が、低下している。」

とありますが、NFLも昨年は低下しました。


原因については本文とある程度かぶりますが

・たまたま大統領選のシーズンだったから

・NFL選手が国歌斉唱時の抗議活動になんらかの感情を持ったから

(大学フットボールにNFLのことがどう影響したのかは知りませんが)

本文中の「試合が単に退屈になった」とありますが、私は大学フットボールを知らないので、はっきりしたことは言えません。

個人的にはNFLの試合はあいかわらずおもしろくてエキサイティングだと思います。


記事をもう少し読むと、ケーブルテレビの視聴率が下がっただけで、ネットではまだ人気なんじゃないかと読めます。

多分そんなものだと思います。

ちなみに、スポーツバーでNFLを見る人も減ったそうですが、それも視聴スタイルが変わっただけではないかと考えられます。


私としてはここに書いてあることより、頭部に与える影響が深刻視されていることがNFL、ひいてはアメフト界全体に危機をもたらしていると思います。

頭部への影響を恐れるあまり、若くして引退する選手も珍しくなくなりました。


対策のひとつとして、NFLはヘルメットからつっこんでタックルすることを禁止しました。

しかし昨日の試合でも、頭からタックルに行っていた選手がいました。

禁止しても、本能的にやってしまうのだと思います。

私がやってもそう反応すると思います。


私は意識より、ヘルメットのような装備を何とかしたほうがいいと考えます。

もちろんNFLも安全な防具を研究しているようです。

前述のような執念のこもったプレイは大好きです。

それを心配せずに見られる時代が早く来ないかなと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL2017シーズン開幕】動画「NFLデビュー戦で好成績を挙げたルーキー、トップ10」のこと


NFLファンの皆さま、そしてこれからNFLを見ようとされている皆々さま

2017年NFLシーズン開幕でございます。

あけましておめでとうございます。

今シーズンもよろしくお願いいたします。

さて今回は下のリンク先の動画のことを書こうと思います。


「NFLデビュー戦で好成績を挙げたルーキー、トップ10」

と訳したらいいものでしょう。


ランキングは以下の通りです。

10位 ランディ・モス(ミネソタ・バイキングスWR:1998年)

9位 エイドリアン・ピーターソン(ミネソタ・バイキングスRB:2007年)

8位 レジー・ホワイト(フィラデルフィア・イーグルスDE:1985年)

7位 ラダニアン・トムリンソン(サンディエゴ・チャージャーズRB:2001年)

6位 マーシャル・フォーク(インディアナポリス・コルツRB:1994年)

5位 フラン・ターケントン(ミネソタ・バイキングスQB:1961年)

4位 キャム・ニュートン(カロライナ・パンサーズQB:2009年)

3位 アンクワン・ボールディン(アリゾナ・カージナルスWR:1998年)

2位 RG3ことロバート・グリフィン三世(ワシントン・レッドスキンズQB:2012年)

1位 マーカス・マリオタ(テネシー・タイタンズQB:2015年)



RG3とマリオタはまだわかりませんが、そうそうたるメンバーで、殿堂いりしているか、または殿堂入りするだろう選手だと言いきってもいいでしょう。

スーパーボウルに出たのが6人。

モス、ホワイト、フォーク、ターケントン、ニュートン、ボールディン

全員が出場に貢献した選手ですが、勝ったのはホワイト、フォーク、ボールディンの3人。

ホワイトがスーパーボウルで見せた3サックはすごかったです。


ミネソタが多いですね。

でも3人とも一度は移籍しています。

この3人に限らず、デビュー戦の時からずっと同じチームにいるのは、ニュートンとマリオタだけです。

ホワイトを除いた全員がオフェンスです。

しかも経験を重ねないと成長できないポジションであるQBが4人もいるのは意外ですが、最近はQBを開幕スタメンで使うことも珍しくないので、こんな結果になったのでしょう。

でもターケントンについては、時代も時代ですし、しかも新設球団の開幕戦での記録なので、すごいものだと思います。

ホワイトはNFLの対抗リーグのUSFLで2シーズンプレイしてからのデビューでした。

現役選手はピーターソン、ニュートン、ボールディン、マリオタ。

RG3もまだ引退していないと思います。

RG3とマリオタには、一度はスーパーボウルに出てほしいと考えています。


さて、今日から始まる今シーズンは、どんなルーキーが活躍するのか、楽しみです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【女子アメフト】「日刊スゴい人!」に載った鈴木弘子さんのことで、ひとつだけ違和感〜でも取り上げてくれて感謝


アメリカでアメリカンフットボールをプレイし、チームのオーナーも務める

鈴木弘子さん

へのインタビュー記事が、下のリンク先に掲載されました


鈴木弘子さんのことはずっと応援してきましたし、このブログでもよく書かせてもらいましたので、それなりに経歴はよく知っているつもりでしたが、まだまだ知らないとこがたくさんあるもんだ、と思いました。

また、これまで「将来のこと」について語ったものを読んだことはほとんどなかったので、それが読めたのはありがたかったです。

これまでにNFLに3人の女性コーチが誕生しましたが、そう言う道に招かれるかもしれない、とも思います。

ただし、引退しそうもないので、そうなるとしてもずっと先の話しになるでしょう。


世の中に

「鈴木弘子」

と言う名前を持つ人は、かなりいると思います。

しかしここで取り上げられた

「鈴木弘子さん」

は、他の名前とあわせても、なかなか目にすることができないオンリーワンな方で、一生に一度、そんな「スゴい人」もいるのか、と驚ければ幸い、と言うほどのスゴい経歴の持ち主です。

そのことがよくわかる記事だと思います。


ただ、一点だけ、「そうだったっけ」と違和感を覚えた箇所がありました。

「アメリカ人も日本人も変わらない」

と言う章の頭に

「それからとんとん拍子で、大きな怪我もなく、選手生命としては難なくやってきましたが、昨年、チームのオーナーに就任してからは苦労の連続でした。」

とあります。

そうじゃなかったように記憶します。

鈴木弘子さんは2012年に、渡米して13年目で初めて優勝と言うものを体験することができたのですが…

それ以前は、惜しいところまで行くものの、どうしても優勝できないことに苦悩されていたように記憶します。

当時の記事などを見ると、本当に辛そうで、元気がなかったように思えました。

とても「とんとん拍子」だったとは思えないのです。

これが私が覚えた「違和感」です。


どうしてインタビューでそんなことを言ったのか、気になったので本人に尋ねてみました。

「今の、オーナーとしてチームをまとめて戦って行く苦労にくらべたら、それより前に選手として苦悩していたことは、そんなに大きなことではなかった。

まとめたら、そんな感じになるようなことを答えてくれました。

オーナーと言う立場が加わったこともありますが、この歳でまだまだ精神的に新鮮な成長をされているように思え、とてもうらやましく思えました。


かつてNFLヨーロッパと言うアメフトのリーグに、マンフレート・ブルクスミュラーと言うドイツ人のキッカーがいました。

元々はサッカー選手で、西ドイツ代表にも選ばれたことがあるアスリートです。

サッカーを引退してから、46歳の時にアメフトの選手になりました。

ブルクスミュラーのウィキペディアのサイトには、

「2001年に52歳で史上最高齢のアメリカンフットボール選手となった。」

とあります。


鈴木弘子さん、そして私も、今月で53歳になります。

私はアメリカンフットボールをプレイしたことはありませんが、鈴木弘子さんからは、現役選手から引退する、と言う気配をまったく感じません。

「来年もやるか。」

と言うのはありましたが。

もしブルクスミュラーがまだ記録を持っていたら…

来年その記録は鈴木弘子さんによってやぶられるでしょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【MLB&NFL】シカゴ・カブスの上原投手がボルチモア・レイブンズのジャージで移動したことが話題になったことについて


MLBのシカゴ・カブスの上原投手が、NFLのボルチモア・レイブンズのジャージ(ユニフォームのこと)を着て、ピッツバーグに移動したことが話題になっているそうです。


現地時間の9月3日のこと、チーム全員が各々好みのNFL選手のジャージを着て移動したそうです。

その姿は、カブスの公式ツイッターアカウントで見ることができます。

最初のはこれ


最後のはこれ


特筆すべきは、一連のツイートが複数の写真とともにされているのに、上原投手のだけは
上原投手の写真だけなことです。

こちらです。


そして「 #Elite 」のハッシュタグが…

そんなにすごいことなのか、よくわかりません。

上原投手が最初に入ったMLBのチームがボルチモア・オリオールズだから、ボルチモアにあるレイブンズのエースQBジョー・フラッコのジャージを着ただけだと思うんですが。

ちなみに上原投手は、昨年「オードリーのNFL倶楽部」に出演したほどのNFLファンです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】グリーンベイ・パッカーズ観戦会@ランボーフィールド開催と、そのドキュメンタリー映画製作の件

もう半年ほど前のことですが…

4月8日に東京渋谷にてグリーンベイ・パッカーズ、オフのオフ会が開催されました。


そのオフ会の前に、幹事のチェッポさんが、グリーンベイがある米ウィスコンシン州から来たアメリカ人、タイ・モース(Ty Morse)さんと出会い、そこから

「グリーンベイ・パッカーズ観戦会@ランボーフィールド」

と、さらに日本からやって来たファンのドキュメンタリー映画の製作、と言う壮大なプロジェクトが始まりました。

ランボーフィールドでの観戦会が行われるのはWEEK3の対シンシナティ・ベンガルズ戦。

現地時間9月24日と、くしくも私の誕生日なのですが、残念ながらわたしは@日本です。

現在、Kickstarterと言うサイトで、ドキュメンタリー映画製作のためのクラウドファンディングが行われていますが、そこで調達できようができまいが、映画は製作されるようです。

なんかスゲー話しになって来たな、と驚いてます。


ところで先週、この「プロジェクト」のことがグリーンベイの地元紙「グリーンベイプレスガゼッタ紙」に掲載されましたので、それを英語が苦手な私が訳したものを書いておきます。

誤訳や、意味のわからないものも含まれる結果となりますが、大目に見てください。

また、私の認識と違うところもありますが、原文に従って書きます。

原文はこちらのツイートのリンク先にあります。



日本のパッカーズファンの情熱が、グリーンベイでのゲームへの招待と、ドキュメンタリー映画製作で報われる

タイ・モースが東京にあるレストランに入ると、そこにブレット・ファーブのジャージを着た日本人の男がいるのに気がついた。

しかしそれは、壮大なプロジェクトの始まりにすぎなかった。

モースはパッカーズのあるウィスコンシン州の出身なので、その男と少し会話した。

そのうち、その男のところに、同じようにパッカーズのジャージを着た彼の友人が集まってきた。

男と彼らは、日本のパッカーズファンの会のメンバーだった。

たちまちモースは彼らのことをクローズアップするドキュメンタリー映画を作ることを思いついた。


このパッカーズファンの会のメンバーは、最初にモースと話した男、チェッポのとりまとめで、毎年日本中からこのオフ会にに集まっているそうだ。

チェッポは1993年にパッカーズのファンになった。

モースがウィスコンシン州出身と聞いて、日本人のファン達はとても興奮した。

モースは彼らに、グリーンベイのランボーフィールドで試合を見たことがあるか、と尋ねた。

彼らの大半が

「ノー」

と答えると、一気に会話が加速した。


その日からしばらく経って、モースは9月24日にランボーフィールドで行われる、グリーンベイ・パッカーズ対シンシナティ・ベンガルズの試合のチケットを、25人の日本人のファンのために確保した。

その招待に応募した25人のうちのほとんどがランボーフィールドどころか、アメリカに行くのですら初めてだった。

チェッポはモースの招待を、即受け入れた。

「もしあの時、モースと出会ってなくても、いずれはランボーフィールドでの観戦会を考えただろう」

チェッポは言った。

「それにしてもモースの言う通り、あの出会いは、ある意味奇跡だった。」


日本からの25人のファンは、グリーンベイで4日間過ごすことになる。

彼らはモースの友人3人の家に滞在し、木製の最古のコースター「ジッピーンピピン」に乗り、テイルゲートパーティを楽しんだり、他の観光地を訪れることになる。

そして、最愛のパッカーズを応援するために、ランボーフィールドに行くことになる。


「日本から来るファンはクレイジーだ。

彼らはパッカーズの選手、全員のことを知っているんだから」

モースは驚いていた。


チェッポは1993年に、NHKの中継で、初めてパッカーズの試合を見た。

番組では

「パッカーズは最初の2回のスーパーボウルを制するなど、重要なチームではあるが、近年は低迷している。

しかしパッカーズにはブレット・ファーブと言う若いQBがいて、再びプレイオフに返り咲くことができるだろう。」

と言っていた。

「その試合を見て、私はパッカーズを応援しようと決めた」

とチェッポは語った。

そしてそのシーズン、パッカーズはプレイオフに返り咲き、ワイルドカードゲームに勝った。

チェッポはパッカーズに夢中になった。


その後チェッポは

「Packer Zone」

と言う日本のパッカーズのファンサイトを見つけた。

チェッポはそこでパッカーズのことを深く知り、そして深く愛するようになった。

「最初はQBに目が行っていたが、今ではスタッフや選手、そしてファンのことが好きになった。

ノー・パッカーズ、ノーライフ

と言えるまでに」


パッカーズのオフ会は4年前に始まり、チェッポと同じく「Packer Zone」を読んだ大勢のファンが出席するようになった。

「ファンの会にはランボーフィールドに行ったものもいるが、大半はまだ行ったことはない。

私は2000年の開幕戦の対ニューヨーク・ジェッツ戦に行った。

16-20で負けてしまったが…

今は、初めて行くメンバーに、ランボーフィールドを紹介するのが楽しみだ。」

とチェッポは言っている。

「同行するメンバーは、もちろんモースのドキュメンタリー映画が出来上がることを期待していると思う。

しかしランボーフィールドでパッカーズが勝つのを見ることが、彼らの最も期待していることだ。」


タイ・モースは、シカゴに拠点を置くドキュメンタリー映画製作会社、タイム・ホース・プロダクションズ(Time Horse Productions)のオーナーで、またアジアで多くのビジネスを展開するミネアポリスのインタラクティブ・テクノロジー会社ソングホエール(Songwhale)も経営している。

「このプロジェクトは小さなものではない。

翻訳者が必要だ。

やって来るファンのうち英語ができるものは3人だけだ。

輸送、住居、地元の料理について話が出来なければいけないし、パッカーズ球団とNFL Filmsの協力を得るためにも必要だ。」


パッカーズの広報担当ディレクター、アーロン・ポップキーは次のように述べている。

「パッカーズは世界中のファンのサポートを大いに楽しんでいます。

日本から多数のファンが来るのはとてもうれしいことです。

彼らがランボーフィールドを初めて見た時の反応がとても楽しみです。」


タイム・ホース・プロダクションは、キックスターターでクラウドファンディングを開始し、資金の調達を始めた。

しかしモースはこれを行うことができて喜んでいるにもかかわらず、それは直接お金を集めることと同じだ、と語った。

支援者はコーヒーマグ、Tシャツなどを手に入れて映画を宣伝することができるからだ。

「これは金儲けの企画ではない。

これは情熱的なプロジェクトだ。」

とモースは語った。


映画製作者は、当初NetflixやiTunesやAmazonでの発売を検討していたが、今はESPNに興味を示している。

この頂点は、ネットワークの「30 for 30」ドキュメンタリーシリーズに組み込まれるだろう。

また、テキサス州オースティンのサウス・バイ・サウスウエストフィルム・フェスティバルなど、グローバル映画祭に出品する予定だ。



※以上が記事の訳です。

最後は書いていて明けがわからなくなってしまいましたが…

ところで、チェッポさんたちが店内で話していた時、私は何をしていたか…

何も知らずに店の前の道で、スマホでブログの下書きをしていました。

モースさんと話が出来たらきっと興奮できたでしょう。

そして訳していくうちに、「ランボーフィールドの特別さ」が伝わってきたので、いずれは行ってみたいと考えています。


なお、いつもオフ会を仕切ってくれて、今回のプロジェクトでも奔走しているチェッポさんのブログ記事はこちらです。

「まったりパッカーズ|9/24現地観戦会 幹事奮闘記」へのリンク

きっと来月の今頃には、グリーンベイ・パッカーズ観戦会@ランボーフィールドの記事をアップしてくれるでしょう。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【イーグルス】昨日の則本の姿を忘れない〜11年前の斉藤和巳を思い出すその姿


昨日の福岡ソフトバンクホークスと東北楽天イーグルスの対戦は、ホークスのサヨナラ勝ちでした。

歓喜のホークスファンの手前に映る則本投手の姿…

この光景は…

ネットでも私と同じことを言っている人が少なくなかったですが、2006年のCS最終戦での斉藤和巳投手の姿とかぶって見えました。

私は今でもこの斉藤和巳投手の姿が忘れられません。

勝って歓喜し、そして感動することは珍しいことではないです。

しかしあの時の斉藤和巳投手、そして昨日の則本投手の姿は、勝った姿から得られるものよりも、はるかに価値があるものだと思っています。


あの姿は私に

「お前はミスを犯して号泣するほど、仕事に打ち込んでいるか」

と言うことを迫ってきます。

あの姿を思い出すたびに、一生懸命生きなければ、と思います。

できているかどうか自信はないですが。


どうかイーグルスのファンの方にも、昨日の則本投手の姿をそのように記憶していただければ、と願います。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

【NFL】ヒューストンの救済を訴えるワットの言葉に、もっと深い意味を感じる〜ハリケーン「ハービー」の被害のことだけではないのかも


米テキサス州のヒューストンは、ハリケーン「ハービー」によって多大な被害を受けました。

救済に立ち上がった人の一人が、地元ヒューストン・テキサンズのDE、J.J.ワット。

テキサンズだけではなく、NFLを代表する偉大な選手です。


最初ワットは、救済のための寄付の目標額を50万ドルに設定し、SNSで協力を呼びかけました。

しかしすぐにその額を超えると、目標額を100万ドルにあげました。


それもクリアしそうになると、また目標額を上げ…

これを繰り返しているうちに、昨日の日本時間の朝には、目標額を600万ドルから一気に1,000万ドルにあげました。


ワットは単に「アメリカンフットボールが上手い選手」ではなく、人格者として知られています。

そのことが期待をこえる寄付を集め続けている要因のひとつだと思います。

呼びかけたのがワットではなかったら、こんなにハイペースで寄付が集まったかどうか…

さらには目標額をあげ続けたかどうか…


ところで、救済活動に懸命なワットのことを、NFLの公式サイトが取り上げました。


この記事の中で気になったのが、こちらのワットの言葉です。

"It's an unbelievable thing to witness what happens in a time of crisis.

The most difficult times bring out the best in humanity.

I think that's what we're seeing right now -- humans helping humans.

It doesn't matter rich, poor, black, white -- it doesn't matter.

Everyone is helping everyone.

I think that's what is most important in times like this.


It's incredible to witness."

間違っていたら申し訳ないのですが、Google翻訳の力を借りて、私なりに和訳してみました。

「危機の時に何が起こるかを目の当たりにすることは信じられないことだ。

最も困難な時代は、人間性の中で、最高のものを引き出すことができる。

私たちがまさに今、目にしているのは…人が人を助けていることだ。

それらの人が、金持ちだとか貧乏人だとか、また黒人だとか白人だとかは問題にはなっていない。

誰もが皆を助けている。

これは、このような時代に最も重要なことだと言える。

とにかく、信じられない光景を見ているのだ。」



一見すると、この言葉は、ハリケーンの被害の中で見たことを語って、さらなる寄付を訴えているように思います。

しかし、黒人とか白人とかの言葉が出て来ることを考えると…

遠まわしに、アメリカ社会の混乱を収めよう、と訴えているようにも感じました。


私の考え過ぎかもしれませんが…

もしそうなら、やはり

ジャスティン・ジェイムズ・ワットは、偉大な人物

だと言えるでしょう。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~