【ソチ五輪】ボブスレー日本代表選考会第2次選考会にアメフト和久選手が合格



ボブスレー日本代表選考会第2次選考会のニュース)



8月8日から行われたソチオリンピックのボブスレー日本代表選考会の結果が、8月12日に発表されました。

下記リンク先に、合格者の一覧があります。

日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟「ボブスレー第2次選考会合格者について」へのリンク

合格者の中には、以前このブログで紹介させてもらった、アメリカンフットボールの選手、和久憲三(わく けんぞう)選手も含まれています。

記事を読む限りでは、この選考会は、ボブスレーの機体であるボブを最後方から押す、ブレーカーの選考会だったようです。


ボブスレーは2人でプレイするもの(「2Men」)と4人でプレイするもの(「4Men」)があります。

2Menは、ボブを操縦するパイロットと、ブレーカー、

4Menは、パイロット、2nd.プッシュマン、3rd.プッシュマン、ブレーカー

で構成されます。

ボブには、ゴールした後に引く「ブレーキ」があり、最後尾の選手がこれを引くので、「ブレーカー」と呼ばれます。


今回の第2次選考会で、ブレーカー候補が6人にまで絞り込まれました。

今後は、9月1日~9月16日の約2週間のラトビア(バルト三国の真ん中に位置する国)での海外合宿で第3次選考を行い、5人のブレーカー候補を絞り込むそうです。

関連記事はこちらです。

サンケイスポーツ「アメフットの和久ら2次選考突破/ボブスレー」へのリンク


ところで第2次選考会の前に、和久選手を特集する記事がありましたので、リンクを貼らせてもらいます。

デイリースポーツ「アメフット和久が夢のボブスレー挑戦」へのリンク

記事にもありますが、和久選手は大学卒業後に、いったん野村證券に入社して、社会人チームのアサヒ飲料・チャレンジャーズに入団するのですが、NFL選手になる夢をあきらめられずに退職、NFLでアメフトのプロ選手になることを目指しているそうです。

NFLへの挑戦はまだ続けられるそうで、この秋から始まるシーズンでもアメフトを続けるそうですが、今はまずボブスレーを優先させるそうです。


おそらく今年の流行語大賞のひとつに

「二刀流」

が選ばれるでしょう。

こんなにまで過酷な挑戦をされているのですから、和久選手の「二刀流」挑戦が、いずれも成功するよう願っております。



余談ですが…

バルト三国、エストニア・ラトビア・リトアニアって、どの国がどこにあるのか、覚えにくいと言う人もいます。

覚え方としては、50音順に北から、エストニア・ラトビア・リトアニアと言うポジションだと覚えるといいと思います。


Share/Bookmark

この記事が気にいられましたら、記事の一番下の「ツイートする」「いいね!」ボタンで、ツイートしてもらったり、facebookに載せていただけると嬉しいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ここまで読んでいただき、どうもありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気が向かれましたらこの「にほんブログ村」への投票ボタンを、ポチっと押してもらえれば嬉しいです。
 ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック