語り継がれるべき「エルトゥールル号遭難事件」のこと



(エルトゥールル号遭難事件のことを簡単にまとめた番組。

 簡潔でわかりやすいと感じました。)



先日本屋で「歴史街道」と言う雑誌を見かけて、おお、と思わず手に取りました。

今月号の特集は「エルトゥールル号遭難事件」です。

「歴史街道 2013年3月号~日本とトルコを結ぶ絆 エルトゥールル号の奇跡 時を越えた友情~」へのリンク

私はこの逸話と、それに続くトルコの恩返しの話しが大好きで、多くの人々に知ってほしいと思っていたからです。

遭難自体は不幸な事件ではありますが、結果として日本とトルコの友好関係が樹立されるきっかけとなりましたので。


この「エルトゥールル号遭難事件」ですが、簡単に言えばこんな感じです。

・1890年(明治23年)に、トルコの軍艦エルトゥールル号が、訪日の帰路和歌山県串本町沖で遭難しました

・生存者は当地の灯台に遭難を知らせ、灯台は地元の村民にこのことを知らせました

・村民は総出で救助と生存者の介抱に当たりました

・村には十分な食料がありませんでしたが、村民はその中からも遭難者の分を供出しました

・おかげで遭難者は命をとりとめることができました

・その後遭難者は神戸の病院に送られ、再びトルコに発ちました


そしてその延長に、イラン・イラク戦争でのトルコ航空機による日本人救出が行われたそうです。

・1985年(昭和60年)、イラクはイラン上空の航空機に対する期限を定めた無差別攻撃宣言を行ったため、各国は期限までにイラン在住の国民を救出しました

・しかし日本は諸事情のため、飛行機を送って在イランの日本人を救出に行くことができませんでした

・イラン駐在日本大使が、トルコのイラン駐在大使に窮状を訴えたところ、トルコ政府は日本人救出のために航空機を送ることを決めました

・派遣されたトルコ航空機によって215名の日本人全員が救出され、トルコ経由で無事に日本に帰国できました

この時トルコ政府は

「エルトゥールル号の遭難の際に受けた恩義をのご恩返しをしたまでです」

と言うようなことを語ったそうです。


詳細なことに関しましては、下記リンク先の記述をご覧ください

Wikipedia「エルトゥールル号遭難事件」へのリンク

在日トルコ大使館「軍艦エルトゥールル号 」(日本語)へのリンク

串本町「トルコとの交流 ~エルトゥールル号の遭難~」へのリンク


この件で、私が「すごいなぁ」と思うのは、現串本町の村民の方々の尽力です。

台風の中生存者を救助し、潜水して生存者を捜し、介護にあたっても、自分たちの乏しい蓄えの中から少量などを供出した点です。

当時の村は台風のために、蓄えがとくに乏しかったそうです。

私にはそういうことができるかどうか、自信がありません。

たまに欧米の方と話す機会がありますが、私は英語が十分にできませんので、すぐに逃げ腰になります。

現代の都会で暮らす私ですらこう言う感覚ですから、当時の寒村の人の外国人へのおそれはそうとうあったと思います。

それなのにここまでするとは、素晴らしいと思います。

私なら助けるまでで義理は果たした、メンツは守った、とか計算して、そこで終わりでしょう。

なおも生存者はいないか、と潜水したりは、技術があってもしないと思います。

ですから、この村の方々の行ったことは、語り継がれるべきだと思うのです。


山の中で育った私と、海で育った村の方々との感覚の違いもあるかもしれません。

海に携わる人は比較的外国のものに抵抗がないようです。

旧日本軍でも、海軍はかなり外国の文化をとりこんでいたそうですから。


この事件に関して、「映画化」と言う文字が「歴史街道」の目次にありました。

記事は読んでいませんが、ネットで調べてみると、Facebookにこんなサイトがありました。

Facebook「エルトゥールル号 映画を作ろう」へのリンク

このサイトから、NPO「エルトゥールルは世界を救う」が生まれ、映画化へ動いているようです。

特定非営利活動法人「エルトゥールルは世界を救う」へのリンク

ただし、私は「映画化」は望ましいとは考えていますが、この団体についてはよく知りませんので、現時点では特に推薦はできません。


ところで、1年半ほど前の記事で、こんなものがありました。

Excite Bit「トルコ人100人に聞きました! エルトゥールル号事件を知っていますか?」へのリンク

エルトゥールル号の件は、トルコ人なら誰でも知っている、と言われているとよく聞きますが、それが本当かな、と言うアンケートのようです。

とりようによっては、いやらしい企画だな、と思います。

でも結果は…とりあえずほっとしました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰してます。ウチのダンナが和歌山出身で、本家や親戚回りで尋ねた時、串本町で記念碑を見ました。トルコとの関わりは、私もその時初めて知りました。トルコに旅行した友人達は、大抵どこへ行っても日本人というだけで厚遇されたと言ってましたっけ。それに対して日本人はトルコ人に対してどうかは、微妙なところですね。

管理者のみに表示

トラックバック