【NFL】クリスチャン・オコイエって誰だ?~NFL/国内アメフト人気アンケート2位~

(KCのRBだったクリスチャン・オコイエのハイライト動画はこちら

35番の選手です。

YouTube「Christian Okoye, "The Nigerian Nightmare"」へのリンク)


昨日NFL JAPAN編集部が、あるアンケートの結果を発表しました。

NFL JAPAN.COM編集部ブログ「NFL/国内アメフト人気NO.1は?アンケート結果発表」へのリンク

「好きなNFLチームは?」

「好きなNFL選手は?」

「日本国内で好きなチームは...」

などの項目があったのですが、その中に

「引退選手限定で好きな選手は?」

と言うランキングがありました。

以下のような結果だそうです。

1位:ジョー・モンタナ

2位:クリスチャン・オコイエ

3位:ジョン・エルウェイ

4位:ディオン・サンダース

5位:ブレット・ファーブ

なんでバリー・サンダースやジェリー・ライスが入ってないんだろう、と言う疑問もありますが、まあそれほど違和感は感じない結果だと感じました。

2位のクリスチャン・オコイエを除いては。

たしかに強烈な印象がある選手ではありますが、オコイエってそれほど知られてはいないと思いますので、彼の思い出を書いてい置きます。


クリスチャン・オコイエは、1987年から1992年シーズンまで、NFLのカンザスシティ・チーフス(KC)で活躍したRBです。

たった6年間の在籍でしたが、その間2回プロボウルに選ばれ、1回リーディング・ラッシャー(ラン獲得距離1位)に輝いています。

(リーディング・ラッシャーに輝いた時、2位はルーキーのバリー・サンダースで、10ヤード差でした)

私がNFLを見始めた時のリーディング・ラッシャーがオコイエでした。


オコイエのニックネームは「ナイジェリアン・ナイトメア」(Nigerian Nightmare:ナイジェリアの悪夢)と言うものでした。

その名の通り、ナイジェリアで生まれ、たしか陸上競技をするためにアメリカのアズサ・パシフィック大学に留学。

そこでアメリカンフットボールに出会ったそうです。


彼は巨体を生かしたFBタイプのパワーランナーでした。

そのパワーがどれだけのものだったかと言いますと、当時デンバー・ブロンコスで活躍していたセイフティ、スティーブ・アトウォーターがオコイエを止めたことが話題になるほどでした。

(すみません、ここの記憶は確かではないです)

下記動画にそのシーンがあります。

YouTube「Atwater Smacks Okoye」へのリンク

(若き日のジョン・エルウェイがういういしい)


当時はサーマン・トーマス、バリー・サンダース、エミット・スミスなどの「スキャット・バック("Scat backs")」と言われる、飛び跳ねるようなカットをする、やや小柄なRBが流行していたのですが、その中にあって、巨体を生かしたオコイエの存在は強烈でした。

当時のKCは、LBデリック・トーマスに率いられたスーパーボウル級の守備と、オコイエや、同じタイプのRBバリー・ワードを中心にしたランオフェンスで、プレイオフの常連でした。

パスに関しては、二流ではないものの、そこそこのプレイを見せるQBスティーブ・ディバーグが、華麗なプレイアクションを見せていました。


オコイエは1992年シーズンに負傷が原因で引退しています。

そして翌シーズンからは、QBジョー・モンタナがやってきて、RBも移籍組のマーカス・アレンが主体となります。

ちょうどいい時期に引退したとも言えますが、モンタナのパスとオコイエのランがあれば、想像できない面白いオフェンスが見れたかもしれないな、とも思います。


KCは今シーズンをリーグ最低の2勝14敗で終えました。

特にファンではないですが、強い頃のKCを知っているものとしてはちょっと寂しいです。

しかし、リーグ最低の成績のおかげで、この春のドラフトで、全体の1位指名権を得ました。

また、チームの成績がふるわなかったわりには、プロボウルには(たしかリーグ最多タイの)6名を贈りこんでいます。

豊富なタレントが勝敗に反映されていない状況は、2010年シーズンまでのサンフランシスコ・49ナーズ(SF)と状況が似ています。

ですから、フィラデルフィア・イーグルスをスーパーボウルに導いたこともある新しいHC、アンディ・リードの手腕によっては、来シーズンおお化けすることも期待できます。


話しはそれましたが、クリスチャン・オコイエは、1990年前後の強豪だったKCを象徴する一人だったと言えるでしょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック