ほぼ毎日更新中です。「MAJIK MIRROR」では、五十代サラリーマンの私(MAJIK)が、私自身や社会について感じた事を書いていきます。お笑い、アメフト、福岡ソフトバンクホークス、シャーロック・ホームズ、歴史、ICT、メンタルヘルスなどがメインです。

MAJIK MIRROR


【2012年度Week17】「オードリーのNFL倶楽部」について



(WASの応援歌「Hail to the Redskins」(ヘイル・トゥ・ザ・レッドスキンズ)

 NFL公式サイトのものが下記リンク先にあります。

 NFL VIDEO「Hail to the Redskins!」へのリンク


1/5の早朝に日本テレビで放送された

オードリーNFL倶楽部

について書きます。


1.番組の流れ

1)オープニング

「あけましておめでトゥース」

で始まった2013年第一回目の放送。

三人の抱負は

「最初に応援すると決めたチームを、最後まで応援すること」(春日)

「デンバー・ブロンコス(DEN)をスーパーボウルに導くこと」(徳島アナ)

「スーパーボウルの視聴率を20%以上にして、NFLブームを巻き起こすこと」(若林)

でした。

ちなみにアメリカでのスーパーボウルの視聴率は大体45%前後。

MLBのワールドシリーズやNBAのファイナルなどが10%前後であることを考えると、NFLがダントツの人気なのがわかっていただけると思います。


2)春日のNYGはどうなった?

3人が応援するチームの中で、唯一プレイオフ出場を決めていなかった、春日のニューヨーク・ジャイアンツ(NYG)。

プレイオフ出場には

・NYG勝利

・ワシントン・レッドスキンズ(WAS)勝利

・シカゴ・ベアーズ(CHI)とミネソタ・バイキングス(MIN)の敗戦

のすべての条件を満たさねばならず、

「これを大きく言うと、「無理」と言うことになります」(若林)

と言われました。


その後その条件が満たされたかどうか、各試合のダイジェストが放送されました。

・NYGは大勝

・WASも勝利

とここまでは良かったのですが、CHIとMINが勝ったため、NYGのプレイオフ出場はならずでした。

「と言うわけで、春日さん番組降板です」(若林)

と言うことになったわけですが、そういう訳にはいかないので、今年も応援するチームを変えることになりました。

とりあえず番組終了までに、応援するチームを決めるということで。

なお、春日が応援してきたチームの不幸な歴史が語られましたが、若林や女子アナさんが過去シーズン最初に応援すると決めたチームがスーパーボウルに言ったことはなく、全員応援するチームを変えています。

たぶん最も最後まで残ったのは、おととしのシーズンの若林が応援したニューヨーク・ジェッツ(NYJ)で、スーパーボウルの一歩手前、カンファレンス・チャンピオンシップまで残りました。


3)NFCのプレイオフ進出に絡むゲームのダイジェスト

先週までにAFCはプレイオフ進出チームが決まっていたのですが、NFCは2枠が決まっていませんでした。

それを決める試合などのダイジェストが放送されました。

結果として、MINとWASが進出を決めました。

若林は、NFCは勢いのあるシアトル・シーホークス(SEA)がプレイオフを勝ち残るのではないか、と言っていました。

SEAのQBはルーキーのラッセル・ウィルソンですが、ルーキーQBに率いられたチームがスーパーボウルに出たことは今までないです。

余談ですが、NFCの6チームのQBのうち、4人までがプレイオフ初出場で、それを含んで5人までがプレイオフ未勝利です。

6人のうちプレイオフに勝ったことがあるQBは、グリーンベイ・パッカーズ(GB)のアーロン・ロジャースだけです。


4)その他の試合のダイジェスト

特記すべきことは以下のようなことです。

・シーズン中に白血病で入院したインディアナポリス・コルツ(IND)のHCチャック・パガーノが、久しぶりにベンチに入りました

・トム・ブレイディが歴代2位タイとなる48試合連続TDパスを決めました。

 トップは今シーズン記録を樹立したドリュー・ブリーズの54試合で、ブレイディはジョニー・ユナイタスに並びました。

・すでにNFCのプレイオフシード順位第1位を決めていたアトランタ・ファルコンズ(ATL)ですが、敗れた上に負傷者を出してしまいました。

 昨シーズンのGBのように、このような消化試合には主力を温存し、負傷を避けることが多いのですが。

 ですが、そのGBが初戦に敗退し、主力にとっては実戦から遠ざかったことが敗因ではないか、とも言われていましたので、それを避けるためにも主力を出場させたのかな、とも思います。

・テネシー・タイタンズ(TEN)の2人の選手が、それぞれ2リターンTD選手を記録しました。

 これは史上初のことだそうです。

 WRダリウス・レイナウドが2パントリターンTDで、LBザック・ブラウンが2インターセプトリターンTDでした。

・ボルチモア・レイブンズ(BAL)で、長く精神的柱であり、スーパーボウルでMVPをとったこともあるLBレイ・ルイスが、試合後、今シーズン限りでの引退を発表しました。

 BALはプレイオフに出ますので、勝ち続ければルイスの引退は伸びることになります


5)アイザックすわぁ~ん

今回の「現地レポート」は、前回に引き続きDENの取材。

徳島アナがひいきにするLBボン・ミラーに、徳島アナからのプレゼントが、アイザックさんの手から渡されました。

プレゼントは二つあり、一つは「眼鏡男子」のミラーのための眼鏡ケース。

カラフルなものでした。

もう一つは手書きの年賀状。

干支のへびに眼鏡をかけさせるというシャレの効いたものでした。

お礼としてミラーから、サイン入りジャージが徳島アナに届けられました。

「(まだサインを書くための)空いてるスペースがあるから、(私のサインも)書こうか」(春日)

「遠慮しときます」(徳島アナ)

そして徳島アナはジャージを胸に当て

「どうですか?似合います?」

と尋ね、若林がそれに

「うん、似合うよ」

と棒読みの返事をしていました。


6)「トゥースポ」

ルーキーが豊作な今シーズン、新人王は誰?と言う特集でした。

候補として挙げられたのはすべてQBで、アンドリュー・ラック(IND)、ロバート・グリフィン3世(WAS)、ラッセル・ウィルソン(SEA)でした。

ラックはパス獲得ヤードの新人記録を樹立、RG3とウィルソンは100を超えるQBレイティングを記録しました。

何よりもこの3人がすごいのは、パス記録もさることながら、チームをプレイオフに導いたことだと思います。


ラスベガスでは誰がルーキー・オブ・ジ・イヤーを獲るか、賭けが行われているそうですが、そのオッズは

ラックが0.8倍、RG3が1.5倍、ウィルソンが3.5倍

だそうです。

結果はスーパーボウル・ウィーク(日本時間の1/28~2/3)に発表されるそうです。


なおこの他にもWASのRBアルフレッド・モリスが全体の2位となる1613ヤードを走り、タンパベイ・バッカニアーズ(TB)のRBダグ・マーチンも全体の5位となる1454ヤードを走っています。

例年であればこの2人も受賞が有力視されるのでしょうが、今シーズンは前述の3人の中から選ばれるでしょう。

なお、つい最近までQBがこの賞を受賞するのは、まずないことでした。

それは、QBと言うのは野球でいえば捕手と一緒で、下積みが必要だと考えられていたからです。


7)結局春日が選んだのは

最後に春日がプレイオフで応援するチームが発表されました。

「ここは(NYGと)同じ地区と言うことで、レッドスキンズちゃん。

 抑えでDEN」


と言うことでした。

徳島アナはおろおろしていました。


2.今週末の予定とテレビ放送

今週末はプレイオフの一回戦、「ワイルドカード」の4試合が行われます。

これらはすべて日本のCSで生中継されます。

しかも今週末は第1日曜なので、

「スカパー無料の日」

ですから、日本時間の日曜の2試合はスカパーに入ってなくても見ることができます。

スケジュールは以下の通りです。

(放送局のチーム名と数字は、1/5朝8時現在での米Yahoo!sportsによる予想です)

1月6日(日)

06:30~ シンシナティ・ベンガルズ対ヒューストン・テキサンズ (GAORA)  HOUが4.5ポイント有利

10:00~ ミネソタ・バイキングス対グリーンベイ・パッカーズ (日テレG+) GBが9.5ポイント有利

1月7日(月)

03:00~ インディアナポリス・コルツ対ボルチモア・レイブンズ (GAORA)  BALが7.0ポイント有利

06:30~ シアトル・シーホークス対ワシントン・レッドスキンズ (日テレG+)SEAが3.0ポイント有利


意外とHOUがそれほど有利だと思われていないようです。

なんとなく昨年プレイオフで失速したGBに似ているようにも感じますし。


3.ワシントン・レッドスキンズと言うチーム

春日が応援することになったワシントン・レッドスキンズ(WAS)は、1932年創設の古豪で、スーパーボウルも3回勝ったことがある名門でもあります。

ですが昨シーズンまで4年連続で地区最下位と不調でした。

QBが固定できなかったのも弱かった一因で、そのために今季のドラフトでは、多くの犠牲を払って高い指名順を得て、RG3を獲得しました。

それでも、即プレイオフに出れるほどNFLは甘くないと思っていたのですが、シーズン後半にチームがまとまったようです。

今シーズンの快進撃を見る限り、RG3の獲得は成功と言えるでしょう。


そんなWASですが、1991年シーズンは無敵を誇り、圧倒的な力でプレイオフを勝ちあがり、スーパーボウルを制しました。

私がリアルタイムで見たチームの中では、歴代最強チームの一つです。

その時に嫌と言うほど耳にしたのが、トップに置いた動画の歌、

「Hail to the Redskins」

です。

1985年に阪神タイガースが日本一になったとき、嫌と言うほど「六甲おろし」を聴いて、とうとう歌詞を全部覚えてしまいましたが、この「Hail to the Redskins」も同様に覚えてしまいました。

と言っても歌詞はサビの部分しか覚えていませんが。

ひょっとしたらこれから聴くこともあるかと思いますので、歌詞を書いておきます。


Hail to the Redskins!

Hail Victory!

Braves on the Warpath!

Fight for old D.C.!

Run or pass and score -- we want a lot more!

Beat 'em, Swamp 'em,

Touchdown! -- Let the points soar!

Fight on, fight on 'Til you have won

Sons of Wash-ing-ton. Rah!, Rah!, Rah!

Hail to the Redskins!

Hail Victory!

Braves on the Warpath!

Fight for old D.C.!


ついでと言っては何ですが、練習用になるかな、と思える動画へのリンクも貼っておきます。

YouTube「Hail to the Redskins - Fight Song」へのリンク

ちなみに、今週末SEAと当たるWASですが、21世紀になって2回プレイオフに進出してますが、2回ともSEAに敗れています。


4.来週から1時間放送

番組では告知されませんでしたが、来週から1時間に拡大しての放送になるようです。

これは過去2年ももうでした。

試合数が減るうえに、時間が長くなりますので、内容は濃くなると思います。


アメフトに限らないとは思いますが、試合を深く見ようと思ったら、得点シーンだけではなく、その伏線となったプレイやシーンを見ておくことだと思います。

なぜレシーバーがカバーされずに、TDパスが通ってしまったのか。

なぜ長い距離のギャンブルをやったのか。

そう言うのは必ず原因があり、しかも直接的原因と、根本的原因があったりします。

そういうシーンが多く見れ、それが語られることを期待します。


アメフトは決して見るのが難しいスポーツではないです。

ですが、どのスポーツでも同じことですが、深く面白さを理解しようとすると、ある程度ルールや定石と言うことを知っておくと便利です。

そう言う話しを聞きたいです。

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

  1. オードリーのNFL倶楽部
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

ブログ内検索

私のプロフィールです

(画像をクリックするとプロフィールが表示されます) ♪~画像が表示されない方は、右列のリンクから「私のプロフィール」をクリックしてください~♪

メールアドレス:pa9mania@gmail.com Twitterアカウント:pa9mania

カウンター

ご閲覧ありがとうございます

人目のご訪問となります

カレンダー & アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


どちらからお越しですか?

訪問してくれた方が、どこのサイトのリンクから辿ってこられたのかをランキング

ユーザータグ

オードリー アメリカンフットボールU19世界選手権 NFL アメリカンフットボール WFA 鈴木弘子選手 日本代表 アメリカンフットボール世界選手権 ホークス オールナイトニッポン ブリリアン・コージ ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX ワールドカップ サッカー リクエスト アメリカンフットボール大学世界選手権 大学世界選手権 交流戦 AIスピーカー レジェンズフットボールリーグ ラグビー 庄島辰尭 ドラフト 歴史 AI 千鳥ノブ マン振り ブリリアン コージと楽しむNFLライフ サンデーモーニング 大谷翔平 CM 石川柊太投手 申告敬遠 改正派遣法 女子アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ ジャンクSPORTS NFL倶楽部 ピース綾部 スーパーボウル オードリーのNFL倶楽部  若林のアメフト熱視線 ハドルボウル 公開収録 観戦会 プレイオフ ポストシーズン 南沢奈央 年賀状 色覚異常 人種問題 戦争 日本シリーズ クラブベアーズ オーパーツ福岡SUNS ヒューストン ランボーフィールド 東北楽天イーグルス 井口資仁 コージ 世界史 脳振とう 練習 Sherlock/シャーロック 石川柊太 近藤祐司 シャーロック Sherlock ナイトライダー ピザポテト 福岡SUNS Amazon Hulu Twitter DAZN グレード パワーランキング お笑い 引退 復帰 オフ会 東日本大震災 乃木坂46 斎藤ちはる ピコ太郎 銭形警部 新年のごあいさつ シャーロック・ホームズ 人工知能 早稲田大学 イーグルス 奇面組 アメリカ大統領選挙 リトル・グリー・モンスター ジンギスカン クリーブランド ファイターズ カープ FIGHTERS 栗山英樹 優勝 広島東洋カープ 千賀滉大 マジック Xリーグ Touchdown タッチダウン 女子アメフト RIZIN セイフティ メンタルヘルス イップス リオデジャネイロオリンピック GAORA 村田沙耶香 芥川賞 kdkr 菊地亜美 第2回アメリカンフットボール世界選手権 アメリカンフットボール第2回大学世界選手権 アメリカンフットボール大学世界選手権2016 #22pushupsfor22days #22pushupschallenge #22pushups ダイエー  熊本 大分 ディープラーニング ニコニコ生放送 熊本地震 twitter ツイッター 城所龍磨 富士通フロンティアーズ デンバー・ブロンコス 横浜DeNAベイスターズ 広岡達朗 東京大空襲 のどじまんTHEワールド R-1ぐらんぷり フォトボム フォトボミング 松中信彦 鈴木弘子 IKKO 相武紗季 武蔵小杉 プロ野球 浜田省吾 詐欺 電力自由化 電力小売り全面自由化 スーパボウル 人生のパイセンTV クラウドファンディング 脳しんとう 教育 ICT 中川パラダイス 甲子園ボウル M-1 太平洋戦争 大学アメリカンフットボール グリーンベイ・パッカーズ観戦会 博多弁 竹内まりや 誤審 剣道 ドラゴンズ 日本大学 清水エスパルス 映画 川﨑宗則 ムネリン マリーンズ LGBT クラウンライターライオンズ 太平洋クラブライオンズ 極貧球団 スヌーピー 原爆 玉竜旗 又吉 情熱大陸 世界選手権 木村拓哉 ライオンズ アメリカンフットボールマガジン ドーナツ6 谷村有美 ホームズ SNS アメリカン・イーグル 森脇監督 バファローズ 法律 バッファロー カーリー・レイ・ジェプセン 軍事 デフレゲート 海難1890 アレックス・ゲハペイシ Superfly 血圧計 ベッカム Apple Watch ジゼル・ブンチェン プロ野球toto Boston Renegades とんぱちオードリー チャリティー B'z 就活 MLB 佐野元春 13日の金曜日 野球 ズムサタ スタンプ LINE トミー・ヒルフィガー オールスター 松坂桃李 アンダーアーマー ライスボウル コラム イモ欽トリオ 宇宙戦艦ヤマト Order World 地域スポーツ 地方自治体 報道 DV スカパー 阪神タイガース スマートフォン 超常現象 都市伝説 ゆとり教育 テニス マルウェア タイブレーク ICT 三谷幸喜 シャーロックホームズ アナログ盤 高校野球 アイスバケツチャレンジ アイスウォーターチャレンジ レアル・マドリード メンタルヘルスマネジメント 政治とスポーツ JINS 眼精疲労 ファイテン 電柱 和田毅 SHERLOCK チャレンジ 美談 地理 高校ラグビー ビッグデータ 動画 アメリカンフットボール世界大学選手権 80's ニュース 応援 ファン ブログ たりないふたり OpenSSL Heartbleed アプリ 指名打者制度 川崎宗則 STAP細胞  消費税 サイバーセキュリティ 橋本環奈 ボブスレー サイバー攻撃 GILLE R-1 下町ボブスレー ダイアナ・ガーネット アンネの日記 フィギュアスケート オリンピック  Tコマース サイバーテロ ユダヤ教 UFO グーグルグラス モノのインターネット IoT リベンジポルノ 自動車保険 自動走行システム ブレーキサポートシステム フラッグフットボール Facebook 予言 ビックデータ なぎなた FA 翻訳 早慶戦 インターネット アジアシリーズ ゲーム ライフハック 俳優 ITC キングオブコント ふなっしー あまちゃん ゆるキャラ IT 選挙 ものまね ネット選挙 ダイエット 日本国憲法 地震 仮面ライダー 泣くな、はらちゃん おはよう忍者隊ガッチャマン ゴールデンボンバー WBC 日本のアメフト復興会議 PaulSmith 川崎フロンターレ ドラマ 新宮町 リーダーシップ ゴルゴ13 iPhone 洋楽 政治 ールナイトニッポン オードリーオ 電子書籍 80年代洋楽 チェーザレ ORDER WORLD 光市母子殺害事件 猿の惑星 AKB48 マクドナルド ご挨拶 これからはパ・リーグだ! 福岡 チャリティ 80年代邦楽 海外ドラマ カラオケ 自由が丘 猛暑対策 サマータイム 震災 名言 70年代洋楽 アイシールド21 伝記 アメフトの小部屋 NFL、NFL倶楽部 世界史、歴史、名言 ビバリーヒルズ青春白書 キットカット 城所 phiten 立花氏 エロイカより愛をこめて 緑色の小人 福岡のライオンズ 東尾 カレンダー アメ横 中竹 ニーダウン 忘年会 河口 谷村有美さん タニムラベスト 阪神 赤星 中竹監督 早明戦 福高 サック うつ病 コモリタミノル あの人は受験生 真珠湾攻撃 12月8日 うわさのカム・トゥ・ハワイ 移民 twitter、松田 POISON GIRL BAND HOT-L ライブ ファンブル ピッチ おれさまファンクラブ ほめられサロン ホメラー 森脇 大石 ワイルドキャット ヴィック デフレ 李机浩 福岡ソフトバンクホークス 社会不安障害 SAD 「メロンパン」アイス ジョージア 戦国時代の武将シリーズ 戦国武将 君こそライオンズ 全日本大学アメリカンフットボール選手権 パニック障害 小谷野 K-STREAM セカンドエフォート ペイトン 若林 保毛尾田保毛男 とんねるずのみなさんのおかげです ストロベリー 内村選手 全日本剣道選手権 メンタルヘルス・マネジメント検定 城島 ファーブ グリーンベイ ロジャース パッカーズ メンタル不全支援 スイム ジョー・モンタナ パスプロ 早稲田 帝京 ファルコ ペイトン・マニング 真弓 松岡修造からのビデオメッセージ 松岡修造 togo13  退団 バリー・サンダース オーバーセレブレーション タイムスリップ 歴史ブーム  ジョン・タイター サムライハイスクール 三浦春馬 ホークス、クライマックスシリーズ 加藤和彦 1万人目 野村監督 クライマックスシリーズ 楽天 田上 アメフト大使 民主党、ローマ、独裁 坐骨神経痛 がん ブレット・ファーブ DVD 南明奈 川崎市 結婚記念日 鉄拳 爆笑レッドカーペット ゴー☆ジャス あぶさん 南海ホークス 野村 立花香織 景浦安武 世界剣道選手権 六三四の剣 アメフト 五輪 リオデジャネイロ 東尾修 石田純一 東尾理子 September アース・ウィンド・アンド・ファイアー Wind 九月 Fire Earth, twitter Tumblr 室原知幸 砦に拠る 下筌ダム 蜂ノ巣城紛争 木下典明 腸チフスメアリー サン・ジェルマン伯爵 両性具有 錬金術 勝間和代 イチロー ドイツ戦車隊の歌 エーベルバッハ少佐 メンタルヘルス・マネジメント検定試験 マイケル・ジャクソン、スリラー、スーパーボウル シャーロック・ホームズ、竹内まりや 

福岡ソフトバンク ホークス ニュース

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -