FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【2019年シーズンWEEK23】「オードリーのNFL俱楽部」のこと~また9月、会えますように #NFL俱楽部



ずいぶんと遅くなってしまいましたが、2月15日に放送された、「オードリーのNFL俱楽部」のWEEK23、今シーズンの最終回のことを書いておきます。

今回は相武紗季さんも出演。

「スーパーボールは3回見ました。

49ナーズを応援してたんですけど、途中からチーフを応援しました。」(相武さん)


とのことでした。


1.今週のトピックス

1)カンザスシティー興奮、チーフスが凱旋


50年ぶりのスーパーボール制覇にわくカンザスシティーで、チーフスの優勝パレードが行われたそうです。

パレードには80万人人のファンが駆けつけたそうです。

フィールドとは違い、砕けた格好のパトリックマホームズを見て

「マホームズ、ラッパーみたいだな」

と若林が言っていました。

パレードのフル動画が、チームからリリースされていましたので、貼っておきます。




2)アメフト大好き芸人Kお手柄!、あの選手の〇〇からコメント

順番が前後しますが、このことが最初に語られました。

試合後に、パトリック・マホームズのお父さん、パット・マホームズ氏(元横浜ベイスターズ投手)からインタビューがとれました。

「日本のファンに

ジャパニーズファン、メッセージプリーズ」(春日)

「本当に最高だよ!

息子の夢が叶う瞬間を見られたんだから

信じられないよ

日本にはぜひ行きたいと思っているんだ。

やりたいプランがいっぱいあるからね。

横浜と東京が俺のお気に入りの場所さ!」(パット・マホームズ)


そして最後は春日と2人で「トゥース」をしてくれました。

このインタビューはフィールドでたまたま偶然ぱっとマホームズを見つけて、撮影用のテープがなくなり、スマートフォンで撮影されたものだそうです。

春日は、自身が埼玉西武ライオンズファンと言うことを言わなかったそうです。

ベイスターズが日本一になった1998年、日本シリーズの対戦相手はライオンズでしたから、言ってもマホームズ氏をを傷つけることがなかったんじゃないかと思います。

3)FAに大物選手続々

このことは語られませんでした。

4)アメフト大好き芸人K、愛犬Cをマイアミに連れて行っていた?

春日が愛犬チャチャの人形を、マイアミに連れて行っていたそうです。

スーパーボールが行われたハードロックスタジアムの前で、その人形を抱えて撮影したり、スタジアムの観客席に人形を置いて撮影した写真が画面に映りました。

ちなみに、国にもよりますが、外国に本当に犬を連れて行こうと思ったら、おそらく検疫のために何日間か犬は別の場所に隔離される、と聞いたことがあります。


2.NFLオナーズ

シーズンMVPや各分野の受賞者を表彰する「NFLオナーズ」。

今年もオードリーは正装して参上。

春日は、翌シーズンの応援チームを決めるために持ちネタを披露して反応を見ます。

これまで春日の「鬼瓦」の英語版に好感を示したのか、例えばバッファロービルズのLBキコ・アロンソ、サンフランシスコ49ナーズのQBコリンキャパニック、タンパベイ・バッカニアーズのRBダグ・マーチン。

そんなわけで、翌シーズンはビルズを応援したり、49ナーズやバッカニアーズを応援したりしました。

今シーズンと昨シーズンは、レッドカーペットでの反応とは関係なく、クリーブランドブラウンズでしたが…

若林のほうはお目当てはヒューストンテキサンズの選手。

テキサンズの靴下をはいて、靴をはかずにアピール。

特に今回は、結婚祝いのメッセージをくれたWRデアンドレ・ホプキンスにお礼が言いたい、と言っていました。




まず最初に、今シーズンのポストシーズンを沸かせたテネシー・タイタンズの中心選手、RBデリック・ヘンリーが来たのですが、そのまま捕まえることができずに、通り過ぎられてしまいました。

春日は「ディー・ヘンリー」と言っていました。

それを聞くと、イーグルスのボーカルで、ドン・ヘンリーのことを思い出す、私のようなMTV世代の方も他にもいるんじゃないかと思います。



次に見つけたのは「オードリーのお友達」と紹介されたジョー・ネイマス

3年ぶりにその姿がうつされました。

しかしネイマスにもスルーされたそうです。

ただメロディー森田さんのインストには、ネイマスがインタビューを受けている姿が写っています。

この投稿をInstagramで見る

Reporting from Miami for SUPER BOWL and the 100th year anniversary of the @NFL!😆🏈✨ This year will be a tough match between the Chiefs who have made it to the Super Bowl for the first time in 50 years VS the 49ers with their seventh appearance. * Swipe for photos of this year's venue + interviews I conducted to Chiefs' star quarterback Patrick Mahomes and Tyreek Hill who have had a phenomonal season that led them to this stage + more players/legends! Mahomes' father was actually a professional baseball player in Japan as well which explains where his insane throws come from... but we'll have to keep our eyes peeled for what he'll show on the grand stage✨ * On the other hand, the 49ers' defense is highly skilled at slowing down the opponents' top weapons. Their head coach Kyle Shanahan will be making his Super Bowl debut and become the first ever father-son duo to make separate SB appearances. Will they be able to stop Mahomes and raise the Lombardi Trophy?! * I'm currently prepping and getting ready for the red carpet tonight with Oodori-san to interview all the star players. Wish us luck, and join in the fun for the final Sunday Night Football of the season!🔥 * 今年のSUPER BOWL開催地、マイアミに来ています!😄✨ 50年ぶりの出場となったChiefsと、7回目の出場となる49ersの対戦。 * 写真は会場、チーフスのスターウォーターバックのPatrick Mahomes選手、WRのTyreek Hill選手などへの以前のインタビュー風景です! * ‪2018-2019シーズンのLeague MVPでもあるマホームズ選手ですが、プロ野球選手で日本でも活躍されたお父様譲りの肩で、このスーパーボウルでも目を疑うようなスーパープレーを魅せてくれるのでしょうか!? * 対する49ersはディフェンス力で、そのマホームズ選手たちの勢いあるプレーを止めることが出来るのかに注目!優秀コーチであるKyle Shanahan HCはNFL史上初、親子2代スーパーボウル制覇となるのかにも期待です👀‬ NFL倶楽部ではオードリーさんの後ろから、良い取材&選手インタビューができるように頑張ります‼️💪 そして、スーパーボウル・サンデー、是非日テレでご覧ください✨ #NFL #NFLclub #SuperBowl #superbowl2020 #superbowlliv #Chiefs #49ers #選手インタビュー

Melodee Morita | メロディー モリタ(@melodeemorita)がシェアした投稿 -



コメント欄を見ていると、

「トップNFLレジェンドなのにも関わらず、本当にとても優しく、丁寧に答えてくださる方でした」

と丁寧に対応してくれたようですが、番組では何らかの理由で使えなかったのでしょう。

ネイマスからインタビューをとると言うことが、どれだけ凄いことなのか一度ネイマスのことを番組で特集してほしいものです。

私自身、イマイチそのすごさがわかっていませんから。

ラッセル・ウィルソンにスルーされた後、ようやく1人捕まえることができました。

なんでも、春日の大きな顔を見て足を止めたそうです。

バッファロー・ビルズの2年目のQBジョシュ・アレン

20年ぶりにチームを2けた勝利に導いた若きリーダーです。

「結果的に満足のいくシーズンではなかったが多くのことを学んだシーズンだった。

まだまだ若いチームだしみんな早く来シーズンを迎えたがっている」


とのことでした。

日本のファンに向けては

「いつも応援ありがとう。

日本ではメジャーではないけど見てくれて本当に感謝しているよ。」


さらにトゥースポーズまでいただき

「あるね、ビルズあるぞ!

来シーズン、春日の応援チーム。

いい男だったね。」

と春日を興奮させていました。

ちょっと気になるのが

「日本ではメジャーではない」

と言う言葉。

NFLはたしかに「日本ではメジャーではない」と思いますが、NFLファンの中では、ビルズは90年代からメジャーなチーム。

今シーズンのニューイングランド・ペイトリオッツですら達成できなかった、4年連続スーパーボウル進出を果たしたチームです。

ビルズがイチオシ、と言うファンは、ペイトリオッツやカウボーイズのファンほどはいないと思いますが、

「あの時のビルズは大好き。

イチオシチームの次に応援しているチームのひとつ」

と言う人は多いように感じます。

私もそうです。

それに、アレンはルーキーイヤーから、立ち振る舞いが堂々としていて大好きです。

次に捕まえたのは、49ナーズなどで活躍したスティーブ・ヤング。

ヤングは東京オリンピックを観戦しに来日するそうで

「東京に美味しいお寿司屋さんはありますか」

と春日に質問。

「えーーーと

くら寿司」


と答えてました。

日本のファンには

「日本に49ナーズファンが多いことは感じている。

(現役時代は)その愛を感じてプレイできたよ。」


と言っていました。

たしかに、第2次NFLブームを引っ張った49ナーズには、若林のお父さんも含めて多いと思います。

ヤングは1989年のプレシーズンゲームで49ナーズの一員として来日してます。

この時の前売り券は一瞬で売り切れたそうです。

私はなんとか買うことができました。

それほど当時はNFLの人気はすごかったです。

ヤングはジョー・モンタナに続いて2番手QBとして登場しました。

次はピッツバーグスティーラーズのLBTJワット

「今シーズンはどうでしたか」

の質問に

「とても楽しいシーズンだったよ

昨シーズン以上にフィールド上で自分の最大限の能力を発揮できたよ。

オフシーズンでチームを強化して来シーズンプレーオフスみたい。」


春日がここで、お礼にと言うことで

「縁起の良いギャグをね。」

と言って「鬼瓦」を

「鬼タイル」

とかえてやりました。

するとワットも

「僕もやりたいよ」

と大笑いして答えました。

「弟、めちゃくちゃいい男じゃないか。

ウケたしね。

スティーラーズ、来シーズンはあるな」


と春日は言っていました。

そして若林の出番。

ホプキンスを止めることに成功。

「結婚のメッセージありがとうございました。」

「こちらこそ光栄だよ。

いつも応援してくれてありがとう。」


「ホプキンス選手のようにスーパーキャッチでお嫁さんゲットしました。」

と言う若林のギャグに

「OK WAHAHA」

と笑ってくれました。

そして日本のファンへ衝撃のメッセージが

「日本のみんな、僕の大学時代の最初の彼女は日本人なんだ。

ハシの使い方を教えてくれたよ。」


インタビューを終え、若林は、

「思い伝えられて…

はじめての彼女が日本人。

その日本人を探しましょう、この番組で。」

それはおもしろいと思います!

カメラがスタジオに戻ると

「レッドカーペット10回目で初めて大爆笑を取りましたよ」

と言う若林に、MC陣は「?」マーク。

「明らかに愛想笑いだろう」(春日)

とつっこまれてました。

春日によると、

「写ってはなかったけど、エミット・スミスとかディオン・サンダースなんかの私がアメフトを見始めた頃のレジェンドや、現役選手もいて、非常に興奮しましたよ。」

それを相武さんは、へぇー、すごい!という表情で見ていました。

「来シーズンも応援するチームは決まりそうですか?」

と言う相武さんの質問には

「そうね、ビルズかスティーラーズをね」

と言っていました。


3.今週のハドル

今回は今シーズンの最終回と言うことで、出演者とスタッフ全員で

「トゥース」

その後春日が「また9月に」と言っていました。

数えてみたところ、全員で24人。

意外だったのは女性スタッフが6人ぐらいいたことでした。


4.スーパープレイ集

今シーズンのスーパープレイ集が流されました。

同じものではないですが、100のプレイ集がありましたので、貼っておきます。



最後に

「NFL倶楽部は永久に不滅です」(山崎アナ)

とのナレーションがありました。


5.エンディング

「相武さん、こうやって見るとNFLにはスーパープレイがいっぱいありますね」(若林)

すると本当に嬉しそうに

「今シーズンも本当に楽しかったですね。」

と、全身で嬉しそうに言っていました。

ペイトリオッツについては

「今シーズンは調子悪かったですね。

また来シーズンに期待したいです。」

ブレイディーの動向もはっきりしないこともあって、来シーズンの応援チームは、トム・ブレイディ移籍の可能性があるからか

「9月まで塾考させてください。」

とのことでした。

市來アナは

「スーパープレイがこんなにあるとは驚きました。

もっと勉強して、じっくり見てみたいです。」

と言っていました。

そして若林からのお願い

「熱いメッセージを募集したいです。

#NFL倶楽部 をつけて応募ください。

熱いメッセージだな、と思った方には、スーパーボールグッズをプレゼントしたいと思います。」


春日からは

「本当にあっという間だったね。

(オフの)半年間、何とか乗り切ってまた9月に会おうや」

との言葉が。

そして春日の締め

「いやぁ、NFLって、本当に最高ですよね。

さよなら、また、9月」


と言うものでした。



こうやって今シーズンの「オードリーのNFL倶楽部」の放送は終了しました。


6.来シーズンに向けて

先週も書きましたが、オフトーク動画で若林が言っていましたが、首の皮1枚でつながっている番組、と言うのは半分本当だと思います。



この番組が打ち切られると言うことになると、日本テレビからNFL中継がなくなると言うことになるでしょう。

1994年シーズンからの数年間のように。

そうならないために、私たちファンができる事は、なるべく多くのメッセージを投稿することだと思います。

あくまでも私の想像ですが、熱いものが書けないと言って遠慮することはないと思います。

感じたこと、やってほしいこと、またやめてほしいことでもあれば、 #NFL倶楽部 をつけて投稿してくれれば、と思います。

皆さん、日本からNFLの灯りを消さないよう、がんばりましょう。




ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】日本からその灯が消えないように〜オードリー若林さんのインスタからのお願いにこたえましょう #NFL倶楽部


まだ「オードリーのNFL倶楽部」の今シーズン最終回、WEEK23のことを書いていませんが、それは今度の三連休中に書くとして…

オードリー若林さんのインスタに、気になる投稿があったので、そのことを書いておきます。

なお、「オードリーのNFL倶楽部」最終回は、下のツイート内のリンク先で、日本全国で、2020年2月22日(土)朝2:43まで見ることができます。


さて、若林さんが今シーズンの「オードリーのNFL倶楽部」を振り返ったインスタはこちらです。

この投稿をInstagramで見る

NFL倶楽部2019-20シーズンの放送は2月15日の放送をもって最終回を迎えました。 みなさん今シーズンもご視聴本当にありがとうございました。 今シーズンは応援しているテキサンズがディヴィジョナルプレイオフ(準々決勝)まで進んでとても応援しがいのあるシーズンでした。 テキサンズはデヴィジョナルで、スーパーボウルを制したチーフスに第1Qで3ポゼッション差をつけていたので、その時は「もしかしてスーパーボウル行けちゃう?」と舞い上がっていました。 その気持ちはスーパーボウルを制したチーフスの爆発的なオフェンス力に瞬く間に打ち砕かれることになったのですが。 スーパーボウル前日は、マイアミのホテルのロビーでスタッフと深夜までスーパーボウル談義に花が咲きました。 おじさん数人が深夜まで試合の予想や分析を夢中になって話せるなんてアメフトは本当にすごいスポーツです。 アメフト漫画の名作「アイシールド21」でヒル魔という登場人物が勝利が絶望的な状況で「ないもんねだりしているほどヒマじゃねぇ あるもんで最強の闘い方探っていくんだよ」という台詞を口にします。 少々熱い台詞ですが、この言葉にはアメフトの魅力が詰まっています。 アメフトは色々なスポーツの中でも全体の戦力の中で作戦の良し悪しが占める割合が比較的大きいスポーツだと思います。 体格的、身体能力的に圧倒的に劣っていても作戦で勝てる可能性がある。 今の仕事でも他人の能力を妬みがちな僕はその度に先ほどのヒル魔の言葉に助けられてきました。 話を戻しますが、深夜スタッフと話していた時にこれだけ一般人でも「49ersのモスタートのランが凄い」「マホームズが走りながら投げてくる」と言っているなら、何か裏をかいてくるような展開がありそうですねと話していました。 すると試合開始から49ersがモスタートではなく、WRのジェットスイープやリバースなどのランを使ってきて「なるほど!!!」と解説席で目を見開いたり、 チーフスはマホームズがポケットの外に出ないように挟み込まれることがわかっていたので、RBのランをいつもの試合より多く使っていたように感じました。 そして、両チームの策が出尽くした第4Qからはチーフスのディフェンス陣が気迫でディフレクトやパスカットを連発して49ersの攻撃を耐え忍び、それで得た攻撃のチャンスをマホームズがここ一番の集中力と規格外のフィジカルでものにしました。 ロンバルディトロフィーを手にしたマホームズを見て、これから十数年NFLを引っ張っていく選手なのだろうなと胸が熱くなりました。 試合後にチーフスの選手にインターセプトした時の気持ちをインタビューした時に「その時は次のプレイに集中しようとチームのみんなに言われた。今を生きるじゃないけど、試合中は今のプレイが全てだから」という言葉を聞いて、ぼくはまた例のヒル魔の台詞を思い出したのでした。 ガロポロは今回のスーパーボウルを物語にしてまた活躍するだろうし、 ベテランのブレイディやブリーズがどうなるのか、 来シーズンも役者が揃いすぎていてとても楽しみです。 つまり何が言いたいかというと、来シーズンこそテキサンズにスーパーボウルに行って欲しいということなのです。 それではまた来シーズンお会いしましょう。 そのためにもみなさんSNSなどで#NFL倶楽部 での投稿何卒よろしくお願いします🙇‍♂️🏈

若林正恭(@masayasuwakabayashi)がシェアした投稿 -



長いです。

でもおもしろかったので、最後まで一気に読めました。

「アイシールド21」の蛭魔の言葉、私もよく覚えてます。

あのコミックのことを「名作」と書いてますが、まったく同感です。

蛭魔は時々深いことを言いますし。

気になるのは最後の2文です。

「それではまた来シーズンお会いしましょう。

そのためにもみなさんSNSなどで #NFL倶楽部 での投稿何卒よろしくお願いします。」

このお願いは番組の最後にも言っていました。

下のオフトーク動画でも最後に、そしてもっと生々しく言っていたことです。



「来シーズンに向けた熱いメッセージを急集!
ハッシュタグ「 #NFL倶楽部 」をつけて、どしどしご応募を!」

に続けて、

「首の皮一枚でつながっている番組ですので、ぜひメッセージで番組を盛り上げていただきたい」

と言っていました。

「首の皮一枚でつながっている」

と言う表現はない、半分本当じゃないかと思います。

それは番組をみたり、公式SNSを見れば伝わってきます。

特に気になったのが昨シーズンの最終回。

「多分来年もこの番組はあると思います。」

みたいなことを言っていました。

やっぱり「多分」なのか…

と思いました。

この番組がなくなると言うことは、1994年シーズンからしばらくそうだったように、日本テレビから試合中継も含めてNFLが消えると言うことだと考えます。

残るはNHKとネット中継だけになります。

そうならないためにも、来シーズンも「オードリーのNFL倶楽部」が続くよう、この番組のファンの方々には、

「 #NFL倶楽部 」

をつけて、熱いメッセージをSNSで投稿していただくよう、いちアメフトファンとして、お願いいたします。

こちらには在米の小坂ディレクターのツイートがあります。


日テレからNFLがなくなれば、小坂ディレクターと若林さんとが絡む機会が激減するでしょう。

もしかしたら、楽しいことをツイートしてくれる、このアカウントも更新停止になるかもしれません…

小坂ディレクターが、オードリー若林さんといつまでも仕事ができますよう、このアカウントからのツイートが続きますよう、重ね重ねになりますが、皆さま、

「 #NFL倶楽部 」

をつけて、熱いメッセージをSNSによろしくお願いいたします。

もうすでに「 #NFL倶楽部 」でツイッターを検索したら、かなりのメッセージが見つかりますが、多ければ多いほどいいはずです。

よろしくお願いします。



ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019年シーズンWEEK22】「オードリーのNFL倶楽部」のこと〜第54回スーパーボウル観戦レポート


2020年2月8日に放送された「オードリーのNFL倶楽部」のことを書きます。

今週は第54回スーパーボール観戦レポートでした。

若林はカンザスシティーチーフスの15番QBパトリック・マホームズのジャージ。

春日はサンフランシスコ・49ナーズの85番のジャージ。

市來玲奈アナは、チーフスの優勝記念Tシャツを着ての放送でした。

今週は一段とオードリーの2人のテンションが高かったです。

若林は「アメフト最高、スーパーボール最高」と叫んでいました。

春日は「ありがとうね。マイアミありがとう」と叫んでいました。

1.今週のトピックス!

1)リトルトゥースもびっくり。NFL倶楽部がラジオをジャック?!

「リトルトゥース」とは「オードリーのオールナイトニッポン」のリスナーのこと、と若林がまず説明。

先週の「オードリーのオールナイトニッポン」が、マイアミから生放送されたのですが、その時の写真を交えて語られました。

写真は多分、左から若林、(多分)石井ディレクター、春日。

この3人がマイクが置かれたテーブルを囲んでラジオ放送しました。


「これだけ(の設備で日本に向けて)で生放送ができるんだからすごいね」

と若林が言っていました。

例年スーパーボールの前の「オードリーのオールナイトニッポン」は、事前に収録したものが放送されのですが、今年は、どうやら日本テレビの佐野Pが動いて、ニッポン放送のスタッフを連れてこのようなことをやったようです。

このときの模様をブログに書きましたので、よろしければ読んでみてください。



「オードリーのNFL倶楽部」と「オードリーのオールナイトニッポン」のどちらにも関わっているサトミツこと佐藤滿春も佐野Pに誘われたそうですが、調整がつかず断念したそうです。


ラジオでは行動力のある佐野Pのことを

「いつでも第4Qだと思っている、スクランブル型QB」

と若林が表現していました。

これはとても良いほめ言葉だと思います。


2)今年のSBの視聴者は歴代10位

このことは語られませんでした。

関連ニュースがありますので貼っておきます。


3)NFLオナーズ開催
今シーズンの受賞者を表彰

このことも語られませんでした。

全員載っているわけではないですが、関連ニュースを貼っておきます。


ここ最近、シーズンMVPがいる選手のチームは、スーパーボールに勝てない、と言うジンクスがありますが、今年もそれが当たりました。


4)アメフト大好き芸人A 番組に乱入?!

ピース綾部が「オードリーのオールナイトニッポン」の放送に乱入してきたことが語られました。

ラジオでも言っていましたが、乱入といっても、実はシナリオ通りのことです。

綾部はNFLチームのロゴのついたカーテンをスーツに仕立てた派手な服装で

「これがアメリカだ!」

を連発していたと語られていました。


なお綾部は、今回はスーパーボウル中継には出演しませんでした。


2.スーパーボウル前半のハイライト

まず前半のハイライトが流されたのですが、こちらには全体のハイライト動画を貼っておきます。

https://youtu.be/UVV80kTudSM

今回のスーパーボールは、49ナーズがホームチーム扱いでしたので、カラージャージと、ホワイトチャージのどちらを切るかを決める権利は、49ナーズにありました。

例外もありますが、一般的にはホームチームはカラージャージを着用します。

しかし49ナーズはこれまでスーパーボウルでの勝率100%を誇るホワイトジャージを選択しました。

実は最近は、ホワイトジャージのチームが勝つことが圧倒的に多いのです。

1Q残り1:59からのチーフスの4thダウン1からの攻撃での、このトリックプレイを、若林が「プチ熱視線」として解説。


最初はQBマホームズの後ろに2人のWR2人が並び、最後尾にRBウイリアムスが並んでいましたが、開始直前に全員が右側にスピンしてシフト。

これでQBの位置にウイリアムスがつくワイルドキャットフォーメーションとなりました。

となるとボールはウィリアムスにスナップされるのか、それともマホームズにスナップされるのか、ディフェンスは戸惑います。

結局ウィリアムスにボールがスナップされ、ウィリアムスが真ん中を突破しようとします。

ダウンは更新したものの、さすがは協力49ナーズディフェンス。

ウイリアムスはゴール前1ヤードで止められました。

若林はシフトする際にスピンしたことについては

「意味はありません。

ただの遊びです。」

と言っていました。

私としては、相手をより一層戸惑わせる効果があったんじゃないかと思っています。

なおこのプレイについて、ネットには、大昔にローズボウルでやったものではないか、と言う投稿がありました。

その真偽は私にはわかりません。

前半は10-10のタイで終了。

スタジアムは均衡した試合に盛り上がっていたそうです。

私はスーパーボウルを、この番組の公開収録の回に出演した、曽我小百合さんが主催した観戦会で見ました。

解説者の輿さんが来ていましたが、輿さんか、参加者の中の詳しい方の誰かが、

「10-10GAME」と言うことばには意味がある、と言っていました。


3.ハーフタイムショー

今回のハーフタイムショーは、Jennifer LopezとShakiraによるもの。

私は例年のごとくあまりよく見なかったので、動画だけ貼っておきます。

https://youtu.be/pILCn6VO_RU

こういうツイートがありました。


まったくその通りだと思います。

この2人は50歳と43歳。

リトルトゥース的に言えば

「まだまだ50台」

だと、勇気を与えてくれました。

それにしてもこの露出度の高さを見て、NFLは、ジャネット・ジャクソンによる悪夢から完全に解放された、と思いました。


4.スーパーボウル後半のハイライト

3Qを支配したのは49ナーズ。

オフェンスとディフェンスが噛み合って、4Qが始まるまでに20-10とリードしました。

しかし、これまで10点差以上のリードを許した試合を、全部逆転勝ちしているマホームズ。


「マホームズ・マジック」が炸裂しました。

結局試合はチフスが逆転し、さらにウィリアムスがダメ押しのタッチダウンを決め、

31-20

で50年ぶりにスーパーボウルに勝ちました。

点差は開きましたが、残り1分半までどちらが勝つかわからない、おもしろい試合だったと思います。

「Mahomes Magic is REAL」

(この言葉、Twitterで検索すると、いっぱい出てきます。

こういうフレーズがバズっているのか、何か似たような有名な言葉があるのでしょう。)

を見せつけたマホームズは、試合後

「49ナーズディフェンスに前半は苦戦していたけど後半は見事でした」

と言われ

「49ナーズディフェンスは素晴らしい。

リーグの中でも屈指のものだ。

きちんと作戦を実行しないと攻略できない。

でも最後に逆転への道しるべを見つけることができた。」

と答えていました。

「チーフスはなぜ数多くの逆転ができたのですか?」

と言う質問には

「チームとしての成果そのものだ。

みんなベストを尽くし決してあきらめない。

複数のリーダーが引っ張り、全員があきらめず戦い抜く覚悟だったからね。」

と答えていました。

「シーズンMVPとスーパーボウルMVPの両方を獲得した最年少選手になりましたね。」

と言われると

「カンザスシティーのみんな、ついにやったぜ!」

と照れ隠しのようなことを叫んでいました。

カメラがスタジオに戻ると、オードリーの2人は

「パトリック・マホームズ。

ニュースターの誕生だね。」

「そうだね。」

ということを話していました。


5.「若林の熱視線hyper」

今シーズン最後のこのコーナー。

紹介されたのは、4Q残り7:12からのチーフスの3rdダウン15での、マホームズからヒルへのロングパスでした。


このプレイをフィールド小坂Dと一緒にで見ていた春日は、

「キャー」

と叫んでいたそうです(が、それはなかったでしょう)

結論としては、

「この短い時間であそこまで到達してしまうヒルのスピードと、あの小さい肩の回しであそこまで投げてしまうマホームズの肩の強さが異次元ですよ。」

と言うことでした。

と言うわけで、行きの飛行機でその映画を見た若林のまとめは

「ヒルのスピードと、マホームズの肩が、ターミネーターだぜ!」

でした。

NEXT GEN STATSはこのプレイを、こうツイートしていました。


6.試合後の様子

若林と春日が見た、スーパーボウルの試合後の様子が流されました。

まずチーフスの記者会見場に行った若林。

ヒルの席の前で

「ロングパスを捕ったときの気持ちを聞いてみます」

と言って質問。

「49ナーズのディフェンスは強力だからね。

ディフェンスコーディネーターのもとまとまっていて、今シーズンの働きは素晴らしかった。

特にディフェンスバック陣がすごいんだ。

彼らがベストだからそれに打ち勝つことが楽しいんだよ。」

と答えてくれました。

続いてケルシーに

「4Qに負けると思った瞬間はありましたか?」

と尋ねると

「全くないよ」

男3回繰り返した後

「やるべき事は49ナーズを止めて得点を取る。

このチームは目標を決めたら何でもやり切る団結力があるんだ。

攻撃が止まるなんて微塵も思わなかったよ。」

と答えてくれました。

ケルシーからコメントが取れた若林は、ガッツポーズの代わりに、トゥースを小さくやっていました。


7.今週のハドル

今回は2年連続30回目の大学日本一になった

関西学院大学ファイターズ

によるものでした。

ライスボウルの時に撮られたものだと思います。


8.春日の突撃取材

試合後のフィールドでのインタビューに備え、春日は4Q途中に放送席からフィールドに移動。

49ナーズのジャージを着ていた春日は、10点差で49ナーズがリードしていたので、

「フィールドに降りる途中に、おめでとう、と何人もから声をかけられた」

とオフトーク動画で言っていました。

https://youtu.be/SWxpRgHUAb0

しかしチーフスが逆転勝ちすると、49ナーズのジャージの上から、チーフスのジャージを着る、と言う行動へ。

確か去年もそんなことをしたと思います。

周りのメディアはドン引きだったそうですが、仕事ですからね。

目標は、マホームズと話すこと。

春日は試合後の表彰式のスタンドに近づき、写真撮影を。

これは

「写真を撮らせてください」と言う言葉をきっかけで選手と親しくなる

と言う、「春日式取材方法」だそうです。

さっそくヒルをフィールドで捕まえることができました。

「コンニチハ」

と返事してもらったので、「お礼に」春日のネタ「トゥース」を伝授。

一緒にやってもらってました。

OLのペンネルとも一緒にトゥース!

Sマシューから

「ゴー!チーフス」

とのコメントをもらってました。

そして目標のマホームズへ

「(あなたが小さい時に住んでいた)ジャパニーズファン」

と言うと、一緒目があったようですが、取材はできませんでした。

その代わり、マホームズの肩に触ることができたので、喜んでました。

貴重だったのは、カメラがスタジオに戻ってから春日語ったこと。

マホームズには多くの傷跡があったそうです。




9.「TカスガのEnglishタッチダウン」

今週はます、邦訳から紹介。

「見たことないようなでっかいチーズバーガーだ。

ダブルにしちゃうかもしれない。」

これはピンス・ロンバルディアトロフィーを獲得したアンディ・リードHCの言葉。

「I'm gonna go get the
biggest cheeseburger
you've ever seen.

Might be a double.」

の訳だそうです。


春日は、多分トロフィーのことをチーズバーガーだと言ってるんだろうね、と言っていました。

私もなんとなくそんな感じもします。

ビンス・ロンバルディはグリーンベイ・パッカーズに2度目の三連覇をもたらすなどの名将。

そして、パッカーズと言えば、チーズヘッド、と言うつながりからです。

なお、リードHCは、パッカーズのコーチ時代、1996年シーズンにスーパーボウルに勝っています。

その後市來アナから説明が。

アンディ・リードHC(61歳)は、歴代6位となるレギュラーシーズン207勝をあげるほどの名将。

しかしこれまでスーパーボウルに勝ったことはなく悲劇の名将と言われていました。

そして今回スーパーボウル2度目の出場で初制覇。

HCとして21年目での栄誉だそうです。

関連記事がこちらになります。


10.来週は今シーズン最終回

「最終回」と言う言葉は使われませんでしたが、「来週は今シーズンの総決算」つまり最終回なんでしょう。

相武紗季さんも出演するそうです。

アメフトにハマった時に応援していた49ナーズの敗戦をどう語るか注目されるところです。

ですが、以前若林が「相武さんはマホームズが好き」と言っていた記憶がありますので、そんなに落胆はしてないと思います。

そして春日の締めの言葉は

「いやぁ、チーフスって、本当に最高ですね」

でした。

※まだまだこのブログ記事は未完成ですが、文章だけは書き終えましたので、いったん公開します。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】曽我小百合さんの「第54回スーパーボウル観戦会」参加レポート

日本時間の2月3日午前中に、米マイアミで行われた

第54回スーパーボウル

は、前にも書きました通り、昨年までの2シーズン、テネシー・タイタンズのチアリーダーを務めた曽我小百合さんが主催する観戦会で見てきました。

20200205曽我小百合さん第54回スーパーボウル観戦会

場所は東京・西小山の「I LAUGH(アイラフ)」と言うお店でした。



参加費は料理込みで3000円で、飲み物は各自で都度払いでオーダーするスタイルでした。

では簡単に報告を


1.解説付きでの観戦会

会場に着いて初めて、この会に

輿 亮さん

が来ることを知りました。

主にNHKで、今シーズンは日テレジータスでも解説をされています。

試合が始まると、輿さんはCMのたびに、これまでのブレーのレビューをしてくれました。


自分ひとりではたぶん気がつかなかったことを語ってくれましたので、とても助かりました。

カンザスシティ・チーフス応援とのことなので、3Q辺りはややテンションが下がった口調のように聞こえましたが、テレビではないことなので貴重でした。


2.料理について

料理は写真の通りです。

20200205料理第54回スーパーボウル観戦会


肉料理はボリューム満点でおいしかったです。

年甲斐もなく食欲旺盛で肉を好む私は、肉多めでかなりの量を食べました。

20200205食べた料理第54回スーパーボウル観戦会

曽我さんは栄養士なので、曽我さんに見せたらダメ出しされるようなバランスで食べました。


3. スクリーンについて

でかくて見やすかったです。

20200205スクリーン第54回スーパーボウル観戦会

バッカーズ観戦会でよくお世話になる、ロスカボス渋谷店並みかそれより大きかったと思います


4.ベンガルズチア山口紗貴子さんも参加

ハーフタイムの直前から、シンシナティ・ベンガルズの現役チア、

山口紗貴子さん

が参加しました。

20200205山口紗貴子さん第54回スーパーボウル観戦会

山口さんは、こんな方です



山口さんのことはよく知らなかったのですが、5年かかって、39歳になって合格したそうです。

ここまであきらめなかったメンタルはすごいと思います。

山口さんは、アメリカ土産のチョコレートを配ってくれました。


5.結果予想ゲームでお宝ゲット

キックオフ前に、試合結果予想を書いて、試合終了後最も結果に近かった人に賞品がもらえるゲームがありました。

勝敗、スコア、MVPなどなどを書いておくのですが…

私はあまりそう言うことは考えないので、先週放送された「オードリーのNFL倶楽部」の中で、 森清之東京大学HCが予想したスコアをそのまま書きました。

こちらが森HCの予想

20200205森清之HCの予想第54回スーパーボウル

で、こちらが私の予想

20200205結果予想シート第54回スーパーボウル

森HCはチーフス勝利を予想していましたので、MVPは無難にOBパトリック・マホームズを書いておきました。

結果…

なんと2位になってしまいました。

賞品は「NFL 100」と言うNFLが出版したハードカバーの本。

20200205書籍NFL100

100シーズン目を迎えたNFLのこれまでのことを、写真と文章を交えて、304ページかけて説明しているものです。

文藝春秋社の雑誌「Number」をハードカバーにして、中の紙も上質にしたようなものだと思っていただければいいと思います。

これがもらえたことには、本当に感激しました。

私はもちろん現在のNFLのことを見るのも好きですが、音のことを知るのも大好きなのです。

ですから本当にうれしかったです。

曽我さんにそのことを言うと、

「では、ますます詳しくなってください」

との言葉をいただきました。


6.試合のこと



いい試合だったと思います。

最後は、

カンザスシティ・チーフス 31-20 サンフランシスコ・49ナーズ

と10点差以上ついてしまいましたが、残り2分を切ってから点差が開いたものでした。

それまでは、下のツイートのように、どっちが勝つかわからない試合でした。



「点差ほど力の差はなかった試合」

「どっちが勝ったとしてもおかしくない試合」

でした。

時間がなくなると、負けている方は、オフェンスでもディフェンスでも、イチかバチかのプレイを仕掛けてきます。

ハイリスク、ハイリターンなプレイです。

負けていた49ナーズのディフェンスは、イチかバチかのプレイを仕掛けてきて、それが外れたので、追加点となるTDを許したように思えました。

この動画を見ると、チーフスは時間が潰しやすいインサイドのランで来る、と読んで、それが外れた感じがします。


全体的に、モメンタムが行ったり来たりした試合でした。

逆転が3回あったのですが、そのたびに逆転したチームがこのままリードを広げていくように思えました。

しかしそうはなりませんでした。


試合の中で印象的だったのは、49ナーズオフェンスのブロックのうまさ、そしてDLの強さ。

特にDLについては、4人しかラッシュしていないのに、毎回のごとくのパトリック・マホームズはプレッシャーにさらされていました。

それもあってか、マホームズはバスの精度がいつもほどよくなかったと思います。

ですが、プレイオフの2試合とも、ビハインドをはね返してきた経験が活きたようです。

そして25歳とは思えない落ち着きぶり…

すごいです。

マホームズが元気な限り、今後チーフスが優勝候補であることは間違いないと思います。

しかし、AFCにはラマー・ジャクソンのポルチモア・レイブンズほか、ヒューストン・テキサンズ、バッファロー・ビルズと若くていいQBがいるチームがあります。

ポストシーズンを盛り上げてきたテネシー・タイタンズもいますし、ニューイングランド・ペイトリオッツだって、このままだまって衰退していくことはないでしょう。

王朝を築くのは難しいと思います。


7.チーフスが勝ったことについて

私はチーフス応援でした。

観戦会の会場もチーフス応援が多数だったようです。

ハードロックスタジアムの観客席もそうだったように聞こえました。

チーフスのオフェンスの時はあまりクラウドノイズが聞こえず、49ナーズのときは、トマホークチョップの声が聞こえました。

私がチーフスを応援したのは、NFL100回目のシーズンには、チーフスの創設者、ラマー・ハントのチームが優勝するのがふさわしい、と思ったからです。

ハントがいなければ、今のNFLの隆盛はなかったでしょう。

また、無冠の名将アンディ・リードHCが報われてほしい、と言う声もいくつか聞きました。

チーフスは3回目のスーパーボウル出場で、これまで1勝1敗。

最後に勝った時は、AFLのチャンピオンとしてNFLチャンピオンのミネソタ・バイキングスを下したため、この試合で始めてNFLチャンピオンになりました。

(逆に言うと、バイキングスはスーパーボウルに勝ったことはないですが、NFLチャンピオンになったことはあります)


8.みんなで試合を見ることの楽しみ

アメリカンフットボールのファンの方ならほとんどの人が感じられていると思いますが、とにかく周りにアメフトを語れる人が身近にいないのが寂しいのです。

話し始めると、またアメフトの話ですかぁ、と思われる空気と戦わねばなりません。

つらいです…

観戦会に行けば、そこでは多少試合内容とは関係なくても、アメフトのことを語ることができます。

また、周りの人が話すことから情報が入ってきて、視野が広まることがあります。

今回、49ナーズはブリッツをせずに4人だけのラッシュだったと書きましたが、私はいつものようにボールばかり追いかけていて、そういうことには気づかず、他の人たちの会話で気がつきました。

一人で見る方がいい、と言うファンももちろんいます。

ですが、一度どこのでもいいから出席してみてから、今後どうするか決めるのもいいと思います。

なお、バッカーズファンによる観戦会では、対戦相手のファンではなく、会の最中はパッカーズを非難しなければ、どこのファンの方でもウェルカムです。

そういう時は、バッカーズファンの皆さんも、その人が応援するチームの悪口は言わないようにしています。

今シーズンはダラス・カウボーイズのファンの方が参加された回もありました。


9.最後に、 曽我小百合さんのこと

私が知る限り、曽我小百合さんが、初めて日本で観戦会を主催したのは2017年シーズンのプロボウルだったと思います。

たしか、テネシー在住の日本人向けにアウェイの試合の観戦会を行ったら、非常に好評だったので、日本でもぜひ行って、アメフトのおもしろさを知ってもらいたい、と言う気持ちからだったと思います。

東京・渋谷で開催されました。

その観戦会のことを知った時、曽我さんはタイタンズの現役チアで、タイタンズはスーパーボウルに出る可能を残していました。

私は、多分曽我さんはアメリカで企画を行い、誰か他の人が日本で実現に動くのだろう、と考えていました。

そういうことですよね、と曽我さんに尋ねると

「私が主催するからには、タイタンズがスーパーボウルに出場することになっても、いったん日本に帰って開催のために動きます」

と言う熱い言葉が返ってきました。


曽我さんはこれからも観戦会をひらかれるようです。

レギュラーシーズンも開催されるのかどうかはわかりませんが。

そう言う熱い人ですから、今後も、せめてSNSで観戦会開催の拡散を行うぐらいは手伝いたいと考えてます。

私のお手伝いがどれだけ貢献できるかわかりませんが、今回、私のブログを見てこの観戦会のことを知って参加した、と言う人が1人だけですがおられました。

「MAJIKさんのブログでこの観戦会のことを知って、来ました」

そう言われると、本当に嬉しいです。

202002053人の主要メンバー第54回スーパーボウル観戦会


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】スーパーボウルも見れるかも〜PRONTOで見たAFCチャンピオンシップ


1月20日朝、私は、ある街のコーヒーチェーン店、PRONTO (プロント)にいました。

普段は行かない店です。

いつも行く店が入れなかったため、ここで出社前のコーヒーを飲むことになりました。

ふと店内のディスプレイを見ると…


なんと、AFCチャンピオンシップをやっていました。

これは嬉しかったです。

人によっては、スーパーボウル進出チームを決める、カンファレンスチャンピオンシップの方が、スーパーボウルよりおもしろい、と言う人もいます。

スーパーボウルより、とは思いませんが、私はスーパーボウル並に、カンファレンスチャンピオンシップはおもしろいと思ってます。

しかし、そうそう会社も休めないので、カンファレンスチャンピオンシップのために会社を休んだことはないです。

この日の第2試合、NFCチャンピオンシップは、応援しているグリーンベイ・パッカーズが出るのですが…

それはさておき、話をその日の朝に戻します。

試合は4Q終盤。

このまま行けば、最後まで見れるかもしれない、と考え、席に座りました。

周りにいる人たちは、ディスプレイの中の試合には無関心で、スマホを操作したり、本を読んだり…

それはそうでしょう。

ここは日本。

アメリカンフットボールがマイナースポーツの国。

そういうわけですから、私は画面に見入っていましたが、感情を声にすることはできませんでした。

ですが、アメフトおもしろいよ、と言うアピールもしたかったので、時々小声で

「おー」とか「うーん」

とか言ったりしました。

しかし、不思議そうにこちらを見る人は、ほとんどいませんでした。

予想より時間はかかりましたが、会社に間に合う時間に試合は終わりました。

ディスプレイに映っていたのはNHKのものでした。

そう言えば、前回この店に入った時は、このディスプレイにはNHKのニュースをやってました。

さらにそう言えば、家の最寄駅にあるPRONTOも、いつもNHKの番組をやっている記憶があります。

今日はスーパーボウルが行われる日。

出社される方も、ひょっとしたら途中までスーパーボウルが見れるかもしれません。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : National Football League    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2020年2月2日】「オードリーのオールナイトニッポン」のこと~アメリカ・マイアミのホテル石井Dの部屋からお送り


(ピース綾部の派手な衣装を見た若林は、NFLの公式SNSとかに載らないかな、と言っていましたが、何年か前に、春日がキコ・アロンソと言う選手に「鬼瓦」をしている写真がNFL公式サイトに載ったり、昨年はタキシード姿の春日が「NFL Network」のツイートの写真に映りこんだこんでました)

2020年2月2日に放送された「オードリーのオールナイトニッポン」のことを書きます。

今回は

「アメリカ・マイアミのホテル、石井Dの部屋をキーステーションに、全国36局ネットでお送り」

でした。

と言うのは、日本時間の明日、2月3日朝に行われる第54回スーパーボウルの日テレの中継にオードリーが出演するため、開催地からの中継になりました。



昨年までも10年続けてオードリーはスーパーボウル放送に出演していました。

これまではアメリカにたつまでに録音したものを放送していましたが、今回は初めて現地からの放送となりました。

ITの力はすごいですね。

ただし、チャレンジは持って行った機器のではできないそうです。


1.日テレ関係者のこと


放送の中で何回か名前が出てきた日テレ関係者のことを書いておきます。

1)小坂D

小坂Dこと小坂紘平ディレクターは「オードリーのNFL倶楽部」のアメリカ担当でイレクター。

「オードリーのNFL俱楽部」のアメリカロケを仕切りつつ、たしかカメラマンも兼任している方です。

最近のロケはこれ。

この投稿をInstagramで見る

Reporting from Miami for SUPER BOWL and the 100th year anniversary of the @NFL!😆🏈✨ This year will be a tough match between the Chiefs who have made it to the Super Bowl for the first time in 50 years VS the 49ers with their seventh appearance. * Swipe for photos of this year's venue + interviews I conducted to Chiefs' star quarterback Patrick Mahomes, Tyreek Hill, Travis Kelce who have had a phenomonal season that led them to this stage + more players! Mahomes' father was actually a professional baseball player in Japan as well which explains where his insane throws come from... but we'll have to keep our eyes peeled for what he'll show on the grand stage!✨ * On the other hand, the 49ers' defense is highly skilled at slowing down the opponents' top weapons. Their head coach Kyle Shanahan will be making his Super Bowl debut and become the first ever father-son duo to make separate SB appearances. Will they be able to stop Mahomes and raise the Lombardi Trophy?! * I'm currently prepping and getting ready for the red carpet tonight with Oodori-san to interview all the star players. Wish us luck, and join in the fun for the final Sunday Night Football of the season!🔥 * 今年のSUPER BOWL開催地、マイアミに来ています!😄✨ 50年ぶりの出場となったChiefsと、7回目の出場となる49ersの対戦。 * 写真は会場、チーフスのスターウォーターバックのPatrick Mahomes選手、TEのTravis Kelce選手、WRのTyreek Hill選手などへの以前のインタビュー風景です! * ‪2018-2019シーズンのLeague MVPでもあるマホームズ選手ですが、プロ野球選手で日本でも活躍されたお父様譲りの肩で、このスーパーボウルでも目を疑うようなスーパープレーを魅せてくれるのでしょうか!? * 対する49ersはディフェンス力で、そのマホームズ選手たちの勢いあるプレーを止めることが出来るのかに注目!優秀コーチであるKyle Shanahan HCはNFL史上初、親子2代スーパーボウル制覇となるのかにも期待です👀‬ NFL倶楽部ではオードリーさんの後ろから、良い取材&選手インタビューができるように頑張ります‼️💪 #NFL #NFLclub #SuperBowl #superbowl2020 #superbowlliv #Chiefs #49ers #NFL倶楽部 #選手インタビュー

Melodee Morita | メロディー モリタ(@melodeemorita)がシェアした投稿 -



レポーターのメロディー・モリタさんのインスタから。

5枚目から9枚目に、オードリーがインタビューしている姿があります。

これはおそらく「NFLオナーズ」と言う、表彰式に向かうレッドカーペットでのインタビューでしょう。

7枚目はおそらく、若林が応援するヒューストン・テキサンズのWRデアンドレ・ホプキンズでしょう。

今年の「オードリーのNFL俱楽部」では、若林は彼のジャージを着て出演することが多かったです。

6枚目はジョー・ネイマス。

たしか5年前の放送で初めインタビューに応じてくれて、そこから3年連続して出演してくれました。

去年、一昨年の放送では見かけなくて寂しかったのですが、久々にインタビューに出てくれてとても嬉しいです。

と言うのは、このネイマスと言うのはアメリカの超大物レジェンドで、日本のテレビで見れるようなレベルの人ではないからです。

なお、初めてのインタビューの時、春日はネイマスがはめているスーパーボウル・リング(スーパーボウルに勝ったチームの関係者しかもらえない指輪)を渡されて、落としてしまう、と言う大失態をしてしまいました。

多分現場にいた人は真っ青になったと思います。

ネイマスはそのことを怒らず、翌年は春日に渡した後、落としても大丈夫なように、春日の手の下に両手を持って行く、と言う仕草をして周囲を笑わせていました。

あのジョー・ネイマスがそんなことをしてくれるなんて、と驚きました。

話を小坂Dに戻します。

小坂Dはアイドル好きで、推しタオルをたまに投稿したりします。


日テレスタッフのほとんどがスーパーボウルやアメフト関係のTシャツを着ている中、日向坂のTシャツを着て取材しているそうです。


2)佐野P

佐野Pこと佐野徹プロデューサーは、日テレジータスを含む日本テレビのNFL放送を仕切っており、「オードリーのNFL俱楽部」のプロデューサー。

アメフトだけではなく、いろんなスポーツに携わっているようです。

京都大学でQBをプレーし、大学選手権の甲子園ボウルに出場したほどの選手でした。

私の印象では、とにかく動きがすごいです。

昨年春日は、

「佐野と言う男が暴れてましてね。

本出しますよ、とか、公開収録やりますよ

とか突然楽屋に飛び込んできて言うんですよ。」


と「オードリーのNFL俱楽部」のオフトーク動画で語っていました。

発想がすごく、動きが早い、と言うイメージです。


今回のマイアミからの生放送も、佐野Pが動いて実現したようです。






上のツイートにあるように

「NFLの日本での中継に対する、日本テレビの愛情は称賛に値。」

だと思います。

なお、このTouchdown Network(@TouchdownNet)と言うメディアが、日本では一番多くスーパーボウル情報を発信していると思いますので、気になる方はフォローをどうぞ。

それにしても・・・

腰が痛いと言っている若林に対して、佐野Pは「走りましょう」といったそうですが、そのことを

「いつでも第4クオーターだと思っているんだろうね。

佐野Pはスクランブル型のQB」(若林)


と表現したのはおかしかったです。

なお、佐野Pのことは時々語られますが、初めて語られたのはまだアシスタントプロデューサーだった頃。

若林が「なん度」と言う数学の図形の角度を解くアプリをやっていて、最後の問題だけどうしても解けなくて、「オードリーのNFL俱楽部」のスタッフで、京都大学で理系だった人に解いてもらった、と語っていました。

その問題を解いたのが佐野Pだったのです。


2.オードリーブーム

2008年末のM-1で準優勝した後、2009年にかけて

「オードリーブーム」


と言うのがあった、と言うのが語られていました。

「オードリーバブル」とも言っていた時期もあり、私としては少なくとも2010年までは続いたと思うのですが、まあすごかったです。

その流れの中で、2009年シーズンの「NFL俱楽部」にゲスト出演(MCになったのは翌2010年シーズンから)し、初めてスーパーボウル中継に出演しました。

その時の開催地が、今回と同じマイアミ。

初めてのスーパーボウルを前にして、春日はある番組のロケで骨折し、入院しました。

行けるかどうか危ぶまれたのですが、スーパーボウルはアメリカ人でも一生に一度行ければいいと言うほどの超人気で特別なアメフトの試合。

もう根性だけで渡米しました。

当時のアメフトの雑誌に、春日が乗った車いすを押す若林の写真が載りました。

しかし、いざスタジアムに着くと、春日は骨折していることも忘れて、階段を駆け上がって行ったそうです。

スーパーボウルとは、それだけ特別な試合です。

なにせ去年の調査では、スーパーボウルが行われた翌日、興奮しすぎて会社を休もうとした人が、アメリカで1,600万人もいたそうです。

人口比率でそれを日本にあてはめると、600万人にあたります。

アメリカではとにかく他のスポーツの追随を許さない人気の試合です。


3.カストーク

若林は携帯翻訳機のポケトークを持ってきたそうです。

ポケトークとはこういうものだそうです。


それに、「「鬼瓦」を英語に訳させてみよう」とか「「カスカスダンス」を訳させてみよう」とかいろいろとやっていました。

「鬼瓦」は、最初ポケトークは「鬼電話」だと誤認したようで「デーモン・テレフォン」に、その後「デーモン・タイル」とか訳されたようです。

「オードリーのNFL俱楽部」では「デビル・フェイス」と言っていましたが…

そのうち、春日語へ翻訳してくれる

「カストーク」

とかあるといいな、と言う話しになり、若林が出す言葉を、春日が春日語に訳していました。

来週からも

「ねえ、これ春日語ではなんて言うの?

カストークで訳してみてよ」

とか若林が言うと思います。


4.ミスター綾部登場

途中から、ニューヨーク留学中のピース綾部が放送に参加しました。

「突然の乱入」

と言う設定で、「オードリーのNFL俱楽部」では放送されるようですが、事前に打ち合わせをしたことが語られました。

「やらせ」とかではなく、そう言う「演出」です。

この投稿は、放送の2時間前のぐらいのもののようです。

綾部は、佐野Pや小坂Dからいろいろと無茶振りされたようで

「NFL俱楽部には、バカPとバカDしかいないのか」

と言っていました。

その後綾部とオードリーとで、1時間ほど語り合いがありました。

なお、渡米して2年、綾部はまだ英語が喋れないそうです。

「オードリーのNFL俱楽部」は、放送終了後、一週間は全国で見ることができます。

詳細はこちらを参照ください。




5.スーパーボウル予想

春日は、「オードリーのNFL俱楽部」でサンフランシスコ・49ナーズを応援していることもあり、49ナーズの勝利を予想。

点の取り合いになって、49ナーズが30点ほど、カンザスシティ・チーフスも20点ほどとるだろう」、と言うことでした。

綾部は迷った末に49ナーズ。

爆発的なチーフスのオフェンスに攻撃させないように、49ナーズが時間を使い続ければそうなるだろうと言っていました。

アメフトファン的に言えば、第25回スーパーボウルで、ニューヨーク・ジャイアンツが爆発的なバッファロー・ビルズのオフェンスに攻撃させないようにボールコントロールオフェンスを展開したようにすればいいだろう、と言うことでしょう。

「時間を使い続ければ」と言うのの解説はめんどくさいのでやめます。

アメリカでの予想はどうなっているんだろう、と若林が気にしていました。

こうなっています。


6.スーパーボウルを見よう

第54回スーパーボウルは、日テレジータスでは2月3日(月)朝7:45から生放送


地上波では2月4日(火)1:59~3:59のスケジュールで放送されます。

(放送エリアは把握していません)

「アメフトのことを知らなくてもおもしろいからね」(若林)

「そうね、ルール知らなくて楽しめるからね」(春日)


と言っていました。

私もそう思いますよ。

そして、「今年のスーパーボウルは特に楽しみ」(若林)と言っていました。

これもそう思います。

強くて、見ていて楽しいチーム同士の対戦になりましたから。


それにしても…

久しぶりに「オードリーのオールナイトニッポン」の全部を、しかもリアルタイムで聴きました。

コーナーも変わっていました。

でも、この番組らしいお題だなと思いました。

#annkw のついたツイートを追っかけてみたら、以前よくツイートしていた人々をほとんど見なくなったな、と思いました。


次回の放送は2月9日(日)未明。

春日の誕生日ですね。

そう言えば、クミさんも最近誕生日だと語っていました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【2019年シーズンWEEK21】「オードリーのNFL倶楽部」のこと〜いよいよ来週はスーパーボウル



2020年2月1日に放送された「オードリーのNFL倶楽部」のことを書きます。

見逃した方はこちらからどうぞ。



今週はオールスター戦のプロボウルの模様と、いよいよ来週、というか明後日に迫った、第54回スーパーボウルの情報が放送されました。

1.今週のトピックス

1)スーパーボウル・ウィーク始まる

オープニングナイトが開催され、いよいよスーパーボウル・ウィークが始まりました。



番組に情報提供されているTouchdown Networkさんによると、最もメディアの注目を集めたのは、カンザスシティー・チーフスのQBパトリック・マホームズだったそうです。



そして現地マイアミのビーチの模様が流れました。

夏模様でした。

2)スーパーボウルに初の女性コーチ

この件は説明されませんでしたが、Touchdown Networkさんがツイートしていました。

サンフランシスコ・49ナーズの攻撃アシスタントを務めるケイティ・サワーズコーチのことです。

サワーズコーチは女性コーチとして初めての出場と言うだけではなく、LG BTを公表したコーチとしてもはじめての出場となります。






私的なことですが、サワーズコーチのFacebookを見てみると、私との間に、共通の友達が1人いました。

私はその人に、先週のカンファレンスチャンピオンシップの前、

「この試合の結果がどうなろうと、ブログにはサワーズコーチのことを書きます。」

と宣言していました。

そして書いたのが、こちらのツイートのリンク先のものです。


よかったら読んでみてください。

3)レギュラーシーズン観客減も視聴率は好調

この件も語られませんでした。

細かい事は置いといて、NFLはそういう状況なんだと言うことを知っておけば良いかと思います。

4)アメフト大好き芸人K、ラジオ局にボトルキープ??

これは春日がニッポン放送に、ホットドッグにかけるケチャップのボトルを置いていると言うことです。

「春日さん、これアメリカに持っていくんですか?」

と尋ねられたところ、

「もっていくわけないじゃないか!

何ならアメリカはトマトケチャップの本場なんだから。」

と言っていました。

ちなみにピッツバーグ・スティーラーズの本拠地は、ハインツフィールドといいます。

ケチャップで有名なハインツがネーミングライツを獲得してその名前としました。

そんなわけで、アメリカではハインツのケチャップを使って欲しいものです。

話を番組に戻しますと、何年か前にスーパーボウルに行く飛行機の中で、春日のステーキだけにソースがついておらず、春日が、ソースがないぞ、と言う意味で

「ノーソース」

と叫んだものの通じなかった、というエピソードが語られました。

これはリトルトゥースならば知っていると思いますが、今から10年前、オードリーが初めてスーパーボウル中継に出演した時の飛行機の中でのことです。

開催地はマイアミでした。

「オードリーのオールナイトニッポン」では、しばらく

「ノーソース、プリーズ」

がジングルとして使われていました。

「オードリーのオールナイトニッポン」と言えば、今夜深夜放送される回は、現地マイアミからの生放送です。


ハワイから生放送した事はあったと思いますが、スーパーボール開催地からの生放送は、今回が初めてです。

私としては、ゲストにアメフト関係者、小坂ディレクターあたりが出てくれないかな、と期待しています。


2.プロボウル

フロリダ州オーランドで行われたオールスター戦、プロボウルのハイライトが流されました。



本質的ではないものも含みますが、気になったことをいくつか書いておきます。

・プロボウル出場選手の紹介のときのBGMは、以前も紹介したことがあると思いますが、ツイステッド・シスター(Twisted Sister)の「I Wanna Rock 」でした。

この番組ではちょくちょく使われる曲です。



このグループのボーカル、ディー・スナイダーは、昨年9月にスーパーボウルのハーフタイムショーの出演者が決まった時、次のような不満を語っています。


・チアリーダーも選抜されて出場、と言うことがナレーションされていました。

公式チアリーダーがないチームもありますが、プロボウルにはリーグ全チームから、選ばれて出場します。

日本人チアで唯一スーパーボウルリングを持っている西村樹里さんは、

「プロボウルに出るのはチアリーダーにとってとても名誉なことです。

一度でいいから出たかった。」


と語っていました。

・「ワトソンからドイルへのパス」と言うナレーションに、はっと思った方は私だけではないと思います。

シャーロック・ホームズものは、コナン・ドイルと言う医師が書いたものですが、作品の中ではジョン・H・ワトソンと言うホームズの相棒が書いたことになっているからです。

・最近プロボウルは、ルール改正のテストの場となっています。

今回は、負傷が起こりやすい、キックオフを廃止し、その代わりのプレイのテストが行われました。

この件に、特にオンサイドキックに関してブログに書きましたので、よろしければ読んでみてください。


3.スーパーボウルに出場するチーム

スーパーボウルで使用する両チームのことが紹介されました。

1)カンザスシティ・チーフス

50年ぶりにスーパーボウルに出場するカンザスシティー・チーフス。

こちらはその時の第4回スーパーボウルのダイジェスト。

この動画の1:05辺りでコールされる

「65 Toss Power Trap」

は有名なプレイコールだそうです。



今回の注目はQBパトリック・マホームズと

「オリンピックのリレーチームとして出場できるユニット」

とも言われるWRやTE陣。


やはり攻撃のほうに目がいってしまいます。


ディフェンスはつい最近まで知らなかったのですが、第42回スーパーボウルのニューヨーク・ジャイアンツのDCで、破壊力が抜群だったニューイングランド・ペイトリオッツのオフェンスを止め、影のMVP、とも言われた、スパニュオーラがDCを務めてます。

彼の考えが浸透してきたようで、シーズン後半からはかなり強力になっています。

2)サンフランシスコ・49ナーズ

注目は強力なディフェンス。

カンファレンスチャンピオンシップで49ナーズと対戦したグリーンベイ・パッカーズのファン、カンニング竹山さんも、その強さを称えていました。


本当に強いです。

オフェンスも決して弱くなく、QBジミー・ガロポロは一流。

千ヤードラッシャーはいないものの、3人の一流選手をローテーションして使うRB陣。

そしてTEジョージ・キトル。

「キトルはボールを捕るよりも、ブロックのこと、つまり自分のことよりチーム全体のことを考えているのが素晴らしい。」

と春日が言うと、

「それ、山田ローラさんが公開収録の時に言っていたやつじゃん。」

とあとの2人に突っ込まれてました。

ところで、49ナーズはドラフトでマホームズを指名できる位置にいたにもかかわらず、そうしなかったことについて書かれた記事がありました。


このことについて、

「それよりも、このときのドラフトでキトルをとれたことが今の49ナーズにとっては大きい」

と言う声もありました。

チーフスの紹介の最後、春日にコメントを求められました。

春日が喋ってる最中に、何かよくわかりませんがタイマーみたいな音が鳴りました。

「タイマーが鳴りましたと言うことで、春日さん終了」

と言うひと幕もありました。


4.豪華なトゥース動画

今週のトゥース動画は、チーフスのマスコット

K. C. Wolf(ウルフ)

と、チーフの5人のOL(オフェンスライン)によるもの。

ウルフはこの自身のツイートの左側のもの。


右側は49ナーズのマスコットかな?

歴史用語の「49ナーズ」は、カリフォルニアに金を掘りに来た人たちをさすので、きっとそうなんでしょう。

OLは、インタビュー会場では、比較的注目を浴びないそうです。

昔読んだ本に

「犯罪を犯して、人目につきたくないなら、NFLのOLになればいい。

誰も注目しないからね。」


と書いてあるのを読んだ記憶があります。

最近はそれでもスター選手も何人もいますが。

ですから、OLの選手を捕まえてインタビューするのは、他のポジションの選手に比べると苦労しないと思います。

しかし今回のように、確か5人も集めてトゥースをしてもらうのは、なかなかできないと思います。

そういえば昔、ハーフタイムショーに出演する、マドンナに、トゥースをしてもらったことがありました。


5.森さんの勝敗予想

東京大学アメリカンフットボール部ヘッドコーチで、日テレジータスの解説者でもある森清之さん(今回もスーパーボウルの解説をされます)の勝敗予想が発表されました。

森さんの予想は例年当たらなくて、それを本人も自覚しているからか

「チーフスファンのみなさん、ごめんなさい」

と謝った後、

SF 24 - 31 KC

とチーフスの勝利を予想していました。

理由は、これまでの49ナーズはうまく行きすぎていて、今回はそうはいかないように思えるから、と言うものでした。

そういえば、公開収録の時のカンファレンスチャンピオンシップの森さんの予想は、グリーンベイ・パッカーズが49ナーズに勝つ、と言うものでした。

理由も確か同じだったと思います。

あの時と違うのは、パッカーズがさらにそれまでうまくいきすぎていた、と思えることです。

(ファンながらそれを認めざるを得ないと思います。

それに、最後までうまくいけばいいだけの話です。)

結局カンファレンスチャンピオンシップでは、49ナーズとの力の差を見せつけられてしまい、パッカーズは敗れてしまいました。

今回のチーフスは違います。

本当に力のあるチームです。


森さんの言う通り、今シーズン考えられる、一番いいカードになったと思います。

(ボルチモア・レイブンズも捨てがたいですが)

ですから、勝敗は抜きにしても、49ナーズは、今回はそううまくいかないと思います。

ちなみに、毎年恒例の増田隆生さんの勝敗予想はこちら


ちなみに、アメリカメディアのオッズでは、チーフスが1.5ポイントリード。

1週間前より0.5ポイントリードが広がりました。

ただ、1.5ポイントリードと言うのは、どっちが勝ってもおかしくないけど、強いて言えばチーフス、といった程度のもので、増田さんの言う通り、今回の予想は本当に難しいと思います。


6.春日の締め

エンディングで若林は

「この番組の収録が終わったら、私はもう芸人ではないです。

アメフトファンです。」


と言っていました。

春日も、それでいいと言っていました。

オフトーク動画では、オードリーの2人は報道班で、ラルフ鈴木アナと森HCはバラエティー班だと言っていましたが…



そして今週の春日の締めは

「いやぁ、スーパーボウルって、本当に楽しみですね

マイアミ、水着、持ってく」


でした。


7.モンタナを捕まえろ

オフトーク動画では、どちらのチームにも在籍したQBジョー・モンタナがマイアミに来るのではないか、と言う話が出ていました。

「モンタナが来たらインタビューしてみたいね。

そして、「どんなモンタナ」って覚えているか尋ねてみたいね」


と言っていました。

このCM動画の最後のセリフです



これは1990年頃の三菱電機のCM。

「ジョー況判断」

と言うのもありました。

モンタナは49ナーズでプレイして、チーフスに移籍。

実は49ナーズからチーフスに移籍して、どちらのチームでも先発QBを務めた選手は、モンタナの他にもいます。

スティーブ・ディバーグ

スティーブ・ボノ

エルビス・ガーバック

アレックス・スミス

考えてみますと、チーフスのQBで、生え抜きで大成した選手はいません。

第1回と第4回スーパーボウルに出たときのレン・ドーソンも、もともとはピッツバーグ・スティーラーズの選手でした。

パトリック・マホームズは、チーフス生え抜きで、初めての超一流QBだと言えるでしょう。


8.スーパーボウル観戦会

東京都内では、いくつかスーパーボウルを生中継する店があります。

私は今のところここに行く予定です。


9.スーパーボウルに関するSNS

番組とスーパーボウルに関するSNSへの投稿をいくつか貼っておきます。





この投稿をInstagramで見る

スーパーボウルまであと3日! 今回はチーフスVS49ersになりましたね。 チーフスの注目選手は何と言っても背番号15番QBのマホームズです。 マホームズの何がすごいかというとランニングスローです。 マホームズのお父さんは横浜ベイスターズの投手だったんです。 なので、マホームズも8ヶ月ぐらい日本に住んでいたらしいです。 マホームズ自身も野球をやっていてポジションはショート。 だからなのかとても肩が強いです。 アメフトは走りながらだと体勢が崩れて遠くに投げたり、早いスピードのボールを投げるのは難しいのですが、マホームズは走りながら投げるボールが異次元のレベルらしいです。 リポストした動画はそれがよく出ているかと思います。 ボールを投げているのがマホームズです。 さらに、 ・若い(24歳) ・イケメン ・リーダーシップあり ・人望あり ということで、アメリカでも大人気の選手です。 注目してみてください。 #NFL倶楽部 #スーパーボウル

若林正恭(@masayasuwakabayashi)がシェアした投稿 -







ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

オードリーのNFL倶楽部 スーパーボウル観戦会 スーパーボウル オードリーのオールナイトニッポン アメリカンフットボール ホスピタルフットボール ホスピタルボウル ナイトライダー 鈴木弘子 谷村有美 ドン・マカウスキ グリーンベイ・パッカーズ NFL 歴史 流行語大賞 みらいふ福岡SUNS ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 ラグビー #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL ドラフト 春日の呪い NFLの歴史 オードリーのNFL俱楽部 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! オードリー LFL 濱口芙由紀 むつみ荘 竹内まりや 太平洋戦争 終戦記念日 ロサンゼルスの戦い ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 福岡ソフトバンクホークス 令和 昭和の日 ホークス 福田秀平 TSL NFL100年 自律神経失調症 イチロー選手 メンタルヘルス オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ オールナイトニッポン ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エーベルバッハ少佐 エロイカより愛をこめて NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 埼玉西武ライオンズ グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ プロ野球 夏の終わりに聴きたい歌 夏の終わりソング NFL倶楽部 Xリーグ 日大悪質タックル問題 ハズキルーペ スマートニュース 戦争 終戦の日 平成時代 控えQB バックアップQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン プレイオフ 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 日本シリーズ クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト 福岡SUNS Hulu DAZN Twitter Amazon グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushups #22pushupschallenge ダイエー 熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 浜田省吾 電力自由化 電力小売り全面自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 極貧球団 太平洋クラブライオンズ クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 SNS ホームズ アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地方自治体 地域スポーツ 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT シャーロックホームズ 三谷幸喜 アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ JINS 眼精疲労 ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ ブレーキサポートシステム 自動走行システム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 あの人は受験生 コモリタミノル 12月8日 移民 真珠湾攻撃 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON GIRL BAND ライブ HOT-L ピッチ ファンブル ほめられサロン ホメラー おれさまファンクラブ 森脇 大石 ヴィック ワイルドキャット デフレ 李机浩 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ パッカーズ ロジャース 城島 グリーンベイ メンタル不全支援 スイム ジョー・モンタナ パスプロ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション サムライハイスクール ジョン・タイター  タイムスリップ 三浦春馬 歴史ブーム ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 クライマックスシリーズ 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 南海ホークス 立花香織 景浦安武 野村 あぶさん 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 石田純一 東尾理子 東尾修 September Fire 九月 Wind Earth, アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 蜂ノ巣城紛争 下筌ダム 室原知幸 砦に拠る 木下典明 腸チフスメアリー 両性具有 サン・ジェルマン伯爵 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29