FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【アメフト】李卓選手のインスタがすごいことになっていた!~「 #アメフトが好きだ 」というハッシュタグのこと

今朝オービック・シーガルズのRB季卓選手のインスタグラムを見ました。

3日前に投稿された、一番新しいものはこれでした。



「変わった写真だな・・・」と思っただけでした。

そのあと次の写真を見て、「これも変わった写真だなあ…」としか思いませんでした。

全体に戻って、「変わった写真が並んでるなあ」と思った直後に、

「あ、これは9枚で幸卓選手全体を表しているのか」


と気づきました。

20191031李卓選手のパズルのようなインスタ

(李卓選手のインスタ https://www.instagram.com/takulee29/?hl=ja より)

これはすごい!!

こんなのは初めて見ました。

後でわかったことですが、ノジマ相模原ライズ公式など他のアカウントもずっと前にやっているのを教えてもらいました。

でも私にとってはこれは初めてのものでしたので・・・と感動しました。

そして、一つ一つの投稿に、学生時代から今に至るまでのアメフトの写真がついていて…

#アメフトが好きだ

と言うハッシュタグがありました。

アメフト愛が伝わってくる写真です。

それにしても、新しいのを投稿したら構図が変わってくるから、しばらく新しいのを投稿しにくいんじゃないかなと思ったのですが…

3回ずつ投稿すれば構図は崩れなくて済みますね。


ところで前述の

#アメフトが好きだ

と言うハッシュタグ、最近ファンを含むアメフト関係者の中ではやっています。

2013年10月23日、Xリーグの公式アカウントが、ブリリアンコージさんの写真を載せて「 #アメフトが好きだ 」をつけたツイートをしてから、はやり始めたようです。

そこで、togetterにまとめてみました。


おもしろいのは、Twitterの文字制限ではアメフト愛が書ききれず、長く熱く書いたもののスクリーンショットを載せたものが多いこと。

「本当にアメフトが好きな人が多いんだな」

とうれしくなりました。

そう言えば、自分は投稿していなかったな、と思い、さっき急いで投稿しました。


「アメフトが好きだ」と共感できる方は、ぜひて「 #アメフトが好きだ 」と言うハッシュタグをつけてSNSに投稿してみてください。

熱い思いを、日本、いや世界中に広めましょう!

Xリーグのこのツイートのように

!

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
スポンサーサイト



テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. 出来事(社会)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】1990年のサンフランシスコ・49ナーズ〜最後に開幕10連勝したシーズンのこと

今シーズンのサンフランシスコ49ナーズが絶好調で、開幕からWEEK8まで、バイウィークをはさんで7戦全勝。

先週あたりから、「29年ぶりの開幕6連勝」と言われ始め、今週も「29年ぶりの開幕7連勝」と言われています。


29年前と言うと、1990年。


この時の49ナーズがどうだったのか…

私はアメフトにハマって2年目で、思い出してみると、けっこう劇的だったので書いておきます。

なお、このシーズンからプレイオフに進出できるチームが、14チームから16チームとなり、シーズン中にバイウィークが設けられるようになりました。

1..レギュラーシーズンの49ナーズ

1989年シーズンをスーパーボウル連覇で終えたサンフランシスコ・49ナーズは

「スリーピート(3連覇)」

を合言葉に勝ち進んで行きました。

NFL3連覇はグリーンベイ・パッカーズが2度達成していましたが、スーパーボウルがNFLチャンピオンを決める試合になってからは達成したチームはありませんでした。

このシーズンの49ナーズは、オフェンスはパス偏重でした。

エースRBロジャー・クレイグが不調か負傷かでランが出ず、QBジョー・モンタナのパスで得点を重ねざるを得ませんでした。

対戦チームもその傾向は読んでいたため、モンタナのパスの成績は落ち、最終的なレイティングは80台でした(ただしこのころは、80台はそれほど悪い成績とは見られてなかったと思います)。

それでもチームは開幕から10連勝。

11試合目でロサンゼルス・ラムズに敗れたものの、レギュラーシーズンをカンファレンストップの14勝2敗で終えました。

残りの1敗はニューオリンズ・セインツ戦で、たしかモンタナは休んでいました。

レギュラーシーズンの成績から、「スリービート」はいけるんじゃないか、と思われました。


2.ポストシーズン


スーパーボウル出場をかけたカンファレンスチャンピオンシップでは、ニューヨーク・ジャイアンツと対戦することになりました。

ジャイアンツはエースOBフィル・シムズを、レギュラーシーズンのバッファロー・ビルズ戦でシーズンエンドの負傷で失っていました。

先発QBはプロ6年目とはいえ、先発出場経験が5試合もない、ジェフ・ホステトラーでした。

49ナーズは優位に思えました。

ジャイアンツはラン攻撃を前面に出して勝ってきたチームでした。

パワフルなベテランRBオーティス・アンダーソンに、若手でカットパックがうまいデイブ・メゲット

そしてホステトラーにも脚がありました。

49ナーズとは好対照のチームでした。

49ナーズが13-9とリードして迎えた4Qに試合は大いに荒れ、動きました。

ホステトラーはジム・バートに、ひざが逆に曲がったように見えたほどの激しいタックルを受け、マット・カバナウと交代しました。

しかし見た目からはそう思えないほど、ホステトラーは頑丈で、しばらくするとフィールドに戻ってきました。

しかし、レオナード・マーシャルに背後からサックされたモンタナは、退場したまま最後までフィールドに戻ることができませんでした。

20191029サックされたジョーモンタナ


「NFL最高の控えQB」と言われていたスティーブ・ヤングと交代しました。

ジャイアンツが見せた勝利への執念は、ホステトラーのフィールド復帰だけではなく、パントフォーメーションからのゲアリー・リーズンスのラン。

そしてクレイグへのファンブルフォース。

激しい試合になりました。

そして試合残り4秒でジャイアンツのKマット・バーがFGを決め、ジャイアンツが15-13で勝ち、スーパーボウル行きを決めました。

開幕10連勝を飾り、スリーピートは確実ではないか、と言われた49ナーズのシーズンは、ここで終わりました。




(1990年シーズンのNFCチャンピオンシップのダイジェスト)


3.ポストシーズンの後

この年はカンファレンスチャンピオンシップとスーパーボウルとの間にバイウィークはなく、翌週、歴史に残る劇的な第25回スーパーボウル、そしてプロボウルが行われ、NFLの1990年シーズンが終わりました。

この頃は、と言いますかつい最近まで、プロボウルはスーパーボウルの後にハワイのアロハボウルで行われていました。

スーパーボウルに出た選手も出場していました。

サンフランシスコ・49ナーズは大きく変わることになりました。

当時はまだFA制度はなく、プランBと呼ばれる、他チームの選手を獲得するシステムがありました。

プランBのプロテクトリストに入ってなかったRBロジャー・クレイグと、ディフェンスの柱Sロニー・ロットはロサンゼルス・レイダーズが獲得しました。

シーズン中に活躍できず、カンファレンスチャンピオンシップで痛恨のファンブルを犯したクレイグがプロテクトされなかったのは、懲罰人事ではないか、と言われていた記憶があります。

オフェンスは、ジョー・モンタナと違って足が速く、左投のスティーブ・ヤングのためのものにプランが再構築されました。

そして1991年シーズンの頭からはヤングが先発することになりました。

モンタナはほぼ2年間、49ナーズのサイドラインにいました。

弱小サンフランシスコ・49ナーズを「80年代のチーム」に導き、今でも「史上最高のQB」の1人と言われる、ジョー・モンタナの居場所は、サンフランシスコ・49ナーズにはなくなってしまいました。

1992年のレギュラーシーズンゲームの最後の試合に出場。

まだ一流のプレイができることを他チームに見せつけ、カンザスシティ・チーフスがトレードで獲得しました。

「ナイジェリアの悪夢」クリスチャン・オコイエら重量RBでラン攻撃を展開して勝ってきたチーフスは、93年シーズンからモンタナのパスを生かすチームとなりました。

この年チーフスはカンファレンス・チャンピオンシップにまで進出、翌シーズンのプレイオフで敗退して、年が明けた春、ジョー・モンタナは引退を発表しました。

日本で発行されている英字新聞、

「The Japan Times」

の見出しには、子供のファンが、シューレス・ジョー・ジャクソンに言ったと言われている言葉

「Say it ain't so Joe!!」

(「嘘だと言ってよ、ジョー!」)

の見出しが載りました。

その間、49ナーズとヤングは苦しみました。

スーパーボウルに出ることができず、やはりヤングではダメだ、モンタナを出せと言う声が高まりました。

1994年シーズンに

「90年代のチーム」

と言っても良いほど強かったダラス・カウボーイズをやぶって、久しぶりにスーパーボウルに出場。

そこで初出場のサンディエゴ・チャージャーズを大差で下して、ヤングはMVPを獲得しました。


このブログ記事には、教訓も、もちろん予言もありません。

ただ、そういえば1990年ってどんなシーズンだったっけ、と考え、そういえば特筆すべきシーズンだつた、と思ったので書いたまでです。

バッファロー・ビルズにとっても歴史的なシーズンだったのですが、それはいずれまた。

2019年シーズン、49ナーズはどこまで行けるでしょうか。

最後に…

1990年、日本では第2次アメフトブームのピークを迎えようとしていました。

49ナーズのカンファレンスチャンピオンシップは現地から放送されました。

そしてカンファレンスチャンピオンシップかスーパーボウルだったか忘れましたが、スポーツ新聞の一面を

「ジャイアンツ、空中戦(キックのこと)を制す」

と言う文字が踊っていました。

第3次アメフトブームの到来が待たれます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019年シーズンWEEK7】「オードリーのNFL倶楽部」のこと~超アメフトファン、モデルの山田ローラさん出演

2019年10月26日に放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

見逃した方は、こちらからどうぞ


今回はラグビー元日本代表の山田章仁選手の奥さんで、アメフトが大好きなモデル、

山田ローラさん


が出演しました。




このツイートのハッシュタグには「 #仕事 」とありますが、世の中にこんな楽しい仕事はないぐらいはしゃいでいました。

うらやましいです。

私の解釈では、これまでこの番組に出演したアメフト界に関わっていない有名人の中で、山田ローラさんが最もアメフトに詳しいです。

ですから、再び出演してくれて嬉しいです。

昨シーズン出演した時にはグリーンベイ・パッカーズのQBアーロン・ロジャーズのジャージを着ての出演でしたが、

「サンフランシスコ・49ナーズのジミーちゃん(QBジミー・ガロポロ)がイケメンだし、同じ大学(アイオワ大学)出身のTEジョージ・キトルが活躍しているので」

と言うことと。

大好きだったパッカーズのLBクレイ・マシューズが移籍(ロサンゼルス・ラムズへ)したので、「パッカーズには未練なく」、49ナーズを応援しているそうです。

でも、昨シーズン出演の後、どこかで見かけたのですが、本当はパッカーズを特に好きなわけではなく、特に応援しているチームはない、とのことでした。

山田ローラさんのツイートを見ると、こんなツイートをリツイートしているぐらいですから、少なくともキトルを応援しているのは本当なんでしょう。


そんなわけで、今回は赤い49ナーズの10番、ガロポロのジャージを着ての出演。

赤緑色弱の私としては

「あれ、緑のジャージのはずだけど、赤く見えるなぁ…」

と最初不思議に思いました。

(ウソです。

いくら私でも、パッカーズと49ナーズのジャージの区別ぐらいつきます。

たまにフィラデルフィア・イーグルスのジャージが赤く見えることはありますが)

おそらく面識がないとはいえ、同じ学校の選手が活躍するのは嬉しいものだと思います。

私も、同じ高校出身の福岡賢樹選手がラグビーワールドカップで活躍したのがとても嬉しかったですから。


1.ラグビーよりはアメフト

日本は空前のラグビーブームで、そこに元ラグビー日本代表の奥さんを呼んだのですから、若林がラグビーのことを山田さんに尋ねるところから番組が始まったのは当然だと思います。

(山田章仁選手も含め、家族全員山田ローラさんの母校のIowa Hawkeyesの服を着てます)

「ラグビーもいいですけど、やっぱりアメフトかな」

と、アメフト愛を語っていました。

ここでMC陣大爆笑

「そうですよね、小さいころから見てたから」

と若林がフォローしていました。



3.日本人選手XFLドラフトで指名されず

オープニングのフリップでは、まず先週、XFLのドラフト指名候補に、日本人がノミネートされた件の続報がありました。

ノミネートされたのは李卓選手(オービック・シーガルズRB)と町野友哉選手(京都大学ギャングスターズOT)の2人ですが、結局指名はされませんでした。

このことは、先週の放送について書いた回で書きました。

ノミネートされた2人は、それでも前を向いています。

今回の放送では、町野選手が先週末にドイツ・ケルンで行われたNFLインターナショナル・コンバインの模様を見ることができました。

町野選手に関するニュースへのリンクを含むツイートを貼っておきます。


どこか他のところでも、今回参加した感想を読んだのですが…

どれだったか忘れてしまいました。


3.鈴木弘子選手、アメリカで殿堂入り


フリップには

「米女子の殿堂に日本人フットボーラー」


と言うのがありました。

内容は語られませんでしたが、鈴木弘子選手がアメリカの女子アメリカンフットボールの名誉の殿堂入りすることが発表されたことです。

昨年、若林がMCを務める「激レアさんを連れてきた!」に出演した、「ヒロコさん」のことです。





これはものすごい快挙だと思います。

野球でいえば、イチロー選手が米MLBの名誉の殿堂入りするようなものですが…

野球とアメフトでは、日米間の力の差が大きく、日本からNFL選手が誕生していないぐらいです。

そんな異次元の世界で殿堂入りするのですから、鈴木弘子選手はすごいと思います。

いや、すごいんです。


なお、ブログにもありますが、鈴木弘子選手は今シーズンでの引退を決めており、殿堂入り式典の翌日、12月7日のオールスター戦が、最後の試合になるそうです。

私と生年月日が4日違いの55歳。

おつかれさまでした。


4.マホームズ負傷

カンザスシティ・チーフス対デンバー・ブロンコスのハイライトが流されました。



チーフスのQBパトリック・マホームズがケガで退場したものの、ディフェンスが8サックとねばり、チーフスが勝ちました。

マホームズは3週間ほど欠場するのではないかと見られています。

なお、ナレーションは山本紘之アナ

私の記憶だと、2年ぶりのナレーションとなります。

以前と変わらず、住んでいたことがあるアリゾナ・カージナルスを応援しているそうです。

5.「若林の熱視線Hyper」

今回のプレーはこれ。


2Q7:17あたりからの、ブロンコスの攻撃を、チーフスディフェンスがファンブルリカバータッチダウンしたものです。

QBジョー・フラッコがサックされ、ファンブルしたものをそのままリターンしたものでした。

解説前に感想を尋ねられた山田さんは

「ディフェンスが一枚上手、と言うか、オフェンスラインが、ちょっと何やってるのかな?と言うプレイ」

と答えていました。

「そう、そうなんですよ」

と若林。

先に今週の一言を書かせてもらいます。

「パスプロと飲み会は、目の前に人がいなかったら席を移動しよう!!」

と言うものでした。

何を言っているかと言いますと、上の動画のリプレイを見ると、ブロンコスの右側のOL2人の前からディフェンスの選手がいなくなっています。

その代わり左中央から強烈なラッシュが。

この「目の前に人がいなくなった」OL2人が左側にパスプロに動くべきだったのでしょう。

非常に深いプレーで、わかりやすい解説だったと思います。

勉強になりました。


6.同期のアナとはバッチバチ




ダラス・カウボーイズとフィラデルフィア・イーグルスの同地区ライバル対戦のハイライトがありました。

この地区はここ2年はイーグルスが頭一つ抜けた感があり、カウボーイズはここまで3連敗。

イーグルスが有利かと思いましたが、ふたを開けてみれば、カウボーイズの圧勝でした。

「(イーグルスのQB)ウェンツは同期入団のダック・プレスコットに対して、ライバル心とか。自分は一つ下のリーグの出身だから負けられない、と言う気持ちとかあったんじゃないでしょうか」(山田ローラさん)

とのことでした。

「市來ちゃんは同期にライバル心とかあるの」(若林)


と尋ねられると

「はい。

表ではなんでもない顔をしていますが、心の中ではバッチバチです。」(市來アナ)


と返していました。

同期って男性もいたと思うんですが、メインターゲットは岩田アナのことかな?

この地区は現状の成績に関わらず、接戦になったり、アップセットがあったりで、予想がつきません。



7.フェアキャッチキック、と言うプレイ


先週書き忘れたのですが、WEEK6のカロライナ・パンサーズ対タンパベイ・バッカニアーズの試合で

「フェアキャッチキック(fair catch kick)」

と言う珍しいプレイがありました。

これは、パントやキックオフをフェアキャッチすると、その地点からキックを蹴る権利が得られるものです。

そこからFGのように蹴ってゴールバーの間をボールを通過させると、3点が入ります。

このルールはアメフトファンの間でもけっこう知られていないようです。

こちらがその時の動画です。


71ヤードのキックで、距離は十分だったようですが、それてしまいました。

71ヤードなんてそもそも滅茶苦茶じゃないか、と思うかもしれませんが、動画を見てわかるように、このフェアキャッチキックの場合、ボールをスナップしてから蹴るのではなく、キックオフのように最初からボールは設置されていて、ホルダーが蹴りやすいように支えています。

また、相手選手もラッシュをかけることができません。

ですので、比較的長い距離が狙えるのです。

こちらに細かい解説が書いてあります。


フェアキャッチキックは、最初からTDの7~8点をあきらめるプレイですので、今回の2Q残り1秒のように、TDは時間的に難しい場合で、長くても70ヤード台ではないと成功は難しいです。

70ヤード台と言うことは自陣31ヤード~40ヤード地点でフェアキャッチすることになります。

その地点でリターンをあきらめるのももったいない話しです。

ですから、なかなかトライすることがなく、Wikipediaの「air catch kick」(こちら)を見ても、記録に残っているのはこれまで25回のトライで6回しか成功していません。

最も最近成功したのは1976年で45ヤードでした。

とにかく、フェアキャッチキックができる状況は、かなり限られているのですので、目にすることは少なく、ルールもあまり知られてないようです。


実は第51回スーパーボウルで、

「これはフェアキャッチキックをやるかもしれない」

と思ったシチュエーションがありました。

同点で迎えた4Qの残り3秒で、ニューイングランド・ペイトリオッツのWRエデルマンが、パントを自陣35ヤードでフェアキャッチしました。

エンドゾーンの10ヤードを加えて考えると、75ヤードのキックになります。

残り3秒なら、イチかバチかやってみる価値はあるのでは、と思ったのですが…

それを外してリターンタッチダウン、とかなったら最悪なので、避けたのかもしれません。


8.TカスガのEnglishタッチダウン

今回の言葉は、ダラス・カウボーイズのDEデマーカス・ローレンス(DeMarcus Lawrence)が言った、

「What do you think they're doing now ? Tell them to shut up.」

(奴らは今どんな気持ちなんだろうな?奴らに大人しくしてろと言っとけ)

でした。

これは、カウボーイズと対戦したイーグルスのHCフランク・ライクが、試合前に出演したラジオ番組で

「今度の対戦で勝って、首位に立つのはイーグルスだ!」

と言う言葉に、試合後に言い返したものだそうです。

関連記事はこちら。


この中にでは

「(I told) them to shut up,'' he said. "So what do you think they’re doing now?」

と言う形で紹介されていますが、「名言」と言うものは後世にはいろんな表現で残りますので、番組が間違っているとは言えないです。

この記事の最初の方に"guarantee'' とありますが、"guarantee'' を言えば第3回スーパーボウルのジョー・ネイマスによる

"The guarantee''

です。

(そう言えばここ2年、番組に出てくれてないので寂しいです)

いろんな表現で記憶されており、Wikipediaでは

「We're going to win the game. I guarantee it. 」

とありますが、私が見た動画「Super Sunday - A history of Super bowl」では

「On next sunday , Jets gonna win. I guarantee you.」

と言っていたと思います。

今回は市來アナの前に山田ローラさんが、これぞ英語、と言う読み方を披露してくれて

「初めてまともな英語聞いたわぁ~」

と若林を感激させていました。

そしてお約束の市來アナの棒読み。

いつもながらおもしろいものでした。


9.ペイトリオッツファンは多いのか?



オフトーク動画で、

「ペイトリオッツには早く負けてほしい」(山田ローラさん)

「ダメですよ、ペイトリオッツファンは多いんだから」(若林)

私の感触では、たしかにペイトリオッツファンは多いです。

でも、他チームと比べてダントツ、と言うほどではないように感じます。

そして何より、腰が低い投稿が目立ち、

「すみません、うちばっかり勝っちゃって」

と言う感じのが多いように感じます。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】史上初!今週末福岡で、X1リーグの試合が開催〜地元の応援でみらいふ福岡SUNSに「UPSET」を


今週末の10月27日(日)14時に、福岡市の舞鶴公園平和台陸上競技場で、みらいふ福岡SUNSとアサヒ飲料チャレンジャーズのアメフトの試合が行われます。

福岡でX1リーグの試合が行われるのは、史上初めてのことです。

X1リーグはX1スーパーとX1エリアの2つのリーグで構成されており、X1スーパーで優勝したチームが社会人チャンピオンとなります。

みらいふ福岡SUNSが所属するX1エリアは実質的には2部となります。


一昨年創設されたみらいふ福岡SUNS(当時は、オーパーツ福岡SUNS)は、その年X3リーグで全勝優勝してX2昇格。

昨年はX2リーグで全勝優勝してX1エリア昇格を果たしました。

Xリーグ史上ゼロから創設されたチームが、X3からX1に昇格したのは、みらいふ福岡SUNSが初めてです。

みらいふ福岡SUNSは、今シーズン

「UPSET(アップセット)」

をスローガンにして

X1スーパー昇格

を目指しています。

この投稿をInstagramで見る

【2019年ロスター公開】 初戦まで1カ月となりました。 遅くなりましたが、最新のロスターを公開いたします。 今年度は1部挑戦の年となり、多くの新メンバーを迎えることが出来ました。 入部してくれた選手やその家族にも感謝し、「X1Super昇格」という目標に向かって謙虚に全力で突き進んで参ります。 今年度も熱い応援、ご支援をよろしくお願いいたします。 【メンバー表(2019年7月31日時点)】 https://www.fukuoka-suns.com/member #アメフト #xleague #Xリーグ #みらいふ福岡SUNS #メンバー #ロスター

みらいふ福岡SUNS(サンズ)さん(@fukuoka.suns.football)がシェアした投稿 -



「UPSET」とは「番狂わせ」を意味します。


創設時に掲げられた

「3年目にはX1リーグに」

と言うスローガンは、なんとか達成されました。

(「なんとか」と言うのは、全勝とは言え、X3でもX2でも危ない試合があったからです)

このスローガンが達成された試合の後のファンへのあいさつで、吉野至主将兼代表は

「めちゃくちゃハードルの高い目標に、みんながよくついてきてくれた」

と言うようなことを言って、男泣きしました。

やっぱりこれは大変なスローガンであり、目標だったんだな、と思いました。

神奈川に住みながらも、今でも自分は福岡県人と思っている私としては、よく達成してくださったとありがたく思います。


X1エリアはトップリーグではありませんが、それでも主力選手にアメリカの大学出身選手がいるチームも少なくなく、勝つことは難しいと考えられるからでしょう。

次の高いレベルに進むのですから、相手が強いチームばかりなのは当然です。

そう言う、頭でわかっていること以上に、X1のレベルは格段に高りと感じられます。

ですからスローガンは「UPSET」なのだと解釈しています。

アメフトはUPSETがそんなに珍しくないスポーツではありますが、それは、よほどの努力をした結果だと思います。

X1エリアからX1スーパーに昇格するには、まずX1の決勝戦

「エリアボウル」(12/1@横浜)

に出場し、これに勝たねばなりません。

この試合に出場できるのは、X1エリア全12チームのうち、成績が良かった2チームのみ。

これに勝って次のX1スーパーの最下位チームとの

入替戦(12/22@川崎)

に出ることができ、これに勝って、X1スーパーへの昇格が達成されます。

これは、創設時のスローガンを達成するより、かなり高い壁だと思います。

20191024初戦のみらいふ福岡SUNSの画像

現在の順位表はこちらのリンク先の下の方の表になります。

Xleague「星取表>レギュラーシーズン」へのリンク

現在みらいふ福岡SUNSはX1エリアで3勝1敗で勝ち数が2位タイで、対するアサヒ飲料チャレンジャーズは4戦全勝で単独トップ。

たった1勝の差ですが、私の感触では、力の差は大きいと思います。

ですが、前述したようにアメフトはUPSETが起きることも珍しくないスポーツ。

今、みらいふ福岡SUNSは、UPSETIに向け、必死に練習し、そして分析をして戦法を考えていると思います。

もちろん相手もUPSETさせまいと、そうしていると思います

幸いなことに、この試合は福岡で行われるため、みらいふ福岡SUNSにホームフィールドアドバンテージがあります。

遠征しないで済むだけでもアドバンテージなのですが、試合中にも、ファンがそれを起こすことができます。

よくある方法としては、相手のオフェンスの時に大きな声(「クラウドノイズ」と言います)を出して、オフェンス間のコミュニケーションを取りにくくし、また声によるプレッシャーをかけることです。

実際どうするのかは、現場に駆けつけて応援する方々や、みらいふ福岡SUNSのチア「福岡SUNScheerleader」の方々が決めるでしょう。

この投稿をInstagramで見る

皆さん!遂に今週日曜日です🏈✨ . 【第5節】 みらいふ福岡SUNS vs アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ . 10月27日(日)キックオフ:14時〜 @平和台陸上競技(大濠公園横) . 今回のみのスペシャルハーフタイム❤️福岡のチアダンス、チアリーディングのチームとのコラボです! 更に、オープニングではベスト11も発表されます✨ . 皆さんのお声が応援が必要です🔥 ぜひ会場にお越しください! お待ちしております😊 Let's go SUNS☀️-Keiko . #みらいふ福岡suns#福岡suns#sunsチア#アサヒ飲料クラブチャレンジャーズ#チャレチアさん#平和台陸上競技#10月27日は平和台へ🏈

福岡SUNScheerleadersさん(@suns_cheer)がシェアした投稿 -



とにかく、せっかくここまで勝ってきてくれたチームですから、福岡の人には、ぜひ平和台に足を運んで、みらいふ福岡SUNSを応援していただければと願います。


私が知る限りでは、私が属するグリーンベイ・パッカーズ観戦会福岡支部の方々、そして私の身内が応援に行くようです。

選手の中には、お父さんが私の高校時代のクラスメイトだった人もいるので、お父さんもきっと行くでしょう。

こう言う方も行かれます。


ひでぼーさんとは、会ったことはありませんが知合いです。

若いながら、積極的に観戦会を展開されています。

チケットはびあで発売。

ネットでも変えますが、たぶんセブンイレブンのぴあにつながる端末でも買えるんじゃないかと思います。

前売りは1,100円で、当日券は1,300円。

アメリカ、カナダ、メキシコのリーグを除けば、日本のXリーグは世界最高峰のリーグです。

ランキングも、みらいふ福岡SUNSが世界18位で、アサヒ飲料チャレンジャーズは世界7位。

これだけレベルの高い試合が、福岡で、この値段で見られるのは、すごいことだと思います。

神奈川県の川崎で行われる試合では、試合後「お見送り」と言って、ほとんどの選手が観客と話したり、写真を撮ったりすることができます。

福岡での試合でそれが行われるかどうかはわかりませんが…


最後に大事なことを書いておきます。

この試合にみらいSUNSが負けると、X1エリア2位以内に入るのは難しくなり、今シーズンのX1スーパーへの昇格の可能性はほぼなくなると思います。

しかし、下の記事にありますように、直接対決で勝てば、がぜん有利になります。


そう言う大事な一戦です。

福岡の皆さん、応援よろしくお願いします。

私は11月10日にみらいふ福岡SUNSの試合を、川崎に見に行きます。

その時までは昇格の可能性があるように祈っております。

そして12月に、横浜の「エリアボウル」で、川崎の入替戦で、再び、いや三たび、みらいふ福岡SUNSの試合を、いや勝利を見られることを祈っております。





ここからは、余談です。

私は時々、みらいふ福岡SUNSと同じX1エリアに属する、警視庁イーグルスの本拠がある第九機動隊の前を通ります。

週末にみらいふ福岡SUNSと警視庁イーグルスの試合を控えた9月27日(金)に、第九機動隊の前にある掲示板に、警視庁イーグルスのポスターがあるのを見つけ、警備の警察官に断って写真を撮らせてもらいました。

撮り終わってその場を去ろうとしたら、警察官に

「アメフトに興味があるんですか?」

と話しかけられました。

「はい、大好きでブログに書いているぐらいです。

ただ申し訳ないですが、私は福岡の人間なんで、今度警視庁さんが対戦するみらいふ福岡SUNSを応援してます。」


と答えると

「そうなんですか。

みらいふさんはいい選手が多いようですね。」


とか返され、アメフト話で盛り上がりました。

もうちょっと長く話したかったです。

その2日後に行われた、警視庁イーグルスとみらいふ福岡SUNSの試合の公式フル動画を貼っておきます。



ホワイトジャージがみらいふ福岡SUNSです。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】2位からの日本一に、なんの後ろめたさも持たない理由〜ただただ感謝、ただただ嬉しい


福岡ソフトバンクホークスは、昨日読売ジャイアンツをやぶって、日本シリーズ優勝を飾りました。

しかし、ネットを見ますと、日本一になったことはうれしいが、レギュラーシーズンで優勝できなかったのが残念

とか、

来年こそリーグ優勝してから真の日本一になってほしい

とかの声をよく見かけます。

(なんだよ、「真の日本一」って?

日本シリーズに勝ったチームのことじゃないんかい?)

なんかね・・・リーグ優勝できなかったことが、クローズアップされすぎのように感じます。

昨シーズンもそうでしたが、2年続けてのことで、日本シリーズ優勝の偉業がややかすんで、いや、チームやファン自身でかすまされているように感じます。

私はリーグ優勝できなかったことより、日本シリーズで圧倒的に勝利したことを評価したいです。

と言うか、リーグ優勝できなかったことなどどうでもいいと思ってます。


今朝、千葉ロッテマリーンズのファンと話しました。

マリーンズはボストシーズン制が始まって2度日本シリーズを制していますが、プレイオフ時代の勝率一位や、CSになってからのリーグ優勝を果たしたことはありません。

「勝率一位じゃなかったこととか、リーグ優勝できなかったことなんて、どうでもいいと思ってましたよ。」

とその方は言っていました。

解説者の中にも、リーグ優勝できないで日本一にな
ることには大きな価値がある、と考えている人もいるように思います。

日本シリーズを制したことを、そのまま喜べばいいんじゃないか、と私は思うんですけどね。

ただ、リーグ優勝した方が、日本シリーズに進出しやすいことは確かです。

1勝のアドバンテージとホーム開催権を考えれば。

だから来年は優勝しましょう、ぐらいでいいんじゃないですか?

「こんなの真の日本一ではない」、とまでいうことはないと思います。


私は米NFLを見ます。

NFLのポストシーズンは、8つの地区優勝チームと、4つのワイルドカード(優勝できなかったチームのうち、勝率の高いチーム)チームの計12チームの間で、争われます。

その頂点がスーパーボウルです。

細かいことを考えると、不公平感はありますが、私は、自分の応援するチームが地区優勝しようがしまいがどうでもいい、と思ってます。

とにかくポストシーズンに出られれば、あとは何とかなるかもしれないから、と思いますから。


2010年シーズン、そのチームがギリギリでワイルドカードチームになり、最終的にスーパーボウルに勝ちました。

その時、地区優勝ができなくて残念とかは全然考えませんでした。

周囲でもそんな声は聞きませんでした。

私がリーグ優勝を重視しないのは、そういうリーグも見ているからかもしれません。

ただ、NFLでも、スーパーボウルに出るには地区優勝した方が楽なのには変わりありません。


今年のポストシーズンは、昨年とは違うテンションで見ました。

昨年は

「さあ、ここから優勝チームをやぶって日本シリーズに出るぞ」

と言う高いテンションで見ました。

これまでホークスは、2度の勝率1位と、1度のリーグ優勝で日本シリーズ進出を逃してます。

ですから、優勝チームを倒して日本シリーズに出ることに、何の違和感もありません。

むしろ、これまでの借りを返す、と言う意気込みでした。

ですが、終盤ボロボロだったホークスを見て、今シーズンは難しいだろうな・・と思いました。

日本シリーズに出る権利が得られるチャンス、と言うより、罰ゲームをやらされに行く感が強かったです。

埼玉西武ライオンズとの初戦、ニール投手が投げる試合に勝った時、これはいけるかも、とようやくテンションが上がってきました。

令和元年のパシフィックリーグの王者は、埼玉西武ライオンズです。

この事実は変えようもありませんし、このことに敬意を払います。

しかし、今の日本シリーズは、ポストシーズンで一番調子が良いチームが戦うものにかわりました。

2005年にマリーンズに敗れた時から、私はそう考えるようになりました。

もはや日本シリーズは、レギュラーシーズンの延長ではないと思います。

ですが最終的に、そのシーズンで一番強かったチームは、と言えば日本シリーズに使ったチームと言われることになるでしょう。

ですから、どんな形でもいいから、日本シリーズに勝って欲しいのです。

とにかく、福岡ソフトバンクホークスはよくやってくれました。

レギュラーシーズンのどん底から、よく建て直したものだと思います。

CSファーストステージが終わったときか、ファイナルステージが終わったときのどっちだったか忘れましたが、次のステップに進むとき、工藤公康監督が決意の言葉を語っているシーンを見ました。

白髪が増えて、焦燥感が体中をおおっているように感じられました。

昨日日本一が決まったとき、工藤監督は子供のようにはしゃいだ表情で、マウンド付近の輪にに飛び込んで行きました。

それを見て、工藤監督の苦労が報われて本当に良かったと思いました。

来シーズン以降も、ホークスのことをよろしくお願いいたします。

もう、何位でもいいです。

私もそうですが、ホークスのファンは

「常勝ボケ」

が激しすぎるような気します。

一番勝つ確率が高い采配を振るってほしいことに変わりはないですが、相手もあることです。

来シーズンぐらいは、どんな結果でも受け入れようといます。

とにかく、

おめでとう、福岡ソフトバンクホークス

そして

ありがとう、福岡ソフトバンクホークス


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

【即位礼正殿の儀】は雨風を止め、虹を呼んだ~重い扉の向こうは青空に

昨日、令和元年10月21日に、天皇皇后両陛下の

即位礼正殿の儀

がとり行われました。

私たち夫婦は、日用品の買い物から急いで帰ったのですが、安倍首相の

「天皇陛下万歳」

からしか見ることができず、天皇陛下のお言葉をきくことができませんでした。

なので動画を貼っておきます。




即位礼正殿の儀について、いくつかツイートを見ました。

興味深かったのはこちら、BBC、英国放送協会のツイートの中にリンクが貼られた記事でした。


記事の中には

「強い雨と風は儀式が始まる直前にやみ、青空がのぞいた。」

とあります。

そう言えばNHKの中継でもそう言っていました。

「ソーシャルメディアには、儀式の直前に上空に虹が出たという投稿も相次いだ。」

とあります。

記事中の日経以外にそんな投稿がないか調べてみたら、こんなすごいのもありました。



このことで、ふと思い出したのが、竹内まりやさん

「夢の続き」

と言う歌です。

昭和62年の歌だったと思います。

下の動画の5曲目、2:30あたりから始まる歌です。



「Baby Baby don't look so sad.

There's gonna be a better tomorrow.

重い扉の向こうは いつでも 青空さ」


と言う歌詞で始まる歌です。

おそらくファンの間では、それほど人気がある曲ではないと思いますが、昭和54年からのファンの私の中では、TOP3に入る曲です。

ですから、今年9月4日に発売されたベストアルバム「Turntable」に収録されることを知った時には、本当にうれしかったです。


話を、即位礼正殿の儀に戻します。

関東地方は今日は一日中雨の予報でしたが、即位礼正殿の儀が始まるころ、晴れに転じました。

「天皇晴れ」

そんな言葉を思い出しました。

それを特集する記事もありました。


さきの天皇陛下、現在の上皇陛下には申し訳ないのですが…

令和の御世、閉塞感に覆われている日本は、希望が転がっているようになるかもしれません。

「重い扉の向こうは いつでも 青空さ」

と言う「夢の続き」の歌詞のように。

ただ、それは天皇皇后両陛下の力ではなく、我々日本国に住む一人一人が努力することによってなされるべきだと考えます。

その姿に、天皇皇后両陛下は寄り添って励ましてくれるでしょう。

令和の御世がそうなりますように、そしてそうしよう、と決意させてもらうことができる、即位礼正殿の儀の出来事でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 皇室    ジャンル : ニュース
  1. 出来事(社会)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019年シーズンWEEK6】「オードリーのNFL倶楽部」のこと~ダイジェストの新しい形がおもしろい



2019年10月19日に放送された「オードリーのNFL倶楽部」のことを書きます。

見逃された方は、こちらで見ることができます。



今回は今シーズン2度目の相武紗季さんの登場回。


応援しているニューイングランド・ペイトリオッツも全勝ですが、番組に参加してくれた当初に応援していたサンフランシスコ・49ナーズも全勝と言うことでありがたいことはありがたいとのこと。

もともと49ナーズきっかけでNFLにはまって、語学留学をする際も、49ナーズの試合を見ることも目的にサンフランシスコを選んだそうです。

そうなると2つのチームのことが気になってしょうがなくて、落ち着かないそうです。

なんでも、トム・ブレイディのインスタだけではなく、ジミー・ガロポロのもチェックしているとか。

そんなことをオフトークで語っていました。



1.空前のラグビーブームの中で

オープニングで若林が、

「相武さん、NFLり上がってますか」

と尋ねると、カメラがアップで相武さんをとらえ、相武さんがそちらをみて、

「NFL、盛り上がってま~す!」


と叫んでいました。

相武さん。今回もテンション高いです。

「この空前のラグビーブームの中で」


と若林は驚いてました。

個人的なことを書かせてもらいますと、アメフトとラグビーはそもそも共通点がそれほど多くない、全然違うスポーツだと思います。

ですから、どっちのほうがおもしろい、と言うのは、サッカーと野球とどっちが面白い?と考えるくらい、かけ離れていると感じます。

私はどちらも見ます。高校と大学がラグビーが強いとこで、特に高校は標章がラグビーボールの形をしているほどで、男子は体育の授業で必ずプレイしました。

私はクラスマッチの時にロックで出た記憶があります。

福岡堅樹選手と同じ高校です。

ただ、最近は高校も大学も昔ほどで強くはないので、ワールドカップが始まるまでは、数年ラグビーを見るのはおろそかになってました。

あと、東京の大学に入って驚いたのですが、母校の高校独自の用語がありました。

アメフトでも、オードリーがプレーした日大二高独自の用語もあって…

こう言う話し、思い出し始めると止まらないので、誰かつきあってくれませんか。


2.XFLのドラフトの結果

オープニングのフリップに

「XFLのドラフト候補に日本人選手が」

と言うのがありました。

こちらのサイトになります。

https://www.xfl.com/en-US/articles/xfl-draft-pool

この中にRB李卓選手(オービックシーガルズ)の名前があります。

こちらのグループ2のサイトには、OT町野友哉 (京都大学ギャングスターズ)の名前がありました。

https://res.cloudinary.com/xfl-production/image/upload/v1570642885/xfl-prod/assets/GroupTwo_8.5x11_1.pdf

XFLはNFLの育成リーグ的な存在として、来年2月にスーパーボウルが終わった翌週にシーズン開幕を迎えます。

このリーグでプレイするメリットは、まず日本でよりもアメリカンフットボールに没頭できること。

日本では働きながら練習時間を確保しないといけませんが、XFLではサラリーも出ますので、今よりはアメフトに割ける時間が多くなります。

そしてNFLのスカウトの前で試合ができるので、将来的にNFL入りが期待できることです。

日本でいくらいいプレーをしても、NFLへのアピールにはなりにくいようですから。

ただ、現地時間の10月15日から16日に行われたドラフトでは、残念ながら2人ともXFLのチームから指名されませんでした。



しかし、2人はこれからもNFL目指してプレイを続けるそうです。





なお私は、K佐藤敏基選手(IBMビッグブルー)とK山崎丈路選手(エレコム神戸ファイニーズ)にも期待しています。


3.ペイトリオッツ対ジャイアンツのハイライト

まずニューイングランド・ペイトリオッツ対ニューヨーク・ジャイアンツのハイライトが流されました。



2回のスーパーボウルを筆頭に、どういうわけかジャイアンツに相性が良くないペイトリオッツでしたが、今回は圧勝で、相武さんを喜ばせていました。

この試合は日テレジータスで中継され、2000年の第34回スーパーボウル以来、20年ぶりに増田隆生さんが実況を勤めました。



私も含め、増田さんの実況を知る世代のファンの間でもかなり話題となりました。

解説の森清之さんが、放送の最後に「(増田さんと一緒に仕事ができて)光栄です」と言っていたのが印象的でした。

解説者にこんなことを言われるアナウンサーはなかなかいないと思います。

森さんは日テレのNFL中継が始まった1988年に京都大学を卒業。

社会人やコーチ時代に増田さんの中継を見られていたんでしょう。


なおこの試合の再放送は、10月30日(水) の5:00 ~ 9:00にもあります。

増田隆生さんと森コーチによる中継は、WEEK7のカンザスシティー・チーフス(KC) @ デンバー・ブロンコス(DEN)でも行われました。

この試合の再放送は、10月24日(木) の18:00 ~ 22:00にもありますが、日本シリーズ第5戦開催時はないそうです。

つまり、今のところ、福岡ソフトバンクホークスがあと2連勝して前日までに日本一を決めない限り、WEEK6の再放送はない、と言うことになります。


4. 若林の熱視線Hyper

タイトルコールの後、相武さんが、

「今回はブレイディ様のプレイですよね、ね」

と前のめりになっているところを

「まあまあ待ってください」

と若林が止めてからのスタートでした。

やっぱり、相武さんは楽しいなあ。

ペイトリオッツとジャイアンツの試合から、404.48のブレイディからWRエデルマンへの36ヤードのパスの解説でした。


見慣れた光景で、このプレイに何の意味があるかと言いますと・・・ダブルカバーされたエデルマンが10ヤード先ぐらいまでに全力ではしり、そこでいったんスピードをゆるめ、ディフェンスの選手のカバーを解いてロングパスへとなった、と言うものでした。

スピードをゆるめると、ディフェンスもゆるめなければいけませんが、そこからすぐ全速力にされるとついていけないので、カバーで
きなかったわけです。

さらに2nd and 10と言う状況だったので、10ヤード走ってゆるめると、ああ、ここで1stダウンを取ろうとしているんだな、とディフェン
スは思い込んでしまいます。

そう言う心理を突いたプレーだったそうです。

今回はなんとなく、若林のインスタでの補講は、かなり深いものになるような気がします。

相武さんが

「そろそろブレイディ様のこと、好きになったんじゃないですか?」

と若林に尋ねると

「一昨年ぐらいから好きです。」(若林)

と答えてました。

「この番組では隠してんのよ」(若林)

と言っていました。

オフトーク動画では年に1回ぐらい言っていますし、著書の「ナナメの夕暮れ」では、わざわざ「トム・ブレイディ」と言う章を設け

「僕はトム・ブレイディが好きだ」

と書いています。

そして今回の一言は

「エデルマンとすげぇ怖いホラー映画は、3人で見ましょう。」


と言うものでした。

これは最近の中で一番いいなと思いました。


5.MC陣の応援するチームのダイジェスト

普段はここでもう一試合ダイジェストがあるのですが、今回はMC陣が応援するチームの3試合のダイジェストが流されました。

ードリーはののしりあいで、自分の応援するチームは応援して、その他の2試合は、ほかの2人が応援しているチームの付ける。

応援するものでした。市来アナはいいようにいじられていました。

このスタイルは、真剣にフットボールを見ようとしている人にはうるさく感じられるかもしれませんが、私はそう言うふうに見ていないので大歓迎です。

来週もそうやってくれないかな・・・。


6. 今週のハドルからのイグタチ

今週のハドルは、浅野中学ボンバーズ

「Mr. Kasuga, Please teach Engrish. 123.トゥース」

と言うもの。

「T春日のEnglishタッチダウン」

のコーナーで英語を教えて、ということです。

春日は「OK、OK」と言いながらコーナーへ。

今回は

「I definitely had a chip on my shoulder.」

(「間違いなく、けんか腰だったと思うぜ」)

と言うもの。

ちなみにGoogle翻訳は

「私は間違いなく肩にチップを持っていました」

と言う直訳しかしてくれませんでした。

チーフスからテキサンズにトレードされたRBカルロス・ハイドの言葉でした。

なんでも、開幕前にトレードを言い渡されたとき、GMやHCから何の労いのも声をかけられなかったことに対してのことのようでした。

この言葉Twitterにはなかったので、ググってみたら、下の記事に

「I definitely had a little extra chip on my shoulder」

とありました。


そして今回の棒読みは、相武さんも一緒に。相武さん、たしか語学留学したんですよね・・・といいたくなるものでしたが…

そんなこととはは関係なく、言い終わった後はしゃいでましたから、まあ本気ではないのでしょう。

ひょっとしたら市来アナも、本腰入れたらすごいのかもしれません。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【米女子アメフト】鈴木弘子選手が米殿堂入り!!〜残念なお知らせをかき消すほどの朗報

鈴木弘子選手が、米国の女子アメリカンフットボールの「名誉の殿堂」(Women's football hall of fame)入りすることが発表されました。



写真の左側の下のほうに

「HIROKO SUZUKI」

とあります。

これはすごいことです!

どんな競技でも、「名誉の殿堂」に入ることは難しいことで、選手生活を送った人のなかの、ほんの一握りしか入れません。

それが、日本人がアメリカの名誉の殿堂入りするのです。

しかも、35歳でアメリカで選手生活をはじめ、55歳になる今シーズンまで、20年間第一線でプレーしての結果です。

ここまでの年齢でプレーしている選手は他に居ません。

選手の寿命としても長いと思います。

2012年にはWFAのサンディエゴ・サージで、渡米して初めて全米チャンピオンに輝きました。

20191016全べうチャンピオンに輝いたときの鈴木弘子選手の画像

2013年には世界選手権のアメリカ代表チームに選ばれました。

このとき49歳。

国籍の関係で出場することはできませんでしたが、これも快挙です。

米国女子アメフト代表は、ガチですごい選手が選ばれますから。

昨年までの2年間(だったと思いますが)は、それほど強くなかったウォリアーズをチャンピオンシップに導くまでの手腕を見せてくれました。

鈴木選手の快挙や功績をあげるときりがないのですが、それが認められて、とにかく、本当にめでたいことだと思います。

本人もブログで、喜びと感謝をつづっています。


鈴木選手は、昨年出演した

「激レアさんを連れてきた」

で、いくつかのテロップで紹介されてましたが

「日本人が知るべき、真のレジェンド」

と言うのがありました。

鈴木弘子選手は、間違いなくそう言う存在だと思います。


私が鈴木弘子選手の存在を知ってブログに書いたのは、約10年前の2009年12月のことでした。

「女性プロフットボーラー 鈴木弘子さん @アメリカ 」へのリンク

当時鈴木選手、そして4日早く生まれた私は45歳。

この歳で、しかもアメリカで、さらに体格によるところも大きい攻守ラインで活躍している女性がいるのか、と驚きました。

それ以来私は、鈴木選手のことを追っかけて、ことあるごとにブログに書いてきました。

私のブログ内で「鈴木弘子」で検索すると、80個の記事がヒットしました。

名前を出しただけのものも少なくないですが…

多分私は、国内のアメフトの他のブログよりも、最も多くアメリカンフットボールにかかわる女性のことをブログに書いてきたと思います。

それは、その方々がとても素晴らしい努力と活躍をしているから、1人でも多くの人に、その存在を知って欲しいと思うからです。

(もちろん、男性でもそう言う方のことは書いてきました)

今思い出せる中で、6人の女性のことを書いた記憶があります。

誰が一番素晴らしいか、と言うことは考えたくないですが、最も多く書かせてもらったのは鈴木選手だと思います。


ただ残念なことに…

前掲の鈴木選手のブログに

「55歳の今年、引退を決めました」

とあることです。

鈴木選手が今シーズンで引退することは、シーズン中にわかっていました。

下のブログ記事に、

「どうしても、今季で引退したいのよ。」

と書いてありましたから、



いろんなチームからオファーを受けていたのですから、余力を残しての引退と言うことになるでしょう。

私は、ここまで追っかけてきたんだから、鈴木選手が引退することはいつかは書かねばならない、と考えていました。

そのことを考えると、とても憂うつでした。

しかし今回の「朗報」という言葉ではすまされない、素晴らしいニュースとともに、鈴木弘子選手の引退のことが書けたことが、せめてもの救いでした。

「(名誉の殿堂入りの)式典は、12月ラスベガスで行われます。」


と言うことです。

その時にもう一度、鈴木弘子選手のことが書ければいいなと思います。

今回は殿堂入りのニュースに興奮して、落ち着いて書けませんでしたから。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 女子アメリカンフットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEKS】「オードリーのNFL倶楽部」のこと〜今更ながら番組に副題があるのを知った

10月12日に放送された「オードリーのNFL倶楽部」のことを書きます。

今回の放送を最後まで見たのは、月曜の夜、つまり放送から約3日経ってからでした。

放送があった土曜日は、台風19号への備えでテレビとレコーダー、そしてWiFiを動かして、録画を見ることも、TVerや日テレ無料などのアプリで見ることもできなくなりました。

日曜にその環境を復旧させましたが、クライマックスシリーズやラグビーワールドカップを見たくて、この番組は見れず。

月曜は疲れて日中寝てました。

そんなわけで、今回は見るのが遅くなったわけです。

ですが、被災地の方を思えば、遅れてでも見ることができて幸いでした。


さて、最初に今回のブログ記事のサブタイトル

「今更ながら番組に副題があるのを知った」

について。

オフトーク動画で若林が

「「オードリーがこの番組だけの超ハイテンション!」

ってのは、この番組の副題だからね。」

知らんかった。



つまり、この番組の正式なタイトルは

「オードリーのNFL倶楽部〜オードリーがこの番組だけの超ハイテンション!」

と言うことになります。


1. エディ、テキサンズファンを認める


前回、ヒューストン・テキサンズのキャップをかぶって、ラグビー日本代表戦を観戦した、エディ・ジョーンズ イングランド代表HC(前回大会では、日本代表HC)が、番組独自のルートで調べたところ、マジのヒューストン・テキサンズのファンだと言うことがわかったそうです。

テキサンズの練習を見に行ったりもしてるそうです。

「ラグビー会場でNFLのキャップをかぶるなんて、度胸いることだよ」


と若林は言っていましたが、私はこの場合は、そうでもないんじゃないか、と思います。

特定のラグビーチームのキャップを被るよりは、他の競技のを被ったほうが無難かな、と思うからです。

なお、来シーズンの去就は未定ですが、オリックス・バファローズのタイラー・エップラー投手もテキサンズファンで、弟さんはカレッジフットボールでQBをプレーしているそうです。


2. 愛媛大学アメフト部への支援

オープニングのボードには書かれていたものの、紹介されなかったことですが・・・

10月6日に愛媛大学のグラウンドで不審火とみられる火災があり、アメリカンフットボール部の部室が全焼しました。

防具も消失してしまい、試合ができなくなる危機におちいったアメフト部ですが、全国から支援があり、無事先週末の試合を行うことができました。



私もFacebookで支援の声を見かけましたが、何もできませんでした。

しかし、元選手らを中心に、熱い支援が贈られたようです。


3. 若林の熱視線Hyper

ロサンゼルス・ラムズとシアトル・シーホークスの試合から、シアトルのOBラッセル・ウィルソンからWRタイラー・ロケットへの、ライン際ギリギリへのTDパスが紹介されました。


今回は「ここしかない」と言うところへ、動きながらピンポイントで投げたウィルソンと、足をギリギリ残しながらキャッチしたロケットの運動能力の高さが目を引くものでしたが…

実はそこに至るまでのWRのクロスとか、戦術面でのことも語られました。

若林の一言は

「これはピンポイントバスと言うよりホールインワン」

(すみません、正確には覚えていません)

と言うものでした。


4.今週のトゥース動画と、ピーターソンのクリニックの続編


トゥース動画は、6月に来日したエイドリアン・ピーターソンが、富士通スタジアム川崎で行ったクリニックの時に撮影されたものでした。

次に続く特集は、そのクリニックのものでした。

(そのロケ動画を春日は両手をあげて

「エイドリアーン」

と叫んでいましたが、これは、映画「ロッキー」の有名なシーンのマネのようです)

このクリニックは、観覧席は一般開放されていたので、私も見に行けたのですが、このころから体調を壊し始めたころで、行くことができませんでした。

(今は回復してます)


ピーターソンは2011年に前十字靭帯(ACL)を断裂する大けがをしたものの、翌2012年には歴代2位となる2,097ヤードを走ったことが紹介されました。

これはエリック・ディッカーソンのNFL記録更新まであと9ヤードに迫るものでした。

ピーターソンは

「目標を紙に書いて、目につくところに貼っておくんだ」

と教えていました。


(「AD」とはピーターソンのニックネームで「All Day」を略したものです)

なお、若林の目標は

「「NFL俱楽部」視聴率10%」

だそうです。

それは応援したい!!


5. TカスガのEnglishタッチダウン

今週の英文はこれ

「Baby Levis stadium was rockin' Hoo」

(ベイビー、リバイススタジアムはお祭り騒ぎだぜ、フー)

と言うものでした。

「お祭り騒ぎ」のことを「rocking」と言うんですね、勉強になりました。

そして今回は、春日と市來アナが二人同時に棒読み、と言うスペシャルプレーがありました。

このコーナーはこういうのがあるから面白い!!

毎週楽しみにしてます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】CS見たさに台風の後片付けをやり遂げられた〜ホークスが知っているのは「短期決戦の戦い方」

一昨日の日曜の昼間、私はテレビとレコーダーとコード類と格闘していました。

台風19号に備え、1階に設置していたこれらを、2階にあげていました。

被災された方には申し訳ないですが、幸い我が家は浸水することも、ライフラインが途切れることもありませんでした。

しかし・・・

2階にあげていたいろいろなものを、元に戻すのには苦労してました。

特に家庭内LAN環境と、テレビ回り。

写真を撮っとけばよかったのですが、どこにどのコードをつなげば元通りになるのかわからず・・・

それでも、カンとネット検索で、LANは復活しました。

テレビ周りはなかなかうまくいかず、疲れたからとりあえず寝ようか、と思いました。

午後2時からCSがあるのは知っていましたが・・・・

もう疲れた・・・と言う気持ちでした。

しかし、今宮健太選手のホームランで福岡ソフトバンクホークスが先制したのを知って、がぜんやる気になりました。


そしてBSがうつるようになり、(放送関係用語じゃないほうの)CSが見れるようになりました。


ホークスは2年連続して埼玉西武ライオンズに勝ち、3年連続日本シリーズを決めてくれました。

テレビ回りのほうは・・・

いまだにレコーダーにBSがつながらないのですが・・・



よく

「ホークスは短期決戦の勝ち方を知っている」

と言われます。

特に昨シーズン、レギュラーシーズン2位からの日本一を達成してからは。

しかし・・・

短期決戦の「勝ち方」なんてあるんでしょうか。

そういうのがあれば、全球団がそういうことをやってくるでしょう。

私は、ホークスが知っているのは、短期決戦の「戦い方」で、それを全選手が頭に入れているのだと思います。

それをよくあらわしたのが、初戦の8回表のホークスの攻撃でした。

ライオンズの中継ぎエースの平井投手は、打ち込まれて塁上にランナーをためると、交代を告げられました。

平井投手は納得がいかないようで、ぶぜんとしてベンチに戻り、帽子をたたきつけ、そしてぶぜんとしてフィールドを見ていました。


一方ホークスでは、内川選手に代打がおくられました。

衰えが目立つとは言え、歴史に残る好打者で、前々日までのCSファーストステージでは打ちまくっていた内川選手。

おもしろくはないでしょう。

しかし内川選手は、特別な表情や行動を見せることはありませんでした。

いつもの表情でベンチから手をたたき、声援を送っていました。

20191015CSファイナルでの内川聖一選手の画像

(私が見たのはこのシーンではありませんが…)


短期決戦には、普段にはない采配がふるわれることが考えられます。

平井投手はそのことを納得できなかったのだと思いますし、内川選手はそのことを覚悟していたように考えられます。

ホークスはこの回に逆転し、そのまま逃げ切って初戦をものにしました。


これだけがホークスの勝因だとは思えませんが、興味深いものを見させてもらったと思います。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】新リーグXFLのドラフトが10月15日から~指名候補のサイトには日本人選手の名前も

来年2月のスーパーボウルの翌週から開幕を予定している米新リーグ

XFL

のドラフトが、米時間の来週10月15日から16日にかけて行われることが、同リーグから発表されました。

XFLはNFLと競合するのではなく、NFLのない2月から4月に開催されます。

そして、NFLを目指す選手を育成することを目指すようです。



ドラフトの形式は、上のXFLのFacebookにもありますが、Wikipediaの「2020 XFL Draft」を参考に日本語で書いておきます。

まず、全8チームに、QBが1人ずつ割り当てられます。


これは各チームが提出する、獲得したいQBのリストをもとに行われます。


以降は以下の通りです。

15日

フェーズ1.オフェンスのスキルポジション(QB、RB、WR、TE)の指名が1チーム10人まで行われます。

フェーズ2.
オフェンスライン(OG、OT、C)の指名が1チーム10人まで行われます。

フェーズ3.ディフェンスのフロントセブン(DL、LB)の指名が1チーム10人まで行われます。

16日

フェーズ4.ディフェンスバック(CB、S)の指名が1チーム10人まで行われます。

フェース5.ポジションに関わらず、各チームが30人を指名します。

なお、スペシャルチーム(LS、P、PK)については、私の英語力では明確には訳しきれなかったのですが…

フェーズ5で指名されるか、どのフェーズでも指名できるかのどちらかだと思います。

各チームは71名、全チームで568人が指名されます。


ところで、XFLのサイトを見ますと、

「XFL DRAFT POOL」

と言うサイトがあります。

下のツイートの中にありますが、ドラフト候補生のリストのようです。


この中のグループ1の中に、オービック・シーガルズのRB李卓選手の名前があります。


そして、グループ2の中に、京都大学在学中のOL町野友哉選手の名前があります。


グループ1とグループ2の違いはわかりません。

なお、グループ2が発表されたのが現地火曜日の10月8日。

上記サイトのリストには現地金曜まで、毎日200人ずつ追加され、計1,000人の候補生が発表されるようです。

上記2人の日本人の他、後4人が候補に入る可能性があると思います。

日本時間の土曜日、10月12日には候補生全員が把握できますので、あと何人日本人の名前が載るか、楽しみにします。

20191009李卓選手の画像

(李卓選手)

20191009町野友哉選手の画像

(町野友哉選手)

各チームは、今回ドラフトした71人の他、11月下旬に行われるサプリメンタルドラフト(補足ドラフト)で獲得した選手(人数は不明)を加え、キャンプを行い、シーズン開幕には52人にまで登録選手をしぼるそうです。

日本人がXFLを経てNFLに行くには、とにかくまずはドラフトで指名され、開幕の52人に残り、シーズンで活躍してNFLのスカウトにアピールする、と言う過程を踏むことになると思います。

まずは来週のドラフトの結果を待ちます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラグビーW杯】台風次第で日本が自動的に8強入りかも、と言うことについて〜台風の中で行われたW杯決勝の思い出


台風19号の影響がラグビーワールドカップ2019日本大会に影響するかもしれません。


10月8日正午の気象庁発表では、台風19号の中心気圧は915hPaで、中心付近の最大風速55m/s(105kt)だそう
です。

この中心気圧は、私には記憶にないほどの低さですので、かなり強力な台風だと思います。

さて、ラグビー日本代表を応援して、毎試合TV観戦している私ですが...

もちろん日本代表には決勝トーナメントに進んでほしいと思っています。

私はあまいいい性格をしていませんので、いつもならば、ルールのうちであれば、どんなにせこい方法でも勝ち進んでほしい、と考えます。

つまり台風中止、からの日本代表決勝トーナメント進出を、といつもなら願うのですが...

今回に限っては、その方法で決勝トーナメントに進んでも、なんとなく後味が悪いように思えます。

今の日本は世界ランキング7位にいるのですから、正々堂々とスコットランドとの対戦を経て、決勝トーナメントに行ってほしいです。

日本ラグビーの実力を示すために。

そうでないと、この4年間の日本代表の努力が、なんとなく中途半端な評価しかされないようで、かわいそうです。

勝とうが負けようが、これが日本代表の4年間の努力の結果であり、今の実力なのだ、と言うことを世界に示したうえで、ベスト8入りしてほしいと考えます。

それに・・・

アイルランドとサモアの試合を楽しみにしている博多の人のためにも、試合は行われてほしいです。

また、史上初めての中止となると、この大会は失敗だった、と言われかねないですし、そうなると、ラグビーワールドカップはもうやってこないかもしれません。

メデイアでは、ラグビーワールドカップは一生に一回のこと、みたいな宣伝文句で人気をあおっていますが、今の日本の実力を維持できれば、そんなに遠くない未来に開催されるかもしれませんから。

気候がネックになって欲しくないです。

本当に選手や観客に危険が及ぶのであれば中止もしかたないですが、無事試合が行われることを願います。


さて…

以前見に行った

台風の中で行われたワールドカップ決勝

について書きます。


2007年7月15日、神奈川県川崎市で行われていた第3回アメリカンフットボールワールドカップの決勝は、台風の中で行われました。

場所は等々力陸上競技場。

川崎フロンターレの本拠地で、私は現地で観戦しました。

カードは、初回大会からの3連覇をかけた地元日本代表と、初めて参加するアメリカ代表でした。

どちらのチームも、予選では圧倒的な強さで決勝まで進んできました。

日本は予選全試合で無失点でしたし、アメリカは77-0と言うスコアも記録しました。


試合当日の天気予報は「平成19年台風第4号」が関東付近を通過するとのことでした。

ウィキペディアによると「7月に日本に上陸した台風では過去最強クラス」のものだったそうです。

後で知ったのですが、運営サイドでは、選手や観客の安全を考慮して、試合を中止して両国優勝とする話も出たそうです。

しかし、どういう経緯だったか忘れましたが、試合は行われることになりました。


台風の影響は、試合が始まるまではあって、雨風に悩まされた記憶があります。

ですが、試合が台風にどう影響したかは・・・正直よく覚えていません。

何か情報がないかググってみると…

ありました、試合3日後に書かれたものが。

女性自身「アメリカンフットボールワールドカップ2007」

https://jisin.jp/international/international-news/1599367/

「ここ川崎でも台風4号接近の中、大雨の中でゲームをやっていたんですよ。(ホントです!)観客席はみんなカッパ着て、ビニール傘を持って応援! アメフットファンはきっと槍が降っても観にいってますよ(笑)でもかわいそうだったのが、チアガールのみなさん。びしょびしょに濡れての応援お疲れ様でした。」

そうそう、この大会は雨にたたられていたのですが「槍が降っても」観たかったので、100均でカッパの上下を買って行きました。

こちらにはもっと細かく書いてあります。

カオスの世紀 「アメリカンフットボールワールドカップ川崎大会決勝 」

https://blog.goo.ne.jp/takeomat2006/e/147e8eeeacf3325a89850969f58ae3b4


試合のほうは、後半途中まで日本がリードしていたのですが、終盤に追いつかれ、延長(タイブレーク)2回目でアメリカの勝利が決定した好ゲームでした。



日本代表が、よりによって地元開催で初めてチャンピオンの座を譲る形になって残念だったのですが...

アメリカ代表が勝利を大喜びしている姿を見て

「こんなに彼らが喜んでいるのは、きっと苦しい試合だったからだろう。

それほど日本代表はよく戦ったということなんだろう。」

と考えられて、残念な気持ちも半分になりました。

アメリカ代表には、アメリカンフットボールの母国として、絶対に負けられないプレッシャーもあったと思います。

MVPに輝いたRBカイル・カスパーバウザー選手が、タックルされても足を動かし続ける姿を見て、

「アメリカの伝統と言うか、文化に負けた」

と思った試合でした。

タックルされても足をかき続ける選手は、日本代表にもいたと思います。

ですが、カスパーバウザー選手のものは、何か違いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ラグビーW杯    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL 朗報】増田隆生アナ、約20年ぶりに試合を実況へ~仕事への姿勢を考えさせられた言葉とは

朗報です!!

元日本テレビの増田隆生さんが、約20年ぶりにNFL中継の実況をされます。

1.実況する試合の詳細

担当されるのは、日テレジータスのWEEK6のサーズデーナイトゲームで、

ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)@ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)

と言う因縁のカード。

ライブ放送は

10月11日(金)  9:15 ~ 13:15

再放送は

10月15日(火)  23:00 ~ 3:00

詳細は下記リンク先の「NFL on 日テレジータス 2019」のサイトをご覧ください。

http://www.ntv.co.jp/G/nfl/nflong/

関連するツイートを、「オードリーのNFL俱楽部」の小坂紘平在米ディレクターがツイートしています。




小坂ディレクターのツイートにありますように、増田さんが最後に実況されたのは、1999年シーズンの第34回スーパーボウルだそうです。

20191005増田隆生さん日テレ時代の最後の放送の画像

(第34回スーパーボウル実況の時の増田隆生さんと、解説の後藤完夫さん)

今回のカードは、2001年シーズンからNFLのトップに君臨しているペイトリオッツが、スーパーボウルで2回対戦していずれも敗れたジャイアンツです。

ですからこのカードは「因縁の対戦」だと書きました。


なお、増田さんは、日テレジータスで全米No.1モータースポーツNASCARの実況もされます。

詳細は、下記リンク先の、日テレジータス 2019 NASCARのサイトをご覧ください。

http://www.ntv.co.jp/G/motorsports/nascar/


2.アナウンサー増田隆生さんとはどんな人なのか

増田さんは1988年から日本テレビでNFLの試合を実況してきました。

当時、毎週水曜日深夜に放送される日本テレビのNFL中継のエース的存在で、他のどのアナウンサーよりも多くの試合を実況されました。

1989年から本格的にNFLにハマった私は、増田さんの中継で、アメリカンフットボールの楽しみ方を教わりました。

とにかく情報量が多くて、解説の方より詳しいんじゃないか?

そんな衝撃を受け、ハマって行きました。

他にも増田さんの実況のファンは数多くいます。

今回の

「増田隆生さんが約20年ぶりに実沢席に!!」

と言う件がFacebookのNFLファンのグループに投稿されると、多くの驚きと、歓迎のコメントがつきました。

「これだけのためにジータス入れてもいいくらいです」

とコメントする人もいるくらいでした。


小坂ディレクターは増田さんのことを、こうツイートしています。




アナウンサー増田隆生さんとは、そう言う人でした。

きっとこれからもそうでしょう。


3.「恩返し」をしたい、と思える人生を

増田さんは6月いっぱいで日本テレビを定年退職され、次のステップに向けて準備中とのことです。

「次のステップ」が何なのか、とても気になります。

7月に開催されたパッカーズファンの集いでお会いした時に

「仕事とは別に、自分を成長させてくれたアメリカンフットボールに対し、なんらかの形で「恩返し」が出来ればな、と思っているんですよ。

恩返しみたいな大げさなことではなくてもほんの少し役に立てればいいなと思っています」


とおっしゃっていました。

アメフトをプレーしてきた選手がそう言っているのはよく読みますが、プレー経験がなく、仕事で携わった人が「恩返しをしたい」と言うのは珍しいんじゃないかと思います。

この言葉、よくよく考えてみると、とてもうらやましいものだな、と思いました。

自分がかかわってきた仕事について、「恩返し」がしたくなると言うことは、とても恵まれた会社員生活をおくられたんだろう、と。

いいことばかりじゃなかったとは思いますが、それでもそう思える仕事をされてきたんだろう、と。

自分のやってきた仕事について「返し」がしたくなるが、そうならないか・・・

どんな仕事を任されてきたか、と言うことも大きいと思いますが、そう思えるかどうかは、結局のところは、自分の働き方、自分の考え方次第だと思います。

私もそうなれるか…。

いや、そうなれるようにしたい、と思えた、増田さんの言葉でした。

20191005増田隆生さん第25回スーパーボウル実況の画像

(第25回スーパーボウル中継の時の増田隆生さん)

現在増田さんは、

タッチダウンネットワーク

と言うアメリカンフットボール情報発信サイトの運営メンバーの一人です。

アメリカのフットボールや文化を、色々な角度から紹介することで、少しでもフットポールのファンが増えれば、という思いで携わっ
ているそうです。

これもアメリカンフットボールへのほんの少しの「恩返し」だそうです。

これからも増田さんのアメフトへの「恩返し」は続くでしょう。

楽しみです。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019シーズンWEEK4】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~春日さんだけ笑顔の週



2019年10月5日放送された「オードリーのNFL俱楽部」のことを書きます。

1.ハーフタイムショーの出演者決まるもメタル界から不満が

オープニングのテロップで、今シーズンのチャンピオンを決める来年2月の第54回スーパーボウルのハーフタイムショーの出演者が決まったことが発表されました。

ジェニファー・ロペスとシャキーラです。

番組ではここまで語られましたが…私の趣味で、これに関わることを書いておきます。

先日ブログにも書いたんですが、この2人に決定したことに、ヘビーメタルバンドのトゥイステッド・シスターののボーカル、ディー・スナイダーが怒りのツイートをしたそうです。


トゥイステッド・シスターは1980年代前半によく見ました。

PVがめちゃめちゃ面白いんですよ。

この歌は、誰のなんという歌かは知られてないかもしれませんが、ベガルタ仙台の応援歌や、時々テレビ番組のBGMで使われています。




2.ラグビー日本代表、エディー・ジョーンズHCはテキサンズファンなのか?

ラグビーイングランド代表のエディー・ジョーンズHCは、前回大会では日本代表HC。

そのジョーンズHCが、日本対アイルランドの対戦を観戦しに来たそうです。

ヒューストン・テキサンズのキャップをかぶって!!


ジョーンズHCはテキサンズファンなのか?

番組はそのことを調査中だそうです。


3.クミさんは若林ファン

今回、「アメフト大好き芸人K」こと春日が、新婚旅行中の飛行機の中で、フードにマスクの「Fridayスタイル」で移動している写真がさらされました。

おそらく奥さんのクミさんが提供したものでしょう。

「ビル・ベリチックみたいじゃないか」(若林)といじられてました。

クミさんはこの番組を若林目当てに見ている、と春日が言うと、

「今度ハグしてあげます」(若林)

と言っていました。

オフトーク動画でいいから、やってくれないかな、と思うのですが…




4.「若林の熱視線Hyper」

今週は、ダラス・カウボーイズ対ニューオリンズ・セインツのハイライトの後、その試合から。

わかりにくいですが、3Q残り3:16辺りからのセインツRBアルビン・カマラのこのプレー


これはセインツのOL75番が、プルアウトして逆サイドに行ったもののブロックする相手が見つからず、カマラのランを助けることに失敗したものの、カマラの個人技で前進した、と言うものだそうです。

WRもブロックをあまり熱心にやってなかったとか。

私の認識では、いいWRはブロックもうまいです。

野球ではいい投手が守備もうまいように。

とにかく全体的にオフェンスのブロックが機能しておらず、並みのRBならノーゲインで終わるところが、カマラの技術で11ヤードゲインできたと言うことでした。

やっぱりカマラはすごいRBだと思います。

今週の若林の言葉は

「ETCだったら、バーぶっ壊して走ってるぜ!!」

でした。


カマラのファン、と言われたサトミツこと佐藤満春は、このコーナーのことをこう言っていました。




今週もInstagramで補講があると思われますので、楽しみです。


5.観戦会をやらないと、パッカーズは勝てないのか?



グリーンベイ・パッカーズが今季初敗戦。

QBアーロン・ロジャースも初INT。

私事ですが、昨日パッカーズファン3人が集まるイベントがありました。

その場で出た話題が

「今シーズン初めて観戦会(ファンによるパブリックビューイング)をやらなかったら負けたね」

「「観戦会をやらないと負ける」なんてジンクスができたら、大変なことになるね」

と言うものでした。

私は今シーズン観戦会に一回も出ることができてないのですが、全部試合の日は会社に行っていません。

開幕戦は別件で有給休暇で、あとの2試合は祝日の開催でしたから。

「俺が会社に行ったら負ける」と言うジンクスはもっと困るのですが…


「春日の呪いって、本当にあるんですね」(市來玲奈アナ)

と、呪いから解放されたカーソン・ウェンツが、生き生きと活躍していることを言っていましたが・…

2011年に春日はパッカーズを応援しているんですよね・…


6.今週のハドル

今週は川﨑オレンジジュニアのみなさん。

フル装備の中学生か高校生のアメフトチームのようです。

「市來さん、僕たちのチアリーダーになってください」

と言うメッセージに、市來アナは

「え~、なります。

先輩の尾崎アナもジャイアンツの試合でチアリーダーやってましたから」


と嬉しそうに答えていました。


尾崎里紗アナは2015年、この番組のMCをつとめて、インディアナポリス・コルツのアンドリュー・ラックを応援していました。

なお、こちらは神奈川県の武蔵小杉にある、法政大学オレンジのフィールドで、9月29日の法政大学オレンジ対東京大学オレンジの試合を写した写真と動画ですが、トゥース動画はここで撮影されたんじゃないかと思います。

aptioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/B2_ktRUHNBp/?utm_source=ig_embed&utm_campaign=loading" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);">



7.エイドリアン・ピーターソン、日本大学を指導

ワシントン・レッドスキンズのRBエイドリアン・ピーターソンがに来日し、6月22日に日本大学フェニックスを指導した模様が流れました。


ピーターソンは翌日、富士通スタジアム川崎にて、6月23日(日)、アメリカンフットボール教室に参加して、子供たちに指導しました。



8.「TカスガのEnglishタッチダウン」

今週の言葉は

「Threw us in the trash We won't forget it」

(俺たちをゴミのように扱った奴らのことを絶対忘れないぜ)

これはクリーブランド・ブラウンズのQBベイカー・メイフィールドの言葉。


前評判が高かった割に黒星先行のブラウンズに、否定的なことを言った人々に対して、ボルチモア・レイブンズに勝った後に発した言葉だそうです。

そう言えば1992年頃、バッファロー・ビルズのQBジム・ケリーが、ニューオリンズ・セインツ戦後の記者会見で、

「みんな俺たちが負けると思っていたんだろう。

お前も、お前も、そしてお前もだ・。」


と記者たちに行っていたことを思い出しました。

なお今週は市來アナの読み直しはありませんでした。

代わりにラルフ鈴木アナが、完璧な発音で読んでました。

(市來アナの読み直しは、オフトーク動画で聞くことができます)


9.番組のInstagramが動き出す

これまで2年前の写真1枚の投稿しかなかった、番組公式のInstagramに、久々に新しい投稿がありました。

「公式Twitter, 公式Facebookに続き今シーズンはこちらも更新していきます!」

と言うことなので、楽しみです。

この投稿をInstagramで見る

さあ、公式Twitter, 公式Facebookに続き今シーズンはこちらも更新していきます! WEEK4の収録終了! 今週も最新のNFL情報を超ハイテンションでお届け! 若林さんのプレイ解説「熱視線HYPER」は今シーズン益々大好評!! 若林さん、番組本編だけでは収まらず、ホワイトボードを使った「補講」を ご自身の公式インスタ @masayasuwakabayashi で公開中! まず先に番組本編「熱視線HYPER」をご覧いただくと、「補講」もめちゃくちゃ楽しめますよ! 番組本編は、スマホやPCから完全無料で、全国から視聴可能! 「TVer」「日テレ無料」「GYAO」各アプリ内で「NFL」で検索ください! URLは公式アカウント @nflclub_official のプロフィール欄からも確認できます。 https://cu.ntv.co.jp/program/audreyNFL/ 若林さん公式インスタ「補講」と合わせて、ぜひぜひお楽しみください!

NFL倶楽部 公式さん(@nflclub_official)がシェアした投稿 -





ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「ラグビーボール問題」とは?〜これは世界的な問題のようだ


ラグビーワールドカップ 2019東京大会は、開幕前の予想を超えて大きく盛り上がっているように感じますが…

その裏で

「ラグビーボール問題」

と言うものがあることを、下の記事で知りました。


だいたいタイトルで想像がつきました。

SNSにラグビーのことをツイートするときに、ラグビーボールの絵文字を載せたつもりが、誤ってアメリカンフットボールの絵文字を載せてしまった、と言うことです。

ラグビーボールの絵文字はこちら 🏉

アメリカンフットボールの絵文字はこちら 🏈

両先端に白い帯があるかないかでわかると思います。

どうしてこう言う間違いが起きるのか、よくわかりません。

私のiPhoneでは「ラグビー」と打てばちゃんとラグビーボールの絵文字が候補に出てきて、アメフトのボールの絵文字は候補に出てきません。

Windows 10のPCでもそうでした。

ですが…

両方とも観戦する私でも、言われないと気が付かないです。

ちなみに、本物のボールは、ラグビーボールのほうが一回り大きく、アメフトのボールのほうが両端がややとがってます。

これは、アメリカンフットボールではフォワードパス(前バス)が許されていますので、投げやすいように、飛びやすいように、と言うことみたいです。

こんな投稿もありました。


あれっ、ラグビーボールにはレースはなかったっけ?

高校時代(福岡堅樹選手と同じ高校です)に体育の授業でしかラグビーをやったことがない私の知識は、その程度です。


上の記事ではSNSの絵文字だけがクローズアップされているようです。

しかし、私のSNSのタイムラインでは、アメフトのボールを持っていたり…

ポスターなどに描かれたものの間違いを指摘するものの方が圧倒的に多い、
です。


何年か前、ある地方のラグビー協会のシンボルに、アメリカンフットボールが描かれている、と聞いたこともあります。


もう一つ上の記事に書いてないことを。

これは日本人だけが間違っているわけではない、と言うことです。

アメリカンフットボールの絵文字と「rugby」と言うワードの組み合わせ

「🏈 rugby」検索すると、日本語ではないツイートがたくさん出てきます。

こちらはフランス語と思えるもの



こちらは英語


海外も間違いを起こす人がいるこは、アメフトの認知度が低いからかなぁ…

でもヨーロッパでは、日本でよりは盛んのように感じるのですが…

私としては、それぞれの協議に対する「故意」ということを除けば・・・

ワールドカップを2連動しても、2007年の自国(日本)開催で準優勝しても話題にならないマイナースポーツのアメリカンフットボールが、こう言う形ででも話題になることは、悪い話ではないと思ってます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ラグビーW杯    ジャンル : スポーツ
  1. ラグビー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

続【2019シーズンWEEK3】「オードリーのNFL俱楽部」の番外編~「若林の熱視線」補講など

先日書いた

「【2019シーズンWEEK3】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~今シーズン最初で最後の「NFL俱楽部ボウル」」

の後に出てきた、番組に関する情報を書いておきます。

番組を見逃された方は、こちらで、金曜日いっぱいぐらいまで見ることができます。


1.「若林の熱視線Hyper」の補講

「若林の熱視線Hyper」のコーナーで、時間の関係で話せなかったことが、今週も若林のInstagramにありました。

今回のはかなり深いです。

若林が解説したのは、このダブルリバース。

今回の解説はそう難しいものではないな、これ以上何を解説するのだろう、とか思っていたのですが…

実は番組で話してないことがあったのです。



私は、RBにハンドオフフェイクしていたのは気づいていたのですが、このことにそんな大きな意義があるところまでは読めませんでした。

サトミツが、驚くべきところで驚いているのが、「ここが大事」と言うことを視聴者に伝えてくれるので、ありがたいです。

そして最後の

「ようこそ、NFLの世界へ」(若林)

と言うのカッコがいいですね。

来週以降もこうやってサトミツを出して、驚く声を入れてくれたらいいなと思います。

サトミツも大満足のようです。


2.メロディーさんのインスタ

ニューイングランド・ペイトリオッツのショップを取材したメロディー・モリタさんのインスタが投稿されました。



「私、ちなみにこれ持ってます」

と言う2枚目のは、1990年前半まで着られていたものだと思います。

私は今のより、当時のジャージの方が「ペイトリオット(独立軍)」らしくて好きです。

当時NFLの番組に出ていた豊田順子アナが、この色合いだけでペイトリオッツが好きになった、と言うぐらいですから。

ただ、当時はめちゃめちゃ弱かったですけどね。


3.台頭する若いQB

先週のオフトーク動画で、これまでの先発QBが怪我したり、負傷したりで、新しいQBに交代するチームが多い、と言うことが語られていました。

中でも、ジャクソンビル・ジャガーズでニック・フォールズに代わって出場しているガードナー・ミンシュー(Gardner Minshew II)のことが高く評価されていました。

下の動画、「MINSHEW MAGIC」として紹介されたものはWEEK4のものですが、とにかくいい動きをしています。



これがドラフト6巡、全体の178番目にと言う下位で指名されたルーキーですから、すごいな、と思います。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

ホスピタルボウル ホスピタルフットボール オードリーのNFL倶楽部 ナイトライダー 鈴木弘子 谷村有美 グリーンベイ・パッカーズ ドン・マカウスキ NFL 歴史 流行語大賞 アメリカンフットボール みらいふ福岡SUNS ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 ラグビー #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト ドラフト XFL 春日の呪い NFLの歴史 オードリーのNFL俱楽部 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! オードリー LFL 濱口芙由紀 オードリーのオールナイトニッポン むつみ荘 竹内まりや ロサンゼルスの戦い 終戦記念日 太平洋戦争 ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 福岡ソフトバンクホークス 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ スーパーボウル オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エロイカより愛をこめて エーベルバッハ少佐 NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 終戦の日 戦争 平成時代 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン 大谷翔平 サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト 福岡SUNS DAZN Hulu Amazon Twitter グレード パワーランキング お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ 栗山英樹 FIGHTERS 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Touchdown タッチダウン RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 ツイッター twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力自由化 電力小売り全面自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT 太平洋クラブライオンズ クラウンライターライオンズ 極貧球団 スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス IoT モノのインターネット リベンジポルノ ブレーキサポートシステム 自動走行システム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 福岡のライオンズ 東尾 カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 赤星 阪神 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 12月8日 真珠湾攻撃 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON GIRL BAND HOT-L ライブ ファンブル ピッチ ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 ストロベリー 保毛尾田保毛男 とんねるずのみなさんのおかげです 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ グリーンベイ ロジャース 城島 パッカーズ メンタル不全支援 スイム パスプロ ジョー・モンタナ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース 三浦春馬 サムライハイスクール 歴史ブーム タイムスリップ  ジョン・タイター ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 南海ホークス 立花香織 景浦安武 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾理子 東尾修 September Fire 九月 Wind Earth, アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 蜂ノ巣城紛争 下筌ダム 室原知幸 砦に拠る 木下典明 腸チフスメアリー 両性具有 サン・ジェルマン伯爵 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -