【2012年度Week19】「オードリーのNFL倶楽部」について~「春日の呪い」スペシャル~

1/19に日本テレビ地上波で放送された「オードリーNFL倶楽部」について書きます。

今回はプレイオフ2回戦となる「ディビジョナル・プレイオフ」のことが放送されたのですが、それ以上に強調されたのが

「春日の呪い」

でした。

春日は下記リンク先のブログ記事で、全試合について今回どこを応援してどこが勝つかを語っています。

そのことを念頭に置いておくといっそう面白いと思います。

NFL倶楽部ブログ「春日さんの呪いがまたもや炸裂!?次のターゲットは...」へのリンク

整理しておきますと、

ボルチモア・レイブンズ(BAL)対デンバー・ブロンコス(DEN)ではDENを応援

ヒューストン・テキサンズ(HOU)対ニューイングランド・ペイトリオッツ(NE)ではNEの勝利を予想

アトランタ・ファルコンズ(ATL)対シアトル・シーホークス(SEA)ではSEAの勝利を予想

サンフランシスコ・49ナーズ(SF)対グリーンベイ・パッカーズ(GB)ではGBを応援

と言うことになります。


1.番組の流れ

1)オープニング

今回のゲストは解説の安部奈知さん。

番組の途中で若林が、安部さんがカンザスシティ・チーフス(KC)のキャンプでATLのTEトニー・ゴンザレスと一緒だったことを聞いて

「時々忘れるんですが、奈知さんってすごい人だったんですね。

 杉ちゃん、春日と同じ系統の芸人さんかと思ってましたよ。」

と言うことを言っていました。

ちなみに、第1回アメリカンフットボール ワールドカップで、決勝戦の決勝となるTDパスをレシーブしたのも安部さんでした。

これにより、日本の優勝が決定しました。


春日はオレンジのデンバーのTシャツを着て登場。

DENについて熱く語る気まんまんでした。


MC席の反対サイドでは、開幕からずっとDENを応援していた徳島アナが伏せ目がちに斜め下に視線を落としていて、憂鬱な顔を作っていました。


2)BAL@DEN

春日が応援するDENの試合。

公式のオッズでは9.5ポイントDEN有利、と、まずDENの勝利は間違いないものとされていたようです。

結果は38-35でBALが、予想を覆して勝ちました。


私は4Qの残り10分ぐらいから見たのですが、これはすさまじいゲームでした。

これまでディフェンス主導の感が強く、無難なイメージがあったBALのオフェンスが、QBジョー・フラッコのアグレッシブなパスで試合を作って、DENにすがり続けました。

そして2回のオーバータイムを経て、Kジャスティン・タッカーのFGで勝ちました。

(レギュラーシーズンではオーバータイムは1回だけで、それでも試合が決まらない場合は引き分けとなりますが、トーナメントであるプレイオフでは、決着がつくまでやります)

動画「【DP】レイブンズ対ブロンコス」へのリンク

上記リンク先の動画の10:25あたりで、今季限りでの引退を決めているBALのLBレイ・ルイスが地面に伏して号泣しているのが印象的でした。


VTR終了後のスタジオは

「「春日の呪い」がブロンコスを負けさせました」(若林)

「全世界のブロンコスファンのうらみつらみが春日さんへ」(徳島アナ)

とのことでした。

「敗因は春日だと思うんですが、奈知さん、他には何ですか」(若林)

とも言われてました。


BALの勝因の一つとして、前述しました通り、フラッコの勇気あるパスアタックが挙げられていました。

前回BALが優勝した時は、トレント・デルファーと言うQBが、「試合を壊さない」無難なプレイで勝ちました。

それ以来BALのQBは、ゲームを作るより、そう言うQBが勤めて来た印象があります。

フラッコには、その枠を超えたイメージは前からあったのですが、まだまだ地味で、ここまでゲームを作ること、と言いますか、ゲームをブレイクさせることができるのか、とこの試合を見て驚きました。

「これでフラッコのジャージが売れ始めるかもしれません」

と若林が締めていました。


3)HOU@NE

若林が開幕当初(本当は開幕前)から応援するHOUが、春日が勝利を予測するNEと戦いました。

この試合も公式のオッズでは9.5ポイントNE有利、と、まずNEの勝利は間違いないものとされていたようです。

VTRが始まる前

「普通に行ったら負けるぞ、全力で行け」

と若林がHOUにゲキを飛ばしましたが、結果は41-28とNEが順当に勝ちました。

徳島アナによると

「NEがHOUを軽くひねりつぶした」

感じだそうです。

試合後、若林は沈んだ顔を作っていましたが、地顔が「機嫌が悪そうな表情」だと自称しているので、だまって普段の表情をしていても良かったかもしれません。

その若林も

「完敗でございました。

 来年頑張ってくれ」

と言うような試合内容で、ネットでも、4試合のうちこの試合だけが波乱がなかった、とも言う声がありました。

動画「【DP】テキサンズ対ペイトリオッツ」へのリンク


4)SEA@ATL

春日がSEAの勝利を予想し、公式のオッズではATLが2.5ポイントリードで、どちらにころんでもおかしくない予想でした。

結果は大激戦の末、30-28でATLが勝ちました。

試合終了まで残り8秒で、Kマット・ブライアントのFGでの逆転でした。


この試合、私も終盤見ましたが、残り31秒で27-28といったんSEAに逆転された時は、またATLのQBマット・ライアンはプレイオフ初戦で敗退かと思いました。

そうなるとこれで4回目になります。

しかしここからライアンは長いパスを通し続け、FGレインジへとボールを進めて、逆転のお膳立てをしました。


敗れたSEAですが、こちらも素晴らしい試合運びをしました。

前半を20-0と20点差をつけられての折り返しでしたが、そこから一時試合をひっくり返したのですから。

ルーキーQBのラッセル・ウィルソンが素晴らしいパフォーマンスで、チームを逆転へと導いていました。

来年以降が楽しみなQBです。

動画「【DP】シーホークス対ファルコンズ」へのリンク


5)GB@SF

春日が応援し、私も応援しているGB。

サンフランシスコでの対SF戦は、23年前に私がGBファンになるきっかけとなる試合があり、その試合は前評判を覆してGBが勝ったので、縁起がいいと思っていました。

公式オッズではSFが3.0ポイントで、十分GBにも勝ち目はあるというものでした。

結果は45-31でSFの勝ち。

3Q残り7分までは、GBにミスが多かったもののいい試合だったのですが、そこからSFのQBコリン・ケイパニックの56ヤードTDランが出ると、あとはSFのペースとなりました。

とにかくケイパニックに、ラン中心にひっかきまわされたゲームだったように感じます。

ケイパニックはプレイオフ史上、QBとしては最長の181ヤードを走りました。

この数字はRBでもなかなか残せない数字です。

動画「【DP】パッカーズ対49ers」へのリンク


若林は

「学生時代の「強いSF」が帰ってきて嬉しい」

と言っていましたが、春日は

「あたしはカウ(ダラス・カウボーイズ)を応援していましたから、目の上のたんこぶみたいな存在だった」

と言っていました。

たしかに…

1990年代の前半は、DALとSFの2強で4回のスーパーボウル優勝がなされましたから。


6)現地レポート

「春日を受け入れてくれるチームを探せ」

と言う企画でした。

具体的には、ニューヨークにあるディビジョナルプレイオフで勝ちそうな各チームのスポーツバーを訪れ、春日を受け入れてくれるチームを探すものでした。

(まったくこの番組の発想には、いつも驚かされます)

まず土曜日(日本時間日曜)にDENのスポーツバーに行ったところ、信じられない逆転負けで交渉できず。

次の試合でGBのスポーツバーに行ったら

「応援チームをかえるなんて論外」

と門前払い。

でもアイザックさんは

「人数制限が厳しくて入れませんでした。」

と言ってました。


翌日SEAのバーに行ったら、その時点で20点のビハインド。

交渉できそうもないので、対戦相手のATLのスポーツバーに行きました。

しかし移動中にATLのリードは6点差までに縮められ雰囲気は悪化してました。

「なんだか春日さんにかかわろうとするだけで、嫌なことがおきているようです」(徳島アナ)

とのナレーションが入ってました。

(しかしこれは「生馬の呪い」ではないか、とも思えるのですが)

ですが、終了間際に逆転してATL勝利。

ここでファンと交渉して「カスカスダンス」のDVDを見せると

「これはダーティーバード・ダンスに似ている」

との反応。

「ダーティーバード・ダンス」とは1998年シーズンにATLがスーパーボウルに出場したころ、RBジャマール・アンダーソンがTDセレブレーションでやっていたダンスです。

そんなわけで春日のことを好意的に受け止めてくれました。


なお、最後にHOUのバーに行ったところ、取材陣が大歓迎を受けました。

と言うのは、若林のことが載った選手のFacebookやtwitterを見ていて、若林のことが広く知られていたからです。

しかも好意的に受け止められていました。

これには取材陣もVTRを見ていた若林も感激していました。

(ここでも「生馬の呪い」が発揮されているじゃないか)


そんなVTRが終了後、春日はATLのファンに心がひかれたようです。


7)「トゥースポ」

(すみません、次回書きます)


8)「スーパーボウル、知ってトクシマす」

(すみません、次回書きます)


9)エンディング

結局春日はATLを応援するそうです。

若林はくりぃむしちゅう上田とともに、対戦相手のSFを応援するそうです。

これは想像ですが、上田は勉強会の過程で、アメフト選手のタトゥーが気に入ったそうなので、きっと強烈なタトゥーを入れているケイパニックが気に入ってSFに興味を示したんでしょう。


2.「春日の呪い」に関するツイート

番組冒頭と、現地レポートの頭で、

「春日の呪い」に関するツイート

が紹介されました。

紹介されたのは以下の三つです。

「恐るべし!春日の呪い!」
https://twitter.com/girardellikouji/status/290537786388385794

「春日の呪いは本当にやべぇな。NASAが調査に乗り出すレベル。」
https://twitter.com/sham_ignis/status/290312475583332353

「春日の呪い健在!WAS敗れる!頼むからGBとNEを応援するのは止めてくれ!」
https://twitter.com/88NSR250RSP/status/288112502749945856



また先日作った、「春日の呪い」のまとめですが、今朝の放送後の分まで更新しました。

togetter「【NFLネタばれあり】「春日の呪い」のまとめ #nfljapan #nflclub」へのリンク


3.カンファレンス・チャンピオンシップの放送予定と下馬評

1)SF 対 ATL 1/21(月)朝5時~ 日テレG+ NHK_BS  SFが3.5ポイント有利

2)BAL 対 NE 1/21(月)朝8時30分~ GAORA NHK_BS  NEが8.0ポイント有利


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック