【ホークス】帆足の涙にだまされてみよう

昨日の福岡ソフトバンクホークス対東北楽天イーグルスの対戦。

先発した帆足和幸投手は、7回までを無失点に抑えましたが、8回に四球から崩れ、マウンドを降りました。

ソースは以下のサイトしかないですが、降板した帆足投手は泣いていた(ように見えた)そうです。

鷹速@ホークスまとめ「帆足、降板後ベンチで涙」へのリンク


帆足投手は7回まで4安打2四球で無失点と、十分な成績でした。

しかし味方も無得点。

7回まで1安打6四死球。

たしかに相手がホークスの天敵ダックワース投手でしたから、いつものようには打てないのは想定していましたが、これはちょっと…

そんな「ムエンゴ」状態を背負ってマウンドに上がり、打たれ、降板しました。


帆足投手が泣いたかどうかは定かではありませんが、泣いたという前提で話します。

上掲の記事のなかは、「帆足がかわいそう」という声が圧倒的でした。

一方で、ネットでこの試合の模様を中継していた人は、

「俺は帆足を良くやったとは思わない。

 前の週で40何球しか投げてなくて、8回も抑えられないようではちょっと…」

と語っていました。

帆足投手が泣いた、とは言ってなかったと思います。

たぶん気がつかなかったのでしょう。

それはそれで文句はない意見だと思います。


昨日の試合の後、上掲の記事を見つけるまで、さあホークス…どげぇしたもんかな、と考えていました。

即連勝が始まると考えるのは楽観的過ぎる…

それより、せめて連敗しないようにしなければ…

かと言って、いちファンの自分としては、何か希望を見つけて応援するしかない…

どげぇしたもんかな、と


しかし帆足投手が涙を流したというものを見つけ、なんとなく希望が出てきました。

泣けば、涙を流せば次からは勝てたり、チームが連勝したりするほど、日本のプロ野球は甘くないはずです。

でも、そう言う気概を持った選手がいるということは、いないよりは希望が持てます。

本当は試合に勝って、誰も涙を流さないほうが良いのでしょうが。


「福岡の血」が流れている帆足投手にとって、福岡県人が悔しくて涙を流すということは、どれだけ恥ずかしいかは分かっていると思います。

でも帆足投手は泣いたようです。

8回に福田選手が守備で無理をして、結局ランニングホームランとしてしまったようです。

福田選手は、今はアピールするしかないという自分のポジションのために無理をしたのかもしれませんが、ひょっとしたら、帆足投手のことを知っていたのかもしれません。

そう言う効果も出たとして、

帆足投手の涙にだまされたと思ってて、期待してみるか、

と思ったわけです。


さて、明日からは、ちょっと前まで今のホークスのようにどん底だった、埼玉西武ライオンズとの対戦です。

ライオンズは昨日まで5連勝してきました。

そろそろ連勝が止まるころでしょう。


余談ですが、松下建太と言う投手が、昨日プロ4年目で一軍デビューし、上々の結果を残したようです。

大差での9回1イニングでの登板なので、まだライオンズにとって信用できるかどうかわかりませんが、2軍ではかなり活躍していたそうです。

学生野球をほとんど見ない私が、学生時代の彼を見て、面白い投手だな、と思っていました。

そんな投手ですから、他チームの投手とはいえ、出てきたのは嬉しいんですが、明日からの3連戦では打ち崩さねば、と考えます。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック