FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【ホークス対バファローズ】申告しなかった敬遠と、申告敬遠の差が出た、思ったシーン~考えすぎかな?

昨日開幕した2018年のプロ野球ペナントレース。

私はテレビで、福岡ソフトバンクホークス対オリックスバファローズの試合を見ました。

0体0で迎えた8回裏のホークスの攻撃で、ちょっと考えさせらるシーンがありました

1死2塁で打席には今宮選手を迎えました。

この日当たっている今宮選手に対し、先発の西投手はストライクがとれず3ボール0ストライクとなったところで勝負をあきらめたようです。

捕手の伊藤光選手が立ち上がり、敬遠としました。


このシーン、今シーズンから始まった申告敬遠制度を使うことができました。

申告敬遠制度は、「敬遠(故意四球)の際に「申告すれば投球しなくてもいい」という規定」です。

私には、「敬遠」と言えば初球から捕手が立ち上がるイメージがありますが、放送していたNHKの実況では

「申告敬遠は、途中からでもできます」

と言っていました。

つまり前述のシーンでは、西投手は4球目を投げずに敬遠することができたのです。

しかし、バファローズベンチは動きませんでした。

この後本多選手がヒットを放って1死満塁とした後、柳田選手に初球を左中間に持っていかれる二塁打を打たれ2失点しました。



(パ・リーグTV動画「【8回裏】ホークス・柳田が均衡を破る先制の2点タイムリーヒット!! 2018/3/30 H-Bs」)

ここで120球以上を投げていた西投手は降板。

1死2、3塁の場面で、近藤投手がマウンドに上がりました。

まず内川選手を空振り三振に討ち取りました。

続くデスパイネ選手は1球も投げることなく申告敬遠。

そしてその次の福田選手も空振りに討ち取り、追加点を与えませんでした。


申告敬遠をせずに1球投げて敬遠とした西投手は、次の打者でこの日絶不調の本多選手にヒットを打たれ、続く柳田選手にタイムリー22塁打を打たれました。

申告敬遠をして、1球も投げなかった近藤投手は、次の打者を空振り三振に討ち取りました。

以前書いた、申告敬遠の投手へのメリットが出たかな、とも考えられないか、と思いました。

こちらのブログですが…



この中に

「守備側はリスク回避のために敬遠を行いますが、そのために無条件に走者をを出したり、ゆるい球を投げる間に盗塁されたり、大きく外してしまって暴投にになったり、敵地であれば猛烈なブーイングを浴びたり、さらにはゆるい球を投げることでリズムを崩したり、などのリスクを負うことになります。」

と言うことを書きました。

申告敬遠は、この中の

「ゆるい球を投げることでリズムを崩したり」

と言うリスクをなくしてくれます。

実際敬遠後にもとの調子で投げるのが苦手、と言う投手はいるそうです。

例えばホークスのサファテ投手。

敬遠するときでも、150キロを超えるほぼ全力投球で投げるそうです。


西投手が打たれたのは申告敬遠をしなかったからリズムを崩して打たれてしまったのかもしれない、とも考えられないかな、と思いました。

でも、球数も120球を超えていましたし、それだけが理由ではないでしょう。

と言いますか、それが理由の一部だとは、なんとなく考えにくいです。


ですが、今シーズンは、申告敬遠をベンチがどう使うかが試合結果に影響を及ぼすかもしれない、とも思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【異動の季節】異動する先輩に贈った歌と、贈るのをやめた歌

私は半年前に今の職場に異動となりました。

そして新年度を迎える今、異動する会社員の方がかなりいると思います。

うちの職場でも、3年先に入社した先輩が異動となります。

かなり慕われている方のようで、その方にICTを活かして、職場の他の社員全員から、音楽を贈ることになりました。

どのようにICTが活かされているのかは知らないのですが…

アルバムみたいなもので、QRコードを読み込むと、その歌が聴けるそうです。

こんな時に、この歌をお勧めします、と言う形で、各社員が1~2曲贈ることになりました。


私は1曲だけ送りました。

こちらの、

谷村有美さんの「今が好き」

です。



(動画「Yumi Tanimura(谷村有美)今が好き(Live)」)

実際に贈られるのは公式の音声のみのようです。

「現状がつらくなった時に、この歌をお勧めします」

と言う形で贈りました。

何回もこれまで書いてきましたが、10年前の今頃は、なかなか稼働しないシステムを担当し、メンタル的にものすごくつらかったです。

その次期に毎日この歌を聴いて、乗り切ることができました。

そんな体験と、大好きな谷村有美さんの歌、と言うことで、この曲を贈ることにしました。


本当はもう一曲贈りたい歌がありました。

「パンツァーリート(Panzerlied)」

と言うドイツの行進歌です。

私の中では、「ドイツ戦車隊の歌」(「Panzer」は「戦車」の意味)と言う「軍歌」と言う形で認識しています。



(動画「Panzerlied (Color film)」)

「元気を出したい時に、気合を入れたいときに、この歌をお勧めします」

と言う形で送りたかったのですが、結局辞めました。

現代のドイツ連邦陸軍でも使われていた曲ですが、ナチス・ドイツ時代に作られた曲でありますし、2017年5月には、ドイツ国防省は「現代の価値観に合致しない」として、この曲を含む歌集の使用を停止したそうです。

歴史観、政治観を押し付けることにもなりかねませんので、贈るのをやめた次第です。


軍歌ですから、テンションは上がると思うんですけどね。

それだけの理由では贈れません。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : おすすめ音楽♪    ジャンル : 音楽
  1. 谷村有美
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018年問題】スタッフサービスのCMと、パーソルとパ・リーグとの契約から見えるもの

これからかくことは、あくまでも私個人が感じたことであり、また、記事中に出てくる企業を批判するものではありません。


最近、「オー人事、オー人事」が印象的な、スタッフサービスグループのCMをよく見ます。

例えば…



(スタッフサービスグループ「セキュリティ篇 30秒|スタッフサービスグループ」動画)

また、パーソルホールディングスはパ・リーグのオフィシャルスポンサーになりました。



この人材派遣に関する2社の動きに感じるのは、今年から改正派遣法が本格的に施行されることではないかな、ということです。

こちらのリンク先の記事に簡単に書いてあります。



上記記事にありますように、

「4月に有期社員の「無期転換ルール」、10月には派遣社員の「派遣期間3年ルール」の運用が始まる。」

のです。

また、この記事にはないようですが、10月より「特定派遣業者」は営業ができなくなります

今までは届け出を行えば「特定派遣業者」として人材派遣を行えましたが、10月以降は認可を受けなければ人材派遣を行えなくなります。

「特定派遣業者」の社員は、派遣社員として他社に派遣できなくなるのです。


この辺の問題を見据えて、前述の2社が動いたのではないか、と私は勝手に見ているのですが…

特にパーソルホールディングスについては、認知度の向上を目指していると考えます。

おおざっぱに言えば、昨年、テンプスタッフとインテリジェンスと言う大手の人材派遣に関する会社が統合してできた会社なので、実績は十分な会社だと思います。

しかし認知度はまだ低いと思われますので、パ・リーグとスポンサー契約を結んだんじゃないか、と思います。


けっこう有期契約の派遣社員や、非正規雇用者にはつらい事態が想定されるかも、と懸念しているんですが、そんな中、明るいニュースもありました。

「日本郵政グループは、4月から5年超の勤務実績があり無期転換を希望する約9万2000人(前倒し実施分を含む)の有期契約社員を無期転換する。残りの約10万1000人についても今後、順次無期転換制度の対象となり、希望する対象者全員を原則無期転換する。」

そうです。




待遇面などの詳細はよくわかりませんが、明るいニュースだと言えるでしょう。


あくまでも、私の想像です。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 政治・経済・時事問題    ジャンル : 政治・経済
  1. 出来事(社会)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】育成捕手、堀内汰門が支配下登録~彼から学びたいもの

福岡ソフトバンクホークスは、2014年秋のドラフトで、育成ドラフト4位で指名した堀内汰門選手を、支配下登録することを決めたそうです。



ホークスはこのキャンプからオープン戦にかけ、2人の一軍候補の捕手をケガで書くことになりました。

高谷選手、栗原選手がそうです。

残された捕手は、昨シーズンベストナイン、ゴールデングラブを獲得した甲斐選手。

それ以外は支配下登録選手を含め、一軍経験がない捕手ばかりでした。

九鬼選手、谷川原選手、張本選手…

そして堀内選手でした。

その堀内選手も3月6日のオープン戦で、右手親指IP関節脱臼。

しかし4日後には、患部をテーピングで固定した状態でキャッチボール、打撃練習を再開したそうです。

今を逃せばチャンスはない、その思いが堀内選手を駆り立てたんでしょう。

こんな記事もありました。



「「大丈夫です! もう病院行ってないんで!」と悪い診断は受け入れないぞと言わんばかりの(堀内選手の)気持ち」

「達川ヘッドコーチも、「汰門! 指はどうだ!? ワシも(現役時代からの古傷を見せて)これでやりよった。やれるんだよ!」と鼓舞」

「吉鶴バッテリーコーチは、「今逃したらチャンスはもうないぞ。今は無理してでも、痛み止め飲んででもやれ」」

ホークスと言う球団は、あまり無理をさせないイメージがあるのですが、育成も4年目を迎えた捕手にとってはそんなことは言ってられないんでしょう。

本人もそう言う強い気持ちがあり、周囲も盛り上げています。

こう言うハングリーな風景が、まだ日本に残っているか、と思うと嬉しくなります。

金満球団と言われますが、それは一軍クラスの選手に対してのみ。

誰にだってお金を渡しているわけではなく、きちんとこういう争いを指せる環境を作っているのは素晴らしいと思います。


そして二番目の記事の最後に書いてあることが素晴らしい。

「甲斐捕手と堀内捕手には、似ていると感じるところがあります。それは、“人の心を動かす努力”。」

と言うところです。

「人の心を動かす努力」

素晴らしいですね。

チームスポーツのアスリートにとって、言葉は人を動かすうえで大事なものです。

ですが、言葉が力を持つのは実績を積んでからのこと。

それまでは、「努力を見せること」しか人に訴える手段はないでしょう。

その努力が人を動かすまでになれば、もう言葉はいらないのかもしれません。


ここまでの記事は若い選手の話しでしたが、「人の心を動かす努力」は私のようなものにも必要なのかもしれません。

これからは実績を残すとともに、若い人を育てなければいけません。

「人の心を動かす努力」は、その手段になるかもしれません。



(パ・リーグTV公式動画「【ファーム】ホークス・堀内がしぶとく食らいついて二軍初ヒットを記録!! 2017/9/24 H-T(ファーム)」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】川﨑宗則退団~「ムネリン」を演じた男から学んだこと

昨日の朝、出勤する途中に、下のネットニュースを見かけて、とても驚きました。

福岡ソフトバンクホークスの、川﨑宗則選手が引退することがわかった、と言うことです。


そして帰路に着くと、球団が「自由契約」を発表していました。



「「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、身体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません。」(川﨑選手)

とのことだそうです。


自由契約とは言え、ホークスはこれからもずっと連絡を取って行くそうなので、下の田尻耕太郎さんのツイートの「一時休業」が的確な表現でしょう


戻ってくる可能性はある、そのことが救いです。

明日になれば、もっと多くのことがわかるかもしれません。


ここで、大好きな川﨑宗則選手について、私が常々感じていたすごさを書いておきたいと思います。

川﨑選手より野球が上手な選手はたくさんいますが、川﨑選手のように、タフな野球人生を歩んで来た選手はいないでしょうから。


昨日の昼頃にはアメリカでも

「川﨑選手か引退する見込みだ」

と書いたメディアがありました。


この中に

「Kawasaki was known as having one of the majors’ most animated personalities.」

(川﨑選手はメジャーでも、最も活気に満ちた性格を持つ人として知られていました)

とあります。

そして日本では、

「元気印」

と言う言葉で表現されたりします。

その言動はいつもポジティブで、周りにパワーを振りまいているように感じます。

昨年、イマイチ調子があがらなかったホークスは、川﨑選手が復帰したあたりから急に勝ち星を積み重ねるようになり、リーグ優勝にこぎつけました。

そこからクライマックスシリーズや日本シリーズを制覇するわけですが、もし川﨑選手の復帰がなかったら、ホークスはもっと苦しんでいたと思います。

ダイレクトに攻走守でスーパーな活躍をして貢献していなくても、その存在で、ホークスをリーグ優勝に向け走り出すようにしてくれたと思います。


そんな川﨑選手ですが、入団当初のエピソードをテレビで見たり、本で読んだりした結果、私は川﨑選手は、実はそんなにメンタル的にタフな人物ではないんじゃないか、と思います

少なくとも、先天的には違うんじゃないかな、と。

あくまでも私の勝手な推測ですが、その前提で書き続けます

しかしいつの間にか川﨑選手は

「いつも元気で周りを明るくするムネリン」

として知られるようになりました。

先が見えないアメリカでプレイした時も、現地の人からもそう思われていたのは、前述の引用の通りです。


私は、川﨑選手は「ムネリン」を演じて来たのだと考えます。

プロ野球選手に限らず、仕事をする上でも、「演じる」と言うことはとても大事なことで、とても難しいことだと思います。

私が見て来た「仕事ができる人」の中にも、この人は自分のポストを演じているんだな、と感じさせる人はいました。

本来のこの人は、そう言うキャラではないけど、仕事なんだから「演じて」いるんだな、と。

期待されているポストや立ち位置を、自然にできる人間になるのは、人や場合によってはとても難しいことだと思います。

(ですから、ストレスのもとの一つに「昇進」があるのです)

有能な人は、そうなれないまでも、役割を「演じる」ことで成功しています。

ただ、「演じる」ことは大きなエネルギーを必要としますし、前述の通り、ストレスになりますから、休養が必要なのです。

川﨑選手は、きっと「ムネリン」を演じているんだろう、そう思うと、自分もそうならないと、と思わせてくれるわけです。


球団は、川﨑選手の言葉として

「自律神経の病気」

と発表しました。

私の考えがあっていれば、今は「ムネリン」を演じられないのかもしれません。

それはそれで仕方がないことだと思いますし、よくここまでがんばってくれたと思います。

でも、そうなるまでがんばってくれたのが、良かったのかどうかはわかりません。

自分自身の将来のために、もっと早くがんばるのを休んでいれば良かったかも、とも思います。


川﨑選手が野球ができるようになって、ホークスに復帰した時には、またムネリンを「演じて」ほしいです。

たとえこのまま復帰できなくても、ホークスやWBCに携わることになっても、そうあってほしいです。

いずれにしろ、これからも人前に出るときには、「いつも元気で周りを明るくするムネリン」であってほしいです。

無理のない程度に。

そして今、このブログ記事を読んでいる方に

「このブログに書いてあることはでたらめだ!!」

と思わせてほしいです。


今はしばらく、ゆっくりしてください。



(パ・リーグTV公式動画「【2回裏】ムネリンが本拠地に帰ってきた!! ホークス・川崎がヒットを放つ!! 2017/5/2 H-L」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【映画】「ザ・ビッグハウス(THE BIG HOUSE)」~カレッジフットボールからアメリカ社会を見る

とても興味深かったので、SNSのアメフトのグループにシェアしたら、想像以上に「いいね」がついた映画のことを書きます。

「ザ・ビッグハウス(THE BIG HOUSE)」です。



米大学フットボールの名門、ミシガン大学ウルバリンズの本拠地、ミシガン・スタジアム(通称ザ・ビッグ・ハウス(the Big House ))が舞台で、

「スタジアムの風景を通して、教育とスポーツ、ビジュネスの関係や人種、階級、格差、宗教問題、台頭するナショナリズムやミリタリズムといったアメリカが抱える問題や文化が映し出される。」

作品とのことです。

公式Facebookのサイトに、公式Twitterアカウント、公式HPのリンクが書いてありましたので、貼っておきます。





(映画『ザ・ビッグハウス』特報映像)

英語は苦手なので、この動画の中の言葉もよくわからなかったのですが、

「The true American hero」

と言う言葉は聴き取れて、とても印象的でした。


公式サイトには英語版もあり、読んではいませんが、こちらの方が詳しく書いてあるように思えますので、リンクを貼っておきます。

想田和弘監督の公式サイトの中のもののようです。

映画作家・想田和弘「The Big House」へのリンク

私もそんなに詳しいわけではありませんが、アメリカンフットボールから、いくつかアメリカの顔が見えるんじゃないか、と言うことは想像できます。

ですから、そう言う映画ができるのことは不思議ではないのですが、驚いたのは、アメリカ人ではなく、日本人が監督だと言うことです。

もう一つ気になったのは、なぜNFLではなくて、カレッジフットボールなのかと言うことです。

私もそうですが、日本から見れば、アメリカのアメリカンフットボールと言えば、カレッジフットボールではなく、NFLを思い浮かべると思います。

NFLの方がなじみがあるでしょう。

なのに、舞台がカレッジフットボール、と言うのは、おそらくそれなりの意図があると感じられ、とても興味深いです。

学生のスポーツとは言え、カレッジフットボールは超巨大市場であり、人気もMLBやNBAをしのぐもののようです。

「Wolverine Rise」と言う、日本のXリーグでプレイするミシガン大学ウルバリンズのOBの試合のためのFacebookサイトもあるぐらいです。

(ただし、3月24日に超大物OBでQBデビン・ガードナーがノジマ相模原ライズを退団することが発表されましたので、今後このサイトが続くのかどうかわかりませんが…)

並みのアマチュアスポーツリーグでないことは頭に置いておくべきですし、またそうでないとこの映画はできなかったでしょう。


公開は2018年6月で、順次全国に公開していくそうです。

とても楽しみな映画です。




ミシガン・スタジアムとミシガン大学ウルバリンズのことを少し書いておきます。

このスタジアムは大学の施設ながら107,601人の収容人数を誇り、「アメリカンフットボールスタジアムとしては全米1位で、他の競技場を含めても世界29位に相当する」(ウィキペディア「ミシガン・スタジアム」より)そうです。

ミシガン大学は1817年創立の州立大学で、「パブリック・アイビーと称される世界有数の名門大学の一つ」(ウィキペディア「ミシガン大学」より)だそうです。

カレッジフットボールでも強豪で、現在は最近までサンフランシスコ・49ナーズHCだったジム・ハーボーがHCです。

アメリカンフットボール選手として有名なOBとしては、史上最高のQBの1人ともいわれるトム・ブレイディがいます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 気になる映画    ジャンル : 映画
  1. 映画
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【最終回】「とんねるずのみなさんのおかげでした」と言うより「とんねるずのみなさんのおかげです」の思い出~やっとわかった「歌は強弱中強弱」

2018年3月22日の放送をもって、

「とんねるずのみなさんのおかげでした」

の放送が終わりました。

私がこの番組を見なくなったのがいつだったかは覚えていませんが、最近はあまり体をはっていないようで、おもしろさを感じませんでした。

私がよく見ていた、1989年頃は、

まだ、番組名が

「とんねるずのみなさんのおかげです」

と言っていたころは、本当に体をはった面白いコントをやってくれました。

そしてその頃には、体がはれるだけのお金が、テレビ局にあったんだろうと思います。

今、あれだけ忠実にPVを再現できるお金は、なかなか出せないんでしょう。

歳をとったから体をはっていないのか、それとも体をはれるだけのお金がないのか…

どちらも言えるんでしょう。


3月8日の放送では、これまでのコントの歴史を振り返るとともに、この回のために制作された「したの国から2018 早春」が放送されました。

宮沢りえさん、渡辺満里奈さんの共演を久しぶりに見ました。


とても懐かしかったですが、みやざわりえさんの

「ふざけんなよ」

は、もう当時のものではないな、と感じました。

昔の回想は本当に笑わせてもらいました。

録画しておけばよかった…



コントでは、保毛尾田保毛男シリーズ、宮沢りえさんとノリ子のシリーズ、「まつもと〜」のノリユキのシリーズ(「「BOMB!!」に投稿するぞ」とか言ってたなぁ)、ストロベリーが出てくるもの…

こんなところが好きでした。

宮沢りえさんのシリーズでは、石橋貴明が先生役で出てきて、毎回

「先生の名前は~」

と言って黒板に何か書いて、楽屋落ちネタをやってスタジオの笑いを誘っていました。

たしか一度

「先生の名前は~」

と言って黒板に何か書いて

「オードリーです」

と言っていた回がありました。

もちろん若林、春日のオードリーのことではないです。

彼らがまだ小学生の頃の話しですから。


さすがにもう保毛尾田保毛男シリーズは流れませんでした。

3月22日の放送では、思い出のPVパロディでも、「HOMO DANCE」は流れませんでした。


しかし、見たことがないストロベリーの登場回が見られました。

それと、田舎(たしか北関東)の高校生がバンドをやる

「ロックンロール最高物語」をやっていました。

とんねるずとチェッカーズの一部のメンバーで、矢島工務店と言うバンドを組んで

「みちのく一人旅」

のロックンロールバージョンをうたっていました。

ターキー(石橋貴明の役名)のパートは琴でした。

けっこうこのシリーズも好きでした。


そう言えばどういう企画か忘れましたが、山本譲二さんが出てきて、とんねるずの二人に

「「うたはきょうじゃくちゅうじょうじゃく」だからね」

と言っていたのを思い出しました。

「うたはきょうじゃくちゅうじょうじゃく」…

当時は調べるすべがなかったため、意味は分かりませんでした。

今調べてみると、

「歌は強弱中強弱」(うたはきょうじゃくちゅうきょうじゃく)

と言うことを言っていたようです。

こちらのブログにあったのですが…

「『強弱中強弱』」へのリンク

「4拍子は

1、2、3、4が同じ強さで並んでなくて

1拍目が一番強くで

3拍目が2番目に強いってこと。」

だそうです…


さっき、30年近く前によくやっていた、保毛尾田保毛男のものまねを、台所でこっそりとやってみました。

もう技術的にも、精神的にも、昔のようにはうまくできないことがわかりました。

ああ、この番組は、私がバカだったころの思い出と一緒に、本当になくなってしまうんだな…

なんとも言えない気持ちになってしまいました。

でも、私が大好きだった「とんねるずのみなさんのおかげです」はとっくになくなっていましたが…


ネットを見ると、番組の終了を惜しむ声がたくさんありました。

意外だったのは、こんな人たちも投稿していたことでした。






好きだった時代は違うかもしれませんが、多くの人に愛されていたことがわかりました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. お笑い
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

【女子アメフト】鈴木弘子選手、ランジェリーフットボールをコーチ~WFA2018年シーズンが来月開幕

米女子アメリカンフットボールリーグのロサンゼルス・ウォリアーズのオーナー兼選手の鈴木弘子選手が、ランジェリーフットボールの選手をコーチしたことをブログに書いていました。

鈴木弘子『ランジェリー改めレジェンドリーグ』へのリンク

「ランジェリーフットボールリーグ」は現在名前を「レジェンドフットボールリーグ」を名前を変えています。

略称は「LFL」のままで変わっていません。

アメリカ(8チーム)だけではなく、カナダに4チーム、オーストラリアにも4チームあります。

鈴木選手がコーチしたのはこのチーム、ロサンゼルス・テンプテーションの選手のようです。



上のツイートの中に動画へのリンクがあります。


ところで、2月の上旬に、ニューヨーク在住の方が鈴木弘子選手にインタビューした動画(音声のみ)がありますので、リンクを貼っておきます。



アメフトをよく知らない方でも大丈夫です。

十分に驚けます。

テキストでちょっとだけ内容が書かれたものが、こちらのリンク先にあります。



鈴木弘子選手のことを知って何年も経ちますが、メディアに取り上げられるたびに知らなかったことがいくつも出てきます。

この動画の中でもいくつか出てきましたが、一番印象に残ったのは

「テニスやゴルフがどんなんものかはわかるし、出来れば楽しいんだろうな、と言うのはわかりました。

でも、アメフトはよくわからないので、アメフトをやることにしました。」


と言うような発言でした。

「よくわからない」からやらない、と言うのならわかりますが…

すげぇな、このチャレンジスピリット、と思いました。

(あと、一年間「Hiroshi」と呼ばれていたのも知りませんでした)


さて、鈴木選手のロサンゼルス・ウォリアーズですが、チームが属するリーグ、WFA(WOMEN'S FOOTBALL ALLIANCE)のリーグ戦が、来月開幕します。

上の動画でも語られていましたが、スケジュールはこのようになっています。



書き出しておきます。

(すべて現地の日付です)

4月14日 対 シンシティ・トロージャンズ (ホーム)

4月21日 対 キャピタルシティ・レイジ (ホーム)

4月28日 対 サンディエゴ・レべりオン

5月5日 対 ポートランド・ファイティングショックウェイブ

5月12日 対 カーンカントリー・クルセイダーズ (ホーム)

5月19日 対 サンディエゴ・レべりオン (ホーム)

6月2日 対 キャピタルシティ・レイジ

6月9日 対 シンシティ・トロージャンズ

書き出してみて驚いたのですが、対戦相手が昨年とガラッと変わっています。

例えば鈴木選手が在籍していたサンディエゴ・サージはIWFLと言う他のリーグに移籍したようです。




Twitterアカウントを見ると、ウォリアーズのマークも変わっています。


ウォリアーズは昨シーズン、プレイオフの初戦で敗退しました。

今シーズンはぜひとも優勝を期待しています。

チャンピオンシップはアトランタで行われるそうです。

WFAの「ロサンゼルス・ウォリアーズ」のサイトへのリンク

「ロサンゼルス・ウォリアーズ」公式サイトへのリンク

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 女子アメリカンフットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】オープン戦とはいえ、8連敗は心配~もうひとつ不思議なこと

福岡ソフトバンクホークスはオープン戦で8連敗。

一昨日、川島慶三選手のサヨナラホームランでそれを止めることができましたが、昨日も負け。

しかも1点差負けが多いように感じます。

それでも、下の記事は楽観的です。



結論としては、勝ちに行っていない投手リレーなので心配はなく、シーズンに入れば「勝利の方程式」を発動させるから大丈夫だ、と言うことです。

しかし、最後の方には、「勝利の方程式」を担うメンバーに何かアクシデント(例えば負傷とか不調とかか?)があると、その控えが育ってきていないところがリスクだ、と書いています。

控えの候補として、加治屋蓮投手、飯田優也投手をあげていて、2人の不調が懸念されています。

しかし笠谷俊介投手や田中正義投手、古谷優人投手がその座を奪うかもしれない、とも書いてあります。

私としては、それに長谷川宙輝(ひろき)投手も入れてもいいかな、とも思いますが…

とにかく、本気出せば大丈夫じゃないか、と言う記事です。


私が懸念するのは、勝ちにいかないのはかまわないけれども、連敗が伸びることがチームのメンタルに影響を与えないか、と言うことです。

スポーツの世界にはこう言う「名将の言葉」があります。



ビンス・ロンバルディが率いたチームは、それまで勝ち越しすらできませんでしたが、彼が率いてからは常に優勝を争うチームになりました。


それと、工藤監督の采配のトレーニングは不要なのか、と言うことです。

レギュラーシーズンでも、全ての試合で勝ちに行く必要はないと思いますが、どうしても行かなければいけない試合もあると思います。

そのトレーニングも必要なんじゃないかと思います。

でももうホークスを率いて4年目ですし、昨年のクライマックスシリーズと日本シリーズの修羅場をくぐってきたからには大丈夫でしょう。

まあ、明日からのオープン戦最後の3連戦には負け越さないでほしいですし、勝ちに行く試合も作ってほしいと思います。


話しはガラッと変わりますが…

このオープン戦、ホークスにホームランが目立つと思います。

こんなに大きいのを打てるチームでしたっけ、と言うぐらい。

特に本多選手はすごいですね。

嬉しいのでいくつか動画を貼っておきます。














ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】パッカーズがネルソンをカット~これは「一つの時代の終わり」なのか考えてみた

米時間の2018年3月13日はFA解禁を翌日に控えたせいか、多くの大物選手に動きがありました。

私が応援するグリーンベイ・パッカーズにも大きな動きが3つほどありました。

その中で、WRジョーディー・ネルソンのカットは、最も現実味を帯びて予測されていながらも、悪い意味で最もショックなものでした。


QBアーロン・ロジャースは、その悲しさを、twitterとInstagramにあげています。

Instagramの方が文章が長いので、そちらを貼っておきます。



「(ネルソンの背番号)87をどう表現すれば的確なのか、今日の自分にはわからない。」

と言う書き出しから、彼のグリーンベイでの功績をたたえた上で

「とても悲しいことで、こう言うことがNFLでプレイすることの厳しいところだ。」

と書いています。


ネルソンのカットに関して、

"End of an Era"

「一つの時代の終わり」

と言う言葉を添えてツイートしているアカウントが多いように感じました。

NFL公式アカウントも


個人のツイートでは、「王朝の終わり」と明確に否定的なものがありましたが、さすがにそこまではないでしょう。


私は大学で歴史を専攻しました。

ある教授の授業では

「歴史家の仕事の中で最も大事なことは、時代を分けることだ」

と言う話を聞きました。

その教授は、西洋の中世の始まりについて、ユニークな説を持っていました。

いつの何が契機で中世が始まったかは忘れてしまいましたが、聞いた時には、なるほど、と納得したのを覚えています。


そう言う観点から考えますと、ネルソンのカットが「一つの時代の終わり」と言うべき程大きいものだとは思えません。

ネルソンは確かにいい選手で、強いグリーンベイ・パッカーズを代表する選手の1人でした。

しかし、「時代」を作ったほどの選手ではないと思いますし、そもそもジェリー・ライス級でなければ、WRは「時代」を作れるポジションではないと思います。


私はネルソンのカットは、テッド・トンプソンGM体制の終わりの象徴であり、この後のQBデショーン・カイザーのトレードでの獲得、TEジミー・グラハムやDEムハマド・ウィルカーソン獲得に続く時代の始まりだと感じます。

つまり、FA戦線で動きがなかったテッド・トンプソン体制の「終わりの始まり」だと考えます。

テッド・トンプソン体制の「Beginning of End of an Era」と言うことでしょうし、そう言うことを書いてあるサイトもありました。

並行して、本当にブライアン・グートクンスト新GM体制が始まったんだなぁ、と思うことになるでしょう。


パッカーズファンは、これまであまり慣れてなかった選手の移籍のつらさと獲得の喜びを経験することになるでしょう。

でも、移籍して去っていくことはこれまでも多かったです。

そして、ネルソンに関しては、GMが変わらなくても、力の衰えから見て、カットされていた可能性が高いと思います。



(NFL公式動画「Jordy Nelson's Best Highlights with the Green Bay Packers | NFL」)

私はネルソンの、地を引き裂いていくような力強いランアフターキャッチが好きでした。

しかし昨シーズンはほとんどそれが見られなかったように感じます。

ネルソンだけではなく、チーム全体からそれが消えていたと思います。


同姓のホレイショ・ネルソンの言葉

「Thank God, I have done my duty.」



「Thank Jordy, You have done your duty in Green Bay.」

にかえて、ネルソンに贈りたいと思います。

いや、ネルソンはオークランド・レイダース入りが決まりましたが、そこからまた復活して、そして戻ってきて、「グリーンベイでの義務」を再び果たしてくれることになれば、それはとてもうれしいです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】「驚異の脚力」の周東佑京の動画を見た〜「脅威の脚力」になってくれることを願う



昨年秋の育成ドラフト2位周東佑京選手の快速ぶりがすごい、と言う記事がありました。



なんかすごそうな選手だな、と思ったら、昨日驚きの内野安打を放ったとのニュースがありました。


実際の動画がこちらにありましたので、見てみました。


バウンドが高いのでやや難しいとは思いますし、ショートの選手は一軍級ではないかもしれませんが、動きに無駄はないように思います。

ですから、これがヒットになったのは、大きいと思います。

対戦相手の守備にプレッシャーがかけられます。

それだけでも大きなアピールになったと思います。

周東選手が一番に定着するほどになれば、相手にとっては相当嫌な存在になれると思います。

代走として出陣するだけでも、嫌がられると思います。

また頼もしい選手が出て来てくれました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】「皇帝」、「王」のいるチームに移籍も、そこを支配していたのはヤギだった、と言う話し

FA移籍が可能となった一昨日の朝、NFLは実質的な018年シーズンと言う「新年」を迎えました。

そう言うわけで、昨日はこんなツイートがNFLからありました。



例年FA戦線では蚊帳の外のグリーンベイ・パッカーズですが、今年はけっこう動いているように感じます。

GM交代によるところが大きいでしょう。

その「動き」のうちのひとつが、FAではないですが、CBダマリアス・ランドールを放出し、クリーブランド・ブラウンズのQBデショーン・カイザーを獲得したトレード。

正確にはドラフト権も好感したようですが。

カイザーは昨シーズンのドラフトでブラウンズが2巡目に指名。

関しては、昨シーズンのドラフトでも狙っていたという話しもありますし、昨シーズンの対パッカーズ戦で3TD、パス成功率71.4%、レイティング99.4の好パフォーマンスでしたので、そう言うところを買って、トレードに出たんじゃないかと思います。



(NFL公式動画「DeShone Kizer's Triple TD Game vs. Green Bay! | Packers vs. Browns | Wk 14 Player Highlights」)


ところで「カイザー(Kizer)」とは「皇帝」のことで、ウィキペディアによると

「ドイツ語の皇帝号、君主号および人名。カエサルに由来する。」

とのことです。

(「皇帝」は英語では「emperor」となりますが、それはさておき)

パッカーズにはケビン・キング(Kevin King)と言うCBがいます。

私が知る限りですが、これでパッカーズは、「皇帝」と「王」がそろった唯一のチームとなりました。

「皇帝」と「王」とは、ヨーロッパでも東アジアでも意味が違い、「皇帝」の方が格が上です。

ではパッカーズでも「皇帝」の方が格上になるのか…

それはどうかわかりませんが…

明らかなのは、このチームはアーロン・ロジャースと言う「GOAT」(直訳すれば「ヤギ」ですが、ネットスラングで「Greatest Of All Time」(史上最高の存在)でヤギの絵文字「🐐」とともに使われることが多いです)が率いていると言うことでしょう。



(NFL公式動画「Why Aaron Rodgers is the Real G.O.A.T Over Tom Brady 🐐 | NFL Rush」

「なぜロジャースがトム・ブレイディよりも真の「GOAT」なのか」と言うことを説明した動画。

英語が苦手な私でもだいたい理解できるレベルのものです)

あまり考えたくはないのですが、万が一今シーズン、ロジャーズに何かあっても、皇帝がお出ましになり、事態を収めてくれることになるでしょう。

頼りにしてます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「アメフトの話しかしないライブ」について考えてみた~「【インタビュー】オードリー若林が語った"あの人"とのアメフト話「部活並みの特訓を」と言う記事を読んで

一ヶ月以上前の記事で、一度このブログでも紹介しましたが、『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』について、こんな記事がありました。



『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』については多くのメディアが取り上げてくれましたが、リトルトゥース(「オードリーのオールナイトニッポン」を聴いている人)、つまり根っからのオードリーのファンの方が書いたものは珍しいと思います。

最後の方で春日さんのお父さんが、ゴルフカートを脱線させた話し、とかは、他ではあまり知られていないと思います。

いくつも広げたい箇所があったのですが、この記事の中で一番気になった、

「アメフトの話しかしないライブをやりたいね」(若林)

のところを広げたいと思います。


3ページ目に、こう言う箇所があります。

「すみません(笑)。では、アメフトの話に戻りまして。お二人にはアメフトを流行らせたいという想いがあると思います。今後アメフトをもっと日本に広めるために、したいことはありますか?」(インタビュアー)

「この前、『NFL倶楽部』でお客さん入れて収録したんですが、それがすごい盛り上がったので、「アメフトの話しかしないライブをやりたいね」という話はしています。たとえば「with B」のコージくんは法政大のアメフト部だったんで、彼とかも呼んでライブやったら面白いんじゃないかと。」(若林)

この

「アメフトの話しかしないライブ」

は、私にとっては夢のような企画で、本当に開催されるんならぜひ参加したいですし、DVDや本にしてもらいたいとも思います。


一方で気になったのは、なぜブリリリアン・コージさんの名前だけしか出てこないのか、と言うこと。

例えば、お笑い芸人ではTwitterのアカウントをグリーンベイ・パッカーズベースにしているほどのカンニング竹山さん

女優では、何度も「オードリーのNFL俱楽部」で共演した相武紗季さん

他にも乃木坂46の斎藤ちはるさんピース綾部さんとかの名前も浮かんできますが、なぜこの人たちの名前が出てこなかったのかが気になりました。

(「「アメトーーク!」で「アメフト芸人」をやってほしい、と言う話しになると、だいたいこう言う方々を出してほしいということになります。)

単に思いついたのがブリリリアン・コージさんだけだったのかもしれません。

また、若林さんは他の人の名前も出したものの、記事になる段階で落ちてしまったのかもしれません。


真相はわかりませんが、ここでは、若林さんは意識してブリリリアン・コージさんの名前だけを出したとして話を進めます。

オードリーとブリリリアン・コージさんの共通点は、アメリカンフットボールのプレイ経験があること。

他の方々にはありません。

私にもありません。

この3人だけでトークすると、試合と言う外から見える部分だけではなく、練習やミーティングと言う見えない部分の話しで、誰も置いてけぼりにされないものが出来上がると思います。

「オードリーのオールナイトニッポン」が始まったころ「アメフトの小部屋」と言うコーナーがあり、オードリーの2人が解説一切なしでアメフトのトークをする短いコーナーがありました。

私がアメフトを見始めて20年が過ぎたころで、それなりにアメフトのことを知っていたと思いますが、それでも、「アメフトの小部屋」を聴いて、初めて知って驚いたり、笑ったりしたものでした。

アメフトをやった人じゃないとわからないことがあるんだな、と思ったものです。

(この記事の中にある「「寝るブロ」(自分の体を相手の足元に投げ出してブロックすること)」と言う箇所ですが、この「寝るブロ」と言う言葉も、「アメフトの小部屋」で初めて聞きました。

なお、チームによっては「寝ブロ」と言ったりするそうで、そっちの方が多数派、と言う声を聞いたことがあります

『オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線』にも「アメフトの小部屋」で語られていたものもあります)

アメフト経験のない人を入れると、テーマが絞れなくなるので、この3人にしたのかな、と考えました。

つまり、「体験談で盛り上がるライブ」にしたいのかな、と。


それだけじゃおもしろくないかもしれませんが、そうしないと、話が散らかる危険性もありますし…


ただプレイ経験だけだと、プレイ経験のない人は引いてしまうかもしれません。

ですが、

「練習とか、試合以外のところでは、こんなこともあるんですよ。

みなさん、そう言うところも頭に入れてアメフトを見ると、もっと楽しめると思います」

と言う形にすれば、プレイ経験のない人の興味を引くことが出来そうです。

カンニング竹山さんのように経験のない人を一人入れて、聞き役、ツッコミ役にすればそう言う形にできると思います。


また、プレイ経験のある側に、厚切りジェイソンさんを入れるのも面白いと思います、

こんな形で「アメフトの話しかしないライブ」を開いてもらえたら、きっとアメフト人気向上に貢献できると思います。

よろしくご検討ください。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

『バースデイサイエンス(Birthday Science)』で自分のことを診断してみた

最近、

「バースデイサイエンス(Birthday Science)」

と言う言葉を目にしました。

「誕生日に関する科学」と言うことで、占いっぽく感じる言葉ですが、「サイエンス」(科学)と言う言葉があるからには化学なんだろう。

どれやってみるか、と思い立ち、下記サイトで診断してみました。

「バースデイサイエンス公式でできるタイプ診断」へのリンク

結果はこちら。

20180303バースデーサイエンス結果

「納得」と「マイペース」がキーワードらしいですが…

「最近の若い人は、納得しないと動かない」とは若い頃よく言われました。

実際そうだったかもしれませんが、とりあえず納得しなくても動かざるを得ない、と考えて動いていることが多いです。

「マイペース」はその通りで、「人から余計な口出しをされることを嫌います」と言うのは当たっています。


しかし「バースデーサイエンス」で大事なことは、たぶんそれが「当たっている」とか「当たっていない」とかは問題ではなく、そう言うところもあるもんだと受け入れて、コミュニケーションスキルをあげることなんでしょう。

他人の才能を決めつけるのは、ちょっと抵抗があります。

下記サイトで、自分のタイプ、種類を見てみました。

「バースデイサイエンスの3つのタイプ、6種類の性格について | Life is Strange」へのリンク

「結果重視タイプ」

・一国一城の主

・自分のペースを乱されたくない

・ムダなことをきらい、効率を重視する

・問題解決へと導く親切心


「オウンマインド(熟慮納得)型」

・ライバルは自分自身

・ペースを乱されることが苦手

・義理堅くて親切

・自分の価値観が正しいと信じる気持ちが強い

・言葉を言葉通りに受け止める

・楽天的でのんき者

・自立心が強い

そうだったらいいなぁ…と言う「ハズレ」もありますが、そうあることを目指すことは悪くないので、目指してみますか…


「バースデーサイエンス」の研究に関する公式サイトがありましたので、リンクを貼っておきます。

「バースデーサイエンス研究所」へのリンク

こんな本も出てました。



ただ…

私は高校時代の同級生に1人、社会人で一緒に仕事をした人に1人、まったく生年月日が同じ人がいます。

その人たちと私とを比べると…同じとは思えないなぁ…

誕生日が一緒と言うだけで、才能が同じと言うことには、やはり懐疑的になってしまいます。


私は懐疑的ですが、興味のある方は、どうぞ


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 思うこと    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 出来事(仕事)
  2. / trackback:0
  3. / comment:1
  4. [ edit ]

【NFL】ピザハットが「公式ピザ」になったと言う「大ニュース」について~なんでそんなに大きく取り上げられたのか?

先週の半ばにこんなツイートをしました。



文中に書いたように、アメフト関係のアカウントを多くフォローしている私のTwitterのタイムラインに、やたら

「NFLは新しい公式ピザスポンサーとして、ピザハットを指名した。」

と言うものを見かけました。

NFL公式アカウントだけではなく、ESPNフォーブス、ブルームバーグまで、そのことをツイートしていました。

日本では、日本経済新聞だけがこのことを伝えました。



これまでスポンサーだったパパ・ジョンズとNFL、双方合意の下で契約打ち切り。

その翌日にNFLとピザハットが契約、と言う流れだそうです。


私が不思議に思うのは…

「公式ピザスポンサー」っていったいなんなんだろう?

そして、それが変わるぐらいで大ニュースになるのはなぜ?

と言うことです。


「公式ピザスポンサー」になると、日経やNFLの記事にある通り、ピザの販促活動に、NFLのチームや選手、そしてイベントなどを使うことができるようになると言うことでのようです。

NFLはアメリカでもっとも人気があるスポーツリーグです。

ピザハットはNFLファンの目に触れる機会が多くなるでしょう。

そうなると、ピザハットのことを良く思うNFLファンが増え、売り上げが伸びるだろう…

と言うのが、私にとって「公式ピザスポンサー」になることの、一番わかりやすいメリットだと思います。

他に…ピザハットを買ってポイントを集めると、NFL選手のグッズをプレゼント、とかイベントに招待、とかと言うこともできるんでしょう。

そういう事を、ピザ業界で唯一できるのが「公式ピザスポンサー」なんでしょう。


もう一つの疑問は、こちらの記事を読めばなんとなくわかりました。



日経の記事と、この「Touchdown Network」の記事によれば、「試合前の国歌斉唱の時に起立して忠誠を誓う振る舞いを行わずに抗議の態度を示す」と言う、いわゆる「U.S. national anthem protests」が背景にあるのがわかります。

(「U.S. national anthem protests (2016–present)」のウィキペディアによる説明はこちら

抗議する選手がいることによって、テレビの視聴率が下がった、と言う人もいます。

パパ・ジョンズの当時のCEO(1月に退職)は、このことで、売り上げが落ちた、と考えたようです。

彼はNFLを批判。

しかしこのことでパパ・ジョンズの売り上げはさらに悪化。

そういう事で同社とNFLの関係が冷え込み、契約を打ち切り。

と言うことになったようです。

「U.S. national anthem protests」は深刻な問題で、出口が見えません。

ですから、このニュースがここまで大きくなったのでしょう。

そして

「NFLのスポンサー契約を任期満了までに終えた初めてのケース。」

と言うことが、このニュースが注目をあびたもっとも大きな要因かも知れません。


契約後即ピザハットはこの件をCMとしたようです。



なかなか興味深い、今回の件でした。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】里崎智也もぞっこんの長谷川宙輝は期待にこたえられるのか~と、千賀とのこと

元千葉ロッテマリーンズの捕手で解説者の里崎智也氏へのインタビューで、福岡ソフトバンクホークスの野沢佑斗投手長谷川宙輝投手のことをほめていました。



「キャンプで見て凄い球を投げていました。

今年支配下登録されるか分からないですけど、非常に注目しています」

とのことだそうです。

いずれの投手も昨シーズンの終わりぐらいから注目されていたように記憶します。

そして、今年に入って長谷川宙輝(はせがわひろき)投手については、よく評価の高い記事を見かけました。

この動画はいつのものかわかりませんが、いい投球をしていると思います。



しかし、高い評価にもかかわらず、2月24日の紅白戦では、1回6失点と大炎上しました。

こちらの記事を読めば、長谷川宙輝投手の来歴から、その日の炎上までがわかります。

そして、その翌日のことも…



翌25日、長谷川宙輝投手は勇気を出して千賀投手に

「フォークを教えてください」

とお願いしたそうです。

そして自信を取り戻したようです。

上の記事は長谷川宙輝投手目線中心ですが、下の記事は千賀投手目線のことが書かれています。



私が、素晴らしいな、と思ったのは千賀のこの考えです。

「それに、(教えることで)自分のフォークも見つめ直せる」

そうなんですよね。

教えると言うことは、自分のもっているものを筋道をたててわかってもらうことです。

「教える」と言うことは、決して人のためだけではなく、自分のためになることがよくわかっていて、すごいな、と思いました。


ところで長谷川宙輝投手は2018年3月6日の埼玉西武ライオンズ戦とのオープン戦に登板しました。

たしかオープン戦2試合目だと思います。

1四球と1アウト、と言う結果でした。

1死満塁のシーンで、こんな珍しいシーンがありました。



(パ・リーグTV「【4回表】ホークス・松田がはじいて今宮がまさかのナイスフォロー!! 2018/3/6 H-L」)

今年も松田選手と今宮選手の三遊間は楽しめそうです。


話しを長谷川宙輝投手に戻しますが、オープン戦を通じて2試合で自責点ゼロですが、四球が多いようです。

キャンプが始まったころ、周囲が持った期待にこたえる結果を出せるレベルに達するにはもうちょっと時間がかかりそうですが、シーズンが終わるころには、結果を残してくれていると思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 野球    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】3度目の癌が発症したジム・ケリーの言葉が素晴らしい #KellyTough

1990年代前半に、バッファロー・ビルズを4年連続してスーパーボウルに導いたQB、ジム・ケリー。

そのうちの1度も勝てず、ビルズは4連敗しました。

しかし、4年連続してスーパーボウルに出場すると言う偉業は他にはなく、ケリーが偉大なQBであることはまちがいありません。

そのケリーに癌が再発したそうです。

ケリーに癌が発症したのは、2013年6月、2014年3月に続き3度目になります。



この2月に、ケリーはスーパーボウルの前の、NFLオナーズ(表彰式)に現れました。

ケリーとビルズの全盛期にNFLにはまった私は、彼を久しぶりにテレビで見て、ものすごく感動しました。

それから1カ月もたってないので、とても受け入れられないことです。


しかしケリーはこの事態に対し、下の記事のようなことを語っています。



やっぱりケリーはタフなQBだった、と思いました。

NFLに関する人物が病気などと闘うとき、よく

「Strong」

がついたハッシュタグを載せたツイートが見られます。

5年ほど前、インディアナポリス・コルツの当時のHCチャック・パガーノが闘病した時は

「 #ChuckStrong 」

と言うハッシュタグをよく見かけました。


しかし、今回ケリーを励ます声には

「 #KellyTough 」

と言うハッシュタグが目立ちます。

私のケリーに対するイメージにぴったりです。

本当にケリーはタフなQBだったと思います。

癌との闘いはとてもタフなようです。

でもケリーなら、それに耐えられるはずです。


余談ですが、私が初めて買ったNFL選手のジャージは、ジム・ケリーのものでした。



これがそれです。

1993年に、会社の同期がニューヨークに旅行に行くと言うので、スケジュールを調べたら、その期間にバッファローで試合があることがわかりました。

同期はアメフト好きなので、

「ならバッファローに行って試合見てくれば。

ついでに誰かのジャージ買ってきてよ」

とお願いしました。

このジャージは、売り場のガラスケースに飾られていたものだったそうです。

それを出してもらって買ったそうです。

私が初めて買ったNFL選手のジャージです。


スーパーボウルに勝てなかったこと以外、このジャージにはいい思い出しかありません。

これからもその思いが続きますように。

#KellyTough

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【CM】「クリアアサヒ プライムリッチ」で唄われている「ラスト・ダンスは私に」のこと~越路吹雪の中で一番好きな曲「

テレビから聞こえた歌声は、すぐに寺尾聰さんのものだとわかりましたが、それよりも嬉しかったのが、その歌が

「ラスト・ダンスは私に」

だと言うのがわかって、懐かしいなと思ったことです。

CMはこちら。



(アサヒグループ公式チャンネル「プライムリッチ CM 「コクも、香りも、最高級リッチへ」篇 15秒 松下奈緒」)

関連ニュースはこちら。



「ラスト・ダンスは私に」

と言えば、越路吹雪さんの曲としてイメージが強いですが、オリジナルはアメリカのコーラス・グループのドリフターズの「Save the Last Dance for Me」(1960年)だそうです。



(KoshijiFubukiVEVO公式動画「越路吹雪 - 「ラスト・ダンスは私に」~DVD『永遠の越路吹雪/日生劇場リサイタル’70』」)

私はどういうわけか越路吹雪さんのいくつかの曲が好きでした。

アルバムを買ったことがあるわけではないですが、今でもたまにこうやって名前や曲名を思い出すと、ユーチュブで聴きたくなります。

初めて聴いたのはもういつだか忘れましたが、多分中学生のころ、「鶴光のオールナイトニッポン」で聴いたものだったと思います。

曲が「愛の讃歌」だったことははっきりと覚えています。



(KoshijiFubukiVEVO公式動画「越路吹雪 - 愛の讃歌 (from 「越路吹雪 華麗なる世界」)」)

この曲はなんとなくずっと心に残っています。


これはたぶん歌詞を見なくても歌えます。

あまりうたったことはないですが、それぐらい聞きました。

これも洋楽のカバーで、フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフの "Hymne à l'amour"と言う原題の歌です。


もう20年以上も前、私が結婚したころに、義理のお母さんがカラオケが好きなので「愛の讃歌」をリクエストしたところ、それを知らなかったので驚いた覚えがります。


越路吹雪さんに関してはもう一曲、好きな歌があります。

好き、と言うか忘れられない歌です。

「Me Que Me Que(メケメケ)」

と言う曲です。

これもシャンソンで(原題は同じ)初めて聴いたのは『スネークマン・ショー 急いで口で吸え』の中でDoctor Kesselerこと加藤和彦さんがカバーしたものでした。



(Me Que Me Que - Doctor Kesseler)

後に越路吹雪さんや美輪明宏さんがカバーしたことを知りました。

越路吹雪さんのは、最後の方で、捨てられた女が男に悪態をつくのがダイナミックでした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : なつメロ    ジャンル : 音楽
  1. CM
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【MLB & NFL】「史上最高の二刀流」ボー・ジャクソンが、ロイヤルズの期限付きでコーチ(講師)に就任~彼が伝えたいものとは

MLBのカンザスシティ・チーフスは、OBでかつ元NFL選手の

ボー・ジャクソン

を、臨時講師に招聘すると発表しました。



日本でもスポーツニッポンが伝えていました。



スポニチの記事によると、多分米の4日から11日に、「臨時コーチとして」 で指導に当たるそうですが…

カンザスシティ・ロイヤルズの発表によると「guest instructor」、つまり「ゲスト講師」として迎えるようです。

でしょうね。

あくまでもアマチュアブロガーの私の感覚ですが、ジャクソンは天性の素晴らしいアスリートで、後天的なもので教えられるものなんてそんなにないんじゃないか、と思います。


ボー・ジャクソン素晴らしいメジャーリーガーであり、NFL選手した。

「MLBでもNFLでもオールスター戦に出た唯一の選手」

と言えば、どれだけすごかったかわかってもらえると思います。

特にMLBではオールスター戦でMVPに選ばれました。



(動画「WATCH!!!! Best Bo Jackson Highlights EVER!」)

残念ながら1991年に負傷を負い、NFLからは引退しました。

MLBに戻ることはでき、1993年シーズンには16本のホームランを放ってスポーティング・ニュース年間最優秀カムバック·プレーヤーを獲得したものの、3年で引退。

「史上最高の野球とアメフトの二刀流選手」

が輝いたのは、短い期間でした。

しかし今でも彼の名前を敬意を持って覚えているファンは、私を含め少なくはないと感じます。


ところで

私が本当にボー・ジャクソンが優れていたのは、片方ではあるものの、大けがからカムバックしたことだと思います。

ひょっとしたらロイヤルズが期待しているのは、そう言う時のメンタルヘルスマネジメントじゃないかな、とも思います。

アスリートが大ケガから復帰するまでには、大きな不安が付きまとうものだと思います。

本当にこの方法でいいのか、と言う心配は特に大きいと思います。

ボー・ジャクソンは、ケガの前の2つのビッグリーグでオールスター選手として君臨した選手、と言うこととともに、驚異的なカムバックを果たした選手としても記憶されるべきだと思います。

ジャクソンの全盛期にはナイキが

"Bo Knows Baseball"

"Bo KnowsFootball"

と言うコピーでジャクソンを広告に起用しました。

今は

"Bo Knows Comeback"

と言うコピーででも、ロイヤルズの選手を指導できると思います。


余談ですが、ウィキペディアには

「怪我がなければ双方の殿堂入りは十分狙えたと言われているが、これはジャクソン自身が私生活においても規律が取れた人間であり、その極めて高い身体能力に胡坐をかくことなく、非常に真面目で暴力的な面がなく、そして自己鍛錬を欠かさぬ性格だったことにも裏付けされている。」

と言う記載があります。

人格的にも素晴らしいようです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : MLB    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018年3月2日】「オードリー春日俊彰のオールナイトニッポンGOLD」を怖いもの聴きたさで聴いてみた




2018年3月2日の夜放送された

「オードリー春日俊彰のオールナイトニッポンGOLD」

を聴いてみました。

最近「オードリーのオールナイトニッポン」は時間がなくて全部聞けないことが多いのですが、今回はまだ起きている時間でしたので、全部聴けました。

普段は「オードリーのオールナイトニッポン」で、どちらかと言うと聴き役で、トークにもダメ出しがたまに出る春日。

今回果たしてどんなものになるのか、こんな言い方も何ですが

「怖いもの聴きたさ」

で聴いてみました。



感想を書いておきます。


1.一人でもイケてた

オープニングはほぼ一人で話した春日。

上からで申し訳ないですが、意外と詰まったりせずにきちんと話せているな、と感じました。

ただ、話し終わった後に

「ああ」、とか 「うん」、とか

言う言葉が入ることが多かったです。

(かくいう私も人前で話すとき、緊張しているわけではないですが「え~」と言うことが多いです)

ですがやはり一人よりも相手がいた時の方が調子が良かったように思います。

東島アナとしゃべっているときとか、電話相談とか、最後に一緒に番組を作ったチェ・ヒロシと話しているときの方が「昼のラジオ」っぽかったと思います。

それとも、時間が経って慣れたのかもしれません。


2.周りから心配されたり冷やかされたり

この番組は「オールライブニッポン」のあるゲームで勝ったので、ご褒美として春日がやれることになった番組です。

それ以来、ずっと周りの人から

「大丈夫?」

みたいなことをニヤニヤしながら言われていたそうです。

またお母さんからは心配され、毎日メール(かLINE)で

「あと○○日ですね」

とカウントダウンのメッセージが送られてきたそうです。

2日ほど前に、春日もとうとう嫌になって、もう送ってこないでくれ、とお母さんにお願いしたそうです。

また、今狙っているドッグカフェの女の子からもそう言うことを言われたそうです。

そう言えば今週は春日のこの話のニュースをよく見かけました。

例えばこれ



リトルトゥースの間ではよく知られていることなんですが…

そしてこの番組が決まってからの仕事がとても調子悪くて…

久しぶりに遅刻はするし…

「東大王」で最後勝ってしまって、場の空気をしらけさせるし…

あげくのはてには、「さんま御殿」でこの状況のことをしゃべったら、

「春日史上最高にすべった」

そうです。


3.普通のラジオ番組みたいに曲がかかる

たしか3曲、番組の間に流されました。

普段「オードリーのオールナイトニッポン」では曲は流されないので、なんか違和感を持ちました。


でも、嫌なことじゃなかったです。

かかったのは

「Live Fast Die Young」(miwaが春日の東大受験応援ソングとして作ったもの)

「Miracle Love」(牧瀬里穂 :春日が初めて買ったCD)



この歌はアメフトを知らない人でも名前を聴いたことがある人が多い、ジョー・モンタナを起用したCMに使われました。



そう言えば番組中にアメフトの話は一切なかったと思います。

最後は

「JOKER ~非力河童人間~」(聖飢魔Ⅱ:なぜだかよく聴いていたそうです)

https://youtu.be/apfeUX-vlr0

でした。


4.「春日が卒業したいこと」

本番中にメールが募集されました。

テーマは

「あなたが卒業したいこと」

でした。

春日は「ネットブラウジング」をやめたいそうです。

よく「オードリーのオールナイトニッポン」で言っている「エロパソ」のことでしょう。

なんとか努力して時間をかけないようにしようとしていて、今、1時間58分まで減らせたそうです。


何通か読まれましたが…忘れてしまいました。


5.春日、時事を斬る

斬ったテーマはこちら

「トランプ政権から辞任していく閣僚達が続々と出てくる件」

「G20開催地、宿泊施設不足で福岡から大阪へ変わった件」

「女子フィギア選手のザギトワに秋田犬が贈られた件」

でした。

2番目のに「喝」と言う言葉を使ってました。


6.ラジオドラマ

「俊彰のプロポーズ」

と言うタイトルのラジオドラマが放送されました。

ある男性(春日)が、恋人(東島アナ)にプロポーズすると言う設定で、脚本はチェでした。

プロポーズの言葉を切り出そうとするたびに邪魔が入って結局告白できない、と言うものでした。


7.響け、春日の生歌

東島アナも期待していた春日の生歌。

なんとチェの生ギターで唄うものでした。

ラジオネーム「でんでん太鼓さん」から、恋人にプロポーズをするための後押しになるようリクエストされました。

こちらです。



Twitterを「 #annkw 」で検索すると、かなり好評でした。

さすがに福山雅治ほどのうまさや技術はないですが、普通にうまいと思います。

こちらが歌っているときの光景



「オードリーのオールナイトニッポン」でもやってくんないかな。

8.生電話相談コーナー

2件の相談を受けました。

3年間付き合っている恋人がいる女子高生と、高校生を息子に持つお母さんからの相談でした。

申し訳ないですが、私は、このコーナーだけは良くなかったように感じました。

春日のペースで押しすぎたかな、と思います。


9.ポエマー春日

春日による、詩の朗読でした。

絶対に私にはやってほしくないこともありましたが、とてもいい詩だったと思います。

春日もそれをうまく読んでいたと思います。


10.エンディング

最後はチェとの会話でした。

「ベタな表現だけど、あっという間の二時間だった。

始まる前はどうなることかと心配でたまらなかったけど」

と春日は振り返っていました。

ネットではかなり好評で、また聴きたいの声が多かったです。

私も、月一で1時間でいいので聴いてみたいです。

トークや進行の技術は置いといて、一生懸命にやりとげたい、と言う気持ちが強く伝わってきました。


明日の「オードリーのオールナイトニッポン」での若林がどんな感想を語るか楽しみです。

お疲れ様でした。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】コルツの新HCフランク・ライクの2つの「大逆転」以外の印象的なこと

この動画は1948年9月9日に、西ベルリンのエルンスト・ロイター市長の有名な演説です。

第二次大戦が終わって3年後、米英仏に占領された西ベルリンが、それをとりまくソビエト連邦によって封鎖された、いわゆる

「ベルリン封鎖」(Berlin Blockade)

の時のものです。

0:36のところを聴いてほしいです。



(動画「Ernst Reuter's Speech」)

「アメリカ、イギリス、フランス、イタリアの人々よ。

このベルリンの姿を見ていただきたい。

あなたがたはこの街と人々を見捨てることはできないはずだ。

見捨てるべきではないのだ。」

と言うことをドイツ語で語っています。

ドイツ語ではこれらの国々をこう呼んでいます。

「in Amerika, in England, in Frankreich, in Italien」

この動画を見て「Frankreich(フランクライヒ)」と言う言葉が耳に残りました。

30年ほど前にこの動画を含むテレビ番組を見た私は、

「ドイツでは「フランス」のことを、本当に「フランクライヒ」と呼ぶんだな」

と思ったことを覚えています。

「Frank Reich」とは、日本語に直訳すると「フランク帝国」あるいは「フランク国」。

世界史では「フランク王国」として習うことが多いようですが、最盛期の国王カール大帝はローマ教皇よりローマ帝国の冠を戴いてますので、「フランク帝国」としても違和感はないです。

ちなみにフランク王国はのちに三つの国に分裂し、そのひとつがフランスのもとになるのですが、ドイツのもとになった国もあります。

なのにドイツ語で、「フランク族の国」と言うのはなんとなく違和感があるな、と思います。


「ドイツでは「フランス」のことを、「フランクライヒ」と呼ぶ」と言うことは高校生の時に世界史の教科書で読んでいたので知っていました。


しかし実際に音声で聴いたのは上の動画を見た時、だいたい30年前が初めてでした。

ほぼその頃に、NFLのバッファロー・ビルズのジム・ケリーの控えQBが

「フランク・ライク」

だと言うことを知りました。

調べてみたらスペルは「フランクライヒ」と同じ「Frank Reich」

おもしろい名前だな、と思いました。


そのフランク・ライクが先月、インディアナポリス・コルツのHCに就任しました。

昨シーズンは第52回スーパーボウルで勝ったフィラデルフィア・イーグルスのOCをしていた人物です。


フランク・ライクは控えQBながら、先発QB不在の時に2度の大逆転劇を指揮しました。

有名なのは1992年シーズンのAFCワイルドカードプレイオフでの32点差の大逆転。



この時はジム・ケリーの控えQBでしたが、今でもNFL史上最大の逆転劇として語り継がれています。

もう一つはカレッジで。



この時は、ブーマー・アサイアソン(後にシンシナティ・ベンガルズのQBとして第23回スーパーボウルに出場)の控えでした。

対戦相手はバーニー・コーザー(後にクリーブランド・ブラウンズに入団したQB)でした。

オイラーズとの試合で大逆転した時のフル動画はこちら。



(NFL公式動画「1992 AFC Wild Card: Houston Oilers vs. Buffalo Bills | "The Comeback" | NFL Full Game」)

これでは長いと言う方には、ビルズの追い上げシーンだけを集めたこの動画を。



イーグルス時代のライクは、そしてHCのダグ・ペダーソンは、自分たちが主に控えQBとしてNFLにいたため、その準備や、いざフィールドに出なければいけなくなった時の心構えなどを、イーグルスの控えQBニック・フォールズに伝えられたのが、イーグルスがスーパーボウルで勝った要因のひとつではないか、と言われています。

これからライクがHCとなるコルツには、鳴り物入りでドラフト全体1位で指名されたアンドリュー・ラックがいます。

ライクは前年ほとんど勝てなかったコルツを、1年目にしてプレイオフに導き、最盛期にはAFCカンファレンスチャンピオンシップにまで導きました。

およそライクとは対極にいるエリート選手です。

しかしここ2年はケガもあってあまり試合に出場できていませんし、いい成績も収められていないようです。

HCライクの最初の仕事のひとつは、このままラックをフランチャイズQBとして再生に欠けるか、それとも新しい選手を柱に据えるか、と言うことを決断することでしょう。

後者を選ぶとしたら、ひょっとしたら自分のような控えQBから選ぶことになるかもしれません。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. 歴史
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【マリーンズ】ホークスと戦って、「これからは敵なんだな」と思ったのは大隣だけではないと思う

2018年2月27日の対福岡ソフトバンクホークスとの練習試合で、千葉ロッテマリーンズの大隣憲司投手が好投しました。


2回を打者7人に投げて、出塁を許したのは、中村晃選手が粘って勝ちとったものだけでした。

最速は138キロ。

柳田選手も内川選手も討ち取りました。


大隣投手は昨オフにホークスから戦力外通告を受け、今シーズンからマリーンズに加わることになりました。

名前は忘れましたが、国指定の難病から、初めて立派にカムバックした投手です。

しかし今度は関節を痛めてからはあまり勝てず、昨シーズンはほとんど二軍暮らしで、そこでも打ち込まれることがほとんどだったと思います。

ホークスにとっては、2014年と2015年の日本一に貢献してくれた大功労者なので、もう1シーズンぐらい我慢してくれないものかと思ったのですが…

球団には球団の事情があるのでしょう。

それをアレコレ言う気は無いです。

記事から引用しますが、

「古巣で11年を過ごした。「不思議な感覚」で投げた後、「これから敵なんだな」と当たり前の事実が重さを増した。」

とあります。

大隣投手がそう思って闘わなければいけないのは当たり前です。

私のようにまだ大隣投手に未練があるホークスファンにとってもまた、大隣投手のことを

「これから敵なんだな」

と思わなければならないでしょう。


辛いことですが…


大隣投手には勝ってほしいです。

ですがホークス戦で投げる時は、全力でホークス打線が打ち込むことを期待します。

私はあくまでも出身地の九州のチームのファンですから。

でも、できれば今度こそカムバック賞をとってくれることを願います。



(動画「2/27 ホークス対ロッテ大隣”真のエースへSB千賀の決意”プロ野球 キャンプ情報」)

明るく語っている大隣投手ですが、心境は複雑でしょう。

もしそうだったら、それではいかんのです。

もうホークスは敵なんですから。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2018年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

NFL グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 オードリーのNFL倶楽部 コージと楽しむNFLライフ ホークス 和田淳 ライオンズ プロ野球  夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 オードリー NFL倶楽部 Xリーグ アメリカンフットボール 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 終戦の日 戦争 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ オーパーツ福岡SUNS ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS DAZN Twitter Amazon Hulu グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる 乃木坂46 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN 女子アメフト セイフティ メンタルヘルス イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushups #22pushupschallenge ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 城所龍磨 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT 極貧球団 クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 SNS ホームズ アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 超常現象 都市伝説 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 JINS ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ ブレーキサポートシステム 自動走行システム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 移民 12月8日 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 BAND POISON GIRL ライブ HOT-L ピッチ ファンブル ほめられサロン おれさまファンクラブ ホメラー 大石 森脇 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ロジャース パッカーズ グリーンベイ 城島 ファーブ メンタル不全支援 ジョー・モンタナ パスプロ スイム 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース サムライハイスクール 三浦春馬 ジョン・タイター 歴史ブーム タイムスリップ  ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 クライマックスシリーズ 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 立花香織 南海ホークス あぶさん 野村 景浦安武 アメフト 世界剣道選手権 六三四の剣 リオデジャネイロ 五輪 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Earth, Wind Fire 九月 Tumblr twitter 砦に拠る 蜂ノ巣城紛争 室原知幸 下筌ダム 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 錬金術 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31