第二話「泣くな、はらちゃん」の感想~恋したけど片思い~



(YouTubeからの拾い物。

はらちゃんの歌を初音ミクが唄う動画)


1/26に放送された「泣くな、はらちゃん」の第2話

「恋したけど片思い」

の感想を書きます。

1.「私なんか」と言うネガティブ思考

かまぼこ工場で、新商品コンテストをやることになり、麻生久美子演じる越前さんにそのキャンペーンポスターを書く依頼がされました。

越前さんは不承不承やることになり、やっつけ仕事でポスターを、描きます。

それを見た忽那汐里演じる「悪魔さん」が文句を言います

その中で、

「私なんかどうせ、っておもってるんでしょう。

失敗して傷つくのが怖いから何もやらない…」

と言うセリフをいいます。

越前さんはそれを受け入れませんが、その後登場した、長瀬智也演じるはらちゃんに説得され、本気でポスターを書くことを決意します。

はらちゃんの説得は、越前さん自身が、はらちゃんにマンガの中で言わせたセリフを使ったものでした。


で、ここからが感想。

私は悪魔さんの意見に賛成します。

以前もこのブログで、書いたのですが、こんなエピソードを読んだことがあったからです。

5年ほど前、福岡ソフトバンクホークスに、宮地克彦と言う選手がいました。

元々は埼玉西武ライオンズの選手でしたが、十年ちょっとたった頃、戦力外通告を受けます。

しかしその後ホークスに拾われ、レギュラーの座をつかみ、二年目にはプロ入り初めて規定打席数をクリアし、ベストナインを獲得し

「リストラの星」

と呼ばれるまでになりました。

何が宮地選手を変えたのか。

ある時野球をあまり知らない友人と食事をした時

「首位打者はとれそうなの?」

と尋ねられたそうです。

レギュラーすらとれていなかった宮地選手は、

「いやいや、俺なんかそんな選手じゃないよ」

と答えたそうです。

すると友人は

「なんでそうやって自分の可能性を潰してしまうんだ。

やってみないとわからないじゃないか」

と叱咤激励したそうです。

そして宮地選手は、発奮したそうです。

ただしこの話しはライオンズ時代のものか、ホークス時代のものかは忘れました。

ホークス時代のものだと、しっくりくるんですけどね。


この話しを読んで、私も、「私なんて」と考えないようにしました。

ただ、あらゆることに対して、そう言う考えができているかといいますと、まだまだのようです。


しかし越前さんは幸せだと思います。

自分が書いてきたことを思い出させてくれる、はらちゃんみたいなキャラクターがいるから。

私にも、私が凹んだとき、ブログから誰かでてきて、私の書いたことを思い出させてくれないかな~


2.世界は片思いでできている

薬師丸ひろ子が演じるパートリーダーが、拘禁中のはらちゃんに言った言葉です。

けっこう当たってるかもね、と思いました。

恋愛だけじゃなく、学校や会社、仕事なんかがわかりやすいかと思います。

学びたい学校に入れる訳ではないですし、したい仕事がある会社に就職できるわけでもない人のほうが、世の中多いんじゃないかな、と思います。

でも、それをなんとか両思いにしようとしている人こそが、性格がいい人、と言うことになるのでしょう。

他に私に関することで言えば、特定のスポーツチームのファンとして、満足できる結果に片思いしっぱなしです。

たまに両思いになりますが。

その他、片思い、と言うか相手に対する期待の例をあげると、枚挙に暇なしです。

だから、世界は片思いでできている、と言う言葉は、ある意味真理だと思います。


3.色恋沙汰の始まり

さて、これからドラマは色恋沙汰に進んで行くんでしょう。

おじさんには、こう言うのは苦手です。

来週には、丸山隆平演じる田中くんも、越前さんが好きなことを知ってしまうようです。

ひょっとしたら悪魔さんは田中君に好意を寄せているかも。

とりあえず私の次の興味は、越前さんがはらちゃんの正体に、どうやって気づくかです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック