詐欺対策に役立つ?ジム・ハーボウの『Battle field decision』



(全国銀行協会(全銀協)の「ネットバンキング犯罪防止」のCM

 これは見といて、いつでもそうできるようにした方がいいと思います。

 この動画で呼びかけている曽田茉莉江嬢は「ZIP!」で見かけたことがあります)


アメフトから入りますが、こんな記事を見かけました。

NFL JAPAN「ジム・ハーボーHCに魅せられた『Battle field decision』 [河田 剛]」へのリンク

このジム・ハーボウと言うHCは、もしかしたらで将来、歴史に残るHCになるかもしれませんので、できれば上記記事は読んでいただきたいのですが、読まないでもわかる形で話しを進めます。

上記記事の中で、タイトルの

「Battle field decision」

と言う言葉が説明されてました。

記事中では

「どれだけ良いゲームプランがあっても、戦場、つまりフィールドでは、(たとえそれがゲームプランにないものであっても)それをコールする決断力が必要だ」

と言うことを意味すると説明されています。

もっと崩しますと

「非常時には頭が働かなくなるかもよ。

 そんなことがないようにしようね」

と言う意味にとることができると思います。


「パイロットの8分頭」

と言う言葉があるそうです。

大昔に、旧日本軍に関する読み物で読んだ記憶があります。

これは、パイロットは地上で普通の生活をしている時と比べ、いざ飛行機に乗ったり戦闘状態に入ったりすると、その8割しか頭が働かない、と言うことだそうです。


つまり、人間って非常時には十分に頭が働かないものだ、と言うことです。

私もそう思います。

だから、テレビとかで詐欺の手口とかの特集を見ますと、自分がこの被害者の状況に陥ったら、詐欺だと見抜くほど頭が働くだろうか、と心配になることがあります。


昔は、自分はそんなことには引っかからない、と言う根拠のない自信がありました。

ですが、5年ほど前に身に覚えのない架空請求詐欺メールが来て、それが詐欺で放っておけばいい、と頭ではわかっていたのですが、少々動揺してしまったと言う体験を経て、決して詐欺に対して楽観的でいることはやめよう、と考えるようにしました。

今でも、「お金をもらってください詐欺」のメールがよく来ますが、恥ずかしながら、マジに「もらうだけならリスクもないし、応答して見ようか」とちょっとだけ心が揺れたことがあります。

(これに応答すると「話しを秘密のSNSでで進めましょう」と、有料のSNSに誘われます

 そして話しを進めていき、あとで高額なSNS使用料を請求されると言う詐欺だそうです)


結論として、詐欺に対して「大丈夫、自分だけは絶対にひっかからない」と、自信を持つことは、まったく悪いことではないともいますが、少々悲観的であるほうが、いざと言う時に、十分な対応ができるように思います。

「自分も、いざとなれば頭が働かなくなり、詐欺に引っかかるかもしれない。」

と言う考えも、半分持っておいた方がいいと思います。

まったく悲観的であれば、それはそれで自分の首を絞めることになりかねませんが。


具体的な詐欺への対策として、詐欺の手口やからくりを、できるだけ多く知っておくことが大事だと思います。

そうすると、ちょうどいいくらいに悲観的になれて、詐欺にかかりにくくなると思いますから。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック