【ホークス】馬原流出の衝撃!! #sbhawks

おそくなりましたが、福岡ソフトバンクホークスの馬原投手が移籍することになった件について書きます。

なお、記事へのリンクは、ネットユーザーがどう考えているかと言うことも知りたいですし、また見ていただきたいので、Yahooトピックスのコメント付き記事へのものが多くなると思います。

それにしても今年最初のホークスの記事が、こんなものになるとはなぁ~…


1.馬原投手流出は久々の衝撃だった

1/12(土)午後、オリックスバファローズはFAでホークスに移籍した寺原隼人投手の人的補償として、馬原孝浩投手を獲得したと発表しました。

Yahooトピックス「オリックスが馬原獲得=寺原のFA補償で―プロ野球」へのリンク

私は20時頃そのことを、自分のブログの横にはってある「プロ野球Freak」のニュースで知り、久々の衝撃を受けました。

スポーツ観戦を趣味としているうちに、大抵のことでは落ち込みはしなくなりました。

昨日もNFLで大好きなチームがプレイオフで敗退したのですが、まあしゃあない、と思ってました。

しかしこのニュースは久々の衝撃で…

城島選手のメジャー移籍や復帰、井口選手のメジャー移籍や復帰、小久保選手のトレード並みかなぁ、と思います。

あ、でも最近では多村選手のトレードでも凹んだなぁ。

他のスポーツでは、ブレット・ファーブの最初の引退発表以来です。

(でも今は、凹んでないです

 切り替えが早くなった自分に驚きです)


フロントやチームメイトにも、やはり衝撃的だったようです。

Yahooトピックス「痛恨の馬原流出 フロントは「確率低いと思った」…ソフトバンク」へのリンク

Yahooトピックス「馬原オリ流出に選手会長・本多驚き隠せず」へのリンク

そしてファンにも驚きで、予想通りフロントの小林至部長はボロクソに言われています。


2.これはフロントの失態なのか

馬原選手をプロテクトしなかったことについては、これまでリンクを貼った記事へのユーザーコメントにたくさん批判の声が書かれています。

でも私はこのコメントに同意です。

「冷静にプロテクト選手を計算していくと、
 確かに馬原あたりは微妙なライン。
 それほど有望な若手も多いと言うこと。
 単に『失態』というなら、自分で計算して見ればいい。

 形はどうあれ新天地で頑張ってほしい。」

今のホークスで、プロテクトのリストを作るのは非常に困難だと思います。

それだけ戦力とポテンシャルにあふれています。

小林部長がいかげんにプロテクトのリストを作ったとは思えませんし、それは王会長も目を通しているかもしれません。

(私は職務上、レビューすべきだと思いますし、レビューしたならば、その責任を負うべきです

 それが普通のサラリーマン社会の仕事のシステムです)

だから、バファローズの動きを読み違えたとはいえ、この件では小林部長を責める気にはならないです。

こう言うことを書くと「偽善者」と言われることでしょうが。

ただ、これがホークスの運営に対して「失敗」と言うのであれば、小林部長、そしてその上司に対し、何らかのペナルティがあっても仕方がないと思います。

普通の会社では、頑張ったかどうかは別にして、成果が報酬に反映される時代です。

プロ野球選手だってそうですから。


3.バファローズの思惑は

バファローズはどういう意図で馬原投手を指名したのでしょうか。

と言うか、馬原投手が怪我から復活できるという勝算はあったのでしょうか。

そのことに言及する記事、ふたつのリンクを貼っておきます。

Yahooトピックス「寺原の人的補償で馬原を獲得!森脇監督「迷いなく」…オリックス」へのリンク

Yahooトピックス「オリ西、馬原の完全復活に“太鼓判”「本当に肩を痛めてるのかなと思う」」へのリンク

森脇監督の言葉で

「常勝軍団の中で杉内、和田らより存在は大きかった。迷いなく馬原だった。」

という個所があります。

これは重い言葉に感じられ、そういうものだったのか、と驚かされます。

ただ、怪我については前者の記事では言及していません。

まあその辺は調査してないはずはなく、また精神的なものも大きく期待しているんだろうなと感じられます。


4.当の馬原投手は

馬原投手にも衝撃だったようです。

Yahooトピックス「オリックス 馬原獲得「寂しい気持ちがないと言えば嘘になりますが」」へのリンク

ホークスとファンに感謝を述べていることより、

「新しく迎えてくれるチームやファンの皆さんのため力を出し切るつもりです」

と言う言葉があるのは、ホークスファンを超えて、スポーツファンとしてなんとなく嬉しいです。

「今はまだ整理がつきません」

と言うコメントを出す人もいますが、そんなのより潔よくていいと思います。

さすがに、いつどこで使われるかわからないストッパーを務めてきただけはあるな、とも思いました。

そう言うところも買われたんでしょうか。

下記リンク先の記事でも、そういう面が見れます。

Yahooトピックス「だから馬原が選ばれた 斉藤和巳コーチ「愛され、尊敬される選手」」へのリンク


5.馬原選手の思い出

私は2005年の東京ドームでの読売ジャイアンツとの交流戦で、初めて馬原投手を見ました。

馬原投手は中継ぎで投げてました。

たしかヒットも打ったような気がします。


当時の馬原投手は、まだ中途半端な立ち位置でした。

前年にドラフト1位で入団するも、シーズン序盤にしか勝てずなかったと記憶します。

この年も勝てなくなっていて、先発から外れ、中継ぎにまわされていました。

その時期に私は観戦したことになるのですが、中継ぎで実績を残したうえに、当時のストッパーの三瀬投手がスランプに陥ったため、抑えを任されることになりました。

当時何かの記事で

「馬原投手は完璧主義で、点を獲られるのが大嫌い。

 これではプロの先発投手はつとまらない。

 逆にストッパー向きだと言える。」

と言うのを読んだ記憶があります。

本当にストッパーとしてはまりました。

そして2006年から2011年までのシーズン、ほぼ「不動のストッパー」としてホークスの抑えを任されました。

その間不安定な時期もあり、twitterでボロクソに言われていたこともありましたが、これだけ長い間ストッパーに困らなかった球団も珍しいと思います。

その意味では、本当に感謝感謝です。

(次は岩嵜投手か武田投手かな

 武田投手が先発から抜けるのは惜しいですが、岩嵜投手なら、なんとなく打線の援護に恵まれてないように感じますので、いいかも、と思います)


馬原投手のいいところは、いつでも強気な顔をしているところです。

絶対にへたった表情を見せませんでした。

これは投手として、そしてストッパーとして、大事な心構えだと思います。

地顔がそうなのかもしれませんが、それもある意味才能でしょう。


私としては、バファローズで復活して活躍してほしいと思います。

ホークス戦では全力で馬原投手を打ち崩すよう応援しますが。


6.(余談)ホークスからのイケメンの流出が止まらない

ここからはあまり熱い気持ちで読まないでください。

私は、和田投手や川崎選手がいたときでさえ、ホークスで一番のイケメンは馬原投手だと思っていました。

もし馬原投手と面と向かって話すことがあったら、おじさんの私でもドキドキすると思います。

もちろん胸がときめくとかそういう意味ではなくて、これだけのイケメンはなかなか見たことがなく、うらやましいなぁ~、と言う気持ちでです。

この3人、そして杉内投手など、ホークスからイケメンが流出し続けています。

これは大問題だ、とは思いませんが、なんとなくさびしいです。

バファローズのファンには失礼にあたるかもしれませんが、FAで帰ってきてくれんかいな、と願います。


まあとにかく、来年オフになっても、「馬原が帰ってきてくれんかなぁ」と思えるほどの活躍を願ってます。

まずはともかく、バファローズを強豪にのしあげてほしいですし、その中で、クローザーとして、精神的柱として活躍してくれたらいいなと思います。


こんな動画がありました。

とりようによっては、不愉快に思われる方もいるかもしてませんが、私は応援ソングだと解釈しましたし、うまくできてるなぁと思いましたので、載せさせて思います。



そう言えば馬原投手と言えば「四凡」でしたね。


ところで寺原投手について、これから重圧がかかるでしょう。

それはプロの選手で、自分が望んで行使したFA権ですから、自分の力で周囲を黙らせてほしいです。

「寺原返すから、馬原返して~」

なんて言うコメントも目にしました。

そう言うのを見返してほしいです。

応援しますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック