2018年04月17日の記事 (1/1)

【アメフト】後藤完夫さんのこと

後藤完夫さんが4月9日に亡くなられました。

アメリカンフットボール専門誌「Touchdown」誌などを発刊する「Touchdown」を創設され、実況の解説をされた方。

初めて日本にアメリカンフットボールのメディアを確立された方、と言えるでしょう。

関連するニュースを貼っておきます。







そして、togetterに、後藤さんについて投稿されたものをまとめさせてもらいました。

「後藤完夫さんを語るツイート - Togetter」へのリンク

正直なところ、こんなにたくさんんの人が後藤さんのことを慕っていたのか、と驚きました。

アメリカンフットボールはマイナースポーツですから。

しかし、後藤完夫さんがいなければ、マイナースポーツにすらなれなかったと思います。

私も、アメリカンフットボールとか知らない人生を歩んでいたでしょう。

アメリカンフットボールほど面白いスポーツはない、と私は考えていますので、後藤さんがいてくれて本当に良かったと思います。

面識はないですが、一度、川崎市の等々力陸上競技場で見かけました。

2007年の第3回ワールドカップ(現「世界選手権」)の時です。


多くの方が、後藤さんの「わかりやすい解説」のことを投稿しています。

「おっしゃる通りです」

とよく言われていたのを思い出します。


私は後藤さんの著書と、「Touchdown」「Touchdown pro」誌にかなりお世話になったと思います。

こちらは私の持っている後藤さんの著書と、雑誌の写真の一部をまとめたものです。




これらの本や雑誌から、かなりのことを知ったと思います。


私は何かを書いているときが、一番楽しいです。

特に、アメリカンフットボールのことをブログに書いているときが。

(このブログ記事は例外です)

これまでも何度か書いてきましたが、ブログを書くと、心身ともに調子が良くなります。

ですから、心身の調子が悪いときは、ブログの下書きをすることもあります。


私がアメリカンフットボールに関することをブログに書けるのは、後藤さんがいたから、と言うことが大きいと思います。

そして、万全ではない日もありますが、健康的に過ごせているのも。


後藤完夫さん、どうもお世話になりました。

ありがとうございます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト