2018年04月03日の記事 (1/1)

【NFL】今日『ブリリアン コージと楽しむNFLライフ』キックオフ~締めの言葉「オマハ」のことを書いておこう

いやぁ、驚きました。

昨日「NFL JAPAN」のサイトで

『ブリリアン コージと楽しむNFLライフ』

と言う企画が週一で始まることが告知されました。




上のツイートのリンク先の記事にありますように、これまでコージさんはよく、

「アメリカンフットボールに恩返しをしたい」

と言っていました。

法政大学トマホークス(当時)を主将として関東大学リーグで優勝させ、甲子園ボウルに導いたほどの選手、そしてリーダーだったコージさんがアメフトを語れば、アメフトファンは増えるでしょう。

その先を考えると、もっと大きな効果も考えられるのですが…

ひとつだけ確実なことは、絶対に「アメリカンフットボールへの恩返しになる」と言うことです。


企画は毎週火曜日に、おそらく「NFL JAPAN」( https://nfljapan.com/ )のサイトで行われるでしょう。

まず今日、第1弾が発信されるそうです。

できればこのブログで、毎週感想を書いて行きたいと思います。

シーズン中に「オードリーのNFL倶楽部」でやっているように。

コージさんの「アメリカンフットボールへの恩返し」の力になれる自信はないですが、邪魔にならない程度に。


私が知る限りでは、これまで2度、コージさんはガチでアメフトのことを語っています。

日本テレビ系列の「オードリーのNFL倶楽部」のオフトーク



そしてFM東京の、「ピートの不思議なガレージ」でです。

「第252話 アメリカンフットボール - 「アメリカンフットボールは騙し合い!」 - ピートのふしぎなガレージ -TOKYO FM 80.0MHz」へのリンク

(このサイトのコージさんの写真の上にある「Podcastを聴く」を押すと、コージさんのトークが聴けます

 ただし、コージさんが登場するまで、少し時間がかかります)

聴いてもらえるとおわかりになると思うのですが、「ピートの不思議なガレージ」では、自分のペースで、優しく、わかりやすくアメリカンフットボールの説明をされています。


テレビのバラエティ番組のトークよりも、落ち着いているように感じられます。

こんな感じで語ってくれるのか、または熱く語ってくれるのか…


注目ポイントは、動画で語ってくれるのであれば、その時のコージさんの表情です。

「NFL JAPAN」のツイートに埋め込んである動画も、サイトに埋め込んであるのも、どちらも芸人さんの表情でした。

しかしコージさんは、スポーツのこととなると、アスリート、と言うより相手選手を狩りに行くような、鋭い表情になります。

DE(ディフェンスエンド)と言うポジションがらか、ほんとうに、何もつっこめない、ある意味こわい表情になります。

動画の最中で表情が鋭いものに切り替わることがあれば、そこが見どころだと思います。


そしてもうひとつ気になるのは、NFL JAPANのサイトでコージさんが

「僕がもちろん教えれることもありますけれども、まだNFLに関してはほぼ初心者なので、皆さんと一緒に学んでいきたいな、と思っております。」

と言っていることです。

日本のアメフトファンは、NFLしか見ない人、日本のアメフトしか見ない人、とに別れていると言う人もいます。

もちろん両方みる人もいますが、少数派だそうです。

私はどちらも見ますが、ややNFLの方を見ることが多いと思います。

ただ、どっちかしか見ない人に比べると中途半端です。

そんな感じなので、コージさんが「NFLに関してはほぼ初心者」と言う言葉に驚かれるかもしれませんが、そんなに不思議なことではないと思います。

ですから、プレイしていたのでアメフトのことはよくご存じだと思いますが、NFLの楽しみ方と言うのは、アメフトを見てこなかった人と同じスタートラインから知ることができると言うことでしょう。

とりあえず考えられるのは、今月末にNFLのドラフト会議が3日間にわたって行われますので、来週か再来週には、そのことを語られるんじゃないかな、と思います。

(ちなみに私が属するグリーンベイ・パッカーズ観戦会では、その3日間ともドラフト観戦会を行う予定のようです。

私は一昨年に1日だけ参加しましたが、そう言う観戦会を開けるぐらい、NFLのドラフトは楽しいです。)


ところで、コージさんは動画やこのツイートの最後に

「オマハ」

と言う言葉で締めています。



この「オマハ」(Omaha)のことを書いておきます。

オマハとは米ネブラスカ州にある都市のことです。

2年前に引退したペイトン・マニングは、プレイを変えるときによく

「オマハ」

とコールしていました。

こんな感じです。

「Top 50 Sound FX | #36: Peyton Manning Loves Omaha | NFL」へのリンク

(最後まで「オマハ」ばかりの連続ですので、途中で見るのをやめた方がいいと思います)

これだけでは意味が分からないので、こちらの動画を

「Peyton Manning Highlights (AFC Championship) | Patriots vs. Broncos | NFL」へのリンク

この動画の2プレイ目、0:30辺りから始まるプレイでマニングが

「オマハ」

と叫んでいます。

間違っていたら申し訳ないのですが、「オマハ」は、マニングがオーディブル(予定していた作戦を、別の作戦にかえること)の時に使う暗号のひとつです。

もちろん「オマハ」以外にもあるのですが、「オマハ」が使われる回数がダントツに多く、マニングのオーディブルの代名詞とまでになりました。

しかし、なぜマニングが「オマハ」を多用したのかは、ずっと謎でした。

昨年の4月に書かれた、下記ツイートのリンク先の記事にその理由が書かれています。



これによると

「作戦を変えなければいけない時、リズム感のある3音節の単語が暗号としてふさわしかった。

「オマハ」はそれに適していた。」

みたいなことを語っています。

マニングはオーディブルの暗号に地名を使うのを好んでいたように思います。

その中には「Tokio(東京)」もありました。

私からすれば、「Tokio」でも良かったと思うんですが、アメリカ人にはオマハよりはなじみがないので、多用はできないでしょう。


さて、今日どんなものが発信されるか楽しみです。

コージさんの身内みたいな方も楽しみにしているようです。

アメフト部の同期の栗原嵩選手(IBM)はもちろん



ブルゾンちえみさん



「私は、アメフトよく知らないので、この企画で知ってくつもりですー!」

とのこと。

姐さんからダメ出しされないように願いますが、前述の「ピートの不思議なガレージ」の説明を聞く限りでは、とてもいいものが出来ると感じられますので、大丈夫だと思います。



そして、相方のブリリアン ダイキさんからも



楽しみです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト