6/2の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想

20130602ダリの記憶の固執

(若林が言っていた、「時計がひんまがったダリの絵」

 Wikipediaでは「記憶の固執」と紹介されていましたが、私は「記憶の不滅」と言う名前で習った記憶があります)


6/2の「オードリーのオールナイトニッポン」で話されたことと感想を書きます。

今週の放送の前、「たりないふたり」のスタッフ、安島氏に向け

「安島さん、今日はちょっとした発表があるので是非聞いてください(^^)イヒヒ」

と若林がツイートしていました。

ああ、コントの回の件ね、と思ったら、とんでもない

8月に漫才の単独ライブをやる

と言うものでした。

わかっているかぎりの詳細はあとで書きますが、この発表に実況ツイートは騒然。

単独ライブの件が気になって、その後に話されたトークが頭に入らない、と言うツイートも多数見かけました。

一時twitterトレンドにも「オードリー」があがるほどでした。


1、番組の流れ

1)オープニング

年齢の話しから、スペシャルウイーク

「7人のコント侍」

の話しへ。

女性枠はまだ決まってないそうです。

ノースリーブスの名前もあがりましたが、彼女らはコントができるのがわかっているのでつまらない。

意外な人を呼んでコントをしてもらうのがいいんだ、と話していました。

(「ノースリーブスにしたら、7人じゃなくなるじゃん」と言うツッコミツイートもありました)

その後、単独ライブの件の話しへ。

この件は後述します。

オープニングトークは短めにね、とチーム付け焼刃から言われていたそうですが、1:33までと、いつもどおりでした。


2)若林トーク

ツチヤタカユキに関するトークでした。

最近はカラオケのアルバイトの前に酒を飲んで行っていたとか。

バイト先で店長や、年下の先輩に怒られるのが耐えられないからだそうです。

それを若林が説教。

バイト先でもばれてしまったそうです。

(私も社会人1年目ぐらいに飲んで行ったことがあります。

 それは、寒かったからです。

 当時は阿佐ヶ谷から、東京都の多摩地方の職場に通っていたのですが、駅から職場までがとにかく寒い。

 だから暖をとるために飲んで行ったのですが、効果がなかったのでやめました。)


そんなツチヤ氏もネタ作りには厳しく、遠慮ない意見を言うそうです。

何か一つのことに対しては譲らない、と言う、こんなタイプの人には好意が持てるんですが、いざ一緒に仕事するとめんどくさいんだろうなぁ。

私にも、そう言うところはあります。


そして、前述の単独ライブのネタ作りのために、若林とツチヤ氏が、鬼怒川温泉で合宿をやった話しがありました。


3)春日トーク

今回も若林が驚くほど面白いものでした。

日本縦断ロケに行って、最後は熊本につき、お土産に新聞を買おうとして、紙面の四コマ漫画をなんとなく見たら

「作:佐藤満春」

となっていて驚いた話しでした。

同姓同名の人出はなく、本人のようです。

「なんかよく「仕事仕事」って言ってると思ったら、そういう仕事やってたのか」(若林)

「そうやってどこに現れるかわからないサトミツ。

 次はあなたの隣りに現れるかもしれません」(春日)

「おもしれぇじゃないか」(若林)

と言うエンディングでした。

なおこのトークの最中、2件、サトミツ原作のマンガの写真がtwitterで出回ってました。

1件目のは名前が見にくいので、見やすい方の写真を貼っておきます。

20130602-2くまもんbyサトミツ


4)あばーん

・「SMプレゼンバラエティ、Qさま」

・「張本勲のオールナイトニッポン、喝とばしまくり」

などを紹介するものが読まれました。


5)謎の都市、町田市

「「日本のエリア51」と言われる町田市」(若林)と言う前置きから、以下のようなものが読まれました。

・町田市に入る時、ティンカーベルが魔法をかける音がする

・子供が生まれると、兵士になれるかどうか、村長に占われる

・町田の王を守る、2体の巨大ロボットが地下にある

・町田市の野球少年は、いまだにデストラーデの打ち方のまねをする


6)ゆめちゃん日記

メールの紹介の前に、本物のゆめちゃんから若林にメールがあった話しが紹介されました。

今ゆめちゃんはインドだそうで、帰国はいつになるかわからないそうです。

こんな感じののもが読まれました。

・「ゆめちゃんのオールナイトニッポン」

・「しんでもやめんじゃねーぞ」

後者では、BGMの「浅草キッド」も、アルバイトのみほさんが唄っているものでした。


7)しんやめ


8)エンディング

単独ライブの件と、コントの女性の件が軽く話されました。

来週あたり、女性が決まるだろう、とのことでした。

SPWの前ですから、さすがにその時には決まっているでしょう。


2.単独ライブについて

マネージャーのDちゃん(佐藤大介氏)のツイートを引用しておきます。


オードリーのまんざいたのしい2013」

会場:新宿紀伊國屋ホール

日時:2013年8/15(木)〜8/18(日) (時刻未定)

(チケット発売予定)

6/16(日)〜ケイダッシュステージモバイルにて先行予約

6/30(日)〜ローソンチケットにて先行予約

7/7(日)一般発売開始


なお、詳細はケイダッシュステージのオードリーのサイトにも記載されるそうです。

さっき(朝3時ごろ)見ましたが、まだ載っていませんでした。


3.コントの設定案について

先週から募集を始めた、「7人のコント侍」の設定案ですが、もういくつか届いていて、こんなものが紹介されました。

・「たまきんつねり」…みんなでつねりあって、面白い声を出した方が勝ち

・「春日JAPAN」…自由奔放なメンバーに春日が翻弄される

・「梅雨前線を全力で食い止める男」…そのまんまです

・春日が男のアイドル役で、握手会を前に苦悩するもの

・高校の同窓会に知らない外人がいた、と言うもの

まだまだ募集中だそうです。


4.幻の「うにいくらのオールナイトニッポン」

昨日の日中に若林が

「本当にたま〜にコンビ名を「うにいくら」にした方がよかったなって思う。」

とツイートし、さらに番組開始40分ほど前にも」

「このあと1時から「うにいくらのオールナイトニッポン」是非聞いてください。」

とツイートしていたので、今回はタイトルコールが違うのかな、などと言う推測ツイートが多くのリスナーから発されていました。

結局はいつも通りのものでした。


なお、こんなツイートもありました。

「ちょうど今その内容のリプライが40件ぐらい来てて嫌になってたとこです。@XXXXX 本関係ないですが、うにいくらやったら、どっちがウニでどっちがイクラや!とかいじられるの嫌じゃないですか?(^^)」


ちなみに「うにいくら」の意味ですが、「うにいくら」とは、「ナイスミドル」と名乗っていたころの二人が、社長から改名を求められ、「オードリー」とともに提示されたコンビ名です。

その改名を求められたのが、寿司屋だったそうです。

詳細は、たしかWikipediaの「オードリー」のサイトに記述されていたと記憶します。


関係ないですが、最近思うのは、芸名やグループ名を命名するときなどは、ネットで検索されることを意識しておいた方がいい、と言うことです。

一時期、「JUJU」の「IF」と言う曲の評判をtwitterで調べていたことがあるのですが、とにかく関係のない英語のツイートがひっかかりまくって、大変苦労しました。

「オードリー」を検索すると、「オードリー・ヘップバーン」や、最近ではモデルの「オードリー亜谷香」が引っかかることもありますが、だいたい期待したものが見つかります。

「うにいくら」にしていたら、ネット検索のしやすさはどうなっただろうか、などと考えました。


5.みほさんのtwitterについて

私のブログで、アルバイトのみほさんのtwitterアカウントを調べようとされている方がいるようです。

私にとっては別に迷惑でもなんでもないのですが、過去にみほさんのアカウントを記載したことはありませんし、学生さんである限りは、よほどの事情がないと記載しないと思います。

迷惑をかけるのは本意ではないですから。

また、私はフォローもしていません。


なお、みほさんは

「バイトの問い合わせをもらっても、力にはなれない」

と言うことを丁寧なことばでツイートされています。

問い合わせツイートがかなり来ているのでしょう。

みほさんの立場と心情を理解しましょう。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック