世界で一番 美しいチアリーダーの物語

20121126コルツチアリーダー

(インディアナポリス・コルツのマスコットとメーガンさんとクリスタルさん

 どっちがどっちかは…すみません、わかりません)

インディアナポリス・コルツのチアリーダー、メーガンさんとクリスタルさんは、昨日のホームでのバッファロー・ビルズの試合中、サイドラインで髪の毛を落として、坊主頭にしました。

この2人の「世界一美しいチアリーダー」について書きます。


2人が頭をまるめた事情は、次の通りです。

先日、日本のテレビでも紹介されましたが、白血病と闘うHC(監督)について、サポートを表明するために、チームの選手が頭を丸坊主にしました。

インディアナポリス・コルツのHCチャック・パガーノと、先発QBアンドリュー・ラックをはじめとする選手たちのことです。


それだけでもすごい話しだと思っていたのですが、今度は、チアリーダーまでも丸坊主にする旨が発表されました。

アメフトNewsJapan「コルツのチアリーダーもビルズ戦で丸坊主に」へのリンク

簡単にストーリーをまとめますと…

パガーノHCが治療を受けている病院への寄付を募るために、INDのチームマスコット(アカウント「@BlueColtsMascot」)が、募金が目標額に達したら頭を丸めてくれるINDのチアリーダーはいないか、とtwitterで募集しました。

すると、「@ColtsCheerMega」と言うアカウントを持つチアリーダー、メーガンさんが、手をあげたと言うことです。

そして、それを知った人々から募金が集まり、10,000ドル(約80万円)の目標額のところが、22,670ドル(約181万円)が集まったそうです。

そして、前述の通りバッファロー・ビルズをホームで迎える試合で、メーガンさんと、後から手をあげたクリスタルさんは、観客が見守る中、頭を丸めました。

試合は、コルツが勝ちました。


ものすごい話しだな、と思います。

チアリーダーはもちろん女性です。

洋の東西で考え方は違うのかもしれませんが、少なくとも私には、女性にとって髪の毛は命の次に大事な物の一つだと思います。

まあ、私は男ですから、本当のところはわかりませんが。

とにかく、それを差し出すとは、なんと勇気ある行動だと敬服します。


マスコットも以下のツイートのように、事前に本気かどうか確認しているほどです。

「R U serious??? You'll let me shave ur head? #OperationShaveMegansHead RT @ColtsCheerMegan: count me in! I'll do it I'm #ColtStrong 」
https://twitter.com/BlueColtsMascot/status/267661028379222017


「本気かい?俺があんたの髪の毛をそることになるんだぜ?」

といった意味になるのでしょう。

これに対し、メーガンさんはこう答えています。

「@BlueColtsMascot I'm totally in! Let's put it on paper and make it official! #let'sdefeatcancer」
https://twitter.com/ColtsCheerMegan/status/267662444699205632

「本気、本気!!。このことを新聞などに書いて、公式な宣言にしましょう。」

ちょっと自信はないですが、こんな意味だと思います。


この件はNFLや米大手メディアが、大きく伝えています。

中には、動画を載せているサイトもあります。

NFL.COM「Indianapolis Colts cheerleaders shave heads in honor of Pagano」へのリンク

髪の毛をそられる二人は、手をつないでいます。

これを「絆」ととることもできますが、やはり二人とも少し怖いんじゃないかとも思います。

よくがんばってくれました。


適当な言葉で検索すれば、髪を落とす前の、美しい2人の姿を見ることができます。

ですが、私は今の2人の姿の方が、より美しいと思うのです。

だから、あえて以前の2人の姿は、この記事には載せないことにします。

私だけが美しいと思っている訳ではないようです。

メーガンさんのお父さんは、客席からこんな意味のサインを送って見守っていたそうです。

「メーガン、坊主頭のお前は美しい。

 お前は立派なチャックのサポーターだ。」


ところでこのインディアナポリス・コルツと言うチームですが、7勝4敗で、シーズン前の予想を上回る勝ち星をあげています。

昨オフ、長くチームを支えた、歴史に残るQBペイトン・マニングや、歳をとった主力選手を放出し、ドラフト1番目の指名で獲得したQBアンドリュー・ラックを中心に、チームの立て直しをはかることになりました。

だから、今シーズンは再建期のはじめなので、そう多くは勝てないだろう、と思われていたのです。

しかし、このような結束もあってか、予想外の快進撃を見せてくれています。


アメフトはデリケートはチームスポーツだと言えるでしょう。

少々チームの和を乱しても、試合で結果を残せばいいんだろう、と言う考え方は通用しないようです。

低いレベルでは、それも通じるかもしれませんが、NFLほど成熟した高いレベルのリーグになると、勝敗を分けるのは、こんなことも大きな要因だと思います。

世界でも3番目に強い日本のアメフトでも、代表チームを組む際は、いくら運動能力が高くても、チームに従わない選手は絶対にメンバーに入れない、と読んだことがあります。

逆に言うと、日本は体格などで劣る面を、規律正しいチームプレイで補って、勝っている面もあるように思えます。

今、インディアナポリス・コルツはそれをNFLで具現しています。


そして、コルツファンの中にも、自ら坊主頭になって、パガーノHCを応援することをアピールする人もいるようです。

こちらにそのニュース動画があります。

Dailymotion「Colts Fans Shave Heads」へのリンク

かつてバスケットとインディカーレースが盛んで、アメフトはそれほどでもなかったインディアナポリスの街は、フットボールの色を濃くしているようです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック