みずほ銀行などのシステム統合、ATM停止の周知に問題はなかったか



(みずほ銀のATM停止は、こうやってテレビでもニュースでやってたのに…

 今はYouTubeでもニュースが見れる時代です

 ちょっとアップが遅いけど)


みずほ銀行とみずほCB(コーポレイト・バンク)が経営統合し、今日、新しいみずほ銀行が発足します。

同時に旧両行のシステムを統合し、新しいシステムが稼働します。

そのため、2013年6月29日から今日の未明にかけて、ATMを停止させるなどの措置を行いました。

47NEWS「みずほ銀のATM休止 合併準備、7月1日再開」へのリンク


このことが一昨日に大きな話題となりました。

少なくない人がATMの停止を知らず、それがtwitterなどでツイートされたからです。

Yahooトピック「みずほ銀行ATM停止で阿鼻叫喚 「油断した」「所持金200円しかない」」へのリンク

下記リンク先の記事は、上記の記事に2ちゃんねらーがつっこんだものです。

痛いニュース(ノ∀`) 「みずほ銀行ATM停止で阿鼻叫喚 「油断した」「所持金200円しかない」」へのリンク

「知らなかった」

と言う声に関しては、あれだけ告知したのに知らない方が悪い、と言う指摘が目立ちます。

私もそう思います。

私がみずほ銀以外の銀行のカードを使ってATMで取引しようとしても、みずほのシステム停止予告画面が出てきました。

テレビCMでもよく見ましたし、新聞やネットのニュースでも見ました。

周知メールが来た顧客もいたそうです。

それでも「知らなかった」と言う人がいるのには、正直驚きです。


でも、知らなかった人がいたのは事実です。


最近はテレビを見ない人や、そもそもテレビを持ってない人もいます。

ネットの時代と言っても、使わない人も少なくないです。

たまにしかATMに行かない人もいます。

そう言う条件が重なると、知らなかった人も出てくるでしょう。


また、たまたまこの期間に限って帰国していた人もいるかもしれません。


最後の立場の人は超例外で、それは運が悪かったとしか言いようがないですし、そこまで救済しようとするのはちょっと手厚すぎだと考えます。

私は今回の件に是非をつけるとしたら、みずほ銀行側に落ち度はほぼないと考えます。

あれだけ告知したのですから。

知らなかった側の問題だと思います。

これだけのことを知らなかったら、戦争が起きても知らないことになるんじゃないか、と真剣に思います。

特に戦争規模のサイバー攻撃などがあると、最初は生活に支障が感じられないと思いますので、気付くのが遅れると考えます。

そのうちライフラインに影響が出てきて、そういう事態を知ることになるでしょう。

そして、もっと早く気づいていればよかったことも出てくるかもしれません。

テレビを見るのが好きとか嫌いとか、そう言うことを語るのは自由ですが、手っ取り早い情報収集機器として、1日1回くらいはニュースは見るべきだと思います。

見る価値がないものや、ねつ造されたものもあるじゃないか、と言う声もあるでしょうし、みるのに時間がかかると言うかも知れませんが、データ放送のニュースだけでも見ておくべきだと考えます。


また、病気の方などが情報を収集するのは難しいでしょうから、これらの方へは、周りの方が伝えるようにした方がいいと思います。


必要な情報を入手するのは、社会生活を送る上でとても大事です。

自衛のためにも、一般的な情報を入手する努力は怠ってはいけないと考えます。


ところでシステム統合の時期ですが…

前提として、新しい会社が発足するのに合わせて、新システムを稼働させる必要はなく、その場しのぎで一部分だけ対応して、他のはあとに回す、と言う手もありです。

最近では、三菱東京UFJ銀行のシステムが、段階的に旧東京三菱銀行とUFJ銀行のものを統合しました。

(その一回目で障害が出たのですが)


そう言う前提で書きますと…

たしかに月末にシステムを大幅にいじるのは望ましくないように思えます。

また先月末は、期締め、半期締めにあたりますから、ただの月末日よりも大事なもののように思えます。

そう考えますと、統合の時期が正しかったかは、今後議論されるべきでしょう。

夏のボーナスは、会社や団体で出る時期が違いますので、これを重視するのはどうかなぁ~、とも考えます。

公務員の支給日をひとつの目安と考えるべきと言う声もあるでしょう。


何はともかく、私にとっては、今日からの新システム稼働の方が最大の関心事項です。

みずほ銀行は日本を代表するメガバンクですから、そのシステム統合の成否は、ヘタすると日本経済の信用にもかかわってきます。

注目していきたいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック