FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【80's】から、夏の終わりに聴きたい歌をピックアップしてみた~「関ジャム 完全燃SHOW」の「心にしみる夏の終わりソングベスト10!」に刺激されて…

先週の「関ジャム 完全燃SHOW」

「心にしみる夏の終わりソングベスト10!」

と言うのをやっていました。

「少年時代」(井上陽水)などの歌が紹介されていました。

フジファブリックの「若者のすべて」も紹介されいるのを見て、初めてこの曲が「夏の終わりソング」だと知りました)

「自分でも選んでみたい」

と思いましたので、前々から思っていたのと、最近そう思うようになった曲を挙げておきます。

タイトルのトップに【80's】と書いたのは、選んだのが偶然1曲を除いて80年代の洋楽と邦楽になったからです。

そう言う年頃ですので…


1.「SUMMER VACATION」(1984年:村田和人&竹内まりや)

前々から私の中での定番の「夏の終わりソング」です。




2.「心はシーズンオフ」(1984年:おかわりシスターズ)

「オールナイトフジ」から誕生したトリオ。

特に歌がうまい、と言うことは無いと思うのですが、なんだかこの人たちの歌は大好きで、何年か前にはベストアルバムも買いました。




3.「Club Tropicana」(1983年:Wham!)

MTV全盛期を支えたグループのひとつ、Wham!(ワム)も、ほとんどのシングルが大好きです。

中でもこの「Club Tropicana」が一番大好きです。

人によっては「夏の終わりソング」に入れるかどうか、意見は分かれると思いますが、避暑地から去っていくエンディングは、夏の終わりを感じさせますので入れました。




4.「夏模様」(1983年:柏原芳恵)

80年代のアイドルがメディアに出てくるようになって久しいですが、柏原芳恵(柏原よしえ名義も)さんはほとんど見かけません。

何してるのかなぁ…




5.「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」(1980年:YUKI)

「YUKI」とは1970年代にアイドルとして活躍した岡崎友紀さんのことです。

この歌はウィキペディアにサイトがあるくらい存在感のある曲で、これまでに8回もカバーされたそうです。

その割には、そんなに「好き」と言う人は少ないんじゃないかと思います。

なんでかわかりませんが、初めて聴いたときから私はこの歌が気になっていました。

この歌も、人によっては「夏の終わりソング」に入れるかどうか、意見は分かれると思います。

ですが

「真夏の太陽が」から始まる回想の箇所があるので、入れました。




6.「想い出のサマーデイズ」(1979年:竹内まりや)

唯一の70年代の歌で、まだこの頃は竹内まりやさんはそんなに売れていなかった思い出があります。

この歌は、「ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風」と「September」の間に出たアルバム「UNIVERSITY STREET」(ユニヴァーシティ・ストリート)」の収録曲です。

結婚前の竹内まりやさんの歌には、夏をうたったものが、他にも「グッドバイ・サマーブリーズ」「夏の恋人」(1stアルバム「BEGINNING」)や「2人のバカンス」(シングル)などもあります。

その中でも私が一番好きな歌です。




7.「The Boys of Summer」(1984:ドン・ヘンリー)

この歌もMTV時代にテレビでよく流れました。

「夏の終わりソング」と言うより、冬になって夏を思い出す、と言うような歌だったと読んだ覚えがあります。

PVで、無表情にドラムを叩き続ける少年の姿が印象的です。




8.「Forever」(1997年:反町隆史 with Richie Sambora)

書く予定はなかったのですが、思い出したので書いておきます。

これが「夏の終わりソング」なんだろうか?と言う疑問もあるかもしれませんが、この歌が主題歌だったドラマ「ビーチボーイズ」が、夏とともに終わっていくのを思い出しますと、「夏の終わりソング」に入れていいかな、と思って載せることにしました。

ちょっと強引ですが…




最近女房と話したのは

「なぜ夏の終わりを悲しむ歌はたくさんあるのに、冬の終わりにそんな歌はないんだろうね」

と言うことです。

もしかしたら「9月(September)」の歌が多いのは、夏の終わりを悲しむ歌が多いのと関係があるのかな、とも思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : お気に入り&好きな音楽    ジャンル : 音楽
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

「【#22】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:ベテランが見せた気迫のプレー!」のこと~パブリックビューイングにコージさんがゲスト出演


さすがに今日のロゴはわかりました。

旗の絵はこのチームだけですし、なにより似てましたから。


さて、プレシーズンゲームもほぼ各チーム3試合が終わり、あと1試合終われば、レギュラーシーズンゲーム、つまり公式戦、プロ野球で言えばペナントレースに入ります。

コージさんは応援するロサンゼルス・ラムズのRB#30トッド・ガーリーのジャージを着ての出演でした。

今週はラムズも、もうひとつ応援しているオークランド・レイダーズも勝ってご機嫌でした。

今回も2つのプレーの解説でした。

これについては、技術的なことはコージさんがすべて語ったので、取り上げられた選手のことを書きます。


1..ピーターソンのニックネームはどっち?

最初に紹介されたのは、ワシントン・レッドスキンズのRBエイドリアン・ピーターソン(Adrian Peterson)

超一流選手です。

2012年には2,097ヤードを走り、シーズンMVPを獲得しました。

私の解釈では、1シーズンに1,000ヤード走れば一流RBですが、その倍の2,000ヤードとなると超一流です。

1シーズン2,000ヤードを走ったRBは、100年近いNFLの歴史の中でも、これまで7人しかいません。

ですから、ピーターソンはすごい選手なのです。

しかし今年33歳で、ピークを超えているとは思います。

コンスタントにいいランは出来ないかもしれませんが、まだファンを驚かせるランはできることがあると思います。

この、これまでのハイライト動画のように。



(NFL公式YouTube動画「Adrian Peterson's Dominant Career Highlights | NFL」)

エイドリアン・ピーターソンのことを、名前の頭文字をとって「AP」と言う人もいれば、7歳の頃からの彼のニックネーム「All Day」(試合を通じてずっと出続けている、と言う意味だったと思います)の頭文字の「AD」と言う人もいます。

昨年も、どっちが正しいのか、と言うネット記事を見つけましたが、読み忘れました。

最近もそう言う記事が、このリンク先にありますので、興味がある人は読んでみてください。



ウィキペディアによると、本人はどちらでもいいようです。


2.ハーバード大出身選手

2番目に紹介されたのは、タンパベイ・バッカニアーズのQBジャーミス・ウィンストンからWRクリス・ゴッドウィンへのTDぱすでしたが、ここではその後紹介されたハーバード大出身の選手のことを書きます。

多分あの選手はQBライアン・フィッツパトリックです。

2005年にドラフト指名されて、これまで7つのチームでだいたい控えQBとして迎えられるのですが、不思議なことにどのチームでもエースQBが出場できなくなって、代わりに先発QBとして出場しています。

昨シーズンもバッカニアーズで3試合に先発。

今シーズンはエースQBウィンストンがレギュラーシーズン開幕から3試合の出場停止処分を受けていますので、おそらくフィッツジェラルドがその間先発することになるでしょう。

不思議な選手です。


それほどチームに勝利をもたらしてくれるQBではないので、ヒューストン・テキサンズ在籍時には、「オードリーのNFL俱楽部」で、テキサンズを応援している若林さんからいろいろと言われていました。

(ちなみに春日さんがバッカニアーズを応援していたころ、春日さんはウィンストンのことを、ずっと名前を覚えられないと言う設定で「3番の人」と呼んでいました。)


ハーバード大学はアメリカの名門アイビーリーグのひとつで、その創設はアメリカ合衆国建国(1776年)よりも100年以上も昔の1636年です。

ハーバード大のアメフト自体ははそれほど強くはないのですが、NFL入りしたのはこれまで40人近くいます。

フィッツジェラルドを含んで6人が現役です。


3.コージにオマハな質問

今回の質問はこれ



まず線についてはコージさんの説明通りで、青いラインがプレイが始まるときにボールが置かれている場所を、黄色いラインは「ここまで行けばファーストダウンで、攻撃を続けることができる」と言う場所を指します。

ですから、試合を見るときは、とりあえず応援しているチームが黄色いラインを超えることを願って見ています。

この線はコージさんも言っていましたが、テレビやネット放送の時に、放送側がわかりやすいように画面にひかれているラインで、実際にはフィールドにはひかれていません。

このラインが表示されるようになったのは、私の記憶では1994年頃だったと思います。

それまではどうやって、どこまで行けばいいのか、を把握していたかと言いますと…

多分ラインの外に立っているチェーンクルーと呼ばれる人たちを見て把握していたと思います。

この人たちの立ち位置で、ファーストダウンがどこかがわかるようになっています。

今でも試合を現地に見に行くと、そう言う見方をします。


審判の背番号ですが…

審判に背番号があるのは知っていましたが、それに意味があるかどうか、私は考えたことはありませんでした。

選手の場合、NFLではポジションンによってつけていい番号とそうではない番号があります。

審判に背番号があるのは、審判の働きを評価するため、審判を特定しやすいようにしているんじゃないかと思います。

また、審判にはポジションがあり、それぞれ役割があります。


4.パブリックビューイングの告知

来週の金曜日にNFLのレギュラーシーズンが開幕し、フィラデルフィア・イーグルスとアトランタ・ファルコンズとの試合1試合が行われます。

最近の開幕は、ほとんどの球団がいっせいに試合を行うのではなく、まず9月の最初の木曜(日本では金曜)に、前シーズンのスーパーボウルチャンピオンが、同じカンファレンスの強豪チームが戦う1試合のみが行われ、その3日後の日曜日(日本では月曜)に多くの球団がいっせいに試合を行う形式になっています。

そのイーグルスとファルコンズの試合が、リアルタイムではないようですが、東京・恵比寿の『act*square(アクトスクエア)』でパブリックビューイングが行われ、コージさんもゲストとして出席するそうです。



ゲストのMCは有馬隼人さん(アサヒビールシルバースターHC)です。

コージさんと有馬さんのイケメンコンビと言うことになります。

恵比寿は私の通勤路にあるので、行こうかどうか思案中です。

行けば楽しいのはわかっているので…


もうひとつパブリックビューイング、と言いますか観戦会のお知らせを…

もう何シーズン目になるかわかりませんが…

今シーズンもグリーンベイ・パッカーズファンによる観戦会が、原則月曜が祝日の日に行われます。

9月は17日と24日にやります。

詳細はこちらのツイートのリンク先にあります。



2試合とも午前2時キックオフで、東京ではリアルタイムでやります。

たぶんこれほど熱心に観戦会をやるのは、日本ではパッカーズファンが一番だと思います。

幹事さん達がそう言うことをするのが好きな人なので、助かっています。

パッカーズ観戦会には老若男女、様々な方があつまります。

例えば昨年12月の観戦会の写真がリンク先にあります。

まったりパッカーズ「Week16観戦会報告とWeek17観戦会案内(遅すぎ!)」へのリンク

私は出席していませんが(;^_^A

基本的にパッカーズのファンの集まりですが、対戦相手チームを応援しなければ参加可能だったと思います。

よかったら参加してみませんか?


5.この配信はいつまであるんだろう?

「コージと楽しむNFLライフ」は、オフの間だけ、始まったばかりの頃にどこかで読んだ覚えがあるのですが…

まだまだ #コージにオマハな質問 を募集していますと昨日の配信で言っていたことを考えると、これはレギュラーシーズンが始まっても続くのかな、と思ってしまいます。

配信が水曜に動いたときからなんとなく感じていたのですが…

NFLの一週間は、日本時間の金曜の午前に始まり、火曜日の午後過ぎに終わります。

レギュラーシーズンが始まると、火曜日正午の配信ではタイミングが良くないのです。

水曜日の正午配信なら、その一週間の全試合のことが語れるようになりますから。

まだまだ続くのであれば、この配信を盛り上げてくれた方々のおかげだと思います。

マジにそう考えています。

好評だから続けよう、と言うことになったのでしょう。

これからも盛り上げていきましょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】オーパーツ福岡SUNS、X1昇格を目指して、9月9日X2初戦キックオフ~9月29日には福岡でも試合開催



9月9日(日)に、アメリカンフットボール社会人リーグ2部西地区、X2WESTのリーグ戦がキックオフ。

今シーズンからX2に昇格したオーパーツ福岡SUNSも、鶴見緑地球技場で西宮ブルーインズとX2初戦を戦います。



そして、9月29日(土)には、初めて地元でXリーグチームとの公式戦を戦います。

20180826オーパーツ福岡SUNS2018スケジュールの画像

私の記憶では、まだXリーグと言う名称ではなかったころの、関西や関東の社会人リーグのチームが、遠征して福岡で試合を行ったことはあると思いますが、Xリーグの地元チームが、本拠地に相手チームを迎えて公式戦を行うのは初めてのことだと思います。

ですから、今後オーパーツ福岡SUNSが発展していくうえで、この試合はかなり歴史的なものになると思います

チームは1,000人以上の観客動員を目指しているそうです。

昨年創設されて、最速の3年目でX1昇格を目指すチームのためにも、多くの方が足を運んでくれることを願っております。



さて、ここまでのオーパーツ福岡SUNSの戦いぶりを書いておきます。

まず、2回目の参加となった、春の「グリーンボウルジュニアトーナメント」では連覇を果たしました。



(Fukuoka SUNS福岡SUNS /福岡サンズ公式YouTube動画「【ハイライト】オーパーツ福岡SUNSvsゴールデンファイターズ(2018年7月1日)」)

関連ニュース2件のリンクが載っているツイートをおいておきます。





最初のツイートにもありますように、チームは15連勝です。

たぶんこれまで公式戦では負けたことがないと思います。

しかし、2番目の記事の最後にありますように、4月22日にオープン戦としてX1西地区の強豪、エレコム神戸ファイニーズを福岡に迎え対戦。

14-38で破れています。



(Fukuoka SUNS福岡SUNS /福岡サンズ公式YouTube動画「【ハイライト】オーパーツ福岡SUNSvsエレコム神戸ファイニーズ(2018年4月22日)」)

やはりX1の強豪は違う、と言う結果を見せつけられました。

しかし下のツイートにありますように、

「多く得るものがありました」

と言うことですから、いい経験だったはずです。



9月9日の対戦相手、西宮ブルーインズは吉野至代表兼選手の前の所属チームです。

この試合に勝つことができれば、それは「恩返し」と言う表現もできるでしょう。

しかし、いくら勝てたとしても、まだまだX2のチームから学ぶことは多いと思います。

ファイニーズから得たものだけではなく、対戦するX2チームからいろんなことを学びながら、オーパーツ福岡SUNSはX1昇格戦を目指し、そしてX1チームとの昇格戦に臨んで勝ってくれれば、と願います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】4つのジンクスを思い出した、対ライオンズ3連勝

先週金曜から昨日にかけ、福岡ソフトバンクホークスは本拠に埼玉西武ライオンズを迎え3連戦を戦い、3連勝しました。

私はこの3連戦で「4つのジンクス」、いや、正確には「3つのジンクスと1つのたまたま」を思い出しましたので、そのことを書いておこうと思います。

1.8月24日-ホークスに勝ったことがない菊池雄星投手が先発

ここ数年無双の活躍を見せているライオンズの菊池雄星投手ですが、不思議なことにホークスには勝ったことがありません。

この日はその菊池投手が今シーズン初めてホークス戦に登板。

今シーズンのホークスの不調を考えると、今回は菊池投手が勝ってもおかしくないかな、と悲観も頭をよぎったのですが…

結局この日もホークスに勝てませんでした。



(SBHawksOfficial公式YouTube動画「【試合ダイジェスト動画】 8月24日(金)vs 埼玉西武」)

でも素晴らしいピッチングでした。

こちらにスコアがありますが…

8回を完投し10奪三振で3失点と立派なものです。

勝ち投手になれた千賀滉大投手に

「改めてすごいなと再確認しましたし、自分はまだまだだなと思いました。ああいうレベルになれるようにできればなと思います」

と言わせるほどでしたから。



柳田悠希選手に

「もう一度やれと言われても無理」

と言うホームランを打たれたのが不運だったと思います。

(ホントに、あんなんでよくバックスクリーンに持っていけるよな、と思いました。)

でもそう言うのを打たれてしまうのがジンクスなのかなぁ…

しかし、ライオンズやそのファンに希望を持たせる投球だったと思います。


2.松田対十亀の驚異の愛称

「十亀は前世で松田によほどの恩恵を受けたんじゃないか」

とも言われるぐらい松田宣浩選手に相性が悪い十亀剣投手。

この試合でも松田選手にタイムリー、ホームランと打ち込まれ、3打席目は四球を与えました。



(SBHawksOfficial公式YouTube動画「【試合ダイジェスト動画】 8月25日(土)vs 埼玉西武」)

試合の記録はこちら

でも5回までは松田選手以外は、四球は多かったものの無安打無失点に抑えているんですよ。

それなのに松田選手には打たれてしまうのは…

これもジンクスなのかな、と思ってしまいます。


3.大竹が勝てない…

こちらはジンクスとしてはまだ確立されておらず、例外もあるのですが…

ホークスのルーキー大竹耕太郎投手が、好投しつつも勝てない試合が続いています。

初登板となった試合こそ勝利投手になれたのですが…

昨日も勝ち星を逃しました。



(SBHawksOfficial公式YouTube動画「【試合ダイジェスト動画】 8月26日(日)vs 埼玉西武」)

2回で6-0とリードした時は、この試合では勝利投手になれると思ったのですが…

試合の記録はこちら

これで3試合連続でQSを達成したのですが、すべてで勝利投手になれませんでした。

まあそれでも、中田賢一投手の100勝目に貢献できたのなら、そんなに残念でもないんじゃないでしょうか。

と言うか、そう思ってほしいです。

これから何度もリリーフ投手に助けられることになると思いますから。



4.今後の展望と、もう一つのジンクス

この3連勝でホークスは首位ライオンズに5ゲーム差まで迫りました。

このカードも含めホークスは9連勝。

なかなかできないことだと思います。

でも、まだ5ゲームもあるのです。

冷静に考えると、まだライオンズのほうに分があるように、私は思います。


そして4番目のジンクスですが…

ライオンズがまだきっていないカード

「オードリー春日さんが観戦に来ればライオンズは負けない」

と言うものが残っています。

これをきられたら、いよいよホークスもきついなぁ…

所沢でのホークス戦に3試合でも招待すれば、ライオンズは優勝確実なんじゃないかな…

とか思うものの、そうはならないでほしいと思うのでしょうか。


真面目な話をすれば、先週は上位2チームとの対戦で、かなりホークスは消耗していると思います。

森唯斗投手なんかは昨日までで5連投だと思うのですが…

以前、

「ホークスはもう今シーズンのリーグ優勝をあきらめてほしい」

と言うことを書いたのですが、ここまで来たらまだあきらめてほしくない、とも考えるようになりました。

でも、今年無理をしたら、来シーズン以降が心配なのですが…

まあ、なるようにしかなりません。

相手のあることですから。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【オードリーのNFL倶楽部】2018年シーズン初回放送に相武紗季さんが出演~NFLファンとしての相武紗季さんの印象

9月13日(木)23時に、日テレG+で、「オードリーのNFL倶楽部」の2018年シーズン初回放送が始まります。

そして、初回からゲストに

相武紗季さん

を迎えます。


相武さんは2015年シーズンから月一ゲストとして2シーズンこの番組に出てくれました。

昨シーズンは、たぶん育児のためにお手紙だけの出演でしたが…

相武さんには「カムバック賞」をあげたいです。

(余談ですが、スーパーボウルの前のNFLオナーズで3回ぐらい番組のインタビューに応じてくれた、元ニューヨーク・ジェッツのQBジョー・ネイマスは、NFLのカムバック賞を受賞したことがあります)


今回は、私の主観がメインとなりますが、この番組に出ている時の相武紗季さんの印象などを書いておこうと思います。


1.若林並みにテンションが高い

この番組では、他の番組ではみられないほど高い、若林のテンションが見られますが、相武さんもそれに匹敵するくらいテンションが高いと感じます。

例えばこれとか



(日テレ公式チャンネル公式YouTube動画「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:ブリッツを破る②」)

誰が担当するのかわかりませんが、女子アナさんは大変だと思います。

特に新人だったら。

春日も入れて3人のトークをまとめなければいけないのですから。

シーズンの初回放送ですから、いつもよりテンションが高いはずです。

前に相武さんと一緒に出ていた尾崎アナや、「おい」こと滝アナならまだいいでしょうが…

久しぶり、25年ぶりぐらいになるかと思いますが、いっそ豊田順子アナにまとめてもらいますか。


2.熱いNFL愛

相武さんは、ガチでNFLのことが好きなようです。

仕事の移動中に、試合の動画とか見てると言ってましたし、去年のスーパーボウル、仕事中だったものの出番ギリギリまで試合を見ていたと言っていた記憶があります。

昨シーズン、相武さんが12/2に放送された回に送った手紙には

「NFL倶楽部、見てます。

49ナーズの試合を観るのが辛すぎる、とお伝えください!涙

もうホントに観るのが辛くて早送りして見てます。

ペイトリオッツを応援しております。」


と書かれていたそうです。

いや、本当にNFL、そしてサンフランシスコ・49ナーズのことがすごく好きなんだな、と感心しました。

早送りしてまで見るなんて…

少なくとも私より、NFLについて熱い方だと思います。


最近こんなツイートもありましたし



そして49ナーズが行けそうもなかったら、他のチームを応援するのは、私と似ていると思います。

イチオシのチームはあるものの、そのチームが行けそうもなくなったら他のチームを応援する…

一見、イチオシのチームへの愛情が薄いように見えるかもしれませんし、実際そうかも知れません。

でも、だったらそこでNFLの試合を見るのをやめないところは、本当にNFLが好きなんだな、と思いました。

私もNFLが好きですからそうしますが、これがプロ野球だったら、応援しているチームが行けそうもなくっなったら、もうそこで私のプロ野球シーズンは終わりです。

パッカーズ愛が薄い、と言うより、それぐらいNFLはおもしろいのが理由だと思います。


たしか2015年シーズン、番組かオフトークかのどちらかで語られたか忘れましたが、相武さんは、何人か49ナーズ以外の選手の名前を挙げた後

「結局どの選手も好きなんですよ。

その選手が背負ってきたものとかを知ってしまうと、好きになってしまうんですよ。」

と言っていたような覚えがあります。

私もそうです。

パッカーズ以外にも、他チームに好きな選手がたくさんいます。

相武さんは根っからのNFLファンだと思います。


3.相武紗季さんは今シーズン、どこを応援するのか?

相武紗季さんは、語学留学先を「49ナーズがあるから」と言う理由でサンフランシスコにしたほどの、サンフランシスコ・49ナーズのファンです。

しかし、出演されていた2シーズンはいずれも49ナーズは不調で、いずれも途中からニューイングランド・ペイトリオッツ、そしてQBのトム・ブレイディを応援することになりました。

前述の相武紗季さんの手紙に

「49ナーズの試合を観るのが辛すぎる」

と書いていましたが、その後ぐらいから49ナーズは先発QBを、ペイトリオッツから獲得したジミー・ガロポロに替えました。

するとそこから連勝街道で、そのまま5連勝でシーズンを終えました。

(プレイオフには出られませんでした)

ですから、今シーズンは期待できると思います。

49ナーズを応援してほしいなぁ…



(NFL公式YouTube動画「Jimmy Garoppolo's 2017 Season Highlights that Got Him PAID💰💰 | NFL Highlights」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【朗報】NFL選手名鑑2018年シーズンは8月31日発売

ありがたいことに、今シーズンもベースボールマガジン社から、NFLの選手名鑑が発売されます。

タイトル:「NFL2018-19イヤーブック&名鑑」

ISBN:9784583625560

発売日:2018年8月28日(金)

値段:1,650円(税込)


ネットでこの雑誌のことを検索したり、本屋で予約するときは、ISBNを検索ワードにすると、間違いが起こりにくいと思います。

ただ、長いので読み間違えたり、うまく伝わらなかったりするかもしれませんが…

「ISBN 9784583625560」

で検索すると、例えば以下のオンラインショップサイトが見つかります。

http://www.hmv.co.jp/artist_Magazine-Book_000000000120251/item_NLF2018-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%86%99%E7%9C%9F%E5%90%8D%E9%91%91-B-B-MOOK_8976913

でもタイトルが微妙に違うので、タイトルだけでは見つからないかもしれません。

でもISBNなら間違いないです。

私は選手の情報より、各地区の予想や、読み物が好きです。

そう言うのを読みながら、物を食べるのが大好きです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#21】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:必見のロングパス&フットボールの投げ方のコツ」のこと~ #グリーンベイパッカーズ を応援する楽しみ

チーム紹介が終わって、最近動画が短くなったなぁ、と思っていましたが、今回の動画は約10分と長いものでした。

今回は、プレーだけではない楽しみ方も紹介されました。




1. #ロゴを書いてみたシリーズ

先週もありましたが、本編ではなく、TwitterなどのSNSでは、コージさんがあるチームの動画を書いていました。

今回は私の操作ミスで、最初に答えを見てしまったのですが…

それでもジャクソンビル・ジャガーズには思えないなぁ…

このシリーズ、来週も楽しみです。


2.ブレット・ファーブと言う選手

私が操作ミスをしたのは、コージさんが着ていたジャージに驚いたからです。

7年前に引退した、QBブレット・ファーブのものでした。

私も同じものを持っていて、パッカーズのオフ会に着て行ったりしています。

ファーブは主にグリーンベイ・パッカーズで活躍した選手で、ペイトン・マニングに破られるまでは、QBに関する多くの記録を持っていました。

1992年にアトランタ・ファルコンズからトレードでパッカーズに移籍。

私がパッカーズを応援するキッカケになったQBドン・マカウスキの控えQBとなりました。

その年の9月20日の対シンシナティ・ベンガルズ戦でマカウスキが負傷退場すると、ファーブが登場しました。

この動画の最初のものになります。



(NFL公式YouTube動画「Top 10 Brett Favre Moments as a Packer」)

その試合を逆転勝ちに導くと、それから2007年シーズンが終わるまでの15シーズンあまり、ファーブはずっとパッカーズの先発QBとして出場し続けました。

その後ニューヨーク・ジェッツ、ミネソタ・バイキングスでもプレー。

297試合連続先発出場と言う記録は今でも破られていません。

また338回もインターセプトされたことも歴代最多(マニングは251回で引退)で、この記録はおそらく破られないでしょう。

こんなにインターセプトされるQBは、普通試合にだしてもらえません。

しかし、そのリスクを補って余りあるほどの期待を、ファーブは持たせてくれました。

最初の作戦が崩れても、そこからなんとかパスを通すのです。

史上初の3年連続MVP獲得。

1996年シーズンには、チームを29年ぶりにスーパーボウル制覇に導きました。

日本でも、ファーブのプレイを見て、パッカーズのファンになった人は少なくないと思います。

こちらに、昨年日本からグリーンベイに試合を観戦に行く人たちを特集した記事があります。



この中にも

"After seeing Favre's play of that game, I thought that 'I will support them,' "

(「ファーブのプレーを見た後、パッカーズを応援しようと決めた」)

と言う方の声もあります。

2008年の復帰騒動のゴタゴタガあって、あまりいい印象を持っていない人もいますが、私としては、ブレット・ファーブはグリーンベイ・パッカーズにとって大事な人物だと思います。

こんなTシャツも買いましたしね。

20150714ファーブのTシャツ

なお、グリーンベイ・パッカーズはブレット・ファーブの功績をたたえ、背番号4を永久欠番としています。


2.パスプロテクション

すみません、ファーブのことで熱くなり、長文となってしまいました。

さて、最初にコージさんが紹介してくれたプレイは、カンザスシティ・チーフスのQBパトリック・マホームズからWRタイリーク・ヒルへの69ヤードのTDパスでした。



(動画「Can't-Miss Play: Mahomes, Hill beat triple coverage for 69-yard TD | preseason week 2 2018」)

コージさんの言う通り、このプレイでは最前列のオフェンスラインが、QBマホームズがタックルされないように、かなり長い時間ディフェンスの選手を止めています。

このオフェンスラインの活躍がなければ、このパスは通らなかったでしょう。

パスを投げようとするQBを守ることを

「パスプロテクション」(「パスプロ」と略することもあり)

と呼びます。

ちなみにこの「69ヤード」の測り方ですが…

この長さは、QBがボールを投げた距離ではないのです。

プレイが始まる前にボールがあった位置から、ヒルがボールを捕って5ヤードほど走ってエンドゾーンに入るまでの距離です。

アメフトでは、○○ヤードのパスと言えば、このように、プレイが始まる前にボールがあった位置(「スクリメージライン」と言います)から、パスを投げて、ボールを捕って、そしてその後走った距離もプラスされます。

なお、

「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:パスプロテクション」

でYouTubeを検索すると3本オードリー若林さんがパスプロテクションを解説している動画が見つかります。

うち、一番古いもの(たぶん2015年シーズン)が最もわかりやすいと思いますので、貼っておきます。



(日テレ公式チャンネルYouTube動画「「オードリーのNFL倶楽部」若林の熱視線:パスプロテクション①」)


3.ランボーリープ(Lambeau Leap)

次はグリーンベイ・パッカーズ対ピッツバーグ・スティーラーズの試合から、こちらの、QBアーロン・ロジャースからTEジミー・グラハムへのTDパス。



コージさんが紹介したのは、TDの後、グラハムが客席に飛び込んだこと。

「ランボーリープ(Lambeau Leap)」

と言われるセレブレーションです。

「ランボー」は、グリーンベイ・パッカーズの本拠地がランボー・フィールドと言う名前だから。

(ランボー・フィールドは8万人を超える収容数を誇りますが、これは人口8万人のグリーンベイ市の市営球場です)

「リープ」は飛び込むこと。

ランボー・フィールドでパッカーズの選手がTDをあげると、客席に飛び込んで、ファンの祝福を受けるセレブレーションがあります。

これが「ランボーリープ」です。

コージさんが語っていた通り、ファンと選手の「パッカーズ愛」が共有されて、これこそあるべきスポーツクラブの姿だと思わされます。

こう言うファンとチームの強いきずながあるので、私はグリーンベイ・パッカーズのファンをやめられないのです。


ちなみに、ウィキペディアで調べたら、一番最初にランボーリープをやったのは、1993年12月26日の対ロサンゼルス・レイダーズ(現オークランド・レイダーズ)で、意外にもディフェンスの選手、リロイ・バトラーでした。

こちらの動画にあります。



(動画「The First Lambeau Leap (Original Broadcast)」)

対戦チームの選手がやるときもありますが、たいていはパッカーズのファンにフィールドに押し返されたりと、手荒いことをされます。

この試合では、スティーラーズのWRジュジュ・スミス‐シュースターもやっていますが、成績とは関係のないプレシーズンゲームなので、ファンから歓迎されていたようです。



こう言うものを楽しみにするのも、NFLを見る楽しみだと思います。


プレーのことを少し書いておきます。

昨シーズンを棒に振る鎖骨骨折から「完全復活」したQBアーロン・ロジャースから、今オフにシアトル・シーホークスから移籍してきたTEジミー・グラハムへのTDパスですが…

ロジャースがいつも通りうまくディフェンスをかわし、長身のグラハムへ、ディフェンスの選手が届かない高さへピンポイントに投げた、見事なものでした。

前も書きましたが、アーロン・ロジャースは、パスのうまさでは歴代最高のQBです。

ディフェンスをよけるのがうまく、また、いいタイミングで走り出したりします。

本当に見ていて楽しい選手です。

カンニング竹山さんも、先週こんなツイートをしています。



そしてジミー・グラハムは、最近は力が落ちてきたと言われていますが、ニューオリンズ・セインツ時代は、この選手は止められない、と感じさせる素晴らしいTEでした。

初めて見たときは、パッカーズにこんな選手がほしい、と思ったものです。

その願いは7年ぐらいたって、とりあえずかないました。

あとは、ロジャースのパスのうまさで、復活してくれるのを願うのみです。

グラハムはランボーリープができたことを喜ぶツイートをしています。



「ウソじゃないよな。

俺はこの時をずっと待っていた。」



4. #コージにオマハな質問

今週の質問はこれでした。



私はアメフトをプレイした経験はなく、ゲームセンターで、アメフトのボールを穴に通すゲームをやったぐらいしかボールを投げたことは無いですが…

とにかくまっすぐに飛んで行ってくれないです。

コージさんの言う通り、ちゃんと縫い目(「レース」と言います)に指をかけて、うまく投げないとスパイラルがかからず、まっすぐに飛んで行ってくれないです。

コージさんはボールを投げるポジションではなかったので…練習をしなかったのでしょう。

それでも55ヤード投げられるのはすごいと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】Xリーグ、来シーズンよりX1をトップリーグの「X1Super(スーパー)」とその下位リーグ「X1Area(エリア)」に分ける新制度に~わかりやすい優勝争いと、エキサイティングな試合を提供

アメリカンフットボールの社会人リーグ、Xリーグは、来シーズンから現在1部リーグにあたるX1リーグを

上位8チームの「X1Super(スーパー)」(8チーム)

その下位リーグの「X1Area(エリア)」(4チーム×3地区)

に分けてリーグを運営するそうです。



「X1Super」には、今シーズンJXB(Japan X Bowl)トーナメントに出場する8チームが。

「X1Area」には、上記トーナメントに出場できなかったX1の10チームと、X2から昇格する2チームの合計12チームが割り振られます。

「X1Super」の各チームは総当たりのリーグ戦7試合を闘い、上位4チームがトーナメントに進出し、社会人チャンピオンを決めるJapan X Bowl進出を決める方式となります。

これまでJapan X Bowlへのシステムがわかりにくかった私としては、単純に「X1Super」だけを見ていればいいので、考え方が楽になっていいんじゃないかと思います。

下の記事の見出しを見ますと、私以外にも少なからぬ人たちが「わかりづらい」と思っていたようです。



わかりやすくすることで、複雑なシステムを敬遠していた人々もファンになるかもしれません。

また、記事中にあるように、これまでは「リーグ内の実力差が大きく」と言う状態で、一方的な試合も多くありました。

これも解消されるでしょう。

ただし、アメフトは試合中に歯車が一歩狂うと、大差がつきやすい競技ではありますが…


ちょっとわからないのが、来季「X1Area」に昇格できるX2のチームはどうやって決めるのか?

もちろんX2で今シーズン良い成績を残した2チームが昇格するのでしょうが…

現在X2は3地区制なのでその中からどうやって2チームに絞るのか気になります。

私は今季X2に昇格した、オーパーツ福岡SUNSが、今季X1昇格することを応援していますので。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【日大アメフト部】宮川選手が復帰へ~タックルされた関学大奥野選手のお父さんも歓迎

5月6日の関西学院大学ファイターズとの試合で、危険なタックルをした日本大学フェニックスのDL宮川泰介選手が、日本大学フェニックスに復帰するそうです。



上の記事によりますと

「一番つらい立場のチームメートを何もせずに見てるのではなく、一緒にチームの再建に関わっていきたい」

と謝罪の後に復帰の意思をチームメイトに語れば、

「宮川選手一人に責任をかぶせて申し訳ない。また一緒にやりたい」

との声も選手側からあがったそうです。

宮川選手は9月1日付で正式に就任する橋詰功監督とも面談したそうです。


とにかくよかったと思います。


以前、法政大学トマホークス(当時)の主将だったブリリアン・コージさんが

「選手としての最後のプレイは今でも夢に見るほど大事なもの。

宮川選手の選手生活があれらのプレイで終わるかと思うと残念で仕方がない。

もし可能であるならば、しっかり反省して、もう1回やって頂きたい」

と言っていました。

その通りになりそうで、良かったと思います。

「最後のプレイ」をやり直せるチャンスを得たのですから。

ただ、日大は今シーズンは対外試合は出来ず、来シーズンは甲子園ボウルには出られない実質的な2部リーグのBIG8でプレイし、1部に相当するTOP8昇格を目指しての闘いになります。

宮川選手は現在3年生。

留年しない限りは甲子園ボウルのチャンスはないですが…

大学の部活はそれだけじゃないと思います。

「日本大学フェニックスでいいアメフトができた」

と思えるようなプレイが今からでもできれば、部活生活が送れればいいと思います。

宮川選手は大学世界選手権の日本代表にも選ばれていた選手。

社会人になってプレイを続け、日本一になるチャンスもあるでしょうし。


何よりも、もとの日大に戻ったことが良かったと思います。


宮川選手の復帰を、タックルされた関西学院大学のQB奥野選手のお父さん、奥野康俊氏も喜んでいるそうです。



自身のテレビでの発言が、宮川選手復帰の要因の一つになったことを明かし、喜ばれています。



「頑張れ宮川君。頑張れフェニックス」

で締めくくられたFacebookの投稿はこちらになります。



タックルされた選手も、復帰試合の時

「会見で『フットボールをする権利はない』と言ってたんですけど、それはまた違うと思う。

またフットボールの選手として戻って、グラウンドで正々堂々と、ルール内で勝負できたらいいなと思います」

と言っていました。

甲子園ボウルで2人が当たることは難しくなりましたが、交流戦が復活すれば、学生時代に勝負ができます。

今度はルールのうちで宮川選手がタックルするか、それとも奥野選手がそれを交わしてパスを投げるか…

そんなシーンが来年春に見られたらいいなと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】プロ初完封勝利をあげた千賀滉大は、工藤監督の信頼を得たのか?~2年前のエピソード



福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手が昨日の対オリックスバファローズ戦で、プロ初完封勝利をあげました。

え、千賀ってまだ完封したことなかったのか、とも思いましたが、プロ38勝目での初完封はそれほど遅いとも言えないでしょう。

でも千賀だったらもっと早くやっててもおかしくないよなぁ…とか思いました。



(SBHawksOfficial公式YouTube動画「【試合ダイジェスト動画】 8月17日(金)vs オリックス」)


「千賀投手」と「完封」と言えば、2年前のこの記事を思い出します。



2016年6月18日の対阪神タイガース戦。

8回を103球で2安打無失点と好投していたものの、9回にサファテ投手と交代され、工藤監督に直接

「僕はまだ信用されていないんですね…」

と言い

「そうだよ」

工藤監督にとあっさり返されたエピソードです。

当時私はこのことをブログに書いたんですが…

「【ホークス】工藤監督の「抜かれてしまうのであれば、ある意味それはしょうがない」と言う言葉について考えてみた」へのリンク

工藤監督は冗談で言っているのかと思いました。

この年千賀投手は初めて2ケタ勝利をあげますが、終盤に失速して最高勝率のタイトルを和田毅投手に譲りました。

工藤監督の言葉は本心だったのかもしれません。


昨日の9回続投は、工藤監督の信頼のあかしだったのかなぁ…



((パーソル パ・リーグTV 公式)PacificLeague TV公式YouTube動画「2018年8月17日 福岡ソフトバンク・千賀投手ヒーローインタビュー」)

ところで2年前に書いたブログの中に書きましたが、2年前の記事に

「監督に信頼されてないんですねって言える千賀もすげーし、そうだよと即答する監督もすげーな」

と言うYahoo!コメントが付きました。

そのオフ、TOKYO MX局で内川聖一選手とカンニング竹山さんの対談番組がありました。

その中で、

「千賀と森は僕のことを先輩だと思っていない」

と内川選手が言っていました。

千賀投手の場合、4番に座った内川選手が打てないと、ベンチの中で内川選手が聴こえるような声で、

「あ~あ、今日は4番のせいで負けたな~」

とか言うそうです。

そう言う面をヒーローインタビューでも見たいものです。

そのためには、インタビューしてもらえるように、これからも勝ち続けないとね。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【CM】2018年6月度のCM好感度ランキングで気になった2本~スマートニュースとハズキルーペ

女房が千鳥が好きで、スマートニュースのこのCMで、千鳥ノブが

「貴様」

と言うたびに笑っています。



(千鳥 スマートニュース CM「呼び名」篇)

そんなわけで、下のツイートのリンク先の記事が気になったので読んでみました。



記事の中の

「2018年6月度の銘柄別CM好感度ランキング」

20180816_2018年6月度CM好感度ランキング

を見てみて思ったのは…

KDDIとソフトバンクは相変わらず好感度高いなと言うことは置いといて…

くだんの「千鳥 スマートニュース CM「呼び名」篇」が4位と、想像以上に高いな、と言うことでした。


千鳥が好きな女房に言わせると、千鳥はノブはともかく、大悟の外見でかなり損をしている、とのこと。

もう少し普通だったら、もっと人気が出ているはず、とのことです。

その考えに納得していたのですが…

このランキングを見ると、そんなことは無いんじゃないかと思いました。


余談ですが、このCMの影響で、私は女房と会話するとき、自分のことを「貴様」と言う時もでてきました。

例えば、そうめんを茹でる時

「私は1束食べるけど、あんたはいくつ食べる?」

と尋ねられると

「俺、いや、貴様は4束食べる」

と言った感じです。


このランキングでもう一つ気になったCMがあります。

15位のハズキルーペです。

こちらのCMですが…



(ハズキルーペ CM)

申し訳ないですが、このCMを見るのは好きではないです。

ですが、とても優れたCMだと思います。

このCMを見て全体的に感じるのは、なんとなく見ているほうが恥ずかしくて、見ていられないと言うことです。

恥ずかしい、と言いますか、とても違和感だらけなのです。

その最たる箇所が、一番最後の

「ハズキルーペ、だ~い好き」

と言う菊川怜さんのひと言。

「いつの時代のCMやねん?」

と言うぐらいに違和感を持ちますし、恥ずかしく思います。

しかし…

それだけに強烈に記憶に残りました。

「ハズキルーペ」と言う銘柄名とともに。

昔広告のことを勉強した時期がありましたが、印象が悪いかよいかは問わず、商品名や会社名とともに記憶に残らせる広告が一番理想的、と言うことを学びました。

ハズキルーペのCMは、私にとっては印象は悪いのですが、強烈に記憶に残りました。

とてもいいCMだと思います。

そのことを証明するような行動を、私はとったことがあります。

ある薬局で薬を処方しているのを待っている間、ハズキルーペのサンプルが置いてあるのを見つけました。

店内には他にもいくつかの商品のサンプルがありましたが…

なんとなくハズキルーペのサンプルを手に取ってかけてみました。

「CMは好きじゃないけど、商品の質はどうなんだろう」

と気になったからです。

結局私はハズキルーペのCMの狙い通りに動いていたのです。

CMの最後の方で、渡辺謙さんが言う通り

「すごいぜ、ハズキルーペ」

だと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : CM    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. CM
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#20】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:イチオシのラン&パスプレーに元祖もぐもぐタイム?」~「ブリリアン・コージの熱視線」始まる?



マイアミ・ドルフィンズかな、と思いました

もう少し考える時間があったらヘルメットの正解のチームがわかったかも…

けど、このシリーズは続けてもらえるとおもしろいかな、と思います)


先週、全チームのプレシーズンゲームの第1試合(HOFゲームを行ったシカゴ・ベアーズとボルチモア・レイブンズは第2試合)が行われました。

今週の動画の内容は、このプレシーズンゲームWEEK1の中で注目のプレーが紹介されました。


1.コージさんの推しチーム、オークランド・レイダーズの結果

コージさんの推しチームのオークランド・レイダーズはデトロイト・ライオンズと対戦して勝ちました。

「プレシーズンゲームとは言え嬉しい」(コージさん)

とのことでした。

ハイライト動画を貼っておきます。



(NFL公式YouTube動画「Lions vs. Raiders Highlights | NFL 2018 Preseason Week 1」)

なお今週レイダーズは、もう一つの推しチーム、ロサンゼルス・ラムズと、日本時間の8月19日(日)朝5時から対戦します。

ラムズは先週はボルチモア・レイブンズに大敗しています。

今週のプレシーズンゲームWEEK2の予定が書いてあるNFL JAPANのサイトへのリンクを貼っておきます。

NFL JAPAN「プレシーズンゲームWEEK2の予定と結果」へのリンク

現時点ではこのサイトには予定が書いてありますが、試合が終わると、結果が書かれます。

とりあえず両チームの「とりあえずこの選手に注目しておけばいいんじゃないか」と言う選手を書いておきます。

オークランド・レイダーズ

QB  #4 デレック・カー がどれだけパスをうまく通すか

RB #24 マーショウン・リンチ がどれだけ走るか

DE #52 カリル・マック がどれだけ相手をタックルするか

ロサンゼルス・ラムズ

QB #16 ジャレッド・ゴフ がどれだけパスをうまく通すか

RB #30 トッド・ガーリー がどれだけ走ったり、パスをとったりするか


2.ゲームの経過を知る方法

日本でNFLの試合を生で見るには、NHK日テレジータス(「日テレG+」)と契約してテレビで見るか、DAZNNFL公式のGAMEPASS(英語)に加入してネットで見るか、のどれかでできます。

それはさておき、中継ではなくネットで途中経過速報を見る方法がいくつかあります。

レギュラーシーズンの試合は、会社に向かっている最中か、仕事中のことが多いため、私は以下の2サイトで経過を見ています。

ただしいずれも米メディアのものですので、すべて英語ですし、アメフトの用語や、NFLのチーム名、選手名がわからないと、何が書かれているかさっぱりわからないと思います。

ですが、何週間か見ているうちに、だんだん意味はわかってくると思いますので、安心してください。

あきらめないでください。

1)PCの場合

米大手CBSのNFLのスコアのサイトで見ています。

「CBS>NFL Scores」へのリンク

今のところ先週の結果、または今週の予定が書かれていますが、今週の試合が始まると、途中経過がアップされます。

このサイトには動画がないので、比較的楽に見ることができると考えています。

PCのサイトには他にNFL公式やFOXなど既存メディアや米Yahoo!などのネットメディアで経過や結果は見ることができますが…

前述しましたように、CBSのサイトは軽いので、私はPCやスマホのブラウザで見るときはここを見ています。

2)スマホアプリの場合

米スポーツ専門メディアESPNのもので見ています。

基本的にはダウンロードも、試合経過を見るのも無料です。

iPhoneのダウンロードサイトへのリンクを貼っておきます。

App Storeプレビュー「ESPN: Live Sports & Scores」へのリンク

他にもNFL公式やFOXのアプリも入れていますが、これが一番軽くて、知りたい情報も十分だと感じます。


3.プレシーズンWEEK1の推しプレー

1)サクオン・バークリーのラン

今年4月のドラフトで全体で2番目に指名された、ニューヨーク・ジャイアンツのRBサクオン・バークリーのプロ入り最初のプレーです。

この動画の最初のものになります。



(NFL公式YouTube動画「Every Saquon Barkley Play in NFL Debut vs. Browns」)

コージさんの解説によると、オフェンス(青い方)の最前列のOLが一切に左側(画面下)にやや動いて、ディフェンスにそちら方面へのランかと思わせたところで、バークリーがディフェンスが手薄になった逆方向に走って一気に長い距離を走ったものです。

よく見ると、バークリーも一瞬左側に行くふりをして、右側に行っています。

そしてトップスピードに乗る前に、2~3回ディフェンスをかわすために小さく方向を変えています。

「NFLの最初のプレイでこういう事ができるのがすごい」(コージさん)

とのことでした。

元々サクオン・バークリーは前評判が高い選手なので、今後注目していきたい選手です。

ところで、先週の本編ではなかったのですが、予告ではプレイの解説がありました。



これは…

「オードリーのNFL俱楽部」の名物コーナー「若林の熱視線」と似ている…

と思いました。

「若林の熱視線」はYouTubeの日テレ公式チャンネルに全74本のリストがあります。

全部見なくてもいいと思いますので、時間があれば1部でも見られることをお勧めします。

お笑いの要素も入っているので、わけわかんなくてもおもしろいと思いますよ。

日テレ公式チャンネル公式YouTube再生リスト「NFL倶楽部「若林の熱視線」」へのリンク

NFLの注目プレーについて、オードリーの若林さんがかなり細かく解説を行うコーナーです。

傾向としては、ビッグプレイを取り上げて、ボールを持っていない目立たない選手がいかに動いたか。

その動きがビッグプレイにどれだけ貢献したか、が説明されているように思われます。

そうやって、アメフトのおもしろさを伝えようとするコーナーです。

このコーナーは本にもなっていて、本場NFLのスタッフからも高い評価を得ているそうです。

(ただし本のタイトルは「オードリーのNFL俱楽部~若林のアメフト熱視線」となっています)

20180201表表紙若林のアメフト熱視線

今回コージさんが解説したものも、RBサクオン・バークリーのロングランですが、その陰にはOLの逆方向へのブロックと言う動きがありました。

これは

「ブリリアン・コージの熱視線」

が始まるのか…と思わせられた、先週の告知と、今回の動画でした。

(ただ、アメフトを語ろうとすると、単に「すごいですね」ではなく、解説の方向になってしまうのは、必然と言えば必然だと思います)

2)ケルビン・ベンジャミンのギリギリのレシーブ

次に紹介されたのはこの動画の最初のプレイで、リプレイもその後にあります。



(NFL公式YouTube動画「Panthers vs. Bills Highlights | NFL 2018 Preseason Week 1」)

QB#2ネイサン・ピーターマンからWR#13ケルビン・ベンジャミンへのパスです。

パスを落とさないことが、パス成功の条件の大きな一つですが、もう一つは、外に出ないで捕ることです。

「外に出ないで捕る」と言うのは、両足をラインの内側に残して捕る、と言うことです。

ベンジャミンは捕ると同時に、両足をラインの内側にタッチさせています。

このボディバランスが素晴らしいと思います。

なお、NFLでは「両足」でなければいけませんが、米カレッジや日本では、「片足」がラインの内側に残っていればOKです。

また「ラインの内側」でなければならず、「ライン上」は「ラインの外側」とみなされます。

3)マーショウン・リンチのモグモグタイム

RB#24マーショウン・リンチが試合中によく食べている、と言うことが語られました。

これは3年前まで在籍したシアトル・シーホークス時代からそうで、2014年の日本テレビのスーパーボウルロケで、レポーターの小池絵未さんが日本のハイチュウをリンチにプレゼントする一幕も「オードリーのNFL俱楽部」で放送されていました。

リンチはマスコミのインタビューを受けないことで有名な選手ですが、小池絵未さんには好意的にインタビューに答えてくれていました。

この件がシアトルのメディアで話題になり、小池さんは「あのマスコミ嫌いのリンチから単独インタビューをとった凄腕リポーター」として知られるようになったとかならなかったとか…


4.「BYE WEEK(バイウィーク)」とは

今回の「 #コージにオマハな質問 」は、こちらのツイートへの回答。



ともか (@tomo_momomo3)さんは、毎週私がこうやって書いたものを読んで、要約して拡散してくれている、私にとってはありがたい方です。

(私の書いたのは、右に左に横道にそれますので、それを読むだけで大変だと思います)

それだけに、ともかさんが採用されたことは自分のことのようにうれしいです。

おめでとうございます!!


さて本題の「BYE WEEK(バイウィーク)」についてですが…

まず、NFLの試合は週次で行われます。

そのため、1試合目のことを「WEEK1」、2試合目のことを「WEEK2」と言いますが…

そして年間16試合のレギュラーシーズンゲームを、17週かけて行います。

「BYE WEEK(バイウィーク)」は「BYE(バイ)」とも略され、コージさんの言う通り、試合のない休みの週のことを言います。

だいたい「BYE WEEK」は、各チームともシーズンの半ばに、数チームずつ割り当てられています。

この「BYE WEEK」が終わると、WEEK12がおわったところで11試合しか消化していない、と言う不一致が出てきます。

調子の悪かったチームは「BYE WEEK」で悪い流れを断ち切ることを考えますし、調子のいいチームは、それを維持することを考えます。

1989年までは、16週かけて16試合が行われており、「BYE WEEK」はありませんでした。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【終戦の日】平成最後の「8月15日」に思うこと


今日が平成最後の「終戦の日」となります。


20180814終戦の日の皇居前の画像

考えてみますと、平成時代は、江戸時代が終わって、明治〜大正〜昭和〜平成と時代がかわってから、初めて戦争がなかった時代になるかもしれない、と思います。

私の乏しい日本史の知識では、連続して遡れば、外国との戦争に限っても、安土桃山時代の朝鮮出兵、江戸時代のシャクシャイン戦争や薩英戦争、明治時代は日清、日露の戦争で、大正時代は第一次世界大、そして昭和時代は大平洋戦争をはじめたくさんの戦争…とありました。

ようやくその連鎖が終わるかもしれません。


まだ平成時代は終わっていませんので、戦争を仕掛けられてしまう可能性は残ります。

こちらが戦争をしたくない、と言ったって、戦争は起きますから。

ですが、今のところは大丈夫かなぁ…

災害、とくに天災が多かった感があり、かつ経済が衰退をたどったように思える平成時代ですが、戦争がなかったことは良かったんじゃないか、と思います。


「終戦の日」は昭和時代から始まりましたが、平成時代に新しい「終戦の日」はできませんでした。

毎年おこなわれる「終戦の日」の式典の精神が守られていると考えて良いでしょう。


明治時代以降、天皇陛下に統帥権がわたってから、今上天皇は、初めて戦争をはじめることも、終わらせることもしませんでした。

もっとも、現行憲法下ではそれはできませんし、陛下はそれを望まず、ひたすら「象徴天皇」とはなにか、と言うことをさぐっておられたと思います。

今上天皇の御代に戦争を歴史として残さなくてすみそうなのは、平成を生きた国民として名誉なことだと思います。

20180814天皇皇后両陛下

細かいことを挙げますと…

ウィキペディアで「イラク戦争」を見ますと、占領部隊として日本は参加していますし、日報には「戦闘」の文字があるそうです。

「湾岸戦争では「資金援助国」として日本の名がみえます。

自衛隊が南スーダンの日報にも「戦闘」の文字があるそうです。

日本は平成時代に立派に戦争に参加していたと取れなくはないでしょう。

であれば

「平成時代から、日本は戦争に関与する傾向が減り始めた」

と言えばいいかな、と考えます。


「平成」の意味は「国の内外、天地とも平和が達成される」と言うものだそうです。

そうなり始めた時代として「平成時代」が記憶されればいいなと思います。

ただ、「国の外」ではそれがなくなるようには、いまだ思えませんが…

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 歴史    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 歴史
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#19】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:プレシーズンが始まった!」のこと~ラマー・ジャクソンに注目



今週はプレシーズンゲームの最初の試合、ホールオブフェイムゲーム(HOFゲーム)の試合と、QB#8ラマー・ジャクソンとTE#81ヘイデン・ハーストのことが取り上げられました。

時間は短くて5分ぐらいでした。

先週行われたプレシーズンゲームは、HOFだけで、対戦したのはボルチモア・レイブンズとシカゴ・ベアーズ

「リンクを下に貼っていますから、見てください」(コージさん)

と言っていたゲームハイライト。

だいたい同じなのが下の動画です。



(NFL公式YouTube動画「Bears vs. Ravens | NFL 2018 Hall of Fame Game Highlights」)


ラマー・ジャクソンと、ヘイデン・ハーストはレイブンズのルーキー。

どちらもドラフト1巡で指名され、ジャクソンは32番目、ハーストは25番目の指名でした。

ともに3年生でドラフト指名されました。


ラマー・ジャクソンは2年生の時に、大学MVPに相当するハイズマントロフィーを受賞しているほど優れた選手です。

今年のドラフトは、QBの当たり年と言われ、ドラフト1巡で5人ものQBが指名されています。

ジャクソンは1巡の最後に指名されました。

私は米大学フットボール(「カレッジフットボール」と言われることが多いです)を見れないので、ラマー・ジャクソンもですが、1巡で指名された他の4人も、どこがどうすごいかは知らないのですが…

コージさんの語る通り、QBとしてパスを投げられますし、脚も早そうです。

この試合でのジャクソンのプレイを集めた動画がありましたので、貼っておきます。



(NFL公式YouTube動画「Every Lamar Jackson Play in NFL Debut | Bears vs. Ravens | NFL Highlights」)

ネットで日本のアメフトファンの声を見ますと

「粗削りだけど、魅力的」

と言うものが多かったように感じます。


ジャクソンからハーストのパスプレイの動画がありましたので貼っておきます。



(NFL公式YouTube動画「Lamar Jackson to Hayden Hurst: Ravens Rookies Connect on 1st NFL TD vs. Bears | NFL Highlights」)

まだまだ書きたいことがあるのですが、書く時間がなくなりましたので、今回はこの辺で。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ICT】Doppelgänging(ドッペルギャンギング)」と言うハッキング手法があると聴いて~超常現象が歴史好きにさせてんかもしれない

なんともわかりにくいタイトルのブログ記事で恐縮ですが…


ちょっと前にしたのツイートの記事を見かけました。



この記事には「Dopperganging」を何と読むか書いてなかったのですが、気になってググってみました。

するとこんな記事がありました。



記事中に

「ドッペルギャンギング」

と読むことが書いてありました。

つまり…

「ドッペルゲンガー現象」

から名付けられたのかな、と思ったと言うことです。

(でも2つの記事の中には、「ドッペルゲンガー現象」を思わせる記載はなかったと思います)

「ドッペルゲンガー現象」はウィキペディアによりますと

「自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種」

です。

その中に書いてありますが、科学的に説明できるものだけではないので、私の中では超常現象のひとつだと解釈しています。


そこからふと思ったのですが…

私が歴史好きになったのは、超常現象と言いますか、多くの不思議な話に興味を持ったことが、その要因の一つじゃないか、と言うことです。

特に小学生の頃に読んだ

「消えた文明99の謎―幻のアトランチスからイースター島の奇跡まで」

と言う本で読んだ、灌漑設備が整っていたものの、他の古代文明には必ずある神殿がなく、設備を整えたまま住民がいなくなったモヘンジョ・ダロの話しとか…

カミソリ1枚入れることができない石造りの技術や、脳外科手術の技術をもっていたインカ帝国の話しとか…

あるいは小学校の図書館の本にあった、パタゴニア巨人の話しとか…

そんなものに興味を持ち、背景を知りたくなったのも、歴史、特に西洋史が好きになった要因の一つだと思うのです。


「歴史なんてゴシップ感覚で読んでいけば、暗記なんて必要ない

大学受験までは」

と言うのが私の考えです。


歴史が苦手な学生さんは、超常現象とか歴史上の謎の話しを読んでみませんか?

案外得意になるかもしれませんよ。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 歴史大好き!    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 歴史
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】「名誉の殿堂入りした選手のバックアップだった偉大なQB7人」と言う記事で盛り上がった件

この記事が、某SNSでかなり盛り上がりました。



「The 7 greatest QBs who backed up Hall of Famers」

を直訳すれば

「名誉の殿堂入りした選手のバックアップだった偉大なQB7人」

と言うことになるでしょう。

この7人を書き出しておきます。

・マーク・バルジャー(セントルイス・ラムズでにカート・ワーナーのバックアップQB)

・フランク・ライク(バッファロー・ビルズでジム・ケリーのバックアップQB)

・クレイグ・モートン(ダラス・カウボーイズでロジャー・ストーバックのバックアップQB)

・トビン・ロート(デトロイト・ライオンズでボビー・レインのバックアップQB)

・アール・モラル(ボルチモア・コルツでジョニー・ユナイタス、マイアミ・ドルフィンズでボブ・グリーシーのバックアップQB)

・アーロン・ロジャース(グリーンベイ・パッカーズでブレット・ファーブのバックアップQB)

・スティーブ・ヤング(サンフランシスコ・49ナーズでジョー・モンタナのバックアップQB)

普段こういう特集には出てこない名前がたくさんいて、とても楽しい記事でしたので、某SNSのアメフト関係のグループに投稿したら、とても盛り上がりました。

この7人の中から、個人的な好みで3人、そしてここにはないものの、SNSで盛り上がった1人について書いておきます。


1.フランク・ライク(Frank Reich)

昨シーズンのスーパーボウルチャンピオン、フィラデルフィア・イーグルスのオフェンスコーディネーターで、今シーズンからインディアナポリス・コルツのHCに就くフランク・ライクは、1992年シーズンのワイルドカードで32点差を逆転したことで有名なQBです。

(個人的には、意味のある珍名なので興味を持っています)

ジム・ケリーはシーズン最終戦のヒューストン・オイラーズ戦で負傷退場。

翌週のワイルドカードプレイオフで、再びオイラーズと対戦。

3Qの初めにターンオーバーから35-3とリードを広げられたところから、4Q終盤に逆転。

その後追い付かれオーバータイムに入りますが、最後はスティーブ・クリスティーのFGで勝ちました。



(NFL公式YouTube動画「1992 AFC Wild Card: Houston Oilers vs. Buffalo Bills | "The Comeback" | NFL Full Game」)

SNSで盛り上がったのは、メリーランド大学時代も、ブーマー・アサイアソン(後にシンシナティ・ベンガルズでスーパーボウル出場)の控えで、途中出場したマイアミ大戦で31点差を逆転したこと。

ここまでは知っていましたが…

NFLでの大逆転したオイラーズ戦の中継に、そのアサイアソンが参加していたのはSNSで教えてもらうまで知りませんでした。

アサイアソンは「ライクがいる限り勝負は最後までわかりませんよ」と中継で言ったそうです。

そしてもう一つ、マイアミ大戦では、マイアミ大のQBがバーニー・コーザーで、HCは就任初年度のジミー・ジョンソンだったことも教えてもらいました。

懐かしい名前がたくさん出てきて、楽しかったです。


2.アール・モラル(Earl Morrall)

アール・モラルのことは話題に上りませんでしたが、私がNFL史の中で興味を持っている人物の1人です。

1968年にニューヨーク・ジャイアンツからボルチモア・コルツにトレードされたモラルは、先発のジョニー・ユナイタスがプレシーズンゲームで負傷すると、その後の全試合に先発。

レギュラーシーズンを13勝1敗で終え、MVPに選ばれました。

プレイオフ2試合も勝ち、NFLチャンピオンに。

しかし、圧倒的有利との見方で臨んだ第3回スーパーボウルで、ジョー・ネイマス率いるAFLのニューヨーク・ジェッツに敗れました。

(当時のスーパーボウルは、NFLとAFLのチャンピオンとの対戦でした)

このスーパーボウルでは、ネイマスの

「今度の日曜日はジェッツが勝つ

俺が保証する。」

と言うガランティーが有名ですが、ネイマスは

「AFLにはアール・モラルより優れたQBが5人いる。」

とも発言していました。

その後第5回スーパーボウルではユナイタスのバックアップとして出場し優勝。



(NFL公式YouTube動画「#4 Earl Morrall Leads '72 Dolphins | Top 10 Player Comebacks | NFL Films」)

1972年にマイアミ・ドルフィンズに獲得されます。

当時のドルフィンズのHCは、モラルが第3回スーパーボウルに出た時のコルツのHCだったドン・シュラでした。

そのシーズン、先発QBだったボブ・グリーシーが負傷欠場すると代わりに先発出場するようになりました。

ドルフィンズはそのシーズン、スーパーボウルまで全勝。

史上唯一の「パーフェクトシーズン」を達成しました。

こう言う経歴を考えると、モラルはスーパーボウルで最大の悲劇(第3回)を味わったものの、最高のもの(第7回)をも得ているともいえるでしょう。

なお、モラルは一時期ピッツバーグ・スティーラーズにいましたが、1958年にデトロイト・ライオンズにトレードされました。

その時スティーラーズに来たのはQBボビー・レイン。

この時レインはトレードに不満を示し、「この先50年、デトロイト・ライオンズは優勝できないだろう」と発言。

これが「ボビー・レインの呪い」と言われるものです。


3.クレイグ・モートン(Craig Morton)

クレイグ・モートンはダラス・カウボーイズに入った当初は、ドン・メレディスのバックアップでしたが、メレディスがケガをすると、1969年にはロジャー・ストウバックを抑え先発に。

翌1970年シーズンにはチームを初めてスーパーボウルに導きました。

しかしゲーム終了間際に相手のボルチモア・コルツのFGで敗戦。

翌シーズン、HCトム・ランドリーは先発をストウバックに切り替え、スーパーボウルに勝利。

その翌シーズンはストウバックがケガに倒れ、モートンは再び先発に…

このような浮き沈みの激しい選手生活を送った後、ニューヨーク・ジャイアンツにトレードされました。

ジャイアンツでは十分に活躍できませんでしたが、1977年にデンバー・ブロンコスに映ると、カムバック賞、オフェンス最優秀賞を獲得するなど大活躍。

チームを史上初めてスーパーボウルに導きました。

クレイグ・モートンは、史上初めて2チームでスーパーボウルに先発した最初のQBになりました。



(動画「Super Bowl XII Dallas 27 Denver 10」)

相手は古巣のダラス・カウボーイズで、QBはロジャー。ストウバック。

雪辱を果たすには十分な舞台でしたが、27-10で敗戦しました。

しかし彼は38歳となった4年後にキャリア最高のパス成績を残しました。

もう1年プレイした後、彼は背番号を、ルーキーのジョン・エルウェイに渡すように引退しました。

偉大なるQBロジャー・ストウバックの控えではありましたが、3チームで先発を務め、前述のように2チームをスーパーボウルに導びきました。

2チームをスーパーボウルに導いたQBは、その後カート・ワーナー、ペイトン・マニングと出てきました。

モートンだけが1度も勝つことができませんでした。

しかし、モートンだけが、そのチームを初めてスーパーボウルに導きました。


4.ダニー・ホワイト(Danny White)

この記事にはありませんが、モートンと同じくストウバックの控えだったダニー・ホワイトのことでも盛り上がりました。



(動画「Danny White On Tony Romo, Roger Staubach & Dallas Cowboys 2/1/13」)

1975年にNFLの対抗リーグのWFLで1年プレイした後、控えQB兼Pとしてカウボーイズに入団。

ストウバックが引退して1980年に先発となりました。

先発QBとなってもPを兼任し、1985年シーズンまでパントを蹴りました。

80年代前半のカウボーイズは70年代ほどうまくいかず、スーパーボウルに出ることはできませんでした。

しかし、決して弱いチームではありませんでした。

86年頃から低迷をはじめ、88年には3勝しかできず、ホワイトも控えになりましした。

37歳となる89年にカウボーイズはジェリー・ジョーンズにチームを売却。

ジョーンズは1960年からHCを務めたトム・ランドリーを解雇。

チームを根本的に変えようとしたようで、ドラフトトップで、後にスーパーボウルに3度勝つQB、トロイ・エイクマンを獲得。

ダニー・ホワイトは年齢も年齢でしたが、この流れに逆らうかのように、このシーズンの前に引退を発表しました。


これから、ペイトン・マニング、トム・ブレイディ、アーロン・ロジャースが殿堂入りするでしょう。

マニングとロジャースのバックアップでこのランクに入るようなQBは、強いて言えばロジャースの控えだたマット・フリンぐらいですが…

昨シーズン、ブレイディのもとを離れて49ナーズにトレードされ、チームを連勝街道に導いたジミー・ガロポロが活躍すれば、このリストに載ることになるでしょう。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】リーグ優勝をあきらめて、来シーズンに備えてほしい~日本一の可能性はあるが…

昨日、福岡ソフトバンクホークスはオリックスバファローズに敗れ、借金が2となりました。

しかし、負け方は悪くはないと思います。

先発の武田投手が降りて2番手の寺原投手をマウンドにあげました。

その後は勝ちパターンの投手は嘉弥真投手しか使いませんでした。

無理をしなかったことはよかったと思います。


昨日になって初めて思ったことではなく、先月下旬には考えていたことですが…

今シーズンは、もうリーグ優勝をあきらめて、来シーズンに備えてほしいと思います。

あまりベンチの采配をどうこう言うのは、プロに対して失礼なので、したくはないのですが…

ここ4年で3回も日本一になっているのですから、私は、今シーズンのようことを受け入れることに抵抗はないです。


優勝をあきらめないと言うことはどういうことか…

無理に勝ちパターンの投手をつぎ込むことです。

その結果その投手は疲弊し、来シーズンは使えなくなるかもしれません。

ビハインドの状況で勝ちパターンの投手をつぎ込むことはあまりないと感じますが、5点以上のリードで勝ちパターンの投手を使うことはたまにあるように感じます。

それをやめてほしいな、と思います。

最近はないと感じますが。


野手もそう。

ケガをおして出場させ、選手生命を短くするかもしれないリスクをおかすことは無いと思います。

むしろ、出たいと言う野手の希望を却下するぐらいでないと、と思います。

それは出来ていると思います。

昨シーズンのCSのように、無理のさせどころはあると思いますが、今の状況で勝ちに行くことは無いと思います。


2002年の東京ドームでの最終戦を見に行った時、レギュラー陣がほとんど出ていませんでした。

川﨑とか言う、聞いたことがない選手が出ていました。

(当時はそんなにホークスのことを熱心に応援していませんでした。

もし応援していたら、当然知っていたでしょう)

その年は優勝できませんでしたが、翌シーズン、2003年は日本一に返り咲きました。

来シーズン、そう言うことができるように、若手を育てることもやってほしいと思います。

今シーズンの采配は、近年ではめずらしいぐらい野手陣が固定されていないようですが、これは来シーズンにつながるかもしれません。

ただ、野手陣でこれまで実績がなかった若手が、ほとんど育ってないのが気になります。


幸い来シーズンは1999年から続く、4年周期の福岡のホークスの日本一の年にあたります。

2007年をのぞいてですが。

1999年に初優勝後、2003年、2011年、2015年と日本一になってきました。

来シーズン2019年はきっと日本一になれるでしょう。

そのために、今シーズンは休養と育成のシーズンになっても、私はかまいません。

ただ、こういう戦い方に切り替えるのは、一部の選手、そして現地に応援に行っているファンにとっては受け入れがたいものでしょう。


3位にまで入れば、日本一になれる可能性もあります。

まあ、そうなったらそうなったで、勝ちに行ける状況であれば、勝ちに行けばいいかと思います。

クライマックスシリーズに期待する人たちには失礼ですが、無理だけはしてほしくないです。

今シーズンの状況は、無理ができるものではないと思いますので。


一昨日、広島東洋カープのファンの方と話をしました。

前日か前々日、カープは横浜DeNAベイスターズに敗れましたが

「いや、あの試合はおもしろかったですね。

だって相手はピッチャーを代打に出してきたんですよ。

そしてそのピッチャーは四球でちゃんと出塁してるんですよ。

なかなか見れない試合で、おもしろかったです。」

と語ってました。

セ・リーグで首位を独走している余裕かもしれませんが、私には、長年弱小チームを応援してきた「応援力」だと思います。

これから私は、その方のような姿勢で、ホークス戦を楽しみたいと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【朗報】「マカロニほうれん荘展」が今日から大阪で開催~単行本は現在も発売中

40年前に絶大な人気を誇ったコミック

「マカロニほうれん荘」

の原画展が、今日2018年8月4日から26日にかけて、大阪で開催されるそうです。



公式ツイッターアカウントによる告知はこちら



実は今年の5月に東京中野で同様のものが行われ、これが好評だったのを受け、今度は大阪で開催されるそうです。

こちらが前回の時のニュース。


連載時期が私の中学生時代とかぶっていて、私はこのコミックを何度も読み返しました。

本当におもしろかったです。

二人いる妹のうち、年上の方のも大好きで、たしか今でも単行本を全巻持っていると思います。

今までにない自由奔放な展開がとてもおもしろくて、大好きでした。

また、作者が福岡出身のため、福岡の人間でないとわからないネタもありました。

「うっど~ん」

なんかは、福岡でしか流れていない、葉隠れの天ぷらうどんのCMを見ていないと十分には楽しめないと思います。

他にも、今考えますと、福岡ネタは多かったように思います。


「マカロニほうれん荘」で画像検索すると、懐かしいシーンがたくさん出てきます。

全てのシーンを覚えているかどうかは自信はないですが、見たこともないページはないと思います。

これだけ好きなんですから、東京の、行きたかったなぁ…

なにせ一昨日、この大阪のを知って、前に東京でも行われていたのを知ったぐらいですから…

こんなことが行われていたとは、全然知りませんでした。

もう一回東京でやってほしいなぁ…

原画より、「マカロニほうれん荘」がある空間を楽しみたいのです。


なお、

「「マカロニほうれん荘」の単行本は重版を重ねて現在も絶賛発売中です。」

と言うことだそうです。



たしかに、Amazonのサイトを見ると、全9巻そろっているようです。

Amazon「マカロニほうれん荘 コミック 全9巻完結セット (クーポンで+3%ポイント) 」へのリンク

20180803マカロニほうれん荘全巻の画像

私はもう一冊も持っていませんから、このさい一気に買ってしまいたいのですが…

いつまでもある、と思ってチャンスを逃したことはよくありますので。


「マカロニほうれん荘」は私の周りでもけっこう意外な人が好きで、嬉しくなってきます。


大阪在住の「マカロニほうれん荘」ファンのみなさん、ぜひ行った方がいいですよ。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

ハッシュタグ「 #自分を作り上げた漫画4選 」で投稿したもの

7月25日ぐらいだったと思うんですが、Twitterトレンドに

「 #自分を作り上げた漫画4選 」

と言うのがありました。

自分には何があるかなぁと考えて、こんなのを投稿しました。



もう一つ投稿したのですが、ハッシュタグを間違えましたので消しました。

私には、たぶん自分を作り上げた漫画は4つもないです。

2~3個ぐらい

その漫画について書いておきます。

ただし…

最初に書いておきますが、正確には

「私の考え方を作り上げた漫画」

で、さらには

「私がなりたかった漫画の主人公であり」

結局は私はそうなれませんでした…

1.「侍ジャイアンツ」

調べていたら、この「侍ジャイアンツ」のことは、5年前にもこんな感じで投稿してました。



「自分を作り上げた漫画4選」であり「この作品がなかったら今の自分は存在しなかった」

「侍ジャイアンツ」とは

「スポ根野球漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1971年36号より1974年42号まで連載された。」(ウィキペディアより)

ものです。

主人公の番場 蛮(ばんば ばん)投手は、普段はふざけたこともやる人間なのですが、いざとなると

「侍ならとう生きるべきか」

「侍ならどう行動すべきか」

を考えて、ひたすら根性で努力を重ねます。

「男らしく」と言うのはもちろん、その先にある「侍らしく」と言うこと意識します。

小学校の時これを読んで、こんな人になりたい、と思った覚えがあります。

番場蛮に影響されて、今でも「自分は男なんだから」と考えてがんばらねばと考えます。

ただし、「考えたこと」が「やれていること」と一致しているとは限らないのが、私の残念なところです。

「4」と言う数字が好きになったのも番場蛮影響で、ブレット・ファーブから「4」好きが始まったわけではないです。

アニメ化されましたが、後期のオープニング曲は、私がアンチジャイアンツだったころもカラオケで唄ってましたし、阪神タイガースファンの同世代のお客さんもお気に入りでした。



歌詞はこちら



今でも「侍ジャイアンツ」でツイッターを検索すると、けっこう見かけるほど人気があるようです。


2.「エロイカより愛をこめて」

1976年から現在も連載されている漫画で

「コメディ色を含んだ怪盗&スパイ活劇」(ウィキペディア)

です。

「少女向け漫画ながら、綿密な考証と細部まで書き込まれた緻密な絵柄や、少女漫画離れしたストーリーから男性ファンも獲得している」

と続けて書かれていますが、まさに私がそうなんでしょう。

なぜだか、誰のものかわかりませんが、会社に全巻(当時)そろっていました。

私はこの漫画の主人公の1人、NATOのスパイ、クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐が好きでした。

やはり男らしく、任務のためなら何でもするところが好きでした。

(最近は読んでいませんが、今も少佐が昔のやり方をやっていれば、パワハラで訴えられるでしょう)

しかし、「侍ジャイアンツ」で書いたことと同じく、こうなりたい、と思っても、足元にも及びませんでした。

中学生の時から読み始め、大学生のころまで読みました。

1986年からしばらく、発表がなかったのですが、1995年に連載が再開。

東西の冷戦がバックにあったのですが、再開した時には冷戦は終わっており、少佐の祖国も西ドイツから(統一)ドイツになっていました。

少佐が対峙するのは、東側のソビエト連邦ではなくなり、主にテロリストになりました。

ここ8年ぐらいは、忙しくて読んでません。

実は私は昔軍事オタクで、特に戦車が好きだったんですか、それは戦車好きの少佐の影響だと思います。

この歌が好きになったのは、少佐の影響です。



(動画「Panzerlied (Color film)」)

そして、会社では、少佐も愛飲する「ネスカフェ ゴールドブレンド」を飲んでいます。

少佐はもうタバコをやめたのかなぁ…

ICOSとかにしていないだろうかなぁ

少佐のタバコの握り方を真似ましたけど、長続きしませんでした。


3.「アイシールド21」

「アイシールド21」はギャグの要素も含んでいますが、基本的にはまじめなアメリカンフットボールの漫画だと思います。

「アメリカンフットボールは知らないけど、「アイシールド21」は読んだ」

と言う人はけっこういます。

そう言う人達は、その程度ではアメフトはわからないと誤解している人が多いようですが、「アイシールド21」がおもしろいと思えれば、アメフトは十分に楽しめます。

意外に思えるかもしれませんが、かなりアメフトの真面目な要素を含んでいます。

アメフトのルールやプレイだけではなく、

「勝利がすべてではない。

勝利しかないのだ。」

と言うビンス・ロンバルディと言う有名な監督の言葉が、蛭魔妖一の言動を通して描かれています。

しかし一方で敗者は情けなく消えていくのではなく、大事に退場していくように描かれているのもおもしろいと思います。

私はこの漫画を読むより前からアメリカンフットボールは見ていましたが、この漫画で学んだのは、

カードの使い方

です。

特に最終戦の日米代表戦で明確に描かれています。

「こんなカードもある、と思わせておくことは大事だ」

「まさかこんなカードを切って来るとは思わなかっただろう」

と見かたは、アメフトにとどまらず、スポーツを見るうえでかなり重要だと思います。

うすうすはこの考え方には気がつていましたが、明確に意識させられたのは、この漫画によってでした。

アニメのオープニング、エンディングは何回か変わりましたが、この曲が一番好きでした。



(安良城紅(現BENI)「GOAL」)


ほかにも「自分を作り上げた」ものではなく、印象深いものはあり、ついでに書いておきたいのですが…

それはまたほかの機会に。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アニメ・コミック    ジャンル : アニメ・コミック
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

【ホークス】プロ初登板で初勝利をあげた大竹耕太郎は、ここまで投げられたことを忘れずにいてほしい

先月末、期限ぎりぎりで支配下登録された福岡ソフトバンクホークスの大竹耕太郎投手が、昨日、2018年7月31日の埼玉西武ライオンズ戦に先発。

これがプロ初登板だったわけですが、強打のライオンズ打線を相手に、8回103球を投げ、被安打5で2四球、2失点の好パフォーマンス。

初勝利をあげました。

育成出身選手のプロ初登板での勝利は史上初めてだそうです。

蒸し暑いメットライフドームでのゲームだったことを考えると、さらにすごいなと思います。

特に昨日の関東は蒸し暑かったですし。

4回からは6点のリードに守られ、6回には12点差のリードに開いたので、余裕があったとは思います。

ただルーキーで、しかもプロ初登板でしたから、そんな余裕を感じられたかはわかりませんが。

とにかく、大竹投手は、調子が良ければ、打線の援護があれば、一軍でもこれだけの投球ができることを証明してくれました。

これから、いい結果も、悪い結果も残していくことと思いますが、悪い時でも、いいときはこんな投球ができたことを忘れないでほしいです。

自信を持って…

そうすれば、くじけずにすむと思いますから。



(動画「【試合ダイジェスト動画】 8月1日(水)vs 埼玉西武」)

昨日私は客先からいつもより早く帰路につきました。

文化放送のライオンズナイターを聴き始めたのですが…

初回に山川穂高選手に2ランホームランを浴びたときは…世の中そんなに甘くないな、と思いました。

ライオンズファンの方のブログによると、ライオンズもけっこう初物に弱いそうなので、期待していたんですが…

しかし、次の外崎選手を三振にとって、崩れなかったところはよかったと思います。

そしてその次の攻撃に出た長谷川選手の同点ホームラン。

これがなかったら悪い方に展開していたかもしれないと思った人は、私を含め多かったと思います。

その後4回に甲斐選手の2点タイムリーと牧原選手の満塁からの走者一掃のタイムリー3塁打とエラーによる自身のホームランで、かなり楽になりました。


大竹投手の印象ですが…

・球が届くのが遅い

ライオンズの選手は、待ちきれずに打ったり空振りしたりと翻弄されていました。

ただ、浅村選手だけは合っていたようです。

・守備がうまい

大竹投手は、ボールを手放してからすぐに野手の目つきに変わります。



(この動画でわかるかなぁ…)

そして9人目の野手になり、昨日は3回ぐらい自分でゴロを処理しました。

背伸びしてとったり、足元の打球を抑えたりと…

BSの解説者も、守備がうまいとほめていました。

8回の足元の打球を抑えたあとは、あせることもなく、きちんとボールをグラブにいれたのを確認するようなしぐさの後一塁に投げました。

落ち着いているなと思いました。

また、一塁のベースカバーもきちんとこなしていました。


予想より四球が多かったこと以外は、このように非の打ち所がないと言う結果でした。



(動画「2018年8月1日 福岡ソフトバンク・大竹投手ヒーローインタビュー」)

ホークスは89試合目にして初めての左腕の先発で勝利。

先発に左腕が一人いると、打者の感覚を変えることができて楽です。

2012年の武田翔太投手のようになってくれたらいいなと思います。



(動画「ソフトバンクホークス 大竹投手 支配下登録発表記者会見 20180729」)

それにしても、本当にミランダ投手のかわりに投げるとは思いませんでした。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#18】ブリリアンコージと楽しむNFLライフ.NFLシーズン到来! コージの推しチームは!?」のこと〜来週から配信が水曜日に


今週は、明後日から始まるプレシーズンのことと、コージさんの推しチームの発表。

ただし、推しチームは動画中にも字幕で

「(ロケ先の)フィンランドでやらかしてしまった」

とありました通り、先週フォルススタートしてしまい、ネタばらししてしまっていたので、あまり驚きはなかったのです。

でも、なんでそこを推す?と言う疑問は晴れました。

(「フォルススタート」とはアメフトの反則のひとつで、オフェンス側がプレーが始まる前にフライングしてしまうことです)

1.ジャージとヘルメット

コージさんが着ていたジャージは、元ダラス・カウボーイズのWRデズ・ブライアントのものだと思われます。

ブライアントは昨シーズンまでカウボーイズにいたのですが、現在どの球団にも所属していません。

リーグでもトップWRの1人だったのですが、理由は知りませんが、おそらく年齢と給料との兼ね合いで、解雇されたんじゃないかと思います。

NFLには厳しいサラリーキャップ制度があって、チーム全選手の給料の合計の上限があり、金持ちのチームでも、出せるお金は決まっているのです。

動画の中でコージさんが言っていたクリーブランド・ブラウンズが獲得する、と言う話しもあります。

ヘルメットは、画面向かつて左側がシカゴ・ベアーズで、右側がボルチモア・レイブンズ。

明後日行われるホールオブフェイムゲーム(HOFゲームとも書きます)で対戦する2チームのものです。

HOFゲームは、毎年プレシーズンゲームの一番最初に行われるゲームです(以前書いたかも…)


2.プレシーズンとは

プレシーズンまたはプレシーズンゲームとは、日本のプロ野球で言えば春のオープン戦です。

8月にこれが各チーム4試合ほど行われ、9月になるとプロ野球の公式戦にあたる、レギュラーシーズン、またはレギュラーシーズンゲームが始まります。

だいたい12月にそれがおわり、プロ野球のクライマックスシリーズにあたるポストシーズン、またはポストシーズンゲームが始まります。

そして2月にポストシーズンゲームの最後の試合に当たる「スーパーボウル」が行われ、NFLの全試合が行われます。

なお、スーパーボウルの前の週に、オールスターゲームにあたる「プロボウル」が行われます。


プロ野球のオープン戦と、NFLのプレシーズンとの大きな違いは、後者ではチームに残れる選手をしぼっていく、と言う目的もあると言うことです。

プロ野球の場合、ドラフト、または育成ドラフトで指名された選手が、開幕時にチームに残れないと言うことは、ほとんどありません。

一軍選手、ニ軍選手、育成選手の何らかの形で残るのが普通です。

しかしNFLでは、ドラフト指名された選手でも、プレシーズンゲームでいいところをみせられないと、解雇(カット)されることは普通にあります。

反対に、ドラフト指名されずに、NFLチームに声をかけられた選手でも、いいところを見せることができれば、チームに残ることができます。

これは2年目以上の選手にも当てはまることで、見込みがないと解雇されます。

先週、ヒューストン·テキサンズの元RBアリアン·フォスターが来日していることがNFLファンの話題に上りました。


テキサンズのエースRBだった彼もドラフト外選手です。

オードリーの若林さんが応援していた選手の1人でした。


3.コージさんの推しチーム

コージさんの推しチームは以下の通りです。

AFCは西地区のオークランド·レイダーズ

元々応援してたのと、RBマショーン·リンチのランが見たいからだそうです。

(日本では人によって、または私も気分によって「レイダーズ」と書いたり「レイダース」と書いたりします)

NFCも西地区のロサンゼルス・ラムズ

ショーン·マクベイHCが来てチームが変わり、期待できそうだからだそうです。

OAKは日本でもファンが多い人気チームです。

LARは動画中で「人気チーム」と言われていました。

そうかどうかはよくわかりませんが、これまで4人ぐらい、そんな人を見かけました。

ジャージのDALも好きだと言っていました。

こちらも人気チームで、先日フォーブス社が発表した、全世界のスポーツクラブの資産価値ランキングでマンチェスター·ユナイテッドやレアル・マドリードなどの人気サッカーチームを抑えトップでした。

ただ、ここのオーナーはアクが強いので、好きな人も多ければ、嫌いな人も多いように感じます。

ところで、この2チーム、レギュラーシーズンであたるかどうか動画の最後の方で盛り上がっていましたので調べてみました。

いきなり第1週(WEEK 1)で対戦する予定になっておりました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

アメリカンフットボール オードリーのNFL倶楽部 コージと楽しむNFLライフ 埼玉西武ライオンズ ホークス オードリーのオールナイトニッポン NFL グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング  オードリー NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 終戦の日 平成時代 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 歴史 ドラフト AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Twitter Amazon DAZN Hulu グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス メンタルヘルス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 城所龍磨 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン 谷村有美 ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 12月8日 真珠湾攻撃 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ ロジャース グリーンベイ パッカーズ 城島 メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース  サムライハイスクール 三浦春馬 歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 野村監督 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 ゴー☆ジャス 爆笑レッドカーペット 立花香織 景浦安武 南海ホークス 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾修 東尾理子 アース・ウィンド・アンド・ファイアー September Earth, Fire 九月 Wind Tumblr twitter 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -