【WBC】ダブルスチールは、下手な采配ではないと思う

昨日のWBC準決勝で、日本はプエルトリコに敗退しました。

この試合の敗因として大きく取り上げられているのが、8回裏の日本の攻撃中に起きた、内川選手の盗塁死です。


状況は1-3のビハインドで一死一、二塁。

二塁走者はこの回タイムリーを打った井端選手。

一塁走者はヒットの内川選手。

井端選手のタイムリーで押せ押せムードだったようです。

打席には四番でキャプテンの阿部選手。

しかしこの試合では当たっておらず、ここまでの2打席凡退していました。


いくつかの情報を総合すると、ここでベンチが動いたようです。

「ダブルスチールをしても良い」

とのサインが出たそうです。

次の球で内川選手は二塁に走りましたが、二塁走者の井端選手は二塁に戻っていました。

MLBトップの盗塁阻止率を誇る捕手がボールをもったまま、動きがとれなくなっている内川選手にタッチ。

内川選手はアウトになり二死二塁。

阿部選手はセカンドゴロを打ち、アウト。

結局チャンスはついえました。


敗戦後、この一連の経緯で、誰が悪かったのか、と言う「戦犯」探しがありました。

中には

「戦犯探しが終わるまで、俺のWBCは終わらない」

とツイートする人もいる程です。


ネットの声で一番多く感じられたのは

「内川も井端も悪くない。

 悪いのは山本の采配だ。

 あの場面でダブルスチールはありえない。」

と言うものでした。

そもそもダブルスチールだったと言うのは内川選手をかばうための嘘だったのではないか、と言う声もありますが、ここではダブルスチールのサインが出ていた前提で話しを進めます。


結論から言いますと、あそこでのダブルスチールは、ありだと思います。

状況としては、ダブルスチールを仕掛けるのは非常に危険だったと思います。

鈍足ではないものの、快足とは言えない走者。

MLB一の捕手。

打席には四番バッター。

誰もが、ダブルスチールなんか仕掛けてこないと思うでしょう。

だからこそ、そのカードを切る作戦はありだと考えます。

「まさかそんなカードは切ってこないだろう」

と言うカードを切ることは、ものすごく有効な作戦だと考えるのです。


あそこの場面はじっとして、阿部選手に打たせるべきだった、と言う声を多く見ました。

たとえそれで併殺となり、点が入らなくても、「無策」と叫ぶ声はあっても、多くの人は渋々結果に納得したでしょう。

必ずしも座していれば死を迎える結果に終わったとは限りません。

阿部選手は逆転スリーランホームランを打ったかもしれません。

しかし、ベンチは、山本監督は、それ以外の有効な作戦で勝ちに行こうとしたんだと思います。

たまたまそれが失敗しただけの話しです。


1982年シーズン、パ・リーグの前期優勝のかかった試合で、当時の西武ライオンズの広岡監督は、ワンポイントリリーフとして活躍していた永射投手を先発に持ってきました。

あり得ないカードだったようです。

そしてその試合に勝ち、前期優勝を果たし、最終的には西武ライオンズに初めての日本一を遂げることになりました。

その時のことを広岡氏は

「みんなが考えうるローテーション投手を投げさせる手もあった。

 そうすれば、負けてもみんな納得するだろう。

 でも、それはしゃくだった。

 だから永射が一番勝てると思ったから投げさせた。」

と回想しているそうです。


もうひとつ、失礼な話をさせてもらいますが、今年のライスボウル、不利と言われていた関西学院大学ファイターズですが、私が思うに、10点差以内での敗戦なら、健闘した、と周りから称えられたと思います。

しかしファイターズは考えて考えて勝ちに来ました。

それこそ、「そんなカードは切らないだろう」と言うカードを切りまくって。

そしてそれが成功し続けました。

最後は相手のオービック・シーガルズのビッグプレイにやられましたが、それまでリードを守っていました。

やみくもに一生懸命にやって無難に負けるより、失敗したら何を言われるかわからないけど、これをやらないと勝てない、と言う勇気ある姿を見せてもらいました。

だからあの試合は、負けたファイターズも称えたいのです。


結局私は、山本監督はじめベンチは、勝ちに行って、ただ失敗しただけだと思うのです。

「納得できる負け」と言う守りに入らなかったのだと思うのです。

だから私は、今回の敗退について、何も非難する気持ちはないのです。

「走っても良い」

と言う指示が中途半端すぎる、と言う声も聴きます。

走者が二人いるのですから、それを敢行するのはとても難しいと思います。

できるわけないじゃん、と考えないでもないです。

でも、プロのレベルなら、できないこともない指示だったのかもしれません。


だから山本浩二監督の「采配に悔いはない」と言う言葉は、強がりには聞こえません。


これから選手やスタッフが帰国します。

ありきたりな言い方ですが、胸をはって帰って来てほしいです。

そしてペナントレースが始まったら、負けたことをプラスに変えて、がんばってほしいと思います。

「あの敗戦がなければ、今の自分はなかった」

今回出場した選手たちが皆、後日振り返れるようになることを願っています。


なお、この記事には、下記記事その他を参考にしました。

NHK「山本監督 相手の投手陣に勢いあった」へのリンク

『Baseball America magazine』編集者John Manuel氏のツイートへのリンク


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント

あの場面、ベンチはノーサインだった。
ノーサイン=グリーンライト(盗塁禁止ではない) という状態。
井端は、相手バッテリーにプレッシャーをかけるために、盗塁するふりをした。
(リプレイを見る限り、最初から盗塁する気が感じられない止まり方)
内川は、ノーサインで井端が3盗を仕掛けたと思い、2塁へ全力で走った。
つまり内川のミス。
監督やコーチ、野球関係者のコメントは内川を庇うための後付けのもの。
重盗サインで井端がスタートをきれなかったことにすれば、仕方のないことだし誰も責められないと考えたのでは。決して自己保身のコメントではない。
全て私の推測でしかないが世間の監督、井端批判は間違ってると思う。
みなさんはどう思われますか。

もう一つ気になったこと。それは重盗失敗の後阿部が凡打に終わった時の走りです。何度か見直しましたが、思い切り走ってたらかなりの確率でセーフになってたかもしれません。膝が悪いのを差し引いても8割くらいのスピードしか出してませんでした。
まず第一に、あの場面は「走れの指示」で正解です。
一球目、阿部は内角の球を打ちに行って空振りした。
それで良いのです。そしてランナーはタイミングを計る事が出来た。
2球目に井端が良いスタートを切れなかった。
只、それだけです。
第二に、「This ball」のサインか否かは関係ない。
一球タイミングを計って、2球目にスタートを切れるのがプロです。
そこを選手に任せたのはあれだけのレベルの選手が集まったチームなのだから当然でしょう。

今回、この作戦は「たまたま」失敗しました。
それはチームとしての熟成度が足りなかっただけ。

この作戦をとった事が、今後のニッポンベースボールの大きな礎となってくれると確信しています。

まず第一に、あの場面は「走れの指示」で正解です。
一球目、阿部は内角の球を打ちに行って空振りした。
それで良いのです。そしてランナーはタイミングを計る事が出来た。
2球目に井端が良いスタートを切れなかった。
只、それだけです。
第二に、「This ball」のサインか否かは関係ない。
一球タイミングを計って、2球目にスタートを切れるのがプロです。
そこを選手に任せたのはあれだけのレベルの選手が集まったチームなのだから当然でしょう。

今回、この作戦は失敗しましたが今後のニッポンベースボールの大きな礎となってくれると確信しています。

今晩は・確かに、Wスチールがないとはいえないが、せめて、井端を本田に替えて欲しかったです・勿論相手捕手は警戒するかもしれませんが盗塁に関してはやはり本田選手がうってつけであり、内川選手とのアウンの呼吸もあるのではないかと思えました・
緒方コーチが話したというこんな記事も・・・

「盗塁できるチャンスがあったらしてもいい(無ければしなくていい)」というグリーンライトではなく、「必ず盗塁(重盗)をしろ(しかしタイミングは任せる)」というサインが出ていた。ただ……「次の1球で走れ」という“ジス・ボール”の盗塁ではなかったということである。走ることは命じた。ただ、「次の1球で走れないなら、その次のボール……と間合いを計って行けるタイミングで必ず行け」という具合に、スタートをどこで切るかは走者に委ねられたわけである。

私なら、とてもじゃないですが、こんな意思確認のしにくいサインをあの場面で出す気にはなれません。 もちろん内川が井端を確認してれば起こらなかったとは思いますが、いずれにせよ、いくらプロでもあのパニクリやすい場面でこのサインを出すのは個人的に理解できません。
82年の永射投手先発の試合よく覚えています。左の下手投げの嚆矢である永射保投手は西武広岡体制では左強打者向けのワンポイントリリーフ投手の印象が強いですが それ以前は先発投手として77年には200イニング近く投げた経験もありますしロングリリーフとしての実績もあります。因みに77年のオールスターでは世界のホームラン王も日曜朝の渇の3000本オジサンもきりきり舞いさせられました。ですから広岡監督の作戦は奇策ではあったものの十分に勝利の可能性ある作戦であり今回のWBCプエルトリコ戦での山本監督が行った一か八かの選手任せの重盗作戦とは(そもそも作戦といえる言えるかどうか疑問ですが)全く質の違うものだと考えられます。
阿部が左打者である、つまり捕手にとってサードは見やすいし送球もしやすい。
走ってもいいなんていう曖昧なサインを出す意味もわかりません。たしかにプロの選手ですから自己判断は大事です。しかしあの場面でトップの人間が中途半端なサインを出していいのでしょうか?ましてやモーションが大きいから行けると思ったと言っていますが、ならダブルスチールをしろというサインを出すべきではないのかと思います。責任をとる覚悟がないだけとしか思えません。それに走らせたいならなぜ本多というカードを切らないのか?場面は8回であり、なんのために代表に召集したのかわからない。
また結局阿部への信用はなく最後で裏切りましたね。4番、捕手、キャプテンという重圧をただかけていただけ。イケイケのムードの中での阿部でした。阿部が中心と堂々と発言しているのですからどっしり構えて見届けて貰いたかったです。
結果論ですが、ただの水差し采配でしかなかったと思います。

またトップの人間なのですから細かいところはどうであれ責任を受け止めて貰いたかったです。あれでは本当に選手が可哀想です。監督が偽侍だったなという印象です。
長々とすみませんでした。

管理者のみに表示

トラックバック