2018年04月13日の記事 (1/1)

【ホークス】2人の「モノノフ」石川と柳田の活躍でファイターズ戦勝ち越し~「まんぶり」って何?

昨日の福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズに継投で3-0で完封。

今季初先発の石川柊太投手が7回を無三振。

そして柳田悠岐選手に待望の今季初ホームランが出ました。



そして、この2人のモノノフコンビがお立ち台へ



柳田選手の自然体の受け答えに対し、石川投手は謙虚な受け答えでした。

石川投手に関して言えば、昨シーズンからの課題ですが、球数が多いのが気になります。

でも7回無失点ですから、十分以上に期待にこたえてくれたと思います。


柳田選手のホームランを見ていると、今MLBではやりの「フライボールレボリューション(フライボール革命)」を日本で実践できる数少ないバッターだな、と思います。



ただ、柳田選手のフォームの場合、MLBのアッパースイングとはちょっと違うそうです。

この記事にそれが書かれています。


「一概にアッパースイングで打っているとは言えない。

バットを上から振り下ろし、フォロースルーで大きく振り上げる。ダウンからアッパー。

「V字スイング」で強烈なバックスピンをかけて、打球を上げている。」

とのことだそうです。


ところで昨日柳田選手が使っていた

「まんぶり」

ですが、私は意味を知らなかったので、調べてみました。

「マン振りとは、力いっぱいクラブを振ること、100%の力でスイングすることをいいます。

ためらうことなく、フルスイングするのは見ていても気持ちがいいものです。 」

と書いてある記事がありました。

ゴルフの用語だそうで、私はゴルフをやったり見たりしないので、知りませんでした。

こちらにありました。

「マン振りについて | ゴルフ総研」へのリンク

たしかにそんな感じですね。

今シーズンもギータの「マン振り」を楽しみにします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト