FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【2018WEEK3】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~「がんばれブラウンズ」から「がんばれテキサンズ」へ?


2018年9月29日日テレで放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

WEEK3は波乱含みとなりましたが、番組では若林がマジで荒れていたように感じました。

オフトーク動画の方がもっと荒れていた気が…

私としてはその方がおもしろいんですが、テキサンズも今のままでは…


1.「フットボールは人生だ!!」

番組の始まりは、こんな会話から

「皆さんが(アメリカンフットボールに)前のめりになる理由がわかってきました。

パスが通ったり、ランが抜けたときの爽快感がたまらなくなってきました。」(岩田アナ)

「これは教科書通りの答えですね。

だんだんプレイアクションとか見るようになってほしいですね。」(若林)

「そうね

ゲームの中で喜怒哀楽が何回も訪れると言う。

まさに人生のですね…

アメフト イズ ライフ!!

フー!!」(春日)

「フー、とか言うと番組のレベルが低くなるよ」(若林)

「何言ってんだ、いいこと言っただろ、今」(春日)

ちなみに私、

「Football is Life」

と胸に書かれたこちらのTシャツを持っています。

20180929footballislifeのTシャツ

「フットボールは人生だ」と言うより「フットボールこそが人生だ」と言う意味だと思います。

1995年10月の新婚旅行でハワイで買ったもので、もう襟が汚れて着ることができませんが…

どこかで胸に書かれたものだけ、新しいシャツに移して、着れるようにならないかぁ…

下の「THE REST IS JUST DETAILS」は、「その他のことはどうでもいい」と言うようなものだと思います。

なお、元NFLそしてCFLでも活躍した名QBウォーレン・ムーンはこんなことを言っていたそうです。



2.ペイトリオッツ対ライオンズ



まずニューイングランド・ペイトリオッツが負けることはないだろう、と言われたこの一戦ですが、デトロイト・ライオンズがこれを覆して26-10で勝ちました。

ペイトリオッツ3年ぶりの連敗だそうです。

「ペイトリオッツが1勝2敗と黒星先行。

こんなことあんまりないね。」(若林)

「まぁね、相武くんが応援してるからね」(春日)

「あんま言うな、それ」(若林)

と言うやり取りがありました。

そして「クォーターバックレイティング」について、こんなやり取りが

「ブレイディのレーティングが65.1…」(若林)

「クォーターバックレイティングってなんですか」(岩田アナ)

「そうだよね、(アメフト見始めたばかりだから知らないよね)、岩田さん。

QBの偏差値のようなもので、最高が158.3で最低が0。

100を超えれば優秀ってとこかな。

ブレイディが65.1なんて(低いことは)ないのよ、ほとんど」(若林)

「なるほど、弘法も筆の誤り、ですか」(岩田アナ)

「いや(例えが)古いな!

「ブレイディの65.1」なんてことわざができるかもしれないな」(若林)


3.「若林の熱視線EXTRA」

今回のテーマは「デザイン」。

私の解釈では、作戦を組み立てることです。

今回のプレイはこれ



3Q残り3分53秒からのプレイアクションからのTDパスです。

「QBが弧を描いてぐるっと回る動きをブーツレッグと言いますが、デザインされたプレーですね。」

と若林。

「WRは、マンカバー、鬼ごっこのようなものですが、これを振り切って長い距離を走らなければいけない。

長い距離を走るには時間がかかるので、プレイアクションのフェイクを入れることで時間を稼いでいると言うデザイン。」

と言う説明でした。

マンカバー、またはマンツーマンディフェンスを、1対1の鬼ごっこに例えるのはわかりやすいと思います。

トップに置いたFacebookの見どころ紹介に、番組でははなさなかった説明が書かれてますので、ぜひ読んでみてください。

「玄人の人はセイフティを見てほしいです。」

と言う箇所には、ハッと思わされるものがありました。

そうか、セイフティに注目すると、さらにアメフトがおもしろくなるかな、と思いました。

まだまだ私は玄人ではないな、とも思いまし。

なお、番組では「ブーツレッグ」と言う言葉を使っていましたが、Facebookでは「ロールアウト」となっています。

私の解釈でも、これは「ロールアウト」で、もっと深いフェイクの「ブーツレッグ」ではないと思います。


そして若林の今週のひと言は

「マンカバーと、2次会の誘いは死ぬ気で振り切れ!」

と言う、自身の信条とかぶせたものでした。


3.ブラウンズ対ジェッツ



昨シーズン1勝も勝てなかったクリーブランド・ブラウンズがいつ勝てるのか?

そして、途中からですが、ブラウンズのQBベイカー・メイフィールドと、ニューヨーク・ジェッツのQBサム・ダーノルドの、ドラフト1巡ルーキーQB同士の対戦でした。

前半はほとんどジェッツペースでしたが、ブラウンズの先発QBタイロッド・テイラーが負傷退場し、2Q残り2分を切ってメイフィールド(春日は「メイちゃん」とワイプで言ってました)が出てくると、一気に試合が変わりました。

試合のことは昨日のこちらのブログに書きましたので、興味があればどうぞ。



結果は、ブラウンズの逆転勝ちでした。

「サンキュー、ありがとうね、Yes We can!」

とハイライト後春日が叫んでいました。


4.「カスガのがんばれブラウンズ」

「勝つまでの企画なので今回でおわりですよね」(若林)

「いやいや、ブラウンズを応援していこうと言うコーナーだからまだやるよ」(春日)

そして、バド・ライトの、ブラウンズが勝ったらビール飲み放題の模様が映し出されました。

この企画についての「そもそも」は、こちらの記事を



番組では会場に詰め掛けた客の数が、20代のオードリーのライブぐらい少ない、と言っていましたが、こちらの動画では、大勢の人が駆けつけています。



5.カーゾン・ウェンツへのインタビュー

WEEK3から復帰したフィラデルフィア・イーグルスの正QBカーソン・ウェンツへ、メロディ・モリタさんがインタビューしました。

場所はイーグルスの練習場。

まずはダグ ペダーソンHCへインタビュー

「カーソン・ウェンツの復帰はチームにいい刺激を与えてくれる

彼がコルツ戦でどんなプレイを見せてくれるか楽しみだ」

とのこと。

そしてウェンツへ

「ブラウンズ戦でデビューした時と同じで試合に出れることにすごくワクワクしているよ」

とのことでした。

試合は、まだ100%元に戻ったとは言えないようなプレイもあったものの、イーグルスを勝利に導きました。

話しが前後しますが、ウェンツのインタビューの前に、ウェンツが今年7月に結婚したことが紹介されました。

そしてウェンツがそのことをTwitterに投稿したところ、ウェンツのマネをする動画がたくさん投稿されたそうです。

ウェンツの投稿はおそらくこれ



マネをした投稿は見つけることができませんでした。

6.「ワカバヤシのがんばれテキサンズ」?

その他の試合のハイライトが流れました。

若林のヒューストン・テキサンズは、またも5点差の惜敗。

「若林さんテキサンズ10年ぶりの開幕3連敗」(佐藤アナ)

まだ「オードリーのNFL俱楽部」が始まる前のことです。

「今の気持ちは」(佐藤アナ)との問いかけに

「助けてー」(若林)

と叫んでいました。

今シーズンは叫ばざるを得ない試合ばかりです…

全ての試合のハイライトが終わった後のスタジオ。

若林は声を荒らげて

「今シーズンおかしいね

何かやってるね、NFLがテキサンズに対して」

「今シーズンまだ勝ち星がないのは、カーJナルス、レイダーズ、そして」

岩田アナはここまで言ったあと、かすかに間を置いて若林の方を見て

「そしてテキサンズの3チームです」

といいました。

これに若林は

「馬鹿野郎、ためて言うんじゃないよ。」

と、岩田アナを叩くふりをして返していました。

そして春日に

「「がんばれテキサンズ」をやらしてもらってもいい?コーナーで」

と言うと

「5連敗ぐらいしたらあげてもいいかな。

かわいそうだから」

と答えられてました。

「(勝てないのは)いろいろあるんでしょうけどね」(若林)

とも言っていました。

「負けなしも3チームで、ドルフィンズ、チーフス、ラムズです」(岩田アナ)

「これまた意外で…

ペイトリオッツが1勝2敗ってあんま聞いたことないよ」(若林)

「まぁブラウンズも1勝するしね。

それが1番波乱だけど」(春日)

「だから「がんばれブランズ」終わりでいいですよね?」(若林)

「いや終わらないよ、これからも応援していきますよ」(春日)

この後来週のカードが紹介されて番組は終わりました。

来週のテキサンズの相手は同地区のインディアナポリス・コルツで、前評判ではコルツが1ポイントリード。

この程度の差なら、どっちが勝っても不思議はなく、強いて言えばコルツが勝ちそうかな、と言うものです。

そしてブラウンズは、ここまで全敗で、ブリリアン・コージが応援するオークランド・レイダーズと対戦。

レイダーズが3ポイントリードですが、これも、強いて言えばレイダーズかな、と言うものです。

来週はどうなる。


7.オフトークで若林荒れる

今回のオフトーク動画、しょっぱなの「トゥース」からおもしろかったです



若林の気持ちが入ってない「トゥース」にアナウンサーの2人が反応しています。

デショーン・ワトソンのインスタを見たのですが左右で色が違うのはありませんでしたが、上下違うのはありました。

View this post on Instagram

how I go from 6 to 23 like I'm LeBron! (blessed to make it this far 🙏🏾)

Deshaun Watsonさん(@deshaunwatson)がシェアした投稿 -



多分若林の記憶違いだと思います。

先週も言われてましたが、1時間か1時間半たって3分間のプレイしか見せられなかったと言うのは、ちょっと異常だと思います。

春日が言うように、まず初心者の方には一試合当してみてもらった方がいいと思います。

最初わからなかったことが、その後わかることもありますし。

ただし、一般人にアメフトを教えるのなら、です。

アナウンサーに対しては違うのかもしれません。

6:42で若林が

「全然楽しくないよ」

と叫んだ辺りから、おもしろさが加速していきます。

「OLが弱すぎる」と言っていましたが、ワトソンはこれまでのテキサンズのQBとしては一番いい選手だと思うのに勝てない理由がわかりました。

最後の相武紗季さんいじり…

次回の相武さんの出演が楽しみです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#26】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:常勝チーム連敗! あのチームについに勝利の女神が・・・!」のこと〜「コージのがんばれブラウンズ」



動画へのリンクはこちら

「【#26】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:常勝チーム連敗! あのチームについに勝利の女神が・・・!」へのリンク


今週は波乱だらけのWEEK3となりました。


1.今週の「 #ロゴを書いてみたシリーズ 」

人の顔のロゴかな?

と思って、どこだろう?オークランドレイダーズなら眼帯みたいなのがあるし…

昔のタンパベイ・バッカニアーズか?

と思ったら…

ロゴじゃないですやん。

ニューイングランド・ペイトリオッツのQBトム・ブレイディの似顔絵ですやん。

しかも…似てないし…

と、ブツクサ言いながらも、このコーナー、毎週楽しみにしてます。

なお、ペイトリオッツ戦も波乱で、今シーズンいまだ勝星がない、デトロイト・ライオンズに敗れました。

ライオンズは今シーズンから、昨シーズンまでペイトリオッツでDC(ディフェンス・コーディネーターの略でディフェンスの最高責任者となるコーチのこと)を務めていた、マット・パトリシアHC(ヘッドコーチの略で監督のこと)に率いられています。

元上司と部下の対決でお互い手の内を知っていると思われますが、今回はそれをパトリシアHCが活かしたような戦いぶりだと感じました。

ちなみにこのツイートの写真の左側がペイトリオッツのビル・ベリチックHCで、右側のひげの人がパトリシアHCです。



2.ついにブラウンズが勝つ。

タイトルの

「コージのがんばれブラウンズ」

は「オードリーのNFL俱楽部」のコーナー

「カスガのがんばれブラウンズ」

をまねたものです。

昨シーズン1勝もできなかったクリーブランド・ブラウンズが、とうとう勝ちました。

こちらにハイライト動画があります。



クリーブランド・ブラウンズとニューヨーク・ジェッツの対戦。

ブランズの先発QBはタイロッド・テイラーでした。

あまり活躍出ていなかったところで、2Qの残り3:01、上の動画の4:26のあたりからのプレイでサックを浴び、これで負傷退場に追い込まれました。

ここで登場したのが、今シーズンドラフト全体1位で指名されたQBベイカー・メイフィールド。

メイフィールドがフィールドに入ると、活躍を始めます。



(メイフィールドのハイライト動画)

コージさんも言っていたと思いますが、NFLファンの方々の投稿を見ますと、フィールドの空気が突然変わったそうです。

ある方は、OLのプロテクションがとたんに良くなったと書いていました。

OL#75ジョエル・バイトニオがボールを持って走るシーンが紹介されていました。

こちらの動画です。



OLはルール上普通ボールを触らないポジションなのですが、誰かがファンブルしたボールを拾って走ることはできます。

ただ、普通こう言う場面では、まずボールの上に覆いかぶさって、攻撃権を相手に渡さないようにするので精一杯だと思います。

しかしこうやってボールを拾い上げて走ったのは、それだけの余裕があったのかもしれませんし、前半残り1分を切っていたので、イチかバチかで走り出したのかもしれません。

ですが、私はメイフィールドのリーダーシップがバイトニオを走らせたのかもしれない、と思いたいです。

こうやって残り2分で3点を返しました。

動画では紹介されませんでしたが、3Qの残り0:42、上の動画の8:54のあたりからのプレイは、タッチダウン後にキックではなく、普通のプレイをして2点を取りに行くシーンです。

そこだけを切り取った動画がこちらです。



ボールをRB(かな?)に直接スナップし、RBがWRにハンドオフした後、WRがエンドゾーンに走りこんだQBメイフィールドにボールを投げます。

前回のスーパーボウルや今シーズンの開幕戦でフィラデルフィア・イーグルスがやった「フィリー・スペシャル」に似ているので、このツイートでは

「ベイカー・スペシャル(Baker Special)」

とタイトリングしています。

そして試合残り2:04でついに逆転!!

ディフェンスもがんばって、そのまま逃げ切って、ブラウンズが2016年シーズン以来の勝利をあげました。

まだまだ書き足りないのですが、明日書く予定の「オードリーのNFL俱楽部」のことでもこの試合のことを書きますので、ネタを残す意味でもここまでにしておきます。

興味があれば明日のも読んでもらえるとありがたいです。

ベイカー・メイフィールドの名前は覚えておいて、注目しておくといいと思います。


3.もう一人、ルーキーQBが活躍

バッファロー・ビルズがミネソタ・バイキングスを27対6で破りました。

これは大番狂わせです。

特に6点に抑えたビルズのディフェンスがすごいと思うのですが、バイキングス相手に27点をとったオフェンスもすごいなと思います。

それを率いたのが、コージさんが紹介したルーキーQBジョシュ・アレン

特にこのランをほめていました。



気迫があらわれているプレイだと思います。

ただ、ケガが怖いですが。

個人的には、私はアレンが、敵がすぐそこま着ているのにポケット(OLが作るプロテクションのこと。きれいにできると、上から見るとポケットのよう鬼見えることが揺らいだと思います)にとどまって、動揺するしぐさを見せずにパスを投げる姿が好きです。

こう言うことを感じさせてくれるルーキーQBを見るのは、かなり久しぶりだと思います。

下の動画は、この試合でのアレンのハイライト集です。

この中には、私が好きだと言ったプレイはありませんでしたが、強いて言えば2:55からの最後のパスがそれに近いと感じました。




4.「 #コージにオマハな質問 」

今週の質問はこちら



これはかなり重要な質問だと思います。

アメフトはそんなにルールを知らなくても楽しめます。

しかし、深くルールを知ると、もっと楽しめます。

どういうときに時計が止まるのか、止まらないのかを8割ぐらい知れば、その域に達し、なぜ今オフェンスはそう言うプレイをしたのか、と言う理由や、次にどういうプレイをしそうかがわかるようになります。

これがわかって来ると、立派なアメフトファンです。

時間が止まるときと進む時のルールが書いてあるサイトがありましたのでリンクを貼っておきます。

下記リンク先の「【13】時計が止まるとき」をご覧ください。

オービックシーガルズ公式サイト「アメフトガイド>ルール解説>試合の流れ(ルール)」へのリンク

ただしこれは日本のXリーグのルールです。

NFLでは「ファーストダウンを獲得したとき」も時計は止まりませんし、逆に前半と後半の残り時間2分になると時計が止まります。

後者を「ツーミニッツ ウォーニング」と呼びます。

他にもNFL固有のルールがあると思います。

また、試合を見ていて、私でも、なんで今のプレイで時計が進んでいるんだろう、と思うときがあります。

そう言う場合、私は深く考えないようにしています。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

(続き)【2018WEEK1】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~先週になって出てきた情報と、小池絵未さんのこと

「オードリーのNFL俱楽部」はWEEK2の放送を終え、NFLはすでにWEEK3も終わりましたが、先々週放送されたことについて先週になって出てきたことがたくさんありますので、それらをここにまとめて載せておきます。

通常回であれば特にこういうこともしないかもしれませんが、シーズン始まりの「あけましておめでとうございます」の回ですし、それに相武紗季さんも出ていて、通常回とは笑いの質が違いますので。

まずTwitterから。





次にFacebook


「詳しくはこちら」のリンク先は、番組の公式サイトで、2018年シーズンバージョンにリニューアルされています。

まだ放送がないBS日テレですが、10月7日からの放送だそうです。

そして相武紗季さんは、「月イチレギュラー」だそうです。



偶然ですが、相武さんのことばかり拾ってますが

「私のわけ分からなくなるくらいのテンションの高さです!」

と言うのは全くその通りで、出演する回はそこが一番の見どころだと思います。



そうか…

春日は今シーズンは「クリーブランド」を覚えない体で行くのかと思ったら、「先ほど知りました」とのこと。

最後にオフトーク動画



(日テレ公式チャンネルYouTube動画「オードリーのNFL倶楽部2018 Week1 オフトーク」)

フィラデルフィアのファンが荒い、とか、暴動が起きたとかと言うのは、チャンピオンシップ後のことだと思います。

報道陣のバスにビール瓶を投げたり、窓を割ったりとか。

その時はGoogleで「Philadelphia riot(暴動の意味)」で検索すると、多くのネットニュースが見つかりましたから。

アメリカでも珍しいほどの荒れようだったそうです。


話は変わりますが…

昨シーズンいっぱいでレポーターを降板された

小池絵未さん

のことを書いておきます。

    20180925小池絵未さんonトム・ブレイディアジアツアーの画像

    (昨2017年、トム・ブレイディ アジアツアーin有明コロシアムでの小池絵未さん)

小池絵未さんは、2013年シーズンから、生馬アイザックさん(現ザック生馬さん)のあとを継いで、「オードリーのNFL俱楽部」の第2代レポターとなりました。

その時私が書いたのが、こちらのブログ記事

「【2013WEEK1】「オードリーのNFL倶楽部」について」へのリンク

ここにも書きましたが

「小池さんのユニークなところは、NHL・NBA・NFLのアメリカ3大スポーツ全てのチアリーダーをつとめた、と言うことです。

これは日本人では唯一の記録です。」

と言うことです。

その前2011年10月29日に、まだニューヨーク・ジェッツのチアリーダーグループ「フライト・クルー」の一員だった時にも出演しています。

(ただしこの時は、オードリーの2人はお休みで、松尾アナと安倍奈知さんが番組をまわしていました)

その時のブログ記事がこちら。

「(10/29)「NFL倶楽部」で放送されたことについて」へのリンク


当初私は、良いか悪いかは別にして、強引な取材を行ってきた生馬さんの代わりに、女性が務まるだろうかと心配したのですが…

なんのなんの。

最後には、「メディア嫌いのマーショウン・リンチから、唯一インタビューが取れるすご腕レポーター」とシアトルで評判になるまでになりました。


私がこの番組で、小池さんについて一番印象に残っているのは、どうやったらチアリーダーになれるのか、と若林に尋ねられて

「そうですねぇ~

努力と根性ですかねぇ~」


とさらりと答えていたことです。


小池さんは昨年あたりから、共同通信の「週刊TURNOVER」と言うアメフト専門サイトに寄稿を始めました。

最近のものはこれ



この中で、教え子で、現在ジャクソンビル・ジャガーズのチア本田景子さんとのインタビュー記事を載せています。

そして文中にもう一人の教え子で、昨年からテネシー・タイタンズチアの曽我小百合さんのことも載っています。

小池さんは今でも、日本全国を駆け回って、チアの指導をされているようです。

特に座右の銘ではないのですが、私は後藤新平の

「金を残して死ぬのは下だ。仕事を残して死ぬのは中だ。人を残して死ぬのが上だ」

と言う言葉で、人の功績を称えます。

小池さんは今、人を残す仕事にも注力されているようです。

これは素晴らしいことだと思います。

「オードリーのNFL俱楽部」でも、NFLファンを作る、と言う仕事ができたのですが…それはオードリーの2人が引き受けてくれるでしょうし、後任のレポーター、メロディ・モリタさんがやってくれるでしょう。

ですがチアの指導ができるのは、小池さんほどの人はいないかもしれません。

番組で見られなくなるのは残念ですが、これからの活躍を期待して、歓送したいと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】森が7試合連続セーブの日本新記録樹立〜実力と強運、そして気迫の成果だと思う


福岡ソフトバンクホークスの森唯斗投手が、昨日2018年9月25日の対オリックス・バファローズ戦で、プロ野球新記録となる7試合連続セーブを挙げました。


この記録は、抑え投手としての技術はもちろんですが、それだけではできないものです。

体力も必要です。

まず、チームが7連勝しなければいけません。

これはそんなに簡単なことではないです。

そして一番難しいと思えるのは、7試合続けてセーブシチュエーションで登板を迎えると言うことです。

これはもう奇跡以外の何者でもないでしょう。

(ただし、何点差でもリードを守り切って3イニングを投げれば、セーブはついたと思いますが…

7試合連続して3イニングはきついでしょう)


それにしても、サファテ投手の代役だったものが、気がついてみればこんな大記録を樹立し、そしてセーブ王争いでも2位のバファローズの増井投手を2個リードしてトップです。

最初は不安定だったときもありますが、よくここまで成長してくれたものです。

チームもそうでしょうが、ファンとしてもとてもありがたいです。



ただ、やはり心配なのは疲労です。

これからのペナントレース最終盤、クライマックスシリーズ、そして日本シリーズのことを考えると、休ませたいところです。

でも、セーブ王のタイトルもとらせたい。

ファンも工藤監督も、その辺はとても頭が痛いところだと思います。

タイトルを取って選手生命を終えるのと終えないのでは、かなり違うそうですし…


しかし私には、森投手が

「そげなこと、知るかっ!

おりゃぁっ!」

と言って、これからも最終回になげてくれそうな気がします。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】オーパーツ福岡SUNS、X2デビュー戦のこと~9月29日は福岡で試合が



先々週の日曜日9月9日にオーパーツ福岡SUNSは西宮ブルーインズと対戦しました。

オーパーツ福岡SUNSは今シーズンX2にあがったばかりで、この試合が秋のリーグ戦のX2デビュー戦となりました。

試合は、ブルーインズがFGで先制するも、SUNSが逆転勝ちしました。

スコアは、オーパーツ福岡SUNS 21 - 10 西宮ブルーインズ

こちらのブログに、試合の経過を動画を交えて紹介してくれたものがあります。

すごく丁寧で、トップに試合のフル動画もあります。

 

「【アメフト】西宮ブルーインズ×オーパーツ福岡SUNS[2018XリーグDiv2west]」へのリンク

また、西日本新聞でもこの試合のことが取り上げられていました。




ハイライト動画はこちら。



(オーパーツ福岡SUNS公式YouTube動画「【ハイライト】オーパーツ福岡SUNSvs西宮ブルーインズ(2018年9月9日)」)

西宮ブルーインズは昨シーズンX2西地区2位のチーム。

きつい試合だったようですが、勝てたことが自信になってくれればと思います。


そして9月29日(土)には、創部以来初めて福岡で公式戦を行います。



西スポの記事にありますように、チームは1,000人の入場を目指しています。

多くの人が応援に来てくれれば、その次の試合、10月14日(日)のクラブホークアイとの対戦に向け、勇気をもらえるでしょう。

クラブホークアイは昨シーズンはX1にいたチームですから、西宮ブルーインズ戦と同じく厳い試合になるでしょう。

福岡で多くの人に応援されているのがわかれば、力をもらえるはずです。

1人でも多くの人が平和台に足を運んでもらえればと思います。

オーパーツ福岡SUNSの応援をよろしくお願いします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】「補強が大当たり」と言うのはかなりの奇跡でありがたいことなんじゃないかと思う~グラシアルとミランダの活躍を見て思うこと

福岡ソフトバンクホークスは、昨日2018年9月23日の対北海道日本ハムファイターズ戦に勝ち、これで5連勝。

ヒーローインタビューにはミランダ投手とグラシアル選手がこたえていました。

ミランダ投手は6回2/3を1安打無失点に抑え、



グラシアル選手は均衡をやぶるホームランを放ちました。



この2人でヒーローインタビューを受けるのは2回目のことだと思います。

ところでこの2人の活躍についてこんな記事がありました。



この記事のタイトル「補強大当たり」と言う言葉がとても気になりました。

記事を書かれた方には、そんな気持ちはないと思うのですが、

「力のある外国人選手を持ってくれば、チームは自然と勝てる」

と解釈されないかな、と思いましたので。

それならば、金がある球団が常勝となるはずです。

ですが、実際はそうなっていません。


日本で活躍できる敵性があるか、スカウトには見極める力が必要です。

補強ポイントにあっているか、も考えなければいけません。

ミランダ投手の場合は、今シーズンのホークスにはなかった先発左腕と言う補強ポイントにぴったりでした。

(ただ、本当にすごい投手であれば、右も左も関係ないとは思うのです。

ですが、左の投手の後や翌日に右投手を投げさせると、その右投手は楽になると思います)

監督やコーチは、スカウトが見極めた力を、そのまま引き出す管理、起用が求められます。

それらが全部うまく行って、初めて「補強がうまく行った」と言えるのではないかと思います。

かなり奇跡的で、そして幸運なことだと思います。

そして、今のホークスのスカウト、フロントそしてコーチや監督は、かなり有能だと思います。

パーフェクトではないかもしれませんが。

パーフェクトなそれらを求めるのは難しいですよ。

少なくとも、獲得してから、期待通りかそれ以上の力を発揮させるシステムは整っていると思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018年9月23日】オードリーのオールナイトニッポン~若林、不惑の誕生日を祝われる



ご無沙汰してます。

とりあえず若林のトークゾーンの途中まで聴きましたので、少しだけですが書いておきます。

1.アイドルがいなかった青春時代

オープニングは

「自分たちの青春時代はアイドルがいなかった」

と言う話しがほとんどのように感じました。

その中でもよく出てきた名前は、

広末涼子さん、雛形あきこさん

でした。

「(同級生の)カサイがさぁ、俺が一番最初に知ったと言う感じで、広末さんが滑り台で…」

と言うのはこのCMのことだと思います。



(動画「広末涼子 - ドコモポケベル初CM[1996]」)

私の記憶とイメージがちょっと違いましたが、よく覚えてます。

広告代理店が戦略を練りに練って世に送り出してきたアイドル、と言うようなことを当時聞きました。


オードリーの2人が言う「俺たちの頃」と言うのは、90年代半ばから後半を指すんだと思いますが…

個人的には、アイドルより雛形あきこさんのようなグラドルが多かった記憶があります。

Wikipediaの「アイドル」の「1990年代」を見ると、当時どんなアイドルがデビューしたかがわかります。

私が高校生から大学生の頃は、80年代アイドルブームだったので、その頃と比べるとかなりインパクトのある人が少ないなと思います。


2.若林、「オードリーのNFL俱楽部」で誕生日を祝われる

若林が、おじさんだらけの「オードリーのNFL俱楽部」スタッフによって祝われたのは、番組がツイートしていました。



「女子アナさんも一人いるけど」と言っていたのは、最前列の11番のジャージを着ている、岩田絵里奈アナです。

その左隣にいる体格がいい人が、時々名前が出てくる佐野徹プロデューサーです。

こうやって見渡すと、そんなにおじさんだらけにも思えないんですが…

まあ、私がこの中に入れば、多分最年長か2番目ぐらいだから、そう思うのだと思います。


3.「ナナメの夕暮れ」の中で一番印象に残った記事

若林が8月30日に出した「ナナメの夕暮れ」ですが、売れ行きがいいようです。



このご時世に、発売後2週間で10万部はかなりすごいと思います。

2週間ほど前、近くのそんなに小さくない本屋に行ったら、もう置いていませんでした。

昨日同じ本屋に行ったら、再入荷されていました。

すでに第四刷でした。

なお、「オードリーとオールナイトニッポン 自分磨き編」はありませんでした。

そう言えば半年前には「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」と「オードリーのNFL倶楽部~若林のアメフト熱視線」が並んで置いてありました。


ところで私がこの本に関するニュースで一番印象に残った記事のことを貼っておきます。



この中の

「漫才にも如実で、今までお笑いファンに「なかなか面白い設定」とか「今までなかったね」と言われたくて、キョロキョロしながら作っていたんですけど」

と言う表現がおもしろいな、ということ。

そして、春日に対して「コンプレックスだらけ」と言うのもいいな、と思いました。


追記.オードリーのオールナイトニッポンでも祝われる

Instagramの「ナナメの夕暮れ」公式アカウントに、誕生日を祝われている若林の写真がありました。

ケーキがラジオの形をしていますし、思いっきり「オードリーのオールナイトニッポン」とデコレーションされてますし、ハッシュタグ「 #オードリーのオールナイトニッポン 」とあるので、多分この番組で祝われたのでしょう。



それにしても、こんなすごいケーキ、よく作ったなぁ…

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018WEEK2】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~新レポーターにメロディモリタさん


(毎年、若林の誕生日前に始まり、春日の誕生日後に終わる「オードリーのNFL俱楽部」

若さまも40歳。

私がオードリーのファンになったのが10年前の夏頃だったので、当時はまだ20代。

あれから10年たったのか…)

2018年9月22日未明に放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

この回の収録日はおそらく9月20日で、若林の40歳の誕生日。

と言うことで収録後にお祝いがあったようです。

また、今シーズンからレポーターが交代。

小池絵未さんからメロディ・モリタさんになったそうです。


1.オープニング

「レギュラーシーズンも残すところ、あと16週とプレイオフだけになりました。」(若林)

「もう終しまいです」(春日)

と言う、昨シーズンもWEEK3あたりでやったボケから始まりました。

岩田アナが「そんなことないですよ」と言うと

「でね、結局日テレのアナウンサーはすぐにアメフト忘れるから」(若林)

「いやいや皆さんNFLのことばかりですよ」(岩田アナ)

「岩田さんもそんなこと言いながら、すぐ「まる見え」でしょ

今も(頭の中は)そうかもしれないから」(若林)

今週の放送で岩田アナが「世界まる見え!テレビ特捜部」の新MCになることが、荒々しく発表されてました。

「いや中心の仕事はこれですから」(岩田アナ)

とのことですが…

その後

「先週言ってた「フォルススタート」だけど、覚えた?」(若林)

「はい。

プレイが始まる前に動くことで、ディフェンスがやるとオフサイド、オフェンスがやるとフォルススタートです」(岩田アナ)

「すごいね。

誰に教えてもらったの」(若林)

「菅谷さんです」(岩田アナ)

ここでオードリーの2人が大爆笑。

「出た、日テレ女子アナのレジェンド。

あの人は女子アナだからね。

ブレイディさま~、とかキャップかぶって言ってるから。(若林)

と盛り上がったオープニングでした。


2.国内のアメフトもすきになってほしい

今、世界的広告代理店の電通の本社エントランスが、アメフト一色になっている模様が映されました。



これだけではよくわかりませんので、映し出された様を書いておきますと、選手やチアリーダーの写真がステンドグラスのように細い窓に貼られ、その横にモットーなどが書いてある、と言う感じでした。

電通がスポンサーの電通キャタピラーズのジャージや応援グッズも展示されてました。

アメフトの普及に向け、ありがたい取り組みだと思います。

電通キャタピラーズは今シーズン、創部42年目にして初めてX1に昇格しました。



ただ、X1の壁は高く、3戦していまだ未勝利です。



(白い方が電通キャタピラーズ)


3.ベアーズ対シーホークス

最初のハイライト動画は、シカゴ・ベアーズが本拠地ソルジャーフィールドにシアトル・シーホークスを迎えての一戦でした。

昨シーズンまでであればシーホークスがまず勝つだろうと思われたと思いますが、今シーズンはベアーズの戦力アップがあり、試合前の予想では、ベアーズ若干有利と言われていました。



(NFL公式YouTube動画「Seahawks vs. Bears Week 2 Highlights | NFL 2018」))

オードリーの2人はQBトゥルビスキー、特にランをほめていました。

速くはないんですが、走り出すタイミングがよく、カットもうまく切れていました。


4.若林の熱視線EXTRA

今週は「アレンジの話し」

ベアーズ対シーホークスの試合から、まずこちらのシーン。



ランパスオプションから、一人フリーにしたLBの動きを見て、TEにショベルパス(前方へトスをするようなパスで、ショベルで地面を掘る仕草に似ていることに由来する者と思われます)を決めTDとなったシーンです。

これは、カレッジフットボールのトレンドをNFLにアレンジしたものだと言うのが若林の説明でした。

カレッジではRBへのハンドオフかQBがそのままランをするそうですが、NFLではQBにケガさせたくない(昨シーズンのグリーンベイ・パッカーズのようにQBが負傷するととシーズンが終わる)ので、QBの代わりに他の選手(体格が良くて負傷しても代わりが効く選手で、この場合TEへのショベルパス)に行かせたものだそうです。

「さらにNFLでは、QBにまったくリスクを負わせないプレイがあります」(若林)

と言って紹介されたのがこのプレイ。



QBがオプションから自らボールを持って走り、1stダウン獲得、と言うシーン。

「あれ、さっき若林は「QBにまったくリスクを負わせないプレイ」と言ったのに、QB走らせてんじゃん、と「NFL俱楽部」ファンは思うでしょう」(若林)

実はこのプレイ、ボールを持って走ったのはQBではなく、TE。

QBはこのプレイの前にシフトしていて、画面上のWRのポジションにセット。

同時にTEがQBの位置にセットしていたワイルドキャットフォーメーションからのプレイでした。

ですので、QBはノーリスクだったのです。

そして若林のひと言は

「ひな壇のタレントは大丈夫だけど、MCがケガしたら収録はなくなるよ」

と、MCをQBに例えたものでした。

「春日はケガしてもいいけど、オレはだめ」(若林)

とのひと言に、春日は

「失敬な」

と、当然のことを言っていましたが、その後小声で

「まあそうだけどね」

と言っていました。


5.新レポーター、メロディ・モリタさんのこと

今シーズンからレポーターが変わるそうです。

小池絵未さんから、メロディ・モリタさんへ。

初めてのロケは、ニューヨーク・ジャイアンツのルーキーで、ドラフトの全体2番目の指名で入団したRBセイクアン・バークリーの特集。

(ちなみに開幕前の時点では、バークリーのジャージの売り上げが、全チーム全選手の中でトップ、と言う人気の高さでした)

まずチームメイトにインタビュー

「バークリーは今チームが必要としている力強いランプレーができる選手だよ」(QBイーライ・マニング)

「彼はとんでもないランニングバックだよ。

チームの起爆剤になるようなプレーをして楽しませてくれるさ。」(WRオデル・ベッカムJr.)

バークリーはWEEK1で自身初のTDを含む(下の動画の1:44辺りからのラン)106ヤードを走りました。

期待通りの数字だと思います。



(NFL公式YouTube動画「Saquon Barkley Rushes for 106 Yards in NFL Debut」))

しかし、試合後のインタビューでは、試合に負けたこともあり、あまり満足していませんでした。

「NFLの選手になるために充分練習をやってきましたから。

チームのみんなのおかげでWEEK1はとても特別になりました。

タッチダウンはできたけど勝つことができなかったので、また基本に立ち返って練習あるのみかな。

次は勝てるようにがんばりたいです。」

日本のファンへメッセージを、と言う要望には

「日本のみなさん、応援してくれてありがとうございます」

とのことでした。

この後ダラス・カウボーイズ対ニューヨーク・ジャイアンツのWEEK2の試合のハイライトがありました。

バークリーは下の動画にあるようにランやレシーブで25回ボールに絡み、108ヤードを稼ぎました。



(NFL公式YouTube動画「Saquon Barkley's 25 Touches for 108 Total Yards!」)

しかし、またもチームは勝てず…

WEEK3では、これまた今シーズン未勝利の、若林が応援するヒューストン・テキサンズと対戦します。

現時点ではテキサンズが6ポイントリードで、これは、まあ普通にやればテキサンズが勝つんじゃない、と言うものです。

ところで…

メロディ・モリタさんのことを調べてみました。

(どんな人なのか、知っていそうな人に尋ねてみたら「MAJIKさんなら知っているかもしれないと思ったんですが、ネットでは有名な人みたいですよ」とのことでした。

私はそう言う風に見られてるんだなぁ…)

全然知らない人だったので、ネットで調べてみました。

こちらが公式サイトです。

「Melodee Morita Official Website | メロディーモリタ オフィシャルウェブサイト」へのリンク

「RECENT UPDATES」の中に

「新プロジェクトの発表は9月20日!」

とあります。

それが、各種SNSに投稿された、「オードリーのNFL倶楽部」の新リポーター就任のことなのかな、と思います。



View this post on Instagram

【ご報告】Excited to announce that I’ve become an @NFL reporter, too!😊🏈 Interviewed @OBJ at my first shoot who’s not only a star among fans and top athletes but also the nicest & funniest guy even when the cameras weren’t rolling🙈 I got to speak with @saquon 1-on-1, quarterback Elli Manning, head coach Pat Shurmur, and more as well! I’ll be covering various teams throughout the season, appearing regularly on the one and only NFL television program in Japan on Nippon TV. I’ll ofc continue my other activities as well and am honored for this new step in my career.✨ アメリカを代表するスポーツの1つである「NFL」、プロ・アメリカン・フットボールリーグのリポーターを務めさせて頂く事になりました‼️☺️ 特に最大のスポーツイベントであるNFLのスーパーボウルは、毎年テレビ年間最高視聴率を記録する事でも知られています。そのNFLを日本で唯一専門情報番組として放送している「オードリーのNFL倶楽部」(日本テレビ)の新リポーターとして、日英両語で頑張って参ります✨ 初リポートではNYジャイアンツで、あのオデル・ベッカムJr.選手をはじめ、クオーターバック、コーチ、エングラム選手、そしてドラフト全体2位で指名された大注目ルーキー、セイクオン・バークリー選手に単独インタビューをさせて頂きました!!✨ セイクオン選手にはドラフトされてからの道のり、プロになった今の心境など、沢山のインタビューに答えて頂きました。オデル選手はカメラが回っていなかった時でさえ非常にフレンドリーに接して下さり、様々なスポーツ界のトップ選手からも大人気の理由がよく分かりました。現地からお届けする選手たちの貴重な練習風景や日本の皆様へのメッセージなど、放送をどうぞお楽しみに!😊📺🇯🇵🇺🇸 #MelodeeMoritaInterviews #NFL #obj #odellbeckhamjr #saquon

Melodee Morita | メロディー モリタさん(@melodeemorita)がシェアした投稿 -




Twitterでは多分文字数制限に引っかかって書けなかったのかもしれませんが、他のはいずれも「オードリーのNFL俱楽部」と、「オードリーの」を略せずにフルで書かれているのが嬉しいです。

5年前にYouTubeに投稿された自己紹介動画を見ますと、日本から渡米した人と間違えられることが多いけど、生まれも育ちもアメリカで、両親が日本人とのこと。

最初はカリフォルニアに住んでいたが、ハイスクール時代にニューヨークに転居。

バレエを習っていたところからダンサーを目指しましたが、どういうわけかテレビの世界に。

最初にテレビの話しが着たときには、この番組の誰かさんと同じで、人見知りだから「無理、無理」と断りそうになったのですが、考え直して、チャレンジ。

CNNやフジテレビ系の仕事をして、今に至るそうです。

SNSへの投稿を見ると、NBAや最近は大坂なおみ選手の仕事をされていたようです。

ただ、後で載せるオフトーク動画にありますが、「アメフトはこれから」だそうです。

これからのメロディ・モリタさんの活躍を願うとともに

「小池さん、お疲れ様でした」

と小池絵未さんに感謝したいです。


5.「カスガのがんばれブラウンズ」

ブラウンズの6番のジャージを着た春日から

「バークリーはドラフトで全体2番目の指名でしたが、全体の1番目は誰でしょうか?」

と言う問題が出されました。

その後春日が6番のジャージで胸を張ると、若林が

「春日さん、ヒントの押しが強いんですけど」

と苦笑い。

答えはそのブラウンズの6番の選手、QBベイカー・メイフィールドでした。

コーナーはこれで終わりで、その後その他の試合のハイライトが始まりました。

春日によると、メイフィールドはまだ試合に出てないものの、シーズン後半あたりまで先発QBのタイロッド・テイラーの控えとして勉強させてから出場させるだろう、とのことでした。

テイラーとメイフィールドは機動力があると言う点では似ていますので、多分そう言うストーリーをコーチ陣は描いていると思います。

ちなみに、アメフト専門メディアが、プレシーズンゲームが終わったところで投稿したメイフィールドの評価はこちら。



メイフィールドがドラフト全体1位で指名されたときは、えっ?と驚きました。

サム・ダーノルド(現ニューヨーク・ジェッツ)辺りに来るかな、と思ってましたので。

しかし、プレシーズンのパフォーマンスを見ると、上のTouchdown Networkさんが報じているまでは細かいことは気がつきませんでしたが、意外にいいな、と思いました。

実は、ブラウンズの試合はもう日本時間の昨日金曜日に終わっています。

前評判ではブラウンズが3ポイント有利。

これは、ブラウンズが本拠地でやる分だけ有利、と言う程度のもので、どちらが勝ってもおかしくないと言うものです。

それにしても、このコーナーはレギュラーシーズン中ネタが持つのかなぁ…

昔の、毎年必ずNFLチャンピオンシップに出ていたころの、強かったころのブラウンズの特集とかやってくれると面白いのに、とか思うんですが…


6.応援するチームが全敗

今週は、相武紗季さんのニューイングランド・ペイトリオッツも含め、MC陣が応援する4チーム、すべてが敗れました。

「相武さんのペイトリオッツも負けたんだ。」

「こんど相武さんがスタジオ来ても、触れないでおこう」

「またあのことが言われちゃうからね」

とかオードリーが盛り上がっていました。

「相武の呪い」とか「魔女」とかですかね。


7.先週と全然違う岩田アナのこと

あえて先週は書きませんでしたが、正直なところ、先週見た限りでは、岩田アナのしゃべりは違和感だらけでした。

私は素人ですから、下手かどうかはわからないのですが、これまでの人と違って、なんか引っかかるところがたくさんあるな、と思いました。

正確には数えていませんが、かんだ箇所も2か所ありました。

大丈夫かなぁ…

と思っていたんですが…

今週は全然違和感のないしゃべりだったと感じました。

また、「カスガのがんばれブラウンズ」のコーナーでは、まだコーナーを続けたそうにしゃべる春日を制して、強引にその他の試合のハイライトに持っていきましたし。

そう言う面はいいな、と感じました。

なお、岩田アナは「丸見え」のMC陣からも好評のようです。






(日テレ公式チャンネルYouTube動画「オードリーのNFL倶楽部2018 Week 2 オフトーク」)

アメフト初心者と一緒にスーパーボウルの動画見て、いろいろと教える仕事、いいなぁ~、と思いましたが…

アナウンサーを育てる仕事の一環となると、とても難しいんでしょう。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#25】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ #25:下馬評を覆す? 何があるか分からないのがNFL!」のこと~祝、番組のカバー画像ができる

遅くなりましたが、今週水曜日に配信された「コージと楽しむNFLライフ」第25回のことを書きます。

なお、来週の配信については、仕事の関係で私が動画を見れるのが早くて水曜の夜。

これについて書けるのが木曜の夜になると思いますので、ブログに書いて公開できるのは早くて金曜になると思います。


1.オープニングのカバー画像ができて一安心と同時に新たな期待

「カバー画像」と言う表現が正しいかどうかわかりませんが、番組が始まるときにこんな絵が使われるようになりました。

20180921カバー画像「コージと楽しむNFLライフ」

この絵ができたことには、いいものが出来た以外に、もうひとつ個人的に感じるものがあります。

私はあえて不安をあおるようなことは書きたくないので、あえて書きませんでしたが、先週の配信では、番組の最後にいつも出てくるテロップ、「次回は○○日配信」と言うものがありませんでした。

少なくとも私は見つけられませんでした。

まさか先週で終わりじゃないよな…

とちょっと不安に思っていたのですが、今週もしっかりと配信があって安心しました。

と同時に、こういうカバー画像ができたと言うことは、今後もずっと配信があるんだろう、と言う期待を持たせてくれました。

「あえて不安をあおるようなことは書きたくない」と書きましたが「やや無責任でも期待を持たせることは書く」ことはあります。

ですが、この件については、期待していいんじゃないかと思います。


2.「 #ロゴを書いてみたシリーズ 👨‍🎨 」

View this post on Instagram

シーズン第2週、皆さまの推しチームの結果はいかがでしたか? . まだ負けなしの連勝を記録しているのは✨ 🙌ドルフィンズ 🙌ベンガルズ 🙌ジャガーズ 🙌チーフス 🙌ブロンコス 🙌バッカニアーズ 🙌ラムズ . 下馬評通りにいかないのがフットボール🏈 何があるか分からないからおもしろい👍 . . 🏈ブリリアン #コージと楽しむNFLライフ 🏈 #動画📺 へのリンクはプロフィール欄に設置しています▶️👉 @nfljapan_com #BIOをご覧ください . . #ロゴを書いてみたシリーズ🖌️ #どこのチームでしょう🤔 #コージ画伯👨‍🎨 #カンペキ #ドヤ顔 😎 @kooji_brillian . . #NFLJapan #コージと楽しむNFLライフ #コージにオマハな質問

NFLJapan.comさん(@nfljapan_com)がシェアした投稿 -



「これはもう、簡単でしょう」と「 #コージ画伯👨‍🎨 」が言うように、描くのも当てるのも簡単でした。

このチームについても、簡単すぎて出題されないんじゃないかと思っていました。


3.スーパーボウル出場チームが敗れる波乱

WEEK2では、昨シーズンスーパーボウルに出たフィラデルフィア・イーグルスとニューイングランド・ペイトリオッツがいずれも敗れると言う波乱がありました。



(NFL公式YouTube動画「Patriots vs. Jaguars Week 2 Highlights | NFL 2018」))



(NFL公式YouTube動画「Eagles vs. Buccaneers Week 2 Highlights | NFL 2018」))

コージさんの言う通り、レギュラーシーズンの1敗や2敗はそれほど痛くはないのです。

これまで52回のスーパーボウルに出てきたチームは、のべ104チーム。

うち、レギュラーシーズン全勝と言うのは、2チームしかありませんから。

1敗でで出てきたチームもそんなにないと思います。

だいたい2敗はしています。

ただ、この時期に、しかもそれほど強いとも思われないチームに負けたのは意外でした。

ですがペイトリオッツに関しては、きっとなんやかんや言われてもプレイオフまでは行くと思います。

2001年にトム・ブレイディが先発QBになって、プレイオフを逃したのは、その翌シーズン、なんとなく気分が浮ついていた2002年シーズンと、ブレイディが開幕戦でシーズン絶望となる負傷をおった2008年シーズンしかありませんから。

ブレイディが大丈夫なら、プレイオフでもいいところまではいくと思います。

ただもう41歳と言うのが気になります。

イーグルスは…うーん、わかりません。

なにせ昨シーズン、急に強くなったチームですから。

イーグルスで気になるのは、4TDパスで27点も取られていると言うことです。

このチームの本来の強みはディフェンスなので、タンパベイ・バッカニアーズの控えQBライアン・フィッツパトリックにこれだけの点を取られると言うことは、ディフェンスの弱みを見つけられたかもしれない、とも考えられるのです。

もしそれが本当で、どこが弱いかは、バッカニアーズの攻め方を見れば、他チームにもわかります。

ここをつかれるようになって、それを修正できないとなると、イーグルスは厳しいかもしれません。


ただ、次週から両チームの人事に動きがあります。

イーグルスは昨シーズン終盤から、負傷で欠場していたエースQBカーソン・ウェンツが帰ってきます。

ウェンツが終盤までイーグルスを勝たせ続けたので、イーグルスは昨シーズンスーパーボウルに勝てた、と言っても過言ではないほど優れたQBで、まだ伸びしろがありそうな、楽しみなQBです。



(NFL公式YouTube動画「Carson Wentz 2017 Season Highlights | QB, Philadelphia Eagles | NFL」)

ただ、先々週まで接触プレイがある練習は出来なかったほどのケガの症状が、こんなに早く復帰できるものか、と不思議に思えるところはあります。

ですが、NFLのチームはそんなに無理をさせませんので、まあ大丈夫なんでしょう。


ペイトリオッツはクリーブランド・ブラウンズからWRジョシュ・ゴードンを獲得しました。

ゴードンのことはよく知らないのですが、私の認識では、優れた技術を持つものの、素行に問題あり、と言う選手です。

そのため、ブラウンズではもてあましていたところもありますが、HCビル・ベリチックやQBトム・ブレイディによる厳しい規律が支配するペイトリオッツなら彼をうまく使えるのではないか、と言う見方が強いように感じます。

2007年シーズンには、問題児と言われたWRランディ・モスを獲得し、ブレイディはシーズン最多TDパス記録を樹立、モスもシーズン最多TDレシーブの記録を作り、開幕から全勝でスーパーボウルまで駆け上がったことがありますから。


補足ですが、コージさんが

「これは守りようがない」

と言っていたキーラン・コールのワンハンドキャッチの模様はこちら。



バッカニアーズの控えQBライアン・フィッツパトリックについては、以前チーム紹介の時にここに書きましたが、控えQBなのに移籍先でどういうわけか先発になってしまう不思議なQBです。

ハーバード大学出身。

まだWEEK2ですが、なんとここまでNFLで一番パスを成功させています。

これまでは、こんなに活躍する選手ではないので、ツイッターでは 

「 #FitzMagic (フィッツマジック)」

と彼のプレイについて投稿しているものが増えました。

NFLでは「magic(マジック)」と言う言葉がよく使われ、1980年代後半、日本で第二次NFLブームが起きたときは、サンフランシスコ・49ナーズのQBジョー・モンタナが劇的な逆転劇を繰り返したとき、

「モンタナ・マジック」

と言われました。



(NFL公式YouTube動画「Ryan Fitzpatrick GOES OFF for 417 Yards & 4 TDs vs. Saints」)



4.スケジュールはどうやって決めるの?

今週の「 #コージにオマハな質問 」はこちら



回答は

①地区内の他チーム(3チーム)と2試合ずつで6試合

②同じカンファレンスの特定の地区のチームと4試合

③違うカンファレンスの特定の地区のチームと4試合

④同じカンファレンスで、②と違う地区の、昨シーズン同じ順位だったチームと2試合

で合計16試合となります。

20180921スケジュールについて_コージと楽しむNFLライフ


私もこれはよく知りませんでした。

①~③はおさえていましたが、④については明確な定義は知りませんでした。

④について、なんでこんな仕組みかと言いますと

「強いチーム同士、弱いチーム同士で対戦させる」

と言う狙いで、これで、拮抗した試合を増やそう、と言うリーグの意図が表れています。

ただ、あくまでも昨シーズンの成績をもとに作ったスケジュールですので、必ずしも試合が拮抗するとは限りませんが。


このスケジューリングは、2002年に現行の2カンファレンス各4地区制に移行してからのもので、たしかその前は、②③がなく、④にあたる組み合わせが多かったように思います。

そのため、なかなか対戦することがないカードと言うものも発生し、1995年頃の話しだと思うのですが、、フィラデルフィア・イーグルス対ヒューストン・オイラーズ(現テネシー・タイタンズ)の試合はオイラーズ創立の1960年から数えて35年たって初めて実現したカードもありました。

(正確なところは覚えてないです…)




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【不眠の方へ】「シャッフル睡眠法」と言うのをやってみました

私は不眠に悩まされると言うことはほとんどないのですが、女房は眠れないことが多々あり、また眠れても途中で起きたりします。

そんな女房が

「シャッフル睡眠法」

と言うのを試してみました。

こちらのツイートの動画(2分ぐらいです)を参考にしてやったところ、最初の文字で、朝まで一度も起きることなく眠れたそうです。



女房の話では、単語をひねり出すのに意外と苦労するそうです。

それがけっこう楽しいとも言っていました。

女房は英語は得意なんですが、それでも苦労すると言うのに驚きました。

不眠にはいろんなストレスが関与して、それを考えていて眠れなくなるようですが、それとは関係のないことに頭を使うことが、睡眠を誘うようです。

「シャッフル睡眠法」が誰にでも有効かどうかはわかりませんが、うまくいかなくてもデメリットはなさそうなので、試してみるのは良いと思います。

なお、「シャッフル睡眠法」でGoogleを検索すると、「シャッフル睡眠法 アプリ」と言うワードが出てきます。

調べてみたら、メンタリストのDaiGoさんが監修されたものが、下記のリンク先にありました。

「「マインドシャッフル」~メンタリストDaiGo監修~認知シャッフル睡眠法~」へのリンク

しかし、今のところアプリを入れないとできないものでもなさそうなので、うちら夫婦はまだこのアプリを入手していません。


「シャッフル睡眠法」について調べたところ、フォーブズ、ニューヨークタイムズ、CBCなどの米メディアが取り上げ、日本では去年ぐらいから話題になっているようです。



ところで最初のツイートですが、このサッカーの長友佑都選手のツイートへのリプライにありました。



女房は長友選手をフォローしており、このツイートに興味を持ったので、最初のツイートを見つけたわけです。

色々と悪い面も指摘されてますが、こういう時にはSNSの存在はありがたいと思います。


それにしても、私にとっては、長友選手がこういう事を一般の人に尋ねていたのが驚きでした。

メンタルヘルスに詳しいプロの方がついていて、その方に相談するぐらいだろうと思っていたのですが…

長友選手にも効果があればいいと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 心と身体のケアを大切に!    ジャンル : 心と身体
  1. 出来事(社会)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【グリーンベイ・パッカーズ】2018年シーズンWEEK2観戦会に行ってきました~史上初の結果に

昨日、2018年9月16日に、2018年シーズン最初の、グリーンベイ・パッカーズ観戦会に行ってきました。

ミネソタ・バイキングスをホーム、ランボーフィールドに迎えての試合です。

場所は東京・渋谷で、キックオフは日本時間の午前2時。

ざっと経過を書きますと…

0:30から入店でき、キックオフまでの時間は、先週の、20点差をひっくり返して勝った試合のハイライトを見ながらすごしました。

キックオフの前に、今回初めて参加する人の自己紹介。

今回は3人か4人(覚えてなくてすみません)が初参加でした。

ハーフタイムでは、その人たちに向けて、これまで参加したことがある人の簡単な自己紹介を行いました。

試合がオーバータイムまでもつれ込み、終わったのが午前5時半ごろだったと思います。


簡単に印象に残ったことを書きます。


1.観戦会史上初の…

試合は一時パッカーズが13点差をリードしたものの、終盤に追いつかれてオーバータイムへ。

最後はバイキングスの新人Kが、35ヤードと言う比較的簡単なFGを外して試合時間がなくなり、引き分けに終わりました。

引き分けは観戦会史上初の結末でした。



(NFL公式YouTube動画「Vikings vs. Packers Week 2 Highlights | NFL 2018」)

まさか最後のFGが外れるとは思いませんでしたので、試合終了の瞬間は、全員ホッとしたと言う空気。

しかし13点のリードを守り切れなかったのは、私としては残念。

まあ、今シーズン前評判の高いバイキングスと引き分けたんだから、それで納得しようか…

と言う微妙な空気で終わりました。

関連記事はこちら。

「ヴァイキングス引き分け、延長でFG 2度失敗」へのリンク

試合のことをPacker Zoneさんがまとめたものはこちら。



観戦会の詳細は、下記リンク先の幹事さんのブログに書かれると思いますので、参照ください。

「まったりパッカーズ」へのリンク


2.フィールドにロジャースが2人いた?

先週脚を負傷し、この試合に出るのかどうかわからなかったQBアーロン・ロジャースは、先発してくれました。

しかし負傷の影響からか、いつものロジャースほどのパフォーマンスは出来なかったと感じました。

それでも並みの一流QBよりは格上の活躍だったと思います。



対するバイキングスのQBカーク・カズンズのパフォーマンスは素晴らしいものでした。

鋭いパスをピンポイントで何度も通すさまは、まるで、アーロン・ロジャースでした。



WRやTEなどのターゲット陣もうまくパスを捕っていました。

まるで数年前、3rdダウン、や4thダウンで20ヤードを残してもなんとかしてきた、パッカーズのオフェンスを見ているようでした。


3.なぜそこで投げる

私は素人ですから、あまり采配に異を唱えるのはどうかと思うのですが、あえて書かせてもらいます。

試合時間残り2:04でパッカーズがインターセプトから攻撃権を得たところの話しです。

スコアは26-21でパッカーズがリード。

ボールはバイキングス陣13ヤード。

ここは無理にTDをとりに行かなくても、時間をつぶすことの方が大事、と考えました。

ボールの位置から考えれば、FGで3点は追加できますし、そうなれば8点差になり、追いつくのは困難になります。

ですから、確実にそれをやるなら、外に出ないランプレイを続けるだろう、と思いました。

最初のプレイこそその通りだったのですが、次のプレイ、その次のプレイはパスを投げ、いずれも失敗しました。

どちらのプレイでも時間は止まり、結局FGで得点し、残り時間1:45でバイキングスにボールを渡しました。

そしてバイキングスに8点差を追いつかれました。

なぜあそこでロジャースがパスを投げるプレイをしたのか、不思議に思います。

たしかに時間を潰せても、残り時間1分前後でタイムアウト3つを持っているバイキングスに攻撃権を渡すと危険だから、TDをとりにいったのかもしれません。

まあ、私が言っているのも結果論で、ロジャースの2本目のパスがエンドゾーンでキャッチしていれば、おそらくパッカーズはそのまま逃げ切れており

「やっぱりロジャースは違う。」

と称賛されることになったのでしょう。


4.個人的に嬉しかったこと

ハーフタイム中に、以前から参加している人の自己紹介があったことは前述しましたが、私はハンドルネームと、ブログを書いていることなどを話しました。

それが終わった後、今回初めて参加された方の1人に

「ブログ読んでいます。

オードリーと「シャーロック」が好きなので。」

と言われました。

「ブログを読んでいます」と言われるのは、書いている側には本当にうれしいものです。

そう言われると、これからも書き続けて行こう、とモチベーションが上がります。

ありがたいことです。

それにしても…

私の「シャーロック」について書くことは、と言いますか、私の見方は、ストーリーを追っていくことではなく、オリジナルの「シャーロック・ホームズ」のどこが引用されているか、と言うのをさがすことです。

そのため、終わってみたら、どんな話かわからなかった、と言うことは時々あります。

そんな見方をして書いたものですから、かなり変な仕上がりになっています。

そんな変なものを読んでくれるのは、とてもありがたいです。

20180917パッカーズ2018WEEK2観戦会スケジュールマグネット

観戦会はWEEK3、つまり来週もあります。

場所は東京・池袋です。

9/22(土)まで申込めるみたいです。

関心のある方は、幹事さんのブログのこちらの記事をご参照ください。

まったりパッカーズ「2018年 Week2・Week3観戦会ご案内」へのリンク

Go PACK Go !!

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】ギータに練習中の打球が当たり、左側頭部打撲~当てた栗山を非難する神経がわからん

福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手は、昨日の対埼玉西武ライオンズ戦の前の練習中に、打撃練習をしていたライオンズの栗山巧選手の打球を左側頭部に受け、救急車で緊急搬送されました。



診断の結果は、左側頭部打撲で、骨折はなく、また脳震とうの所見もなかったそうです。



身体的、そして精神的な後遺症が気にはなりますが、とりあえずはこの程度で済んでよかったと思います。

今日以降の出場は、様子を見ながらとなるようです。

柳田選手はホークスの選手ではありますが、おそらく私は、彼がどこに所属していても心配していたでしょう。

滅多にしか見れないアスリートであり、キャラクターだと思いますから。


しかし解せない、と言うか腹立たしいのは、打球を当てた栗山選手を非難したり揶揄したりする声が、ホークスファンを中心にあることです。


私はホークスファンですから、同じホークスファンの方々とネットでつながっています。

その中にも、「今日のヒーローインタビューは栗山かな?」とか投稿している人がいました。

悲しいと言うか、情けなくなってきます。

色々な理由から、栗山選手が故意にそんなことをするわけがないと考えられますので。

本気になって栗山選手について怒っているのなら、それはプロ野球を知らない人だと思います。

それは時間が経てば、自分が誤解していることがわかると思います。

ふざけたり、ホークスが連敗した腹いせに言っているのなら、それはプロ野球を語ることをやめた方がいい人だと思います。


まあこれ以上そう言う人たちのことを非難するのは不愉快なので、これでやめますが。

ギータにはじっくりと直してもらって、こんな姿をまた見せてほしいです。



(パ・リーグTV公式YouTube動画「笑顔も最強!? H柳田『楽しそうに野球をするギータ』まとめ《THE FEATURE PLAYER》」)

ホークスが優勝できなかったとしても、私はこれからのギータのことの方が大事ですから、かまいません。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018WEEK1】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~相武紗季さんが何度も大爆笑を誘う

2018年シーズン最初の「オードリーのNFL俱楽部」。

今シーズンはいきなり、ゲストに「NFL大好き女優さん」の相武紗季さんを迎えてのキックオフでした。

全体的に、期待通りの騒々しさで楽しかったんですが…

個人的には、「オードリーのオールナイトニッポン」のように、もう少しやかましいほうが嬉しいです。

まあ、そこまでやっちゃうと、他の人は引くかもしれませんので、ちょうどいいんじゃないかと思います。


1.「あけましておめでとうございます」とは?

去年一年育休をとっていた相武紗季さんが

「ぜひ初回から」(相武さん)

と言うことでスクランブル登場。

全員で「トゥース」のあとに若林が「あけましておめでとうございます」と言うと、後の3人が、新しい女子アナさんの岩田絵里奈アナを置いてけぼりにしてはしゃいでました。

毎シーズン最初の放送で、に女子アナさんを置いてけぼりにしてはしゃいでいるのは見慣れた光景ですが、ここに相武紗季さんが加わっていると言うのが、いっそう楽しかったです。

日本ではマイナーなNFLファンが、どれだけ開幕を待っていたか、と言うのがよく表れていますので。

一番はしゃいでいたのは若林で、他の番組ではやらない「トゥース」とか「ぶしゅー」をやっていました。

その後岩田アナが紹介された時

「9月なのに(みなさんが)あけましておめでとうございます、って言うのは…」

と不思議そうに言うと

「NFLが開幕するまで歳が明けないんですよね。

ね、相武さん」(若林)

「ええ、ただ呼吸しているだけですね」(相武さん)

ここでスタジオが大爆笑。

「そう、8か月関、息をしているだけですよね」(若林)

「そして、すぐにおわっちゃうからね。

「よいお年を」ってなっちゃうからね。」(春日)

と3人が答えました。

ここ3~4年は、ネットでも開幕日に

「あけましておめでとうございます」

と投稿するファンが増えました。

私もそうです。

アメリカの小坂ディレクターからも



岩田アナはお姉さんがアメリカに住んでいるそうです。

先日お姉さんに会いに行ったときに、この番組のMCが決まったことを伝えると、お姉さんはたいそう喜んでくれて、開幕戦のカンザスシティ・チーフス対ロサンゼルス・チャージャーズの試合に連れて行ってくれたそうです。

史上初じゃないかと思います。

この番組の女子アナさんで、すでにNFL観戦歴がある人は。

「生意気だなぁ、俺たちはスーパーボウルしか見たことがないからなぁ~」(若林)

とのことでした。

多分、自慢を込めたネタ半分、普通の試合も見てみたいうらやましさ半分の言葉じゃないかな、と思います。

若林は岩田アナが番組より先にNFLを観戦したことについて「フォルススタート」と言っていました。

それに岩田アナが「フォルススタート?」と言ったのですが、若林は「後で説明するから」と拾ってくれたのですが、今回は説明はありませんでした。


2.応援するチーム

「それではみなさんが応援するチームと選手を聴いていきましょう。

相武さんは(サンフランシスコ・)49ナーズでいいんですよね」(若林)

と言う言葉に

「(ニューイングランド)・ペイトリオッツです」(相武さん)

と言いきっていました。

またまたスタジオが大爆笑。

もはや「NFL大好き女優さん」ではなく、この番組では「NFL大好き芸人さん」と言ってもいいくらいなんじゃないかと…

ここまで来たら、トム・ブレイディが引退するまで応援するのもおもしろいと思います。

ブレイディは、二度と現れないくらいの選手かもしれませんので。


「そして春日さんは…」(若林)

「後で発表します。

これが今回の放送の引きになりますから」(春日)

「そんなこと言ってますけど、誰も待ってませんよ」(若林)

「そんなことはないだろう」と言うと春日はカメラに向かって、

「チャンネル変えられないだろう」と言っていました。

若林のツッコミはオードリーとしては王道だと思うのですが、私の知る限り、実際は多くのNFLファンは、シーズンごとに春日がどこを応援するのか気にしています。

「春日の呪い」が世間にすっかり定着した感があります。


「私は(フィラデルフィア・)イーグルスで。

姉もイーグルスファンなので」(岩田アナ)

これまで女子アナさんが応援するチームがスーパーボウルにまで行ったことは2度あります。

後藤アナの2年目のシアトル・シーホークス、昨シーズンの久野アナのニューイングランド・ペイトリオッツです。

今シーズンはそれを上回れるでしょうか?

また、QBカーソン・ウェンツを推すそうですが、ケガで欠場中の選手を最初から推したのは、他にはおそらく若林のJ.J.ワットぐらいだと思います。

ウェンツはそれだけ注目される選手だと言えるでしょう。

私も、アーロン・ロジャースに似ていて、ロジャースを超える選手になるかもしれない、と思ってます。


「僕はテキサンズで。

毎年のことですけど…

テキサンズがスーパーボウルに行くまでやめません、この番組を」(若林)

と言い切っていました。

テキサンズがスーパーボウルに行っても、続けてほしいと思います。


3.イーグルス対ファルコンズのハイライト



(NFL公式YouTube動画「Falcons vs. Eagles | Week 1 NFL Game Pass Condensed Game of the Week」)

若林が、QBフォールズへのパスと言うトリックプレイ「フィリー・スペシャル(Philly Special)」が見事に決まっていた、と言っていました。



「(NFLでは)QBがパスターゲットになることは、まずない、と言ってもいい」(若林)

と言い切っていましたが、私もそう言う認識です。

ですから、スーパーボウルに続いてこれをやったことは、今後もこのプレイをすることがある、と相手に思わせることになり、ランプレイが終わった後もQBフォールズへのケアが必要だと思わせ、ディフェンスに負担をかける事になるでしょう。

その後若林が

「スーパーボウルでこれに失敗したのがペイトリオッツでした」

と言うと

「もう(そのことは)言わないで」

と相武さんが叫んでいました。

このシーンです。



なお、今回のプレイは「Philly Special 2.0」とも言われています。


4.「若林の熱視線EXTRA」

今シーズンは「若林の熱視線SUPER」から「若林の熱視線EXTRA」に名前が変わりました。

さらにハイレベルの解説をすると言うことでしょう。

今回のテーマには

「フットボールには布石がある」

と言うことでした。

取り上げられたのは、1Q残り3:47からのQBフォールズからのショートパス。

上に置いたハイライト動画では、6:50からのものになります。

これは「ラン・パスオプション」と言われるプレイで、上の動画でもそう実況されています。

LBの動きを瞬時に想像して、RBにハンドオフするかパスを投げるか、どちらのオプションを行使するかを決めるプレイです。

若林の話しでは、ラン・パスオプションの場合、ゾーンディフェンスでは迷いが生じるので、マンツーマンディフェンスで対抗しなければいけないそうです。

そして普通は、ハンドオフが終わりある程度プレイが進むと、ディフェンスはQBにはケアしなくなる。

その穴をついたプレイだと言うことを、相武さんと会話する形で説明してくれました。

(ずっと昔の話ですが、まだRBがボールを持って、ラインの力で前進しようとしているのに、QBはサイドラインに向かって何か話していたシーンを見たことがあります。)

「難しいですね」(岩田アナ)

「そうなのよ。

日本のテレビでやるのがおかしいレベルの話しなのよ。

レベルが高すぎて」(若林)


春日が

「(今はわからなくても)大丈夫、大丈夫」

と言っていました。

そして若林のひと言は、ボールを投げたり渡したりした後のQBは、基本的にプレイに参加しないことから

「使い捨てライター、使ってみたらなんとかなった」


5.パッカーズ対ベアーズ



(NFL公式YouTube動画「Bears vs. Packers Week 1 Highlights | NFL 2018」)

「NFLの伝統の一戦」(岩田アナ)、グリーンベイ・パッカーズ対シカゴ・ベアーズはアーロン・ロジャースの負傷退場と復帰で、流れがベアーズにいったん傾いたものの最後はパッカーズが勝つ、と言う、「ロジャース武勇伝」に新たな賞を追加するようなものでした。

ですが、ネットを見ると、私のようなパッカーズファンが歓喜するのは当然として、ベアーズのファンも、それほど悪い試合ではなかった、と言う見方をしている人が少なくないような印象を持ちました。

今シーズンのベアーズは、昨シーズンより確実にレベルアップしているように思われたからでしょう。


6.「春日のがんばれブラウンズ」

春日の応援するチームとともに、新コーナーが発表されました。

「春日のがんばれブラウンズ」

と言うコーナーで、タイトルの通り、春日は今シーズン、クリーブランド・ブラウンズを応援するそうです。

今回は春日がブラウンズを応援するまでの過程や正当性、と言いますか妥当性が紹介されました。

実は昨シーズンの放送で

「それこそ来シーズン(私が応援するの)は「頑張れブラウンズ」ってことになるかもよ」

と言っていたり…

ブラウンズは現在3年連続リーグ最下位(3年間で48試合して4勝のみで昨シーズンは全敗)でリーグのお荷物状態…

春日とはお荷物同士

とかボロクソな言われようで…

「これはCSでやるコーナーですか?」(若林)

「おかしいだろう、このコーナーだけCSって。

地上波で、なんとかかんとかブラウンズを応援していくよ」(春日)

とのことでした。

シーズン通して、「クリーブランド・ブラウンズ」と、フルネームを覚えられないキャラ、で行くのかもしれません。

(実際はもう覚えているでしょうけど)

これについて、

「春日さんの「呪い」のマイナスとマイナスで、プラスになるかも」(相武さん)

「何を言ってやがるんだ、魔女に言われたくないよ」(春日)

「魔女じゃない~」(相武さん)

とのやりとりがありました。

春日がブラウンズを応援する件については、昨日ネットニュースが出ていました。



「この番組が10年続けば、息子と一緒にアメフトを観られるかも!」(相武さん)

とありますが、そうなっています。

(この番組の前身「倶楽部☆T」がたしか1999年からですから、今年で20年目になるのか…)

「ニュースで見ましたけど、クリーブランドのバー、ブラウンズが1勝したらビールが飲み放題らしいんですよ。」(春日)

と言うのは、このニュースのことだと思います。



この後、その他の試合のハイライトが流され、ブラウンズの試合がトップでした。

誰かが応援するチームには、チーム名の上にその人の上半身と、応援する選手の名前が出ます。

例えば、最初の試合には、「イーグルス」の上に岩田アナの写真、そして「C・ウェンツ」と表示されていました。

しかし、ブラウンズの試合では、春日の上半身はありましたが、応援する選手の名前はありませんでした。

だいたいそのチームの先発QBを応援することが多いのですが、ブラウンズの場合は、今はタイロッド・テイラーが先発していますが、シーズン中にドラフト全体トップで指名したQBベイカー・メイフィールドに代わるかもしれませんので難しいところです。


7.相武紗季さんの新コーナー

「あいぶ らぶ」

と言う新コーナーが始まりました。

これは「相武さんがいるときは」ハイライトの中で、今週の一番「ラブなプレイ」を選んでもらう、というものだそうです。

と言うことは、これまでのように、月一ぐらいで出演してくれると言うことですね。

(今回の放送で、相武さんがいると、笑いに厚みが出ておもしろい、と言うことがわかりましたので、嬉しいです)

で、今回選ばれたのは

「チーフスのトリックプレイ」

でした。

下の動画の8:47から始まるプレイで、QBマホームズがRBハントにハンドオフしたように見せかけたものの、実際は画面上から走りこんできたWRヒルにトスしていたものです。



(NFL公式YouTube動画「Chiefs vs. Chargers Week 1 Highlights | NFL 2018」)

これはディフェンスからは見にくいと思います。

相武さんがこのプレイだと言った後

「え、プレイを口頭で言うだけ?

解説とかないの」(オードリー)

と突っ込まれてました。

オードリーはゲストや女子アナさんにつっこむのが仕事ですからそう言っているだけだと思います。

こう言う、解説不要で「すごい」と思わされるプレイを紹介するコーナーがあることは、いいことだと思います。


8.後藤完夫さんのこと

最後に、4月9日に逝去された後藤完夫さんのことが語られました。

後藤さんの訃報は、多くのアメフトファンを悲しがらせていた覚えがあります。

「後藤さんは日本アメリカンフットボール界の父、親父ですよ」(若林)

まったくそうだと思います。

若林が後藤さんとの思い出を語り、春日もお世話になったとうなずいた後

「後藤さんの遺志を継いでアメフトを普及させていきましょう」(若林)

と言っていました。

本当に微力だと思うのですが、私もアメフトを普及させていきます。


私にとって、後藤さんのことが書かれたもので、一番印象に残っているのは下記のものです。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】ジャイアンツ杉内投手が引退~私の中で一番象に残った試合

讀賣ジャイアンツの杉内俊哉投手が、一昨日、引退を発表しました。


2011年シーズンまで福岡ソフトバンクホークスに在籍していた投手です。

ジャイアンツにFA移籍するときにゴタゴタがあったので、杉内投手に対して良い印象を持っていない人も少なくないと思います。

しかし、私はFAで移籍するのは選手の自由だし、引き留められなかったのはホークスがジャイアンツよりも魅力が少なかったんだろうと思ってますので、特に悪い印象は持っていません。

極端な話、ホークスじゃなかったらどこでも良かったのかもしれません。

それはさておき…

私はホークスの2度の日本一に大きく貢献してくれた大貢献者だととらえていますので、杉内投手にはとても感謝しています。

「お疲れ様でした。

そして、ありがとうございます」

と言うのが私の気持ちです。

強いてもう一言言うなら、

「もう一回公式戦で投げてほしかったです。

ホークス相手でも、ホークスの投手としてであれば嬉しいです。」

ぐらいかなぁ…


杉内投手の思い出はいくつもあります。

2003年の阪神タイガースとの日本シリーズで、完璧なな投球をしてMVPになってくれたこと。

翌年は一転して勝てなくなり、ついにはベンチに帰ってきてベンチを殴り、両手を骨折したこと。

そしてそこから立ち直って、沢村賞をとるまでの投手になったこと。

常にグラブを抱えているほど道具を大事にしていること。

いろいろとありますが…


私が一番印象に残っているのは、2011年のCSファイナルのことです。

こちらの記事で、本多選手もその試合のことをあげていました。


この記事に限らず、多くの選手や関係者は他の試合のことを、「杉内投手の印象深い試合」としてあげています。

しかし本多選手は違いました。

「中学からの先輩でホークスでもかわいがってもらった。杉内さんが投げる試合では、不思議とお立ち台に立たせてもらうことが
多かったと思う。涌井(当時西武)と投げ合った2011年のクライマックスシリーズの姿を鮮明に覚えている。点を取られても顔色を変えず、精神的に強い方だった」

読み取り方によっては、2011年のクライマックスシリーズの涌井投手との投げ合いでも「点を取られても顔色を変えず、精神的
に強い方だった」と解釈されると思います。

しかし実際は反対でした。

先発した杉内投手は、10回途中に初めて失点、しかもたったの1点だけを失点すると、直後、マウンドで立ち直れなくなりました。

そして涙を流しながら、ベンチに帰って行きました。



7年前のこのことを、私はブログに書いていました。

こちらです。

‪「【ホークス】罰ゲームの終わり」 ‬へのリンク

私はこの時の杉内投手の姿を、とても素晴らしいものだと書いていましたし、今でもそう思っています。

それは、ブログから引用しますと、こういう理由だからです。

「女性蔑視と取られるかもしれませんが、このシーンがなぜ素晴らしいと思えるかと言いますと、男が、一生懸命に仕事をした証しが、その姿に見えるからです。

失敗してあれほど落ち込むまで、自分は一生懸命仕事をやっているのか、そう思わされるからです。」

ですから、私はこの試合こそが、杉内投手に対しての一番印象深くて、良い思い出なのです。


そして、この箇所の前にこんなことも書いていました。

「第3戦、10回表に投げた127球目で失点するまで、杉内投手はライオンズ打線を完璧に抑えてくれました。

しかし、失点した直後、マウンドで立ち直れなくなりました。

まるで、2006年の斉藤和巳投手のようです。」

この文の中にある斉藤和巳投手については、杉内投手は引退会見で、「恩人」として語っています。


杉内投手も斉藤和巳氏も、長いリハビリから復帰できずに引退することになったのは、とても残念です。

ですが、この2人には、本当にいいシーンを見せてもらったと思います。

しかもそれは「成功した歓喜を全身で表す」とは真逆の「失敗して涙を流す」と言うものです。

そんな姿で、人々を感動させる人物は、なかなかいないと思います。


201809132011年CSで杉内涙の降板2

(降板し、ベンチに向かう杉内投手)


他にもこの試合のことを書いていた方がいました


間違いなく、杉内投手は「歴史に残る投手」(王貞治会長)でしたし、その現役時代を見られたことは、とても幸運だったと思います。

もう一度最後に書かせてもらいます。

「お疲れ様でした

そして、ありがとうございます」


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「[#24]ブリリアンコージと楽しむNFLライフついに本格シーズン到来!開幕戦イベントの舞台裏も」のこと~レイダーズ対ラムズ含むハイライト3試合

View this post on Instagram

ついに幕を開けたレギュラーシーズン😍 第1週は順当な流れもあれば予想外の展開も・・・😳 推しチームの結果はいかがでしたか? フットボールシーズンはまだまだ始まったばかり😆 * * 今週は必見のスーパープレーや注目の試合を #オマハ 👐します💁‍♂️ 🏈ブリリアン #コージと楽しむNFLライフ 🏈 #動画📺 へのリンクはプロフィール欄に設置しています▶️👉 @nfljapan_com #BIOをご覧ください * * #ロゴを書いてみたシリーズ🖌️ #どこのチームでしょう🤔 #コージ画伯👨‍🎨 #またまた #これはひどい 🤣 @kooji_brillian * * #NFLJapan #コージと楽しむNFLライフ #コージにオマハな質問

NFLJapan.comさん(@nfljapan_com)がシェアした投稿 -



いよいよNFLの2018年シーズンが始まりました。

今回の動画は、前半が全16試合の中から3試合の紹介で、後半が開幕戦のパブリックビューイングの舞台裏を中心としたレポートでした。

先週からオープニングテーマがなくなりましたが、私はその方がいいと思っています。


1.「ロゴを書いてみた」のネタバレ回避

この動画へのリンクが、NFL JAPANのTwitter、Facebook、Instagramに投稿されます。

その投稿には、ここのところずっと「ロゴを書いてみた」と言う企画があるのですが…

Twitterから入ろうとすると、先にどのチームのものかわかってしまいそう…

だと思いましたので、今回はInstagramのを上に貼りました。

今回、私はどこのチームのものかまったくわかりませんでした。

まさかこのチームを取り上げるとは思いませんでしたし…


2.ハイライト動画

1)CHI@GB



最初に紹介された試合は、グリーンベイ・パッカーズが本拠地にシカゴ・ベアーズを迎えた試合。

この両チームはNFLで2番目と3番目に歴史が古いこともあって、この対戦カードはNFLで最も対戦数が多いものです。

NFL一の「伝統の一戦」です。

そのためお互いの対抗心は非常に高いのですが…

昨シーズン、グリーンベイに言った方は

「グリーンベイのファンは、シカゴのことを、尊敬できるライバルだと思っている」

と書いていました。

コージさんの言うとおりに、この試合の前評判は、何か起きない限り、まずパッカーズが勝つだろう、と言うものでした

その「何か」が起きてしまいました。

パッカーズのQBアーロン·ロジャースが試合開始早々に膝を負傷して退場しました。

展開は一方的にベアーズのものになりました。

3Q残り9:18にベアーズがFGを決めて20-0とリード。

この時間でこの点差は、ふつう逆転できないです。

しかし後半から戻ってきたロジャースが、ここから奇跡を起こし、20点差をひっくり返して24-23でパッカーズが勝ちました。

「歴史的な逆転劇」

と言うツイートをNFLかパッカーズのアカウントがしていました。

(なお、史上最大の逆転と言われているのは、1992年シーズンのプレイオフで、バッファロー・ビルズが32点差をひっくり返してヒューストン・オイラーズ(現テネシー・タイタンズ)に勝ったものだと言われています)

コージさんはこの試合を「いい試合」と言っていましたが、それはパッカーズファンにとっては当然ですが、ベアーズファンにとっても言えなくもないと思い
ます。

ここ数年ずっと低迷していたベアーズですが、この試合では「今シーズンのベアーズは違う」と感じられましたから。

ところでコージさんは、ロジャースのことを「一本目のQB」と言っていました。

この「一本目」の意味ですが、アメフトでは、「先発」または「先発クラス」の選手のことを指します。

控えで2番手の選手は「二本目」といいます。

私が「一本目」と言う言葉を最初に聞いたのはラグビーで、その時は「一軍」と言う意味でした。


2)PIT@CLE



ここ2年で32試合して1勝しか挙げられなかったクリーブランド・ブラウンズが、スーパーボウル優勝候補の一角ピッツバーグ・スティーラーズに引分けました。

4Q開始時点では7-21と大量リードされていたんですが、そこから追い上げて21-21に追いついて引き分けました。

私はまだハイライトを見ていませんが「ブラウンズに要所要所でいいプレイが出た」(コージさん)とのことでした。

ところで、NFLでは「引分け」と言うのはとても珍しいことです

1シーズンを通して、全チームあわせて多くてだいたい1試合で、まったくないことが普通です。

これは、アメリカンフットボールに得点のパターンが多いので、なかなか両チームが同じ得点になることは少ないからでしょう。

NFLのルールでは、レギュラーシーズンでは、40が終わって同点なら15分のオーバータイムを行って、それでも決着がつかない場合は引分けとなります。

どうなったらオーバータイムで決着がつくのか、はちょっとルールがめんどくさいので、機会があれば書きます。

(誰か #コージにオマハな質問 で尋ねてみてはいかがですか?)

4Qで同点だった場合どうするか、はリーグによって違います。

日本の大学リーグでは、タイブレークで決着をつけたりします。

私の計算から行けば、たぶんコージさんが法政大学の3年生の時、早稲田大学を6度のタイブレークで破りました。

これは、野球で言えば延長15回ぐらいで決着がついたようなもので、壮絶な死闘だったようです。


3)LAR@OAK



前半終わって10-13とロサンゼルス・ラムズがオークランド・レイダーズを僅差でリードと言う接戦でした。

しかし後半はラムズペースとなり、終わってみれば33-13でラムズが勝ちました。

ラムズは前評判の高いチームでしたが、そのことを証明した試合だと言えるでしょう。

この試合で名前が挙がったのが、レイダーズのTE#87ジャレッド・クックとRB#24マショーン・リンチ、そしてラムズのRB#30トッド・ガーリーでした。

リンチとガーリーは前にも書いたことがあると思いますが、クック(コージさんは「ジャレッド」と言っていました)については書いたことはなかったと思います。

クックは2016年シーズンだけパッカーズにいたのでよく覚えているのですが、パスキャッチがうまい選手です。

クックはシーズン序盤にけがをして、しばらく欠場しました。

パッカーズも成績が悪く、プレイオフに出られるかどうかまで追い詰められました。

しかしクックが復帰してからは連勝街道をひた走ってプレイオフ2回戦(ディビジョナル・プレイオフと呼ばれます)ではクックが終了間際に奇跡的なキャッチをして前進し、最後にFGで勝ちました。

結局次の決勝戦でパッカーズはアトランタ・ファルコンズに敗れたのですが、ここまでの快進撃は、ファンの間では

「Run the Table (ランザテーブル)」

と呼ばれています。

クックはこのラムズの試合では9回キャッチし180ヤードを稼ぎました。

回数もヤード数も超一流の数字です。

この試合の前、コージさんはこう言うツイートをしていました。


私は今はパッカーズのファンですが、スティーラーズも応援していました。

その2チームが2010年シーズンの第45回スーパーボウルで対戦した時、パッカーズの方が好き、と言うことがはっきりしました。

次週はラムズはアリゾナ·カージナルスと、レイダーズはデンバー·ブロンコスと対戦します。

今回コージさんはブロンコスのペイトン·マニングのジャージを着ていたのですが

「このジャージは、もう着ません」

と言っていました。

3.パブリックビューイングの模様

9月7日に行われたパブリックビューイングの模様が流されました。



最初は打ち合わせの場面が。

次に(たぶん登場前に)MCの有馬隼人さんとの会話が。

そして会場の模様

最後に全員で「オマハ」ポーズを決めたところが流されました。

私は行けませんでしたが、会場に行った方の中には、この動画に映っている人もいるかもしれません。

「またやりたい」(コージさん)

とのことでした。

なお、ブログにこのパブリックビューイングのまとめを書きましたので、興味がある方はご覧ください。


試合はディフェンスマッチで得点は多くなかったですが、最後の1秒までわからない、いい試合に恵まれたと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2018WEEK0】「オードリーのNFL俱楽部」を担当する岩田絵里奈アナに期待すること

先週日曜日、2018年9月9日に放送された「おしゃれイズム」に、2018年シーズンの「オードリーのNFL俱楽部」を担当する女子アナさん

岩田絵里奈アナ

が出演すると言うことなので、見てみました。

出演者はこの4人の日テレ女子アナ陣。



岩田絵里奈アナに市來玲奈アナの新人コンビと、彼女らを鍛えてくれた井田由美アナと豊田順子アナの4人でした。

岩田アナは一番左に写っている方。


この番組で始めて見たのですが…

はじめは、市來アナにも感じたことですが…

大丈夫かなぁ…

これでオードリーと一緒にやっていけるかなぁ…

と言うものでした。


しかし乃木坂46にいた「市來アナほどではない」(岩田アナ)ですが、小さいころから芸能活動をしていたそうです。

きっと肝は座っているでしょう。

それに、得意といいますか、「勉強中」と言うものまねを披露するときは、全然躊躇と言うものがなく、やり切ってくれました。

番組でも上田晋也さんらが言っていましたが、「そんな高いレベルを期待していなかった。ごめん」と言うクオリティでした。

下のツイートの動画は、未公開のものです。



ふと、「オードリーのNFL俱楽部」でやってほしいことが浮かびました。

明日、日テレG+でWEEK1、つまり今シーズン最初の回が放送されます。

ゲストに相武紗季さんが来ます。

昨シーズンは「育休」をとっていましたが、その前の2シーズンは月一ゲストで来てくれて、来ない時はオードリーの2人に「魔女」とか陰口を叩かれていました。

そういう時、岩田アナに相武紗季さんのものまねで言い返してくれると面白いかな、と思うんですが…

この番組での相武さんの素振りは、日テレ公式チャンネルのリスト「若林の熱視線」で見れますから、それで勉強してくれたら…と思います。

なにはともあれ、今週から始まる2018年シーズンの「オードリーのNFL俱楽部」が楽しみです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL2018】開幕戦@パブリックビューイングのまとめ



日本時間の先週金曜日、2018年9月7日にNFLの2018年シーズンが開幕しました。

1試合だけ行われたアトランタ・ファルコンズ@フィラデルフィア・イーグルスのハイライト動画(11:47)はこちら。



(NFL公式YouTube動画「Falcons vs. Eagles Week 1 Highlights | NFL 2018」)

NFL Game Passから抽出したもう少し長めのハイライト動画(41:02)はこちら



(NFL公式YouTube動画「Falcons vs. Eagles | Week 1 NFL Game Pass Condensed Game of the Week」)

試合の模様を伝える記事はこちら。






私の印象では、両チームの守備陣が威力を発揮したな、と言うものです。

そして、試合中に調整し、最後はゲームを支配したイーグルスは、今シーズンもスーパーボウル優勝候補だろう、と思います。

エースQBのカーソン・ウェンツはケガのため10月に復帰できるかどうか、みたいのようですが、ウェンツがいなくても、このような戦い方をしていれば大崩れはしないように感じます。

そして、両チームとも反則が多く(ファルコンズ15回で135ヤードの罰退、イーグルス11回で101ヤードの罰退)、またケガで度々試合が止まることが多く、特にファルコンズにけが人が多かったように感じます。


さて、ここでは、この日に東京・恵比寿の恵比寿アクトスクエア(act*square)にて、MC有馬隼人さんで、ゲストにブリリアン・コージさんを迎えて行われた、開幕戦のパブリックビューイングのことを書いておきます。

と言っても、私は行けませんでしたので、関連するツイートtogetterにをまとめましたので、ご覧ください

「【NFL】開幕戦パブリックビューイングのまとめ - Togetter」へのリンク

togetterの中にもありますが、有馬隼人さんがこのことをブログに書かれていました。




最後にコージさんのInstagramで見つけたものを貼っておきます。

View this post on Instagram

今日は恵比寿でNFL開幕戦のパブリックビューイングを開催しました🏈👀楽しかった♩ 同じアメフト出身のアナウンサー有馬隼人さんにようやくお会い出来ました✌️熱い方だ。勉強になる!! 2枚目の紹介のモニターなんだけど『ブリリアン コージ』の前にwithBが付いてるんだけど、名前長すぎる😂💦いつか自分の名前だけで分かってもらえるように頑張ります💪💪💪💪💪 #NFLJAPAN #NFL #パブリックビューイング #会場みんなでオマハ出来たの嬉しかったなぁ #初めてNFLを見た方楽しかったですか?

コージ KOOJI(withB)さん(@kooji_brillian)がシェアした投稿 -



いつかまた、パブリックビューイングがあればいいなと思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】松中信彦氏によるヒーローインタビューに、逆転優勝の厳しさを知る~ライオンズのすごいとこ

福岡ソフトバンクホークスは昨日のオリックスバファローズ戦で2試合連続の完封リレーで勝利。

ヒーローインタビューは唯一の得点を挙げた今宮健太選手と、リック・バンデンハーク投手が受けました。

そして、インタビュアーは、フル出場ではありませんでしたが、ホークス80周年のレジェンドの1人、松中信彦氏が担当しました。



松中氏は試合前の始球式代わりに、これもレジェンドの新垣渚氏と対戦。

ライトフライに終わりました。

この二人は2004年の投打の中心で、新垣氏はこのシーズン確か最多奪三振のタイトルを、そして松中氏は三冠王となるタイトルを獲得しています。

(ちなみに、これまで日本人で三冠王になった選手は、監督としても日本一になっています。

 中島治康氏、野村克也氏、王貞治氏、落合博満氏の4人です。)



(PacificLeague TV公式YouTube動画「2018年9月9日 福岡ソフトバンク・今宮選手・バンデンハーク投手ヒーローインタビュー」)

ヒーローインタビューを聴きながら…

今宮選手もちゃんと受け答えができるようになったな、とか、バンデンハーク投手の時は新垣氏でお願いしたかったけど…解説をやっている松中氏でも難しそうだから、やってない新垣氏(たしか球団職員)には難しいか…とか思いました。

その中で松中氏がドキリとすることを。

動画の5:23辺りです。

「これからですね、西武も負けないですし…」

そうなんだよなぁ…

先々週の埼玉西武ライオンズとの直接対決で5ゲーム差に縮めてから、2週間がたつのに、詰められたゲーム差は4。

ホークスは10試合で7勝3敗と7割と言う、決して悪くはないペースできました。

しかしライオンズも6勝4敗のペース。

先々週の時点で、ホークスは2勝1敗で行ったとしても、ライオンズが5割で行けば追いつけるかどうかでした。

ここの調子じゃ抜けませんわ。

ただ、来週末にはメットライフドームでホークスとライオンズの直接対決があります。

ここで3連勝できれば、一気に3ゲーム差を詰めることができます。

2勝1敗では1ゲーム差しか詰められません。

ただ、まだ直接対決は残っていますから、焦ることは無いでしょう。


ライオンズはなんでこんなに強いのか?

もちろん、打線がいいからですが…

選手がケガをしない、と言うのも大きいと思います。

ライオンズの今シーズンの負傷者と言えば、金子侑司選手が開幕に間に合わず、序盤に中村剛也選手、そして現在外崎修汰選手が、と言ったぐらいだと思います。

いずれもそんなに長くなく、ホークスの内川聖一選手、デスパイネ選手は長引き、今宮健太選手も一時期離脱…

投手陣に至っては和田毅投手、サファテ投手、岩嵜翔投手、などの大事なところがほぼシーズン絶望のようです。

この辺の差がシーズン序盤からつい最近まで出ていて、それがゲーム差に表れているように感じます。

ケガをしないと言う点でも、ライオンズはとても素晴らしいチームだと思います。

ホークスも見習わないと。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】大竹耕太郎のいいところ~これは大投手になる可能性十分!!



((パーソル パ・リーグTV 公式)PacificLeague TV「2018年9月6日 福岡ソフトバンク・大竹投手ヒーローインタビュー」)

2018年9月6日の対千葉ロッテマリーンズ戦で、福岡ソフトバンクホークスの大竹耕太郎投手にようやく2勝目がつきました。

初登板の埼玉西武ライオンズ戦こそ勝ちが付いたものの、その後3試合はQS2試合、リードした展開でマウンドを降りるも勝ち星が付きませんでした。

久しぶりに勝利投手になれたことで、「自分は勝ちが付かない運命なのかもしれない」と言う考えがあったとしても、それはくつがえされたでしょう。

これからも希望を持って投げてくれたらと思います。

大竹投手はこの日のヒーローインタビューで、

「これだけ風が強い中で投げるのは初めてだったけど、風を使いながら変化球をうまく使えました」

と語りました。



こういうところもすごいと思うのです。

マリーンズの本拠地ZOZOマリンスタジアムは風の影響を受けやすい球場ですが、ルーキーながら試合中に修正できるところがすごいと思うのです。

ですが、大竹投手が

ただ投げるのがうまい選手

だけではないところは、9番目の野手として、堅守のホークスの一員として立派に役割を果たしていることだと思うのです。

しかも落ち着いて。

このツイートにある動画を見てください。



0:48から始まるシーン。

ゴロを抑えて、落ち着いて一塁に投げています。

プロ初登板で、こんなに落ち着いていることに、とても驚きます。

「いい投手はフィールディングもいい」

と言うことをよく目にします。

大竹耕太郎投手は、いい投手になれる資質を持っていると思います。

さらに9月6日のマリーンズ戦では、牽制球で走者を刺すシーンもありました。

この動画の0:42からのシーンです。



(SBHawksOfficia公式YouTube動画「【試合ダイジェスト動画】 9月6日(木)vs 千葉ロッテ」)

投手として必要なもので、足りないものは大竹投手にはないように感じます。

これから埼玉西武ライオンズを追いかけていくには大事な投手。

そして将来のホークス投手陣には欠かせない投手になるでしょう。

期待しています。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL2018シーズン】あけましておめでとうございます~だけではなんなんで、昨日のカンニング竹山さんのパッカーズ愛の話し

日本時間の今日の朝、9時20分に、NFLの2018年シーズンの開幕戦が始まります。

と言うわけで、

あけましておめでとうございます

今シーズンもネットでも、たまにリアルでもよろしくお願いいたします

開幕戦のカードは、昨シーズンのスーパーボウルチャンピオンのフィラデルフィア・イーグルスが、本拠地リンカーン・フィナンシャル・フィールドにアトランタ・ファルコンズを迎えるものです。

オッズは、現時点で1ポイントイーグルスがリード。

この数字は、どっちが勝ってもおかしくないけど、強いて言えばイーグルスが勝つかな、と言う程度のものです。

どちらが勝つかまったくわからない、前評判の高いチーム同士の好ゲームになると言う見かたでしょう。

この模様は、日テレG+で生中継されます。



(NFL公式YouTube動画「Atlanta Falcons vs. Philadelphia Eagles | Week 1 Game Preview | NFL Film Review」)

イーグルスは昨シーズン、QBカーソン・ウェンツが欠場するようになってから、常にオッズで負けて言ました。

前評判が低いことを「アンダードッグ」と言いますが、それを覆し続けて勝ってきました。

今日の試合もウェンツが欠場しますが、先発するのはスーパーボウルでMVPと言う実績を残したニック・フォールズ。

久しぶりに「フェイバリット(前評判で有利なこと)」の状態で試合を行うことになるんじゃないかと思いますが、逆にこのことが潮目を変えるかも、とも私には感じられます。


ところで、昨日の「ダウンタウンDX」で、グリーンベイ・パッカーズファンのカンニング竹山さんが、パッカーズ愛を語るシーンがありましたので、そのことを書いておきます。

カンニング竹山さんは、新幹線に乗るとき、10号車の12番席の窓側にしか座らないそうです。

その理由は

「NFLにグリーンベイ・パッカーズと言うチームがあって、そこの12番のQBが好きだから」

だからだそうです。

12番のQBとは、アーロン・ロジャースのことです。

そこまでは想像が当たりました。

10号車は、2010年シーズンにパッカーズがスーパーボウルチャンピオンになったからかな、と思ったんですが…

アメフトとは関係がない理由でした。

スタジオの出演者は、竹山さんの他にはパッカーズのことは知らないようで、MCのダウンタウン松本人志さんが、

「その、なんだっけ、『お尻・パッカーズ』?だっけ」

とボケると、竹山さんが

「あんた、世界中を敵に回すよ」

と、切れたテイで言っていました。

世界中…は大げさだとしても、アメリカでは有名なチームですし、日本よりNFLが人気な国は数多くありますからね。

ただ、パッカーズのライバルのシカゴ・ベアーズの地元では松本さんは歓迎されるかもしれません。


カンニング竹山さんのパッカーズへの情熱はすごいもので、プレシーズンゲーム最終戦も、(おそらく)NFLのGAMEPASSでパッカーズ対オークランドレイダーズの試合を見ていたぐらいです。



私も応援しているグリーンベイ・パッカーズの開幕戦は、日本時間の月曜朝9:20キックオフ。

そのシカゴ・ベアーズとの対戦です。



(NFL公式YouTube動画「Chicago Bears vs. Green Bay Packers | Week 1 Game Preview | NFL Playbook」

先日ベアーズがオークランド・レイダーズから獲得したDEカリル・マックが、最初にとりあげられていることが、そのトレードのインパクトの大きさを教えてくれます。)

カンニング竹山さんは、アーロン・ロジャースのパスのうまさに惚れ込んでパッカーズのファンになりました。

ロジャースは昨シーズンの半分以上をケガで欠場しました。

今シーズンはケガすることなくプレイできればいいなと願います。

そうすれば、おのずと結果とビンス・ロンバルディ・トロフィーはついてくるでしょう。

Go PACK Go !!



(NFL公式YouTube動画「Top 10 Aaron Rodgers Playoff Throws | NFL Highlights」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「【#23】ブリリアン コージと楽しむNFLライフ:プレシーズンのイチオシ選手! QBが腕に巻く“あれ”って何?」のこと~コージさんの地区優勝は…



いよいよNFLのレギュラーシーズンが、日本時間の明日午前にキックオフ。

今回はプレシーズンゲームで注目した選手。

そしてコージさんの地区優勝の発表がありました。


1.今週の「 #ロゴを書いてみたシリーズ 」

今週のも当たりました。

まさかロゴがヘルメットに描かれてない(正確には「デカール」と呼びます)クリーブランド・ブラウンズが出題されるとは思いませんでした。

ところでどのチームのロゴを描くかは、直前に発表されるそうです。

Instagramのサイトに「 #実は直前に発表されるお題 」とのハッシュタグがありました。

その後にある通り「 #わりと無茶振り 」だと思いますが…

これからも「 #コージ画伯👨‍🎨 」に期待します。

プレシーズン終了🙌そしてついに・・・レギュラーシーズン開幕まで #あと2日 😍 今週の #オマハ 👐はコージが選んだプレシーズンイチオシの選手を紹介💁‍♂️ さらにレギュラーシーズンを勝ち抜きプレーオフに進むチームを大胆予想💪 * * 🏈ブリリアン #コージと楽しむNFLライフ🏈第23弾📺 #動画📺 へのリンクはプロフィール欄に設置しています▶️👉 @nfljapan_com #BIOをご覧ください * * #ロゴを書いてみたシリーズ🖌️ #どこのチームでしょう🤔 #コージ画伯👨‍🎨 #実は直前に発表されるお題 #パッと見てパッと書く #わりと無茶振り * * #開幕戦イベント は #9月7日 開催✨ NFLレギュラーシーズン開幕戦ファルコンズ🆚イーグルスのバード対決🐦🦅のパブリックビューイングイベントにコージさんもスペシャルゲストとして出演🤩 * 「みんなで一緒に観戦しましょ~~~~😘」 @kooji_brillian * イベントの詳細は#コージと楽しむNFLライフ 🏈第23弾🙌の動画配信ページをご覧ください📺▶️ 事前予約受付中🍻【東京・恵比寿】 * * #NFLJapan #コージと楽しむNFLライフ #コージにオマハな質問

NFLJapan.comさん(@nfljapan_com)がシェアした投稿 -




2.注目のメイフィールドのTOP5プレイ

コージさんがプレシーズンで注目したのは、クリーブランド・ブラウンズにこの春のドラフトの全体1位で指名されたQBベイカー・メイフィールドでした。

こちらに今回使用したと思われる動画を含むツイートがあります。



コージさんが5つのプレイについて、どこがすごいかを語ってましたので、書いておきます。

5位のものは、敵が迫りながらもオフェンスラインが作るポケットの中にとどまってパスを投げると言う落ち着きぶりがすごい、とのことでした。

4位のものは、タイミングパス(WRと、あらかじめ、何秒後にどこにボールを投げる、と決めておいて投げるパス)を決めたのがすごい。

3位のものは、ディフェンスの隙間を、針の穴を通すように投げて成功させたのがすごい。

2位のものは、リードパス(WRが走っていく方向に、走るスピードを落とさずにとれるようなパス)を成功させたのがすごい。

1位のものは、WRとディフェンスの選手との身長差を活かして通したのがすごい…とのことでした。

リードパスは、ディフェンスが周囲にいなければ、ボールを捕った後にさらに走って前進できます。

スピードを落とさないので、勢いがあるためタックルが難しくなります。

1位のものはドッジング(ディフェンスの選手をよけること)もすごいと思います。

ただ、まだまだNFLですでにその地位を確立させた選手に比べると、見劣りは感じます。

ルーキーですから、それは仕方がないと思います。

メイフィールドについては、アメフト専門メディアのこんなツイートもありました。



ツイートにあるように、メイフィールドのトップ指名は、多くの方が疑問に感じたようです。

他にいいQBを指名できただろう、と。

しかし、想像以上にいいQBなようです。

それでも開幕は先発ではなく、ベンチスタートだろうとのこと。

おそらく先発は、昨オフにバッファロー・ビルズから獲得した、タイロッド・テイラーでしょう。

昨シーズン、ビルズを18年ぶりぐらいにプレイオフに導いた、いいQBです


3.コージさんの地区優勝予想

コージさんが2018年レギュラーシーズンに、各地区で優勝するだろうと思われるチームを予想しました。

たまたま昨日の朝、NFLのアナリストが、全32チームの強さのランキングを発表していましたので、カッコの中にその順位を書いておきます。

ランキングはこちらのツイートのリンク先にあるものです。



AFC東 ニューイングランド・ペイトリオッツ (5位)

AFC西 オークランド・レイダーズ (24位)

AFC南 ジャクソンビル・ジャガーズ (6位)

AFC北 ピッツバーグ・スティーラーズ (7位)

NFC東 フィラデルフィア・イーグルス (1位)

NFC西 ロサンゼルス・ラムズ (2位)

NFC南 カロライナ・パンサーズ (11位)

NFC北 グリーンベイ・パッカーズ (9位)

地区優勝の予想は、そうそう全部当てられるものではないです。

ケガとか、予想しなかった選手の台頭とかありますし。

アメリカでNFL解説の仕事をしている人も含め、誰が予想しても外れるのが普通だと思います。

ですから、この予想が外れても、全然おかしくないと思います。

それでもコージさんの予想と、NFLのアナリストとの予想は、かなり近いと思います。

レイダーズの地区はちょっと読みにくいので、優勝できる可能性もあれば、最下位になることもあるかもしれないと私は考えます。

24位ほどひどくはないと思うのですが…

そして、もう一つ応援しているラムズも地区優勝にあげてます。

前も書きましたが、レイダーズとラムズは、いきなり開幕戦で対戦します。

日本時間の9月11日(火)午前11:20にキックオフ。

その日の深夜25:15から、NHKのBSで録画放送されます。

見ておくと、12日のコージさんの配信の話題についていけるかもしれません。

現時点でのオッズは、ラムズが4ポイントリード。

これは、どっちに勝敗が転んでもおかしくないけど、まあラムズが勝ちそうだな、と言うレベルの数字です。

(オッズのポイントをどう解釈するか、については、 #コージ にオマハな質問 で尋ねてみるのもいいかと思います。

私も正確なところはわかりませんので))

開幕週(WEEK1)の試合スケジュールと、放送予定へのリンクを貼っておきます。

すべて日本時間です。

NFL JAPAN「2018年 レギュラーシーズン 第1週スコア」へのリンク

NFL JAPAN「2018年 レギュラーシーズン 第1週テレビ放送」へのリンク


4.開幕戦パブリックビューイングのお知らせ

今回も、9月7日(金)19時からの、NFL開幕戦のパブリックビューイングの告知がありました。






5.「 #コージにオマハな質問 」

今回の質問のオリジナルの投稿は見つけられなかったのですが…

QBが手首に巻いている白いものは何ですか?

または何が書いてあるのですか?

だったと思います。

動画の中で表示されたものはあまり目立たないものでしたが…

NFLでは、ベンチからの次のプレイの指示は、無線でQBのヘルメットに伝えられ、QBはハドル(円陣)で他の選手にそれを伝えます。

そのシステムができたのは、1990年の終わりごろだと思うのですが、それまでは野球の三塁コーチがバッターに送るようなブロックサインで作戦が伝えられていました。

その頃手に巻いていたのは、もっとごついものだったとおもいます。


まだまだ質問募集中。

次回、レギュラーシーズンが始まっても、配信は水曜日にあるそうです。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. ブリリアン コージと楽しむNFLライフ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】左手にハンデを持つアメフト選手、シャキーム・グリフィン、ロースター登録され開幕戦出場へ~彼がNFLでプレイする意義

2018年9月2日の朝、NFLの各チームは53人のロースター(プロ野球で言えば、支配下登録選手のようなもの)発表しました。

シアトル・シーホークスは、今年の4月のNFLドラフトで指名したLBシャキーム・グリフィン(Shaquem Griffin)を、その53人の中にいれました。

こちらのツイートのリンク先に、シーホークス公式サイトのポジション別の登録選手があります。



こちらのツイートには、53人全員の名前が図に載っています。

双子の兄CBシャキール・グリフィン(Shaquill Griffin)の名前もあります。


グリフィンについては、ドラフト指名時にも日本で報道されましたので、そのリンクが載っているツイートを貼っておきます。




ところで、最初のツイートのリンク先にあるシーホークスの公式サイトには

「シャキーム・グリフィンは開幕戦にストロングサイドのLBとして先発出場する可能性がある」

"Shaquem Griffin could be in line to start the season opener at strongside linebacker."

とあります。

グリフィンはたぶんロースターの53人には残るだろう、とは思っていました。

けっこう活躍しているように見えましたから。

ちなみにこちらはプレシーズンゲームでの、グリフィン(#49)の26回のすべてのタックルを集めた動画です。



しかし開幕先発まで勝ち取るのは難しいかもしれない、と考えていました。

ドラフトでは5巡目で全体の141番目の指名ですから、それほど期待されていたとは思えないのです。

左手がない、と言うハンデを背負いながら、そこから開幕先発候補になるにはそうとうな努力があったと思います。

こちらの投稿には、ロースターに残るだけでも快挙だとあります。



私もそう思います。


私は、シャキーム・グリフィンは単なる優れたアメフト選手だとは考えていません。

彼は、体にハンデがある人、特に子供たちにとっての希望の星であり、同時に、そう言う人たちにチャンスを広げるインフルエンサーだと考えています。

彼がNFLで活躍することはが、身体障害を持つ人に勇気を与えることは間違いありません。

と同時に、私もそうですが、身体的にハンデを持たない人たちに、人の能力をはかるときに、身体障害があると言うだけで機会を与えないのは間違っている、と言うことを教えてくれると考えるのです。

身体障害があると言うだけで機会を与えない、と言う気持ちがどこかにあることが、今日本で問題になっている、全国の官公庁で相次ぐ障害者雇用の水増し問題につながっている、と言うのは言い過ぎかもしれませんが、でも全く否定もできないと思います。

ですから、シャキーム・グリフィンには、ロースターに残り、開幕戦に出場するだけではなく、人々を驚かせるパフォーマンスを期待したいのです。

こちらは、プレシーズンゲームの後に、身体障害を持つ子供たちとグリフィンが交流したことをツイートしたものです。




もうひとつ忘れていけないことは、グリフィンらのように努力ができない人もいると言うことだと思います。

パラリンピックやグリフィンの活躍を見ていると、すべての障害を持つ人が努力できると考えてしまう人もいると思います。

ですが、そう言う人たちは、根拠はないですが一部だと思います。

ですから、見境なく、障害を持っている人に、世の中にはいろんな分野で活躍している障害者もいるんだから、お前もできる、がんばれ、と言うのは控えるべきだと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 人生を豊かに生きる    ジャンル : 心と身体
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】アニメーション作家・和田淳さんに、アメフト振興のための作品を依頼するクラウドファンディングにご協力をお願いします

大手前大学・大手前短期大学に、「日本のアメフト」振興プロジェクトと言うのがあって、浅井達行さんと言う方が代表をされています。

浅井さんはこのたび、同大学のメディア・芸術学部准教授で、アニメーション作家の和田淳さんに、アメフトのCM制作を依頼されたそうです。

ただし、クラウドファンディングで制作費の100万円が集まったら、と言う条件でだそうです。



和田さん自身もこの件についてSNSに投稿し、協力をお願いされています。



和田さんの作品集の動画がありますので、貼っておきます。



(大手前チャンネル(大手前大学・大手前短期大学)YouTube動画「メディア・芸術学部 映像アニメーション 和田淳講師作品集」

多分この動画が発表された時点では、和田さんは講師だったのでしょう)


上のツイートの中にもありますが、クラウドファンディングのサイトはこちらになります。

「アニメーション作家・和田淳が「日本のアメフト」振興に挑戦!」へのリンク

応援プランは、個人は3,000円と10,000円の2コース。

企業向けには50,000円、100,000円、300,000円の3コースがあります。

おもしろいのは、リターン(クラウドファンディングのお礼、のようなもの)の中に、アニメのエンドロールの中に、名前を載せる権利があること。

こう言うのをクラウドファンディングで見るのは初めてです。

おそらく映画などのクラウドファンディングでは一般的なものかもしれませんが、これまで私はそう言う方面とは無縁でしたので。

私は目立ちたがり屋なので、こう言うのはありがたいです。


このクラウドファンディングの決済は、クレジッカード決済(JCB/Master/VISA/American Express/Diners)と銀行振込があります。

銀行振込でのご支援の場合、振込み先の口座はみずほ銀行でだそうです。


クラウドファンディングのサイトの中で、浅井さんはこう書いています。

「学生時代からこれまでの人生を通じて、ずっと"お世話になりっぱなし"のアメフトに恩返しをしたい」

こう言う人はとても多いように感じます。

ブリリアン・コージさんも、何かのプロフィールでそう書かれていました。


サイトにはその先に、Facebookグループ「日本のアメフト復興会議」の趣意のことが書かれています。

『アイデアのある人はアイデアを、人脈のある人は人脈を、時間のある人は時間を、地位のある人は地位を、観客を動員できる人は観客を』

と言う形で、日本のアメフトを復興させよう、と言うものです。

私もこのグループのメンバーで、「ブログにアメフトのことを書くことならできます」と言って、入れてもらいました。

浅井さんとは今は面識はないですし、私はアメフト経験者ではありませんが、アメフトに対する思いは同じだと思います。


クラウドファンディングへのご協力を、よろしくお願いいたします。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】慣れない追い上げに、俺氏戸惑う…~最近嬉しいこと

福岡ソフトバンクホークスは昨日までの東北楽天ゴールデンイーグルスとの3連戦をスイープ(カード全勝)で終えました。

ここ14試合で13勝と言う好成績。

首位の埼玉西武ライオンズが昨日、一昨日と連敗しましたので、ゲーム差は4にまで縮まりました。


私は、ホークスは追い上げられることはあっても、そして一昨年のように抜かれてしまうことはあっても、追い上げることは2010年シーズン終盤を除けば体験したことは無いので、非常に戸惑っています

一昨日5ゲーム差にちじまったとき、ライオンズファンのTL(ハッシュタグ「 #seibulions 」で検索したもの)は悲観であふれていました。

それを見ながら、まだまだ5ゲーム差やん。

勢いとしてはホークスにありそうだけど、ホークスが2勝1敗ペースで戦っても、ライオンズは5割で戦えば逃げ切れるんだから、慌てることないやん。

それに、勢いなんてちょっとしたことで変わるし…

ライオンズファンは何をそんなにパニクっているんだろう、
と思いました。


しかし昨日の試合で4ゲームになると、2016年に大逆転を食らったホークスファンとしては、わかるわぁ~、と共感しました。

しかし意識を本来のホークスファンに戻すと、ここまで来たら逆転優勝してほしい。

ほしいんだけど、数字ではまだまだライオンズが有利だしなぁ…

とも思うのです。

とにかく、ホークスファンもライオンズファンも、今は冷静ではいられないんじゃないかな、と感じます。


ところで、最近嬉しいのは、最終回にリードされていても、リードしているところを終盤追い付かれたり、ひっくり返されたりしても、勝ち越せるゲームが多くなったな、と言うことです。

一昨日の10回表の上林選手の勝ち越しホームランとかですね。



(SBHawksOfficial公式YouTube動画「【試合ダイジェスト動画】 9月1日(土)vs 楽天イーグルス」)

これは、選手が「勝負をあきらめなくなった」と言うわけではないと思うのです。

選手はいつだって、あきらめていないと思います。

そう信じて中継を見ています。

(ベンチは、あきらめると言うか、勝ちにこだわらないことを決断する必要があります。

いつだって勝ちパターンの投手をつぎ込むわけにはいきませんから)

ではなんで勝てるようになったのか?

なんででしょうね…

おそらく、逆転優勝の可能性が高まったことで、自然と集中力が増したのかな…

以外の解釈を思いつきません。


さあ、明日からは、この14試合で唯一黒星を喫した千葉ロッテマリーンズ

(マリーンズは、そのファンも「優勝ストッパー」と言うほど、いくら成績が低迷していても、優勝争いをしているチームを苦しめる傾向があります)

そして週の後半は、ライオンズに勝ち越したオリックス・バファローズとの対戦です。

この2チームも、数字上には難しいですがまだAクラス入りをあきらめているわけではないと思います。

なかなか厳しい日程が続きますが、ホークスには勝ち続けてほしいです。

相手がある以上、いくらがんばっても勝てない時はありますが…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ライオンズとホークス】それぞれの8年前と10年前の悪夢

9月になりました。

パ・リーグのペナントレースの状況はこの図のようになっています。

201809012018年8月31日終了後のパ・リーグ順位表

(Sportsnaviより)

独走に近い埼玉西武ライオンズを、福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズがなんとか追いかけている、と言う様相を呈しています。

ひいきチーム(ホークス)とか、そう言うのを抜きで客観的に見ますと、まあライオンズが優勝して、ホークスとファイターズが2位か3位になるだろう、と思えます。

この時期にこの順位、ゲーム差を見ますと、ライオンズとホークスに思い出される2つの悲劇がありますので、書いておきます。


1.2010年、埼玉西武ライオンズ優勝を逃す

2010年のペナントレースは、9月17日終了時点でライオンズはホークスに3.5ゲーム差をつけ、マジック4を点灯させていました。

残り試合はライオンズが7でホークスは6でした。

翌18日から両者は福岡で3連戦を行いました。

一つでもライオンズが勝てばマジック2となり、優勝へ王手をかける絶好機だったのですが、結果はホークスの3連勝。

(この時の私のブログはこちら

「ホークス、シーズン奪三振記録更新で、ライオンズを3タテ」へのリンク

中島選手(ライオンズ)と馬原投手(ホークス)の熱い12球の対戦などもありました)

依然として優勝マジックは4のまま点灯している者の、ゲーム差が0.5まで縮まり、ライオンズの残りゲームは4で、ホークスは3となって、ペナントレースの行方は分からなくなりました。

結局このシーズン、ライオンズはホークスに逆転優勝を許しました。

先週末にライオンズが福岡でホークスに3連敗した時、こんな記事もあがりました。



2.2008年、ホークス最下位に転落

2008年8月を終えた時点で、パ・リーグのペナントレースは、ライオンズが首位で2位のホークスに8ゲーム差をつけていました。

その後9月の初めには5ゲーム差近くまでホークスが接近しました。

「これは逆転優勝もあるぞ」

とホークスファンの私は思ったのですが…

9月に入ってからホークスは大失速で6勝21敗1分。

最終戦で同率最下位で並んでいた東北楽天イーグルスと直接対決し、サヨナラ負けを喫して最下位でシーズンを終えました。

ライオンズはそのままパ・リーグを制し、日本シリーズにも勝ちました。

この試合は、王貞治元監督が、最後に指揮を執った試合でした。

(この時の私のブログがこちら

「王監督、ユニフォームを脱ぐ」へのリンク

今シーズンも似たような状況にありますが、2008年シーズンは8月末時点でホークスとイーグルスのゲーム差は7.5ゲーム差でした。

今シーズは15ゲーム差です。



最後に、今シーズンに関する2つジンクスを書いておきます。

「ライオンズが埼玉に移ってから、西暦で8で終わる年は、ライオンズはリーグ優勝している」

(1988、1998、2008)

「元号の最後のシーズンは、ライオンズは優勝している」

(昭和63年:1988年)

何やかんや書いてきましたが、相手のあることなので、どちらのチームもなるようにしかならないだろうと思いますが…

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : プロ野球    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

オードリーのNFL倶楽部 コージと楽しむNFLライフ 埼玉西武ライオンズ ホークス オードリーのオールナイトニッポン NFL グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球  夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 オードリー Xリーグ アメリカンフットボール 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 平成時代 戦争 終戦の日 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 オールナイトニッポン アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 歴史 ドラフト AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS ピース綾部 スーパーボウル 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ オーパーツ福岡SUNS クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Twitter Amazon DAZN Hulu グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ イップス メンタルヘルス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 城所龍磨 富士通フロンティアーズ 横浜DeNAベイスターズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力小売り全面自由化 電力自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン 谷村有美 ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム 自動車保険 ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 12月8日 真珠湾攻撃 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ ロジャース グリーンベイ パッカーズ 城島 メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース  サムライハイスクール 三浦春馬 歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 野村監督 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 ゴー☆ジャス 爆笑レッドカーペット 立花香織 景浦安武 南海ホークス 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾修 東尾理子 アース・ウィンド・アンド・ファイアー September Earth, Fire 九月 Wind Tumblr twitter 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -