FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【NFL】第54回スーパーボウルのハーフタイムショーにジェニファー・ロペス&シャキーラ ~ これにディー・スナイダーが怒りのツイート

まだ9月。

NFLはようやくWEEK4の最初の試合が始まったばかりと言うのに、早くも来年2月にマイアミで行われる第54回スーパーボウルのハーフタイムショーの出演者が決まりました。

ジェニファー・ロペスとシャキーラがジョイント・パフォーマンスすることをNFLが発表したのです。


う~ん…

これでこのスーパーボウルでも、私はハーフタイムショーを見ることはないな、と思いました。

名前ぐらいしか知らない方々なので。

スーパーボウルのハーフタイムショーは、私にとっては休憩時間で、タバコを吸ったり、トイレに行ったり、SNSをチェックしたりする時間です。

知らない人の歌はあまり聴きたくないので。

私が最後に真面目にハーフタイムショーを見たのは、2009年に行われた第42回スーパーボウルのブルース・スプリングスティーンだったと思います。

期待していた、「Born in the U.S.A(ボーン イン ザU.S.A)」が歌われず、その理由が気になった覚えがあります。



「オードリーのオールナイトニッポン」が始まった当初の名物コーナー「アメフトの小部屋」のテーマ曲でした。

この曲にはその思い出と、曲自体80年代MTV世代を代表する曲のひとつで、もともと大好きだったのもあって期待して、ずっとテレビ画面を見ていた覚えがあります。

大好きな佐野元春の「SOMEDAY」を思い出させる「Hungry Heart」もなかったなぁ…

今までで一番嬉しかったのは、2006年のローリング・ストーンズかな…



ビリー・ジョエルなんかがやってくれると嬉しいんですが。

彼は国歌斉唱は2回やっていますが、ハーフタイムショーはたしかやっていないと思います。

1989年1月に初めてやったアカペラのはかっこよかったです。



話がそれましたが…

とにかく最近のハーフタイムショーは、ほとんど名前しか知らないミュージシャンがやっているので、見なくなりましたし、あまり期待もしなくなりました。

そんな思いをしていた時、こんな意外なニュースが入ってきました。


ええええええええええええ

トゥイステッド・シスター(Twisted Sister)

とスーパーボウルの組み合わせなんて、考えもしませんでした。

ボーカルのD・スナイダー(Dee Snider)が、前回のスーパーボウルの時に、こんなツイートをしていたのも


このツイートの中にある

「We're Not Gonna Take It,」と「 I Wanna Rock」

は彼ら自身のものです。

歌が始まるまでの寸劇がおもしろいんですよねぇ~





いずれも入場曲に使われていたとは知りませんでした。

日本でも、いまでも時々テレビを見ていると、BGMでかかったりしています。

「We're Not Gonna Take It,」はJリーグのベガルタ仙台の応援歌にも使われているのは知っていましたが…


それにしても…

久しぶりに「トゥイステッド・シスター」のニュースを見て、嬉しくなりました。

80年代のMTV時代以来30数年ぶり…

いや、彼らのニュースなんてひょっとしたら初めて見たかもしれません。

D・スナイダーの名前も久しぶりに見れて…

それが、大好きなスーパーボウルに絡んだものなので、彼らは悲痛な叫びをあげているのかもしれませんが、私は嬉しかったです。

記事をよく読んでみると、トゥイステッド・シスター自身が出たいのではなく、ちゃんとしたメタルなら誰でもいいようですが…

トゥイステッド・シスターがハーフタイムショーに出てくれたら、私は正座して見ます。

寸劇も、完全にまでは求めませんが、再現してほしいなぁ…

お父さん役、先生役を務めた人がお元気なら、ぜひ出てほしい。

見たいなぁ…

20190927Twisted Sister(トゥイステッド・シスター)のディーロス

(1980年代のディー・スナイダーが載ったアルバム「Stay Hungry」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラグビーワールドカップ2019】日本がアイルランドをやぶる快挙~福岡賢樹で思い出したある医師のこと



2019年9月28日は、日本ラグビー界にとって歴史的な日になりました。

ラグビー・ワールドカップ日本大会で、世界ランキング9位の日本が、同2位のアイルランドをやぶったのです。

4年前、日本が南アフリカをやぶった時には、申し訳ないことを書きますが、正直南アフリカに油断があったと思います。

しかし今回は、日本は強国の一つとみなされ、しかも地元開催ですから、アイルランドに油断はなかったと思います。

それを乗り越えて勝ったのですから、すごいと思います。







なお、最後にアイルランドが外に蹴りだしたのは、負けても7点差なら勝ち点1がもらえるから、と堀越正己さんが語っていました。

そのままプレイを続けていれば、日本にPGを決められて10点差になっていたかもしれないから、と言うことだそうです。


アイルランドはやりたいラグビーができなかったように感じます。

しかしトライ数では日本を上回って2本。

堅い守りはさすがだと思いました。

そして、見えないところで嫌がらせや反則をすることがない、クリーンなチームだと思いました。

アイルランドは素晴らしいチームでした。

そんなチームに勝てたのですから、素晴らしい勝利だと思います。


この試合の勝因の最も大きなものは、私は、アイルランド代表をトップスピードに乗る前に止めた、日本代表の素早いタックルだと思います。

走られてディフェンスの裏側に行かれることがほとんどなかったように思います。

他にも押し負けなかったスクラム、ほとんど取られなかったラインアウトと、素晴らしいものもありました。

そんな中で、ここでは福岡賢樹選手のことを書きます。



福岡選手は日本の唯一のトライを決め、また終盤の苦しい守りの中、一発インターセプトで大きく敵陣に入り込み、勝利をたぐりよせました。

福岡選手は来年の東京五輪を最後に選手を引退し、医師を目指すそうです。

スポーツ選手からから医師になった人物は、驚くほどは珍しくはありません。

外国ではちょくちょく聞きますし、1975年の広島東洋カープのリーグ初優勝に貢献したゲイル・ホプキンス選手も、その後整形外科医になりました。

私はふと、アーチボルト・グラハム医師のことを思い出しました。

アーチボルド・ムーンライト・グラハム(Archibald "Moonlight" Graham )と言った方がわかりやすいでしょう。

小説、そして映画になった「フィールド・オブ・ドリームス」に出てくる年老いた医師であり、メジャーリーグを夢見る少年のことです。

実在のこの人物は、メジャーリーグの試合に1試合だけ守備固めとして出場。

打席が回ってこないまま、試合は終わりました。

結局彼はメジャーリーガーになることはできなかったのです。

しかしその後大学で医学を学び、ミネソタ州チザムで開業医となりました。

彼の死後、地元では彼の功績をたたえ、グラハム医師の名を冠した奨学金制度が確立されているほど、街の人々に愛され、街のために尽くしました。

そんな人生だったグラハム医師は「フィールド・オブ・ドリームス」では、メジャーリーグで打席に立つという夢があったが、もうあきらめた、と一度は主人公に語ります。

しかし諦められきれなかったのか、少年の姿になってこの世に戻ってきます。

そして主人公の球場で、その夢をかなえました。



しかし主人公の娘を助けるために再び医師に戻り、あの世に去っていきます。


20190929福岡賢樹選手のラグビーワールドカップ対アイルランド戦での画像


話を福岡賢樹選手に戻します。

福岡選手はワールドカップのひのき舞台で、トライを挙げました。

このまま引退して医師になっても、グラハム医師のように、断ち切れない夢はないかもしれません。

しかし、このトライだけでいいのか、この勝利だけでいいのか…

もっと上を目指しているのなら、未練は残るはずです。

きっともっと上の夢…

少なくとも決勝リーグ進出と言う夢は持っているはずです。

それを達成して引退できるように。

誰かが福岡選手のために田んぼや畑をつぶしてラグビーフィールドをつくらなくてもいいよう、悔いのない活躍をしてくれることを願います。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : ラグビーW杯    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEK3】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~今シーズン最初で最後の「NFL俱楽部ボウル」



2019年9月28日に日本テレビ地上波で放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

1.もう一人のアメフト大好き芸人「K」のこと


今回のオープニングでは、恒例の「アメフト大好き芸人K」のことに触れましたが、今回はもう一人のK、ブリリアンコージのことですした。

前回の記事でも紹介しましたが、WEEK3の試合を、若林とサトミツとコージが、日テレ下のタコベルの前で観戦。

こちらは若林のインスタから。



こちらはコージのインスタから。

写真が3枚あります。

タブレットで見ているところを見ると、DAZNか、NFL公式配信サービスのGAME PASSでネットで見ているのでしょう。



「若林さんの子供のような笑顔が見れて良かった😭😭」

とありますが、これは春に高校アメフトを一緒に観戦した時にも思っていた、と「4years.」のコラムにも書いていた記憶があります。



一般の人は、これは何かの番組の収録だと思って近づいてこなかったとのことでした。


なお、グリーンベイ・パッカーズ観戦会(パブリックビューイング)も、今シーズンはWEEK1から3週連続して開催されました。

WEEK1は100シーズン目の記念すべき開幕戦、と言うことで、平日にも関わらず東京で15人ほど、福岡(どういうわけか福岡周辺にパッカーズファンが多いんですよ。私も福岡出身ですし…なにかつうじるものがあるのでしょうか?)でも10人ほどが集まりました。

日本のパッカーズファンは熱いです。

WEEK2と3は祝日のため普通に開催されましたが、WEEK4(すでに金曜午前中に終わってます)は平日のため、開催されませんでした。


話題をオープニングのフリップに戻します。

今シーズン大物QBにケガが続出したことも書かれていました。

ドリュー・ブリーズが6週間ぐらいのケガ、ベン・ロスリスバーガーは今シーズンは戻ってこれないようです。

ニック・フォールズやキャム・ニュートンも。

一方で彼らに代わったり、世代交代で新しいQBで期待が持てる選手が、「その他の試合のハイライト」で活躍している模様が伝えられました。

オフトーク動画では、ジャクソンビル・ジャガーズでフォールズに代わって出場しているガードナー・ミンシュー(Gardner Minshew II)のことが高く評価されていました。

今シーズンのドラフト6巡、全体の178番目に指名されたルーキーです。

この順位で指名される選手は、一般的には、モノになれば儲けものでとりあえずとっとくか、と言う程度の選手ですから驚きです、

しかしトム・ブレイディもこれぐらいの順位での指名でしたから、この先どうなるかわかりません。




2.ラムズ対ブラウンズの「NFL俱楽部ボウル」

MCの誰かが応援するチーム同士の対戦を、この番組では「NFL俱楽部ボウル」と呼びます。

この試合は市來玲奈アナが応援するロサンゼルス・ラムズと、春日が応援するクリーブランド・ブラウンズの対戦でした。

「NFL俱楽部ボウル」は毎シーズン何度かありますが、今シーズンのスケジュールを見ると、この試合が最初で最後だそうです。

ただ、プレイオフやスーパーボウルになると、そう言うカードができるかもしれません。



けっこういい試合でした。

「春日さんだけには負けたくないんですよ」

と勝った市來アナが言うと、

「なにお~、やってやろうじゃないか。

三本勝負だ」


と春日が言い返すという、スタジオでもバチバチの熱い戦いが繰り広げられました。

個人的には…

11:50辺りからのブラウンズの最後のプレイ。

結局QBベイカー・メイフィールドのインターセプトで終わるのですが、その前にメイフィールドにプレッシャーをかけていたのが、昨年まで我がグリーンベイ・パッカーズに在籍していたLBクレイ・マシューズだったのが感慨深かったです。

マシューズは峠を過ぎた、とパッカーズは判断したようですが、新天地でがんばっているのが嬉しいです。

この試合については、サトミツもツイートしていました。



3.「若林の熱視線Hyper」


今回はラムズの4Q最初のプレーとなる「リバース」と呼ばれるプレーでした。


QBジャレッド・ゴフは、最初(多分RBにハンドオフするフェイクとどもに)画面の下の方に走っていく選手にボールを渡します。

ラムズのOLも画面下の方にブロックを開始し、画面下の方へのランプレイだと思わせます。

ディフェンスはそれにつられて画面下に動きます。

そこで画面下にボールを持って走ってきた選手が、今度は画面上の方に走っていきます。

画面上の方ではディフェンスは少なくなっていましたし、いいブロックもあって、ロングゲインとなりました。

このリバースプレーについての対応は、気がついたディフェンスの選手は、「リバース」と、最悪は「キャー」でもいいから、大声を出して周りに知らせるてボールの方向へ逆戻りするしか手がないそうです。

そこで若林のひと言は

「リーバースと変態には、気がついたら勇気を出して大声で叫びましょう。」

でした。

市來アナは春日のことを「変態」のように言っていましたので、春日がまた切れていました。

なお、リバースプレーは、相手に読まれると、ボールがあった地点より後ろでつぶされることもありますので、そうそううまくいかないものですので、多用はできません。

リバースプレーを含め、トリックプレイはハイリスクハイリターンなので、なかなかお目にかかれないものが多いです。


4.テキサンズ対チャージャーズのハイライト

若林が応援するヒューストン・テキサンズとロサンゼルス・チャージャーズのハイライト



「リバース」と言う言葉がここでも盛んに叫ばれいてましたが、この動画の「リバース」は人名です。

チャージャーズのQBフィリップ・リバースのことです。

リバースは2004年にNFL入りした大ベテラン。

同期にはイーライ・マニング、その上にはドリュー・ブリーズやトム・ブレイディがいて、その下にはアーロン・ロジャースがいます。

この中でリバースだけがスーパーボウルチャンピオンになったことがありません。

入団以来チームの成績も個人の成績も良いのですが・・・プレイオフに勝ちきれません。

引退前にスーパーボウルチャンピオンになってほしい選手の1人です。


5.今週のハドル

今週は

湘南シーブリーズ

と言うチームの子供たちが「トゥース」

湘南シーブリーズは、神奈川県の湘南地区(鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・横浜)在住の小学生を対象にしたフラッグフットボールチームだそうです。

ホームページはこちら。

「湘南シーブリーズ フラッグフットボールチーム」へのリンク

今シーズンはここまで、すべて子供たちのフラッグフットボールチームですね。


6.メロディー・モリタさんのレポート

今週メロディー・モリタさんが「訪れたのは、先週紹介された「ペイトリオッツの名誉の殿堂」と同じ建物にある

Patriots ProShop

と言うグッズを売っている店でした。

主に女性向けのウェアなどが紹介されていました。

こんな感じです、


ペイトリオッツが創設された翌年の1961年生まれのおばさんがインタビューに答えてました。

番組の中で、こんなジャージも作れますよ、と紹介されていた、

「KASUGA 93」

とは、春日の奥さんのクミさんのことでしょう。

それにしても、輸入の手間賃がないため、日本で買うよりはかなりの安さで驚きました。

なお、テニスコート6面もあるこの広場ですが、ペイトリオッツのゲームがある日は、こんな風に混雑するそうです。




7.「TカスガのEnglishタッチダウン」

今週の言葉はこれ

「I gotta take those guys to dinner」

「あいつらをディナーに連れて行ってやらないとな」


と言うシカゴ・ベアーズのDEカリル・マックの言葉。

「あいつら」とはDB陣のことで、DB陣がパスカバーをうまくこなしていたので、相手のワシントン・レッドスキンズのQBケース・キーナムがパスを投げることができず、その間にマックがサックをできたとのこと。

こう言う、ターゲットが見つからずに投げられない間に起きるサックを、「カバレッジ・サック」と言います。

サックできたのはパスカバレッジによるところが大きいからです。


そして恒例となりった市來アナの読み直し。

今回最後の方は余裕を見せましたが、相変わらずのカタカナ英語。

「パーフェクト!!」

とほめる春日とともに盛り上がる市來アナ。

「やめろ!!

なんで最後和解してるんだよ!!」


と若林につっこまれていました。


番外.朗報、増田隆生さんが20年ぶりにNFLを実況

番組とは直接関係ないですが、この6月いっぱいで日本テレビを退職した

増田隆生さん

が、10月11日のニューヨーク・ジャイアンツ対ニューイングランド・ペイトリオッツのサースデーナイトフットボールを、日テレジータスで実況することになりました。


1989年頃から1992年シーズンまで日本テレビ地上波のNFL中継のエース的存在だった増田アナ。

最後の中継は第34回スーパーボウルで、トム・ブレイディが初めて勝ったスーパーボウルです。

FacebookのNFLファンのグループでは、この朗報に

「この実況を見るだけのためにジータスに入ってもいいくらい」

のコメントもあったぐらいです。

詳しいことは後日書きます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEK2】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~市來玲奈アナ応援チーム決まる



2019年9月22日に放送された「オードリーのNFL倶楽部」のことを書きます。

見逃した方は、下のツイートを参考にして、見ることができます。


9月20日が若林の誕生日だったので、番組内では放送されませんでしたが、誕生日プレゼントが贈られたそうです。


オフトーク動画に、番組からと、市來玲奈アナそれぞれから贈られたプレゼントが紹介されています。



次は2月9日の春日の誕生日にこのようなことがあるでしょう。

家電店を歩く春日の後ろ姿の写真を提供した、奥さんのクミさんも来てくれたらおもしろいんですが。


1.「オープニングが変わった」の解釈

トップに置いたFacebookで、若林が

「オープニングが変わった」

と言っています。

私なりの解釈ですが…

昨シーズンまでにはなかった、「今週のトピックス」がフリップで紹介されるようになったことでしょう。

最後に

「アメフト大好き芸人K」

の出来事が紹介されるのは、恒例になるんでしょうか?

「アメフト大好き芸人W」

のことでもいいんですが…


2.市來玲奈アナ、ラムズ応援の理由

市來アナは、今回は冒頭からロサンゼルス・ラムズのジャージを来ていました。

応援する選手はQBジャレッド・ゴフ(Jared Goff)。

なんでも

「試合見てたら、目があったんです」

とのこと。

ハイテンションで語ってくれました。

気のせいか、多くの人がそう思ったかのどちらかだと思いますが、こう言う応援選手の決め方は大好きです。

ジャレッド・ゴフは、2016年のドラフトで、全体のトップで指名された選手。

3年目の昨シーズンは、チームを2001年シーズン以来のスーパーボウルへ導きました。

NFLはシーズン前に、今シーズン活躍しそうな選手、トップ100人の動画を紹介します。

ゴフは2018年シーズンからランクを3つあげて、32位。


ちなみに1位は、同じくラムズのDTアーロン・ドナルドでした。

NFLは各チーム約50人で、それが32チームあります。

つまり1500人ぐらいいるわけですが、その中からトップ100に選ばれるのは大変なことです。

ですから、オフェンス(RBトッド・ガーリーも5位に、WRロバート・ウッズも76位に、OTアンドリュー・ホイットワースも91位に入っています)にも、ディフェンス(FSエリック・ウェデルも100位に入っています)にもタレントがそろっているラムズは、スーパーボウルに勝てる戦力を十分に持っていると言えるでしょう。


3.「若林の熱視線Hyper」

フィラデルフィア・イーグルスとアトランタ・ファルコンズのハイライトの後、その試合から下のプレイが紹介されました。


00:04辺りで、画面下の方、50ヤードラインのあたりで、ディフェンスの選手がブロックに行ったOLの選手につぶされています。

この位置までOLの選手がブロックに行くのは、私はあまり見たことがないです。

個人的には、今回のは珍しいものを見せてくれてありがたいと思いました。

若林は先週に続いて、Instagramで詳細な解説をしています。

この投稿をInstagramで見る

若林の熱視線hyper(week2)補足動画です。 長いです。 こんなスーパープレイはどうしても1分にまとめられませんでした😅 #日テレg➕ #tver #日テレ無料 #gyao などで、#NFL倶楽部 9月22日放送回の若林の熱視線hyperのコーナーを見てからご覧くださいませ。 今回は何と言っても、 マンカバーで必死に守ろうとする守備陣形にファルコンズQBのライアンが気づき、 イーグルスのDB陣が対面に集中しているところに、 死角からOLのブロックを叩き込むという、 人間は集中すると視野が狭くなるという習性を逆手にでも取ったようなオーディブルを出したライアンの頭脳と経験ですね。 素晴らしいを通り越して、最早怖いです。 左サイドのWRのパスコースが、 ファルコンズの70番のOLがブロックしやすいように巧妙に仕掛けられています。 それも説明したいのですが、 長くなってしまうので断念しました。 #NFL #nfljapan #falcons #eagles

若林正恭さん(@masayasuwakabayashi)がシェアした投稿 -



やはり時間はかかっても、落ち着いて解説してくれるとよくわかると思います。

話を番組に戻します。

若林の今週のひと言は

「春日さんに聴いてほしいんですけど…」

と言った後、

「ブロックと週刊誌の記者は見えない所からやってくる」

と書いたフリップを見せていました。

若林が春日にぶつかって、写真をとる仕草をして、春日が雑誌を開いて慌てている仕草をすると言う、小芝居がありました。


4.メロディー・モリタさんが今週もレポーターを担当

今シーズンもアメリカからの現地レポーターはメロディー・モリタさん。

そして小坂紘平ディレクターのコンビ。

番組で使われたインスタは、こちらにまとめられています。

この投稿をInstagramで見る

In Boston for Japanese TV filming (NFL Club) covering the Super Bowl Champs, @patriots!🏈✨ Aside from reporting, here’s me attempting to look like a football player when in reality I’m half their size...😂 You can immerse yourself into the world of NFL by enjoying its history, culture and entertainment as well at their stadium and Patriots Hall of Fame. More episodes to be aired!📺 * オードリーのNFL倶楽部(日本テレビ)の放送で、去年のスーパーボウル優勝チームである「ペイトリオッツ」 のジレット・スタジアムへ!😃 今回は Patriots Hall of Fame を紹介しました。スポーツの街であるボストンから、次回の放送もお楽しみに🙌

Melodee Morita | メロディー モリタさん(@melodeemorita)がシェアした投稿 -



5.今週のハドル

今週は、Xリーグの強豪、オービック・シーガルズのジュニアフラッグフットボールチーム

ジュニア・シーガルズ

の子供たちでした。

若林が

「みんなNFLに行けよ」

と将来のNFL選手にメッセージを贈っていました。


6.「TカスガのEnglishタッチダウン」

今週のひと言はこちら。

「to leave this one with a win is a good feeling」

これは「オデベ」ことオデル・ベッカム・ジュニア(クリーブランド・ブラウンズWR)が、ニューヨーク・ジェッツの本拠地で、勝利を挙げた後に言ったことばだそうです。


「このスタジアムを勝利で去ることができて嬉しいよ」

と言う意味だそうです。

オデベは昨シーズンまで、ジェッツと同じくメットライフスタジアムを本拠地とするニューヨーク・ジャイアンツでプレーしていましたが、活躍するもののチームは勝てず。

それがブラウンズに移って、このスタジアムで勝てたから嬉しいのだろう、との市來アナの解説でした。

そして、恒例となりそうな、市來アナの読み直し。

今週もカタカナ英語でした。

「やめちまえ」

みたいなことを若林に言われてましたが、おもしろいのでぜひ続けてほしいです。

でもキャリアに傷がつかないのかな…


7.その他のこと

今シーズンから「作家」(番組最後のテロップでは「構成」となっていました)として番組にかかわることになったサトミツこと、どきどきキャンプ佐藤満春

どうやらニューオリンズ・セインツを応援するようで、推し選手はRBアルビン・カマラだそうです。

カマラはNFL TOP 100の中で14位にランクされているほどの選手です。



この動画は、若林が言っていたWEEK1の試合をタコベルで見たものでしょう。

多分、セインツ対テキサンズ戦だと思います。



そして、WEEK3が終わったら、こんな投稿も



近いうちにブリリアンコージも番組に出てくれるものと期待させてもらいます。


もう火曜日になってしまいましたので、今週はこの辺で失礼します。

20190924オードリーのNFL俱楽部


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ライオンズ】オードリー春日さん、公式イベントで5戦全勝~「春日の呪い」はどうなっているのか…

自分はホークスファンなので、こんなことを書いていると神経を疑われかねませんが…

オードリーさんのことなので書いておきます。

おととい、埼玉西武ライオンズの試合に、オードリー春日俊彰さん

「青炎隊長」

として、メットライフドームの対オリックスバファローズ戦に駆けつけて、始球式などで盛り上げてくれました。

一昨日自分はホークスの経過を追うこともせず、文化放送のライオンズナイターで、春日さんのことを伝えないかなぁ…

と、途中まで聴きました。

でも、試合が始まってからは名前はほとんど出なかった気がします。


春日さんは試合前には始球式に登場




最後の球、入っているかどうか微妙ですが…


ヒーローインタビューにも登場して、3人で

「トゥース」


辻監督も「トゥース」で会見をしめたようで…

オードリーファンとしてはありがたいなぁ




春日さんとしても嬉しいと思いますよ。

子供の頃のヒーローが、自分のことを語ってくれて、自分のネタをやってくれるんですから。


それにしても…

これで春日さんが公式行事でドームに現れたときは

5戦全勝

だとか。

プライベートで観に行くこともあり、全勝かどうかはわかりませんが、それに近かったと思います。


一方で…


今年で放送10年目を迎える

「オードリーのNFL倶楽部」

ですが…

こちらでは、だいたい毎年変わる、春日さんの応援チームが、勝てないどころか

春日の呪い

と初年度から言われるほど負けまくってます。

こちらに、そのことをまとめたブログ記事があります。


ですから、アメフトと言いますか、「オードリーのNFL俱楽部」のファンが、野球での好成績を見て、首をひねっています。

一昨日の試合後から、いくつかツイートを貼っておきましょう。









とまあ、こんな感じです。

私が知る中で、最も豪快な「呪いは」…

初年度は、開幕から応援していたダラス・カウボーイズがなかなか勝てないので、シーズン半ばで春日さんが応援するチームを、ニューヨーク・ジャイアンツにかえました。

くしくも乗り換え後の最初のジャイアンツの相手がカウボーイズ。

なんとこの試合、春日さんが見捨てたカウボーイズが、春日さんが乗り換えたジャイアンツに勝ってしまいました…


あと、シーズンを15勝1敗と言うものすごい成績で乗り切ったグリーンベイ・パッカーズを応援したシーズンがありましたが、パッカーズはプレイオフ初戦で早々に敗退してしまいました。

パッカーズは私が応援しているチームです…


自分はホークスファンなんで、野球でも「春日の呪い」を発揮してほしい…

とは思いません。

せめて野球だけは、この常勝神話は続けてほしいです。

むしろアメフトの方で、春日さんが応援するチームが勝つようになったらおもしろいな、と考えています。

今シーズン、春日さんが応援するチームは、一昨年シーズン0勝16敗と、どん底だったクリーブランド・ブラウンズ

しかし昨シーズン春日さんが応援すると、7勝9敗にまで盛り返しました。

2年連続で春日さんが応援する今シーズン、大補強をしましたので、いよいよプレイオフに進出して暴れることができるんじゃないか、と見られています。

さて、「春日の呪い」はどうなるか…

「オードリーのNFL俱楽部」は、テレビでも見れますが、CSか、関東の日テレ地上波でしか見れません。

しかしネットで日本全国いつでも見れます。

詳細は番組公式Facebookにあります。



「春日の呪い」を抜きにしても、この番組はオードリーさんや相武紗季さんのテンションが異常に高くて、また元乃木坂46の市來玲奈アナが出ていて、とても見がいがあります。

ライオンズファンのみなさん、ぜひ見ていただいて、今度は春日さんを応援してもらえるといいなと思います。

20190919オードリーのNFL俱楽部での春日さん


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】またもGU(ジーユー)がNFL関連商品を発売〜今度はなんと7種類でチームも増えた


春にNFLのTシャツを発売して、アメフトファンの間でかなり話題になり、大人買いがSNSを賑わせたGU(ジーユー)ですが

第2弾が、昨日9月17日(火)に発売になりました。


ツイートの中のリンクより、こちらの方が直接飛べてよいと楽だと思います。

https://www.gu-japan.com/jp/feature/nflcollab/men/

前回はTシャツだけでしたが、今回は7種類。

スタジャン、ビッグTシャツ、スウェットパーカー、スウェットプルオーバー、Vネックカーディガン、クールネックセーター、マフラー

これはすごい。

カーディガンとマフラーなら会社に行けそうだなぁ

気になるチームは…

2チームしか増えてないのがちょっと残念。

ニューヨーク・ジェッツとミネソタ・バイキングスのものでした。

でも、少ないと言っても、増やしてくれるだけありがたいんですよ。

だいたい、第2弾を出してくれることが本当に嬉しいです。

GUさん、どうもありがとうございます。

第1弾から残っているチームは、ピッツバーグ・スティーラーズ、サンフランシスコ・49ナーズ、オークランド・レイダース

そしてNFLのロゴ。

ニューオリンズ・セインツやニューヨーク・ジャイアンツ、ニューイングランド・ペイトリオッツ、フィラデルフィア・イーグルスなどが消えてしまいました。

残ったチームは売れ行きが良かったのかなぁ

私はグリーンベイ・パッカーズのファンですが、変なものでなければどのチームのものでも買います。

とりあえずレイダースのカーディガンとNFLのマフラーかな。

第1弾の時は、自分のひいきチームがないから買わない、と言うネットの声もいくつか見かけましたが…

かと言って買わないと、NFLから日本市場が見放されそうで…

それもありますから、買った方が良いと思いますよ。

NFLのロゴのでもいいですし。

楽しみましょう。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

続 【2019シーズンWEEK1】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~全国で見られる番組に!!

「オードリーのNFL俱楽部」について、WEEK1放送後にわかったいくつかのことを書いておきます。

20190916オードリーのNFL俱楽部カバー写真

1.動画サイトで全国で視聴が可能に

これは前回記事にも書きましたが、WEBサイトやアプリで、日本全国で「オードリーのNFL俱楽部」を見ることができます。

見られるのは下記3サイト

「日テレ無料(TADA)」
https://cu.ntv.co.jp/program/audreyNFL/

「TVer」
https://tver.jp/corner/f0039718

「GYAO」
https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AENFL%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8/5d79d7d8-37be-442a-9f4e-dccd2706c316

URLはいずれも第一回放送へのリンクで、回が進んでいくとURLは変わっていくと思います。

その際は検索ボックスで「NFL俱楽部」や「オードリーのNFL俱楽部」で検索すれば見つかると思います。

日本全国で見ることができますが、一週間の期限があります。

また、すべてスマホアプリがありますので、そこからも見ることができます。



初回放送の見どころはこちら。


これはあくまでも私の想像ですが、これらのサイトで見られるようになるのは、地上波での放送終了後だと思います。

WEEK2の放送は、土曜日ではなく日曜日の早朝ですので、たぶん土曜日にはまだWEEK2の分は見られず、9月22日日曜日からだと思います。

2.サトミツが番組スタッフに参加

前回記事でも載せたこの若林のインスタ。

2枚目に「サトミツ」こと佐藤満春が写っています。



なんでだろう、と思ったのですが、今シーズンから(放送)作家として番組に参加しているそうです。


サトミツと若林はもう10年を超える友達関係にあるのは、リトルトゥースには周知のことだと思います。

私は、オードリーの漫才のスタイル、ズレ漫才は、若林とサトミツがライブ動画を分析して作り上げたものだと認識しています。

このコンビで番組がさらにおもしろくなることを期待します。


3.「若林の熱視線Hyper」の解説動画

若林のインスタにこんな投稿が。

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「NFL倶楽部(9月13日放送)」若林の熱視線hyperの補足解説です。 至らない解説で、 諸説ありかと思いますが、 少しでもアメフトに興味を持ってくれる人を増やすべくアップさせてもらいました。 あまり長くなっても暑苦しいと思い、1分以内という制限付きでやってみました。 NFL倶楽部(9月13日放送分)は、TVer、日テレ無料、GYAOで見れるので、そちらを見てからだと分かりやすいと思います。 アメフトは、1プレーにこんなにも色々な駆け引きが詰まってます! #NFL倶楽部 #若林の熱視線 #オードリー #NFL #packers #bears #texans #deandrehopkins

若林正恭さん(@masayasuwakabayashi)がシェアした投稿 -



再生回数が8万回を超えるほど見られています。

すごい!

「「NFL倶楽部(9月13日放送)」若林の熱視線hyperの補足解説」

とのことです。

番組を見た後に、これを見ると、なお深くアメフトについて理解できると思いますので、ぜひ継続して投稿してほしいです

ちなみにこの解説は、下の動画の最初のプレイについて解説したものです。



計測している声は、多分サトミツのものですね。

「若林の熱視線」はプレイの意図を解説するコーナーですが、私でもたまに理解できないぐらい深い回があります。

そういう時は、無理にわかろうとしないことが大事だと思います。

他のスポーツだってそう言うことがありますから。


4.WEEK1の振り返り

Facebookの番組のサイトに、こちらが投稿されていました。



春日の奥さんのクミさんがラグビー好きになったとか。

私はラグビーをかなり見てからアメフトを見始めました。

どっちにも、固有のおもしろさがあると思います。

相武紗季さんの

「(NFLのシーズンが始まるまで)つまらなかったので、これからが楽しみです。」

と言うコメントですが…

番組を見ていても伝わってきますが、相武さんは本当にNFLが好きなんだな、と思います。

市來玲奈アナの英語について。

「春日:市來くんが正しい発音をするけど、春日より下回る。これが形ですよ。

若林:本番前にラルフ(鈴木)さんに確認していたけど、何も変わらなかったね。

市來:真似したつもりだったのですが・・・。

春日:ばっちりカタカナ英語だったね。」

ホントに、ばっちりカタカナ英語で親近感がわきました。


5.市來アナが応援するチームは決まったか

上の投稿にありますように、市來アナはまだ応援チームをはっきりさせていません。

ロサンゼルス・ラムズかニューオリンズ・セインツか…

WEEK2の両チームの直接対決を見て決める、とオフトーク動画で語っていました。


その試合はすでに終わりました。

ダイジェスト動画はこちら。



あえて結果は書きませんが、勝った方のチームを選んでくれるんなら、これまでこの番組では比較的縁のないチームなので、どういうチームなのか、今度書いておこうと思います。


次回日テレ地上波での放送までに、若林の誕生日9月20日をはさんでいますので、オフトーク動画では、そのことにも触れられるんじゃないかと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL100th】今シーズンはNFLの歴史が楽しめる記事が多くてうれしい

NFLは今シーズンが100シーズン目。

記念すべきシーズンと言うことで、今シーズンはNFLの歴史を楽しめる記事が多いように感じます。

歴史好きの私にはたまりません。

20190916NFL100シーズン目のロゴ

いくつか紹介します。

こちらはNFL100年の歴史を、1920年1年ごとに、各シーズンに何が起きたかを編年体で書いた記事。


どこのチームが優勝した、と言うことではなく、その年に起きた重要なことが書いてあります。

例えば「1996」ですが、このシーズンは久しぶりにグリーンベイ・パッカーズがスーパーボウルチャンピオンになったシーズンです。

しかしこの記事で書いてあることは、クリーブランド・ブラウンズがボルチモアに移転して、ボルチモア・レイブンズが誕生したこと。

ですが、ブラウンズのロゴやチームカラーを引き継ぐことは断念したことが書いてあります。

このため、ここまでのブラウンズの歴史や記録は、1999年シーズンに誕生する、実質的には新設チームの新クリーブランド・ブラウンズに引き継がれます。

実質的にブラウンズの戦力を引き継いだレイブンズですが、この年に「新設されたチーム」とされました。

この後、レイブンズは2回のNFLチャンピオンとなり、ブラウンズはこれまで一度しかプレイオフ進出ができていません。

通算のNFLチャンピオンの数は、ブラウンズの方が圧倒的に多く記録されています。

パッカーズが優勝したことは書かれていません。


「2016」には、いまだに全米を混乱させている国歌斉唱時の膝つき問題が、コリン・キャパニックによって始まったことと、スーパーボウルでは、ニューイングランド・ペイトリオッツが3-28の劣勢から追い上げて、アトランタ・ファルコンズをくだしたこと、つまり歴史的な出来事と、優勝チームのどちらもが書かれてます。

とにかく私にとっては、この記事はたまらないです。


こちらの記事は、リーグに属するチームの変遷を軽く書いたもの。


1920年にAPFAとしてNFLが誕生した時は、14チームが参加しましたが、現在残っているのは、シカゴ・カージナルス(Chicago Cardinals:現アリゾナ・カージナルス)とデカータ・スティーリーズ(Decatur Staleys:現シカゴ・ベアーズ)のみ。

そこに新チームが加盟したり、チームがなくなったり、さらに対抗リーグを吸収したりして、今の32チームになりました。

それを地図と、各チームの主な歴史が、棒グラフみたいなもので書いてあります。

日本のプロ野球でもよく見られるものです。

最後の地図

「The NFL realigned in 2002 when the Houston Texans became the league’s 32nd team. 」

は、現8ディビジョンがどのように配置されているかがかかれていますが、2枚目の地図にある「NFC North」は「AFC North」の誤りでしょう。


チーム誕生と廃止、そして移転について動画で表したものがこちらです。



(NFL Throwback公式YouTube動画「How EVERY Team Got Its Name & Identity!」)

第1回スーパーボウルなどの名シーンがあるのも嬉しいです。

ただ、私には読んだり見たりする時間と、英語力がないのが残念です。

ですが、こういう記事が多くて、いつもより楽しめるシーズンだと思います


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEK1】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~春日と市來玲奈アナの応援チームは?



(若林のインスタより)

2019年9月14日に日本テレビで放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書いておきます。

最後に、ネットで番組を見る方法を書いておきます。

日本全国で一定期間見れるようです。


また、大事なことなので最初に書いておきますが、次回の日テレ地上波の放送は、土曜深夜ではなく、日曜深夜の

9/21(土)深夜27:05~27:35

になります。


1.あけましておめでとうございます

ここ最近恒例の

「あけましておめでとうございます」

の新シーズンのご挨拶で、今シーズンの「オードリーのNFL倶楽部」が始まりました。

昨シーズンの初回では、この挨拶の時に、岩田絵里奈アナが驚いて戸惑っていたのですが…

今シーズン担当の市來玲奈アナは、ちょっと違和感を示しただけでした。

市來アナも岩田アナと同じく、

「最初の

おめでとう

なんですけど、あれは何ですか?」

と言う質問をしていました。

アメフトシーズン開幕ですので

「我々の新年はここから始まりますから」

との若林の説明に、昨シーズンに続いて初回から出演してくれた相武紗季さんも同意していました。

昨シーズンは

「(スーパーボウルが終わってから開幕までは)ただ息をしているだけ」(相武さん)

と言ってました。

相武さんは今回の放送もテンション高かったです。

20190914WEEK1(市來アナ)オードリーのNFL俱楽部の画像

市來アナは

「NFL倶楽部の担当になって嬉しいです!

これからいっぱい勉強して、(NFLのことを)もっともっと好きになって行きたいです。」

と、満面の笑みで言っていました。

と言ってました。

「知ってた?この番組のこと」(若林)

「知ってました」(市來アナ)

「見たことある?」(若林)

「あります!」(市來アナ)

とのやり取りもありました。

「大丈夫?

(女子アナさんが)ルールを理解するまでに終わっちゃうからね。」(若林)

とつっこんでました。

(個人的には、アメフトの解説者になるなら勉強は必要だと思いますが、この番組なら、難しいことは若林と春日にまかせておいて、そこそこアメフトのことを知っておけばよいと思います。

だって、アメリカでは小さな子供たちがアメフトを見て楽しんでいるんですよ。

アメフトを見るのが難しいわけがないです。

なお、昨年の初回放送では、岩田アナはオードリーと相武さんのテンションの高さに圧倒されて、存在感を発揮できなかったように感じましたが、今回の市來アナは、そんなことはなかったと思います。

2年目ですからね。

20190914WEEK1(ブログ用)オードリーのNFL俱楽部の画像


2.応援するチーム

相武紗季さんが今シーズン応援するチームについて尋ねられると、

「安心してください。

ペイトリオッツを応援しますよ」(相武さん)

と力強く答えていました。

ですが、元々応援していたサンフランシスコ・49ナーズについても

「ガロポロにがんばってほしい」

と言っていました。


春日は昨シーズンの初回放送では、その前に優勝していたフィラデルフィア・イーグルスのジャージを着ていましたが、クリーブランド・ブラウンズを応援することを宣言していました。

トップに置いた写真は、若林が木曜日の収録のものを、CSの日テレジータスで放送する前のもの投稿したものですが、この時春日がブラウンズのジャージを着ていても、きっと今シーズンは違うチームを応援するんだろう、と思っていました。

ですが、今回は今シーズンもブラウンズを応援する、と言う理由で最初から着ているそうです。

若林

「テキサンズが優勝するまで死ねない」

と言っていました。

そして、市來アナは、ロサンゼルス・ラムズニューオリンズ・セインツが気になっているそうです。

ここではまだどちらにする、と言うことは明言されませんでした。


この後、市來アナから今週のトピックスが。

「NFL100年目のシーズン」

NFLは1919年にAPFA( American Professional Football Association)として設立され、リーグ戦が開始されました。

それから100年目に当たる今シーズンと、100周年に当たる来シーズンには、いろんな記念行事が予定されているようです。

「トップQB A・ラック 突如引退」

2012年のドラフトトップで指名され、今シーズンはインディアナポリス・コルツをスーパーボウルチャンピオンに導くかもしれない、と期待されていたアンドリュー・ラックが、先月負傷のため引退を発表しました。

開幕まで一か月、そしてチームの中心となるQBの引退は、ファンをかなり驚かせました。

この件に関しては、以前ブログに書きましたので、よろしければどうぞ。



「お騒がせWR A・ブラウン 電撃移籍」

ピッツバーグ・スティーラーズからオークランド・レイダーズに移籍したトップクラスのWRアントニオ・ブラウンが、レイダーズから解雇されましたが、その後ニューイングランド・ペイトリオッツが獲得しました。

しかしその後こんなことが。


WEEK2からペイトリオッツの一員として出場する予定でしたが、どうなるかはわかりません。

最後の

「アメフト大好き芸人K 経験もなく○○に参加」

とは、アメフトぢ好き芸人として知られる「K」が先週行われた日本対南アフリカのラグビーのテストマッチを観戦。

懇親会で無銭飲食をしたと言うこと。

春日は

「おい(ブリリアン)コージくん、どーなっているんだ」

と言っていましたが、実はこれは春日自身のこと。

春日は埼玉県熊谷市の「『ラグビーワールドカップ2019』開催都市特別サポーター」ですので、それで招待されて、先週奥さんと一緒にラグビーを観戦したそうです。

このことは先週の「オードリーのオールナイトニッポン」」で春日本人が語っていました。




3.100シーズン目の開幕戦


今シーズンの開幕戦は、シカゴ・ベアーズ対グリーンベイ・パッカーズでした。

ここ最近は、前年度スーパーボウルチャンピオンが登場していたのですが、今シーズンはペイトリオッツの初戦はSNFからでした。

今シーズンは、NFLの100シーズン目のシーズン、と言うことで、1921から現在まで、ずっと同地区で対戦してkた「NFL最古のライバル対決」となる両チームが選ばれました。



試合はディフェンスががんばり、10-7のロースコアでパッカーズが勝ちました。

「安定のアーロン・ロジャース(のプレイっぷり)」(相武さん)

とのことでしたが、たしかにハイライトでは、2Qにすごく長いパスを通した後にTDパスを決めていますが…

ロジャースの見せ場はこの回だけだったように感じます。


4.「若林のn熱視線Hyper」

今シーズンも「若林の熱視線」は健在。

「私のライフワーク」(若林)

と言いきっていました。

私もどんなプレイを取り上げてくれるのか楽しみにしていますので、嬉しいです。

3年前までは「若林の熱視線」だったんですが、2年前は「若林の熱視線Super」になり、昨シーズンは「若林の熱視線Extra」でした。

ことしは「Hyper」が付きました。

来シーズンはなんだろう?「Ultra」辺りかなぁ…

さて今回若林が取り上げたプレイはこの動画の最初のプレイ



アーロン・ロジャースのプレイアクションパスでした。

一般的にプレイアクションパスは、QBがRBにハンドオフするフェイクをいれて、ランプレイだと思わせて、パスを投げるものです。

上から見ると、あんなプレイにディフェンスはつられるのか、と思われるかもしれませんが、フィールドにいる選手の目線では、つられてしまうようです。

しかも今回は2回のフェイクを1プレイにいれています。

1回目はRB33番へ渡すような動き。

2回目のはWR17番がリバースプレイをするかのような動き。

そしてロングパスを投げ、成功。

見事なデザインですよね。

そして若林のひと言は

「NFLは 噓ついてナンボ」

でした。

アメリカンフットボールはだましあいだと言うことを強調したものです。


5.テキサンズ対セインツのハイライト




残り50分からの逆転合戦はすごかったですね。

最後は58ヤードのFGが決まりセインツが勝利。

58ヤードはなかなか決まらない距離だと思います。

ハイライトと動画の後、若林は茫然自失といった表情。

若林が言っていたように、アメフトのおもしろさが全部詰まっていたような試合で、また優勝候補の声が高いセインツを相手にテキサンズがここまで善戦したのはすごいと思います。


6.今週のハドル

今週は、慶應義塾フラッグユニコーンズと、ワセダクラブテディベアーズがトゥース!!

ライバルチームと言うことになるのでしょう。

早慶と言えば、たしかダラスで行われたTSLに参加した、早稲田大学出身で、IBM Big Blueでプレーする佐藤敏基選手が、試合後、現地の慶應義塾のフラッグフットボールの子供たちにサインをしていました。

下の左下の写真がそうです。



この写真は、いいライバル関係を表していると思います。


7.「TカスガのEnglishタッチダウン」

今シーズンの春日のコーナーは、NFLで発言された英語を解説し、発言のもととなったシーンを見せるもの…

だそうです。。

今週は

「So I guess I'll play touch football next time.」

ヒューストン・テキサンズのWRデアンデロ・ホプキンスの言葉です。


これは、ワトソンのパスをインターセプトした選手に対し、ホプキンスが、必要以上にプロレスの技のような荒いタックルをしたことについての発言です。

このシーンです。


まあ、荒いと言えば荒いですが、選手としては止めるのに夢中ですから、こうなってしまったのでしょう。

ところで、市來アナが、春日の英語の読み方がひどい、と言うことで自分がやってみる、と言い出し、読み上げました。

ですが、教科書通りのカタカナEnglishで、

「わたしよりひどいじゃないか」(春日)

「(ホプキンズみたいに)ぶんなげるぞ」(若林)


と言われ、市來アナは顔を手で覆って、恥ずかしそうに下を向いてしまいました。

初回からおもしろいことをやってくれました。


最後に、市來アナは、ロサンゼルス・ラムズを応援すると宣言しました。

これでNFC西地区は、全チーム、誰かが一度は応援したことになる、初の地区になりました。

(SEA:後藤アナ、ARI:滝アナ、SF:春日)


エンディングのBGMは、昨シーズン終盤から引き続き

miwaさんの「We are the light(English ver.)」

でした。

この曲の英語バージョンです。





8.オフトーク動画




相武さんがパトリック・マホームズにも興味があるのは知りませんでした。

まあパッカーズファンの私も、他チームに何人も応援している選手はいますから。

好きな選手がいっぱいいるのは、嫌いな選手がいっぱいいるより健全だと思います。

市來アナがラムズを選んだのが、

「猛獣や猛禽類が多いNFLのニックネームの中、草食動物の羊をあえてニックネームにしているところが好き。」

だとか。

変わった選び方だなぁ、と思います。

若林が、ラムズ関連の可愛いグッズがあったと言っていましたが、私が今でも忘れられないのが、ラムズが来日して東京ドームでサンフランシスコ・49ナーズと対戦した時、ハーフタイムショーで、くまモンにヘルメットをかぶせたような着ぐるみが、全28チーム(当時)分登場してきたのを見て、可愛いなぁ、と思ったことです。

特にラムズのは可愛かった思い出があります。

若林も、選手の顔じゃなくて、キャラクターで選ぶのは珍しい、と言っていましたが、その後相武さんが市來アナに

「今回クォータバックの顔がかっこいいじゃん、イエィ、イェイ

みたいなことは言えないの」


と文句を言っていたのには笑いました。

イケメン選んでくれたら、そのおかげで女性ファンが増えてくれるかもしれないので、いいと思うんですけどね。

でも、シーズン当初からラムズが選ばれるのは初めてのことですから、市來アナはいいチームを選んでくれたと思います。

(あ、佐藤義朗アナが、HCショーン・マクベイと同い年だから2年ぐらい前からずっと応援していました)

春日はブラウンズの補強ぶりに驚いたとか。

「オデベ」とはニューヨーク・ジャイアンツから獲得したWRオデル・ベッカム・ジュニアのこと。

そして「しばらく出れないすごいRB」とは、昨シーズン途中で、DVか何かでカンザスシティ・チーフスを解雇され、ブラウンズがシーズン後に獲得したRBカリーム・ハントのこと。

この2人は相当な戦力になると思います。

問題は、ブラウンズの一員として期待通りの活躍を、してくれるかどうかでしょう。

動画で言われているように、ブラウンズとニューオリンズ・セインツを高く評価する声は多かったです。

若林が言っていた食べ物でキャッチボールをするインスタは、おそらくこれでしょう。



でもホプキンスはとってないですよね。

やっぱり箸で捕るというのは難しいと思います。

宮本武蔵のすごさがわかります。

ラムズを応援すると言っていた市來アナですが…

セインツも気になっているとのことで、結局WEEK2のラムズ対セインツを見てから考え直すそうです。

動画でも言っていましたが、このカードはすごいですよ。

昨シーズンのNFCチャンピオンシップの再戦ですし、今年ルールが変わるほどの疑惑の判定があった、因縁のカードですから。


9.ネットで番組を見よう

この番組は、3つのアプリ(またがサイト)で見ることができます。

最初に書きましたが、たぶん全国で見れるようです。

しかし、期限があります。

詳細は番組のFacebookサイトにあります。



「【皆様、ぜひ拡散お願いします!】」とありますが、私もぜひ、拡散してほしいと考えています。

こんなおもしろい番組は、なかなかないですから。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

台風15号の翌日、体に異変が…


9月9日(月)の朝、首都圏は台風15号の影響で交通網が乱れました。




私が使っている路線は、8時20分にようやく動き出しました。

それを確認して家を出ました。

電車の中で、スマホ画面が見れない、というような混雑には、ここ最近ほとんどあったことがないのですが、この日は違いました。

ラグビーに例えれば、乗るときはスクラム、乗ったらモールに巻き込まれているような状態でした。

(でも最後にラグビーをやったのは30年以上前なので、よく覚えてないです)

それでも、意外と疲れを感じることなく出社して、仕事ができました。

しかし…

翌日になって、何となく右脚が、特に膝のあたりが痛い…

会社に向かって歩いているときに、そう感じました。

さらに仕事を始めると、右上半身全体が痛くて、コピペのために文字列を囲む作業ですら痛い...

歳をとると、疲れが翌日に来るとよく言いますが、前日の満員電車での通勤で、右半身を酷使したからでしょう。

右腕と右脚で満員電車に乗って、耐えていましたから。

台風15号の翌日は、それに耐えながらの仕事になりました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ひとりごと    ジャンル : 心と身体
  1. 出来事(社会)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

今夜生放送【のどじまんTHEワールド!~令和 元年~】~9月11日の米国空軍太平洋音楽隊

今夜、令和元年9月11日の19時から、

のどじまんTHEワールド!~令和 元年~」


が日本テレビ系列で生放送されます。

20190910のどじまんTHEワールド!

1.番組についての情報


これまではなかったことだと思いますが、今回はYouTubeの日テレ公式チャンネルから、多くの番宣動画が投稿されました。

こちらのリンク先に17本の動画を並べた再生リストがあります。

「のどじまんTHEワールド!」再生リストへのリンク

出演者の一覧はこちらのホームページにあります。

「のどじまんTHEワールド!/出演者プロフィール」公式サイトへのリンク

動画を見て、これはすごいな、と思った人を一人だけ。



(日テレ公式チャンネル「のどじまんTHEワールド!9月11日(水)よる7時♪生放送(出場者紹介③)」)

最初の「M」を途中まで聴いたところで

「あ、これ外国の人が歌ってるんだった。

全然そんな風に感じなくて、日本の人が歌っているかと思った。」

と言う気持ちを持ちました。

おそらく、コスタリカ代表のイマニ・キャンベルさんでしょう。

素晴らしい。


番組を見ながらツイートする人のために。

公式ツイッターアカウントから、こんな投稿が。


と言うわけで、ハッシュタグ「 #のどじまんTHEワールド 」をつけてツイートすれば楽しめると思います。

また、Facebookもありますので、そこで何か情報が得られるかもしれません。




2.米国空軍太平洋音楽隊が出演

今回はアメリカから米国空軍太平洋音楽隊が出演します。



ちょっと気になったのが、9月11日に生放送で出演すること。

これは9.11を意識したものなのかな、と言うことです。

また、「世界に一つだけの花」について

「みんな同じじゃなくてもいい、と言う歌詞がいい」

と語ってくれましたが…

以前読んだ、オードリー若林さんの「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」に

「ニューヨークの街には、「成功しよう」と言うような看板が多く見られて、複雑な気持ちになった」

と言うようなことが書かれていたように思います。

それと反対のことをインタビューで答えていたことに、ちょっと驚きました。

それにしても…

「世界に一つだけの花」

を歌う人たちが多いですね。

本当に人気があるんでしょう。


ふと気がついたのですが、出演者が登場するときに流れる出演者の国の国家ですが…

アメリカ国歌は第25回スーパーボウルの時のもので、ホイットニー・ヒューストンの声が入っています。

他の国の国歌は音楽だけだったように思います。


3.こんな歌が聴きたい

毎回書いてますが、この番組はバラードを歌う人が多いのが、ちょっと…

もっと元気のいい歌を聴きたいです。

そう言う意味で、今回期待するのはこちら



アメリカ代表のゼロさん

B'zの「兵走る」と「Ultra Soul」を歌っています。

こういう歌が聴きたいです。


私が、19時の放送開始に間に合うか、仕事次第です。

とりあえず録画予約しておこうと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

‪【ホークス】あらためて千賀のノーヒットノーランを振り返る‬


‪福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手がノーヒットノーランを達成した瞬間、私はラグビーの日本代表対南アフリカのテストマッチを見ていました。‬

‪ラグビーを見つつもホークスの試合のことは気になっていましたから。‬


‪と言うツイートを見て、あわてて試合中継をしているTOKYO MXにチャンネルをかえました。‬

‪「その瞬間」‬


‪を見逃したのは残念でしたが、ホークスの勝利、そして千賀投手のノーヒットノーランは嬉しかったです。‬


‪そして、甲斐拓也捕手とのインタビューも、とても清々しいものだったと思います。‬



‪ところで、今朝になってはじめて、この記事を見つけて、読みました。‬


河口正史さんのジムに行ったことを書いた記事を目にしたのは初めてでした。

河口さんは

「春先半分冗談で「2、3試合ノーヒットノーランするんちゃう?」と本人と話したの思い出した」

と、千賀投手の偉業を語っていました。


それにしても感慨深い記事でした。

「この優勝争いの中、勝てたことが全て。」

つい最近、相手は忘れてしまいましたが、ホークスはどこかのチームにノーヒットノーランをやられました。

私は

「どんな負け方でも一敗にしかならないから、別にノーヒットノーランされてもかまわない」

と思いながら見ていました。

しかし、ホークスではナンバーワンの投手が、絶対に落とせない試合で、苦手の千葉ロッテマリーンズ相手にノーヒットノーランを挙げた意義は小さくないと思います。

マリーンズとはCSであたる可能性があります。

ホークスが3位にならない限り、初戦は千賀投手が投げるでしょう。

ここ最近、打ち込まれることが多かった千賀投手ですが

「やらなければならないときは、やる」

と言うイメージを、マリーンズにも、自分自身やチームやファンにも埋め込んだと思いますから。

この記事の最後にありますよう、この試合が、いつか「序章」となることを期待します。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEK0.5】「オードリーのNFL俱楽部」の佐野徹プロデゥーサーへのインタビューのこと~MCさんの応援チームについても考えてみた

2019年シーズンの「オードリーのNFL俱楽部は、市來玲奈アナウンサーがMCに加入、と言うことを先日書きました。

次にこの番組のことを書くのは、WEEK1の放送の感想になるだろう、と思っていたのですが…

同番組の

佐野徹プロデューサー

へのインタビューを、Touchdown Networkさんが公開してくれましたので、そのことなどを書いておきます。




1.佐野プロデューサーへのインタビュー

上掲のFacebookサイトにもありますが、インタビューの全容はこちらのツイートのリンク先にあります。


佐野プロデューサー(以下佐野P)は「オードリーのNFL俱楽部」だけではなく、試合中継など、日本テレビのすべてのNFLに関わる番組を担当しています。

ここでは「オードリーのNFL俱楽部」に関わることを書いておきます。

佐野Pは

「テレビでスポーツを扱うことは、「コアファンにさらにお楽しみいただく」、「新しいファンを獲得していく」という二つの命題が共存しています」

と語ったうえで

「(「オードリーのNFL俱楽部」は)「新しいファンを獲得していく」ことに大きくウェイトを置いて制作しています。」

と説明しています。

2010年(当時は違うプロデューサーでした)にオードリーがMCとなった時は、オードリーのファンの多くはアメリカンフットボールには縁がなかった人が多かったように思います。

そのため、オードリーを通じて初歩的なことを伝えてアメフトファンを増やしていく、と言うのがこの番組の使命だったと思います。

しかし数年もたつと、そうやってアメフトを見るようになった人の目も肥えてきたように感じます。

「若林の熱視線」も高度になって行き、「スーパー」や「エキストラ」と進化してきましたし。

ここまでは私の主観。


番組の内容も深くしなければいけなくなりましたが、まだなお「新しいファンを獲得していく」ことを考えねばいけないとされているようです。

これに役立っているのが春日のコーナー。

若林のコーナーが、「これがわかればアメフトはもっと面白く見れる」と言うものであるのに対し、春日のコーナーは、毎シーズン「アメフトのことは知らないけど、なんかスゲー」と思わせるコーナーだと感じます。

若林が「コアファンの方からもなかなか好評」を得るようなことを語り、春日が「新しいファンを獲得していく」ことを語る。

よくできている番組だと思います。

春日のコーナーはコアファンの人でも知らないことが時々あるようにも感じます。


「内容としては、」

で始まるカ所に

「プレーオフ突入スペシャル公開収録」

とありますが…今シーズンもあるのかなぁ…



(昨シーズンの公開収録後のオフトーク)


「今シーズンもまた新たな企画を登場させる予定です」

と言うのはなんなんでしょう?

これに続く

「先日も深夜まで若林さんと2人で3時間以上にもわたる企画会議!

と言うのもあわせて、とても気になります。

(その時の写真を若林のInstagramにあげてほしい!)


そして

「今シーズンは、インターネット上でも番組全編をご視聴いただけるように致します。」

とは…とても驚きました。

どういう形態かわかりませんが、より多くの人に見ることができるようになるようで、嬉しいです。


「オードリーのNFL俱楽部」に限ったことではないでしょうが、

「多くのファンの方々からメールでの投稿や、長文のお手紙などでご意見を賜り、全て熟読し常に参考にしております。」

とあります。

これを悪い方に解釈すると、佐野Pのような忙しそうな人が、「全て熟読」できるような量にとどまっているんだな、と言えるでしょう。

佐野Pが読めないぐらいの意見や感想が送られるようにんらないと…

でも、そんな量の声が届いても、佐野Pなら全部読んでしまいそうですが…


解説陣の名前の中にありませんでしたが、開幕戦では輿亮さんも開設をされていました。

NHKの中継にはよく登場されていましたが、日テレジータスには初登場だと思います。

より良い放送にしていこうという姿勢が感じられます。


「オードリーのNFL俱楽部」の日テレジータスでの初回放送は、9月12日(木)22:00から

日テレ地上波では時間はきっかりとは決まっていないようですが、初回は9月14日(土)3時14分からのようです。


2.これまで応援されてきたチーム

Wikipediaに「オードリーのNFL倶楽部」と言うサイトがあるのですが、最近内容が詳しくなりました。

こちらです。

このサイトの中に、

「応援チーム」

と言う項目があり、オードリーの2人と歴代の女子アナさんが応援してきたチームのすべてが書かれています。

ここに記載があるチームを地区別にまとめますと…

応援されたことがあるチームがない地区は、一つもありません。

一昨年シーズンまではAFC北地区のチームが応援されたことがなかったのですが、春日が昨シーズンクリーブランド・ブラウンズを応援しました。

地区内の全チームが応援されたことがある地区は、ありません。

NFCもAFCも東地区が惜しい。

前者はワシントン・レッドスキンズが、後者はマイアミ・ドルフィンズが応援されていません。

複数回応援されたのは、ニューヨーク・ジャイアンツ、フィラデルフィア・イーグルス、グリーンベイ・パッカーズ、ニューヨーク・ジェッツ、そしてニューイングランド・ペイトリオッツの2回。

相武紗季さんを入れると、ペイトリオッツが一番多いというコおtになるのでしょうが…

若林が7年連続でヒューストン・テキサンズを応援しています。

テキサンズはNFLで一番若いチームなので、あまり知られてなくても仕方ないはずですが、若林のおかげで日本では有名チームになったと言えるでしょう。

この投稿をInstagramで見る

詳しくは#NFL倶楽部 をご覧ください。

若林正恭さん(@masayasuwakabayashi)がシェアした投稿 -



ちなみに、NPBのオリックス・バファローズのタイラー・エップラーがテキサンズのファンです。

オリックスには数年前にエリック・コーディエと言う投手がいて出身地がグリーンベイでしたので、パッカーズファンでした。


話はそれましたが…

これまでピッツバーグ・スティーラーズやオークランド・レイダーズ、そして前述のドルフィンズが応援されていないのがけっこう不思議です。

これらは1970年代の第一次NFLブームの時に強くて、当時からのファンが日本にも多いですから。

ブリリアンコージは当時からと言うわけではないですが、レイダーズファンですしね。

まあ、日本でなじみがあるチームを紹介するより、まだあまり知られてなくて安定して強いか、上昇傾向にあるチームを応援しつつ紹介するのがベストだと思います。

今シーズンはカンザスシティ・チーフス(昨シーズンの半分は岩田アナに応援されてましたが)、ロサンゼルス・チャージャーズあたりが応援されるといいなと思います。

20190907オードリーのNFL俱楽部


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019年9月8日】「オードリーのオールナイトニッポン」のこと~W杯サポーターの春日、南アフリカ戦を観戦

2019年9月8日の「オードリーのオールナイトニッポン」について、春日のラグビー観戦のことを書いておきます。



春日は昨年、ワールドカップ(W杯)日本大会の、埼玉県熊谷市の「『ラグビーワールドカップ2019』開催都市特別サポーター」に就任しました。

このオファーが着たとき、

「ラグビー?

アメフトじゃなくて?」(春日)

と首をひねったそうです。

その時のことは、昨年書きましたので、よろしければ読んでください。




今年6月にはイベントにも出席しました。


そんな縁で、一昨日行われた、日本対南アフリカのテストマッチに招待されたようです。

私もその試合、テレビで少し見ました。

(その影響で、福岡ソフトバンクホークスの千賀滉大投手のノーヒットノーランの瞬間を見逃してしまいましたが…)

私はこの試合がどこで行われているか、画面を通じては若りませんでしたが、熊谷だったそうです。

熊谷は行ったことないからなぁ…


春日はクミさんと一緒に行ったそうですが、2人ともラグビーのことはよく知らなかったそうです。

なんでも、この試合がラグビー初観戦だったそうです。


招待された席のあたりは、ブレザー姿の関係者でいっぱい。

すみの方に座り

「自分みたいなラグビー芸能人の方がいないかなぁ…

中川家さんとか」


と周りを見回しましたが、誰もいなかったそうです。

ちなみに、ラグビー経験がある芸能人が、こちらにまとめられています。

ラグビーHack「ラグビー経験のある芸能人(ラグビー芸人)・有名人まとめ!」へのリンク

最後にちゃんと「若林正恭」の名がありますが、学校名(日大二中)は書いてありませんでした。


このトークの最中は、一生懸命こんな風に

「目の前の練習を見ててね」

説明する春日に

「何の練習だよ」

と若林が突っ込み、それに春日が

「ラグビーに決まってんじゃないか」

と、オードリーのズレ漫才のボケとツッコミが入れ替わったみたいな展開がありました。

そして最後に、

「お前と漫才やってられないよ」

「お前それ本気で言ってんのか」

「本気で言ってたら、こんなに楽しく漫才やってねぇよ」

「えへへへ」

と言う伝統芸が披露されました。

こんなところでズレ漫才が聴けるとは…

嬉しかったです。

なお、どっちがどのセリフを言ったのかは忘れました。

20190908ラグビー南アフリカとのテストマッチの画像

「ラグビー、わかった?」

と尋ねる若林に

「ノッコンとかあると、場内放送で説明があるから、何で止まっているのとか、よくわかった」

と春日は言っていました。

20世紀の日本ラグビーでは、なかったことだと思います。


「お前ちゃんとジャージ着て行ったのか?

山田ローラさんみたいに」(若林)

と言っていました。

山田ローラさんは、前回のワールドカップに出場し、トライも挙げた元日本代表のWTB山田章仁選手の奥さん。

この投稿をInstagramで見る

Game day 🐺

Laura S (山田ローラ)さん(@laura_elina_ymd)がシェアした投稿 -



アメリカの女性の中では普通のことかもしれませんが、とてもアメフト好きで、昨シーズン「オードリーのNFL俱楽部」に出演してくれましたので、名前が出てきたのでしょう。



「あ、森さんだ」

と「森さん」と言う人を見かけたことを語ってました。

「日テレの森アナウンサー」

のこととか言ってましたが、最終的には、早稲田大学でラグビー経験のある森喜朗元首相のことでした。

ちなみに森元首相は、2007年に川崎で行われた第3回アメリカンフットボールの開会式にも登場しています。

私は一瞬、最近日本ラグビー協会の新会長に就任した森重隆氏のことかと思いました。

森重隆氏は私の母校の高校が輩出した、日本ラグビー史に名前を残す人なので、その名前を思い出したわけです。

ちなみに先月には、両方の森さんのことが書いてある本が出版されたそうです。


母校つながりで言いますと、この試合で負傷退場したWTB福岡堅樹選手も、母校の出身です。

ケガは軽傷のようです。


今回の南アフリカ戦は、南アフリカの圧勝に終わりました。



(日テレラグビーCH公式YouTube動画「【リポビタンDチャレンジカップ2019】日本vs南アフリカ【ハイライト】」)

詳細はこちらの記事にあります。



最後に、若林のことを…

若林は前述したように、中学時代ラグビー部でした。

でも、あまりその頃のことを語ってきませんでした。

しかし、前回のワールドカップで日本中がラグビーで盛り上がった時に、この番組で初めてその頃の思い出を語りました。

その時のことはブログに書きましたので、よろしければどうぞ。


ラグビーワールドカップ2019日本大会は、9月20日開幕。

くしくも若林の誕生日です。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】100年目の2019年シーズンの開幕戦、シカゴ・ベアーズ対グリーンベイ・パッカーズ~無謀なチャレンジと、とらなかったタイムアウトは勝敗を分けたのか?



(NFL公式YouTube動画「Packers vs. Bears Week 1 Highlights | NFL 2019」)

昨日の朝、NFL100年目のシーズンとなる2019年シーズンが開幕しました。


そのグリーンベイ・パッカーズ(GB)@シカゴ・ベアーズ(CHI)の試合について感じたことを書いておきます。


試合は10-7でパッカーズが勝ちました。


上の記事にあるように、両チームともディフェンスが力を発揮したと思います

7月に行われたグリーンベイ・パッカーズ観戦オフ会で、今シーズンの新戦力などの分析がプレゼンされました。

その時、今年はディフェンスが期待できそうだと思いました。

その通りになったわけですが…

こんなことを書くとベアーズファンの方には悪いのですが、相手が一流のオフェンスだったら止められたかどうか…

と感じました。


ベアーズのディフェンスは、昨年につづき強力でした。

パスは166ヤードしか投げさせず、ランは47ヤードに抑えられました。

さすがです。


ところでこの試合では、今シーズンから導入されたパス・インターフェアランスに対するチャレンジが、初めて行われました。

パッカーズの新HCマット・ラフルアーが4Qに行ったものです。


しかし、とても覆るようなものには見えず、判定も変わらず、ベアーズのパス成功になりました。

こういう覆りそうもないチャレンジは時々見られますが、私はオフェンスの勢いをいったん止めるための、タイムアウト代わりのものだと考えています。

ディフェンスもパニックになっている時もありますから、それを落ち着かせるためのものでもあると考えます。

そしてチャレンジ後のベアーズオフェンスがおかしくなりました。

3回連続して反則。

最終的に1stダウン40と言う、なかなか見ない状況からのスタートとなりました。

チャレンジの間に立て直したパッカーズディフェンスの動きが、ベアーズのオフェンスを崩した、と言う見方ができます。

チャレンジは失敗しましたが、試合の流れを変えることには成功したと言えるでしょう。

結局このシリーズ、ベアーズはパントに追い込まれ、その次のパッカーズのシリーズでパッカーズがFGを決め、スコアを10-3と広げました。

私はそんなに試合を見ていないので、そんなに珍しいことではないかもしれませんが、こんなこともあるんだなぁ…

と思いました。


一方で、1Qのパッカーズの3回目攻撃。

トップの動画の1:58あたりから始まる、2Q残り14:43からの攻撃です。

QBアーロン・ロジャースがパスを投げまくってTDを決めたシリーズですが…



(NFL公式YouTube動画「Aaron Rodgers Throws First TD of 2019 Season」)

なぜこのシリーズの最中に、ベアーズはタイムアウトをとらなかったのだろう、とも思いました。

前のシリーズまでほとんどゲインできていなかったパッカーズは、ランを捨て、パスを連投するようになりました。

たった4回のパスでTDを取られてしまったので、その決断をくだす時間がなかったのか…

それとも、まだ浅い時間帯なので、とりあえずパッカーズのパスを観察しておくため、あえて手をださなかったのか…

まさかこれが決勝点になるとも考えられませんでしたし。

(実際この後のパッカーズの攻撃は、再び珍も蒸してしまいましたので、その効果はあったのかもしれません)


考え方はともかく、ベアーズはタイムアウトを取らずにTDを許し、パッカーズは(おそらくタイムアウト代わりの)チャレンジをした後相手のオフェンスを止めたのは事実で、そしてパッカーズが勝ったのは事実です。

真相はどうなんだろうなぁ…

そういう事を考えると、おもしろい試合だったと思います。


20190907GBvsCHIラフレアHCのチャレンジ

なお、チャレンジをコールしたマット・ラフルアHCは、その後もう一回チャレンジ行い、成功させました。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【女子アメフト】LFLの王座決定戦、レジェンズカップに濱口芙由紀選手が出場へ

今シーズン、日本人として初めてレジェンズ・フットボール・リーグ(LFL:旧称「ランジェリー・フットボール・リーグ」の選手になった

濱口 芙由紀(はまぐち ふゆき)選手

が所属するロサンゼルス・テンプテーション(Los Angeles Temptation)が、リーグの王座決定戦、レジェンズカップ(Legends Cup)に出場することになりました。

レジェンズカップは米時間9月7日(土)に行われます。

(これ以降米時間で書きます)

対戦相手はシアトル・ミストです。


レギュラーシーズン

シーズン開幕前に全8チーム中4番目にランキングされたテンプテーション。

4月5日の開幕戦は、1位にランクされたシアトル・ミスト(Seattle Mist)に敗れました。

下のツイートの「紹介記事」の先に、開幕戦のことを書いた現地の日本語メディア「羅府新報」の記事があります。

4月26日のデンバー・ドリーム(Denver Dream:ランク8位)には大勝。

この試合で濱口選手は初TDを決めました。


5月17日のアトランタ・スティーム戦(Atlanta Steam:ランク2位)には1点差で勝ちました。



7月27日の最終戦、オースチン・アコースティック(Austin Acousticランク:3位) 戦に敗戦。



(試合のフル動画)


テンプテーションは2勝2敗でレギュラーシーズンを終えました。

ポストシーズン

テンプテーションはプレイオフ出場チーム4チームの中で、最も悪い成績での出場となりました。

初戦は準決勝(Semifinals)の相手は、レギュラシーズン1位で、最終戦を行ったアコースティックでした。

シーズン開幕前のランキングも、レギュラーシーズンでの成績でも上で、直接対決でも勝っているアコースティックでしたが、テンプテーションはこれに勝ちました。

アップセット(番狂わせ)ですね。

そしてレジェンズカップ出場を決めました。


前述しましたが、レジェンズカップの相手はシアトル・ミスト。

ミストは、シーズン開幕前のランキング(1位)も、レギュラーシーズンでの成績(2位)でもテンプテーションより上。

そしてミストもレギュラーシーズンの直接対決でテンプテーションに勝っています。

条件は前の試合のアコースティックの時と一緒です。

勝てないことはないと思います。

20190905_01フラッグをプレーする濱口芙由紀選手

(フラッグフットボールをプレーする濱口選手)

そう言えば…

濱口選手は昨年も王座決定戦に進出しています。

WFAと言うフル装備のアメフトのリーグで、鈴木弘子選手がオーナーを務めていたロサンゼルス・ウォリアーズで。

この試合には敗れてしまいました。


濱口選手はまだ、フットボールの世界でチャンピオンになったことはないと思います。

今週末の試合でチャンピオンになれるか…

ところで、この動画の最後の笑顔はとても素晴らしいと思います。



勝ってこんな笑顔を見せてもらいたいです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 女子アメリカンフットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】開幕戦からスーパーボウルまでの全267試合の結果をESPNが予想~NFL100年目のシーズンはどうなる?

米ESPNが、明後日(!)から始まる2019年シーズンの、開幕戦からスーパーボウルまでの全267試合の結果を予想し、発表しました。


この予想によりますと…

プレイオフに進むチームは以下の通り。

AFC

AFC東優勝 ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)

AFC北優勝 クリーブランド・ブラウンズ(CLE)

AFC南優勝 ヒューストン・テキサンズ(HOU)

AFC西優勝 ロサンゼルス・チャージャーズ(LAC)

ワイルドカード テネシー・タイタンズ(TEN)

         ピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)

NFC

NFC東優勝 フィラデルフィア・イーグルス(PHI)

NFC北優勝 グリーンベイ・パッカーズ(GB)

NFC南優勝 ニューオリンズ・セインツ(NO)

NFC西優勝 サンフランシスコ・49ナーズ(SF)

ワイルドカード ロサンゼルス・ラムズ(LAR)

         アトランタ・ファルコンズ(ATL)

コメント1.


NE王朝は継続、しかも今シーズンも1stラウンドバイと言う予想ですね。

CLEが遂に初の地区優勝をしますか…

(公式の歴史では、CLEは何度もNFLを制したことがあるのですが、実質的にはつい20年ほど前にできたばかりのチームですからね。

街も盛り上がると思います)

私はBALを買ってるんですが、KCとともにポストシーズンを逃してます。

OAKはまだ再建途上か…

NFC東は、再び混戦の地区に戻りますか。

GBがNFC1位!

ここまでは嬉しいです。

CARがカンファレンス最下位とは以外!

ARIの全体のドラ1QBカイラー・マレーの初年度は苦労しそうですね。

SEAがここまで落ち込むとは思えないんですが。

20190903アーロンロジャースの画像

ポストシーズンの結果は以下の通り

(左側が勝ち)

ワイルドカード

SF-ATL

LAR-PHI

TEN-CLE

HOU-PIT

コメント2.

LARとTENがアップセット。

SFがここまで評価が高いのは意外です。


ディビジョナルプレイオフ

LAR-GB

NO-SF

LAC-TEN

HOU-NE

コメント3.

GBここで地元で敗退か…

そしてついにここで、NEの4年連続スーパーボウル出場の道が閉ざされます。

本当にこうなれば、「オードリーのNFL俱楽部」での若林さんと相武紗季さんの掛け合いが見ものです。


カンファレンスチャンピオンシップ


NO-LAR

LAC-HOU

コメント4.

NOは昨シーズンの雪辱を果たすことになります。

LACは最後の2004年組の大物、フィリップ・リバースがついにスーパーボウルに進出します。


第54回スーパーボウル

NO-LAC

コメント5.


どちらも2回目の出場。

オフェンス1位(NO)と2位(LAC)の対戦は、40-33のハイスコアリングの結果に。

ディフェンスマッチは玄人好みと言われますが、私は今でも得点が多く入る方が楽しいので、しかも1TD差ですから嬉しいです。

NOが2回目のスーパーボウル制覇。

10年ぶりにショーン・ペイトンHCとドリュー・ブリーズのコンビがビンス・ロンバルディ・トロフィーを奪い返します。

LACはまたも涙をのむことになりました。


わがGBの気になる試合

Week10の試合は、日本からグリーンベイ・パッカーズ観戦会の有志のメンバーが渡米し、現地GBのランボーフィールドで観戦します。

(たしかアメリカ在住のメンバーとも合流する予定だったと思います)

ですから、この試合だけは勝ってほしい。

予想は…

GB 27, CAR 20

よし。

私は行けませんが、みなさん楽しんできてください。

それにしても…

NFCシードトップでディビジョナルプレイオフで敗戦か…

2011年シーズンを思い出します。


さあ、2020年シーズンだ!



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

ブリリアンコージさんの「【応援団長コラム】アメフトシーズン始まりました! 目標は「日本一?」でなく「日本一!」でないと」の感想~リーダーが配るものは何か?

今回のコラムは、変に話しを広げたくない、と思いました。

「今回のコラム、表現がおもしろくて、大事なことを教えてくれて、良かったですよね。

はい、終わり」


で終わる方が良いのかもしれませんが…

でも、このコラムを読んで感想を書くのが月一の楽しみですので、あえて、ちょっとだけ広げさせてもらいます。


今回書かれていたのは、アメリカンフットボールだけではなく、いろんな組織にも言える、リーダーの大事な仕事だと思います。

私は

「リーダーとは「希望を配る人」のことだ」

と言う言葉が好きです。

ナポレオン・ボナパルトの言葉です。

まさにその通り、と思いますので。

今回のコラムは、同じようなことを言っているように思いました。

「?」は疑問であり不安です。

自分たちにできるんだろうか、と言う気持ちです。

「!」は確信がある希望。

今回のコラムで思い出した言葉なので、これだけは書かせてもらいました。


上のツイートの返信にありましたが

「文章は柔らか」

って、たしかにそうだなぁ、と思います。

並大抵ではない努力をしているはずですから、熱い文章になり、読んでる側が引いてしまうようなものになりがちだと思うんですが…

ちゃんと読んでもらえるように書かれているな、と思いました。


野球の次はアメフト、と言うことは、甲子園ボウルの公式アカウントもツイートしていました。


甲子園ボウルって、出るだけでも大変だと思います。

そこに主将としても1回、計3回出た徳田コージ選手はすごいと思います。


そして最後の言葉

「さぁ! 今年は絶対にすべての試合を観に行くぞ?」

これは、母校法政大学オレンジの試合、全部を見に行くと言うことでしょうか。

法政大学はすでに一昨日開幕戦を終えています。


コージさん、これ、行けたんでしょうか?

それにしても、今シーズン、中央大学ラクーンズも強い、と聞いていましたが、その通りだな、と思いました。

法政大学のスケジュールはこちら。


詳細なスケジュールは下のリンク先にあります。

https://hoseiorange.jp/ja/

この中で、違う意味でおもしろいのは、9月29日の13:30キックオフの東京大学ウォリアーズ戦

武蔵小杉にある法政大学川崎総合グラウンドで行われます。

関東の大学のアメフトの試合は、だいたい調布のアミノバイタルフィールドで行われるのですが、今年はラグビーワールドカップの影響を受け、大学のフィールドでも行われます。

このグラウンドは、こんな感じです。

20190902法政大学の青いグラウンドの画像

一度行った時に撮った写真なんですが、本当に真っ青なんですよ。

アメリカにはこういうグラウンドはいくつかあるようですが、なんで青なのかはわかりません。

今度はインスタに載せることを意識して写真を撮りに行きたいので、この試合は行ってみようと考えています。

家から歩いて35分ぐらいですし。

ちなみにこの試合は入場無料です。


「ちょっとだけ書かせてもらう」

と言いつつ、長々と書いてしまいました (;^_^A


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEK0】「オードリーのNFL俱楽部」今年は市來玲奈アナが担当~相武紗季さんもWEEK1から出演

日テレジータスの「オードリーのNFL倶楽部」のサイトが更新されていました。

「オードリーのNFL倶楽部 | NFL | CS放送 日テレジータス」へのリンク

これによると、今シーズン番組を担当するのは

市來玲奈アナ

のようです。

市來アナは入社2年目で、昨シーズンこの番組を担当した岩田絵里奈アナと同期。

現在は「行列のできる法律相談所」などに出演しています。

市來アナは元乃木坂46のメンバーなのでこの時期の頃のことは、本格的な乃木坂のファンの方の方が詳しいと思います。



今年テレビ朝日に入社した斎藤ちはるアナと同じ一期生のようです。


実はそれほど多くない新人アナの起用

この番組は新人アナウンサーの登竜門のようにとらえられている向きもありますが…

今シーズンで10シーズン目となる「オードリーのNFL俱楽部」で新人アナウンサーが起用されたのは、10人中下記の5人です、

水卜麻美アナ

後藤晴菜アナ

尾崎里紗アナ

滝菜月アナ

岩田絵里奈アナ



早稲田、再び慶應義塾に追いつく

市來アナは早稲田大学文学部の出身。

これで早稲田大学出身のアナが3人(他は松尾英里子アナ、滝菜月アナ)となり、慶應義塾大学の3人(水卜アナ、徳島えりかアナ、岩田絵里奈アナ)に並びました。

早稲田大学出身の女性、最近はワセジョと言うらしいですが、私が知っているワセジョは、たいてい変わってます。

実際の私の周りの女性も変わった人が多かったですし、松尾アナは普通でしたが、滝アナぐらいの変わった人はゴロゴロいました。

そもそも市來アナのキャラクターを知らないのですが、オードリーの二人に鍛えられて、ワセジョぶりを発揮してほしいです。


相武紗季さんも4年目のシーズン

今シーズンもWEEK1から相武紗季さんが出演してくれます。

相武さんは2015~2016、産休をはさんで2018から復帰してくれました。

私は相武さんのNFLファンっぷりが大好きです。

「ブレイディさま~」

と言ってはいますが、オフトークとか見ていると、実はどこのチームもまんべんなく好きなようですので

あまり自信はないですが、私は今シーズンのブレイディは、特別にいいか、衰えるかのどちらかだと考えています。

それでも今年もぶれずにブレイディさまを応援してほしいです。


今年も意外なゲストを

昨シーズンは、山田ローラさんmiwaさんなど、意外なアメフト好きのゲストを出演させてくれました。

山田ローラさんのアメフト好きは尋常じゃないようなので(アメリカでは普通かもしれません)ぜひまた出演してほしいです。

miwaさんは結婚して、冬頃出産とのことなので、今シーズンは難しいかもしれません。

今シーズンは若林の観戦友達のブリリアンコージさんとか、また目新しい人を出してほしいなと期待しています。

菅田将暉さん(高校時代QB)とか出てくれたら最高です。


XFLのこともお願いします。


来春からXFLと言う新リーグがアメリカで発足します。

そのドラフトが10月に行われるようです。

今年の春から夏にかけ、たしか6人の日本人がXFLのショーケース(トライアウトのようなもの)や、XFLにアピールするためのTSLに参加し、XFL入りを狙っているようです。



(IBMのK佐藤敏基選手)



(エレコム神戸のK山﨑丈路選手)




(オービックのRB李卓選手)

XFLはNFLへ選手を供給するためのマイナーリーグの要素が濃いようです。

日本人選手も、そこをステップにNFL入りを目指しています。

このリーグのことも取り上げてくれたら、と願います。


10年目を迎える2019年シーズンの「オードリーのNFL俱楽部」の初回放送は日テレジータスで9月12日(木)の22時から。

地上波やBSのことはまだわかりませんが、いずれ発表されるでしょう。

とても楽しみです。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019年9月1日】「オードリーのオールナイトニッポン」のこと~杉並区阿佐谷むつみ荘から最後のお送り

2019年9月1日朝の「オードリーのオールナイトニッポン」は、春日がつい最近まで、20年にわたって住んでいた、東京都杉並区阿佐谷南

むつみ荘201号室

から放送されました。


おそらくこのことは事前に告知されていなかったと思います。

番組の中で、若林がこんなことを一生懸命訴えていましたから。


番組は、いつもの

「ニチレイ、プレゼンツ

オードリーのオールナイトニッポン

と言うコールから始まったのですが、なぜか小声

「俺たちはせんべい布団の上から放送している」

「このスタジオを使うのも、今回が最後」

とか言っていたのを

「なんかあったのかなぁ…最近聴いてなかったから、事情が分かんないや」

と思って聴いていました。

やがて、どう考えてもむつみ荘からだろう。

そう考えるとつじつまがあう。

とわかりました。

そして、番組が始まってから15分ぐらい(あくまでも私の感覚です)で、むつみ荘から放送していることが告知されました。

春日が20年前に越して来た時のこと…

15年ほど前、若林が彼女と二人きりになりたいものの、新宿のラブホが全然空いておらず、春日に3時間だけこの部屋をかしてもらったこと…

「小声トーク」をやった時のこと

(「小声トーク」と言うネーミングは、我ながらいいセンスしてるよな、と若林は自画自賛していました。

私もそう思います)

書籍「小声トーク」発売記念のイベントに、実際に売れてない頃の「小声トーク」に来た人がいたこと…

などなどが語られました。

この2010年10月16日に行われたイベントは私も言ってきて、このブログに書きました。

興味のある方はどうぞ

「オードリー 「小声トーク」 イベント レポート」へのリンク


私が聴いたのは、オープニングトークが終わるまでのこと。

番組についてはネットニュースになっていました。


若林は、この放送のことをインスタにあげていました。

一気に9枚もあげています。



また、こんなツイートがありました。


そうですね…


ところで

これで完全に阿佐谷と縁が切れたな…

と、以前春日引越のニュースを最近聴いて思いました。

1988年3月末、入社を数日後に控えた私は、阿佐谷北にある会社の寮に引っ越しました。

大学時代、東京都文京区に住んでいた私には、阿佐谷は全然縁がない街でした。

そして寮にいられる期限が迫った、1991年1月に阿佐谷南にアパートを借りて引っ越しました。

結婚する1995年10月まで、私はそこに住みました。

ここでいったん、阿佐谷と縁が切れました・・・


私はむつみ荘に2回行きました。

2010年9月25日、若林が初の単独ライブを阿佐谷で開催した時か…

そのころ、昔一緒にやっていたバンドの方々の、阿佐谷でのライブを見に行った時のどちらかの前に、初めてむつみ荘に行きました。

20190901むつみ荘

階段を上がってみると…お土産がいくつかおかれていました。

そして、自分が学生時代に住んでいた風呂なしトイレ付のアパートに作りが似ているな、と感じました。

2回目にむつみ荘に行ったのは、そのバンドが、別の日にやったライブの前。

その時は生春日がむつみ荘を出るのをみかけました。

しかし、昨年でバンドが使っていたライブハウスが移転することになったので、私と阿佐谷を結ぶものは、むつみ荘だけになりました。

そして春日が引っ越してしまい…

とうとう阿佐谷と縁がなくなってしまいました。

でも、自分が結婚してからオードリーのファンになった2008年までの13年間、一時期は阿佐谷と縁が切れていたこともありますし、もしかしたらまた縁ができるかも知りません。

現実世界ではまったく面識がない知り合いの方が、まだ一人住んでいますし。

友人夫婦が南阿佐ヶ谷駅のちょっと南に住んでいますし。

ここまで阿佐谷にこだわるのは、一度住んでいて、とても住みやすい街だったからです。

なんでもそろっていましたしね。


今回の放送で、いったん阿佐谷との縁が切れてしまったことを痛感させられました。

でも、最後のむつみ荘からの放送が聴けてよかったです。



(YouTube「Creepy Nuts / よふかしのうた【MV】」)

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

ナイトライダー NFL 歴史 オードリーのNFL倶楽部 流行語大賞 アメリカンフットボール みらいふ福岡SUNS ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 ラグビー #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL ドラフト 春日の呪い NFLの歴史 オードリーのNFL俱楽部 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! オードリー LFL 濱口芙由紀 むつみ荘 オードリーのオールナイトニッポン 竹内まりや グリーンベイ・パッカーズ 終戦記念日 太平洋戦争 ロサンゼルスの戦い ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 福岡ソフトバンクホークス 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ スーパーボウル オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 鈴木弘子 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 戦争 終戦の日 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ピザポテト 福岡SUNS Amazon DAZN Twitter Hulu パワーランキング グレード お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力自由化 電力小売り全面自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 極貧球団 クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ JINS 眼精疲労 ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース 応援 ファン ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス IoT モノのインターネット リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 赤星 阪神 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ 真珠湾攻撃 12月8日 twitter、松田 GIRL BAND POISON HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ほめられサロン おれさまファンクラブ ホメラー 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ パッカーズ 城島 グリーンベイ ロジャース メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 三浦春馬 サムライハイスクール  歴史ブーム タイムスリップ ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 立花香織 南海ホークス 野村 景浦安武 アメフト 六三四の剣 世界剣道選手権 リオデジャネイロ 五輪 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Earth, 九月 Fire Wind twitter Tumblr 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 砦に拠る 室原知幸 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -