「八重の桜」 初回放送を見た感想~10年ぶりの大河ドラマ視聴~

20130106八重の桜

(昨日の朝日新聞のテレビ欄「試写室」の写真

 この写真と本文を読んで、ちょっと見てみようという気になりました)


昨日初回放送された大河ドラマ

「八重の桜」

を見た感想、と言うか、見ていろいろと頭に浮かんだことを書きます。


1.なぜ見ようと思ったのか

私は大河ドラマにほとんど興味がないです。

前回まじめに見たのは、2004年の「新撰組!」で、その前に見たのはとなると、1980年の「獅子の時代」だったと思います。

なんで興味がないかと言いますと、世界史は大好きなんですが、そもそも日本史にあまり興味がないことと、あまり魅力的な内容のものがなかったからです。


そんな私ですが、昨日の朝、トップに置いた写真とその解説文を読んで、ちょっと見てみようと思いました。

まず、綾瀬はるかが主人公を努めることは知っていましたが、どの時代か、どんな人物をやるのかは知りませんでした。

それが、洋式っぽい軍服姿で銃をかかええている。

これは幕末で、おそらく戊辰戦争の渦中の会津藩、と言うのは想像できました。

そして

「南北戦争が冒頭、描かれる」

と言う解説文を読んで、これは興味深い人物で、おもしろそうなオープニングだ、と感じました。

だから見てみることにしました。


2.なぜ「南北戦争だけ」なのか

オープニングは、解説文の通り、1963年の南北戦争での激戦、ゲチスバーグの戦いでした。

アメリカ連合国の国旗を翻して進軍する南軍の舞台に対し、それを砲撃で迎撃するアメリカ合衆国の北軍との戦いが描かれました。

しばらくして画面に瓦が移り、部隊が日本に移ったことを知らせ、戊辰戦争で狙撃兵として奮闘する綾瀬はるかが映りました。

演技がうまいかどうかはわかりませんが、違和感はありませんでした。

というか、単純にかっこ良かったです。


その後ナレーションで、日米でこの時期、国を二分する内戦が行われたことが知らされました。

1961年の南北戦争と1968年の戊辰戦争。

ああ、そういうことで南北戦争が描かれたんだね。

と一度は納得しました。

でも他は…

1861年に成立するまでのイタリア統一戦争は?

1866年の普墺戦争と1870の普仏戦争で達成されたドイツ統一戦争は?

なぜ南北戦争だけが取り上げられたのか、よくわかりません。

類似例を多く挙げればあげるほど、視聴者を引き付けると思うのですが。

とにかく、制作陣の考慮漏れという事態だったことだけは勘弁してほしいです。


(南北戦争で使われた兵器が、その後多く日本に入ってきて戊辰戦争で使われたそうですが…

 それだけであんな大がかりな撮影を行うかなぁ)


3.大河ドラマの課題

大河ドラマについて不満に思うのは、だいたい日本国内のことばかりが描かれている(ように感じる)ことです。

そもそも教育の場で、日本史と世界史で分ける必要があるんだろうか、とも思います。

世界史を学ぶことは、国際人を育てる助けになると思うんですが…

高校生レベルになれば、広く浅く、日本と世界の歴史を必須にした方がいいと思うのです。


話しを戻しますが、大河ドラマはもっと世界の歴史を絡めるべきだと思います。

そう言う時代ですから。

外国からの影響について避けられない個所は描いているようですが、それだけでは、日本の歴史がまるで世界から独立して形成されたように感じさせてしまいます。


幕末維新を描くのであれば、もっと欧米の東洋や太平洋への進出を、ナレーションだけではなく、日本でのシーンと対等に演じるべきだと思います。

金はかかりますけどね。

でもそれが、特殊な立ち位置のNHKの義務でもあると思うんですが…


4.これから「八重の桜」を見続けるかどうか

今回も途中はあまりまじめに見ませんでしたが、マシュー・ペリーが黒船をつれて来たあたりからは再びまじめに見始めました。

世界史好きとしては、世界が絡むと見てしまいます。

だからしばらく見るんじゃないかなぁ、と思います。

それに、私は世界史ほど日本史を知りませんから、へぇ~、と思うシーンも出てきますし。

(佐久間象山がナポレオン・ボナパルトのことが好きだったとは知りませんでした)


綾瀬はるかが演じる山本八重と言う人物がいたのは知りませんでしたし、会津城攻防戦争までは興味があります。

明治に入ってからは、Wikipediaを見る限りあまり興味を持てませんでしたが。

だから冒頭の合戦のシーンの回までは見るかと思います。


綾瀬はるかについてはよく知らないのですが、単に天然できれいでスタイルの良い人ではないようだと、下記リンク先の動画を見て感じました。

YouTube「綾瀬はるか Haruka Ayase 幕末のジャンヌダルク 2012.12.09」へのリンク

殺陣なんか見事なものだと思いました。


5.会津藩の剣道について

私は大学の一般教養課程で、剣道形を習いました。

日本剣道形だけではなく、各地に伝わる流派のものも。

高校時代に部活でやった剣道のとは違う、新しい剣道のおもしろさを感じました。

そのなかで、会津藩に伝わるものも習いました。

名前と内容は忘れてしまいましたが。


この大河ドラマは、東北大震災の復興をもねらって企画されたものだと聞きます。

今も、福島県から各地へ人が移ることを余儀なくされているようです。

これにより、いろんなものが福島から失われるかもしれません。

でも、あの剣道形は伝えていってほしいものだと思います。

6.「八重の桜」関連サイト

「NHK大河ドラマ「八重の桜」」へのリンク

「登場人物|NHK大河ドラマ「八重の桜」」へのリンク

Wikipedia「八重の桜」へのリンク

Wikipedia「新島八重(山本八重)」へのリンク

NAVERでは、早くも感想のまとめサイトがたっていました

NAVERまとめ「【NHK大河ドラマ】『八重の桜』を見た人の感想と評価と評判まとめ(第1回〜)【ネタバレ・あらすじ】」へのリンク

togetterでも感想ツイートがまとめられていました。

togetter「「八重の桜」第1回をTLから眺める」へのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック