「上司にしたい戦国武将ランキング!」の番外編にある「高橋紹運」について

下記リンク先の記事の番外編に

「高橋紹運」

と言う戦国武将が出てきて驚きました。

リクナビ「上司にしたい戦国武将ランキング!」へのリンク

ランキングには大御所がずらりならびますが、番外編には聞いたことがない武将が何人かいます。

(私はさほど戦国時代には詳しくないです)

しかし「立花道雪」とともに「高橋紹運」の名前が出たのは嬉しかったです。

二人とももっと知られていい人物だと思うのですが、さほど有名ではないでしょうから。


高橋紹運は、これもまたあまり知られてはない人物ですが、立花宗茂の実父です。

立花道雪とともに、落日の大友宗麟を支えた家臣です。


高橋紹運は、実の子宗茂を

「大友家のため」

と立花道雪にくどかれ、養子に出します。

立花道雪には男子がなく、また宗茂のことを高く買っていましたから。

高橋紹運は、養子の件を断り続けるのですが、最後には折れて

「もし高橋家と立花家が闘うことになったら、立花家のために立派に闘うように」

と宗茂に言い渡して養子に出します。


その後薩摩の島津家が、九州統一に乗り出します。

立花道雪は亡くなっており、大友家を支えるのは、もはや高橋紹運と立花宗茂のみとなってしまいます。

大友家は、豊臣秀吉に助けを求め、豊臣秀吉はそれを受けます。

しかしその援軍が来るまで、福岡北部の大友家の領地を守る必要がありました。

高橋紹運は、現在の福岡県太宰府市にあった岩屋城にこもり、徹底抗戦します。

その戦いぶりは壮絶をきわめたそうで、岩屋城跡には

「嗚呼壮烈岩屋城址」

と記された石碑が立っているほどです。

最後には城内の全員が討ち死にしてしまうのですが、この間に島津勢の北上を止め、少なからぬダメージを与え、大友領の最後の砦にして立花宗茂が守る立花山城(福岡県糟屋郡新宮町)への侵攻を遅らせます。

立花宗茂は、実父の死を無駄にせず、豊臣の援軍が来るまで立花山城を守りきったのでした。


考えてみると、高橋紹運の人生は、現代人から見れば、理不尽だと思えるでしょう。

でも、高橋紹運は、これそがもののふの道、と信じて死んでいったと考えます。


こう言う人物ですから、番外編とはいえランキングに名前が載ったのはうれしいです。

そして、こう言う人物の人生こそ、大河ドラマのモデルとなるべきだと考えます。


なお、下記リンク先で紹介されている本には、高橋紹運の名はありませんが、立花道雪、立花宗茂親子が、信じられない順位で載っています。

前者はとんでもなく高く、後者は驚くほど低く。

宝島社「日本史上最強の戦国武将は誰だ?」へのリンク


参考サイト

Wikipedia「高橋紹運」へのリンク

Wikipedia「岩屋城の戦い」へのリンク

Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック