2013春「のどじまん ザ!ワールド」と優勝者ダイアナ・ガーネットさん


のどじまんザ!ワールド ~2013春~ Nodojiman the world~2013... 投稿者 love__japan

(09:50あたりから、優勝したダイアナ・ガーネットさんが決勝でった「春 ~Spring~」の動画があります)


1.「のどじまん ザ!ワールド」について思うこと

「のどじまん ザ!ワールド」は女房が好きな番組で、改編期に放送されます。

私はそれほどでもないですが、結局目が離せずに、最後まで見てしまいました。

本当は早く寝たかったんですが、毎回いったん見始めたら、どうしても見たい気にさせられ、最後まで見てしまいます。

それほど面白い番組です。


結局何が面白い、と言うか興味深いかと言いますと

「日本人とは違う顔をした人が日本語のう」

と言うものではないと思います。


外国人の目を通して、「」と言う分野の日本の文化のすばらしさを教えてくれることだと思います。

(ただ、日本のうたが世界的に見て特別に素晴らしいとは思いませんが)

私たちが何気なく聴いたり、何気なくったりしていたは、こんなにも深い意味を持っているのか、と思わせてくれることです。

それは、歌詞のうまさであったり、メロディの繊細さに表れていると思います。

きちんと日本語の意味をわかって歌ってくれるだろうか、そのことにドキドキワクワクします。

その時になって、初めてその歌が持つ素晴らしさを発見することがよくあります。

だから、それを教えてくれる外国人の方には、いつも感謝の念をおぼえます。


(「きちんと日本語の意味をわかって歌ってくれるだろうか」という点については、きっと私たち普通の日本人よりわかっていらっしゃると思います。

 見ていると「日本おたく」みたいな人がたくさん出てきます。

 そう言う人の方が、きっと詳しいはずです。

 私自身、あるアメリカ人にアメフトおたくぶりを発揮して、うんざりさせたことがありますから


そう言えば、日本テレビの「ズムサタ!」では「外国人インタビュー」でも、外国人の目を通した日本の素晴らしさを教えてくれます。


そう教えられますと、私のような今を生きる日本人は、先人達や同時代を作り出し伝えたものを、後世にきちんと伝えていかねばと思います。


だからこの番組は、いい歌を聞かせてくれるもの以上の素晴らしい番組だと思います。

今の形のまま、演出をつけ加えないでほしいです。


2.優勝したダイアナ・ガーネットさんについて

今回優勝したダイアナ・ガーネット(Diana Garnet)さんは以前にも出たことがあるようです。

女房は「とても高い声を出す人やね」と言うイメージで覚えていました。

Dailymotion「のどじまん ザ!ワールド 2012秋 ダイアナ・ガーネット(Diana Garnet)」へのリンク

YouTube「JUDY&MARY-雀斑 (主唱: Diana Garnet)」へのリンク


今回予選で歌ったのはglobeの「DEPARTURES」でした。

この歌がはやっていた頃にテレビで聞いた話しですが、当時大人気だった華原朋美は、キーが高いけど声が出ればそれだけで歌える。

だけどglobeのは、華原朋美ほどはキーは高くないけど、技術が必要で難しいと。

で、歌った動画がこれです。

YouTube「のどじまん ザ!ワールド [13.04.06] 予選 ダイアナ・ガーネット DEPARTURES」へのリンク

予選グループでは優勝できませんでしたが、優勝者以外で最高得点を出し、ワイルドカード枠での決勝進出となりました。

そして決勝で歌ったのが、トップに置いた動画のものです。


とても素晴らしくて、非の打ちどころがないと思います。

そして、私はこの番組ではバラードばかりが歌われるのにうんざりもしていましたので、こう言うPOPな歌で優勝されたのは嬉しいです。

また、多分女性が優勝したのも初めてのことだと思います。


番組放送後、twitterでは

「ダイアナさん」

がトレンド入りしていて、称賛のツイートが多く流れていました。


なお、ダイアナさんはYouTubeにチャンネルを持っていて、その中で色々と歌う動画を発表されています。

女房がダイアナさんの歌を聞いて、

「声の感じがアニメの主題歌とに合いそうだ」

と言っていましたが、実際このチャンネルの中でアニソンを多く歌われてます。

YouTubeチャンネル「Diana Tonkhai Garnett」へのリンク


3.その他雑記

その他に、一昨日の番組を見て感じたことをいくつか。

・インドネシアから来たナビラ・プリマ・アヌグラーさん。

 本当に上手だったと思います。

 だから得点が370点台と低かったのは、納得できませんでした。

・「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」(B’z)を歌ったアメリカ人、スティーブン・デイモン-ティリーさんには感謝です。

 彼もバラード以外の歌を歌ってくれましたから

・インド代表のプリヤル・アナント・サテさんもきれいな声で良かったです。

 こちらも意外な低得点で、審査にがっかりしました。

・特別賞のジョン・ルーカスさん。

 決勝で歌った「翼をください」は、最後にアレンジを加えられてました。

 ヘタしたら裏目に出ることですが、本当ん素晴らしいアレンジだったと思います。

 女房がとても気に入ってました。

 性格がよさそうで、堺雅人を思い出しました。

・私たち夫婦は、とっても価値観が違い、よく口喧嘩をします。

 テレビを観ながらも、その感想をめぐって言い合いします。

 ですが、この番組をやっている最中って、不思議なことに毎回喧嘩にならないんですよ。

 歌の力と、歌ってくださる人の力かなぁ、と思ったりします。

・気がつくと、一曲ごとに涙をぬぐっている自分がいました。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック