あるいじめ問題解決に見る、リーダーシップ

20121115カーソン・ジョーンズ


(いじめられっ子だったシャイちゃんと、彼女を守るナイト達)



先週、アメリカの高校生が、同級生をいじめから助けたニュースを読みました。

興味深かったので、ニュースへのリンクを貼っておきます。

ロケットニュース24「これぞヒーロー! いじめに悩む女子生徒を守るため学校一の人気男子生徒がとった行動に全米から称賛の嵐」へのリンク


おおざっぱに話しをまとめると、こうなります。


・病気持ちのシャイちゃんは学校でいじめられる毎日をおくっていた。

・シャイちゃんのお母さんは、なんとかしようと、シャイちゃんの同級生のカーソン君に、いじめている子の名前を聞き出そうとした。

・カーソン君は、自身がQBとして所属するアメフト部の部員を巻き込んて、シャイちゃんを守るようにした。

・シャイちゃんに対するいじめはなくなった。


私はカーソン君のとった行動に対して、見上げたものだ、ともちろん感心し、その勇気をたたえます。

そしてもう一つ、強烈に感じたのは、アメフトのQBとして望ましい対応をしたな、と言うことです。


具体的に言うと、問題を一人で解決しようとせず、他の部員も巻き込んで問題に対応した、ということです。

私の私見で、極論ではありますが、QBはチームを勝利に導くために、人を動かすポジションです。

人が一人でできることには限界があります。

チームの勝利のためには、チームの他の選手を上手く使うのがベストです。

若い頃は自分のプレイだけで勝ちに行こうとして失敗し、経験を重ねて人を上手く動かす術を知り、そしてスーパーボウルに勝ったQBもいます。


一人で問題に立ち向かう姿は、かっこいいです。

しかし、問題を解決するために、メンツを捨てて 人を巻き込むほうが、最終的に成功することが多いと思います。

アメフトを舞台にしたコミック、「アイシールド21」の中にも、そう言われるQBが出てきます。

カーソン君がQBをやっているからそう言う発想を持つようになったのか、また、そう言う発想をするからQBになったのかはわかりません。

ですが、カーソン君に素晴らしい運動能力があれば、いいQBになれるでしょうし、そうでなくても、素晴らしいリーダーになれるでしょう。


もし、これを読んでくれているあなたが、一人で問題を解決しようとしているリーダーであれば、うまくいかない時はQBの発想をすることをお勧めします。


人に仕事を振るのは、自然にできる人はいいですが、多くの人にとっては難しいものです。

人に仕事を教えるのがめんどくさい。

人の気持ちを考えると、かわいそうで振れない。

人任せに見えて、働いてないと思われるのが怖い。


などなど。


きついことではありますが、それも仕事ですから。


そしていじめの件に話しを戻しますが…

いじめを受けている方へ、どうか一人で悩まないでください。

まわりに相談することは、とても恥ずかしいと思われるかもしれませんが、そんなことはないです。

相手に立ち向かう勇気も立派ですが、悩みを回りに告白する勇気も必要です。

その勇気は、きっとその後の人生も、あなたを支えてくれますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック