FC2ブログ

ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【野球】泉谷しげるの「ロッテ清田解除」の見解から気づいたこと

2021年5月30日のフジテレビ「ワイドナショー」で、歌手の泉谷しげるさんが、清田育宏選手を千葉ロッテマリーンズが契約解除した件について、

「命を張ってておかしくなるような試合をしているわけだから、何らかの形でガス抜きさせないといけないと思う」

と言う、見解を話しました。

ネットニュースになっています。


清田選手をはじめ、選手たちにたいして球団の配慮が足りなかった、と言うように解釈できます。

極論すれば、清田選手は犠牲者、と言う風にも聞こえるのですが…

このニュースをツイートした人の声やヤフコメを見ると…泉谷さんに対して否定的な声がほとんどと言うように感じます。

「ご褒美は一般社会では得られないような高額な成功報酬という形で与えられている。」

「命張って仕事をしているのはスポーツ選手だけじゃないと思う。」

「成功すればなんでもしていいと捉える子供が増えて将来問題になるんじゃないか?」


と言う、まったくごもっともな意見が並びます。

泉谷さんの声を聞く前から、私は清田選手に対する契約解除は当然だと思います。

不倫がどうのこうのと言うより、球団やファンへの背信行為はひどすぎると考えます。


それとは別に、泉谷さんの見解を聞いて思ったことは

「アメリカで、スポーツを楽しめ、と言う言葉をよく聞くけど、そう言う意識があればいいんじゃないのか」

と思いました。


ネットの声にありますように、スポーツ選手以外でも、命を張った仕事はあります。

周りはどう見ているか知りませんが、私も、命まではかけていませんが、心身の状態をかけて仕事に臨んでます。

ですから

「仕事は楽しくなければいけない」

と言う意見には大いに賛同します。

社会人になったころは、そんなことは考えていなかったんですけどね。

20年近く働いて、痛い目にもあって、そう言う声に賛同できるようになりました。

もちろん、「楽しい仕事」を与えられることは、そうそうありません。

ですから、自分で楽しくしなければいけないと考えます。

最近は「仕事がうまくいったときの喜びをイメージする」と言う、仕事そのものを楽しくするのではなく、その先にあるものを考えるようにもなりました。


2021年5月30日泉谷しげる


ダラダラと長くなりましたが、この番組の中でテニスの大坂なおみ選手の件で、元サッカー日本代表の前園真聖さんが

「インタビューをきちんと受けてこそのプロとも言えますが…」

と語っていました。

それに続いて大坂選手を擁護するようなことを語っていたように思います。

大阪選手の件は難しい問題だと思います。

しかし清田選手の件については

「自己を律することができてこそのプロ。

それができないならやめてもらうしかない。」


と言うことでいいと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

スポンサーサイト



テーマ : 千葉ロッテマリーンズ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】セ界よ、これが柳田の変態ホームランだ!!~左に引っ張った打球が伸びるようになれば大丈夫だと思う

福岡ソフトバンクホークス柳田悠希選手が、5月28日(金)、29日(土)の対讀賣ジャイアンツ戦で、2試合連続のホームランを放ちました。

5月28日(金)のホームランはこちら。



タイトルに「味方投手もドン引き」とありますが、たしかにこの日先発の石川柊太投手が、なんとも言えない顔をしていますね。

5月29日(土)のはこちら。



打たれたジャイアンツのサンチェス投手、そしてこの回の表に先制ホームランを打ったウィーラー選手が、呆れた顔をしています。

いずれも、柳田選手の伝統芸

変態ホームラン

「左に引っ張る」

と言うものでした。

左に引っ張った打球としては、5月28日(金)のこの打球も素晴らしかったです。



「あの打球がフェアになります」

とアナウンサーが言っていましたが…

まさにその通りで、あれは普通ファウルになる球筋だと思います。


ここ2試合の柳田選手は、初戦の二塁ゴロと三振を除けば、すべて左方向のもの。

先週までは右方向へのホームランやヒットが多く、左方向の打球はあまり伸びなかった記憶があります。

しかし、何が原因で変わったのかわかりませんが、ここ2試合の打球のように、左方向への打球が伸びるようになれば、本来の調子を取り戻したと言えるでしょう。


交流戦で唯一2回のMVPを受賞している柳田選手。

3度目のMVPへ向けてエンジンがかかってきた、と言えるでしょう。

2021年5月29日柳田選手の「変態ホームラン」のスイング


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ラジオ】有馬隼人さんの「AWAKE(あうぇいく)」を約2か月聴いてみて…

千葉県のFM曲、bayfmで4月1日から始まった

AWAKE(あうぇいく)」

と言う番組を、できるだけ毎朝聴いています。

有馬隼人さん


がパーソナリティをされているからです。


番組公式サイトへのリンクが、このツイートに載っています。


昨年まで放送されていた有馬隼人とらじおと山瀬まみと」(TBSラジオ)を聴き始め、

有馬さんっておもしろいなぁ~

イメージと違って


と思いました。

アメリカンフットボールをやっていたイケメンフリーアナウンサーであり、Xリーグのアサヒビールシルバースターの現役HC(ヘッドコーチ)。

私には、

「さぞ堅い、まじめな人なんだろう」

と言うイメージがあったのですが、「有馬隼人とらじおと山瀬まみと」でそのイメージが完全に崩れました。

番組で、歌うわ、ものまねをするわ…

こんな人だったのか…

と言うわけで、有馬さんのラジオを聴くのが好きになりました。

そう言うことで、3月に有馬さんの番組が始まると知って、聴き始めたわけです。

(申しわけないのですが、そう言う理由なので、今のところ金曜日は聴いていません。)

聴き始めて2か月が経とうとしてますので、ここで感想などを書いておこうと思います。


1.知識の量がハンパない


有馬さんは、とにかくいろんなことを知っている、と驚きました。

政治経済や社会の動向はもちろんですが。

驚いたのは、昔の流行。

生まれる前の流行についても語られているのにはびっくりしました。


最初に置いたツイートの最後に、番組への意気込みを語ったインタビューがあります。

その中で

「ただ、24時間仕事にアメフトにフル回転してきたおかげで、趣味が少なくなってしまいました(笑)」」

語ってます。

あらためて、24時間フル回転されてるんだなぁ、と思いました。


2.ようやく期待していた有馬さんが帰ってきた

4月の下旬か、5月に入った辺りから、鼻歌を歌ったり、ものまねをするようになりました。

最初の頃はそれがほとんどなかったようで、ちょっと寂しかったのですが…

ここに来て、

「歌って、ものまねができるパーソナリティー」

と言う期待した有馬さんが帰ってきたようで嬉しいです。


3.貴重な歌が聴ける

こんな歌があるのか、と言うものがけっこう聞けます。

懐かしい歌も嬉しいのですが、知っている曲のカバーとか、けっこう貴重なものが聴けるのが嬉しいです。

とくにこれはすごかった。

もう歌詞が一緒名だけで、全然違う歌のように感じました。


ラジオから流れる曲は貴重だと思います。

たまたまそこで聴いただけで、一生好きな歌ができたりしますので。


4.意外とアメリカンフットボールの話題が出てくる

いくら元アメフト選手で現役HCと言っても、マイナースポーツのアメリカンフットボールの話題はなかなか出ないだろう、と思いこんでました。

それは「オードリーのオールナイトニッポン」で実感していましたので。

ですが、いざ聴いてみると、けっこう出てくるように感じます。

そして時々、アメフト選手や関係者が投稿してくることがあるのですが、その界隈の人であることを紹介して読んでくれたりします。

一番おもしろかったのは、横浜DeNAベイスターズを昨シーズン限りで引退し、アメリカンフットボールに転向し、ノジマ相模原ライズに入団することについての見解でした。


5.意外と投稿が読まれる

投稿はツイッター、LINE、メールでできるます。

それを有馬さんは矢継ぎ早に読んでくれます。

そんな感じなので、私もこれまで5回読まれました。

うち4回はLINEで名前なしで。

そのうち2回はアメフトネタでした。

ツイッターではこの1回が読まれました。



まあそんな感じで楽しませてもらってます。

2021年5月28日AWAKEのスタジオ

遠くに富士山が見える、こんなさわやかなスタジオから放送されているようです。

朝から富士山が見えるのはうらやましい限りです。

これからも楽しませてもらいます。

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : ラジオ    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【大谷翔平】NFL公式サイトで取り上げられる~NFLで匹敵するのはサミー・ボウかな?



(「大谷翔平選手は、野球界に歴史を残している」と言う意味の動画)

米国のアメリカンフットボールのプロリーグ、NFLが、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手のことを取り上げました。

こちらの記事になります。


「two-way baseball phenom」



「野球界の二刀流の天才」

と意訳すれば

NFLの中で、野球界の二刀流の天才、大谷翔平選手に匹敵するのは誰だ?」

と言うことが書かれていました。

結論としては

フランチャイズQB(クオーターバック)

シャットダウントCB(コーナーバック)


を兼ねる選手がいれば、大谷選手に匹敵するだろう、と言うことのようです。

どのチームにもいるわけではない絶対的な先発QBであるフランチャイズQBと、パスをことごとく失敗させ、たまにはボールをインターセプトしてしまうCBだと言うことのようです。


「最近のNFLでは二刀流の選手はよく見かけますが、先発QBで複数の仕事をこなす選手は見たことがありません。」

この場合の「二刀流」は「複数ポジション」を指すものと思われます。

たしかにそう言う選手はいますが、先発QBは、たまにWRの位置にセットすることを除けば、まず他のポジションをプレイすることはありません。

「(カンザスシティ・チーフスの先発QB)パトリック・マホームズは、これからのキャリアの中で、ディフェンスをプレイするよりも、チーフスのチアリーダーを務める確率の方が高い。」

とまで書かれています。

ちなみに男性のチアリーダーも最近誕生しました。


CBについては

「才能あるCBは、直接的にも間接的にもゲームに影響を与えることができます。

投手は大谷選手にストライクを投げることを恐れているように、QBはシャットダウンCBの近くにパスを投げようとは思わないだろう。」

と書かれています。

シャットダウンCBがいれば、その守備範囲にはパスを投げられない、つまりいくつかのゲームプランをあきらめざるを得ないのです。


そして、最後の部分が興味深いです。

「大谷は、日本で二刀流のスターとしての地位を確立したからこそ、MLBでこのようなユニークな機会を得たのです。

今、NFLのどこかに、自分の運動能力を最大限に発揮するチャンスを与えてくれなかったシステムの制約の中に閉じ込められた大谷がいないと言い切れますか?」


つまり、ひょっとしたらNFLの中にも大谷選手のような選手がいるかもしれないが、NFLの制約、といいますか、

「フランチャイズQBとシャットダウンCBを両方できるわけがない」

「フランチャイズQBをディフェンスやスペシャルチームで起用するなんて危険だ」

と言う考えから、その力を発揮できていない選手がいるかもしれない、と言うことです。

NFLで試してみることは難しいにしても、カレッジや他のリーグでそう言う実績を積めば、NFLでもそう言う選手が出てくるかもしれません。

ただ、NFLと他のリーグの力の差はあまりにも大きいのが現状です。

現状、他のリーグで実績があるからと言って、NFLで受け入れられるのは難しいでしょう。



そう言えば…

1人だけ、NFLでフランチャイズQBで、CBではないですが、同じDB(ディフェンスバック)のFS(フリー・セイフティ)の両面で活躍した選手を思い出しました。

サミー・ボウ(Sammy Baugh)

です。

「Slingin Sammy」と言われたサミー・ボウは、1937年から1952年までワシントン・レッドスキンズ(当時)でプレイした殿堂入り選手。

QBだけではなく、FSやP(パンター)をプレイ。

2度のリーグ優勝にチームを導き、2度のプレーヤー・オブ・ザ・イヤー(現在の)に選出されました。

1945年にはパス成功率70.3ヤード、パッサーレイティング109.9を記録。

FSとしては1943年にリーグトップの11回のインターセプトを記録。

Pとしては5シーズンでの平均パントヤードでトップで、1940年にはシーズン平均51.4ヤードを記録しました。

これはシーズン平均ヤードとしては、今でも破られていない記録です。



このように、サミー・ボウはフランチャイズQBながら、オフェンスとディフェンス、そしてスペシャルチームの三面で活躍しました。

(アメリカンフットボールの場合「三刀流」と言うより、「三面」と言ったほうがしっくりくると考えます)

ツイッターにも、私と同じ意見の人がいました。




ところで…

この記事で、

「Ruthian」

と言う言葉を知りました。

辞書サイトでは探せませんでしたが…結論として大谷選手とともに語られるベーブ・ルース(Babe Ruth)にちなんだ言葉のようです。




ただ、最後の

「Forget Let Russ Cook. Let Russ Tackle.」

の意味がわかりませんでした。

どうもQBラッセル・ウィルソン(Russell Wilson)に関係のある言葉のようですが…

ウィルソンは野球もプレイしましたが、結局アメリカンフットボールの道を選びました。

しかしその運動能力は驚異的なので、CBもできるのではないか…

あるいはウィルソンがすごいタックルをしたことがあるのか…


P.S.

元記事を翻訳しながらこの記事を書き終わった後、日本でもニュースになっていたのを知りました。

私は英語が特異ではないので、もっと早く読めば苦労しなかったのに…


特に今回は、フランチャイズQBとシャットダウンCB両方やって初めて大谷選手に匹敵するのか、それとも片方だけで匹敵するのか…

どっちの意味で書いてあるのか、書いてみてからわかりました。

考えてみると、アメフトファンなら、片方じゃ匹敵しないのはわかりそうなものなのですが…

リンクを含むツイートを貼っておきます。

こちらは直訳です。


こちらの2つは記事の内容についてまとめて書いてあります。





ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

「Twitterスペース」と『秋田会』について~やってみたいなぁ

最近

Twitterスペース

をされている方を見かけます。

ClubhouseのTwitter

と言ったもののようです。

スマホのTwitterアプリでこんな感じのものです。


私のスマホ(iPhone12)では、画面の上の方に、このように複数のアカウントが青い背景で囲まれた形で表示されます。

これを押してみると、簡単な「スペース」の紹介が書かれています。

時々アメフト関係のスペースがありますので、それを流し聞きしてます。


ところで、最近聞いたのが

「秋田会」

と言うスペースです。

フォローしているアメフトクラスタさんのアイコンが見えたのですが、最初は秋田県にゆかりのある人が集まって語り合っているのだと思いましたが…

聞いてみると、AFC北地区の各チームのファンの方が語り合っているものでした。

「A」FC「北」 = 「A北」=「秋田」

と言う意味のようです。

ツイートもしたのですが、同地区の違うチームのファン同士で、和気あいあいと会話されていました。

こう言うのはいいなと思います。


日本ではNFLファンは少なく、普段NFLの話題で会話できる機会は貴重ですので、どのチームのファンとも仲良くしたいものだと思います。

2021年5月26日Twitterのロゴ


なお、Twitterスペースについては、下記リンク先のサイトをご覧ください。


ここには書いてないようですが、フォロワーが600人いないと、開催できない、と言う声もあります。

私もいつかやりたいなと考えています。

アメフト以外の話題でもかまいませんので。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

初めてYouTubeに出させてもらって思ったこと…反省点ばかりですが、まだまだ出たい!!

2021年5月25日5thdownチャレンジさんの画像

前にも書きましたが、5thdownチャレンジさんのチャンネルで、初めてYouTubeに出ました。

「出ました」と書きましたが…今回声だけですが…

その動画を見てみた感想を書いておきます。


1.久しぶりに長々と自分の声を聴くと恥ずかしい

誰でも、初めて、または久しぶりに自分の声を聴くと、恥ずかしいものだと思います。

自分の思っている声と全然違いますから。

30年前にバンドをやっていた時は、練習や本番で録音・録画した自分の歌声とか話し声を何度も聴いていましたので、慣れていたのですが…

久しぶりに聴くと、自分の声ってこんな感じなのか、とやはり恥ずかしくなりました。

これが世界中に流れているかと思うといっそうです。

(アメリカ在住の学生時代の後輩も聴いてくれました)

今回の動画も、再生し始めて、自分の声をちょっと聴いたところで止めたくなったのですが…

そこは慣れの問題、と言うことはわかっていますので、最後まで見ました。


2.しゃべり方はど素人…

最近よく、

「はっきり話さないから、何て言ってるかわからない」

と言われることがあります。

そうは言わない人でも、聞き返されることが多々ありますので、きっとそうなんだろうなぁ~、とは思っていました。

そんなわけで、収録でははっきりと話そう、と思っていたのですが…

3回目のものはその悪い癖がはっきりとでているように思います。


そして、ひどかったのが、息を吸う音が多々入っていたこと。

2回目のもひどかったなぁ~


ただ

「僕もラジオでの仕事をやっていたりした」人からは

「息遣いが気になり始めたら
「プロの領域」
の第1歩です!
デビューおめでとうございます🎉🎊」


と言われました。

もう一つ、まずかったな、と思ったのは

自分一人で話していて、しかも話が長くて、うまくキャッチボールができなかったこと

です。

特に1回目のがひどかったように思います。

言い訳させてもらいますと、アメフトはマイナーなので、周りに語り合える人がほとんどいないのです。

ですから、一気に話したくなってしまうものだと考えています。


でも、ひとさまのチャンネルですからね。

気をつけないと…


3.「声はいい」らしい

5thdownチャレンジさんは

「声がいいのよ!!」

と書いてくれてます。


「声が言い」と言うのは、たしかによく言われていました。

特にカラオケの話題とかすると、「うまそうな声をしている」と言われます。

久しぶりにそう言われたな、という感じです。

動画のコメント欄にも、私の声や、話し方をほめてくれているものがあります。

「低音ボイスやばすぎです。発音も明瞭で聞き取りやすかったですし。」

とか…

前述のラジオの仕事をやっていた人からは

「低音の魅力がなんとも素敵で、僕の声にはあのセクシーさはないです😅」

とまで言われました。

「セクシー」と言われたのは初めてです。

ほめていただき、本当にありがたいです。

きっといい声をしているのでしょうが、自分では、それを前述の「話し方」がぶち壊している気がします。

せっかくそう言う「才能」みたいなものがあるようなので、話し方の練習をしてみようかな、とも思いました。


4.話し忘れたことがたくさん

事前に、こんなことを話そう、と言うことを考えて収録に臨んだのですが…

聴いてみると

あー、あのこと話忘れた!!

と言うのがたくさんあります。

特に痛恨だったのは…

グリーンベイ・パッカーズのファンになった理由のひとつが

他チームでは見られない、アーミーハドルを採用していたこと


です。

こちらです。

2021年5月25日ブログ用パッカーズのアーミーハドル

わかりにくいかもしれませんが、私がパッカーズを好きになったころのこのハドルは、円陣ではなく、QBの前に他の選手が2列になって並んで立つものです。

このハドルには、QBのリーダーシップと、それに率いられて一丸になって戦う姿勢が感じられました。

他のチームでは見たのは、NFLでは1991年のデトロイト・ライオンズ。

先発QB、控えQBと負傷に倒れ、3番手のエリック・クレイマーで勝ち進んでいた頃に見ました。

これはぜひ話したかった…

話忘れたことで、一話でひとつの記事、計三つの記事ができそうです。

それぐらいたくさん話し忘れました。


5.アウトプットする、と言うことが大事

例えば2回目の最後の方で

「米軍の放送でNFLの試合実況を聴いていた」

と言うことに、5thdownチャレンジさんのお二人がものすごく興味を持たれたようです。

私としては、そんなに驚くような話だろうか、と思ったのですが…

こんな感じで、何回か意外なところに食いつかれる、と言うことがありました。

話を広げますと、アメフトファンや、アメフトにかかわる人にとっては驚くべきことではないものの、そうじゃない人に話してみると興味を持たれる、と言うことがあると思います。

逆に、アメフトってこう言うこともある、とドヤ顔で書いたり話したりして、食いつかれずにすべる、と言うこともあります。

結論として、何に食いつかれるとわからないものですから、アメフトのことを書き続けたり、話し続けたりしてアウトプットすることが、アメフトに興味を持たれる道につながるように考えます。

アウトプットできる方はそうしていただければ、とアメフトファンとしてお願いします。

私も書き続けます。


総括すると反省点だらけでした。

しかし、まだまだ出たい、語りたい、と思っていますので、とりあえず話し方を何とかしたいと考えています。

アメフト系YouTuberのみなさん、よろしくお願いいたします🙇


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

‪【ホークス】モイネロ投手には、胸を張って祖国のために戦ってきてほしい



一昨日の試合を最後に、福岡ソフトバンクホークスからモイネロ投手とデスパイネ選手が、東京オリンピックの予選のために離脱して、キューバ代表に合流します。‬


モイネロ投手は‬

「森さんがブルペンにいなかったり、リリーフ陣が苦しい状況の中でチームを離れるというのは申し訳ない気持ちです」

‪とコメントしたそうです。‬

‪いやいや、ホークスでの「仕事」も大事ですが、祖国を背負って戦うことはとても素晴らしいことだと思います。‬


堂々と胸を張って戦ってきて欲しいです。‬

‪ファンの声もあたたかいようです。‬


「いやいや」

「もう十分」

「申し訳ないなんてこっちが申し訳ない」


との「恐縮する」ファンの声があったそうです。

そして、なんと他球団のファンからも激励の声が


記事中の埼玉西武ライオンズや中日ドラゴンズのファンの方は素晴らしいと思います。‬

‪私にはそんなことを言える自信はないです。‬


‪そう言うことですから…‬

モイネロ投手には、‬

「オリンピックで、決勝で日本と戦えるよう、がんばってきます。」‬

‪ぐらいのことを言ってくれても良かったんじゃないかと思います。‬

日本が決勝に行ける保証はないのですが、そこらへんはリップサービスとして。

心置きなく、祖国、キューバ共和国のために、胸を張って戦って来て欲しいです。‬

2021年5月25日モイネロ投手


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【大谷翔平】磁石の永沢たかしさんの動画で、ツボにはまった言葉

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手について、いろんな人が語ってます。

私の好きなお笑いコンビ、

磁石」の永沢たかしさん

も、相方の佐々木優介さんに説明するように、大谷選手のすごさについてコンビのチャンネルで語っていました。

磁石の2人と言うと、学生時代にやっていたバスケットボールの印象が強かったので、大谷選手を語ったのは意外でしたが…

まあ~永沢さんの詳しいこと!

とても驚きました。



この中でとても印象に残ったのは、永沢さんが大谷選手のことを

「「100年に1人」の本物の人」

と言ったことでした。

(すみません、正確な言葉は忘れてしまいました)

ああ、そう言う表現はぴったりだな、と思いました。

「100年に1人」と言う表現はよく見聞きします。

しかし、それほどでもないことがけっこう多いです。

永沢さんの表現は、本当に「100年に1人」しか出ないすごい選手なんだよ、と言うことを見事に表していて、すごいな、と思いました。

やはり一流の芸人さんの言葉づかいは違う、と思いました。

(私は本当に磁石の漫才はおもしろいと思ってます)


余談ですが、動画の最初の方で永沢さんが言っていた、NFL選手の言葉はこちらだと思います。

オードリーの若林さんが好きな、アリゾナ・カージナルスのDE、J.J.ワット選手のものです。


意訳すると

「多くの人が大谷翔平選手について話しているように感じますが、まだまだ彼について十分に語られているとは思えません。

彼が野球界でやっていることは、尋常なことではないのです。」


と言う意味になると思います。

このツイートにどれだけの反響があったか?

下の記事に書かれています。


そもそもワット選手の影響力はものすごいので、とんでもない騒ぎになっているようです。

2021年5月23日磁石、大谷翔平を語る

話を磁石に戻しますが…

永沢さんがこんなに野球に詳しいとは、失礼ながら知りませんでしたので、今後も動画で語っていただければと思います。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 大谷翔平    ジャンル : スポーツ
  1. お笑い
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】マルティネスってこんなすごいピッチャーだったっけ?~何が彼を変えたのか?

ニック・マルティネス投手は5月22日(土)の試合、7回無失点で3勝目を挙げました。

5回まで一人の走者も出さないピッチングだったのですが、球数がその時点で80球ぐらいだったので、記録を作るのは難しいと思っていました。

それより行けるところまでゼロを並べてほしい、と思って観ていました。

期待通りのピッチングでした。



これでホークス内ではトップタイの3勝目ですが…

正直

「マルティネスってこんなにすごい投手だったっけ?」

と言う不思議な気持ちです。

北海道日本ハムファイターズの最初のシーズンの頭の方では、ホークスは苦しめられた印象がありますが…

昨シーズンは「なんとか攻略できる投手」になっていた、と思います。

ですから、ホークスが契約した時

「戦力にならないんじゃないか」

と否定的に考えました。

しかし、嬉しい誤算でした。


5月1日のホークスでのデビュー戦で、150キロ台を工藤公康監督も、

「そんな(剛速球の)イメージはない」


と言っています。


この日の投球は、ファイターズ時代のイメージとかけ離れていました。



ファイターズ時代との記録で大きく違うのは「K/BB」です。


Wikipediaによると、これは

「奪三振 と与四球 の比率で、投手の制球力を示す指標の1つ。

3.5を超えると優秀と言われる。

K/BB=奪三振÷与四球」


ファイターズ時代は2018年が2.33で、負傷して1軍登板がなかった2019年の翌年の2020年は1.65。

これが今シーズンは、今のところ6.00です。


奪三振数が上がり、四球が減っています。

与四球に悩まされているホークスの中では貴重な存在です。

いったい何がマルティネスを変えたのか?

ホークスに入れば、だいたいの投手は150キロを出せるようになると言われる「魔改造」によるものなのか。

それとも…

四年連続日本一のチームの空気が変えたのか。

そう思いたいところです。

今年で31歳。

長くホークスで活躍してほしい投手になってくれました。

2021年5月22日ニック・マルティネス投手


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】こう言うことを書きたい、と思った記事のこと~アメリカのことを知れば、NFLはより楽しめる

アメリカのスポーツについて書いている三尾圭さんのこちらの記事を読んで

自分もこういうことを書きたい

と思いました。


2012年1月8日のピッツバーグ・スティーラーズとのワイルドカードプレイオフで

「パスは316ヤード、パス平均獲得ヤードは31.6ヤード、瞬間最高視聴率は31.6%。」

を記録したことから、「316」と言う数字がクローズアップされ、

「神はそのひとり子を賜わったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。」(口語訳聖書)

と言う「ヨハネによる福音書第3章第16節」

と言う言葉が思い出され、

「試合翌日のインターネット検索1位のワードは「John3:16」だった。」

ことになったことが書かれています。

こう言う、

NFLのプレイが何に関係しているのか…

上からの書き方になってしまいますが、前々から私は、そんなことを説明する文を書いていきたいと思っています。


例えば、一昨年にNFLから発表された

「100 GREATEST PLAYS」

のトップに選ばれたのは

1972年12月23日のディビジョナルプレイオフ、ピッツバーグ・スティーラーズ対オークランド・レイダーズの試合の勝敗を決めた。

「イマキュレート・レセプション(IMMACULATE RECEPTION)」


と言われるプレイでした。



この名前は、キリスト教「無原罪懐胎(Immaculate Conception)」に由来します。

そんなことを書いていきたいのです。

ただ、いまいちこの2つの言葉の関係が理解できないので、これまで詳しいことは書いてないと思います。

書いていたとしても、納得ずくで書いてはいません。

「100 GREATEST PLAYS」で2番目にランクされた

「ザ・キャッチ(THE CATCH)」については、ある程度由来と意義は説明できますが…



昨年の初めての緊急事態宣言下のゴールデンの間に、私は、

「100 GREATEST PLAYS」

「100 GREATEST GAMES」

「100 GREATEST TEAMS」

「100 GREATEST CHARACTERS」

「100 GREATEST GAME-CHANGERS」


を、すべてExcelに書きだしました。

この中には興味深いものが数多くあり、いくつかはこれまでに書いてきました。

例えば「1946 RE-INTEGRATION」

これは、NFLが1946年から再び黒人選手を受け入れることになったことです。


これをすべて、とは言いませんが、興味深いものを書いておくことが、私の今のライフワークのひとつだろう、と考えています。


補足ですが…

私は西南学院中学校と言うキリスト教の学校に通いました。

学校に入ると、まず

「今週の言葉」

として、聖書からの引用文が書かれた掲示板がまず目に入ります。

前述の「ヨハネによる福音書第3章第16節」は、何度も見ました。

それぐらい有名な箇所です。

ここでは引用した記事とは違う訳を載せましたが、それは、この訳文が一番自分の記憶に近い、と考えたからです。

そして学校で習った時は「章」や「節」には「第」をつけていた記憶がありましたので、なじみのある「第」をつけた形で書きました。

実はこの言葉は覚えていても、あの試合の後ネットで検索1位のワードになったことは知らず、聖書のどこに書いてあったかも覚えていませんでした。

福音書からの引用で多いのは「マタイによる福音書」や「ルカによる福音書」からのもので、そのどちらかだと思いこんでました。

私が、どこに何が書いてある、と正確に言えるのは「ヨハネによる福音書」の第1章第1節ぐらいです。


ただし私はクリスチャンではなく、生まれてからずっと神道と仏教を信じています。

今後もそのことは変わりません。

何が言いたいかと言いますと…

ここで書いたことは、決してキリスト教への改宗のすすめではない、と言うことです。

でも、教養としてキリスト教のことを知っておくと、NFLはもっともっと楽しめるでしょう。

ただ、「キリスト教」は、あくまでも「アメリカのこと」のひとつで宗教だけでも「イスラム教」や「ユダヤ教」のことを知っておくとまた、理解が深まると思います。

そして、「アメリカのこと」を知ることは、好むと好まざるにかかわらず、現実的に日本の最大の同盟国であるアメリカ合衆国のことも、今より理解することができることにつながるでしょう。

と言うことです。

2021年5月22日ティム・ティーボウ


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】ワシントンは「フットボールチーム」のままでいいかもしれない…と考える理由

もうずっと前に出されたものになりますが…

3月にこんな記事がありました。


NFL JAPANの記事は、NFL.comの記事を参考にしたものが多い、と言うイメージがあるのですが、今回はこのCBSの記事を参考にしたように思えます。


ジェイソン・ライト球団社長(President Jason Wright)がESPNのジョン・ケイム(John Keim)氏に

「「ワシントン・フットボールチーム(Washington Football Team)」と言う名前に好意的な人たちがいます。

そこから見えてきたのは、その名前が我々の歴史と深く結びついていることです。

完全に新しいものだと、感じられるかもしれませんが、それは私たちが過去に行ってきたすべてのことを捨てているわけではないように感じます。

我々のファンのかなりの部分が、この名前は何かの継続であって、完全にリセットされた真新しいものではないと感じていることは、とても重要なことなのです」


そんな理由から、ライト球団社長は、

2021年のシーズン後も「ワシントン・フットボールチーム」と言う名称が残る可能性もある、

と語っています。

今のところの予定では、2022年から新しい名前にかわる予定です。


私が調べた限りでは、前掲のCBSの記事をツイートしたのは9件。

うち2件に、この考えに明確に「反対する」意味の言葉を添えていました。

前掲の1件だけが、明確に支持する旨の言葉を添えていました。

この名前を残すことは

「それはユニークであり、それが誰をも怒らせることができる方法は世界にありません。」

ということだそうです。



私は「ワシントン・フットボールチーム」の名が残ることを支持します。

それは、この特殊な名前が、かつてこのチームに「負の歴史」があり、それをリーグが積極的に否定しなかった歴史があることを思い浮かばせることになる、と考えるからです。

ワシントンの「負の歴史」は「レッドスキンズ」と言う名称だけではなく、かつてのオーナー、ジョージ・プレストン・マーシャル(George Preston Marshall)がなかなか黒人選手を採用しようとしなかったと言うものもあります。

マーシャルは「紳士協定("gentlemen's agreement")」を推進した結果、NFLは1946年まで黒人選手と契約しませんでした。

1962年、米国内務省長官スチュワート・ユドールと米国司法長官ロバート・F・ケネディは、マーシャルが黒人選手と契約しなければ、政府がレッドスキンズに貸していたD.C.スタジアム(後のRFKメモリアル・スタジアム)貸与の契約を取り消す、という最後通告をしました。

ここに及んで、マーシャルのワシントンは、1962年にクリーブランド・ブラウンズからボビー・ミッチェル(Bobby Mitchell)を獲得しました。

正確に言いますと、1962年のドラフトで、ワシントンはアーニー・デービス(Ernie Davis)と言う、黒人選手として初めてハイズマントロフィーを獲得した選手を指名したのですが、デービスはワシントンでプレイすることを拒否したため、ミッチェルと交換でブラウンズにトレードされました。


余談ですが、ミッチェルの背番号49は、昨シーズン前にワシントンで2番目の永久欠番になりました。


話を「フットボールチーム」と言う名称のことに戻します。

そう言う「負の歴史」がワシントンにはあるのです。

昨シーズン、「レッドスキンズ」の名前を変える、とチームが発表するとき

「「負の歴史」を後世にのこすために、「レッドスキンズ」の名称を残すべきだ」

と言う声もあがりました。


私はその意見には賛成できませんでした。

歴史を伝え続けることは大事ですが、そのままの名前で伝えるのは望ましくない、と考えたからです。

しかし「フットボールチーム」と言う名称であれば、それは望ましいと考えます。

「我々のファンのかなりの部分が、この名前は何かの継続であって、完全にリセットされた真新しいものではないと感じていることは、とても重要なことなのです」

と言うライト球団社長の考え、といいますか、ファンの声を、私は支持します。

2021年5月3日ワシントン・フットボールチーム名称の画像


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフトとお笑い】コージ・トクダさんと一緒に写っていたコンビ「ふくらすずめ」さんのこと

先週末、下のコージ・トクダさんのツイートに写っていた2人。

いったい誰なんだろう、と私も思いました。


ふくらすずめ

と言う芸人コンビだそうです。

左側がTE(タイトエンド)だった山本 俊太朗さん。


真ん中がRB(ランニングバック)だった山﨑 肇さん。

Xリーグのアカウントが、ちゃんと名前入りでリツイートしてくれてました。


このツイート、メンション先に、電通キャタピラーズみらいふ福岡SUNSが入ってます。

SUNSはコージさんのチームだからわかる。

ではキャタピラーズはなんで?

と思ったら…

どうも山本さんは現役のキャタピラーズのWRのようです。

キャタピラーズのマスコットさんも、リツイートしてました。



2人の関西学院大学ファイターズでのキャリアはリンク先にあります。

・山本俊太朗さん

http://www.kgfighters.com/member_detail/id=422


・山崎肇さん

http://www.kgfighters.com/member_detail/id=432

山本さんは関西学生リーグBEST11選出されるほどの選手だったようです。

山崎さんはじぶんでもツイートされてますが、先発ではなく、社会人ではプレイしていないようです。

(これは伏線になりますので、覚えておいた方がいいです。)



(ちなみに私は強くない高校の剣道部で補欠にもなれませんでした)


ふくらすずめは2019年4月1日に結成。

昨年はワタナベコメディスクールの在校生と言う身分で、事務所に所属とまでではなかったからか、アマチュアとしてM-1グランプリ予選に出場。

一回戦敗退でした。

結成2年目ですから、仕方がないと言えば仕方がないのでしょうが…

でも、ワタナベコメディスクールの在校生による「スクール マンスリー ライブ」では昨年8月に優勝しているそうです。



ネットでふくらすずめのネタ動画を探してみました。

アメフトから始まるネタをやってくれてました。


山本さんが叫んでいるのが、イマイチ何て言ってるかわからなかったのですが…

けっこう笑いました。

これからもお笑いを続けて欲しいです。

2021年5月19日ふくらすずめ


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. お笑い
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【アメフト】(追記あり) YouTubeデビュー しました \(^o^)/~「5thdownチャレンジ」さんについて

一昨日、5月17日(月)の夕方に、YouTubeデビューを果たしました。


よろしければ見ていただき、高評価、このチャンネル

5thdownチャレンジ【NFLアメフト】」

チャンネル登録していただければと思います。

よろしくお願いいたします🙇



はっちゃけたサングラスとは、これのことです。

2021年5月18日グリーンベイ・パッカーズのサングラス

そもそも出たがりな私なので、前々からどこかのチャンネルに出させてもらえれば、と考えていたところ、このチャンネルに出演された

ひでぼーさん( @hidebounflboy )

が中に立っていただいて、出ることができました。

その辺の経緯はこちらの動画の最後の方にありますので、よろしければどうぞ


なお、ひでぼーさん自身も「レッツハドル」と言うYouTubeチャンネルを運営しています。

最新の動画はこちらだと思います。


収録して、実際見てみて思ったことをいくつか書こうと思いましたが、それは後日。

今回は出させてもらったチャンネル「5thdownチャレンジ」さんのことを書こうと思います。

このチャンネルは、中学校から大学までアメフトをやっていた

オノスキンさん

と、アメフトを知って数ヶ月でハマってしまった未経験者の

フジャースさん


の2人で運営されています。

オノスキンさんはワシントン・フットボールチームのファンで、フジャースさんは私と同じグリーンベイ・パッカーズのファン。

2021年5月18日5thdownチャレンジさん

オノスキンさんはかなりの強豪校でCB(コーナーバック)をプレイされていたらしく、他の動画で「日本代表のセレクションにも参加した」と言っていました。

そしてアメフトファンとしてデビューしたばかりと言うフジャースさんのコンビは、経験者と未経験者が語る、と言う形です。

最近?かな?

チャンネル登録者が1,000人を超えました。


チャンネルができて4~5か月での到達は、ものすごく速いと思います。

このことを記念して、先日YouTube生配信も行われました。

こちらのFacebookサイトから見ることができます。



2人で語ることが多かったのですが、最近はゲストを呼んで語ってもらう、と言う形もとられています。

最初のゲストは

「アメフト沼」( @football_swamp )さん



そして前述のひでぼーさん、私と続いてます。

最近は

「まつかわ」( @kcfa_playbyplay )さん

の収録もされたそうです。


まつかわさんはツイッターのプロフィールにもあります通り、関東学生アメリカンフットボール連盟放送委員長、広報委員をされており、場内の状況もされています。

また、このチャンネルはラジオ形式の回もあるので、動画に集中せずに、受験勉強中の深夜ラジオのような形で聴くこともできます。

そんな感じですので、今後も楽しみにさせてもらいます。


私の方ですが、こちらであと2回、公開される予定です。



その後、ひでぼーさんのチャンネルにも出させてもらいました。


近日公開してもらえると思います。


この2つのチャンネルで話させてもらって気づいたのですが…

私自身にはあまりおもしろいと思えない話題に、食いつかれることが何回かありました。

ですので、ブログに書いてこなかったことも話していると思います。


よろしくお願いいたします。


追記.

第2弾も公開されましたので、貼っておきます。



まだ私も見てませんが、取り急ぎ…


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【MLB】私的に嬉しい、大谷翔平選手の活躍がニュースになることで嬉しいこと~錦織圭選手にも言えること

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手の活躍が止まりません。

昨日もホームランを打ち、これでトップタイ。


日本人がホームラン王を狙える位置にいるのも驚きですが、日本人と言う枠にとらわれず、MLBの中で、投手もやっている選手がそんな位置にいるのはもっと驚きです。

最近印象に残ったのは、この片手で持って行ったグリーンモンスター越えの11号ホームラン


これはすごいですわ…


ところで…

大谷選手が活躍することで、私的に嬉しいことは

「昔の選手のことがニュースになり、新しいことを知ることができる」

ことです。

トップに置いたツイッターの中のニュースでは

ジョニー・ペスキー(Johnny Pesky)

と言う選手がいたことを知りました。

新人から3年連続200安打を記録し、"Mr. Red Sox"(ミスター・レッドソックス)とまで言われたほどの人物だそうですが、私は知りませんでした。


「昔こんなすごい選手がいた」

歴史が好きな私は、そういうことを知るのが大好きです。

大谷翔平選手が活躍することによって、よくベーブ・ルース(Babe Ruth)のことが話題に上がります。

野球が好きな人にとっては、昔ベーブ・ルースと言うすごいホームランバッターがいた、と言うのは有名だと思います。

しかし、ピッチャーもやっていたことは知らいない人が多いと思います。

私も細かくは知りませんでした。


同じことが頭角を現してきたころの錦織圭選手にも言えます。

錦織選手が活躍するたびに、戦前に世界的にトップレベルの選手だった清水善造選手、熊谷一弥選手のことが語られました。

上前淳一郎氏「やわらかなボール」でこの2人の選手のすごさに驚いていた私は、この2人の名前が出てくるのが嬉しくてしょうがありませんでした。


そんな感じで、大谷翔平選手の活躍が嬉しくてたまらない、今日この頃の私です。

2021年5月18日大谷翔平選手12号ホームラン


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : MLB    ジャンル : スポーツ
  1. 歴史
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【テレワーク】体に悪い習慣がなくなったと思ったら…

私は通勤で電車などに乗っている最中は、ヘッドホンで音楽などを聴いています。

ただし、店で何かを買う時は、店員さんに失礼だと思いますし、何よりお金のやり取りと言う大事な状況ですので、ヘッドホンは外します。

時々、ヘッドホンつけたまま店員と会話していて、聴こえなくて苦労している人を見かけますが…

店員さんはイライラしてるだろうな、と思います。

さてその習慣ですが、テレワークの時はやりません。

ヘッドホンつける必要がないので。

けっこう大きい音量で聴いてますので、前々から、耳を悪くするなぁ〜、と思っていたので、これはラッキーだと思いました。


しかし…

オンライン会議の時は、ヘッドホンをつけることになりました。

それほど大きな音量ではないのですが、通勤の時につけていた時間と変わらないか、それ以上の時間、ヘッドホンをつけることになりました。

うーん…

でもまあ、音楽のように大きい音がずっと流れるわけではないので、まあいいか、と思ってます。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンを、ポチっと押してもらえると、このブログのポイントがアップして、ランクアップしますので、ブログを書き続ける励みになります。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
テーマ : ひとりごと    ジャンル : 日記
  1. 出来事(仕事)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【歌】小泉今日子さんの「魔女」に思うこと

最近ふと思い出したのが、小泉今日子さん

魔女

と言う1985年の歌。

小泉今日子さんの歌の中でも好きな曲のひとつです。


なんか懐かしい歌聞きたいなぁ~、とYouTubeを見ているうちに見つけました。



そして

魔女」と言う言葉は、いずれ使われなくなるんじゃないか


と思いました。

それは、ジェンダー問題が加速しているからです。

男女は平等であるべき、と言う考え方は私は賛成です。

まあそれによって、いろんな言葉が変わっていくんだろうな、と言うのは予想していますし、すでに変わってます。

そもそも、歴史で学ぶ「魔女狩り」の「魔女」ですが、その中には女性でない人も含まれます。

Wikipediaの「魔女」を見ると

「現存する史料からうかがわれる魔女狩りの時代の魔女観では、魔女は、多くの場合女性で、時には男性であったとされている」

と言う記載が、そもそもどうかな、と思います。

現代のジェンダー観からすると、女性の他には男性しかいなかった、と言う書き方は不適切かもしれません。

「魔女」と言う言葉がなくなっていくなら、まず歴史用語からかな…

Wikipediaの「魔女」には、こう言う記載もあります。

「現代一般英語としてのwitchの用法は、ロングマン英語辞典、オックスフォード英語辞典、ケンブリッジ英語辞典、ウェブスター辞典いずれも第1項目に「a woman who ~」とあり、ウェブスター辞典のみ第2項目の用法として「a person who ~」とあるので、女性に対して使われるのが一般的だが、ごくまれに性別を限定せずに使われるようである。」

この動きは加速すると思います。


「魔女」と言う言葉は不適切だと言われることが大多数を占め、歴史用語も「魔法使い狩り」とか「魔術師狩り」にかわる時代が来るでしょう。

私はそうあるべきだと思います。

しかし…

かつて小泉今日子さんが「魔女」と言う歌があり、その歌は私が好きな歌のひとつだった

と言うことは変わらないでしょう。

2021年5月16日小泉今日子「魔女」


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 懐かしい歌謡曲    ジャンル : 音楽
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

【ホークス】石川投手2勝目~支配下登録までの自己投資のすごさを知るツイートがあった

福岡ソフトバンクホークス石川柊太投手が、昨日の対北海道日本ハムファイターズの試合で、今季2勝目をあげました。

これまでもいい試合を作ってたのですが、なかなか勝ち星がつかない印象がありましたが・・・

昨日は7回に力尽きたように見えましたが、勝ち星がついて良かったと思います。

ところで先日、石川投手の育成時代のことを語るツイートがありました。


ツイートしたのは、パーソナルトレーニングジム、JPEC TOKYOの代表の河口正史さん。

育成時代の石川柊太投手のトレーニングを見た人です。


年俸400万とか、一流企業なら大卒の新入社員でも手が届きそうな金額だと思います。

その中から、「2勤1休で一月半」ですので、30回セッションを受けたとして、60万。

400万のうちの60万は、めちゃくちゃ大きいと思います。

これだけでも「おもいきったな~」と驚きます。


「電車賃がもったいないって品川から歩いて」


というくだりですが…

現在の、品川駅からJPEC TOKYOまでの交通費を調べてみると、バスで往復420円で、電車とバスを使うと往復734円、電車のみだと650円。

歩くと往復5キロなので1時間15分ほど。

5キロは辛いわ…

特にトレーニングの終わりの2.5キロは…


でも、それがあって、今の石川投手があるとしたら、全然もとがとれていると言ってよいでしょう。


勝ち星は少ないものの、正当に評価されれば、河口さんの言う通り、「億り人」、つまり一億円プレイヤーになれるでしょう。

Wikipediaによると、今シーズンの年俸は「8,000万円+出来高」だとか。

倍増できるような投球を期待してます。

2021年5月15日石川柊太投手


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】一番最初の「春日の呪い」の犠牲者❓ティム・ティーボウがNFLに復帰か❕

2010年にデンバー・ブロンコスに入団し、2012年にニューヨーク・ジェッツでのプレイを最後にアメフトから離れ、野球に挑戦していた

QBティム・ティーボウ(Tim Tebow)

が、NFLに復帰するようです。


QBではなく、TEとしての復帰となるようです。

(前回の)NFLキャリアの終わりごろには、契約する球団はなくなりました。

「QBにこだわらなければ、例えばTEとしてなら、契約する球団はあるだろう」

と言われていました。

しかし本人がQBにこだわったため、契約する球団はありませんでした。

あくまでも主観ですが…

パスが上手いとは言えません。

しかし、一番QBに必要な「勝つ力」は持っていたように思います。

ですから、契約する球団が出てきてもいいように思えたのですが…

ただ、ティーボウには熱狂的なファンが多くいて、他のQBがミスしようものなら

「ティーボウを出せ!」

と騒ぎ出すのがやっかいでゲームマネジメントに支障がある、と言う話も聞いたことがあります。

ですが、ニューイングランド・ペイトリオッツと契約したものの、結局プレイできずに解雇されたところを見ると、結局当時のティーボウは、QBとして物足りなかったのだろう、と考えられます。

ペイトリオッツには不動のQBトム・ブレイディがいましたから。


今度はジャクソンビル・ジャガーズと契約を詰めているそうですが…

ここにはドラフト全体1位で指名されたルーキー、

QBトレバー・ローレンス(Trevor Lawrence)

が入ってきます。

ローレンスもミスしようものなら

「ティーボウを出せ!」

と言われないかな…


さて本題ですが…

2010年に「オードリーのNFL俱楽部」が始まりました。

最初の「トゥース」の後、春日さんは

「日本のティム・ティーボウ、春日です」

と自己紹介しましたが…

覚えてますか?

2021年5月13日1年目のオードリーのNFL俱楽部

(1年目の「オードリーのNFL俱楽部」

 新入社員だった水卜麻美アナも含め、みんな若い)


今考えると、これが最初の

春日の呪い

だったかもしれない。

そしてNFLでプレイする場所を失い、野球の世界へ…

それが、最近「春日の呪い」もきかなくなってきたので、ティーボウはNFLに復帰できたんじゃないかな…

なーんてことをふと考えてしまいました。


たぶん多くのファンは、ティーボウがNFLに戻ってくることを願っていると思います。

私もそうです。

10年の時を経て、「春日の呪い」が解ければいいなと思います。

2021年5月13日ティム・ティーボウ

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : オードリーのNFL俱楽部    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】「この選手が欲しい」とアメフトチームの監督から言われた選手とは?

一昨日から、元横浜DeNAベイスターズの石川雄洋選手のアメフト転向が話題になっています。


私としても、先日ブログに書いたぐらい大きなニュースです。

この流れを受けてか、福岡のアメフトチーム、みらいふ福岡SUNS吉野至代表監督のツイッターの質問箱に

「今、サンズ(SUNSのこと)に入ってくれるなら誰に1番きて欲しいですか?

アメフト選手とアメフトしていない選手でしりたいです」


と言う質問が着ていました。

その質問と回答が載ったツイートがこちらです。


「アメフト外なら周東佑京選手」

だそうです。

福岡つながりで周東選手が選ばれたのかどうか、正確なところはわかりませんが…

私の推測では、それはないと思います。

やはり周東選手の脚の速さとトータルして考えたときの運動能力の高さは魅力的でしょう。

あの脚の速さと運動能力があれば、WR(ワイドレシーバー:パスを捕って走る人)として日本代表入りも夢ではないと考えます。

アメフトの日本代表は世界で2位か3位にランクされるほどレベルが高いのですが、それでも周東選手なら行けそうじゃないかな、と考えます。

そうなると

「史上初めて、野球とアメフトで日本代表に選ばれた選手」


と言うことになるでしょう。




かつて吉野監督は、柳田悠希選手がアメフトに転向したら…と言うことを考えていました。


柳田選手の脚と体格があれば、WRやTE(タイトエンド:パスを捕ったり、ブロックしたりする人)や、ディフェンスチームのほとんどのポジションができそうです。

周東選手も柳田選手も今は野球でも、後々石川選手みたいにアメフトをプレイしてくれたら…

夢は広がります。

2021年5月12日周東佑京選手


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ベイスターズ】初代主将の石川雄洋が、社会人アメリカンフットボール入りを有馬隼人さんが語る

横浜DeNAベイスターズの初代主将を務め2020年に退団した

石川 雄洋(いしかわ たけひろ)さん

が、社会人アメリカンフットボールのトップリーグ、Xリーグのノジマ相模原ライズに加入することが、昨日報道されました。

ポジションはWR(ワイドレシーバー)。

オフェンス(攻撃)チームで、主にパスを捕って走れるところまで走る、と言う役目のポジションです。

脚の速さと、ボールを捕ることのうまさが求められます。

こんなことをするポジションです。

👇



石川さんは、もともとアメフトを見るのが好きだったそうです。

関連ニュースはこちらです。



石川さんのアメフト転向は大きな話題となり、ツイッターのトレンドにも入りました。

2021年5月11日石川雄洋さんのアメフト転向がツイッタートレンド入り


この件について、昨日の朝のラジオ番組、「AWAKE」(bayfm)のMCであり、XリーグのアサヒビールシルバースターのHC

有馬隼人さん

が語ってくれました。


radikoでは5月18日(火)の番組放送開始(朝6:00)までは再生可能だと思います。

radikoのリンク先はこちら

https://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20210511060000

2:25:01辺りから、この件について語られています。

ざっくり言えば…

石川雄洋選手ほどのアスリートであれが、能力的にはすぐにスタメンをとれるはず。

ただしアメリカンフットボールと言う初めてプレイする競技にどれだけ早く才能が開花できるか、がポイント。

そのためには練習、指導が必要。


日刊スポーツのツイートの左側に写っている、前田一之WRコーチ(有馬さんと同級生だそうです)に

「うまいこと指導してくれよな」

と願っているそうです。


私としては、石川選手の背の高さも武器になると思います。

同じ速さ、同じ運動能力であれば、背が高い方が捕球できる範囲が広がりますから有利だと考えます。


有馬さんは、石川選手の動きについて

「話題としても盛り上がるし、他の選手にも刺激になる。」

と大歓迎の意向を示していました。

私もそう思います。

そして

「(石川選手には)フィールドを駆け回って…そしてお客さんをつれてきてほしい。」

とも言っていました。

「お客さん」とは石川選手やベイスターズのファンを意識してのことでしょう。

そして、30半ばの元プロ野球選手が、世界的にレベルの高い日本のアメリカンフットボールのトップリーグでどれだけ活躍できるのか興味を持つ、私のような人を指しているのでしょう。


話は前後しますが、有馬さんは石川選手の可能性に触れる前に、日本のアメリカンフットボールのレベルの高さを語っていました。

「Xリーグはプロリーグではなく、クラブチームがほとんど。

(例外は実業団のパナソニックインパルスと富士通フロンティアーズぐらい)

だからスポンサーを探すか、仕事を持っていなければプレイできない。

しかしプロリーグじゃないのに、客観的にレベルが高すぎるすごいリーグ。

これまで世界選手権では日本代表はアメリカとカナダにしか負けたことはなく、南米やヨーロッパやアジアのチームには負けたことがないぐらいすごいリーグで、それを支えているのがXリーグ。

このクオリティを保っているのはすごいと思う。」


そのクオリティが保たれているのは、前回準優勝だった時のQBコーチだった有馬さんのような人の献身的な努力があると思います。

日本は過去の世界選手権5回にすべて出た数少ないチームで、優勝2回、準優勝2回、3位1回と、すべての大会でメダルを獲得しています。

それぐらいレベルが高いところで、「能力的にはすぐにスタメンをとれる」と有馬さんに評価されるのは、すごいな、と思います。

やはり、なんやかんや言っても、日本ではプロ野球をはじめ、野球界にタレントが集中しているように感じます。

ですから、こう言うことをツイートするアメフト関係者、みらいふ福岡SUNSの吉野至代表のような方もいるのです。


有馬さんも言っていましたが、学生時代に他の競技からアメフトに転向した選手は多いです。

大学からアメフトを始め、日本代表に上り詰めた選手はもいます。

もっとすごい例としては…

運動能力はすごいものの、大学球界では活躍できず、社会人になってXリーグで本格的にプレイするようになって、1年間で日本代表候補まで行った選手もいます。

「アイシールド21」に出てきた雷門太郎(通称「モン太」)のような選手は実在する、と言うか少なくないのです。


石川さんがアメリカンフットボールの世界でも一流選手になれば、野球選手引退後の新しい道ができます。


2019年に石川さんは右肩を痛めています。

2020年には一軍出場はなく、10月に戦力構想外を告げられました。

右肩を痛めたことが野球選手声明を終わらせたかどうかはわかりませんが、アメリカンフットボールにはボールを投げなくてもいいポジションがあります。


今年35歳、と言う年齢も気になりますが…

10年間アメフトどころかスポーツの世界から離れていたものの、昨年見事な復帰を果たしたコージ・トクダ選手(みらいふ福岡SUNS)のような方もいます。


石川さんは、つい最近までプロスポーツ界でプレイしていたので、十分に活躍できるように考えられます。

年齢と言えば…

30歳でアメリカンフットボールをはじめ、54歳まで米女子アメフト界の第一線でプレイしていた鈴木弘子さんは、石川さんの件について語った私の

「プロスポーツ界から、トップレベルへの転向ですから、この前例ができると、どちらの世界にも大きいと思います」

と言う投稿に、こう返信していました。

「貢献よりも前例よりも、まずは楽しくないとね😉」

そうでした。

石川さんほどのアスリートがアメフトを始め、プレイすることが楽しい、と感じてくれれば、おのずと結果はついてくるでしょう。

「楽しい」と思えるほど、石川さんがアメフトにハマってくれることを願います。

2021年5月11日ベイスターズ時代の石川雄洋選手


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : アメリカン フットボール    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】ジャスティン・フィールズはオハイオ州立大出身の初の一流QBになれるか

2021年のNFLドラフトが終わりました。

多くのQBが指名されましたが、その中で1巡11位でシカゴ・ベアーズに指名された

ジャスティン・フィールズ(Justin Fields)


のことを書きます。



フィールズはオハイオ州立大学(Ohio State University)の出身。

オハイオ州立大は全米優勝8回を誇る名門。

現在もビッグ・テン・カンファレンス(Big Ten Conference)4連覇中の強豪です。

NFLに入った選手で、8人の選手がプロフットボールの名誉の殿堂入りを果たしています。

しかし、その中にQBはいません。

私にはよくわからないのですが、どういうわけかオハイオ州立大出身のQBはNFLでは成功していません。

しかし、フィールズはその歴史にピリオドを打つのではないか、と言う記事が、ドラフト前にありました。


記事の中に、近年QBとしてNFL入りした選手の一覧があります。

ドラフト1巡で指名された選手が、1982年以降2人しかいません。

フィールズは3人目になります。

そもそもオハイオ州立大が、スーパーQBの力で勝ってきた大学ではないようです。

ハイズマントロフィーを獲得した選手はのべ7人いますが、うち6人までがRBで、残りの1人がQBトロイ・スミス(Troy Smith)です。

しかしスミスは2007年のドラフトで、5巡174番目の指名、と期待は低いものでした。

おそらく、183㎝と言う、QBとしては低い身長がネックになったと思われます。

ボルチモア・レイブンズに指名されましたが、3年間在籍したレイブンズで先発出場したのは、ルーキーイヤーの2試合だけ。

翌シーズンの開幕前に、レミエール症候群と言う病気にかかり、先発の座をルーキーのジョー・フラッコに奪われました。

結局2年間フラッコのバックアップを務めたあと、2010年に解雇され、サンフランシスコ・49ナーズとサインしました。

2010年の49ナーズは6勝10敗でしたが、スミスが出場した試合は3勝2敗でした。

つまり、スミスはここで、勝てるQBの資質を見せたわけですが、チームはFAとなった彼を引き留めず、アレックス・スミスを先発QBとしました。

その後、トロイ・スミスは二度とNFLでプレイすることはありませんでした。


カレッジの名誉の殿堂入りした選手で、QB専任でプレイした選手は、レックス・カーン(Rex Kern)1人しかいません。

カーンはNFL入りしたものの、DBとしてプレイしました。


最も成功したオハイオ州立大出身のQBは、1985年にドラフト外でシカゴ・ベアーズ入りしたマイク・トムザック(Mike Tomczak)でした。

15年間でNFLで4つのチームに在籍し、73試合に先発しました。

しかしどのチームでも「控えQB」のイメージが強く、10試合以上先発したのは1989年のシカゴ・ベアーズでのシーズン(5勝6敗)と、1996年のピッツバーグ・スティーラーズでのシーズン(10勝5敗)だけでした。

ただ、先発した試合は42勝31敗と、悪くはない控えQBだったと思います。


トム・トゥーパ(Tom Tupa)はQBと言うより、投げられるパンターというイメージが強いです。


デゥウェイン・ハスキンズ(Dwayne Haskins)はまだ若いので、チャンスがあると言えばあると言えますが…


フィールズはこれら先輩がなしえなかった「一流QB」の道を歩めるかどうか。

オハイオ州立大のファンもそうですが、トレードアップしてフィールズを指名したベアーズの期待にこたえられるか…

ベアーズは2017年のドラフトでもトレードアップしてQBミッチェル・トゥルビスキー(Mitchell Trubisky)を指名して、期待通りの成果を導き出せなかっただけに、切実だと思います。

2021年5月4日シカゴ・ベアーズ巡指名を受けたジャスティン・フィールズ


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFLドラフト2021】トップ指名のトレバー・ローレンスのドッペルゲンガー、ベラ・マルチナさんと「偽トレバー・ローレンス作戦」のこと

2021年4月30日始まったNFLドラフト2021では、予想通り

トレバー・ローレンス(Trevor Lawrence)

が1巡1位、全体のトップで指名されました。


ローレンス自身は、こうツイートしています。


ちゃっかりと自分のトレーディングカードの宣伝をしているようです。

さて、トレバー・ローレンスには

ベラ・マルチナ(Bella Martina)さん

と言うそっくりさんがいます。

女性です。

2019年にTikTokでトレバー・ローレンスのそっくりさんとして注目されたそうです。

そのTikTokがこちら


実際に二人は会ったことがあるようです。


そのマルチナさんが、スポーツメディアのブリーチャー・レポート(Bleacher Report)社と組んで

「偽トレバー・ローレンス作戦(Operation Fake Trevor Lawrence)」

と言うものを行ったそうです。

ローレンスのふりをしてジャクソンビルをの街を歩き、どれだけ多くのファンを騙すことができるか、と言うものです。

その模様がこちら。



「昨日のドラフトを見た?」

と尋ねたところから、米時間の4月30日に行われたものと思われます。

金属音がなると、作戦成功で、ブザーがなるとだまされなかった、と言うもののようです。

圧倒的に失敗だったように感じますが…

関連記事がこちらにあります。


「そっくりさん」って、「ドッペルゲンガー(doppelgänger)」と言う単語で通じるのでしょうか…


ところで私は、

ローランドさん

の方が、トレバー・ローレンスに空気が似ていると思いました。

2021年5月8日ローレンスとローランド

こう言うとことか


どうでしょうかね?

名前も似てますし。

もし、トレバー・ローレンスのインタビューを吹き替えることがあれば、ローランドさんにお願いしたい、と思うのでした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【誤報】「元ロッテ監督のバレンタイン氏が故郷の市長選出馬「この市のため」」と言う記事について

2021年5月8日ボビー・バレンタイン元千葉ロッテマリーンズ監督

(千葉ロッテマリーンズ監督時代のボビー・バレンタイン氏)

元千葉ロッテマリーンズの監督で、2005年にはチームを1974年依頼の日本一に導いた

ボビー・バレンタイン(Bobby Valentine)氏

が、コネティカット州スタンフォード市の市長選に立候補した、と言うニュースを見かけました。


ツイートにありますように、記事の本文には

「MLBの球界を離れた後は地元のスタンフォード大学でアスレチックディレクターを務めていた。」

とあります。

え、ジョン・エルウェイも野球をプレイし、学業でもトップクラスの、あのスタンフォード大学か

と驚きました。

いや、そもそもそのスタンフォード大学はカリフォルニア州だし、記事には「コネティカット州スタンフォード市」とあります。

コネチカット州と言えば東部の印象がありますので、調べてみました。

(NFL観戦を趣味としていると、アメリカのいくつかの州の位置を覚えてしまいます)

結論として、バレンタイン氏がアスレチックディレクターを務めているのは、コネチカット州フェアフィールドにある

サクレッド・ハート大学(Sacred Heart University)

のようです。



そもそも、

スタンフォード大学(Stanford University)



コネチカット州スタンフォード市(Stamford, Connecticut)

ではスペルが違います。

一方で、こちらの記事は間違ってないように思えます。


「現在はスタンフォード近郊にある大学で体育部門のトップを務めている。」

とあります。

サクレッド・ハート大学があるフェアフィールド(Fairfield)はスタンフォード市とともに、グレーターブリッジポート(Greater Bridgeport)と言う大都市圏(metropolitan area)に含まれますので。


なお、前述のジョン・エルウェイ(John Elway)は、1981年の日米大学野球では4番打者として来日しました。

しかし、不振のため、のちに横浜大洋ホエールズでプレイするジム・パチョレック(Jim Paciorek)と交代。

野球は大学限りでやめ、アメリカンフットボールのNFLに入り、2度のチャンピオンに輝き、名誉の殿堂入りしました。

2021年5月8日野球のユニフォームを着たジョン・エルウェイ


なんで私がこんなことを書いてきたかと言いますと…

私はよくネットニュースを見て、アメリカンフットボールのことをブログに書いたりするからです。

だいたいネットニュースに書いてあることを疑わずに書きますが…

引用元の英文記事を探して、よくよく読んでみると、ちょっと違う、と言うことがあります。

今回のように、まったく事実ではない、と言うことはそうそうないですが、翻訳の仕方で、文脈が違う方向に行っている、と言うことは時々あるような気がします。

一番多いのは、これまでも何回か書きましたが、ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)の「ペイトリオッツ(Patriots)」を「愛国者」と訳していることです。

そう訳した方が興味深い記事ができることもあるとは思いますが…

「ペイトリオッツ(Patriots)」は一般名詞では「愛国者」で間違いありません。

ですが、「ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)」の「ペイトリオッツ(Patriots)」は、歴史用語の「アメリカ独立革命での独立軍」と訳すのが正しい、と考えています。

それは…ペイトリオッツのヘルメットの絵(「デカール」と言います)や、ホームゲームを見れば明らかです。

2021年5月8日新旧のペイトリオッツのデカール

(新旧のニューイングランド・ペイトリオッツのデカール)

ホームゲームでは、ペイトリオッツが得点を挙げると、エンドゾーンミリッシャ(End Zone Militia)と言うアメリカ独立革命時の独立派の民兵の格好をした人たちが、マスケット銃で空砲をうちます。

2021年5月8日エンドゾーンミリッシャ

(エンドゾーンミリッシャ)

まあそんな感じで、外電をベースにしたネットニュースをうのみにすると危ないな、と思った、今回の出来事でした。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 千葉ロッテマリーンズ    ジャンル : スポーツ
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】DK・メトカーフが東京五輪に挑戦!!

2021年5月7日(その1)DKメトカーフ

シアトル・シーホークスのWR

DK・メトカーフ(DK Metcalf)

が、米東部標準時間の2021年5月9日にカリフォルニア州ウォルナットで行われる、USATFゴールデンゲームズ(USATF Golden Games)に出場するそうです。




英文の記事を読んだところ、メトカーフが10秒05より速く走れば、100メートル走のオリンピック代表会出場資格が無条件で与えられます。

10秒20より速く走れば、現実的にチャンスがあるそうです。




こちらが2番目の記事にある40ヤード4.33秒(これはかなり速いです)をたたき出した時のコンバインの模様。



100メートルに換算すると11秒83で、10秒20よりも遅くなりますが…

記事にありますように、メトカーフの昨シーズンのこのプレイを見ると、なんとか選ばれないものか、と思います。



ただし、東京オリンピック・パラリンピックが開催されるかどうかは微妙です。

もし開催されるとなれば、NFL、ひいてはアメフトを知らしめるために、出場してほしいと願います。


5月9日の大会でメトカーフが登場するのは、午後3:32(heats)と午後5:03分(final)。

※heatsの意味がわからないのですが、もし予選であれば、両方にでることはできないかもしれません

日本時間の5月10日の午前5:32と午後7:03分。

その頃にはツイートを「DK Metcalf」で検索すれば、タイムと順位がわかると思います。

楽しみです。

2021年5月7日(その2)DKメトカーフ


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>


テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】「鷹ギャール」はぁちゃんのエピソードに共感~スポーツ観戦応援の力を知る

下の記事中には「はなちゃん」と記載されていますが…

SNSにははぁちゃんの名前で登録されていましたので、このまま「はぁちゃん」で書き続けます。


この記事には本当に共感を覚えました。

初めてホークスの試合を見たのが、小学校3年生の時らしいですから、現在24歳だから15年ほど前のことでしょう。

2006年シーズンかその前後でしょう。

NPBの記録サイトを見ると、2005年シーズンと2007年シーズンには、和田毅投手には完封勝ちはありませんので、きっと2006年シーズンのことでしょう。

「一度きりの人生やりたいことを自由にやりたい」

と言うのは、フランス人の作家、ポール・ブールジュの

「考えたように生きなければならない。そうでなければ、生きたように考えてしまう。」

と言う言葉に通じるように感じます。

よく聞く言葉ですが…これができる人はなかなかいないように思います。

環境的にできない人は仕方がないにしても、心理的にできない…

そんな人が多いと思います。

大学卒業後すぐに入った会社に対して、入社1年目から

「こんな会社やめてやる!!」

と思っていた私は、気がつけばその会社で34回目の春を迎えていました。

「考えたように生きる」と言うのは、なかなか難しいものだと思います。

それができるのだからすごい!!


「もしホークスがなかったら私、廃人になってると思います」


と言う言葉には、ものすごく共感を覚えます。

私もホークスをはじめ、いくつかのスポーツを見ます。

特にアメリカンフットボール🏈

これがなかったら、廃人とは行かないまでも、おもしろくない人間になっていただろうと思います。

良くも悪くも…

どこにでもいる普通の人として人生を終えることになったと思います。

「そっちの方が良かったよ」

と言う人もいるかもしれませんが…


「類は類を呼ぶ」と言いますが、そう言うわけですので、私にはアメフト観戦と言うか、アメフトを語る知り合い(「友人」と書きたい気持ちはやまやまなのですが、向こうがどう考えているのかわかりませんので)や、アメフトにかかわる知り合いが増えました。

その中には、やはりアメフトで人生が変わった人が少なくないような気がします。

一番印象的なのは、中学生の頃、スーパーボウルを観て人生が大きく変わった女性です。

アメフトときどきラグビー!「自己紹介 その2」へのリンク

上のリンク先の話は、病弱な女子中学生が、アメリカでアメフト選手になったところで終わっていますが…

この方はその後、シーズンMVPになったり、全米優勝選手のメンバーの一人としてホワイトハウスを訪問(実質「招待」)したり、と言うほどの選手になりました。


スポーツ観戦を生き甲斐とする人について、私は、自分自身を含め

「頭がおかしくも、愛しい人たち」

と思います。

(表現が下品ですみません)

だって、自分には関係のない人たちのパフォーマンスを見て、一喜一憂しているんですよ。

頭おかしいでしょう?

でも、スポーツはいろんなことを教えてくれます。

そして、生きていく、人のために役に立つ気力とエネルギーをくれます。


そう考えて観ているかどうかは抜きにしても、本当に愛しい人たちです。

ただ、一方で行儀の悪い人がいたり、エネルギーではなくストレスの素にしている人もいることは、残念なことです。


はぁちゃん」の記事の中で、一番印象的だったのが、

「ホークスに恩返しがしたい」

と言う言葉です。

まだ24歳でそう思えるところがすごいな、と思います。

自分が24歳の頃は…スポーツに限らず、誰に恩返しをしたいとか考えていなかったと思います。

今でこそ、いろんなことに「恩返し」を、と考えますが…

はぁちゃん」のホークスへの恩返しがどんなものになるかわかりませんが…

とりあえず、この感動的な記事のネタになったことで、小さからぬ恩返しができていると思います。




余談ですが…

この文は、福岡で行われているホークスの試合をテレビで流しながら書きました。

時々ライトスタンドが映ると、

はぁちゃん」はいないかな、

と探したりしました。

2021年5月4日この中にはぁちゃんはいるのだろうか福岡paypayドームの外野スタンド

(福岡paypayドームのライトスタンド)

ちなみに、「はぁちゃん」が座っているという年間指定席は、11万円から17万円するそうです。

福岡ソフトバンクホークス公式「席種・料金表>アウトフィールド(外野)」へのリンク

私には、趣味のために年間それぐらいのお金をつぎ込む度胸はないです。

ですが、「はぁちゃん」の生き方は、ホークスを応援することは、それだけの価値があることを教えてくれます。

これも、少なからぬ「恩返し」だと思います。

2021年5月4日栗原選手のマスク

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【BLM運動】黒マネキンを使った応援はやめた方がいいと思う~バファローズ対ホークスの2試合を見て思ったこと

5月1日と2日に京セラドームで行われたオリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークスの試合を見て、とても違和感を持ったことを書いておきます。

最初に書いておきますが、私はホークスファンですが、対戦相手のことを悪く言う意図でこれを書いているわけではないです。

ホークスが同じことをやったら、多分もっときつい表現で書くと思います。


前段の話として、2017年の大みそかに放送された「笑ってはいけないアメリカンポリス」での出来事を書いておきます。


ダウンタウンの浜田雅功さんが黒塗りで出てきて、ネットは大騒ぎになりました。

私も、これはいかんやろ、と思いましたが…想像を超える騒ぎでした。

その理由は上の記事の中にある

「アメリカでは1800年代以降に、顔を黒く塗った白人が、黒人役を演じる「ミンストレル・ショー」が人気を博した。しかし、「人種差別的だ」とされて廃れ、いまではすっかり「差別だ」という評価が定着している。」


と言うものです。

このころ、アメリカでは元サンフランシスコ・49ナーズのQBコリン・キャパニックが、片膝をついて人種差別に反対することが、静かに共感を、そして反感をかっていました。

もはや、シャネルズの黒塗りが熱狂的に迎えられる時代ではないのです。


そして昨年、BLM(Black Lives Matter)運動が、一気に盛り上がりました。

この動きを見ていると、日本でしか過ごしたことがなく、机上でしかアメリカのことを知らない私には、理解できないものもありました。

しかもアメリカだけではなく、ヨーロッパにもその動きがありました。

理解できないにしても、それが現実なのだ、として受け入れています。

ようは、2018年よりも現在の方が、人種問題はデリケートになっているのです。


そして5月1日のバファローズ対ホークス戦。

NHKの中継で、こういうシーンを見ました。


パ・リーグの公式YouTubeアカウントも投稿しています。


NHKのアカウントも


私はこれを見て

日本人では理解できないBLM運動が盛んになっているのに、これはいかんやろ

と思いました。

しかもギニア人と日本人のハーフで、実際やや黒く見える宗佑磨選手のタオルを掲げた人が動き出すのは、これは何を言われるかわからんぞ、と。

しかし、Twitterを検索して、私が把握できた範囲では、そんなことを言っているのは私だけでした。

しかも、パ・リーグ公式も、NHKもそのことには何も触れていません。

私の考えすぎなとこがあるのかもしれません。


次の日、動くマネキンの人は、ロメロ選手のタオルを持っていました。


ロメロ選手も、私が見る限りやや黒く見えます。

これもやめた方がいいな、と思いました。

2021年5月4日ロメロのタオルを持つ黒マネキン


外国人選手や、外国にルーツを持つ選手については、黒マネキンはやめた方がいいと思います。

もちろん、球団に人種差別の意図はないでしょう。

しかし、欧米のBLM運動を見ていると、ちょっと考えられないことが攻撃されていますので。


昨年のBLM運動で、多くの歴史的人物像が標的になりました。

ロバート・E・リー将軍、ウィンストン・チャーチル元英国宰相、セシル・ローズ元英国宰相、エイブラハム・リンカーン元大統領…

この辺が標的になるのは、私でも理解できます。

しかし、マハトマ・ガンジーの像が標的になるのは、どうしても理解できません。


しかし、実際にその声は上がっているのです。

ですから私は、疑われかねないことはやめた方が良いと思うのです。


3月に、ファミリーマートが「はだいろ」と表記した肌着を回収しました。

「社員や加盟店から「人種や個人で肌の色は異なる」などの指摘が寄せられたため」だすです


この件を「神経質だ」とか「言葉狩り」だ、とか、さらに「日本で売ることに対し、なんの不都合があるのか」と言う声も上がったそうです。

私はファミリーマートの対応を指示します。

すでに大手の文具メーカーでは、2000年ごろから「肌色」と言う表記をやめ「ペールオレンジ」や「うすだいだいいろ」などに変えました。

世界的に見て、肌の色は「はだいろ」だけではありませんし、日本人の中でも、そうではない人が少なくなくなりました。

一例がこちらの記事にあります。


これからの日本には、外国人をルーツに持つ人々、そして外国から移り住んできた人が多くなると思います。

肌の色は一つではなくなっています。

そして、宗教も、背景に持つ歴史や文化も。

これからの日本の教育では、そう言うことを教えていくべきだと思います。

こう言うことが、二度と起きないために。


そう考えると、最初に書いたオリックスバファローズの応援は、私はやめた方がいいと考えるのです。

2021年5月4日宗の黒マネキン


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : このままで、いいのか日本    ジャンル : 政治・経済
  1. その他のスポーツ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【ホークス】津森宥紀が今季初勝利~リードしたまま先発投手が5回持たずに降板した時の勝利投手の決め方

2021年5月4日の福岡ソフトバンクホークスの、対東北楽天イーグルスの勝利投手は、津森宥紀投手でした。

津森投手は6回表の1イニングを投げ、三者凡退、2奪三振でマウンドを降りました。

この試合は2回に逆転したホークスがそのままリードを守って勝ちました。

しかし先発の笠谷俊介投手には勝ちはつきませんでした。

先発投手は原則5回以上投げなければ、勝ちはつかない、と言うルールがあり、笠谷投手は4回でマウンドを降りたからです。

リードしたまま先発投手が5回を投げずに降板した場合、原則

「リリーフ投手の中で最も長い回を投げた投手」

に勝ちがつきます。

しかし、この日のホークスは、5回以降5人の投手が1回ずつ投げたので、このルールでは勝利投手は決められません。

ではこの場合、どういう投手に勝ちがつくのか。

それは、

「最も効果的な投球をしたと公式記録員が判断した投手」

です。

ただし、2人以上の投手が同程度に効果的な投球をした場合は、

「原則的に先に登板した投手」

勝利投手となります。


この日の試合では、津森投手、嘉弥真新也投手(7回表)、リバン・モイネロ投手(9回表)が3者凡退に抑えました。

うち、津森投手だけが2奪三振で、他の2人は1奪三振でした。

ですから、津森投手が「最も効果的な投球をした」投手として勝利投手になったのか…

あるいはこの3人が「同程度に効果的な投球をした」ものの、最初に投げたのが津森投手だったので、勝利投手となったのでしょう。


ただしモイネロ投手にはセーブの資格がありましたので、勝利投手の選考から外されたのかもしれません。

この辺の兼ね合いは、私も知りません。


余談になりますが…

かつては、1試合中に、同じ投手に勝ちとセーブがつくことがありました。

1974年8月18日に日拓ホームフライヤーズの高橋直樹投手は、リードしたまま5回以上を投げ、いったん三塁の守備に回った後、セーブがつく状況で再びマウンドに戻って最後まで投げ切ったので、史上唯一の

「一人で1試合の勝利投手とセーブ投手の両方を記録」

した投手となりました。

しかし翌年からルールが変わり、両方を記録することは認められなくなりました。

セーブがつく条件として「勝利投手の権利を持たないこと」と言う条項が追加されたのです。

ですので前述の高橋投手の場合は、勝利投手のみが記録されることになります。


話がそれましたが、とにかくこの日の津森投手はいつにもまして頼もしかったです。



4月18日の対埼玉西武ライオンズ戦で2失点した後は、5試合連続無失点。

そして三者凡退は、この日が初めてでした。

もう立派に勝ちパターンに入って、7回か8回をまかせてもいいと思うのですが…

まあ、工藤公康監督やベンチには、それなりの考えがあるのでしょう。

それはさておき、

津森投手、今シーズン初勝利、おめでとうございます🎉


これからも好投を期待します。

2021年5月4日今シーズン初勝利の津森宥紀投手


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス    ジャンル : スポーツ
  1. 福岡ソフトバンク・ホークス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【K-POP】P1Harmonyの「Scared」をアメフトファン目線で見てみた🏈

韓国の6人組グループ

P1Harmony(ピーワンハーモニー)


が、

Scared

と言う曲をリリースしました。

そのパフォーマンスがアメリカンフットボールを連想させるもの、と言う記事がありましたので、見てみました。

いくつかMVがあったのですが、とりあえずアメフト色が一番出ている、と思った下のものを見てみました。



オープニングが、アメリカンフットボールの試合の入場を思い起こさせるものでした。

アメリカの世界最高峰のプロリーグ、NFL(National Football League)では、例えばこんな感じです。



今年のスーパーボウルNFLのチャンピオンを決める試合)は違ったようですが、以前はMVのように1人1人名前を呼ばれながら入場していました。

そしてアメフトのジャージ(ユニフォームのこと)を連想させる衣装。

試合開始のキックオフの笛を連想させるような音。

そして真ん中にゴールポルトを思わせるような電飾、そしてフィールドを思わせる、数字が書かれたバック。

アトランタ・ファルコンズのロゴをつけた33番のメンバーが、ニューイングランド・ペイトリオッツのロゴをつけた12番のメンバーにボールをトス。


おー、アメフトだ!!

関連ニュースを載せておきます。


「音楽番組では誰も試したことのないパフォーマンスだったので選んだ」

と言うのがアメリカンフットボールを取り入れた理由だそうですが、50代以上の人なら、1970年代に日本で起きた第一次アメフトブームの中の

「恋のアメリカンフットボール」(フィンガー5:1974年)

を思い出すでしょう。

それを前例にだして、「誰も試したことのない」と言うことを否定する考えもあるでしょうが…

もう半世紀近く前の話ですし、違う国の話ですから、私は否定しません。

(Wikipediaに「アメリカンフットボールを題材とした作品」と言うカテゴリがあるのですが、歌はこの曲だけでした)

「ボールが思ったよりあちこちにはねて、普段扱わないボールなので、より多く練習して息を合わせた」


と言うのは、NFLの選手ですら試合中はそれに悩まされることがありますから、仕方ないと思います。

私はK-POPのことをほとんど知らないのですが、歌にしろダンスにしろレベルが高いというイメージがあります。

その裏にはものすごい練習があると思うのですが、その彼らが「より多く練習して息を合わせた」と言うのですから、そうとう練習したことが想像されます。


ところで気になるのは、メンバーが着ていた衣装。

動画ではよくわからなかったので、写真を探して見てみました。



やはり、ニューイングランド・ペイトリオッツとアトランタ・ファルコンズが目立ちます。

この2チームを選んだと言うことは、おそらく両者が対戦した第51回スーパーボウル(Super Bowl LI)を観たのでしょう。

(「LI」はローマ数字の「51」

 例外もありますが、スーパーボウルはローマ数字でカウントします)

このツイートの中央のやや下にあるロゴを見ていただければわかると思います。


この時、2016年シーズンのペイトリオッツの12番は、上のツイートの左側の選手、QB(クオーターバック)トム・ブレイディ(Tom Brady)。

ファルコンズの33番はRB(ランニングバック)スティーバン・リドリー(Stevan Ridley)。

この試合は3対28の劣勢からペイトリオッツが信じられない逆転劇を演じたものでした。



その逆転劇の中心選手が、MVPを獲得したブレイディでした。

ですから、ブレイディの活躍を見て、こう言う衣装を作ったのはわかります。

ですがリドリーは2月に行われた第51回スーパーボウルよりずっと前の、シーズン中の11月に解雇されています。

どこから33と言う数字を持って来たのかわかりませんが…


ところで韓国でのアメリカンフットボール人気は、日本よりは高い、と言うのが私のイメージでした。

これまでにNFL選手を何人か輩出しており、昨シーズンはアトランタ・ファルコンズのK(キッカー)ク・ヨンフェがオールスターに選ばれています。


ちょっとショックだったのは、2019年シーズンのスーパーボウルが韓国では放送されなかったこと。

中央日報「韓国では見られなかった「地上最大スポーツショー」スーパーボウル」へのリンク


「スーパーボウルを視聴するという世界の約230カ国に韓国は含まれていなかった。」

と言う言葉が残念です。

「NFLの国内競争力が落ちる理由の一つは韓国人スターの不在だ。今季NFLの韓国人はアトランタ・ファルコンズのキッカー、ク・ヨンフェ(26)だけだ。」

と言うのは理由にならないでしょう。

当時どころか、これまで一人もNFL選手を輩出していない日本ですら2局が中継したのですから。

2020年シーズンは放映されたのかどうかが気になります。


話をP1Harmonyに戻します。

P1Harmonyのことは、アメリカのメディアにも取り上げられたそうです。


「米国雑誌からスポットライト」と言うのは、この記事のことでしょう。


「P1HarmonyはK-POP界ではまだ新参ですが、美容の世界ではエキスパートです。」

とでも訳すべきこの記事。

ただ、文中には「football」や「NFL」と言うワードが見つからないのは、ちょっと不思議でした。


アメリカンフットボールが世界中でメジャースポーツになることを願っている私としては、P1Harmonyの「Scared」が、それを韓国や日本で後押してくれることになればありがたいと考えています。

2021年5月2日P1Harmonyの「Scared」


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : K-POP    ジャンル : 音楽
  1. / trackback:0
  2. / comment:0
  3. [ edit ]

【2021年5月2日】「オードリーのオールナイトニッポン」で語られた「エムガルティ」のこと~片頭痛持ちの人には朗報かも

2021年5月2日の「オードリーのオールナイトニッポン」の若林正恭さんのフリートークゾーンで

エムガルティ

と言う薬のことが語られました。

エムガルティ」は片頭痛の発症を抑制する新薬で、2021年4月26日に日本では発売されたばかりです。

詳細は、下記リンク先の製薬会社のプレスリリースにあります。

「<新発売>ヒト化抗 CGRP モノクローナル抗体製剤 「エムガルティ®」」へのリンク

若林さんは小学生の頃からずっと頭痛に悩まされており、ここ10年ぐらいほとんど毎日強い頭痛薬を服用しているそうです。

私は時々、季節性の頭痛に悩まされることがありますが、だいたい昼寝すると治ります。

それか仕事とかブログを書くとか、何かに集中していると、だいたい頭痛を忘れます。

後は風邪をひいた時ぐらいしか頭痛を経験していますが…

車の運転ができなくなるほどの頭痛に襲われる、と若林さんは語っていましたが、そんなひどいのは私には年に1回あるかないかです。

それほどの頭痛をかかえているのは、とても大変だと思います。


その若林さんが、エムガルティのことを知るまでと、その注射をうってからのことを語ってくれました。

こちらのツイートに、radikoへのリンクがありますので、興味がある人はぜひ聴いてみてください。

00:50:03ぐらいから語っています。

ただし、来週日曜の放送までしか聴けないと思います。


こちらに下記起こし記事があります。


芸人さんのラジオなので、若林さんはおもしろおかしく語っていますが…

結論として、

「テレビに出始めて初めて、(「エムガルティ」をうってからの)この5日間頭痛薬を飲まなくて過ごせている」

そうです。

「この5日間」と言うのは、エムガルティをうった4月27日から、この放送の前日までの5日間のようです。

若林さんはこの出来事を、つまりエムガルティをうって頭痛薬をのんでいないことを、

「2008年のM-1でブレイクしたことに匹敵するぐらいの、人生の転換期を迎えている」

と最初に語っています。

片頭痛持ちの人にとっては、それほど大きな出来事のようです。

2021年5月2日エムガルティの画像

(「エムガルティ」の画像)


このように若林さんはエムガルティの効果を評価していますが、ハードルが2つあるようです。

まず、これまで適切に偏頭痛の治療を受けた人しか打てないようです。


こちらのツイートのリンク先に詳細が書いてありました。


また、非常に高価なようです。

Googleで「エムガルティ値段」で検索すると

「費用について 保険適応です。 3割負担の場合、1本あたり13550円(元の薬価は45165円)。 初月は2本使用します。」

とあります。

診察代とかもあるでしょうから、私の想像では、初回は3万円近くかかり、翌月からは1万5千円ぐらいかかるということになるでしょう。

今のところ、効果は1ヵ月ほどだそうです。

これを高いとみるかどうか…

しかし片頭痛持ちの人にとっては、

片頭痛のことを考えないで良い生活」

と言うのは、とても貴重なもののようです。

こんなツイートがありましたから


価格に関しては、正しいかどうかわかりませんが、こんなツイートもありました。


この後に

「患者さんやお医者さんに話を聞く仕事をしている人間」


とご自分のことを書かれている人のツイートです。


放送でも語っていましたが今、若林さんは「金ならある」と言い切れるまでの余裕があるようです。

しかし、今でも忘れられないのは、2013年に出版された若林さんの著書「社会人大学人見知り学部 卒業見込」の018ページに書かれているこの言葉です。

「お金を持っていると頭痛が治せるんだなぁ」


と言う箇所です。

ブレイクするまでの若林さんはお金がなかったので、病院で頭痛を診てもらおうという発想がなかったのでしょう。

特にこの言葉で何が言いたい、と言うことはないのですが、最初に読んだ時から、とても印象に残っている言葉です。

私も、ケガや病気をしても、お金が惜しくて病院に行かなかったことは何度もあります。

2021年5月2日若林正恭さん著_社会人大学人見知り学部 卒業見込の画像

(引用したのは、「完全版」ではなく画像のオリジナルのものからです)


話がそれましたが…

若林さんの場合、エムガルティは効果があったようです。

片頭痛に悩まされている方にとっては、選択肢ができた、と考えていいと思います。


最後に、放送の01:53:05辺りから、若林さんがリスナーに向け

「エムガルティ」

にと言う言葉を含むツイートを控えてほしい、と言っています。


と言うのは、片頭痛持ちの人は、藁にもすがる想いで「エムガルティ」の情報を探しているので、それを妨げることになるなりかねないからだそうです。

それは若林さんが言う前に、リスナーからもツイッターで声が上がっていました。

そして実際、こう言うツイートもあります。


私はそれまでに3回、「エムガルティ」と言うワードを含むツイートをしていました。

若林さんの呼びかけにより、まず「エムガルティ」がトレンド入りしている、と言うツイートを消しました。

あと2つは残しておきましたが、これから消そうと思います。

「いいね」してくれた人や、リツイートしてくれた方には申し訳ありませんが。

ただし、これからこのブログ記事を書いたことをツイートすると思いますが、これは残します。

私の主観で申し訳ないですが、このブログ記事は「エムガルティ」のことを知りたい人には無益ではないと考えますので。

よろしくお願いいたします。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
  1. オードリー
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFL】李卓選手のNFL/IPP入りなるか?~ドラフトのあとの注目点



(2021年5月1日に公開された李卓選手へのインタビュー

 7:30辺りから始まる「NFL IPPプログラムに参加して感じたこと」で語られたことは、NFLに挑戦する人たちにとってとてもいいアドバイスになると思います)


現在行われているNFLドラフト2021が終わり次第、NFLのIPP(International Player Pathway)プログラムに選ばれた選手が発表されるそうです。

その候補の中にいるのが

李卓選手(オービックシーガルズ)


です。



選出されれば(されると信じていますが)、その後、派遣先のチームが決まるそうです。

こちらはNFLドラフト2021初日の4月30日(金)に書かれたものです。


IPP選手は指定されたチームにキャンプに帯同することになります。

キャンプでの活躍が次第ではロースター入り、またはプラクティス・スクワッドになることが認められるそうです。

すでに李選手と同期のIPPプログラム候補選手、サミー・レイズ(Sammis Reyes)選手は、4月13日にワシントン・フットボールチームとサインしています。

レイズ選手はチリの出身で、米テュレーン大学でバスケットボールをプレイ。

アメリカンフットボールではTEをプレイするようです。


私がざっと調べたところ、2016年にIPPが始まってから約30人の選手が選ばれましたが、NFLでプレイすることができたのは、3人しかいません。

・エフェ・オバダ(Efe Obada:カロライナ・パンサーズDE:ナイジェリア出身)

・ジョーダン・マイラタ(Jordan Mailata:フィラデルフィアOT・イーグルス:オーストラリア出身)

・ジェイコブ・ジョンソン(Jakob Johnson:ニューイングランド・ペイトリオッツFB:ドイツ出身)

※後の2人がドラフト外からの入団になったのに対し、マイラタは、2018年のNFLドラフトで、7巡で指名されました。

しかし、逆に言うと、小さなものとは言え、NFLでプレイする可能性はあるのです。

李選手は一昨年のTSLに参加し、実績を残しました。



そしてIPPプログラム参加に取り組む李選手を見て、NFLネットワークとCBSのアナリストを務めるスコット・ピオリ氏は、李選手のことを評価しています。


NFL関連の公式YouTubeアカウント「NFL Media Originals」も、李選手のことを取り上げています。



このアカウントでは、ほぼ全選手を取り上げているようですが、李選手の動画は、その中でも2番目に投稿されました。

私はここに評価の高さを感じます。


この動画の0:47で、Xリーグでの試合で、TDのあと、客席の子供たちとハイタッチするシーンがあります。

2年前、私がある試合を見に行ったとき、オービックシーガルズの試合前に、子供たちが

「李卓も見れるかもしれないよ~」



「李卓もいるかもしれないよ~」

と叫びながら、シーガルズの応援席に走っていくのを見ました。

この子供たちにとっては李卓選手は、きっとあこがれの存在なのです。

もう李選手はそんな存在になったのか、と嬉しくなりました。

今でもその光景を思い出すと、涙が出そうになります。

そんな子供たちのためにも、また、中学生の李選手を見て、そのすごさにすぐにファンになった、と言う私の友人のためにも、李選手がIPPに選ばれ、そしてロースターを勝ち取って、NFLでプレイして実績を残してくれることを願います。

多くの日本のアメリカンフットボールファンも、それを願っているはずですから。

2021年5月1日オービックシーガルズのRB李卓選手の画像

ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

【NFLドラフト2021】日テレジータスのTwitterスペースについて~初めてTwitterスペースに参加した感想

日本時間の2021年4月30日に行われた

NFLドラフト2021

について、日テレジータスが中継と並行して、Twitterスペースでトークを行いました。


Twitterスペースはclubhouseのようなものですが、clubhouseが招待制なのに対し、Twitterアカウントを持っていればだれでも参加できるところが違います。

MCは近藤祐司さんで解説は森清之HC(東京大学ウォリアーズ)。

ゲストに

コージ・トクダ選手(みらいふ福岡SUNS)、忽滑谷こころアナ(「オードリーのNFL俱楽部」MC)、李卓選手(オービックシーガルズ、NFLIPPに挑戦中、CFLグローバルドラフトで指名)、佐藤敏基選手(IBM Big Blue、CFLグローバルドラフトで指名)、原田智也トレーナー(サンフランシスコ・49ナーズ)、ラルフ鈴木アナ(日本テレビNFL中継アナウンサー)

を招いてのものでした。

画面はこんな感じでした。

IMG_7113.jpg

※本当は9人のアイコンが表示されるのですが、6人目から9人目は一般の方でしたので、消してあります。

画面をスクロースしていくと、参加者(リスナー)が見れるのですが…

TwitterのNFLクラスタでよく見かける方々が多くいました。

私が把握できた限りでは、500人近くが聴いていたようですが、もっと遅い時間に見れば、もっと多かったかもしれません。


私は他のことをしながら聴いたのですが、深夜ラジオを聴きながら受験勉強をしているようなイメージでした。

楽しかったです。

これを聴いた人たちのツイートをまとめました。


おもしろかったのは、森HCと原田トレーナーはこれに参加するためにTwitterアカウントを作ったと言うことでした。

森HCは、チームのマーケティング担当の学生さんから、以前から「作ってください」と言われていたそうです。


なお、今回は参加費無料でした。

昨年、アプリ「LIVEPARK」でやった時もそうでした。


今回リスナーとして参加して思ったことは…

Twitterスペースで、簡単に雑談できるな、と言うことでした。

アメフトに限らず、いつか同好の士を集めて開催したり、参加したりしたいものだと思いました。


ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。

ランキングに参加しています。

この「ブログ村」投票ボタンポチっとお願いします
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます <(_ _)>
テーマ : NFL    ジャンル : スポーツ
  1. アメリカン・フットボール
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2021年05月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

平良海馬 ラグビー 春日俊彰 オードリー アメリカンフットボール 埼玉西武ライオンズ イコールワン福岡SUNS アート・ムンク ジェームズ・ロフトン ジェリー・ライス スティーブ・ラージェント ニック・マルティネス 福岡ソフトバンクホークス 月間MVP ハロルド・ジャクソン テレル・オーウェンス ランディ・モス フリオ・ジョーンズ 失策 阪神タイガース 千賀滉大 甲斐拓也 甲斐野央 稲尾和久 大谷翔平 オリンピック エレン・ロバーツ オーストラリア 週刊ナイトライダー 岡部平太 Xリーグ ZOOMでラジオ体操&カンタン朝体操 ワクチン スーパーボウル コロナCOVID-19 泉谷しげる ワイドナショー 清田育宏 粕屋郡 糟屋郡 左へ引っ張る 変態ホームラン 柳田悠希 AWAKE bayfm 有馬隼人 NFL ツイッター Twitter Twitterスペース モイネロ 東京オリンピック キューバ 永沢たかし 佐々木優介 磁石 J.J.ワット キリスト教 ティム・ティーボウ 歴史 関西学院大学 お笑い ふくらすずめ YouTube 5thdownチャレンジ 熊谷一弥 ベーブ・ルース 清水善造 ジョニー・ペスキー 錦織圭 ジェンダー問題 小泉今日子 魔女 石川柊太 河口正史 春日の呪い オードリーのNFL倶楽部 吉野至 ホークス みらいふ福岡SUNS 周東佑京 石川雄洋 ノジマ相模原ライズ 横浜DeNAベイスターズ ボビー・バレンタイン スタンフォード DK・メトカーフ 東京五輪 津森宥紀 勝利投手 QB ジャスティン・フィールズ オハイオ州立大 はぁちゃん 鷹ギャール オリックス・バファローズ マネキン BLM ワシントン・フットボールチーム オードリーのオールナイトニッポン エムガルティ 片頭痛 ローランド トレバー・ローレンス ドッペルゲンガー ベラ・マルチナ 李卓 IPP ドラフト 日テレジータス 昭和の日 忽滑谷こころ Scared P1Harmony 笑い 寄席 緊急事態宣言 ケン・バーロウ 背番号 ジム・オットー KICKOFF~青春の晴れ舞台~ 平野宏周 iTunes 宙船 ドゥー・ユー・リメンバー・ミー 斉藤和巳 CFLグローバルドラフト 3DownNation CFL コンバイン コリン・レイ NFLドラフト候補名鑑 玲寿丸尾 丸尾 玲寿里 町野友哉 バリカタ守備 田浦文丸 ヘイトクライム MLB オールナイトニッポン ヒューストン・テキサンズ アリゾナ・カージナルス 山﨑丈路 佐藤敏基 丸田喬仁 クラウドファンディング 谷村有美 記録 NFLの歴史 和田毅 今宮健太 ヒーローインタビュー 川島慶三 パトリック・マホームズ 森唯斗 RB 呪い ビンス・ロンバルディ ニューノーマル 横山海マクスウェル ジョー・ネイマス 第3回スーパーボウル 特別ルール TOKYOMX ポッツビル・マルーンズ フリーエージェント NiziU 大阪大学 あちこちオードリー 錦鯉 東日本大震災 メンタルヘルス ボランティア ミスター・イレレバント ライアン・サカップ パンツァーリート ザワつく! 金曜日 テリー・ブラッドショー トム・ブレイディ マイア・チャカ ナイト・ライダー しまむら メンタルコーチ スポーツ心理学 オリックスバファローズ 酒井勉 ブレット・ファーブ レジー・ホワイト カイラー・マレー 黒人歴史月間 HBCU 天皇陛下 エリザベス女王 ホイットニー・ヒューストン QBカルーセル 防弾少年団 BTS アーロン・ロジャース 斎藤まりな 斎藤ちはる ブロックバスター フライオーバー アローヘッド バッカニアー 泣くな、はらちゃん コージ・トクダ COVID-19 後遺症 新型コロナウィルス 鈴木弘子 チャット clubhouse クイズ 小久保裕紀 リチャード ライスボウル 立花道雪 ピート・キャロル 麻生久美子 泣くな 忽那汐里 菅田将暉 丸山隆平 はらちゃん 薬師丸ひろ子 たまむすび カンニング竹山 医療従事者 野口聡一 グリーンベイ・パッカーズ 第1回スーパーボウル カンザスシティ・チーフス デビッド・ハッセルホフ タンパベイ・バッカニアーズ ベイウォッチ ナイトライダー カンファレンスチャンピオンシップ Zoom デショーン・ワトソン ドリュー・ブリーズ ケン・グリフィー・ジュニア ノーラン・ライアン テッド・ウイリアムズ サッチェル・ペイジ バッファロー・ビルズ 星条旗 プレイオフ 侍ジャイアンツ アイシールド21 ヨリが跳ぶ 英検 ザ・リーサルウェポンズ クリーブランド・ブラウンズ アップセット 000ヤードラッシャー ラマー・ジャクソン 2 デリック・ヘンリー 令和2年 モチベーション フィールド・オブ・ドリームス 相曽晴日 ポプコン ビル ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ M-1グランプリ 相武紗季 キャンセルカルチャー BLM運動 林大希 奥野耕世 甲子園ボウル サラ・フラー TSL ザ・スプリング・リーグ リストコーチ 長谷川勇也 桑田真澄 シャーロック・ホームズ 憂国のモリアーティ セニョール・パ REGGIE キラスポ 工藤公康監督 #アメフトを止めるな 日本シリーズ ヘイルメアリーパス M-1 シティポップ シティ・ポップ 朝日奈央のキラめきスポーツ タイトル マックス・マギー 福岡高校 早稲田大学 ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX 流行語大賞 ドライブレコーダー 内川聖一 伊藤玄太 佐藤輝明 近江克仁 リーグ優勝 クライマックスシリーズ ステイホームトーナメント 近藤夏子 サンデー佑京 栗原陵矢 Netflix エノーラ・ホームズの事件簿 アレックス・スミス 五十嵐亮太 ウェリントン 佐野元春 新型コロナ 原真祐美 Bye,Bye,September ライバル IT 恐怖新聞 女性 シンデレラ 映画 ライアン・フィッツパトリック 80年代洋楽 トロール シンディー・ローパー パンクブーブー 納言 オードリーのNFL俱楽部 リトルトゥース 人種差別問題 松田宣浩 プロ野球 17LIVE 霜降り明星 選挙 空母ミンスク 第三次世界大戦 セレブレーション 武田翔太 安倍晋三 ハイジ・ゲーム ハーシェル・ウォーカー 澤木由衣 四千頭身 ビジャレアル 久保建英 サッカー 鳥内秀晃 ダニエルKイノウエ国際空港 真珠湾攻撃 新型コロナ禍 終戦記念日 モーションキャプチャ ニグロリーグ 2020年甲子園高校野球交流試合 オプトアウト 福高 自律神経失調症 福高剣道部 ローレント・デュバニー・ターディフ 手越祐也 長瀬智也 キッカー スコット・ノーウッド レッドテイルズ 文化戦争 ワシントン・レッドスキンズ ダグ・ウィリアムス カート・ワーナー 虹プロジェクト スポーツとIT 福岡賢樹 コリン・キャパニック オンラインルール説明会 ブルーインパルス 医療従事者にエールを MADDEN eスポーツ 運動不足解消 SOMEDAY #検察庁法改正案に抗議します オンライン飲み会 合谷 RPA オービックシーガルズ 金スマ 昭和天皇 運動不足 動画 ブーマー・アサイアソン 羽生結弦 聴覚障害者 熱男リレー EXIT 女子アメリカンフットボール コロナ疲れ GAMEPASS 歴史的黒人大学 スーパーボウル観戦会 ホスピタルボウル ホスピタルフットボール ドン・マカウスキ ブリリアンコージ 全日本剣道選手権大会 #アメフトが好きだ 即位礼正殿の儀 女子アメフト XFL 乃木坂46 のどじまんTHEワールド! 濱口芙由紀 LFL むつみ荘 竹内まりや 太平洋戦争 ロサンゼルスの戦い ロブ・メンデス エイドリアン・ピーターソン Supreme 令和 福田秀平 NFL100年 イチロー選手 オーパーツ福岡SUNS ゲーム・チェンジャー賞  コージと楽しむNFLライフ ICT 公開収録 オードリーのNFL倶楽部公開収録 エロイカより愛をこめて エーベルバッハ少佐 NCAA 保護犬 城所龍磨 有明放送局 グリーンベイパッカーズ観戦会 シャッフル睡眠法 和田淳 ライオンズ 夏の終わりソング 夏の終わりに聴きたい歌 NFL倶楽部 日大悪質タックル問題 スマートニュース ハズキルーペ 平成時代 終戦の日 戦争 バックアップQB 控えQB マカロニほうれん荘 アメリカンフットボールU19世界選手権 鈴木弘子選手 WFA 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ブリリアン・コージ ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ 庄島辰尭 千鳥ノブ AI マン振り ブリリアン サンデーモーニング CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 ジャンクSPORTS ピース綾部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 観戦会 ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 クラブベアーズ ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト 福岡SUNS DAZN Hulu Amazon グレード パワーランキング 引退 復帰 オフ会 ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ 人工知能 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 マジック タッチダウン Touchdown RIZIN セイフティ イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupschallenge #22pushupsfor22days #22pushups ダイエー 大分 熊本 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 IKKO 武蔵小杉 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV 脳しんとう 教育 中川パラダイス 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 極貧球団 太平洋クラブライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 情熱大陸 又吉 世界選手権 木村拓哉 アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 ホームズ SNS アメリカン・イーグル バファローズ 森脇監督 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Renegades Boston とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ ファイテン 眼精疲労 JINS 電柱 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 タニムラベスト 谷村有美さん 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 12月8日 移民 うわさのカム・トゥ・ハワイ twitter、松田 POISON BAND GIRL HOT-L ライブ ピッチ ファンブル ホメラー おれさまファンクラブ ほめられサロン 大石 森脇 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス 戦国時代の武将シリーズ ジョージア 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 ストロベリー とんねるずのみなさんのおかげです 全日本剣道選手権 内村選手 メンタルヘルス・マネジメント検定 城島 グリーンベイ ロジャース ファーブ パッカーズ メンタル不全支援 パスプロ スイム ジョー・モンタナ 帝京 早稲田 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション サムライハイスクール 歴史ブーム  タイムスリップ ジョン・タイター 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 楽天 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス 野村 景浦安武 あぶさん 立花香織 南海ホークス 六三四の剣 世界剣道選手権 アメフト リオデジャネイロ 五輪 東尾理子 東尾修 石田純一 September Earth, Fire 九月 Wind アース・ウィンド・アンド・ファイアー twitter Tumblr 砦に拠る 下筌ダム 室原知幸 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー 錬金術 サン・ジェルマン伯爵 両性具有 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2021 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -