ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【2012年Week8】「オードリーのNFL倶楽部」について



(手術後のエイドリアン・ピーターソンの復活ぶりを集めハイライト動画

11/3は午後あたりからYouTubeが不調のようで「動画は削除されています」とのメッセージが表示されることもあるようですが、まだ存在します

 下記リンク先から見れるかもしれません

 YouTube「Adrian Peterson Comeback W1-W8」へのリンク


11/3早朝に放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今回は若林へのお土産まつりでした。

久々にオードリーの2人の衣装が変わったな、と言う週でした。

若林は「JUST DO IT TEXANS」と書かれたTシャツ

春日は「JUST DO IT GIANTS」と書かれたTシャツ

徳島アナはダラス・カウボーイズ(DAL)のもので、大きな星(テキサス州を意味する「ローンスター」)が書かれたものでした。


1.番組の流れ
1)オープニング


17週に渡って行われるNFLのシーズンも、今週で半分。

と言うことで、MC陣に、ここまで印象に残っていることが尋ねられました。

春日「アイザックさんが酔っ払って、テリブルタオルふりまわしてたこと」

その動画は昨日下記リンク先にアップされてました。

NFLJAPAN「【イクマが行く!】スタジアムの駐車場でBBQ!?」へのリンク

(正直なところ、自分が酔っ払っている動画を全世界にさらされるのかと思うと、この私でも頭をかかえるくらい恥ずかしいのですが…これもNFLの魅力を伝えるためということで、アイザックさん、ごめんなさい)

「プレイで印象に残っていることは?」(若林)

「ない、あれ(アイザックさんの件)しか記憶に残ってない」(春日)

「(春日に)番組やめてもらっていいんですけどね」(若林)

徳島アナは、各選手のタッチダウンセレブレーションが印象に残っているとのこと。

例として、ニューヨーク・ジャイアンツのWRビクター・クルーズのサルサを挙げていました。


2)春日の元カノ対今カノ対決

ニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)対ダラス・カウボーイズ(DAL)のダイジェストが放送されました。

春日にとっては元カノ(DAL)対今カノ(NYG)の対決になりますが、春日の心はNYG一本。

「ぶっつぶしてやるよ」

とダイジェストの前に吠えていました。

なお、このカードは開幕戦の再戦となります。

NFLでは、同地区とのチームはシーズンに2回、ホームとアウェイで行われています。

前回はNYGの本拠で、昨季王者のNYGが負けるという番狂わせがありました。


今回は前半DALのQBトニー・ロモが乱調。

1Qだけで3回パスをインターセプトされ、2Qには春日のお気に入りのJPPことDLジェイソン・ピエール=ポールにもインターセプトを許し、JPPにキャリア初のTDを献上してしまいます。

しかし後半はDALが猛追撃。

試合終了間際、ロモはエンドゾーン内のWRデズ・ブライアントにTDパスをヒット…

と思われましたが、空中でパスを捕ったブライアントが、着地前に指をエンドゾーン外に手をついてしまい、パス失敗となりました。

結局そのままNYGの逃げ切りとなりました。

ブライアントのパスキャッチ失敗については、オードリーと徳島アナの間でも騒がれました。

下記リンク先の動画の5:29からのプレイです。

NFLJAPAN「【第8週】ジャイアンツ対カウボーイズ」へのリンク

いったん審判団はタッチダウンを宣告しますが、審判団の間でビデオリプレイが必要とされ、ビデオレビューが行われます。

その模様が05:54からスローで見れますが…惜しい。

ラインの上はフィールド外と見なされるもので、その上に指をついていますから、これは確かにパス失敗だと思います。

「あれは肩から落ちてれば(おそらくフィールド内に着地となるので)タッチダウンだったんだけど、運動神経がいいから手を着いちゃうんだろうね」(若林)

あと5センチ、それだけ手前で手を着いてればフィールド内に着地となってタッチダウンになっただろうに、その5センチが…

と言う話題となりましたが、

「(5センチの差と言う)それだけ接戦だったということだよ」

と春日が良いことを言ってました。


3)その他の試合のダイジェスト

・デンバー・ブロンコス(DEN)対ニューオリンズ・セインツ(NO)は、QBで見ると、ペイトン・マニング対ドリュー・ブリーズの対決となって、これは2009年度のスーパーボウルの再戦となりました。

 前回はブリーズが勝ちましたが、今回はマニングに軍配が上がりました。

・年に1試合行われるロンドンでのゲーム。

 今回はニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)対セントルイス・ラムズ(STL)との戦いでした。

 45-7でNEが勝ち、NEは今季ここまでイマイチのゲームが多かったのですが、久々に力を見せつけたゲームになったと思います。

・アトランタ・ファルコンズ(ATL)対フィラデルフィア・イーグルス(PHI)との対戦は、ATLがチーム記録を更新する開幕7連勝を飾りました。

・グリーンベイ・パッカーズ(GB)対ジャクソンビル・ジャガーズは、GBのQBアーロン・ロジャースが200ヤードも投げれなかった試合でしたが、2TDパスを挙げ、3連勝となりました。

 「やっぱり(パッカーズ)きたなぁ」(若林) 

 と言ってましたが、GB側から見ますと、このゲームは勝ったからいいものの、内容はあまり良くなかったとの評価が強いようです。

・ピッツバーグ・スティーラーズ(PIT)対ワシントン・レッドスキンズ(WAS)では、PITが1934年当時に着用していたジャージで戦いました。

 そのジャージのデザイン、これまで私が最も衝撃を受けたものになるかもしれません。

 そのジャージは下記ダイジェストで見ることができます。

 NFLJAPAN「【第8週】レッドスキンズ対スティーラーズ」へのリンク

 ちなみに、PITは1933年の創設から1939年まで、同じくピッツバーグに本拠を置くMLBのチームと同じく「パイレーツ」というニックネームでした。

 ですのでこのジャージは、ピッツバーグ・パイレーツ時代のものとなります。

・ミネソタ・バイキングス(MIN)対タンパベイ・バッカニアーズ(TB)のゲームは、MIN勝利の予想が強かったのですが、TBが36-17で大勝しました。

 MINが負けたことに若林と春日が驚いていました。

 2年目のQBクリスチャン・ポンダーが率いるMINは、まだ再建途上で、強豪の集まるNFC北地区では、今シーズンは優勝争いから蚊帳の外になるだろう、と見られていました。

 しかしこの試合の前まで5勝2敗と予想を覆す健闘で、実は強いという見方が強かったので、私も驚きました。

・サンフランシスコ・49ナーズ(SF)対アリゾナ・カージナルス(ARI)のゲームでは、SFのQBアレックス・スミスが19回投げて18回成功と素晴らしい成績。

 ところで、1試合におけるパス成功率の記録には、最低20回投げていなければいけないそうです。

 もしスミスがもう1回パスを成功させて20回で19回成功となると、成功率は95%の成功率となり、現在のカート・ワーナーの記録(92.31%)を抜いて、歴史に名を残すことになっていました。


4)若林が選ぶNFL2012シーズン前半戦 がんばった大賞

これまで紹介できなかった、前半戦活躍した選手ベスト3が紹介されました。

3位 エイドリアン・ピーターソン(ミネソタ・バイキングスRB)

 昨シーズン膝の手術から復活し、現在NFLトップの775ヤードのランを記録しています。

 1回あたりの平均ランヤードが5.1ヤードなので、机上の計算だけで言うと、ピーターソンに2回ボールを持たせれば、ファーストダウンを取れることになります。

 また、ピーターソンは1試合での最長ランヤード数296ヤードと言う記録を持っていることも紹介されていて、

 「これはフィールドの端から端(100ヤード)を1.5回往復することになる」

 と若林は言っていました。

 ああ、296ヤードと言う数字をそういうふうに見ることもできるんだな、と思いました。

 プレイ経験がある人の見方なのかな、と思いました。

 ちなみにこの記録は、ピーターソンがルーキーの2007年に達成されたもので、当時は、これは久々にすごいRBが現れた、と思ったものです。

 ただ3年目以降は、並みのRBを超える数字は残していますが、ルーキーの時に期待されたほどの数字は残してくれていないと感じます。

 だから、彼の復活は、同地区ライバルの選手ではありますが、私としてはうれしいです。

2位 デマリアス・トーマス(デンバー・ブロンコスWR)

 すみません、ほとんど知らない選手です。

 徳島アナは「知ってます。自分と同い歳です」と言ってました。

 たしか、2010年のドラフト1位でDENに指名されたとき、なんでDENはまだ指名されてないWRデズ・ブライアント(現DAL。前述の選手)を取りに行かないんだろう。

 ブライアントの方が実力は上のように思えるが、とtwitterで言われていた選手だったと記憶します。

 ちなみにこのツイートは、日本のファンが行ったもので、日本のNFLファンは、ドラフト会議の最中にこれぐらいのことが言えるほど詳しい人が少なくないです。

 私なんか、全然ついてけませんよ…

 話しをトーマスに戻しますが、昨季までの入団2年間はイマイチな数字で、ブライアントの方が良い成績を残していますが、今季は39回のレシーブで679ヤード獲得と、はやくも自己最高の記録を残していて、獲得ヤードではブライアントを上回っています。

 このままいけば獲得ヤードでは1000ヤードを超え、一流WRの仲間入りとなるでしょう。

 この突然の開花は、昨季までパッサーに恵まれていなかったところにペイトン・マニングがやってきたのも大きいと思います。


1位 マット・ライアン(アトランタ・ファルコンズQB)

 「開幕7連勝のチームのQBだから」(若林)

 との基準のようですが、QBはパスを投げることより、チームを勝たせることが大事と言われていますので、選定基準には同意します。

 (いくらティム・ティーボウのパスが残念でも、昨季チームを何度も奇跡的な逆転劇に導いたのが、彼の大人気の一因だと思います)

 そして超イケメン、なのに誰も話題に出さないのはなんでなんだろう、と若林は言っていました。

 (しかし2010年度の放送で、水卜アナが「イケメンすぎてびっくりした」と言っています)

 さらに、シーズン前に発表される、今シーズン注目の選手ベスト100人にも選ばれてなかったそうです。
 
 これまで成績がさっぱりだった、と言うことはなく、入団以来ほぼ毎シーズンチームをプレイオフに導いており、2010年ではNFCでは最高勝率を残しているのにもかかわらずです。

 「ここで紹介しなけれな誰がする、と言うわけで選びました」(若林)

 「それじゃ『トゥースポ』でもとりあげてやろうか」(春日)

 これに若林は珍しく反論せず

 「ほんとそうですよ。お願いしますよ」

 と言っていました。

 私もライアンは、NFLでも最も過小評価されている選手の一人だと思いますので、注目されるべきだと思います。


この後番組では、「現地レポート」で、アイザックさんが若林のためにヒューストン・テキサンズの選手からお土産をもらって、送られてきたそれを手にとって、ヒューストン坊や大興奮、とか、『トゥースポ』とかあったんですが、ちょっと長くなりましたので、それは次回書かせてもらいます。

本当はこれが一番読まれたいところだと思うんですが、今回はいったんこれで終わらせて下さい。



追記:あす11/4(日)は第一日曜なのでスカパー無料の日だと思います。

あすの18:00~18:30に今回分の放送がありますので、日テレG+と契約していなくても見れると思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

  1. NFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

鈴木弘子選手 アメリカンフットボール WFA アメリカンフットボール世界選手権 ホークス オードリー オールナイトニッポン ブリリアン・コージ NFL ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX サッカー ワールドカップ リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン コージと楽しむNFLライフ サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS NFL倶楽部 ピース綾部 スーパーボウル オードリーのNFL倶楽部 若林のアメフト熱視線  ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 戦争 日本シリーズ クラブベアーズ オーパーツ福岡SUNS ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 Sherlock シャーロック ピザポテト ナイトライダー 福岡SUNS Amazon DAZN Hulu Twitter グレード パワーランキング お笑い 復帰 引退 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 広島東洋カープ 優勝 千賀滉大 マジック Xリーグ Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ メンタルヘルス イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 芥川賞 村田沙耶香 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushupschallenge #22pushups ダイエー  熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 城所龍磨 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボミング フォトボム 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 プロ野球 武蔵小杉 浜田省吾 電力小売り全面自由化 電力自由化 詐欺 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 ムネリン 川﨑宗則 マリーンズ LGBT 極貧球団 太平洋クラブライオンズ クラウンライターライオンズ スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 ライオンズ アメリカンフットボールマガジン 日本代表 谷村有美 ドーナツ6 SNS ホームズ アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Watch Apple ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ LINE スタンプ トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト World Order 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 都市伝説 超常現象 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスウォーターチャレンジ アイスバケツチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ 眼精疲労 ファイテン JINS 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース ファン 応援 ブログ たりないふたり Heartbleed OpenSSL アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動走行システム ブレーキサポートシステム 自動車保険 フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 オードリーオ ールナイトニッポン 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ WORLD ORDER 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 東尾 福岡のライオンズ カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 早明戦 中竹監督 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 12月8日 うわさのカム・トゥ・ハワイ 移民 twitter、松田 POISON GIRL BAND HOT-L ライブ ピッチ ファンブル おれさまファンクラブ ほめられサロン ホメラー 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス SAD 社会不安障害 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国武将 戦国時代の武将シリーズ 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 小谷野 パニック障害 K-STREAM ペイトン セカンドエフォート 若林 とんねるずのみなさんのおかげです 保毛尾田保毛男 ストロベリー 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 ファーブ 城島 グリーンベイ パッカーズ ロジャース メンタル不全支援 ジョー・モンタナ スイム パスプロ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造 松岡修造からのビデオメッセージ togo13  退団 オーバーセレブレーション バリー・サンダース サムライハイスクール 三浦春馬 ジョン・タイター 歴史ブーム  タイムスリップ ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 クライマックスシリーズ 楽天 野村監督 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 ブレット・ファーブ がん DVD 川崎市 南明奈 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 南海ホークス 野村 立花香織 景浦安武 世界剣道選手権 六三四の剣 アメフト 五輪 リオデジャネイロ 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind 九月 Fire Earth, twitter Tumblr 室原知幸 砦に拠る 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -