【NFL】アーラッカーの引退を、ファーブのファンとしてうらやむ



(ブライアン・アーラッカーのハイライト動画

 途中2回ほど、GB時代のファーブも出てきます)


21世紀のシカゴ・ベアーズ(CHI)のディフェンスを支えてきたMLBブライアン・アーラッカーが、CHIの一員として引退することを発表しました。

このニュースは日本のNFLファンの間でも話題となり、どのチームのファンであるかを問わず、twitterやFacebookで「残念」の声が多かったと感じます。

CHI球団は、アーラッカーのこれまでの功績をたたえる感謝の広告を、地元紙のシカゴ・サンタイムス紙とシカゴ・トリビューン紙に掲載したそうです。

これら一連のことを伝える記事へのリンクを貼っておきます。

アメフトNewsJapan「元ベアーズのLBブライアン・アーラッカー引退表明」へのリンク

アメフトNewsJapan「ベアーズが地元紙にアーラッカーへの謝意広告掲載」へのリンク

本人にとっては引退は残念でしょうが、これほど祝福された引退も珍しいと思います。

ブライアン・アーラッカーは、幸福な幕引きを遂げたと言えるでしょう。


一方で一昨年シーズンを終えてで引退したブレット・ファーブですが。

4球団でプレイしましたが、もっとも在籍期間が長く、またスーパーボウル制覇も経験したグリーンベイ・パッカーズ(GB)とは、いまだ関係がうまくいっていないようです。

最後はミネソタ・バイキングス(MIN)でプレイしましたが、これまでの大選手の引退の前例を見ますと、本来ならばGBと一日だけ契約して、GBの一員として引退していたでしょう。

しかし、関係が良好でないためこれは実現せず、また確実と見られるGBでの永久欠番もいまだなっていません。

GBファンであり、GB時代のファーブには大いに良い思いをさせてもらった私としては、寂しい限りです。

(良い思いをさせてもらったのは、GB時代に限りませんが)

アーラッカーの境遇とは対照的だと言えるでしょう。


最近、この状態に、ファーブの後を継いでGBの正QBとなったアーロン・ロジャースが、球団とファーブの関係修復に意欲的だそうです。

球団も意欲的なようです。

NFL JAPAN「QBロジャース、ファーブ氏の永久欠番に言及」へのリンク

NFL JAPAN「パッカーズCEO、ファーブ氏との関係改善と招へいに意欲」へのリンク


ロジャースは上記記事中にある「"NFL Honors"で共演」した後にも、球団とファーブとの関係修繕について、

「(自分は)フランチャイズの顔として、この件について真剣に考えている。俺にはチームの代表としての責任がある。」

「自分がこの問題でリーダーシップを発揮するのは重要と感じている」

とコメントしています。

NFL JAPAN「QBロジャース、「ファーブとパッカーズは仲直りする時」」へのリンク

私も、GB球団とファーブが関係を修繕することを強く願います。


・番外1

「アーラッカーがGBと一日契約して、GBの一員として引退」

と言うパロディ記事が流されたそうです。

SPORTSPICKLE「Brian Urlacher Retires as a Green Bay Packer: "I just wanted to go out a winner"」へのリンク

GBとCHIは、NFLでも最古のライバル関係にあり、CHIの顔のアーラッカーがGBで引退することは考えにくいのですが、これを真に受けて、速報でテロップを流したテレビ局があったそうです。

アメフトNewsJapan「アーラッカーがパッカーズと1日契約?騙されたTV局」へのリンク

これもネット社会の副産物なのかなぁ…


・番外2

ファーブとロジャースが"NFL Honors"で共演した時の動画が、下記リンク先にあります。

YouTube「NFL Honors Awards 2013: Peyton Manning Wins Best Comeback Of The Year Award」へのリンク

ロジャースのあいさつの後の2人の会話が絶妙で、会場から大笑いをさそっています。

「名選手のカムバックは、いつでも大歓迎だね」(ファーブ)

「いつもそうとは限らないよ」(ロジャース)

このやりとりは、2008年シーズン前のキャンプで、ファーブが引退を撤回してGBに戻ろうとしたものの、ロジャースを後継ぎとして攻撃プランを決めていたGBは困惑し、結局ファーブをトレードに出してしまったことをネタにしたものです。

当時はまだGBファンの間では(私を含め)ファーブ支持派が少なくなく、ロジャースはそれらの人からかなり迷惑なふるまいを受けたようです。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック